あなたの健康はお金で買えますか・・・?
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

最新の記事

    ・・・

医療機関でバラつき インフルワクチン料金で効果が違う? 

「事前申し込みは終了しました」

 何が終了したかというと、インフルエンザワクチンの予防接種だ。

 東京・新橋の「新橋トラストクリニック」は、インフルエンザワクチンの接種料金が税込み1620円と格安なのが評判で、毎年秋になるとインフルワクチンの接種を希望する人が殺到。ワクチンの納品数が昨年のわずか25%に制限されたことから、今年は事前申し込みの段階であえなく終了になったというわけだ。

 都心のクリニックだと、1回の接種料金は3000円くらいが相場で、大学病院や総合病院などの大病院は5000円を超えるケースも珍しくはない。大人は1回接種だが、子供は2回接種が基本。大病院で夫婦と子供1人が接種すると、2万円前後の出費になりかねないだけに、トラストクリニックのような格安料金は懐にやさしい。

ワクチンの料金によって効き目が違ったりするのか。医学博士の米山公啓氏が言う。

「インフルエンザワクチンは、国立感染症研究所がそのシーズンに流行しそうなウイルス株を予測し、その株をもとに作られます。その情報はワクチンメーカーが共有するので、メーカーが違っても効果に差はありません。料金の違い? ワクチンは『予防』であって、『治療』ではないので、保険診療にならず、健康診断などと同じ自費扱い。ですから、医療機関によって料金にバラつきがあるのです」

 ちなみに、ワクチンの原価は500~600円ほど。5000円を超えるような値付けをする大病院の利幅はかなりデカいが、ワクチンの効果が同じなら、良心的な価格の医療機関で受けた方がトクだろう。

「インフルエンザワクチンの効果は、発症そのものを防ぐのではなく、発症しても症状を軽くする抑制効果です。発症すると死亡リスクが高くなる高齢者は、特に接種するのが無難。私も毎年、受けています」(米山氏)

 安い医療機関を探すといい。
◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/11/21 10:43 ) Category ■健康・医療・食・ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)

医療機関でバラつき インフルワクチン料金で効果が違う? 

「事前申し込みは終了しました」

 何が終了したかというと、インフルエンザワクチンの予防接種だ。

 東京・新橋の「新橋トラストクリニック」は、インフルエンザワクチンの接種料金が税込み1620円と格安なのが評判で、毎年秋になるとインフルワクチンの接種を希望する人が殺到。ワクチンの納品数が昨年のわずか25%に制限されたことから、今年は事前申し込みの段階であえなく終了になったというわけだ。

 都心のクリニックだと、1回の接種料金は3000円くらいが相場で、大学病院や総合病院などの大病院は5000円を超えるケースも珍しくはない。大人は1回接種だが、子供は2回接種が基本。大病院で夫婦と子供1人が接種すると、2万円前後の出費になりかねないだけに、トラストクリニックのような格安料金は懐にやさしい。

ワクチンの料金によって効き目が違ったりするのか。医学博士の米山公啓氏が言う。

「インフルエンザワクチンは、国立感染症研究所がそのシーズンに流行しそうなウイルス株を予測し、その株をもとに作られます。その情報はワクチンメーカーが共有するので、メーカーが違っても効果に差はありません。料金の違い? ワクチンは『予防』であって、『治療』ではないので、保険診療にならず、健康診断などと同じ自費扱い。ですから、医療機関によって料金にバラつきがあるのです」

 ちなみに、ワクチンの原価は500~600円ほど。5000円を超えるような値付けをする大病院の利幅はかなりデカいが、ワクチンの効果が同じなら、良心的な価格の医療機関で受けた方がトクだろう。

「インフルエンザワクチンの効果は、発症そのものを防ぐのではなく、発症しても症状を軽くする抑制効果です。発症すると死亡リスクが高くなる高齢者は、特に接種するのが無難。私も毎年、受けています」(米山氏)

 安い医療機関を探すといい。
◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/11/21 10:42 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

風邪薬で眠くなりたくない…チェックポイントは1つだった 

椅子から転げ落ちそうなほどの眠気に襲われた…先日、日刊ゲンダイ記者が市販の風邪薬を飲んだ時のことだ。

「くしゃみ・鼻水・鼻詰まりに効く」と箱に書かれた、どのドラッグストアでも見かける風邪薬。「1回1錠」「1日1、2回」という用法・用量をきっちり守って飲んでいたのだが、強い眠気には参った。くしゃみは止まっても、これでは仕事にならない。

「その風邪薬には、古い世代の抗ヒスタミン剤が含まれていたのでしょう。副作用として、眠気が問題になります」

 そう話すのは、医学博士の米山公啓氏だ。風邪薬を飲んで眠くなりたくなければ、「抗ヒスタミン剤」をチェックすべきという米山氏にアドバイスしてもらった。

「風邪薬には、主に解熱剤と抗ヒスタミン剤が入っています。解熱剤は眠気の副作用はほぼありません。抗ヒスタミン剤は第1、第2、第3世代とあり、第1、第2世代は眠気の副作用が強く、第3世代は眠気の副作用が弱い。だから、第3世代の抗ヒスタミン剤の風邪薬を選ぶと、眠くなりにくいのです」

 抗ヒスタミン剤の種類はたくさんあって覚えきれないので、ドラッグストアで買う時に「眠くならない抗ヒスタミン剤が含まれている風邪薬はどれですか?」と薬剤師に聞くといい。

 市販薬よりも処方薬の方が眠気に襲われづらいように思うのだが、これは気のせいだろうか?

「医療機関でよく出される風邪薬は、1つの薬に複数の有効成分が入った総合風邪薬。古い世代の抗ヒスタミン剤が使われていて、眠気が出ます。医療機関でもらった薬が眠気に襲われづらいなら、それは解熱剤なら解熱剤、抗ヒスタミン剤なら抗ヒスタミン剤と別々に処方されているからでしょう。その場合、抗ヒスタミン剤は第3世代のものを出す可能性が高く、眠気が少ない」

 ところで、そもそも風邪薬は必要なのか? 米山氏は即答で「ノー」。

「風邪は本来なら、1日ゆっくり寝ていれば回復に向かう病気。風邪で仕事を休めない現代人のために、症状を抑える目的で出すのが風邪薬です」

 風邪で医療機関にかかり、抗生物質を処方されたら、その医師は「信頼しない方がいいかもしれない」という。

「抗生物質は風邪のウイルスには効かず、風邪の予防にもならないことは、今や世界の常識です」

 風邪真っ最中の日刊ゲンダイ記者は、仕事を休めそうもないので、“眠くならない抗ヒスタミン剤”の風邪薬をおとなしく飲みます。
◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/11/21 10:36 ) Category ■健康・医療・食・ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR