あなたの健康はお金で買えますか・・・?
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

最新の記事

    ・・・

年金はこんなに減らされる!財政検証でわかった年金の未来 現在50歳は880万円減、45歳は863万円減! 

 厚生労働省が8月に発表した年金財政検証は、「年金の未来予想図」だ。「現行の年金制度は、一定の経済成長などが進めば将来的に夫婦の年金額が現役サラリーマンの平均手取り給料の50%を割り込むことはない」──それが今回の検証の結論だった。

 だが、その説明にはトリックがある。年金は「もらい始める前」と「もらい始めた後」の2段階で減らされていく。現役世代の保険料負担を減らすため、賃金・物価の上昇に対し、年金の上昇が抑制される仕組みがあり、そのため実質的に年金額が目減りしていくのだ。

 65歳の受給開始時点の年金額は毎年、少しずつ減らされる。そのため、若い世代ほど安くなる。厚労省の「現役サラリーマンの給料の50%が維持される」というのは、この受給開始時点の年金額のことだ。

 それに加えて同様に、受給開始後も、毎年、年金額が減っていく。だから、いずれ50%を割り込むのは確実なのである。

 注意したいのは、そうした二重の減額は、現行制度において確実にやってくる未来であり、それとは別にさらなる改悪が待ち受けていることだ。

「年金大減額時代」に備えるために、まず、すでに年金を受給している世代も、これから年金を受給する世代も、自分の年金が何年後にいくらになるのか、その金額を把握しておく必要がある。

 財政検証の付属資料には、今年65歳で年金受給が始まった標準モデル世帯(40年間の平均賃金で厚生年金に加入した夫と専業主婦の妻)の「月額22万円」を基準に、年齢別の「夫婦の年金額」が65年先まで1年刻みで試算されている。

 表は厚労省試算のうち、現在40歳から65歳の人の年齢別年金額を5年刻みに簡略化したものだ(現在の物価、賃金水準に換算した実質額)。

 たとえば、今年65歳の夫婦の年金は月額22万円から、70歳になる5年後には21.5万円へと月5000円(年6万円)減らされる。10年後には月1万4000円減、15年後には月2万円減と毎年減額幅は大きくなり、90歳になる2044年には月額2万9000円(年約35万円)も減らされる。

 66歳以上の年金受給世代の将来の年金額は、厚労省の財政検証資料では試算されていないが、計算していくと65歳世代と同程度の金額が減らされることがわかる。

 この表からあなたの“生涯年金額”と、老後30年間でもらえたはずの年金がいくら減らされるかも推計できる。

 夫婦の年金が22万円の65歳の世代は、年金額がそのままであれば95歳までの30年間の“生涯年金額”は7920万円のはずだったが、そこから約680万円もカットされてしまう。これが最も減額が大きい現在50歳の世代になると二重の減額によって880万円も少なくなる(表参照)。

 当然、その分、老後資金の不足額は大きくなることを覚悟しなければならない。

 今年6月の金融庁報告書では、公的年金だけに頼って暮らすと毎月5万円の赤字が生じることから、「老後30年間で、2000万円不足」と弾き出しているが、これはもらえる年金額は一定という前提だった。

 しかし、現実には厚労省自ら年金を毎年減らしていくことを明かしているのだ。現在65歳の世帯ならざっと2700万円、50歳世帯は将来的に2800万円不足すると考えておくべきだ。

◆病院◆クリニック◆リハビリセンター◆マッサージ◆サロン(アロマ ネイル 美容その他)◆レストラン◆ビジネス派でここで決まり!◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2019/09/16 01:18 ) Category ■健康・医療・食・ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)

年金はこんなに減らされる!財政検証でわかった年金の未来 現在50歳は880万円減、45歳は863万円減 

 厚生労働省が8月に発表した年金財政検証は、「年金の未来予想図」だ。「現行の年金制度は、一定の経済成長などが進めば将来的に夫婦の年金額が現役サラリーマンの平均手取り給料の50%を割り込むことはない」──それが今回の検証の結論だった。

 だが、その説明にはトリックがある。年金は「もらい始める前」と「もらい始めた後」の2段階で減らされていく。現役世代の保険料負担を減らすため、賃金・物価の上昇に対し、年金の上昇が抑制される仕組みがあり、そのため実質的に年金額が目減りしていくのだ。

 65歳の受給開始時点の年金額は毎年、少しずつ減らされる。そのため、若い世代ほど安くなる。厚労省の「現役サラリーマンの給料の50%が維持される」というのは、この受給開始時点の年金額のことだ。

 それに加えて同様に、受給開始後も、毎年、年金額が減っていく。だから、いずれ50%を割り込むのは確実なのである。

 注意したいのは、そうした二重の減額は、現行制度において確実にやってくる未来であり、それとは別にさらなる改悪が待ち受けていることだ。

「年金大減額時代」に備えるために、まず、すでに年金を受給している世代も、これから年金を受給する世代も、自分の年金が何年後にいくらになるのか、その金額を把握しておく必要がある。

 財政検証の付属資料には、今年65歳で年金受給が始まった標準モデル世帯(40年間の平均賃金で厚生年金に加入した夫と専業主婦の妻)の「月額22万円」を基準に、年齢別の「夫婦の年金額」が65年先まで1年刻みで試算されている。

 表は厚労省試算のうち、現在40歳から65歳の人の年齢別年金額を5年刻みに簡略化したものだ(現在の物価、賃金水準に換算した実質額)。

 たとえば、今年65歳の夫婦の年金は月額22万円から、70歳になる5年後には21.5万円へと月5000円(年6万円)減らされる。10年後には月1万4000円減、15年後には月2万円減と毎年減額幅は大きくなり、90歳になる2044年には月額2万9000円(年約35万円)も減らされる。

 66歳以上の年金受給世代の将来の年金額は、厚労省の財政検証資料では試算されていないが、計算していくと65歳世代と同程度の金額が減らされることがわかる。

 この表からあなたの“生涯年金額”と、老後30年間でもらえたはずの年金がいくら減らされるかも推計できる。

 夫婦の年金が22万円の65歳の世代は、年金額がそのままであれば95歳までの30年間の“生涯年金額”は7920万円のはずだったが、そこから約680万円もカットされてしまう。これが最も減額が大きい現在50歳の世代になると二重の減額によって880万円も少なくなる(表参照)。

 当然、その分、老後資金の不足額は大きくなることを覚悟しなければならない。

 今年6月の金融庁報告書では、公的年金だけに頼って暮らすと毎月5万円の赤字が生じることから、「老後30年間で、2000万円不足」と弾き出しているが、これはもらえる年金額は一定という前提だった。

 しかし、現実には厚労省自ら年金を毎年減らしていくことを明かしているのだ。現在65歳の世帯ならざっと2700万円、50歳世帯は将来的に2800万円不足すると考えておくべきだ。

◆病院◆クリニック◆リハビリセンター◆マッサージ◆サロン(アロマ ネイル 美容その他)◆レストラン◆ビジネス派でここで決まり!◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2019/09/16 01:17 ) Category ■介護・老後・年金・保険・労災・老人ホーム | トラックバック(-) | コメント(-)

意外と知らない?トリートメントとコンディショナーの違いと正しい使い方 

トリートメントは美しい髪を保つには欠かせないものだが、実際の正しい使い方を知らずに使用している人も多いようだ。トリートメント、コンディショナー、リンスには違いがあり、それぞれ使い方も異なる。今回は、トリートメントとコンディショナーの違いや正しい使い方について解説していく。

1.トリートメントとコンディショナーの違いとは?

シャンプーは毎日するという人が多いが、シャンプー後のトリートメントも非常に大事な工程だ。トリートメントには髪の健康を守る役割があるが、コンディショナーとは似ているようで違いがある。それぞれの役割についてみていこう。

トリートメントはダメージを補修する?

トリートメントは髪の内側に栄養を浸透させることができる。そのため潤いを保つだけでなく、ダメージを補修する役割も果たしてくれるので、値段は高価なものが多いのもトリートメントの特徴といえる。

コンディショナーは表面をコーティングする

髪のダメージを補修するトリートメントとは異なり、コンディショナーはあくまでも髪の表面をコーティングし保護するものだ。髪を整える役割を果たすリンスより優れた役割を果たすが、トリートメントのようにすでにダメージを受けた髪を補修することはできない。

2.トリートメントとコンディショナーは両方使用する?

似ているようで違った役割を持つトリートメントとコンディショナーは、両方使用することをおすすめする。手順は下記の通り。

トリートメントとコンディショナーのタイミング

まずはじめにシャンプーで汚れをしっかり洗い流し、先にトリートメントを使用する。トリートメントで髪の内側を補修し、それからコンディショナーで髪の表面をコーティングするというのが正しい順番だ。

ちなみに、コンディショナーは必ずしも使用しなければいけないわけではなく、髪のダメージの状態などによっては、トリートメントだけでも充分ケアすることができるので、自分に合った方法で使用するかどうか判断することをおすすめする。

3.トリートメントは毎日する?正しい頻度について

トリートメントの頻度は人によって異なり、週1〜2回という人もいれば、毎日使用しているという人もいるようだ。トリートメントの頻度に正解はあるのだろうか。

トリートメントは毎日しても大丈夫?

トリートメントの理想的な頻度は、一般的に週1〜2回といわれている。しかし、髪のダメージレベルによっては頻度を上げる必要があり、ダメージがひどい場合には毎日使用しても大丈夫な場合がほとんどだが、メーカーによっては使用回数に指定がある場合もあるので、使用する前に確認してみよう。

毎日トリートメントを使用すると逆効果になる、といった情報も耳にする。その理由としては、健康な髪に毎日トリートメントを使用すると元々の保湿する力が弱まるといわれている。そのため、ダメージがひどい髪には基本的に毎日使用しても問題はない。ダメージがひどくない場合には、週1〜2回の頻度を目安にするのがおすすめだ。

4.トリートメントの正しいやり方を一挙公開!

トリートメントは、正しいやり方で行うことでより効果を発揮する。トリートメントのやり方にはさまざまなポイントがあるので紹介していく。

トリートメントは付け方が重要

シャンプーが終わったらそのままトリートメントを付ける人が多いが、その前にタオルで毛先から中間まで軽く拭くことで、水分によりトリートメントが薄まらず、より効果が期待できる。そして、トリートメントは髪全体につけるのではなくダメージの強い毛先から髪の中間あたりまで付けるようにしよう。

その後蒸しタオルで髪を包み、さらにシャワーキャップをかぶって10〜15分蒸すと短時間で髪に有効な成分が浸透する。最後にすすぎを行い完了となる。

結論

トリートメントとコンディショナーには違いがあり、それぞれに正しいやり方がある。それを参考にすることで、トリートメントの効果を高めることにつながる。トリートメントの正しいやり方を参考に、髪のダメージの悪化を防ぎ、サラサラな髪を維持するよう心がけよう。

◆病院◆クリニック◆リハビリセンター◆マッサージ◆サロン(アロマ ネイル 美容その他)◆レストラン◆ビジネス派でここで決まり!◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2019/09/16 01:14 ) Category ■健康・医療・食・ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)
スポンサーリンク
 
最新記事
QRコード
QR
トリカゴ