あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

最新の記事

1999年の画期的な抗鬱剤の日本上陸が鬱病大発生させた原因か  

   

ほんの15年ほど前まで、うつ病は日本人にとってそれほど身近な病気ではなかった。1990年代後半まで、うつ病患者数は40万人前後で、ほとんど増減しなかった。フジ虎ノ門健康増進センター長で精神科医の斉尾武郎氏がいう。

「1990年代後半までは、精神科で治療の対象となる患者は、強い妄想を抱いたり、自殺の恐れがあったり、通常の生活を営むことができない重篤な症状を持つ人だけでした。

だから、研修医を受け入れるような大病院でもうつ病患者は数えるほどしか入院していなかった」

 しかし、2000年代に入ると患者数は右肩上がりで増え、1996年には40万人超だったものが2008年には100万人を突破。それに伴い、日本の抗うつ薬の市場規模も1996年の8倍と爆発的に伸びている。

 最近では、うつ病は深刻な社会問題にまでなっている。精神疾患を抱える人が学校に通えなかったり、会社を長期休養したりするケースが頻発しているからだ。

なぜ、1990年代までは病名さえ一般的でなかったうつ病の患者が、ここまで増えてしまったのか。

 一般的に、日本でうつ病が増えた原因は、「バブル崩壊後の日本経済の停滞」や「非正規労働者の増大」「グローバル競争の苛烈化」など、経済状況や労働環境の悪化の文脈で説明されてきた。

しかし、それだけでは2000年頃から爆発的に増加した理由にはならない。

 パナソニック健康保険組合メンタルヘルス科東京担当部長の冨高辰一郎氏の著書『なぜうつ病の人が増えたのか』(幻冬舎ルネッサンス新書)によると、イギリスやアメリカでは、日本より約10年先行してうつ病患者が増えている。

その増加曲線を経済の好不調に照らし合わせると、不況だからといってうつ病患者が増えるわけではなく、それらの因果関係は薄いという。

 それではなにが原因なのか──。実は1999年、日本に新しい“画期的”な抗うつ薬が上陸したのだが、それがうつ病を大発生させたと見られているのである。

「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」。1999年に初めて日本で認可されたこの薬は、セロトニンの血中濃度を高めることによって、うつ症状を軽減させようというものだ。

現在、フルボキサミン(商品名デプロメール、ルボックス)、パロキセチン(同パキシル)、セルトラリン(同ジェイゾロフト)、エスシタロプラム(同レクサプロ)の4種がSSRI系の抗うつ薬として日本で認可されている。

「これらSSRIの登場によって、日本のうつ病を巡る環境は一変した」と、前出の斉尾氏が語る。



 メイン
( 2017/03/25 23:43 ) Category ■うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

「私うつかも?」って時に絶対やっちゃいけないこと4つ  

   

「もしかして私、うつなのかも?」と思った時に、どう対処するかでその後が変わってきます。

ここでは、セラピストの紀野真衣子さんに教えてもらった“メンタルの調子が優れない時に絶対してはいけないこと”を、4つお伝えします。

普段から以下の傾向がある方は気をつけてくださいね!

■1:自分を責める

「真面目で責任感の強い方がうつになりやすいと言われています。 これくらい出来なくてどうするの!?と自分を責めたり、頑張ればできるはず!と無理してやろうとしたりすると、状態は悪化してしまいます」

できなかったことではなく、これまで成し遂げてきたことを思い出すようにしましょう。

■2:楽しいと思うことを我慢する

「やらなきゃいけないことはできないのに、楽しいことはできる。そんな自分を責めて楽しいと思うことを我慢するのはよくありません。 万が一“何も楽しくない”という状況に陥ったときは、“楽しめることを探す”というステップから始めるのもいい方法です」

自分が好きだったものや、リラックスできる空間を見直してみましょう。

■3:嫌なことに目を背ける

「えっ、嫌なことから目を背けてはいけないの?」「無理したらうつは悪化するんじゃないの?」と思う人もいるかも知れませんが、そうではないと紀野さんはいいます。

「これは“仕事や人間関係から逃げるな、戦え”ということではありません。“嫌だと思うこと”をなかったことにしない、自分をごまかして平気なふりをしないという意味です。 自分が何を嫌だと思っているかを把握しましょう」

自分の気持ちをきちんと整理することが必要です。

■4:薬やアルコールに頼る

安易な解決策はよい結果をもたらさないものです。

「うつ気味になるとどうしても寝付きが悪くなります。 そんなとき、安易に睡眠薬やアルコールに頼ってしまうと薬物依存、アルコール依存などの新しい問題ができてしまいます。リラックス効果のあるCDやアロマなどで眠りにつくようにしましょう」

アロマには眠りを深くする効果があるものがあります。

「精神科にかかったうつ病の患者さんから、“話を聞いてほしいのに薬ばかり出された”という話をよく聞きます。軽度のうつでも、最初のケアを間違えば後々大変なことになってしまいます」と紀野さん。

さらに、「もしうつかも、と思ったら、無料電話相談にかけてみることをおすすめします(いのちの電話、地域の保健福祉センターなど)。“自分で自分を振り返ってみたい……”と思う方は、認知行動療法の本を買って自分でワークするのもよいでしょう」とアドバイスをくれました。



 メイン
( 2017/03/25 23:38 ) Category ■うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

糖尿病の食事療法は「地中海型食生活」が理想的  

   

糖尿病と診断されて最初に学ぶのは、たくさん食べると血糖値が高くなるということです。何を食べても血糖が高くなるので途方に暮れた人もいるでしょう。

しかし、食後高血糖の直接の原因は、ほとんどが糖質(消化吸収できる炭水化物)によるものです。そのため、食事の糖質をグラム単位でカウントして、糖質をあらかじめ決めた量に守る「カーブカウンティング(糖質管理食)」の手法が用いられています。

 では、どの糖質食品でも同じように食べた量に比例して血糖が上がるのでしょうか? 実はそうではありませんでした。これを科学的に調べようとして発見されたのが、「グリセミック指数(GI)」なのです。

■GIの低い食品はすべて高食物繊維?

 以前から、食物繊維の効果とGIを混同している医療従事者がかなりいたので気になりました。この2つの効果は厳密には区別できませんが、同じではありません。

 食事の糖質の量と、体が分泌できるインスリン、あるいは注射するインスリンのバランスが、食後血糖値に最も影響を与えるのは明らかなのですが、糖質食品の種類や加工度、調理法、食べ方も食後血糖値に関係します。この糖質食品の「質」を科学するGIとは何なのか、そしてその賛否両論を紹介しましょう。

■GIの発見

 米国でも1980年までは、糖尿病患者の炭水化物食品の摂取管理は食品交換表を使っていました。つまり、「量」の管理です。トロント大学の科学者、David Jenkinsは、さまざまな炭水化物食品を食べた後の体の血糖値変化に興味を持ち、1981年、ごくありふれた食品62品の血糖反応を「Glycemic Index(グリセミック指数)」として、米国の臨床栄養学の専門誌AJCNに発表しました。栄養学者も医師も患者も、初めて耳にする言葉でした。

 糖質、つまり消化吸収できる炭水化物を50g含む食品を健常者に食べてもらって、2時間の血糖値の変化を折れ線グラフにして、同量のブドウ糖を摂取したときのグラフと照らし合わせました。

各食品の折れ線グラフの面積を、吸収が最も速い、つまり血糖ピークが最も高くなるブドウ糖の面積と比較したのです。こうするとブドウ糖を100とする、各食品の血糖上昇の割合、つまりGIが0~100で表わせます。

 50gのブドウ糖を100とすると、平均的な健常者の場合、精製小麦粉で作った白いバゲット(フランスパン)のGIは95、リンゴは39でした。日常生活で米飯とリンゴの糖質を同じ20gにそろえても、食後の血糖上昇の曲線は異なるのです。

 低GIの食品が食後2時間の血糖値上昇を抑えるのなら、必要とするインスリンも比例して減るので、インスリン不足の2型糖尿病患者には願ってもない話です。当初は大いに期待されました。

しかし、GI発見から30年以上たった今日でも、低GI食はそれほど熱心には糖尿病患者に勧められていないのです。なぜでしょうか?

■グリセミックロード(血糖負荷)の考え方

 多くのGI研究者はGIの利用だけでは、それほど糖尿病のコントロールに役に立たないことを知っています。低GI食品でも食べ過ぎれば高血糖になります。やはり糖質の総量規制が必要なのです。

 そこで料理に使用する各食品の糖質量にGIを掛け算した数値を、「グリセミックロード(血糖負荷)」とする方法が考えられました。グリセミックロードは、食事の糖質の質と量を加味した、負荷を表わす数値です。

これはハーバード大学公衆衛生大学院などで応用され、精白穀物の白いパンなどを好んで食べることが血糖負荷を高めて、肥満や2型糖尿病のリスクを高くすることが証明されました。

 GIの高いマッシュポテトとメロンを1カップずつ食べると、当然ながらマッシュポテトの方が血糖値が高くなります。

マッシュポテトにはより多くの糖質(グラム単位)が含まれているからです。ただし、このグリセミックロードを実際に糖尿病食事療法に導入できるかどうかは不明です。疫学としては有用でも、糖尿病患者の日常のコントロール目標には役に立ちません。

■GI擁護派の主張

 低GI食品を選んでその糖質をカウントすることで、血糖上昇を抑えられるとGI信奉者は力説します。25gの糖質を含むベークドポテトとスパゲッティでは、食後血糖に与える影響は3倍も違う! とシドニー大学のJennie Brand-Miller教授は主張します。このGI論者のカリスマ教授は彼女自身の体でこれを実験したそうです。

 もうひとつのメリットは、おおむね低GI食品がヘルシーだという主張です。低GI食品はフルーツや野菜、全粒穀物、パスタ、乳製品などですから、一見説得力がありますが、加工食品で低GIをうたうチョコレートやスナックはとてもヘルシーとはいえません。GIが低いのは高脂肪だからです。

■GI懐疑派の主張

 GIの懐疑派は根本的に欠陥があると考えています。食事はいろいろな材料でできていますから、例えば私達は単品のニンジンだけを食べることは、まずありません。また、GIは個人差が大きいのです。

健常者は、激しい運動で肝臓のグリコーゲンが消費されていれば、何を食べてもその補充に回りますから、血糖値は上がりません。そもそも健常者の場合、高GI食でもほんの少し血糖値が上がるだけです。また、百人百様の糖尿病患者の血糖反応からGIを計測するのは不可能です。

 どうもGIはあいまいさが残るので、サイエンスとは言い切れない部分があります。そう言えば、確かに食品成分表を使った糖質制限食だって実際の糖質量ではありませんから、正確なサイエンスではありませんね。

■GIも使い方次第では……

 食品別のGIリストは数え切れないほどありますが、各国各様の、もともと品質も季節も味も違う同じ名前の食材で、体格も料理の好みも異なる人達がざまざまな条件で測ったものなので、とても紹介できるものではありません。

ですからGIの細かい数値は無視して、高・中・低ぐらいの判断でいいと思います。日本では白米ご飯の血糖上昇を100として、83以上を高GI、65~82を中GI、64以下を低GIとしています。

 ひとつの考え方ですが、食事に低GI食品を少なくとも一品加える努力をするといいでしょう。代表的なのは野菜です。茹でたてのポテトのGIは75ですが、冷めると55に下がります。

ポテトサラダは冷めたいポテトと酢、オイル、他の野菜を加えて作りますから、ポテトが好きな人にはおすすめです。酢やオイルを加えると腸の動きが抑えられて、さらにGIが低くなるのです。

 たっぷりの野菜(デンプン食品は除いて)とフルーツ、全粒穀物、低脂肪乳製品、豆類、魚、脂肪の少ない肉を計画的に摂る「地中海型食生活」を実践すれば、ヘルシーですし、とりもなおさず低GI食なのでおすすめです。



 メイン
( 2017/03/25 23:28 ) Category ■糖尿病・高血圧・血糖値・痛風・低血圧 | トラックバック(-) | コメント(-)
スポンサーリンク メイン
meiin
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※こちらはコミュニティ(★★ぽちっと友の会★★ )参加を希望される方限定です。
QRコード
QR