l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・?
FC2ブログ

白髪ケアでよく聞く「ヘナ」識者が語るその効果と注意点

朝いちばんに生え際の白髪を発見して、どんより気分が沈む。そんな経験が、読者世代ならだれでもあるのではないだろうか。

「白髪がどんどん増えて、頻繁に染めないと……。お金もかかるし、ほんとに面倒」「最近、ヘアカラーがしみるようになって、次はかぶれないかと心配」「何度も美容院で染めると高くつくし、自宅ではうまく染まらない」など、白髪やそのケアに関するお悩みは尽きない。

ヘアカラーブランドのウエラが’17年に行った調査では「白髪を見つけたとき、何歳老けた気分になるか」という問いに、女性は平均「6.9歳」! また、「同世代の白髪の有無をチェックする」女性は、72.4%にのぼる。自分の白髪はもちろん、他人の白髪も気になる。白髪は、読者世代女性の“天敵”なのだ。

そこで、「髪も頭皮も、自分の体。その状態をきちんと知って、ケアしてほしい」と話す美容ジャーナリストの伊熊奈美さんに、白髪ケアについて教えてもらった。

■お出かけの直前に白髪を発見してしまった場合は?

どんなにケアしていても、白髪が残ってしまうことがある。なぜか、いまから出かけるというときに、発見するからたちが悪い。

「そんなときは、ヘアマスカラやヘアカラースプレーなどとして販売されている『一時染毛料』を使いましょう。ほのかな香りがついたものや、くせ毛を同時に抑える機能がついたもの、ヘアトリートメントの働きを持つものなど、さまざまなものが売られています。また、わざわざ買わなくても眉マスカラをお持ちなら、それも代用できます。毛先を持ち上げてつけるときれいにつきますよ」

白髪発見で沈んだ気分をアゲてくれるようなお気に入りの白髪隠しアイテムを見つけておこう。

■最近よく耳にするヘナ。実際のところどうなの?

ヘナは「髪がきれいになる」「ハリが出る」などと、よく耳にする。

「ヘナはインドや北アフリカなどで古くから重用されてきた薬草。ヘナとして市販されているのは葉を乾燥させ、粉砕したパウダーです。これをお湯で溶いたものを髪に塗ると、ヘナの植物染料が表面に吸着して染まると同時に、髪をコーティングするので、ハリが出るのです。また、頭皮の汚れを除去するといった作用もあります」

塗り方はヘアカラートリートメントと変わらないが、塗布してから1時間程度は放置したい。ヘナはオレンジ色に染まると聞くが……。

「100%のヘナはオレンジ色に染まります。黒髪はほぼ染まらないので、白髪が少なければオレンジ色の髪が混ざる感じです。ただ、白髪が増えるとオレンジ色が強くなるので、インディゴなど、ほかのハーブを混ぜたものを使う人も増えます。ブラウン、ダークブラウンといった名前で市販されているのがそれです」

とはいえ「一度ヘナを使ったら、もう後戻りはできない」とも聞くので、勇気が必要では?

「私は『ヘナは出家』といっています。というのも、ヘナをしばらく続けたあとでアルカリカラーをすると、思ったように発色しないからです。1〜2回部分的に試すくらいなら影響は少ないので、色にこだわる人はその時点でよく考えてみてください。でも、ヘナはヘアカラーで刺激を感じる人にとってのポジティブな選択肢でもあります。『出家してよかった』というヘナファンは多いんですよ」
☞◆ 病院/リハビリセンター/サロン(エステ・整体マッサージ・鍼・アロマなど)ここで決まり!アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆👈

「白髪は自宅でケア」派に…“よく染めるための”3原則

朝いちばんに生え際の白髪を発見して、どんより気分が沈む。そんな経験が、読者世代ならだれでもあるのではないだろうか。

「白髪がどんどん増えて、頻繁に染めないと……。お金もかかるし、ほんとに面倒」「最近、ヘアカラーがしみるようになって、次はかぶれないかと心配」「何度も美容院で染めると高くつくし、自宅ではうまく染まらない」など、白髪やそのケアに関するお悩みは尽きない。

ヘアカラーブランドのウエラが’17年に行った調査では「白髪を見つけたとき、何歳老けた気分になるか」という問いに、女性は平均「6.9歳」! また、「同世代の白髪の有無をチェックする」女性は、72.4%にのぼる。自分の白髪はもちろん、他人の白髪も気になる。白髪は、読者世代女性の“天敵”なのだ。

そこで、「髪も頭皮も、自分の体。その状態をきちんと知って、ケアしてほしい」と話す美容ジャーナリストの伊熊奈美さんに、白髪ケアについて教えてもらった。

■「おしゃれ染め」と「白髪染め」って何が違うの?

ドラッグストアのヘアカラーコーナーには、おしゃれ染めと白髪染めが並んでいる。おおよそ、おしゃれ染めは白髪の少ない若い人向けで、白髪染めは白髪の多い人向けだろうと使い分けているが、中身は違うのだろうか?

「どちらもアルカリカラーで、基本的には同じ仕組みです。違いは、パラフェニレンジアミン(以下、ジアミン)と呼ばれる染料の量。白髪を暗く染めるためには、ジアミンがたくさん必要ですが、おしゃれ染めはジアミンが少なめです」(伊熊さん・以下同)

だとすると、おしゃれ染めのほうが、髪や頭皮にやさしいのだろうか。

「ジアミンの配合比較だけで考えれば、おしゃれ染めのほうがやさしいともいえます。ただ、ジアミンアレルギーになってしまったら、たとえ少量でも拒絶反応が起きるので、おしゃれ染めも使えません」

ジアミンアレルギーの人は、ジアミンを含まないヘアカラートリートメントやヘアマニキュアなどのほか、「オハグロ式白髪染め」も使える。これの特徴はかなり濃い黒にしか染まらないこと。販売元も少なくマイナーな存在だが、ジアミンアレルギーの人にとっては貴重な染毛剤だ。

■ヘアカラートリートメントはいまいち色が入りにくい印象が

「美容院で毎回染めると高くつく」「染めても染めても白髪が出てくるけど、美容院に頻繁に行く時間がない」など、費用や時間のやりくりを考えて、自宅で白髪ケアをしたいという人は多い。

「お財布にやさしい自宅ケアなら、髪や頭皮にもやさしく、肌についても洗えばすぐに落ちるヘアカラートリートメントがおすすめです」とはいえ、ヘアカラートリートメントは色が入りにくい印象も。

「ヘアカラートリートメントは、髪の表面に吸着するものなので、黒髪には発色しません。白髪だとトリートメントの色がきれいに出るので、実は白髪が多い人ほど、色がしっかりのるんですよ」

ヘアカラートリートメントは、シャンプー後に髪がぬれた状態で使うものだが、よく染めるためには乾いた髪に使えるものを選ぶとよいという。

「ヘアカラートリートメントは、ヘアカラー用のハケにたっぷり取り、染めるときと同じように乾いた髪の根元から塗り重ねましょう。手でヘアカラートリートメントをなでつけるだけでは、内側まで染まりません。そして、すべて塗り終わったら、髪の下側から指を入れ、全体に行き渡るようにしっかりもみ込んでください」

染毛料は熱を加えるとよく染まるので、塗り終えたらラップで頭部全体を包み込むこと。冬は寒いので、生え際や分け目に使い切りカイロを貼って温めると、より染まりやすい。その後湯船でゆっくり温まって、30〜40分待ってから、しっかり洗い流そう

「ぬれた髪にヘアカラートリートメントを使うときは、タオルドライをして事前に水分を拭き取っておくようにしましょう。面倒かもしれませんが、そのひと手間で、染まり方がずいぶん違いますよ」

■ヘアカラートリートメントは思った色に染まらないのでは?

「ヘアカラートリートメントは、アルカリカラーと同等には染まりませんし、色持ちしません。もっと深くしっかり染めたい方は、毎日してもOK。名前のとおりトリートメントに色がついたような仕組みですから、キューティクルにダメージを与えません。また、ヘアカラートリートメントを選ぶときは、自分の髪色より一段明るい色を選ぶとよいでしょう。そのほうが透け感が出て、おしゃれな雰囲気になります」

とはいえ、ヘアカラートリートメントでは微妙な髪色の調節はむずかしいのでは?

「ヘアカラートリートメントは、1回ではそれほど深く染まりませんし、3日もすれば色が落ちてしまいますが逆にそれがメリット。思いどおりの仕上がりを目指して、さまざまな色に挑戦してください。どんなに派手な色のヘアカラートリートメントでも、1回で強く発色することはないので、安心して。最近はカラーバリエーションの豊富なヘアカラートリートメントもあるので、ニュアンスカラーを取り入れると、髪色の印象が変わりますよ」

たとえば自宅ケア派は、ダーク系をベースカラーとして3日間染めたら、4日目だけはグレイやグリーン、ピンクなどのお好みのニュアンスカラーを入れてみては。おしゃれで若々しい髪色が演出できる。

「最近は、これまでのメカニズムと全く違う、メラニン様の成分で染める染料も販売されています。これもジアミンを使いませんのでアレルギーがあっても使えるものです。ニュアンスカラーとして、メラニン染めのグレイを使うと、ほどよいアッシュヘアになりますよ」

いろいろ試しながら、思いどおりの髪色に近づけていく。ダメージの少ないヘアカラートリートメントならではだ。
☞◆ 病院/リハビリセンター/サロン(エステ・整体マッサージ・鍼・アロマなど)ここで決まり!アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆👈

「健康な頭皮作り」が白髪・薄毛対策の第一歩である理由

「雑誌などが行う調査で、40代以上の女性に髪の悩みを聞くと、第1位は決まって『白髪』なんです」

そう話すのは、美容ジャーナリストの伊熊奈美さん。

髪のつややしっとり感などを保つために、シャンプー後のトリートメントや、ドライヤー前のヘアオイルなどでケアをしている人は多いだろう。だが頭皮は、かゆい、フケっぽいなどの困り事があっても、どうしていいのかわからないという人が多いのでは?

「頭皮は、丈夫な髪の毛を作る土台です。いま、きちんと頭皮をケアするかどうかで、半年後の髪の毛が変わります。白髪より本当に怖いのは将来的な薄毛です。どんな髪色でも、髪のボリュームがないと美しく見えません。高齢になってもふんわりボリュームのある髪を維持するために、ほんの少し生活のなかで頭皮ケアを意識しましょう」

頭皮は肌より皮脂が多いという違いがあるが、ケアは肌と同じで、「洗浄・保湿・日焼け止め」が基本。指の腹を使ってやさしくシャンプーし、よくすすごう。

特に冬場にフケが出やすい人は乾燥が進んでいる。まずはシャンプーを頭皮に残さないことが大切。シャワーをフックから外し、髪をめくりながら襟足や耳の後ろからも頭皮をしっかりすすぐこと。ドライヤーで乾かすときは頭皮に高温を当てず、低温で乾かすこと。

そのときにできれば「頭皮の美容液」や「頭皮の化粧水」などをつけて、頭部のマッサージをしながら乾かすとよい。頭皮の美容液は「育毛剤」として販売されていることもあるが、薄毛に悩む前に使い始めよう。外出時は頭部にもスプレータイプの日焼け止めを使い、紫外線から頭皮を守るよう心がけて。

また、乾燥だけでなく、しっかり洗っているのに頭皮がベタつくのも、水分と脂分のバランスが崩れている証拠だ。よい状態の頭皮は青白く、ヘアカラーでもしみにくい。

「髪の毛も年とともに、うねりが出るなど髪質が変化します。特に、もともと細くて軟らかい髪質の人は、薄毛になりやすい傾向があるので、ぜひ、血流をよくするブラッシングをしてください」

入浴前に行うと、髪の汚れも浮いて、一石二鳥だ。

「注意したいのは、頭皮が痛くならない柔らかいブラシでやさしく頭皮に触れることです。10回くらいとしかしても、頭皮が痛みを感じない柔らかさで、ピンが密のブラシを選んでください」

最近は「グレイヘア」も人気が高い。白髪をあえて染めず、ナチュラルな美しさに、あこがれを抱く人も多いだろう。「いまでは、グレイヘアもれっきとしたおしゃれのひとつ。大人の女性の選択肢が広がったので、とてもうれしいです」
☞◆ 病院/リハビリセンター/サロン(エステ・整体マッサージ・鍼・アロマなど)ここで決まり!アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆👈
格安ドメイン名取得サービス
最新記事
ninjya
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
PR
ダイエー公式サイト
ふとんクリーナー レイコップ
カテゴリ