1

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人は要注意!―高血症のリスクが高い

お酒が入るとすぐに顔が赤くなってしまう人、いますよね。こういう人はただお酒に弱いだけというわけではなく、アルコールが原因となる高血圧症になりやすいという気になる調査結果が報告されています。

韓国の忠南大学による調査によると、お酒を飲んですぐに顔が真っ赤になる人は、週に4杯以上飲むとアルコールによる高血圧症になるリスクが高まるといいます。

同大学医学部のヨング・サン・キム博士による調査では、お酒で顔が赤くなる人、ならない人、お酒を飲まない人を含めた1763人の韓国人男性の高血圧症のリスクを調べました。

すると、“顔が赤くなる人”が週に4杯以上飲んでいる場合、高血圧症になるリスクはお酒を飲まない人より2倍も高いことが明らかに。

“顔が赤くならない人”の場合、週に8杯以上のお酒を飲むと高血圧症になるリスクが上がるそうです。

この差は、年齢、BMI値、運動量や喫煙の有無などの要因を考慮しても明らかでした。

お酒の飲みすぎが高血圧症をもたらすことは知られていますが、お酒で顔が赤くなってしまう人は少ない酒量であってもそのリスクが高いことがわかったのは今回の調査が初めて。

顔が赤くなるのは、アルコールを代謝する際に発生するアセトアルデヒドを遺伝的にうまく分解できないためです。

研究者は、アトアルデヒドが肌と体の末端部の血管を拡張させ、体内器官へ送られる血液量が減少、それを補うため体はホルモンを分泌、これが血圧を上げる結果となっているのではと推測しています。

高血圧症は、心臓系の疾患や脳卒中のリスクも高めるため、顔がすぐに赤くなってしまう人はお酒の量を控えたほうが良いとキム博士は勧めています。

二日酔いなしのお酒が飲める日も近い?「数分でアルコールを解毒できる物質」-英研究

これから忘年会シーズン、お酒を飲んでも翌日にひびかず、解毒剤を飲んだら運転して帰れちゃうなんて、SFみたいなことが実現されるかもしれません。

イギリスの神経精神薬理学者が、アルコールの代替品および解毒剤を研究中です。

お酒が理由で亡くなる人はマラリアやエイズより多い年間250万人、肝臓や心臓、脳への悪影響や、攻撃的になったり中毒になったりすることを考えると、最も危険なドラッグのひとつと言えます。

お酒の害を減らすには消費を減らすしかありませんが、多くの国では大衆の意見や税収減の恐れから値上げや供給制限には及び腰です。

アルコールが脳内で脳をリラックスさせるGABAと呼ばれる神経伝達物質に作用することは知られていますが、他にも同じような働きをする薬はあります。

つまり、理論的にはアルコールの代理品を作ることができるはずです。

イギリスの神経精神薬理学者がそのような物質を5種類発見しました。お酒と同じような快感が得られるか、実験が必要だと言います。

また、お酒は味と見た目も重要、カクテルのようなものにすることが考えられます。このアプローチのもうひとつの利点は解毒剤の生成が可能なことです。

この学者さん本人が、発見した物質のひとつを摂取して一時間ほど酔った後、解毒剤を飲んで数分ですっきり問題なく講義を行ったと言います。

必要なのは実験を行って売り出すための出資金ですが、アルコール産業もこの発明が彼らの売り上げに影響を及ぼすまでは関与することはありません。

これは電子たばこが開発されたときと似た状況です。投資がなければお酒に替わるより安全な選択肢が持つ可能性は実現されることはないでしょう。

この研究が早く製品化につながって、二日酔いだけでなくアルコール中毒や飲酒運転のない世の中がくるといいですね!

米がん協会のレポートを読めば、アナタも絶対禁煙できる「肺がん―死亡数1位」

アメリカがん協会が毎年発行する「がんの現状と数値」をじっくり読めば、タバコの怖さを再認識して、きっと禁煙できるハズ。

2013年度版のアメリカがん協会のレポートによると、がんの死亡率ナンバーワンは「肺がん」。実は、男性のがん死亡率は1955年以来、他のがんの死亡率を大きく引き離して「肺がん」がトップ。女性のがん死亡率を見ると、1988年に下降する乳がんの死亡率を上回ってから不動の1位。

国立がん研究センターによる2011年度の日本の肺がん死亡数は、男性では1位が肺がん、女性では1位が大腸、2位が肺がんとなっており、肺がん患者の5年生存率は、膵臓(すいぞう)がん、胆のうがんの次に低い。

アメリカがん協会は、肺がんの死因の87パーセント、すべてのがんの死因の最低30パーセントが喫煙にあると報告する。喫煙は肺がんを引き起こすだけではなく、口、鼻、唇のがんや食道がんなど、17のがんのリスクを上昇させる。

その他に、心臓病、脳血管の病気や慢性気管支炎、気腫の主な原因となり、胃潰瘍とも関係がある。

全ステージを一緒にした5年生存率は、米国では16パーセント。ステージ1で発見されれば、生存率は53パーセントだが、ステージ1で肺がんと診断された患者はわずか15パーセント!つまり、肺がんと診断されてからでは遅いのだ。

罹患(りかん)率が高い女性特有の乳がんや男性の前立腺がんとの数値を比較しても、肺がんの生存率がいかに低いかがわかる(米国2013年度予測)。

●女性の乳がん/女性の肺がん・気管支がん

罹患数予測232,340件/罹患数予測110,110件
死亡数予測 39,620件/死亡数予測 72,220件

●男性の前立腺がん/男性の肺がん・気管支がん

罹患数予測238,590件/罹患数予測118,080件
死亡数予測 29,720件/死亡数予測 87,260件

白人、アフリカ系、アジア系、ラテン系の人種別で見ても、肺がんの死亡率はナンバーワンだ。

喫煙者は、自分の健康だけではなく、周囲の人の健康を害する「セカンドハンド・スモーク(SHS)」(受動喫煙、二次被害)のことも頭に入れておかなければならない。毎年、受動喫煙の結果、3,400人のノン・スモーカーが肺がんで死亡している。また、断定的ではないが、受動喫煙と乳がんの関係を示唆する研究結果も複数ある。

肺がんになってからでは遅い。これを読んでも、禁煙しない理由は何ですか?

スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事