l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・?


カロリー気にする人に残念情報 カロリー表示は±20%誤差許容

ファミレスのメニューや持ち帰り用食品のラベルなど、身の回りの様々なところに「カロリー」が表示されている。細かく一ケタ単位で記されているので正確な数字だと思いがちだが、それは違う。

 今回、取材班は実際に店頭に並ぶ食品、あるいはテイクアウト可能なメニューを購入し、専門の検査会社でカロリーの数値を検証した。すると、以下の商品で表示を大きく上回るカロリーが計測された。

【有名とんかつチェーンの「テイクアウト用ヒレカツ」】
●表示/365kcal→実測値/504kcal=約38%オーバー

【有名カレーチェーンの「ハンバーグカレー」】
●表示/929kcal→実測値/1114kcal=約20%オーバー

【大手ファミレスの「ミックスプレート(ハンバーグ、エビフライなど)」】
●表示/823kcal→実測値/909kcal=約10%オーバー

 もちろん、同じレシピで調理しても食材の産地や季節などによってカロリーの数値がある程度変化するのは仕方のないことだろう。ただ、それを踏まえても超過幅はあまりに大きい。

 外食や買い物のたびに数値に注目していた人には残念なお知らせだが、実は「カロリー表示」は極めてアバウトなものだ。健康増進法では表示から「プラスマイナス20%」までの誤差が許されている。

つまり前述の3例で言えばアウトなのは表示から38%超過のトンカツだけ。カレーのように900kcal台の表示のものが1100kcal超であってもギリギリセーフなのである。

 しかも、誤差が法で認められた範囲を超えていても特に罰則はない。「任意の表示なので消したり修正したりしてもらうよう注意していくことになる」(消費者庁食品表示企画課)といい、

また消費者庁では何らかの情報提供がない限りは、特に表示が正確かの調査もしていないという。
 
 もちろん、役所に強い権限を与えればいいというものではないが、国は表示義務化の検討も進めている。カロリー表示の実態を知らないと、消費者は不正確な数値に振り回されることになりかねない。

 カロリー表示の数値は、【1】検査会社が実際に測定している場合、【2】文科省が作成した「日本食品標準成分表」をもとに栄養士が計算している場合の2パターンがある。

 取材班は今回、食品の栄養成分分析やカビなどの微生物検査を業務とする「食品微生物センター」の協力のもと、市販の食品のカロリー表示を検証した。

同センターでは専用のミキサーで食品を粉砕し、近赤外線を照射する最新の測定装置を用いてカロリーを計測する。食品を粉砕したサンプルからの反射光の波長の違いにより、たんぱく質や脂質などの成分を特定し、カロリーを算出していく。

 この機器は従来より計測に時間がかからないため、商品開発のスピードを上げたい大手スーパーやコンビニで導入が進んでいる。そのせいか、今回、スーパーで売られる惣菜(餃子、ポテトサラダ)も検証したが、表示からの誤差はいずれも5%以内だった。

 一方、冒頭の3例のチェーン店はいずれも【2】の方法で算出した値を表示していた。栄養士が計算する場合、食材が多くなると計算が複雑になり、油で揚げる場合は食材の形状や水分量を踏まえた吸油率を設定しなければならない。

計算する栄養士によって結果にブレが出やすくなる。

これはスゴイ!食べても太らない「おやつの食べ方」6つ

お昼過ぎに「ちょっと小腹がすいて……」と、ついつい間食しておやつを食べ過ぎていませんか?

間食をすることは決して悪いことではありません。間食はエネルギー補給や気分転換のために、とても大切な役割を果たしています。

大切なのは間食の質や量など、ちょっとしたことを意識することです。それだけで、美容と健康を維持していけますよ。

今回は、つい間食しすぎてしまう人必見! 日本エステティック協会認定エステティシャンの筆者が、経験ベースで“おやつを食べても太らないですむ方法6つ”をご紹介します。

■1:お菓子を小分けにして皿に出す

お菓子を袋のまま食べると、ついつい食べきるまで食べてしまいますよね。なかなか止まりません。食べる量を制限するためにも、袋を小分けにしたり、皿に出したりして食べてみましょう。

■2:おやつに野菜スティックを食べる

ビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含む野菜を、おやつ代わりに食べてみるのもいいです。ニンジンやキュウリ、パプリカなど、スティックにして食べやすいものが最適ですよ。

持ち運びしやすいのもポイントですね。「ちょっと物足りない」と感じたら、 低カロリーのドレッシングや低脂肪ヨーグルトに付けて食べると満足度も増します。

■3:スムージーを飲む

ミキサーに好きな果物と水を入れて混ぜるだけの、簡単おやつはいかがでしょうか。もちろん、お好みの野菜を入れると、より栄養価が高くなります。

この時期のフルーツは、ミカンやリンゴ、イチゴがおススメです。ただし、はちみつや砂糖を大量に入れる事は控えてください。

■4:冷凍バナナを食べる

バナナを新鮮なまま冷凍しておくと、おやつ代わりに簡単に食べれるので良いですね。歯ごたえが増し、満腹感も得られるはずです。

■5:低脂肪チーズを食べる

低脂肪チーズは、低カロリーでヘルシー。袋入りのさけるチーズだと携帯しやすいので、小腹がすいた時に食べてみてください。

■6:ナッツ類を食べる

アーモンドやくるみなど、ナッツ類はコレステロール値を下げるため、肥満が気になる人にピッタリです。良質の脂肪や食物繊維が豊富なので美容のためにもぜひ、摂っていただきたいですね。

ただし、食べ過ぎには要注意です。特にアーモンドはカロリーが高いので、どんなに多くても一握りにしてください。また、油や塩を添加していない物を選びましょう。

ちょっとしたことを心掛けるだけで、おやつを楽しめますよ。「痩せたいけど、おやつはやめられない……」と悩んでいる人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

認知症予防に役立つ「鏡文字」 車庫入れも上手くなると識者

 私たちが普段、読み書きしているのが「正字」。対して、鏡に映すことで正しく読めるのが「鏡文字」。つまりは反転させた文字ということだ。その鏡文字を書くことで、脳の活動を高めることができると、諏訪東京理科大学教授・篠原菊紀さんはいう。

「鏡文字を書くには、頭の中で文字を反転させ、図形を回転させるメンタルローテーションという力が必要です。この力が弱いと、地図を読んだり、車庫入れがうまくできないのですが、鍛えられるとうまくできるようになるんです」(篠原さん・以下「」は同)

 書いてみると、鏡文字はなかなかすんなりと書けない。

「書くためには、自然と正字を書こうとする手の動きを抑制しなくてはいけません。それにはワーキングメモリ(記憶や情報を一時的に保持しながら知的作業を行う力)が必要なのですが、この力を鍛えることが、認知症の予防にも役立つのです」
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★