あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■美容・しわ・ニキビ・むくみ・シミ・毛穴対策
1

専門医に聞け! Q&A 脚のむくみを緩和する方法

 Q:和食の調理師として長年仕事をしています。いつ頃からか脚がむくむし、だるく、重く、疲れやすくなりました。下肢静脈瘤とのことですが、脚にコブのようなものができるまでにはなっていません。何かよい対策法がありましたら教えてください。(45歳・調理師)

 A:静脈は心臓へ還る血液が通る血管で、血液が逆流しないように弁が付いています。下肢静脈瘤は、なんらかの原因によって、この弁が壊れ血液が滞ることによって起こる病気です。

 脚に、ボコボコとこぶのようなものができ、静脈が拡張し、血管が浮き出て見えます。症状は、足がむくむ、痛む、だるい、重い、疲れやすいなど。足に熱感があることがあるし、足がつることもあります。

 症状が進むと、足にかゆみが生じ、湿疹ができて治りにくかったり、皮膚が黒ずんで見えることがあります。さらには、潰瘍ができることもあります。

 治療法としては、医療用の弾性ストッキングをはく方法もあるし、硬化療法やストリッピング手術もあります。皮膚表面にぼこぼこと浮き出ていて、赤く熱を持つような場合は手術の適応だと思われます。

●握足手などで対処できる

 ご質問の方の場合、そこまで症状が悪化してないようですから、私が紹介する方法で対処できるでしょう。
 そこで、ご質問の方にお聞きしますが、静脈瘤は左右どちらの足が症状が重いでしょうか。大抵の場合、左右どちらかが症状がひどいものですが、それは症状がひどい足のほうに負担がかかっている証拠なのです。

 調理師は立ち仕事であり、立っているとき、どちらか一方の足に重心をかけるのが癖になっているでしょう。そこで、左右の足に均等に重心をかけるように気をつけましょう。そして時々は足指ストレッチ(握足手)を行いましょう。

 握足手は次のような手順で行います。

(1)左の足指の間に右手を入れます。
(2)足指にはさんだ手の指をギュッと握り締めます。
(1)と(2)をくり返します。
(3)左手で右手を抑え、右手で左の親指を握ったまま、グルグルと回します。
(1)~(3)を右足にも同様に行います。

 また、就寝時には少し足を上げて、むくみを予防するとか、前出の弾性ストッキングを仕事中に穿くことも勧められます。ストッキングを着用する場合は、足指がぎゅっと押さえつけられないようなものを選んで下さい。

今井一彰氏(みらいクリニック院長)
山口大学医学部卒業。東洋医学などさまざまな医療を駆使し、薬を使わずに体を治していくという独自の観点に立って治療を行う。日本初の靴下外来も設置。

体に良いと食べていても実はニキビを誘発してしまう食べ物3つ

「ストレスを上手に解消している」「生活習慣、食事内容を改善した」にも関わらず、「ニキビが良くならない」とお悩みの方はいませんか?

実はそれ、体に良いと思って食べている下記の食べ物と関係があるのかもしれません。

■ニキビを誘発してしまう食べ物3つ

(1)乳製品

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品には、性腺刺激ホルモン放出ホルモン、プロラクチン、プロゲステロンなど体内のホルモンを刺激するものが含まれています。そのため、摂取し続けることで、毛穴が詰まりやすくなったり、オイリー肌に傾いたりしてニキビを誘発する可能性があります。

(2)海藻類

昆布やわかめ、ひじき、めかぶなどの海藻類にはヨウ素が含まれています。ヨウ素を過剰に摂取することで、余分なものを皮脂腺から体外に排出します。このとき、皮脂腺が活発に働くため、ニキビが悪化することがあります。

(3)生卵

生卵の卵白に含まれるアビジンという成分は、卵黄に含まれるビオチンという皮膚の潤いを保ち炎症を抑えるビタミンの吸収を妨げてしまいます。ビオチンが不足した肌はニキビが悪化したり、肌荒れを起こしやすくなります。

卵黄は生で食べてもいいのですが、美肌作りのためには卵白を加熱する必要があります。卵には火を通すことをオススメします。

いかがでしたか? 特定の食べ物とニキビの関係は明確にはなっていませんが、すでにできているニキビを悪化させてしまうものがあるということを覚えておきましょう。

上記の食べ物を好んでいる方は、ニキビを悪化させないために、少し控えてみてはいかがでしょうか?

捨てたら大損!実は栄養が残っている出汁殻の「0円レシピ」3つ

お味噌汁などの出汁を取ったあとのカツオや昆布、煮干しを捨ててしまっていませんか? 実は、出汁殻には食物繊維やミネラルなどの栄養分が、たくさん残っているのです。

捨てたら損!という訳で、今回は出汁殻をおいしく食べるお手軽レシピをご紹介したいと思います。


■1:佃煮にする

出汁を取ったカツオ、昆布、煮干しを使います。1つだけでも、3つを混ぜ合わせてもOK。昆布は小さく好みの大きさに切っておきます。

出汁殻を中火にかけ、砂糖、酒、しょうゆの順に加えて煮付けます。ご飯のお供にぴったりの佃煮の完成です。

調味料の量はお好みで。筆者は1:1:1の割合にしています。煮干しの食感が気になる方は、包丁やミルミキサーで細かくしてから作るとよいです。

■2:煮干しでバーニャカウダソース

出汁を取った煮干しの水分をキッチンペーパーなどで取ってから、包丁かミルミキサーで細かくしておきましょう。塩コショウをして、細かくした煮干しが浸るくらいオリーブオイルを加えて、中火に20分くらいかけます。

煮干しの形がなくなってトロトロになったら、白ワインまたは酒を加えます。潰したにんにくか、にんにくチューブを加えて弱火にかけます。

煮干し50g程度に対して、にんにく4玉くらいが目安です。食感が気になる方は、潰したにんにくを加えた後にミキサーで混ぜましょう。よりソースっぽくなりますよ。

■3:食べるのに飽きたら肥料に

植物の成長にはミネラルが不可欠。売られている肥料にも、ミネラルが豊富に含まれています。

出汁殻にはミネラルが残っているので、ミルミキサーなどで細かくして土に埋めれば立派な肥料に。出汁殻を食べるのに飽きたら、肥料として使いましょう。

顆粒の出汁のもとを使わず自分で取ると、化学調味料や添加物を摂らずにすむだけでなく、出汁を取ったあとも0円レシピを楽しめます。ぜひ出汁殻は捨てずに、活用してくださいね。

中性脂肪は本当に悪者?これさえ守れば健康美人!の法則とは

すべての体脂肪は中性脂肪だし、食事に含まれる脂質のほとんども中性脂肪。

食事で摂取された中性脂肪は肝臓で脂肪酸に分解され、血中に放出されます。血中の脂肪酸値を測定したものが中性脂肪の量とされているのだけど、その値が高くなると脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化など命に関わる病気の原因になってしまいます。

でも心配しすぎる必要はありません。食生活を見直せば改善は可能。ぜひ参考にしてくださいね☆

■脂質を摂り過ぎない:食事に含まれる脂質のほとんどは中性脂肪。
肉の脂身、バター、マヨネーズ、ドレッシング、揚げ物など油っこい物は控えましょう。

■アルコールは控える:アルコールは血中の中性脂肪量を増加させてしまいます。
また、おつまみには脂質やカロリーの多い物が多いので注意。

■甘い物は控える:果物に含まれる果糖、お菓子やジュースなどに含まれる砂糖は、分解されるスピードが速く中性脂肪に変わりやすいので注意。

■夕食は控えめに:中性脂肪は、夜寝ているうちに作られます。
だから1日のトータル摂取エネルギーが低くても、夜にたくさん食べれば中性脂肪は増えてしまいます。

■食物繊維を多くとる:野菜・海藻・キノコ・豆類などに含まれる食物繊維は、腸管で中性脂肪を吸着して一緒に排出する働きがあります。

■肉より魚を食べる:サバやイワシなど背の青い魚に含まれる脂肪酸「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」には、肝臓での脂肪の合成を抑える働きがあります。
また適度な運動することも効果的です。

今回は、梅の酸味がサッパリ味がうれしいイワシ煮の梅肉。☆イワシには、動脈硬化を防ぐ効果のある「IPA(イコサペンタエン酸)」が豊富に含まれています。

●イワシ煮の梅肉風
材料(2人分)
イワシ(小さめ) 4尾
生姜 1片
梅干 2個
●煮汁
水 1カップ
和風だし 少々
酒 大1
砂糖 大1/2
醤油 大1

●作り方
1・イワシのうろこと内臓をとる。生姜はぶつ切りにする。
2・調味料を量り、鍋に煮汁を入れ火にかける。
3・沸騰したら、生姜・梅干を加える。
4・再び沸騰したらイワシを加える。落しぶたをして弱火で5~10分煮る。
5・中まで火が通ったら落しぶたをとり、お玉などで時々煮汁をかけ、煮詰める。汁が3分の1くらいまで煮詰まったら出来上がり。
●水の分量は鍋の大きさによって調節しましょう。目安は、魚の表面が少し見える程度。

高価な美容液よりも美肌女子が好む食べ物5つ

美容液や美肌パックを使っているのに、潤い・ハリがでない。日焼け止めを塗っているのに、シミ・ソバカスができる。必要な睡眠時間を確保しているのに、肌が荒れる。「気をつけているのに、どうして?」と頭を抱えてしまう女子が大勢いると思います。

そんな女子は、もしかしたら、「美肌に効く」食べものを口にしていないのかもしれません。今回は美肌女子5人に、「美肌に効く」好きな食べものを持ち寄っていただきました。では、早速ご紹介します。

1.NO 「ゴーヤ」,NO LIFE(ヒロさん・25・主婦)

スッピンで現れたヒロさん。見るからに水を弾きそうな、キレイなお肌の持ち主です。「沖縄生まれなので、小さな頃からゴーヤ料理を食べて育ちました」というヒロさん。

ゴーヤには、美肌に効果があるといわれるビタミンCが、トマトの6倍含まれています。さらに、ゴーヤには他の食材とは違う特徴があります。

「ゴーヤの果肉には水分が多く含まれているので、加熱処理してもビタミンCが壊れません。ビタミンCを丸ごと摂取できるんです。定番のチャンプルーはもちろん、佃煮にすれば、ご飯のお供にもなります。NO ゴーヤ、NO LIFEです」と絶賛していました。

2.「ワサビ」は付けるものではなく、食べるもの!(マリさん・36・公務員)

「ワサビは付けるものではなく、食べるもの!」と豪語する、ハリのあるお肌のマリさん。私も、美肌女子4人も驚きの声を上げました。ワサビといえば、お刺身やステーキに「付ける」イメージが強いからです。「おかずにチューブのワサビをたっぷりかけて食べています。

また、一番美容にいいのは、ワサビの葉です。葉に含まれる〝イソサポナリン〟という成分が、肌細胞を活性化させ、シワやたるみを予防してくれるんです。天ぷらにして食べるのがオススメです」とのこと。早速試してみたくなる美容法ですね。

3.魔法の実「アボカド」に隠された秘密(レイコさん・28・エステティシャン)

女性で賑わっているカフェに行くと、必ずあるのが「アボカド」のメニュー。みなさんも一度は目にしたことがあるはずです。「アボカドには、化粧品などのCMで耳にする〝コエンザイムQ10〟が多く含まれているの。

お肌の老化を防止してくれるのよ」と、もっちり肌のレイコさん。さらに、アボカドには女性が喜ぶ効果があるんだとか。

「アボカド1個に含まれる食物繊維は、サツマイモ2本分。高価な美容液でも、さすがに、便秘を解消することはできないでしょう?お肌にもお腹にもいいアボカドは、魔法の実なのよ」というレイコさんのお肌は、“百聞は一見にしかず”でした。

4.肌荒れに効く!鍋の名脇役「春菊」(アヤさん・24・会社員)

昔、肌荒れに悩まされていたというアヤさん。今はキズ一つない、キレイなお肌です。「私の肌が生まれ変わったのは、コレのおかげ」と、アヤさんが取り出したのは、春菊。

春菊には、皮膚の粘膜を強くするといわれるΒ-カロテンが多く含まれており、肌荒れに効果があるのです。「冬は鍋をよく作るんです。

春菊はどんな鍋にも必ず入れます」と力説。さらに、アヤさんはツヤツヤの頬をピンク色に火照らせ、熱っぽく語ってくれました。「毎日食べても飽きません!春菊は、鍋の最高の名脇役!名脇役なくして、美肌のドラマは生まれないんです!」。この時期、大活躍しそうな情報ですね。

5.美肌女子はコタツに「キウイ」(ルナさん・20・学生)

「コタツにはキウイですよね」当たり前のように言う、しっとり肌のルナさん。他の美肌女子も頷いています。しかし、私にはサッパリわかりません。コタツには「ミカン」のはずでは?

「ミカンもいいけれど、キウイのほうが断然肌にいいんです。ミカンの2倍もビタミンCが含まれているから」とのこと。2倍とは驚き。

また、貯蔵性の高さも魅力だそう。「11月が旬のキウイ。冷蔵庫で3、4ヶ月保つんですよ。だから、一度にたくさん買い込みます。コタツでテレビを見ながら、キウイ。これが美肌女子の冬の過ごし方です」。他の美肌女子も頷くところを見ると、もはや定番となりつつあるのでしょうか。

いかがでしたか?美肌女子お気に入りの食べもの。ちょっとクセがあって食べにくいかもしれませんが、ハマると止まらなくなるみたいですよ。さっそく、スーパーに探しに行かれてはどうでしょうか?

ダイエットと美肌を叶える簡単料理の作り方

時間がない人でも簡単にスリムボディと美肌が手に入る方法があったら、いいですよね。

スーパーなどで干し野菜を売っているのを見たことがある人は多いでしょう。干し野菜は保存も効き調理時間を短くするのに役立ちます。それだけではありません。実は干し野菜は栄養価がアップし、甘みが増して低カロリーになるといった嬉しいメリットがあるのです。

今回は干し野菜のメリットと実際の作り方をご紹介します。

■干し野菜のメリット■

◆1:おいしくなる

野菜を干すことによって、甘みが凝縮され、青臭さがなくなります。野菜独特の苦味が苦手な方には、干し野菜をオススメします。野菜嫌いの子どもにも食べさせやすくなりますよ。

◆2:栄養価がアップする

水分が抜け、カルシウムや鉄分などの栄養素が凝縮されるので、同じ量でも栄養を多く摂れます。野菜によってアップする栄養に違いがあります。大根なら食物繊維、しいたけはビタミンDが多くなります。

◆3:カロリーが下がる

かさが減るので、生野菜よりも油の吸収率が下がり低カロリーになります。保存が効くのでダイエット中の料理も簡単になります。

■作り方■

◆1:レンコン

皮をこすって洗い、輪切りにして重ならないように広げておきます。表面が乾くまで朝から5~6時間天日で干します。食感が変わり甘みも増すのが魅力です。

◆2:トマト

切って種を取り除き、皮付きのまま干します。プチトマトの方が簡単です。甘みが増して小腹が空いたときのおやつになります。

◆3:にんじん

皮付きのまま2mmの細ぎりにします。チリチリに縮むまで、2~3日かけてじっくり干します。独特の青臭さが減り、食べやすくなります。炒め物に入れれば料理の鮮やかさが増します。

他にも大根やジャガイモ、ブロッコリー、キャベツまでほとんどの野菜を干すことができます。始めは簡単にできるキノコ類から試してみるのがオススメです。

干し野菜のメリットを実感して頂けましたでしょうか?保存がきくので休みの日に作っておけば、毎日の自炊が可能になるかもしれません。1人暮らしで食べきれなくなった野菜は、以前ご紹介した「フリージング野菜」や干し野菜にして無駄にならないように心がけたいですね。

今さらですが…美容食「えのき氷」はスゴい

最近、不健康な生活に悩んでいました。夜、出歩くことが多く(ほぼ毎晩)寝る時間はバラバラ。何より自炊をする機会が減り、食生活も乱れまくりです。

 体重は変わらないんだけど、なんとなく締まりのない体になってきたような気がするし……。気がするんじゃなくて、なっている(泣)。

◆えのき氷でメタボ克服した芸人も

 そんなときに見つけたのが「えのき氷」。お友達のブログを見て、知りました。テレビや雑誌では、とっくに話題になっているみたいですね。「えのき氷」とは、ペースト状にしたえのき茸を凍らせたもの。

 なぜ私が「えのき氷」に注目したかと言うと、ダイエット効果だけではなく、美容にもいいとも書いてあったから! そして、何より作り方、使い方がスゴく簡単なんです。

 簡単なくせに、油分カット、食欲抑制、便秘改善、血糖値改善、高血圧改善と、たくさんの効果がある!

 とにかく「キノコキトサン」というのはスゴく優秀で、特にえのき茸にキノコキトサンが多く含まれているみたいですね。だから、キノコの中でもえのき茸がオススメみたいです。

 それと、ただ、えのきを食べればいいってものじゃないみたいです。えのきをペースト状にすることで、よりキノコキトサンの効果が高まるとか。

 この季節だとお鍋の機会が増えるから、キノコの摂取量も多いかと思われますが、えのき氷はもっと抜群に効果を発揮してくれるようです。

 それから、トレハロースという成分も含まれているみたいです。私は初めて聞きましたけど。変な名前ですよね。

 しかし、トレハロースもものスゴく優秀。なぜなら、保湿効果があるからです! この季節、私は常に乾燥に悩まされています。きっと私だけではないはずですよね! お肌の乾燥からニキビなどの肌トラブルを引き起こすので、乾燥は私にとって大敵。なので、私はますますえのき茸が好きになりました。いや、えのき氷か……。

 さて、肝心のえのき氷の作り方なのですが、実はえのき氷は作らなくても買えるみたいです。ネットで調べたら出てきました。

 でも、作り方があまりにも簡単なので、わざわざ買わなくてもって感じもします。だって、えのき茸と水をミキサーにかけてペースト状にして、それを一時間ほど弱火で煮込んで、冷ましたものを凍らせるだけなのですから。

 えのき氷の使い方も簡単。お味噌汁に入れたり、カレーや煮物など、とにかく何に入れてもOK! ダシって感覚で使えるのです。使いやすいように、私は凍らせるときに製氷器で冷やしました。

 こんなに簡単で、こんなに安く健康な体とスリムな体がgetできるなら、これはやるしかないですよ。

 ちなみに、えのき氷をネットで検索しているときにお笑い芸人のX―GUNの西尾さんのブログが出てきました。西尾さんは3か月間、えのき氷を一日3粒摂取し続けたら、体脂肪率が18%から12%になったみたい!

 えのき氷、恐るべし!<TEXT/たもちん>

★たもちんへの質問大募集!★
恋愛、SEX関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ⇒https://joshi-spa.jp/inquiry
※件名には「たもちん恋愛ニュース」と記載してください。なお、いただいたご質問は、当連載にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)、「女子モンダイ」(アスペクト)。愛称は“たもちん” 。ブログ「たもの人生エラーだらけ…」

脱ニキビ!繰り返しできる人が「うっかりやっている」NG行動4つ

繰り返すニキビ。本当にイヤになっちゃいますよね! ニキビ用の化粧品を使っても治らない、皮膚科で勧められたものを試しても今一つ。

がんばってお手入れしているのにニキビがよくならない方は、うっかりこんなことをしていませんか?

■1:皮脂を取ることに必死

“ニキビができる=皮脂が多い”と思っていませんか? そう思うと、皮脂を取りのぞくことに必死になりがちですよね。でも、皮脂が過剰なのではなく、水分が不足している可能性も。

ニキビのない美肌になるには、肌の水分量と皮脂量のバランスが重要。皮脂量は平均的なのに、皮脂を取り除いたり保湿ケアを怠ったりすると、水分量と皮脂量のバランスは悪くなるばかり。まずはコスメカウンターなどで、自分の水分量と皮脂量をチェックしてみて!

■2:化粧水だけでお手入れを完了

「乳液やクリームを塗ると、ベタベタするから」と化粧水だけでお手入れを済ませていませんか? ベタつきの原因は、肌の水分不足であることも。すると、身体は一生懸命なんとか肌を潤そうと、余計に皮脂を出してしまいます。

化粧水は、乳液やクリームの浸透をよくするために肌の状態を整えるものと心得て、乳液やクリームでしっかり保湿をしましょう。ベタつきが気にならないタイプもあるので、心地よくお手入れできるものを見つけてみてくださいね。 

■3:ニキビ部分を無意識に触っている

ニキビができると、ついつい気になってしまいますよね。自分でも無意識のうちに、ニキビを触っていませんか? また、ニキビがないときでも肌を触るクセがある人は、手の雑菌がニキビの原因になっているかもしれません。肌を極力触らないように気をつけましょう。

■4:スポンジやブラシを洗っていない

ファンデのスポンジやチークのブラシを、何日も洗わずに放置していませんか? 皮脂やメイクの油などを好む雑菌は、すぐに繁殖してしまいます。メイク道具用の洗剤で小まめに洗うのが鉄則!

スポンジは常にファンデがついていない面を使い、両面汚れたら必ず洗うようにしましょう。ブラシも2日に1度は洗いましょう。抗菌タイプの洗剤がおすすめです。

繰り返しできるニキビで悩んでいる方、当てはまることはありましたか? ぜひ今日から気をつけてみてくださいね。

美乳に必ず近づく正しいマッサージ法4つ

世の中にはさまざまな理論のバストアップ方法が紹介されています。1番メジャーな方法として、リンパマッサージなどの“バストアップマッサージ”が効果的とありますが、実際マッサージして大きくなった人はどれくらいいるのでしょうか? 

続ければ効果が出るかもしれませんが、本当に効果がでるのかいまいち信用できない人もいるのではないかと思います。

そこで今回は、バストアップマッサージがどういう理由で効果があると言われているのかと、マッサージの効果をアップする裏技をご紹介したいと思います。

■胸の大きさは○○で左右される

胸の大きさはもちろん脂肪細胞によるものなのですが、脂肪細胞が胸に多い人と、少ない人との違いは何でしょうか? 実は脂肪細胞は“乳腺”に左右されているのです。

乳腺とは、乳汁を作っている乳線葉と乳汁が通っている乳管からなります。その乳腺を守っているのが乳腺脂肪と言われる脂肪なのです。つまり、乳腺が発達していればいるほど、それを守ろうと脂肪がたくさんつくのです。

■乳腺を発達させるには?

乳腺の発達は女性ホルモンであるエストロゲンと深く関わっています。エストロゲンは、血液やリンパ管を巡っているホルモン。つまり、血管やリンパ管の流れがスムーズであれば、エストロゲンも“胸に到達しやすく”なります。

逆に、老廃物が溜まっていたり、血行が悪いなど、バストに筋肉がないなどで胸の環境が悪いと、エストロゲンは胸に上手く行き渡りません。

■エストロゲンを胸にいきやすくする裏技

女性ホルモンが胸に巡りやすい体にするには、マッサージやツボ押しが重要なのですが、ただやるだけでは意味がないこともあります。そこで、胸のケアをする時は以下のことに注意してみて下さい。

(1)深呼吸しながら

とくに息を吐く時、しっかり吐くことが副交感神経を優位にしてくれます。副交感神経は血管を広げる作用があるので、より血流がよくなります

(2)食後はしない

食後は消化吸収のため、胃腸に血流が集中しがち。消化不良を引き起こさない為にも、食後はツボ押しやマッサージは控えて下さいね。

(3)ブラの上からツボ押し

バストアップのツボには、脇にあるものや胸のふくらみの中に位置するものがあります。ツボ押しの時にブラジャーをしていると、押しにくいだけでなく血行を妨げることにもなりますので、ケアする時はブラジャーを外した状態のほうがオススメです。

(4)リンパの流れが詰まった状態でツボ押し

日々溜まる老廃物はリンパを流れていることが多く、同じくリンパを巡るエストロゲンの流れを邪魔してしまいます。先に、リンパの滞りを取り除いてあげることが大切です。

また、エストロゲン自体が出やすいよう、普段から規則正しい生活習慣、ストレスを溜めないことなどにも気をつけ、胸にどんどんエストロゲンを届けてみて下さいね。

デスクワーカー女性は要注意!「バストがしぼむ」NG生活習慣5つ

女性が気になるパーツのひとつが“バスト”。美しい形のバストは多くの女性の憧れである反面、形や位置によって年齢が出やすいパーツでもあります。バストの下垂やしぼみは、加齢だけが原因ではありません。普段の生活習慣も大きく関係してきます。

そこで今回は、続けるとバストの下垂やしぼみにつながる生活習慣を5つご紹介します。

■1:長時間のデスクワーク

肩や首には血管が多く、リンパ節も存在します。こって固まることで血行不良を引き起こし、老廃物も流れずにたまってしまいます。血行が悪くなることでバストへ栄養が運ばれなくなってしまうので、ハリやツヤが保てなくなってしまいます。

デスクワークで長時間パソコン作業をしている人は、1時間に1回は肩周りの血行を良くするストレッチを取り入れるとよいです。肩を片方ずつ10回ゆっくり大きく回したり、首をゆっくりと回すと効果的です。

■2:猫背

猫背は血行不良を招きやすくなり、また、バストを支えている大胸筋がだんだん衰えてしまいます。さらに、見た目にも大きな違いが! 同じバストサイズでも猫背ではショボンと、姿勢がよいとツンと上を向いたハリのあるバストに見えます。

背筋をピンと伸ばし、左右の肩甲骨を中央に寄せるイメージで立ってみてください。この姿勢を意識して生活することで、大胸筋や腹筋が刺激され、バストアップできるうえ、自然とスタイルもアップします。

■3:体温が常に36℃以下

低体温や冷え性はバストの大敵です。バストアップやハリのあるバストを保つために必要不可欠なのが女性ホルモンです。女性ホルモンは卵巣で作られるので、腰周りが冷えていると分泌が減少してしまいます。

使い捨てカイロや毛糸のパンツで腰周りをあたためたり、適度な運動やエクササイズを日々取り入れて低体温からの脱却を意識することが大切です。

■4:睡眠不足、うつ伏せで寝る

睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。睡眠はバストにとっても大切なのです。さらに、寝るときの寝方も重要です。うつ伏せで寝ると自身の体重でバストが圧迫され、形が崩れる原因になります。締め付けすぎないナイトブラを着用し、仰向けで寝るのがおすすめです。

■5:朝食を食べない

ハリのある美しいバストを維持するために大切なのは、毎日の食事です。朝食を抜くと体温が上がらず低体温に陥る可能性も……。忙しくても朝食を食べることが大切です。女性ホルモンのエストロゲンと似た作用がある“大豆イソフラボン”が含まれている食べ物は、バストの維持やバストアップに効果的です。

味噌、豆腐、納豆といった大豆製品に多く含まれるので、朝食にお味噌汁を飲むのもおすすめです。

バストの下垂やしぼみにつながる生活習慣をご紹介しました。いくつになってもハリのあるバストを保つためにも、普段の習慣を意識してくださいね。

美味しすぎ!生ハムを最高の美容食にする楽しみ方

やっぱり「生」って、美味しい。

 パーティーシーズンになりました。こだわりの前菜と言えば「生ハム盛り合わせ」。海外からの輸入が解禁になったおかげで、ぐっと身近な存在になっています。味は銘柄によって様々ですが、加熱ハムにはない肉本来の旨みは、何度食べても癖になる味わいです。

 そこで今回は「生ハム」のお話。栄養価や美容食としての活用法についてご紹介します。

◆有名生ハムの種類

 まずは、よく聞く生ハムの銘柄を整理してみましょう。

◎プロシュート・ディ・パルマ(イタリア)

グルメの都、イタリアのパルマで作られる最高級生ハム。パルミジャーノチーズの製造過程でできる乳清を飼料として与えられた特別豚で作られる。余計な塩気がなく、しっかりとしたコクのある甘みと旨みが特徴。現地では、パルミジャーノチーズと一緒に出されることも多く、サラダやパスタなどにも使いやすい。

◎ハモン・イベリコ(スペイン)

美食家も唸る、スペイン産の最高級生ハム。どんぐりが大好物の放牧黒豚「イベリコ豚」を原料として作られる最高級生ハム。肉質は「霜降り状態」のため、味わいはもちろんのこと、他の生ハムにはない「とろける食感」が魅力。中でも「ベジョータ」とつく生ハムは、希少感ある格別の味わい。

◎ハモン・セラーノ(スペイン)

スペイン産の「白豚」の生ハム。鮮やかなピンク色と、やわらかい食感が特徴また、比較的お求めやすい価格で、ハモン・イベリコと比べると低脂肪。

 生ハム専門店で買う生ハムは、味も格別ですが、スーパーで売っている大手食肉メーカーの生ハムも、手軽で美味しいです。ただし、日本のものは熟成が浅いものが多いため、フレッシュ感を味わうには良いですが、旨みや塩分、味わいはあっさり。目的、用途に応じて使いこなすのがオススメです。

※美味しい生ハムがインターネットで手に入るお店
・コダマ http://www.e-kodama.com/
・イータリー http://www.e-eataly.jp/

◆生ハムは、高タンパク低カロリーの美容肉!

 生ハムは、美味しいだけでなく、美容食としてもオススメです。良質なタンパク質の宝庫で、脂質は食肉加工品の中で最も低いヘルシー(もも肉を使った生ハムの場合。他の部位を使っているものは、脂質割合が高いものもある)。含まれる脂質は、美しい肌ツヤを作る脂質類で構成されているのも嬉しいポイントです。また、疲労回復のビタミンと呼ばれる「ビタミンB1」、豚赤身からくる「鉄分」や「亜鉛」など、女性に嬉しいミネラル類も含まれています。

 しかし、唯一気になるのが「塩分」。美味しさにかまけてたくさん食べていると、必ずや支障が出てきます。大量の塩分は、むくみや高血圧、腎臓病などの原因となりますので、注意が必要。そこで、塩分とうまく付き合う方法について、いくつかご提案したいと思います。

◆塩分が気にならない、賢い食べ方とは?

(1)大量の野菜と一緒に食べる

 バーニャカウダや野菜サラダの「花」として、生ハムをたっぷり散らしてみましょう。熟成された生ハムさえあれば、他の塩分は必要なし。野菜本来の味をゆっくり堪能できるので、ドレッシングなど要りません。必要であれば、レモン汁、コショウ、オリーブオイルをお好みで。野菜を切るだけ、生ハムを乗せるだけで、簡単にビューティサラダが完成します。

(2)旬のフルーツと合わせる

 最も単純な塩分対策は、塩分を体外に排出してくれる「カリウム」と「水分」を多く摂ること。フルーツはどちらも豊富に含んでいますから、カリウムの多いフルーツ、みずみずしい旬のフルーツに巻いて食べるのは、非常に理にかなった食べ方です。中でも美味しいのは、メロン、キウイ、洋なし、柿、リンゴ、モモ、イチジク。アボカドにもよく合います。

(3)ベーコン代わりに活用

 高カロリーの代名詞「ベーコン」の代用として使ってみましょう。生ハムの切り端は安価に購入できるので便利。約1/3のカロリーをカットでき、旨みはバツグンです。気になる塩分を調味料として活かすので、余分な調味の必要もなし。カルボナーラで是非お試しを。ふくよかな旨みが絶妙な味わいを演出します。

 さあ、美味しい生ハム探して、賢く美味しく楽しみましょう!

美味しくて美容効果の得られる「お酒」6選

【モデルプレス】「お酒は美容に悪い」と思われがちですが、上手にチョイスすれば、美容効果を得ることもできますよ。

【さらに写真を見る】美味しくて美容効果の得られる「お酒」6選

そこで今回は、美容にいい「お酒」を6つご紹介します。

1.「赤ワイン」

ヨーロッパのお酒といえば、ワイン。赤と白がありますが、美容にいいのは断然「赤ワイン」です。原料である赤ブドウには、「ポリフェノール」が豊富に含まれています。「ポリフェノール」には肌の新陳代謝を良くする効果があるので、シミやソバカスを防ぐことができますよ。

2.「純米酒」

日本酒は体を温める効果があるので、冷え症の女性にオススメです。中でも、「純米酒」は、ミネラルが豊富なので美肌効果バツグン。飲むだけでなく、入浴剤として使えば、ツルツルの肌になれますよ。

3.「梅酒」

女性に人気が高い「梅酒」。美味しいだけでなく、美容効果もバツグン。「ベルズアルデヒド」という成分には、リラックス効果があり、ニキビ予防になるのです。ソーダ割は体を冷やすので、お湯割りで飲むのがオススメです。

4.「マッコリ」

ヨーグルトのような味がする「マッコリ」。その味の正体は、便秘解消をサポートする「乳酸菌」です。「乳酸菌」は胃液に弱いので、空きっ腹で飲むのはオススメできません。食べ物と一緒に飲んで、便秘を解消し、ニキビとは無縁のお肌になりましょう。

5.「ジントニック」

スッキリした味のお酒といえば、「ジントニック」。ジンの原料「ジュニパーベリー」には、利尿作用があり、体のむくみを解消してくれますよ。また、「トニックウォーター」は、炭酸水に柑橘類や香草を混ぜたもの。普通の炭酸水より、脂肪燃焼効果やリラックス効果がありますよ。

6.「カシス系ドリンク」

居酒屋で飲みたくなるドリンクといえば、フルーツ系のお酒ですよね。オススメはずばり、「カシス系ドリンク」です。カシスには「カシスアントシアニン」という成分が含まれており、目元の血行を促進する働きがあります。目の周りのくすみや、クマにお悩みの人にオススメですよ。

いかがでしたか?

お酒の飲み過ぎは禁物。しかし、ほどほどに楽しめば、美容液よりも高い効果が期待できるかもしれません。

芸能人やモデルもやってる! 自宅でお金をかけずにキレイになれる美容習慣4つ

【相談者:20代女性】
私は見た目にあまり自信がありません。かと言って、エステに行ったりする余裕もなく、日常のちょっとしたことからでもキレイになる方法などがあれば教えてほしいです。

●A. キレイなあの子の4つの習慣。

こんにちは。ポジティブ恋愛専門家のチオリーヌです。ご相談ありがとうございます。

エステに通って、スペシャリストたちに力を借りてキレイになる方法は、確かに一つの手ですね。でも、そんなお金の余裕はないし、今は自分でできることから何かやっていきたいと考えている人も多くいらっしゃると思います。

実際のところ、エステに通わずしても、“キレイ”って普段の習慣から作り出すことができるようなんです。そこで今回は、“キレイ”を保つために芸能人やモデルたちがやっている、何げない普段の習慣を調査してみました。

●(1)水をたくさん飲む

ジュースや炭酸飲料などの砂糖を含んだものではなく、純粋な水です。体を冷やさないために、常温のお水を飲むようにすると◎です。

寝ている間に体の中から失われた水分を補うために、朝イチでコップ一杯のお水。1日かけて1.5リットルほどのお水をとって、体の中の老廃物を外に追い出すのです。

●(2)エクササイズをする

毎日エクササイズを継続することで、ストレスがたまりにくい体になるそう。

ちなみに、落ち込んだりしたときも暴飲暴食に走るのではなく、「体を思いっきり動かして、疲れ切って何も考えずに眠ることで、次の日にはスッキリする」という意見もありました。

●(3)“野菜多め、肉少々”を心がける

お肉は野菜よりも消化に時間がかかるため、私たちに元気をくれる食べ物ではあるものの、食べすぎると胃に負担がかかります。そのため、寝ている間も胃が活動し続けてしまい、朝起きたときに倦怠感が残っていたりするのです。

そういったことがないよう、食事をするときには、生野菜、煮野菜、炒め野菜など、肉メインの料理だとしても、野菜で少々おなかが膨らんでしまうくらいのバランスの量を取るようにしましょう。

●(4)自分を一番キレイに見せるメイクを研究する

ナチュラルメイクとはいえ、キレイな人たちはしっかり時間をかけてメイクしている人が多いんです。

まずは、肌の保湿からしっかり行いましょう。高いスキンケア商品を買ってケチって使うようになると、保湿が足りていないことが多いよう。安くても肌に合ったものならば、そちらを選んでたっぷり使うようにしましょう。

そして、鏡とにらめっこしながら、あなたが、「うん、自分結構いい感じ!」と思えるようになるまで、メイクの研究をしましょう。自分に合うメイクを見つけるんです。

ーーーーーーーーーー

いかがでしたか?

お金をかけずとも、普段の生活にこれらを取り入れることで、体型や肌質を改善し、ベースからキレイを作り上げることができるんです。

ご相談者さんも、ぜひ今回の調査結果をもとに、お金をかけずにキレイな自分を作ってみてくださいね。

肩こり、むくみは冷え性が原因かも?簡単チェックとその解消法

痛い、重い、ダルイ…と多くの女性が悩む肩こり。肩こりがひどくなると血流が滞り、むくみの原因になってしまいます。寒い季節には身体が冷えて代謝も落ちるため、むくみもひどくなりがち。身体を温めて、肩こり&むくみの解消に努めていきましょう!

●今すぐチェック!冷え性チェックリスト

冷たい飲み物・食べ物のとりすぎや睡眠不足などの生活習慣により、冷え性に悩む人が増えています。冷え性とは寒さを感じるだけではなく、偏頭痛や肩こり、腰痛や生理痛などの不快な症状を伴うのが特徴です。

以下のリストに1つでも当てはまる場合、冷え性の可能性大!

□ 手足がいつも冷たい
□ 冬でも入浴はシャワーのみ
□ 冷たい飲み物や食べ物をよくとる
□ ダイエット中で、食事が不規則
□ 生理痛がひどい
□ 運動習慣がない
□ 顔色があまりよくない

●冷え性改善!肩こり&むくみケア

身体が冷えて血液循環が滞ると、まずます肩こりが&むくみがひどくなってしまいます。自分が冷え性だと感じたら、まずは食生活と生活習慣の改善を。

○1.三大栄養素をしっかり摂って代謝アップ!

ダイエット中だからと言って、野菜ばかり食べていませんか?体内で熱を作るのは、糖質・脂質・たんぱく質の3大栄養素。魚介類、赤身肉、大豆製品などのたんぱく質や、良質なオメガ3系の油をしっかりとり、身体の中から温める工夫を。

朝起きた時にむくみが気になるなら、朝食で味噌汁を飲むのがおすすめ。カリウムが多く含まれる海藻やきのこ、豆類なども積極的に取り入れて。

○2.入浴剤をプラスして温め効果を

湯船に浸かる際におすすめしたいのが、冷えを緩和する入浴剤。炭酸ガス配合の入浴剤なら血管を拡張して血行を促進してくれるので、温め効果がアップ!好きな香りの入浴剤を選べば、リラックス効果も。肩こりがひどい場合、全身浴で身体をしっかりと温めましょう。

○3.質の高い睡眠で自律神経を整える

毎日なるべく決まった時間に就寝することで、自律神経のバランスが整います。寝つきがよくない…という場合は、目元を温めて。副交感神経が優位になって血流が良くなるので、神経の緊張がほぐれます。

●簡単ストレッチで筋肉の強ばりをほぐす

冷えによる肩こり&むくみを解消するには、筋肉の強ばりをほぐすことも大切。以下のストレッチを毎日空いた時間に取り入れて、首・肩の筋肉をほぐしておくといいでしょう。

1.胸の前で手のひらを合わせる
2.大きく息を吸い込んだら、息を止めて両手を押し付ける
3.3カウントで、息を吐き出しリラックス。1~3を10回繰り返す。

食生活や生活習慣を見直しストレッチも取り入れながら、肩こり&むくみの改善を目指していきましょう!

新発見!? 和食に○○を加えて、お肌ぷるぷるに

このほど、ユネスコの世界無形文化遺産に登録された「和食」。ええ、もう当然でしょう、和食ほどヘルシーで美味しいものはございません。

 これを機に、和食本の特設コーナーを作っている書店もあるようですが、ちょっと斬新な本がありました。それは『目からウロコのおいしい減塩 乳和食(にゅうわしょく)』と題したレシピ本。

 いつもの和食に、なんと牛乳をプラスしましょう、というのです。えっ、和食に牛乳!?

 和食の弱点である「塩分摂りすぎ」を牛乳によって改善できる、というのですが、もうひとつ女性にとって嬉しい効果が書かれていました。それは美肌効果です!

◆新しいスタイル「乳和食」とは?

「牛乳のたんぱく質とビタミンAは新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促し、ビタミンB2は皮脂の分泌を整え、カリウムは皮膚の水分量を一定に保ちます」(同書78ページ、著書である料理家・管理栄養士の小山浩子さんのあとがき)

 つまり、うるおいのある若々しい肌が保てるというわけ。

 でも和食と牛乳って合わなくないか? と思いましたが、同書を見ると意外と美味しそう。例を挙げると……。

<ミルク豚汁>
 ふつうの豚汁の、みその量を減らして牛乳を加える(2人分:みそ大さじ1、牛乳100ml)。
まろやかなコクが出るとか。

<ミルクだし巻き卵>
溶き卵2個+牛乳50mlで、あとは普通のだし巻卵と同じ。
これ、既に私もやってました。オムレツに入れるんだから、だし巻き卵でもいいだろうと、余った牛乳を入れてみたら、ふっくらして美味しかったのです。

<かつおの和風カルパッチョ>
「かつをのたたき」にカッテージチーズをトッピング。
たまに飲み屋にある「このわた+クリームチーズ」が大好きなのですが、魚とチーズって合うんですよね。

※一部のレシピがコチラのニューズレターで見られます
http://www.j-milk.jp/tool/hokokusho/berohe000000d3nw.html

◆牛乳の美肌効果は実証ずみ

 実は、牛乳の美肌効果は調査で実証されているそうです。

「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子院長による調査(2005年)では、20~40代の女性100人に12週間毎日、牛乳・ヨーグルト・チーズを1日3品摂取してもらい、摂取していない人と、肌の状態を比較。すると、摂取した人は、目の下の水分量がはっきりと改善したそうです。

 キメが整う、くすみが改善する、という効果も見られたとか。

 考えてみれば、美肌のもとであるコラーゲンはたんぱく質の一種。たんぱく質の宝庫=牛乳が肌にいいのは当然ですよね。高価なコラーゲンを飲んだってどうせ体内で普通のアミノ酸に分解されてしまうのだから、牛乳を飲んでおくほうがよっぽどいいわけです。

 この「乳和食」、けっこう欧米人にウケるかもしれないですね。アラン・デュカスに提案してみる?

胸がどんどん垂れて「オバさんバスト」になる毎日のNG習慣6つ

胸のお悩みは、女性にとって根の深いもの。20代前半では“ぷりんっ”と張っていたバストも、気がついたらどんどん形が崩れてしまって、いつしかおばさんバスト状態……ということになっていませんか?

 でもブラジャーの選び方や着け方を工夫しつつ、毎日のちょっとした行動を変えるだけでも、胸の形はグッとよくなります。

そこで今回は、ニューヨーク発のランジェリーショップ『ブラデリスニューヨーク』のカリスマフィッターさんに、美胸を遠ざける下着の選び方や着け方はもちろん、美しい胸をキープする日々の心構えまでをうかがってきました。

さっそく、胸を老けさせる日々のNG習慣をチェックしていきましょう。

■1:ブラジャーを朝から着っぱなしにしている

日中の活動とともに、必ずブラジャーの位置はずれてきます。そこでできるだけ日中、トイレに行くたびに何度かブラジャーの位置を直しましょう。そのひと手間が、美しいバストキープに繋がります。

■2:バストマッサージをしていない

小顔のためにフェイスラインをマッサージしたり、美脚になるために脚のマッサージをしていても、意外とバストのマッサージはおろそか、という方が多いようです。バスト周りの血行を良くすることで、脂肪をやわらかくして本来のバストの位置に移動させるのは、美胸に欠かせないポイントです。

■3:カップ付きキャミソールに頼りすぎている

バストは加齢などによる筋肉の衰えや、重力による下垂などにより日々崩れていきます。そこで、しっかり下から持ち上げ、横から寄せて上げることで、下垂や離れ胸の原因を防ぐことができます。

カップ付きキャミソールや、サポート力の無いブラジャーを楽にゆるく着けているばかりでは、胸は下がっていく一方! サポート力のない下着は、本当に楽に過ごしたいお休みの日だけにしておきましょう。

楽なものに慣れてしまうとバストだけでなく首、顔、頭皮まで垂れ下がってきてしまいます。一気に老ける原因になりますので気をつけてくださいね。

■4:姿勢が悪い

いくらフィッティングでサイズの合ったブラジャーを選んでも、一日を過ごす姿勢が悪いと台無しです。姿勢を正すことだけでも、バストは美しく見えるものです。

■5:体を冷やす生活をしている

バストのマッサージにも関連することですが、身体を温めて代謝を上げることで美しいバストを作ることができます。季節を問わず、温め生活を心掛けてください。

■6:理想のバストをイメージできていない

大きいだけが理想のバストではありません。美乳とは美しい形のバストと言い換えられるでしょう。大きさが小さくても正しい位置で正しいサイズを着け、バストメイキングをしていれば少しずつバストがふっくらしていき、まあるいお椀型のバストになっていきます。

継続は力なり。美は一日にして成らず。今の下着が1年後、5年後、10年後のバストをつくります。美しいバストをイメージしながら、ブラジャーを正しく着けていきましょう。

いかがでしたか? バストのエイジングケアは、正しい下着選びや日々の心がけ次第! コツコツケアを続けることで、大きさに限らず、ハリのある魅力的な形の美バストへ近づけるはずです。

衝撃!「レモンパック」がシミの原因になる危険

レモンはビタミンや水分たっぷりでお肌に良いというのはご存知ですよね。しかし、お料理で余ったレモンを顔にのせて美肌づくり……なんてしていたら、美肌どころか肌荒れやシミの原因になるのです。実は、口から食べて肌に良いものと、直接肌につけて良いものは違うのです。

■肌荒れを招く柑橘類のパック

レモンの輪切りを直接顔の上に並べてパックするレモンパック。一時、ブームにもなりましたね。

「レモンパックは、肌に与える刺激が強すぎて、炎症を起こす原因になり、お肌には良くありません」

こうおっしゃるのは美容皮膚科医で、日々肌の研究をされている水野惇子先生。つづいて、水野先生へ柑橘類のパックのリスクを伺いました。

■レモンやきゅうりのパックでシミに!?

レモンパックやきゅうりパックをしながら、窓の側で本を読んでいたり、洗濯物を干したり、縁側でお昼寝をしたりすると、パックを取るころには顔に輪ジミのようなものが!

「レモンやライムなどの柑橘類には、“ソラレン”という光毒性の成分が微量ですが入っています。柑橘類の汁を肌に染み込ませて紫外線に当たると、皮膚の色素沈着を促すことになり、シミが出来やすくなります」(水野先生)

身体の中に入れてしまうのはかまわないのですが、皮膚にあてて、そこに紫外線を浴びると、シミができてしまうということなのです。

■柑橘類の入った化粧品を購入するときのチェックポイント

一般の化粧品などにも柑橘類の入ったものってよく見かけますが、それも避けた方がよいのでしょうか?

「柑橘類には、保湿効果や殺菌作用などの肌に良い成分や、香りのリラクゼーション効果も含まれています。化粧品などで柑橘系のエキスが使われている場合には、ソラレンが除去されたものなのかどうかを知っておく必要がありますね」(水野先生)

良い性質、悪影響な性質を見抜いて、賢く使えば美肌も保てますね。

ソラレンはレモン、ライム以外にも、オレンジやグレープフルーツ、イチジク、きゅうり、セロリ、パセリなどにも入っていますので、これらも要注意ですね。しっかりと洗い流せばシミを防げますが、肌への刺激を考えると、生のフルーツでのパックは避けた方がよさそうですね。

敏感肌にオススメの洗顔と保湿のポイント

敏感肌の症状には、季節の変わり目などの気温の変化、乾燥、紫外線などの刺激により肌が乾燥してカサカサしたり、赤みや湿疹ができてしまうなどがあります。そんなときに無理に洗顔やメイクをすると、しみてヒリヒリするといった症状が現れ、最悪の事態に陥ることも……。

 では、敏感肌を改善するにはどうしたらよいのでしょうか? 最初に見直したいのが、スキンケアの基本である「洗顔」。洗顔1つで敏感肌になってしまうこともあるなど、極めて重要な位置を占めています。

■洗顔時の注意点

□1. とにかく低刺激のものを選ぶ

 無添加や低刺激の弱酸性もオススメですが、さらに症状のひどい場合は、pHの弱い微アルカリ性を選ぶと良いでしょう。

□2. ゴシゴシ洗顔はNG! 泡がポイント

 手が触れることで摩擦を起こす可能性があるため、直接肌に触れないようにたっぷりの泡で洗いましょう。皮膚に刺激を与えるゴシゴシ洗いは厳禁。優しさをモットーに。

□3. すすぎは必ずぬるま水

 お湯や冷水を使うよりぬるま水を使用。敏感になっている肌には、ぬるま湯よりもさらに温度の低いぬるま水のほうが、より優しく洗い流すことができます。

□4. タオルドライはやさしく押さえる

 けっしてゴシゴシこすらないよう注意。やさしく、押さえるように水分をふき取りましょう。

□5. 間髪入れずに保湿する

 肌を乾燥させたままにしないためにも、潤い補給は間髪入れずに。洗顔時には化粧水を必ずそばに置いておくとよいでしょう。

■次に重要なのは「保湿」

 肌の潤いを保つために欠かせないセラミドや皮脂は、加齢とともに減少します。そのため、誰もが敏感肌になる危険性があります。ちなみに、セラミドとは「角質細胞間脂質」のことで、細胞と細胞の間をスポンジのように水分を蓄えて蒸発を防ぐ機能があります。これが不足すると、角質細胞がはがれやすくなり、バリア機能が低下。その結果、外部刺激が受けやすい肌になってしまいます。

 そこで、減少したセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンを補うために、これらの成分が高配合された化粧水を選ぶようにしましょう。このとき注意したいのは、化粧水の価格ではなく、思いっきり使えるかどうかというところ。そのため、「この価格なら出し惜しみせず使える」という基準を決めて商品を選ぶようにしましょう。また、コットンの繊維や摩擦で症状を悪化させてしまうこともあるので、できれば手のひらでつけるように心がけて。

 これでもかというぐらい肌を潤したら、乳液やクリームで最後の仕上げを。潤いを閉じ込めることが肝心です。

 また、合わない化粧品を使い続けることによって症状を悪化させてしまうこともあるので、新しい化粧品を使用する際には、必ずパッチテストを行うようにしましょう。日中は、敏感肌の天敵である紫外線対策も万全に。

■最後は生活習慣を見直す

 スキンケアの次に大切なのは、規則正しい生活習慣です。

□栄養バランスの調った食事

 敏感肌対策に限らず、食事は健康の基本です。ビタミン、ミネラル、たんぱく質といったバランスの調った食事をとることは、もちろんいうまでもありません。

 プラス、肌の潤いを与える保湿効果のある食事・栄養素をとることを心がけるといいでしょう。サバやマグロなどの青魚は、不飽和酸脂肪がたっぷり入っていて効果的です。

□質の良い睡眠

睡眠不足になると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れやすくなります。また、肌への栄養補給がうまく行き届かず、敏感肌などの肌荒れを引き起こすことにつながります。最近、肌荒れがひどいかも?と感じたら、しっかり睡眠をとって肌が再生できる環境をつくってあげることが大切です。

一般的に言われるゴールデンタイム(10時から2時)に寝ることも大切ですが、生活環境によっては難しいこともあると思います。時間を気にするより、質の良い睡眠を心がけましょう。

肌の保湿には運動と早寝がマスト? 潤い美人の共通点とは

いつでも「しっとり」「もっちり」の肌の持ち主は女性のあこがれ。そんな潤い美人の皆さんに、保湿のためにやっている習慣を聞いた。答えてくれたのは、ビューティモデルの森絵梨佳さん、バイラビューティモデルのク・チヨンさん、美容家の山本未奈子さん、美容エディターの鵜飼香子さんだ。

まず注目したいのは、朝の洗顔。「朝はTゾーンだけ泡洗顔。ほかの部分はぬるま湯のみ」(絵梨佳さん)、「朝はぬるま湯→冷水洗顔。タオルでふかず、なじませる派」(チヨンさん)、「朝は顔を洗いません! 

その日の肌に合った化粧水でふき取り」(鵜飼さん)と、3人がこだわりの洗顔法(ひとりは、“洗顔しない法”)を披露してくれた。洗顔料を使って洗うのが一般的かと思いきや、意外にもそうではなかった。

さらに、日常的にエクササイズをやっていたのも3人。「時間があいたらヨガで心身を解放」(絵梨佳さん)、起床後に「ジムに行くor自宅エクササイズ」(チヨンさん)、「週2で水泳やキックボクシング」(山本さん)とタイプはさまざまだが、体を動かすことも肌にいいとお三方は実感しているようだ。

そして、4人に共通していたのが早寝ということ。絵梨佳さんは「予定がない日は11時ぐらいに起きて、夕方に寝て夜に寝て……だいたい12時間睡眠ですね。大事な撮影の前の日は、絶対に遊びに行きません。

早めに夕食をとり、(午後)9時には寝ます」とのこと。他の3人も「お肌のゴールデンタイムに就寝」(鵜飼さん)と語るように、21~22時半ごろには就寝していることがわかった。

化粧水やクリームももちろん大事だが、潤い美人になりたければ、ライフスタイルを見直すことも重要のようだ。

飲み会後の肌荒れとおサラバ!居酒屋でお酒と共に注文べき食べ物

みなさんは、飲み会が続いたあとに肌荒れを起こした経験はありませんか? それはお酒のせいで肝臓に負担がかかっているからかもしれません。今のシーズン、お酒を飲む機会が多い方は要注意! 

今回は、飲み会時にぜひ食べたい肝臓にやさしい食べ物をご紹介します。

■肝臓が弱ると肌もボロボロに

アルコールは体内に入ると肝臓で代謝されます。でもお酒を飲みすぎると、肝臓は疲れ切ってしまって正常にはたらかなくなってしまいます。

普段から暴飲暴食、添加物を多く摂っているという方は危険! 肝臓が弱ると有害物質が代謝されず、肌荒れしたり痩せにくくなったり疲れやすくなったりと、女子にとって最悪なことばかりです。

さらには、脂肪肝や肝硬変などの恐ろしい病気にかかってしまうことも。実は今、若い人の間で脂肪肝が急増中。他人ごとではないのです。

■飲み会で注文したい肝臓を救う食べ物とは

では、肝臓をはたらきを助ける食べ物を見ていきましょう。肝臓をサポートしてくれるのは、タウリンを多く含む食材です。

タウリンは、アジ、ブリ、マグロ、マダイ、マダコ、アカイカ、ヤリイカ、アサリ、カキ、サザエ、ホタテガイ、クルマエビなどの魚介類に豊富。多くのお店のメニューにあると思うので、ぜひお酒を飲む際は注文してみてください。

タウリンはアルコールの分解を促すので、二日酔い予防としても最適。他にも悪玉コレステロールの上昇を抑えたり、ストレスや疲労にも効果が。さらに抗酸化力もあるので、エイジングケアの強い味方でもあるのです。

タウリンを配合した栄養ドリンクもありますが、ほとんどのドリンクが多くの添加物を使っているので心配。タウリンは身近な食材に含まれているので、極力食べ物から摂取するようにしましょう。

飲み会後の肌荒れ対策として、タウリンを含む食材をご紹介しました。お酒を飲むときは、意識して食べるようにしてみてくださいね。

ぷりんとしたバストのために「運動中のブラジャー」はどうする?

美容と健康のために近所をランニングしたりジムに通ったり……。そんなとき、あなたは普段と同じブラジャーを着けていませんか? 健康のためにやっている運動が原因で、胸が垂れてしまっては悲しすぎます。

ぷりんといつまでも形のよいバストを保つために、運動中に気を付けることは何でしょうか?

■女性ランナーの32%が胸の痛みを経験

ロンドンのマラソンイベントで発表された調査によると、1,300人の女性ランナーにアンケートを実施し、32%のランナーが「ランニング中に胸の痛みを感じたことがある」と回答しました。

特に胸の大きな女性はその割合が高く、Aカップの女性は4人中1人が痛みを感じたことがあり、Fカップ以上の人は2人に1人が胸の痛みを経験していました。

また子どもがいない女性も、胸の痛みを感じる割合が高いこともわかりました。これは生理周期のホルモンによるもののほか、胸が振動することで痛んでしまうことも大きな理由として考えられます。

■胸の痛みを和らげる方法は?

回答者のうち約半分は、痛みを軽減する対策を何もしていないと答えており、胸が痛むことが原因で運動量を減らしたり、トレーニングを中止するなどしている人もいました。

また5人に1人が、胸の痛みを和らげる方法として「スポーツブラを着用すること」と回答していますが、このアンケートに回答した人の90%がスポーツブラを着けてランニングしており、スポーツブラ自体にも今後何らかの改善が必要であることもわかります。

■運動するときは必ずスポーツブラを

ランニングに限らず、運動をするときに普段と同じブラジャーを使っている方が多いかもしれません。でもスポーツブラは、胸の振動を抑えながら形をキープし、身体が動きやすいように作られています。

先に紹介したように、スポーツブラを着けていても胸の痛みを感じる人は実際にいるかもしれませんが、普通のブラジャーのままで運動していたら、ますます激しい上下左右の運動によって胸が垂れてしまう原因になりかねません。

普段使いのブラジャー選びと同様に、スポーツブラといえど自分の胸にフィットしたものを選ぶことは鉄則。必ず試着をして運動しやすく、しかも自分の胸をやさしくしっかりとキープしてくれるものを選びましょう。

若返りたい!老け顔の原因である「たるみ」は、筋トレでケアできる!?

 みなさんは自分の顔を鏡に映した時、どんなことを感じますか? もしかしたら「あらやだ、老けたかも!」と焦ることもあるかもしれません。

 ドクターシーラボが30~59歳の女性に行った「老化」に関する調査では、「身近な女性の老化を感じる時はどんな時?」の問いに対し、1位になったのは「顔のたるみが増していた時」でした。そして2位は「白髪や抜け毛」、3位が「シミ」、4位が「シワ」という結果に。この結果の逆をいえば、たるみをなくせば若返る可能性が高いということです。では、たるみを取るにはどうすればいいのでしょうか。

 皮膚科医の吉木伸子さんの著書「新版 今さら聞けないスキンケアの正解」(主婦の友社刊)によると、顔のたるみは表情筋のたるみなのだとか。加齢によってコラーゲンが減ると、筋肉もたるみます。そして、筋肉は皮膚にくっついていることから、筋肉が衰えると、顔の肌までたるみがちになるんだそうですよ。

 なので、たるみを予防するには、表情筋の「筋トレ」をするといいそう。また、筋トレに加え、ビタミンC誘導体やレチノールなど、肌老化を予防する成分が配合された化粧品を使うのもいいそうですよ。

 反対にNGなのは、肌をひっぱるマッサージ。逆効果になってしまう恐れもあるので、避けるようにしましょう。

顔色・むくみからわかる病気のサイン

◆毎日続けたい、顔色・むくみのセルフチェック

毎日見ているようで、意外と見ていない自分の顔。一般に顔の皮膚は体の皮膚と比較して厚さが薄いので、血行状態に左右されやすく、体調が悪いと、顔色が悪く見えたりします。「いつもより顔色が悪い……」「何だか少しむくんでいるかも……」というように、小さな変化に気が付くことは、体調管理の上でとても重要なことです。

顔に表れる病気のサインとして特にわかりやすいのが毎日の「顔色」と「むくみ」。それぞれが起こる原因と、考えられる病気、特徴的な症状を解説します。
.
◆顔色でわかるよくある病気:貧血と黄疸

■顔色が青白くなる貧血
貧血になると血液中の赤血球が足りなくなるため、顔色が青白くなります。若い女性によく見られるのは「鉄欠乏性貧血」といって、鉄分不足によるものですが、比較的年配の方で貧血になる場合は体のどこかで慢性的に出血が起こっていることがありますので、気になる場合は、血液検査で本当に貧血かどうか調べてみる必要があります。

貧血のほかの症状としては、息切れや動悸、下瞼をアッカンベーの状態にした時に見える結膜の赤い部分の赤みが薄くなるなどの症状があります。

■顔色が黄色っぽくなる黄疸
顔色が黄色くなる「黄疸」という症状があります。黄疸とは、血中のビリルビンという色素が増加して、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着すると起こります。でも日本人は黄色人種なので、程度が軽いとわかりにくいことも多く、その場合は白目の部分が黄色いかどうかで判断します。

主に肝臓や胆道の病気、血液が壊れる溶血性貧血などで起こりますが、一部体質性のものもあります。どちらにしても、目で見てわかるほど皮膚や白目が黄色くなったら、一度検査する必要があります。ちなみにみかんの食べすぎで皮膚が黄色くなるのは「柑皮症」と言われ、みかんに含まれるカロチンという色素によるもの。黄疸とは全く別ですからご安心を。
.
◆むくみでわかる病気のサイン

むくみというものは、簡単にいうと、皮下に余計な水分がたまってしまった状態のことです。皮下には毛細血管やリンパ管が張り巡らされていて、それらから細胞へは酸素や養分が、細胞から血管、リンパ管へは老廃物が受け渡しされています。血管と細胞の間を受け渡しするのが細胞の周りにある細胞間液。この細胞間液が何らかの原因で一時的に増えるのが「むくみ」なのです。医学的にはむくみは「浮腫」といいます。以下に、病的なむくみとそうでないむくみを大まかに分類しました。

▼病的なむくみ

・心臓の病気
血液を送り出すポンプの役割をする心臓が弱くなると、血液がうまく心臓にかえってこれずむくみが起こる

・腎臓の病気
血液をろ過して、いらない成分を尿として排泄して、必要な成分を再吸収するという役割を担っている腎臓が悪くなると、体に水がたまりむくみが起こる

・甲状腺機能低下症
甲状腺というのどにある臓器がうまくはたらかなくなる

・肝臓の病気
肝硬変が進行してしまった場合

・のんでいる薬の影響

・特発性浮腫
上記の原因にあてはまらない、比較的中年女性に多いむくみ。立位で悪化し、夕方と朝で体重差が1.5kg以上もある

・クインケ浮腫
眼や口の周りに突然起こるむくみ。アレルギーの一種ともいわれるが原因は不明。数時間でもどることがほとんど
.
▼病的なものではないむくみ

・女性の生理直前のむくみ
月経直前1週間前~月経までは女性ホルモンの一種である黄体ホルモンに水分をためこむ性質があるため

・妊娠(とくに妊娠後期)

・アルコール
お酒は血管内脱水といって、血管の中には水が無いのに、血管の外に水が染み出してしまう状態を作り出すのでむくむ

・塩分の摂りすぎ、ビタミン・ミネラル不足
特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1の不足でむくむといわれる。ビタミンB1不足はいわゆる脚気ですが、現代ではアルコールや清涼飲料水の飲みすぎ、インスタント食品のとりすぎなどから起こることが多く、まれですが心臓に障害が起こって救急車で病院に運ばれることもあるのでお気をつけを

病的なむくみとそうでないものの見分けはなかなか難しいですが、特に1週間以上続いていたり、体重が急激に増えたり(たとえば1週間に2kgなど…)、いきなり尿量が減ったり、血尿が出たり、脈がとんだり、胸が重苦しく感じたりと、何か他の症状があるときは病院への受診をお薦めします。顔に現れる病気のサインは、今回紹介した例以外にもいろいろあります。自分の顔をよくチェックして「何かがいつもと違う」ということに気づけるようになることが重要ですが、逆に毎日見ていると気づかない変化もあります。できればいつもかかる医療機関をかかりつけ医に決めておいて、そこに相談するのが良いでしょう。

■参考文献 
・「内科学」 朝倉書店
・「今日の治療指針 2006」 医学書院
・「内科外来診療マニュアル 第3版」 医学書院

30代~は食事が大切!美肌のためにアラサー女性が摂るべき栄養素

すでに30代に突入している方も、間もなく30代の仲間入りをする方も、女性なら誰もが敏感になってしまう「アラサー」という言葉……。20代の頃に比べると、仕事の内容やお金の使い方、健康状態などに変化が現れ始めるのが30代なのですが、そのなかでも特に悩ましいのが、外見の変化。

そこで今回は、30代からの美肌キープには食事が大切ということで、アラサー女性が摂るべき栄養素についてまとめています。一緒におさらいしていきましょう。

■大人ニキビを予防する

大人ニキビの原因は複雑で、ターンオーバー、ホルモンバランス、生活習慣の乱れ、ストレス、間違えたスキンケアなどがあげられます。

一度できてしまうと治りにくく、繰り返しやすくなるやっかいな大人ニキビを作らないために、欠かせない栄養素はビタミンB群。特に、脂質の代謝を促すビタミンB2(卵、納豆、レバーなど)と、正常なターンオーバーを助けるB6(カツオ、マグロ、バナナなど)を意識して摂るようにしましょう。

■シミを予防する

シミの原因になるのは、紫外線だけではありません。白砂糖を使った甘い物を過剰摂取することで、体内の活性酸素を発生させ、メラニン色素よりも強い老化色素である”リポフスチン”という物質が分泌されて、シミの元になります。甘い物が大好きという方は、シミを作らないためにも、控えるようにしたいですね。

また、シミを予防するためには、強い抗酸化作用を持つビタミンE(アーモンド、ゴマ、かぼちゃなど)と、メラニンの生成を抑制するビタミンC(イチゴ、キウイ、ブロッコリー、小松菜など)を一緒に摂ることで、相乗効果が得られます。

■シワを予防する

シワを予防するためには、皮膚のハリや潤いを保つコラーゲン(ゼラチン、豚足、軟骨、魚皮、鶏皮など)と、そのコラーゲンを効果的に生成させるビタミンC(イチゴ、キウイ、ブロッコリー、小松菜など)を一緒に摂取しましょう。そうすることで、体内でコラーゲンが安定して維持されます。

■基礎代謝を上げる

基礎代謝を上げることで、痩せやすい体作りができるというのは、みなさんご存知のとおり。嬉しいことに、今のような寒い季節は、体が体温を維持しようと代謝を上げるため、痩せやすいタイミングでもあるんです。そこで、基礎代謝をグンと上げるために、タンパク質を摂取することをおススメします。

タンパク質を摂ると筋肉量が増えて、基礎代謝が上がりますので、毎食肉や魚、卵、大豆のどれかを摂取するように意識してください。

美しい肌は食事から作られています。これから先も美肌をキープするために、毎日の食事をもっと大切に考えるようにしていきたいものですね。

食べ物でシワを何とかする「さくらんぼ」「かぼちゃの種」

「シミには○○食べたらいいらしい」「アンチエイジングには○○食べるといいんだって」

そんな話題は聞き飽きたという人も多いのでは?さて、今回は「シワがなくなる食べ物」です。

「胡散臭いなぁ」と思われるかもしれませんが、試す価値はありそうです。このスーパーフードたち、UVをふんだんに浴びた状況でもシワを改善したというのですから、見逃せませんよね?

●さくらんぼ
抗酸化物質がUVなどの外敵から肌を守り、メラトニンが肌を修復し、新しい細胞を育みます。

●かぼちゃの種
亜鉛が肌の細胞膜を守り、コラーゲンを肌の内側に留めます。肌の再生も促します。

●ブロッコリー
ベータカロチンとビタミンCの最強コンビで抵抗力のある肌を作ります。

●サツマイモ
ヒアルロン酸で肌をなめらかプルプルにします。

●ブルーベリー
アントシアニン(ポリフェノールの一種)で肌のコラーゲンを育み、弾力のある肌作り  をします。

●トマト
リコピンでコラーゲンが増量されます。

他にも鮭、くるみ、大豆、フラックスなどオメガ3を多く含むものもお勧めということです。

サツマイモにヒアルロン酸があるのは意外だと思いませんでしたか?

サツマイモはそのダサいイメージに反して、ヒアルロン酸だけでなく、ベータカロチン、ビタミンC、抗酸化物質も豊富だという、老け顔の救世主なのです。

この研究結果は米Journal of the American College of Nutrition誌に掲載されました。

大人ニキビを簡単にケアする方法

ある日突然プツッとできているニキビ、気分が下がりますよね。

一見同じように見える「ニキビ」も、種類ごとにケアの方法が異なります。

そこで今回は、大人ニキビの種類とそれぞれの対処法をご紹介します。

◆思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

思春期ニキビ:過剰な皮脂によって毛穴が詰まる、Tゾーンに出来易いのが特徴です。

大人ニキビ:ストレスや生活習慣、角質などの老廃物により毛穴が詰まる、アゴを中心としたフェイスラインに出来易いのが特徴です。

◆ニキビの種類

症状別に、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビの4種類があります。

【白ニキビ対処法】

ごく初期段階のニキビ。この段階で適切な処置をすれば、悪化する前に治すことができます。低刺激性の洗顔料でやさしく洗い、保湿成分の高い化粧品でケアします。

【黒ニキビ対処法】

白ニキビが進行し、患部が黒ずんでいる状態。色素沈着しやすいので、しっかりケアしておく必要があります。雑菌が入りやすいので、手で触ったりせず常に清潔にしておくことが大切。ビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンEを摂取するよう心がけましょう。

【赤ニキビ対処法】

症状はかなり進行しており、すでに炎症を起こしている状態。抗炎症作用のある治療薬や化粧品を使用し、炎症を抑える必要があります。ターンオーバーを促進させるビタミンC配合の美容液を、患部に塗ると効果的です。

【黄ニキビ対処法】

赤ニキビがさらに進行し、重症化している状態。触ったり潰したりせず、沈静化を待ちます。皮膚科などで膿を抑える外用薬や、抗生物質を出してもらうのも早く沈静化させる手立てとなります。

治った後のケアも重要です。洗顔と保湿をしっかり行い、ビタミンCとEを補給。一度ニキビのできた場所は、再発しやすいので油断禁物です。ストレスを抱えこまないようにし、十分な睡眠を確保するよう努めましょう。

二重アゴを解消する簡単3ステップ

自分では気づかないけれど、他人からはよく見られているのが二重アゴ。合わせ鏡にして見て、あなたのアゴは大丈夫ですか?

二重アゴは、老けて見られる上に太っているようにも見えてしまいます。今からでも遅くはありません。1日数分で、そのにっくき二重アゴを撃退しましょう。

◆二重アゴ撃退法とは?

1. 頭を後ろに反らし、口を大きく動かしながら「い」と「う」を交互に10回行います。

2. 頭はそのままの状態で、舌を思い切り天井に向けて伸ばし、また舌をしまう動作を10回行います。

3. 顔を正面に戻し、アゴで大きな「8」の字を描くように首を10回ゆっくりと回します。

この方法で、筆者は2ヶ月で「顔が小さくなったね」と言われるまでになりました。血行もよくなるので、お肌もイキイキとしてきますよ。

このほかにもフェイスローラーでマッサージしたり、たるみを防ぐよう十分な保湿を心がけるのも効果的。仕事の合間や、トイレに座ったちょっとした時にできる方法なので、今すぐ始めてみてはいかがでしょう。

割れたり弱くなったネイルを元気にさせる方法「除光液の使い過ぎをやめる」

ネイルサロンできれいにしてもらったり、自分で好きなようにマニキュアを塗ったり、ネイルを美しく保つ事は女の子にとって大切なことですよね。でも、色やデザインの事ばかりが気になって、肝心なつめの健康が保てていない人が多いようです。

割れたり剥がれたり、最近つめが弱くなったなという人は以下の3点に気を付けてください。

1水仕事の場合はゴム手袋をつける
仕事や家事で水を使った作業が多い場合はゴム手袋を使いましょう。爪は水分を吸収してはそれを出すことを繰り返しています。その繰り返しが多いと、爪を作り出している細胞に負担がかかります。

2気候の変化に気をつける
室内と外気の温度差や湿度の差は水分と同じように爪に影響を与えます。ネイルクリームなどでケアしてあげましょう。

3除光液の使い過ぎをやめる
除光液は爪の敵と言っていいほど爪にはよくない化学物質でできています。特にアセトンは爪によくないですが、アセトンが入っていない物を使うと、マニキュアがとれにくく、逆にこすったり長時間除光液を使う事になるので、アセトンのはいった除光液を、素早く使うようにしましょう。

また、ビオチンというサプリメントを摂取することでも爪を強くできます。しかし、爪が生え変わるのには半年程かかることもあるので、ビオチンは長期で使ってください。

爪の弱さには遺伝的なものもありますが、急に爪の調子が悪くなった場合は、貧血や甲状腺疾患の可能性もありますので、すぐに病院で検査しましょう。

今度こそ、もう繰り返さない!大人ニキビの治し方

何度も繰り返されるニキビ…なんとかしたい!そう思っている方は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか?思春期のニキビと違い、大人ニキビは根本的な原因が違うんですよ。しかも、大人ニキビは繰り返すとニキビ痕になったりシミになりやすい性質があり、繰り返さないように対処や予防することが大切♪今回は、大人ニキビの原因と、その対応や予防についてご紹介していきます!

大人ニキビの原因は!?

大人ニキビの原因は、ズバリ「ホルモンバランスの乱れ」と「ターンオーバの乱れ」。これによって、古い角質が毛穴にたまることで大人ニキビができる原因になってしまうんですね。しかも、同じ場所に出来やすいのも特徴!大人ニキビの本質的な原因はホルモンバランスとターンオーバーですが、この2つにもそれぞれ原因があるんですよ!残ってしまうと大変な大人ニキビの原因を突き止めて、繰り返さないようにしていきましょう♡

・ホルモンバランスの乱れ

ストレスや生活習慣等で乱れやすいホルモン。特に、生理前にはできやすのではないでしょうか?(生理前に排出されるプロゲステロンが原因でもあります。)そして、間違った洗顔方法でも起こりやすくなり、油分の含まれるものや合成界面活性剤使用の洗顔料などでスキンケアをしていることも原因に。特にクレンジング料の油分には気をつける必要があります。

・ターンオーバの乱れ

基本的に肌は約28日のサイクルで新しい皮膚細胞に生まれ変わるのが通常です。これを、肌が生まれ変わるという意味で、「ターンオーバー(Turn Over)」と言います。これによって、私たちの肌は古い角質が肌から落ちて、新しい肌に生まれ変わる新陳代謝を繰り返していくんですね。しかし、ターンオーバーはストレスや栄養不足・睡眠不足、ホルモンバランスの崩れなどによって乱れてしまうんです!

現代は様々なことにストレスを感じやすいのが現状。しかし、この2点をしっかり改善できれば大人ニキビを繰り返さないようになるので、対策や予防が大切になります!

大人ニキビの治し方!

ここからは、大人ニキビが出来てしまった時の対処方法をご紹介していきます!

ニキビの進行によって、「白ニキビ」や「赤ニキビ」など色によって原因や対策が違ってくるので、その状態に合わせてケアしていきましょうね♪

・白ニキビの治し方

白くてプツプツとしている「白ニキビ」は、初期段階のもので炎症が起きているわけではないので痛みもありません。これは乾燥や新陳代謝の低下により毛穴が詰まっている状態で、ここで食い止めないとどんどん炎症が進み黄色→赤→黒など進行してしまうので、この段階でしっかりケアしてあげることが必要です。

白ニキビが出来てしまったら、まずは毛穴をキレイにして保湿してあげることが大切。毛穴ケアは、レンジで1分温めた蒸しタオルを顔全体に広げ、毛穴を開かせましょう。温まったらその後、優しく洗顔していきます。もちろん、入浴で全身を温めてあげてもOK。温めることによって毛穴を開かせ、詰まりを取り除きます。できればビタミンC誘導体入り化粧水などでたっぷり保湿をしてあげることで、この段階で進行を食い止めることができますよ。気になるからといって、潰すような行動はのちのち跡になる為絶対にやめましょう!

・赤ニキビの治し方

赤ニキビは白ニキビから進行してしまい、アクネ菌が活性化・中で炎症が起こり赤く腫れ上がったようになってしまっている状態。この時に注意することは、「絶対に触ったり潰したりしないこと」。そして、「内側」と「外側」からのケアが必要です。内側からのケアとは、睡眠をしっかりとる・ビタミンが多く栄養バランスが整った食事・適度な運動による体の内側をケアすること。赤ニキビに進行してしまったということは、生活習慣の乱れが原因によるターンオーバーが崩れてしまったことが原因の場合が多いのです。

そして、外側からのケアにはスキンケアがあります。赤ニキビになってしまったら、まずは炎症を抑えることが大切。薬用スキンケア商品を使用したり、甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)が入った化粧品を使用することがオススメ。また、ビタミンC誘導体入り化粧品で、ニキビ痕を残さないようにすることも必要ですよ!

・黄ニキビの治し方

黄ニキビは赤ニキビが更に進行してしまった状態。アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌までもニキビに入り込んで増殖しているので、皮膚の真皮層まで及んでいるため、ダメージが大きく肌にクレーターのような凹凸ができてしまうことも。クレーターが出来てしまうと、市販品での改善はなかなか難しくなってきます。そのため、スキンケアのする際特に注意しましょう。

黄ニキビが繰り返しできたり、痛みも伴うような状態だったら皮膚科にかかり「ディフェリンゲル」というお薬で治せますよ。また、スキンケアでは「クレイの洗顔料」を使うことがオススメ。クレイは粒子が細かいので、肌へのダメージを最小限に抑えてくれます。また、赤ニキビの時に使用した薬用化粧品で殺菌と保湿をしっかりしてあげましょう。

大人ニキビを予防しよう!

大人ニキビの原因や対処方法をお伝えしてきました。大人ニキビをそもそも作りにくいお肌にしていくには、どうしたら良いでしょう?ここからは、そんな疑問にお答えします!

・食生活(偏食や過食をやめる)を改善

肌のターンオーバーに必要なビタミンやミネラルは、普段の食生活でも不足がちになってしまうことがあります。極端な偏食を避けて、栄養バランスが整った食生活を目指すようにしましょう。脂っこいものやアルコールも控えたほうがいいです。色の濃い野菜や魚や大豆を摂取することをオススメします♪

・睡眠不足を改善

普段の睡眠時間が不足してしまうと、肌の再生を促す「成長ホルモン」がしっかり分泌されなくなり、肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、大人ニキビを作りやすくなってしまうと言われています。睡眠不足を解消して、成長ホルモンが活性化する生活を目指しましょう。なかなか難しいとは思いますが午後10時から午前2時は「お肌のゴールデンタイム」と言われている為、少し意識してみましょう。

・運動不足を改善

運動不足によって、全身の血流が悪くなり肌に必要な栄養素を全身に届けることが難しくなり、血流不足による肌荒れから大人ニキビを発生させやすくすることも考えられます。日頃から運動を意識的に行うことで、大人ニキビを作りづらい肌を作っていきましょう!汗をかくことで老廃物も一緒に出る為、毎日軽いストレッチをするか何かしら体を動かす事で、ストレス発散にもなりますしオススメです♪

大人ニキビは肌のホルモンバランスとターンオーバーの乱れが原因でしたね。ニキビ発生の原因やメカニズムをしっかり抑えていれば、日常生活習慣の問題が影響していることをご理解していただけたかと思います。日頃から内側からのケアと、外側からのケアをしておけば大人ニキビを繰り返すことは少なくなってきます。ですが万が一ニキビができてしまったら、今回紹介した対処方法をぜひ試してみてください。

「絶対に触らない・つぶさない」は守ってくださいね!
痕に残らないよう、丁寧にケアして繰り返しできないように心掛けましょう。

<監修者情報>

【カシワバ マリコ】
felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー


1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。

【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級

【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト

肌の「くすみ」若年化、対策は…?

■基本のメカニズム知って、寝不足にも注意

 エアコンによる室内の乾燥、スマートフォン(スマホ)の長時間使用による夜更かし…。現代の女性の多くが肌に良くない環境にさらされている。その結果、若い女性の間に「肌のくすみ」を訴える人が増加中という。そうした女性に向けた「肌対策」とは。(谷内誠)

 ◆20代で53・6%

 「くすみ」は健康的な肌の赤みやつや、透明感が少なくなることを指す。紫外線や皮膚の炎症によって生じるメラニンの沈着、皮膚の角層の乱れによる表面の凹凸、血行不良などが原因とされる。 女性誌読者の価値観や購買欲求をリサーチする小学館運営の「しごとなでしこ総研」が昨年12月、全国の20~50代女性約1200人を対象に調査したところ、20代のうち「肌のくすみ」を「とても感じる」と答えた人は12・4%、「やや感じる」は41・2%で、53・6%がくすみを感じていることが分かった。

 これに対し、40代で「20代の頃にくすみを感じたことがある」という人は0・9%、50代で同様の回答は0%だったことから、くすみ意識の若年化が顕著になっている。

 同総研の佐藤明美さんは「最近はSNS(会員制交流サイト)などに自分の顔をアップする人も増え、40、50代に比べ、今の若い女性が自分の顔、肌を客観的に見る人が格段に増え、くすみに敏感になっている」と分析する。同総研はこの調査から、くすみを招く「5大くすみリスク」を提示している。

 ◆十分な保湿必要

 こうしたリスクへの対処法について、女性の肌トラブルに詳しい皮膚科専門医で銀座ケイスキンクリニック(東京都中央区)院長の慶田朋子さんは、「例えばメークを十分落とさずに寝たりするケース。花粉やほこりを含んだメークの油分が酸化すると、皮膚の炎症を起こしかねない。皮膚は本来、水分を逃さず、汚染物質の侵入を防ぐバリア機能を持っているが、さまざまな要因で傷つく。だから肌はスキンケア用品で十分保湿し、バリアを補強する必要がある。水分がなくなると、きめの細かい肌が粉っぽくパサパサになってしまう。そうした基本的な肌のメカニズムを知ってもらいたい」と説明する。

 慶田さんは「夜にスマホに熱中すると、画面のブルーライトが目に直接作用して覚醒しやすい。寝不足は美肌の大敵。睡眠の量と質を確保するだけでも肌の回復に効果があるので注意してほしい」と指摘し、「最近はインターネットで、お湯のみで顔を洗うとか、化粧水をつけなくていいなど、誤った情報も流れている。それぞれの肌質に最適なケアをできていない人が多い」とみる。

 慶田さんは「スキンケアは“洗顔→保湿→紫外線対策”が重要。その上で、食事、睡眠、排泄(はいせつ)、運動、ストレスコントロールという生活習慣が大切になる」とアドバイスする。

100均で買える!意外なほど低カロリーで高コラーゲンな食材とは

コラーゲンが肌に良いということは、みなさんご存知のとおり。ハリのある肌を目指して、サプリメントや食材から意識して摂取している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、100円均一でも買えるコラーゲンをたっぷり含んだマシュマロを使った、簡単なおもてなしレシピをご紹介していきたいと思います。

■美肌の味方”マシュマロ”

砂糖や水飴、卵白、コーンスターチ、ゼラチンからできているマシュマロ。フワフワと弾力がある独特の食感が特徴で、ホットコーヒーやココアに入れたりフルーツサラダにそえたり、焼くだけでも美味しく食べることができますよね。

また、美味しいだけでないマシュマロの素晴らしいところは、原料のゼラチンにはコラーゲンが豊富に含まれているということ。そのため、美容に良いおやつという印象を持っている方も多いのでは? なんでも、マシュマロを10個食べれば、1日に必要なコラーゲンが摂取できるのだとか。

そこで気になるのが、カロリーなのですが、マシュマロ1個あたりは約10kcalなので、10個食べても100kcal。そこまで高カロリーというわけでもないのです。

ただ、プレーンのマシュマロを10個食べるというのは意外と大変ですよね。そんな方にオススメしたいのが、下記の簡単なマシュマロレシピです。友人を招待するときのおもてなしにもピッタリなので、参考にしてみてくださいね。

■マシュマロを使った簡単レシピ3つ

(1)クッキーサンド

【材料(1個分)】

・マシュマロ 1個

・クッキー 2枚

【作り方】

クッキーの上にマシュマロをのせ、レンジで10秒加熱します。それをレンジから取り出し、もう一枚のクッキーを上にのせてサンドすれば完成です。

(2)マシュマロヨーグルト

【材料】

・マシュマロ 2~3個

・ヨーグルト 150g

・グラノーラやコーンフレーク お好み量

・好きなフルーツ お好み量

【作り方】

マシュマロを軽く焼き、一口大に切ったフルーツやグラノーラと一緒にヨーグルトと混ぜます。お好みで、ジャムやハチミツをかけても美味しいですよ。

(3)マシュマロムース

【材料(2カップ分)】

・マシュマロ 40g

・好きな味のヨーグルト 80g

・牛乳 50cc

【作り方】

マシュマロをちぎり、ヨーグルト、牛乳と一緒に耐熱容器に入れ、レンジで1分加熱します。それを一度取り出して、よくかき混ぜたら、再びレンジで1分加熱します。マシュマロが溶けたらカップに移し、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れて固めます。

いかがでしたか? マシュマロを美味しく食べてキレイになれちゃうなんて、嬉しいですよね。ただし、コラーゲンが摂取できるのはゼラチンが入っているマシュマロです。なかにはゼラチンが入っていないものもありますので、購入するときにチェックするのをお忘れなく!

冬こそツルすべ肌の女がモテる!美容系女子に聞いたモテ肌キープのコツ

この時期に悩ましいのが、お肌の“乾燥”、そして“冷え”。「冬はどうしてもお肌がカサつく」「血色が悪くなってしまう……」という女性も多いのではないでしょうか。でも、好きな彼の前では、いつでもすべすべの健康的な肌に整えていたいですよね。

そこで今回は、『健康コーポレーション株式会社』が、美容師やエステティシャンなどの美容関連職の女性250名、一般女性250名の計500名を対象に行った「バスタイムとスキンケアに関する実態調査」をもとに、気になる冬のスキンケア事情についてご紹介します。

■スキンケアにかける時間は「1~5分」

同調査で「冬のスキンケアにかける時間」をたずねたところ、全体で最も多かったのが「1分~5分」の38.2%。続いて「5~10分」の27.6%、「1分未満(もしくは行わない)」の14.6%という結果になりました。

「毎日のスキンケアにかける時間は5分以下」という女性が、半数を占める結果に。忙しい現代女性は、お手入れも手早くすませているのかもしれませんね。

■美容関連職の女性は、ボディのお手入れを意識!

また、同調査で「冬のスキンケアで行っていること」について、一般女性/美容関連職の女性それぞれに聞いたところ、お手入れ方法に違いがあることがわかりました。

一般女性で「ボディースクラブを使っている」と答えた人は7.2%ですが、美容関連職の女性では、倍近い13.2%に。また「マッサージをしている」一般女性は15.6%なのに対し、美容関連職の女性は33.2%という結果に。美容関連職の女性たちは、バスタイムやちょっとした時にできる“+αのスキンケア”を意識しているのが見てとれますね。

■美容関連職の女性、3割が 「入浴剤を必ず使う」

さらに、「入浴剤を使いますか?」という設問にも違いが現れました。一般女性は「必ず使う」18.0%、「よく使う」12.0%だったのに対し、美容関連職の女性は「必ず使う」28.0%、「よく使う」14.0%と、差がつく結果に。

入浴剤選びのポイントでも、美容関連職の女性は「成分」「美肌効果があるか」「冷え性に効くか」といった項目が一般女性よりも高くなっています。美容師やエステティシャンなど“美のプロ”である女性たちにとって、入浴剤が美容アイテムとして欠かせないものであることがわかりますよね。

■浸かるだけで「つるつる肌」になる入浴剤に注目!

そうとわかれば、入浴剤にもこだわりたいもの。いまではデトックスや脂肪燃焼、癒し効果など、さまざまな入浴剤が売られていますが、なかにはスキンケア効果を重視したものもあるんです。

『健康コーポレーション株式会社』が扱う入浴剤『美人の泉 絹肌プレミアム』は、お風呂に入れて湯船に浸かるだけで、肌の潤いを残しつつ古い肌の角質や皮脂汚れを落としてくれる優れモノ。バスタイムを楽しみながら、全身のスキンケアができちゃうんです。

清浄効果を高めるW酵素配合でスッキリ洗い上げ、潤いのエキスとミネラルの配合でしっとりしたお肌に。真冬の肌トラブルを防ぐのにおすすめですよ。

肌のトラブルが増える季節だからこそ、重要視されるスキンケア。しっかりケアして、彼がついつい触りたくなるような潤い美肌をキープしたいものですね。

爪先美人は一日にして成らず。2枚爪や爪ワレを改善できる食生活とは?「鶏肉とネギの中華炒め」

爪を噛む癖や2枚爪になったり爪が割れたりしてきれいに伸びないという女性、多いですよね。

男性も意外とチェックしているという爪先ですが、まず、爪を噛む癖は一種の「自傷行為」に当たるもの。

大人になっても爪噛みが止まらない人は、強いストレスを受け続けている可能性があるので、カウンセリングよりも直接心療内科に相談することをおすすめします。

爪を長期にわたって噛み続けていると、爪は縦方向に伸びず、横に広がった大きな爪になりやすくなります。しかも、唾液でふやけてしまい、余計に割れたり裂けたりしやすくなります。

でも、諦めてはいけません!健康できれいな爪を育てるために、精神面だけじゃなく、毎日の食事を含め、できるところから改善していきましょう。

爪は髪の毛と同じように、タンパク質の一種、ケラチンでできています。

だから、タンパク質を十分に摂り、細胞の代謝を高めるためにビタミンやミネラルを不足させないよう心掛けることが大切。

特に爪への影響力が大きい栄養素について簡単にご紹介しておきましょう。

●タンパク質は、丈夫な爪をつくるには絶対不可欠。
肉、魚、大豆製品、卵などに豊富に含まれています。なかでも、鶏の軟骨や皮、魚の皮に多く含まれるコラーゲンは、爪の根元で保水力を高めてくれるのでおすすめ。

●ビタミンB群は、細胞の代謝、ケラチンの合成を助けてくれます。
代謝に必須のビタミンB2は緑黄色野菜をはじめ、サバ、イワシ、シイタケ、リンゴなどに、また、ケラチン合成に必須のビタミンB6は豚肉、マグロ、サケ、ジャガイモ、ゴマなどに多く含まれています。

●ビタミンEは、血行促進に必要な栄養素。ナッツ類に多く含まれています。

●カルシウムや亜鉛不足が原因と見られる爪のトラブルも増えているので、こちらも忘れずに。
カルシウムは桜エビやヒジキ、ゴマ、昆布などに、亜鉛は牡蠣、ウニ、納豆、チーズ、木綿豆腐などに多く含まれています。

他にも、マグネシウムや鉄分など必要な栄養素はたくさん!毎日バリエーションに富んだ食品を食べるようにしましょうね。

今回は、鶏肉とネギを、ピリッと辛いラー油で炒めた中華風☆
丈夫な爪づくりの元となる鶏肉はもちろんのこと、ネギの香り成分「硫化アリル」には殺菌・抗菌作用があるから、風邪の予防に効果的ですよ!

●鶏肉とネギの中華炒め
材料(2人分)
ニンニク 少々
生姜 少々
鶏モモ肉(皮ナシ) 180g
ネギ 2本
シメジ 1パック
油 小1
酒 小1
砂糖 小1/2
醤油 大1/2
塩 胡椒 少々
ラー油 小1/2
●下味
生姜しぼり汁 小1
塩 胡椒 少々
醤油 小1

●作り方
1・ニンニク・生姜はみじん切りにする。鶏肉は一口大に切り、下味に20分漬け込む。ネギは3センチの長さに切り、シメジは一口大にほぐす。
2・フライパンに油を熱し、ニンニク・生姜を炒める。香りが出てきたら、鶏肉を加える。
3・鶏肉に火が通ったらネギ・シメジを加え、さらに炒める。
4・全体に火が通ったら、酒・砂糖・醤油・塩・胡椒・ラー油で味を調える。

科学的に立証されているチョコレートの4大「健康効果」

バレンタインの告白や感謝の気持ちを込めてプレゼントするチョコレートには、さまざまな秘密が隠されているのを知っていましたか?

身近なスイーツでありながら、じつはあまりチョコレートのことって知らないことがたくさん! そんなチョコレートの秘密をときあかした研究事例をまとめてお知らせします。

■1:ダイエットに効果的

米ルイジアナ州立大学のキャロル・オニール研究員の調査によると、チャコレートをよく食べる人ほど、ウエストが細く、体重も軽く、BMIの数値も低いことがわかりました。

じつは、オニール研究員以外にも、チョコレートとダイエットの成功について明らかにしている研究者は多く、“甘いものは太る”という一般的なイメージが正しくないことが証明されています。

■2:脳卒中のリスクを下げる

ストックホルムにあるカロリンスカ研究所のスザンナ・ラーソン博士らの研究チームが、49歳から75歳のスウェーデン人男性37,000人についておこなった調査によると、チョコレートを習慣的に食べている男性は、食べていない男性に比べ、17%も脳卒中のリスクが低いことがわかりました。

また、脳卒中を経験した 4,260人の男性が再び脳卒中にかかるリスクも、チョコレートを習慣的に食べることで19%も低いことがわかりました。

チョコレートには、抗菌や殺菌の働きがあることが知られていますが、脳の血管が詰まることが原因の脳卒中にも、そのリスクを下げる効果があるようです。

■3:ノーベル賞を受賞しやすい

ニューヨークにあるセント・ルークス・ルーズベルトホスピタルセンターのメッサーリ医師がチョコレート摂取量とノーベル賞受賞者数の人口比を調べたところ、国民1人当たりのチョコレート摂取量と、人口1,000万人当たりのノーベル賞受賞者数に関係があることがわかりました。

なぜ、チョコレート摂取量の高さが多くのノーベル賞受賞者を輩出するのか、その因果関係は明らかになっていませんが、チョコレートには集中力や記憶力を高める効果のあることが知られていることから、勉強や研究に没頭できるようになったことが影響しているのかもしれません。

■4:運動能力を上げる

米ウェイン州立大学のモー・マレク博士らの研究チームによると、普段運動をしていなくてもチョコレートに含まれるカテキン成分を摂取することで、定期的に運動している場合と同様なパフォーマンスを示す、とマウスを使った実験でわかりました。

よく、運動する前にスタミナ補給に甘いものといいますが、カロリー接収という意味だけではなく、運動能力の向上のためにもチョコレートは効果的なようです。

いかがでしたか。チョコレートにはいろんな効果が隠されていたんですね。彼氏へのプレゼント、というだけではもったいない。チョコレートをかしこく利用してみてくださいね。

多くの女性を悩ます「敏感肌」の原因は

■もうすぐ春! なのに、うれしくない……

 少しずつ春の訪れが感じられるようなると、気分もなんだか明るくなるものです。でも、花粉症の私。個人的にはあまり喜ばしくなく……。プラス、季節の変わり目は肌も揺らぎがち。特に、冬から春の気温の変化に体がついていけないのか、春先の肌は毎年悪化をたどる一方。

 私のように、花粉症や季節の変わり目に肌が揺らぐなどの症状で、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

 一般的に言われる「敏感肌」とは、肌を守る機能が低下してしまうことでさまざまな刺激を受けやすくなり、肌荒れやかぶれを起こしてしまう状態のこと。

 敏感肌の人の皮膚は、角質の水分保持能力、つまり水分をとどめておく力が少ないのが特徴です。そのため皮脂膜(皮膚の表面にある皮膚を守ってくれる脂の膜のようなもの)が不足してしまい、外からの刺激に対して、とても弱くなってしまっているのです。

 症状としては、赤みや湿疹などといった目に見える炎症だけでなく、ピリピリ、チクチクといった感覚的なものまで人によってさまざま。

■あなたの症状はどれ? 気になる敏感肌の種類

□アレルギー性敏感肌

 特定のアレルギーに対して体が免疫反応を起こします。遺伝的なものもあるのが特徴的。症状としては、強いかゆみや湿疹、炎症など。

□接触性敏感肌

 洋服のタグや下着、貴金属、動物や植物等がふれることによってアレルギーを起こします。良く聞く金属アレルギーも、このタイプに入ります。敏感になっているときは、髪の毛がふれるだけでもチクチク、かゆみを感じたりもします。

□体調の変化による敏感肌

 風邪や胃腸不良、睡眠不足、生理前や妊娠、ストレスなどさまざまな体調の変化によってバリア機能が弱まり、敏感になってしまうこと。ホルモンバランスの乱れによる影響が強いのがこのタイプの特徴。ただし、体調を改善すれば症状は楽になります。

□環境の変化による敏感肌

 日光、花粉、季節の変わり目などの季節、環境の変化によっておこるもの。近年では、エアコンやパソコンなど電子機器類の過剰使用などの影響によって敏感になることもあります。

□さまざまな原因が混合している敏感肌

 アトピー性皮膚炎がこのタイプに属するのですが、これと言ってはっきりした原因がわからず、複数の要因が複雑に絡んで引き起こされる症状。人によっても原因が異なり厄介です。このような場合は、自己判断せず皮膚科の診断を仰ぐことをオススメします。

 また、敏感肌というほどではないのだけれど、「化粧品を使って1度でも肌が荒れた」というような、いわゆる「自称敏感肌」の人も、最近増えつつあるそうです。

■そもそも「敏感肌」ってどうしてなるの?

 原因を2つに大きく分けると、体の中からくる「内的要因」と、 外側からくる「外的要因」があります。

□体の内側からくる原因

・偏った食生活による栄養不足
・ストレスによる体調不良
・内臓の機能低下
・生理前などのホルモンバランスの乱れ
・アトピーやアレルギー性の疾患
・不規則な生活による睡眠不足

□体の外側からくる原因

・肌老化の原因ナンバー1でもある紫外線
・季節の変わり目などの急激な温度や湿度の変化
・冬や夏のエアコンなどによる乾燥
・肌に合っていない化粧品の使用
・ゴシゴシ洗顔やマッサージなどの過剰なお手入れ

などがあげられます。

 また、汗や汚れをそのままにしておくと、皮膚に存在する細菌が空気、紫外線などによって刺激物に変化することもあります。そのため、肌を常に清潔に保つことが、かゆみなどのトラブルを防ぐポイントにもなります。

コラーゲンが元気なのは関東・肌に自信アリは北・ずぼらさんは南に多い! 地域別でみる“美意識”の差

肌に自信のあるのは北エリア、一方美容をあまり意識していない南エリア――。コラーゲンに関する正しい情報を発信する団体『コラ活』実行委員会が行った『地域別でみる女性の美容意識に関する調査』によって、お肌とコラーゲンに関する新しい事実が明らかとなりました。

『コラ活』とは、美容成分として認知度が最も高い一方、正しい知識を持っている人は少ないコラーゲンについて正しく理解し、素肌力向上のために色々な活動を行うこと。

全国の20代、30代、40代の女性810名を対象に行った調査の内容は、コラーゲンの元気度に関わる以下の生活習慣7項目を問うテスト「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」と、コラーゲンに関する正しい知識を問う以下の4項目のテスト『コラーゲンテスト』の回答から導き出したものです。

●“コラーゲンの元気度”チェックテスト

1)1日7時間以上睡眠をとるようにしている。
2)運動を生活に取り入れている。
3)朝起きてすぐに水分をとる。
4)寝るときは必ずメイクを落とす。
5)基礎化粧品は定期的に見直している。
6)1日5分以上リラックスできる時間を作っている。
7)肌の状態を定期的にチェックしている。

●コラーゲンテスト

Q)コラーゲンが肌(真皮)に占める割合は、水分を除くと約70%である。など4問。

これらの質問内容を見ていると分かるとおり、コラーゲンとは、もともと体内にあるものであり、外から補うだけでなく、本来自分の持っているコラーゲンをケアしてあげることが大切。

日頃の生活習慣がキーとなってくるわけですが、全国を対象にした今回の調査では、地域ごとの美容意識の差に違いがあることが分かりました。

●関東エリアは1番コラーゲンが元気? 一方“美容難民”が多いことが判明
「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」では、関東エリアが堂々の1位。また、月々の美容金額は全国1位、外出時のメイク率も高く、美容意識が高いエリアであることが示唆されました。

一方でコラーゲンの正しい理解を問う「コラーゲンテスト」は平均点 51.1 点と約半分しか理解していないという結果に。

さらに肌について悩んでいる人が最も多いのも関東エリアで、約6割の人が 「自分に合った美容法を専門家に選んで欲しい」と回答。美容意識は高いものの、自分の肌に自信がなく、自身に合ったケア方法が分からない“美容難民”とも言える姿が見えてきました。

●美容意識は北高南低! 素肌自慢の北エリア女子はすっぴんで合コンも行ける
九州・沖縄エリアの約1割が「会社にも取引先にもすっぴんで行く」と回答。また「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」の結果や月々の美容にかける金額も低いということから美意識は低めという結果に。

一方、北海道・東北エリアでは、合コンにもすっぴんで行く女子が日本で一番多いことが分かりました。さらに「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」も関東に続いて2位という好成績をおさめています。

北海道・東北の人は素肌がきれいで自信がある人多い、ということから「北国の人は肌がキレイ」というのがあながち間違いではないことが分かります。

●ご当地おもしろ美容法。地域の特産物をお風呂に入れる人多数
地域別でのご当地美容法に関する設問では、

・牡蛎の殻をピッチャーに入れてサイフォンでこし洗顔水に使う(広島県広島市)
・みかんの皮をお風呂に入れる(愛媛県大洲市)
・ゆずをおふろにいれる(熊本県宇城市)
・甲子園で風船をふくらます(大阪府大阪市)
・お茶の葉っぱをガーゼにくるんでお風呂にいれる(静岡県浜松市)
・りんご風呂(青森県・弘前市)
・すだちパック(徳島県徳島市)

などの個性的な回答が。地域の名産物をお風呂に入れるという方法は、お母さん・お祖母さん世代から受け継いでいるものなのかもしれませんね。

●定期的な肌チェックと生活習慣改善で、あなたもコラーゲン美人
同じ日本といえどもエリアによって美容意識は様々であることが分かった今回の調査。ほうれい線、たるみ、くすみなどお肌の悩みは尽きませんが、「自分に合ったメニューを専門家に選んで欲しい」というのは多くの女性共通の願望の様子。

『コラ活』実行委員会のパートナー企業・化粧品メーカーの“リサージ”では店頭ではあなたのコラーゲンの元気度を診断してくれるので、自分に合ったケアを知りたい人はぜひ利用を。

『コラ活』の公式サイトにはレシピやコラムなどのお役立ち情報満載なので、チェックしてハリつや美人を目指しましょう。

ニキビをつぶすのはNGというのは誤解!正しい白ニキビの潰し方

いつの間にかポチっとできてしまったニキビを「早く治したいから」といって、マッサージをして肌を活性化させるようなことをしている人はいませんか? 

これでは、ニキビの炎症まで活性化させてしまい、将来ニキビ跡や色素沈着を引き起こす可能性があるので、気を付けなくてはいけません。

では、ニキビのでき始めには、どのようなことをしたらいいのでしょうか?

■白ニキビなら潰してもいい?ニキビをつぶすのはNGというのは誤解!正しい白ニキビの潰し方

ニキビを潰す=肌組織を傷つけて炎症を酷くさせるので、絶対にダメだと思っている人は多いですよね? ですが、まだ炎症が起きていない白ニキビだけは、潰してもいいということをご存じですか?

白ニキビは、適切なタイミングと正しい方法で潰すことで、痛みを伴いなかなか治らない赤ニキビへの進行を防ぐことができるのです。そのタイミングとは、ニキビの表面出口が白く透けて見えているとき。

ただし、芯出しが中途半端で、毛穴に皮脂などが残っていたりすると、余計にニキビを悪化させることもあるので、注意が必要です。白ニキビを潰すときは、下記のことに気を付けましょう。

■白ニキビの潰し方

【用意するもの】

・コメドプレッシャー

・ピンセット

・消毒液

【手順】

白ニキビは、お風呂上がりの肌が柔らかいときに潰しましょう。その方法は下記のとおり。

(1)手や器具を消毒する

(2)ピンセットで、ニキビの表面を少しだけ潰す

(3)コメドプレッシャーで皮脂を押しだす(長時間押し付けると、色素沈着しやすくなるので手早く行いましょう)

(4)患部を消毒する

自分で潰すのは不安だという人や、白ニキビの数が多い人は、皮膚科で相談しましょう。

その他にも、脂っぽい食事や甘いものの食べ過ぎ、不十分なクレンジングや洗顔、シャンプーのすすぎ残しに気を付けることで、白ニキビの予防ができます。

ニキビの膨らみはメイクで隠すことができないので、早急に対処してなめらかな肌をキープしたいものですね。

触れると超痛い!いつの間にか「頭皮ニキビ」ができるNG習慣

顔とは違い、頭髪で隠れているためその存在に気付かないことも多い”頭皮のニキビ”。シャンプーをしているときや、ふと髪をかきあげたときにガリっとひっかいてニキビを潰してしまい、痛い思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。

頭皮は顔よりも皮脂腺が多く、ニキビができやすく治りにくい場所。頭皮にできたニキビには、薬を塗るのが難しいですよね? だからといって、そのまま放置し続けるのもいけません。ニキビを作ったり悪化させたりしないためには、下記のようなNG習慣に気を付けましょう。

■1:不規則な生活

顔にできるニキビと同様、頭皮のニキビも、睡眠不足や食事内容などの生活習慣を改めることで改善されます。特に、肉類中心の食生活や糖分の摂り過ぎには注意すること!

■2:刺激が強いシャンプー

刺激が強いシャンプーや肌に合っていないシャンプーの使用は、頭皮のニキビの原因になります。

■3:過剰なシャンプー

ベタつきが気になるからといって、シャンプーの回数を増やすのは、頭皮によくありません。シャンプーをするときは、髪をすすぎ、手で十分に泡立てたシャンプーを使って優しく洗えば十分です。

また、髪が中途半端に濡れたままだと、頭皮がムレてニキビができやすくなります。ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

■4:すすぎ残しがある

シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがないように、しっかりと洗い流しましょう。トリートメントやリンスは、頭皮につけるのではなく、毛先にもみ込むように。

■5:ヘアケア剤をつける

ニキビができているときに、ヘアケア剤やスタイリング剤をつけると刺激になるので、使用を控えましょう。

■6:帽子をかぶる

通気性が悪い帽子をかぶっていると、ムレてニキビができやすくなります。

■7:枕カバーが汚れている

就寝中に顔や頭皮に触れる枕カバーには、皮脂や唾液、汗などが染みついています。枕カバーを毎日変えるのが大変だという人は、タオルを敷くなどして毎日清潔な物に触れるようにしましょう。

見えないところまで気を使えるのが美しい女性。「頭皮のニキビは目立たないから」といって放っておくのではなく、きちんと対処してあげてくださいね。

肌にやさしい食べ物を好む人は、年のとり方が美しい「保湿」

フランス人女性はなぜ年をとっても美しいのだろう?何がちがうのだろう?というアメリカ人女性たちの質問に、フランス女性の美しさについての多数の著書を持つミエレル・グリアノさんが答えました。

まずアメリカでは、女性は若いことが美の条件であります。30代を超えるともうおばさんのように扱われてしまいます。でもフランスではそうではありません。50代の女性でも、一人の女性としてリスペクトされます。

ではフランス人女性が日ごろから気を付けている事は何でしょうか?

まずは保湿。フランス女性にとって保湿は宗教と同じように信仰されています。そして、フェイシャルがオプションではなく必要不可欠なメンテナンスであることも、フランス人女性がいつまでも美しい理由の一つでしょう。

また、日ごろから肌にいいカキやはちみつ、キノコ類をたくさん食べている事も関係しているでしょう。そのほかに、緑黄色野菜やブルーベリーも老化抑制の効果があるので、よく食べることをグリアノさんは勧めています。

しかし、何を食べたら体にいいか、肌にいいかを考えすぎていつも心配するのは逆に体によくないので、自分が食べたいものを適度に食べることも大切だとグリアノさん言います。

やはり日ごろからのケアが大切なようですね。年を取ってからでなく、若いうちから、その先ずっとずっと美しくいるための生活習慣を考えないといけないですね。

本当は間違っているのにやりがちな美容法まとめ

■ はじめに

美容法というと星の数ほどありますが、なかにはよかれと思ってやっているのに逆効果になってしまうという、間違った美容法もあるようです。正しい美容法で美しさを保つためにきちんと知識を身に付けておきましょう。

■ 間違った美容法

よくやりがちな間違い美容法にはどんなものがあるのでしょうか。

◎ 冷水で洗う

毛穴を引き締めるためと冷水で顔を洗う方もいるようですが、これは間違った美容法。もちろん、毛穴の開きっぱなしもよくないですが、化粧水などでケアする前に急激に冷やしてしまうと、血行が悪くなり、美容成分も浸透しにくくなってしまいます。

◎ 長時間パックをする

寝ながらパックをしたり、水分がなくなるまで付けたままにしておくのも間違った美容法です。乾燥したパックを長時間肌に付けていると、逆に水分を奪われてしまいます。パックの時間は5~10分が最適です。

◎ 化粧水を叩き込む

化粧水を肌に浸透させようと手のひらで叩きこんでいませんか?実はこれも逆効果。刺激を与えるとシミができたり、防御本能が働き肌が固くなったりしてしまいます。手のひらで優しくつつみこむようにプレスするのが正しい方法です。

◎ 乳液でフタをする

化粧水で与えた水分を逃さないための膜として乳液やクリームを使っている方も多いようですが、そもそも肌にフタをするということはできないそうです。それよりも肌を保湿する意識でしっかり塗った方がいいでしょう。

◎ 一生懸命マッサージをする

適度なマッサージは美容に効果的ですが、あまり強い力で行うと負担になってしまいます。クリームなどで滑りをよくしてから、優しくマッサージしましょう。

◎ 水分をたくさん取る

美容のためにとにかく水を飲みまくっている人もいるようですが、水分を摂取し過ぎると、体が冷え代謝が悪くなってしまいます。また、体内に水分が溜まってしまうとむくみや下半身太りの原因になることもあります。

■ おわりに

何事も適度が大切ということですね。すべての美容法を鵜呑みにせず、自分でしっかり確かめることも必要かもしれません。
カテゴリ
QRコード
QR
最新記事
★★互助会推薦★★