fc2ブログ
       

【気になるこの症状】「百日ぜき」2週間以上せきが続くときは検査を 予防はうがい、手洗い、マスク


 1年通して発症がみられるが、春から夏に多い傾向があるとされる「百日ぜき」。子供の病気のイメージがあるが、臨床現場では大人でもよくみられるという。乳幼児が感染すると重症化するので、感染拡大には十分注意が必要だ。

 【長引くせき症状】

 原因の病原体は「百日ぜき菌」で、患者のせきやくしゃみなどから飛沫(ひまつ)感染する。生後3カ月以降の乳幼児から定期予防接種が行われているが、その有効期間は5~10年。思春期以降はいつ発症してもおかしくない。佐野虎ノ門クリニック(東京)の佐野靖之院長が説明する。

 「『百日ぜき』と『せきぜんそく』のせき症状は非常に似ていて、区別が難しい。ただし、『せきぜんそく』はアレルギー性で他人にはうつりません。ですから、家庭や会社など周囲にせき込んでいる人がいて、自分も2週間以上もせきが出るようなら『百日ぜき』を疑って検査をした方がいい」

 百日ぜきの感染力は強く、同居人の約90%は感染するという。

 【乳幼児の感染は危険】

 典型的な症状は、かぜ症状から始まり、発熱はあっても微熱。2週間くらいすると、激しくせき込むようになり、息を吸い込むときに笛を吹くような音を立てて大きく息を吸うようになる。しかし、大人の場合はせきが長く続くが、子供と違って典型症状が出る人が少ないので、せきぜんそくと見分けにくいのだ。

 「通常、未治療の感染者からの菌の排出はせきが出始めてから約3週間持続します。その間、ワクチン未接種の乳幼児にうつしてしまうのが怖いのです。重症化して死亡する事例も少なくありません」

 百日ぜきの「せき」は、粘膜の炎症ではなく、菌が産生する毒素によって引き起こされるという。

【内服と吸入の併用】

 百日ぜきかどうかは、タンの培養や血液の抗体検査で調べる。ただし、普通のクリニックでは結果が出るまで3日くらいかかる。実際、百日ぜきと診断されるのは、せき込んでいる人の4分の1で、せきぜんそくの方が3倍多い。そのため初診時はせきぜんそくに準じた治療を行うという。

 「百日ぜきと診断がつけば、治療はマクロライド系の抗菌薬を使います。ただ、菌を退治しても毒素が消えるまでせきは治まらないので、せきぜんそくと同様に吸入ステロイドも併用します」

 抗菌薬服用から7日後くらいには菌の排出はなくなるが、1~2週間は服用を続ける。せき症状の方は、経口ステロイドを併用すれば改善は早く、10日~2週間以内でせきが出なくなる患者が多いという。

 「百日ぜきは、施設によっては詳しく検査しない場合もあるので、大人の感染の実態はよく分かっていません。予防は、うがい、手洗い、マスクの着用です」

 《百日ぜきの典型的な症状》
 ★2週間以上続くせき
 ★発作のように起こる激しいせき込み
 ★息を吸い込むときに「ヒュー」という笛のような音を立てて、大きく息を吸う(成人では少ない)
 ★せき込み後に嘔吐(おうと)する

性感染症の蔓延は35歳以上にも拡大している?


ここ数年で性感染症(STD=sexually transmitted disease)が増えています。性感染症は、性行為あるいはその類似行為によって感染する病気のこと。

以前は一般的に性病と呼ばれ、代表的な病気は淋病や梅毒など「性風俗などで遊んだ一部の人たちがかかる病気」というイメージでした。淋病や梅毒はかかってしまうと症状も気づきやすく、早めに治療ができたため、感染はそれほど拡大せずにすんでいました。

 しかし、最近は増えているのは、自覚症状のほとんど現れない性感染症です。

淋病や梅毒などが少なくなった代わりに、性器クラミジア感染症や性器ヘルペス・尖型コンジローム・エイズなど、新しい性感染症が増加しているのです。

多くは感染しても顕著な症状が出ないため、気づかないうちに人から人へ、感染の輪を広げるという深刻な状況を生み出しています。

今や性感染症は一部の人がかかる特別なものではなく、普通に生活していて一度でも性行為をした経験があれば、誰がかかっても不思議ではない病気だといえます。

■自覚症状が現れにくい性器クラミジア感染症

 今、女性に感染が増えているのが性器クラミジア感染症です。この病気は、女性の側が特に自覚症状が現れにくいため、気づかないうちに重症化しているケースもあります。

性器クラミジア感染症の患者は、とくに10代後半~20代後半の若い世代に多く、10代後半の感染者では男性の2倍以上が女性という驚くべき実態もあります。

こうしたデータに表されている数値は病院を受診して診断された患者数ですから、治療をしていない感染者はこの約5倍いると推定されています。

 クラミジアがなぜ女性に増えているのか? それは女性の性器は内側がすべて粘膜に覆われているため、感染しやすい構造になっているからです。

また、膣・子宮・卵管などがすべてつながっているため、膣から感染して炎症を起こしても、それが子宮・卵管・骨盤・腹膜へと感染する恐れもあります。

先ほども書きましたが、女性のほうが症状に気づかないことも多く、そのまま放置すると、不妊症や流産、子宮外妊娠などを引き起こす事態にもなりかねません。

■現代の性パートナー事情が拡大の原因

 クラミジアを始めとした性感染症が増加している要因としては、一生のうちで複数のパートナーとの性行為があります。また短期間でパートナーが変わるといった現代のセックス事情が関係しています。

さらに、性感染症の予防法や対処法について知らない「無知である」という問題でもあります。

 若い世代が未熟さゆえに無知なケースに関しては、大人世代の積極的な啓蒙が必要ですが、実は35歳以上の大人世代の感染者も確実に増えているのです。

 ひとつは、性的なこと全般に関する無知の問題があります。社会保障人口問題研究所の結婚に関する調査によると、35歳くらいまでの段階でなんと25%の男女に性経験がないという結果が出ています。

 とある結婚相談所では、未婚高齢男性には「恋愛逃避症候群」があり、それを克服するプログラムを作ったということ。初めての失恋がショックでそれ以来恋愛できない、つまり性的経験がない。

そうした場合、性交渉の相手がコマーシャルセックスワーカーとなるわけです。性風俗現場も性感染症が蔓延する要因のひとつです。

 そして、残念ながら結婚していたからといって安心とは限りません。女性のクラミジアが発覚する機会のひとつが、HIVを始めとした一通りの検査をする妊婦健診なのです。

もし発覚したら、せっかく喜び合っているパートナーとのとの関係に水を差してしまう……と黙ったまま女性の側だけ治療しても、夫婦生活がある限りピンポン感染してしまいます。

「あなたが原因よ!」と詰め寄っても、これから妊娠・出産・育児を協力し合う者同士、あまり建設的ではありません。

 知り合いの産婦人科医に「妊婦健診でクラミジアが見つかったらどう対処してますか?」と聞いたら、「“喧嘩両成敗、はい二人で治そう~”といってサラッと錠剤を処方しますけどね」とのことでしたね。

■子どもたちにも正しい対処方法を!

 話を若い世代に戻すと、性交体験のある男子高校生の7.3%、女子高生の13.9%がクラミジアに感染していたとのことです。欧米の同様の調査では、高校生の感染率は1~3%が通常。ア

メリカなどではコンドームの使用に関しての啓蒙が行き届いているのが要因だと思われます。それにしても、日本の値は際立って高く、これは国際社会でも問題視されています。

 子どもたちが性的セルフケアの正しい知識を持っていないと、将来、子どもたち自身が不妊症になってしまうことも考えられるのです。だからこそ、まずは子育て世代が正しく対処できる大人になる事が第一歩ではないでしょうか?

【気になるこの症状】危ないのどの痛み 急激な腫れが窒息死招く


「かぜかな?」と思っても、命にかかわる怖い病気というケースがある。症状の特徴は「のどの痛み」。外から見て、のどのはれがあってもなくても、つばを飲み込むと痛みが強ければ、夜間や休日であっても救急診療所を受診しよう。

 【せきが出なくても】

 発熱があってのどが痛いが、せきは出ていないのでたいしたことないだろう-。甘く見ていると、数時間でも急速に悪化するのが「急性喉頭蓋(こうとうがい)炎」だ。東京逓信病院・耳鼻咽喉科の八木昌人部長が説明する。

 「喉頭蓋は、ものを飲み込むときに気管に食物が入らないようにフタの役割をする部分で、そこが細菌感染で炎症を起こす病気です。舌の付け根と声帯の間にあるので、のどの痛みに加えてこもった声になる。

怖いのは、急激にはれて窒息死する恐れがあることです」

 はれている部分はのどの奥にあるので、ファイバースコープなどの検査機器を使わないと確認できないという。

 【胸に広がると危険】

 扁桃(へんとう)がはれる扁桃炎が悪化して起こる「扁桃周囲膿瘍(のうよう)」ものどの痛みが特徴だ。普段、扁桃炎を繰り返していない人でも、突然、起こる場合があるという。

 「この病気は、扁桃炎の炎症が周囲にまでおよび、うみがたまった状態になります。

のどの奥の口を開く筋肉の方までおかされると、開口障害も起こる。さらに放置してうみが胸部へ広がると危険です。縦隔膿瘍に進展すると、呼吸困難や細菌が全身に回る敗血症を起こす恐れがあります」

 急性喉頭蓋炎よりは窒息の危険性は低いが、飲み込むときの痛みが強いので水分や食事がまったく取れなくなる。うみがたまった部分はのどちんこが偏るほどはれるので、口を開けて見ると分かるという。

【治療は入院で点滴】

 どちらの病気も原因になる細菌は、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別もの)やレンサ球菌、ブドウ球菌といったどこにでもいる常在菌。

免疫力が低下する糖尿病などの持病をもつ人は発症しやすく、重症化しやすいので普段から注意が必要だ。

 「急性喉頭蓋炎は、窒息の危険性が高ければ気管内挿管や気管切開をして気道確保を行う場合があります。扁桃周囲膿瘍は、注射でうみを吸引したり、小さく切開して排膿を行います」

 どちらも口から薬や食事が取れないので、治療は抗生物質や輸液の点滴をして炎症が治まるのを待つ。だいたい1週間ほどの入院になる。

 「いずれにしても、つばが飲み込めないほど痛ければ、すぐ受診することが大切です。扁桃周囲膿瘍は再発しやすく、2回繰り返したら扁桃摘出の対象になります」

《急性喉頭蓋炎の症状》
・つばを飲み込むとのどが痛い
・口を開けて見ても、のどのはれが見当たらない
・こもった声になる(含み声)

《扁桃周囲膿瘍の症状》
・つばを飲み込むとのどが痛い
・口を開けて見ると、扁桃がはれている(通常は片側)
・口が大きく開かない

【この時季…気になるこの症状】乾癬 冬は紫外線減少や厚着で悪化 FC2 Analyzer


冬になると症状が悪化する慢性皮膚疾患の「乾癬(かんせん)」。国内患者は10万人程度との推定もあるが、潜在患者を含めるとこの3倍ともいわれる。かぜなどの感染症やストレスが発症や悪化の要因になるので注意しよう。

 【皮膚刺激で悪化】

 乾癬は5つの型に分類されるが、最も一般的なのは全体の約90%を占める「尋常性乾癬」だ。症状がよくなったり、悪くなったりを繰り返す。

 「特に冬は悪化しやすい」と、東京山手メディカルセンター・皮膚科の鳥居秀嗣部長が説明する。

 「冬は紫外線が減ることと、細菌やウイルスの感染などが悪化の原因となります。

また、症状の出ていない部分でもかいたりする刺激で症状が出やすく、ケブネル現象と呼びます。冬は厚着をするので衣類でこすれたり、乾燥して皮膚にかゆみが出やすいのも悪化の要因です」

 アトピー性皮膚炎との違いは、赤い発疹の境界が比較的はっきりしているところ。発疹にかゆみを伴う人もいれば、伴わない人もいるという。

 【他人にはうつらない】

 発症原因はまだハッキリ分かっていない。発症しやすい体質的な要素に、気候、ストレス(疲れ)、感染症、食生活などの外的要因が加わり発症すると考えられている。

 「糖尿病や脂質異常症、肥満などの合併が多いという報告もあり、メタボとの関係も指摘されていますが因果関係は分かっていません」

 体質といっても、日本では親が乾癬で子供にも発病する可能性は数%程度といわれている。発症には外的要因の影響の方が強そうだ。男女比は2対1で、年齢層は乳幼児から高齢者まで幅広い。

 「誤解してはいけないのは、乾癬は人にうつる病気ではないことです。お風呂やプールでも絶対にうつりません。問題は、顔面や頭部など見える部分にできると、人目を気にしてQOL(生活の質)が低下することです」

 【次々と新薬が登場】

 発疹は、皮膚の新旧の細胞の入れ替わりが通常の10倍以上のスピードで起きていて、表皮細胞が厚く積み上がりはがれていく。

治療の基本は塗り薬で、皮膚の代謝を整えるビタミンD3外用薬と炎症を抑えるステロイド外用薬の併用あるいはこれらの合剤を使う。

 「外用薬の治療で不十分の場合は、紫外線を当てる光線療法や内服薬を併用します」

 しかし、これら通常の治療でも効果が得られない重症例が10%ぐらいいる。その場合には、4~5年前に保険適用になった3種類(点滴と皮下注射2種)の生物学的製剤の使用が検討される。

 「生物学的製剤の登場で、重症でも上手にコントロールしていけばQOLに影響を与えない時代になってきました」

 乾癬の新薬は開発中のものが多く、2~3年中に次々と登場することが期待されているという。

《尋常性乾癬の症状》
★皮膚から少し盛り上がった赤い発疹の上に、銀白色のフケのようなアカが出て、ポロポロはがれ落ちる。
★頭部や肘、膝などこすれやすい部分にできやすい
★約60%に爪に変化(浮いたり、点状のへこみなど)が見られる

【気になるこの症状】エボラ出血熱 治療法なし、受診前に保健所に連絡を FC2 Analyzer


西アフリカで過去最大の被害を出している「エボラ出血熱」。流行地へ行かなければ日本で感染する心配はないが、いつ感染者が入国するか分からない。どんな病気なのか知り、危機意識をもっておくことが大切だ。

 【致死率8割以上も】

 約40年前にヒトへの感染が確認されてから、アフリカで最大300~400人規模の感染を繰り返してきたが、今回は12月現在で感染者1万7000人超、死亡者6000人超。まだ流行が続いている。

特効薬がなく、致死率が高いのが特徴だ。国立感染症研究所・ウイルス第一部の西條政幸部長が説明する。

 「病原体のエボラウイルスは、コウモリからサルなどの野生動物に感染して、その動物を食する際に解体する作業を通じてヒトに感染すると考えられています。

現在、5種類のタイプが分かっていて、致死率はザイール・エボラが80~90%、スーダン・エボラは40~60%です」

 感染から発病までの潜伏期間は通常7~10日。最初はかぜに似た症状が現れ、次第に病態が悪化していくという。

 【患者の体液で感染】

 ただし、ヒトからヒトへの感染は症状が出ている発病者と接触しなければ起こらない。せきやくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染や空気感染はしないという。

 「感染経路は症状が出ている患者の体液(血液、分泌物、吐物、排泄物など)や、その体液に汚染された医療用品などを介して粘膜や傷口から体内にウイルスが侵入します。

だから、感染リスクが高いのは、身内や家族、医療関係者になります」

 病名に「出血熱」とあるが、出血はすべての患者に現れるわけではない。出血が見られるのは全体の10~20%程度という。

 「体内でウイルスが増殖すると、体内で無秩序の血液凝固が起こり、血凝固成分が使い果たされて通常なら止まるはずの出血が止まらなくなる。これは播種(はしゅ)性血管内凝固症候群と呼ばれます。

また、多臓器不全も起こり、死亡するのです」

【代用薬の効力不明】

 いまのところ根治できる確立された治療法はない。防護服を着た医療者が、各症状に対する対症療法を行っているのが現状だ。

 「エボラウイルスの増殖を抑制する効果のある薬や抗体製剤も使われていますが有効性は分かっていません。

患者の約半数は回復しているので、これらの薬の効果で治っているとは限りません。効くかどうかは、今後、研究による検証が必要です」

 では、仕事や旅行で流行地へ渡航し、帰国後、発熱などの症状が現れたらどうすればいいのか。

 「近くの医療機関を受診するのではなく、まず保健所に電話して相談することが大切です。どうすればいいかを指示してくれます」

 エボラ出血熱に限らず、海外渡航は現地の状況をきちんと調べてからいこう。

《エボラ出血熱の症状》
★風邪に似た症状<発熱、頭痛、倦怠(けんたい)感、咽頭(いんとう)痛、筋肉痛など>から始まる

★次いで、おう吐、下痢、胸部痛、体のさまざまな場所に出血や痛みが出る

正しいセックスで、性病から身を守ろう! 医師が語る性感染症のいろいろ



FC2 Analyzer近年、ピルの普及やマスコミや雑誌などの影響で性行為への抵抗の少ない方が、若い層を中心に増えてきています。

それにより、性感染症(sexually transmitted disease)が急速に増加。

性感染症は読んで字のごとく性交またはそれに準ずる行為にともなって感染する疾患の総称で、病気は多岐にわたります。

【出産で苦しい体験をしても、また子どもが欲しくなる女性の不思議】

■性行為で感染する、病気

梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、赤痢アメーバ、ケジラミ、クラミジアなどによる非淋菌性尿道炎、B型肝炎、AIDS、子宮頚癌などに関与するとされるヒトパピローマウイルス(HPV)感染症……など。

■性病って、どんな症状が出るの?

症状がはっきり出るものとしてはかゆくなる毛じらみ、初感染時に痛みを陰部に感じる性器ヘルペス、膿性の分泌物を尿道に認める淋病など比較的症状がわかりやすいものから、人によっては慢性的経過の後、便意頻回や血便がしばしばみられますが、症状はなく嚢子だけを排泄し続ける赤痢アメーバといったものもあります。

また、感染していても症状が長くみられない可能性のあるヒトパピローマウイルスやHIV、クラミジアなど症状も病原体によってさまざまです。

一方、最近では性行為の多様化にともない、オーラルセックスが増えてきており、これにより喉にクラミジアや淋菌などが感染することもあります。

最初は風邪かなと思っていてもなかなか治らず、抗生物質を処方しても治らないようなときはこれらも疑い、特別な検査をすることが必要になります。

■症状がないからと、油断は禁物。定期検査で守れるものがある

また症状に乏しいためご自身で積極的に検査を受けていただきたい病原体があります。

その主なものは子宮頚癌の原因となるヒトパピローマウイルスと後天性免疫不全症候群(AIDS)の原因となるHIV、女性の場合は不妊症になりうるクラミジアです。パピローマウイルスに関してはそのものを検査することも可能ですが、子宮頚癌検診を定期的に受けることが大事になります。

感染してしまうと子宮頸部の細胞が徐々に悪性化する可能性があり感染者の一部では子宮頚癌を発病します。非常に早い段階で見つかれば円すい切除という比較的、侵襲性の少ない治療で治癒が期待できます。

HIVもかつては不治の病と言われてきましたが感染がわかり次第、指定医療機関において抗ウイルス薬を処方していただき治療を継続することによりウイルスの増殖を抑えられ、発病を遅らせることができたり、

今後さらに医学・薬学が進歩すれば根治できる機会が得られるかもしれません。

心理的に苦痛はともなうと思いますがぜひ、保健所などで最後の感染機会から3カ月たった時点でHIV検査を受けていただきたいと思います。

またクラミジアも放置しますと女性の場合は卵管が詰まって将来不妊になったり強い腹痛をきたす肝周囲炎になってしまうこともありますので検査をしていただき、もし見つかった場合は同時にパートナーも検査を受け、ともに治療を実践してください。

パートナーが感染したままですとご自身が治療してもまた再感染を受けてしまいますからね。

■まとめ

一番大事なのはまず感染から身を守ること。そのためには安易な性行為は避けるようにするとよいでしょう。結婚前にお互いにブライダルチェックを受けるという方法もあります。

また、性行為を行うに当たってはコンドームを使うことが有効です。

それにより、ある程度、性感染症感染のリスクを軽減できます。その際のポイントは、性行為の最初から最後までコンドームをきちんと付け、互いの粘膜や体液に付着しないようにすることです。

(35歳女性内科医/Doctors Me)

【気になるこの症状】ノロウイルス 強い感染力…まず消毒を FC2 Analyzer


 原因別の食中毒患者数で最も多いノロウイルス。発症は、夏に増えるほかの食中毒と違って11-2月の冬場に集中(年間の70%)する。突然起こる激しい下痢やおう吐が主症状。

人から人への感染の広がる力が極めて強いので注意しよう。

 【乾燥で空気中を舞う】

 ノロウイルスは口から入って感染する。

その経路は主に、(1)汚染された食品(二枚貝など)や調理中に食品、食器が汚染されるケース(2)つり革やドアノブから手に付着する接触感染(3)感染者の吐物や下痢便が飛び散り吸い込む飛沫(ひまつ)感染だ。

 「冬にはやるのは空気が乾燥しているから」と、日本消化器病学会専門医で山村クリニック(東京・茗荷谷)の山村進院長が説明する。

 「問題は、感染者のおう吐物や下痢便の処理です。路上やトイレなどで処理が不十分のまま放置されると、乾燥したウイルスを含むホコリが舞って吸い込んだり、体に付着したりするのです」

 ノロウイルスは非常に感染力が強く、わずかの量を口にしただけでも容易に感染するという。

 【水分補給が大切】

 感染してから発病するまでの潜伏期間は短くて数時間、平均1-2日。小児ではおう吐が多く、成人では下痢が多いことも特徴の1つだ。

 「下痢やおう吐は1日数回から、ひどいと10回以上にもなります。特効薬はありませんが、症状は1-2日ほどなので、その間、脱水にならないように水分補給を十分行うことが最も大切です」

ノロウイルスは腸内でしか増殖できない病原体で、下痢はウイルスを追い出す体の防御反応なので、市販の下痢止めは使わないこと。医療機関では、対症療法として制吐剤や整腸剤などの薬を処方するという。

 「発症したら感染を拡大させないことが重要です。少なくても症状が治るまでは会社を休む。下痢が止まっても、2-4週間は便中にウイルスが排出されています」

 【予防は入念な手洗い】

 ノロウイルスは街中、どこでも付着する可能性があり、アルコールやせっけんで完全に消毒することはできない。
予防は、トイレの後や帰宅時にせっけん液を使い、手に付いたウイルスを物理的に落とすこと。

1分以上、シワの間もしっかりとこすり洗いしよう。

 「おう吐物や下痢便の処理には、必ず塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を使って消毒することが重要です。
家庭用の6%濃度なら、汚物処理には原液50ミリリットル、衣類や食器の消毒には原液10ミリリットルを3リットルの水で薄めて消毒液を作ります」

 汚物処理をするときは、使い捨ての手袋、マスク、エプロンなどを着用する必要がある。薬局やネットで「ノロウイルス対策セット」が購入できる。家庭や職場に常備しておくと便利だ。

《ノロウイルスの概要》
★潜伏期間は平均1-2日
★主症状はおう吐、水様下痢
★通常、血便はない
★発熱は軽度(37-38℃)
★症状の持続は平均1-2日
★特効薬はなし(対症療法)
★下痢止めは使わない
★発症後は水分補給が大切
★予防は手のこすり洗い

【気になるこの症状】ノロウイルス 強い感染力…まず消毒を


 原因別の食中毒患者数で最も多いノロウイルス。発症は、夏に増えるほかの食中毒と違って11-2月の冬場に集中(年間の70%)する。突然起こる激しい下痢やおう吐が主症状。

人から人への感染の広がる力が極めて強いので注意しよう。

 【乾燥で空気中を舞う】

 ノロウイルスは口から入って感染する。

その経路は主に、(1)汚染された食品(二枚貝など)や調理中に食品、食器が汚染されるケース(2)つり革やドアノブから手に付着する接触感染(3)感染者の吐物や下痢便が飛び散り吸い込む飛沫(ひまつ)感染だ。

 「冬にはやるのは空気が乾燥しているから」と、日本消化器病学会専門医で山村クリニック(東京・茗荷谷)の山村進院長が説明する。

 「問題は、感染者のおう吐物や下痢便の処理です。路上やトイレなどで処理が不十分のまま放置されると、乾燥したウイルスを含むホコリが舞って吸い込んだり、体に付着したりするのです」

 ノロウイルスは非常に感染力が強く、わずかの量を口にしただけでも容易に感染するという。

 【水分補給が大切】

 感染してから発病するまでの潜伏期間は短くて数時間、平均1-2日。小児ではおう吐が多く、成人では下痢が多いことも特徴の1つだ。

 「下痢やおう吐は1日数回から、ひどいと10回以上にもなります。特効薬はありませんが、症状は1-2日ほどなので、その間、脱水にならないように水分補給を十分行うことが最も大切です」

ノロウイルスは腸内でしか増殖できない病原体で、下痢はウイルスを追い出す体の防御反応なので、市販の下痢止めは使わないこと。医療機関では、対症療法として制吐剤や整腸剤などの薬を処方するという。

 「発症したら感染を拡大させないことが重要です。少なくても症状が治るまでは会社を休む。下痢が止まっても、2-4週間は便中にウイルスが排出されています」

 【予防は入念な手洗い】

 ノロウイルスは街中、どこでも付着する可能性があり、アルコールやせっけんで完全に消毒することはできない。
予防は、トイレの後や帰宅時にせっけん液を使い、手に付いたウイルスを物理的に落とすこと。

1分以上、シワの間もしっかりとこすり洗いしよう。

 「おう吐物や下痢便の処理には、必ず塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を使って消毒することが重要です。
家庭用の6%濃度なら、汚物処理には原液50ミリリットル、衣類や食器の消毒には原液10ミリリットルを3リットルの水で薄めて消毒液を作ります」

 汚物処理をするときは、使い捨ての手袋、マスク、エプロンなどを着用する必要がある。薬局やネットで「ノロウイルス対策セット」が購入できる。家庭や職場に常備しておくと便利だ。

《ノロウイルスの概要》
★潜伏期間は平均1-2日
★主症状はおう吐、水様下痢
★通常、血便はない
★発熱は軽度(37-38℃)
★症状の持続は平均1-2日
★特効薬はなし(対症療法)
★下痢止めは使わない
★発症後は水分補給が大切
★予防は手のこすり洗い

【これで私は助かった!】腹痛から“膵臓がん”見つかり命拾い


見つかったときには手遅れだった-。がんの中でもこのケースが非常に多いのが「膵臓(すいぞう)がん」だ。早期発見の難しさはトップクラス。生還が最も難しい病気なのだが…。

 ■浜岡祥司さん(54歳=仮名)のケース

 膵臓がんが助かりにくいということは知っていました。だから自分が膵臓がんだと分かったときは観念しました。はっきり言って諦めていましたよ。

 きっかけは腹痛。それも「なんとなく痛い」という不快感に近いもの。胃薬を飲んでも効かず、酒の飲み過ぎだと思っていたんです。以前は会社でも一、二を争う大酒飲みでしたから。

 それでも1カ月も症状が続くと不安になってきて、そこでようやく病院を受診。症状を話すと胃カメラと超音波検査を受けることになりました。

 胃カメラでは異常はなかったものの、超音波の画像で膵管の微妙な広がりが写っていた精密検査に進んで、CTとMRI検査の結果は「ステージIIの膵臓がん」。膵頭部に直径1センチほどのがんがあったのです。

こんな僅かな病変からがんが見つかるとは驚きました。

 すぐに入院して、膵頭部と十二指腸を切除する手術が行われ、トータル1カ月ほどで退院。その後もがんが取り切れていない場合を想定して1年間の抗がん剤治療を受けました。

 抗がん剤の副作用は多少出たものの、副作用を止める薬を一緒に服用していたので、想像していたよりは軽く済みました。

 抗がん剤治療が終わってからも、定期的に検査は受けていますが、5年半が過ぎた今も転移や再発はナシ。

医師の指示に従って、お酒はやめました。膵臓がんになって助かっただけでも命拾いなのに、それをみすみす捨てるようなことはできませんからね。

 ■専門医はこう見る

 北里大学北里研究所メディカルセンター病院(埼玉県北本市)外科部長・八十川要平医師

 膵臓がんが助かりにくいがんなのは事実です。よく「膵臓がんは背中が痛くなる」と言いますが、これはがんが脊椎の神経に浸潤して起きる症状。

「黄疸(おうだん)」も同様で、膵がんに伴う自覚症状の多くは、がんがかなり進行していることを示唆します。

 早期で手がかりとなる症状というと、浜岡さんのような「上腹部の痛み」が挙げられますが、これも必ず出るわけではありません。

つまり、自覚症状をアテにしていたのでは、なかなか完治は期待できないがんなのです。

 浜岡さんは「幸運」が重なったケースといえます。超音波画像の微妙な病変に気付いたのは医師や検査技師の技術が高かったから。

この時点でがんが、一般的に「助かる見込みがある」とされる1センチ以下だったこともラッキーでした。

 オマケに膵臓がんの手術は食道がんと並んで難易度の高い手術。執刀する外科医には高い技術が求められます。その意味では、病院選びも重要なテーマとなります。

 こうした難関をクリアして初めて克服できる可能性が出てくる-というのが膵がんなのです。

 ただし、ハイリスクな人はいます。喫煙者、飲酒量の多い人、糖尿病の人-。

特に中高年になって初めて糖尿病を指摘された人は要注意。これらに当てはまる人は、日頃から微妙な症状に注意して、年に一度の健診やドックを欠かさないことが重要です。 

【気になるこの症状】市中肺炎 高齢者には予防接種が効果的


かぜやインフルエンザをこじらせ、2次感染によって発症する肺炎。日本人の死因の3位で、65歳以上を中心(約95%)に年間約12万人が亡くなっている。重症化を防ぐには、インフルエンザと同様に肺炎球菌の予防接種を受けておくことが大切だ。

 【病原体はさまざま】

 肺炎は、日常生活を送っている人が発病する「市中肺炎」と、病院に入院中に発病する「院内肺炎」に分けられる。原因となる細菌やウイルスなどの病原体はさまざまだ。日本呼吸器学会指導医で寺尾クリニカ(東京・新宿)の寺尾一郎院長が説明する。

 「病原体は年代によって違いがみられ、65歳未満ではマイコプラズマが圧倒的に多く、次いで肺炎球菌。65歳以上では肺炎球菌が最も多く(30-40%)、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別もの)、嫌気性菌、緑膿(りょくのう)菌と続きます」

 特にインフルエンザにかかると、気道の防御機能が低下して高齢者や幼児は肺炎を合併しやすいという。

 【高齢者は症状が違う】

 肺炎を疑う典型的な症状は、38度以上の高熱、激しいせきやタン。炎症が肺を包んでいる胸膜まで及ぶと胸が痛くなることもある。

 「ただし、高齢者は発熱やせきなどの分かりやすい典型症状が現れない場合も多いので要注意です。高齢者では『食欲がない』『元気がない』など普段とようすが違うようだったら、まず肺炎を疑った方がいいでしょう」

 中でも肺炎球菌は、気管支炎や副鼻腔(びくう)炎、急性中耳炎なども引き起こす場合がある。肺炎を重症化させて髄液中に菌が侵入すれば髄膜炎、血液中に侵入すれば敗血症を起こす恐れもあるという。

 「単なるかぜと思っても、甘くみてはいけません。発熱やせきが1週間以上続くようなら、きちんと内科や呼吸器科を受診してください」

 【ワクチン接種で予防】

 診断は、血液、タン、尿、咽頭(いんとう)、X線などの検査から総合的に判断されるが、呼吸器専門医ならX線を見ればだいたい診断がつくという。

 「肺炎には細菌性、ウイルス性、非定型とタイプがあり、処方する薬が異なります。タイプの違いはX線の陰影にも出るので診断には時間はかかりません。区別があきらかでないときは、2種類の抗生物質を投与することもあります」

 予防は、かぜやインフルエンザを早く治すこと。高齢者や免疫力が低下する持病をもつ人は、インフルエンザワクチンに加えて、肺炎球菌ワクチン(効力5年)の予防接種を受けておいた方がいい。肺炎球菌の予防接種は、今年度から65歳以上の人は5歳刻みで公費助成の対象になっている。

 「効果としては、両方のワクチンを接種すると入院を63%、死亡を81%減らせるという海外報告があります」

《肺炎の典型的な症状》
・38℃以上の発熱
・せき、タン
・胸痛が出る場合も
《高齢者の肺炎の疑い》
・元気がない
・食欲がない
・脱水(口が渇くなど)

【気になるこの症状】その関節痛、原因は寒さ?それとも病気? 膝・肩・腰の痛み


冬の寒さが厳しくなると、腰や膝の痛みが出やすい。冷えのせいでもあるが、関節の病気が隠れている場合もある。きちんと対策をとって、それでも痛むようなら整形外科で診てもらおう。

 【原因は虚血や硬化】

 なぜ、寒いと体の節々が痛むのか。「可動域が大きい関節や、動きの滞りがちな関節に痛みが出やすく、その代表が膝、肩、腰の関節です」と、山田記念病院(東京・両国)・整形外科の長谷川伸医師が説明する。

 「腰にも膝や肩と同じように、椎間(ついかん)関節という関節があります。寒くなると、血管が収縮して血流が悪くなる。関節周囲が虚血状態になると、関節の動きによって痛みを感じやすくなります」

 加えて、関節周りの筋肉や靭帯(じんたい)の冷えも原因になる。動きの滞りがちな関節では、組織自体が硬くなり、関節がこわばった状態になるので、動き始めに痛みを感じるという。

 【病気の見極め】

 ただし、注意しなければいけないのは、本当に寒さによる痛みなのか、それとも病気による痛みなのかという見極めだ。

 「一般的に、寒さによる関節の痛みは体を動かしていると血流が改善し、組織が軟らかくなってくるので徐々に改善していきます。一方、腰痛の原因疾患の脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアでは、体を動かすと痛みが悪化します。特に腰から脚の裏側にかけての痛みは病気の疑いが濃厚です」

 膝疾患で代表される変形性膝関節症では、初期では寒さによる痛みと同じで「動かし始めの痛み」がみられるが、進行すると動かし続けたときにも痛みが続くという。

 見極めのポイントは、「動かし続けても痛みが消失せずに悪化する場合は、病気の可能性がある」。早めに整形外科で診断してもらおう。

 【体を温め、動かす】

 では、寒さによる痛みの対策は、どんなことを心がけるといいのか。

 「基本は『血流の促進』、『組織を柔らかくすること』です。まずは、防寒用下着や保温用サポーターで患部を冷やさない。下着の上から貼るタイプの使い捨てカイロを使うのもおすすめです。膝痛の持病をもつ患者さんがよく貼っていますが、効果は絶大です」

 日常で動きが滞りがちな肩や腰に対してはストレッチが効果的。特に体が硬くなっている起床直後や、デスクワークが続く場合には1時間ごとにやるといいという。

 「痛い患部を温めたり、運動をしてもなかなか改善しない人は、整形外科で『プロスタグランジンE1』という薬を処方してもらう手もあります。体の末梢(まっしょう)の血流を改善する薬で、南極越冬隊やヒマラヤ登山隊が凍傷予防に使用することもある薬です」

 トシには勝てないと縮こまっていると、ますますアチコチが痛くなる。冬の痛みを吹き飛ばそう。

《寒さによる関節の痛みの見極めポイント》
★関節を動かしていたり、温めると痛みが徐々に改善する
《関節の痛みの原因の可能性のある疾患》
★腰痛⇒脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症や椎間板ヘルニアなど
★膝痛⇒代表的なのは変形性膝関節症
★肩痛⇒五十肩や肩の腱板断裂など

若い世代に「梅毒」が急増中。妊娠中、赤ちゃんに感染する可能性も?


国立感染症研究所によると、国内の患者数は2010年以降、3年連続で増加しており、2010年は621人だったのが、2013年では1226人と約2倍の数字になっています。患者の約80%は男性で、特に20~30代の若い世代に増えてきています。

特に東京都では、全国でも過去10年で最多数の患者の報告があり、注意を呼びかけています。

◆梅毒ってどんな病気?

梅毒とは、梅毒トレポネーマとよばれる細菌の感染によって起こる感染症です。感染後、感染した部位にしこりができ、2~3週間で消失し、数か月間は無症状の時期が続きます。

抗生物質を飲み続けることで治療できますが、放置すると全身への発疹などがみられ、最後は脳や脊髄へ広がり、脳梗塞、神経麻痺などを起こすこともあります。

また、妊娠中のお母さんから赤ちゃんが梅毒に感染し、先天梅毒の状態で生まれてくると、乳幼児期に症状が現れる早期先天梅毒では、梅毒しん、骨軟骨炎、発熱や発疹、発育不良など、様々な障害がでてくることがあります。
.
◆梅毒はどうやってうつるの?

ほとんどは「性行為」によって感染します。粘膜にいる病原菌が皮ふや粘膜の小さな傷から侵入し、血液中に入って全身に広がります。口の粘膜に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。

梅毒は感染から約3週間は潜伏期と呼ばれ症状が出ません。第1期とよばれる、感染後約3週間~約3か月の間は、小さな発疹がでたりしますが、痛みもなく治療をしなくても自然に消えてしまいます。

その後、3か月以降、第2期になると、皮膚や粘膜にさまざまな発疹が出てくるため、この時点でようやく異常に気づき、受診する人が多くなります。初期の時点では、ほとんど自覚症状がないため、気が付かずに人にうつしてしまうこともあります。

もし母親が梅毒に感染している場合、胎盤を通過しておなかの赤ちゃんに感染する可能性が高くなります。赤ちゃんが感染してしまうと、死産の原因になったり、先天梅毒として生まれる可能性が高くなり、母子ともに非常にリスクが高まります。

◆梅毒の調べ方(健診方法)

男性の場合は泌尿器科を受診しますが、女性の場合は婦人科です。また、レディースドックやブライダルチェックを受診する場合、STD(性感染症)という検査項目が入っていれば調べることが出来ます。

妊娠中の場合は、妊娠初期(4~12週)に受ける妊婦検診に梅毒検査があります。これは、妊娠中、母体から胎児に胎内感染するケースを防ぐためのものです。

妊娠初期の梅毒検査の結果が陰性の場合は感染の可能性は低いと言えますが、感染から日が浅いと陽性に出ないこともあります。このため、梅毒の疑いが強い場合には、時間をあけてから再検査することがあります。

また、初期の梅毒検査を受けた後に、感染する可能性もありますので、梅毒の疑いがある場合は、妊娠後期に再度検査を受けるのが理想的でしょう。
.
◆梅毒の治療方法

ペニシリン(抗生物質)や抗菌剤を服用します。薬の種類によって服用期間はかわります。パートナーも感染しているので、この間の性行為は控え、一緒に治療し、同時に治すことが大切です。

また、妊娠中の治療の場合、日本では主にペニシリン(抗生物質)の内服薬を使います。確定診断のための検査や治療費は、公費の助成で受けることが出来ます。

昔の病気だった「梅毒」が、今になって若者の間で急増している理由とは?


梅毒は、梅毒トレポネーマによる感染症で、主に性行為や類似行為により感染する性病です。感染経路としては、皮膚や粘膜の小さな傷から感染します。

感染症法で、5類感染症全数把握疾患に定められていて、梅毒と診断した医師は、最寄りの保健所に届け出ることになっています。

日本では、第2次世界大戦後の1955年に大流行がみられ、その後も一時的な流行はありましたが、現在では過去の病気として、梅毒を診療したことのある医師も少なくなってきていました。

■3年で梅毒の感染患者が約2倍に増加中

 ところが、国立感染症研究所によると、2004年の届出から微増しはじめ、2013年には1226例の報告数となっています。前年度である2012年は875例、2011年の621例から考えると、3年で約2倍に患者数が増加しています。

■梅毒感染者の約80%が男性で、25歳~29歳に広まっている

 感染者総数のうち、約80%が男性です。特筆すべきことは、年齢別の発生率でみると人口10万人当たりの発生率では、25歳から29歳の男性が3.9、35歳から39歳が3.4となっています。男性の人口10万人の発生率は1.6ですから、25歳から29歳の若年層に梅毒が広がっていることがうかがえます。

■近年の梅毒の特徴

 近年の梅毒の特徴として、男性と性交する男性に広まっていること、HIV混合感染が目立つことなどが挙げられます。その他、眼梅毒、口腔咽頭梅毒、梅毒性直腸炎など、ひと言で梅毒といっても多様な症例が増えています。

■梅毒はいつから検査できるの?

 梅毒の検査は、血液中に抗体があるかどうかで判定します。そのため、感染機会から約1ヵ月後に検査ができるようになります。梅毒の検査方法は、脂質抗原法とTP抗原法の2種類を組み合わせて総合的に判断します。

 注意しないといけないことは、TP抗原法では、一度感染して陽性と判定されると、一生、陰性化することはありません。完治した後に再度感染した可能性がある場合は、脂質抗原法で検査するようにしましょう。

 治療によって完治していても、健康診断などで陽性と診断されるケースもあります。その際は検査方法を確認したうえで再検査を受けるとよいでしょう。

■梅毒の治療とは

 ペニシリンを服用することで、初期の梅毒は完治します。薬を服用する期間は、初期の梅毒感染の場合は2~4週間ほどです。中期の梅毒感染の場合は8~12週間ほど必要となります。

■性器に異変があったら医療機関へ

 性行為や類似行為の後に、性器に異変があったら、医療機関に相談に行きましょう。性病科、泌尿器科、内科、産婦人科などで血液検査を受けることができます。

【気になるこの症状】性器クラミジア オーラルでも感染率30-50%


11月22日は「いい夫婦の日」。いつまでも仲のいい夫婦でいるためには、お互いの信頼関係が大切だ。特に注意してもらいたいのは性感染症(STI)。うっかり家庭に持ち込めば火種の元。下半身の違和感に心当たりがあれば、早めに検査を受けよう。

 【のどにも感染】

 STIの中でも国内外で最も感染率が高いのが「クラミジア」。病原体はクラミジア・トラコマチスという細菌の仲間だ。性病科「あおぞらクリニック」(東京・新橋)の内田千秋院長が説明する。

 「クラミジアの感染が多いのは症状(別項)が出にくい特徴があるからです。それに、オーラルセックスではうつらないと思っている人が多い。のどから性器へ、性器からのどに感染を広げてしまうのです」

 のどに感染しても軽い痛み程度の違和感しかないので、気づいていない人が多いという。

 【夫婦そろって検査】

 相手が感染していた場合、1回の性行為でも感染率は30-50%、症状が出るまでの潜伏期間は1-3週間。心当たりがあって、その後、排尿時痛など違和感があればきちんと性病科や泌尿器科で検査をすることが大切だ。

 「放置していると、女性なら感染が骨盤内に広がり、激しい痛みを伴う腹膜炎に進行して救急車で搬送されるケースもあります。男性の場合は尿道炎や前立腺炎、精巣上体炎などに進行します。どちらも不妊症の原因になります」

 STIがやっかいなのは、遊びの性行為で感染した場合、それを家庭のパートナーにうつしている可能性があることだ。

 「『妻にうつしてしまったかもしれない、どうしよう』と悩む人は多い。でも、性生活が続いているのなら、きちんと奥さんに説明して夫婦同時に検査、治療をしなければ性病は退治できません」

【薬を1回飲むだけ】

 検査は、男性は尿、女性は腟からおりものを採取して行う。30分程度で結果が分かる即日検査と、DNAを増殖させて調べるPCR検査がある。同院では、性病というデリケートな病気であることから完全自由診療(保険証の提示なし)で、匿名での受診も可能。検査費はどちらでも1種類8000円だ。

 「即日検査は性行為から1週間以上経過している人が対象で、陽性であれば当日、治療薬が処方できます。PCR検査は精度が高いのですが、通常の医療機関では1週間ぐらいかかる。当院では、2日後ぐらいにはPCやスマホで結果が確認できるようにしています」

 薬は粉末タイプの抗生物質を水に溶かして1回飲むだけ。クラミジアを退治できたかどうかは1カ月後に再検査をする。

《性器クラミジアの主な症状》
【男性】
・50-60%は無症状
・尿道がむずかゆい
・排尿時の軽い痛み
【女性】
・約80%は無症状
・おりものが少し増える
・軽い生理痛のような痛み
・不正性器出血

【気になるこの症状】糖尿病網膜症 視力守るには早期治療が必須


11月14日は「世界糖尿病デー」。糖尿病を発症して10-15年たつと、軽症を含め7割の人に糖尿病網膜症の合併がみられるという。この病気で年間約3000人が失明などの視覚障害を起こしている。糖尿病なら必ず眼科も受診しよう。

 【早期では症状ない】

 糖尿病になり血糖値が高いと体の毛細血管がダメージを受ける。目の一番奥、眼底の網膜にある毛細血管に異常が起こるのが糖尿病網膜症だ。杏林大学医学部付属病院・眼科の厚東(ことう)隆志講師は、「3つの段階を踏んで進行する」と説明する。

 「最初は血管のバリアが壊れた状態で始まり、血液成分が漏れ出してきます。第2段階は血管が詰まり、網膜に血液が巡らないところが出てくる。第3段階は、足りない酸素を補おうと網膜に新しい血管が生えてきて、眼球の真ん中にある硝子(しょうし)体の方にも伸びてきます。新生血管はもろく、出血を起こすと、その時点で初めて視力低下などの自覚症状が現れることが多いのです」

 ただし、視細胞が多く集まる網膜の黄斑(おうはん)にむくみが出てくると、段階に関係なく、視力低下などの症状が現れるという。

 【レーザーで進行阻止】

 大切なのは、症状の出ることが少ない段階のうちに見つけて、いかに早く治療するかになる。

 「ターニングポイントは第2段階で、この時点で進行の勢いを止めるレーザー治療をしているかどうかで、最終手段の硝子体手術をするにしても、術後の視力回復が大きく違います。新生血管が網目状に広がり、網膜がはがれる網膜はく離を起してしまうと、手術をしても何らかの障害が残ってしまいます」

検査は、出血がないか診る「眼底検査」と黄斑の状態を診る「OCT(光干渉断層計)」の組み合わせが基本。第2段階の進行具合を診る場合は、造影剤を使い撮影する「蛍光眼底造影検査」を行う。

 【重症は硝子体手術】

 第1段階であれば、経過を見ながら血糖コントロールをしっかり行うことで、進行を食い止めることができるという。第2段階以降は、網膜にレーザーを照射して新生血管の発生を抑える網膜光凝固術を行う。

 「レーザー治療は外来で点眼麻酔を使い、週1回(15分ほど)、何回かに分けて行います。ただし、破壊された視神経は元に戻らないので、病気の前の網膜の状態に戻るわけではありません」

 硝子体出血や網膜はく離があると硝子体手術の適応になる。眼球に孔(あな)を3カ所開けて、ライトや手術器具を入れて、悪くなった硝子体の除去やはがれた網膜を治す。局所麻酔で行い、1週間ほどの入院もしくは日帰り手術になる。

 「糖尿病網膜症は必ず3段階を経て進行します。糖尿病と診断されたら、必ず定期的に眼科の検診を受けてください」 

《糖尿病網膜症の進行段階》
(1)単純網膜症
・自覚症状なし
   ↓
(2)増殖前網膜症
・自覚症状なし
   ↓
(3)増殖網膜症
・視力が極端に落ちる
・黒い影が急に出現する
・物がゆがんで見える
◆糖尿病黄斑症…黄斑部に浮腫を生じると、段階に関係なく視力が低下する

感染者いまだ減らず…「HIV/エイズ」の最新事情と問題点


ここ何年も、日本では毎年約1500人のHIV新規感染者が報告されている。このうち3分の1の500人は、エイズを発症してから病院を受診した人だ。HIV/エイズの最新事情を国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センター長の岡慎一医師に聞いた。

 HIVに感染し、まだ発症していない人を「HIV感染者」といい、免疫力が低下し、ニューモシスチス肺炎や食道カンジダ症、進行性多巣性白質脳症、悪性リンパ腫などさまざまな疾患を発症した人を「エイズ患者」という。

「HIVに感染しても、死にません。優れた複数の薬が登場し、現在は1日1回1錠の服薬でも、完全にHIVの増殖を抑えられます。90日処方が可能なので、通院は年4回でいい。HIV感染者の平均寿命は20代で40~50年に延び、健常人となんら変わらぬ生活を送ることができます」

 薬を服用していれば、“たとえコンドームなしでセックスをしてもパートナーにHIVをうつすことはない”とまでいわれている。妊娠・出産も可能で、母子感染の可能性は1%以下と低い。

「薬を一生飲み続けなくてはならないので、『治る』とは言えませんが、それとほぼ同義です」

 ただし、これらは「エイズ発病前から薬をきちんと服用すれば」の話。問題点は、HIVの感染を確認していない人が大半ということだ。

「こういった人が周囲にHIVをうつす。さらに、HIV感染の段階では薬でウイルスの増殖を抑制できますが、エイズ患者になってからでは手遅れ。治療を受けなければ、ほぼ100%エイズを発症します。エイズは、今も昔も非常に怖い病気です」

 発症する疾患によるが、進行性多巣性白質脳症なら痴呆になり、薬でHIVの増殖は抑制されても、その後、一生痴呆で寝たきりのまま。悪性リンパ腫なら半年ほど化学療法を繰り返しても再発し、命を落とすことも。発症前に感染が分かって治療を受けるか、発症後に病院に来るか、天国と地獄ほどの差がある。

■コンドームは感染予防にならない

 HIVは、薬以外では感染の拡大をストップできない。片方がHIV感染のカップル約1600組を対象にした世界的な臨床試験で証明された。

「800組にはHIVの増殖を抑える薬を、別の800組には薬は使わずコンドームを使うセイファーセックスを徹底して指導しました。すると、前者ではセックスパートナーからHIVが感染したのは1人だったが、後者は多数感染した。この結果から分かるのは、セイファーセックスの指導だけでHIVの感染予防は難しいこと、そして薬の服用でHIVの感染を防げることの2つです」

 HIV検査は保健所で無料で受けられる。地区ごとに検査日は違うが、記者が東京23区内で調べると、平日の限られた時間だけで、検査日と結果日の2日、保健所まで行かなくてはならない。予約も必要で、ある区は、10月半ばに電話したにもかかわらず、「11月はいっぱい。枠はすぐに埋まる」と言われた。

「現状ではリスクの高い人がスムーズに受けられるようになっていない。ただ、有料ですが医療機関でも受け付けていますし、郵送すれば調べてもらえる方法もあります。アメリカでは唾液で自分で検査するキットも認可されています。HIV感染が分かれば、『発症せずに済む』ということで、非常にハッピーです。自分に合った方法で、ぜひ検査を受けてほしい」

【気になるこの症状】アトピー性皮膚炎 正しく使えばステロイドは効果的


11月12日は「皮膚の日」。皮膚病の中でもアトピー性皮膚炎は、長くつき合っていかなくてはいけない病気。他のアレルギー疾患同様に年々、発症者が増え、成人の重症例が目立つ。症状のコントロールには治療薬の使い方が重要になる。

 【体質的に皮膚が弱い】

 アトピー性皮膚炎が起こる原因には、遺伝因子(体質)と環境因子がある。東京逓信病院皮膚科の江藤隆史部長が説明する。

 「遺伝因子は、もともと皮膚のバリア機能が弱いこと。それからアレルギー反応を引き起こすIgE抗体を作りやすい体質であることです。そこにダニやハウスダストなどの特定の抗原、汗や乾燥、せっけんなどの化学的な刺激、引っかくなどの物理的な刺激、精神的ストレスなどの環境因子が加わることで症状が悪化するのです」

 特徴は、皮膚のかゆみが慢性的に長く続き、よくなったり悪くなったりを繰り返すという。

 【花粉症でも皮膚炎に】

 子供のときに症状がひどくても成長とともに出なくなる人もいれば、大人になって仕事のストレスなどから急に症状が強く出る人もいる。

 「花粉症に伴って皮膚にも炎症が起こる人もいますが、それも広い意味でのアトピー性皮膚炎です。子供のときの症状が大人になって出なくなった人で、スギ花粉シーズンに顔や首がかゆくなるようなら、アトピー性皮膚炎で使う飲み薬と塗り薬がよく効きます」

 皮膚科では、必要に応じて血液検査(IgE抗体検査)や皮膚テストを行う場合がある。しかし、発症には多くの原因が複雑にからみ合っているので、検査は悪化因子を探したり、治療の経過をみる1つの指標でしかないという。

 【薬を怖がると逆効果】

 治療で最も重要になるのは薬の正しい使い方。治療薬には、主にステロイド外用薬、免疫反応を抑えるタクロリムス外用薬、保湿剤が使われる。

 「いまだに『ステロイドは怖い』という間違ったイメージをもつ人が結構います。全身的な副作用が問題になるのは内服を長期使用した場合に限られます。症状を悪化させてしまう原因の大半は、怖がって決められた量より少ない量しか塗っていないケースです。必要なときに必要な量をきちんと塗れば多くの人は症状が抑えられます」

 組み合わせる治療法には、免疫抑制剤の内服薬や紫外線を患部の皮膚に照射する光線療法などもある。

 「食べ物にアレルギーがある人でも、急激に危険な状態になるアナフィラキシー反応のある人以外は、あまり食事は気にしなくて大丈夫です。何よりも医師の指示通りの量のステロイド軟膏(なんこう)を使うことが大切です」

 《アトピー性皮膚炎の症状》
 ★皮膚の慢性的な強いかゆみ
 ★患部は、赤くなる、細かいツブツブができる、じくじくする、カサカサする、ポロポロはがれるなど
 ★顔や首、肘の内側や膝の裏側など皮膚の軟らかい場所から現れ、徐々に全身へ広がる
 ★症状は左右対称に現れやすい
 ★症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返す

【気になるこの症状】クモ膜下出血 激しい頭痛 生死分ける最初の出血量


11月は過重労働解消キャンペーン」(厚労省)が実施される。クモ膜下出血は脳卒中の中でも40-60代の働き盛りに発症が多く、過労死の原因になる。秋と早春の季節の変わり目に増える統計報告もあるので、高血圧や過度の飲酒習慣のある人は注意したい。

 【脳動脈のコブが破裂】

 クモ膜とは、脳の表面を覆う膜(3層)の1つで、半透明でクモの巣のような網目状の構造をしていて脳表面を走る血管を支えている。このスペースに血液が流れ出すのがクモ膜下出血。原因の大半は脳動脈にできたコブの破裂だ。

 東京済生会中央病院・脳神経外科の淺田英穂部長が説明する。

 「コブは脳動脈瘤(りゅう)といって、太い主幹動脈の枝分かれする部分にできます。遺伝子的に血管に弱い個所をもつ人がいて、血圧が高いと脳動脈瘤ができやすいといわれています」

 コブの大きさは、未破裂のものでも5ミリ以上あれば予防として治療が検討されるという。

 【発症の半数が死亡】

 コブが破裂しやすい危険因子は、過度の飲酒、高血圧、ストレスなど。そのため働き盛りに発症しやすい。

 「特徴的な症状は、突然、ハンマーで殴られたような強烈な頭痛と吐き気です。

これは頭蓋内圧の上昇による症状で、はっきり現れるので80-90%は救急車で搬送されます。ただし、出血が微小の場合には頭痛が軽度のことがあり、徒歩で外来を受診されるケースもあります」

 クモ膜下出血が怖いのは、脳卒中の中でも最も死亡率が高いこと。20%が病院に着く前に死亡、治療しても約30%が死亡。助かったとしても20-30%は手足のマヒ、言語障害、記憶障害などの後遺症が残る。完全に社会復帰できるのは、出血の軽い20-30%という。

 【72時間以内に手術】

 クモ膜下出血で生死を分けるのは、1分1秒を争う治療の早さではなく、最初の出血の量や広がりなどが関係する。出血は1度止まるので、初期治療は安静を保ち薬で鎮痛、鎮静、降圧を行う。それから再出血の予防のために手術が行われる。

 「脳内血腫の合併があれば早く手術する必要がありますが、通常、ガイドライン的には72時間以内の手術になります。再出血が怖いので、早すぎてもリスクがある。早く手術すれば助かるというわけではないのです」

 手術法には、開頭して脳動脈瘤の根元をチタン製のクリップで止める開頭手術と、足の付け根の血管からカテーテルを誘導し、脳動脈瘤の中にプラチナ製のコイルを詰める血管内手術がある。

 「術法には一長一短あるので、適応は年齢や動脈瘤の場所や形などで使い分けます。開頭手術は3-5時間、血管内手術は2-3時間かかり、3-4週間の入院が必要になります」

《クモ膜下出血の予兆》
★1-3週間前に頭痛がある
(微小の出血の場合)
★脳動脈瘤の場所によっては物が二重に見える
《クモ膜下出血の典型症状》
★突然、激しい頭痛が起こり、嘔吐(おうと)を繰り返す
★重症では意識を失う
★脳に血の塊ができると、言語障害やマヒを伴う

【気になるこの症状】慢性疲労症候群 長期持続する強い疲労重症患者は寝たきりに


厚生労働省が国内患者約30万人と推定される「慢性疲労症候群」の実態調査を始めた。日常生活ができなくなるほどの強い疲労感が半年以上続くのが症状の特徴だが、原因不明で有効な治療法も見つかっていない。

 【病名から誤解が多い】

 慢性疲労症候群は、1988年に米国で提唱され、日本では91年に研究が始まった比較的新しい病気。病名から「慢性疲労」と混同されやすく、国内の患者団体は英国やカナダで呼ばれている「筋痛性脳脊髄炎」という病名を使っている。

 実態調査を行う聖マリアンナ医大難病治療研究センター長の遊道(ゆうどう)和雄教授が説明する。

 「この病気は慢性疲労とは別もので、休養を取っても疲労感が改善しません。それなのに周囲からは怠け、さぼりとみられてしまう。専門医が少なく、医師の間でも誤解が多いと思います」

 患者によって症状の重さに幅があるのも誤解を招く要因という。

 【重症は介護の必要も】

 慢性疲労症候群の国際学会では、患者の約25%は寝たきりに近いか、ほとんど家から出ることのできない重症患者であると発表している。今回の調査は、その国内患者の日常生活の困難度、診断・治療の状況を調べる実態調査になる。

 「患者さんの中には20年以上前から重い症状に苦しめられてきて、最近やっと診断がついたという人もいます。

問題なのは、あきらかに介助・介護が必要なのに福祉サービスが受けられない人もいることです。その重症患者がどれぐらいいるのか調べることも今回の調査の大きな目的です」

 調査対象は軽症から重症まで医療機関で診断された患者。調査状況からみると患者の年代層は10-70代と幅広く、女性が多いとする報告があるが、今回の調査に参加同意をもらった患者には男性も多いという。

 【診療体制の確立急務】

 では、発病が疑われる場合、どこの診療科を受診すればいいのか。

 「残念ながら症状が多彩なため専門とする診療科はありません。神経内科、心療内科、精神神経科、ストレス外来、疲労外来など、患者さんはこの病気を診てくれる医療機関を探して受診しているのが現状です」

 確実に有効な治療法も確立しておらず、治療は個々の医師の判断で患者の症状に合わせて、ビタミンC大量投与などの抗酸化療法、漢方薬、向精神薬、認知行動療法などが行われているという。

 「慢性疲労症候群は未解明の部分が多く、診断基準や治療法など診療体制の確立は本当にこれからスタートする状況です。実態調査は来年3月末には報告書をまとめます」

 〈調査への参加や問い合わせは
 (電)044・977・8111(内線4029)
 Eメールyudo@marianna-u.ac.jpまで〉

 《慢性疲労症候群の主な症状》
 ★中核症状:日常生活に支障をきたすほどの強い疲労感
 ★感染症様症状:発熱、リンパ節腫大、咽頭痛など
 ★膠原(こうげん)病様症状:頭痛、筋肉痛、関節痛、脱力感など
 ★精神・神経症様症状:過眠や不眠、思考力低下、抑鬱、不安など
 ※上記のような多彩な症状が6カ月以上持続もしくは再発を繰り返す

信頼できる「かかりつけ医」の見分け方 「認定医」「専門医」「指導医」で信頼度はどう変わるか


コロナ禍においては、大病院に患者が殺到し、医療崩壊の危機に陥った。そういった状況を回避するためにも重要なのが、「かかりつけ医」を確保しておくことだ。では、信頼できる「かかりつけ医」を見極めるにはどうすればいいのだろうか。

コロナ禍においては、大病院に患者が殺到し、医療崩壊の危機に陥った。そういった状況を回避するためにも重要なのが、「かかりつけ医」を確保しておくことだ。では、信頼できる「かかりつけ医」を見極めるにはどうすればいいのだろうか。

【一覧】「かかりつけ医」にしたくない見分け方チェックポイント

 いまはほとんどの病院がホームページにスタッフのプロフィールなどを掲載しているが、なかにはそうではない病院もある。この2月、看護師による暴行事件が明らかになった東京都八王子市の滝山病院では、プロフィールを公開していなかった。

「事件発覚後、ホームページには事件についてお詫びを表明する文章がアップされましたが、最後に『滝山病院 病院長』とあるだけで責任者名は記されていません。そればかりか病院長以下、勤務医の名前や職歴、顔写真などもホームページには一切掲載されていません」(全国紙社会部記者)

 同病院の姿勢を「無責任」と批判するのは介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子さんだ。「責任者の名前や勤務医のプロフィールを掲載しない病院は、医療の責任を誰が取るのか明確でなく信頼できません。そうした病院は絶対に避けるべきです」

「資格」の有無も確認したい。『かかりつけ医は選ぶ時代』の著者で、ティーズ内科クリニック院長の土山智也さんは、こう話す。

「『認定医』より『専門医』、『専門医』より『指導医』の方が資格を取る条件が厳しいです。条件の厳しい資格を持つ医師は新しい知識をアップデートして研さんを重ねているので、信頼度が増します」

ネットの評価をうのみにしない
 クリニックのホームページは特に力を入れている医療をアピールする場でもある。それらは自信の表れであることは確かだが、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんは「にんにく注射はNGワード」と指摘する。

「“ウチはにんにく注射をやっています”と強調するクリニックがありますが、にんにく注射の医学的効果は確認されていません。それを承知で宣伝するのは、お金目当てとみられても仕方ないので、かかりつけ医としては適当ではありません」

 いまは何でもネットで検索できる時代だが、その評価をうのみにするのは避けた方がいいという。

「ネットの口コミや評価はお金をかければ操作可能です。私のところにも業者から“○○円払えば悪いコメントを削除できます”という営業が時々くるので、いいコメントばかりのクリニックはむしろ怪しい。また、クリニックには累計で何万人もの患者が来ますが、口コミが載るのは10~20件ほど。少数派の意見であることを知るべきです」(土山さん・以下同)

 立地や勤務歴などを確認して「ここだ!」と思ったら受診する前に電話し、スタッフの対応を確認しよう。

「スタッフの対応からクリニックの姿勢を読み取れます。機械的ではなく丁寧で詳細な対応なら院長が患者本位で物事を考え、しっかりとした医療を行うと考えられます」

「お試し受診」で確認すべきポイント
 電話で確認したら、次は「お試し受診」にトライしたい。

「クリニックの雰囲気や医師の接し方を知るため、まずは再診の必要がない風邪やワクチン接種などで受診するのがおすすめです」

 現地で確認すべき点は多い。まずクリニックは「清潔感」が求められる。

「築年数が経っているのは仕方ないですが、薄暗くて入りにくいクリニックは清掃が行き届かず不衛生というケースが多い。逆に小ぎれいで明るいクリニックは好印象です」(土山さん)

 入り口でスリッパに履き替える昔ながらの施設は、感染症対策の面から問題がある。

 キラキラと豪華な内装も決してプラスポイントではない。医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんが説明する。

「かかりつけ医は基本的に地域住民を相手にする町医者です。クリニックの内装をゴージャスにする必要はありません。内装が豪華なクリニックは理事長が見栄っ張りで、金にならない一般患者を長くフォローするつもりはないケースもある」

 医療従事者が秘かに注目するのは「受付」だ。都内の総合病院に勤務する男性内科医(48才)が指摘する。

「医療事務のスタッフからそのクリニックの良しあしがわかります。女性スタッフの爪が長いと診察券を手渡すとき患者を傷つけるかもしれません。また患者のにおいは体調を示すサインですが、医療事務が香水をつけていると医師がにおいを嗅ぎ分けられない恐れがあります。

 細かな点のようですが、そうした配慮が行き届かない病院は患者に寄り添っていないと判断できるので、かかりつけ医にするのはNGです」

※女性セブン2023年4月20日号

 いまはほとんどの病院がホームページにスタッフのプロフィールなどを掲載しているが、なかにはそうではない病院もある。この2月、看護師による暴行事件が明らかになった東京都八王子市の滝山病院では、プロフィールを公開していなかった。

「事件発覚後、ホームページには事件についてお詫びを表明する文章がアップされましたが、最後に『滝山病院 病院長』とあるだけで責任者名は記されていません。そればかりか病院長以下、勤務医の名前や職歴、顔写真などもホームページには一切掲載されていません」(全国紙社会部記者)

 同病院の姿勢を「無責任」と批判するのは介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子さんだ。

「責任者の名前や勤務医のプロフィールを掲載しない病院は、医療の責任を誰が取るのか明確でなく信頼できません。そうした病院は絶対に避けるべきです」

「資格」の有無も確認したい。『かかりつけ医は選ぶ時代』の著者で、ティーズ内科クリニック院長の土山智也さんは、こう話す。

「『認定医』より『専門医』、『専門医』より『指導医』の方が資格を取る条件が厳しいです。条件の厳しい資格を持つ医師は新しい知識をアップデートして研さんを重ねているので、信頼度が増します」

ネットの評価をうのみにしない
 クリニックのホームページは特に力を入れている医療をアピールする場でもある。それらは自信の表れであることは確かだが、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんは「にんにく注射はNGワード」と指摘する。

「“ウチはにんにく注射をやっています”と強調するクリニックがありますが、にんにく注射の医学的効果は確認されていません。それを承知で宣伝するのは、お金目当てとみられても仕方ないので、かかりつけ医としては適当ではありません」

 いまは何でもネットで検索できる時代だが、その評価をうのみにするのは避けた方がいいという。

「ネットの口コミや評価はお金をかければ操作可能です。私のところにも業者から“○○円払えば悪いコメントを削除できます”という営業が時々くるので、いいコメントばかりのクリニックはむしろ怪しい。また、クリニックには累計で何万人もの患者が来ますが、口コミが載るのは10~20件ほど。少数派の意見であることを知るべきです」(土山さん・以下同)

 立地や勤務歴などを確認して「ここだ!」と思ったら受診する前に電話し、スタッフの対応を確認しよう。

「スタッフの対応からクリニックの姿勢を読み取れます。機械的ではなく丁寧で詳細な対応なら院長が患者本位で物事を考え、しっかりとした医療を行うと考えられます」

「お試し受診」で確認すべきポイント
 電話で確認したら、次は「お試し受診」にトライしたい。

「クリニックの雰囲気や医師の接し方を知るため、まずは再診の必要がない風邪やワクチン接種などで受診するのがおすすめです」

 現地で確認すべき点は多い。まずクリニックは「清潔感」が求められる。

「築年数が経っているのは仕方ないですが、薄暗くて入りにくいクリニックは清掃が行き届かず不衛生というケースが多い。逆に小ぎれいで明るいクリニックは好印象です」(土山さん)

 入り口でスリッパに履き替える昔ながらの施設は、感染症対策の面から問題がある。

 キラキラと豪華な内装も決してプラスポイントではない。医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんが説明する。

「かかりつけ医は基本的に地域住民を相手にする町医者です。クリニックの内装をゴージャスにする必要はありません。内装が豪華なクリニックは理事長が見栄っ張りで、金にならない一般患者を長くフォローするつもりはないケースもある」

 医療従事者が秘かに注目するのは「受付」だ。都内の総合病院に勤務する男性内科医(48才)が指摘する。

「医療事務のスタッフからそのクリニックの良しあしがわかります。女性スタッフの爪が長いと診察券を手渡すとき患者を傷つけるかもしれません。また患者のにおいは体調を示すサインですが、医療事務が香水をつけていると医師がにおいを嗅ぎ分けられない恐れがあります。

 細かな点のようですが、そうした配慮が行き届かない病院は患者に寄り添っていないと判断できるので、かかりつけ医にするのはNGです」

※女性セブン2023年4月20日号

ダイエットしたい40代がしてはいけない運動と注意点


◆年齢と共に太りやすくなる原因は、筋肉量と基礎代謝の低下

若い頃は、体重が少し増えてしまっても、流行のダイエットを実践したり、一食抜くようなやや無茶な方法でもすぐに体重が戻り、体重をコントロールすることは簡単にできると思っていた人も多いかもしれません。しかし年齢を重ねるにつれて、こうした「一夜漬け」的なダイエットでは太刀打ちできなくなります。その主たる要因は加齢による基礎代謝量の低下です。

加齢に伴う基礎代謝量の低下は、体重から体脂肪量を引いた除脂肪体重の減少が原因として挙げられます。除脂肪体重は体脂肪率が測定できる体重計を用いれば、以下の数式で簡単に出すことができます。

・除脂肪体重(kg)=体重(kg)-(体重×体脂肪率÷100)

除脂肪体重には身体に含まれる脂肪量以外のものがすべて含まれますが、大人の身体は臓器や骨の重さに大きな変化はないと考えられているため、除脂肪体重の変動は筋肉量の変化を表しているとされています。除脂肪体重が減ってきた場合、筋肉量が低下していると考えられるのです。

基礎代謝のエネルギー消費を行う臓器として、骨格筋、脂肪組織、肝臓、脳、心臓、腎臓などが挙げられます。体重60kg、安静時基礎代謝量が1200kcalの人の例を挙げると、骨格筋は全体の約22%を占め、1日に264kcal消費することがわかります。

一方で脂肪組織の基礎代謝は骨格筋の約1/5ほどであり、比率にして4%、48kcalのカロリー消費であることがわかります。このように脂肪組織をたくさんため込んでも、基礎代謝量への影響は大きくなく、逆に筋肉量が減ってしまうことの方がより基礎代謝が落ちてしまうということになります。

引用元:厚生労働省e-ヘルスネット「ヒトの臓器・組織における安静時代謝量」より改変
(糸川嘉則ほか 編 栄養学総論 改定第3版 南江堂, 141-164, 2006.)
.
◆女性ホルモンの影響によっても減少してしまう筋肉量

加齢によって女性ホルモンの分泌量も変わってきます。女性ホルモンには大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモンがありますが、このうちのエストロゲンが加齢とともに減少してくることによって、内臓脂肪の分解・代謝レベルが落ち、脂肪が蓄積されやすくなるといわれています。

また脂肪はたくさんついていると身体の保温効果が高いようなイメージを持たれますが筋肉と違って熱量を生むことはなく、体温を維持する能力が低いため、身体全体の「冷え」にもつながります。

「食べる量が20代の頃と変わらないのに体重が増えやすくなった」
「お腹まわりや背中、お尻などに脂肪がついてたるんでいるように見える」
「運動しているのにあまり体重に変化がない」

という場合は、脂肪の蓄積と筋肉量の減少によって基礎代謝が低下していることが一因として考えられるでしょう。これらを踏まえて、40代から行う運動の中で特にするべきではないと考えられるものをいくつか挙げてみます。

◆有酸素運動しか行わない

加齢に伴う基礎代謝量の減少を補うためには、適度に負荷をかけた運動を行うことが大切です。有酸素運動は比較的強度が軽いため、取り組みやすいことが特徴として挙げられますが、有酸素運動のみを行っていてもなかなか体重が減少しないということはありませんか?

ウォーキングやジョギング、自転車運動、水泳など、話をしながらできる程度の運動を続けることはもちろん大切で、運動をしないよりもずっと良いことなのですが、基礎代謝を上げるためにはこれだけでは不十分であることがわかります。 毎回重い負荷をかけてトレーニングをする必要はありませんが、適度に筋力トレーニングを行うことが体重コントロールにはより効果的であるといえるでしょう。

今まで筋力トレーニングをしたことのない人であれば、その場でスクワットを行ったり、ペットボトルを使って軽く身体を動かしたりする自重トレーニングなど軽負荷のトレーニングでも筋肉を引き締め、基礎代謝量アップに貢献します。ウォーキングやジョギングを行っている人は、ときどき山登りに出かけてより運動強度を上げることもよい方法です。
.
◆激しすぎる運動は免疫力を下げる可能性も……

適度な負荷をかけて行う筋力トレーニングは基礎代謝量のアップに効果が見込めますが、より大きな負荷をかけた方が効果的であるというわけではありません。今まで運動習慣のなかった人が激しい運動をしてしまうと、翌日以降の筋肉痛だけではなく、関節を痛めてしまったり、体調を崩してしまったりといったことが考えられます。運動強度は少しずつ高めていくことが大切なので、疲れすぎて寝込んでしまうようなハードな運動は避けた方が無難です。

アスリートのように激しい運動を習慣にしている人は、運動後にしばらく免疫力が低下してしまうことも指摘されており、疲労困憊の状態で適切な休養と栄養をとらなければ、インフルエンザ等の感染症にかかりやすくなってしまうことも考えられます。自分の体力と相談しながら、少しずつ運動強度を上げるように心がけましょう。

◆準備運動をしないですぐに身体を動かすのは危険

毎日忙しい中で運動する時間を捻出するのは至難の業という人も多いと思いますが、ウォームアップなどの準備運動をしないまま、メインの運動を行ってしまうことも避けた方が良いでしょう。運動をする前の身体は筋肉や関節の動きが硬く、この状態で筋力トレーニングや有酸素運動などを始めてしまうと、ぎっくり腰や太ももの肉離れなどケガを誘発してしまうことにつながります。準備運動は身体を少しずつ運動に慣らしていくものですので、この時間も含めて運動時間を捻出するようにしましょう。

同様に運動を行った後もそのままに終えてしまうのではなく、クールダウンと呼ばれる運動後の整理運動を行う習慣をつけましょう。具体的には使った筋肉や関節を中心にゆっくりとストレッチしたり、しばらくウォーキングを行って心拍数を整えたりといったことを行います。こうした整理運動を行うことで、疲労物質が体内に長くとどまることなく、分解・代謝されることをうながします。加齢に伴って体力的な疲労は回復にも時間がかかる傾向にあるため、運動後のクールダウンもしっかりと行うことが大切です。

若い頃は短期間に多少のムリをすれば体重を落とすことが可能だったかもしれませんが、40代以降のダイエットは長期戦を見込んで臨むことが一番大切です。今行っている運動やエクササイズを見直しながら、身体によい生活習慣とともに長く続けられることをまず優先して取り組むようにしましょう。

専門家による 急性中耳炎 の一般的な症状


概要

感染による中耳の炎症。

症状

あなたやあなたの知人が 急性中耳炎 の症状を示している場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

‐ 中耳の痛み

‐ 熱

‐ 耳からのの分泌

‐ 難聴(一時)

‐ 聴力低下

‐ 平衡の喪失

→ 一般的な治療オプション

→ これをどのように診断しますか?

原因

耳管の機能不全は、中耳に液体を滞留させ、感染症の原因となる可能性があります。耳管の閉塞には、以下のような様々な原因が考えられます。

‐ アレルギー

‐ 風邪、インフルエンザまたは副鼻腔炎(鼻炎/副鼻腔感染症)

‐ アデノイドの感染または肥大

‐ 喫煙

→ 医師にする質問

→ 詳細な記事はこちらをご覧ください

情報提供のみを目的としています。アドバイスが必要な場合は医療の専門家にご相談ください。ソース: Focus Medica.

【気になるこの症状】“男性型脱毛症”遺伝だと嘆く前に薬の治療試しては?


8年前のある調査によれば、薄毛を気にしている国内の成人男性は推定800万人もいた。だが、今は処方薬の登場で適切な時期に治療を始めれば少なくとも現状維持は可能。進行させたくない人は、治療を検討してはどうか。

 ■原因は遺伝的体質

 思春期以降に徐々に頭髪が薄くなる男性型脱毛症(AGA)。主な原因は、前頭部から頭頂部にかけて存在する“5α-還元酵素”によって男性ホルモンが「悪玉」男性ホルモンに転換されるため。その作用が強いと頭髪の成長する期間が短くなってしまうのだ。

 薄毛の治療実績が多い東京メモリアルクリニック平山(東京・新宿)の佐藤明男院長は「悪玉の作用増強を左右するのは遺伝的体質。一番関係するのがX染色体なので、母系の遺伝です」と説明する。

 AGAの発症リスクの100%近くが体質で、食事や睡眠、ストレスなどの生活因子はほとんど関係ないという。

 ■進行抑制効果は98%

 7年前に発売された国内唯一の処方薬(内服薬)がフィナステリド(商品名・プロペシア)。5α-還元酵素が男性ホルモンを「悪玉」に転換させる働きを阻害する薬だ。

 今年1月には、日本皮膚科学会が発行する英文学会誌に、佐藤院長による世界最大の臨床データが掲載された。

その結果の維持・改善率は99・6%。投与期間は3年半。評価症例は写真撮影による評価が可能な2561例。内訳は、著明改善11・1%、中等度改善36・5%、軽度改善39・5%、不変12・5%、軽度進行0・4%だ。

 「プロペシアには、ヘアサイクルの回復効果が78%、進行抑制効果は98%あると見ています」

 服用法は1日1錠。3カ月~半年ぐらいで改善の傾向が分かるという。

 ■細毛2割は要注意

 気になるのは治療のタイミング。どの時点なら間に合うか。「頭皮が透けて4、5年もすると回復の見込みは低くなる」と指摘する。

 「治療は薄毛が始まってからでいいが、ザックリ言えば、気になっている部位の頭髪10本中1本が細い毛ならまだOK。2本に増えたら治療を考えた方がいいでしょう」

 AGA治療は保険がきかないので薬代は全額自費。診察料を含めた治療費は医院によって異なるが、1カ月1万円前後、3カ月分の処方なら2万5000円前後が相場だ。

 治療薬を扱う診療科は多岐に渡るので、最寄りの取扱い医院を知りたい場合は、製薬会社が運営するAGA啓発用ウェブサイト「AGAニュース」から検索できる。

 命には関わらない薄毛の症状。治療を必要とするかどうかの判断は、人によって分かれるところだろう。

 ■こんな人は男性型脱毛症!?

★母親の家系に薄毛の人が多い

★抜け毛が短くて細い

★朝起きると枕に抜け毛が多くついている

★寝グセがつきにくくなった

★雨が降ると頭皮に雨粒を感じるようになった

★頭皮が透けて見える

【気になるこの症状】かなりツライ歯の“知覚過敏”を知ろう  


かき氷を食べると歯がしみる人も多いことから「知覚過敏の日」にも制定されている。知覚過敏は歯の異常を知らせるシグナル。何で起きているか原因を突き止め、対策をとることが大切だ。

 ■象牙質の管から刺激
 健康な歯は表面が硬くて丈夫なエナメル質で覆われているので、普通は飲食で歯がしみるようなことはない。しみる痛みが起きるということは、何らかの原因でエナメル質が削れたり、はがれている疑いがある。

 知覚過敏に詳しい歯科医院キャビネ・ダンテール御茶ノ水(東京)の安田登院長は「エナメル質の下の象牙質には細かい管がたくさん開いていて、さらに奥にある神経(歯髄)につながっている。

エナメル質がないと、飲食時の冷たい、熱いなどの刺激が、その管を通じて直接、神経に伝わってしまうのです」と、しみる痛みの起こる仕組みを説明する。

 ■欠ける・溶ける病態も
 象牙質がむき出し状態になる原因には、歯の病気では、虫歯でエナメル質に穴が開いている、歯周病で歯肉が下がっている場合に起きてくる。

 また、自分では気づかず無意識に歯に無理な負担をかけて起こるケースもあるという。

 「睡眠中の歯ぎしりや日常的な噛みしめのクセがあると、歯の歯肉近くのエナメル質の薄い部分が欠けて飛んでしまうことがある。そのような人はなぜ歯がしみるのか、知覚過敏に気づきにくい」(安田院長)

 もうひとつは、エナメル質が溶けてしまうケース。日頃から口にしている飲食物には酸が入っている物が多く、普通の食生活を送っていても、知らないうちにエナメル質を溶かしている可能性もあるという。「酸蝕歯」という病態だ。

 ■早期に歯科で指導を
 知覚過敏は「我慢できる」「すぐ治まる」などの理由から放置されがち。だが、歯を守る役目のエナメル質が失われる事態は、いずれ歯を失う悪い口腔内環境が進行中であることはあきらか。歯がしみ出した時点で原因を突き止め、対策をとることが肝心だ。

 歯科医院では原因に合わせて、正しいブラッシング、飲食習慣の改善、噛みしめなどのクセの治し方などの指導が行われる。歯磨き時には、市販の“硝酸カリウム入り薬用歯磨き粉”を使うと神経細胞の周りに膜が作られ、歯のしみる痛みが予防できるという。それでもダメなら、象牙質の管を塞ぐ塗布剤を使った治療が行われる。

 安田院長は「知覚過敏がひどいと神経を取るケースもある。歯がしみるようになったら、早めに歯科から指導を受けてもらいたい。日常の歯の管理が最も重要になります」とアドバイスする。

《知覚過敏の症状と原因》
■症状の特徴
冷たい、熱い、甘い、酸っぱいものを飲食すると歯がしみる。痛みは一時的で持続しない。
■主な原因
★虫歯や歯周病
★歯ぎしりや歯の噛みしめ
★酸性の飲食による歯の侵食
※上記のような原因で歯表面のエナメル質が削れたりして、象牙質がむき出しになると発症する。

HIV・エイズの治療は劇的進歩 ただ差別を恐れる現実も


ここ数十年でHIV・エイズの治療は劇的に進歩を遂げた。一方で、いまだに患者を取り巻く社会状況は厳しいのが現状だ。HIV・エイズと共に生きる人たちやその周りの人たちを支援する「NPO法人ぷれいす東京」の生島嗣代表に話を聞いた。

*  *  *

 私たちの活動は主に三つに大別され、HIV感染者(陽性者)やパートナー、家族への「直接支援」、HIV・エイズについて情報提供する「予防啓発」、全国調査や冊子を作る「情報発信」です。

 HIV感染者の多くが自分たちの気持ちを吐き出す場を求めています。そのため、私たちは「マイノリティーの中のマイノリティー」が出会える場の提供をしています。

例えば、「40代以上の男性限定」や「感染を知って6カ月以内の人」などの細かいグループを設定して同じ立場の人たちが本音で相談し合える場を提供しています。

 私たちがおこなった調査によると、10年間で服薬の回数は大きく変化しました。10年前は服薬回数が1日1回の人が2.3%でしたが、昨年は1回の人が58.1%まで増加しました。これは治療方法が進歩したことを表していると思います。

その一方で、10年間で変化がなかったのが感染者における非就労者の割合です。10年前の割合が24.2%でしたが、昨年も23.3%とほぼ横ばいでした。

これは、治療は進歩していても、まだまだ社会的な風当たりは厳しいということを意味しています。特にHIV感染者の医療関係や介護関係、食品関係の人たちからは、仕事を続けていいのかという相談が多く寄せられます。

 HIV感染者と共に働くことで周囲への感染は起こりません。しかし、差別を恐れて実際に病気を伝えていない人が多いのが実態です。世代によりますが、周囲の人がこの病気を深刻にとらえすぎてしまうことも問題です。

私たちの調べでは仕事場で病名を隠すことで精神的に負担を感じる人が約6割もいました。

 自分の職場や周りの人から、陽性であることを伝えられた場合に必要なことは、特別な配慮でなく、プライバシーを守ることだけです。HIV感染者は長期に働ける時代になりました。そっと見守る態度が、感染者たちの働きやすさにつながるはずです。

HIV「薬で撃退」は本当か 海外で“治癒”報告相次ぐが


■手軽にできる眠気覚まし6種

 日中に眠気と闘わなくてよいように、夜、十分な睡眠をとることが基本ですが、そうも言っていられません。ここでは頑張るビジネスパーソンのために、手軽に目立たずできて、効果が実証されている眠気覚ましの方法をご紹介します。

□1:日光浴

 強い光には眠気を覚ます効果があります。外で直射日光を浴びれば、一気に眠気が減ってきます。屋外に出られないときは、なるべく窓際へ行って外を眺めましょう。太陽の光はタダで毎日、利用できるのがうれしいですね。夜はコンビニエンスストアなどの明るい店で買い物をすると、睡眠ホルモンのメラトニンが減って眠気が和らぎます。

□2:会話

 一人で仕事をしていると、いつのまにか眠りに落ちてしまうことがあります。そんなときは何でも良いですから、上司や同僚に相談をしてみましょう。人の話を聞いて考え、自分が話すことで、脳のいろいろな部分が働き始めて眠気がなくなります。コーヒーブレイクでの楽しいおしゃべりも効果的です。

□3:カフェイン

 目覚めている時間に比例して、脳に睡眠物質がたまってきます。睡眠物質が増えると、脳が休もうとして眠気が強くなります。カフェインは、脳にたまった睡眠物質の働きをブロックして、眠気を感じなくしてくれます。ただし、効くまでに30分ほどのタイムラグがあるので、早めにとるのがオススメです。

□4:アイソメトリックス

 関節を動かさずに筋肉を収縮させる運動が、アイソメトリックス(等尺性運動)です。ほかの運動と同じく、交感神経が活発になり血圧や体温も上がるので、目がさえてきます。胸の前であわせた両手を押し合ったり、こぶしを力いっぱい握ったりする運動なので、退屈な会議でも目立たず実行できます。

□5:かむ

 ガムやスルメ、塩昆布などをかんでいると、目が覚めてきます。これはリズムよくかむことで、脳を目覚めさせるセロトニン神経が活性化されるためです。ガムの場合、刺激が少ないものでも覚醒効果がありますが、ミントなどの刺激があるものはさらに効果的です。

□6:冷水での洗顔

 冷たい刺激が交感神経を活発にして、覚醒度を上げてくれます。冬なら外に出て冷たい風に吹かれると、同じ効果があります。冷たい刺激には即効性がありますが、作用時間が短いのが残念なところです。

 眠気を減らすには、脳のエネルギー源であるブドウ糖を補充することも大切です。ですから、おしゃべりしながらお菓子を食べて、カフェインをとれば一石三鳥になります。セロトニンを活性化するリズム運動には、かむこと以外にウォーキングや腹式呼吸、歌を歌うこともあります。

■眠気に身を任せて居眠りするなら

 眠気にはリズムがあります。1日の中でもっとも眠気が強くなるのが、午前2~4時ごろです。この眠気のピークのために、私たちは夜に眠るのです。もう一つ、午後2~4時にも眠気のピークがきます。こちらは午後の居眠りを誘います。

 日本では会社や学校での居眠りを良いことと思う人は、まだ少数派です。しかし、本当にできるビジネスパーソンは、うまく昼寝(パワーナップ)をとっています。また、人生を楽しむ人が多い南ヨーロッパや熱帯地方では、シエスタという昼寝を習慣にしている人がたくさんいます。

 仕事中に眠気に勝てなくなったら、いさぎよく眠気に身をゆだねて、居眠りしてはいかがでしょう。トイレや公園、喫茶店などの人目につかないところで、座ったまま仮眠してください。目をほんの1分間つぶるだけでも、外界から入る視覚情報をシャットアウトして、脳をリフレッシュできます。

 少しまとまった時間が取れるなら、昼休みから午後3時までの間に、20分ほど昼寝をしましょう。

午後の眠気を先取りして、高い覚醒度を保てます。昼寝の前にカフェインをとっておくと、さらに目覚めがスッキリします。長い昼寝や夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響を及ぼすため、昼寝のタイミングや長さには注意してください。

「梅毒」8割増の原因と対策は?


厚生労働省エイズ動向委員会の調査によると、国内のHIV感染者およびAIDS患者の合計は、2012年の1449件に比べ、2013年は1590件と増加傾向にあるという。

さらに、国立感染症研究所の発表では、昔の病気といわれていたはずの「梅毒」も、毎年600~700件で推移していたが、2013年には1200件超と約1.8倍に急増しているんだとか。なぜ、性病患者が増えているのか?

「まだ増加傾向が見えてきた段階なので、詳しい原因は定かではありませんが、不特定多数との性行為や男性の風俗店通いなどが関係していると考えられます。特に、20~30代男性はもっとも盛んな年代でもあるため、感染しやすいといえます」

そう教えてくれたのは、あおぞらクリニック新橋院院長の内田千秋先生。まさに僕らの年代じゃないですか! 予防法ってないのでしょうか?

「コンドームなどの避妊グッズの使用が予防につながります。ただ、クラミジアなどは尿道や膣だけでなく、喉に菌を保有していることもあるので、オーラルセックスでうつる可能性もあります。

ですから、最大の性病対策といえるのは“定期的な検査”。性病は自覚症状がない場合が多いので検査は重要ですね」

なるほど。無意識のうちに、自分が人にうつしている可能性もあるのか…。

「そうですね。恋人や夫婦のどちらかが感染していると、互いにうつし合い、どちらかが治りかけても性交渉でまたうつしてしまう『ピンポン感染』に発展する場合も。

また、性病は母子感染し、赤ちゃんが白内障を引き起こす危険性もあるので、結婚や出産を考えているカップルは検査を受けることをオススメします。当院では、カップル専用の『ブライダルチェック』もありますよ」

確かに、将来を考えたら検討の価値はありそうだ。ところで、「ブライダルチェック」って何?

「男女ともに尿検査や血液検査で、すべての性病を調べる精密検査です。当院の場合、結果が出るまでに1週間程度かかりますが、結果はウェブサイトにアップされるため、再来院の必要はありません。

ただ、性行為から日が経たずに検査をしても正しい結果が出にくいので、性行為から1カ月~1カ月半ほど空けて、受けに来てほしいです」

ちなみに、検査は5万円程度で受けられるそう。性病検査というと少し行きづらいが、彼女や将来の家族のためを考えたら、詳しく調べておいて損はない…!

【気になるこの症状】気胸 胸や肩の痛みが長く続けば注意


気胸は肺から空気が漏れて、肺が縮む病気。昔から気圧変化の影響で秋から冬にかけて発症が多いといわれる。

放置すると肺の機能が低下したり、場合によっては生命の危険さえある。胸や肩の痛みが続いたら、X線検査で調べてもらおう。

 【肺の悪い人は注意】

 気胸は、肺の表面にブラと呼ばれる風船のようなものができて、それが破れて発症する。神奈川県立循環器呼吸器病センター(横浜市)・呼吸器外科の田尻道彦副院長が説明する。

 「ブラは肺の弱い部分にできやすく、なぜできるのか正確には分かっていません。破れて気胸を発症しやすいのは、成長期(13-25歳ぐらい)のやせ形で胸板の薄い男性。年配者では、肺気腫や間質性肺炎など肺に基礎疾患があると発症しやすくなります」

 喫煙や運動、気圧変化、激しいせき、管楽器演奏などで肺に負担がかかるとブラが破れる要因になるという。

 【無症状から死亡まで】

 肺の空気が漏れると、行き場のない空気が肺を覆っている胸膜の内側にたまり、次第に肺がつぶれていく。そのため別項のような症状が現れる。

 「軽度なら無症状で気づかないで自然治癒する場合もあります。胸痛は激しい痛みではなく、何となく痛い感じがする。胸の痛みは肩に放散するので、肩の痛みとして感じる人もいます。それに肺が縮むので、大きく息を吸えなくなります」

 胸膜が刺激されるのでせきも出る。風邪やぜんそくと思い込んで放置すると、つぶれた肺が元に戻らなくなる無気肺になる可能性があるので要注意だ。

 「最も怖いのは、漏れた空気が心臓の方まで圧迫する緊張性気胸です。血流が心臓へ戻ってこられなくなって、急激な血圧低下のショックで意識を失う。緊急に空気を抜かないと死亡する危険性があります」

【中等度以上は入院】

 気胸かどうかは胸部X線で分かる。肺の頂上が鎖骨より上にあれば軽度。鎖骨より下なら中等度。重度は肺がほとんど縮んで白くなっている。治療は、軽度なら安静にして経過観察をする。

 「通常、中等度以上は入院して胸腔(きょうくう)ドレナージを行います。直径3-4ミリの管を胸や脇の皮膚を切って設置し、空気排出装置などでたまっている空気を吸引します」

 ドレナージで漏れが止まらない場合や2回目以降再発した場合には手術の適応になる。現

在は胸腔鏡下手術が一般的で、脇の部分を3カ所切り、そこから内視鏡と道具を挿入してブラを切除して縫い合わせる。傷は大きい方で1-2センチ、小さいもので3ミリ程度なので、2-5日で退院が可能だ。

 「術後の注意点は、肺に負担のかかることはやめる。運動や飛行機の搭乗は1カ月後ぐらいからできます。術後3年ぐらいまでは再発しやすいので注意が必要です」

《気胸の主な症状》
・胸の痛み
・大きく息が吸えない
・せき
・肩が痛い(放散痛)
・動悸(どうき)や頻脈
・無症状の場合も多い
・重症化すると血圧が低下して意識を失う

【気になるこの症状】眼精疲労 その不定愁訴の原因は合わないメガネかも


今日から10日まで「目とメガネの旬間」。メガネやコンタクトレンズの度数が合っていなかったり、必要なのに裸眼で生活していると眼精疲労の原因になる。中年以降は老視も進むので、目の疲れを感じたら眼科できちんと診てもらおう。

 【遠視の人が危ない】

 メガネによる矯正が必要になる屈折異常は「近視」や「乱視」だけでなく、「遠視」も同じ。加えて40代に入れば調節異常の「老視」対策も大切になる。屈折・調節矯正を専門分野とする梶田眼科(東京・田町)の梶田雅義院長は「目に自信のある人ほど眼精疲労を起こしやすい」と警告する。

 「メガネは『よく見える』だけではなく、目の負担を軽くして『楽によく見える』ための矯正器具です。遠視の人は近くを見るとき、近視の人よりも目に大きな負担をかけています。しかし、普通に見えるので自分では気がつかないのです」

 特に、近方視のPC作業とスマホの普及で眼精疲労が増えているという。

 【自律神経が乱れる】

 屈折や調節の異常による目の負担は、最初は疲れ目の症状から始まるが、疲労を放置すると蓄積が進んで眼精疲労へと進展する。体にも症状が現れるのは、目は自律神経と直結しているからだ。

 「意識せずにボーと見ているときに、ピントが合っているところを『調節安静位』といいます。

正視眼では1メートルくらいの距離にあって、ここより遠方にピントを合わせるときは交感神経が、近方にピントを合わせるときには副交感神経が活発に働きます。眼精疲労はこの自律神経のバランスを崩す原因になり、体にもさまざまな不定愁訴が現れると考えられます」

 梶田院長自身も遠視で、若い頃は肩こり、冷え、旅先の不眠などの症状に悩まされていたが、35歳のときにメガネで矯正してから症状が現れなくなったという。

 【矯正の処方は眼科で】

 メガネを変えたことが眼精疲労の原因というケースも少なくない。しかし、症状として変化が現れるまで3カ月から半年くらいのタイムラグがある。そのため本人はメガネが原因とは思わない。

 「メガネやコンタクトレンズの度数を変えるときも、きちんと眼科で矯正の処方をしてもらうことが大切です。専用の解析装置で調べれば、いま見えづらい原因が目の筋肉の疲れなのか、老視なのか数値化されてはっきり分かります」

 メガネを2本、3本と使い分けるのも目に負担をかける。生活に合わせた遠近両用の累進屈折力レンズ1本で対応した方が目にはいいという。

 「最も重要なのは近方視対策。40代から60歳くらいまでは老視が急速に進むので、1-2年に1回は眼科で目とメガネの相性をチェックしてもらってください」

《眼精疲労の主な症状》
【目の症状】疲れる、痛い、かすむ、ピントが合いにくい、乾いて涙が出る、しょぼしょぼする、充血など
【体の症状】肩こり、後頭部の痛み、頭痛、めまい、吐き気、だるい、不眠、集中力の低下など
※上記のような症状がひと晩寝ても軽減せず、慢性的に続く

男性に聞いた! もしも性病にかかっていたら彼女に打ち明ける? 「はっきりと言う」「言わずに治療する」


性病にかかってしまったとき、カッコ悪さから言い出せない男性も多いと思いますが、それを彼女にうつしてしまうかもしれないとなったら……さすがに打ち明ける? それとも打ち明けない? 社会人男性に聞いてみました。

Q.社会人男性に質問です。もし、あなたが性病にかかっていたら、すぐ彼女に打ち明ける?

「すぐに打ち明ける」50.0%
「言うのをちゅうちょする」28.9%
「だまっている」7.9%
「何も言わずに別れる」13.2%

■「すぐに打ち明ける」

・「感染させて相手に迷惑を掛けるのが嫌だから。向こうが感染源と考えられる場合も、それは伏せるようにして伝える」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「打ち明けて、すぐに治療を行い、分かってもらう」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分だけの問題ではないのではっきりと言う」(31歳/機械・精密機器/技術職)

自分がかかってしまったということは、彼女も同じ病気にかかっている可能性もあるということ。どちらが原因かはさておき、彼女にまずは現状を知ってもらうために「すぐ打ち明ける」という男性も多くいました。

女性としては、ほっとする結果ですね! どんなに打ち明けにくい問題でも、2人で現状を知り解決しなければならない問題って、あります。

■「すぐに打ち明ける」

・「隠すと大変なことになりそうなので」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「彼女が大事だから」(27歳/金融・証券/専門職)

・「恐ろしいから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

隠すと後が怖いので、正直に話すという男性もいました。隠していても女性が異変に気づいたら、いずればれること。

それに彼女に問い詰められて自白するパターンと、最初に言ってしまい彼女のことを労わる姿勢を見せるのと、どちらの印象がいいかといえば言うまでもありません。

■「言うのをちゅうちょする」

・「まずは自分の病気を治しにいきます」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「変なところで遊んだのがバレてしまうから」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「完治するのなら、完治させて黙っておきたいから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

感染性の病気の場合、自分だけが治してもあまり意味がないような……気もするのですが、男性の場合は「浮気を疑われる」「変なところで遊んだのがばれる」ことが怖くて、ひとりだけで治療に行ってしまうケースもある様子。

理由はこの際置いておき、彼女の体のためにも教えるだけは教えてあげましょう。

■「だまっている」「何も言わずに別れる」

(だまっている)

・「言わずに治療する」(26歳/通信/技術職)

・「言うと何か疑われる」(32歳/金融・証券/専門職)

(何も言わずに別れる)

・「絶対に言いたくない。また、感染させたくもないため、行為もせず、わかれると思う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

彼女から怒りを買うのが恐ろしいため、だまっている、何も言わずに別れることを選択する彼氏も……。

性病には潜伏期間があるものが多いため、今は何も問題がないように見えても、彼女もいずれ発症する可能性があります。理由や怒られるかどうかはさておき、まずは2人で検査と治療!です。

男性が女性に性病を打ち明けるのをためらう理由として、一番多かったのが「女性から何かを疑われるのではないか」というケース。

確かにそれは否めません(?)が、それよりもまず大切なのは彼女の体を労わるという気持ち。言いにくい内容ではありますが、言わずに大問題になるよりも早め早めのケアとカバーが大切です。

知っておきたい! 男女別、性病の初期症状


■該当する場合は要注意。すぐに病院へ!

性病は、相談しにくい病気のひとつですが、気になる症状を放置しておくのは危険。まずは、ご自身の症状が危険なものかを、下記の「性病の初期症状リスト」で確認。

そして、もし該当するものがひとつでもあれば、すぐに病院へ! 考えられる病気としては、梅毒、淋病、カンジダ症、トリコモナス症、ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)、HIV、B型・C型肝炎などです。早期発見は、より早い治癒につながっています。

■男性の初期症状

1:排尿時の痛みや、尿道からの分泌液(うみ) を認める。
2: 尿道のかゆみ、不快感
3:睾丸(こうがん)部分の腫れ、痛み
4:亀頭のかゆみやただれ
5:陰毛部周辺の激しいかゆみ
6:性器周辺の腫れ・できもの・潰瘍
7:太モモ付け根のリンパ節の腫れ
8:性器や肛門周辺に、痛みのないイボがある
9:性器周辺や太モモ、肛門周辺などに、痛みをともなう水泡もしくはそれがつぶれた潰瘍がある
10:性器に豆粒ぐらいのやわらかいコブ、もしくはそれがつぶれた強い痛みをともなう潰瘍がある
11:性器・肛門・手指・口唇などのいたみのないしこりや腫れもの
12:唇や口の中、のどにできものができた
13:全身に、ピンク色の円形のあざ、もしくは赤茶色のもりあがったブツブツがある
14:全身に激しいかゆみをともなう赤いブツブツや、ミミズ腫れのような盛りあがりがある
15:のどの腫れや痛み、発熱
16:性交後、2~4週間に、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったインフルエンザのような症状がある
17:1カ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少
18:発熱、全身倦怠感、食欲不振、吐気、濃い色の尿が出る
19:黄疸の症状(体や白目が黄色っぽくなる)

■女性の初期症状

1:おりものの増加、下腹部の痛み
2:あわ状で悪臭の強いおりもの
3:ヨーグルト状のおりもの
4:性器周辺の痛みやかゆみ
5:強い痛みによる排尿困難
6:性交時の痛み
7:陰毛部周辺の激しいかゆみ
8:性器周辺の腫れ・できもの・潰瘍
9:太モモ付け根のリンパ節の腫れ
10:性器や肛門周辺に、痛みのないイボがある
11:性器周辺や太モモ、肛門周辺などに、痛みをともなう水泡もしくはそれがつぶれた潰瘍がある
12:性器に豆粒ぐらいのやわらかいコブ、もしくはそれがつぶれた強い痛みを伴う潰瘍がある
13:性器・肛門・手指・口唇などの痛みのないしこりや腫れもの
14:口唇や口の中、のどにできものができた
15:全身に、ピンク色の円形のあざ、もしくは赤茶色の盛り上がったブツブツがある
16:全身に激しいかゆみをともなう赤いブツブツや、ミミズ腫れのような盛り上がりがある
17:のどの腫れや痛み、発熱
18:性交後、2~4週間に、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったインフルエンザのような症状がある
19:1カ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少
20:黄疸の症状(身体や白目が黄色っぽくなる)
21:発熱、全身倦怠感、食欲不振、吐気、濃い色の尿が出る

■まとめ

性器だけではなく、時に全身症状もともなう性病。感染から身を守るためにも、コンドームの利用はマスト。そして、症状を認めた際にはまよわず病院へいきましょう。

どうしよう……婦人科の異常・性病が見つかったら、彼に打ち明ける? 「黙っているのはフェアじゃない」「すぐに治るものなら言わない」


もしも万が一、自分の体に婦人科の異常・性病が見つかったら……。嫌われてしまう確率もあるだけに、なかなか言い出せない女性も多いかも? 

働く未婚女性に「もし婦人科の異常や性病が見つかったら、結婚前の彼に打ち明けられるか」を聞いてみました。

Q.働く女性に質問です。もし、婦人科の異常や性病が見つかったら、結婚前の彼に打ち明けるつもり?

「打ち明ける」58.3%
「打ち明けない」11.7%
「悩みすぎて答えが出ない」30.0%

■婦人科の異常であろうが性病であろうが、彼に真っ先に打ち明ける

・「今も心配している症状がありますが、そういったときはいつもまず先に彼に打ち明けています。性行為をしている以上自分だけの問題ではないので」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「隠しててもいずれわかること。基本的に何でも伝えているので、何かあっても伝えると思う」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「彼に隠し事をしたくないので。何年か前、膣カンジダになりました。彼にきちんと報告してどんな病気か、どうすれば治るかちゃんと話したことがあります」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

彼氏に迷惑をかけるかもしれない以上は、自分の責任として、真っ先に彼氏に伝えるという方もいました。ナイーブな部分の問題は、彼氏がいる以上は決して自分だけの問題ではありません。恥ずかしい問題でも勇気を持って打ち明け、2人で解決していく姿勢は大事です。

■自分らしくいたいから、包み隠さずに全部話す

・「黙っているのはフェアじゃないから」(28歳/自動車関連/技術職)
・「素直に打ち明けないと、だましているような気がするから」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「迷うけど、それで逃げられたらそれまでの人だったんだと思う」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

彼氏のためというよりも、隠すことが自分らしくないから、打ち明けるという方も。後ろめたさを背負い続けながら、彼氏と会うなんて、せっかくのデートも楽しめません。何より自分らしくないことをしているということが、一番気になってしまいます。

■一方で、すぐに治りそうな婦人科の異常・性病なら言わないという人も

・「治りそうな病気なら打ち明けないと思います」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「治せるようなら治して、打ち明けない」(22歳/その他/事務系専門職)
・「話しにくそうだから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

確かにこの問題、口にするのはかなり勇気がいります。ただしもし彼氏にうつる病気だった場合、後でそれが判明して大変なことになる可能性も!? 「友だちに勧められたんだけど、一度2人で検査を受けてみる?」など、遠回しな言い方でもいいので、なるべく2人で治療するのがいいでしょう。

■相手の生命にかかわるもの、ケアが必要なものなら話す

・「治療で治る性病だったら黙っているけど、エイズは言う。相手の生命にもかかわることだから。妊娠に関することは悩む」(32歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「すぐに治るものなら言わないけど、手術が必要だったり、後々ケアが必要な状態であれば話すと思う」(33歳/その他/その他)

自分だけでなく、相手の問題にもなってしまう場合は後々のことを考えても、正直に話しておいた方が安心。また2人で何でも話し合い問題を片づけるという、いい経験のひとつになるかもしれません。

ナイーブな部分の問題はなかなか彼氏に言いにくい問題ですが、「言った・言わない」で後々もめやすいのもこの問題。言いにくいことではありますがひとりで問題を背負わず、勇気を振り絞って2人で解決していきましょう。

【気になるこの症状】綿棒でグリグリ耳掃除は必要なし 外耳道炎


プールや海水浴をきっかけに、耳のかゆみや痛みの症状が続いていたら要注意。「耳に水が入ったから…」と、綿棒で耳穴をグリグリかいた後なら外耳道炎の可能性がある。耳は触らず、ただちに耳鼻科を受診しよう。

 【中耳炎の誤解】

 外耳道炎は、耳穴の入り口から鼓膜までの外耳道に炎症が起こる病気。耳鼻咽喉科「日本橋大河原クリニック」(東京)の大河原大次院長が説明する。

 「特に夏に発症が多いのは、気候的に細菌が繁殖しやすいこと。もう1つは、プールや海水浴で耳に水が入ると中耳炎になると思い込んでいる人が多いからです。

中耳は鼓膜の奥なので、外耳道に水が入っても中耳炎は起こりません。それを勘違いして耳穴の水分を取ろうと、綿棒で耳を強くかいて炎症を起こしてしまうのです」

 外耳道炎のほとんどは耳かきが原因。外耳道の表面は手足の皮膚と同じで水にぬれても自然に乾くので、あえて耳をいじる必要はないという。

 【耳かきは月1程度】

 お風呂上りに綿棒で耳掃除をする習慣の人もいるが、そもそも綿棒は耳掃除に適さない。

 「市販されている普通の綿棒は太すぎて、耳垢を奥に押し込んでしまうのです。その耳垢が鼓膜について聴こえを悪くしたり、傷つけた外耳道の炎症の原因になったりするのです」

 綿棒は「綿なので柔らかい」というイメージも、油断して力を入れてしまい傷つけてしまう原因になる。硬いが丸みがあって弾力性のある竹の耳かきの方が耳掃除には適しているという。

 「耳垢は皮脂などの分泌物が出る耳垢腺(じこうせん)のある部分にしかできません。

それは耳穴から3分の1手前ぐらいまでで、耳垢は皮膚が入れ替わるときに自然と外へ押し出されてくるので、基本的には耳掃除の必要はありません。掃除する場合は竹の耳かきで、月1回程度で十分です」

 【合併症に要注意】

 外耳道炎はかゆみや痛みが出るので、つい気になって耳をいじってしまうことが悪循環になる。ひどくなると激しい痛みや耳ダレが起こり、耳鳴りや難聴を引き起こすこともあるという。

 「炎症が長引くと傷から真菌(カビ)に感染したり、糖尿病が悪いと緑膿菌に感染して、さらに重い合併症を起こす心配も出てきます。傷から上皮が入ると皮膚が周囲の骨を溶かしながら増殖する外耳道真珠腫に進展する恐れもある。

耳にかゆみや痛みがあったら、いじらず早めに耳鼻科を受診してください」

 外耳道炎の治療は、ステロイド系消炎剤の点耳薬か軟膏(なんこう)をつけていれば1週間ほどですぐ治る。何より、普段からむやみに耳穴をいじり過ぎないことが肝心だ。

《外耳道炎に合併する病気》
・外耳道湿疹→湿疹の発症
・外耳道真菌症→カビの感染
・悪性外耳道炎→緑膿菌の感染
・外耳道真珠腫→皮膚が増殖
・耳せつ(急性化膿=かのう=性限局性外耳炎)→毛穴から細菌感染

【気になるこの症状】頑張る人こそなりやすい「鬱病」薬は結構効く、早期受診を


9月10日はWHO(世界保健機関)が制定した「世界自殺予防デー」。自殺を引き起こす鬱状態をもたらす代表疾患が鬱病だ。日本人の15人に1人は一生に1度はかかる可能性があるとされる。つらければ早めに受診しよう。

 【見極めが大切】

 鬱病は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの働きが低下することで症状が現れると考えられている。精神神経科「池上クリニック」(神奈川県川崎市)の池上秀明院長が説明する。

 「鬱病には、もともと素質を持っている人に起こる内因性鬱病と、環境変化や人間関係、嫌な出来事などが原因になって発症する鬱病があります。圧倒的に多く増えているのは後者で、誰にでも起こる可能性があります」

 しかし、2大内因性精神障害の統合失調症や躁鬱(そううつ)病でも鬱状態の症状が現れる。治療するにしても、専門医による見極めが大切になるという。

 【何となく死にたい】

 鬱病は通常、心と体の両方に症状が現れるが、中には体の症状が強く前面に出て、心の症状が目立たない場合(仮面鬱病)もある。また、気分の落ち込みが朝に重く、夕方になると軽くなるのも鬱病の特徴の1つだ。

 では、なぜ鬱病にかかると自殺してしまう恐れがあるのか。

 「抑鬱気分が強いと、特に理由はなくとも何となく生きているのが苦痛で死にたいと思う『希死念慮(きしねんりょ)』を抱くようになるのです。これは未治療の段階で強く出るので、『死にたい』と思ったら早く治療を開始することが重要です」

 希死念慮を取り除くには、やはり抗鬱薬が手っ取り早く効果的。「薬なんか効かない」と思っている人でも結構効くという。

 【生き方を見直す機会】

 抗鬱薬にはセロトニンやノルアドレナリンの働きを回復させる作用がある。最近では認知行動療法も並行して行われている。悲観的になりやすい考えや行動を医師と一緒に修正していくのだ。

 「治療では休息が非常に大切になります。頭の中でどんどん悪い方向に解釈して自分を追い込んでしまうので、せめて会社を休んでいるときぐらいは職場のことは一切考えないようにする。

周囲の支えも必要です。無理に声をかけたり、運動や旅行に誘うことはむしろ避け、ただ寄り添うだけもいいのです」

 一喜一憂せず、焦らずゆっくり治療を続けることが肝心。急に薬の服用をやめるとぶり返すことが多いので、何カ月もかけて少しずつ薬の量を減らしていく。

 「受診したがらない人も多いが、早く受診した方が治りも早く、経済的にも負担が少ない。一直線でまっしぐらに頑張っている人がなりやすいので、自分の生き方を見直すチャンスと思ってください」

 《鬱病の主な症状》
 【こころの症状】
 ・気持ちの落ち込み、憂鬱
 ・やる気がなくなる
 ・何をやっても面白くない
 ・人と会うのがおっくう、外出したくない
 ・焦りやイラツキ
 【からだの症状】
 ・眠れない
 ・食欲がなくなる
 ・不定愁訴(だるい、めまい、疲れやすいなど)
 ・性欲が落ちる

ここまで進んだ最新治療 梅毒の「ペニシリン注射薬」再認可 1950年代にショック死発生も海外で実績 「早期」なら1回の接種で終了


戦後猛威をふるった性感染症「梅毒」が、国内では2011年から再び急増し始め、昨年は約7000人の患者数が報告されている。

そんな中、世界各国で70年近く梅毒の標準治療薬として使用されている「ペニシリン注射薬(筋肉注射)」が、国内でも製造販売が承認された。まもなく発売され、臨床現場で使われる。

国内の梅毒治療は、これまで「ペニシリン経口薬(一般名アモキシシリン)」を服用する内服治療しか選択肢がなかった。なぜ、国内では注射薬が使われてこなかったのか。日本性感染症学会の梅毒委員会・委員で、「しらかば診療所」(東京都新宿区)の井戸田一朗院長が説明する。

「日本でも以前は梅毒治療にペニシリン筋注を使っていましたが、1950年代にアレルギーによるショック死が起きたことなどから使われなくなったのです。しかし、海外実績があり、患者さんにとってメリットが大きいことから、関連団体が厚生労働省に要望書を提出したのです。その検討の結果、医療上の必要性が高いと評価され、厚労省が製薬会社に開発要請して、再認可という運びになったのです」
梅毒の病原体は、「梅毒トレポネーマ」という細菌の一種で、皮膚や粘膜の微細な傷口から侵入して感染する。感染から1カ月前後で最初の症状(1期)として、感染部位の性器や肛門周辺に痛みのない「しこり」や「潰瘍」ができる。しかし、この症状は治療をしなくても約1カ月で自然に消える。

次に、感染から3カ月後くらいに2期の症状として、全身の皮膚や粘膜に薄い発赤が無数にできる「バラ疹(しん)」が現れる。この症状も半年以内に消え、潜伏梅毒に移行する。この感染から1年未満の1期と2期と潜伏梅毒を「早期梅毒」と呼ぶ。感染から1年以上経つと「後期梅毒」と呼び、3期になると炎症が全身に進行して、臓器障害が起こる場合がある。

治療は、ペニシリン系抗生物質で病原体を駆除するわけだが、注射薬は投与回数・治療期間が非常に短くて済むのが大きなメリットだ。

「経口薬では、早期梅毒で1日3回、4週間の服用が必要です。そのため患者負担が大きく、途中で服用を止めてしまう恐れがあります。一方、注射薬は早期梅毒なら外来で1回の注射で終了です。後期梅毒でも週に1回、計3回注射するだけです」

経口薬も注射薬も注意する副作用にアナフィラキシーが上げられているが、どちらも起こる頻度は極めてまれという。治療効果判定は、治療開始後1カ月ごと(半年以内)に採血による抗体検査を行い、抗体値が半分以下になれば治癒と判断される。(新井貴)

わずか20年で全世界に広まった梅毒


いま梅毒が流行っているらしい。梅毒患者は戦後間もない1940年代には20万人を超えていたが、その後抗生物質のペニシリンなどのおかげで激減、一時は患者数500人を切ったこともあるが、2011年以降増えだし2019年には6000人を超えている。

コロナ禍で以前に比べてよく手を洗うようになり、アルコールを使っての除菌等をするようになってか、風疹、おたふくかぜ、水ぼうそうなど感染症は明らかに減っているおり、インフルエンザや麻疹(はしか)は激減した。しかし性感染症はあまり減っていない。

梅毒はコロンブスとその船員が、新大陸からヨーロッパに運んだと言われている。

ヨーロッパに渡った梅毒は、たちまち広がり、多くは数か月以内に死んだというから恐ろしい。中世ヨーロッパにおいて梅毒は主要な死因の一つでもあった。

そして日本には、コロンブスがアメリカ大陸を発見してわずか20年後に梅毒患者が確認されている。交通機関の発達していない時代に、わずか20年でこの凶悪な性病が地球を一周したというのは、人間がいかにSEX好きな動物かということがわかる。

この梅毒は、かの偉大な哲学者ニーチェの脳を犯し、かのアル・カポネは刑務所に入ったときに悪化し、梅毒に脳をやられたカポネは泣き虫になり、ずいぶんといじめられたそうな。

1906年(明治39)に実質的に東大附属高校とも云われた、第一高等学校の生徒の健康診断をしたところ、実に3分の1が梅毒をはじめとする性病に感染していたという結果が出た。

驚いた全国の有名大学は、入試合格者全員の性器や肛門を調べ、梅毒など性病にかかっているかどうかを検査し、もし罹っていたら入試合格者でも、あるいは完治していたとしても「いかがわしい場所に出入りする者はエリートの資格なし」と、容赦なく落としたという。

この性病検査はなんと東大では1956年(昭和31)まで続けられ、一部の大学では1970年代まで行っていたというから驚く。

プロフィール おぐらおさむ
作家、漫画家。22歳で漫画家デビュー、35歳で作家デビュー、社会問題全般に関心が高く、歴史、時代劇、宗教、食文化などをテーマに執筆をしている。2004年、富山大学講師。 2008~2009年、JR東海新幹線女性運転士・車掌の護身術講師。空手五段。

医師国家試験に初めて合格した女性医師は夫に淋病をうつされ決心【人生に勝つ性教育講座】


 江戸から明治期にかけて、いまでは信じられないほどの梅毒が市中に蔓延していました。それを示すデータが残されています。英国の公使館付医官だったウィリアム・ウィリスが、英国外務省の依頼で日本の売春についての報告を求められた際、作製した文書です。

それには、「日本の遊女の3分の1は身売りの契約期限が切れないうちに梅毒で死亡している」「江戸では遊女の約10%が梅毒にかかっていると見られるが、横浜では少なくともその患者が2倍はいる」「日本の田舎では梅毒はまれだが、都市では30歳の男の3分の1が梅毒に冒されている」などが記されています。

 ウィリアム・ウィルスという人は、スコットランドのエジンバラ大学で医学を修めた後、1862年に駐日英国公使館の医官として来日。戊辰戦争や上野戦争の傷病兵の治療にあたっただけでなく、土佐藩藩主・山内容堂の肝臓の治療も担当しました。ほかにも病院の整備や日本人医師の育成にも携わり、幕末から明治維新にかけて日本の近代医学・医療の基礎を築き、発展に貢献しました。

東京大学医学部の前身や鹿児島大学医学部の前身を作ったことでも知られています。そのウィリアム氏が作製した報告書ですから、信頼のおけるものだと考えてよいでしょう。

 それだけ梅毒患者が多かったことを考えれば、他の性感染症の患者も多かったはずです。当然、夫から性感染症をうつされた女性も少なくなかったでしょう。じつは1885年に日本で最初に医術開業試験(いまの医師国家試験)に合格した女性もそのひとりです。現在の埼玉県熊谷市出身の荻野吟子氏は、18歳で結婚しますが、3年後に離婚。

その理由は淋病を夫からうつされたからだと言われています。当時の淋病は一生治らない病気とされ、子供が生まれないと言われました。高熱に耐え、腹痛に悩まされた末に離婚を決意したそうです。

 幸い、その後治療に成功したものの、診察台に乗って複数の屈強な男性医師に囲まれて行われる診察を経験し、「私のような女性を救ってやろうと決心した」と伝えられています。その時の恥辱が、女性が医師になるという夢すら抱けなかった時代の壁を破る原動力になったのだろうと思います。男性は、女性にそうした大きなエネルギーがあることを知っておくべきでしょう。

 ちなみに、荻野吟子医師は埼玉県の三偉人のひとりです。深谷市出身で現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公である渋沢栄一、同じく深谷市出身で江戸時代の全盲の国学者にしてあのヘレンケラーから「人生の目標」と称えられたという塙保己一と共に顕彰されています。

なお、荻野吟子医師が男尊女卑的な試験制度を変えるにあたっては、塙保己一が編纂した平安時代の律令の解説書「令義解(りょうのぎげ)」が大いに役立ったとされています。そこに女医の規程があり、それが荻野吟子医師の医師国家試験受験の突破口になったのです。

 その顛末については札幌医科大学出身の外科医で作家の渡辺淳一さんの「花埋み(はなうずみ)」(新潮文庫)に詳しく書かれています。興味がある人は一読されると良いでしょう。

(尾上泰彦/「プライベートケアクリニック東京」院長)

朝、トイレに行くと排尿痛がする…もしかしたら性病?


■朝、トイレに行くと排尿痛がする

 朝、寝ぼけ眼でトイレに行くと、尿道が滲みるように痛い……。激痛ではないので、気にならないと言えば気にならない。でも、確かにいつもと違う気がする。そのような朝を迎えられたことはありませんか?

 もし、その数日前に決まったパートナーとではなく、別の相手やよく知らない相手と性行為や類似の行為(オーラルセックス)、ディープキスをしていたら、性病に感染しているかもしれません。

 気のせいかもしれないと思い放置していると、だんだん白っぽい透明な膿(うみ)も出始めてきます。

■クラミジアとは

 このような自覚症状があったら、性器クラミジアに感染している可能性があります。

・朝、トイレに行くと排尿痛がする
・性器がむず痒い
・白っぽい透明な膿(うみ)がでる

 クラミジアは、Chlamydia trachomatis(クラミジア・トラコマチス)に感染することによって発症します。感染場所は、男性の場合は尿道と咽頭、女性の場合は膣内と咽頭になります。

 性器クラミジアの場合、男性には症状が現れやすいのですが、女性は症状がおりものが増える程度で、クラミジアに感染していることに気がつかないことがあります。

 また、咽頭クラミジアといって、のどに感染していることもありますが、こちらも症状が出にくく、気がつかないまま口から性器へ、性器から口へ感染させてしまうことがあります。

 そのためクラミジアは、男性・女性ともに最も感染患者数が多い性病となっています。

■「性病かな?」と思ったらどうすべき?

 病院に行って検査を受けましょう。男性の場合は、泌尿器科や性感染症内科(性病科)。女性の場合は、婦人科でも診療できます。

 男性の場合は、1時間ほど尿をためた後の尿検査、女性は膣の分泌物を採取して検査を行います。のどを調べる場合は、生理用食塩水でうがいし、そのうがい液で検査をします。一般的には、あまり痛くない検査と言えるでしょう。

 検査の種類は、30分程度で判明する即日(迅速)検査。もしくは、2日から1週間程度で結果が判明する精密検査があります。また、病院によっても、病院内で検査を行うのか、検査会社に依頼して検査を行うのかによって、判定日数が異なります。

■クラミジアの治療法

 日本性感染症学会によって推奨されている性器クラミジア感染症の薬は、いくつかありますが、現在では1回の飲み薬で完治する薬を勧めています。理由は、1回の服用で十分な効果が得られること。

また、7日間服用するといった薬ですと、飲み忘れや、自身の判断で最後まで薬を飲まない患者もいるためです。

■治癒確認検査も必ず行いましょう

 クラミジアに感染後、投薬治療を行ったら、必ず4週間後にPCR法(精密検査)を行うようにしましょう。病原体が確実に感染していない状態にもどっているのか(陰転化)を確認します。

また、4週間は少し長い期間に思われますが、精密検査の精度が良くなっていますので、菌の死骸に反応して偽陽性(感染が疑わしい)と判定されることを防ぐためです。

■ピンポン感染にご注意!

 自分が感染していたら、パートナーも一緒に治療するようにしましょう。いわゆる「ピンポン感染」を防ぐためです。

また、治癒確認検査が終わっていないのに性行為や類似する行為を行うと、相手に感染させてしまうことになりますので、こちらも気をつけましょう。

HIV新常識、治療すればうつさない 世界エイズデー


 エイズウイルス(HIV)に感染しても、適切な治療を受けていれば、うつすことはない――。最新の研究をもとに、こうした啓発活動が世界で広がっている。12月1日は世界保健機関(WHO)が定める世界エイズデー。

 エイズはかつて致死率の高い病気だったが、薬など治療環境が大きく進歩し、平均余命は非感染者とほぼ変わらないほどに改善した。現在は、HIVに感染しても早期に治療を始めれば、エイズの発症や症状を抑えられ、通常の日常生活を送ることができる。

 エイズ予防財団の白阪琢磨理事長は「1日1回、1錠の薬を飲めば、ウイルスを血液検査で検出されないレベルに抑えることができる時代になっている」と話す。近い将来、2カ月に1回の注射ですむようになる見込みという。

 また近年、薬でウイルス量を抑えていれば、コンドームなしの性交渉でも感染させないことが複数の臨床研究で示された。これを受け、2016年ごろから、「検出されない=Undetectable」と「感染しない=Untransmittable」の頭文字を取った「U=U」を広める啓発活動が世界で広がる。日本エイズ学会なども支持している。

 ただ、国内ではエイズに対する理解が進んでいない。内閣府が18年に18歳以上の3千人を対象に行った調査(回収率56%)でエイズの印象について、「死に至る病である」が52%、「原因不明で治療法がない」は34%に上った。

 18年に設立したU=Uジャパンプロジェクト代表の井上洋士・順天堂大特任教授は「社会の理解が、治療の進歩に追いついていない現状がある」と危惧する。同プロジェクトでは「HIVの新常識」として、「効果的な治療を続けていれば、HIVは感染しない」といった発信に力を入れる。

 厚生労働省によると、19年に報告された新規のHIV感染者・エイズ患者は計1236人。エイズが発症して初めて感染がわかる人が全体の約3割を占める。井上教授は「効果的な治療を受けるために、まずは検査にいくことが重要だ」と強調する。

猫エイズと白血病の共通点!症状と原因、治療法まで


猫エイズと白血病の共通点

治療法がなく、一度でも発症したら高い確率で命を落とす

猫エイズと猫白血病は、どちらも現段階では治療法がないため、感染し発症した場合は最終的に命を落としてしまいます。

そのため猫エイズ・猫白血病の治療法は、症状に対して抗生物質やインターフェロンの投与などを行う対症療法となります。

白血球数の減少による免疫力の低下・症状

発熱やリンパ節の腫れ、口内炎、下痢、貧血などの症状が猫エイズ・猫白血病の両方とも見られる症状です。またどちらも体を守ってくれる白血球の数が減少し、免疫力が低下します。

そのため末期状態になるとふだんでは自身の免疫力で排除でき、問題とならないはずの細菌やウイルスなどの病原体に負けてしまう日和見感染を起こします。

感染力が弱い

感染し発症すると命を落としてしまう猫エイズと猫白血病ですが、原因となるウイルス自体は感染力が弱いため、空気中に飛び散っているウイルスにより感染する、空気感染などでうつることはありません。

他の猫に感染しないように隔離する必要がある

感染猫との接触により猫エイズや猫白血病に感染します。単独飼育であれば特に問題はありませんが、多頭飼いの場合は同居猫に感染する恐れがあります。

そのため部屋を隔離させたり、食器やトイレも別々に分けたりするなど、感染しないように他の猫との隔離方法をとる対策が必要です。

猫エイズと白血病の違う所

感染経路

猫エイズの感染経路としては原因であるウイルスは、主に唾液や血液に多くあるため感染猫に咬まれる咬傷により感染します。

その一方で猫白血病は猫エイズと同様にウイルスが唾液や血液にありますが、涙や排泄物などにも多く含まれています。

そのため、猫白血病は感染猫による咬傷による感染のほかに、感染猫との舐め合いによるグルーミングや食器の共有などでも感染することがあります。

そのため、多頭飼いの場合は他の猫に感染しないように注意する必要があります。

ワクチンによる予防

死に至る恐ろしい猫エイズと猫白血病ですが、猫白血病に対してはワクチンで予防することができます。
一般的な猫のワクチンは、コアワクチンである猫汎白血球減少症(猫パルボ)・猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症の3つの感染症を防ぐ3種混合ワクチンなため、猫白血病は入っていませんが、4種や5種・7種混合ワクチンに猫白血病が入っています。

猫の白血病はうつるため、同居猫がいる場合は感染させないようにワクチンを接種する必要があります。猫白血病はコアワクチンではないため、獣医師との相談してワクチン接種による予防を行いましょう。

猫エイズにつきましては以前販売されていましたが、強い副作用があるため販売中止になったことがあります。

寿命

命を落とす感染症ですが、猫エイズの場合は発熱やリンパ節の腫れなどが起こる急性期のあと、症状が出なくなる無症状キャリア期に入ります。

潜伏期間が約4〜5年といわれていますが、強い病原体ではないため、中にはその後発症しないまま生涯を過ごすことがあります。

また健康な状態であれば、自身の免疫力で抑え込むことができ、発症するまでの時期もそれぞれ個体差がありますが、感染してから発症後の寿命は短くても5年程といわれています。

猫白血病も病原体が弱いウイルスなので感染しても自己の免疫力でウイルスを排除することができ、軽い初期症状の後の潜伏期間から発症しないケースもあります。

しかし、原因であるウイルスを排除できなかった場合、ほとんどが2〜3年以内に発症し命を落としています。年齢が若いほど発症率が高いですが、特に子猫の場合はほぼ100%発症し亡くなります。

猫エイズと白血病の検査方法

猫エイズや猫白血病に感染しているかどうかは、原因であるウイルスに対する抗体ができているか調べます。

猫の血液を採取し検査キットで調べることができ、猫エイズ・猫白血病一緒に検査できます。ですがそれぞれ、検査するタイミングによって感染しているのにも関わらず「陰性」である場合がありますので、検査する時期に注意する必要があります。

猫エイズの検査方法

猫エイズの場合は、一般的に感染してから約60日以降の検査で抗体の検出することができるといわれています。

抗体ができるまで1か月〜2か月ほどかかるため、感染した直後に検査しても「陰性」になることがあります。

また母猫が猫エイズに感染していた場合、胎盤や母乳により子猫に抗体が移行することがあります。そのため子猫が猫エイズに感染していなくても、陽性反応と出ることがあります。

母親からの母乳を通して子猫に免疫を分け与えるため、その免疫力によって自然消滅するのが生後6か月以降になりますので、子猫に猫エイズ検査を受ける際は、生後6か月以降がベストな時期なのです。

猫白血病の検査方法

猫白血病検査も感染した直後には「陰性」と出てしまい、陽性反応が出てくるまで大体感染してから約4週間かかります。

また、猫エイズと同様に自己の免疫機能でウイルスを排除することができるため、理想としては感染してから1か月以上経ってから検査することです。

検査費用は動物病院によって異なり、私が勤務している病院では3200円ですが、平均的に3000〜4000円くらいです。

検査キットで10分程で結果が分かるため、検査その日に感染しているかどうか知ることができます。しかし、検査時期のタイミングによっては1回の検査で正しい結果が出てくるとは限らず、再検査が必要な場合がありますので、獣医師の指示をよく聞きましょう。

まとめ

猫にかかる感染症はいくつかありますが、その中でも猫エイズと猫白血病は命に関わる代表的な感染症です。

私が飼っている猫も同じですが、日本で飼育している猫の約8割が雑種であり、野良猫を拾ってきたり保護団体から譲り受けたりして飼育しているケースが多いです。

日本にいる野良猫のおよそ10%が猫エイズや猫白血病に感染しているといわれているため、野良猫を拾ってきたり、譲り受けてもらったりした場合はウイルス検査をする必要があります。

この2つの感染症は発熱やリンパ節の腫れ、口内炎など現れてくる症状が似ています。また免疫力が下がってしまうため、やがて体が細菌やウイルスなどの病原体に負けてしまい日和見感染を起こします。

そして残念ながら現段階ではどちらも治療法がないため発症した場合、最終的に命を落としてしまいます。

動物病院にて感染しているかどうか調べることができます。
ほとんどが血液を採取し、検査キットを用いて調べますが、タイミングによっては感染しているのに「陰性」と出たり、逆に感染していないが「陽性」と反応したりと、1回の検査で正確に出てこないことがありますので、獣医師からの指示をよく聞いておきましょう。

治療法がありませんが、病気に対する抵抗力をつけ、負けないように猫にとってストレスのない過ごしやすい環境を整えてあげましょう。
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ