あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■歯・歯ぎしり・目・コンタクト・鼻・耳・老眼・口
1

お茶ですすぐ?はちみつを塗る?口内炎を早く治す方法

口内炎は一度なってしまうと、食べるたびに口の中が痛み、とても厄介なものだ。一般的な対処法としては、栄養を補給し、よく眠って疲れを取るなどがある。しかし口内炎を早く治すための方法として、蜂蜜やヨーグルトがいいという噂もある。果たして、それはどれくらい有効なのだろうか? 口内炎の原因と共に、皮膚科医に口内炎を早く治す方法について聞いてみた。

■口内炎の4つの原因

口の中に突如としてできる口内炎。なにげなくできるその口内炎は、果たして、どんな原因でできるものなのだろうか?しのぶ皮膚科の院長、蘇原しのぶ先生に聞いた。「口内炎とは、体や胃の調子が悪い、食生活が乱れて栄養が偏ることなどが原因で、口の中で炎症を起こしている状態です。具体的な原因としては、主に次の4つがあります」

●免疫力が落ちている
・規則正しい生活や食生活ができていない
・夜きちんと眠れていない
・ビタミン・ミネラルが足りない
など

●口の中が不潔で菌が繁殖している
・虫歯や歯周病で口の中に菌が繁殖した
・喫煙によってばい菌が増えた

●口の中が傷つき炎症が起きている
・熱いものを飲み、口の中にやけどを負った
・口の中を噛んでしまった
・魚の骨が刺さった

●病気の症状の一つとして起きている
・内臓系の病気(ベーチェット病など)
・ウイルスの感染症(ヘルペス・手足口病など)

■口内炎を早く治すための自宅でできる対策

口内炎は、一度できてしまうと、食べるときや喋るときに痛み、気になる一方で、わざわざ病院に行くまでもないところもある。しかし、そのわずらわしい時間を少しでも短くするために、家でできると噂される口内炎対策がいくつかある。それらは、どれくらい有効といえるのかを、しのぶ先生に聞いてみた。

●うがい薬で口の中をすすぐ
「免疫力の低下などによる口内炎を早く治すには、口の中を清潔にしてビタミンなどを取り、よく眠って免疫力を上げるのが基本的な対策です。うがい薬でくちゅくちゅぺっとして口の中を殺菌して、清潔にすることは最もおすすめです」

●蜂蜜を塗る
「昔から、傷口には蜂蜜を塗るといいといわれます。しかし、塗れば口内炎が治るとは言い難いところがあります。ただ、蜂蜜は刺激が少なく、傷を覆ってくれるため、悪くはないでしょう」

●梅干し・塩を塗る
「これらは傷口に染みると思いますので、むずかしいでしょう。食事にも言えることですが、口内炎ができているときは、できるだけ刺激の少ないものがおすすめです」

●ヨーグルトを塗る
「ヨーグルトを摂取すると、口の中と胃に膜ができるため、はちみつと同じように、一時的に傷が守られるメリットはあるでしょう。腸の調子を整える意味でもいいかもしれません」

●お茶で口の中をすすぐ
「お茶には殺菌力があるため、うがい薬がない場合に代用するのにはおすすめです。ただ、熱さには気をつけてやけどをしないように」

しのぶ先生によれば、基本的に「口の中のばい菌を殺すもの」「口の中に刺激が少ないもの」が良いらしく、特にお茶や蜂蜜、ヨーグルトは良いのではないかとのこと。しかし、口内炎ができているときに、あまり口の中でいろいろなことをしてしまうと、ばい菌が増えるリスクがあるという。これは覚えておきたい。

■口内炎の皮膚科での治療法は?

口内炎ができたときには、皮膚科にかかるのが一般的。しのぶ先生によれば、実際、皮膚科では次のようなものを処方しているという。

・ビタミンBやビオチン
・染みにくいうがい液
・傷口に塗る軟膏
・傷口に貼るシート

「基本的にビタミンBの栄養剤を出し、口内炎が染みにくいうがい液で口をすすいでもらいます。場合によっては、直接、口内炎の患部に塗る軟膏やシートを出すこともあります。ただ、口内炎を何度も繰り返すという場合、病気が原因のこともありますので要注意です。気になるようなら、一度内科を受診してください」さらに、食生活については次のように指導しているという。

「病気や外傷とは関係のない口内炎は、主に免疫力の低下や食生活の乱れによって起きます。食事ではビタミンが豊富に含まれる色の濃い野菜を中心に摂取し、全体的に栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。」一度できると不自由の多い口内炎。できるだけ早く治すためにも、症状に応じて自宅ケアと皮膚科受診をうまく選び分けたい。

(監修・取材協力)
蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生

専門医に聞け! Q&A 睡眠時無呼吸と緑内障

 Q:初期の緑内障ですが、視野の欠損はほとんどなく、眼圧を下げる目薬を使用しています。実は私は太っていて、就寝中にいびきをかくし、妻によると呼吸が一時的に止まることがあります。無呼吸の治療はしていません。これと緑内障は関係があるのでしょうか。
(46歳・学習塾経営)

 A:睡眠時無呼吸症候群の患者が緑内障を発症する率は、正常な人の約10倍も多いことが以前から分かっていました。しかし、その理由がなかなか解明されていないままで、「眼圧が高くなることで視神経が圧迫され、ダメージを受けて緑内障を発症する」という説が有力でした。 それが解明されたのが2016年で、北海道大学大学院研究科の新明康弘助教の研究グループが、この二つの病気の関係を解明する論文を米国の科学誌に発表したのです。

●運動習慣だけで眼圧が低下
 研究チームは、使用できるようになった新しいコンタクトレンズ型眼圧計を使って睡眠中に、5分ごとに30秒間の眼圧を測定し、さらに脳波、呼吸数、心電図、いびき、酸素飽和度などを測定。その結果、無呼吸発作時は気道閉塞によって息が吸い込めなくなるため、胸腔内圧はむしろ下がり、眼圧も下がっていることが判明しました。この調査の結果から、「無呼吸発作は眼圧と同時に血中酸素飽和度も下げるため、緑内障発症に影響している」との結論が導かれたのです。

 ご質問の方は、耳鼻咽喉科で睡眠時無呼吸の検査を受けたほうがよいでしょう。また、太っているとのことですが、肥満は睡眠時無呼吸症候群の原因の一つです。最後に緑内障に関する情報を紹介すると、九州大学が、1871名を対象に1週間あたりの運動回数、運動時間と5年間の眼圧変化について検討した研究があります。その結果は、「運動の回数の増加、運動習慣の延長にともない、眼圧は有意に低下した。運動習慣と眼圧低下との関連は他の危険因子の影響から独立することが示唆された」と報告されています。前述したように生活改善が求められますが、毎日運動として、最低1万3000歩ほど歩くようお勧めします。

山口康三氏(回生眼科院長)
自治医科大学卒業。眼科医、漢方内科医。食事、運動、睡眠などを改善する生活改善療法を指導し、眼科の病気や生活習慣病の治療に成果を挙げている。日本綜合医学会理事長。

近視の人は老眼鏡が不要? 老眼との上手な付き合い方

最近、視力が落ちてきた? 読者が気になる「老眼」について、その症状と対策などを光本拓也先生に教えてもらいました。調整力は年齢と共に右肩下がりに。目的に合った眼鏡選びも大切!

◆具体的にはどんな症状?

一般的には“老眼”といわれていますが、専門的には「老視」といいます。「手元がはっきり見えない」「目がかすんで、スッキリしない」「見え方の質が悪くなった」「焦点(ピント)が合うまでに時間がかかる」といった症状が出ます。

◆原因は何ですか?  

加齢に伴う目の調節力の低下です。調節力とは、遠くや近くに焦点を合わせる力のことで、年齢と共に右肩下がりに落ちていきます。 目の中には、水晶体という透明で柔らかいレンズ形の組織があります。このレンズを、毛様体という筋肉が、引っ張ったり緩めたりして水晶体の形状を変化させ、ピントを合わせます。その調節力が弱くなったり、水晶体が硬くなったりすることが原因と考えられます。個人差はありますが、だいたい40代後半から症状が出てきます。

老眼にならない人はいませんが、近視の人の中には老眼鏡がなくても裸眼で新聞が読める人もいます。また、スマートフォンや書類などを頻繁に見る人は、老眼を自覚する機会が多いでしょう。

◆ほかの病気の可能性も?

人はピントが合った映像を無意識に見ていますが、実はそのためには、網膜や脳、瞳の大きさなどが、瞬時に協調し合う必要があります。目の不調を単なる老眼だと思い込んでしまったばっかりに、ドライアイや緑内障など、治療が必要な病気を見過ごす恐れもあります。中には、眼底出血が見つかり、糖尿病や高血圧症の可能性も考え、内科に紹介することもあります。 

◆何か対策は?

根本的な治療法は、まだ見つかっていません。老眼で困る場合は我慢せず、自分に合った矯正方法を生活に取り入れましょう。 対策として眼鏡やコンタクトを作る前に、“何をする時に使うか”をはっきりさせるのがコツ。遠近両用の眼鏡といってもレンズの性能によって使いやすさが変わるので、自分に合った眼鏡を選ぶことも大切です。

◆取材協力
福田眼科二丈クリニック 院長 光本拓也先生

一度なると治らない!? 眼科医が教える即効ドライアイ対策法5つ

日本眼科医会が、パソコン端末作業者1,025人を対象にした調査によると、パソコンなどを常時利用するオフィスワーカーのなんと75%に、ドライアイの可能性があるとしています。

まさに現代の国民病ともされるドライアイは、一度なってしまうと完治が難しく、目の病気や老化を早めてしまう恐れがあります。

そこで今回は、眼科医の服部匡志先生の著書『老ける老けないは目で決まる!』から、ドライアイにならないためのポイントを紹介していきましょう。

■1:ディスプレイは必ず見下ろす

服部先生曰く、「ドライアイは、現役世代にとっては他人事ではない、非常に身近な病気だと言えます。ドライアイは、老化現象のひとつとしても引き起こされ、高齢者における有病率もかなり高いのです。また男性よりも女性の方がなりやすいことも、特徴のひとつです」と話します。

オフィスでできる簡単な予防法としては、まず、パソコンのディスプレイを見下ろした状態で作業すること。ディスプレイを見上げている時には、上瞼が通常よりも大きく開かれています。そのため涙が蒸発しやすく、角膜上にドライアイスポットができやすいのです。

また、ゲームを長時間したり、暗い場所で明るい画面を見続けのはNG。パソコンやスマホ自体の使用を減らすよう意識しましょう。

■2:オフィスでは湿度に注意

オフィスは一般的に、乾燥した環境にあります。個人用の加湿器を用いるなど、保湿を心がけましょう。乾燥はドライアイを招きがちです。

コップ一杯の水や濡れタオルをデスクの上に置くだけでも、周辺の湿度はかなり変わるのでおすすめです。

■3:就寝前にディスプレイを見ない

日中、酷使した目の疲れは、睡眠時間中にリセットされます。ディスプレイから発せられる強い光の影響で、脳内で眠気を引き起こすメラトニンというホルモンの放出が妨げられることが、科学的にも確かめられています。

そのせいで睡眠が十分でないと、前日の疲れを翌日に持ち越してしまい、眼精疲労を助長させ、またその他の目の病気も引き起こしやすくなります。

特に就寝の30分前はテレビやPC、スマホをオフにしましょう。

■4:間接照明にする

人間の網膜は、青色の感度があまりよくありません。そのためLED照明の場合、白色光であっても、実は想像よりも青色光の成分に晒されているケースが多いのです。

ただLEDやブルーライトに関しては、まだはっきりわかっていないのが現状。リスクが気になる人は、白熱灯や間接照明にするのがよいかもしれません。

■5:海や川ではサングラス

欧米では、外出する際にサングラスをかけるのが一般的です。アジア人は虹彩が濃い色の場合が多いので、紫外線に対しては耐性が強いと言えますが、白目の部分や水晶体、網膜や硝子体などは、アジア人も欧米人も同じ色をしています。これらの部分まで欧米人と比べて、紫外線に強いということはありません。

炎天下で農作業を行う赤道直下のベトナムでは、紫外線で白内障になる人が多いのです。日本の太陽はそこまで厳しくありませんが、照り返しがあるとベトナムに匹敵するほどの照度になります。

サングラスなどで目を守るよう対策しましょう。

ドライアイを引き起こす目の仕組みは、まだ分かっていないことも多いのです。ただ、現代的なライフスタイルに要因があるのは確か。上記のポイントを心がけ、瞳のケアをしていきたいですね。

ブルーライトの悪影響はPC用メガネでカットできる?

1日中PCの前で作業をしていて、夕方くらいになると目の疲れを感じるという人はたくさんいます。そんな人たちへの救世主ともいえる、LEDディスプレイのブルーライトをカットし、目の疲れを軽減すると言われているPC用メガネ。そもそもブルーライトとはなんでしょうか?

ここでは、ブルーライトカットのPC用メガネについて簡単に解説します。
.
◆ブルーライトとは?

パソコンのモニターはもちろんスマートフォンの画面や部屋の照明など、LEDが様々な場所に使われるようになってきたことをきっかけにしてブルーライトの存在が注目されるようになってきています。

ブルーライトというのはその名の通り青色の光です。青色の光はもちろん自然にも存在しています。これが含まれている最も代表的なものは朝日です。私たちは朝日の青い光を浴びることで覚醒した状態になります。

◆ブルーライトは睡眠に影響があるの?

しかしLEDが多様されるようになってきた影響で、朝だけでなく夕方から夜にかけても常にブルーライトを浴び続けている状態になってしまっているのが現状です。

そのため常に覚醒状態が続いてしまい、夜中に眠らなくてはいけない状態なのに寝付けないといったことや、睡眠時間は充分なのに質の良い睡眠ができないといったことが表れてきています。あまり、ブルーライトに1日中晒されている状態というのは、睡眠に悪影響を及ぼすということが分かってきているのです。
.
◆ ブルーライトカットのPC用メガネって?

特に若い世代の人は、水晶球の濁りが少ないためブルーライトの影響を強く受けてしまいやすいと言われています。そのため、PC用メガネなどで余計なブルーライトから目を保護するということが必要になってくるのです。

ブルーライトをカットするというメガネをかけていると、パソコンのディスプレイなどの光が柔らかく優しい印象になりますし、目が疲れにくいと感じる人が多いようです。それまでパソコンの使用で眼精疲労を感じていた人には特に効果的なのではないでしょうか。

また、中には覚醒する感じが弱くなったと感じている人もいるようですので、ブルーライトを浴びることで目が覚めた状態になるのを低減させることもできると言えそうです。

このタイプのメガネにはレンズにうっすら黄色の色がついたものと透明なものとがあります。より多くブルーライトをカットしてくれるのは黄色味がかったものの方ですが、こちらですと色の調整をしなければいけない作業の際には不都合が生じるかもしれません。
.
◆ブルーライトの悪影響を防ぐには?

青い光はただそれだけでは悪いものとは言えませんが、それが1日中目に入る状態になっているというのが問題と言えます。目への負担も大きくなってしまいますし、睡眠にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

そのため、パソコンの使用時やゲームをする時などにPC用のメガネを着用しておくのは、ブルーライトの悪影響を防ぐ1つの方法です。また、同時にディスプレイの明りの具合を明る過ぎない状態に調節したり、ブルーライトの少ない色で表示させるなどの工夫もしていくと効果的です。

カラコンは危ないって本当?「粗悪品もあるので注意を」

女性に人気のカラーコンタクト。ファッション・アイテムとして利用者が増えるのと同時に、重大なトラブルも増加している。

「医療機器」として承認されていないカラーコンタクトには、色素が漏れ出す、目を傷つけるなど、粗悪な製品も存在する。手入れが不十分だと目にアメーバが寄生し、失明する恐れもあるのだ。

■色落ちするカラーコンタクト?

カラーコンタクトレンズ(以下、カラコン)によるトラブルが急増しているおもな原因は、

1.眼科医の診察を受けずに購入できる

2.厚生労働大臣の承認を受けていない製品がある

3.着色/大きめサイズのため、酸素が通りにくい

だ。

コンタクトレンズは薬事法で定められた「医療機器」なので、初回は眼科医の指導を受けないと購入できない。ところがカラコンは「装飾品」として普及したため、厚生労働省の承認を受けていない製品/販売店が多く存在した。

そこで平成21年にあらためて「医療機器」として扱われるようになったのだが、「急にいわれても困る!」販売店のために2年間の経過措置がとられた。

平成23年からは製造/販売のどちらも承認が必要になっているのだが、通販でも簡単に入手できるのが現状で、承認されていないカラコンも多く出回っているのだ。

カラコンは、視力補正用のコンタクトレンズと比べて目にかかる負担が大きい。これは色と大きさが理由だ。

レンズに含まれた色素のせいで酸素の透過性が悪く、目に十分な酸素が送られない。また、瞳を大きくみせるためにレンズ径が大きい製品も多く、なおさら酸素不足に陥りやすい。疲れ目程度で済めば良いが、重度になると角膜がただれてしまう場合もある。

レンズの色素が漏れ出し、目にダメージを与える粗悪な製品もある。もちろん医療機器として承認されるはずもなく、漏れ出した色素が無害な保証はどこにもない。兆候がみられたらすぐに眼科でみてもらおう。

このほかにもアレルギーが起きた、レンズ面が荒れていて角膜や結膜がすれたなど、さまざまなトラブルが起きている。独立行政法人・国民生活センターの調べによると、2012年7~9月の3か月だけで395件ものトラブルが起きているので、「今のところ大丈夫!」で終わりにせず、承認のとれたカラコンかを確認すると良いだろう。

■手入れが悪いと失明することも!

もっとも恐ろしいのはアカントアメーバだ。

アカントアメーバが目に感染すると、充血や強い痛み、視力障害を起こす。重度になると潰瘍(かいよう)ができて角膜が白く濁り、失明することもある。土/淡水/海水と、どこにでも生息するアメーバなので、レンズを清潔に保ち、汚れた手で触らないことが肝心だ。

ソフトレンズの場合、交換サイクルは、

・毎日(ワンデー)
・2週間
・1~6か月
・期限なし(従来型)

があり、期限を超えて使用しない、定期的に消毒するのが鉄則で、これはカラコンに限らず視力補正用コンタクトも同じだ。

だが、日本コンタクトレンズ学会の資料から、重症角膜感染症を起こしたひとの、レンズの交換サイクルをあげると、

・1位 … 2週間(54%)
・2位 … 1~6か月(17%)
・3位 … 毎日(7%)

と、清潔であるはずの使い捨てタイプに圧倒的に多い。「1日ぐらい洗わなくても」的な油断が重大な感染症につながるので、説明書に従って手入れをしよう。

■まとめ

・コンタクトレンズは「医療機器」なので、厚生労働省の承認が必要

・カラコンは装飾品として広まったため、未承認の製品も多い

・酸素不足、色素が漏れ出す、角膜が傷つくなどの粗悪品もある

・レンズの手入れを怠ると、アカントアメーバで失明の可能性も!

すべてのカラコンがトラブルの原因となるわけではないが、目に違和感があるひとは、すぐに眼科医に相談しよう!

スマホやPC使いでリスク増大!若くして老眼が進行する怖い事実

起きたらすぐにSNSのチェックをし、通勤中はスマホでネットサーフィン。そして、会社では一日中パソコンに向かって仕事をこなす……という方は多いですよね。

もうお分かりかと思いますが、これでは目が休まる時間がありません。このような生活を続けていると、若くても老眼が進行するという恐ろしい事実、ご存知ですか?

今回は、若くして老眼になってしまう原因と対処法について、お話していきます。

■そもそも老眼って何?

遠くに焦点が合いにくい近視、近くに焦点が合いにくい遠視。そして、この遠視のように、近くのものが見えにくいのが老眼の特徴で、早くて30代半ば、通常で40代半ばから進行し始めます。

その原因は、”毛様体筋”という内眼筋に含まれる、水晶体を調節してピントを合わせる筋肉と水晶体の働きに関係があります。通常、遠くを見るときは、毛様体筋がリラックスしていて、水晶体は薄くなっています。反対に、近くを見るときは毛様体筋が緊張していて、水晶体は厚くなっています。

ところが、老眼の方というのは、水晶体の老化が始まり弾力性が失われているため、調節がうまくできなくなっているのです。その結果、近くのものが見えにくくなってしまいます。

また、目を酷使していると水晶体に弾力性があっても、それを調節する毛様体筋に負担がかかってしまい、老眼のような症状が出ることもあるそうなので、日常生活でも目をいたわることが大事。

下記の症状がある方は、すでに老眼注意報が発令されているかも!

(1)目から25cm以内の距離にあるものがぼやける

(2)夕方になると目が疲れて視界がぼやける

(3)涙がしみることがある

(4)頭痛や目の奥の痛み、肩がこることが増えた

■今すぐ始めて欲しい老眼対策

上記のチェックポイントは、どのくらい当てはまりましたか? では、若くして老眼にならないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

(1)こまめに視線を移す

近くのものを見てから遠くのものを見るというように、こまめに視線を移して毛様体筋を鍛えましょう。

(2)目に良いものを食べる

アントシアニン・・・あずき、黒豆、ブルーベリー

ルテイン・・・ブロッコリー、ほうれん草

ビタミンA・・・にんじん、小松菜

(3)パソコンは見下ろす角度に設定

パソコンの画面を見上げて作業をしていると、目を見開くことにより、ドライアイの原因になります。目の負担を減らすためにも、パソコン画面を見下ろす角度に設定するといいですよ。

長時間連続して作業することがないように、こまめに休憩をはさんだり、スマホの使用時間を減らすのも効果的です。

目の疲れを放っておくと、老眼の引き金になります。一度老眼になると元に戻らないとも言われているので、若いうちから目をいたわる習慣を身につけるようにしたいものですね。

コンタクトレンズ使用のリスク、気になる眼障害

■コンタクトレンズのリスク・コンタクトによる眼障害は?

 眼科医の中には、コンタクトレンズの危なさを強調されている方も一部見られます。こういう啓蒙活動も大切なことだと思いますが、自分としては、使い捨てコンタクトが普及して以来、コンタクトによる障害はものすごく減ったという印象を持っています。

 昔の使い捨てではなかった時代のソフトコンタクトレンズは、毎日きれいにしているつもりでも非常に汚れがつきやすいものでした。

ソフトコンタクトは水を吸収する仕組みになっており、中にいろんなものが入るスペースがあるわけです。そのスペースに栄養分たっぷりの涙が溜まるので、悪い菌も増えたい放題だったわけです。

1日1回で滅菌していても、少しやり方がいい加減だと、とんでもない汚物に変身してしまう……というリスクがありました。

 こういう不潔なレンズを装着し続けるのは危険です。目の不調を治療してもどんどん悪化して、ついには角膜に穴があいて角膜移植が必要になる「角膜潰瘍」のような合併症もありました。しかし、現在普及している使い捨てタイプなら、コンタクトの使用によるひどい合併症が少なくなりました。

■コンタクト傷害の一番の怖さ……角膜内皮細胞の減少

 「角膜にキズができていると言われました」とよく患者さんから聞きます。コンタクトで無理をしたからキズができた、と捉えられているようですが、実際はほとんどの場合で物理的についたキズではありません。

 「角膜のキズ」というのは、正確には「表層点状角膜炎」というもので、角膜の表面の細胞である角膜上皮細胞が、コンタクトの無理がたたって酸素不足に陥り、死んだ角膜上皮細胞がぷちぷちと脱落してしまった状態をいいます。

コンタクトで表向き問題になるのは、慢性充血やドライアイ、そして「角膜のキズ」と呼ばれる表層点状角膜炎などです。

 しかし、眼科医が一番気にするのは、コンタクトによる角膜内皮細胞の減少です。

 角膜ほど体内で透明な組織は他にありません。なぜこんなきれいな透明を維持できるかといえば、角膜の裏側に「角膜内皮細胞」(かくまくないひさいぼう、以下「内皮」)という六角形の細胞がたくさんあるからなのです。

 内皮は、1mm四方でどれぐらいあるかで密度を判定します。密度が高いほど数が多く、角膜が健康というわけです。内皮は生まれてから増えることがなく、年齢とともに減少していきます。

また、強いストレスにさらされると大きく減少します。内皮は白内障手術でストレスを受けると減ることがあるため、白内障の術前にも必ず、内皮が十分あるかチェックします。

 コンタクトについても装着すること自体が角膜へのストレスになりますので、理論的には内皮が減ることになっています。が、実は最近のコンタクトは内皮が減らないのです。

昔のような、酸素透過率の低いハードコンタクトは内皮がよく減ったようですが、最近のコンタクトは通常使用ではほぼ問題ないと思います。

ただ、コンタクトによる傷害が発生すると、内皮が減る原因となります。小さな傷害でも繰り返すことによって、知らない間に内皮が大きく減っていることがあります。コンタクト傷害の本当の怖さはここなのです。

 みなさんもコンタクトは無茶な使い方をせず、角膜内皮細胞にやさしい使用をしてもらえればと思います。

■ノーブランドの安売りカラーコンタクトレンズによる眼障害

 少し前から流行っているカラーコンタクトレンズ、いわゆるカラコンの話にも触れておきたいと思います。

 最近、コンタクトによる障害で私の病院を受診された患者さんは、ほぼ全員が安売りカラコンの使用者でした。格安のコンタクトの中には眼に悪いものがあることは間違いないようで、重症例もかなりあると推測されます。

取り返しがつかない状況になる前に、値段で選ぶのではなく、しっかりと信頼できるメーカーのカラコンを使用されることをお勧めします。

 いずれにしても、コンタクトを長期で使用する場合は、角膜内皮細胞の減少に注意してもらえればと思います。眼科で簡単にチェックできますから、1年に1回くらい、自主的にチェックしてすることをお勧めします。

朝食を抜くとむし歯になりやすい理由

「最近ストレスや緊張を感じる」「夕食の時間は21時以降になることが多い」「朝食は抜きがち」――思い当たる人は、要注意。これらはすべて、むし歯になりやすい生活習慣の例だ。

厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、夕食の時間が21時以降になる人は、20代・30代・40代男性でいずれも3割を超え、この数年で増加傾向にある。ということは、むし歯になりやすい男性が増えているわけだ。

だが、なぜこういった生活習慣がむし歯に悪いのか? むし歯のメカニズムについて、日本フィンランドむし歯予防研究会会長で神奈川県海老名市のベル歯科医院・鈴木彰院長にうかがった。

「むし歯の犯人は、口の中にいる細菌の一種である『ミュータンス菌』です。糖分を栄養にしてプラーク(歯垢)をつくり、さらに歯垢の中で糖を分解して酸を産生。

この酸によって歯の表面のエナメル質が溶け出し、“修復”されないと歯に穴が開いてむし歯になってしまいます。この修復に欠かせないのが唾液。通常なら唾液が酸を中和し、ダメージを受けた歯の表面を修復します」

しかし、ストレスなどにより交感神経が優位な時や睡眠時は、唾液の分泌量が低下してしまう。

21時以降に夕食をとるとむし歯になりやすいのは、このため。食後、唾液が十分に分泌されないうちに就寝することで、歯の修復が間に合わなくなるのだ。また、朝食を抜くとむし歯ができやすくなってしまうのも、唾液の分泌が促されないためだ。

さらに、20~30代は「歯周病にも注意すべき」と鈴木院長。歯周病といえば中高年がなるものというイメージだが…。

「歯周病は無症状で進行し、発症してから10~20年後に自覚症状があらわれます。自覚症状をおぼえるのは、主に40~50代。つまり30代で発症している人が多いのです。歯周病が進行すると、歯肉が退縮し、歯の根元(根面)が露出。

また、間違ったブラッシングで歯ぐきを傷め、『根面』が露出してしまうこともあります。『根面』はやわらかく、むし歯になりやすい部分なので要注意です」(鈴木彰院長)

日本人の歯ぐきは薄く、退縮しやすい。また、歯ぐきは一度退縮すると元に戻らないため、むし歯を発症しやすい部位がむき出しのままになってしまうわけだ。

では、むし歯と歯周病はどのように防げばよいのか? ポイントは、歯垢がつかないようにすること。そして、ついてしまった歯垢を放置しないことだという。

「歯垢を取り除くにはプロフェッショナルケアとセルフケアを使いこなすことが必要です。クリーニングでも、家で洗濯するものと、クリーニング店に持っていくものは分けますよね?

 たとえば、歯科衛生士が行う歯のクリーニングなら、自分では磨にくい歯の奥や、歯肉の奥深くまで清掃してもらえます。きちんとしたクリーニングをすれば洋服も長持ちするように、歯もきちんとメンテナンスをすれば、若々しさも保てます」

歯科衛生士や歯科医を、パーソナルトレーナーと思えばよいのだ。また、日常的にセルフケアをし、歯垢をたまりにくくすることも大事だ。

「歯垢を抑制するためには、キシリトールが効果的であることがわかっています。キシリトールは歯垢中の酸を中和し、ミュータンス菌の活動を阻害します。また、キシリトール入りのガムを噛むことで、唾液の分泌も促進します」

口内健康を保つには、定期的なプロのケアに加えて、継続的なセルフケアが大切ということ。ちなみに、毎日のブラッシングで気をつけることは?

「歯ブラシは高いものにこだわるよりも、新品を使うほうが大切。換え時は悩むものですが、まず2本買う。1本を1週間使ってみて、その次の週はもう1本の新品を使ってみる。1週間使ったものと差を感じるようであれば、それはもう換え時ということです」

1本100円として、毎週交換しても月に400円。年間で5000円に満たない。将来むし歯や歯周病になることを考えれば、安い“投資”である。生活全般を支える歯の健康。まずは日々のケアから心掛けたいものだ。

身近なモノで歯を白くする7つの秘訣!

専用歯磨き粉で朝晩磨き「輝く白い歯にしたい」という従来のホワイトニングでは、歯を過敏にしたり痛めたりすることもしばしば。化学物質を使わずに自然な歯の輝きを得るためにはまずはお口の中を清潔にすること。

ビバリーヒルズの美容歯科医が健康と美の関連性を指摘し「健康的であれば美しく見え、病気であればどんなに歯が白くても見栄えがよくない」とし、各専門家が以下の7つのホワイトニングの秘訣をあげている。
 
■必ず実行

1.歯ごたえのあるフルーツや野菜

リンゴ、セロリ、ニンジンを食べると、歯の汚れは落とすがエナメルは傷つけない。歯ごたえがあるほどよし。

2.毎日フロスでお手入れ

歯間の汚れを取り除くだけで歯は白く見える。いくら歯を漂白しても赤くはれて下がった歯茎では健康的に見えない。
 
■試す価値あり

3.食後のチーズ

チーズ、牛乳、ヨーグルトは虫歯を防ぎエナメル再生を助ける可能性を持つ。

4.キシリトール入りのガム

キシリトールは歯垢を防ぎ口腔内のpHレベルを中和し、自然の洗浄剤となる唾液生成を増加させる。但し唾液は口内に細菌を持ちこむので、毎日の歯磨きと糖類摂取を控えることも大切。
 
■効果あり?

5.チョコがけイチゴ

イチゴが歯を白くするという説も一部あるが、チョコレートのカカオ豆殻には抗菌作用があるためバクテリアを減らす効果がある。ただし砂糖を含むことに変わりはないので過度の摂取は禁物。
 
■利用の見直し

6.重曹

研磨剤効果が強すぎてエナメルにダメージを与えてしまう重曹は長期間の利用は薦められないが、市販の臨床試験済みの研磨剤入りホワイトニング歯磨き粉ならばOK。

7.お酢やレモン

アップルサイダーやお酢で歯を白くする人もいるが、エナメルにダメージを与える可能性あり。
 
歯列矯正やホワイトニングをする人が日本より圧倒的に多いアメリカでは、美しい歯を持つ人は社会的ステータスが高いとみなされる傾向まであるようで、皆歯にかける思いは格別。まずは身近にできることから試していきたい。

点眼薬に思わぬ“裏効能” 目ヂカラ人知れず向上中

東京都に住む会社員女性Mさん(53)は1年ほど前から、体のとある部分の変化に気づきニンマリほほ笑んでいる。

 きっかけは、50歳で受けた人間ドックだった。「要検査」「要受診」ばかりで、大腸ポリープも発見された。眼圧を下げる点眼薬「キサラタン」を1日1回は差すようにとお達しもあった。

「ポリープとって眼圧を薬で下げるようじゃ、『女子』とか言ってられないわ」

 と、落ち込むMさん。街でチラシをくれるのは居酒屋だけで、美容院のお兄さんからは避けられている気がしてならない。

 それから2年余りたったある日。出勤前に鏡を見て気が付いた。

「まつげ、長くなってる」

 実はまつげが短いのが若いころからの悩みだった。「目ヂカラ」なる言葉がもてはやされ、マスカラが化粧の要とされる昨今の風潮にはついていけなかったが、気が付けば、なんだか長く、濃くなっているまつげたち。

なぜ、こんな事態に? そのとき頭をよぎったのが、点眼薬についての眼科医のひと言だった。

「点眼の後、顔を洗ってくださいね」

 目の周りが黒ずんだり、まつげが濃くなったりすることがあるからという。軽く聞き流し、点眼後の洗顔もいい加減にしていた。それが予告どおりの“副作用”である。ネットで調べると、キサラタンをまつげを長くする切り札として使う人までいるという。

 残念ながら周囲の反応はなし。ただし、積年の「目ヂカラがない」という悩みに解決の兆しがあらわれ、最近のMさん、点眼後の洗顔を全くしていない。

歯科医に聞く。知っておきたい!歯の黄ばみを予防するプチ習慣「だ液で歯を磨く」

「毎日、きっちり歯磨きをしているのに歯が黄ばむ」、「周囲の人より歯が黄色い気がする」と思うことはありませんか。歯の黄ばみを予防するために、自分でできることはあるのでしょうか。歯学博士で口腔衛生がご専門の、江上歯科(大阪市北区)院長・江上一郎医師に詳しいお話を伺いました。

■だ液が色素沈着を防ぐ

歯が黄ばむ原因について、江上医師はこう説明します。

「歯の黄ばみの主な原因は、歯の表面に着色汚れが付着することです。時間の経過とともに歯の表面に強固に汚れが吸着して、通常のブラッシングやフロスでは取れなくなってしまいます。

ですが、歯そのものが変色しているわけではなく表面的な汚れなので、早めのケアで汚れが吸着するのを防ぐ、また吸着した汚れを取り除くことができます」

ここで江上医師は、「食後やドリンクを飲んだあとすぐに歯を磨くことができない場合は、次のことを試してください」と、次の「黄ばみ予防のためのプチ習慣」を挙げます。

1.だ液で歯を磨く

口の中にだ液がたくさん流れていると、常に歯の表面が洗われている状態になり、汚れも付着しにくくなります。食後に歯磨きができないときは、汚れをとるようにイメージしながら、舌先を使ってだ液で歯の表面を磨くようになぞりましょう。

いつでもどこでもできる方法です。

2.色の濃いドリンクを飲んだあとは、水でうがいをする

色の濃いドリンク、例えばワインや紅茶、緑茶、コーヒーは歯に色素沈着を起こしやすいことが分かっています。ワインに含まれるポリフェノール、紅茶やコーヒーに含まれるタンニン、緑茶に含まれるカテキンなどの色素が、時間をかけて少しずつ歯の表面に蓄積され、着色汚れの大きな原因となります。

歯の黄ばみを避けるには、コーヒーや紅茶はできる限り色が薄い状態で、例えばコーヒーならアメリカンを飲むといいでしょう。

さらに、口の中を水でゆすぐだけでも、歯の色素沈着を予防できます。ドリンクを飲んだあとは、口の中からのどの奥までをきれいに洗うようにイメージして、水でグチュグチュとゆすいでから、ゴクンと飲みほすことをお勧めします。

3.カレーは週1回程度にする

カレーなど色素の濃い食品は色素沈着しやすいので、食べるのは週に1回程度にするといいでしょう。

また、しょうゆ、ソース、ケチャップ、バルサミコ酢などの色の濃い調味料も、歯の黄ばみの原因になるので、食後は1や2を行いましょう。

4.研磨剤入りの歯磨き剤は避ける

研磨剤を含む歯磨き剤は、ホワイトニング効果があると宣伝されていますが、使用方法、頻度に注意が必要です。一時的に歯の表面はきれいになりますが、歯の表面のエナメル質が削られて、後々、かえって色素沈着を起こしやすい歯になります。

歯磨きの際には、歯磨き剤に頼るのではなく歯ブラシを細かく動かし、歯垢(しこう)をきれいに取り除くようにしましょう。

5.ガムやおやつ昆布をよくかむ

だ液には、歯の表面についた汚れや細菌を洗い流す「自浄作用」があります。

ガムやおやつ昆布(おしゃぶり昆布)などをよくかむことは、だ液の分泌を促すのはもちろんのこと、特に昆布などの繊維性の食物に含まれる食物繊維は、歯の表面を掃除する役割もあります。

また、だ液には、外から侵入する細菌やウィルスを撃退する抗菌作用、口臭予防、歯の表面のエナメル質を修復してむし歯を予防する働きもあります。

口の中が乾燥しているように感じたときは、舌やあごを動かして、だ液の分泌を促す習慣を心がけましょう。

6.みかんの皮の白い部分で歯をこする

みかんの皮の内側の白い部分でこすると、歯の表面の歯石(歯垢のかたまり)を取り除くと言われています。

ただし、みかんに含まれるクエン酸は歯の表面を覆うエナメル質を溶かしやすいので、こすったあとは放置せず、歯磨きをするか水で口をゆすぐようにしましょう。

7.口呼吸をせず、鼻呼吸を意識する

口呼吸の場合、歯の表面が乾燥してだ液が不足し、汚れが落としにくくなります。リラックスしているときや夢中になっているときなど、口が半開きになって口呼吸をしやすくなりますが、意識して口を閉じましょう。

8.タバコを吸ったあとはうがいする

喫煙はヤニの成分であるニコチンやタールが歯につきやすく、くすみや黄ばみの原因となります。禁煙する、タバコの本数を減らすほうがいいのですが、吸ったあとはニコチンやタールを流すように水でうがいをしましょう。

歯の黄ばみを防ぐためのキーワードは、「だ液の力」だと江上医師は強調します。しっかりとだ液が出るように意識をし、実践するようにしたいものです。

(監修:江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・歯科口腔外科・口臭治療の江上歯科院長。
江上歯科 大阪市北区中津3-6-6 阪急中津駅から徒歩1分、御堂筋線中津駅から徒歩4分

「ストレートネック」は関係ない!? スマホ使用の目・肩・腰“本当の影響”(1)

 最近、電車内などでは、老若男女問わずスマートフォンの画面に釘付けだ。今年6月に発表された消費者庁の白書によれば、'15年末時点で6歳以上の国民の53.1%がスマホを所持しているというのだから、そんな光景も頷ける。しかし、スマホやパソコンの長時間使用で、肩や首、目の不調を訴える人は多い。

 スマホやパソコンの長時間使用で、首や肩の凝り、または頭痛などを発症する原因と最近、盛んに指摘されているのが、新現代病とも言われる「スマホ首」。通常、人間の首の骨(頚椎)は歪曲しているものだが、これらの長時間の使用で頚椎が真っすぐになるストレートネックを指す。 しかし、AKA-博田法という治療法に特化した望クリニックの院長で、整形外科医の住田憲是医師は「スマホやパソコンが普及してから、肩凝りで来院される患者さんは増えました。ただ、巷で言われているように、ストレートネックが首や肩の凝りの根本的な原因ではありません」と指摘する。

 「たとえば、肩や首の凝りがない人を100人集めレントゲン撮影をしても、10人~30人はストレートネックでしょう。逆に、頚椎が理想的な歪曲をしていても、肩や首の凝りを訴える人はたくさんいます。つまり、ストレートネックが原因ではないんです」(同)では、なぜ巷ではストレートネックさえ治せば、凝りがなくなると言われているのだろうか。住田氏はこう続ける。

 「多くの人は、専門医からMRIやレントゲンに写る異常が痛みなどの原因だと指摘されれば、納得してしまう。実際、10%程度はこの異常が凝りや痛みの原因の場合もありますが、ほとんどの場合、異常は関係ないのです。要は、整形外科医自身が痛みを発生させている根本原因について理解していないからです」

 そして、痛みを発生させている根本原因について「肩や首の凝りや痛みの原因は、仙腸関節の関節機能障害であることがほとんどです」と言う。仙腸関節は、骨盤内にある仙骨と、その左右にある腸骨を結ぶ関節で左右に一つずつあり、関節機能障害とは、関節内部の動きが滑らかでない状態を指す。

 「仙腸関節は、体の中央にあり、上半身の重みの大部分がかかる上に、非常に動きの少ない関節です。中腰の姿勢や同じ姿勢を長時間とったり、疲れが溜まることで、仙腸関節の動きが悪くなる。そうなると、関節近くの筋肉や靭帯などに過緊張の連鎖を引き起こす反射が起こります。これにより、骨盤から離れている頚や肩にも凝りや痛みを発症するのです」(同)

 首や肩の凝りが気になる人は、予防として中腰姿勢を避ける(必要な時は中腰になることを意識する)、20分以上同じ姿勢をとらない、疲れをためない、冷やさないことに気をつけるといいだろう。

専門医に聞け! Q&A 白目の出血の原因と対処法

 Q:暑い時期に時々、目の白目の部分がかなり赤くなります。眼科で結膜下出血と診断されました。何も治療せずに自然に治りましたが、予防する方法はないのでしょうか。なお、私は脂っこいものが好きですし、お酒も好きで、毎日かなりの量を飲み、メタボ体型です。(46歳・工務店勤務)

 A:結膜下出血は、白目(眼球結膜)が出血して赤くなる病気です。白目の前には結膜という透明な膜があります。この膜の下の血管が切れ、内出血を起こした状態です。 はやり目や強い外傷でも起こりますが、それよりも寝不足のときや疲れが溜まったとき、お酒を飲んだ後などに起きやすいのが特徴です。しかし、誰もがなるわけではありません。患者さんの生活習慣を調べてみると、肉や脂っこいもの、砂糖、カフェイン飲料やアルコール飲料などを多く摂る傾向があることが分かりました。

●結膜の血液が流れにくい
 加えて、運動不足、クーラーをよく使う、ストレスが多いなどの特徴があり、頭痛、肩こり、腰痛、冷え性なども訴えています。結膜の血管をみると、非常に流れにくくなっています。血液の流れが悪く、血管が切れやすい人が結膜下出血になりやすいのです。
 漢方的には、うっ血(血液が滞っている状態)です。患者さんの目を観察していると、内出血になる寸前の患者さんの目はうっ血状態になっていることが多くあります。

 うっ血とは、血液が非常に流れにくくなっている状態です。それがひどくなると、内出血を引き起こすのです。ご質問の方は、脂っこいものもアルコールも好きでメタボ気味とのこと。それらが原因となっているのでしょう。夏によく発症するとのことですが、結膜下出血は夏に多い病気で、背景にはクーラーの影響もあります。結膜下出血は1~2週間で出血は自然に吸収されるので、何も治療せずに様子を見るのが普通です。視力の低下や目の他の病気の発症にはつながりません。しかし、再発しやすいし、健康への赤信号といえます。生活習慣を改めるようお勧めします。悪い習慣を改めれば、再発しなくなるでしょう。

山口康三氏(回生眼科院長)
自治医科大学卒業。眼科医、漢方内科医。食事、運動、睡眠などを改善する生活改善療法を指導し、眼科の病気や生活習慣病の治療に成果を挙げている。日本綜合医学会理事長。

高齢者にも重要な“むし歯予防”とは? …高齢化社会を乗り切るために

「高齢化社会」という言葉が、あたり前に使われている今日。日本で暮らす高齢者数をきちんと答えられる人は、どれくらいいるだろうか。

 5月28日現在、厚生労働省のサイトには、「65歳以上の人口は、現在3,000万人を超えており(国民の約4人に1人)、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています」と記載されている。

 これから訪れる高齢化社会の中で、健康的に余生を送るには、食べ物を噛んで味わえる“健康な歯”を維持することが、大切になってくるだろう。

 そこで、日本フィンランドむし歯予防研究会理事であり、日本歯学センターの歯科医師でもある田北ユキヒロ氏に、「高齢化社会を乗り切るためのむし歯予防」について、お話をうかがった。

――田北先生は、高齢者のむし歯予防として、厚生労働省と日本歯科医師会が1989年から推進している「8020(はちまるにいまる)運動」をご存知かと思います。運動が開始されてから今年で25年になりますが、歯を有する高齢者の方は増えてきているのでしょうか?

 はい、増えています。「8020運動」は80歳で20本の歯を残すことを目標にしているのですが、現在80歳以上の方たちのうち4割の方が、目標を達成されているんです。そして、今から10年後には5割の方が、その目標を達成できると推測されています。

――「8020運動」が開始された25年前と比べて、いま発売されているむし歯予防商品(歯ブラシ・歯磨き粉・ガムなど)は進化していると思うのですが、むし歯を持つ人の割合は減ってきているのでしょうか?

 残念ながら、残っている歯が多くなるのと比例して、高齢者のむし歯は増えているというのが現在の実情です。

その逆に、現在20歳以下の方たちは、歯科衛生知識の増加や、歯ブラシ回数、歯磨き時間のアップ、フッ素入り歯磨き剤の普及やキシリトールガムなどの使用により、むし歯を持つ人の割合が年々減っています。

――若年層のむし歯は減少傾向なのに、高齢者は増加しているのですね。高齢者が特に注意すべき、むし歯のタイプがあれば教えてください。

 高齢者の方は、歯と歯茎の境目にむし歯ができる「根面う蝕(こんめんうしょく)」にかかりやすくなるので要注意です。根面う蝕の原因は、加齢によって歯茎の位置が下がり、歯の根本のむし歯に弱い部分が露出してしまうこと。

そして、唾液量が少なくなり、歯の表面に残っているむし歯原因菌の栄養になる食べカスの洗い流しができにくくなること。この二つが考えられます。

――高齢者になっても健康な歯を持つためには、どういった対策が必要でしょうか?

 まずは、口の中の総菌数を減らすことが大事です。さまざまな道具や材料を複合的に使用して、口の中の汚れを落とし、きれいな状態を保ちましょう。また、汚れが溜まりやすい、むし歯になってしまった部分を、早めに治療することをお勧めします。

――最後の質問になりますが、高齢者のむし歯予防で「注意すべきこと」はありますか?

 とにかく、食事をしたら早めの歯磨き。そして、お茶や水を使ったうがいで、口の中の食べカスとばい菌を減らすことです。唾液を増やしてくれて、歯の修復も補助するキシリトールガムやキャンディも有効です。

また、予防に力を注いでいる歯医者さんで、むし歯のチェックとプロフェッショナルクリーニングを定期的に受けていただくことが、とても大事ですね。

――年を重ねても、自分の歯で食事ができるように、日頃から口の中を清潔にし、定期的な歯科検診を心がけたいと思います。ありがとうございました。

飛蚊症治療は可能?目薬・サプリメント・レーザー治療

「飛蚊症を何とか治せないか」。多くの飛蚊症患者さんがこのような悩みをお持ちです。私自身にも飛蚊症がありますが、確かにうっとうしいものです。

中には飛蚊症によるストレスで深刻なノイローゼになり、自殺を考えるまでになってしまったケースもあり、ご家族に連れられて患者さんが来院されることもあります。これは本当にあることなのです。

私も過去にそういった患者さんを3人は診察しましたから……。おそらく飛蚊症を苦にした末に命を絶ってしまった方も、世の中的にはいらっしゃるのだと思います。

飛蚊症の治療方法として多くの人が考えるのは、目薬で治らないか、サプリメントや内服薬で治らないか、レーザー治療で治らないか、手術で治らないか、というところでしょう。それぞれについて詳しく解説します。

目薬・点眼薬による飛蚊症治療・改善は可能か
一言でいうと、今のところ、目薬(点眼薬)で飛蚊症は治りません。理由は、そのような目薬が現時点ではないからです。

では、そのような目薬を早く開発すればよいのに、と思われるかもしれませんね……。それが非常に難しい理由を解説させてください。

そもそも飛蚊症の原因は、硝子体の濁りです。硝子体の濁りを解消するためには、その濁りを化学的に溶かすか、物理的に除去するしかない、ということはおわかりいただけるかと思います。点眼薬で除去するということは、当然化学的に溶かすという作戦を取ることになります。

硝子体は特別な組織ではなく、体内に普通に存在するコラーゲンとヒアルロン酸が主体です。特に硝子体の濁りは、コラーゲンが主体と思われます。

コラーゲンは体中に存在するので、「硝子体の濁りを溶かす目薬」があるとしたら、それは体の他の部分も溶かしてしまう目薬ということになります。

さらに、もともと点眼薬は硝子体内まではほとんど移行しません。ということは、硝子体内で効果を発揮してくれるような濃度にするためには、ものすごく濃度の高い目薬を作ってさす必要があります。

ここを読んでくださっているような医学に明るいみなさんならもうお分かりですよね。そんな目薬をさしたら、影響は硝子体だけは済みません。

目の周りはぼろぼろになってしまうでしょうし、目の内部の大切な網膜なども決して無事では済まないでしょう。ですので、目薬で飛蚊症を治療することは永久に無理なことだと思います。

飛蚊症に効く目薬を作り、眼内に直接注射すればよいのでは?
上記のように、目薬では周りの組織まで傷つけてしまうなら、飛蚊症の原因である硝子体の混濁、すなわちコラーゲンを溶かす目薬を作って、それを眼内に直接注射で入れたらどうだろう? と、眼科医としては考えてしまうところです。

「目に直接注射?」と思わるかもしれませんが、眼科領域では治療法が日々ものすごく進歩しています。今は本当に網膜や硝子体にお薬を効かしたい場合、角膜の脇の白目から注射で直接硝子体内に注入しています。

こうご説明すると、死ぬほど怖い治療だと思われそうですが、驚くほど痛みも少なく、受けた方はみなさん次回から平気で受けられています。

これと同じ方法で、コラーゲンを溶かす薬を硝子体に直接注入することは、技術的には可能でしょう。ただし、網膜にもコラーゲンが存在しますから、網膜がぼろぼろになってもいいならば試してみてください、という話になってしまいます。少なくとも私自身は嫌です……。ですが、これが実は一番期待できる治療法かもしれません。

網膜がぼろぼろにならず、かつ硝子体の濁りが溶ける濃度で注入できれば……。しかし何度も言いますが、現時点でこの治療法を試すことは、自分の目には勘弁してもらいたいです。

では「点眼で飛蚊症が改善した」という体験談は嘘?
しかし、たまに「目薬で飛蚊症がよくなった」という話を聞くことがあります。これについてですが、硝子体の濁りは自然に溶けてくれることがありますし、自然に移動して目立たないところに行ってくれることもあります。

目薬が医学的に考えても、原理として飛蚊症治療に有効でないということは上記で解説したとおりですので、そういった体験を持っている方は、目薬の使用に関係なく、たまたまよくなったのだと思われます。ま、目薬で治ったというせっかくの幸福感を全否定してしまうのも野暮な話なんですが……。

サプリメントや内服薬による飛蚊症治療・改善は可能か
これも一言でいってしまうと、今のところ治せません。理由は、そのようなサプリメントや内服薬がないからです。ルテインなどのサプリメントが飛蚊症に有効であるかのような情報も目にすることがありますが、医学的にそのようなエビデンスはありません。

こう言い切ってしまうと、前ページの目薬と同様、そのようなサプリメントや内服薬を開発できないのか?ということになりそうですね。

先ほどの目薬の解説と同じ話の繰り返しになってしまいますが、こちらも順を追って解説します。

飛蚊症の原因である硝子体の濁りを解消するためには、その濁りを化学的に溶かすか、物理的に除去するしかない、ということは、先に解説した通りです。サプリメントや内服薬でこれらを除去するということは、当然「化学的に溶かす」という作戦を取ることになります。

硝子体は特別な組織ではなく、体内に普通に存在するコラーゲンとヒアルロン酸が主体です。特に硝子体の濁りは、コラーゲンが主体と思われます。体中にコラーゲンは存在するわけで、硝子体に濁りを溶かすサプリメントや内服薬ということは、体の他の部分も溶かしてしまうサプリメントや内服薬だというわけです。

さらに、もともとサプリメントや内服薬はほとんど硝子体内まで移行しません。ということは、硝子体内で効果を発揮してくれる濃度にあげるためには、サプリメントや内服薬を大量に飲んで、全身の血中濃度をものすごく高める必要があります。

目薬に続いて、ここを読んでくださっているみなさんならもうお分かりですよね。そんな大量の、目の中にある硝子体の中のコラーゲンまで溶かしてくれるようなサプリメントや薬を飲むと、目の周りや目の内部どころか、体中がぼろぼろになってしまうというわけです。

というわけで、目薬同様、サプリメントや内服薬で飛蚊症を治療するのも、永久に無理だと思います。

飛蚊症に効くサプリ・薬を眼内に直接注射する治療法は?
ここでも目薬同様、飛蚊症の原因である硝子体の混濁、すなわちコラーゲンを溶かすサプリメントや内服薬を眼内に直接注射で入れたら治療はできるだろうか?と、また、眼科医としては考えてしまうところです。

こちらも、目薬のところで述べたことと全く同じことの繰り返しになります。なぜ同じかといえば、目薬はサプリメントや内服薬を溶かしたものに過ぎず、目薬も内服薬も、根っこは同じだからです。

余談になりますが、私たち眼科医は、どうしても必要な目薬がない場合、内服薬を溶かして自分で目薬を作ることもあります。その他にも、点滴で使うお薬を直接点眼するなど、ともかくも目の前の症状を治療・改善するために有効と考えられることを考え、あの手この手と治療を試みます。

前ページの繰り返しになりますが、眼科領域の治療法は日々ものすごく進歩しているので、網膜や硝子体に薬を直接注入すること自体は簡単にできます。生理食塩水でそのお薬を溶かし、注射器に吸って注射するだけです。

しかし、目薬のところで解説した通り、網膜にもコラーゲンが存在しますので、溶かすものが目薬であれ薬であれサプリであれ、危険性は同じことです。網膜がぼろぼろになってもいいならば試してみてください……としか言えませんし、少なくとも現時点では自分の目には勘弁してもらいたい治療法です。

「サプリや内服薬で飛蚊症が改善した」という体験談は嘘?
これも目薬と同様です。硝子体の濁りは、自然に溶けてくれることがありますし、自然に移動して目立たないところに行ってくれることもあります。

ですので、サプリメントや内服薬で飛蚊症がよくなったという経験があるという方は、それらを飲んだ飲まないに関係なく、運よく改善したものと思われます。ま、サプリメントや内服薬で治ったという幸福感を全否定するのもやはり野暮な話なんですが……。

生活習慣や食事による飛蚊症治療・改善は可能か
これも一言でいうと、治りません。

理由は……何回も繰り返すのはやめましょう。食事で治すというのは、結局化学的に溶かすように働きかけるということで、ここまで読んでくださったなら、それが厳しいことがおわかりいただけるかと思います。

生活習慣は……これこそ無駄でしょう。生活習慣を工夫しても、体内で何らかの化学変化が起こって化学的に濁りが除去されるわけはないですし、生活習慣の変化で物理的に除去できる可能性もありません。

夢を壊してごめんなさいね。ですが、みなさんの貴重な時間を浪費しないよう、医学的に本当のことをお伝えしたいと思っています。

「食生活などの改善で飛蚊症が改善した」という体験談は嘘?
これも繰り返しでごめんなさい。硝子体の濁りは、自然に溶けてくれることがありますし、自然に移動して目立たないところに行ってくれることもあります。

ですので、その方は食事や生活習慣の改善に関係なくよくなったものと思われます。ま、食事の工夫や生活習慣の改善で治ったという幸福感をここでも全否定してしまって、本当に野暮だとは思うのですが……。

硝子体手術で飛蚊症治療・改善は可能か
飛蚊症の正体は硝子体の濁りであるというのは、ここまで繰り返し述べた通りです。では最後に、その濁りを化学的な方法で除去するのが極めて難しいならば、物理的に除去することは可能か、という話をしたいと思います。

まず手術、正確に言うと、「硝子体手術」で飛蚊症が治るか、という話をしたいと思います。

結論から言うと、可能、です。

硝子体手術というのは、たとえば網膜から出血して、その血が硝子体にひっかかって視力が大幅に低下してしまった硝子体出血の患者さんを対象に、硝子体と、そこにひっかかった血を除去し、視力の回復を図る手術です。

他にもいろんなパターンがありますが、共通するのは「硝子体を除去することによって視力の維持や回復を図る手術である」ということです。

こう書くと簡単そうですが、実は眼科の中では一番しんどくて難しい手術のひとつです。

また、非常に難しい手術だからこそ、普段から「糖尿病でぐちゃぐちゃになった網膜が絡まっている硝子体を、網膜を傷つけないように除去しなさい」というような無理難題をこなしているような硝子体手術の術者にとっては、ただ濁りがあるだけの硝子体を除去しなさい、という仕事は、正直なところ、鼻歌が出るぐらい楽なことだったりもします。

ですが……

硝子体というのは、目の中で網膜を押し付けている部分です。教科書的には、生まれてからは硝子体はなくても大丈夫、ということになっていますが、やはりそれまでの押さえがなくなくなるせいか、硝子体手術自体に問題がなくても、術後、数%の患者さんに急激な網膜剥離が発生することがあることが知られています。

もともと先に述べたような網膜出血による視力低下など、治すべき深刻な病気がある場合には、そのリスクを取ってでも、治療を受けた方がよいでしょう。

ですが、飛蚊症でそこまでのリスクを負うべきでしょうか? 患者さんが希望されても、そこまでのリスクを負わせてしまうことを、私たち現場の医師はためらってしまいます。

中には、「いえ、自分は何があっても後で絶対に文句を言いません。頼みますから手術をしてください」と、非常に強く手術を希望される患者さんもいます。

しかし、私たちのように実際に多くの外科手術を行っている臨床の眼科医は、そういった患者さんの言葉に何度も痛い目にあっている……という現実もあるのもまた事実です。多くの症例を見ている医師が事前にお話するリスクの大きさを、皆さんにもわかっていただければと思います。

レーザー治療による飛蚊症治療・改善は可能か
最後に、レーザー治療で飛蚊症が治るか、という話をしたいと思います。

結論から言うと、可能、というか、軽減可能のようです。

実際に、アメリカではだいぶ前からこの方法が取られていて、「アメリカでの治療で飛蚊症が軽減した」という話が複数寄せられています。

簡単に言うと、濁りをレーザーで砕くのです。細かくなるため、濁りが消えるわけではないものの、だいぶ気にならなくなる、という作戦です。

ただ、自分が現場で見たわけではないため、この話に関しては今はここまでとさせてください。後日、また発展させることができるかもしれません。

女子に聞く! ブルーライトをカットする「PC用メガネ」、実際どう?

仕事で欠かせない人も多いパソコンをはじめ、デジタル機器から発せられるブルーライト。

このブルーライトを遮断してくれるメガネが、最近多く販売されていますよね。実際に使っている人はどのくらいいるのでしょうか。また、実際の効果はどのくらいあるのでしょうか。

Q.あなたは、仕事中にブルーライトをカットする「PC用メガネ」を使いますか?
使う……23.5%
使わない……76.5%

約2割の人が「使う」と回答! 使ってみた感想を聞いてみました。

■効果実感派
・「視力の悪化が止まった。目薬の回数が減った。疲れが半減した」(27歳/機械・精密機器/技術職)
・「本当に目からの頭痛がきえた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「度入りのPCメガネに変えてから目が疲れにくくなった」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「肩こりが軽くなった」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

PC用メガネで効果を実感している人は、目の疲労が軽くなっただけでなく、目への負担からくる頭痛や肩こりも軽減されたという感想を述べています。

「パソコンを使わないときでもテレビなど明るいもので目の疲れを減らせたからあるといいもの」(25歳/自動車関連/技術職)など、パソコン以外のシーンでも使っている、という意見も。

■効果は感じるけど……
・「ブルーライトは遮断できているが、度入りにしたから目が疲れる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「目が疲れにくくなった気がするが、写真に写ると青く光って見えるのが少し気になる」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「目の乾燥が気にならなくなった。逆にしない日は目の乾燥がひどい気がする」(30歳/その他/事務系専門職)

PC用メガネをかけた状態に慣れてしまい、かけないと落ち着かないと感じている人も。

■気休めに!?
・「気持ち的に楽」(27歳/商社・卸/営業職)
・「明らかな効果は感じないが、気分的に安心感がある」(22歳/その他/事務系専門職)

なんとなく、使っていないよりは「楽なような気がする」という感覚で使っている人もいました。

ちなみに、PC用メガネを今は使用していない人の中で、「機会があれば使ってみたい」と考えている女子は60.4%と、半数以上の人が「PC用メガネ」に興味がある様子。

「仕事中、目の疲れを感じるので、効果があるなら使ってみたいです」(24歳/ソフトウェア/技術職)という人もいるように、仕事中の目の疲れは、働く女子の多くが感じているようです。

仕事中、パソコンを使っていると、どうしても目に負担がかかってしまうもの。目の疲れからくる頭痛や肩こりもあるので、気になる人は、試してみて損はないかもしれませんね♪

歯科医が嫌がる虫歯の場所は「上の7番」

好きで選んだ仕事でも、全部が好きなわけじゃない。一連の業務のなかで「これはイヤ!」と敬遠される作業もやっぱりあって……。ハタから見ているだけではわからない、そんな現場のホンネを各業種からピックアップ。いやはや世の中に楽な仕事はありませんなー。

<歯科医>

【好き】削って型を取る

【嫌い】上の奥歯の神経の処置

 なるべく行かずに済ませたい歯医者だが、向こうにも避けたい治療はあるらしい。「親知らずを抜くのが嫌いな歯医者は多いですね。

慣れてないと時間かかって大変だし、あとで患者に『痛い』『腫れた』とか言われるし、その割に保険点数高くないし」と苦笑するのは、都内で歯科医院を営むKさん。

「私は好きなんですけどね。大変だけど『抜いたー!』って充実感があるし、一発勝負で治せるのが好き。

その点、歯周病なんかは完全には治せないので苦手。学生時代にすごいニオイの患者に当たって気絶しそうになったのがトラウマで」って、どんなニオイだ!?

 では、一般的歯科医が好きな作業はというと、「やはり削って型を取る、いわゆる銀歯の治療でしょうね。

学生の頃から叩き込まれてる基本の治療なので、あまり考えなくてもできてしまう。歯科衛生士や歯科助手に任せられる部分が多いので楽というのもあるかな」。

 逆に、どの歯科医も嫌うのは「上の奥歯の神経の処置。見えないからやりづらいし難しい。『また上の7番かよ』とか、よく言ってます」。

 上の奥歯だけは虫歯にならないよう念入りに歯磨きしよう!

10年かけて実証…キシリトールの乳幼児に対する“むし歯予防効果”とは?

5月も半ばを過ぎた今日。梅雨や夏を前にして、都心では26度を超す暑い日もあることから、「かき氷」や「アイスクリーム」といった、冷たくて甘いスイーツを欲している人も少なくないだろう。

 甘いものを食べるとき、特に大切になってくるのは“むし歯のない健康な歯”を維持していること。むし歯があると、せっかくの嗜好品が、苦痛の引き金になってしまうこともある。

 甘美な食べ物の敵ともいえる“むし歯”の予防に「キシリトール」を薦めている、フィンランド トゥルク大学名誉教授のカウコ・マキネン氏によれば、乳幼児期からキシリトールを使ってむし歯予防を行い、正しい歯の磨き方を実践することが大切なのだという。

 マキネン氏は、1975年にキシリトールのう蝕(むし歯)予防効果を発見した人物。乳幼児期からのむし歯予防を重要視している理由を、マキネン氏に聞いてみたところ、以下のような答えが返ってきた。

 「乳幼児のむし歯は、同じスプーンを共有してものを与えたり、噛み与えをする際に、周りの大人から“だ液”を通じて感染し、そのまま口腔内に繁殖して、発症してしまうケースが多いと考えられています。

フィンランドをはじめ北欧では、生涯の口内環境は乳幼児期に決まるもの、と捉えられており、乳幼児期に行う『超初期予防』が重要視されているのです。

むし歯の原因となるミュータンスの母子伝播(でんぱ)の危険性がもっとも高いのが、歯の生える前の乳幼児期とされ、その時期のことを『感染の窓』といいます」

 また、マキネン氏は、キシリトール研究の第一人者として、乳幼児期のむし歯予防効果を長期にわたって検証し、2013年8月には国際的な歯科専門メディア「International Dental Journal」に新たな論文を発表している。

 論文の概要は、生後約6か月~8か月の乳幼児を対象に、3歳になるまでキシリトールの液体を全ての乳歯に継続的に塗布し、その子どもたちが7歳になるまで、むし歯予防効果を追跡検証するというもの。(キシリトール群:313名、対照群:138名/期間:2002年~2011年)

 調査の結果、初めのむし歯発生時期の比較で、キシリトール使用群は3歳から、対照群は2歳からむし歯が発生しており、キシリトールの使用でむし歯の発生時期が遅くなったことがわかったという。

さらに、その子どもたちが7歳になったとき、キシリトール使用群は、対照群に対して、むし歯の数が大幅に減少。この結果から、乳幼児に対するキシリトールのむし歯予防効果が実証されたとしている。

 なお、マキネン氏は、キシリトールのメカニズムを研究する生化学者として、現在でもフィンランド国内外で、キシリトールに関する調査研究に取り組んでいる。

歯医者嫌いは“トレーニング外来”で治す?

ある疫学調査によれば、全体の55%の人が「歯科治療が嫌い」と答えており、この数字に国際間の差はほとんどないという。

そんな「歯科嫌い」の中でも、5%ほどの人は病的に歯科治療に恐怖感を持っており、「歯科恐怖症」という疾患名まで与えられている。

 診察室に入っただけで、あるいは歯科特有の「キーン」という音を聞いただけで、手足が震える、大汗をかく、口を開けられなくなる、嘔吐(おうと)反射が強くなる――などの症状を示す人がいる。

中には実際に吐いたり、ひどい場合は意識を失うこともある。

 一方で、近年、口腔環境の悪化と内臓疾患の関係が明らかになるなど、歯科治療が怖いからと言って、放置することが許されない情勢となっていることも事実。何とか恐怖を軽減しながら治療しようという試みが、歯科領域で検討されている。

 東京歯科大学水道橋病院には「リラックス歯科治療外来」という専門外来が設置されている。責任者の福田謙一准教授(麻酔科)に話を聞いた。

「昔から知的障害者を対象とした全身麻酔による歯科治療があり、これを歯科恐怖症の人に対応する形で研究が進んでいきました。

重度の恐怖症の人には全身麻酔を行うこともありますが、この外来の基本コンセプトは、歯科に慣れてもらうこと。最終的には自宅近くの歯科医院に通えるようにトレーニングしていくところと考えてほしい」

 歯科に対する恐怖の内容は個人差が大きく、医療側の対応もさまざまだが、最も代表的なのが「鎮静法」とよばれるアプローチ。

これは痛みに対する恐怖が強いときに行われるもので、静脈麻酔薬で眠らせてから治療を行い、終わると拮抗薬で麻酔を覚ますというもの。最近は内視鏡検査などでも使う安全性の高い麻酔薬だが、治療する側には苦労もあるという。

「本来の歯科治療の際は、患者は無意識のうちに舌をよけるなど『治療への協力』がある。ところが麻酔で眠っているとそれがない。噛んでほしいときにも噛んでもらえないし(笑)」(福田准教授)

 開業医から「親知らずの抜歯」で紹介されてくる患者も多い。痛みに対する極度の緊張状態に陥っているので、万全の態勢で臨むことになる。

「最初の麻酔の注射を怖がる人には、その前に表面麻酔の貼付剤を使うこともある。でも、ゆっくり注射をしていけば、普通の麻酔で十分効果がある。忙しい開業医は、その時間が取れないだけのこと」(同)

 福田准教授によれば、昭和30年代から40年代生まれの人に歯科恐怖症は多いという。

「ちょうど歯科医が足りない時代に幼少期を過ごしているので、丁寧な治療を受けられなかった世代。そんな経験が『歯医者は怖いところ』というイメージになっている。逆に今の若い人は怖がらないですよ」

 ちなみにリラックス歯科治療外来は一部を除いて自由診療。治療内容や麻酔をかけている時間にもよるが、静脈内麻酔法は3万~5万円、全身麻酔は10万円前後が医療費の目安だ。

 福田准教授によれば、同じ“痛み”に対しても、欧米人は騒ぐ人が多いのに対して、日本人は何とか耐えようとする傾向が強いという。

「我慢は美徳」と考える国民性がそうさせるのかもしれないが、それで治療を遠ざけてしまったのでは意味がない。

歯列矯正 日本人は装置を嫌うが欧米では「ステータス」

歯並びの乱れは、口元や顎(あご)のラインなどの容姿を左右するだけでなく、歯周病などほかの歯科疾患を誘発するため、大人になってから、歯列矯正の治療を決意する人も増えている。

 歯科矯正を希望する人が、治療を決断する際にもっとも気にするのが、金属の矯正装置ではないだろうか。

笑ったときなど口を開いたときに目立つことに加えて、装着した際の違和感がかなり強いもののように思える。だが、浅井矯正歯科院長の浅井保彦歯科医師はこう話す。

「子どもにくらべると大人のほうが慣れるのに時間がかかりますが、ほとんどの人が、装置をつけて1週間ほどで違和感がなくなると言います」

 だが、そもそも日本人には矯正装置を嫌う傾向がある。欧米では矯正治療を受けていること、装置をつけていること自体がステータスだ。

金属製が当然のように思われている矯正装置も、半透明のものや、裏側にワイヤが隠れて比較的目立たないものなどがある。矯正装置にワイヤを固定するためのリング状の高分子化合物(モジュール)もカラフルなものがある。

「欧米では矯正装置もおしゃれ小物の一つとして楽しんでいるのです」(同)

「歯科矯正」は子どもだけじゃない 大人がやるべきケースとは?

2011年の歯科疾患実態調査によると、80歳で自分の歯が20本以上残っている人の割合は38.3%と増加してきた。

歯や口の中の健康への関心が高まるが、歯科矯正も口の中の健康と大きな関係があるという。福岡歯科大学矯正歯科学分野教授の石川博之歯科医師に聞いた。

*  *  *

 大人になって周りから矯正を勧められると、「そこまでする必要があるの?」と思われる方も多いようです。

 確かに、大人の矯正は時間と費用がかかります。なかには不正咬合があっても、いままで不自由を感じなかったから矯正は必要ないという方もいらっしゃるでしょう。

 たとえ不都合を感じていなくても、歯並びや噛み合わせは、咀嚼や発音といった口の機能に影響します。また、口内の健康維持にも関係しています。

 下顎前突や上顎前突、開咬では、前歯で噛み切ることが難しかったり、程度によっては発音に影響が出たりすることもあります。

叢生では歯が磨きにくいだけではなく、唾液による自浄作用が低下し、2次的にむし歯や歯周病のリスクが高まります。

 一方、歯周病が進むと、不正咬合の悪化に拍車がかかることがあります。

たとえば歯周病で奥歯の歯槽骨が溶けてしまうと奥歯の支えが弱くなり、前歯に負担がかかります。このとき、上顎前突があると、さらに歯が前に出てしまい、すきまができたりします。

 すでに噛み合わせや歯並びに異常がある人は、一度、矯正歯科で相談してみることをおすすめします。

 自分の歯で噛んで食事をすることの重要性は、多くの人が感じているでしょう。

認知症の予防や全身の健康維持のために、1本でも多くの歯を残して健全な食生活を送ることが大切です。噛む機能の向上や口の健康増進の一環として、歯並びを治す矯正を視野に入れておきましょう。

 矯正歯科を選ぶ際には、日本矯正歯科学会などの認定医や専門医を目安にするといいでしょう。

 矯正治療は抜歯を伴うこともあります。抜歯が必要なのに抜かずに矯正すると、顎に歯が収まりきらない症例も少なくありません。患者さん一人ひとりの口に最適な設計図をつくってくれる歯科医師を選んでください。

虫歯だけじゃない!「歯磨き下手」が陥る恐ろしいリスクの数々

アナタは歯磨きがどれだけ重要かを知っていますか? 口の中は、肛門よりも多い細菌やウイルスや虫が住んでいると言われています。

それだけの菌が住んでいる口の中は、ちょっと歯磨きを怠っただけで、すぐに菌が増殖し、歯周病や歯肉炎などのトラブルが生まれます。その菌は飲み込まれたり、歯ぐきから全身を巡りさらなるトラブルも引き起こすのです。

今回は、口の中の菌が、全身に及ぼす影響をまとめてみました。

■歯磨きしっかりしないと“代謝が悪くなる”

(1)血行が悪くなる

歯肉炎や歯周病になると、病原菌が腫れた歯肉から血管内に侵入します。そうすると血管内に脂肪の塊(プラーク)ができます。プラークができると、血液の巡りが悪くなります。

(2)血糖値のコントロールを邪魔する

また、血管に入った細菌の死骸からは内毒素が出ます。内毒素は血糖値を下げるホルモンの働きを邪魔するTNF-αの産生を増加させます。

■歯磨きをしっかりしないと“ガンになる確率が上がる”

(1)子宮頸癌のリスクが上がる

アメリカの研究によると、歯磨きと歯間の掃除を行っていない女性は、子宮頸癌の原因である“ヒトパピローマウィルス(HPV)”に感染する確率が高くなるそう。

(2)食道がんのリスクが上がる

口の中が汚いと“アセトアルデヒド”という発がん性物質である細菌が発生します。アセトアルデヒドが飲み込まれるとき、食道を刺激して食道がんの原因となります。

口内環境が悪いと、様々な怖いリスクが出てきます。まずは、歯磨きなどでしっかり汚れを落とし、菌の繁殖を防ぐようにしましょう。

また、以前「ジャンクフードは歯にも最悪!超意外な歯周病予防の原因3つ」でもご紹介しましたが、ジャンクフードやストレス、ホワイトニング用の歯磨き粉も歯周病の原因になりうることもあります。口内環境は日々変化していますので、毎日できることから始めてみてはいかがでしょうか?

前歯が溶ける恐怖!「歯磨きしても白くならない」人の意外な共通点

歯が黄ばんでいたりくすんでいると、せっかくの笑顔も台無しですよね。でも「毎日きちんと歯磨きをしても歯が白くならない」と悩んでいませんか? 

その原因は、着色汚れ以外にあったのです。早速その原因をお伝えします。

■歯を変形させる酸蝕歯

歯磨きをしているのに白くならないという原因には、喫煙や飲酒、コーヒーやお茶といった、ステイン(沈着)しやすいものを多く口にしていることが、まず考えられます。しかし、それ以上に多いのが、“酸蝕歯(さんしょくし)”という歯のトラブルなのです。

『青山ホワイテリア』院長の大谷珠美先生監修の『アンファーからだエイジング』のサイトによると、酸蝕歯は長期間放置すると歯の色を変えるだけでなく、歯の形状自体を変えてしまうそう。

さらに、噛み合わせが悪くなったり歯が痩せてしまうので、見た目も悪くなります。前歯や奥歯で酸蝕歯が起きる人が多いので、前歯が溶けて形が悪くなりセラミックで治療するしかなくなることもあるそうです。

酸蝕歯になる最も大きな原因は、酸が多い食品を口にすること。酸の多い食品というのは、酸っぱい食べ物や飲み物が該当します。例えば、ダイエットや健康のために飲むお酢、低カロリーとつまみがちな酢こんぶやスルメ、フルーツやドライフルーツなどです。

飲み物では、飲み過ぎないようにと少しずつ飲むワインやビール、運動の後に飲むスポーツドリンク、炭酸飲料、栄養ドリンクが挙げられます。

ビタミンCやアミノ酸、クエン酸、体によい食品には酸性のものが多いので、健康志向の人でも酸蝕歯が起きている可能性があります。酸性のものを食べたら、そのままにせずお水を一口。間にお水を挟むことで中和され、酸が弱まるので効果的です。

■酸蝕歯になりやすい人とは?

(1)長時間口に入れておくものを毎日食べている

ドライフルーツやスルメ、酢こんぶなど、長時間前歯でしゃぶるような食べ物が習慣になっている人は要注意。また、だらだらと炭酸飲料やビールなどを飲むのも止めましょう。食べた後は、お水を一口。これを忘れずに。

(2)食べてすぐに歯を磨く

食べてすぐ磨いたほうが衛生的と思っている人が多いですが、実は口の中が酸性になった状態でブラシをかけると、歯が柔らかくなっているため、必要以上にエナメル質を削り取ってしまうのです。食後30分くらいおき、口の中の酸が中和されてから、歯磨きするのが理想的です。

(3)ゴシゴシ歯磨きする

かためブラシでのゴシゴシ磨きは、エナメル質にダメージを与えます。ブラシはソフトタイプがおすすめ。さらに、歯磨きの時にはシャカシャカという音を自分で感じない程度の力で、優しく小さく動かして磨くのがベストです。エナメル質を強化するフッ素入りの歯磨き粉を選ぶほうがいいでしょう。

上記の習慣がある人は、見直してみてくださいね。また、酸性の食品や飲み物を摂った後、すぐに歯磨きするのではなく、お水で中和することも忘れないでください。

疲れ目に悩まされてない? 実際に効果があったアイケア

一日中パソコンやスマホを見てばかりで、気づいたら目が真っ赤に充血していた! なんてこともあるのでは。そんなお顔はドン引きの対象になってしまいます。そこで、働く女性に「これが一番効果があった」というアイケアの方法を具体的に教えていただきました。

■寝るのが一番!

・「寝る。ひたすら寝る」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■目薬やアイマスクをする

・「めぐりズムを寝る前に使っている。終わったあとも、次の日の朝もすっきりする」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「目薬をしてからホットアイマスクをする」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

■マッサージをする

・「目のまわりのマッサージが一番気持ちがいい。特に、目の上のおでこ。こってごりごりしています」(33歳/団体・公益法人/官公庁/事務系専門職)

「寝る」「アイマスク」「目薬」「マッサージ」は多くの女性たちに支持されていた方法です。目薬は職場で、アイマスクは寝室での必需品といえそうです。

■こだわりのケア法

・「疲れ目用の目薬をさしたあと目を閉じて、眉間のツボをグッと押す」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「目にホットタオルを乗せながら、側頭筋をほぐす」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「蒸しタオル。目を閉じて目をぐるぐる動かしながらすると効果的」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

目薬やタオルを使いながらマッサージなどをするという上級者も。それだけ目が疲れているのですね。お疲れ様です!

■目が疲れないための心がけは?

・「携帯やパソコン、テレビなどはいっさい見ない」(23歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「遠くの景色を見ること」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「目を強くつぶって5秒待ち、目を大きく開いて5秒待つ」(24歳/自動車関連/事務系専門職)

疲れの一番の原因であるパソコンやスマホから遠ざかるのも大事かもしれません。オフィスの窓から遠くの景色を眺めたら、心も癒やされて一石二鳥?

目の疲れを放っておくと頭痛や吐き気などを併発することもあるので侮れません。自分に合ったケアを見つけておきたいですね。

口腔ケアの基本。歯ブラシを清潔にする6ステップ

ふだん何気なく使っている歯ブラシ。ほとんどの人は、シンクの上に歯ブラシ入れやコップを置き、そこに使った歯ブラシを置いていることでしょう。

歯ブラシ1本あたり1千万以上の細菌が

ところが、マンチェスター大学の新たな研究によれば、シンクに置かれた歯ブラシ1本あたりには、1千万以上もの細菌がすみついていることが判明したそうです。

その理由としてはこう説明されています。

・汚れた手を洗うたびに、その水滴が歯ブラシの表面に付着する
・ユニットバスの場合は、トイレの座面を閉めずに流すことで、その水滴がお風呂に飛び散り、歯ブラシの表面に付着する

思いもよらない盲点ですが、ふだん何気なく繰り返している動作でも、その飛沫が歯ブラシの表面に付着し、細菌となって口の中に入ってしまうというわけなのです。

理想は、歯磨きも個別にすること

では、できるだけ歯ブラシを清潔な状態に保っておくにはどうすればよいのでしょう。女性サイト「BIBA」によれば以下のとおりです。

・3か月毎に歯ブラシを変える。
・歯ブラシが床に落ちたらよく洗い流す。
・歯みがきを買う時は、口内の細菌を抑えるフッ化物配合のものを選ぶ。
・人と共有などはしない。歯みがきを個別にするのも理想的(つける時に歯ブラシに接触するため、新たなバクテリアをもらうことになる)。
・磨き終えたら必ずブラシをよく洗う。洗口液に浸して洗うとより効果的。
・歯ブラシはシンクに棚がついていたら、その中に置いておく。家族で歯ブラシ入れを共有するなら、ブラシ同士が触れ合わないよう外側に向けておく。

歯ブラシが床に落ちるということは、あらゆる飛沫がついた床の細菌を結果的に口に入れてしまうという行為なのだと気付かされます。また、同じ歯みがきを使うことで、他人の口のなかの細菌をもらってしまうというのは、「自分の子どもでも、同じ箸でご飯をあげてはならない」という説に通じるものがあります。

これらに気をつけたからといって、無菌状態になれるわけではないものの、少しでも歯ブラシを清潔な状態に保つことができそうです。

手軽な矯正治療 マウスピース矯正のメリットと注意点

「歯並びを治したい」と希望される方が、最初に思い浮かべる歯科治療は矯正治療ではないでしょうか。ここでは、矯正治療の中でも手軽に行えるマウスピース矯正をご紹介します。

■そもそも矯正治療とは

 矯正治療は見た目を美しく整える「審美歯科治療」の1つ。最もポピュラーなものは、歯の表側にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯並びを少しずつ整える治療方法です。

理想的な噛み合わせと歯並びの状態を目指し、ワイヤーやブラケットの位置を調整しながら歯を動かしていきます。これは一般的には「表側矯正」「ワイヤー矯正」と呼ばれています。

 他には、表側矯正を舌の側面から行う「裏側矯正」(もしくは「舌側矯正」)。これはブラケットを表に取り付ける表側矯正と反対に、歯の裏側にブラケットを取り付け、ワイヤーを通す方法です。正面から見えないので、ワイヤーやブラケットの見た目を気にする方に支持されている矯正治療です。

 それから「インプラント矯正」。これは歯を動かす際に支点となる位置にインプラントを埋込し、その位置から他の歯を引っ張る方法です。治療期間は一般的な矯正治療より短期で終わる傾向にありますが、ワイヤーを使用する点は上記2点の矯正治療と変わりはありません。

■マウスピース矯正のメリット・デメリット

 「マウスピース矯正」は、その名の通り、マウスピースを行って矯正治療を行う方法です。最大のメリットは、ワイヤーを使用しないので見た目の違和感がなく、またいつでも取り外しが可能な点です。他にも以下のようなメリットがあります。

・透明なマウスピースを付けているので気付かれにくい
・ワイヤーなどを通さないので口腔内を傷つけない
・金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられる
・歯磨きや食事、会話などに支障がなく、虫歯にもなりにくい
・ホワイトニングなど、他の審美歯科治療と併用できる

 マウスピース矯正を希望されるのは、「人前に出るので目立つ装置は着けたくない」「激しいスポーツをするのでワイヤーを口腔内に入れたくない」など、見た目を気にかけるお仕事に就かれていたり、装置を常時装着することに抵抗のある方々が多いようです。

 ただ、マウスピース矯正はどんな歯並びの状態の方にも適しているものではなく、極端に歯並びが乱れている場合などには治療が難しいケースもあります。治療を検討されているクリニックで、まずはマウスピースで矯正治療を行えるかどうか相談してみましょう。

■マウスピース矯正の治療の流れ

 マウスピース矯正を行う場合には、まず最初の精密検査が欠かせません(どの矯正治療でも精密検査は必須です)。矯正治療は3次元的に歯を動かしていく治療方法です。表から見た時の歯並びだけでなく、噛み合わせやあごの角度なども立体的に把握してから施術をスタートします。

 マウスピース矯正は、歯の動きに合わせて大体10~15ステップのマウスピースを作成し、段階を踏んで治療を進めます。歯の状態を立体的に把握し、患者さん1人1人に合わせた治療プランの設定も欠かせません。

 全てのステップが終わると、最後のマウスピースは保定用に使用します。歯は動かした後、どうしても元に戻る作用が働きます。これを抑え、整った歯並びを定着させる為に必要な最終ステップが保定です。

 これらの治療期間中、マウスピースはいつでも取り外しが可能です。治療中にホワイトニングなどの審美歯科治療を受けることもできますので、歯並びが整うと同時に、口元を白く明るく仕上げることができます。

■マウスピース矯正の注意点とクリニック選びのポイント

 矯正治療全般は、保険のきかない審美歯科治療になります。各クリニックのHPなどを確認し、きちんと実績や説明のあるクリニックを選びましょう。

 また矯正治療は他の審美歯科治療に比べ治療期間が長く、費用や期間・完成度の問題でトラブルになるケースもあります。治療を行う前に、治療期間や費用・どこまで歯を整えるのかなどのご希望に、きちんと応えてくれるクリニックを選ぶことが大切です。

 他にも、急いで歯並びを整えようとすると痛みが出たり、ひどい場合には骨吸収(こつきゅうしゅう)といって骨内のカルシウムが分解され骨が非常にもろくなってしまうトラブルが歯の根元である歯根(しこん)に起こり

、歯がダメになってしまうケースもあります。事前にきちんとカウンセリングなどで説明を聞き、信頼できるクリニックで治療を行うことがポイントです。

美容・健康志向の人ほど知っておいた方が良い要注意な「歯」の老化現象

お肌のキメが細かくて髪も艶々! まさに「綺麗なお姉さん」という呼び名がふさわしい職場のAさん(32歳)。

それなのにどういうわけか恋人ができないというのです。どうせ高望みしてるんでしょ! と思いきや、どうもそういうわけではなさそう。

同僚の男性によると、彼女はとても美しいけれど欠点がひとつだけあるというのです。

それは意外にも「歯」だったのです。かつてヘビースモーカーだったという彼女。笑顔になったときにチラリとのぞく歯が尋常じゃなく黄ばんでいるそうで、それまで彼女が醸し出していた清潔感がすべて消滅し、さらに年齢も相当老けて見えてしまうんだそうです。

そこまで歯が人の印象にもたらす影響が大きいなんて意外でした。彼女はいったい何人の男性との良縁を、知らず知らずのうちに破談にしてきたのでしょうか……。

<歯も老化する!? 特に「酸」にご注意を!>

でもね、みなさん。「私はタバコ吸わないから関係ないわ!」なんて思っていたら、それは大きな間違いです。

残念ながら「歯」もお肌と同じく、確実に老化しているのです。つまり、歯の機能や見た目の美しさがどんどん失われていくということになります。

なかでも注意すべきなのが「酸」による歯のエイジング。「酸」は歯の表面のエナメル質を溶かして、エイジングを加速させているんですよ。

<歯のエナメル質が溶けると老けて見える!?>

歯のエナメル質が溶けると、歯が変形したり、黄ばんで見えたり、着色を加速させる原因になるのだそうです。だから、できればなんとしても阻止したいところ!!

ところが、歯の大敵「酸」は、実は多くの飲食物に含まれているんです。

特に、栄養ドリンク、ビタミンC飲料、スポーツドリンクや黒酢、そして野菜サラダのドレッシングなどには豊富に「酸」が含まれているんですね……つまり美容・健康志向の人ほど要注意というわけです。うーん、美容をとるか、歯の健康をとるか、これは究極の選択ですよね。

<いったいどうしたらいいの?>

女性のエイジングケアをサポートするWEBサイト『TOTAL AGINGCARE.jp』によると、エナメル質を守る方法として「食べたあとに水などでゆすぐ」「食べたあとすぐ歯磨きをしない」「長時間飲み続けない」「フッ素入りの歯磨き剤でエナメル質を強化する」「ガムを噛む」ことなど、予防方法が紹介されています。

ちょっとした日々のケアで極力防止できるなんて、知らなければ何の対策もできませんよね。

もちろん、そのためには続ける努力を必要とするわけですが、サイトには各専門家が解説・特集記事(コラム)もあるのでその都度チェックして健康管理の意識を高めると良いかもしれません。

専門家協力・監修の下、それらのメカニズムや悩みを解決する方法を学び、実践して、健康美を実現していきましょう!

さて、せっかく「歯」のエイジングにいついて知識を得たところで、同サイトにある「肌」「髪」「歯」の現在のトータル年齢を知ることができる「トータル年齢テスト」を受けてみてはいかが?

 思いがけない落とし穴が見つかるかもしれませんよ! 早めにトラブルを見つけて、レッツ・アンチエイジング!

30代から要注意、疲れ目の原因は乱視にあり!?  

乱視という言葉は多くの人が知っていると思うが、その症状は? 聞かれるとなんとなく漠然としていて、しっかり説明できる人は意外に少ないのでは。

日本人の約6割といわれる近視の人の多くは乱視も併せもつといわれる。自分はどうだろう? と思う人はぜひ次のチェックリストを確認してほしい。

・近くも遠くも見えにくい
・目が疲れやすい(目の奥が痛むことがある)
・夜間(暗いところで)見えにくい □ 頭痛や肩こりがある
・モノが二重に見える(ブレて見える/影が見える)
・車を運転中、信号や標識の文字がぼやけて判別しにくい

これらはすべて乱視が原因とはいいきれないものの、乱視によることが多い症状だ。ちなみに乱視とは、角膜と水晶体のゆがみによっておこるもの。光の屈折が均一でなくなり、焦点が前後に2つある状態をいう。

先日、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、乱視矯正の経験が豊富な、しおや眼科の塩谷浩院長を招いてセミナーを開催。見逃されがちな乱視の症状や乱視矯正の現状についてセミナーをおこなった。

塩谷先生によれば、乱視があると上記のような症状に加え、よく見ようと目を細めることが多くなったり、コンタクトレンズやメガネが見えにくくなったり、目の乾燥感やまぶしさを感じるなど、実にさまざまな症状が現れるという。

ただ、これらは単なる疲れ目やドライアイと思われがち。実際、塩谷先生の患者さんのなかにも、疲れやすくなったと思ったら実は弱い乱視が原因だったり、いろいろなレンズを試したがどれも合わず、目の疲れやまぶしさを感じていた人が乱視矯正で症状が解消された例もあるそう。

なかには、何年ものあいだ、頭痛や肩こり、吐き気に悩まされ、脳外科で鎮痛剤と精神安定剤を処方されたものの症状が緩和しなかった人が、乱視用ソフトコンタクトレンズを使用するようになったら、ピタリと症状がおさまった例もあるというからビックリだ。

乱視の症状としては、モノが見えにくい、二重に見えるなど、わかりやすいのが見え方に影響するもの。一方、頭痛や肩こり、目の疲れ、目の乾燥や痛みなどは、ほかに原因があると思われ見逃されやすい。

一般的に乱視があっても、視力がよく、とくに見え方に不満がなければ通常のソフトコンタクトレンズが処方されているのが現実。塩谷先生いわく、

「見え方に不満や不自由がなくても乱視が隠れている場合もあるので、頭痛・肩こり・目の疲れなどの症状がある場合には乱視を疑ってみる必要があります。気になることがあれば眼科医に相談してみてください」

乱視の場合、近視の度数を強くすることで対応することも少なくないが、過度の矯正が頭痛などほかの症状を招く場合もある。

現在のところ、乱視の矯正方法としては、メガネ、ハードコンタクトレンズ、乱視用ソフトコンタクトレンズがあるが、日本では乱視用ソフトコンタクトレンズの処方率は欧米に比べてかなり低い。

その理由には、とくに1日使い捨てタイプに、眼科医が信頼できるレンズの種類が多くなかったり、対応できる乱視の程度や種類が足りないことがあるそうだが、セミナーを開催したジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーでも4月11日(水)に1日使い捨て乱視用ソフトコンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー モイスト」乱視用を発売する。選択の幅が広がるにつれ、今後は眼科医での処方も増えていくのだろう。

ちなみに若いうちは弱い乱視には無意識に対応できるが、30代以降になると調節力が落ち、乱視の影響が出やすくなるというから要注意。最近疲れがなかなか取れないという人は、一度乱視が原因であることを疑ってみてもいいのでは。

鼻血を繰り返す…自宅でできる対処法は?

子どもがよく鼻血を出すと親は心配になる。どういう場合に繰り返すのかを知っておけば、冷静に対処することができそうだ。

 東京都千代田区の「小川耳鼻咽喉科」にはしばしば、鼻血を出す子が親に連れられてくる。2~3日おき、あるいは毎日鼻血を出すので、「ほかの病気があるんじゃないか」と心配して来院するケースが多いという。

小川浩司医師は「子どもはよく鼻血を出す。大抵自分で鼻をほじくって出す。深刻な病気はめったにない」と話す。

 小川医師によると、子どもはまだ鼻の穴が小さいため鼻がつまりやすく、炎症を起こしやすい。炎症を起こすと粘膜が腫れてさらに鼻の通りが悪くなり、つい強く鼻をかんでしまう。

その結果、充血している粘膜が傷ついて出血してしまうという。さらに、出血するとかさぶたになるが、子どもはよく鼻をほじるのでかさぶたがはがれ、また鼻血が出てしまいがちだ。

 近年、鼻血で目立つのがアレルギー性鼻炎の子ども。小川耳鼻咽喉科では、鼻血で来院する子の約半数がアレルギー性鼻炎にかかっているという。

花粉症の治療で通う男児(10)も、4歳の時「鼻血が時々、枕についているんですが」と親に連れられてきた。

鼻炎を起こしており、鼻をこすったり、強く鼻をかんだりしていた。血液検査をしたところ、アレルギー性鼻炎の一種である花粉症になっていることが分かったという。

アレルギー性鼻炎を起こしていると鼻の粘膜が傷つきやすくなっているが、かゆいのでいじってしまい、血が出やすくなる。

 鼻血がよく出る年齢は、アレルギー症状が出始める3歳頃から、まだ鼻の発育が不十分な6歳ぐらいまでが多いという。

 子どもが実際に鼻血を出したら、別表の方法で対応する。小川医師は「その時は止まっても、翌日以降も毎日出るようだったら病院へ行くのがいい。原因が分かれば親も安心できる」と話す。

応急処置では根本解決にならない! 歯の短気治療を繰り返す人は要注意

歯の治療前にどこまで治したいか患者さんの希望を聞く歯科が多くなってきました。「悪いところは全て治したい」「応急処置だけでいい」など、要望はさまざまです。

もちろん忙しい患者さんの場合、治療期間を少しでも短くしたいと思うでしょう。しかし、短期の通院はときにトラブルの元になることがあります。

 治療の要望を伝えるとき、それぞれのメリットとデメリットは理解できていますか? 患者さんからのよくある要望別に、メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

■「痛みを取る応急処置だけしてほしい」⇒応急処置の限界に注意

 「痛みをとる応急処置だけしてほしい」。これは病院嫌いの人にとっては、魔法のような言葉でしょう。しかし残念ながら、治療をする側としては矛盾した要望です。最終的な目的は痛みを取ることなのか、本当に応急処置だけでいいのか、はっきりさせましょう。

 応急処置だけで痛みが落ち着くのは、基本的にはあくまでちょっとした違和感や、ある瞬間だけ痛みがある場合だけ。痛みが強い場合、基本的には応急処置では改善しないと理解することが大切です。

 強い痛みの場合、虫歯であれば歯の神経を抜く治療や抜歯が必要なことも。一般的に比較的時間がかかる治療が必要で、その日のうちに痛みが落ち着かないことも多いです。

さらに歯ぐきの腫れなどがひどい場合も、応急処置ではほとんど効果がありません。歯周病の治療や、歯の根の治療を行い、改善するのに数日~数週間程度かかることもあります。応急処置で取れるのは、あくまで軽度の痛みだけ。応急処置に過度の期待は禁物です。

■「痛いところを治してほしい」⇒初期虫歯が放置されるデメリット

 この場合、応急処置よりもしっかりした治療を希望しているのだなとわかります。このように希望をいう患者さんは、大きく2つのケースに分かれるようです。

□自分の口の中の状態を把握できている場合

 口の中の全体の治療後1年以内や、定期検診を欠かさず受けている患者さんなど、それまでの治療で自分の口の中の状態をだいたい把握できていれば、「この部分だけ治せば、しばらくは大丈夫そう」と判断ができるでしょう。この場合は、痛いところだけの治療で問題ないことが多いです。

□治療はしたいが、最小限で押さえたい場合

 問題が起こりやすいのはこちらのケース。痛い部分さえ治療すれば問題ないと思う人が多いようですが、歯の痛みの原因は、単純に1本の歯だけの独立した問題ではないことがあります。

 たとえば、痛みの原因は噛み合わせのバランスや、噛み合わせの力の配分のこともあります。その場合、痛い歯は結果であって原因ではないことも多いのです。こういうケースでは、「今は痛くない歯」も一緒に治療しない限り、トラブルが続くことがあります。

 さらに多いのは、痛い歯だけを治療して、他の進行中の虫歯を放置してしまうこと。

虫歯は痛くない時に治した方が、時間、回数、費用など全ての負担が少なくて済みます。面倒でも一度しっかり完治させておかないと、いつまでたっても病院通いが必要になってしまうのです。

■「とりあえず痛みが引いたので通院をやめます」⇒抜歯リスクが残る

 最もよくない選択肢です。たとえば、虫歯が原因で歯の神経を取った場合、痛みはなくなります。しかし、治ったわけではありません。そのまま治療を止めると、治療前より歯のダメージが急速に進行してしまうのです。

神経を取ったということは、歯の内部に穴がある状態。仮の詰め物があったとしても、時間とともに内部に虫歯菌などが入り込み、内部から歯を溶かして崩壊を促進してしまいます。

 悪化速度も速いです。外側のエナメル質を溶かす時間に比べ、内部の象牙質では急激に虫歯が進行しやすいという特徴があります。神経を取った後、数年後に再び痛くなって治療しようとしたところ、すでに手遅れで抜歯しか選択肢がなくなるのは、よくあるケースなのです。

 強い痛みが出てから慌てることがないよう、定期検診などを上手に利用して歯の健康を維持するように心がけてください。

守ってあげたい!赤ちゃんの歯のケア方法

赤ちゃんの頃の歯のケア次第で、将来の口のなかの環境が決まると言われています。そう思うと歯のケアはとても大切。赤ちゃんの歯のケアはママの仕事です。

いろんな歯のケア方法がありますが、ここでは基本のケアのみを紹介します。自治体で行われた赤ちゃんのための虫歯講習で得て、実践してうまくいった歯のケア方法を紹介します。

■ STEP1:前歯しか生えていない時期のケア

まだ前歯しか生えていない時期のはみがきはガーゼで行います。右手の人差し指をガーゼでくるみ、前歯の表裏を拭いてあげました。終わったら洗面台で口を『ぶくぶくしようね』と言って水で口をゆすぎました。まだまだ言葉がわからない時期は水を飲ませるだけでOK。

■ STEP2:奥歯が生えてきた時期のケア

奥歯も生えてきたらいよいよ歯ブラシの出番。力を入れすぎずにさっさっと軽く小刻みに歯ブラシを動かす容量で磨いてあげました。赤ちゃんが飽きることを考慮して、まずは歯の外側は後。内側を先に磨きます。

◎ 歯ブラシの選び方

歯ブラシは市販のものでいいので年齢にあったものを選びます。行きつけの歯医者さんおすすめの歯ブラシ選びのポイントは以下の2点でした。

・毛が固すぎないものだと歯を傷つけない

・ヘッドが小さい方が奥歯もよく磨ける。毛の並ぶ列数は3列程度がベスト。

◎ 歯の裏側を磨く場合

『あーしようね』と言うと、口を開けるのでその間に歯を磨きます。すぐに口を閉じてしまいますが、今期よく何度も同じようにして言うようにします。仮に嫌がって泣いたとしても口が開くので少し強引ですがその隙に磨いてしまいましょう。

◎ 歯の外側を磨く場合

表側を磨く場合は、歯に沿って口に人差し指を入れ、隙間を作って歯磨きするときれいに磨くことができる。市の歯科衛生士さんの話通りにしてみたら上手に磨くことができました。

歯の内側は赤ちゃんが口を開けていないと磨くことができません。ずっと口を開けていると飽きてしまうので歯の外側は後回し。内側から磨くようにするとママも楽に磨けます。

◎ 歯医者さんで定期的にフッ素を塗ってもらう

フッ素は歯を強くし、虫歯の発生率を抑えることができます。1歳前後の頃、市の歯の講座でフッ素を塗ってもらいました。

それをきっかけに歯医者さんで4か月に一度、フッ素を塗ってもらっています。健康な歯を守るために継続してフッ素を塗ることは虫歯予防に有効です。

■ これはやめて!口移しの食べさせ方

大人の口に入れた食べ物には虫歯菌がついています。赤ちゃん期に口移しの食べ方をさせると虫歯菌が住みついて虫歯になってしまいます。歯の健康を守るために、口移しはしないほうがいいと、育児書や歯の講座、雑誌などさまざまなところで見聞きしたことがありました。

3歳までに口の環境は決まると言われているのでそれまでは口移しはしないほうがいいでしょう。筆者の子供たちもこれを守ったせいか、今の歯磨きは雑でも虫歯は一本もありません。

■ おわりに

今だけでなく将来のためにも歯のケアはとても大切。筆者自身が歯がよくないのでしみじみ感じます。自分の子供に同じ思いはさせたくないので歯のケアをしっかり行ってきました。そのかいあってか9歳と7歳になった今でも虫歯はありません。ぜひ子供の歯の健康を守ってあげましょう。

<『みんなの家庭の医学』おさらいニュース>放っておくと危ない鼻の病気、その症状は?

鼻水、鼻づまりと聞くと、風邪や花粉症を思い浮かべる人が多いと思うが、症状は同じでも重症化する病気の可能性もあるという。

今回のORICON STYLEと朝日放送『たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学』(毎週火曜午後8時放送)のコラボ企画“おさらいニュース”では、日本トップクラスの鼻の名医が警告する“放っておくと危ない鼻の病気”トップ3を紹介する。

<おさらいニュース>風邪? 鼻水の出ない鼻づまりの危険性

◆両側? 片側? 鼻水、鼻づまりの起こり方に注意!

 たかが鼻水、鼻づまりと侮るのは危険! そう警告するのは、吉川衛教授(東邦大学医療センター 大橋病院 耳鼻咽喉科)。特に気をつけたい鼻の病気トップ3を教えてくれた。

 第3位は、「副鼻腔真菌症」。寝室や風呂場、キッチンなどにいるカビ(真菌)が、鼻の奥に広がる空洞(副鼻腔)に入って増殖し、炎症を起こすという病気だ。免疫力が低下している時にかかりやすいという。鼻水や鼻づまりが片側にだけ起こっている場合は、この病気にかかっている可能性も。

 もうひとつ、片側だけの鼻の症状で要注意なのが、第2位の「上顎洞がん」。副鼻腔の空洞のひとつ「上顎洞」にがんができ、最悪の場合死に至る病だ。喫煙やホコリ、細菌等の異物を吸い続けることで上顎洞の粘膜が傷つき、炎症が慢性化。細胞ががん化してしまうと考えられている。

年間の患者数は約1000人と多くはないが、片側だけ鼻水が出ていて、血が混じったり、黄色く粘ついているようなら、病院ですぐに診察を受けた方が良さそうだ。

◆早期発見がカギ 今、増えている恐ろしい新型「副鼻腔炎」

 吉川先生が警告する鼻水・鼻づまりから始まる危険な病の第1位は「慢性副鼻腔炎」。細菌やウイルスにより副鼻腔の粘膜に炎症が起きる病だ。患者数は約100万人とも言われているが、抗菌薬による治療で比較的簡単に良くなるとされてきた。

ところが、ここ10数年で、従来の治療法で治らない「好酸球性副鼻腔炎」という新しいタイプの副鼻腔炎にかかっている人が増えていることが明らかになってきた。白血球の一種の好酸球が、何らかの原因で副鼻腔の中で異常に増殖し、正常な細胞を攻撃して炎症を起こしてしまうという。

悪化すると、耳にまで炎症が及び聞こえなくなったり、喘息による呼吸困難に襲われたりすることもあると言う。症状は従来の慢性副鼻腔炎と似ているが、見分けるポイントは2つある。

1.鼻がつまっているわけでもないのに、匂いが感じにくい。
2.息が苦しくなるほど激しい咳が出て、しばらく止まらない(この病気は成人になってから発症する喘息を併発することが多い。)

 症状改善のカギは、早期にステロイド薬による治療や手術など。早期発見のためにも、上の2つの症状があるようなら、花粉症という思い込みを捨て、一度専門医に相談することをお勧めする。

遠くを見ると、目は良くなるの?

パソコンを使うようになってから、急激に目が悪くなってきた――。そう実感している人は多いのではないだろうか。かくいう筆者も、低下する一方の視力を少しでも引き戻そうと、休憩時間に目の運動をしてみたり、窓から遠くを眺めてみたりと、あの手この手を講じている。

でも、昔からよくいわれる「遠くを見ると目が良くなる」という噂は、事実なのだろうか? 横浜相鉄ビル眼科医院の大高功先生に聞いてみよう。

「遠くを見ることで一度進んだ近視が改善される可能性は、大人の場合はほぼゼロといっていいでしょう。ただし、近視の進行を予防する効果はあると思いますよ」

パソコンのみならず、スマートフォンの普及で現代人の目はいっそう酷使されている。視力の回復は見込めなくても、こまめに遠くを眺める効果は大きいと大高先生は語る。

「遠くといっても、山や森などの風景を見ろというわけではありません。ほんの3m先の壁に数秒目を向けるだけでも十分なんです。目の水晶体を動かしている毛様体筋は、近くを見るときに収縮し、遠くを見るときに弛緩します。

毛様体筋が収縮している時間が長いほど近視が進む傾向があるとされていますから、たとえばパソコンを使っている時も、画像や動画を読み込んでいる隙など、5分に1度くらいのペースで視点を遠くに移してやれば、そのつど目の筋肉がふっと緩むのが実感できるはず」

ちなみに大高先生によれば、視力が下がるということは、より近くで焦点が合いやすくなっていることでもあり、つまりは目が「適応」している状態でもあるという。軽度の近視であれば、必ずしも目の健康状態として悪いことではないのだ。

「ただし、あまりに近視が進んで“強度近視”になると、網膜の病気の発症率が上がるなどリスクもあります。できればほどほどの近視にとどめておきたいですね」

オフィスの壁でも窓でも、ちょこちょこ毛様体筋を緩めるための目印を見つけておこう。

あなたのやり方で合ってる?「歯磨きで絶対アウト」な磨き方5つ

子どもの頃に歯磨き指導を受けたけど、虫歯がないので最近歯医者さんに行っていないという方も多いのでは? 虫歯はなくても20代を超えると、口内環境が不安定になると言われています。

そこで今回は、健康で丈夫な歯を作るためにやってはいけない磨き方、5つのポイントをご紹介します。

■1:毛先部分が大きい歯ブラシでガシガシ磨く

毛先部分が大きい方が広い面積を磨けると思い、毛先の大きな歯ブラシを使う方もいると思います。しかし、毛先が大き過ぎると、奥歯や歯の細かい部分に毛先が当たりにくく磨き残しの原因になりがちです。

植毛部分は中指の第一関節くらいの大きさか、上前歯2本分がベストです。歯1本1本を均等に磨くためには、毛先の切り口が平らなものがお勧めです。

また、ガシガシと力任せに磨いてしまうと磨いた気になってしまって、実際は汚れが取れていないことも多いのが事実。歯磨きに強い力は必要ありません。鉛筆を持つように優しい力で磨くのが基本です。

■2:歯磨き粉にこだわりがない

何となく家にあった歯磨き粉で、歯を磨いている方は多いと思います。しかし、毎日使うものなので成分にも目を向けてみましょう。年齢を重ねたら歯磨きでスッキリするだけではなく、歯垢やステインが溜まりにくい口内環境作りが重要です。

薬用や医薬部外品と表記されている製品の中でも、歯垢を除去する酵素や歯の密度を高めるフッ素、着色汚れを防ぐナトリウムが含まれているものを選びましょう。ちなみに、1回あたりの使用量は1〜2センチ(約1g)が目安です。

■3:全体を同じペースで同じ順番に磨く

同じペースで磨いていると、毛先が届いているところと届いていないところで汚れの残り具合に差が出てしまいます。
歯垢が溜まりやすい部分には順番を分けて磨きましょう。順番としては、歯と歯の間、歯と歯肉の境目、噛み合わせの順で磨くと効果的です。歯は2本ずつ、15〜20回を目安にブラッシングしましょう。

■4:歯に対して垂直に磨く

歯に対して垂直にブラシを当てると歯表面はキレイになっても、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間には毛先が届きません。

境目に対して45度程度の角度をつけて磨くと、歯周病予防に効果的と言われています。歯並びが凸凹という人は毛先が届きにくく磨き残しが多くなるので、歯ブラシを縦に当てて上下に優しく動かしましょう。

歯並びが気になる人は、毛先が小さい歯ブラシで細かい部分まで届くように磨いたり、歯間ブラシやデンタルフロスを取り入れて磨き残しがないようにしましょう。

歯の状態を確認するように丁寧に磨くのがポイントです。歯石除去効果を高めて血色のよい歯肉を保つことができ、口臭予防にもなります。

■5:歯ブラシを全然交換していない

毛先が広がってきたり、透明だった歯ブラシが白くなってきたら交換のサインです。衛生面も考慮して月に1度は交換しましょう。

歯磨きは毎日の習慣ですが、毎日のことと分かっていても、つい疎かになってしまいがちなもの……。おばあちゃんになっても自分の歯でしっかり生活するために、今からぜひ気をつけてみてくださいね。

えっ! 神経を取った歯が痛くなってきた

虫歯で痛くなったら歯の神経を取れば痛みは治まることはご存知ですね。しかし「神経を取った歯も再び痛くなることがある」という話をご存知の方は少ないようです。今回は神経を取ったはずの歯が再び痛くなることについてガイドが解説します。

・こんな症状が…

神経を取った歯が痛くなる場合の典型的な特徴をいくつか紹介します。

・咬むと痛い
以前は痛くなかった歯がだんだんと食べ物を咬むと痛くなってきます。

・水はしみない
どんなに冷たい水を飲んでも虫歯の時のようにしみるようにズキズキすることはありません。

・歯の根と付近におできの様な出来物がある
慢性化するとおできの様なふくらみができて、周りを押すと膿が出てくることがあります。

・歯が重く感じる
なんとなく指で根元付近の歯を押してみたくなるような違和感があり、歯が重く感じることもあります。

一番多い初期症状は「咬むと少し痛い」です。ひどくなると咬まなくても痛みが出てきます。神経を取ってから痛みが出るまでの時間は、長いときには10年以上かかることもあります。

・根の中の汚れなどが原因
咬み合わせや歯周病に問題がない場合、神経を取った歯が痛くなるのは概ね次のようなことが原因と推定されます。

・神経が残っている場合
神経を取る治療をしても、僅かに歯の中に神経と虫歯菌が残ってしまうことがあります。この場合、比較的早い段階(翌日~1年程度)で痛くなることが多くなります。

・神経を取った後の詰め物に隙間があった場合
神経を取った後に詰めた物に隙間があると少しづつ時間をかけて細菌が繁殖して、骨の中に膿を持った空間ができることがあります。比較的長期間(1年~10年以上)かけて膿がたまるため、症状が分かりにくいのが特徴です。

・歯の根が縦にひび割れた場合
歯の根の部分が縦に裂けたように割れた場合には、その割れ目を伝わって細菌が口の中から歯の根の内部に入り込み、突然に痛みが出ることがあります。

神経を取った歯というのは、治療した後に上記の理由で、根の先に膿がたまるリスクがどんな歯にも少なからずあります。このため神経を取らないで済むように小さい虫歯のうちに治療することがとても大切なのです。

・治療について
治療は汚れてしまった根の中をきれいにすることを中心に行なわれます。治療の手順は概ね次の通りです。

・痛む歯の被せ物や詰めものを取り除く
神経の大部分はすでに取ってあるので麻酔は必要ありません。

・神経があった元の空洞をきれいに掃除する
針のような細い道具を歯の中で動かして汚れを削り落とします。2回~10回程度治療回数がかかります。しかし、すでに根が縦に裂けるように割れてしまっていたときには、歯を抜くことになります。

・新しく根の中に詰めものを入れる
隙間がないようにしっかりと歯の中の空洞を詰めます。

・被せ物や詰めもので元の歯の形を取り戻します
神経を取ってある歯は脆いので、被せることがあります。

ご注意!
「咬むと痛い」などの症状は数多くの原因で起こります。正確な診断にはレントゲンなどさまざまな検査が必要になります。この記事での自己診断を行なうことはご遠慮ください。詳しくはかかりつけの歯医者さんなどで正しい診断をしてもらいましょう。

プロ野球選手もやっている目のエクササイズ、視力アップをめざせ!

・自然に視力をよくするエクササイズ「目をできるだけ右と左に動かす」

現代人の視力の悪さや目の疲れの原因は、テレビやパソコンの画面を見ている時間の長さが関係しています。つまり、同じ画面を見続ける事で、目を十分に動かせていないのが原因なのです。

目は主に6つの筋肉で動きがコントロールされています。それらの筋肉を動かしてエクササイズすることで、目の血行をよくし視力もアップできます。

まずは目をできるだけ右に動かし3~5秒そのままにします。その後左に動かし3~5秒静止します。数秒休んだ後、同じ事を何度か繰り返します。

次は目をできるだけ上に動かし3~5秒そのままにします。その後下に動かし3~5秒静止します。数秒休んで同じ事を数回繰り返します。

左右上下の運動の次は、目をぐるっと回します。3秒くらいかけ、ゆっくりぐるっと時計回りに目をまわし、その後また3秒かけて反対まわりにまわします。これを何度か繰り返します。

最後は、ペンを使って遠くや近くを見る運動をします。腕を伸ばした状態で、手に持ったペンを顔の前に持ってきます。

ペン先を3~5秒見つめ、その後視線変えて3~5秒遠くを見つめます。この時見つめる先が遠ければ遠い程効果がありますので、室内にいる場合は、窓越しで遠くを見つめましょう。これを数回繰り返してください。

この目の運動は、アメリカのプロ野球選手もやっているエクササイズで、視力が良くなるだけでなく、目と手の協調関係をよくする効果もあります。運動は目だけを動かし、首や顔が動かないようにしてください。

年々悪くなっていく視力、諦めずにまずはこんな簡単なエクササイズにトライしてみてはいかがですか。

年をとってからの視力低下を防ぐ7つの方法

年をとってからの視力低下率は女性の方が男性よりも2倍も多いそうです。20代のうちから将来のために視力を守るには?手を良く洗う、カラコンの使用は避ける、など。

女性の視力の低下率が高いということで、アメリカで女性のための視力を守る方法を教えてくれるサイトが誕生しました。シー・ジェーン・シーというサイトに掲載されている7つの方法を紹介しましょう。

1
定期的にきちんと眼科で検査をする。また、家族の中に目の病気をした人がいるか知っておく。

2
健康的な食生活をする。特に目の健康にいい緑黄色野菜や、亜鉛を含むレバー、そしてオメガ3脂肪酸を含む魚介類を多く摂ることが推奨されています。

3
喫煙はやめる。また、自分の周りの人の煙を吸い込むセカンドハンドスモークでも目の病気になるリスクが高まるので気を付ける。

4
帽子をかぶったりサングラスをかけることで、紫外線から目を守る。

5
メイクや化粧直しをする前にはよく手を洗う。汚い手でメイクをする事によって、バクテリアが目に入り病気になることがあります。

6
コンタクトレンズ、特にソフトコンタクトをしている人は、購入時に眼科医からの説明をよく受け、適切な洗浄や使い方をする。

7
カラーコンタクトは、店頭で選んで買うのではなくきちんと眼科医や眼鏡屋さんなどの専門店できちんと目にあったものを購入して使用する。使用法を間違えると炎症を起こしたり最悪の場合は失明に至ることもあります。

いかがですか、簡単な事ばかりなので日頃から気を付けてみましょうね。ちなみにアメリカでは、乾いてしまったマスカラにつばを付けて使用する人がいるらしく、「細菌が繁殖してしまうので絶対にやめるように」とサイトで注意されています。

ウーロン茶の苦味に虫歯予防効果 歯垢抑制、人でも確認

食事中と就寝前にウーロン茶を飲むと虫歯予防につながることが、大阪大大学院歯学研究科が行った試験で明らかになった。

動物実験でウーロン茶特有のポリフェノール(苦味成分)が歯垢の発生を抑えることは分かっていたが、人への効果は確認されていなかった。

 試験は18歳から43歳までの男女31人を対象に実施した。ウーロン茶とミネラルウオーターを食事(朝・昼・晩)中と就寝前に3日間飲用。

4日目の朝に染色剤を用いてプラークスコア(歯垢の沈着度)を検査したところ、平均でウーロン茶が104、ミネラルウオーターが126と差が認められた。対象者は試験の間、歯磨きとうがい、ほかのお茶を飲むことが禁止されていた。

 大阪大の大嶋隆名誉教授は「お茶は虫歯予防に有効なのではないかという話は以前からあり、真偽をデータで明らかにしようと調査した。人でこれほど明確な作用が認められるとは思ってもみなかった」としている。

同じお茶でも発酵しない緑茶のポリフェノールはほとんどカテキン類なのに対し、発酵を途中で止めるウーロン茶にはカテキン類が重合してできる特有のポリフェノールが含まれる。

緑茶でも試験を行ったが、それほど結果が出なかったという。

 大嶋名誉教授は「虫歯の予防法として、規則正しい食生活、砂糖を含む食品の制限、口腔清掃の励行、歯科医師による定期診査を受ける、などが挙げられる。

これらを実践するとともに、ウーロン茶ポリフェノールを生活のなかに取り入れてほしい」と話している。

老眼 目いい人なりやすい?回復方法は?100均老眼鏡はOK?

40代以降、誰にでも徐々に症状が表れ始める“老眼”。最初は気がつきにくく、違和感を我慢して目を酷使してしまいがち。そこで、まずは老眼のギモンを解決してくれたのは井上眼科病院の院長・井上賢治さんと「メガネスーパー アイステージ有楽町店」の宮坂豊美さんだ。

Q:どんな人でも老眼になるの?

A :40代前半から、誰でも近くが見えづらくなります。
「水晶体の厚みを変える目の調節力は、実は10代から徐々に衰えていっています。近くを見るのに影響が出始めるのは40 ~45才ころ。進行具合にやや個人差はありますが、誰にでも起こる現象です」(井上さん)

Q:目のいい人は老眼が早いってホント?

A:気づくのが早いだけで平等に進行しています。
「目が悪い近視の人は、もともと近くにピントを合わせやすいので、遠視の人に比べて老眼を感じるのが遅いだけ。近視の人も遠視の人も平等に老眼は進んでいます」(井上さん)

Q:老眼を回復させる方法はある?

A:目の老化現象なので自力で回復させるのは難しい。
「老眼は水晶体が硬くなっていく老化現象なので、目を動かすトレーニングなどで回復するのは、医学的には難しい。水晶体を支える毛様体筋も、筋トレのように鍛えることはできません」(井上さん)

Q:100円ショップの老眼鏡でもいい?

A:自分の目に合った老眼鏡を作りましょう。
「100円ショップなどで売っている老眼鏡は、年齢を目安にした度数になってはいますが、近視や遠視、乱視など、その人に合った細かい視力調節まではできません。合わない眼鏡を使っていると、眼精疲労の原因にもなります」(宮坂さん)
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】