あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

カテゴリー  [■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 ]

咳が長引く…病院に行くべきタイミングはいつ? 

◆2週間以上続く咳には要注意!

一言で咳と言っても、咳の原因となる病気を特定するのは意外と難しいもの。

埃を吸い込んだ時や、喉に異物感がある時に咳が出るのは、病気とは関係のない生理的な現象ですが、病気が原因となって咳が長引く場合があります。よくあるのは、一般的なかぜ症候群。かぜをひいた後、解熱後に咳だけがしばらく残った経験がある方は多いでしょう。また、花粉症をはじめとするアレルギー反応として咳が続くことも考えられます。

いずれにしても、あまりに長期間続く咳症状には注意が必要。咳が2週間以上続く場合は、まずは内科の受診をおすすめします。喘息の始まりということもありますし、咳の原因がマイコプラズマ肺炎という可能性もあるからです。

マイコプラズマは培養が難しく、抗体検査も偽陽性が多いので確定診断が困難なケースもあります。しかし、マイコプラズマに有効な抗生物質を投与して症状が緩和すれば、結果的に咳の原因がマイコプラズマの可能性が高いということになります。また、病院でマイコプラズマと診断されれば、抗生物質により適切な治療を受けることができます。結核だけでなく、マイコプラズマも感染力が強いので、咳が長引く場合は放置せず、適切な検査を受けるようにしましょう。




( 2018/05/23 21:48 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

マスク依存は克服すべき?マスクと「コミュ力」の関係 

◆マスク依存は克服すべき? 心を落ち着かせるマスクの効果

みなさんは、マスクをつけた方が話しやすい方ですか? それとも、マスクを煩わしく思う方ですか?

私はカウンセリングの場で、マスク愛用者にしばしば遭遇します。「マスク依存症で……」とその状態に先入観を持っている方もいます。マスクを愛用するのは、コミュニケーションに自信がない方だけではありません。その時に悩みを抱えている方、少し体調が悪い方なども、マスクをつけることで気分が落ちつき、話しやすくなると感じることが多いようです。

人は誰でも、無意識のうちに他人に気を使い、対人関係にたくさんのエネルギーを使って生活しています。自分自身の状態が絶好調でエネルギーに満ち溢れている時には、対人関係のストレスを吸収し、人とのコミュニケーションからさらなるエネルギーを賦活することができます。一方、元気がない時には人とかかわり、話をするだけでもエネルギーを消耗し、閉じこもりたくなるほど疲弊してしまうことがあります。

とはいえ、社会生活を送っている以上、私たちは毎日のように行くべき場所に出かけ、人ととかかわって生きていかなければなりません。そうした時、対人関係のストレスから私たちを守ってくれるのが「マスク」です。つまり、マスクは、疲れている人の心を落ち着かせる「心の杖」の役割を果たしているのです。
.
◆社会に出る新しい一歩を後押ししてくれた「マスクの力」

また、マスクは会話に苦手意識を持つ方がコミュニケーション力を向上させるための「スモールステップ」として活用することもできます。マスクを使うことで、プチひきこもり生活から脱することができた知人の成人女性(Aさん)の体験談をご紹介します。

Aさんは対人関係のストレスが強く、大学卒業後に入社した会社を数カ月でやめ、長年、実家で家事を手伝う生活を続けていました。とはいえ、Aさんには「このままではいけない」「早く仕事を見つけて自立したい」という思いが日に日に募っていました。そんなAさんに、私がアドバイスしたのが「マスクをつけての街歩き」です。「マスクをつけてただ街を歩いて、気になった店があれば入ってみたり、本屋さんに立ち寄って雑誌をめくったりしてみませんか? できれば、毎日続けてみてください」と提案したのです。

すると1か月後、Aさんの口から出る「話題」そのものが変わってきました。それまでは、幼少期からの劣等感や他人からの見られ方など「自分自身の問題」にばかりに意識が向いていたAさん。しかし、マスクをつけて街歩きを始めてから1ヶ月、Aさんの意識は街の風景やお店の情報など、「外で見つけたもの」に向かうようになっていったのです。

その後、私はAさんに「次は興味のある講習会や講座などに参加して、人とかかわりながら自分の世界をさらに広げてみませんか?」と提案しました。もちろん、「まずはマスク着用で」とアドバイスしました。

Aさんはインターネットでカルチャーセンターの講座を検索し、以前から関心のあった写真撮影を受講しました。参加者との出会いに緊張し、人と話をするたびに「どんな話をすればいいんだろう」「自分の受け答えはおかしくなかっただろうか」と不安になっていました。しかし、「マスクがあるから大丈夫」と思い直して講座への参加を続けていきました。すると、気がつけば講座のメンバーに、マスクの下で自分の気持ちや意見を少しずつ言えるようになっていきました。

こうして毎週1回、写真撮影の講座への参加を続けているうちに、Aさんはしだいにマスクの着用がうっとうしくなり、気がつけばマスクなしで外出できるようになりました。同時に講座を通じて数人の友達ができ、その友人たちと撮影旅行に出かけるほど仲良くなりました。こうした交流を通じて、Aさんの人付き合いへの苦手意識はしだいに軽減され、なんと1年後には、接客業の仕事に就くことができるようになったのです。

このようにAさんは、マスクという「心の杖」を活用してコミュニケーション力を伸ばし、自分自身の人生を大転換させることができたのです。

◆マスクのメリット・感染予防以外の効果

近年は、「マスク依存」といった言葉もあるようで、マスクで顔を隠すことにより人や社会との距離を作ってしまうので克服するべきことと考える方もいるようです。しかし、コミュニケーション力を伸ばすには、「外出ができること」「他人とかかわりをもつこと」「フェイス・トゥ・フェイスで会話ができること」という3つのポイントが重要ですが、誰もが最初からこうした行動をスムーズにできるわけではありません。

Aさんのようにマスクという「心の杖」に守られることで、コミュニケーション力を伸ばしていける人もいるのです。アイテムを使えば行動化へのハードルが下がるなら、まずはためらわずにそのアイテムを活用してみましょう。

「私はマスク依存症だから」などと、自分に先入観を持つ必要はありません。マスクを使うと外出しやすくなるということは、寒がりな人が上着を一枚多く羽織れば外出しやすくなることと同等、と考えてみるとよいでしょう。寒がりな人も厚着で外を歩いていれば、いずれは暑くなって上着を脱ぎたくものです。同様にマスクを常用する人も、マスクをつけて人とのかかわりを続けているうちに、マスクを外した方が話しやすいと思うようになるものです。

「行動」が変われば、「意識」も変わります。つまり、外出や会話が苦手なら、まずは自分が楽なやり方で外出して人とかかわりをスタートさせれば、必ずコミュニケーションへの意識も変わっていくのです。そして、行動と意識が楽になれば、自然とマスクなどのアイテムに頼らなくても、コミュニケーションがとれるようになっていきます。このように、マスクという「心の杖」を活用して、自分の世界を広げている人が世の中にはたくさんいます。マスクをつけた方が対人関係のハードルが下がると感じるのなら、まずはマスクをつけて思い切って外に飛び出してみましょう!




( 2018/05/16 10:50 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

風邪かと思っている咳、痰。もしかして肺がんの初期症状かも? 

◆ちょっと風邪が長引いていて……

職場でゴホゴホ。お家でゴホゴホ。どうも、風邪が長引いて……という方はいらっしゃいませんか?確かに、風邪が長引いているときには、咳や痰がしばらく続くときはよくあります。多くは、風邪薬で症状を抑えながら、栄養と休養をしっかりとっていくと自然に軽快します。しかし、咳や痰は肺がんの初期症状のひとつでもあります。注意すべき長引く咳や痰について解説しましょう。
.
◆痰に血が混じる

痰と一口に言っても色や性状はさまざまです。薄い透明なものから、白っぽいもの、黄色や緑色、茶色、黒色など色もさまざまであれば、さらさらのものから粘度の高いものもあります。一般に、細菌の感染があれば痰は粘っこく色がついてきますし、茶色や黒などは喫煙の影響による場合も多いです。長引く風邪のときなどは黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの細菌感染が起こるので、特に色がついた粘っこい痰が出てきます。

しかし、赤やピンク、またかさぶたのような赤黒い色の痰が出る場合は、これらのものとは明確に異なります。赤やピンク、赤黒いのは血の色であることが多いのですが、通常は血が痰に混じることはありません。肺がんに限らずがんは組織がもろく出血しやすいので、痰に血が混じりやすくなります。もちろん、咳が続いたときなどに稀に混じることはありますが、とくに痰のなかにすっと線を引いたような赤い筋があるときなどは要注意です。

◆極端に長引く咳の正体

風邪による咳は、初期であれば痰を出すためのいわば自衛的な咳ですが、痰がある程度出てしまえば次第に治まっていきます。風邪をこじらせた場合や喘息などの基礎疾患がある場合には、気管支粘膜に炎症がのこり過敏性が増して、ほこりや温度差などちょっとしたことで咳が続いて出ることもありますし、マイコプラズマ肺炎なども報告されています。

しかし、これらの咳は通常は炎症の軽快、感染の改善によって治まっていきます。もし、通常の気道感染症治療によってほとんど改善が見られない咳であれば、近年、結核の可能性もありますが、やはり肺がん、とくに気管に近い肺門部と呼ばれるところにできたがんの可能性も考えておかなくてはなりません。
.
◆まずは、内科の受診を

もちろん、頻度としては肺がんよりも通常の呼吸器感染症(いわゆる長引く風邪)のことが圧倒的に多いので心配しすぎることはありません。しかし、少しでも気になられたのなら、思い立ったが吉日。明日にでも、まずは内科の受診をして医師の診察をお受けになることをお奨めします。




( 2018/05/10 09:14 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

「突然起こる」「いつもと違う強い痛み」気をつけるべき危険な頭痛とは 

気をつけないといけない危険な頭痛について、岡山中央病院(岡山市)の平野一宏脳神経外科科長が寄稿した。 今回は、気をつけないといけない危険な頭痛をテーマにお話しします。まず働き盛りの年代を襲い、命に関わる頭痛であるくも膜下出血についてです。

 ●「経験したことがない突然の激しい頭痛」=くも膜下出血

 「急に頭が痛くなり、思わず時計を見たら○時○分○秒でした」「誰かに後ろ頭をハンマーで殴られたと思い、振り返ったが誰もいなかった」―などと患者さんがおっしゃいます。このように、突然、雷が落ちたみたいに起こり、1分未満でピークに達する強い頭痛を雷鳴(らいめい)頭痛と言います。

 通常、吐き気や嘔吐(おうと)も起こり、頭痛のために何もできなくなってしまいます。いわゆる頭痛持ちの患者さんでも、いつもの頭痛と同じかどうか尋ねると、「いつもの頭痛と全然違う!」と言われます。雷鳴頭痛の患者さんが受診されたら、直ちに頭部CTを行います。雷鳴頭痛の多くが、脳動脈瘤(どうみゃくりゅう)が破裂したことで起こるくも膜下出血だからです。

 一度破裂した脳動脈瘤は自然治癒や薬物治療での改善は期待できず、クリッピング手術か脳血管内治療を行わなければなりません。図1のように、CT画像でくも膜下腔(くう)という脳の隙間に出血がみられたら、安静にしていただき、注射で血圧管理を始めます。破裂した脳動脈瘤がどこにあるのか、どのような治療を選択するかを考えながら、さらに検査を進めます。

●「ズキンズキン、脈打つように痛む」=脳動脈解離

 患者さんが「急に片方の後頭部がズキンズキン痛みだした」と言われ、それが脈打つような痛みであれば脳動脈解離を疑います。動脈解離とは、内膜、中膜、外膜の3層になっている動脈の壁のうち、一番内側の内膜に傷ができ、その傷から血液が血管の壁の中に入り込む状態です。私は「血管の壁が裂けた」と説明しています。

 内膜と中膜の間が裂けると、血液の通り道が狭くなって脳梗塞が起きたり、中膜と外膜の間では、血液が動脈周囲に漏れ出してくも膜下出血になったりする場合があります。頭痛とともに注意が必要です。

 検査は、頭部MRI、脳血管撮影の他に、造影CTを行い、血管の立体画像を構成する3D―CTAもあります。脳動脈壁内に入り込んだ血液が見えたり、図2のように、動脈が細くなったり、蛇が卵をのみ込んだみたいな瘤(こぶ)のできた動脈が見られれば、脳動脈解離と診断します。  脳動脈解離の患者さんは約半数に高血圧があり、症状が頭痛だけの場合は鎮痛薬を処方し、血圧を管理することが治療の中心になります。

●「頭痛がだんだん強くなる」「動くと頭痛が強くなる」=髄膜炎

 「風邪をひいた後、頭痛がだんだん強くなる」「体を動かすと頭痛が強くなるので動けない」―と言われる患者さんに、発熱や、後ろ首の筋肉が硬くなる項部硬直(こうぶこうちょく)という兆候がみられると、髄膜炎を疑います。  髄膜炎には、細菌性とウイルス性があります。細菌性髄膜炎は重症化すると意識障害やけいれんを起こし命に関わります。髄膜炎を疑った場合はすぐ髄液検査を行います。

 細菌性髄膜炎の場合、安静を保ち、解熱鎮痛薬、抗菌薬やステロイドホルモンの点滴で治療します。ウイルス性髄膜炎は安静にして鎮痛薬を処方します。

 ●「頭痛がどんどん強くなる」=脳静脈洞血栓症

 脳静脈洞血栓症は、多くみられる病気ではありませんが、意識障害や麻痺(まひ)、けいれんを伴うこともあります。「頭痛がどんどん強くなり、吐き気も出てきた」と言われる患者さんが受診されたら、経口避妊薬などの内服薬を服用していないか確認した上で、頭部CTやMRI検査を行います。図3のように血栓で閉塞(へいそく)した静脈洞がみられたら、抗凝固薬で治療を開始します。

 このように、命に関わる注意しないといけない頭痛の特徴は、「突然起こる」ことと「いつもと違う強い痛み」です。次回は頭部外傷についてです。

  岡山中央病院(086―252―3221)
 ひらの・かずひろ 川崎医科大学付属高校、川崎医科大学卒。川崎医科大学付属病院勤務を経て、2014年に岡山中央病院脳神経外科へ赴任。日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医。


( 2018/04/18 17:51 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

緊張型頭痛と片頭痛 過労や睡眠不足改善を 

緊張型頭痛と片頭痛について、岡山中央病院(岡山市)の平野一宏脳神経外科科長が寄稿した。 今回から、脳神経外科の外来診療について連載します。まず、最も患者さんの多い頭痛からご説明します。

 ■「締め付けられるように痛む」=緊張型頭痛

 私が外来で「力の抜き方を忘れちゃった病」と説明している緊張型頭痛の特徴は、「締め付けられる」や「頭が重い」という症状です。頭痛が始まった時期がはっきりせず、徐々に痛みが強くなり、受診されます。首筋から後ろ頭の痛みが多く、昼過ぎから夕方に強くなります。

 診察時、首筋や肩の筋肉の硬直程度を調べますが、筋肉を押すと、「痛い」とか「気持ちいい」と言われる方が多くおられます。

 この頭痛は真面目できちょうめんな性格の方に多いので、「頭の中に痛みの原因はない」ということを示すため、頭部CTやMRIの画像検査を行います。首肩腕の力を抜くことができるかどうか調べる「肘掛け椅子兆候」検査もよく行います。その目的は、患者さん自身が自分がリラックスできなくなっていることを自覚してもらうことです。自覚できれば治療はスムーズになります。

 治療は鎮痛薬と一緒に中枢性筋弛緩(しかん)剤を処方します。この頭痛には、本人の性格、日頃の姿勢、仕事内容やストレスなども関わっているので、生活面のアドバイスを行う場合があります。ストレッチや運動をお勧めすることもあります。

 ■「ズキンズキン痛む」=片頭痛

 急に片方の前頭部や側頭部がズキンズキン脈打つように痛みはじめ、半日から1日、長い方では3日間くらい寝込んでしまい、日常生活を送れなくなるのが片頭痛です。片頭痛という病名ですが、両側とも痛む方や頭全体が痛む方もおられます。頭痛とともに吐き気や嘔吐(おうと)が起こり、動くと頭痛が強くなるため、仕事も勉強もできなくなります。

 飲酒やストレス、逆にストレスからの解放がきっかけで起こることがあり、女性は月経と関連していることもあります。

 問診では前兆の有無を聞きます。典型的なのは閃輝(せんき)暗点(あんてん)という症状です。視野の中にピカピカ光る点やギザギザが見え、だんだん大きくなり、光の中や視野の一部が見えなくなる状態で頭痛の前に起こります。他にも、眠気、気分の落ち込み、音が響くように聞こえる―などいろいろな前兆があります。患者さんのうち、「あっ、頭痛が起こる」と感じる人が20~30%くらいおられます。

 また、自律神経症状を伴うことがあり、頭痛や嘔吐とともに下痢をする方もおられます。ズキンズキンという拍動性の頭痛は、次回ご紹介する脳動脈解離などの病気でも起こることがあるため、頭部CTやMRIなどの検査を行い、鑑別します。

 片頭痛の治療は、軽症の場合は通常の鎮痛薬を、中等症以上は痛みが起きた時や起きる前にトリプタン製剤を飲んでいただきます。現在処方できるのは、スマトリプタン、エレトリプタン、ゾルミトリプタン、ナラトリプタン、リザトリプタンの5種類の製剤です。それぞれ即効性や作用時間、作用の強さが違い、使い分けます。

 吐き気で薬が飲めない方には、口の中で溶ける口腔(こうくう)内崩壊錠や点鼻薬、注射薬など、症状や状態に合わせて処方します。緊張型頭痛も併せ持つ混合型頭痛の方には、片頭痛の治療薬と一緒に緊張型頭痛の治療薬も処方する場合があります。

 片頭痛の発作が月に2回以上あったり、トリプタン製剤を使っても日常生活や仕事に支障が生じたりする方には、片頭痛予防薬をお勧めします。予防薬には、カルシウム拮抗(きっこう)薬、抗てんかん薬、抗うつ薬やβブロッカーなどがあり、毎日服用すると頭痛の頻度が減り、トリプタン製剤の効きがよくなります。

 片頭痛発作を誘発しやすい食品(チョコレート、チーズやアルコール飲料など)を避けることや、過労や睡眠不足にならないようにするなど、患者さんの生活指導も行います。

 次回は、気をつけないといけない危険な頭痛についてお話しします。

 岡山中央病院(086―252―3221)

 ひらの・かずひろ 川崎医科大学付属高校、川崎医科大学卒。川崎医科大学付属病院勤務を経て、2014年に岡山中央病院脳神経外科へ赴任。日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医。


( 2018/04/05 18:56 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

片頭痛の犯人は花粉症―花粉症と片頭痛には関係があった!  

一般的には30代の女性に好発する片頭痛。1度起きたら数時間から長ければ数日にわたり痛みが続く病気です。

今回、この片頭痛と花粉症が関係していることが新たに分かりました。

ニューヨークのモンテフィオーレ頭痛センター長によると、花粉症(季節性の鼻炎アレルギー)が片頭痛の発生頻度を増加させたり症状を重くしたりすると言います。

片頭痛を患っている6000人を対象に行ったアンケートのデータを解析した結果、2/3にあたる人たちが花粉症も患っていることが明らかになりました。専門家たちは、花粉症の人は健康な人よりも深刻で厄介な頭痛に苦しむ可能性が33%高いという結論に至りました。

アメリカの専門家は、アレルギーの有無が片頭痛の頻度と鼻の粘膜の炎症や過敏症に関連していることを明確にしました。

研究では、いくつかアレルギー症状を持っているのなら頻繁に片頭痛に苦しむ傾向があると言います。

この研究結果は、片頭痛の治療に役立つと考えられています。科学者たちは、この研究で明らかになったように花粉症が片頭痛の症状をひどくさせるというなら、アレルギーの治療で頭痛もアレルギーも両方緩和させることができるとしています。

ある科学者によると、アメリカの人口の約12%が片頭痛を抱えていると言います。そのうち、女性は男性の3倍。そして、人口の1/4から1/2の人たちは花粉症に患っています。

スウェーデン花粉「ポーレンリフ」 花粉抽出エキス末含有食品
「花粉」と聞くと花粉症、アレルギーと連想して敬遠しませんか? 実は花粉そのものが問題ではないのです。 現代の私達は、「花粉」と聞くと「花粉症」を想像してしまい、 その効果や素晴しさを理解する前につい敬遠してしまいがちです。 もともとアレルギーは、花粉を守っている非常に堅い殻とその周辺に付着している アレルゲンがカラダに刺激を与えることが原因で起こるもので、花粉そのものが問題ではないのです。




( 2018/03/23 18:43 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

毎日のうがいには水道水が最適!? うがいの新常識&風邪予防に効果的な「毒出しうがい」 

春に近づき気温も徐々に暖かくなってきたものの、まだまだ風邪予防は必須。毎日うがいなどの対策を心がけて、風邪知らずの陽気な春を迎えましょう。そこで今回は、うがいに関する新常識をご紹介。画期的なうがい方法"毒出しうがい"についても取り上げていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

毎日のうがいには水道水を使うのがベスト!?

3月14日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)には、風邪予防のスペシャリスト・今津嘉宏先生が登場。健康維持のために覚えておきたい“うがいの新常識”について解説してくれました。日々の風邪予防のためにも大切な“うがい”ですが、気をつけておきたいのがうがいするときに使用する水。今津先生によると、毎日のうがいには“水道水”が最も適しているそうです。

風邪を予防するために殺菌タイプのうがい薬を使っている人も多いと思いますが、毎日の使用は要注意。殺菌タイプのうがい薬は風邪の原因となる病原体を駆除できるものの、殺菌力が強いため体によい菌まで一緒に殺してしまいます。水道水にも消毒効果のある塩素が含まれていますが、強力すぎないためのどにいる必要な菌をあまり傷つけずに病原体を駆除することが可能。特に風邪を引いておらず予防だけを行いたいときは、水道水だけでうがいするよう心がけましょう。

ネット上では「今までよかれと思ってうがい薬を使ってたからショック!」「うがいめっちゃするのによく風邪を引くのはこれが原因だったのか!?」など驚きの声が続出。ただし、のどの炎症が強い場合はうがい薬を使うのがベストなので、自分の体調によって使いわけてくださいね。

毒出しうがいのやり方

さらに番組では、歯科医・照山裕子先生が考案した“毒出しうがい”も紹介されています。毒出しうがいとは、口の中で水流を起こし、その圧力で歯の汚れをはじき飛ばす画期的なうがい方法。「歯の汚れと風邪って関係あるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、汚れに含まれている細菌がのどの粘膜を守るタンパク質を破壊し、病原体が体内に侵入しやすくなるんだとか。毒出しうがいは歯磨きよりもパパっとできるので、外出先などでも手軽に行えます。

やり方はとっても簡単で、まずはおちょこ1杯ほどの水を用意しましょう。口の中に含んだら、上の歯に水を10回ぶつけて吐き出します。下の歯と左右の奥歯も同様に行い、水を吐き出せば完了。速く強く水をぶつけることでより口の中の食べかすや細菌が取り除かれ、風邪予防につながりますよ。また、毒出しうがいを続けると口周りの筋肉が鍛えられるのがうれしいポイント。小顔効果にも期待できるので、気になる人は試してみては?

ネット上では「やってみたけど速くぶつけるのはコツがいるな」「口が結構疲れる!」との声が。1日3回、食後に行うとより効果を得られるので、ぜひ毎日続けてくださいね。


( 2018/03/19 20:13 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

重大病を引き起こすことも 「くしゃみ」を我慢してはいけない 

 くしゃみの季節。風で花粉やほこりが舞い、風邪やインフルエンザのウイルスが空気中を漂い異物が鼻に入りやすい。くしゃみは大量の唾やウイルスを飛ばし、静寂を破る。それを嫌って、自分の口や鼻を完全に覆ってくしゃみをする人がいるが、用心した方がいい。衝撃で、圧迫骨折、鼓膜破裂、脳動脈瘤破裂などの重大病を引き起こすことがある。

 くしゃみは鼻に侵入した異物を取り除くための反射動作。鼻の粘膜に付着した異物が神経を刺激して、肺と腹部の間の横隔膜が収縮、息を吸い込んで一気に異物を吹き飛ばす。

 その速度は、かつては時速300キロ以上といわれたが、ハイスピードビジョンシステムを用いた測定では、最大で時速25キロであることが分かっている。

 その衝撃は強烈で、脳と脊髄を覆う硬膜に穴が開いて、その中の脊髄液が漏れる「脳脊髄液減少症」や「硬膜下血腫」などにつながったケースが報告されている。骨折も多いという。

「骨がもろくなりがちな高齢者や若い女性の中には、くしゃみで脊椎圧迫骨折する人もいます」

 こう言うのは、日本整形外科学会認定専門医で「みずい整形外科」(東京・目黒)の水井睦院長だ。脊椎圧迫骨折とは、外傷や椎骨の衰弱が原因で起きる脊椎の骨折のこと。首回りの頚椎圧迫骨折、胸椎が骨折する胸椎圧迫骨折、腰椎が骨折する腰椎圧迫骨折の3種類ある。

「くしゃみで骨折しやすいのは12番目の胸椎とそれに連なる1番腰椎です。湾曲した背骨の頂上付近の力学的に負荷がかかりやすい場所です」(水井院長)

 骨折すると、動けないほどの激しい痛みが起きる。骨折の破片が脊柱の内部に入り込み神経を刺激してしびれやマヒを起こすこともある。

 しかし、糖尿病などで神経障害がある人や高齢者の中には、痛みをさほど感じない人もいる。

「『背中が曲がっている』と他人に指摘されたり、『背が縮んで洗濯物が干せなくなった』ことで、初めて骨折に気がつく人もいます。骨折したままにしておくと、背骨のバランスが悪くなり、他の骨への負担が大きくなる。背骨が折れると、1年以内に次の骨折が起こる確率が高くなるという研究報告もあります」(水井院長)

 圧迫骨折が怖いのは、内臓の病気が続くリスクが高まることだ。

「骨折で前かがみの姿勢になると肺や心臓、内臓などが圧迫されます。肺活量や心臓の機能低下により、疲れやすくなり、心不全のリスクが高まる。胃や食道が圧迫され、物が食べられなくなり、胃液が食道に逆流する『逆流性食道炎』になる人もいます」(水井院長)

 口や鼻を覆ってくしゃみを遮ると、さらに危険だ。上気道への圧力は通常のくしゃみの5~24倍になるとの報告もある。

 実際、英国の医学雑誌「BMJ」は鼻と口を覆ってくしゃみを抑えようとした34歳の男性が、咽喉の後ろにある梨状窩という部分に穴を開けたとの症例報告を掲載した。

「鼻をつまんでくしゃみをして耳の中を傷つけ、外リンパ液が中耳に漏れて聴覚や平衡障害を起こす子供も珍しくありません」(慶友銀座クリニック・大場俊彦院長)

■血圧を上昇させ、目にもダメージ

 くしゃみは血圧も上昇させる。

 秋田県立脳血管研究センターが高血圧の人を対象にした調査では、平均48㎜Hg上昇させた。これは咳(81㎜Hg)や和式での排便(77㎜Hg)に及ばないが、喫煙(38㎜Hg)を上回る。

 脳神経外科の専門医で「赤坂パークビル脳神経外科」(東京・港区)の福永篤志医師が言う。

「突然死を招く重大病として知られる『くも膜下出血』最大の原因は脳動脈瘤の破裂です。その発生時の状況を調べた研究では咳が7番目に挙げられており、くしゃみはありません。しかしこれは単発のくしゃみに比べて連続して出る咳の方が血圧上昇が高いからでしょう。連続して出るくしゃみの場合は、咳並みに警戒する必要があるのかもしれません」

 先に紹介した医学雑誌「BMJ」も脳動脈瘤破裂などへの警戒を呼び掛けている。

 目へのダメージも侮れない。「清澤眼科医院」(東京・南砂)の清澤源弘院長が言う。

「くしゃみで白目が鮮やかに赤くなるのは静脈圧が高まり、網膜下の血管が破綻した結膜下出血の場合です。また、くしゃみをしたときに飛蚊症が起きて、調べてみたら網膜剥離や硝子体出血が見つかったというケースもあります」

 くしゃみを止める方法はよく話題になるが、必ず止める方法などないし、止めるのは危険だ。せいぜいくしゃみをするときは口や鼻を軽く覆って、人のいない方向にすることに努めることだ。



( 2018/03/13 09:08 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

鼻水が止まらない…スッキリ止める方法は? 


風邪や花粉症にかかると止まらなくなる鼻水。何回鼻をかんでもスッキリせず、困っている人も多いと思います。鼻水はいったいどこから来るのでしょう? 鼻水を止める薬の副作用についても、詳しくご紹介します。

まずは鼻水を作る3つの器官について確認しましょう。
.
◆体調が良いときの鼻水は「涙」

鼻水の元の一つは涙。資源の再利用が叫ばれていますが、体が行っている水分の再利用の一つが、目を潤した涙を鼻腔に流すことです。目の表面が乾かないように瞬きする度に、涙腺から少量の涙が鼻腔に流れ、鼻腔の内側を乾燥から守るのです。

もちろん、通常の涙の再利用では鼻水にはなりません。鼻をすするほどの量になるのは、感激したときなど、涙腺からの涙が極端に増加してしまった時に起こります。
.
◆分泌物の貯蔵庫? 顔の奥に広がる鼻腔

鼻(鼻腔)の入り口は指がやっと入るくらいの大きさですね。一般的に鼻として認識する部分はそんなに大きくありません。それなのに鼻水がキリなく出てくるのはなぜでしょう?

実は鼻腔の奥は、上顎から目の下の空間へと広がっています。横から見ると結構広い空間です。上記の涙だけでなく、この空間では粘膜から分泌物が作られ、鼻水の成分を作っています。体調に異常があり分泌物が増加すると、鼻の穴からあふれて鼻水になります。

通常、この分泌物は呼気に湿気を与えて鼻腔から咽頭、喉頭、気管の乾燥を防止するのに役立っています。鼻腔の上の部分は臭いを感じる細胞があって脳神経の臭神経につながっています。鼻腔の後ろの方には中耳とつながっている耳管があります。.

◆鼻腔の外側に広がる、複雑な副鼻腔

鼻は一見シンプルな作りに見えますが、鼻腔を取り囲んでいる「副鼻腔」は複雑な構造の空間です。

鼻腔とつながっているので、この副鼻腔の分泌物も鼻水の元となります。副鼻腔は誕生した時は未完成でX線写真ではっきり写りませんが、子供の成長とともにX線写真で確認できるようになります。副鼻腔炎では、鼻水よりも鼻づまりや咳、頭痛のような他の症状も伴います。

つまり鼻水は、涙腺・鼻腔・副鼻腔の3箇所の分泌物がそれぞれ混じりあって作られるものなのです。

◆鼻水はどこから湧いてくる? 鼻水は簡単には止まりません!

鼻水は、涙腺・鼻腔・副鼻腔からの分泌物が合わさった物です。涙腺、鼻腔、副鼻腔での全ての原因が、それぞれ取り除かれないと鼻水は止まらない事になります。

感動した時に涙腺からあふれた涙はティッシュやタオルで吸い取る事によって減らすことが可能です。同じく、鼻腔で増加した分も、鼻をかむ事によって一時的に減らすことが可能です。

一方、身体の不調が原因で副鼻腔からあふれてくる鼻水は、涙腺からの涙のようには出し切れません。副鼻腔が複雑な上に、鼻腔の空間も大きいので、ここから出続ける分泌物はスッキリとは止まりません。何回鼻をかんでも全部出し切ることは不可能なのです。.

◆唯一の救世主!? 鼻水を止める薬・抗ヒスタミン剤

花粉症の場合、残念ながら原因となる花粉の時期が終わるまで鼻水は止まりません。一方、いわゆる鼻風邪ウイルス(例:ライノウイルス)が原因の場合は、数日間で治まります。どうしても止める必要があるなら、薬に頼るしかありません。

式典など人前で鼻をかめない場合、最終的に鼻水を止めるために、免疫反応を一部止めるという方法があります。鼻水を増加させている炎症に関係した物質のヒスタミン作用を止めるのが一番手っ取り早い方法です。

ちょっと専門的になりますが、ヒスタミン作用を受けるのは、以下の3つの受容体です。

・H1受容体 : 鼻や目の痒み、鼻水や涙に関係する受容体
・H2受容体 : 粘液の分泌、特に胃液の分泌に関係する受容体
・H3受容体 : 中枢神経の興奮・覚醒に関係する受容体

鼻水や涙を止めるには、H1受容体に対する抗ヒスタミン剤が有効ということになります。市販の風邪薬に入っている抗ヒスタミン剤には鼻水を止める作用があります。
.
◆眠気は避けられない? 鼻水を止める薬の副作用

一方、抗ヒスタミン剤は頭を覚醒させるH3受容体の作用を妨害してしまうので、副作用として眠気がおこります。車を運転する場合は居眠り運転の原因となって危険です。鼻水はガマンして、薬の服用は控えるようにしましょう。





( 2018/03/13 09:06 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

風邪・インフルエンザ予防に!咳エチケット・鼻紙エチケット大丈夫? 

新型インフルエンザの感染者が増えています。今回は集団感染を食い止めるために大切な、咳エチケットと鼻紙エチケットをご紹介します。ウイルスが強毒性になってしまった場合は人の命にも関わりうることですので、しっかり覚えておきましょう。

◆咳をするとき、口を手で覆うのは間違い!

新型インフルエンザの拡大に伴い、「咳エチケット」という言葉が言われるようになりました。咳の症状がある場合、最もオススメなのはマスクの装着。マスクがない場合はウイルスを飛散させないよう、手で口元を覆うようにとアドバイスされています。しかしこのアドバイスは医学的に誤り。咳の瞬間のウイルス飛散は抑えられますが、ほとんどのウイルスが手に付着するため、感染を広げてしまうことになるのです。例えば咳をした後で不特定多数の人が素手で触る会社のドアノブや、エレベーターのボタン、共有パソコンや資料、通勤電車の吊革などを触ると、物を介してウイルスが広がります。

マスクがない場合は、ティッシュペーパーなどで口元を押さえるのが正解です。使用したティッシュペーパーはビニール袋などに入れて、袋の口を結んでから捨てましょう。また、咳をする時に手で口元を覆うことで、手に付着している他のウイルスを吸い込んでしまうリスクもあります。感染拡大と予防の二重の意味で、手で口元を覆うのはオススメできないのです。

◆鼻をかんだ後のティッシュはウイルスだらけ
オフィスや公共の場所はもちろん、子供がいる家庭は特に要注意。鼻をかんだ後のティッシュを子供がうっかり触ってしまった場合や、ゴミ箱をひっくり返してしまった場合は、家族内感染のリスクが高まります。もう一つ見落とされがちなのが鼻紙。鼻をかんだティッシュペーパーには大量のウイルスが付着している可能性が高いです。外出先では、自分がウイルス保有者か分からない場合でも、鼻をかんだティッシュはビニール袋に包んでから捨てるのが正解。できればポケットティッシュと一緒に小さめのゴミ袋を持ち歩くのがマナーの上級者です。


◆ティッシュが無いときは上着の袖で

ティッシュが切れていたり、直ぐに取り出せないときは緊急避難的に上着の袖を使いましょう。夏の暑い時期は半袖の場合もありますが、秋からは有効な方法です。手と違って、あまり周囲を汚染しません。
.
◆マスクと消毒液を準備し、物の貸し借りを減らすこと

ウイルスを広げないための必須アイテムは、マスクと消毒液です。マスクはウイルス予防には十分ではありませんが、ウイルス保持者のマスク着用は大いに有効です。また、咳をした後や鼻をかんだ後に、いちいち手洗いをするのは大変なので、家庭用の小さな消毒液でサッと消毒するのもオススメです。

手で触れる時間が長いパソコンのマウスや、個人のボールペンなどの貸し借りを防ぐことも有効な対策法。簡単にできることから意識して、ウイルスの拡大を防ぎましょう。


( 2018/02/13 19:11 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

マスクとうがいは効果なし インフルエンザ対策の嘘とホント 

 インフルエンザが大変なことになっている。国立感染症研究所の推計によると、全国の患者数は283万人。1医療機関当たりの人数は統計を開始した1999年以降、最多となった。どうやってウイルスから身を守るかを真剣に考えなければならない。

 そんな折、話題になっているのがマスクの効果だ。一部報道によると、厚労省は「感染拡大を防ぐには有効だが、自分を守る手段としては推奨しない」と予防効果に疑問符をつけている。インフル予防には“常識のウソ”があるということか。

「そのとおりです。言い伝えを信じていると逆に感染しやすくなります」と警告するのは医学博士の米山公啓氏だ。

「人混みに入るのはインフルがうつるのでやめたほうがいいというのは本当です。問題はマスクをしていれば安全という考え。実はマスクと頬にすき間ができ、そこからウイルスが侵入。あるいはウイルスがついた手で顔を触って鼻や口にウイルスが入ることもあるのです。マスクを選ぶなら『ダチョウ抗体マスク』がおすすめ。ダチョウの卵を使って取り出したウイルス抗体を染み込ませたマスクで、ウイルスを捕まえ、気道に入るのを防げます」

■予防接種の効果も完璧ではない

 家に帰ったとき、うがいや鼻うがいをすれば大丈夫というのも一種の迷信だ。ウイルスは粘膜の内部に入り込んでいるため、うがいでは排除できない。

 むしろ小まめに手洗いをしたほうがいい。外出から戻ったときや会社の休み時間などに手についたウイルスをせっけんで洗い流す。外回りのときは手で顔を触らないよう心がけるべきという。

「『一度インフルにかかると免疫ができるので2度目の感染はない』というのもウソ。A型にかかった人は治ったあとB型にかかったり、A型の亜型に感染することがあるのです。予防法はカイロなどで体を温めて免疫力をアップする。調子が悪くなったら、すぐに医者に行って薬を飲むことです。予防接種も効果はありますが、完璧ではない。人によっては重症化を防ぐ程度の効き目しか出ないこともあるのです」(米山公啓氏)

 迷信をうのみにしてインフル対策を誤ると、ぶっ倒れかねない。



( 2018/02/02 10:25 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

咽喉に穴が開いた! くしゃみを無理に止めてはいけない 

コラム【医者も知らない医学の新常識】

 くしゃみは鼻の中などに入った異物を、外に押し出すための自然な反応です。ただ、結構大きな音がして、周辺に飛沫が散りますから、いつでもどこでも気兼ねなくできる、というような自然現象ではありません。

 たとえば私語厳禁の会議などでは、出ないように我慢をしなければいけなくなることもあります。そんな時に、皆さんはどうやってくしゃみを止めていますか? 

 方法のひとつが、口や鼻を押さえて、無理やりにくしゃみを体の中に押し戻す、というやり方です。

 しかし、そうした止め方をすると、一時的にはかなり口から咽喉の奥あたりに力が掛かるという感じがします。

 こうした方法に危険はないのでしょうか?

 今年のブリティッシュ・メディカル・ジャーナル系の症例報告に、「くしゃみを無理に止めて咽喉の奥に穴が開いた」という、ビックリするような事例が報告されました。34歳の健康な男性が無理にくしゃみをこらえたところ、その後から咽喉の痛みと声の変化があり、病院で詳しく調べた結果、咽喉の後ろの方にある梨状窩という部分に穴が開いていたのです。

 これは極めて珍しい事例なので、そうそう同じことが起こるわけではありませんが、口や鼻を塞いでくしゃみを止めると、鼓膜などにも力が掛かる可能性がありますから、くしゃみを無理に止めることはあまりしない方が安全なようです。

(石原藤樹/「北品川藤クリニック」院長。)




( 2018/02/02 10:22 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

風邪のせきに確実に効く市販薬 実はない? 

風邪をひいてせきが出始めると、長引くのではないかと心配になります。せきが続くと生活全般に悪影響が及ぶため、せきを鎮めるための市販品(せき止め薬やドロップなど)を買い求める人が少なくありません。しかし、米国のせき治療の専門家たちが検討したところ、市販品の中にせきに確実に効くものはないことが明らかになりました。

■風邪のせきに苦しむ6500人のデータを検討

 米Creighton大学のMark A. Malesker氏らによって構成された専門家委員会は、現在米国で使用可能な薬とそれ以外の治療法(民間療法)について、せきの症状の継続期間を短縮することを示す質の高いデータ、または、重症度を軽減することを示す質の高いデータがあるかどうかを検討しました。目的は、2006年に米国で発表された、風邪関連のせきの管理に関するガイドラインの改訂に向け、最新情報を得ることにありました。専門家委員会は、風邪関連のせきに苦しむ患者を対象に、各種治療法の有効性と安全性を調べた無作為化試験[注1]の中から、条件を満たすものを選出し、各治療法の効果を比較しました。

 条件を満たした試験には、成人・小児を合わせて約6500人の患者のデータが含まれていました。評価対象となった薬剤は、せき止め薬、抗ヒスタミン薬、去痰薬(痰を出しやすくする薬)、非ステロイド性抗炎症薬(アスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェンなど)、アセトアミノフェンなどで、薬剤ではないもののせきに効くとして利用されている治療には、鼻洗浄、胸に塗るメントール入りせき止め、せき止めドロップ、はちみつ、アガベシロップ、チキンスープなどがありました。

 どの研究も小規模で、いろいろな面に偏りが認められたため、同様の研究のデータをまとめて分析することは多くの場合不可能でしたが、委員会は、現在利用可能な最善のデータに基づいて、次のような判断を下しました。

[注1] 無作為化試験:参加者を条件の異なる複数のグループにランダムに割り付けて、その後の経過を比較する臨床試験のこと。無作為化比較試験、ランダム化比較試験ともいう。

(1)成人と小児の風邪関連のせきに対する、市販のせき止め薬や風邪薬、去痰薬、抗ヒスタミン薬などには、使用すると症状が軽減する、または消失することを示す確かなデータがない。よって、これらの薬のせき症状に対する使用は推奨しない。
(2)成人の風邪関連のせきに対する、非ステロイド性抗炎症薬の使用は、有効性を示す確かなデータはないため推奨しない。
(3)1~18歳の患者の場合、はちみつは、「治療なし」、「ジフェンヒドラミン」(日本で市販されている一部のこども用せき止め薬に含まれている成分)、「偽薬(プラセボ)」に比べ、症状継続期間の短縮に役立つ可能性がある。
(4)18歳未満の患者は、コデインを含むせき止め薬や風邪薬を使用しない。これは、呼吸困難を含む重篤な有害事象が発生する可能性があるため。

 なお、3について同委員会は、「はちみつは1歳未満の乳児には与えるべきではない」と注意を促しており、日本の厚生労働省も同様の呼びかけを行っています(1歳未満の乳児がはちみつを食べると乳児ボツリヌス症にかかることがあるため)。また、4について日本では現在、12歳未満にはコデインを使用しないよう注意喚起していますが、コデイン類であるジヒドロコデインリン酸塩を含む小児用せき止め薬は市販されています。これら、コデインを含む薬剤について厚生労働省は、2019年から添付文書の「禁忌」の項目に「12歳未満」を加えることを製薬会社に求めています。

 詳しい結果は、CHEST誌2017年11月号に掲載されています[注2]。
[注2] Malesker MA, et al. Chest. 2017 Nov;152(5):1021-1037. doi: 10.1016/j.chest.2017.08.009. Epub 2017 Aug 22.
大西淳子 医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。



( 2018/02/02 10:20 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

片頭痛の放置が招く 「脳過敏症候群」危険度チェックリスト 

日本では840万人が「片頭痛持ち」だといわれている。適切な対処をせずに放置していると、深刻な状態になりかねない。

 片頭痛は〈脳の興奮〉によって起こる。脳が外的な刺激に敏感に反応し、脳の血管が広がって血管の周囲にある三叉(さんさ)神経が刺激され、激しい痛みを発症する。

 たかが頭痛ぐらい……などと甘く考えて鎮痛薬でごまかしたり、痛みを我慢してやり過ごす行為を続けていると、〈脳の興奮〉がどんどん蓄積され、さらに深刻な症状を招く。頭痛治療の第一人者で、東京女子医大脳神経外科客員教授の清水俊彦氏は言う。

「興奮状態を放置したままにしておくと、脳はちょっとした刺激でも興奮しやすくなり、ささいなことで頭の痛みを感じるようになります。

年をとると、脳が興奮しても加齢による動脈硬化で血管が広がりづらくなるため、痛み自体は感じなくなってきます。しかし、脳の興奮状態は鎮まらないまま慢性化し、〈脳過敏症候群〉に移行する危険があります」

脳過敏症候群は、10年に日本頭痛学会、11年に国際頭痛学会で清水氏らが提唱した新しい病状だ。

脳過敏症候群になると脳の働きが混乱し、頭の中で雑音が鳴り響くような耳鳴り頭鳴(ずめい)、立っていられないようなめまい、頭重(ずおも)感、不眠といった深刻な症状が表れる。

 物忘れが激しくなったり、イライラして攻撃的になったり、奇行を繰り返す場合もある。認知症、うつ、パニック障害だと思われていた人が、実は脳過敏症候群だったというケースもあるという。

 片頭痛を抱えている人は、対処を誤ると脳過敏症候群に移行する可能性がある。そうなる前に、まずは片頭痛を放置せずに早い段階で適切な治療を行うことが大切だ。

「片頭痛には特効薬であるトリプタン製剤が効果的です。脳の血管の拡張や三叉神経から放出される炎症物質を抑え込み、脳の興奮も鎮めます。片頭痛が起こり始めたらなるべく早く使うことが大切で、痛みを我慢してはいけません。

既往症によってはトリプタン製剤を使用できない患者さんもいますので、〈たかが頭痛で医者にかかるなんて〉とは考えずに診察を受けること。将来の脳過敏症候群の予防につながります」(清水氏)

脳過敏症候群に移行しているかどうか心配な人は、以下の診断基準(案)をチェックすべし。

①過去に片頭痛などの慢性頭痛の既往がある
②2親等以内に片頭痛などの慢性頭痛を持つ者がいる
 いずれかに当てはまる人のうち、日常生活に支障を来す程度の下記の症状を3項目以上満たす人は、脳過敏症候群になっている可能性が高い。
①片側または両側性の頭鳴
②不眠
③不安の増強
④高次脳機能の一時的障害(物忘れなど)
⑤頭重感
⑥浮動感を伴うめまい

「脳過敏症候群まで進んでしまった人は、抗てんかん薬や抗うつ剤などを使って脳の興奮状態を鎮める治療を行います。しかし、数十年かけてこびりついた脳の興奮状態を元に戻すには数カ月から数年かけた長期にわたる根気強い治療が必要になります」(清水氏)

 将来、深刻な症状に悩みたくない人は、片頭痛を放置しないこと。
 我慢は美徳ではないのだ。


( 2018/01/28 15:45 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

「体にいい」も逆効果…「頭痛によくない」食品と食べ合わせ 

仕事帰りにバーに立ち寄り、チーズやサラミ、オリーブオイルをたっぷり使ったアヒージョをつまみながら、赤ワインをグビグビ……。ありがちな光景だが、「頭痛」にとっては最悪のパターンだ。東京女子医大脳神経外科客員教授の清水俊彦氏が言う。

「片頭痛に代表されるような一次性頭痛は、脳の血管が広がって血管の周囲にある三叉神経が刺激されることで起こります。三叉神経からは炎症を起こす物質が放出されるため、さらに血管が広がって三叉神経を刺激する悪循環となり、激しい痛みを発症するのです。

血管を広げて血流をよくする作用がある食品は、健康にいいと言われていますが、頭痛にとっては好ましくありません。痛みを起こす引き金になったり、症状を悪化させてしまうのです」

 頭痛持ちはもちろん、普段はなんでもない人でも、“頭痛によくない食品”を摂取しすぎると痛みを引き起こす要因になりうる。頭痛を誘発しやすい食品を清水氏に挙げてもらった。

■赤ワイン

 赤ワインやロゼワインには、血管拡張作用がある「ポリフェノール」が豊富に含まれていて、頭痛を誘発しやすい食品の代表といわれる。また、オリーブオイルにもポリフェノールが多く含まれている。

■チーズ

 同じく血管拡張作用がある「チラミン」という物質が豊富に含まれている。とりわけ、長期間熟成させたチェダーチーズなどの高級チーズにはチラミンが多い。チーズや上記のオリーブオイルをたっぷり使ったイタリア料理を食べる時は気をつけたい。

 また、バターやヨーグルトなどの発酵乳製品、赤ワインやビール、チョコレートにもチラミンが多く含まれている。他にも、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘(かんきつ)類、タラコ、スジコ、そら豆、鶏レバーなども多い。居酒屋やバーで一杯飲む時は、食べ合わせに要注意。

■ハム、サラミ、ソーセージ

 発色剤として使用されている亜硝酸ナトリウムに血管拡張作用がある。

■食品添加物

 うま味調味料に使われることが多い「グルタミン酸ナトリウム」も血管を広げる。中華料理、加工食品、スナック菓子が好きな人は気をつけたい。

■ダイエット食品

 アミノ酸の一種である「アスパラギン酸」に血管拡張作用がある。脂肪の燃焼を助けるサプリメントなどに多く使われている。

「こうした食品を口にしただけで、必ず頭痛が起こるわけではありません。しかし、食べる量や回数が多かったり、重複して食べすぎたり飲みすぎたりすれば、それだけ頭痛を引き起こしやすくなります」

■季節や体調が絡む最悪パターンも

節の変わり目や天候不順による気圧や気温の変化、ホルモンバランスや生活リズムの変化も頭痛を引き起こす要因になる。そうした危険因子がいくつも重なっているタイミングで頭痛を誘発する食品を食べれば、さらにリスクが高くなる。

 また、休日は日頃のストレスから解放され、ただでさえ血管が緩んでいる。そこに寝すぎが加わると、さらに血管が拡張して頭痛を起こしやすくなる。寝すぎて頭が痛くなるのはそのためだ。

「週末に居酒屋やバーで頭痛を誘発する食品をたくさん飲食した後、休日は昼まで寝ているというパターンは最悪です。危険因子が2つ以上重なれば、まず間違いなく頭痛を引き起こします」

 片頭痛に悩んでいる人はもちろん、そうでない人も日頃から“頭痛によくない食品”を意識しておきたい。



( 2018/01/28 15:43 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

不登校の原因にも 大人とはまるで違う子供の片頭痛サイン 

近年、国際的に認められたのが「子供の片頭痛」だ。ところが日本では認知度が低く、頭が痛いといって受診しても「風邪でしょう」と風邪薬を処方されるケースが珍しくない。子供の片頭痛について、東京女子医科大学脳神経センター頭痛外来・清水俊彦客員教授に聞いた。

 子供の片頭痛は早ければ幼稚園児くらいから見られるが、大人の片頭痛とは相違点がある。それが、正しく診断されないことにつながっているという。代表的な相違点は、次の4つだ。

(1)いきなり始まり、短時間で治まる

「1時間ほどで治まる子供もいます。さっきまで具合が悪そうだったのに、急に元気になるので、仮病と間違えられる子供もいます」

(2)お腹の症状が強い

 片頭痛の発作には、神経伝達物質のセロトニンが関係している。
「セロトニンは受容体という鍵穴にはまって細胞に作用しますが、子供は脳のセロトニン受容体が未発達のため、頭の痛みを感じにくい。

しかし、セロトニンは消化管の粘膜にも存在するので、吐き気や嘔吐(おうと)などお腹の症状だけが強く出ることがあるのです」

(3)緊張型頭痛と似た痛み方をすることがある

「大人の片頭痛はズキンズキンという痛みですが、子供の場合は、頭全体が締め付けられるような症状であることがあります」

(4)平日の発症が多い

「片頭痛はストレスから解放された時の方が発症しやすい。だから大人は週末に発症しやすい。一方、子供は学校がストレス要因で、日々のストレスから解放される平日の学校帰りや帰宅後に発症しやすい」

週末は学校が休みなので、ストレスの増減がなくなり、むしろ頭痛は起こりにくい。

■ズル休み、怠け病を疑われるケースも

 片頭痛の子供の患者には、適切な治療を受けられないままに症状が悪化・長期化して、週1、2回しか登校できなくなったり、病院を転々としてさまざまな薬を処方され続けてきたり、ズル休みや怠け病を疑われたり、といったケースが珍しくない。

 子供の片頭痛の起こり方には3つのパターンがあるという。

「まず、朝食を抜いて学校に行き、昼前に低血糖になって発作を起こすパターンです。
次に、体育の授業中に外気温が高かったり、体を動かして血管が急激に広がって発作を起こすパターン。

さらに、学校がストレスになっていたり、逆に学校が好きで張り切りすぎて、学校帰りや帰宅後に発作を起こすパターン。もし、お子さんに最初に挙げた4つの特徴が見られ、さらに、この3つのパターンのどれかに当てはまるなら、子供の片頭痛治療に力を入れている頭痛外来を受診した方がいいでしょう」

 治療は、大人の場合と同様に、痛みの程度を軽くする予防薬と、つらい症状を軽減させる頓服薬の服用だ。予防薬では、抗セロトニン薬の塩酸シプロヘプタジンや抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウムなど。頓服薬はトリプタン製剤だ。

「トリプタン製剤は、海外の使用経験をもとにしながら、10歳前後を目安に頭痛の程度や健康状態を見ながら処方しています」

 これらの治療で、それまでと一転して、充実した学校生活を送れるようになる子供は多いという。
 もしかして我が子も……と思ったら。


( 2018/01/28 15:42 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

ズキズキ頭痛をやわらげる方法5つ 

ズキズキ頭痛、つらいですよね。

仕事を休みたくないし、市販の薬にも頼りたくない。そんなとき、どうしたらいいのでしょうか。

今回は、ズキズキ頭痛をやわらげる方法を、5つお教えします。

◆味噌汁の具をネギにする

頭痛にはネギが効くことを、みなさんご存じですか?ネギに含まれる・硫化アリルという成分は、ビタミンB1の吸収をよくします。ビタミンB1は疲労回復のビタミン。摂取すると、血流がよくなり、筋肉がほぐれます。

頭痛は、筋肉が緊張して起こることが多いので、ネギを食べるのが効果的なのです。普段食べる味噌汁の具をネギにするだけで、頭痛がやわらぐことでしょう。

◆ヨガや水泳で、筋肉をほぐす

運動不足で、筋肉がカチカチになっていると、頭痛につながります。なので、ヨガや水泳で筋肉をほぐしましょう。陸上競技が苦手な人も、ヨガや水泳なら、自分のペースでできますよ。

◆疲れたときに「レモンのハチミツ漬け」を食べる

酸味のある果物は、筋肉の緊張を和らげてくれます。その代表がレモン。そのまま食べると酸っぱいので、ハチミツ漬けにするといいでしょう。ただし、甘すぎるぐらい漬けるのはNG。酸っぱさが残るぐらいに調整しましょうね。

◆眼鏡・コンタクトの度に気をつける

眼精疲労は、頭痛の大きな原因になります。眼鏡・コンタクトを使っている人は、特に要注意。ちゃんと、度が合ったものを使っていますか?度が合っていないと、筋肉を酷使するので、ズキズキ頭痛を引き起こしてしまいますよ。眼鏡・コンタクトの度は、自分に合ったものを使いましょう。

◆歯医者に行く

虫歯があると、痛む歯をかばうように食べたり、歯全体を使わなかったりしますよね。これを毎日続けると、顎を上下させる筋肉のバランスが悪くなるため、頭痛の原因になるんです。

虫歯=頭痛という認識を持ち、歯医者には定期的に行くことをオススメします。あなたの頭痛の原因は、歯の不調にあるのかもしれませんよ。

いかがでしたか?

ズキズキ頭痛に別れを告げて、爽やかな毎日を送りましょうね。


( 2018/01/28 15:42 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

喉の痛みと頭痛は副流煙のせい? 受動喫煙を証明するには 

「咳が出たり、のどが痛くなったりします。職場のタバコの煙が原因でしょうか?」というご相談を受けました。

いわゆる副流煙による受動喫煙症の疑いがあるのですが、「受動喫煙による健康被害」を証明することは可能でしょうか? 日本禁煙学会による受動喫煙症診断基準を参考にして、簡単にまとめてみました。

■受動喫煙による多様な症状

 タバコを吸わない人にとって、煙は非常に気になるもの。特に女性のほうが敏感だと言われています。

いずれにしても、タバコの煙を間接的に吸い込むことによって、さまざまな症状が出現することがあります。職場や家庭でも気になった経験があるのではないでしょうか。代表的な症状は次のようなものです。

・咽喉(のど)がいがらっぽい
・鼻につく
・目の痛み
・頭痛
・イライラする

 実際には他にもいろいろな症状が出現することもありますが、ここでポイントとなるのが、それらの症状が本当にタバコの副流煙によるものか、ということです。

風邪をひくだけでも同じような症状が起こることもありますので、受動喫煙の影響と証明するためには状況を総合的に考える必要があります。

■副流煙の影響を証明する方法

 受動喫煙の影響である場合、急性症状が存在する(した)ということがほとんどです。前項のような症状があったとき、次のような状況はありませんでしたか?

1. タバコの煙にさらされてから(もしくは煙の量が増えてから)症状が出現した
2. タバコの煙がなくなれば症状も改善し、煙のない状況であればこうした症状が出現しない
3. タバコの煙以外の有害物質に接していない(気道粘膜に影響を与える物質・刺激物など)

 こうした3つのポイントがあてはまり、更に同じ状況を繰り返す場合には受動喫煙症である可能性が高くなります。

 ところが自分自身は喫煙をしないのに、慢性化、つまり慣れてしまっているということもあります。こうした場合、自身の症状に気づかないままに健康へ影響が及んでいることがあります。たとえば、配偶者の喫煙によっても肺がんの危険性が高まることが指摘されています。

■ニコチンは体内で「コチニン」に変化する

 タバコを習慣化(依存症を形成)してしまう物質としてニコチンがよく知られていますが、体内に入ったニコチンは代謝を受けて、コチニンという物質に変化します。

このコチニンは尿中に排出されますので、受動喫煙の影響が強い場合には、タバコの煙の影響を受けてから24時間以内に尿中コチニンを検査することで受動喫煙症の診断につながることがあります。

 ただし、検査の精度には限界があります。尿中コチニンが検出されなかった場合、それだけで受動喫煙症ではないと言い切ることはできませんので、1つの参考所見としてお考えください。

また、尿中コチニンの測定は現在のところ保険適応とはなっておらず、自費検査の場合には15,000円以上かかってしまうこともあります(検査日数も2~3週間ぐらいかかります)。

■成人喫煙率≠(ノットイコール)家庭喫煙率

 成人喫煙率は年々低下しており、現在は4人に1人以下だそうですが、職種に関わらず勤務する病院の職員全員に「タバコに関するアンケート調査」を行ったところ(回答数126)、現在もタバコを吸っているという回答は23.8%でした。

ところが、「同居する家族で1人でもタバコを吸っている人がいる」という回答は56.5%と非常に高い割合でした。

地域性にもよるのでしょうが、2つの家庭のうち1つ以上で、今日もタバコの煙が漂っているということになります。つまり、大勢の方が副流煙にさらされる環境にいるということです。

 もし職場の副流煙などで切実に悩まれている場合は、検査費を支払っても検査するだけの意義がありますので、職場の産業医や嘱託医、もしくは日本禁煙学会会員の先生方にご相談ください。



( 2018/01/28 01:22 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

女性にとって悩みの種、頭痛トラブルにどう対処する?  

オフィスワークで、長時間パソコンに向かう仕事をしている人などは、とくに頭痛に悩まされることがよくあると思いますが、こうしたふとしたことで急にやってくる頭痛に悩まされる人は女性にも多いと思います。

こうした頭痛の悩みに、私たちはどのように対処してゆけばいいのでしょうか?

・片頭痛

オーストラリアでは、片頭痛経験者の6割が女性といわれており、女性たちの悩みの種となっています。ちょっとしたきっかけで発生するので、なかなか防ぐのが難しい頭痛といえます。

原因:ストレス、明るい光、睡眠過多あるいは寝不足、空腹感、チョコレート、赤ワイン、暑さ、など
こうして引き起こされた頭痛は、数時間、わるくすると数日に及ぶこともあるので、気をつけましょう。

片頭痛をよく経験する人は、遺伝子が関係しているとも思われます。もし、頻繁に悩まされるようであれば、早めにお医者さんに通いましょう。

治療法:残念ながら、市販薬はあまり効果が強くありません。トリプタンという薬は、脳周辺の血管を収縮させ、痛みを鎮めるもので、痛みが感じられた初期に服用すると、非常に効果的です。

・副鼻腔炎による頭痛

副鼻腔に刺激をもたらし、炎症が引き起こされることにより、そこから痛みが、目の周り、続いて頭にくるものです。

原因:風邪、アレルギー、匂いのきつい香水、花粉症など、副鼻腔を刺激するあらゆるもの

治療法:暖かい蒸しタオルを目にかぶせ、炎症を鎮めるようにしましょう。また、市販の鼻腔用スプレーで、鼻腔内のつまりを取り除くのも効果があります。もし、痛みが4日間以上続くようであれば、病院にいくべきです。

頭痛は他にも、ふとしたことで引き起こされます。テレビやパソコンの見過ぎ、悪い姿勢、加工肉食品(ソーセージなど)に含まれる添加物、様々なことがきっかけとなり、頭痛となり、不快な時間を過ごす羽目になります。

人間の身体は、思っているよりもずっと繊細なものだと思って、自分をケアするようにしましょう。


( 2018/01/28 01:20 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

口の開閉は健康のバロメーター  

おしゃべりをしたり、飲食をしたりと、いつも当たり前のように口を動かしていますが、この口の開閉が、何の自覚症状もなくスムーズに行えるかどうかは、ご自身の健康のバロメーターになっています。

日常生活の中では、何かしらのストレスにさらされ、いつのまにか心身が緊張状態になっていることが多いのですが、その緊張は、背中や首~肩周りの筋肉の硬さとなって表れます。

それと同時に、口の開閉に関わる筋肉に緊張を及ぼし、顎関節に不具合を生じさせる、というケースも少なくありません。

肩こりが続き、首の関節(頸椎)に負担がかかると、顎関節にまで負担がかかってしまい、口が大きく開かなくなったり、歯ごたえのある食材を噛むと、顎関節が痛く感じたりと、日常生活でも不快で困る状態になりかねません。

こうした筋肉の緊張状態が続くことで、内臓機能や睡眠にもかかわりの深い自律神経系の働きが乱れる可能性があります。

自律神経系のアンバランスは、生きていくために必要なホルモンの分泌や免疫力の低下などにも結び付くため、肩こりや口の開閉、顎関節の自覚症状などがある場合は、後々に健康を損なうものとして、心身を休めるべきサインだと認識しましょう。

★簡単にできる顎関節チェック
1.両手を頬に当て(頬杖をつくような位置)ゆっくり口を開いてみましょう。スムーズに開きますか?途中で、顎が左右にブレながら開いたり、ガクンとずれるような感じで開くようであれば要注意です。

2.「1」と同じポーズで、歯をぎゅ~っと食いしばってみます。そのときに、頬の筋肉が盛り上がりますが、その盛り上がり方に左右差があるときは要注意です。

3.口を開けて、指が縦に何本入りますか?3本入ればOK。1~2本がやっと……という人は要注意です。

朝、目覚めた時に、歯をくいしばっていることに気づいている人も多く、その場合は、睡眠中にまで緊張を起こしやすい心身状態になっていることになります。

歯を食いしばることで、首、肩周辺の筋肉も緊張している可能性があり、首にも顎関節にも負担がかかるといった悪循環に陥っているかもしれません。(肩こりがなかなか改善されないケースなど)

睡眠中のは、ご自身でコントロールすることは難しいため、なるべくご自身の緊張がほぐれ、気分よく過ごせる時間をつくるように意識してみましょう。

ご自身で試せることとして、頭の向きや角度によって、口の開閉が楽になったり、首の筋肉をほぐすことで、食事での顎関節の痛みが軽減するケースがあります。

これは、肩こりにかかわる筋肉の負担により、頸椎や顎関節への影響が強く出ているためだと予想されます。

食事の際に、偏った方向(左側で噛む癖があるなど)で噛む癖を注意するほかに、後頭部から肩の付け根にかけての背骨両脇(頸椎を挟んだ左右の筋肉)を、気持ち良い程度に指圧するなど、日頃から首の筋肉の血流が滞らないようにしておきましょう。

顎関節の症状が強い場合は、専門医へのご相談を優先し、セルフマッサージなどを過剰にやりすぎないようにご注意ください。

■著者プロフィール

檜垣 暁子(ひがき あきこ)
オールアバウト 肩こり・腰痛ガイド
http://allabout.co.jp/gm/gp/51/
カイロプラクティック理学s士・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。現在は、横浜市に治療室を開院し、日々、肩こりや腰痛を始めとする不調を訴える患者さんの診療に当たっている。



( 2018/01/28 01:19 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

もう薬はいらない!? 風邪が吹き飛ぶ「究極テク」まとめ  

おすすめの予防策や対処法をまとめてご紹介しましょう。これだけおさえておけば、もう風邪薬を買わなくて済むかも!?

■睡眠不足やストレスが風邪の根本的な原因

「これで冬を乗り切れる!風邪知らずの体を作るテク3つ」でもお伝えしましたが、風邪の原因の大半は、200種類あるといわれている風邪ウイルスです。

過労や栄養バランス偏り、睡眠不足、ストレスなどで体力が落ちると、免疫力が下がり、普段は感染せずにすむウイルスに感染しやすくなります。風邪ウイルスを寄せつけないためには、体力や抵抗力をアップし、免疫力をつけることが大切です。

また、うがいや手洗い、マスクの装着といった基本的な予防策も、もう一度見直したいですね。

■風邪に負けないために免疫力を高める

では、免疫力を高めるにはどうすればいいでしょうか。「これで風邪に負けない!免疫力をグンと高める方法3つ」では、免疫力を高めるための3つのポイントをご紹介しています。

中でも特におすすめなのが、不足しがちな食物繊維、ミネラル、ビタミンに加え、根菜類、キノコ類、ネギといった抗酸化物質が含まれる食材を摂ること。

これらには、ストレスや老化によって増加する活性酸素を減らしてくれる作用があり、忙しい現代人の味方になってくれるのです。

■食べ物だけじゃない! 風邪にいい飲み物も強い味方に

「実はこんなにあった!風邪にいい“身近な食べ物”まとめ」では風邪にいい食べ物をお伝えしました。しかし、なかなか食べる機会がない方も多いはず。そんなときにおすすめしたいのが、飲み物。例えば、“牛乳”などです。

「この冬に知っておくべき“風邪にいい”黄金ドリンクまとめ」にもある通り、牛乳に含まれるビタミンAが、呼吸器や腸内の粘膜を強化し風邪をひきにくくしてくれるのです。

風邪をひいてしまった時には、定番の“たまご酒”がよいそうです。

栄養価の高いたまごと身体をあたためてくれるお酒で作るたまご酒は、イギリスや北欧でも飲まれているのだとか。また、韓国式の“スタミナ湯”には、ネギやニンニクにより強精作用があり、疲労回復にも役立ちそうですね。

■アロマテラピーで免疫力を高めながらキレイに

アロマテラピーの作用は、心をリラックスさせるだけではありません。「風邪予防しながらキレイになれる!一石二鳥アロマ5つ」でご紹介している、風邪を予防に加えて、美肌やむくみの解消といった美容作用もあるアロマテラピーの作用を、ぜひともうまく活用したいもの。

(1)ティートリー:風邪予防+ニキビケア

(2)ペパーミント:鼻づまり緩和+脚のむくみ解消

(3)レモン:風邪予防+セルライトケア

(4)シダーウッド:風邪予防+むくみ解消+美肌

(5)ユーカリ:風邪・インフルエンザの予防+冷え症の緩和

アロマテラピーの利用法として気軽にできるのが“アロマバス”。好きな香りのエッセンシャルオイル(精油)を5滴ほど湯船にたらしてかき混ぜるだけというお手軽さ。

「なんとお風呂に浸かるだけ!風邪&冷え予防アロマ3選」内にある、自分の身体の状態に合わせて選べるブレンドレシピは必読です。

(1)風邪予防ブレンド:ティートリー3滴、タイム2滴

(2)風邪引きブレンド:ティートリー3滴、ローズウッド2滴

(3)冷え対策&デトックスブレンド:ローズマリー2滴、スイートオレンジ2滴、ジンジャー1滴

いい香りを楽しみながら風邪予防できるなら、試さない手はありませんよね。

■“こたつで寝ると風邪をひく”ってホント?

生活習慣を整えることは大切ですが、よく耳にする噂も、確証がなければ実行しにくいもの。例えば、“こたつで寝ると風邪をひく”と聞きますがホントでしょうか? 実はこれホントなんです。

「風邪&インフルエンザに関する噂のウソ・ホントを検証!」でもお送りしているとおり、本来、睡眠中は体温が下がった状態であり、こたつのようにずっと温かいまま温度が保たれていると、身体の調子を狂わせ風邪の原因に。

また、“風邪のときのお風呂は控えた方がいい”というのもよく聞きますが、こちらはなんとウソなんです。普通の風邪の場合であれは、5~10分程でさっと済ませる程度なら入浴してもOK。

このような噂に惑わされないよう、ちゃんと見極めておきたいですね。


( 2018/01/28 01:18 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

食のプロが語る!風邪の時に「食べちゃいけないもの」5つ  

季節の変わり目は風邪を引きやすかったり、体調不良になりがちな時期です。季節の変化に体がついていけず、体の弱い部分から症状が出てしまいます。

そんな時は、体に負担をかけないのが一番! ゆっくりしたり、栄養のあるものを食べたりして休むことが大事なのですが、働いていたりするとなかなかそうもいきません。

特に一人暮らしだったりすると、何を食べていいのかも迷ってしまうことが多いものです。

そこで今回は、体を壊したり風邪をひいたりしているとき、食べてはいけないものを管理栄養士で国際薬膳食育師(薬膳マイスター)の高下容子さんにお聞きしてきました。

■1:冷たいもの

風邪をひくと熱が出るので、水分を摂ることは大事ですが、熱を出すことで体がウイルスと戦っているので、むやみに体を冷やさないほうがいいのです。

胃や腸も弱っているところに、冷たいものを体内に入れると下痢を招きやすくなるので、体を温める飲み物がおすすめ。

生姜湯は、体を温めたり喉や咳の痛みにも効果があります。ホットレモンは、ビタミンCが入っているので風邪には効果的です。

■2:刺激のあるもの

脱水症状を起こすこともあるので、コーヒーや紅茶などの利尿作用のある飲み物は控えましょう。

また、香辛料の刺激が強いものや熱いものは、喉を傷めますのでご注意ください。喉に負担のないやわらかい食品をゆっくり摂りましょう。

オレンジジュースよりも、リンゴジュース(すりおろし)の方が整腸作用があり、おなかに優しいです。

■3:こってりしたもの

脂っこいものは、消化に悪いの一言につきます。胃や腸も弱っているのですから、負担をかけないようにしてあげましょう。風邪が長引いてしまいます。

また脂肪分の多い乳製品も、腸によくないので控えましょう。逆にさっぱりしたものだと、梅干しには抗菌と整腸作用のあるクエン酸が含まれているので、吐き気が治まる働きがあります。

大根おろしにしょうが汁を加えると、発汗・保温があり白血球の働きを高めるので、免疫力が上がります。梅干しや大根おろし・生姜などをおかゆに入れたりするのもいいですね。

でも、ノロウィルスなどのウィルス性の下痢の場合は、食べないことが一番です。どうしてもおなかがすいたら食物繊維の多いおかゆより、うどんの方がおすすめです。

■4:甘いもの

風邪をひくと発汗して、食欲がなくなります。そんなときによく飲むのがスポーツドリンクだと思います。

けれどスポーツドリンクは、糖分等の濃度が高く、そのまま摂取すると胃で停滞する時間が長くなり、体内での水分補給が遅くなるので、水で薄めて飲むのがいいと思います。(中には吸収されやすい濃度に調整されたものもありますが)

水分はしっかり摂ってほしいのですが、甘い飲み物より、水を飲むかお茶なら番茶がおすすめ。

番茶には殺菌力のあるカテキンと、炎症を鎮めるタンニンが含まれているので、番茶を飲むことでうがいの効果もあります。

食欲がないときに、甘いゼリーや白桃缶が食べやすいという方もいると思います。体調が悪いときは、何だったら食べられるのかは自分にしかわかりません。

食べたい時に食べられるものは、なんにせよ元気の素、必然の食と考えて。

■5:アルコール

風邪薬を飲む場合は、薬の効きが悪くなる場合もあるので注意してください。

ただ風邪のときには、卵酒や甘酒はいいです。とくに甘酒には、ビタミン・アミノ酸が多く含まれ、点滴と同じくらい栄養がたくさん含まれています。

甘酒の麹には、整腸作用があり、おなかの調子を良くする働きがあります。また冬は新酒の「酒粕」が出ますが、酒粕は発酵食品で栄養もあり、体を温めます。

ただ酒粕にはアルコール分が8%あります。車を運転する人、お酒を飲めない人、未成年の人はご注意ください。

風邪をひいたら栄養のあるものを食べると良いといいますが、「まずは体の声を聞いてみてほしい」と高下さんはいいます。治癒能力を信じて、自分の体に今何が必要が見極めることが大切なんですね。



( 2018/01/28 01:18 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

すぐに薬に頼らないで!ツライ頭痛をやわらげる意外な食べ物7個 

皆さんは、風邪でもないのに、原因不明の頭痛を経験した事はありませんか?

頭痛には種類があります。一般的には、“片頭痛”や“緊張頭痛”が主ですが、なんと水分不足で頭痛を引き起こしている可能性もあります。頭痛薬を飲んでも一時的な緩和になるだけで、なかなか改善しないという場合は、この可能性を疑う必要がありそうです。

そして意外なことに、薬に頼らずとも、食べ物や飲み物によって頭痛を改善することができるのです。

今回は、英語圏の情報サイト『Huffington Post』および『Woman’s Day』を元に、頭痛を緩和させてくれる7つの食べ物を紹介します。今すぐ、メモのご用意を!

■1:ほうれん草

ほうれん草の葉には、片頭痛を緩和させる“ビタミンB”が大量に含まれています。特に、二日酔いによる頭痛に効果があります。また、血圧を減少させて、二日酔いを防止し、頭痛を軽減してくれます。

■2:サーモン

魚の脂には“オメガ3脂肪酸”が大量に含まれています。オメガ3脂肪酸は、抗炎症効果が高く、慢性頭痛を和らげてくれます。2013年の研究によると、多くの食用油に含まれている“オメガ6脂肪酸”と一緒に摂取すると、より効果が高い事がわかりました。特に、サーモンがお勧めです。

■3:スイカ

実は、頭痛の原因が脱水症状によるものという方も多いのです。脱水による頭痛は、スイカやキュウリのように含水量の高い食べ物が症状を緩和してくれます。

更に、スイカは水分だけでなく、脱水によって体内から不足しているマグネシウムやカリウムといった大事なミネラルを補ってくれるので、頭痛の時には積極的に食べましょう。

■4:ジャガイモ

スイカと同様に、むくみ解消に効果の高い“カリウム”が不足する事でも頭痛はおきます。カリウムはバナナに多く含まれている事で知られていますが、実はジャガイモには、バナナの2倍ものカリウムが含まれています。

■5:カフェイン

これは少し驚きかもしれませんが、実はカフェインは、過剰に摂取しない限りは頭痛に効果があると言われています。しかし、500ミリグラム以上のカフェインを一日に摂取していると、逆に頭痛を悪化させてしまうので、あくまでも少量に抑えましょう。

■6:炭水化物

炭水化物が少ないと、脳のエネルギーとなるブドウ糖が減少し、頭痛を引き起こす原因となります。特に血糖値を緩やかに上げてくれる、ライ麦パン等がお勧めです。

■7:アーモンド

過去の研究によると、マグネシウムは、血管を弛緩させることによって、頭痛を緩和させます。また、慢性頭痛で悩んでいる方は、マグネシウムを定期的に摂取する事で症状が緩和される可能性が高いと一部の専門家は言っています。

特にマグネシウム含有量が高いのは、バナナ、カシューナッツ、アーモンド、豆類です。

いかがでしたか? 頭痛を緩和させるには、まず、自分の頭痛の種類を知る事です。

また、時々起きる原因不明の頭痛は、気付かず脱水症状によって引き起こされている場合があるので、まずは水分を摂取するようにしましょう。 


( 2018/01/28 01:17 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

チョコ、ワイン、チーズに注意。頭痛を招く食べ物リスト 

急にやってくる頭痛は困りもの。でも薬にはあまり頼りたくない......。

そんな時は食べ物を見直すと良いかもしれません。健康系サイト「薬剤師ネット」によると、「頭痛は、体内に取り入れる食べ物をコントロールすることで予防できることがある」とのこと。そして「頭痛を引き起こしやすい食べ物と、その反対に、頭痛を予防してくれる食べ物」があるというのです。

頭痛を起こしやすい5つの食べ物

サイトによると、頭痛を引き起こしやすい食べ物は次の5つです。

・チーズ
・チョコレート
・ワイン
・ピーナツバター
・ピクルス

どれも身近な食材ばかり。これらに含まれているのは「チラミン」という物質です。「チラミン」は身体に蓄積されると血圧を上昇させ、頭痛や吐き気を誘発する原因になるのだそう。

バレンタインシーズンで食べる機会が増えそうなチョコレートは、摂取すると「チラミン」の働きによって血管が収縮します。 その後「チラミン」の効果が切れた時に血管が拡張し、ここで頭痛が発生しやすくなります。

ワインは「チラミン」 とアルコールの合わせ技で、血管拡張がさらに起こりやすくなります。頭痛持ちなのにチーズとワインの組み合わせが好きな人は、要注意かもしれません。

もちろんそれぞれに栄養分や美容効果もあり、食べるのをやめるには惜しい食材。食べ合わせや量に注意しながら、おいしく取り入れたいものです。

頭痛を予防してくれる3つの食べ物

反対に、頭痛を予防できるのは次の3つの食べ物です。

・ホウレンソウ

片頭痛患者の3~5割は「マグネシウム」不足が原因という報告があるそう。そのマグネシウムを豊富に含んでいるのがホウレンソウです。「マグネシウム」は血小板の凝集を防いだり、血管の収縮を抑える効果があります。つまりホウレンソウは、頭痛を防ぐにはもってこいというわけです。

・ウナギ

ウナギには「ビタミンB2」が含まれており、過酸化脂質を分解する作用が頭痛に有効です。毛細血管の流れがスムーズになり、脳に栄養源であるブドウ糖が供給されやすくなって、頭痛が改善するというメカニズムなのだそう。

・スイカ

頭痛の原因のひとつとされる脱水症状の改善には、「水分」と「ミネラル」の補給が効果的。スイカには特に多くの「水分」と「ミネラル」が含まれています。

水分とミネラル、ビタミンB2、そしてマグネシウム。 これらの要素をしっかり身体に補給して、頭痛に負けない毎日をおくりましょう。


( 2018/01/28 01:16 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師が指南!効果的な風邪の予防策 

風邪予防としてマスクや手洗いを心がけている人もいると思うが、対策をしているにも関わらず、具合が悪くなったことがないだろうか。冬は体調を崩しやすい季節ということもあり、少しでも効果的な予防を実践したいものである。そこで今回は医療法人長岡内科医院院長の鈴木飛鳥先生に風邪の予防策について聞いてみた。

■予防しているからと油断は禁物

まずは予防が万全ではないことを鈴木先生は指摘する。「風邪予防に関して科学的根拠のある予防策は多くありません。ライノウイルスやRSウイルスなどは接触感染が重要であるため、ウイルスとの接触を避けることで予防できる可能性がありますが」(鈴木先生)あくまで、風邪をひく可能性が減るだけだという。

■予防策は大きくわけて2つ

予防策は大きくわけて2つあると鈴木先生が教えてくれた。「1つ目は風邪の感染経路を遮断し、感染源との接触をさけることで物理的に風邪ウイルスとの接触機会を減少させること。2つ目は風邪に対する抵抗力を高めて風邪にかからない体作りをすることです」(鈴木先生)1つ目にあたるのが「手洗い」、「うがい」、「マスクの装着」による、ウイルスとの接触をさけること。2つ目にあたるのが、「バランスの良い食事」、「適度な運動」、「良質な睡眠」の体の内部から抵抗力を上げることだ。

「その中でも特に重要なのは『手洗い』といえるでしょう。風邪などの感染症は、飛沫感染だけでなく、ウイルスが付着したドアノブなどを介して感染する接触感染があります。手についたウイルスを洗い流す『手洗い』は最も効果的な予防法であり、石鹸による手洗いは呼吸器感染症による医療機関受診を45%減少させます。同時に注意することはウイルスに汚染された可能性のある手で目、鼻、口に触れないようにすることです」(鈴木先生)しっかり洗うことで予防が期待できるようだ。顔を触る癖がある人は、意識的に気をつけたい。さらに、うがい、マスクの有効性についても教えてもらった。

「うがいに関しては『子供の発熱の割合が、毎日水(特に緑茶)でうがいをした子供で少ない』、マスクに関しては『遮断性の高い不織布マスクを装着することが風邪予防に有効である』などの報告があり、風邪を予防する可能性があります。マスクに関しては風邪予防というより、他人に移さないという点において重要なアイテムです。感染源との接触をさけるためには、風邪の患者との接触を避けたり、人が密集する場所を避けるなどが重要ですね」(鈴木先生)抵抗力の向上と物理的なウイルス感染の可能性を低くすることが風邪予防につながるようだ。

■効果のある食べ物

風邪予防に効果のある食べ物はあるのだろうか。引き続き鈴木先生に聞いてみた。「風邪の予防になるという科学的根拠の高い食事やサプリメントは現在ありませんが、ビタミンCはマラソン選手など身体活動が大きい人に風邪予防効果を認めるという報告があります。またハーブの一種であるエキナセアは欧州や北米で風邪薬に使用されており、僅かですが風邪を予防する傾向があります。また一部の乳酸菌には気道感染症の罹患率や重症度に効果を認めたとの報告もあり風邪予防効果が期待されています」(鈴木先生)

食べもので予防を考えるのはもちろん、習慣的な運動を心がけることも大切と鈴木先生。風邪をひきそうなときは、体を冷やさないように温かい食事をしたり、加湿器を利用し部屋が乾燥しないようにするのもよいとのこと。医師が進める風邪の予防策。無理のない範囲で、日々実践してみてはいかがだろうか。なお、「教えて!gooウォッチ」では「医師も行っている風邪のひきはじめの対策」という記事も公開している。予防に努めても風邪をひいたかも……と感じたらこちらの記事もチェックしてみてほしい。

●専門家プロフィール:鈴木飛鳥
医療法人長岡内科医院院長 医学博士。生活習慣病、消化器疾患の治療を得意分野とする。安心、安全で質の高い医療を提供し、地域医療に貢献することに力を注いでいる。


( 2018/01/20 08:41 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

肛門と膣を締めたり緩めたり 尿漏れの対処法とは?  

現在発売されている週刊朝日MOOK「漢方2014」では、14の病気の漢方処方例が掲載されている。その中から、「名医」が教えてくれた「尿漏れ」に悩む女性への漢方処方を紹介する。

 尿漏れは、大きく分けると腹圧性尿失禁と過活動膀胱(ぼうこう)の二つの病気がある。腹圧性尿失禁は、骨盤底筋が緩み、くしゃみやせき、重いものを持ち上げるなどしたときおなかに力を入れると、尿が漏れてしまう症状だ。

出産や肥満、加齢などが原因で、40歳以上の女性の2~3人に1人が発症している。

過活動膀胱は、原因不明だが、急な尿意が頻繁に続くようになる。トイレに間に合わないと尿漏れし、切迫性尿失禁と呼ばれる。加齢とともに増えていき、年齢が高くなるほど量も多くなる。

「尿漏れは、問診、尿検査、画像検査などで診断します。腹圧性尿失禁は問診でほぼ判断がつく場合もあります。画像検査や尿検査で何の原因も見つからないのに症状がある場合が過活動膀胱です。

治療方針は、回数、量、どの程度困っているかの3点により決めます。回数は週に1度から1日数回までさまざま。量が少量では下着を替えるほどの漏れはありませんが、多量になると、スカートやズボンまでぬらす状態になります」

 と話すのは、女性医療クリニック・LUNAグループ(神奈川)理事長の関口由紀医師だ。

「治療はまず骨盤底筋トレーニングをおこなってもらいます。肛門(こうもん)と膣(ちつ)を締めたり緩めたりする訓練で、腹圧性尿失禁の場合7~8割の患者さんは日常生活で支障のない程度まで改善します。

1カ月に1度の指導で、3~4カ月続けてもらいます。トレーニングの補助として内服薬や電気・磁気による刺激療法などを並行し、症状を改善させていきます」(関口医師)

 重症の人には日帰り手術も勧めている。

「漢方ではまず補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を処方します。尿漏れの方は、抑うつ状態で元気のない、気虚の人が多いためです。太った方には防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を処方。

尿道内圧を高めるために葛根湯(かっこんとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)も適宜併用します。


( 2018/01/17 08:45 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

これで痛み解消できる!勘違いしがちな「頭痛薬」の真相4つ  

頭が痛いと物事に集中できなくなったり、余裕がなくなって周囲に気配りができなくなったり、テンションが上がらなかったりと、いいことはありませんよね。それなのに、「頭痛薬は飲みたくない」と痛みを我慢する人は実はとても多いんです。

今回は、薬の服用を敬遠している人に知ってもらいたい、頭痛薬の正しい知識についてお話ししていきます。

■1:我慢するほど効きづらくなる

頭痛薬は飲むタイミングが大切。本格的に痛みだしてから頭痛薬を服用しても、痛みの原因物質が体内に増殖してしまい効果が出にくくなることもあります。その結果、服用回数が増えるなんてことも……。

そうならないためにも、痛みが酷くなる前に頭痛薬を服用しましょう。用法用量を守って服用すれば、頭痛薬が効きづらくなることはないそうですよ。

■2:1か月に10回以上は飲まないように

頭痛薬を必要以上に連用すると、痛みに対して敏感になり薬物乱用頭痛を引き起こす可能性があります。1カ月に10回以上頭痛薬を服用するようであれば、自己判断をやめて病院の診察を受けるようにしましょう。

■3:胃に優しいタイプの頭痛薬を選ぶ

頭痛薬の種類によっては胃を荒らす成分が入っているものもありますが、最近では胃粘膜を保護して、胃が荒れるのを防いでくれるものも市販されています。

だからといって空腹時の服用は胃を荒らす原因になりますので、何か食べた後に水か白湯で服用するようにしましょう。

■4:鎮静成分が入っていなければ眠くならない

鎮静成分が含まれた頭痛薬を服用した場合、眠くなる可能性があります。仕事中だったり運転したりする予定があるので眠くなったら困るという人は、鎮静成分が入っていないものを選びましょう。

日本人の4人に1人は頭痛持ちだというのに、頭痛と上手に付き合えていない人が多いのが事実です。頭痛が治れば気分も晴れてアクティブに過ごせるので、頭痛薬を飲むのは抵抗があるという人は、薬に対する考え方を改めてみるのもいいのではないでしょうか。


( 2018/01/15 09:23 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

片頭痛の放置が招く 「脳過敏症候群」危険度チェックリスト 

日本では840万人が「片頭痛持ち」だといわれている。適切な対処をせずに放置していると、深刻な状態になりかねない。片頭痛は〈脳の興奮〉によって起こる。脳が外的な刺激に敏感に反応し、脳の血管が広がって血管の周囲にある三叉(さんさ)神経が刺激され、激しい痛みを発症する。たかが頭痛ぐらい……などと甘く考えて鎮痛薬でごまかしたり、痛みを我慢してやり過ごす行為を続けていると、〈脳の興奮〉がどんどん蓄積され、さらに深刻な症状を招く。

頭痛治療の第一人者で、東京女子医大脳神経外科客員教授の清水俊彦氏は言う。 「興奮状態を放置したままにしておくと、脳はちょっとした刺激でも興奮しやすくなり、ささいなことで頭の痛みを感じるようになります。年をとると、脳が興奮しても加齢による動脈硬化で血管が広がりづらくなるため、痛み自体は感じなくなってきます。しかし、脳の興奮状態は鎮まらないまま慢性化し、〈脳過敏症候群〉に移行する危険があります」

 脳過敏症候群は、10年に日本頭痛学会、11年に国際頭痛学会で清水氏らが提唱した新しい病状だ。脳過敏症候群になると脳の働きが混乱し、頭の中で雑音が鳴り響くような耳鳴り頭鳴(ずめい)、立っていられないようなめまい、頭重(ずおも)感、不眠といった深刻な症状が表れる。物忘れが激しくなったり、イライラして攻撃的になったり、奇行を繰り返す場合もある。認知症、うつ、パニック障害だと思われていた人が、実は脳過敏症候群だったというケースもあるという。

 片頭痛を抱えている人は、対処を誤ると脳過敏症候群に移行する可能性がある。そうなる前に、まずは片頭痛を放置せずに早い段階で適切な治療を行うことが大切だ。 「片頭痛には特効薬であるトリプタン製剤が効果的です。脳の血管の拡張や三叉神経から放出される炎症物質を抑え込み、脳の興奮も鎮めます。片頭痛が起こり始めたらなるべく早く使うことが大切で、痛みを我慢してはいけません。既往症によってはトリプタン製剤を使用できない患者さんもいますので、〈たかが頭痛で医者にかかるなんて〉とは考えずに診察を受けること。将来の脳過敏症候群の予防につながります」(清水氏)

 脳過敏症候群に移行しているかどうか心配な人は、以下の診断基準(案)をチェックすべし。

?過去に片頭痛などの慢性頭痛の既往がある
?2親等以内に片頭痛などの慢性頭痛を持つ者がいる
いずれかに当てはまる人のうち、日常生活に支障を来す程度の下記の症状を3項目以上満たす人は、脳過敏症候群になってる可能性が高い。
?片側または両側性の頭鳴
?不眠
?不安の増強
?高次脳機能の一時的障害(物忘れなど)
?頭重感
?浮動感を伴うめまい

「脳過敏症候群まで進んでしまった人は、抗てんかん薬や抗うつ剤などを使って脳の興奮状態を鎮める治療を行います。しかし、数十年かけてこびりついた脳の興奮状態を元に戻すには数カ月から数年かけた長期にわたる根気強い治療が必要になります」(清水氏)

 将来、深刻な症状に悩みたくない人は、片頭痛を放置しないこと。
 我慢は美徳ではないのだ。



( 2018/01/15 09:21 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

葛根湯は飲むタイミングが大事って知ってた? 効かないのはその飲み方が原因かも! 

 風邪に効く漢方薬といえば葛根湯(かっこんとう)が有名ですが、葛根湯は飲むタイミングに注意が必要って知っていましたか? S子さんとT美さん、2人の症状を通して、風邪のときに飲む漢方薬について見てみましょう。

S子「うーん、なんだかゾクッとするなー。風邪ひいたかも」
T美「大丈夫? 最近流行ってるからね」

S子「やっぱり学生のころとはちがうね。疲れが溜まるとすぐ体調に出ちゃう」
T美「そうだよね。私も1カ月前にひいた風邪がまだ治らないよ」

S子「そういえばT美、ずっと咳してるよね。大丈夫?」
T美「うん。もう熱は下がったんだけど、咳だけ長引いていて……。いつも行く病院で漢方薬もらおうかなって思ってるんだ」

S子「え、漢方薬? 効くの? 私、先月風邪ひいたときに薬局で葛根湯買って飲んだんだけど、全然効かなかったよ」
T美「飲む時期が悪かったんじゃない? 葛根湯って飲むタイミングが決まっているみたいよ。よく知らないけど……」

S子「そうなのかなぁー?」
T美「私、今日の会社帰りに病院行くつもりだけど、S子も一緒に行く? 会社の近くだよ」

S子「うーん、せっかくだから行ってみようかな。どうせなら早く治したいし。でも葛根湯を処方されたら、『効きませんでした!』ってはっきり言う!」
T美「あはは。まぁ、それはそれでいいんじゃない? じゃあ帰り、待ってるね」
S子「うん、あとでね!」

そんなわけで、仕事帰りに直接病院に向かった2人。
診察していただくのはいつも通り丸山綾先生です。まずS子さんから診察室に入りました。

S子「こんにちは。T美の紹介で初めて来ました。風邪のひき始めっぽいんです。忙しい時期なので悪化させたくなくて」
丸山先生「ちょっと熱を測ってみましょう。……37.5度、少しありますね。風邪かも?と感じたのはいつからですか?」


( 2018/01/15 09:16 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

発熱、頭痛、鼻水…風邪でもっとも嫌われている症状は何か 

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています。みなさま、風邪などひいていませんか?

先週は愛子さまもインフルエンザにかかってしまい、今週ようやく登校されたとの報道がありましたが、インフルエンザと風邪の症状はとても似ています。インフルエンザは、咳、喉の痛み、発熱などいわゆる風邪の症状がありますが、発熱するとすぐに38度を越えてしまいます。ですから、高熱が出たら要注意です。

さて、今回は風邪の症状のなかでも「一番イヤな症状」について聞いてみました。結果は以下の通りです。

・発熱:17.2%
・頭痛:11.6%
・鼻水・鼻づまり:28.8%
・のどの痛み:18.6%
・咳:13.0%
・食欲不振:0.3%
・腹:1.3%
・吐き気:7.0%
・この中にはない:1.8%
・ 風邪をひいたことがない:0.5%

(リサーチパネル調べ、17万670人が対象)

「全部イヤ」との回答も目立つなか、一番イヤがられているのは「鼻水・鼻づまり」で、28.8%でした。イヤな理由も、次のように多岐にわたっています。

「頭痛や熱は根性で何とかなるけど、鼻水だけは止められません・・」
「なぜって、これは人前で見苦しい。隠せない」
「みんな嫌ですが、鼻水は一番困ります。呼吸も苦しくなるし、お化粧もぐだぐだ・・」

ほかにも「呼吸ができない」「集中力なくなる」「鼻のかみ過ぎで鼻が赤くなる」「料理の味見ができない」・・・・・と、嫌われるだけの十分な理由が次々挙がっていました。

以下、回答者が10%以上あった症状のコメントを見てみましょう。
<「のどの痛み」と答えた人 18.6%>
「喉の痛みがあると食欲も無くなり不快感増!」
「誰とも話す気が無くなるから・・・」
「ご飯が美味しく食べられないよ」
「電話に出られなくなる」

<「発熱」と答えた人 17.2%>
「熱があると思考能力も行動も鈍くなり何も出来ません」
「熱が上がる時の悪寒が嫌です」

<「咳」と答えた人 13.0%>
「酷くなると、腹筋に響く。年寄りはこれで骨折する事も・・・」
「咳き込み過ぎると…ちびる……」

<「頭痛」と答えた人 11.6%>
「頭が働かなくなるから・・・」
「考えることが出来なくなる」

また「この中にはない」と答えた人のコメントには、「唾液が変な感じになる」「体のダルさ」「関節痛」「悪寒」といった症状が挙がりました。一方で、「気持ちが折れやすくなること」「上司に休みの連絡を入れなければいけないこと」といった精神的苦痛を訴える声も。

「この中の5つぐらいが一緒に症状として出たことある」という悲惨なコメントもありました。

では、「風邪をひいたことがない」と答えた人のコメントから、風邪にならない秘訣を探ってみましょう。

「もう何十年も風邪を引いてません。 外出から帰れば「うがい」。寝る時は、はじめは違和感ありましたが、靴下を履いて寝ます」

「バカの特権!」との声も少なくありませんでしたが、「風邪をひいたことがない」のは、わずか0.5%。残る99.5%は風邪ひきの経験があるわけです。油断せずに「うがい」など予防をきっちりして、気持ちよく春を迎えたいですね。



( 2018/01/14 08:24 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

みんな頼りすぎ!薬剤師が語る「安易に頭痛薬を飲み続ける」リスク 

若い女性にも多く見られる“頭痛”。生理前や雨の日に頭が痛くなるという方もいらっしゃるのでは? ただ、頭痛と言っても片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛など種類はさまざまで、原因や対処法も違います。

すぐに市販の頭痛薬に頼っていると、恐ろしいことになるかもしれません……。

今回は薬剤師の方に、市販の頭痛薬を飲み続けたときのリスクについて伺ってきました。

■1:胃腸障害

一般的によく知られている副作用です。特に、“アスピリン”という成分が多く含まれている頭痛薬は胃を荒らしやすいので、胃潰瘍の経験のある方や胃弱体質のお年寄りなどは気を付けましょう。

■2:妊娠中の危険

妊娠後期(出産予定12週前)の妊婦さんが市販の頭痛薬を飲むと、出産に対するリスクが高まるおそれがあります。薬によっては控えたほうがいい成分が含まれているので、安易に市販の頭痛薬を購入することは控え、必ず病院で医師の処方を受けてください。

■3:薬物乱用頭痛

頭痛薬の飲みすぎにより痛みの感受性が高まり、少しの頭痛でも強く感じて薬を飲まざるを得なくなってしまう、今最も問題視されている副作用です。

市販の頭痛薬を月10日(週3日)以上飲んでいる方は、この薬物乱用頭痛に陥っている可能性があります。すぐに服用を中断し、病院へ行って診察を受けてみてください。

最近では、”スイッチOTC(Over The Counter)”といって、病院で処方されるものと非常に近い薬が市販で買えるようになっています。便利な反面、使い方を間違えると上記のようなことが起こるおそれも……。

また、たくさんの種類がある中でどの頭痛薬が自分に合っているのかなど、店頭にいる薬剤師の方に相談した上で購入することをオススメします。

すぐ薬に頼ってしまう習慣を見直して、頭痛を起こしにくい体質に変えていくことも大切ですね。



( 2018/01/14 08:23 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゾクッときたらコレ!風邪対策にオススメの「手作り葛根茶」 

「風邪かも……」そう思ったとしても、なかなか病院に行けずに悪化させてしまうことはありませんか? できることなら病院に行く前に、うまく症状をコントロールしたいものですよね。

とはいえ、市販の風邪薬だと、副作用の心配があるとともに、さまざまな種類の成分が入っているため、不要な薬剤まで飲んでしまう危険性があります。

そこで今日は、薬に頼らず、病院に行く前に、ハーブを活用した風邪対策の方法を2つご紹介します。

■1:手作り“葛根茶”

風邪の引き始めに有効なものとして、市販の“葛根湯”が有名ですが、葛根湯は漢方のメソッドを利用したお茶で、じつは自宅でも作れます。

用意する材料と各効用は以下のとおり。

(1)クズ・・・解熱作用があり、血行促進するデンプンが豊富に含まれています。

(2)生姜・・・体を温める効果、抗菌、発汗作用があります。

(3)リコリス・・・気管支炎などの呼吸器官系の炎症を鎮める働きがあります。

(4)ナツメ・・・抗がん作用があり、免疫力を高めます。

(5)シナモン・・・発汗、殺菌、血行促進作用があり、体を芯から温めてくれます。

この5つをブレンドして熱湯を注いで数分蒸らせば、手作り“葛根茶”の完成です。

■2:風邪の初期症状にオススメのブレンドハーブティー

もう一つ、風邪の初期症状にオススメなのが、エキナセアとエルダーフラワーと生姜のブレンドティーです。

エキナセア2グラム、エルダーフラワー1グラム、生姜1グラムのブレンドハーブティーを、1日3杯目安に飲みます。エキナセアは免疫力を高めてくれる働きがあり、エルダーフラワーと生姜は発汗作用があり体を温めてくれます。

風邪の予防であれば、このハーブティーで十分ですが、有効成分を効率よく体に取り入れるには、エキナセアの有効成分を濃縮したチンキ剤がおすすめです。

以上、病院に行く前にできる、ハーブを活用した風邪対策の方法を2つご紹介しましたが、いかがでしたか?

ご主人や家族が「風邪かも?」と思ったら、今回ご紹介した葛根茶やハーブティーを作ってあげると、心も温まりますよね。

十分な睡眠と休息はもちろんのこと、ハーブを上手に使った日頃からの予防で、できるだけ病院や薬に頼らず、元気な体で毎日を過ごせるようにしましょう!

もちろん、たとえば市販の薬や休養をとってもなかなか治らず、熱が38℃以上ある、食欲がない、頭痛がひどい、扁桃腺が痛い、胸が痛い、呼吸が苦しいなどの症状がある場合は、自力で治そうとせず病院で診察をしてもらいましょう。


( 2018/01/14 08:22 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜ大事な試験やプレゼンの日に風邪を引く? 免疫系の不調と心の関係 

体の調子が悪いと、気持ちも冴えなくなるもの。風邪で熱があり、咳・鼻水が止まらない時に、大事なテストや仕事が重なってしまうのは精神的にも辛いものです。しかし状況によっては、ひどい体の不調を押し切ってでも、学校や職場へ向かう必要があるかも知れません。

 体が辛い時、体内では血液中のリンパ球などが侵入したウイルスと戦っています。体内の免疫系は、微生物の脅威から私たちを守る防御システムです。

しかし、免疫系に問題が生じると、それが精神症状の出現につながってしまう可能性があります。ここでは、心の病気の生物学的要因の一つとして、免疫系の問題を詳しく解説します。

■心にも不調を及ぼす可能性がある免疫系の不調

 人体には、時にウイルスや細菌などの微生物が侵入します。鼻や口腔内の粘膜などから体内に侵入した微生物は、体内で自己増殖を試みます。そして私たちの生理機能に深刻なダメージを与える可能性もあります。こうした微生物の脅威からしっかり私たちを守ってくれるのが免疫系です。

 免疫系には、Tリンパ球、Bリンパ球、ナチュラル・キラー細胞など多様な細胞が関与しており、これらの細胞は互いに連携し合い、体に侵入した微生物を撃退します。免疫系は、まず体に侵入した微生物を抗原、つまり外敵として認識します。

そして免疫系は抗原を攻撃する武器として抗体を作り出し、免疫反応を通じて、抗原を次第に無力化していきます。

 しかしこの大切な防御システムである免疫系が、何らかの要因で私たち自身の生理機能にダメージを与えてしまう可能性があります。たとえば、自分自身の細胞であるにも関わらず、それを外敵と認識してしまう自己免疫疾患。

免疫系は外敵と認識してしまった部位に対して抗体を作るため、免疫反応を通じて自分自身に深刻なダメージを与えてしまう可能性もあります。

 これらの自己免疫疾患は実に多様ですが、慢性関節リウマチを始め、「体」に影響するものと考えられがちです。しかし、なかには中枢神経系の構成物に抗体を作ってしまうものもあります。

もしも自己免疫反応を通じて、中枢神経系の機能に何らかの支障が生じれば、抑うつ感や睡眠障害など精神症状が出現する可能性もあります。

 また、中枢神経系内での炎症反応を通じて、中枢神経系の機能に何らかの支障が生じる可能性もあります。例えば、髄膜炎菌に感染して髄膜炎になれば、場合によっては自分が今どこにいるのか分からなくなるといった、せん妄が起こる可能性があります。

■体だけではない! 免疫の低下は心身の不調のサイン

 風邪が流行っている時期は、「マスクをつける」「外出から戻ったらうがいや手洗いをする」といった具合に、皆さんもすでに出来る範囲で対策を取られていると思います。特に妊娠中の方は、子宮内感染のリスクを意識して、通常の時期よりもしっかりと風邪予防をしましょう。

 また、風邪に限らず何らかの感染症の症状に気付いた場合、放っておくのはNG! 出来るだけ早く、症状が深刻化する前に病院を受診することは、予後を良好にする最大のポイントです。

症状を未治療のまま放置しておけば、もし感染症の原因がたとえばライム病のように脳内に侵入できる細菌の場合、深刻な精神症状が生じる可能性もあります。

 ところで、風邪を引く時は、往々にして、日常生活でストレスが強い時ではないでしょうか? 実際、強いストレスは免疫系の機能が低下する大きな原因の一つ。欧米での統計ですが、医学生の免疫機能を調査した統計があります。

それによると、医学生は最終試験の前になると、ナチュラル・キラー細胞が減少するなど、細胞性免疫が顕著に低下しており、

口内炎が生じやすい、傷口が治りにくい、あるいはB型肝炎ワクチン接種後の抗体産生が不充分といった問題が生じやすくなっていました。いったい、どれほどの知識が、その最終試験で必要とされたのか、ちょっと気になりませんか?

 もっとも誰だって、自分の限界を超えるような労力を求められれば、ちょっとした事にイライラしてしまうなど、何らかの不調が現われやすいもの。

最近口内炎ができやすい、あるいは花粉症の症状が普段より強いなど、何らかの免疫系の不調に気付かれたら、心身が強いストレスにさらされている可能性があります。これらのサインをしっかり意識され、ストレス対策を是非工夫していただきたいところです。



( 2018/01/14 08:21 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

死ぬまで現役 下半身のツボ ヤル気の出た日は“オットセイ”に力を借りる  

オットセイ、マムシ、スッポン、マカ…ご存知のとおり、これらは中高年の味方こと「精力剤」に含まれる成分である。
 
「世の中には数多くの精力剤が存在します。ただ、闇雲に精力剤を飲んでも意味があまりないのです。自分の症状に合わせて、精力剤も選ばないといけません」
 こう語るのは、理学博士で30年の歴史を持つ精力剤専門店『ごりっぱや』(東京・池袋)創業者である秋好憲一氏だ。

 精力剤を長年研究してきた秋好氏によると、精力剤といっても種類は様々。ペニスの勃起力を高めるものもあれば、スタミナをつけるもの、さらには性欲を強くするものもあるという。

 「ところが、ほとんどのお客さんが、一言目に『一番効く精力剤はどれか!?』と聞いてくるんですね。

その人にとって何が一番必要なのか、そのためにはどういう成分の入った精力剤を飲むべきなのか。この知識を持っていないと、せっかくの精力剤も効果が半減してしまうんです」

 確かに精力剤というくくりでも「オットセイ」と「マムシ」の違いを知る男性は少ないのではないだろうか。
 そこで今週から「精力剤の成分」を徹底伝授してもらうことにした。

 まず、第一回目は「オットセイ」である。
 「現在、オットセイは国際協定によって捕獲が制限されているため、これを原料とした強精補助食品は非常に少ないのです。私の店で扱っているのも一種類だけです」

 希少価値の高いオットセイは、矯正効果が絶大だという。
 「オットセイは一夫多妻制で、一頭のオスは常に20~30頭のメス(繁殖期には100頭近くになる)を従えているのです。まさに絶倫動物。その絶倫の秘密を調べたところ、オットセイの骨格筋からカロペプタイドというアミノ酸が発見されたのです」

 このカロペプタイドには、血圧を下げて血管を拡張するという働きがある。
 「つまり、体内に取り入れれば、血液の循環が良くなるのです。ご存知の方も多いと思いますが、勃起は海綿体に流入する血液量が関係します。

血管が拡張されて血液の循環も良くなれば、当然、勃起も早くなる。こうしたことから、オットセイは“天然のバイアグラ”とも呼ばれているのです」

 おわかりだろうか。オットセイの成分を含んだ精力剤は、モロにペニスの勃起力を高めてくれるのだ。
 しかし言い換えれば、性欲そのものを高める効果は少ない。

 「最初からヤル気のない男性にはある意味オススメできません。奥さんとのセックスレスを解消したいと思っても、まず性欲が湧かなければ、どうしようもないですからね」

 性欲を増強させる成分は次週紹介するとして、オットセイはどんな場面で飲むと最も効果的なのか。
 「“今夜が勝負”という場面でしょうね。性欲も溢れていて、ヤル気も十分。そういう場面でとても強い味方になってくれるのです。

即効性もありますからね。ちなみにスポーツ選手も密かに愛用されています。激しい体力の消耗を補う効果もあるといわれています」

 さあ、アナタに今必要な精力剤を見つける旅に出よう!

秋好憲一
理学博士。中高年の精力増強、滋養強壮に取り組むこと30年。日本健康信用販売『ごりっぱや』(東京・池袋)の社長。主な著書に『超精力』『腸から始まるアンチエイジング』など多数。テレビやラジオに数多く出演。


( 2018/01/14 00:57 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師が解説「マスクでウイルス感染は防げるのか?」 


◆■ウイルスはマスクを通り抜けてしまうのか?

ウイルスがマスクを通り抜けるということは、イメージしにくいかもしれません。しかし、スーパーカミオカンデで測定しているニュートリノが、難なく地球を通りに抜けているということを考えると、ウイルスがマスクを通り抜けるということも考えられなくはありません。
ここでは、「金魚すくい」にたとえて、「ウイルス」と「マスクの穴」の関係について考えてみたいと思います。
.
◆■「ウイルス」と「マスクの穴」の関係を金魚すくいにたとえると……

ウイルスにもいろいろありますが、一般的なウイルスとして、インフルエンザウイルスで考えてみましょう。

インフルエンザウイルスの大きさは0.1μm(マイクロメートル)、一般的なマスクの穴の大きさは5μmとなっています。ちなみに、1μmは1mmの1000分の1です。インフルエンザウイルスとマスクの穴の大きさの差はじつに50倍。

「金魚すくい」にたとえて、ウイルスを「金魚」、マスクの穴を「金魚すくいポイ」(金魚すくいの網)とすると、4cmの金魚をすくうのに、それに対応する金魚すくいポイの大きさは4cm×50倍の200cm(=2m)になります。しかも、この金魚すくいポイは紙が貼っていない“ただの枠”です。

この巨大な金魚すくいポイでは、何回やってもウイルスという金魚をすくうことは難しいとおわかりでしょう。通常のウイルスは0.3μm以下であり、マスクの穴ぐらいなんなくすり抜けてしまいます。ノロウイルスはさらに小さく、0.03μmしかありません。

それに対して、スギ花粉は30μm、非常に小さいとされている粒子状物質PM2.5でも2.5μmもあります。インフルエンザウイルスを4cmの「金魚」とすると、PM2.5は1mの「ブリ」、スギ花粉は12mの「ジンベイザメ」ほどの大きさになるのです。比べてみると、ウイルスはかなり小さいですね。
.
◆■マスクを過信せずに他の感染対策も

マスクは、感染予防に関してはそこまで期待はできないものの、咳エチケットとしては有効です。というのも、咳をした際のウイルスは唾液と共に飛散するからです。唾液の大きさは5μmになるため、マスクにより感染機会を減少させることが可能です。

厚生労働省が作成した「新型インフルエンザ等対策ガイドライン」にも以下のように記載されています。

●感染防止
発症した者がマスクをすることによって他の者への感染機会を減少させる効果は認められており、自らが発症した場合にはマスクは着用することが必要である。他方、まだ感染していない者がウイルスの吸い込みを完全に防ぐという明確な科学的根拠はないため、マスクを着用することのみによる防御を過信せず、手洗いの励行や人混みを避けることなどの他の感染対策も講じる必要がある。

「新型インフルエンザ等対策ガイドライン(平成25年6月26日作成 平成28年3月25日 一部改定)」より

欧米では日本のような文化がないため、症状もないのにマスクをしていると重病人と勘違いされることもあるようです。ガイドラインにもあるように、感染防止にはマスクを過信せず、手洗いや人ごみを避けるなど他の感染対策も必要といえるでしょう。



( 2017/12/30 21:13 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

注射や点滴の効果は?「風邪」を早く治す方法 

◆そもそも「風邪」とは……

肺に出入りする空気の通り道を気道といいます。そのうち、鼻や口から声帯までが上気道、その奥の気管支が下気道です。この上気道の感染による炎症性の病気を「風邪」、医学的には「風邪症候群」といいます。下気道の炎症は「気管支炎」、さらに気管支の奥にある肺の炎症は「肺炎」です。

風邪症状は上気道だけでなく下気道まで広がっていることが多く、最近では下気道にまで広がって急性炎症をきたす疾患を総称して「風邪症候群」という病名が使われています。上気道の炎症を起こす風邪の主原因はウイルスです。ウイルスは体内の免疫の力で治療できます。残念ながら、ウイルスには細菌に効果がある抗生物質は効きません。ただし、風邪の大部分は免疫力で治癒することができるので、過度の心配は不要です。
.
◆風邪治療に使われる注射・点滴の種類・成分・効果

「風邪を早く治したい!」と、風邪で来院されて注射を希望される患者さんは少なくありません。「風邪をひいたけど、注射をしたらすぐに良くなった」と感じる方も多いのかもしれません。では、風邪の注射とはどのようなものでしょう? 風邪の注射・点滴の種類は、大きく分けて4つに分類することができます。

・風邪に対しての抗生物質の点滴
・風邪に対しての栄養剤の点滴
・風邪に対しての解熱剤の注射
・風邪に対してのビタミンの点滴

順に見てみましょう。

1. 風邪に対しての抗生物質の点滴
最初に述べたように、ウイルス感染には抗生物質は効きません。風邪の大部分はウイルス感染なので、風邪に抗生物質の点滴をしても効果はありません。細菌による二次感染を起こしている場合には、抗生物質は効果があります。重篤な感染でなければ、抗生物質は飲み薬でも十分効果的ですが、重篤な細菌感染による肺炎などを併発している場合には、抗生物質の点滴を行います。

2. 風邪に対しての栄養剤の点滴
点滴内には、カロリーのもとになるブドウ糖やナトリウムなどの電解質が含まれています。一般的に、点滴内のブドウ糖は、血管炎や血管痛が起きにくい5~10%ぐらいの濃度となっています。カロリーは、点滴量500mlでブドウ糖5%濃度だと100キロカロリー、点滴量500mlでブドウ糖10%濃度だと200キロカロリーになります。

スポーツドリンク、例えばポカリスエットだと、500mlで135キロカロリーありますので点滴と同じぐらいのカロリーが期待できます。嘔吐・下痢や食欲不振などで、飲水ができない場合には点滴が効果的です。

3. 風邪に対しての解熱剤の注射
解熱剤の注射は、最近ではほとんど使用されなくなりました。というのも、解熱剤の注射は副作用の危険性が高いからです。

例えば、以前よく使われていた解熱鎮痛剤の注射であるメチロンを例にすると、メチロンは、「ショック、血圧低下、脈拍異常などの重篤な副作用が発現することがある」とされています。適応は、「他の解熱薬等では効果が期待できないか、あるいは他の解熱薬の投与が不可能な場合の緊急解熱」となっており、内服薬など他に解熱する方法があれば用いません。

そもそも、発熱自体は体の自然な反応であり、免疫力を上げるという観点からは熱が高い方がいいとされています。熱による症状が強くなければ、無理に下げる必要はありません。熱を下げるにしても、わざわざ注射で痛い思いをしないでも、飲み薬で十分効果があります。

4. 風邪に対してのビタミンの点滴
残念ながら、ビタミンの点滴が風邪に効くという医学的根拠は現時点では明らかではありません。また、ビタミンの点滴を風邪症状で用いることは健康保険では認められていません。

以上のような理由で、現在、風邪症状に対して注射や点滴を行う医療機関は少なくなっています。風邪の注射・点滴はプラセボ効果としては効果があるかもしれませんが、期待するほどの効果はなさそうです。
.
◆風邪を治す効果的な方法とは……結局、安静が第一

風邪で処方される薬は、鼻水や咳など、風邪の諸症状を抑えるものです。残念ながら、風邪に対する特効薬はありません。風邪を治すもっとも効果的な方法は、安静にして免疫力を高め、水分や栄養を十分にとることといえるでしょう。ただし、抵抗力が弱い人や高齢者は、風邪をこじらせて肺炎になることがあります。熱がなかなか下がらない、咳が止まらない、元気がなくぐったりしている、などの症状がある場合は、早めに近くの医療機関を受診しましょう。



( 2017/12/20 17:31 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

喉にいい食べ物・悪い食べ物…早く治したい喉の痛みに 


◆喉が痛いときに食べてはいけないもの……刺激物は炎症にNG

喉が痛いとき、「食べ物が喉を通らない」ような感覚になることがあると思います。これは単に痛みだけでなく、喉の腫れによって気道や食道が狭く詰まっているような状態になるため。

痛みがひどい場合は、炎症を起こしている喉をなるべく休めることが大切。喉に刺激を与えるような食べ物は避けるようにしましょう。
・香辛料……トウガラシ、わさび、辛子、マスタードなど
・酸味の強いもの……酢、梅干、柑橘類など
・炭酸系飲料
・アルコール
・熱すぎるもの、冷たすぎるもの……ラーメン、鍋料理、アイスクリームなど
・味の濃いもの

最後の「味の濃いもの」とはどういうことかと思った人もいるかもしれません。「味の濃いもの」は味付けに主に食塩を多く含んでいます。「傷口に塩をすり込む」という言葉がありますが、喉が腫れているところに食塩たっぷりの食べ物が通過しようとすると、腫れている部分に刺激を与え、痛みが生じる恐れがあります。味の濃いものも避けた方がよいでしょう。
.

◆早く治したい喉の痛みに、刺激の少ない食べ物を

喉に刺激を与えることがよくないのですから、喉が痛いときは、逆に「喉に刺激を与えないもの」を選んで食べるようにしましょう。
・やわらかいもの……プリン、茶碗蒸しなど
・ハーブティー……カモミール、ユーカリなど
・のど飴

喉に刺激を与えない食べ物の選び方でもっとも簡単なのは、物理的に「やわらかい」ものを選ぶことです。プリン、茶碗蒸しのようなゲル状の食品や、うどんや粥など柔らかく煮た料理がオススメです。さらに、カフェインの少ない飲み物で喉を湿らせたり、のど飴を使って唾液を多く出すことで喉を乾燥から守ることも喉が痛いときの対処法として有効です。
.

◆喉の痛みに効く民間療法は本当? ネギ、生姜、大根など

また、昔も今も、喉の痛みに悩まされる人は多かったようで、喉の痛みに効果があると考えられてきた「民間療法」的な食材も多くあります。それぞれの科学的な裏付けも考えながら、上手な活用法を見てみましょう。

■ネギ
長ネギの香り成分である「アリシン」に殺菌効果があると言われています。焼いて首に巻くとよいと言われますが、加熱して美味しくいただいたほうが効果は高いようです。

■生姜
生姜の「ジンゲロール」「ショウガオール」が血行をよくすると言われています。そのままではかなり刺激が強いので「生姜紅茶」のようにすりつぶして少量を飲み物に溶かします。

■大根
大根の辛味成分である「アリルイソチオシアネート(芥子油)」に抗炎症作用があると言われています。大根とはちみつをタッパーなどの密閉容器に入れ、出てきた汁を飲むと効果的と言われています。大根おろしもよいと言われますが、こちらは少し刺激があるので少量にしましょう。

■はちみつ
はちみつは上述の大根はちみつの材料としても使われていますが、はちみつをなめるだけでも効果があります。マヌカハニーなども炎症を抑えるため、効果があると言われています。

■みかんの皮(陳皮)
柑橘類の香り成分である「リモネン」や、酸味のある「ビタミンC」などが喉の痛みを含む風邪予防によいと言われています。みかんの皮を干したものは「陳皮」として販売されています。陳皮を生姜や黒砂糖などと一緒に煎じて飲みます。

■キンカン
みかんの皮と同様「リモネン」や「ビタミンC」などが風邪症状に効果があると言われています。キンカンは実を皮ごと食べるのが特徴です。喉の痛みが気になるときには砂糖煮を5~6個食べましょう。黒砂糖のほうが効果が高いと言われています。または、キンカンにザラメ糖とはちみつを入れて漬け込むとキンカン飴ができるので、これをスプーン1杯なめても喉の痛み軽減効果が期待できます。

■黒豆
黒豆を煎じて飲んだり、黒豆とゴマ、昆布茶を煎じて飲みます。また、ゆで汁に黒砂糖を加えて飲む方法もあります。黒豆の色素成分である「アントシアニン」に喉の痛みを和らげる効果があると言われています。

■ゴボウ
ゴボウに含まれる「サポニン」が炎症を抑えると言われています。サポニンは灰汁の成分ですので、喉への効果を期待するのであれば、灰汁抜きをしすぎないで調理したほうがよさそうです。また、痰が出る場合、生のゴボウの根の汁を飲むとよいと言われています。また、ゴボウの種子をよく煎じて飲むと咳にもよいようです。

■梨
梨の「ソルビトール」は喉の痛みを和らげて咳を鎮めるといわれています。生の梨の芯をとり、はちみつを入れて蒸したり、焼いて食べると効果があります。また梨をすりおろしてジュースにし、はちみつを入れて飲んでもOK。すりおろした梨を煮詰めても効果があると言われています。

ほかにも昔から言われている民間療法にはさまざまなものがあります。体質等にもよるところがありますし、薬ではないので必ずしも効果があるとは言い切れませんが、昔ながらの「おばあちゃんの知恵」は経験則として一定の効果を実感できるものが多いように思います。機会があれば試してみて、ご自身の体質にあう喉の痛みの軽減法を見つけられるのもよいかもしれません。

◆喉の痛みが続くときはポリープなどの可能性も……

「喉が痛くて声が出にくいだけで、あとは何ともない」からと、病院にかからず民間療法などを試しながら、自然治癒を待っている人もいるかもしれません。しかし、最初の2~3日程度なら様子見でも問題はないのですが、もし声枯れが5日以上続くようであれば、早急に受診するようにしましょう。

これは私自身の経験で恐縮ですが、喉の痛みが出始めてすぐに受診して薬をもらったものの声枯れしてしまい、3日後くらいに再診すると、薬剤師さんが驚くような強い薬に変更されました。それでも効果が出ず、さらに再診を受けると「小さいポリープができている」といわれました。

医師によると、ポリープは発生して1週間以内であれば薬で治療ができるそうですが、それを過ぎてしまった場合には、少し大きい病院で切除するしかないのだそうです。私の場合は、治療できるギリギリのところでポリープが発見されたため、薬で済みましたが、痛みや声枯れを放置して我慢すれば我慢するほどにポリープは大きくなり、切除以外に治療法がなくなってしまうこともあるのです。

病院にかかるのは時間も手数もかかりますが、5日以上喉の痛みが続くようであれば、早めの受診をおすすめします。



( 2017/12/16 19:27 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

季節の変わり目要注意!寒暖差に負けない「風邪ウイルス」撃退法 

季節の変わり目のこの時期は、暖かい日と寒い日が周期的に来るため、寒暖差に身体が対応できずに風邪をひく方が多くなります。「のどに違和感を感じる」「鼻がムズムズする」など、風邪をひいたかもしれないというとき、「まだ大丈夫!」と油断してはいませんか?

この段階をどう過ごすかでツライ風邪に発展するか、それとも免れるのかが決まります。なるべく風邪を長引かせず苦しまないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか?

■1:タンパク質を摂る

タンパク質を摂ることで、免疫細胞の形成、免疫反応を促進する効果を得られます。豆腐や白身魚の煮物など消化の良いものを食べましょう。

さらに、タンパク質を代謝するビタミン、ミネラルも一緒に摂るといいですよ。

■2: 亜鉛を摂る

亜鉛はウイルスが粘膜に付着したり、増殖するのを防ぐ働きがあります。卵黄やゴマ、肉、魚類など亜鉛を含む食べものを煮るなどして、消化の良い状態にして摂取しましょう。

■3:ニンニクを摂る

ニンニクに含まれる”アリシン”という成分には、強い殺菌作用があります。疲労回復に役立つ、ウイルスを減らすなどの効果もあるので、風邪の予防に役立ちます。

■4:お茶でうがいをする

お茶に含まれる”カテキン”には、殺菌、抗菌作用があります。また、のどの痛みにも効果的なので、水ではなく、お茶でうがいをしてみてください。

■5: 部屋を換気する

くしゃみを1回すると約200万個のウイルスが、咳を1回すると約10万個のウイルスが口から出るといいます。部屋を閉めきったままにしていると、ウイルスがさまよい増殖することになるので、2、3時間に1回は窓を開けて換気をしましょう。

■6: 部屋を加湿する

風邪やインフルエンザのウイルスは、乾燥していて温度が低い場所を好みます。部屋の中は、湿度50%をキープできるように、加湿器を使って湿度調整をしましょう。

寝るときにマスクをするのも、のどの乾燥を防ぐのに効果的です。

■7: 睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりとって疲労を回復し、免疫力を高めましょう。

■8: 寒気、熱のどちらかを見極める

(1)寒気・・・足湯をする、体を温める食べものや飲みものを摂取する。

(2)熱・・・脇の下にアイスパックを挟んだりして、熱を逃す。水分を補給する。

風邪をひいてツライ思いをしたり、仕事やプライベートの予定をキャンセルすることがないように、初期症状の段階でウイルスを退治しましょうね。


( 2017/12/11 07:33 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

デトックスに風邪予防…話題の「フルーツ鍋」の効能  

「フルーツには酵素がたくさん含まれているので、消化促進やお肉をやわらかくする効果、肉や魚の臭みを取る働きなどがあります。日本にはおいしいフルーツがいっぱいありますから食材や調味料としてぜひ使ってみてください。いつものお鍋がぐっと華やかになりますよ」

そう話すのは野菜ソムリエのKAORUさん。今、ちまたで話題になっている『レモン鍋』。だが、鍋に合うフルーツはレモンだけではなく、ほかにも結構あるという。

そんなフルーツを使った鍋レシピをKAORUさんが教えてくれた。しかも食べるだけで、美容や健康にうれしい効果をもつというのだから試す価値あり!

『アボカド濃厚クリーミー鍋』便秘解消や美肌、アンチエイジングにも!

【材料・2人分】アボカド…1個。ブロッコリー…1/2個。カボチャ…50g。マッシュルーム…4個。パプリカ(赤・黄)…各1/2個。チンゲンサイ…1株。ソーセージ…4本。ベーコン(ブロック)…80g。レモン汁…少々。ホワイトソース缶…1缶。牛乳…2~2.5カップ。顆粒スープの素(コンソメまたはチキン)…小さじ1。塩・こしょう…各少々。パルメザンチーズまたはピザ用チーズ…適量。粗びき黒こしょう…少々。

【作り方】1.具は食べやすく切り、ブロッコリー、かぼちゃは下ゆでしておく。2.アボカドは食べやすく切り、変色しないようレモン汁をかける。3.鍋にホワイトソースを入れて牛乳を加えながら混ぜる。火にかけ、顆粒スープの素、塩、こしょうで調味する。4.ホワイトソースにとろみがついたら1の具材を加え、火が通ったら2のアボカドを加える。チーズ、黒こしょうをかける。

『レモンさっぱりぶりしゃぶ鍋』風邪予防やシミ対策におすすめ!

【材料・2人分】大根…1/3本。クレソン…1束。レタス…3~4枚。まいたけ…1パック。えのきだけ…1袋。ブリの刺身…150g程度。A《だし汁…4カップ。酒…大さじ4。みりん…小さじ2。ナンプラー…小さじ2。レモン(国産)…2個》。つけダレ《レモン汁…大さじ2。ナンプラー…大さじ1。白すりごま…大さじ1。砂糖…小さじ2》。

【作り方】1.大根は皮をむき、スライサーで薄く輪切りにする。クレソンは茎のかたい部分を切り落とし、レタスは食べやすい大きさにちぎる。きのこは石づきを取り小房に分ける。2.レモン1個は薄くスライスし、残り1個は搾る。3.つけダレの材料を混ぜ、食べる直前に鍋汁大さじ1~2を加えてのばす。4.鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したら1と2のスライスしたレモンを入れる。ブリをさっとくぐらせ3につけていただく。

『すだちタラちり』消化促進や疲労回復、塩分が気になる方に!

【材料・2人分】昆布(10cm角)…1枚。水…2.5~3カップ。生ダラ(切り身)…2~3切れ。豆腐…1丁。長ねぎ…1本。えのきだけ…1袋。大根…1/2本。すだち…3個。ごま油…少々。

【作り方】1.昆布をぬれぶきんでさっとふいて土鍋に入れ、水を注いで約10分ほどおく。2.生ダラは3等分に切り、豆腐は8等分に切る。長ねぎは1cm幅の斜め切り、えのきだけは石づきを落としてほぐす。3.大根はすりおろして水けをよく切り、すだち2個は輪切りのスライスに、1個は半分に切る。

4.1に2を入れ火にかけて、野菜が煮えたら3の大根おろし、すだちのスライスを上に加える。5.ポン酢にお好みですだちを搾り、ごま油を少々たらして、つけダレにする。


( 2017/12/11 07:32 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)

かんでもかんでも出る……鼻水をスッキリ止める方法はないの? 

風邪や花粉症にかかると止まらなくなる鼻水。何回鼻をかんでもスッキリせず、困っている人も多いと思います。鼻水はいったいどこから来るのでしょう? 鼻水を止める薬の副作用についても、詳しくご紹介します。

 まずは鼻水を作る3つの器官について確認しましょう。

■1.体調が良いときの鼻水は「涙腺」

 鼻水の元の一つは涙です。体が行っている水分の再利用の一つが、目を潤した涙を鼻腔に流すことです。目の表面が乾かないように、瞬きする度に涙腺から少量の涙が鼻腔に流れ、鼻腔の内側を乾燥から守るのです。

 もちろん、通常の涙の再利用では鼻水にはなりません。鼻をすするほどの量になるのは、感激したときなど、涙腺からの涙が極端に増加してしまった時に起こります。

■2.分泌物の貯蔵庫? 顔の奥に広がる「鼻腔」

 鼻(鼻腔)の入り口は、指がやっと入るくらいの大きさです。一般的に鼻として認識する部分はそんなに大きくありません。それなのに鼻水がキリなく出てくるのはなぜでしょう?

 実は鼻腔の奥は、上顎から目の下の空間へと広がっています。横から見ると結構広い空間なのです。上記の涙だけでなく、この空間では粘膜から分泌物が作られ、鼻水の成分を作っています。体調に異常があり分泌物が増加すると、鼻の穴からあふれて鼻水になります。

 通常、この分泌物は呼気に湿気を与えて鼻腔から咽頭、喉頭、気管の乾燥を防止するのに役立っています。鼻腔の上の部分は臭いを感じる細胞があって脳神経の臭神経につながっています。鼻腔の後の方には中耳とつながっている耳管があります。

■3.鼻腔の外側に広がる、複雑な「副鼻腔」

 鼻は一見シンプルな作りに見えますが、鼻腔を取り囲んでいる「副鼻腔」は複雑な構造の空間です。

 鼻腔とつながっているので、この副鼻腔の分泌物も鼻水の元となります。副鼻腔は誕生した時は未完成でX線写真ではっきり写りませんが、子供の成長とともにX線写真で確認できるようになります。

 つまり鼻水は、涙腺・鼻腔・副鼻腔の3箇所の分泌物がそれぞれ混じりあって作られるものなのです。

■鼻水は簡単には止まりません!

 鼻水は、涙腺・鼻腔・副鼻腔からの分泌物が合わさった物です。涙腺、鼻腔、副鼻腔での全ての原因が、それぞれ取り除かれないと鼻水は止まらない事になります。

 感動した時に涙腺からあふれた涙は紙で吸い取る事によって減らすことが可能です。同じく、鼻腔で増加した鼻水も、鼻をかむ事によって一時的に減らすことが可能です。

 一方、身体の不調が原因で副鼻腔からあふれてくる鼻水は、涙腺からの涙のようには出し切れません。副鼻腔が複雑な上に、鼻腔の空間も大きいので、ここから出続ける分泌物はスッキリとは止まりません。何回鼻をかんでも全部出し切ることは不可能なのです。

■唯一の救世主? 抗ヒスタミン剤

 花粉症の場合、残念ながら原因となる花粉の時期が終わるまで鼻水は止まりません。一方、いわゆる鼻風邪ウイルス(例:ライノウイルス)が原因の場合は、数日間で治まります。どうしても止める必要があるなら、薬に頼るしかありません。

 式典など人前で鼻をかめない場合、最終的に鼻水を止めるために、免疫反応を一部止めるという方法があります。鼻水を増加させている炎症に関係した物質のヒスタミン作用を止めるのが一番手っ取り早い方法です。

 少し専門的になりますが、ヒスタミン作用を受けるのは、以下の3つの受容体です。

・H1受容体:鼻や目の痒み、鼻水や涙に関係する受容体
・H2受容体:粘液の分泌、特に胃液の分泌に関係する受容体
・H3受容体:中枢神経の興奮・覚醒に関係する受容体

 鼻水や涙を止めるには、H1受容体に対する抗ヒスタミン剤が有効ということになります。市販の風邪薬にはいっている抗ヒスタミン剤には鼻水を止める作用があります。

 一方、頭を覚醒させるH3受容体の作用を妨害してしまうので、副作用として眠気がおこります。車を運転する場合は居眠り運転の原因となって危険です。鼻水はガマンして、薬の服用は控えるようにしましょう。


( 2017/12/11 07:28 ) Category ■風邪くしゃみ・・頭痛・片頭痛・肺炎・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR