2

次々見つかる白い毛に憂鬱…「白髪が増えやすい」要注意な時とは?

しかも、ちょうど今、白髪が増える時期だとわかったらどうでしょう。早いうちに手を打って、少しでも白髪の発生を抑えたいですよね。

そこで今回は、白髪が増える要注意な時についてお伝えしていきたいと思います。

■1:春から夏は要注意な時期

髪の色を決めるのは、メラニン色素の量とバランスです。そしてこのメラニン色素を作るメラノサイトという細胞は、ストレスに弱いという特徴があります。

春は何かと環境が変わりやすく、ストレスが一気に溜まる時期。メラノサイトが正常な働きをしなくなり、白髪が増えやすくなります。

また、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、血行が悪くなり頭皮から髪へと栄養が届きにくくなることも、白髪が増える原因だと考えられています。

■2:過度なダイエットをしている時

食事制限をともなう過度なダイエットをしている方は、要注意です。摂取した栄養は、生命活動を維持するための器官から使われていきます。髪は優先順位が低いので、栄養が行き渡らず白髪になる危険が高まるのです。

無理をし過ぎない範囲でのダイエットにしましょう。

■3:出産後

妊娠中は女性ホルモンが100~1,000倍に増えるため、生えている毛は抜けにくくなりますが、出産をするとホルモンは減少します。すると、毛が抜けやすく脱毛するというのは、皆さんもご存知ですよね。

さらに、ホルモンの分泌が不安定になり、毛髪を生成するエストロゲンが弱まることから、白髪が増える傾向にあります。

上記3つが白髪が増えやすい時です。この時期に白髪を増やさないためには、『美レンジャー』の過去記事「白髪よ…さようなら!毎日続けられるたった3つの予防習慣とは」にある対策を、参考にするのもオススメです。

白髪のない若々しい髪をキープするために、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

大公開! 女子が「本当に髪にいい!」と思った美容師のアドバイス・9選

夏が近づくと、髪形を変えて気分を一新したくなるもの。せっかくならば、髪形にとどまらず、髪質もケアできるよう、習慣を見直してみましょう。今回は、女性たちが美容師に教わって「本当に髪にいい!」と思ったアドバイスをこっそり教えてもらいました。

■シャンプー

・「髪の毛の汚れはお湯で大体落ちる」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「最近ノンシリコンシャンプーが流行っているけれど、ノンシリコンのものは脂が多く入っているので、頭皮が脂っぽい人は毛穴の詰まりなどの原因になって逆に良くないんですよ!」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「シャンプーしたら洗い流すのに最低3分間はかけること。じゃないと洗い流せてない事の方が多いと教えてもらいました」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)

毎日使うシャンプーの豆知識。シリコンは悪者? と思っている人にとっては、目からウロコな情報? 早速成分をチェックしてみましょう。

■トリートメント

・「トリートメントは、シャンプーの後、コンディショナーの前にしないと意味が無いそうだ」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

多くの女子が寄せてくれた、こちらの意見。正しい順番は「シャンプー」→「トリートメント」→「コンディショナー」なのだとか。これまでのトリートメントって……と思ってしまった方も多いのでは?

■ドライヤーのこと

・「髪の毛を乾かすときに、最後に冷風で上から下にブローすると、キューティクルがしまって? ツヤツヤになります」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「髪をドライヤーで乾かすときに温風で一気に乾かした方が髪へのダメージが少ないと思っていましたが、弱い風で髪から離してゆっくりドライヤーをかけた方が、負担が軽減されるそうです」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

実はドライヤーの高温は、髪の限界温度をはるかに超えています。傷みの原因は、ずばりこの熱。現在は「低温ドライヤー」など、髪に優しい商品も発売されています。チェックしてみて!

■正しい使い方

・「ムースの使い方。美容師が両手でよくなじませてからつけていた。理由を聞いたら全体になじませるにはその方法がよく、泡のままつけると一部だけ固まってしまうとのこと。それ以来、なじませてつけるようになりウェーブのもちもよくなった」(33歳/金融・証券/専門職)

・「髪の毛のコテの使い方を教えてもらった。高温でさっと巻くと髪の毛が傷まないし、短時間でできてしかもくずれにくいことがわかった」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

毎朝欠かせないこれらのアイテム。あなたの使い方は、大丈夫ですか? 「これはダメ!」とつい商品のせいにしてしまいがちですが、実は使い方が悪いだけかも……?

■忘れないで!

・「髪のUVケアは絶対に必要だということ。夏が過ぎたときの髪のダメージが全然違うそうです」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

紫外線で老化するのは、髪も同じ。お肌だけで満足していませんか? UVカット効果があるトリートメントで、意外と紫外線量が多い今の時期から、徹底的にケアしましょう!

知っているのと知らないのでは、髪に大きな差が出る!? 頑張って、誰にも負けない夏のモテ髪を手に入れましょう!

ドライマウスの人には薄毛が多いってホント?

抜け毛・薄毛対策で大切なのは、「男性ホルモン作用の抑制、頭皮の血流促進である」ことがわかっています。

たしかに、実践すれば一定の効果を得られる男性は多いのですが、一方で改善の兆しがみられないケースも。実は薄毛のカギを握るのは、私たちの身体の中にある物質「IGF-I」なのです。

■薄毛の鍵を握る「IGF-I」とは?

 「IGF-I」とは「Insulin-like Growth Factor-I」を短縮した呼び名で、日本語では「インスリン様成長因子」という意味になります。これは、他でもない皆さん一人ひとりの身体の中に存在するもの。筋肉、骨、皮膚、神経、内臓のほか、唾液などにも含まれているアミノ酸の結合体なのです。

 「IGF-I」にはアンチエイジング、つまり、身体を若く保つ効果があります。これを頭皮で増やして「発毛因子」として働かせれば、高い確率で毛母細胞が活性化し、髪の毛の成長を促進することができるはず。

研究の結果、前述した男性型脱毛症などで萎縮していた毛母細胞が「IGF-I」の刺激を受けて再び分裂を始め、髪の毛が抜ける休止期を短くする働きがあることもわかったのです。そう、「IGF-I」には乱れたへアサイクルを正しい周期に戻す効果があるのですね。

■唾液が少ないと薄毛に?

 IGF-Iの血中濃度は13~17歳の思春期がピーク。以降は加齢によって減少してしまいます。年をとると共に抜け毛が増えるのは、体内のIGF-Iの減少による可能性が高いと考えられます。

 IGF-Iが不足している人には、実はある“傾向”がみられます。それが、唾液の分泌量が少ない「ドライマウス(口腔乾燥症)」にかかっている人が目立つということ。

日本には自覚症状のない人も含めるとおよそ800万人もいるといわれており、これらの人たちの中には薄毛に悩んでいる人が多いことが知られています。加齢に加えて、唾液分泌が少ないとIGF-Iの量がさらに減ってしまうために、薄毛の人が増えるのです。

 では、なぜ唾液が少ないと薄毛になるのでしょうか? 実は、唾液に含まれている「シアル酸(N-アセチルノイラミン酸)」という物質に育毛効果があるからなのです。

シアル酸は、唾液中では糖タンパクに結合していますが、胃で、胃酸の作用によって「遊離シアル酸」という物質に変化します。この遊離シアル酸が胃の知覚神経を刺激し、毛根でIGF-Iを増やして、発毛・育毛効果を発揮するのです。

 したがって、シアル酸が含まれている唾液が減ると、抜け毛・薄毛になりやすくなるわけです。

■シアル酸を使った臨床試験で薄毛改善を確認

 人間や動物の唾液には、結合したシアル酸以外にも、知覚神経を刺激する物質が含まれています。

 南米コロンビアには、“牛にアタマをなめさせると毛が生える”という言い伝えがあり、実践されています。これは、現地の人々が、牛の唾液に発毛・育毛効果がある物質が含まれていることを、経験則的に知っているからだと思われます。

 シアル酸の含有量が高いことで有名なのは、中華料理のスープやデザートに使われる高級食材の「ツバメの巣」です。具体的には成分の10~15%で、私たちの唾液に比べると濃度は約1600倍も高くなっています。これほど多くのシアル酸を含むものは他に例を見ません。

 さらにツバメの巣には、IGF-Iや上皮成長因子など知覚神経を刺激する物質も含まれているため、そのまま塗ってもある程度の発毛・育毛効果は期待できます。

 ただし、ツバメの巣に含まれているのは、あくまで結合型シアル酸です。先述したように、胃の中で分離して毛根を刺激してくれる「遊離シアル酸」がはじめから含まれているわけではありません。

 そこで私たちは、遊離シアル酸濃度0.01%の溶液を毎晩1回、薄毛に悩む男性6名の頭部に6カ月間塗布し、育毛効果があるかどうかを検討しました。その結果、臨床試験例のうち5名、つまり83.3%もの割合で薄毛改善が認められたのです。

 この結果から、遊離シアル酸を含むツバメの巣育毛剤を使えば、シアル酸効果で頭皮のIGF-Iが増え、毛母細胞が活性化して発毛・育毛が期待できることが明らかになりました。

 ツバメの巣を食べたり、ツバメの巣育毛剤を買うのはちょっと高くつくかも……という方は、誰でもできる「唾液増やし」はいかがでしょう。

■半強制的に噛まなければならない調理法を選んで唾液を増やす

 唾液をたくさん分泌するには、

・とにかくよく噛んで食べる
・ガムを噛む
・梅干、レモンなど酸っぱいものを食べる

 といった方法がよく知られていますね。これらにくわえて私からは、毎日の食生活で応用していただきたいノウハウをお伝えしたいと思います。ポイントは半ば強制的に噛まなければならない料理をつくることです。難しく考える必要はありません。つまりは、

・食材を大きめに切る
・食材自体を噛みごたえのあるものにする

 これを意識すればいいのです。たとえば、カレーライスをつくるときにジャガイモ、ニンジン、タマネギなどはひと口大よりも大きめにカットしてみる。使う肉は薄切り肉ではなくブロック肉に。

また、朝食では柔らかいロールパンではなく、食パンをカリッとトーストする……。こういった食材選びで、唾液の分泌量は確実に増えるはずです。

■ユニークな「パタカラ発声」も分泌量アップに効果的

 続いては簡単な発声や顔の運動、マッサージで唾液の分泌量を増やす方法をご紹介します。

□舌下腺を刺激する

 「パ」「タ」「カ」「ラ」と一音一音ゆっくり発声するだけです。各10回程度が目安。舌下腺が刺激されて、唾液の分泌量がだんだん増えていきます。

□顎下腺を刺激する

1)口を閉じたまま大きく頬を膨らませる
2)逆に思いっ切りすぼめる
3)口を大きく開いて、ゆっくり閉じる

 この動きを数回繰り返してみてください。

□耳下腺を刺激する

 親指を除く4本の指で、両耳の下(奥歯の上あたり)を両手で押さえ、軽く10回程回します。

 やや気の長い話に思えるかもしれませんが、咀嚼する習慣をつければ全身のIGF-Iが増え、発毛・育毛の促進だけでなく、肥満予防、ストレス解消、脳の活性化、虫歯予防など、さまざまなメリットにも期待できます。

これを機に、唾液を増やす生活を心がけてください。

ひげが濃い人はハゲやすいのは本当? 男性ホルモン×毛根のやっかいな関係

「ひげはフサフサ」なのに「頭はツルツル」、そんな人があなたの周りにいませんか?

「フサフサ」と「ツルツル」という全く逆の現象が同時に起きているのは何とも不思議な話。そこで元理系ライターが、この現象の謎について調べてみました。

髪は抜け、ひげは生える「ハゲとひげのパラドックス」
どこに生えている毛であろうとも、毛は「毛根」から生えています。人間の身体にある毛根には、男性ホルモンの影響を受ける毛根、女性ホルモンの影響を受ける毛根、性ホルモンの影響を受けにくい毛根があります。

おでこから頭のてっぺん、ひげ、胸毛の発毛は、男性ホルモンが強く関係していると言われる場所です。

そもそも男性ホルモンとは、男性らしい外見や特徴を作り出すために必要なホルモンで、骨や筋肉を大きくするといった身体の特徴だけでなく、闘争心や冒険心といった心理的な面にも影響しています。

この男性ホルモンは男性のひげを生やす一方で、その増加が薄毛に影響していることは、50~60年も前の研究で明らかになっていました。

しかし髪の毛は抜け、ひげは生えるという全く逆の作用を示すこの「ハゲとひげのパラドックス」のメカニズムは、研究者の中でも長い間わかっていませんでした。ところが、ここ10年の間の研究でその謎が明らかになっていたのです。

パラドックス解明のカギは、毛根から出る信号の違いだった!

男性ホルモンの中でも、毛の成長に強く影響しているのが「ジヒドロテストステロン」です。このジヒドロテストステロンは毛根で作られると、毛の成長を調節するタンパク質を分泌します。

しかし、ここでのポイントは、分泌されるタンパク質の種類が場所によって全く違うこと。

あごや胸の毛根では、「毛を生やせ!」という信号を送るIGF-1というタンパク質が作られ、頭皮の毛根では、「毛を生やすな!」という信号を送るTGF-β1というタンパク質が作られることがわかってきました。

これが、男性ホルモンの多い人は「ひげはフサフサ」なのに「頭はツルツル」という正反対の現象が起きる原因ではないかと考えられているようです。

髪の毛やひげの成長には未解明の部分も多く残されているようなので、これからの研究に期待です。

発毛の専門医が明かす「髪にいいアイテムBEST3」

アラフォーともなると、容姿にも大きな変化が訪れる。その最たる例が髪の毛で、世の中には育毛や発毛関連グッズで溢れかえっている。だが、かえって困惑しているのは私たち消費者なのかもしれない。AGAスキンクリニック統括診療部長として、日々薄毛の治療にあたる麻生泰氏が語る。

「近年ではネットなどで簡単に情報を得られるようになったため、発毛治療に訪れる患者数は増加傾向にあります。ただ一方で、デタラメな情報に踊らされてしまい、全く効果のない市販の商品を掴まされている人もまた、少なくありません。’14 年には厚生労働省が広告のビフォーアフター写真の掲載を禁止する可能性が非常に高く、これではかえって文字情報に惑わされて騙される人が増える懸念もあります」

 不確かな情報に騙されないためにも、プロのチョイスを聞いておきたいところ。洗う・塗る・飲むの3カテゴリーに分け、有効な商品を紹介してもらった。まずは、“洗う”のシャンプーだ。

「髪の毛というのは、洗い方で抜け方が大きく変わってきます。ですから、洗い方はとても大事。弱った髪は爪を立ててゴシゴシ洗うと、当然抜けてしまう。頭皮は“泡で洗う”ことが大切なんです。『頭皮をあらうせっけんシャンプー』は、泡立ちがよく最適です」

“塗る”の発毛剤では、発毛成分のミノキシジルが5%に増量された「RiupX5」をピックアップ。日本で唯一医薬品に分類されている整髪剤で、使用開始から約4か月で効果が表れるとも言われている商品だ。

最後は“飲む”発毛薬。

「『プロペシア』などですね。個人輸入で入手することもできますが、性的機能の衰えや肝機能異常などの副作用をもたらすものも少なくありません。なるべくなら医師の指導の下で服用されることをオススメします」

 効果には個人差があるが、薄毛とサヨナラできる日もそう遠くはないと信じたい。

★発毛の専門医が選ぶ“髪にいいアイテム”洗う系BEST3

1位:頭皮をあらうせっけんシャンプー(ミヨシ石鹸)

泡立ちがよく、髪の毛を摩擦刺激から守りながら髪の毛と頭皮の汚れを落としてくれる

2位:UL・OS(ウル・オス)大塚製薬
頭皮に優しい植物由来のアミノ酸系洗浄成分が配合されている。泡のきめ細かさも◎

3位:炭シャンプー(地の塩社)
炭シャンプーは泡立ちが良くないものも多いが、このシャンプーは別で、泡立ちも十分

★発毛の専門医が選ぶ“髪にいいアイテム”塗る系BEST3

1位:RiupX5(大正製薬)
発毛成分のミノキシジルが5%に増量され、強く太い毛の発毛が期待できる

2位:ロゲイン米国(ファイザー社)
RiupX5と同じ量のミノキシジルを配合。価格は安いが、海外通販を行う手間が必要

3位:カークランド(カークランド社)
米国ファイザー社の「ロゲイン」のジェネリック的存在。価格はロゲインよりもさらに安い

★発毛の専門医が選ぶ“髪にいいアイテム”飲む系BEST3
※代表的な薬ではあるが個人での服用にはくれぐれもご注意を!

1位:プロペシア
フィナステリドが含有されている、AGAの治療には欠かせない治療薬

2位:ミノキシジルタブレット
血管を拡張させて発毛を促すが、本来は血圧を下げる薬として用いられているため注意が必要

3位:デュタステリド
プロペシアと似た効果があるとして治療に用いられるが、副作用の報告も多い

【麻生 泰氏】
AGAスキンクリニック統括診療部長。自身も薄毛に悩んだ過去を持ち、著書に『間違いだらけの薄毛対策』(幻冬舎)がある

AGA専門医が助言「頭髪ケアは夏前に始めると効果的」

5月中旬から全国各地で真夏日が観測されるなど、だんだんと夏の足音が近づいてきた今日この頃。汗ばむことが多い季節だけに、日々のバスタイムでは汚れやニオイなど入念にカラダのケアをしたいものだ。

 ただその際、シャンプーで洗髪をした後に「リンスやトリートメントなどで髪の毛のケアもしている」という人はどれだけいるだろうか? 既婚者には「奥さんのリンスを使う」という人もいるようだが、おそらく、多くの男性はシャンプーだけで済ますことのほうが多いだろう。

でも、本当に男性はトリートメントをしなくてもいいのか? 加齢とともに髪の毛の悩みが増えることを考えれば、普段からケアをしたほうがいい気もするが……。

 そんな疑問に対し、「短髪の男性はそれほどリンスやコンディショナーで頭髪のケアをする必要はないかもしれませんね」と話すのは、AGA治療の権威である銀座総合美容クリニックの正木健太郎院長だ。

なんだ、やっぱり男性はリンスを使う必要はなかったのか!と思いきや、「ただし髪の長い方や、カラーリングやパーマをしている人、日差しなどで髪が傷みやすい人は話が別です」と続ける。

「というのも、程度の差こそあれ、みなさんの髪は間違いなく傷んでいます。毛幹と呼ばれる、いわゆる毛根以外の髪の毛の見える部分は『死んだ細胞』であり、一度傷んだら身体の力で回復することはないので“傷むのを遅らせる”しかない。

なので、短髪の人はさほど気にしなくてもいいとしても、髪の長い方やカラーリングをしている人であれば、当然髪も傷むので、日頃からケアをしたほうがいい」

 ただ、いざ髪の毛をケアしようと思っても、世の中にはさまざまな種類の製品がある。名称も「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」など、思わず「何が違うの?」と聞きたくなるが……。

「基本的には、どれも髪の傷みに対してアプローチをし、コンディショニングを行うという意味では共通です。成分的にはシリコンを使っているかどうかが一つのポイントかもしれません。

シリコンを使っていたほうが使用後の“つるつる感”は強くなるので、ノンシリコン製品よりもトリートメント効果が得やすい場合が多いです。ただ、最近はシリコンを使っていると『逆に髪の毛に良くないのでは?』と思ってしまう方も多い。

もちろん洗い流して使用するものなので、大きな弊害は基本的にはありませんが、それでもシリコン製品が嫌な人なら同様の“つるつる感”が期待できる『植物性シリコン』を用いるのも一つの方法です」

 正木院長も開発に携わったメソケアプラス社の「ボタニカルヘアプロテクション」は、シリコン製品とノンシリコン製品の利点・欠点を検証して生まれた頭髪用トリートメントだ。天然の植物性シリコン様物質を使っているのでシリコンと同じようなトリートメント感を追及するとともに、

エンドウマメのたんぱく質を成分に加えることで、傷んだ髪にアプローチを行う。多種多様なヘアケア製品が溢れるなかで、「何を買えばいいのかわからない」という人にとってはありがたいだろう。

 また、これからの夏本番を迎えるにあたって「頭髪ケアを始めるには、今はいいタイミングかもしれません」と正木院長は続ける。

「日差しは頭髪の大敵なので、夏は当然、より傷みやすくなります。みなさん、夏本番になってから『最近、髪がゴワついてきて……』と言うのですが、その頃にはもう髪は傷んでしまっていることが多いのです。

そう考えると、夏前の時期からケアを心がけたほうが、よりいいかもしれません。『冬は乾燥に対して頭皮のお手入れを、夏は紫外線に対して頭髪のお手入れを』と、覚えておいてください」


かつら市場、なぜ異変?女性用と医療用が拡大、多彩なサービス続々で購入が身近に

女性用かつらのイメージが変わってきた。白髪や薄毛が気になる女性だけでなく、ファッション感覚でヘアアレンジを楽しむ女性が増えたためだ。

大手かつらメーカー・アデランスによれば、男性は欠点を隠す目的でかつらを買うことが大半だが、女性の約4割はファッションの延長として購入するという。

 女性用かつらは「ウィッグ」とも呼ばれ、ファッション性が高いものが増えている。自毛となじませてボリュームをアップさせたり、和装やパーティーの時など、服装やシーンに合わせてヘアスタイルを変える人も多い。

矢野経済研究所が2012年に発表した調査結果によると、かつらや増毛関連の毛髪業市場は、11年度で約1330億円となっており、男性用の需要は縮小傾向にあるという。

その背景としては、坊主頭やスキンヘッドにオシャレなイメージが定着しつつあることや、発毛や育毛などの市場が成長していることがある。そのような中、男性用かつらの需要減を補うかたちで女性用かつらが拡大している。

●かつら市場、医療用と女性用が牽引

 かつらの価格はピンからキリまであるが、女性用の場合、オーダーメイドで平均40~50万円。既製品でも10万円程度するため、一般的にかつらは高額な印象が強かった。

しかし近年は、新興企業の参入により、ネット通販やテレビショッピングで手軽に購入できるかつらが増えたため、市販品の価格は下落傾向にある。

 アデランスやアートネイチャーなど、既存の大手かつらメーカーも、駅ビルやスーパーへの出店を加速。また、美容室チェーンの田谷が自社開発のかつら販売を始めた。

購入後も全国の美容室店舗でカットなどの調整が可能なため、普段の美容院通いで手軽に購入し、維持できる。こうした販売チャネルの拡大により、女性用かつらに対するマイナスイメージは薄れ、身近なファッションアイテムとして認識されつつある。

 かつら市場の中でも、ニッチな分野として成長著しいのが医療用かつらだ。通常のかつらと何が違うのか。医療用かつら専門店のanによれば、「医療用かつらは、お薬による脱毛や事故などによる髪の脱落にお悩みの方が、一時的に着用されるかつらです」と説明する。

明確な定義はないものの、「投薬治療を行う場合、脱毛による頭のサイズの変更や、頭皮が普段よりデリケートになる」(同)といった事情から、医療用かつらを専門とする業者も増えてきた。

●購入費を補助する企業や自治体が登場

 特に女性の場合、一時的でも髪を失うことは大きな精神的苦痛となるが、医療用かつらも数万円から数十万円と高額のため、購入をためらう人が少なくない。

そうした闘病生活中の外見的な悩みを解決しようと、低価格で必要な期間だけ貸し出す医療用かつらのレンタルサービスが広まってきた。

 医療用かつらの通販サイト「アンベリール」を運営するセラヴィでは、初期費用(1万4800円~)を払えば、大手なら30万円程度する高品質のかつらを1日あたり150円で利用できる。実店舗を持たず、工場から直接仕入れることで、「市販品の半額から3分の1以下」(同社)での提供が可能だという。

また、宅配無料試着サービスがあるため、自宅で納得がいくまで品質やフィット感を確認できるのもうれしい。往復送料や手数料は一切無料だ。

 かつらの購入費を補償する仕組みも現れた。アデランスはAIU損害保険と業務提携し、抗がん剤治療による脱毛を理由とした同社製かつらの購入費を、医療保険の特約支払い対象にする。かつらの購入費を保険でカバーするのは、業界初の取り組みとなる。

 また、山形県では14年度から医療用かつらの購入費を補助する全国初の制度を導入した。県は市町村と折半で最大1万円を負担する方針だ。

 通常、髪が抜けてから生え揃うまでは1年半程度かかるという。その間、抗がん剤治療を受ける女性の多くは、精神的な不安と肉体的な苦痛を抱えながらも、日常生活では“がん患者ではない普通の人”としての暮らしを望む。

こうした行政や民間企業の取り組みが増えることで、社会復帰の後押しや以前の自分を取り戻すきっかけとなることに期待したい。

なるほど!意外と知らない「白髪が生える場所とその理由」とは

30歳を過ぎると、髪を黒くするメラニン色素を作る”メラノサイト”の活動が弱まり、白髪がチラホラと現れるようになります。

お風呂上がりにドライヤーをかけているときや、髪をセットしているときに、キラッと光る白髪を見つけてドキッとしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで多くの方は、「白髪がはえてきた……」という思いにばかり気を取られてしまうのですが、”どうしてその場所に白髪がはえたのか”ということは、あまり考えないかもしれません。

しかし、白髪がはえる場所には、理由があると言われています。今回は、白髪がはえる場所とその理由についてお話していきたいと思います。

■1:頭頂部(分け目)の白髪

髪の分け目部分にはえる白髪は、無防備に浴び続けた紫外線が影響しています。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、それが白髪の原因になります。特に分け目部分には、紫外線が直接あたるため注意が必要!

外出時は、髪用の日焼け止めスプレーや日傘を使って、紫外線から守りましょう。

■2:こめかみの白髪

こめかみのあたりには、神経細胞が通っています。パソコン作業や細かい作業のような頭を使う仕事をしている方は、神経細胞が活発になりその部分に活性酸素が発生。それが周囲の細胞にも影響を与えることで、白髪になると言われています。

帰宅後は、心身ともにリラックスできる時間を作ることを心がけましょう。また、携帯電話を長時間使用するのも、神経細胞を疲れさせることになるので、注意してください。

■3:後頭部の白髪

後頭部には、生殖器系のツボがあります。後頭部に白髪を見つけたら、生理不順などホルモンバランスが乱れていないかを疑ってみてください。

■4:特定の場所にはえる白髪

いつも同じ場所に白髪がはえるという方は、日常生活での癖を改善する必要があります。例えば、いつも同じところで髪を結んでいる、シャンプーをするときに一部だけ強く洗ってしまう、頭をかく癖があるなどの行為は、頭皮への刺激となり、活性酸素を発生させます。

頭皮に刺激を与え続けないように、日常生活での習慣を見直しましょう。

今回は、白髪がはえる場所と理由についてお伝えしました。近頃、白髪が気になっているという方は、上記の項目を参考にしてみてくださいね。

男性型脱毛症 40代3割が発症【日々進化する頼もしい薄毛治療】

【日々進化する頼もしい薄毛治療】育毛カクテル、ミネラル検査etc.

頬にはほうれい線が深く刻まれ、髪のボリュームは減り、アゴまわりにはでっぷりと肉が乗る……ある日、鏡を見て気づく中年男の現実はあまりに悲惨だ。

SPA!は医療の現場に立つ美人女医45人を取材。30~40代の男性が若さを保つための秘訣や女性に嫌われる要因について、頭のてっぺんからつま先まで教えを請うた。

<美人女医に聞いたモテない体の特徴4位・薄毛>

◆育毛カクテル、ミネラル検査など、日々進化する頼もしい薄毛治療

 昨今よく耳にするAGA(男性形脱毛症)は、40代での発症率が約30%といわれている。それほど珍しいことではないわけだが、やはり薄毛によって老けた印象を与えてしまうのも事実。

アンケートでは案外「薄毛は気にならない」という人も多く、それよりも「中途半端な薄毛が見苦しくて嫌。潔くスキンヘッドに!」(皮膚科医)という意見が散見された。しかし、効果的な治療法があるのだから、試さない手はない。

「AGAは毛母細胞の働きが弱まっているだけで、発毛機能が失われたわけではありません。放置しているとどんどん進行してしまいますが、段階に合わせた適切な治療をすれば、進行を止め再び毛髪を成長させることが可能です。

患者さんそれぞれの体質や髪質、症状に合わせた内服薬や治療、毛周期の各段階に合わせたアプローチが必要ですし、生活習慣の見直しも大切な要素なので、まずはクリニックに相談してみてください」

 そう語る入谷英里先生の銀座ソラリアクリニックでは、6パターンの治療法から最適なものをチョイスしている。

「育毛カクテルといって、幹細胞から抽出した成長因子をベースに有効な成分をプラスしたものを頭皮内に導入することで、毛母細胞の働きを活性化させられます。直径0.3mmの細い針が36本付いているハンドピースで頭皮の真皮層に高周波を流しながら、カクテルを浸透させるんです」

 また、患者の体質や症状を把握するために行う検査の中で、毛髪を含む体調管理にも有効なのが毛髪ミネラル検査なのだとか。

「薄毛の原因のひとつに、体内のミネラルバランスの乱れがあります。毛髪を専門機関に送り、体内のあらゆるミネラル、また有害物質を細かく計測してもらいます。

その数値を見ると、毛髪の成長と深く関わる健康状態を評価することができ、細胞レベルで病気の発症兆候を調べる指標にもなります。例えば亜鉛が少ないと男性機能が著しく低下しますし、有害物質だと水銀や鉛の蓄積量が多い人は、薄毛、慢性疲労、体臭、肌のシワやくすみで悩んでいることが多いのです。

不足しているミネラルを食生活やサプリメントで補うようアドバイスしたり、先ほどの育毛カクテルを導入したり、総合的な治療で薄毛はかなり改善されますよ」

これで髪の毛を守る! 男性がこっそりやっている「育毛テク10」

「髪は長い友だち」なんてフレーズがありますが、ふさふさな髪の毛とずっと一緒に生きていくためには、それなりの努力が必要です。男性の中には「育毛」に興味のある人も多いのでは?

 そこで今回は社会人男性に「こっそりやっている『育毛テク』」について聞いてみました!

●第1位/「頭皮マッサージ」……37.4%
○第2位/「睡眠をしっかりとる」……25.1%
●第3位/「スカルプシャンプーを使う」……15.9%
○第4位/「適度な運動をする」……12.3%
●第5位/「育毛剤を使う」……11.7%
○第5位/「湯船につかって血行をよくする」……11.7%
●第7位/「アルコールを控える」……9.8%
○第8位/「ヘッドスパに行く」……9.2%
●第9位/「髪にいい食事をする」……7.4%
○第9位/「ツボ押し」……7.4%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は37.4%で「頭皮マッサージ」でした。気軽にできるところが人気の理由ですね。頭皮に刺激を与えると、なんとなく活性化しているような気分になりますもんね。

ちなみにマッサージにもいろいろなやり方があるようです。調べて彼にやってあげるのもいいかも?

第2位は25.1%で「睡眠をしっかりとる」。睡眠中に体の機能が回復するのはよく知られていますが、髪の毛ももちろんそのようです。健康な毛髪のために睡眠を大事にしている男性は多いみたい。

第3位は15.9%で「スカルプシャンプーを使う」。頭皮ケアに効果的なシャンプーを使う男性も多いみたい。いい髪になるために普段使用するアイテムから見直すのも、大事なことかも。

育毛に興味がある男性はかなり多いよう。もしもあなたの彼が頭皮を気にしていたら、このランキングを参考に、こっそり頭皮マッサージをしてあげたり、シャンプーを変えてあげたりするといいかもしれませんよ!(編集部/佐藤)

癖毛に剛毛さようなら。憧れのさらさらヘアにはこの食材!「鯛のカルパッチョ」

癖毛やゴワゴワの剛毛に悩んでいる人は多いですよね。髪質を変えることは難しいかもしれないけれど、工夫と努力で少しでもサラツヤ髪に見せることは可能なんです。

まずは、自分でできることから取り組んでみて。

(1)髪の毛は乾燥すると硬くなるので、良質なシャンプー剤やトリートメント剤を選び、適度な油分と水分をキープすること。髪の保湿力を高めると、しっとりとまとまりやすくなります。

(2)ドライヤーを使う際は、温風で髪をある程度まで乾かしたら、完全に乾ききる前に冷風に切り替え、頭皮と髪を引き締める。これにより髪の毛にツヤが出てきます。

(3)髪の健康を保つ食品もしっかり摂りましょう。

良質なタンパク質が摂れる鶏肉や大豆をはじめ、ビタミンE、ミネラル、亜鉛などを多く含んだアーモンドやカシューナッツ、ゴマやワカメもおすすめ。もちろん野菜や果物でビタミンを摂取することも忘れないで。ただし、脂分が多いものや甘いものは控えましょう。

それから、もちろん髪のプロに相談するのも心強い方法。

(1)自分にあった髪色を相談。黒色は重く見えるので、明るい軽めの色にカラーチェンジしてみてはいかがでしょうか。これだけでも随分印象が変わるはず。

(2)ヘアスタイルを相談して、オシャレ度をアップ。シャギー等を使ったカットテクニックでゴワゴワした印象から流れのある整った印象にチェンジアップできます。

(3)プロのヘアエステも利用価値大!!ちょっとぜいたくなプランだけど、サロンが使っているシャンプー剤やトリートメント剤はやはり良質なものが多く、プロの洗浄とブロー効果で、きっと見違えるような仕上がりになるはず。

それに、お店によってはナノスチームなどさまざまな最新機器を導入しており、髪の毛の内部にたっぷり栄養と潤いをにじみ込ませてくれ、髪質改善も期待できますよ。

自分で努力するにしても、プロの力を借りるにしても、一朝一夕には成就しないもの。健康的な食生活に気をつけつつ、気長にトライし続けてみてくださいね。

今回は、鯛のお刺身を使って作る簡単カルパッチョ♪

オリーブオイルに含まれるビタミンEには、髪の毛の質を高めてくれる効果があるほか、血液の循環をよくして新陳代謝を上げる効果があります。

●鯛のカルパッチョ
材料(2人分)
鯛の刺身 1サク
ドライトマト 1/2個
玉ネギ 1/2個
パセリ 1/4パック
●ソース
ワインビネガー(酢) 大2
オリーブオイル 小2
醤油 小1
砂糖 小1
粒マスタード 小1
●下味
塩 胡椒 少々
レモン汁 大2

●作り方
1・鯛は薄くスライスし、下味に絡めて冷蔵庫で30分寝かす。
2・ドライトマト・玉ネギはみじん切りし、水にさらす。10分後にザルへ上げ、水気を切っておく。パセリもみじん切りに切る。
3・調味料を合わせソースを作る。
4・器に1を並べ、食べる直前に、3のソースをかけて召し上がれ。

薄毛対策の商品 効果がわかりづらい理由

男性にとって悩ましい問題である薄毛。世の中にはこれまで、この薄毛対策をうたった商品が多く登場してきた。

しかし、その効果のほどはいまひとつはっきししないものが多かった。専門家によると、その理由は次のようなところにあるという。

 この業界に出回る薄毛対策は、いわゆる「エビデンス」(効果の医学的根拠)に乏しいものも多く、玉石混交状態だった。東京医科大学の坪井良治主任教授(皮膚科学)はその理由のひとつに、カツラや植毛以外の薄毛対策は治療効果がわかりにくいことをあげる。

「髪の毛は1センチ伸びるのに1カ月かかり、おおまかな結果が出るのにも半年から1年かかる。わざわざ写真を撮って見比べる人もいないでしょう」

 また、薄毛を気にする人の多くは明確な症状があるというよりは、「他の人よりも薄いのでは」というメンタル面での不安要素が大きい。そのため、少々エビデンスが薄い治療法でも市場に定着しやすいのだ。

 抜け毛のメカニズム解明に携わった大阪大学医学部の板見智教授(皮膚科学)は2009年に出版した『専門医が語る 毛髪科学最前線』の中で、「皮脂が詰まるとハゲが進む」「血行がよくなると毛が生える」といった「通説」について研究成果をもとに批判を加えている。

東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長は、「男性型脱毛症(AGA)は発症5年以内に手をうったほうがいいが、治療情報はよく見極めるべき」と語る。

 ここ10年で、そんな群雄割拠の薄毛業界に大きな変化が訪れた。それまではテストステロンなどの男性ホルモンが原因らしいとまでしかわかっていなかった。

AGAのメカニズムが詳しく分かるようになり、それに沿った治療法や治療薬が確立したのだ。

 そして10年、日本皮膚科学会が「男性型脱毛症診療ガイドライン」を策定した。AGAに効くとされてきた薬や治療法10種類を取り上げ、それぞれのエビデンスを確認してA(行うよう強く勧められる)~D(行わないよう勧められる)の5段階に分類。

発毛効果が確認されたミノキシジルの外用と抜け毛促進につながるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を阻むフィナステリド内服の2種類のみをA判定とした。

乾燥が頭皮と髪にダメージを与える? 冬にフケが出やすい理由

冷え込みが増し乾燥が気になるこの時期は、顔や身体だけではなく頭皮の乾燥にも気を配りたいもの。

もともと乾燥しやすい体質の人はもちろんのこと、過度な洗髪や合わないシャンプーの刺激、ドライヤーなどの熱などに空気の乾燥が加わり、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが発生しやすいのだ。

 頭皮も肌同様にターンオーバーが行われており、フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの。皮脂の分泌量が多い場合はしっとりとした大きめのフケが出ることがあるが、頭皮環境が整っている状態ならば洗髪時に角質が取り除かれるため、「フケが目立つ」と悩むことは少ない。

 ただ、これからの季節は乾燥による頭皮環境のトラブルに注意が必要になる。頭皮も肌同様に皮脂が出るが、年齢を重ねるにつれて皮脂量も減少していく。

だが、過剰に頭皮の皮脂を洗い流すような洗髪を行っていたり、相性の悪いシャンプーを使っていると乾燥が進み、古い角質がめくれてカサカサの状態に。

フケが大量に出たり、かゆみや皮膚炎などが発生してしまうこともあるのだ。洗髪を夜と朝、1日に2回行っている人も要注意。必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、頭皮の乾燥を招くことになりかねない。

 発生したフケを取り除くためにと、必要以上にブラッシングしてしまうものタブー。頭皮を傷つけ、余計にフケが出やすい環境になってしまいかねない。

もともとブラッシングは髪に付着したホコリを取り除いたり、乱れたヘアスタイルを整えるのに便利ではあるものの、必要以上に行うと摩擦により髪にダメージを与えてしまうので、頭皮のためにも髪のためにも、ほどほどが肝心と心得て。

 乾燥しやすい人やフケが出やすい人、頭皮トラブルを抱えやすい人は、敏感肌の人に向けたヘアケア製品も多数出ているので、気になる人はそちらをチェックすると良いだろう。

常盤薬品工業が頭皮トラブルや敏感肌の人へ向け、皮膚科の医師とともに開発した低刺激性化粧品シリーズ『ノブ』(常盤薬品)もそのひとつ。

この秋にフケ・かゆみを防ぐ『ノブ ヘアシャンプー M』(250ml税込1680円)が登場。さらに『ノブ スカルプローション』(80ml税込1575円)も刺激のより少ないシンプルな処方にリニューアルしている。

 乾燥は頭皮のみならず、髪の毛にもダメージを与えやすい。髪の毛は12~14%程度の水分と、タンパク質でできている。そのため、乾燥している環境にいると水分量のバランスが崩れて内部がスカスカになったり、静電気が発生して髪にダメージを与えることが。

ヘアケア製品、加湿器などで加湿と保湿を整える環境を作ったり、髪内部の水分が逃げないようにオイルをつけたりして対応し、健やかな頭皮と髪の毛を保って。

知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ

年を重ねるごとに増えていく白髪は、長年生きてきた証であり、若さとは違う魅力があります。しかし、そうは言っても気になってしまうのが白髪です。

一般的に白髪の生える原因として、遺伝や加齢が挙げられますが原因はこれだけではありません。生活習慣の差も白髪の量を左右します。白髪になりやすい生活習慣を続けていては、どんどん髪の毛の老化が早まってしまいます。

そこで今回は、白髪が生えやすくなるNG習慣を5つご紹介します。

■そもそも何で白髪が生えるの?

髪の毛の色はメラニン色素です。メラニン色素が紫外線のダメージから頭皮や髪を守ってくれています。髪の根元にあるメラノサイトで色素が作られ、髪に色をつけています。メラノサイトが正常に働かなくなると髪に色をつけられなくなってしまうので、髪の毛が白髪になってしまうのです。

普段何気なくしていることが、メラノサイトの働きを弱めてしまっていることもあるので、日々の習慣から見直してみましょう。

■白髪が生えやすくなるNG習慣

(1)コンビニ飯に偏りがち

毎日コンビニで同じもばかり食べていたり、栄養バランスが偏っているとメラノサイトが栄養不足になり、色素が作れなくなってしまいます。髪の主成分であるたんぱく質や血液の循環を良くする青魚、新陳代謝促進に効果的なビタミンEを含む食品をバランスよく摂ることがポイントです。また、海藻類にはメラノサイトの働きを活発にする効果があります。

(2)歩くのは会社と家の往復だけ

運動不足は血行不良に陥りやすいです。頭皮のすみずみまで血がめぐらないことで、メラノサイトが正常に働かなくなってしまいます。毎朝一駅分歩いてみたり、会社でも伸びやストレッチを取り入れ、血行不良にならないように意識してみてください。

(3)ストレスをためこむ

ストレスを感じると筋肉が緊張し、固まってしまいます。血管も収縮し血行不良を引き起こします。寝る前にお風呂でリラックスしたり、自分なりのストレス発散方法がある人は定期的に発散し、ストレスをためないようにすることが大切です。

(4)喫煙

たばこに含まれるニコチンは、体内に入ると血管を収縮させ、血行が悪くなってしまいます。白髪だけでなく、薄毛、シワたるみ、くまなどをひき起こすので、白髪予防、美肌を追及したい人は禁煙をお勧めします。

(5)髪や頭部の紫外線対策をしていない

紫外線を毎日浴びることでメラノサイトはダメージを受けてしまいます。日傘や帽子で頭部の紫外線対策をすることが重要です。また、いつも同じ場所で髪を分けているとその部分が集中的にダメージを受けてしまうので、定期的に分け目を変えるとよいでしょう。

以上、白髪が生えやすくなるNG習慣をご紹介しました。髪も体も、栄養と血行が大切です。頭皮マッサージで頭皮の血行を促進すると効果的です。健康的な髪の毛を保ち、ヘアアレンジを楽しみたいですね!

ハゲちゃう恐れが!かゆ~い「頭皮の乾燥」の原因になるNG習慣

冬は顔だけでなく、同じように頭皮も乾燥しやすい季節です。頭皮が乾燥すると皮膚がはがれ、フケの原因やかゆみにつながります。そして放っておくと抜け毛にもつながります。

頭皮は顔のように寝る前にナイトクリームをつける……なんてことはできません。大切なのは乾燥を“予防”することです。そこで今回は、頭皮の乾燥の原因となる見直したい生活習慣を6つご紹介します。

■1:髪の洗いすぎ

夜にお風呂に入り洗髪し、朝シャンもするという人は要注意です。頭皮も顔の皮膚と同じで、一日に何度も洗うと皮脂を取りすぎてしまいます。冬は皮脂の分泌も夏ほどではないので、一日一回洗髪するだけで十分です。

■2:熱いシャワーでの洗髪

寒い日は高温のシャワーを浴びたくなりますが、温度が高くなればなるほど必要以上に皮脂を取り去り、乾燥しやすくなってしまいます。冬は40~42度くらいの温度設定で洗うのがおすすめです。

■3:頭皮のゴシゴシ洗い

爪をたてて洗ったり、しっかり洗おうとゴシゴシ頭皮をこすると頭皮が傷つき、バリア機能が正常に働かなくなってしまいます。バリア機能が低下することで潤いが保持できなくなり、乾燥につながります。頭皮はやさしく指の腹を使って、包み込むように洗うとよいです。

また、地肌に直接シャンプーをドバっとつけるのではなく、手の上で軽く泡立ててからのせると刺激が少なくなるのでおすすめです。

■4:シャンプーのすすぎ残し

シャンプーやリンス、トリートメントのすすぎ残しは地肌の乾燥、吹き出物につながります。また、すすぎ残しが毛穴につまることで炎症をおこし、抜け毛にもつながります。

シャンプーを洗い流すときは泡立てるときよりも時間をかけ、しっかりと洗い流すよう意識することが大切です。

■5:血行不良による新陳代謝低下

冷え、ストレス、睡眠不足などの影響で頭皮が血行不良になります。血行不良になることで地肌の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが乱れ、バリア機能が正常に働かなくなり、地肌のうるおいが保てなくなります。お風呂上がりにヘッドマッサージで頭皮の血行を促進し、やわらかくしてあげるとよいです。

最近は血行促進、保湿効果のあるマッサージ用のヘアスプレーも販売されているので、そのようなアイテムを使用するのもおすすめです。

■6:ビタミン不足

ビタミンは髪や頭皮にとっても必要不可欠です。青魚や緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAは、肌の新陳代謝を正常にし、頭皮を乾燥から守る働きがあります。また、レバーやバナナ、キャベツに多く含まれるビタミンB6も同様、新陳代謝を促進させる効果があります。

ビタミンが不足すると頭皮の乾燥や抜け毛につながります。日ごろからビタミンAやB群をバランスよく摂取することが大切です。以上、頭皮の乾燥の原因となる生活習慣をご紹介しました。乾燥が気になる人は意識してみてくださいね。

ストレスではなく、結婚や就職でも…円形脱毛症の原因

円形脱毛症のほとんどは脱毛箇所が一つだが、数カ所に増えるものや頸部全体に及ぶもの、さらには全身の体毛が脱毛するものまでさまざまだ。

近年では、注射などの標準治療に加え・難症例に効果的な治療やウイッグによる対処法も進化してきた。

 円形脱毛症の原因は、はっきりとわかってはいない。遺伝の影響は大きく、ストレスが原因といわれることも多いが、喜ばしい出来事が起こっている最中に発症する人もいる。

結婚や引っ越し、就職、進学など、環境が変化するタイミングで発症する人もいれば、風邪を引いたり、インフルエンザに感染したりした後に円形脱毛症が見つかるケースもある。

 発症そのものは、ウイルスなどを退治する血液中のリンパ球が、毛根にある色素細胞を外敵と間違えて攻撃することによるといわれている。そのため、男性ホルモンの影響とされる通常の薄毛、ハゲなどとは、毛根や脱毛した毛の状態が異なる。

「円形脱毛症を起こしている部分の頭皮を拡大鏡で見ると、毛が毛根に埋もれた黒点や、根元が白い毛や折れて切れた断毛が多くあることがわかります。

自分で毛を引っ張って抜いてしまう『抜毛症(トリコチロマニア)』や二度と毛が生えてこない『瘢痕(はんこん)性脱毛症』と似ていることがあるので、診断で重要なのは症状を見極めることです」

 東京医科大学病院皮膚科の入澤亮吉医師はそう話す。診断の結果、円形脱毛症と判断したら、まずは進行状況を確認する。

「進行中は黒点や断毛が多くあります。それがやむと、毛穴は休止期という休み期間に入ります。その後、成長期に入ると毛が生えるようになります」(入澤医師)

髪の老化は30代から!「髪のゆがみ」をアンチエイジングする方法

20代後半になると差し掛かる“お肌の曲がり角”。肌の急カーブだけでも恐ろしいのに、なんと髪の毛にも曲がり角があるらしいんです……。

 髪の変化は35歳以降に訪れる、まさに『女子SPA!』読者世代にドンピシャの曲がり角。こいつは穏やかじゃない! ということで、2月3日にACQUA表参道でおこなわれた「髪のゆがみセミナー」に参加してきました。

 今回レクチャーをしてくださったのは、クラシエホームプロダクツ研究員・矢賀浩子さんと、ヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさん。

「20代までは『髪のダメージ』に悩んでいる方が多いのですが、35歳を超えると『髪のパサつき』『ハネ・うねり』『髪がまとまりにくい』などの髪の衰えを感じるようになるというアンケート結果が出ました。

なかでも多くの人が気になる『髪のうねり』は、髪の内部と髪の外側の脂質と水分バランスが崩れてしまうことが原因。その状態を、私たちは“髪のゆがみ”と呼んでいます」(クラシエ研究員・矢賀さん)

「髪のゆがみ」なんて言うと、ただならぬ感じがします……。一本の髪の毛の脂質が内側に集まれば、外側には水分が溜まる、といったように、髪の内部成分が偏ってしまうとのこと。でも、なぜ水分と脂分は均一にならなくなってしまうのでしょうか?

「ゆがみの原因は、“加齢によるホルモンバランスの乱れ”。肌の化粧のりが悪くなったり、昔はすぐに痩せられたのに、代謝が下がってしまいダイエットが成功しない……、という変化には気が付きやすいんです。

しかし、髪の曲がり角の場合は“最近、昔と同じスタイリングがしにくくなったな……”という程度。お肌と違って、この変化には気づきにくいものです」(嶋田さん)

 スタイリングがキマらないからといって、ブローしすぎたりヘアアイロンを多用すると、かえって髪のダメージを大きくしてしまうとのこと。

 髪がゆがんだ状態と、しっかりスタイリングをした状態とでは、なんと見た目年齢が5歳も違うとの調査結果も! 髪型がキマらないけどまあいっか、なんて思って熱に頼り過ぎると、手遅れになっちゃうんですね。

 この恐ろしい悪循環をくいとめるためには、歳を重ねないのが最善策ですが、時は無情にも過ぎていきます……。

 一体、私たちはどうしたらいいんですか? 教えて! 嶋田先生!!

◆タンパク質の摂取と、ヘアケア製品で改善を

「生活習慣を改善し、ホルモンバランスを整えるのが最優先。生活の改善は肌や代謝にも効果的です。とくにヘアに関して言えば、“アミノ酸タンパク質”の摂取が大切になってきます。普段の食生活では髪に必要なタンパク質の量は足りないので、良質なプロテインを摂ってください」(嶋田さん)

 また、根本的な原因がわかっている場合は、「髪のゆがみ」に適したヘアケア製品を選んで使用するのも方法のひとつとのこと。

 このセミナーを主催するクラシエは、髪のゆがみに特化したシャンプー「ディアボーテ HIMAWARI」(2月7日発売)を開発したと発表。

「このディアボーテHIMAWARIには、その名の通り『プレミアムヒマワリオイルEX』(オーガニックヒマワリオイル・ヒマワリ種子エキス)などが配合され、脂質や水分のキープ、ダメージの補修に特化しています。まさに、うねりの原因となっている脂質と水分のバランスを整える作用があります」(矢賀さん)

 さらに、ヒマワリオイルにはうねりを伸ばした状態をキープする効果まであるそう。

「きちんと健康的な生活をしている女性は髪の毛の健康も守られている方が多いんです。また、シャンプーの選び方などの日常的なケア方法の知識を身につけることも大切ですよ」

 お仕事がら女性の髪を知り尽くした嶋田さんならではのアドバイス。嶋田さんの言葉を心に刻み、今日から髪のケアに全力を注ぎます!

元には戻せない!「白髪を増やしたくない女性」が食べるべき食材5つ

髪は女の命! でも、年を取るとともに増え続ける白髪は、見るだけで憂うつになりますよね。こまめにお手入れしていても、すぐに根元からチラチラ……。「なんとかしたい!」と頭を悩ませている女性も少なくないのではないでしょうか?

白髪になってしまった髪は、もう元には戻せませんが、ある食材を積極的に摂ることで、白髪ができにくくなることをご存知でしょうか? 

そこで今回は、英語圏の情報サイト『LIVESTRONG.COM』『eHow』を参考に、“白髪ができにくくなる食材”5項目を、ご紹介しますね。

■1:緑の葉の野菜

健康な頭皮には、ビタミンB6とB12が必要です。これらのビタミンは、赤血球の生成を助け、頭皮に酸素と栄養を行き届かせるのに役立つそうです。また、ビタミンB2は、髪の色を調整するホルモンを増やすといいます。

ビタミンB群は緑色の濃い野菜に多く含まれるため、ほうれん草やブロッコリー、小松菜などの野菜を意識的に摂取してみましょう。

■2:チョコレート

チョコレートには銅が含まれていて、この銅がメラニン色素の生成に役立ち、白髪予防につながるといいます。他にも、マッシュルームにも銅が含まれているそうです。

■3:鮭

鮭には“セレン”という、ホルモンを活性化する成分が含まれており、やはりこれも白髪対策にいいようです。

■4:ベリー類

ベリー類に含まれるビタミンCは、コラーゲンを生成し、環境によるダメージなどから髪を守ってくれるため、白髪を防ぐのによいそうです。ベリー類の中でもとくにイチゴがいいとのことですよ。

■5:アーモンドやピーナッツ

アーモンドやピーナッツには、ビタミンE、銅、ビオチンが含まれており、それらの成分が白髪対策になるといいます。

以上、”白髪ができにくくなる食材5項目”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

髪は女性の命。みなさんも上記5項目の食材を積極的にとって、白髪をこれ以上増やさないように頑張りましょう!

あれって効果ナシ!? 美容師が教える「ヘアケアのコツ」ウソ&ホント

ヘアケアについては、まことしやかな“コツ”がたくさんあるということ、ご存じですか?

 「髪にイイから」と信じてやっていたことが、実は何の意味もなかった、となってしまってはガッカリですよね。無駄なお金と時間を使わないために、真実を知っておきたいものです。

そこで今回は、ビューティアテンダントである筆者が、東京・六本木にある美容院のトップスタイリスト水澤慶太さんに聞いたヘアケアにまつわる“コツ”の真相について、ズバリお伝えします。

■1:“頭皮に顔用のクレンジングを使うと良い”はホント

「顔と頭皮は一枚の皮で、実際には医学的にも皮膚構造は同じです。なので、頭皮に顔用のクレンジングを使うと、シャンプーだけでは取りきれない汚れが取れるので、普段頭皮用クレンジングオイルを使わない方にとっては、有効です」

これはホントでしたね。ヘア用のクレンジングオイルを買わなくても代用できるのは嬉しいですよね。

■2:“ワカメや海苔を食べると髪に良い”はウソ

「実は髪の毛は爪と同じケラチンと呼ばれるタンパク質で作られています。海藻類にはミネラルや食物繊維が豊富ですが、髪の主要成分になったり成長を促したりすることはありません」

ワカメや海苔といった海藻類を“髪の為に食べる”というのは、残念ながらあまり効果がないようですね。

■3:“洗い流さないトリートメントは髪に良くない”はケースバイケース

「洗い流さないトリートメントは、成分が長く髪に留まるため、髪を保護する効果が高く、ダメージ、乾燥には凄く効果的ですが、一方で、中には高濃度シリコンが入っているものもあり、ベタつきなどの原因になってしまうことも」

自分の髪質に合ったものを選ぶことが重要だそうです。また、

「根元、頭皮に付けると毛穴を塞いだり、頭皮に細菌が繁殖し炎症の原因になる可能性もありますので、使い方にも注意が必要」

とのこと。自分の髪に合った使い方をマスターしたいですね。

■4:“シャンプーは防腐剤ゼロが髪に良い”はウソ

「シャンプーには必ず防腐剤が入っていると断言していいです。防腐剤は悪いイメージがありますが、防腐剤が入っていなければ、すぐに細菌が繁殖し、頭皮に悪影響を与えます。完全無添加は、そのリスクが常にあるということです」

無添加にこだわりすぎると、かえって髪に悪いこともあるようですね。

以上、ヘアケアにまつわるコツの真相についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヘアケアに関して疑問に思ったことや自分に適したケアを見つけるには「担当の美容師さんに相談するのが一番」と水澤さん。

髪質も皮膚も個人差があるので自分に合ったケアを見つけて、ツヤツヤの髪質をしっかりと保っておきたいですね。

フケやかゆみ、におい……。頭皮トラブルはシャンプーが原因かも!?

髪の毛と頭皮は、植物と土のような関係です。豊かな土壌においしい作物が実るように、健康な頭皮があるからこそ、美しい髪の毛が生えるのです。

もしも頭皮にフケやかゆみ、脂っぽさや炎症があると、抜け毛や薄毛など、髪の毛そのものへの悪影響も大きいものです。でも、その原因はなんなのでしょう?

■シャンプーでアレルギーが起きる!?
「頭皮トラブルの原因のひとつは、シャンプーによるアレルギー反応です」と話すのは、女性専門頭髪外来をもつ「AACクリニック銀座」院長の浜中聡子医師です。シャンプー剤が原因でアレルギーを起こし、フケやかゆみ、赤みなどの原因になることが少なくないのだそうです。

「ずっと使い続けていたシャンプーでも、体調の変化や加齢による頭皮の状態の変化で、体質に合わなくなってトラブルが起きることも少なくありません。

もしも、これまでと同じシャンプーを使っているのにフケやかゆみなどが目立ってきた……という場合には、たとえ全部使い切っていなくてもすみやかに使用をやめて、別のシャンプーを選び直すべきでしょう」(浜中医師)

■自分に合うシャンプーはみつけられる?
頭皮トラブルを防ぐためには、自分に合うシャンプーを見つけることが必須です。まず確認したいのは、どんな洗浄剤(合成界面活性剤)が使われているかということです。

1)高級アルコール系
鉱物油や植物性油脂などの油から合成界面活性剤がつくられている。成分表の最初のほうに、「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」など「硫酸」の表示がある。価格が安く、市販のシャンプーのほとんどがこのタイプ。

泡立ちがよく洗浄力も高いが、頭皮や髪の毛への刺激は強く、頭皮トラブルの原因になることも。天然系と石油系があり、石油系はさらに刺激が強い。

2)アミノ酸系
アミノ酸から作られる合成界面活性剤で、「ラウロイルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」など成分表示はさまざま。低刺激だが、合成と天然系があり、天然系ならな頭皮に優しい。洗浄力はやや弱めなので、丁寧に時間をかけて洗う必要がある。

3)石鹸系
脂肪酸ナトリウムなどから作られる合成界面活性剤。「脂肪酸ナトリウム」「石鹸素地」といった成分表示がされている。頭皮への刺激は弱く、毛穴の汚れまでしっかり落とす。石鹸カスなどが残りやすいので十分な洗浄が必要。パサつきやキシみも起こりやすい。

■ノンシリコン、パラペンフリーはいいの?
このような洗浄剤の違いに加え、最近では「ノンシリコンシャンプー」「パラペンフリー」などの表示も目立ちます。
指通りをよくするシリコンは毛髪や頭皮に残りやすいため、しっかりすすがないと頭皮トラブルの原因になります。

パラペンは防腐剤の一種で、アレルギー反応を起こしやすい物質であるため、皮膚の弱い人は無添加のものを選ぶほうがいいでしょう。

「ただし、これらがまったく含まれないアミノ酸系や石鹸系のシャンプーを選んだとしても、アレルギーが起らないとは限りません。まずは試してみることが大事です」(浜中医師)

■頭皮の健康を守る「洗ったらすぐ乾かす」習慣
浜中医師は、「どんなシャンプーを選んだとしても、正しく使わないとトラブルのもとになります」と言います。正しいシャンプーのコツは以下の通り。

1)洗う前にブラッシングして、髪の毛のもつれをほどく。
2)髪の毛をお湯で丁寧にすすいだあとで、よく泡立てたシャンプー剤を髪全体に伸ばす。
3)シャンプー剤が頭皮に残らないよう、十分にすすぐ。トリートメント剤もよく流し、頭皮に成分を残さないよう注意。

さらに、「洗ったらすぐ乾かす」ということも重要だと浜中医師は強調します。髪をぬれたままにしておくと、頭皮に生息している菌の活動を高め、蒸れて汗や皮脂と混ざり合い、いやな匂いの元になることも。

また、自然乾燥だと髪の毛が必要以上に乾燥するため、髪の水分が奪われやすいほか、ぬれたまま髪の毛が摩擦し合うことで傷がつき、枝毛の原因にもなります。

「髪の毛を洗ったら、タオルドライ、そしてドライヤーまでを一連の流れにしましょう」と、浜中医師。シャンプーなどのヘアケア製品に頼るだけでなく、髪の毛に時間と手間を割くこともまた、トラブル回避のためには必要なことと言えるでしょう。

天皇陛下執刀医も指摘 “てっぺんハゲ”は心臓病に気をつけろ

心筋梗塞や狭心症といった命に関わる心臓病にかかりやすい人には、いくつかの傾向が見られるという。思い当たる人は気をつけたい。

 頭頂部がハゲている人は、冠動脈疾患のリスクがアップする――。

 東大大学院糖尿病・代謝内科の研究チームによるこんな報告がある。頭頂部がハゲている男性は髪の毛のある男性に比べて、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患を発症するリスクが32%高く、年齢が60歳以下の場合は44%もアップするという。

 おでこが後退するタイプには当てはまらないが、頭頂部の毛が薄ければ薄いほどリスクは上昇するから、相関関係はあるといっていい。東邦大学医療センター佐倉病院循環器科の東丸貴信教授はこう解説する。

「毛髪が薄くなる要因には、高血圧症、境界型糖尿病、メタボがありますが、これは冠動脈疾患のリスク要因と重なっています。さらに、どちらにも共通している男性ホルモン(アンドロゲン)に対する過敏性が、大きく関係するのではないかと考えられています」

 男性ホルモン=アンドロゲンの中で、最も分泌量が多いテストステロンは、「5α―リダクターゼ」という酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に換えられる。

 このDHTは男性の薄毛の最大の原因といわれ、さらに冠動脈疾患にも大きく関わっている。

「頭頂部がハゲていると冠動脈疾患のリスクがアップする仕組みについては、はっきり分かっていません。テストステロンそのものは抗動脈硬化作用があるようですが、テストステロンをDHTに換える酵素の活性化と、体内のアンドロゲン受容体は動脈硬化促進に関係するといわれています」(東丸氏)

■胸毛が生えている、ぽっちゃり体形も危ない

 天皇陛下の執刀医を務め、6000人以上の心臓病患者を手術した順天堂大の天野篤教授も、心臓病になりやすい人の特徴として「頭頂部の薄毛」を挙げ、さらに「胸毛が生えている人」「ぽっちゃり体形な人」も加えていた。やはり、男性ホルモンが関わっているようだ。

「胸毛が生えている人はそれだけ男性ホルモン=アンドロゲンが多いといえます。アンドロゲンは加齢によって減っていきますが、アンドロゲンに対する感受性は強いままなので、冠動脈疾患を起こしやすいのです」(東丸氏)

 ぽっちゃりした小太り体形は、ハゲと冠動脈疾患の両方の要因になるメタボに関係している。

「冠動脈疾患の患者は、若くてスリムな体形の人は比較的少ない印象です。若い頃は何でもなくても、中年期になると内臓脂肪が蓄積され、体重が少し増えただけで急激な代謝の変化を促します。


インスリン抵抗性を生じさせたり、中性脂肪やコレステロールを増やしたりして、冠動脈疾患のリスクをアップさせてしまうのです」(東丸氏)

 頭頂部の毛が薄い、胸毛が生えている、小太り体形の3つに思い当たる人は、普段から冠動脈疾患の予防を心掛けておいたほうがいい。

 脂っこい食事を取る回数を減らす。なるべく歩く時間を増やす。エスカレーターやエレベーターを使わずに速足で階段を上がる。そうした積み重ねが、心臓を守ることにつながる。

「顔の3倍」も紫外線量を浴びる頭皮、気をつけたい5つの日焼け対策とは

日本各地での桜の開花とともに、気温も上昇してきてすっかり春らしい陽気になってきた。そろそろ紫外線のケアをしだす人も多いかもしれないが、意外と盲点なのが「頭皮の日焼け」。

ふだん見えない部分のため気づかない人も多いが、頭皮も顔の延長の皮膚なので普通に日焼けする。しかも、顔の3倍も紫外線を浴びているという。今回は頭皮の日焼け対策として押さえておきたい5つの対策をお伝えする。

○徐々に紫外線量が高くなる今から意識してケアを

「この時期はまだ、紫外線量は少ないのでは? 」と思っている人も多いかもしれないが、3月から徐々に紫外線量は多くなっている。紫外線のピークは5月以降だが、今の時期は肌が紫外線に対して抵抗力がない時期に作られた肌なので、紫外線を浴びるとダメージを受けやすいとも言われている。

頭皮は顔や他の部分に比べて高い位置にあるため、最も紫外線が当たりやすい部分。今から頭皮の紫外線対策をきちんと行うことが大事なのだ。

○放置すれば頭皮トラブルから抜け毛に繋がることも

紫外線を浴びると顔が赤くなったり、炎症が起きたりする。日焼けは「軽いやけど」であり、表面の皮膚細胞は紫外線でダメージを受ける。放置すればそれがシミ・ソバカスになったり、シワになったりすることもある。

そして、頭皮でも同じことが起きる。顔の場合はスキンケアをしたり、日焼け止めやメークで紫外線を防御したりするが、頭皮の場合はUVケアもアフターケアもしないことが多い。そのため頭皮が傷み、将来的に毛髪に影響する可能性もあるのだ。

○頭皮の紫外線防御5つのポイント

頭皮の紫外線ケアといっても、顔のように日焼け止めクリームを塗るわけにもいかない。最近、数多く出ている頭皮用のUVケアアイテムを活用するのも一つの手段だが、それとは別に簡単かつすぐにできる方法をお伝えしよう。

対策1 同じ分け目にしない

いつも同じ位置から分け目を作っていると、その場所の頭皮が常に紫外線にさらされることになる。できるだけ同じ分け目にしないで、毎日少しずつ分け目を変えるなどの工夫をすることが大事だ。

全体的に薄毛の人や男性で髪が短く紫外線を通しやすい人は、直射日光に当たらないように日陰に入るなどの意識を持つように。 帽子をかぶると日焼けは防御できるが、ムレや締めつけなどが頭皮に悪影響を及ぼすこともある。キツめの帽子を長時間かぶるのはお勧めではなく、むしろ日傘の方が紫外線防御には理想的だ。

対策2 曇りの日だから大丈夫と思わないこと

紫外線というと、晴れていないと影響がないように思いがちだが、薄曇りや曇りでも肌は紫外線の影響を受けている。「少し曇っているから大丈夫」と外に出ていると、顔はもちろん頭皮の日焼けも進行してしまう。

対策3 UVカット効果のあるヘアスプレーで頭皮を守る

ゴルフでグリーンに出なくてはいけないときや仕事で終日外回りをしなくてはいけないとき、アウトドアを楽しむときなどは、工夫をしても紫外線に頭皮がさらされてしまう。そんなときはUVカット効果があるアイテムで地肌をケアしよう。

対策4 女性の場合、妊娠中・生理前は紫外線に要注意

女性の場合、ホルモンバランスが紫外線にも大きく影響する。生理前や妊娠中に多くなる黄体ホルモン(プロゲステロン)が紫外線に反応しやすくなり、シミやソバカス、肝班などが出やすくなる。黄体ホルモンが多い時期は、紫外線ケアを万全にしよう。

対策5 抗酸化ビタミン+タンパク質をバランスよく

内側からのケアも大事になってくる。紫外線というと、ビタミンCを摂(と)ればいいと思う人も多いだろう。もちろんビタミンCも大事だが、それだけでなく「抗酸化ビタミン」と呼ばれるビタミンA、Eもいっしょに摂取しよう。

また、タンパク質は傷んだ肌の再生に重要なので、肉や魚、大豆など良質のタンパク質もいっしょに摂(と)るように心がけよう。

怖いめにあうと一晩で白髪になるって本当?「NO:すでに生えている髪の色素が抜けることはない」

老若男女を問わず気になるのが白髪。強い恐怖やストレスを感じると、本当に一晩で白髪になってしまうのか?

白髪は色素のない髪が生まれる現象なので、すでに生えている髪が変わることはない。それどころか、病気やストレスを感じた際に放出されるTGF-β(ベータ)が細胞を刺激し色素を作り出す、不思議なメカニズムに成り立っているのだ。

■白髪は増えるだけ

髪の毛は、髪自体をつくる毛母(もうぼ)細胞と、色を与える色素形成細胞の2つで作り出される。個人差はあるものの、ヒトの場合は1日0.2~0.5mmのペース伸び、それに合わせて色素が生み出されている。だが、なんらかの原因で色素形成細胞が働かなくなると、色のない髪が伸びていく。

これが白髪だ。

髪の色は、日焼けと同じメラニン色素によって作り出される。髪のメラニン色素には、

・ユーメラニン … 黒褐色系

・フェオメラニン … 黄赤色系

の2種類があり、両方とも多いと黒髪、少ないとブロンド、フェオメラニンが多いと赤毛になる。どちらもほとんど含まれていないのが白髪だ。

一晩のうちに白髪になってしまう話は本当だろうか? 残念ながらNoで、すでに生えている髪の色が自然と抜ける可能性はない。髪のメラニン色素を分解する仕組みがないからだ。日焼けの場合、新陳代謝によってメラニン色素を含んだ皮膚がはがれ落ち、もとの色に戻るのだが、髪の色素を分解したり、体外に追い出すメカニズムは持っていないのだ。

もしメラニン色素を分解するなら、ブリーチ同様に薬品を使わなければならない。定番はアルカリと過酸化水素水だが、

・アルカリ … タンパク質を分解する

・過酸化水素水 … 6%を超えると劇物指定

なので、どちらも人体が大量に作り出すことはない。

可能性があるのは「根本だけ白髪」のパターンだ。色素が作られなくなっても髪は伸び続けるので、生え際だけが白髪になる可能性はある。ただし1日0.5mmで計算しても、一晩8時間ならわずか0.17mm程度だから、白髪になった!と気づくかどうか微妙な長さだ。

■白髪と脱毛は、同じ原因?

白髪と脱毛を一気に治せる可能性も生まれてきた。17型コラーゲンが、両方の原動力になっていることが解明されたのだ。

色素形成細胞が白髪のかなめであることはご説明した通りだが、親分とも呼べる毛包(もうほう)幹細胞の指示によって働いていることがわかった。その際に使われるのはTGF-β(ベータ)で、奇しくも病気になったりストレスを感じた際に放出される物質だ。

毛包幹細胞が弱まると、TGF-βを介して色素が作られなくなるだけでなく、脱毛も増えてしまう。つまり、原因を排除できれば、どちらも解消されるのだ。

東京医科歯科大学の実験によると、17型コラーゲンが作られないように遺伝子操作されたマウスは、毛包幹細胞の働きが悪くなって白髪/脱毛の両方が起きる。逆の操作をするとどちらも回復したという結果が出ているので、17型コラーゲンが引き金となっているのは確実といえるだろう。

それなら、豚足や牛すじを食べると改善されるのか? 答えはNoで、マウスと同様に、ヒトも遺伝子レベルで違いが生まれる物質なので、食べ物でコラーゲンを多く摂っても17型が増えるとは限らないのだ。残念。

■まとめ

・色素形成細胞が働かなくなると、髪のメラニン色素が作られなくなる

・メラニン色素がないと、白髪になる

・すでに生えている髪の色素が抜けることはない

・白髪と脱毛は、原因が同じ

原因さえわかれば、対策方法が生まれるのも時間の問題だ。

髪の悩みの特効薬が登場することを期待しよう。

「やってはいけない髪への悪習慣10」とは?―「長時間、太陽に当たる」「頭をかく」

米髪移植のアラン外科医は、「食べるものと髪の手入れをどうやってするのかが、髪の繊維質の強さに影響する」と語ります。髪の毛にとって良くない10の習慣をボストンの髪移植外科医、カリフォルニアとニューヨークの抜け毛専門の皮膚科医から紹介します。

1、熱い湯で洗髪する。熱湯は髪の毛の水分を取り除き乾燥につながり、脆弱毛は切れたり抜けやすくなります。髪を保護している油分まで流してしまい毛根を痛めるからです。

2、高温のドライヤーを使う。髪のキューティクルを作るプロテインにダメージを与えます。

3、空腹感を感じる時間が多い。拒絶症に一番多い症状は極度の抜け毛。空腹になれば栄養は髪には届かず、心臓や脳に運ばれます。髪はプロテインで作られているので、ヘルシーで脂肪分の少ないプロテイン、魚・鶏・豆などがお勧め食品です。

4、濡れた髪をブラッシング。タオルで強くゴシゴシ乾かすのは切れ毛を増やすだけです。

5、ポニーテールや三つ編みなどいつも髪をきつくしばる。毛包にダメージや傷を与えるばかりです。

6、ヘアー製品の使用が多い。ヘアスタイルを長持ちさせるは製品はアルコール分を多く含んでいて、髪を乾燥させて傷をつけやすくします。

7、経口避妊薬を使用している。このピルには男性ホルモンが多く含まれていて、それが抜け毛に影響します。

8、頭が痒くて、ついかいてしまう。ボリボリと頭をかくとキューティクルにダメージを与え抜け毛につながります。

9、長時間、太陽に当たる。太陽光を長く浴びると、キューティクルを傷つけて、髪の強さや弾力性を失わせ、抜け毛の原因になります。

10、あまり髪を洗わない。フケ・汚れ・油が頭皮にたまり、髪の成長の妨げになり、良いことはありません。

髪が抜けつつあり、少しでも気になる人は早目に悪い習慣をやめることが大切です。

参考:11 Bad Habits That Make Your Hair Thinner
http://www.prevention.com/beauty/beauty/11-bad-habits-make-your-hair-thinner

すぐに薬に頼らないで!ツライ頭痛をやわらげる意外な食べ物7個

皆さんは、風邪でもないのに、原因不明の頭痛を経験した事はありませんか?

頭痛には種類があります。一般的には、“片頭痛”や“緊張頭痛”が主ですが、なんと水分不足で頭痛を引き起こしている可能性もあります。頭痛薬を飲んでも一時的な緩和になるだけで、なかなか改善しないという場合は、この可能性を疑う必要がありそうです。

そして意外なことに、薬に頼らずとも、食べ物や飲み物によって頭痛を改善することができるのです。

今回は、英語圏の情報サイト『Huffington Post』および『Woman’s Day』を元に、頭痛を緩和させてくれる7つの食べ物を紹介します。今すぐ、メモのご用意を!

■1:ほうれん草

ほうれん草の葉には、片頭痛を緩和させる“ビタミンB”が大量に含まれています。特に、二日酔いによる頭痛に効果があります。また、血圧を減少させて、二日酔いを防止し、頭痛を軽減してくれます。

■2:サーモン

魚の脂には“オメガ3脂肪酸”が大量に含まれています。オメガ3脂肪酸は、抗炎症効果が高く、慢性頭痛を和らげてくれます。2013年の研究によると、多くの食用油に含まれている“オメガ6脂肪酸”と一緒に摂取すると、より効果が高い事がわかりました。特に、サーモンがお勧めです。

■3:スイカ

実は、頭痛の原因が脱水症状によるものという方も多いのです。脱水による頭痛は、スイカやキュウリのように含水量の高い食べ物が症状を緩和してくれます。更に、スイカは水分だけでなく、脱水によって体内から不足しているマグネシウムやカリウムといった大事なミネラルを補ってくれるので、頭痛の時には積極的に食べましょう。

■4:ジャガイモ

スイカと同様に、むくみ解消に効果の高い“カリウム”が不足する事でも頭痛はおきます。カリウムはバナナに多く含まれている事で知られていますが、実はジャガイモには、バナナの2倍ものカリウムが含まれています。

■5:カフェイン

これは少し驚きかもしれませんが、実はカフェインは、過剰に摂取しない限りは頭痛に効果があると言われています。しかし、500ミリグラム以上のカフェインを一日に摂取していると、逆に頭痛を悪化させてしまうので、あくまでも少量に抑えましょう。

■6:炭水化物

炭水化物が少ないと、脳のエネルギーとなるブドウ糖が減少し、頭痛を引き起こす原因となります。特に血糖値を緩やかに上げてくれる、ライ麦パン等がお勧めです。

■7:アーモンド

過去の研究によると、マグネシウムは、血管を弛緩させることによって、頭痛を緩和させます。また、慢性頭痛で悩んでいる方は、マグネシウムを定期的に摂取する事で症状が緩和される可能性が高いと一部の専門家は言っています。

特にマグネシウム含有量が高いのは、バナナ、カシューナッツ、アーモンド、豆類です。

いかがでしたか? 頭痛を緩和させるには、まず、自分の頭痛の種類を知る事です。

また、時々起きる原因不明の頭痛は、気付かず脱水症状によって引き起こされている場合があるので、まずは水分を摂取するようにしましょう。 

将来の髪を左右する?  覚えておきたい「正しい男の頭皮ケア」

ノンシリコンや炭酸スパなど、さまざまなトレンドが生まれているヘアケア市場だが、昨今は頭皮ケアが 大きな注目を集めている。ORICON STYLEが過去に行った調査でも、女性たちの地肌ケアに対する関心が高まっていたが、男性たちはどうだろうか?

 20~40代の男性600人に、ヘアケアに対する意識と知識の調査を実施したところ、思わぬ結果が浮かび上がった。

◆将来の髪に切実な思い? ただし頭皮ケアに関する勘違いも

 これまでにも頭皮ケアの関連製品は各社が発売していたが、最近の流行は「頭皮を清潔にさっぱりと」という価値観や、洗い上がりの爽快感を求めるニーズによるもので、髪や頭皮に悩みがある人以外にも広く浸透している。

そんな背景を受けて行った調査だが、日頃の頭皮ケアについて「行っている」と回答した人は28.8%にとどまったものの、実践している理由について「将来の薄毛対策」「皮脂対策」と回答しており、将来の自身の頭皮と髪への強い関心がうかがえた。

一方、「行っていない」と答えた71.2%は「面倒くさい」「やり方がわからない」といった理由を挙げており、より簡単で分かりやすい頭皮ケアが求められているというニーズも垣間見える。

 とはいえ、実際に頭皮ケアを行っている人の中には、まだまだ誤解も多い。回答者の57.9%が誤解していたケア知識が「フケは地肌の乾燥のせいで生じると思う」というもの。確かに頭皮の乾燥はフケの原因になるのだが、

原因はそれだけではないとか。順天堂東京江東高齢者医療センター・皮膚科の植木理恵先生も「フケは、地肌に余分な皮脂が増えることで、常在菌であるマラセチア菌が過剰に繁殖することで起きる場合があります。

地肌の汚れをきちんと落とさないと、マラセチア菌の温床になるので、フケを防ぐためにも地肌を清潔に保つことが大切です」と語る。

また、回答者の80.8%が「皮脂によって、毛穴がつまらないように、地肌は入念に洗ったほうがよいと思う」と回答したものの、ここにも落とし穴が。「においやベタつきを気にして、髪を2度洗いしたり、朝晩シャンプーする方がいます。

しかし、皮脂は皮膚を守るために必要なもの。落としすぎて地肌が乾燥すると、潤いが奪われてフケの原因に。洗いすぎも地肌の負担になります」(植木先生・以下同)。

◆正しい頭皮ケアとは?人気アイテムは?

 では実際、どのような頭皮ケアが良いのだろうか。「頭皮トラブルを防ぐには、皮膚の健康を守ることです。ですから、シャンプーはご自身の地肌にあっているかどうかで選びましょう。

また、洗う際には生え際から指を細かく動かし、頭皮を意識して洗いましょう。

その際に爪を立てたりせず、頭皮に負担をかけない洗い方を意識することも重要です」(植木先生)。この頭皮への負担を減らす洗い方”で、最近注目されているのがヘッドブラシ。

力を入れすぎると地肌に爪を立ててしまう人が多いが、ヘッドブラシなら不要な力を入れず、隅々まで洗えるためだ。

 ブーム以前から“頭皮ケア”に着目していた「h&s for men」は、昨年の3月の発売からわずか1ヶ月で100万本を出荷するなど、人気を集めている。

そんな同ブランドも3月14日に、ヘアブラシ『男のためのヘッドスパ用ブラシ』を発売。人間工学に基づいたデザインを採用している同商品。4種類のブラシヘッドが隅々まで行き届くうえに、自由自在に地肌マッサージをするという。

 スキンケアやボディケア同様に、“今のケアが10年後の自分を作る”のは頭皮も同じ。今、正しい頭皮の知識とケア方法をマスターして健やかな頭皮環境を整えることは、10年後、20年後の自信につながるはずだ。

白髪とはもうサラバ!若々しい黒髪維持のために摂るべき食べ物

白髪になってしまう原因は、加齢や遺伝、生活習慣など多数あります。通常、髪の根元にあるメラノサイトでメラニン色素が作られ、髪に色をつけています。しかし、メラノサイトが正常に働かなくなると髪に色をつけらなくなり、白髪になってしまいます。

特に日々の食習慣は白髪に深く関わってきます。栄養バランスが偏っているとメラノサイトが栄養不足になり、色素が作れなくなってしまいます。

そこで今回は、白髪を予防、改善するために必要な栄養素の中から、特にメラノサイトに関わりの深い栄養素を2つご紹介します。

■メラノサイトを活性化する“ヨード”

ミネラルであるヨードは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活発にする効果があります。ヨードが不足することでメラノサイトの働きが鈍くなり、色素が作られなくなってしまいます。

ヨードはワカメや海苔、昆布をはじめとした海藻類、ひじきなどに豊富に含まれます。コンビニの食事が多いという人は、お味噌汁や海藻サラダなどを食事に加え、意識的に摂取するようにしてみてください。

ただし、白髪予防のために海藻類やひじきばかりに偏った食事はおすすめできません。他の栄養素が不足してしまったり、また、ヨードは過剰に摂取し過ぎると甲状腺の病気を招く可能性もあります。偏りのないバランスの良い食事が理想です。

■メラニンの原料“チロシン”

チロシンとは、アミノ酸の一種である非必須アミノ酸であり、肌や髪の毛のメラニン色素の原料となります。その他、ストレスの緩和や集中力を高める効果などもあります。チロシンの量が減少すると、メラニン色素の生成が妨げられ、白髪につながってしまいます。

チロシンは、チーズや納豆、豆腐、バナナなどに多く含まれます。また、チロシンは銅ミネラルと一緒に摂ると効果的です。納豆、豆腐には銅ミネラルも含まれるので白髪予防にはピッタリの食材です。

その他、レバー、桜エビ、ほたるいか、いいだこ、ごま、ココア、紅茶なども銅ミネラルを多く含みます。

ヨード同様、白髪を予防するためにチーズや納豆ばかり過剰に摂取するのではなく、栄養バランスを考えて摂取することが大切です。

以上、白髪の予防、改善に効果的な栄養素を2つご紹介しました。今回ご紹介した栄養素以外にも髪の主成分であるたんぱく質や、新陳代謝促進に効果的なビタミンEなど、バランスよく食事を摂ることが大切です。

食事内容が偏りがちな人は栄養バランスを意識してみてくださいね。

知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ

年を重ねるごとに増えていく白髪は、長年生きてきた証であり、若さとは違う魅力があります。しかし、そうは言っても気になってしまうのが白髪です。

一般的に白髪の生える原因として、遺伝や加齢が挙げられますが原因はこれだけではありません。生活習慣の差も白髪の量を左右します。白髪になりやすい生活習慣を続けていては、どんどん髪の毛の老化が早まってしまいます。

そこで今回は、白髪が生えやすくなるNG習慣を5つご紹介します。

■そもそも何で白髪が生えるの?

髪の毛の色はメラニン色素です。メラニン色素が紫外線のダメージから頭皮や髪を守ってくれています。髪の根元にあるメラノサイトで色素が作られ、髪に色をつけています。メラノサイトが正常に働かなくなると髪に色をつけられなくなってしまうので、髪の毛が白髪になってしまうのです。

普段何気なくしていることが、メラノサイトの働きを弱めてしまっていることもあるので、日々の習慣から見直してみましょう。

■白髪が生えやすくなるNG習慣

(1)コンビニ飯に偏りがち

毎日コンビニで同じもばかり食べていたり、栄養バランスが偏っているとメラノサイトが栄養不足になり、色素が作れなくなってしまいます。髪の主成分であるたんぱく質や血液の循環を良くする青魚、新陳代謝促進に効果的なビタミンEを含む食品をバランスよく摂ることがポイントです。また、海藻類にはメラノサイトの働きを活発にする効果があります。

(2)歩くのは会社と家の往復だけ

運動不足は血行不良に陥りやすいです。頭皮のすみずみまで血がめぐらないことで、メラノサイトが正常に働かなくなってしまいます。毎朝一駅分歩いてみたり、会社でも伸びやストレッチを取り入れ、血行不良にならないように意識してみてください。

(3)ストレスをためこむ

ストレスを感じると筋肉が緊張し、固まってしまいます。血管も収縮し血行不良を引き起こします。寝る前にお風呂でリラックスしたり、自分なりのストレス発散方法がある人は定期的に発散し、ストレスをためないようにすることが大切です。

(4)喫煙

たばこに含まれるニコチンは、体内に入ると血管を収縮させ、血行が悪くなってしまいます。白髪だけでなく、薄毛、シワたるみ、くまなどをひき起こすので、白髪予防、美肌を追及したい人は禁煙をお勧めします。

(5)髪や頭部の紫外線対策をしていない

紫外線を毎日浴びることでメラノサイトはダメージを受けてしまいます。日傘や帽子で頭部の紫外線対策をすることが重要です。また、いつも同じ場所で髪を分けているとその部分が集中的にダメージを受けてしまうので、定期的に分け目を変えるとよいでしょう。

以上、白髪が生えやすくなるNG習慣をご紹介しました。髪も体も、栄養と血行が大切です。頭皮マッサージで頭皮の血行を促進すると効果的です。健康的な髪の毛を保ち、ヘアアレンジを楽しみたいですね!

【女医ドル】冬の頭皮のかゆみ、洗いすぎは逆効果 お湯だけで洗うのも効果的

頭がかゆくて仕方がない、なんてことありませんか。頭皮のかゆみの原因は、主に3つあります。

 1つは頭皮の皮脂汚れです。これは、例えば夏に多くの汗をかいたときに洗わずにそのままにしていると、とてもかゆくなりますよね。頭皮の毛穴に汚れや皮脂がたまっていると、それが原因でかゆみが出るのです。

そのような場合には、指の腹を使って優しく頭皮を洗えば、かゆみは改善します。

 2つ目の原因は、頭皮の炎症です。洗いすぎや爪を立てて洗うなどの間違った洗い方や、シャンプー・コンディショナーなどのすすぎ残しなどが原因で炎症が起こります。炎症を起こしているときは頭皮が赤くなっています。

 このようなときには、最初とは逆に頭皮の洗いすぎを控えて、1-2日に1度軽く洗うだけにします。

シャンプーやコンディショナーの使い過ぎはすすぎ残しの原因となりますので、適度な量を使用するようにしてすすぎをしっかりとしましょう。シャンプーを使わずにお湯だけで軽く洗うのも効果的です。

 3つ目の原因は、不規則な生活やストレスです。バランスの悪い食生活や過度のストレスが原因となります。バランスの良い食生活を心がけて睡眠をたっぷりと取り、リラックスするようにしましょう。

 頭皮に湿疹ができている場合は、脂漏性皮膚炎・皮脂欠乏性皮膚炎・接触性皮膚炎の可能性があります。脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因で起こります。

皮脂欠乏性皮膚炎は、過度の洗髪や強く頭皮を刺激しすぎるなどして、頭皮のバリア機能が失われることが原因です。接触性皮膚炎は、合わないシャンプーや整髪料・毛染めなどが原因で起こります。

 冬場の頭皮のかゆみは、乾燥やバリア機能の低下などが原因のことが多いので、洗い過ぎは逆効果です。お湯だけで洗ったり、髪の毛の保湿をしたりすることが効果的です。

 このようなことを心がけても改善が見られない場合は、自己流であれこれと試してみるよりも、早めに皮膚科を受診することをおすすめいたします。

■田中亜希子(たなか・あきこ)
日本美容外科学会認定専門医。1995年東京大学医学部医学科卒業。
同附属病院産婦人科勤務。98年大手美容外科副院長就任。美容皮膚科部長、診療部長、水戸院長・千葉院長を歴任、人医師の初期研修を任される。09年あきこクリニック院長に就任。(株)カロスエンターテイメントの女医ユニット所属。

一気に老けて見えちゃう「若白髪」を予防する食べ物4つ

きれいにメイクをして、おしゃれな服を着ても、生え際に白髪がまじっていたら、一気に老けた印象に見られてしまいます。老化と共に増える白髪ならまだしも、早ければ10代から突然生えてくることもある“若白髪”は、すぐにでも何とかしたいものですよね。

若白髪の原因として、遺伝やストレス、食生活の乱れなどが原因と言われていますが、米国の健康情報サイト『Livestrong.com』によると、ある食べものを積極的に摂取することで、若白髪改善に役立つのだそうです。

■白髪のメカニズム

その前に、白髪のメカニズムを知っておきたいもの。髪の毛は、毛根部分にある、メラノサイトが、色素を作り出して、黒や茶色などの色を定着させています。ですが、これは加齢と共に色素が減ってくるため、髪の毛に色が定着しにくくなり、白髪となってしまうのです。

では、まだ若いうちから髪の毛に色素が定着しなくなってしまうのはどうしてなのでしょうか。

同サイトによると、良質なタンパク質や、ビタミン、ミネラル、銅などの摂取が不足してしまうと、血流量が減って、白髪につながることがあるのだそうです。さっそく、気になる白髪改善に良い食べものを見ていきましょう!

■1:良質なタンパク質で白髪改善!

いくら白髪によいトリートメントなどをしても、髪の主成分である、タンパク質を補わなければ、白髪改善とはいきません。タンパク質に含まれる、アミノ酸フェニルアラニンがメラニンの生成力アップに役立ちます。良質なタンパク質を摂取しましょう。

・全粒穀物(白米ではなく、雑穀米、玄米など)

・大豆

・マグロ

・カニ

・カキ

・赤肉 など

■2:ビタミン摂取で白髪改善!

良質なタンパク質だけを摂取しても、白髪改善とはいきません。『Fatfreediet.com』によると、ビタミンA、B、ヨウ素不足も若白髪を作る大きな要因なのだそう。若白髪改善に積極的に食べたい食べものはこちらです。

・トマト

・カリフラワー

・ほうれん草

・カブの葉

・人参

・バナナ

■3:ミネラル摂取で若白髪予防!

若白髪の原因のひとつは、ミネラル不足も大きく影響しています。銅などのミネラル分が不足すると、メラニンが作られなくなってしまうため、これらを多く含む食材を積極的に摂取しましょう。

・ひまわりの種

・カシューナッツ

・ゴマ

・アーモンド

以上いかがでしたでしょうか。ひとつのものだけを食べれば良いという訳ではなく、バランスが大切なのですね。バランスの取れた食事は、ストレス解消にもつながります。これらの食べものを取り入れる価値は多いにありそうですね!

ブロッコリー新芽に育毛効果 マグロの近大が新研究

完全養殖による「近大マグロ」で知名度を上げる近畿大学が、今度はブロッコリーの新芽が持つ驚異のパワーに着目した研究結果をまとめた。がん予防にも効果があるとされるこの野菜が、何と育毛に役立つというのだ。

 研究結果は近大と、頭髪関連サービス大手「毛髪クリニックリーブ21」が共同でまとめた。研究で焦点を当てた野菜はブロッコリースプラウト。研究チームは水に溶かした抽出エキスを、人間の毛根から取り出して培養した毛乳頭細胞に垂らす育毛評価試験を実施した。

 この試験により、毛乳頭細胞は約1・8倍に増加した。同細胞内にある細胞分裂を刺激する物質「VEGF(血管内皮増殖因子)」も約1・4倍に増殖。研究チームは「ブロッコリースプラウトに育毛効果が期待できることが示唆された」と結論付けた。

詳しい研究結果は、3月27日から熊本市で開かれる日本薬学会で発表される予定だ。

 スプラウトは植物新芽の総称。ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養が豊富に含まれていることで知られる。そのなかでもブロッコリースプラウトは抗がん、抗菌、抗酸化など、驚くべきパワーを秘めていることが近年、明らかにされてきている。

 もともとブロッコリーは、強い抗がん作用のある物質「スルフォラファン」を含んでいることが分かっていた。

米国で進められた研究により、ブロッコリースプラウトはスルフォラファンを、ブロッコリーの20倍も含んでいることが判明。米国では研究結果が発表された1990年代後半、ブロッコリースプラウトがスーパーなどで飛ぶように売れるブームが起きた。

 日本では兵庫県の農園が99年に販売を開始して以来、かいわれ大根に似た新たな健康野菜として普及した。

 研究を担当した近大薬学部の川崎直人教授は「最終的には抽出したエキスを育毛剤などに配合して商品化することになる。比較的短い間に実現できるのではないかと考えている。

毛が生えて抜けていくサイクルは『休んで、働き、そして生えて』の循環だが、抽出エキスはそのサイクルに刺激を与え、元気にする可能性を秘めている。男性だけでなく女性にも効果が期待できる」と話している。

 今のところ、食べて育毛効果があるかどうかは、分かっていないという。薄毛に悩むお父さん方は、新芽のように髪がニョキニョキ、フサフサになる育毛剤の開発を待ち望んでいる。

“ハゲを促進する”シャンプーの見分け方

「大手メーカーがバンバンCMを打っていて、なおかつ価格が安いシャンプーは絶対に使いません。

それだけ宣伝費をかけていて、詰め替え400mlが500円以下なんて商品は、材料価格的にあり得ない」と言うのは、薬剤マニアの美容師、河野正樹さん(仮名)。

安いシャンプーには、それだけ粗悪な洗浄薬品が使われている……と河野氏は解説する。

「粗悪な洗浄薬品の代表格が『ラウレス/ラウリル硫酸Na』などのAES系界面活性剤。これは石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなもので、原価はゴミクラス。洗浄力はママレモン級に強く、髪がバサバサになります」

とはいえ、男にとって「髪がバサバサ」はさほど大きな問題でもないような……。むしろスッキリ洗い上がって爽快なのでは。

「とんでもない(怒)。AES系が頭皮に干渉すると、頭皮のタンパク質が煮られたような感じになって、毛穴がつぶれるんです。また、卵白の固まったようなものが出てきてフケの原因に。

ハゲというのは根本的には遺伝の問題ですが、AES系のシャンプーを使っていたら、自分でハゲを促進しているようなもんですよ!」

 最近人気のノンシリコンシャンプーも、シリコンの代わりに別のコーティング剤が入っているだけで、ベースの洗浄成分はAES系……というものが多いとか。ノンシリコンだからいい、というわけではまったくないのだ。

「ドラッグストアに売られている安いシャンプーはもちろん、高級シャンプーとして売られているものにもAES系は入っているのでタチが悪い。“サロン系シャンプー”という名称にも惑わされないように。

目利きにはホンモノを、素人にはニセモノを売りつける悪徳骨董商のようなもので、ドラッグストアで売られているものと、実際にサロンで売られているものとではカンペキにラインが分かれている場合があります」

 河野氏いわく「シャンプーの適正価格は300mlで2000円くらい」とか。高ぇ!と思ったアナタ。頭髪を守るにはある程度の投資も必要。効きもしないハゲ用サプリを買うより、よっぽど有意義だ。


皮膚科医に聞く! なぜフケとかゆみは止まらない!?

シャンプーをよく洗い流したり、フケ防止シャンプーを使ってみたり、いろいろ試しているけど止まらない、かゆみやフケ。男性だけでなく女性でも、ひそかに悩んでいる人は多いのでは? 

頭をよく洗ったつもりでも、次の日にはかゆくなってフケが出はじめるのはなぜでしょう。皮膚科医の上岡なぎさ先生に聞きました。

―先生、フケや頭のかゆみが出るのはなぜですか?

「まず、フケとかゆみを起こす原因は大きくわけて3つあります。『脂が多すぎる状態(脂漏性皮膚炎)』『脂が少なすぎる状態(アトピー性皮膚炎)』『上記とは関係なく起きる炎症の病気や感染症(尋常性乾癬、頭部白癬などそのほかの病気)』。理由によって対策は異なります」

病気や感染症を原因としない、脂が多いか少ないかの2ケースについて、対策を教えてもらいました!

■その1「頭皮の脂分が多すぎる」

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と言われる状態です。頭皮は体の中でいちばん脂の分泌が多く、発汗量も多く、また頭髪があるので汚れが堆積しやすい部分です。

女性の場合、思春期から30代ぐらいまでは毎日洗髪しても、翌日には頭皮の皮脂量は洗髪前に戻ります。40代以降は年齢差はありますが、皮脂量は徐々に減ってきます。

こうした脂分が過多の状態のときによく見られるのが、脂漏性皮膚炎というフケやかゆみをともなう頭皮の病気。

発症にはいくつかの要因があるとされていますが、とくに癜風菌(でんぷうきん)というカビの仲間(皮膚に常在する菌の一種)が、過剰な頭皮の脂分で増殖し、フケやかゆみを引き起こします。対策は3つあります。

(1)どの皮膚の病気でも共通していますが、第一にはかかないこと。かいてしまうと皮膚のバリア機能が破壊され、炎症が悪化し、かゆみをさらに引き起こします。

(2)地肌を適度に洗浄すること。毎日か隔日程度のシャンプーがオススメです。
(3)抗カビ薬が配合されているシャンプーなどを使用すること。特にフケ症がひどい場合に有効です。ドラッグストアなどに売っています。

■その2「頭皮の脂分が少なすぎる」

アトピー性皮膚炎の人は、程度にもよりますが、全身の乾燥症状がともないます。アトピーの人でも頭皮は脂分がまだ多い場所ではありますが、顔を含めた全身に強い乾燥のある方は、地肌も乾燥してフケが出ることがあります。この場合、対策は2つ。

(1)必要以上に脂を除去しすぎない、洗浄力がマイルドなシャンプーを使うこと。
(2)髪を乾かしたあと、地肌に液体タイプの保湿剤を適量伸ばすことも有効です。

■自分のフケやかゆみがどのタイプか?

いちばんの対策は、自分がどのタイプか知り上記のようにケアすることです。

見わけるポイントとなる頭皮の脂分は、女性の場合、思春期から20代がピークで、40代以上は徐々に減少します。男性の場合は、60代ぐらいまで脂分が多いまま。

歳とともに頭皮の状況は少しずつ変化しますが、生活習慣によっても大きく変化します。ストレスや疲労、睡眠不足があると脂漏性皮膚炎は悪化するとされています。

そのほか、食生活で皮脂の分泌を増やす働きのある脂肪分・糖分・ナッツ・コーヒー・アルコール・香辛料などの摂取が多い人は注意が必要です。

思い当たる場合は、一般に皮脂の分泌を調える作用があるとされるビタミンB群を多く含む食品(レバー、シジミ、牛乳、卵、ほうれん草、トマト、キャベツ、シイタケなど)を意識してとるとよいとされています。

■脂分が多い、少ないに関係なく、日ごろから気をつけたいことは?

・シャンプーは、洗顔料よりも洗浄力が高い商品が多いので、直接、頭皮に多量をつけすぎないことです。そしてすすぎはしっかりとして洗い残さないこと。リンスは毛先を中心につけ、必要以上に頭皮に残さないようにしましょう。

・強くブラッシングしすぎないようにしましょう。頭皮に炎症がある場合、悪化させる恐れがありますし、地肌からブラシでこすって引っ張ると、かきこわすのと同じ状況になりかねません。

・ワックスなどの整髪料は、頭皮に直接つかないように。そして、使いすぎないようにする。

いかがでしたか? さっそく今夜から試してみてくださいね。それでもなかなか治らない場合は、「皮膚科を受診してください」(上岡先生)とのことです。

監修:上岡なぎさ
日本皮膚科学会認定:皮膚科専門医、医学博士。昭和大学病院皮膚科にて病棟医長を務めたのち、兼任講師。通常の皮膚科診療に加え大学病院で手術に携わる傍ら、都内クリニックで光治療・レーザー治療などの美容皮膚科も行う。また日本有数の美容皮膚レーザー治療・研究施設の嘱託医も隔週で併任。“病気から美容まで、きちんと” 診ることができる『皮膚のフルコース医』を心掛けている。150名の女性医師がボランティア活動を行うEn女医会所属。

実は「加齢で抜け毛」は嘘!ブラシに毛が絡まる本当の原因

「ここ最近、抜け毛が増えた気がする……」毎日のシャンプーやブラッシング時に、こう感じたことはありませんか?

抜け毛=男性の悩みとは限らず、近年女性用の抜け毛対策商品も多く出回るようになりました。そこで今回は、女性の抜け毛の原因と、その対処法についてお伝えします。

■抜け毛の原因は加齢ではない?

「年齢を重ねるにつれて、抜け毛が気になるようになってきた」と感じてる方も多いのではないでしょうか。しかし実際は、男性が年齢とともに毛量が減少してしまう男性型脱毛症と違って、更年期手前で女性ホルモンが正常に分泌されているうちは、女性が加齢で毛量が減るということは少ないのです。

■一日に50~100本の抜け毛は普通

私たちの髪は生えて成長し、抜け落ちていく自然なサイクルを繰り返しています。季節の変わり目や体調などによって、多少変化はあるものの、一日に50~100本の抜け毛なら“自然脱毛”と呼ばれ、問題はありません。

抜け毛を心配している方のなかに、ロングヘアの方も多いのではないでしょうか。ロングヘアの方はショートヘアやボブの方と比べて、本来なら同量の毛が抜けているのに、“毛が長いために抜け毛が多い”と感じてしまうようです。

ロングヘアの方でも、一日50~100本ほどなら心配いりませんので安心しましょうね。

■注意すべき脱毛症とは?

自然脱毛の範囲を超えて、一日の抜け毛の量が明らかに多くなってきている場合、“円形脱毛症”や“びまん性脱毛症”などの疑いが考えられます。ストレスや極端なダイエットが原因で起こりやすくなるので、症状によっては専門医の診察を受けましょう。

また女性に多いのが、産後の脱毛症です。妊娠中に活発になっていた女性ホルモンが産後通常の活動に戻り、この女性ホルモンの変化によって、一時的に抜け毛が増えることがあります。約半年から1年かけて徐々に戻るので、あまり気にとめないことが大切です。

■育毛ケアで髪を育てる

健康で艶やかな髪を育てるために、頭皮ケアを見直すことも重要です。頭皮の毛穴も肌と同じで、毛穴に詰まった油や汚れを取り除き、髪が育ちやすい環境にしなくてはなりません。シャンプー前に使用する“プレシャンプー”や、スカルプケア用品で、毛穴汚れを取り除いたあとは、下記の頭皮マッサージで頭皮の血行を促進しましょう。

(1)両手指の腹で、生え際から頭頂部にかけて揉みほぐす

(2)指を軽く曲げ、第一関節を使ってトントンと頭全体を叩く

(3)頭頂部の真ん中に位置するツボ、“百会(ひゃくえ)”を刺激する

食生活では、良質なタンパク質とミネラルを意識して摂るようにしましょう。卵、チーズ、豚肉、さんま、あさり、大豆食品、海藻が特によい栄養素が多く含まれる食材です。

いかがでしたか? 抜け毛対策は“整えて育てる”がキーワードです。心と頭皮を健やかに保ち、美しい髪を育てていきましょうね。

チョコレートで白髪予防!ダークチョコのメラニンが髪に効く

「チョコレートはおいしいだけではなく、健康にも良い」というのは有名な話ですが、なんと、髪にも効果があるようです。少しずつ寒さも深まり、これからますますチョコレートをおいしく感じる季節。食べ過ぎに注意しながら、チョコレートで髪も体も健康になっちゃいましょう!

イギリスの高級スパサロン『アーバン・リトリート』のヘア専門家、リカルド・ヴィラ・ノヴァ氏によると、髪に効果がある食べ物は複数あり、特にダークチョコは白髪防止に効く、とのこと。

一見チョコレートと髪の毛には何の関係もなさそうですが、ダークチョコには髪の色に影響を与えるメラニンが含まれ、白髪の発生を防ぐのに一役買ってくれるそう。

他にも、魚の脂肪分は頭皮に栄養分を与え、髪をみずみずしい状態にしてくれます。また、アボカドやクルミには髪に潤いを与える効果があり、牛肉の赤身は髪が傷みがちな人におすすめ。というのも、赤みには鉄分などのミネラルが含まれ、髪の再生を助けてくれるのです。

なおベジタリアンの人には、レンズ豆やお豆腐が髪に栄養を与えてくれ、おすすめです。

最後にヴィラ・ノヴァ氏は、「極端なダイエットは、髪を細らせ、潤いのないパサついた状態にしてしまいます。また過度のストレスやバランスの悪い食事も髪が傷む原因に。

一度傷んでしまうと、髪を再生させるのに2?3年はかかってしまいます」と述べ、過度のヘアスプレーやトリートメントの使用は避けた方が良いそう。

チョコレートや魚、赤身肉など、身近な食べ物をバランスよく摂(と)りながら、髪美人を目指したいですね!

ストレスが原因!?多くの男性が気にする「抜け毛・薄毛」を注目サービスで解決

今回、働く男女各1000人に対して、「ストレスに関する実態調査」を実施、「ストレスが原因で見た目に現れる症状・気にしている症状は何か?」と聞いたところ、男性の1位は「抜け毛・薄毛」という結果になった。

オリコンDDでは、20~50代の働く男女2000人を対象に、ストレスに関する実態調査を実施。はじめに、日頃のストレス度合について調べたところ、男性93.4%、女性96.3%、平均94.9%が「ストレスを感じている」と答え、多くの人が何らかのストレスを感じていることがわかった。

ストレスの原因は「仕事の内容」「職場の上司」「賃金・給与」「職場の同僚」と、仕事関連が上位を占めている。

そこで、日頃のストレスが原因で、見た目に現れる症状・気にしている症状を聞いたところ、男性の1位は「抜け毛・薄毛」(28.3%)、2位は「太る」(27.9%)、3位は「白髪」(27.5%)。女性は1位が「肌荒れ」(39.6%)、2位が「太る」(37.1%)、3位が「白髪」(32.5%)という結果に。

さらに、実際にストレス解消のためにどのようなことを行っているか(複数回答)尋ねたところ、男性からは「睡眠」(37.5%)、「飲酒」(29.3%)、「スポーツ・運動」(26.9%)という回答が得られた。

一方、女性には「睡眠」(49.6%)、「食事・間食」(39.1%)、「リラクゼーション系サービス(マッサージ・ヘッドスパ・エステなど)」(36.2%)といったストレス解消法が人気だ。

ちなみに、各項目を男女で比較してみると、女性の方が男性よりパーセンテージが多い項目が目立ち、女性は様々な方法を取り入れてストレス解消を試みていることが判明。

女性からは、「自分にプラスになるような解決法を選ぶことがストレス解消のコツ」(50 代・女性)と、前向きなアドバイスも寄せられた。

そんなアドバイスを参考にしてみると、男性が「ストレスの影響で気にしている症状」として挙げた「抜け毛・薄毛」には、「頭皮にも、ストレス解消にも役立ちそう」(50代・男性)、「抜け毛の対策にもなりそう」(20代・男性)と期待の声が寄せられている、今後注目のサービス「ヘッドスパ」が良さそう。

今のところ、男性のヘッドスパ体験者は18.5%とわずかだが、女性の間では定番人気のサービス。

自信を持って清々しい春を迎えるために、ストレス解消のみならず、見た目にも働きかける「ヘッドスパ」のようなリラクゼーション系サービスを効果的に取り入れてみるのはいかがだろうか。

意外な薄毛の原因!「坊主頭をボディーソープで洗うのはNG」

坊主頭には清潔感があり、一部の女性にも好評のヘアスタイル。その一方で、「場合によっては坊主頭が薄毛の原因になることがある」というウワサを耳にしました。

筆者も「抜け毛が気になり、蒸れるのはよくないと聞いて坊主頭にしたところ、一気に薄毛が加速してしまった」という話を聞いたことがあります。このようなケースについて、毛髪専門クリニックリーブ21の広報担当・尾上さんにお聞きしました。

■坊主=薄毛とは限らない

――坊主頭にすると、ほかの髪型よりも薄毛になりやすくなるという可能性は、本当にあるのでしょうか?

「話の前提として、弊社は坊主頭と脱毛の相関関係を調べたことがなく、わからないこともございます。ただ、個人的には、坊主頭だから薄毛になりやすくなるのではなく、薄毛の人が目立たなくするため坊主にする人が多いのだと思います。

薄くなってきたり、髪型がきまらなくなって……といったケースもあるのではないかと考えられます」

――必ずしも坊主頭が原因で薄毛が進行するとは言い切れない、さまざまな状況、条件が想定されるわけですね。それでは坊主頭の人ならではの薄毛の原因というのは何か考えられるのでしょうか?

「ひとつは紫外線です。肌と同じように頭皮や髪にとっても、紫外線は大敵。髪の毛も日に焼けると乾燥し、ダメージを受けます。ひどい日焼けを放っておくと頭皮にトラブルを起こし、脱毛の原因にもなりかねません」

■頭皮ケアの方法にも問題アリ!?

――たしかに坊主の人は髪が短い分、頭皮が紫外線にさらされる機会が増えそうな気がします。

「そしてもうひとつは頭皮のケアのやり方です。中には、坊主頭だからとシャンプーで毎日頭皮を洗っていない場合や、体を洗うボディーソープなどで、頭皮を洗っている人がいます。石油合成系の界面活性剤は、頭皮や毛根にダメージを与える原因です。

すべてのボディーソープ、石鹸に含まれているわけではございませんが、頭皮に適したシャンプーを選び、毎日頭皮を洗って清潔に保つ必要があります」

ボディーソープで頭を洗うことに、そんなリスクがあったとは知りませんでした……。女性のみなさん、パートナーの薄毛が気になったら、坊主頭を勧める前にヘアケアについてチェックしてみては?

取材協力:リーブ21
頭皮の状態を気軽にチェックできる「髪DOCK」というサービスを展開、女性も試すことができる。キャンペーンも実施中。
http://kamidock.com/

知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ

年を重ねるごとに増えていく白髪は、長年生きてきた証であり、若さとは違う魅力があります。しかし、そうは言っても気になってしまうのが白髪です。

一般的に白髪の生える原因として、遺伝や加齢が挙げられますが原因はこれだけではありません。生活習慣の差も白髪の量を左右します。白髪になりやすい生活習慣を続けていては、どんどん髪の毛の老化が早まってしまいます。

そこで今回は、白髪が生えやすくなるNG習慣を5つご紹介します。

■そもそも何で白髪が生えるの?

髪の毛の色はメラニン色素です。メラニン色素が紫外線のダメージから頭皮や髪を守ってくれています。髪の根元にあるメラノサイトで色素が作られ、髪に色をつけています。メラノサイトが正常に働かなくなると髪に色をつけられなくなってしまうので、髪の毛が白髪になってしまうのです。

普段何気なくしていることが、メラノサイトの働きを弱めてしまっていることもあるので、日々の習慣から見直してみましょう。

■白髪が生えやすくなるNG習慣

(1)コンビニ飯に偏りがち

毎日コンビニで同じもばかり食べていたり、栄養バランスが偏っているとメラノサイトが栄養不足になり、色素が作れなくなってしまいます。髪の主成分であるたんぱく質や血液の循環を良くする青魚、新陳代謝促進に効果的なビタミンEを含む食品をバランスよく摂ることがポイントです。また、海藻類にはメラノサイトの働きを活発にする効果があります。

(2)歩くのは会社と家の往復だけ

運動不足は血行不良に陥りやすいです。頭皮のすみずみまで血がめぐらないことで、メラノサイトが正常に働かなくなってしまいます。毎朝一駅分歩いてみたり、会社でも伸びやストレッチを取り入れ、血行不良にならないように意識してみてください。

(3)ストレスをためこむ

ストレスを感じると筋肉が緊張し、固まってしまいます。血管も収縮し血行不良を引き起こします。寝る前にお風呂でリラックスしたり、自分なりのストレス発散方法がある人は定期的に発散し、ストレスをためないようにすることが大切です。

(4)喫煙

たばこに含まれるニコチンは、体内に入ると血管を収縮させ、血行が悪くなってしまいます。白髪だけでなく、薄毛、シワたるみ、くまなどをひき起こすので、白髪予防、美肌を追及したい人は禁煙をお勧めします。

(5)髪や頭部の紫外線対策をしていない

紫外線を毎日浴びることでメラノサイトはダメージを受けてしまいます。日傘や帽子で頭部の紫外線対策をすることが重要です。また、いつも同じ場所で髪を分けているとその部分が集中的にダメージを受けてしまうので、定期的に分け目を変えるとよいでしょう。

以上、白髪が生えやすくなるNG習慣をご紹介しました。髪も体も、栄養と血行が大切です。頭皮マッサージで頭皮の血行を促進すると効果的です。健康的な髪の毛を保ち、ヘアアレンジを楽しみたいですね!

手遅れにならない、毎日の簡単「薄毛」ケア3つ

薄毛の原因は遺伝的要素が大きいと言われていましたが、日々の生活でのストレス、不規則な生活リズム、寝不足、食事バランスなど外的要因などの後天的によるものも薄毛の原因として大きく影響してきています。

 通勤ラッシュや残業、職場の上下関係など社会的環境におけるストレスを回避するのは難しいもの。そこで、薄毛を予防する毎日のチェックポイントをご紹介します。

■薄毛になりやすい頭皮とは?

 頭皮がベッタリとしている、湿った大きなフケが出るといった症状がある人は要注意です。頭皮から分泌される皮脂が多く、毛穴を皮脂が固形化したものが詰まって毛根にダメージを与えます。皮脂が多いと外気のホコリやばい菌などが付着しやすくなります。

 頭皮が脂で覆われ、その上にホコリなどが付いている状態で不衛生になると、皮膚呼吸が妨げられ、髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足してしまいます。次第に毛母細胞は弱っていき、その結果、髪の毛が細くなったり、抜けたりして薄毛の原因となるのです。

 他に、頭皮がカサカサしてかゆいなどの乾燥した頭皮、もみ上げや襟足の髪がクセが強く、なかなか髪の毛が伸びてこないなどの毛根の劣化による細毛なども薄毛の原因になりますので常に健康な頭皮、毛根を心がけましょう。

■薄毛を予防する3つの法則

□1.頭皮を常に健康な状態に保つシャンプー法

 薄毛防止には頭皮をサッパリと洗い上げる「頭皮用シャンプー」がおすすめ。他のシャンプーと比べて油分が少なく、頭皮を覆っている油分を分解し毛穴を健康な状態にしてくれます。

 洗い方は、しっかりと泡を立てて指の腹を使って擦るのではなく、頭全体をマッサージをするように「揉み込みシャンプー」をしましょう。しっかり洗おうと爪を立てて洗うと、頭皮に細かい傷ができてしまいます。

すると、その傷からバイ菌が入り毛根にダメージを与えてしまいますので注意が必要です。泡立ちが悪い場合は2度洗いをしましょう。泡立ちが少ないと、頭皮や髪のほこりや油分を取り除くのに不十分になります。

□2.毛根に活力を与える頭皮マッサージ+ローション

 頭皮(スキャルプ)マッサージは頭皮にもたらす効果を最大限に引き立たせる方法です。健康な髪を維持するためには、まず頭皮の血行をよくすることが第一。

毛髪を作る毛母細胞は、毛乳頭に分布した毛細血管から吸収する栄養をもとにしているので、頭皮の血行がよくなると毛母細胞の働きは活発になり、そのおかげで健やかな髪が生え、脱毛しにくくなります。

また血液の循環がよくなるため、頭もすっきりして心身のリフレッシュにも役立ちます。

 スキャルプローションを全体になじませたら、指の腹を使いながら円を描くようにマッサージします。最初は軽めにマッサージし、血行を良くしてから少しづつ強めて、毛母細胞に活力を与えます。

あまり強くマッサージをして圧力をかけすぎてしまうと、毛細血管や毛母細胞にダメージを与えてしまい逆効果。毎日2~3分、シャンプー後、頭皮が潤っている状態でマッサージをすると、血行が良くなっていますので、ローションの浸透力をより高めてくれます。

□3.頭皮にダメージを与えないドライヤー法

 ドライヤーの使い方は、頭皮に直接ドライヤーの高温を当ててしまうと毛母細胞を死滅させてしまう恐れがあるため、直接当てず、髪を乾かしながら余熱で頭皮を乾かすようにしましょう。

 髪の分け目がいつも同じ場所で分かれてしまう人は、常に分け目を変えていつも同じ場所で分けないように注意してください。ドライヤーをかけるときは、分け目をやさしく擦りながら分け目を消すように乾かします。

乾いてしまってから分け目を変えようと思っても、毛流れですぐに元の分け目に戻ってしまいます。分け目付近は摩擦と圧力が一番かかりやすく、薄毛によるボリュームダウンやダメージを受け抜けやすい状態になってしまいます。

ストレスが増えると顔には吹き出物ができ髪の生え際にはフケ

ストレスは現代人にとって、切っても切れない関係にあるが、著書に『50歳を超えても30代に見える生き方』(講談社)、などを持つ、国際アンチエイジング医学会名誉会長で、乳房専門『ナグモクリニック』総院長の南雲吉則医師(57才)が、ストレスの原因について教えてくれた。

 * * *
 うつや機能性胃腸症など、ストレスが原因の病気を“現代病”と呼ぶくらい、現代では多かれ少なかれ、みんながストレスを抱えているよね。胃が痛くなったり生理不順になったり、ストレスによって引き起こされる症状も人それぞれ。

 そもそもストレスって、物理的にいうと、外からの刺激によって体に生じた歪みのことをいうんだ。ゴムボールを押したときのへこみのようなものだね。これに例えて、心がへこむようなつらい出来事を“ストレス”、へこんだ心が元に戻ろうとするときに出る症状を“ストレス反応”と呼ぶようになったんだ。

 ストレス反応の代表的なものが胃痛だよね。なぜ胃が痛くなるのかというと、ストレスがかかると体が“闘いモード”になって、交感神経が緊張状態になるからなんだ。

 どういうことかというと、体のバランスを保っている自律神経には、“闘いモード”の交感神経と“お休みモード”の副交感神経がある。ご飯を食べると、消化・吸収のために副交感神経が優位になるから、眠くなるんだね。そのとき、胃の血流はよくなっている。逆に“闘いモード”のときは、胃の血流は悪くなるんだ。その結果、胃痛や胃潰瘍を引き起こしてしまうんだね。

 また、夜になってもストレスでイライラしていると、“お休みモード”の副交感神経が働かないため睡眠不足になって、ますます疲労感がたまる。昼夜が逆転して時差ボケ状態になるとさらにホルモンバランスが崩れ、循環・呼吸・消化のバランスまで“でたらめ”になって、体調を崩してしまうんだ。

 もうひとつ、ストレスに立ち向かうときは、腎臓の上にある副腎から、“闘いホルモン”である男性ホルモン(アンドロゲン)が分泌される。動物が闘うとき、皮膚が乾燥してると傷付きやすいよね。

 そのためストレスがあると、皮脂の分泌が増え、額には吹き出物が、髪の生え際にはフケが出る。また、同じく男性ホルモンの作用によって生理不順になるんだ。ストレスは、こんなにも体に悪影響を及ぼすんだね。

スポンサーリンク Ⅱ
最新記事
■ 互助会推薦 ■
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
スポンサーリンク sabu