l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■女性専科・生理痛・更年期・膣・膀胱炎・口臭予防
FC2ブログ

【更年期・女性ホルモン】アラフィー女性に起こりがちな「手指問題」 違和感の原因は?

最近、手や指が痛んだり、朝起きたとき手指がこわばっていたり……。アラフィー世代になると増えるのが、こんな“手指”の悩み。果たして、その理由とは!? 原因や対策を知って、悪化を未然に防いで。

それって実は「更年期の手指問題」かも?

手指に痛みがある、スムーズに動かない、ペットボトルのフタが開けられない…実はこれ、更年期女性にとても多い症状。女性ホルモンには抗炎症作用がありますが、更年期になると女性ホルモンが減って、炎症が抑えられずに痛みなどの症状が生じるのです。

朝起きると手指がこわばっている

キーボードがスムーズに打てない

なんか痛い。これって腱鞘炎

ボタンがうまくかけられない

ゴルフのときに握ると違和感が…

ペットボトルのフタが開けられない!

女性ホルモンの減少で 手指の病気が増える

アラフィー世代になり、手指に痛みがあって、フタを開けたりといったちょっとした動作がしにくくなってきたという人が多数。こんなトラブルが増える理由とは? 「もちろん、手や指を酷使する仕事や趣味をもつ人に多いのですが、更年期の女性にも多い理由は、女性ホルモンが関係していると考えられています。女性ホルモンには抗炎症作用があり、その分泌量が多い若いころは、多少手指を酷使しても関節の炎症が抑えられます。でも更年期になると女性ホルモンが減ってバランスが乱れるため、炎症が抑えられず痛みやしびれが生じやすいのです」 更年期に多い手指の病気には、さまざまな種類があるそう。


「指を伸ばすときにカクンとひっかかる“ばね指”や、手首の親指側が痛む“ドケルバン病”、手指がしびれる“手根管(しゅこんかん)症候群”のほか、指の関節が変形する“ヘバーデン結節”や“ブシャール結節”、親指のつけ根が痛む“母指CM関節症”などがあります」 このような症状があるのに“年だからしかたない”と放置している人もいると思うが、これはNG。「手指の病気は、実は注射など病院での治療でかなり改善します。症状が緩和すれば日常動作がラクになり、趣味も楽しめるようになるので、あきらめず早めに受診を」 手指の不調には整形外科や、最近増えている“手の外科”の受診がおすすめだとか。 「また、最近、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするエクオール含有サプリメントをとることで、更年期の手指の病気予防が期待できると注目されています」


もっと知りたいQ&A

Q.手に違和感があるときは、安静にするorストレッチするどっちがいいの? A.痛みがひどいなら安静。軽めならストレッチを 「痛みがひどいときは炎症が強いので安静にして病院へ。症状がまだ出はじめならストレッチをして動かすと筋肉の緊張がとれ、悪化を防げます。まだ症状がない人はストレッチを行うと予防になります。ばね指や手根管症候群には指の体操を。また、湿布で冷やしてもいいかどうか聞かれることがありますが、湿布の効果は冷やすことでなく消炎鎮痛剤で炎症を抑えること。痛みがあるときに効果的です」 Q.日常生活で気をつけることは? A.スマホやパソコンを使う際の手指の使い方に注意 「まずは手指の酷使を避けることが大切。近年はスマホの使いすぎで症状がひどくなる人も増えています。スマホは片手で打つとより指に負担がかかるので両手を使いましょう。


また、ドケルバン病はパソコン作業などで親指を外に開く動きを繰り返すとなりやすいのですが、最近、指に負担がかかりにくい湾曲した形のキーボードもあるので、取り入れるのもおすすめです。そのほか、手指の冷えも症状を悪化させるので冷やさないこと」 Q.遺伝するって本当? A.遺伝がかかわっていると疑われている病気も 「手指の病気に遺伝がかかわっているかどうかはわかっていませんが、へバーデン結節やブシャール結節などの変形性関節症は、遺伝がかかわっているのではないかといわれています。親など血縁者に手指の病気の人がいたら、手の酷使は避けるなど注意を」 Q.変形性関節症は、リウマチとはどう違うの? A.リウマチは全身の関節の痛みや微熱などの症状も 「リウマチの場合、手指の第2関節に腫れや痛みが出やすく、触ると比較的柔らかいのに対し、変形性関節症は硬いのが特徴。全身の関節に症状が出たり微熱や倦怠感がある場合も。血液検査で調べられます。最近はよく効く薬があるので早めに受診を」


●教えてくれたのは… まえだ整形外科・手のクリニック 前田利雄先生 医学博士。昭和大学病院整形外科学講座兼任講師。手外科・整形外科専門医として診療にあたる。肘から手までのさまざまな病気に精通。 取材・原文/和田美穂 イラスト/きくちりえ(Softdesign) ※エクラ2018年11月号掲載



◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理や体の悩みに妊活まで 私たちを前向きに支える“フェムテック”

女性が社会に対して声をあげること、そしてそれが報道される機会が徐々に増えていると感じている人も多いのでは? そんな中、注目を集めているのが“フェムテック”。フェムテックとは何なのか? 私たちの暮らしをどう変えてくれるのか? そんな疑問を解消すべく、生理やカラダに関するプラットフォーム「ランドリーボックス」代表の西本美沙さんが“フェムテック”について詳しくナビゲート!

そもそも“フェムテック”ってどういう意味?

“フェムテック”という言葉は、2012年頃にドイツの月経管理アプリ「Clue」の代表IdaTinが作ったもの。Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語。女性のヘルスケアにまつわる課題を解決するためのテクノロジー、それこそが“フェムテック”なのだ。女性のヘルスケア課題とは、ガール世代にも身近なものでいえば、生理やセクシャルウェルネス、婦人科疾患など。さらに、不妊治療、産後ケア、育児、更年期なども、女性ならではの体の悩み。世代やライフステージによって生じる課題は違うけれど、今までは女性の我慢や人知れない努力で対処してきたことを、テクノロジーの力でもっと快適に、手軽に付き合っていけるものにしようというのが“フェムテック”の目指すところ。

例えばどんなサービスやプロダクトがあるの?

生理にまつわるフェムテックなら、ナプキンをつけずに生理期間を過ごすことができる「吸収型サニタリーショーツ」や、膣内で経血を留めるディスク型の生理用品「月経ディスク」が有名。ほかにも、経血の状況をスマートフォンアプリで把握することができ、身体の状況を数値で捉えられる月経カップなども開発されている。 ナプキン、タンポンに次ぐ「第3の生理用品」として、日本でも徐々に使用者を増やしている月経カップ。その進化版・月経ディスク「FLEX Disc」は、1枚でタンポン3本分の経血を受け止める。繰り返し使う月経カップと異なり、月経ディスクは使い捨て。総合的な女性の健康相談アプリの「TIA」もユニーク。女性特有のヘルスケアに関する悩みをアプリで相談&データトラッキングできるだけでなく、専門のヘルスケアクリニックも開設。クリニックは病院らしからぬポップなデザインで、訪れる人の心を軽くしてくれる。もちろん、アプリのデータを基に体や心への負担少なくスムーズに診察が受けられる。

「Elvie」本体(中央)とスマートフォンはBluetoothで接続。身体の状況をリアルタイムに把握できる。ガール世代には未知数かもしれないけれど、産後ケアのアイテムもフェムテックの隆盛とともに増加中。ケーゲルトレーニングデバイス「Elvie」は、センサーが膣内の筋肉や圧力を計測しスマートフォン上で可視化。膣圧を鍛えるトレーニングがゲーム感覚で行える機能も備え、楽しみながら続けられる。

ちなみに、ドイツで発売された「タンポンブック」は、アイデア×デザインを軸に社会課題を解決するプロダクト。 本の中にはタンポンがずらり。税率の低い本に付録としてタンポンを付けて発売するアイディアで、国内における現状をユーモラスに批判した。昨年の増税のとき、「女性にとって欠かせない日用品である生理用品が、なぜ軽減税率対象外なの?」と思わなかった? ドイツでも同じように、生理用品は19%の消費税がかけられ税率優遇の対象外。そんな状況を打破すべく発売された「タンポンブック」は、発売直後から多くの議論を巻き起こすことに。その甲斐もあって、今年の1月からドイツでは生理用品がぜいたく品から除外されることとなった。

海外だけじゃない! 日本でも盛り上がりを見せるフェムテック。

現在、世界のフェムテック企業数は2020年時点で318社を超えており*1、フェムテックの市場は2025年までに世界で約5兆円規模になるとされている*2。 「でもそれって、海外だけの話でしょ?」と考えるのは勘違いで、日本でも徐々にフェムテックに対する認知が高まりつつある。漫画「生理ちゃん」やユニチャームによる「#NoBagForMe」プロジェクト、大丸梅田店でオープンした「ミチカケ」など生理にまつわるニュースを覚えている人も多いのでは? 


このようなムーブメントの中心となっているのは、20代や30代の若い世代。女性の身体の問題をタブー視することなく、正面から向き合うことで、課題解決に挑もうとしている。 日本国内のフェムテックサービスの例を挙げるなら、LINEで月経管理ができるサービス「PAIRCARE」や「illuminate」、ナプキン不要の吸収型サニタリーショーツ「ピリオド」「Nagi」などの生理関連サービスや、ピルのオンライン診察サービス「スマルナ」、妊活コンシェルジュサービス「ファミワン」、卵子凍結など不妊治療の福利厚生サービス「ストック」など。筆者が運営する「ランドリーボックス」でも、フェムテックに関するサービス紹介やプロダクトを購入できるオンラインストアを展開し、日本の女性に向けたフェムテック情報を発信している。

タブー視されがちな話題だからこそ、親しみやすいデザインを。

欧米を中心に広がりを見せ、日本にも浸透してきているフェムテック。とはいえ今も、生理やセックスなどの悩みを周りに相談しづらいと感じる人が少なく無いことも事実。だからこそ、持っているだけでハッピーになれるおしゃれなデザインや、人の目に触れても恥ずかしくないスタイリッシュなデザインってとても重要。ドイツ発の月経カップ「メルーナ」は、今までの生理用品とは一線を画すカラフルさ! また、月経管理アプリ「Clue」や吸水型サニタリーショーツ「THINX」では、“女性=ピンク、かわいい”といった固定概念にとらわれないデザインを採用。これは、女性らしさを一方的に決めつけない姿勢の現れであると同時に、心と身体の性の不一致に悩む人たちに対する配慮でもある。すべての“生物的女性”をサポートするのがフェムテックなのだ。


一方、投資家や企業の意思決定者には圧倒的に男性が多く、女性の課題を理解しづらかったり、フェムテックがニッチなカテゴリと考えられていたりと、フェムテックを含む女性の健康課題へ投資される金額はまだまだ大きくないのも事実。 フェムテックをブームで終わらせず、経済圏として定着させていくためには、女性自身がフェムテックを自分ごととして捉え、どんどん活用していくことが重要。女性が心地よく暮らせる未来を作っていくのは、他ならぬ私たち自身なのだから。 *1 fermata調べ *2米コンサルティング企業フロスト&サリバン調査レポートより 西本美沙/ランドリーボックス代表。個人ブログをきっかけに、2015年に“性”に関するウェブメディア「ランドリーガール」を開設。19年にランドリーボックスを設立し、生理やカラダにまつわる記事やアイテムを販売する「ランドリーボックス」を運営している。


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理痛のあるときに食べたいフード 5選

辛い痛みに自然の処方箋を!

辛い生理痛、なんとか紛らわすためにチョコレートに手が伸びてしまう……。そんな経験、したことない?    生理と食の関係についての本『ザ・ベター・ピリオド・フード・ソリューション』の著者、管理栄養士のトレイシー・ロックウッド・ベッカーマンさんいわく、実際生理痛を和らげてくれる食べ物はあるとのこと。   「生理中に口にする食べ物は、生理痛の症状に直接影響します」とベッカーマンさん。食べ物によって生理痛の症状を和らげるものや、逆に症状を悪化させるものもあるそう。生理痛にいい5つの意外なフードを教えてくれた!

1. ナチュラルヨーグルト

ヨーグルトの中でも、必ずプロバイオティクスが入っているヨーグルトを選ぶこと。カルシウムが豊富で、生理痛を和らげる効果があるのだそう。   さらに、カルシウムが豊富な乳製品を食生活に取り入れることで、PMS(月経前症候群)のリスクを最大40%減少させる効果があるという大規模な研究結果も出ている。   プロバイオティクス入りヨーグルトには、消化器系の働きを健全に保ち、しつこい膨満感を和らげてくれる善玉菌が含まれているという。食べる際に炎症を抑える効果のあるフラックスシードをトッピングすると、薬用効果がマックスに!

2. すいか

体に水分を補給するのに、果汁たっぷりの果物は最適なフード。とくにすいかは膨満感を制御して、生理中に経験しやすい便秘も防いでくれるとか。   さらにすいかには、ビタミンB6をはじめとする栄養素もたっぷり含まれている。ビタミンB6は、生理痛由来のイライラや膨満感、不安などを抑えてくれる。

3. オート麦

オートミールには隠れたポテンシャルが。オート麦には心臓に良い食物繊維、全粒穀物、水溶性ビタミンのビタミンB1が豊富に含まれている。   ビタミンB1は、体内で炭水化物を分解して、気分を高揚させる神経伝達物質を脳に届けるので、生理中の憂鬱な気持ちを和らげてくれるみたい。

4. ステーキ

鉄を豊富に摂取できるのが赤身肉。生理痛がひどい人は、赤身肉を食べるといいかも。   生理期間中に鉄不足になる女性は多く、そのサインは倦怠感となって現れる。肉を食べない人やヴィーガニュアリー(年の初めの1月にヴィーガンになってみる運動)を試している人は、ほうれん草や豆類、レンズ豆を食べるのがおすすめ。

5. しょうが

PMSの度にしょうがを食べるべきとは言わないけれど、お茶に入れて飲めば生理期間中の腹部の痛みを和らげる効果があるので覚えておくと◎。   2009年の研究では、女性150人に生理の最初の3日間、粉状にしたしょうがを毎日1g摂取してもらった。しょうがの粉は、メフェナム酸(抗炎症鎮痛剤)やイブプロフェンのような薬と同じくらい痛みを和らげる効果を発揮したという。   しょうが茶を自分で作るなら、皮をとったしょうがのスライス数切れと絞ったレモンをお湯に加え、5分間そのまま置いたらできあがり。1日中いつ飲んでも大丈夫!

original text : Anya Meyerowitz translation : Mutsumi Matsunobu ※この記事は、海外のサイト『Red』で掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。



◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

更年期障害と間違われやすい「橋本病」ってどんな病気?

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください! 【表1 橋本病で見られる主な症状】


●「橋本病」に関する問題 【問題】30~50代の女性に多く、更年期障害と間違われやすい「橋本病」。この橋本病について正しい説明は次のうちどれでしょう?


(1)ほてり・のぼせが出ることが多い

(2)ほとんどの患者で甲状腺の機能が低下する

(3)家族で遺伝する傾向がある

 正解は、(3)家族で遺伝する傾向がある、です。


●甲状腺に慢性的な炎症が起こり、全身に症状が現れる  

橋本病は、生命維持に欠かせないホルモンの1つ、甲状腺ホルモンを分泌する甲状腺に慢性的な炎症が起こる病気です。甲状腺機能に異常をきたす病気の中で最も多い病気で、全人口の約3~5%の割合で発生するといわれます。 「橋本病は、何らかの理由で自分の体の組織を異物とみなして攻撃する抗体(自己抗体)ができる、自己免疫疾患の1つです。甲状腺に炎症を引き起こす自己抗体ができるために、甲状腺が慢性的な炎症を起こして腫れるようになり、正常な組織が少なくなり、甲状腺機能が下がります。


そのため、橋本病は慢性甲状腺炎とも呼ばれます」。三井記念病院内分泌内科科長の森典子氏はそう解説します。  健康診断の触診で首の腫れを指摘されて見つかるケースが多く、確定診断には、触診のほか、血液検査や超音波検査が用いられます。血液検査で甲状腺に対する自己抗体が陽性となり、触診で甲状腺の腫れ、または超音波検査で甲状腺の炎症が確認されると、橋本病と診断されます。 橋本病は、甲状腺機能の低下をきたす病気の1つですが、実際に甲状腺機能が低下する人は4~5割にとどまります。「橋本病と診断されても、甲状腺機能が正常範囲であれば薬を使わず、半年か1年ごとに甲状腺機能検査を受けて様子を見ていきます」(森氏)。治療を行う場合は、レボチロキシン(商品名チラーヂンほか)という飲み薬で、不足する甲状腺ホルモンを補います。


●30~50歳の女性に多く、更年期障害と間違われやすい  

橋本病の男女比は1:10~20程度と、圧倒的に女性に多く、中でも30~50歳の女性が多いのが特徴です。遺伝が関係する傾向もあります。女性に多い理由は分かっていません。「甲状腺機能が低下してくると、寒がりになる、倦怠感、肌の乾燥、便秘、太るなどの全身症状が現れます(【表1 橋本病で見られる主な症状】)。これらの症状は、更年期を境に現れるサインとよく似ており、更年期障害を疑って、橋本病の発見が遅れやすいのが問題です。ただし、多くの症状は共通しますが、橋本病でホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)を起こすことはまずないと言っていいでしょう」(森氏)。ホットフラッシュの有無が、両者を見分けるポイントの1つと言えそうです。  


橋本病に気づくには、血液検査で甲状腺機能を調べるのが一番ですが、通常、自治体などの健康診断では項目に含まれていません。「橋本病には遺伝が関与するため、母親や叔母など、近親者で甲状腺の病気になった人がいれば、30~40代のうちにオプションで検査を追加することをお勧めします。(甲状腺機能が低下すると不妊や流産をしやすくなるので)妊娠を希望する人も、早めに検査を受けてほしいと思います」と森氏は呼びかけています。 ※この記事は、甲状腺が腫れる「橋本病」、早期発見のポイントは?(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

更年期じゃないの?医師が教える「プレ更年期とは」30代・40代の女性必見

「最近、更年期障害と似たような症状を感じる、でも年齢的にはまだ早いし……」というモヤモヤとした悩みを抱えているかた、“プレ更年期”という言葉を聞いたことはありませんか? それってどんな症状で何歳くらいから始まるのでしょうか。そんな疑問に、産婦人科医の髙橋怜奈がお答えします。

プレ更年期とは…?

“プレ更年期”という呼び名は、実は医学的には存在しない言葉です。原因のわからない不調があったときに名付けられた名称で、定義が曖昧です。

いわゆる“プレ更年期”と呼ばれる症状がでがちな年齢は、30代後半から40代です。仕事をバリバリこなしているキャリアウーマンだったり、子育て真っ只中のお母さんの世代でもあります。ストレスが多く生活も不規則になりがちな中で、自律神経のバランスが崩れ、様々な症状が現れます。

(1)どんな症状?

“ほてり”や“のぼせ”、イライラするといった症状です。

(2)原因は何?

30代後半から卵巣機能が徐々に低下します。それにストレスや睡眠不足、乱れた食生活などが加わると、自律神経が乱れます。自律神経には、血圧や体温を保ったり、カラダの各器官の働きを正常にコントロールする役目があります。

これがうまく働かないと、ホルモンのバランスが崩れてしまったり、体が重い感じがしたりと、更年期のような不快症状が現れてきます。

(3)症状が現れ始める年齢は?

更年期とは、閉経をはさんだ10年くらいの期間をいい、個人差はありますが日本人の場合、閉経年齢は50歳前後なので、40代後半〜50代前半の時期を指します。プレ更年期はそれ以前の30代後半〜40代半ばの女性に起こる不調をいうことが多いです。

プレ更年期の改善&予防法

(1)プレ更年期の不快な症状を改善するには

対症療法は原因によって様々です。漢方薬や、30代であればピルの内服でよくなる可能性もあります。プレ更年期と思っていたら別の病気の可能性もあるので、よく調べた方がよいでしょう。

(2)プレ更年期を予防するには

十分な睡眠やバランスのよい食事をとり生活のリズムを整える、ストレス解消できるような趣味を見つける、などです。また、適度な運動も自律神経のバランスをととのえるために必要です。基本的なことですが朝起きて夜寝る、太陽の光を浴びるなどはうまく自律神経を整えてくれます。

病院は何科へ行けばよい?どんな治療をするの?

婦人科でも内科でもよいでしょう。

“疲れやすい”“のぼせ”などが実は甲状腺疾患の時もあれば、その他、内科疾患、精神科疾患が隠れている可能性もあります。

ですので婦人科とは決めつけずに、まずはどこかにかかってみて、相談するのでもよいでしょう。プレ更年期の症状は、どこが痛いといった症状がピンポイントであるわけではないので、除外診断が大切です。一つの病院で納得がいかなければいくつかかかってみるのもよいでしょう。

治療としては、一番は不調の原因を排除することです。ストレスや不規則な生活をしている場合には改善を。また、漢方薬やピルが効果がある場合もあります。

中には他の疾患が隠れている可能性もあるので、1年に1回は検診を受けるのはもちろん、自己判断で“プレ更年期”などと診断せずに、不調があったら気軽に医療機関を受診して下さいね。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

「私、年とったかも…」30代、40代、50代それぞれが実感する瞬間とは?回答に共感の嵐です…

年齢を重ねていくと「あれ? これまでと違う?」と、ハッとすることはありませんか? 今までこんなことなかったのに……と感じた経験は?そこで『kufura』では、「年とったかも……」と感じた瞬間を、女性500人に調査。アラサー、アラフォー、アラフィフの年代別の違いにもご注目ください!
.
【30代】アラサーの悩みとは?

「疲れがとれない」(33歳/営業・販売)

「踏み台に乗ってそのまま後ろ向きのまま軽く降りたら尻もちをついた。足の衰えを痛感した」(38歳/その他)

「仕事で重い物を持った時にギックリ腰になってしまった。今まではこんなことなかったのに」(37歳/その他)

「30歳すぎて、腰の上に肉がついた」(39歳/その他)

「32歳。目のクマがひどくなった」(35歳/その他)

「34歳から急激に油ものがだめになった」(34歳/営業・販売)

「35歳くらいに、若い頃はお酒を飲んでも次の日元気だったのに、少し飲んだだけで次の日にお酒が残る感じがあって老化を感じた」(36歳/その他)

「36歳の頃、たるみが何なのかよく分からなかったのに、鏡を見て理解できてしまった」(38歳/主婦)

「38歳の今、子どもの写真に久しぶりにたまたま写った自分を見た時の顔のたるみにびっくりした」(38歳/主婦)

20代の頃と比べて、疲れが取れにくい、これまで難なくできていたことにつまずく、お酒が残る……。段々と、あれ?と思うようなことが出始めてきているようです。

また、30代といえば、出産や子育て真っ只中という方も多いですが、出産・子育てを通してこれまでとは違うと実感したという意見も。

「出産後に体型が戻りにくい」(35歳/主婦)

「23歳で子どもを産み、2人目3人目ができた時は平気で走れて、体型も痩せていたのに、4人目を産んだ後は一気に太り、昔と比べて体型・体重が戻りにくくなりました。洋服もМサイズ、Lサイズが定番だったのに、今ではLLか3Lか4Lを着ることが増え、おしゃれよりもゆったりした服を好むようになりました」(39歳/主婦)

ライフスタイルや、気持ちの変化なども「これまでと違う」と思わせるきっかけになるのかもしれません。10代20代の頃はやる気にも満ちあふれ、それに行動力も伴っていたのが、色々な意味で落ち着きが出てきたということなのでしょう。

【40代】アラフォーになると悩みが多岐に

「肌の復活ができなくなってきた時。40歳くらい?」(42歳/主婦)

「股ずれする」(42歳/その他)

「絨毯に足をとられること」(42歳/その他)

「物忘れが激しい時。40こえて更に激しく、人や物、用事を失念」(41歳/その他)

「40歳過ぎ頃、膝の出る丈のスカートを履いて鏡を見たら、膝の上の皮がたるんでいて、とても人様に見せられるものではなかった」(48歳/その他)

「最近になって目がぼやけ始めた」(47歳/主婦)

「暑くもないのに、突然、流れる汗が出始めたとき」(48歳/その他)

「46歳。今まで順調にきていた生理が、いつくるかわからなくなった時」(46歳/主婦)

「生え際などに白髪が増えてきた」(46歳/金融関係)

「1日中出かけていると次の日使いものにならない」(45歳/総務・人事・事務)

「40を越えてから健診で再検査が増えた」(49歳/総務・人事・事務)

「アイラインがうまく引けなくなった」(48歳/主婦)

「背中に肉がついたのと、背中が乾燥してかゆい」(44歳/総務・人事・事務)

40代になると、悩みの種類が広がり多岐に渡ってくるようです。お肌や髪の毛、体型、女性ならではの悩みに到るまで、これまで気にしたこともなかったことが、現実となって現れる……という年代なのかもしれませんね。

そういう筆者も40代半ば。肌トラブルに体型の変化、白髪もちらほら……。みなさんの体験談に、わかるわかると頷くばかりです。

【50代】深刻さが増す?アラフィフになって気がついた変化とは?

「スマホの文字が読みにくくなりました」(51歳/学生・フリーター)

「自転車をこいでいて、昔は登れた坂道を登れなくなった時」(56歳/主婦)

「長年やっているテニスだが、50歳を過ぎたころから、俊敏な動きが鈍ってきたように感じる。自分では自覚はないのに今まで取れていたボールが取れない」(54歳/主婦)

「時間的には十分睡眠がとれているはずなのに、日中眠気が襲ってくる時。退屈している時ではないのにもかかわらず、です」(53歳/営業・販売)

「指輪を久しぶりにはめようとしたら入らないとき」(58歳/主婦)

「50歳になって50肩になってとても不自由な体になった。それを機に全身筋肉不足で体力がなくなった」(54歳/その他)

「膝が痛くなり水が溜まったとき」(56歳/総務・人事・事務)

「1日1年が早く過ぎること。50歳から」(58歳/主婦)

「51歳の時、入院してかなり痩せたのに、同じ体重の時のデニムが、下腹がきつくてはいらなかった」(52歳/主婦)

「写真を撮ったら思いもかけないほど老けていた」(52歳/主婦)

「5年ほど前からジャニーズやアイドルの名前を覚えられなくなってきた」(52歳/その他)

「54歳、疲れが出やすくなり常に横になりたいと思うようになった」(54歳/主婦)

「59歳の健康診断で、久しぶりに測った身長が、2cm低くなっていることが、分かった時」(59歳/主婦)

少しずつ年齢を重ねてたどり着いた50代は、30代40代よりもはやはりいろんな変化があるようです。もちろん驚くこともあるけれど、年齢を重ねることの良さにも理解ができるようにもなってくる頃なのかもしれませんね。

世代を超えて「あれ?」と思ったことTOP3

アンケート結果を見ていくと、世代を超えての共通する悩みがあることがわかりました。上位3つの悩みを見ていきましょう!

3位:「体型に関すること」(30人)

「35歳を越えた辺りから、太りやすくなった」(35歳/主婦)

「代謝が悪くなり、今までであれば食べても身につくことがあまりなかったが、すぐに体が重くなるように感じる」(37歳/その他)

「おなかが出てきた」(43歳/主婦)

「45歳になったら、簡単にお腹が凹まなくなってしまった」(46歳/総務・人事・事務)

「背中やウエストまわりに肉がつく」(51歳/主婦)

「おなかのたるみが目立つ」(50歳/その他)

「体重は変わらなくてもお腹周りに肉がついてウエストがきつくなった時」(57歳/主婦)

「体型」に関する悩みや「痩せにくい」という悩みは、30代以降の女性が多く抱えるものの一つのようです。若い頃と比べて代謝が落ちてきたり、体重は変わらずも体型が変わるということもあるのでしょう。

2位:「白髪が気になる!」(41人)

「30歳になって急に白髪が増えた」(32歳/主婦)

「白髪がどうしようもなくなった時」(38歳/その他)

「下の毛に白髪がたくさん混じるようになった。37歳」(36歳/営業・販売)

「生え際などに白髪が増えてきた」(44歳/金融関係)

「44歳を超えた頃から白髪が増えてきた」(46歳/その他)

「47歳で白髪が目立つようになった時」(47歳/その他)

白髪に関する悩みは41人が回答し、2番目に多い結果になりました。比較的、30代40代に多く見られました。やはり「出始め」が気になるのかもしれません。

1位:「しわ・しみ・たるみ…お肌に関すること」(56人)

一番多かったのは、「お肌に関する悩み」となりました。

「30歳過ぎてから鏡を見る度にシワが増え、くすみが増えた」(31歳/主婦)

「朝、顔を洗ったあと、ほうれい線に気が付いた32歳」(34歳/主婦)

「ふと鏡を見てたるんだ肌に驚いた時」(33歳/主婦)

「シミが増えてきた」(45歳/その他)

「写真を撮るたびにほうれい線が濃くなっている気がする」(41歳/その他)

「40歳の頃、ふと鏡をみたら、顔がシミだらけなことに気付いた」(49歳/公務員)

「40歳過ぎてから、顔の小じわがすごかった。ショック」(47歳/主婦)

「鏡に顔がうつった瞬間」(55歳/その他)

「50歳になった時、鏡を見てしわが増えたと感じた」(56歳/その他)

肌の変化はふとした時に気がつくことが多いようです。何気なく鏡を見たとき、顔を洗った時など、日常から感じる変化は、時に大きなショックを感じてしまうのかもしれません。お子さんがいる方は、お子さんの肌感と比べて……ということもあるかもしれませんね。

また、体の変化よりも、様々な変化から年齢を感じるという意見も出ています。

「37歳になった最近のこと。歌番組で、自分が好きな平成前半の曲が『懐かしの名曲』として紹介されていた時」(37歳/営業・販売)

「43歳。女子高生の話す単語がわからない」(43歳/営業・販売)

「47歳の頃、回転寿司に行き、毎日握り寿司でいいかも、と思ったとき。食べ物の好みが変わったことに気づいた」(48歳/その他)
.
いかがでしたか? アラサー・アラフォー・アラフィフと年代別に変わる悩み、また共通して感じる悩みなど、年齢に関する変化は悩み深いものと言えるかもしれません。でも、自分だけじゃない!と思うことで、ちょっとホッとすることもありそうですね。

これから進んでいく人生の中で一番若いのは、間違いなく「今日」。毎日を前向きに楽しく充実させることが、これからの人生をよりハッピーにさせていくはずです!


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

女性の50代後半から60代は「老年期」への移行期。体だけではなくメンタルも要注意!

「50代後半から60代はポスト更年期から老年期への移行期です。症状が一段落しても、安心せずに。行うべきことはたくさんあります」と話すのは、美容家・オーガニックスペシャリストの吉川千明さん(60歳)。さまざまな更年期の不調にみまわれ、向き合ってきた彼女の体験談は、これから更年期を迎える女性にとってもおおいに参考になるはずだ。

30代後半からすでに、仕事の重圧と多忙さからプレ更年期の症状に悩まされてきた吉川さん。そして「45歳からの本番更年期でも、あらゆる不調を体験しました。更年期症状はさまざまですが、私の場合、なぜか最も一般的なホットフラッシュだけはなく、それ以外のすべてを体験した感じ(笑)」

ひどい肩コリ、冷え、動悸、不眠、肌あれ、喉やデリケートゾーンの乾燥、頻尿、尿もれ、中耳炎…。しかし、そんな体の不調だけではなく“心の不調”もつらかったという。

「メンタルにきたのには参りました。会社では経営者としてしっかりした人間を演じ、家では夫婦間に亀裂が入っていました。その後、離婚をするのですが、そのことでまた自分を責めて、このままでは本格的なうつになると思いました。体はますます冷え、頻尿や尿もれにも悩まされました」

心理テストを受けたところ、やはり過度なストレス状態。これらを解消するために、リラックスする漢方薬を飲んだり、ヨガなどの運動療法、アロマテラピー、そして初めてカウンセリングも受けたそう。

「特に離婚前後、プロのカウンセラーに話を聞いてもらうことで、混乱した思考がずいぶん整理され、心が軽くなりました。もっと自分の心を大切にしなければ…と思いましたね」

そして大きな救いになったのが、HRT(ホルモン補充療法)だったという。
「更年期は、卵巣から卵がなくなり、女性ホルモンが低下した体の状況に、脳が混乱している状態。そこに女性ホルモンを少しだけ補ってあげることで、脳が納得して、心身の調子がすごくよくなりました。試しに一度やめてみたことがあるのですが、とたんに気持ちが暗くなりました。女性ホルモン、恐るべしです(笑)」


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

見えにくい、まっすぐ歩けない、手がしびれる…女性に多い難病「多発性硬化症」 専門医を受診、再発予防を

 神経を覆う鞘(さや)が傷ついて起きる難病「多発性硬化症」。ものが見えにくい、まっすぐ歩けない、手がしびれる、物忘れが多い――など症状はそれぞれ異なるが、国内で患者が増えている病気だ。再発を繰り返して症状が重くなることがあり、専門医の受診と治療が欠かせない。(矢沢寛茂)

神経が所々でむき出しに

 全身の神経は、電気信号を伝える神経細胞が多数つながってできている。この細胞の長く延びている部分は、情報伝達をスムーズにするための「髄鞘(ずいしょう)」と呼ばれる絶縁体で覆われている。電線を保護するビニール膜のような役割がある。 中枢神経の脳や視神経、脊髄の髄鞘が破れ、神経が所々でむき出しになると、信号が正常に伝わらなくなる。こうして様々な症状が表れるのが多発性硬化症だ。

 この病気は、中枢神経の至る所に異常が生じる。脳がダメージを受けると、記憶力や判断力などが低下し、視神経が傷めば、物の見え方に異常をきたす。脊髄の場合は手足がしびれたり、排せつをするのが困難になったりする。また、症状が何度も表れたり消失したりするのも、この病気の特徴だ。症状が治まるたびに患部が徐々に硬くなり、本来のしなやかさが取り戻せなくなる。

国内 7~8割女性

 なぜ発病するのか、明確な原因は分かっていない。細菌やウイルスなどと戦って体を守る免疫が、中枢神経の髄鞘を誤って攻撃するという説が有力だ。

 この病気は高緯度の北欧などに暮らす白人に多く、日本ではまれな病気だったが、近年は増加傾向にある。現在の国内患者数は1万人を超すと推定されており、女性が7~8割を占める。発症は20~30歳代が多いが、子どもがかかることもある。遺伝はしないが、白血球の型や体質で発症しやすさに違いがあるとされる。

 多発性硬化症の疑いがあれば、まず磁気共鳴画像装置(MRI)で脳や脊髄の状態を調べる。その後、脳や脊髄を浸す脳脊髄液を採り、炎症の有無を検査する。 発症時には、免疫反応を抑える「ステロイド」を大量に点滴し、炎症を鎮める治療が一般的だ。十分な効果がなければ、人工透析の装置で血液中の炎症成分を取り除く「血漿(けっしょう)交換」を行うこともある。

 再発予防には、症状や生活スタイルに合わせて、自己注射と内服薬、点滴を選択する。

過労やストレス回避

 現状では根治は難しく、再発や進行度も予測できない。このため、症状が治まっている間の日常の過ごし方が重要となる。例えば、体温が上がると、体調を崩すことがある。暑い場所で過ごしたり、お風呂やサウナに入ったりする際は注意したい。また、感染症は再発の引き金になる可能性があり、予防を心がける。禁煙も重要だ。

 ただ、日常生活についてあまり神経質になる必要はない。過労やストレスを避ける。適度な運動は、体力維持だけでなく気分転換にもなる。  近畿大教授(脳神経内科)の楠(くすのき)進さんは「多発性硬化症を根本的に治すのは難しいが、近年は再発予防薬が増え、安定した状態を長く保てるようになった。思い当たる点があれば、早めに脳神経内科の専門医を受診してほしい」と話す。


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

「人類史上異常」に月経回数が増えて…女性の不調に思春期から備えるべき理由

更年期障害の対症療法としてはホルモン補充と漢方がメジャーだ。女性の場合、思春期から低用量ピルを使って、ホルモンとうまく付き合っていく方法もある。 AERA 2019年12月9日号から。

 ドコモ・ヘルスケアが昨年、45~55歳の「更年期世代」と35~44歳の更年期より若い世代向けに実施したアンケートでは、自覚症状があり、女性更年期障害簡易チェックで51点以上、つまり「受診の必要あり」となった人は4割。だが「気にはなるけど、病気じゃないし」「婦人科はおっくう」と受診をためらう人が多いようで、実際の受診率は更年期世代でも2割に満たない。

 でも、つらい症状があるなら、我慢せず「更年期外来」のある婦人科医を訪ねよう。受診すると医師は、詳しい問診と種々の検査で、更年期障害なのか、更年期障害とよく似た症状を見せる甲状腺疾患や精神疾患など他の疾患なのかを評価する。

 更年期障害と診断された場合、有力な選択肢の一つとなるのがホルモン補充療法(HRT)。のぼせ、発汗などの症状はエストロゲンの低下が直接関連しているので、エストロゲンを補う治療は非常に有効だ。

 腕や太ももに塗るジェルやおなかに貼るパッチ剤、あるいは内服薬の3種類がある。子宮がある女性の場合、エストロゲンだけでは子宮体がんのリスクを上げてしまうため、プロゲステロンを必ず併用する。子宮を摘出した女性にはエストロゲンのみを使う。

 心配する人が多い乳がんのリスクについては、2016年に七つの国際学会がまとめた「HRTに関する国際的コンセンサス」はこう明記している。

「1千人の女性に1年間HRTを行っても、乳がんになるのは1人未満。生活習慣や肥満、アルコール摂取などの一般的な要因によるリスクの上昇と同等かそれ以下だ」

 ただ、年に1度は乳がんや子宮がんの検診を受け、異常がないかチェックすることは必要だ。

「もちづき女性クリニック」理事長で、獨協医科大学医学部産科婦人科特任教授の望月善子医師は、「HRTは高脂血症や骨粗しょう症の予防、皮膚のコラーゲン量の維持などにも効果がある」と話す。ホットフラッシュなどは早ければ1、2週間で改善することもあり、8割の患者が2カ月で軽減したとの報告もある。

愛知医科大学産婦人科の若槻明彦教授によると、HRTは大腸がんや、胃がん、食道がんなどのリスクを低下させる効果も報告されているという。更年期以降の健康維持のためにも治療の有力な選択肢と言えるだろう。

 30代でまだ更年期ではないが、更年期同様の症状が見られる人もいる。例えば、「冷えのぼせ」がつらいという検査技師の女性(32)の場合、症状が出始めたのは30歳から。冷房が利いた部屋でも首から上は汗が噴き出す一方、手足は氷のように冷たい。検査のために患者さんに触れる時は、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

 イライラもひどくなり、以前なら同僚の気が利かなくても「私がやればいいや」とおおらかでいられたのに、最近は「ちぇっ」と舌打ちしながらこれ見よがしにやってしまうことも。

 この女性は医師からピルの服用を勧められた。ピルはHRTと同じホルモン剤。経口避妊薬として知られるが、実は更年期と似た症状の改善にも有効だ。ただ女性は以前、月経不順で処方されたピルで強い吐き気に襲われた経験があり、今回、服用には二の足を踏んでいる。そうしたケースについて、「よしの女性診療所」の吉野一枝医師はこうアドバイスする。

「胃薬や吐き気止め、漢方などと併用するとか、半錠から始める方法もあります。ピルを使い慣れて微調整ができる医師に相談してみてください」

 更年期障害には漢方療法もある。主に使われる「婦人科3大漢方薬」による治療は、「HRTと効果について有意な差はない」という報告も。西洋医学では治療法がないような慢性的な痛みやイライラといった症状に効果的とされる。

 前出の望月医師は、「多彩な症状を呈する更年期障害に漢方が効くケースは多い」と話す。特に「イライラして腰も痛い」というように、心身の複数の症状が同時に出るケースには有効だという。

 3大漢方薬の使いわけは、東京都千代田区の若草漢方薬局の店主で管理薬剤師の吉田淳子さんによると、

「仕事が多くて頭痛や冷えがあるという症状なら、加味逍遥散(かみしょうようさん)。ストレスが原因の症状に効く他、幅広い人に使える」

 一方、むくみが出て、梅雨時季にウツウツするという人には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)。のぼせたり、青あざや静脈瘤ができやすいタイプなら、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)。子宮に血がたまるのを改善させるため、子宮筋腫の人に使うこともある。

 ここまで紹介したHRTや漢方はすでに出ている症状への対症療法だが、女性はホルモンバランスの変動とのつきあいが思春期から始まる。吉野医師は、「特に女性医療は予防が大切。月経が始まったら低用量ピルを服用することも是非考えてほしい」と話す。

 中高生から?と思うかもしれないが、同医師によると妊娠・出産の予定もないのに排卵と月経を繰り返すことは、卵巣に大きな負担をかける。そもそも現代の女性は、子どもを10人近く産んでいたころの女性に比べて、生涯に経験する排卵・月経は9~10倍に増えているという。

「人類史上では異常事態です」(吉野医師)

 排卵・月経回数の増加は、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣がん、子宮体がんが増える原因にもなっているという。

 低用量ピルを服用すると、薬の作用で2種類の女性ホルモンが低めの安定した状態をキープするので、卵巣は起きずに眠った状態になる。薬を休むと出血するが、量は少なく、通常の月経より期間も短い。月経痛、貧血からも解放され、ホルモンが安定することで生理前と後で体調や気分も一定でいられるようになる。月経周期を自分でコントロールできるようになるため、受験やスポーツの大事な大会などに差し障ることもなくなる。吉野医師は言う。

「女性ホルモンは男性ホルモンに比べて変動が大きく、それによって起こる健康問題も深刻です。思春期からうまくホルモンバランスを調整する術を持っておくことは、その先の長い人生を健やかに生きるためにも、とても大事なこと。娘さんがいる女性は是非、母娘で一度婦人科に相談してみてください」

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理のつらさは我慢するのではなく、治療すべきもの

女性に毎月訪れる生理。ナプキンを頻繁に交換したり、服の汚れに気を付けなければいけなかったりという煩わしさに加えて、おなかの痛みや経血量の多さに苦しんでいる女性も多くいます。では、生理がつらいときはひたすら我慢するしかないのでしょうか? 産婦人科医の高橋怜奈さんに、生理がつらいときの対処法について聞きました。

●「生理がつらい」 婦人科を受診してOK

 「生理痛がつらいときは、その原因を調べることが第一です」という高橋さん。生理痛は、経血が排出され子宮頸(けい)部を通るときや、経血を押し出すために子宮が伸縮するときに起こるため、ある程度の痛みやおなかが張る感じは誰にでもあるのだそう。「ただ、痛くて歩けない、仕事ができないなど日常生活に差し障りのある痛みは、病気が原因かもしれません。痛くてつらい人は、すぐに婦人科を受診して検査してもらうべきです」

 生理期間中ではないのに出血が続いたり、生理の痛みが重かったりするケースでは、子宮がんなどの深刻な病気が進んでいることもあると高橋さん。エコー検査で異常が見つかることもありますが、中には、検査では分からない子宮内膜症が生理痛を引き起こしていることもあるそうです。

 子宮内膜症は、子宮内膜と似た成分が卵巣や子宮の外側の壁などにできてトラブルを起こす病気。他の臓器と子宮の癒着や、卵管通過障害につながり、重い痛みや不妊の原因になることも。おなかに開けた管から体内を見る腹腔(ふくくう)鏡や開腹手術をしなければ見つからないケースもあるため、気づかずに子宮内膜症になっている女性も、かなりの数、存在するだろうと高橋さんは言います。

 「エコーで異常が見つからないので問題なしと見過ごされてしまうケースもあり、危険です。生理痛や、排便時や性交中の痛みがあるときは医師とよく話し合い、自覚症状から子宮内膜症の疑いがあると判断して、すぐに治療を開始すべきだと思います」と高橋さんは言います。

 婦人科にかかるときは、「生理痛がひどい」「出血量が多い」という相談をすればOK。受診する本人が気にならなければ、生理中でも検査は受けられるそうです。子宮頸がん検査をするときは経血によって精度が下がることもあるので、生理期間中は避けるほうが望ましいそうですが、不正出血が続いて受診をためらっているうちに、病気が進むことも。出血があるときでも、思い立ったらすぐに受診をしてほしいと、高橋さんは強調します。


月経困難症は病気です! ピルの健康保険適用も

 では、婦人科で生理が重いことを医師に相談したら、どのような治療を受けられるのでしょうか。「検診で明らかな異常や病気が見つかれば治療を行います。そうでなければ、10代から30代の女性で特定の病気などの禁忌がない人には、低用量ピルの服用を勧めます」

 生理の出血は、毎月の排卵後に子宮内膜が厚くなり、卵子が着床しなかった子宮内膜が剥がれ落ちることで起こります。その際に、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが出て、経血を外に出すための子宮収縮を促すことが主な痛みの原因です。低用量ピルは、子宮内膜を薄くすることでこのプロスタグランジンの排出を抑制。また、子宮内膜が薄くなることで子宮頸部を通る経血の量が減り、生理痛が緩和されるそうです。

 「生理痛が重くて私生活に支障をきたしたり、仕事のパフォーマンスに影響が及んだりしたら、それは月経困難症という病気です」と高橋さん。月経困難症と診断されると保険が利くため、ピルの種類によっては健康保険内で処方してもらえるそうです。

 「ピルは子宮内膜を薄くするので、子宮内膜症の発症や悪化も防げます。今は、昔より女性の出産回数が減り生理の回数が多くなったため、子宮内膜症にかかる人や、子宮内膜症が原因のがんも増えています。ピルを飲める人は、痛みがあってもなくても、生理のコントロールや病気の予防のために服用することを勧めます」
.

ピルと鎮痛剤の効果的な活用法

 高橋さんは、生理中におなかが痛くても、鎮痛剤を飲まないで我慢している女性が多いと指摘します。「私が勤務している大学病院では、生理痛で救急車に乗って運ばれてきたけれども、痛み止めの座薬を入れたらよくなって歩いて帰るというケースが多々あります。薬を飲めば対処できるのに服薬していない女性が多いんです。生理痛で鎮痛剤を飲むのは、月に多くても1週間ほど。一時的に頓用で使用する分には悪影響はありません。むしろ生理痛で日常が妨げられるほうがよっぽど悪影響です。鎮痛剤は痛いときはためらわず使ってほしいと思いますね」

 飲み方のコツは、痛くなる前に飲み始めることだそう。痛みがピークのときに飲んでもすぐ効くわけではないため、生理が始まって、1日目、2日目と痛くなってくると分かったタイミングで、朝昼晩と時間を決めて飲んでおけば体がぐっと楽になるはずと高橋さんは言います。

 一方で、「痛み止めを飲まなければいけないほどの生理痛は異常だという認識も持っていてほしい」と高橋さん。「生理休暇というものがありますが、私は、ひどい生理痛があることを前提にした制度は問題だと思います。出勤できないほどの痛みは異常です。仕事を休んで耐えるのではなく、すぐに受診しなければいけない状況だという意識を、企業側も本人も持つべきです」

 さらに、高橋さんはこう言います。「現在の日本社会や女性の間には、ピルは生理痛や生理不順を整えるという意味で『マイナスの状態をゼロにするもの』という印象が根付いていますが、ピルは自分で生理をコントロールしたりするなど、むしろ生活を快適にする、『ゼロの状態をプラスにするもの』と考えてほしい。体がつらいからピルを服用するという考え方ももちろん大事ですが、生活の質をより向上させるパートナーとしても使ってほしいです」。正しい知識を身につけて、ぜひ積極的に生理に対処したいですね。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

更年期|女性ホルモンが体にもたらす影響を知ろう

エストロゲンとプロゲステロンの違いを説明できますか

これから更年期を迎える人もまっただ中の人も、今までとは違う心と体の変化に戸惑っていることでしょう。なぜ更年期障害につながるような不調や症状が引き起こされるのか、女性ホルモンの基本的なメカニズムを知り、備えましょう。

更年期|女性ホルモンが体にもたらす影響を知ろう

女性を支える2つの女性ホルモン

私たちの体には約100種類以上のホルモンが存在し、全身のさまざまな機能をコントロールしています。女性ホルモンもその一つで、数あるホルモンのなかでも「命を守るホルモン」と呼ばれるほど重要な存在です。というのも、女性の体には命を育み、出産するという役割があるからです。妊娠・出産はときに命の危険もあるほど、非常に大きな負担がかかります。そこで、女性の体を守るために女性ホルモンが働いているのです。

女性ホルモンに守られているのは、子宮や卵巣、乳房など妊娠・出産にかかわる臓器だけではありません。脳や心臓、血管、骨、皮膚など、あらゆる臓器が女性ホルモンに守られています。女性ホルモンが十分に分泌されている間は、男性よりも心臓発作や脳卒中を起こす危険が少ないのはこのためです。このように女性の体を守ってくれる女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があります。
.
更年期に影響するのはエストロゲンの分泌量

エストロゲンとプロゲステロンはどちらも卵巣から分泌されており、基本的には妊娠を助ける働きがあります。 女性は思春期になると初経を迎え、月経が始まるようになりますが、この月経の周期をつくっているがエストロゲンとプロゲステロンです。エストロゲンは卵巣内の卵胞から分泌され、子宮内膜を厚くして妊娠に備えるほか、脳や血管、臓器、皮膚など全身に作用します。楽しく、明るい気分にさせるのもこのホルモンの特徴です。

一方、プロゲステロンは排卵後の黄体(排卵後の卵胞が変化したもの)から分泌され、子宮内膜をやわらかくして妊娠しやすい状態に整える働きがあります。そして、妊娠しなかった場合は子宮内膜を剝がして月経を起こさせます。月経前に、敏感で内向的な、やや沈んだ気分になったり、体調が乱れたりするのはプロゲステロンの影響です。このエストロゲンとプロゲステロンが生涯ずっと順調に分泌されれば、更年期障害が起こる心配もないのですが、だいたい40歳前後になると、この2つの女性ホルモンの分泌が徐々に減少します。まずプロゲステロンの分泌が悪くなり、次にエストロゲンが減少します。更年期の症状には、エストロゲンの減少が深く影響しています。

エストロゲンの減少の原因は、卵巣の働きの低下

では、なぜ、エストロゲンの分泌が減ってしまうのでしょう?
その理由は、女性が生まれたときから卵巣内にもっている卵胞(原始卵胞)の数がしだいに減ってくるため。卵胞は、卵子の元になる細胞です。女性は生まれたときには卵巣内に約200万個もの卵胞を蓄えています。しかし、思春期ごろまでには10分の1から40分の1の量に自然に減る上に、月経が起こるたびほぼ300個もの卵胞が消滅していきます。男性の場合、精子は生涯つくられますが、女性は違います。生まれつき卵巣内にもっている卵胞の数は、減ることはあっても増えることはありません。

そして排卵をしなくなると、プロゲステロンも出なくなります。しかも現代の女性は、昔と比べて出産する子どもの数が少なく、生涯の月経回数が約10倍と非常に多くなっています。つまり、そのぶんだけ卵巣も酷使されているということです。そして40歳前後のいわゆる「プレ更年期」が始まるころになると、卵胞は約1万個を下回るまでに減少しています。さらに年齢を重ねると、1000個を割るころには閉経になると言われています。このようにエストロゲンを分泌する卵胞そのものが減るわけですから、当然エストロゲンの分泌量は激減します。これが更年期のさまざまな不調や症状の元になるのです。


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理に関係する病気のリスクを軽減 見直されるピル服用

 戦前に比べると初経の平均年齢が下がり、平均出産回数も減っている現代の女性。その結果、閉経までの生理の回数は増加傾向にある。しかし、生理の回数が多くなるほど、卵巣がんのリスクが高まると言われ、さらに乳がんや子宮体がんといった病気もまた生理の回数が関係していると指摘されている。

 つまり、生理が引き起こす病気のリスクと向き合わなければならない女性たちだが、うまく生理とつきあうために今、服用を見直されているのが、ピルだ。

 ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンが入った薬のことで、超低用量のものから低用量、中用量とさまざまな種類がある。

 もともとは避妊薬として使われてきたピルだが、のみ続けることによって、病気のリスクを下げることもできるという。赤羽駅前女性クリニック院長の深沢瞳子さんはこう説明する。

「ピルを服用すると、エストロゲンの値を一定に保つことができるので、排卵による爆発的なエストロゲンの増加によって引き起こされる子宮内膜症や子宮体がんのリスクを引き下げるという報告もあります」

 東峯婦人クリニックの松峯美貴さんもがんのリスクについて言及する。

「ピルによって排卵が止まるため、妊娠を望まない時期に卵巣の細胞を傷つけることがなくなる。細胞が傷つかなければ、細胞の修復時にがん化する確率が減るので、卵巣がんの発症リスクを下げることもできます」

 ピル服用のメリットは、こうした病気を防ぐことだけではない。快適な生活を送ることができるという利点もある。

「生理痛を和らげたり、月経血の量を減らしたりすることが可能ですし、生理の期間も短くなります。何より月経不順を改善できるため『生理がいつ来るかわからない』という煩わしさから解放されます」(深沢さん)

 さらに、毎月生理の症状が重くてつらい人も、ピルで症状を緩和できる。医療ジャーナリストの増田美加さんはこう話す。

「低用量ピルは、日常生活に支障が出るほどひどい生理痛をともなうような月経困難症の保険適用の治療薬としても使われています。月経前症候群と呼ばれるPMSも改善されることが多く、低用量ピルを使うことで生活の質は向上します」

 PMSとは、月経の数日前に続く精神的あるいは身体的な症状のこと。いつもは気にならないようなことにイラつくといった情緒不安、眠気、のぼせ、倦怠感ほか、症状は多岐にわたり、生理が始まるとその症状は軽くなる、もしくはなくなる。

 こうしたPMSのほか、生理に関連する症状にはさまざまなものがあるが、日本医療政策機構「働く女性の健康増進に関する調査結果」では、婦人科系疾患を抱えて働く女性の総労働損失は、4.95兆円と試算されている。

 また、海外のデータでは、生理痛が重い(月経困難症の)人と、軽い人を比べると、生理痛が軽い人の方が学業の成績がよかったという報告もあると深沢さんは言う。

「就職に関しては、生理痛が重い人は軽い人に比べ1.8倍、希望先に就職できていない。生理痛やPMSがある場合、体調がよくてベストパフォーマンスを出せる時期は、月経後の1週間しかありません。でもピルをのんでいれば、常に同じくらいのパフォーマンスを出せるのです」

 生理のつらさから解放され、子宮や卵巣を疲弊させない方法は、ピルをのむか、妊娠・授乳かのどちらかしかない。昔と違って女性の役割も変わってきている今、親世代は子供の体を守るためにも、ピルという選択肢を知っておくことが大切だ。

昔は親の側に知識がなく、ピルをのみたいと相談したら「あんな怖いものをのむなんて」と反対されたものだが、偏見は少しずつ取り払われている。

 もちろん薬であるピルには、デメリットもある。なかでも血栓症のリスクを高めることが指摘されている。松峯さんは血栓症のリスクについて次のように解説する。

「ピルの成分であるプロゲステロンによって血液が凝固しやすく、場合によっては血栓症が引き起こされることもあり注意が必要です。ですが妊娠した場合、プロゲステロンの血中量は、ピルをのんでいる人の100倍にもはね上がるのです。すなわち自然妊娠でも血栓症のリスクは相当高いのです」

 また、ピルをのむ人は血栓症の心配がないか、定期的に血液検査を受けることになっている。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

アラサー世代女性が“婦人科に行くべき”大事な7つのこと

妊娠前でも、結婚前でも!【婦人科に行っておく】を忘れずに

結婚が決まってからでは遅い! 転ばぬ先のチェック
ブライダルチェックは結婚後すぐに妊娠したい人だけがするものと思っていませんか?? それは大きな誤解です。今回は将来的に妊娠したい人も、そして、まだ結婚が決まっていない人も知っておくべき、“プレコンセプションケア=妊娠前ケア”について紹介します!

お話を伺ったのは|対馬ルリ子先生

産婦人科医・医学博士。対馬ルリ子 女性ライフクリニック銀座院長。周産期学、ウィミンズヘルスを専門とし、産婦人科に加え、内科や乳腺外科などと連携して行う総合女性医療を提唱。著書も多数!

20歳をすぎたら、まずは2年に1回は婦人科検診を!

日本では、結婚が決まってから初めて産婦人科に行くという人も多く、トラブルさえなければ妊娠するまで一度も行ったことがないという人も少なくないのが現実。「今、日本の産婦人科学会などでも話題になっているのが、プレコンセプションケア=妊娠前ケア。皆さん、結婚が決まってから必要と思われるかもしれませんが、15歳からかかりつけの産婦人科医がいて健康相談&検診を行うフランスや、学校でピルの処方をするというイギリスをはじめ、先進国の間では10代からの婦人科的なケアが当たり前で、日本はとても後進国なんです。今のカラダのことだけではなく、将来の人生を見据え、仕事のキャリアアップや、妊娠、出産、育児と仕事の両立などを考えたうえで、妊娠したいと思ったタイミングにスムーズにできるように準備をしておくことが大切です」と対馬ルリ子先生。

そのうえで、アラサー世代は今すぐプレコンセプションケアを始めるべき、とも。「20歳をすぎたら、まずは2年に1回は婦人科検診を。そのほか、貧血や甲状腺の病気、膠原(こうげん)病、性感染症などのチェックや、栄養状態を見直しておくことが大切です」。対馬先生のクリニックでは、それらがまるっとできる「プレママドック」をラインナップ。今、同じようなことが健診センターでもできるようになりつつあるけど、近くにはない、メニューが充実していないというなら、下記を参考に婦人科や内科などをハシゴしてチェックしておくのも、オススメです。

《DATA》対馬ルリ子 女性ライフクリニック銀座「プレママドック」(¥91000)予約制
子宮頸がん検診をはじめ、性感染症のチェック、超音波などによる子宮や卵巣、乳腺のチェック、血液を調べての甲状腺機能やホルモン、心臓や腎臓の状態チェック、膠原病やリウマチの有無など妊娠や出産にかかわる全項目をチェック。

例えば、こんなことを調べておくと安心!

□感染症や女性ならではの病気はないか
子宮頸がんや乳がんのほか、月経血が子宮内に逆流して癒着し、ひどくなると様々な不調を起こし、卵管を詰まらせて体外受精が必要になる子宮内膜症や、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの有無、ハート形や2つあるなどの子宮の奇形はあらかじめ確認しておく必要あり。またクラミジアやトキソプラズマは感染していると流産しやすかったり、肝炎などは赤ちゃんに感染するリスクも。

【対馬先生コメント】
結婚に関係なく、このチェックは毎年しましょうね。
.
□妊娠が継続しにくい要素はないか
妊娠すると、とくに心臓や腎臓に大きな負担がかかるため、ここの機能に問題があると妊娠は難しくなることが多い。また、リウマチや膠原病などの自己免疫疾患があると流産を繰り返したり、20~30代の女性に多い甲状腺の病気、バセドウ病があると流産、早産のリスクが高くなり、母体の命の危険も。そのほか、血小板の数が少ないと出産時に輸血を考える必要がある、などが明らかに。

【対馬先生コメント】
治療できるものも多いんです。だから、まずは知ることが大事!
.
□妊娠前に受けておくべき予防接種はないか
妊娠中(とくに妊娠初期)に風疹にかかると、胎児も感染し、耳や目、心臓などに障害を及ぼす可能性が。また、麻疹にかかると重症化しやすく、流産、早産、死産の頻度が上昇。今までかかったことも予防接種を受けたこともない人はもちろん、「子供の頃にかかった」「予防接種を受けた」と思っていても抗体が得られていないケースもあるのできちんと確認し、必要に応じて予防接種を。

【対馬先生コメント】
風疹などは妊娠中にかかると胎児にも影響が出ます!

【すぐ産みたい人】も【今はまだ産まない人】もみんなにとって大事な7つのこと

その1:まずは3週間。 自分の体を知る一歩を
「生理があると油断しがちですが、生理があっても排卵していない場合もあります。それをセルフでチェックできるのが基礎体温表。妊娠をまだ考えていなくても、たまの出血が排卵によるものだったり、イライラしがちなのが生理前に起こるPMSの症状かも、というのがわかるうえ、基礎体温表をつけて受診すれば、ドクターとのコミュニケーションもスムーズ。今はアプリと連動型のタイプもあり、簡単。自分の体調管理もできて面白いので、ぜひ!」

平均10秒で5分後の体温を予測できるので、忙しい朝でも大丈夫。スピーディに検温でき、そのままくわえ続ければ実測検温も可能。さらにBluetooth通信やNFC通信の機能を搭載しているのでデータをスマホに簡単に転送でき、アプリ「カラダのキモチ」や「WM(わたしムーヴ)」にも対応。グラフでの確認やデータ管理も楽々。

その2:気軽に相談できる場所を見つけましょう
予約なしで行ける 「ドロップイン」クリニックも
産婦人科というと予約をきちんととる必要があったり、待ち時間が長いイメージがあるけど、「もっと女性が妊娠や避妊をプランニング&コントロールできるようサポートしたくて新宿伊勢丹の中に開業しました」という対馬先生のところをはじめ、予約なしでも気軽に立ち寄れるクリニックもあり。貧血の原因として子宮筋腫や子宮内膜症が隠れていたということも多いので、気になったら迷わずGO!

《DATA》対馬ルリ子 女性ライフクリニック 新宿クリニック
リング選びのついでに立ち寄れる伊勢丹内クリニック。問診をメインとし、月経トラブルや、ピルや緊急避妊薬の処方のほか、貧血やダイエットの相談もOK。
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 B2F 休み:月(月曜が祝日の場合は翌日)

その3:パートナーと産む時期を話し合うこと
海外では10代の頃からカップルで避妊方法を選んだり、性感染症のチェックをするのが当たり前。男性もひとりで赤ちゃんの面倒が見れるようにトレーニングするというけど日本ではまだまだ。「結婚や子供をつくることを決めたら、ブライダルチェックや健診に一緒に行ったり、女性の体について学ぶセミナーを一緒に受講するのがオススメ。また、いつ子供が欲しいのか、そのためには何を準備しておくかを話し合っておくといいですね」

その4:遅く産む予定ならそれなりの準備が必要
他の先進国ではきちんとライフプランを立てて、プレコンセプションケアをし続けるのが常識。学業や仕事で今はまだ、でもいずれは子供がほしいという場合は、ホルモンキープも視野に入れて定期的に婦人科を訪れ、ピルの処方を受けるそう。そして、自分でタイミングを決めて出産。さすが! と思うけど、これは私たちにもあてはまること。キャリアアップもしたいし、夫とのふたりだけの時間も大切にしたいなどの理由で妊娠をまだ先と考えているなら、前もって産婦人科で相談をするのがベター。

その5:正しい避妊を覚えましょう
“コンドームは避妊具ではない”というのを知っていますか? 「コンドームの目的は性感染予防がメイン。きちんと装着していても年間約15%も避妊に失敗するのが実情で、世界的には避妊といえば、ピルの内服か、皮膚に埋め込むインプラント、3ヵ月に1回注射するインジェクションが主流。確実性が高く、失敗率は1%以下なので、今すぐの妊娠を望まないなら、コンドームに頼らず、ピルなどの検討を!」

その6:自己流ダイエットは不妊のもと
「アラサー世代はダイエットなどの影響もあり、栄養状態が悪い人がとても多く、急激に体脂肪が減ることで、脳が飢餓状態と判断して排卵がストップしているケースも。疲れやすくなるうえ、骨や筋肉も弱りやすい状態に」と対馬先生は指摘。また、葉酸や鉄分、カルシウムなどは妊娠中だけではなく、妊娠の4ヵ月前からとっておく必要あり。つまり、栄養面もきちんと整えておくことがセルフでできる妊娠前ケアと心得て!

その7:妊娠はトライしてみないとわからない!
「妊娠を目指して1年で約80~85%、2年目で90%が妊娠。つまり2年目まで待っても5%しか妊娠率は上がらないから、1年間トライして妊娠しなかったら不妊治療に切り替えるほうが◎」もちろん、妊娠しやすいか、妊娠が継続できるカラダかは、ブライダルチェックでわかるけど、「実際に妊娠できるかどうかや、いつ妊娠するかは、やってみないとわからない」と対馬先生。だからこそ、いつ妊娠してもいいように準備をしておくのが正解!
.
\パートナーと同じくらい自分の体も大切に/

妊娠、出産のみならず、避妊の心配やときには中絶も含め、今の日本ではすべて女性が背負い、自分だけのことと捉えがち。もちろん男性側の理解と協力が必要であり、まだまだ難しい面はあるかもしれないけど、ふたりが望むタイミングで子供を産めるようにすることは、あなただけではなく、産まれてくる子供、そして生涯のパートナーとなる彼のためにも、大切なこと。ぜひふたりで妊娠前ケアに取り組み、幸せな家庭をつくってほしい、そうwithは願っています。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

閉経したら女性のからだにはどんな変化が起こる?

人生100年時代、女性はその半分の50年近くを月経のない=女性ホルモンが出ない状態で生きていくことに。だからこそ知っておきたい、閉経後に起こること。閉経後に起こりやすい9つの症状について、「東峯婦人クリニック」院長の松峯寿美さんに詳しく解説してもらった。今回は前編として、そのうちの4つをご紹介する。

◆起こること01/不正出血
「月経周期が不規則になるのは、卵巣の機能が低下してきたサインです。月経量の増減のほか、不正出血が起こる人も。そして月経が止まり、1年以上が過ぎると閉経と診断されます。閉経前後の不正出血には子宮や卵巣の病気が隠れていることもあるので、念のため婦人科で検査を受けましょう」

◆起こること02/乾燥
「エストロゲンが減少するとコラーゲンが産生されなくなり、皮膚や粘膜の潤いや弾力を保つ機能が衰え、乾燥しやすくなります。その結果、皮膚、目、口の中、腟や外陰部など、体のさまざまな場所が乾燥。かゆみが出たり、傷つきやすい状態になったりします。まれに自己免疫疾患のシェーグレン症候群である場合もあるため、症状がひどい場合はリウマチ膠原病 (こうげんびょう)内科で診察を」

◆起こること03/血管運動神経症状
「閉経が近づくとエストロゲンの分泌量が増減して自律神経の働きが乱れ、ほてりやのぼせ、多汗、動悸などの血管運動神経症状が出やすくなります。代表的なものに、暑くもないのに顔や胸、背中など、上半身がカーッと熱くなり、汗が噴き出すホットフラッシュがあります。また下腹部だけが冷たくなったり、血管が収縮することで血行が悪くなり、体が冷えやすくなる人もいます」

◆起こること04/肩・腰・関節の痛み
「エストロゲンには、コラーゲンを増やして関節の動きを滑らかにする潤滑油のような働きがあります。よって閉経して女性ホルモンの分泌が止まると、手足の関節の動きが悪くなったり、肩や腰に痛みが出たりすることも。また、エストロゲンには免疫を安定させる働きもあるため、閉経後は自己免疫疾患であるリウマチの発症リスクがアップします。気になる人は血液検査を受けましょう」

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

便座やタオルを介してうつることも! 女性は特にキケンな性感染症、原因と対策

近年、増え続ける梅毒、性器ヘルペス……若者だけでなく、ミドルからシニア世代の女性もご注意あれ! 主な性感染症は女性のほうが感染・発症しやすく、生涯にわたってウイルスが潜伏し再発を繰り返すものも。その原因と対策とは──。

梅毒が再ブレイク中

 性感染症とは、以前は「性病」と呼ばれた梅毒や林菌感染症など性交渉によってうつる病気のこと。

「ミドルやシニア世代も油断は禁物です!」と、プライベートケアクリニック東京院長の尾上泰彦先生。

「梅毒は2011年以降、増加し、現在ブレイク中、性器ヘルペスも増加傾向にあります」(尾上先生 以下同)

 厚生労働省の調べによると、梅毒患者の報告数は若い女性だけでなく60歳以上でも増えている。

「妊娠の可能性がないからといって、コンドームを使わないなど予防対策を怠ると感染の危険が高まります。また、口や肛門を使ったオーラルセックスにより、性器以外に感染することもあります」さらに、セックスがごぶさただからと油断してはならない。知らないうちに感染していることもあるのだ。

「潜伏期間が長いものや1度ウイルスに感染すると再発を繰り返すものもあります。また、便座などから感染することもあるので注意が必要です」 性感染症は知らないことだらけ! 先生に詳しく教えてもらいました。

気をつけたい性感染症1『性器ヘルペス』

 ヘルペスというと、口のまわりに痛いボツボツができる病気を想像……。

「性器ヘルペスは、口唇ヘルペスの仲間です。女性では性器クラミジアに続いて多いメジャーな病気で、単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染することで起こります。口唇ヘルペスは主に1型、性器ヘルペスは主に2型のウイルスです」(尾上泰彦先生、以下同)2012年のWHO(世界保健機構)の調査では、14歳~49歳の年齢層において11%がヘルペスウイルス2型に感染していると推定され、女性は男性の2倍近く発症しやすいとしている。

「性器ヘルペスの症状は、性器やその周囲に痛みやかゆみを伴う小さな水ぶくれができ、発熱などの症状が出ます。性器の左右対称に水ぶくれが破れてただれができるので、排尿するときに痛み、脚の付け根にも痛みや腫れが起こり、歩くのがつらくなることもあります」 主にセックスでウイルスに感染し、潜伏期間は2日~10日。症状が出ずに、そのまま潜伏するものもあるという。

「単純ヘルペスウイルスの特徴は神経節に潜伏することです。1型は主に三叉神経節、2型は仙骨神経節に潜伏します。そのため、排尿障害や便秘など末梢神経障害や強い頭痛など神経に関わる症状を伴うこともあります」

 症状が進んで、尿意を感じなくなるエルスバーグ症候群(神経因性膀胱)になると、排尿ができなくなったりするため、入院してカテーテルの挿入が必要となるケースもある。このような神経症状は男性に出ることは少なく、女性が圧倒的に多いという。

 さらに、やっかいなのは神経症状だけでなく、再発を伴うこと。

「単純ヘルペスウイルスを薬で死滅させることは難しく、1度、感染すると生涯にわたり潜伏します。健康なときは、ウイルスは免疫で抑えられて活動ができませんが、疲労やストレスで免疫が低下したときに再発します。月経やセックスもストレスになり、再発の原因になることもあります」

 毎月、再発を繰り返し、生活に支障が出ることもあるという。しかも、再発時の症状は女性のほうが強く出る傾向があるというのだ。「夫に先立たれた女性の患者さんが“ダンナは財産を残してくれなかったけど、ヘルペスだけは残してくれて再発のたびに思い出す”と言っていました」

 なぜ、女性のほうが発症しやすいのか?

「粘膜はウイルスが活動するのに適した環境で、外陰部や腟内など女性は男性に比べて粘膜部分が広範囲だからです。また、免疫能力を低下させる黄体ホルモンの影響で、排卵後や妊婦は感染しやすい状態になります」女性は粘膜部分が多いことから感染もしやすい。とにかく感染しないことが重要だ。

便座やタオルから感染することも

 単純ヘルペスウイルスは、感染している相手とのセックスが主な原因だが、病変が広範囲なためコンドームでは防ぎきれない。症状が出ていなくても、唾液や体液にウイルスが含まれていることがあるので注意が必要だ。「男性の口唇ヘルペスのウイルスが、女性に感染することがあります。男性が乳房や性器をなめることで唾液を介して感染します。性器への感染は前述のとおりですが、乳房にも同じように痛みを伴う水ぶくれやただれが起こります」

 性器ヘルペスの初感染の7割は1型で、唾液によるものだという。乳房の場合、性器ではないから性感染症ではないと油断していたり、経験の浅い医師にかかるとヘルペスを見逃してしまい感染を広めてしまう可能性もある。「口唇ヘルペスが発症している男性とは、キスやオーラルセックスをしないことです」

 さらに、

「ウイルスが付着した便座や湿ったタオルを介して感染することもあります。また、再発を繰り返すうちに肛門やお尻に水ぶくれができることが多くなり、便座にウイルスがつく可能性があります。ウイルスがついた便座はアルコール(エタノール)で消毒するのがいいでしょう。清潔と乾燥を心がけることが大切です」

 性器ヘルペスの主な治療は投薬。

「ウイルスが増えるのを抑える抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬や塗り薬を使います。重症の場合は点滴を行うこともあります」薬はできるだけ早く使い始めることが重要。症状を軽減し、治癒までの期間を短くすることにつながる。「少しでも疑いのある症状が出たら、すぐに専門の医療機関にかかることが大切です」

 また、再発には今年2月から保険適用のPITという新しい治療法が導入された。

「“お守り療法”と称しています。再発に限り、あらかじめ医師から薬を処方してもらい、前兆を感じたら飲むという方法です。 これまでは、症状が出てから医療機関にかかり、薬を処方してもらわなくてはならなかったものが、早期に薬を飲むことで発症を抑えることが期待できます」

 再発を何回も繰り返している人の中には、発症の前に性器や下半身に違和感や不快感、痛みなどの前兆を感じることがあるという。「前兆を感じたら6時間以内に服用すれば、重症化を防げます。すぐに病院に行くことができないときや旅行先などで薬を持っていれば安心できる“お守り”になります」 性器ヘルペスは、とにかく感染しないことが第一。もしも感染してしまったら、ほかへうつさないこと、専門の医師に適切な治療を受けることが重要だ。

気をつけたい性感染症2 尖圭コンジローマ

 ヒトパピローマウイルス(HPV)が皮膚や粘膜の微小な傷から感染し、発症する病気。「性器や肛門に、先のとがった小さなイボがたくさんできて鶏のトサカ状やカリフラワー状に成長します。外用薬や外科的治療などでイボを取っても、HPVは表皮の最も深い基底細胞に存在し、免疫力が低下すると再発しやすくなります。

 治療は外用薬や外科的治療ですがウイルスを根絶する治療はないので、再発との闘いです」(尾上泰彦先生、以下同)現在、180種類以上の遺伝子型が見つかっており、がんを引き起こす能力が高い「ハイリスク型」と、がんの心配が低い「低リスク型」がある。

 尖圭コンジローマの原因となるのはほぼ低リスク型のHPV6型とHPV11型だが、ハイリスク型は子宮頸がんや陰茎がんの原因になることが多いため検査が必要だ。「潜伏期間が3週間から8か月と長く、誰から感染したのか見極めが難しい性感染症です。また、痛みやかゆみがほとんどないので発見が遅れることもしばしばあります」

気をつけたい性感染症3 梅毒 

 2011年から増え続けている梅毒は、トレポネーマという菌に感染し、血液を介して全身に広がりさまざまな症状を引き起こす全身性の感染症。性行為やその類似行為で感染する。「違う症状が出たり消えたりと梅毒は症状を変えてあらわれるため、“偽装の達人”と言われ、慣れない医師は診断が難しい性感染症です」

 特に若い医師は、昔の病気というイメージがあり知識や診療経験が乏しいという。「最初は硬いしこりのようなものが性器にでき、それが崩れて潰瘍になります。しかし、痛みがなく3週間~6週間で消えてしまいます。 これで治ったと思ったら大間違いで、脚の付け根のリンパ線が腫れますが、これも痛みがありません。最終的には全身に発疹ができて、鼻が欠けたり落ちたりします」

 心臓、血管、脳などの複数の臓器に病変が生じ、場合によっては死亡に至ることもあるが、現在では、抗菌薬が有効なので早期に治療を行えば、命にかかわることはほとんどないという。

気をつけたい性感染症4 トリコモナス

「トリコモナス原虫によるポピュラーな感染症で、女性の場合は主な感染部位は腟です。腟トリコモナスとは大きさが平均18マイクロメートルで洋梨のような形をした原虫で、3本~5本の鞭毛と波動膜を動かして活発に運動します」

 典型的なのは、黄緑色の泡状のおりものが大量に出て、痛みやかゆみを伴う。 男性が感染した場合、トリコモナス原虫は前立腺や精嚢などにおとなしく潜んでいて症状があらわれにくいために、知らずにうつしてしまうことがある。

 一方、性行為以外にも感染経路があるという。

「トリコモナス原虫は乾燥には極めて弱い反面、水中では活発で、かなり長い時間、感染力があります。そのため、かつては浴槽を介して家族内感染を引き起こすと考えられてきました。浴槽のほかにも、下着・タオル・便器などに触れる機会があれば感染することが知られています。このことから、トリコモナスは幼児や性交の経験がない女性にも感染する可能性があると考えられます」

 セックスがごぶさたでも感染に注意が必要。

性感染症の気になる疑問 Q&A

Q. 性器にかゆみや発疹ができた場合、性病科、婦人科、皮膚科、内科など、どこにかかればいいですか?A. 通常は性病科、婦人科、皮膚科がよいでしょう。性病科は行きにくい雰囲気があるかもしれませんので、婦人科や皮膚科でもかまいません。ただ、性感染症に詳しい医師がオススメです。

 性感染症について知識が深く、梅毒など診断が難しい病気も熱心に取り組んでいる医師が安心です。婦人科の場合、腟や子宮ばかり診てしまう傾向がありますが、クリトリスや外陰部に隠れた小さな病変も診てもらうといいでしょう。性感染症の場合、乳房や口の中に感染するケースもあり、性器だけでなく感染する可能性がある部位まで診察する医師がいいと思います。

Q. 性感染症は、どのような診察や検査を行いますか?

A. まずは症状や性交渉の時期や有無など問診を行います。続いて、のど、顔面、胸腹部、脚、目の視診を行います。オーラルセックスにより、のどや顔面に症状が出ている場合があるからです。また、顔面に体液がかかり目から鼻を通り、のどに症状が出ていることもあります。必要があれば、外陰部から腟までの内診や肛門を診ることもあります。

 また、尿検査、遺伝子検査(クラミジア、淋菌)、おりもの顕微鏡検査(カンジダ、トリコモナス、細菌)、生殖器自己検体採取、咽頭検査(クラミジア、淋菌)、血液検査(HIV、梅毒、B型肝炎)などの検査を行います。 いずれもプライバシーは守られていますので、安心してください。

Q. パートナーや家族にうつさないようにするにはどうしたらいいですか?

A. 性感染症は体液に接触したり、粘膜同士の接触がなければ感染しませんから、日常生活ではうつりにくいと考えてかまいません。ただし、湿ったバスタオルは共有しないほうがいいでしょう。

 お尻に症状が出ている場合は、便座に病原菌がつくことがあります。使用後は便座をエタノールで消毒しましょう。

Q. 性感染症は完治しますか?

A. 多くの性感染症は治りますが、なかには完治が難しいものもあります。性器ヘルペスや尖圭コンジローマなどウイルス性のものは、原因となるウイルスをすべて死滅させることは困難です。

 体内に潜伏して、ストレスなどで再発を繰り返します。菌や原虫が原因のものは完治することが多いですが、治癒確認検査が必要です。性感染症と判明したら、必ずパートナーも検査しましょう。たとえ症状がなくても、検査は必要です。自分だけ治しても再びセックスをすれば感染し、お互いが感染し続ける“ピンポン感染”となり、いつまでたっても治りません。

Q. 性感染症にかかったら治るまで控えたほうがいいことはありますか?

A. 症状が出ているときは、パートナーとのキスやセックス(オーラルセックスを含む)は控えましょう。クラミジア、淋菌感染症は治療後、2週間以降の治癒確認検査で確認したあと、健康なセックスをオススメしております。

 性器ヘルペスや尖圭コンジローマは再発を繰り返すことが特徴ですから、専門医の指導が必要となります。銭湯、入浴は控える必要はありません。

Q. 性感染症は妊娠出産に影響はありますか?

A. クラミジア、淋菌感染症は卵管狭窄、不妊症、子宮外妊娠、骨盤内感染症、肝周囲炎につながることがあります。出産時に外陰部に性器ヘルペスや尖圭コンジローマがあれば子宮分娩は困難となり帝王切開をしなければなりません。

 親から子に感染し、ヘルペス性脳炎や小児喉頭乳頭腫症の原因となることがあります。梅毒も先天梅毒児、死産につながる可能性があります。

Q. 陰毛の剃毛や外陰部のニオイについて教えてください。

A. 剃毛は、かゆみが特徴の毛ジラミ症の原因となるケジラミの寄生を防ぐことができます。ただし、ケジラミが陰毛以外にも寄生してる場合には、すべての体毛を剃ることは難しいため、あまりオススメはしていません。

 腟内が細菌やトリコモナスに感染すると強いにおいや、おりものの異常が症状としてあります。その場合は、病院での診察をオススメします。

 性器やその周囲を清潔に保つことがにおいをやわらげますが、診察の前は洗いすぎないように。性感染症の診断には、においやおりものが大切な要素だからです。

あなたのデリケートゾーンは大丈夫?

 顔のお手入れは毎日するけど、デリケートゾーンは? 知っているようで知らないデリケートゾーンの正しいケア方法を知っておこう!

 デリケートゾーンを医学的に言うと外陰部。

「外陰部は性行為の主役を果たす部位で、他者と濃密に接触するため菌やウイルスなどの感染が起こりやすいところです。さらに、粘膜が多く高温多湿で、皮膚が薄く柔軟であるため、菌やウイルスが繁殖しやすい環境にあります」(尾上泰彦先生、以下同)また、陰毛もケジラミなどの性感染症の病原体の棲み処となる。尿道、腟口があり、分泌物を排泄する腺など多様な器官が集中していることも感染症との関連性が高い。

「健康なときも感染症の症状が出ているときも、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。刺激の少ないボディソープや石けんをよく泡立てて、やさしく丁寧に洗うのがオススメです。消毒薬が入っていたり、殺菌効果が高いものはデリケートゾーンに使うのはやめておきましょう」

 また、排尿した後のトイレットペーパーの使い方も重要。

「吸水性のよいペーパーを使い、ふくのではなく、軽くあてる程度で十分です。横ふき、縦ふきはやめましょう」

 さらにウォシュレットの使用にも注意が必要。

「ソフトな水圧で使いましょう。水圧が強いと粘膜に微小な傷が発症し、菌やウイルスが感染しやすくなります。また腟と肛門に存在する大腸菌などの細菌が尿道に侵入し膀胱炎になる可能性もあります」家のウォシュレットは、ノズルの掃除をまめに行い、衛生管理を徹底しておくことも大切。「なるべく外出先でウォシュレットは使わないほうがいいでしょう。タンクの内壁に細菌膜が存在してる可能性が高いという報告もあります」

 また、外陰部を観察することも性感染症の早期発見につながる。

「女性は男性と違って自分の外陰部を観察できません。オススメは四面鏡を使って、縦方向にして外陰部、肛門部に発疹があったりイボができていたりなど異常がないかどうか確認しましょう。四面鏡は1000円~3000円で購入できます」

 異常が見つかったら、早めに医療機関を受診しよう。

実録!性感染症を体験した女性たち

《トリコモナスに感染したのは温泉かも?》

 ダンナとは10年以上ごぶさただし、ほかの男性とも性交渉はないし、まさか性感染症になるとは夢にも思っていませんでした。昨年末、友人と日帰り温泉に行った数日後、いきなりデリケートゾーンのかゆみで朝、目覚め、その後2、3日かゆくてかゆくて……。黄色っぽいおりものが止まりませんでした。

 ついに、かきすぎて血が出てしまい、これはもうだめだと婦人科へ行って検査したところ、トリコモナスに感染していました。体温くらいのぬる湯にはトリコモナスがいる可能性が否定できないと。そういえば、ぬる湯に2時間くらい浸かっていました。薬を飲んですぐに治りましたが、年末だったので、このまま新年を迎えることになったらどうしよう、とヒヤヒヤでした。(50代、パート主婦)

《婦人科検診で尖圭コンジローマを発見》

 自治体の婦人科検診の対象年齢だったので久しぶりに受診したら、腟にイボのようなものがあり、それが尖圭コンジローマというものでした。かゆみや痛みなど何の症状もなかったので驚きました。薬ですぐに治るかと思っていたら、腟内にある尖圭コンジローマは子宮頸がんの前段階の可能性があるということで、検査に回されました。

 幸い、子宮頸がんではなかったのですが、手術でイボをとることになりました。40代後半ですでに生理がなくなったので、ダンナとはコンドームをつけなかったのがよくなかったのかも……。それよりも、ダンナがどこからかウイルスを持ってきて、自分がこんな目に遭ったのかと思うと腹立たしくてしかたありません!(40代、専業主婦)

《性器ヘルペスで尿が出なくなり緊急入院!》

 1週間前に彼とセックスをしてデリケートゾーンにかゆみと痛みが出たので、何かうつされたかも、と嫌な予感がしました。その後、熱が38度になり、脚の付け根も痛くなってきたので婦人科を受診しました。すると、やはり性感染症の性器ヘルペスということで、抗ウイルス剤を処方され服用しました。これで治るかと思ったら、翌日おしっこが出なくなり、これはおかしいと性感染症の専門クリニックへ行きました。

 ところが、全身状態が悪いと大きな総合病院へ緊急入院となりました。ベッドに寝たきりでカテーテルで尿を出すという、さんざんな目に……。性器ヘルペスは再発すると聞き、これからの生活が不安です。(30代、会社員) (取材・文/山崎ますみ)

教えてくれた人 尾上泰彦先生
●おのえ・やすひこ。医師。プライベートケアクリニック東京院長。日本性感染症学会功労会員。梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、淋病・クラミジア咽頭感染等性感染症全般の専門家。著書『アトラスでみる外陰部疾患プライベートパーツの診かた』(学研メデイカル秀潤社)ほか

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

胃カメラ異常なし更年期でもない 女性の不調の意外な原因

 梅雨入りした東京は、ハッキリしない天気が続きます。それでも、あと1カ月もすれば暑い夏です。昨年のような猛暑はうんざりで、夏バテで体調を崩した方が、とても多くいらしたことを思い出します。

 あれほどの猛暑でなくても、梅雨から夏にかけては、体調を崩しやすいでしょう。酷暑の気温やジメジメとした湿度が、体にはストレスで、ひいては睡眠不足や運動不足を招き、食欲不振を引き起こします。

 夏バテによる食欲不振はクーラーをうまく活用し、涼しい環境をつくれば改善しますが、病気による食欲不振を夏バテが原因と軽く考えて、見過ごされると大変です。中高年だと、加齢で少しずつ食が細くなります。そんな方だと、“夏バテの誤解”を生じやすいだけに要注意でしょう。

 食欲不振を起こす病気は、胃炎や胃潰瘍などのほか、がんなど、たくさんあります。ほかの症状との重なりや違いをチェックすることが大切でしょう。まずは、胃炎や胃潰瘍など消化器系の病気の場合です。

食欲不振の前に、胃もたれ、胃痛、胸焼け、腹部膨満感、ゲップなどが慢性的に続きます。胃炎は8割がピロリ菌が原因ですが、NSAIDsという鎮痛薬の副作用で生じることも。

 たとえば、慢性的に頭痛がある人が、鎮痛薬の飲み過ぎで胃炎を起こすケースです。

 これらが疑われるときは、胃カメラで胃の状態をチェックしたり、ピロリ菌の有無を調べたりします。

 食欲不振に加えて、疲労感や無力感などが強まるのが甲状腺の異常です。その機能低下で、“活力ホルモン”というべき甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、そんな症状が表れます。

 さらに、皮膚が乾燥することも。甲状腺の異常は女性に多く、前記の検査で胃の異常が否定されると、血液検査で甲状腺の機能を調べて、診断します。

 更年期障害の症状の表れ方によっては、食欲不振や疲労感が更年期症状と誤解されやすく、甲状腺の異常が見落とされることも。パートナーの不調は、男性にとっても要注意でしょう。

 先ほどがんと書きましたが、がんで食欲不振が表れるのは、進行がんになってから。胃がんや大腸がんなどの初期は、自覚症状がほとんどありません。

 がんが大きくなると、食べ物が通過しにくくなりますから、胃もたれによる食欲不振、腹部膨満感による食欲不振などが気になるのです。

 しかし、それらの症状はがん特有のものではないので、がんの早期発見には役立ちません。早期発見を目指すなら、1年に1回の胃カメラ検査と便潜血検査が効果的といえます。胃がんや大腸がんは早期に発見できれば根治できる可能性が高いですから。

(梅田悦生・赤坂山王クリニック院長)

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

子宮系スピリチュアル、布ナプキン信仰... 女性を脅す"呪い"(?)の正体を検証

「生理が重いのは使い捨てのナプキンで子宮を冷やしているから」「添加物を過剰摂取すると、将来生まれる子供のアトピーやアレルギーの原因になる」......こんな話、皆さんも一度は耳にしたことありませんか? 

 一見、女性の悩みにやさしく寄り添った体(てい)ではありますが、「女性はこういうケアをしないと大変なことになる!」という刷り込みは、女性をむしばむ「脅し」であり「呪い」にもなりえます。しかも「アドバイザー」「セラピスト」といった肩書で専門家風の人が言っていたりするとなおさら......。

 本書『呪われ女子に、なっていませんか?』は、子宮系スピリチュアルや布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニックといった産業の実態を、ときに面白おかしく、ときに真面目に検証した一冊。女性産婦人科医の宋美玄先生などへの取材対談も各章末にコラムとして挿入されており、医学的見地からもきちんと指摘や説明がされています。

 著者は長年女性向けの美容健康情報を取材し、そこに潜む「トンデモ」の存在を実感してきたという山田ノジルさん。たとえば第1章では、「女の幸せは、子宮を大切にすることから」という思想を持つ"子宮系女子"の実態を明かしています。

 「子宮を大切にする」とはどうにも曖昧な言葉ですが、これは定期的に婦人科検診を受けるなどではなく、「子宮に聞き取り調査をして本音に従って生きると、心身の不調が改善、引き寄せの法則的にご利益もガッポガポ、人付き合いも恋愛も仕事もすべてがうまくいき、幸せになれるというミラクルが起きる」ということなのだとか。
 
 さらに"子宮教"とでもいうべきこの思想のもとに、子宮委員長を名乗る女性による高額な講習会がおこなわれたり、「子宮の温度が上がる」との効果を暗にうたうジェムリンガ(膣に入れて使うヒーリンググッズ)が販売されたりも。「『子宮にいいこと(散財や奔放な性生活も含む)をしないと女性としての機能が危険にさらされる』『性的に潤うのが女の幸せ』なる呪いで女を縛る、脅し商法にしかなりません」と筆者は自身の考えを述べています。

 そもそも「私たちの子宮ってそんなに冷えてるのか!?」という疑問がわくわけですが、本書掲載のインタビューでは宋美玄先生は「子宮だけ冷えること自体があり得ません」「だいたい、ちょっとでも解剖学や生理学を勉強したら『血行が悪いから云々』なんて、アホらしくて言えないはずです」とキッパリ否定しています。

 この子宮ケアにはじまり、布ナプキン、オーガニック、冷えとり靴下など、本書で紹介されているコンテンツは、そこにくっつけて提唱される"効果効能"にとらわれなければ、本来どれも女性たちの選択肢を増やしてくれるもののはず。「ほどほどの距離感とゆとりで嗜好品的にたしなめば、そこに『呪い』は生まれません」との筆者の言葉どおり、私たちは正しい情報を冷静に見極めていく必要があるかと思います。その目を養うためにも、まずは本書を一読してみてはいかがでしょうか。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

身も心もスッキリ! 働く女子が「機会があればはじめたい『朝活』」4つ

ここ数年の間で、少し早起きをして、自分みがきや趣味を楽しむ「朝活」をはじめる人がグンと増えましたよね。

まだはじめていないけれど、「やってみたい!」と思うものがある、という人も少なくないのは。そこで今回は、「機会があればはじめてみたい朝活」について、働く女子に聞いてみました。

■リラックスできそうな「ヨガ」

・「朝ヨガをしたい。毎日あわただしいので、心身ともにリラックスして朝を迎えたいから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「朝ヨガ。さわやかに1日がはじめられそう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ヨガをはじめたいです。身体がほぐれるし、1日健康に過ごせそうなので」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

忙しい毎日だからこそ、朝ヨガで身体をスッキリさせたい、と思う人が多いようです。

■健康的な身体作りのための「ランニング」

・「ランニング。同僚が朝ランニングをしていたら、体調がよくなったというから」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「健康のために、ジョギングをしたい」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「朝ランをしたい。ランニングは明るいうちのほうがいいので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

朝のランニングは、夜に走るよりも脂肪燃焼効果が高く、健康的なダイエットが期待できるそう。また、「朝ラン」の習慣が身につけば、自然と規則正しい生活ができそう。

■資格や趣味のための「勉強」

・「英会話をはじめたい。日常会話ができるくらいになりたいです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「資格の勉強を朝したい。夜だと残業とかで時間が見えないので」(29歳/その他)

・「朝に勉強か、趣味についての作業をできればと思う。朝のほうが頭に入りそう」(22歳/情報・IT/技術職)

自分の趣味やスキルアップのために、朝の時間を有効に使いたい人も多いようです。

■パワーの源、「朝食」をとる

・「いつもより早めに起きて、ゆっくり朝食を作りたい」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「早く起きて、いつもより豪華な朝ごはんを外食する」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自分でしっかり朝食を作るのはもちろん、「朝活」としてモーニングに行って、優雅なひとときを過ごす、というのはいいアイデアですね。

ほんの少し早めに起きて、時間を有効活用することで、1日中清々しい気持ちで過ごせるもの。

まずはいつもより5分早く起きて、「ストレッチをする」など、簡単なことからはじめてみるといいかもしれません。あなたが「はじめてみたい朝活」は、何ですか?

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

多くの女性が悩む生理痛。約6割以上の人が痛みや症状を抱えるこの悩み、どうしたらいい?

◆多くの女性が悩む生理痛。約6割以上の人が痛みや症状を抱えるこの悩み、どうしたらいい?

仕事の繁忙期や楽しみにしていたゴールデンウィークの旅行など、絶対に訪れてほしくないときにも、容赦なく襲ってくるのが生理痛。みんなはどうしている? どんなケアをしたらいいの? そんな疑問に応えて、頭痛や生理痛などの痛みに詳しい、脳神経外科医・伊藤たえさんにお話を伺った。

約3分の2が生理痛に悩まされているという結果に

オズモールで実施したアンケートによると、「生理痛で悩まされることはありますか?」という問いに対し、「常にある」が18%、「常にではないがよくある」が19%、「ときどきある」が28%という結果に。頻度の差はあれど、生理の際になんらかの症状・悩みを感じている人は、全体の約65%にものぼるという結果に。

特に多かった意見は、「仕事で忙しいときに生理痛で集中できなくて、うまく進まなかった」「外回りで外出先なのに、うずくまりたくなるほどおなかや頭が痛くなったりする」と、仕事中に感じる痛みへの悩み。能率が下がって無駄な時間がかかったり、痛みで動けなくて仕事の質が下がるなど、仕事への影響が気になる人は多いよう。

また、「レジャーなどアクティブに過ごすときに、気分が重くなって乗らない」「友達とご飯に行く約束を楽しみにしていたのに、食欲も元気もなくなった」など、レジャーや楽しい時間を邪魔されるのがつらいという意見も。仕事の日もレジャーのときも、大事な時間を痛みに左右されるのは、できれば避けたいけれど、どうにもならないときがある…という女性が多かった。

生理痛を予防するためのセルフケアをしたい!そんな人は体を冷やさないことが第一歩

それでは、そんな大事な時間を生理痛に邪魔されないために、できることってある?「予防としては、まず体を冷やさないようにすることが大切です。入浴では、湯船にゆっくりつかって体を温めるようするといいでしょう」と伊藤さん。また、入浴や温熱カイロなどで体の外側から温めるだけでなく、日ごろからストレッチやウォーキングなどで血行を良くし、新陳代謝を上げておくこともおすすめだそう。血行が悪いと体の末端まで酸素や血液が十分届かなくなるので、手足や体が冷えやすくなる。そのため普段から軽めの動きで体を動かして血行をよくしておくことは、体を内側から温めることにもなるので、心掛けたい。

「また、食事は3食規則正しく食べるようにし、栄養バランスのとれた食事にするのも大事。特に生理前には、冷たい飲み物やアイスなどの体を冷やす食べ物や、辛みが強い香辛料など刺激物は避けたほうがいいですね」(伊藤さん)。健康的な食生活を基本にしつつ、体の内外、そして食事の面からも、体を温め冷やさないようにすることが大切なよう。

予防のケアは頑張っているけれど、大事なときに襲ってくる痛み…それでも痛いときは、どうする?
セルフケアで気遣っているけれど、それでも痛みがひどいときもあるもの。そんなときはどうすればいい?「日常生活に支障が出るほど痛みがある場合には、我慢せず鎮痛薬を内服しましょう。頭痛や生理痛は我慢していると、痛みの原因物質が増えて、痛みは強くなるばかりで、鎮痛薬でも痛みを抑えきれなくなることがあります」と伊藤さん。

しかしオズモールのアンケートでは、「飲み続けると効かなくなりそう」、「薬になれちゃう気がして、できるだけ我慢する」という意見も多く、「服用しない」という人も約40%存在した。できるだけ我慢したほうがいいの?

「正しい服用方法で飲んでいるなら、鎮痛薬が効かなくなるということはあまりありません。もちろん飲みすぎはよくありませんが、正しい用法、用量を守って服用すれば問題ないでしょう」(伊藤さん)。多くの人が持っている「薬は控えたほうがいいのではないか」という漠然としたイメージは、医学的には特に根拠はないよう。仕事や楽しい時間を痛みで台無しにしないために、自分に合う鎮痛薬を見つけておくのも、生理痛対策のひとつとして頭においておこう。

教えてくれた人
伊藤たえさん
脳神経外科、脳卒中専門医として、都内にて脳卒中や頭部外傷を中心に臨床診療に励む。仕事も育児もがんばるママさん女医。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理前になると自殺願望が!?「PMDD」(月経前不快気分障害)って、何?

生理前の2週間ほどに起こるイライラや情緒不安定、うつ、不安感、焦燥感、集中力の低下や眠気、不眠などの精神的不調や、カラダの重だるさや頭痛、便秘などの身体的不調はPMS(月経前症候群)ですが、とくに精神症状が強い場合をPMDD(月経前不快気分障害)と言います。PMDDも、PMS同様に月経周期に合わせて、症状が悪化します。

■PMDD(月経前不快気分障害)とは?

PMSの症状のなかでも特に精神的不調が重く、日常生活や社会生活に支障をきたすほどの状態をPMDD(月経前不快気分障害)と言います。

PMDDの場合、症状があらわれる生理前の時期以外では問題なく生活できる方でも、生理前になると攻撃的、暴力的になる、あるいは重度の抑うつ感からや自殺願望や自傷行為を引き起こしてしまうことがあります。

月経のある女性の約50~70%がPMS症状に悩み、そして約5%の方がPMDD症状で悩んでいるといわれています。

PMDDは精神症状が非常に強く出現するため、家庭不和や離婚に発展するケースもあり、同じ女性同士でも理解されにくいほど重篤な場合があります。

■PMDD(月経前不快気分障害)とうつ病はどう違う?

PMDDの症状には、著しい抑うつ感や不安感、緊張感、情緒不安定性、イライラなど激しい怒りや感情を抑えられない、気力や集中力の低下などといった精神的不調と、過眠や不眠、頭痛、過食、吐き気などの身体的不調があげられます。

PMDDの症状はいずれもその程度が重く、日常生活や社会生活へ支障をきたしてしまうことが大きな特徴です。

これらの症状にとても似ているのが、うつ病です。しかし、PMDDの場合は生理が始まって遅くとも1~2日で症状が消失しますが、うつ病の場合は生理の周期に関係なく症状が続きます。

出現する症状が似ているものの、PMDDとうつ病ではその原因が違うため、治療方針や内容が異なるため見極めが大切です。

■PMDD(月経前不快気分障害)のチェックリスト
次の項目に2つ以上あてはまる場合はPMDDであることが疑われ、その数が多いほど症状の程度が重症であると言えます。自己判断の参考になりますので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

また、PMSと同様に、生理前2週間以内にはじまり生理がくると数日で治まるのが特徴です。

1.激しいうつ状態、自己否定感、絶望感がある
2.気力がなくなる
3.イライラする
4.激しい不安感を自覚する
5.著しい緊張感があると自覚する
6.日常生活に支障をきたすほどの情緒不安定
7.ひどく悲しくなる・号泣する
8.怒りっぽくなる・攻撃的になる
9.ものごとに興味がなくなる
10.引きこもりがちになる
11.著しく疲れやすくなる・だるくなる
12.判断力・集中力が低下する
13.異常に眠くなる
14.眠れない
15.性欲を抑制できない、もしくは性欲が減退する
16.食欲を抑えられない
17.自分をコントロールできない
18.下腹部が痛い・重い・張る
19.乳房が張る・痛い
20.頭が痛い・重い
21.手足がむくむ
22.便秘になる
23.何かに圧倒される感じがする
24.人の言葉などにひどく傷つきやすくなる
25.希死念慮(死にたいと思う)に襲われる、または自殺衝動に襲われる

■PMDD(月経前不快気分障害)をより正しく判断するために

PMDDは、PMSと同様に生理前の約2週間に限ってその症状があらわれる特徴があります。そのため、基礎体温を毎日つけることで自分の症状がPMDDやPMSであるか判断しやすくなります。

PMDDもPMS同様に、適切な治療を受けることが必要です。PMDD症状のある方は、早めに専門の病院を受診して医師の判断を仰ぎましょう。PMDDの根本的な原因を解明し、それに沿った治療を行えば数か月で改善するといわれています。


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理に悩まされるすべての女子に知ってほしい、低用量ピルが生活の質を上げること。

最近いろんなところで話題になる、低用量ピル。日本人は先進国の中でもピルの服用率が低いと言われています。もっと広がればいいのに、という思いから、私が10年ほどピルを服用していた体験談をお伝えします。

起き上がれないほどの生理痛

社会人2年目の頃、とにかく生理痛がひどかったのです。痛いだけでなく、とにかく大量に出血していました。生理2日目はつらすぎて動けず、痛み止めを飲んでようやくベッドから出てこられる、というありさま。当時は車掌として働いていたので、勤務に耐えられず、生理のたびにお休みをもらっていました。

でも、生理のことってあまり友達同士でも話さないもの。だから、この痛みもまあみんな経験しているんだろう、と思っていました。それが普通じゃないと気づいたのは友達とお茶をしている時。生理2日目、痛み止めを飲んでなんとか出かけたのですが、途中で痛み止めが切れてしまいもはや歩くのも精一杯に。そんな私を見て友達が「そんなに痛いのはおかしいから、病院に行ったほうがいいと思うんだけど」と言ってくれたのです。

ピル生活が始まった

というわけで、生涯初の産婦人科に行ったのは24歳の時。とにかくこの生理痛をなんとかしてくれ。という気持ちが先に立って、産婦人科に行くのは恥ずかしいだとかそういう抵抗感は一切ありませんでした。いろいろ調べてみた結果、軽度の子宮内膜症と診断され、「ピルを飲んで治療しましょう」ということになりました。

お医者さんいわく、子宮内膜症によって、子宮が腫れ、生理のたびに子宮に負担がかかっている。ピルを飲むと生理が軽くなる(出血量が減る)から、次第に腫れがひいてくる、ということでした。なるほど。

とはいえピルにはちょっとした面倒臭さがあります。毎日、しかも決まった時間に服用するというルール。守れるのだろうか?と最初は不安になりました。「最初の2~3カ月は、吐き気や不正出血、頭痛などが表れることもある」とお医者さんから言われましたが、その言葉のとおり、飲み始め3日ぐらいはちょっとふらつきがありました。2か月目も少しめまいがありましたが、3か月目からはほとんど気にならなくなってきました。人によってはもっと副作用が強い場合もありますが、私の場合はこの程度でした。

低用量ピルにもいろいろな種類がありますが、私が飲んでいたのは「トリキュラー28」という薬。赤、白、黄、白の錠剤をシートに従って順番に飲んでいきます。飲みはじめてまず驚いたのが、「このあたりで生理が来るよ」と言われた日に必ず生理が来たこと。まあ、ホルモンバランスを人為的に薬で調節しているので、当然の現象なのですが、なかなかこれは当時の私には革命でした。

飲みはじめて3カ月ぐらいすると、だんだん生理痛が軽くなってきていることに気づきました。生理中でも普通に動ける!めっちゃ楽!この状態を得られるのなら、毎日同じ時間に飲む面倒臭さなんて屁でもありません(でも実はバラバラの時間に飲んだりもしてました。汗)。

生理をコントロールできるという快適さ

結局飲みはじめて1年ほどで子宮の腫れはひいて、いい状態だね、と言われましたが、その後も私はピルを飲み続けました。理由は1つ、とにかく楽だから!

きちんとスケジュールを守って飲んでいれば、かならず「この日に生理が来る」というのがわかります。旅行などで「来てほしくないな」という日があれば、錠剤を飲む日数を調整して、生理の日をずらすことができます。しかもあんなにひどかった生理痛も、ほとんどなくなりました。おまけに、排卵が止まるので避妊もほぼ完璧で、安心。当時もらったリーフレットに「ピルはQOLを上げる」と書いてありましたが、本当にそのとおり、と実感しました。

結局今の夫と結婚式をあげるまで、足かけ8年ほどピルを飲み続けていました。今は避妊せず自然に任せようと思ってピルを飲んでいませんが、正直いつ生理が来るかわからなくなって、ピルを飲みたいなと思うことも……。生理に悩まされる世の中の女性たちみんなに、ピルの素晴らしさをもっともっと知ってほしい!そう強く思っています。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理に悩まされるすべての女子に知ってほしい、低用量ピルが生活の質を上げること。

最近いろんなところで話題になる、低用量ピル。日本人は先進国の中でもピルの服用率が低いと言われています。もっと広がればいいのに、という思いから、私が10年ほどピルを服用していた体験談をお伝えします。

起き上がれないほどの生理痛

社会人2年目の頃、とにかく生理痛がひどかったのです。痛いだけでなく、とにかく大量に出血していました。生理2日目はつらすぎて動けず、痛み止めを飲んでようやくベッドから出てこられる、というありさま。当時は車掌として働いていたので、勤務に耐えられず、生理のたびにお休みをもらっていました。

でも、生理のことってあまり友達同士でも話さないもの。だから、この痛みもまあみんな経験しているんだろう、と思っていました。それが普通じゃないと気づいたのは友達とお茶をしている時。生理2日目、痛み止めを飲んでなんとか出かけたのですが、途中で痛み止めが切れてしまいもはや歩くのも精一杯に。そんな私を見て友達が「そんなに痛いのはおかしいから、病院に行ったほうがいいと思うんだけど」と言ってくれたのです。

ピル生活が始まった

というわけで、生涯初の産婦人科に行ったのは24歳の時。とにかくこの生理痛をなんとかしてくれ。という気持ちが先に立って、産婦人科に行くのは恥ずかしいだとかそういう抵抗感は一切ありませんでした。いろいろ調べてみた結果、軽度の子宮内膜症と診断され、「ピルを飲んで治療しましょう」ということになりました。

お医者さんいわく、子宮内膜症によって、子宮が腫れ、生理のたびに子宮に負担がかかっている。ピルを飲むと生理が軽くなる(出血量が減る)から、次第に腫れがひいてくる、ということでした。なるほど。

とはいえピルにはちょっとした面倒臭さがあります。毎日、しかも決まった時間に服用するというルール。守れるのだろうか?と最初は不安になりました。「最初の2~3カ月は、吐き気や不正出血、頭痛などが表れることもある」とお医者さんから言われましたが、その言葉のとおり、飲み始め3日ぐらいはちょっとふらつきがありました。2か月目も少しめまいがありましたが、3か月目からはほとんど気にならなくなってきました。人によってはもっと副作用が強い場合もありますが、私の場合はこの程度でした。

低用量ピルにもいろいろな種類がありますが、私が飲んでいたのは「トリキュラー28」という薬。赤、白、黄、白の錠剤をシートに従って順番に飲んでいきます。飲みはじめてまず驚いたのが、「このあたりで生理が来るよ」と言われた日に必ず生理が来たこと。まあ、ホルモンバランスを人為的に薬で調節しているので、当然の現象なのですが、なかなかこれは当時の私には革命でした。

飲みはじめて3カ月ぐらいすると、だんだん生理痛が軽くなってきていることに気づきました。生理中でも普通に動ける!めっちゃ楽!この状態を得られるのなら、毎日同じ時間に飲む面倒臭さなんて屁でもありません(でも実はバラバラの時間に飲んだりもしてました。汗)。

生理をコントロールできるという快適さ

結局飲みはじめて1年ほどで子宮の腫れはひいて、いい状態だね、と言われましたが、その後も私はピルを飲み続けました。理由は1つ、とにかく楽だから!

きちんとスケジュールを守って飲んでいれば、かならず「この日に生理が来る」というのがわかります。旅行などで「来てほしくないな」という日があれば、錠剤を飲む日数を調整して、生理の日をずらすことができます。しかもあんなにひどかった生理痛も、ほとんどなくなりました。おまけに、排卵が止まるので避妊もほぼ完璧で、安心。当時もらったリーフレットに「ピルはQOLを上げる」と書いてありましたが、本当にそのとおり、と実感しました。

結局今の夫と結婚式をあげるまで、足かけ8年ほどピルを飲み続けていました。今は避妊せず自然に任せようと思ってピルを飲んでいませんが、正直いつ生理が来るかわからなくなって、ピルを飲みたいなと思うことも……。生理に悩まされる世の中の女性たちみんなに、ピルの素晴らしさをもっともっと知ってほしい!そう強く思っています。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

「おりもの」から分かる性病診断・ 魚臭いのはアウト!

「下着が汚れちゃう」「ニオイが気になる……」私たち女性にとって、悩みの多い“おりもの”。『美レンジャー』読者の皆さんも、おりものシートを使うなど対処している方が多いのでは? 

しかし、嫌われがちなおりものは、実は健康状態を教えてくれるバロメーターでもあるのです。そこで今回は、意外と知らないおりものと、おりものから分かる性病についてご紹介します。

■そもそも、おりものって必要なの?

おりものは、子宮内部や膣からの分泌物が混ぜ合わさったものです。老廃物を流して内性器をキレイに保ち、細菌の侵入を防いでくれます。また、精子を長生きさせて受精の手助けをするなど、実はとても大切な役割を担っているのです。

■正常なおりものとは?

おりものや生理など、女性特有の悩みで気になるのが、ニオイですよね? おりものの場合、ヨーグルトのような、お酢に近いすっぱいニオイが気になることがあります。実はこれらのニオイの原因は、膣内にいる乳酸桿菌という善玉菌によるもの。細菌をその酸によって撃退し、膣を守ってくれているのです。

正常なおりものの場合、透明または乳白色。下着やおりものシートに付着して乾燥すると、黄色っぽく変化します。

■おりものがいつもと違ったら性病や炎症の疑いも

おりものが健康のバロメーターと呼ばれる理由の一つには、体調やストレスの影響を受けやすいことが挙げられます。一方、性病の場合は、おりものの色がいつもと違ったり、量が多くなったりと症状が現れやすいのです。ここ最近おりものに変わりはないか、早速チェックしてみましょう。

(1) 膣カンジダ

白色、カッテージチーズ、酒粕、おから状のおりもの、強いかゆみ

(2) トリコモナス膣炎

黄色、緑色、泡状のおりもの、強い臭い

(3)淋菌感染症

緑色、かゆみや外陰部のびらん、下腹部痛、臭い

(4) 細菌性膣症

泡黄色や灰色、強い悪臭(魚臭)

(5) 子宮内膜炎

黄色、血の混じった茶褐色、下腹部痛、微熱

おりものは、私たちのカラダを守るだけでなく、病気の兆候を教えてくれるなど大切な役割があるのです。生理と同様に、上手に付き合っていきたいですね。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

これだけは避けたい!どんどん生理痛を悪化させる3つのNG行動

生理中は「立っているのがつらい」「イライラする」「何もしたくない」といった気分の落ち込みや、頭痛、腰痛、下痢、肩こり、冷えなど、痛みや不快感に耐えて、憂鬱に過ごすのが当たり前になっていませんか?

そこで今回は、女性のための医学事典『ウィメンズ・メディカ』(小学館)を参考に、毎月の生理を少しでも楽に過ごすために知っておきたい、“生理痛が悪化するNG行動”と“生理中快適に過ごすためのコツ”を、ご紹介いたします。

■生理痛を悪化させてしまう3つのNG行動

(1)お酒はNG、スイーツはほどほどに

生理前、生理中は栄養を十分にとって、カフェインや香辛料などの刺激物、塩分、お酒はできるだけ控えましょう。甘いものはほどほどに。不規則な生活や睡眠不足、バランスの悪い食生活は、肌荒れの原因にもなるので、気をつけたいですね。

(2)生理中のセックスはNG

生理中は細菌感染を起こしやすいうえ、経血が逆流して子宮内膜症の原因になることもありますので、この時期のセックスは避けましょう。体のためにはパートナーの理解も必要ですね。

(3)体をしめつけるファッションやヒールの高い靴はNG

とくに下半身をしめつけるファッションは血行が悪くなり、下腹部が痛んだり腰痛、むくみなどを増長させます。ウエストをしめつけないワンピースなど、ゆるいファッションがオススメです。靴もかかとの高いパンプスよりも、低めのものを選びましょう。

■生理期間を快適に過ごすためのコツ

(1)お風呂でアロマ

体があたたまり血行が良くなると、下腹部の不快感や腰痛が和らぐので、湯船につかることがオススメです。リラックス効果があるアロマバスを使用するのもよいでしょう。

(2)適度な運動やストレッチをする

血行促進のために軽いストレッチ運動は効果的です。体をほぐすマッサージもいいですね。ただし、激しいスポーツは経血の逆流をまねくのでなるべく避けましょう。

(3)体をあたためる

冬場はカイロを使ったり、厚手の下着、腹巻き、毛糸のパンツを履くなどして下半身をあたためる工夫をしてください。エアコンで体を冷やしがちな夏場は、意識的に温かい飲み物をとったり、上着やひざ掛けなど、下半身を冷やさないグッズを取り入れてみてください。

以上、“生理痛が悪化するNG行動”と“生理中快適に過ごすためのコツ”を、ご紹介しましたが、いかがでしたか?

すぐに実践できそうなことばかりですよね。生理中はあまり神経質にならず、ゆったりした気分で過ごせるようにしましょう! ですが、痛みが強いときは我慢せずに、早めに鎮痛薬を飲むことも大事ですよ。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

こんな症状があったらすぐ相談!女性が見逃しちゃダメな病気サイン3つ

「最近、体の調子がおかしいな」と思うことはありませんか? 気のせいと軽く考えていると、思わぬ病気のサインを見逃すことになるかもしれませんよ。

女性の体は思春期以降、おもに女性ホルモンの影響で年齢とともに大きく変化しています。生理をはじめ、男性のパートナーができると、病気への感染、性の悩みやトラブル、妊娠や出産など、婦人科系の悩みは一生を通して向き合っていかなければならなくなります。

早めに対処するためにも、具体的にどんな症状が出たら要注意なのか、知っておきたいですよね。

今回は、女性のための医学事典『ウィメンズ・メディカ』(小学館)を参考に、「こんな症状が出たら注意すべき!」重症になる前に婦人科に相談しておきたい3つのサインについて、ご紹介いたします。

■1:生理不順、出血がいつもより多い

毎月決まった日に生理が来るのに、ここ数ヶ月は周期が乱れていて、さらに1週間以上も出血が続いている、急に生理痛がひどくなり血の量も多く大きい血の固まりが混じっている、

生理が終わったはずなのに出血がある、気づいたら生理が止まっていた……、など、あきらかにいつもの生理とは違う症状があらわれた時は要注意です。

■2:下腹部の痛み、胸の不自然なしこり

下腹部が痛い、ふくらんでいる、お腹を触ると今までになかったしこりがある、乳房にしこりがある、へこみがある、痛い、腫れている、血や膿が混じった分泌液が出る……など、これらの症状に心当たりがある場合は、乳がんや子宮系のトラブルの可能性が疑われます。

■3:女性器がかゆい、痛い

女性器の外陰部がかゆい、痛い、腫れている、違和感がある、ブツブツしている、ただれて用を足すときにしみる……など、人に言いにくい症状ですが、恥ずかしさは気にしないようにしましょう。

以上、”重症になる前に婦人科に相談しておきたい3つのサイン”を、ご紹介しましたがいかがでしたか? 思い当たる人は、今すぐ婦人科を受診してみてください。

今回ご紹介した3つの症状以外にも、生理予定日を変えたい、乳房や乳首の形が気になる、性病かもしれない、パートナーとの性生活や更年期症状が気になる……など、多くの悩みがあることでしょう。

気になる症状があったら一人で抱え込まず、身内に話しにくいテーマだからこそ婦人科の先生に気軽に相談してみてくださいね。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

災害時の女性の苦悩 身体的問題、汚れ、性的恐怖の対処方法

「防災の日」を受けて全国で防災訓練が行われた。阪神・淡路大震災や東日本大震災、そして広島の土砂災害など大規模災害の状況から、「女性特有の防災」への関心が高まっている。

「防災は普段の生活に根づいています。料理、洗濯、掃除と同様に家事の一環として考えてほしい。専業主婦の私ができたのですから、誰でも取り組めるはずです」

 こう話すのは、『危機管理教育研究所』代表の国崎信江さん(以下「」同)。国崎さん自身、専業主婦から防災の仕事を始めた経緯がある。きっかけは阪神・淡路大震災。

それまで防災意識を持つこともなく過ごしていたが、「大切な人を失って後悔する前に自分ができることがあるはず」と、防災を強く意識。

実際に被災各地に足を運び、女性が過ごす過酷な環境を改善すべく、女性として母親としての視点から、行政も巻き込んだ防災対策を提唱している。

「身体的トラブル。汚れ。性的被害の恐怖…。

災害を受けた女性が感じる苦痛のトップ3です。なかでも深刻なのが男性の視線。避難先の真っ暗闇で仕切りもない限られたスペースで、他人の隣で寝たり着替えたり、下着を干さなくてはならない。

また、仮設トイレの使用など、実際に被害を受けずとも常に男性の目を気にしなくてはならないのが現状です。身を守るためにも防犯ブザーを携帯し、日中でもひとりで行動しないよう呼びかけています」

 生理用品、下着、化粧品は日頃から準備しておくこと。配給されたものが肌に合わず、デリケートゾーンのかぶれや肌荒れを起こす人も少なくないそうだ。また、臭いに敏感な女性にとって口や髪の汚れも気になるところ。

口臭予防は水を使わない液体歯磨きがベター。髪はウエットティッシュ、頭皮は化粧水で拭いてサッパリさせ、長い髪の人は束ねて見た目も清潔にしたい。

 被災地でもキョロキョロとあたりを見回したり、後ろを振り返ったりしながら歩く女性の方が、警戒心が強いと思われて性的被害を受けにくい。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

【女性編】これって何であるの?と疑問に思う体の部位ランキング

現代女性の疑問

人類がまだ裸で外を歩きまわっていたころであれば、体毛は必要だったはず。しかし現代人は文明を手に入れ、服を発明しました。そんな現代社会において、果たして脇毛やムダ毛は必要でしょうか?

 そこで444名のマイナビ女性会員に、これって何であるの?と疑問に思う体の部位を聞きました。

Q.これって何であるの?と疑問に思う体の部位を教えてください(複数回答)
1位 脇毛・ムダ毛 55.2%
2位 親しらず 34.7%
3位 盲腸 16.0%
4位 鼻の下のすじ 12.6%
5位 尾てい骨 4.3%
5位 耳たぶ 4.3%

■脇毛・ムダ毛
・「ムダ毛は結局処理されるから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「生やしている人がいないので、必要ない」(25歳/情報・IT/事務系専門職)
・「生えているせいで悩みと出費が増える」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■親しらず
・「親しらずのせいで痛みに耐えなくてはいけないので」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「親しらずがまっすぐ生えていないので、邪魔だなと思います」(29歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「ない方が金がかからず気楽」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■盲腸
・「役割がわからない」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「切っても何の問題もないのに、なぜ、あるのか不思議」(27歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「どうせ腫れるなら最初から要らない」(33歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

■鼻の下のすじ
・「深いと気持ち悪いし、ある意味がわからない」(34歳/金融・証券/事務系専門職)
・「特になくても困らなそうだから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「あっても鼻水は口にはいるし、要らない気がする」(24歳/その他)

■尾てい骨
・「そのうち退化してなくなると思うから」(25歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「現代人にシッポはないんだから、なくなってもいいと思う」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

■耳たぶ
・「なんの役に立っているのか気になります」(22歳/ソフトウェア/技術職)

■番外編:老け顔に見えるだけのほうれい線はいらない
・ほうれい線「ほうれい線が気になって仕方ない。老けて見えるだけなら要らない」(26/医療・福祉/専門職)

総評
1位は「脇毛・ムダ毛」でした。毛の処理に敏感な女性ならではの結果ですね。「ムダ毛というくらいだから、無駄なんでしょう」「だれも生やしていないからまったく必要ない」といった、完全に邪魔者扱いのコメントがほとんど。また、「処理が面倒」「お金がかかる」といった悩みを持つ人からのコメントも多く見られました。

2位は「親しらず」です。「どうせ抜かれるのだから要らない」といったコメントがほとんど。「治療時のお金の無駄」というコメントがいくつかあり、女性らしいシビアな視点だと思いました。

3位は「盲腸」です。「切っても大丈夫なら、そもそもなんであるのか意味がわからない」といったコメントが多く見られます。実際に医療関係者に「必要ない」と言われたというコメントも。やっぱり、本当に要らない臓器なんでしょうか?

圏外のコメントを見ると、「全部必要、無駄なものは何もなく、きっと何かしらの機能があるはず」「今も進化しているのだから」といったコメントもありました。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理の量が多い、顔が青白い、めまい…など、こんな症状があると「貧血」かも?【女性の貧血:その1】

貧血は健康診断で指摘されることが多い症状ですが、意外に放っておいてしまいがちな症状です。

女性は「生理があるのだから、ちょっとの貧血は当たり前」「生まれつき、ずっと貧血だから」と思ってしまうのも無理はありません。

けれど健康診断で必ず調べるということは、貧血は重大な問題であるからにほかなりません。健康診断で貧血、C~E判定の方は、症状がなくても、是非チェックしてみてください。

◆「貧血」に関係するのは赤血球!ヘモグロビンが酸素を運ぶ
血液は、赤血球・白血球・血小板という3つの血液成分と、血漿という液体成分からできています。このうち、「貧血」に関係するのは赤血球です。
赤血球に含まれている「ヘモグロビン」は赤い色素で、血液が赤く見えるのは、ヘモグロビンが赤い色をしているからです。鉄を含む色素「ヘム」と、タンパク質「グロビン」とが結合した色素タンパク質です。
ヘムの中の鉄に酸素が結びつくことによって、体中に酸素が運ばれる仕組みになっています。

◆「小球性貧血」と「正球性貧血」
貧血は「症状」でその背後には他の病気が隠れていることがあります。
貧血には原因によって3つの種類があります。

「小球性貧血」→鉄の摂取不足、吸収障害、慢性的な出血が原因です。
「正球性貧血」→腎臓・肝臓・脾臓疾患、血液・骨髄疾患が原因です。
「大球性貧血」→ビタミンB12(葉酸)不足が原因です。

ヘモグロビンの正常値は、女性では、11.4~14.6g/dlです。

◆こんな症状があると「貧血」かも
以下のような症状が、貧血の症状です。チェックしてみてください。

□ 顔が青白い、爪の色が悪い
 □ 動悸・息切れがする
 □ だるい・疲れやすい
 □ 頭痛、めまい
 □ 立ちくらみがある
 □ まぶたの裏側・唇などの赤味が減る
 □ 爪が割れやすい
 □ 枝毛や抜け毛が増える
 □ 口角にひび割れができる
 □ 髪の毛がよく抜ける
 □ 肌荒れ、くすみがある
 □ 寝起きが悪く、だるい
 □ 食事制限のダイエットをしたことがある
 □ 生理痛がひどい、生理の量や回数が多い
 □ 足や顔がむくみやすい

ただ貧血になると、全身が酸素不足になるので、症状が出ないように心臓が普段以上に働きます。ですから、症状がなくても、心臓には普段以上の負担がかかっているのです。

また腎臓にも負担がかかり、体に水を多く蓄えるため、むくみやすいという症状も出てきます。
ですから、症状がなくても、検査で「貧血」の場合は病院で相談してください。

◆定期健診で注意すること
貧血の症状は、徐々に進みますので、身体が慣れてしまいます。すると、「これが自分の体質だ」と思ってしまい、発見が遅れることがよくあります。ですから、定期検診の時に、自分自身の赤血球やヘモグロビン値がどれくらいなのか、注意しておいてください。

●監修者プロフィール:太田郁子先生
倉敷平成病院婦人科医長 医学博士 日本子宮内膜症啓発会議実行委員

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

更年期はつらいよ……ミドル女性の心の変化をチェック!

■更年期に起こりやすい心の変化とストレス

 加齢に伴う女性ホルモンの減少により、疲れやすさ、のぼせ、ほてり、発汗、不眠、頭痛、めまいなどのさまざまな体調不良が引き起こされる40代後半から50代前半にかけての「更年期」。

 更年期には、体調の変化に伴って憂うつ、苛立ち、不安、あせりなどの感情の乱れも生じ、気持ちが不安定になりがちです。さらにこの時期には、家族の状態もダイナミックに変化していくため、家族関係も危機に陥りがち。

まずは、更年期に多い心の変化とストレスからチェックしてみましょう。

■その1.疲れや体調の変化で、家事や仕事も思うように運ばない

 更年期には、ホルモン分泌が乱れることで自律神経系にも影響が現れ、上に述べたような不快な体調不良が起こります。こうして疲弊した体を和らげるためにたくさんの休息を必要とし、少し動くだけでしんどくなって横になりたくなるものです。

 そして気がつけば、家事にも手がつかずソファで寝そべってばかり、昼寝をしてばかりの状態になっていくと、「たっぷり休んでもよくならないのはなぜ?」と落ち込み、「だらけているだけでは?

怠けているだけでは?」と自分を責め、「このままの不調がずっと続くのでは」といった不安に襲われがちになります。

 また、仕事をしている女性は、毎朝会社に向かうだけでも重労働に感じられ、仕事が終わったらいち早く家に帰って休息をとりたい、といった気持ちになることも多いでしょう。

休日はどこかに出かける意欲も起こらず、ひたすら横になって体を休めたいと思う人も少なくないでしょう。そんな疲れやすい自分に自信を失いがちで、「この先、仕事を続けていけるだろうか」という不安を抱えがちになるものです。

■その2.家族のライフステージが劇的に変化

 更年期の年代は、家族のライフステージに変化が現れる時期でもあります。夫は、年齢的にも仕事上での難しい立場に立たされることが多く、管理職の重責に悩む人、リストラの危機に不安を持つ人も少なくありません。

こうしたなか、夫は仕事上の問題を考えるだけでも精一杯で、妻の健康状態に目を向ける余裕もないのが現実だと思います。

さらに、子どもの成長と共に夫婦の会話が少なくなっていくと、夫は妻だけでなく子どもたちとの関係も疎遠になりやすくなります。

 子どももまた、思春期、青年期という難しい時期に突入し、自分自身の自立の問題と格闘しています。そのため感情も不安定になりがちで、家庭でも学校でも、小さなことで葛藤したり、衝突する機会も増えていくでしょう。

さらに、高齢となった両親からは、体の不調や高齢期の不安を相談されることも増えていき、介護のプレッシャーやストレスを抱えて憂うつ感が重なっていく人も少なくありません。

■その3.周囲の無理解に孤独感が募る

 更年期は、体調の変化から感情面でも不安定になりやすいため、周囲のちょっとした言葉に傷つき、苛立つなどして、対人関係の問題に過敏に反応しがちです。

体調を思いやれない周囲の人たちの態度に寂しさを感じたり、「ふせってないで運動でもしたら?」といった不用意なアドバイスに無理解や冷たさを感じてしまい、「誰も私のことを分かってくれない」と一人で絶望感を抱えがちです。

 そんな憂うつ感の反動で苛立ちも募りやすいため、カチンときた途端に感情をヒステリックにぶつけてしまう人もいます。その感情的な反応に周りが引いてしまうと、ますます自分が疎外されているような気がして、孤独感が募っていく人も少なくないでしょう。

 更年期には、このようにさまざまな心の変化が起こりがちです。では、どのような心構えで生活していけばいいのでしょうか? 3つのヒントをお伝えします。

■ヒント1.無理をしない、頑張らない、楽になる治療を

 まずは、婦人科などの医療機関を受診し、この時期の体調不良や感情の変調が更年期障害によるものなのかを把握することが大切です。

更年期による症状だと分かったら、症状を緩和する薬(低用量ピルやホルモン補充療法、漢方薬など)を上手に使いながら体調を管理し、無理をせず、頑張らないことが大切です。

 そして、「数年前まではあんなに元気だったのに」「私はもともとエネルギッシュなのに」などと、以前の自分と比べないことです。更年期の不調は女性なら誰でも経験するものなのですから、気長にあせらず、無理をせずに生活していきましょう。

 家事でも仕事でも、完璧主義にならないことも大切です。どうしてもやらねばならない優先事項以外は手を抜き、思い通りにできなくてもいいと受け流していきましょう。

ただでさえ、家族のライフステージの変化によって、気を揉むこと、対応することが増えていくのですから、完璧にやろうとするとパンクしてしまいます。

 また、昨日は調子が良かったのに、今日はだるくてしんどい……というように、体調は日によって変わることが少なくありません。したがって、毎日のようにハードな予定を入れず、適度に休めるようなゆとりあるスケジュールにしていくことが必要です。

■ヒント2.周囲の無理解に落胆する必要はない

 更年期には不快な感情に振り回されやすいもの。ただし、そうした感情に巻き込まれないように、自他の感情の状態を理解していく必要があります。

「夫が気にかけてくれない」「子どもにだらしがないと言われた」などと落ち込む方も多いですが、そもそも更年期の不調は、当事者以外には理解しにくいものです。

 異性である夫、ましてや子どもには分かりにくい症状なのですから、家族が思うような対応をしてくれないこと、優しい言葉をかけてくれないことに、落胆する必要はありません。自分の症状を伝えながら、理解を促していくといいでしょう。

 また、憂うつがイライラに変わり、苛立ちをぶつけてしまうこともあるかもしれません。

そうなってしまったとしても、そんな自分に過剰に落ち込まないことです。苛立ちが湧きやすいなら、次の「その3」のように自分の気持ちを分かってくれる人と、定期的に話をする機会を確保することが有効です。

■ヒント3.気持ちを理解してくれる人、分かち合える人が必要

 更年期の不快な感情は、同じ経験をしてこそ理解でき、共感できるものです。自分の感情を理解してもらい、共感的に受け止めてもらえれば、それまで抱えていた思いがすっと楽になり、浄化されるでしょう。

 同世代の友人同士、地域のサークルや勉強会などで知り合った友人などのなかで、すでに更年期を経験してきた人、または、今まさに更年期を経験している人と話をする機会を持てるとよいと思います。

同じ経験をしてきた人の話のなかにこそ、生きたアドバイスがあります。当事者間で気持ちを分かち合うだけで、孤独が薄れ、安心感を持つことができます。

 更年期の不調は、長きにわたって続くものです。その期間、少しでも気持ちと体を楽にし、安心して暮らせるように体と心の管理を続けていくことが必要です。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

中高年女性のメニエール病は同年代男性の4倍弱、難聴は1.7倍強【中高年女性がかかりやすい病気】

 かかると面倒なのが耳鼻科系の病気です。生活の質が低下し、人生が台無しになることすらあります。中でもメニエール病が最悪です。目まいと耳鳴り、吐き気に襲われ、重症化すると立ち上がることが困難になります。長期休業を余儀なくされるので、経済的にも大きな損失を被ることにもなります。

 そんなメニエール病が多いのが中高年、しかも女性に偏っています。厚生労働省の「患者調査(2014年)」によれば、老若男女合わせた患者数は、全国で約6万8000人。そのうちの約2万2000人が中高年女性(40~64歳)で占められています。同世代の男性患者は約6000人でした。

 原因は、耳の奥の三半規管。平衡感覚をつかさどる小器官で、内部がリンパ液で満たされています。体の傾きに応じてリンパ液が動き、平衡感覚を生み出しているのです。ところがメニエール病にかかると、リンパ液が増えすぎて(内リンパ水腫)平衡感覚が狂ってしまうため目まいが生じるのです。ひどくなるとグルグル回るような目まいが数十分も続くため、食事が喉を通らなくなってしまいます。

 治療には目まいを抑えるクスリ(鎮暈剤)と利尿剤がよく使われます。吐き気が強い場合は、制吐剤も処方されます。実は知人の奥さんも、50歳を過ぎた頃にこの病気にかかって同じ処方を受けていました。制吐剤を飲めば吐き気は抑えられますが、食欲までは戻らないようで、半年で10キロ以上も痩せたといいます。それまで勤めていた会社は仕事を続けられず、辞めてしまいました。その後は元気を取り戻し、いまは目まいの発作は治まっていますが、いつまた再発するか不安だといいます。

 メニエール病ほど深刻ではありませんが、難聴も嫌な病気です。音は、耳の奥の蝸牛と呼ばれる小器官で感知され、電気信号として脳に伝えられます。加齢とともに蝸牛の働きが悪くなって、音が聞き取りにくくなるのが「加齢性難聴」です。患者は60代後半から増えるのですが、中高年女性でも、約1万6000人の患者がいます(男性は約9000人)。効果的な治療方法はなく、ひどくなれば補聴器に頼るしかありません。

(永田宏/長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授)

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理3日前から咳込む人も 喘息は20歳過ぎると増えてくる

あなたの奥さんは、最近激しく咳き込んだりすることがありませんか。もしかしたら、喘息かもしれません。

「喘息なんて子供の病気。しかも男のほうが多い」

 そう思い込んではいませんか。確かに小児喘息は、男の子に多い病気です。10歳までの総患者数は、男子約2万100人、女子約1万4800人となっています。しかし、中学校に上がる頃までに治ってしまう子が多く、また男女差もほとんど見られなくなります。

 ところが20歳を過ぎる頃から、女性の喘息患者が徐々に増えてきます。成人女性の喘息発作は、月経周期と相関していることが知られています。

 月経が始まる2~3日前から、3~4割の患者が咳き込むことが多くなるのです。そのため「月経喘息」とも呼ばれています。肺の上皮細胞には、エストロゲン(女性ホルモン)の受容体があることが知られています。エストロゲンは月経周期に応じて増減するため、喘息発作と関係があると考えられています。

女性の喘息患者は、更年期が始まる40代でピークを迎えます。中高年(40~64歳)の患者数は、男性約9800人に対し、女性約1万9600人。女性ホルモンのバランスが崩れることが、喘息の引き金になるといわれており、「更年期喘息」と呼ぶ医者もいます。

 もちろん、ハウスダストやたばこの煙なども喘息を引き起こしますが、更年期も原因のひとつということです。

 もしあなたの奥さんが更年期を迎えているとしたら、それだけで体調が悪く、不機嫌なはず。そこに喘息が加われば、本人のみならず、あなた自身もかなりつらい思いをするかもしれません。しかし、右のような事情を知っていると、少し冷静に対応できるのではないでしょうか。

 更年期が終われば(つまり年齢が上がれば)、更年期喘息の患者も減っていきます。男性側もそれまで我慢していれば、無事に乗り切れるかもしれません。

 ちなみに喘息で亡くなる中高年は多くはありませんが、2016年において、男性40人、女性32人が犠牲になっています。患者数では女性のほうが2倍なのに、死亡数では男性よりも少ないのですから、やはり女性は丈夫ということなのでしょう。
◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

無月経・月経不順の原因は?診断基準と受診の目安

ストレスや不規則な生活の影響を受けて増えている無月経・生理不順。そのまま自己判断で放置してはいけません。まずは、どのくらいの期間続いた状態が「異常」なのか、無月経と生理不順の診断基準と、婦人科を受診すべき目安について知っておきましょう。

月経の悩みで一番多いのが「月経不順」。規則正しく月経が来ないというものです。初潮からずっと月経不順という方もいれば、受験や就職などをきっかけに数ヶ月間だけ一時的に不規則になったり、更年期の症状の1つとして40代後半から急に不規則になる方もいます。

女性の場合、月経が規則的に来ているかどうかが、ホルモンの状態を含めて心身が正常に働いているかどうかの一番分かりやすいバロメーターになります。たかが月経不順と侮ってはいけません。

時々、毎月ピッタリ同じ日にちに月経が来ないから「生理が不規則なんです」と診察を受けに来る方がいますが、人間の体は機械ではないので、毎月同じ日にちに出血しなかったからといって全て月経不順というわけではありません。「正常な月経周期以外のペースで月経が来た場合」を月経不順と呼びます。では、正常な月経周期って何日なのでしょうか? そもそも、月経周期の数え方を正しく把握していますか?

月経周期の数え方
月経周期は、「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」で表します。多くの人が診察時に、前回の月経が「終わった日」を申告されますが、月経が終わった日ではなく、始まった日が大事。月経が始まる日数が、25日~38日の間に入っていればそれは正常な月経周期と言えます。つまり、ピッタリ1ヶ月で月経が来なくても、数日前後するのは正常範囲内です。

逆に、月経周期が24日以下だったり39日以上だったりした場合は、「月経不順」ということになります。3ヶ月間全く月経が無い状態は「無月経」といって、月経不順よりもより深刻な状態になります。

異常な月経はその周期や特徴によって、以下のように病名がついています。
•頻発月経……月経周期が24日以下の場合
•希発月経……月経周期が39日以上の場合
•無排卵月経……排卵せずに月経が来ている場合
無排卵月経は、月経周期がそれほど不規則にならないこともあるので、基礎体温で排卵を確認してみなければ分かりません。月経が何となく不規則だなと思ったら、まずは基礎体温をつけてみることをお勧めします。

月経不順になった時の受診のタイミング
2~3ヶ月の間月経が不規則になっても、その後自然に正常な周期に戻るようであればあまり心配はありません。女性の体はとてもデリケートなので、ちょっとしたストレスで排卵が遅れたりすることがあります。2週間くらい月経が遅れてしまうことも少なくありません。基礎体温をつけながら3ヶ月程度様子を見て、ちゃんと排卵があって、徐々に正常な周期に戻ってくるようなら、慌てなくても大丈夫です。

特に初潮が来たばかりの頃は、無排卵月経になったり一時的に周期が不規則になるのは珍しいことではありません。人によっては、20歳を過ぎてから月経周期が安定することもあるので、10代のうちは月経不順でも年齢とともに改善することがほとんどです。

ただ、60日以上月経が来ない場合は、放置しないでください。卵巣の働きがかなり落ちている可能性もあるので、早めに婦人科を受診することをお勧めします。特に、20歳以上の方で60日間ずっと基礎体温が低いままの場合は、全く排卵していないという事なので、きちんと検査を受けて治療を開始しましょう。

無月経の期間が長ければ長いほど、治療に時間がかかってしまいます。少なくとも3ヶ月以上完全に月経がない状態が続いたら、すぐに婦人科に行くべきだと覚えておいてくださいね。 生理痛や月経痛、生理不順については、「生理痛・月経痛・排卵痛」「無月経・生理不順・不正出血・過多月経」に詳しくまとめてあります。
◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

女性のPMSは「年齢・出産」で症状が変わる?

◆月経前症候群・PMSの主な症状は?

多くの女性が悩まされている「PMS(月経前症候群)」。

PMSは年齢や、出産経験の有無によって、症状が変わることをご存知ですか? PMS(月経前症候群)には大きく分けて、3つの症状があります。

■身体的な症状:手足が冷える、肩こり、腰痛など
■精神的な症状:イライラする、攻撃的になるなど
■社会的な症状:いつもの通りの仕事ができない、女性であることがいやになるなど

◆年齢でPMSの症状が変わるってホント?

年齢によってPMSの症状が変わるかどうか調べた調査があります。

その結果、20代の女性では頭痛、肩こり、乳房の張り、イライラするといった症状が多く見られました(肩こりは乳房が張るからかもしれませんね)。身体的な症状が多く訴えられていることがわかります。

ところが30代になると、こういった症状に加えて、20代ではあまり感じられなかった、むくみ、頭重感、食欲増加、攻撃的になる、一人でいたい、など多彩です。比較的精神的・社会的な症状が目立つようになります。

PMSがかつて「30代不機嫌症候群」などという、何ともあまり芳しくない名前で呼ばれていたことには、こういった症状の変化によるものがあるのかもしれません。

余談ですが、「元々頭痛持ちなのですが、PMSの時期に必ず頭痛も起こるようになってしまいました」とか、「口唇ヘルペスがPMSの時期に気になるようになりました」といったお話もよく聞きます。自分のもともと持っている持病が、PMSの時期に出現しやすくなってしまうこともあるようです。

これらの精神的なものを含むPMS症状は30代後半からはだんだん落ち着いてきて、40代ではまた頭痛、肩こり、乳房の張り、イライラなどの症状が主になるようです。
.

◆出産経験でPMSの症状が変わるってホント?

これも本当のようです。出産したことのある人と出産したことのない人のPMSの症状の変化を調べた調査をご紹介します。

出産経験のない人では「下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房が張る・痛い」といった身体的な症状の訴えが強いのですが、出産を経験したことがある人では「アレルギー、イライラする、怒りやすい、攻撃的になる、自分をつまらない人間だと思う、健康管理ができない、家族に暴言をはいてしまう」など、精神的・社会的な症状が目立つという結果になりました。

出産経験がある方が精神的な症状が出やすくなる原因は、女性ホルモンの影響だともいわれていますが、はっきりとは解明されていません。単にPMSというだけでなく、育児によるストレスなども関わっているかもしれませんね。下腹部痛が軽快するのは出産によって子宮の入り口が開くからともいわれています。いわゆる「子供を産むと下腹部の痛みが楽になる」というのは本当のようです。

PMS症状が出る時期は、体のなかの女性ホルモン(黄体ホルモン、卵胞ホルモン)が急激に減る時期です。女性の体の中では、たった1カ月のうちに本当にものすごい変化が起こっています。PMSの一番の対処法はまずは「自分がPMSだと認識すること」だとも言われています。まずは自分の体の傾向とリズムを良く知って、上手に付き合ってくださいね。

参考文献:月経らくらく講座 松本清一監修(分光堂 2004)
.
山田 恵子(医師)

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

下腹部が痛い!「排卵痛」の症状と治療法


◆排卵痛の時期・期間・症状……下腹部の張りや腰痛も
排卵痛とは名前の通り排卵期に出現する下腹部の痛みのこと。排卵期は排卵日を挟んで前後3日くらいのことを指すので、月経周期が28日の人であれば、月経から13~15日目くらいの時期が排卵期と考えられます。

この時期に、下腹部の張りや痛み・腰痛などの症状があれば「排卵痛」である可能性が高いといえます。排卵痛かどうかをチェックするためには、基礎体温をつけながら症状が出る時期を記録することが大切。毎月体温が低温期から高温期に移行する辺りで痛みの症状が出ていれば、明らかに排卵痛と診断されます。
.
◆排卵痛の原因・症状……激痛や吐き気の場合は救急受診を

排卵痛の原因として、主に以下の2つが考えられます。

■黄体による卵巣の腫れと女性ホルモンの影響
排卵後、卵巣の中には「黄体」というものが残り、卵巣全体が少し腫れた様な状態になります。これによってお腹の張りや痛みが出やすくなることがあります。また、同時に卵巣から多量の女性ホルモンが出始めるので、この影響で腸の動きが悪くなり、お腹が張りやすくなるのではないかと考えられています。

■排卵で起きる卵巣からの出血
排卵は、卵子が卵巣の壁を突き破って飛び出してくる現象。毎月の排卵で、卵巣の壁は多少傷つきます。その時少量の出血が起きるのは珍しくないことですが、卵巣からの出血量が多いとお腹の張りや痛みの原因となったり、卵巣の壁を突き破る時に強い痛みが生じることがあります。

排卵期は卵巣から出血しやすい時期なので、この時期にあまり激しい性交渉をすると、出血が多くなり「卵巣出血」という状態になることも。卵巣出血になるとお腹に激痛が走り、歩いてもお腹の底に響くような感じの痛みを感じることが多いので、心配して救急受診する人も珍しくありません。

立っていられないほどの激痛や吐き気などがある場合は救急受診した方がよいですが、下腹部の鈍痛程度なら様子を見てもよいでしょう。いずれにしても、本人が自覚症状だけで「これは卵巣出血だ」と判断はできないので、不安な症状が残り正しい診断を受けたい人は、受診が必要です。

◆排卵痛の治療法・対処法

排卵痛はそもそも「病気」ではないため、排卵期に多少お腹が痛くなる程度なら必ずしも治療の必要はありません。毎月強い痛みが出たり、たびたび卵巣出血になるような場合には、低用量ピルで排卵を止めて症状が改善するかどうかをみていきます。

卵巣出血で強い腹痛がある場合は、入院して様子を見ることも。また、卵巣からの出血が止まらず、お腹の中に血液がたまってきているような場合には、手術で卵巣を確認し、出血部分を止血することもあります。
.
◆排卵痛の受診の目安は痛みの強さと期間で考える

排卵痛かな?と思ったら、まずは基礎体温をつけて痛みが出るタイミングが排卵の時期と合っているかどうかを見てみましょう。明らかに排卵痛であっても、それが1~2日の軽い腹痛程度なら受診や治療の必要はあまりありません。

受診の目安としては、毎月痛み止めが必要なほどの痛みが排卵期にも出現したり、痛みが3日以上続いたりする場合。毎月症状が辛いようであれば、まずは2~3カ月低用量ピルで排卵を止めて症状が改善するかどうかを見てみた方がいいでしょう。

また、いつもは軽い排卵痛程度ですぐに治まっていたのに、今回は立ち上がれないほど痛いあるいは痛みが1週間以上続くという場合は、すぐに受診した方が安全です。通常の排卵痛は1~2日ですぐ治まるのに、1週間以上痛みが続く場合は、卵巣出血や黄体出血の可能性が考えられるからです。
.
清水 なほみ(産婦人科医)
◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

女性のPMSは「年齢・出産」で症状が変わる?

月経前症候群・PMSの主な症状は?多くの女性が悩まされている「PMS(月経前症候群)」。PMSは年齢や、出産経験の有無によって、症状が変わることをご存知ですか? PMS(月経前症候群)には大きく分けて、3つの症状があります。

■身体的な症状:手足が冷える、肩こり、腰痛など
■精神的な症状:イライラする、攻撃的になるなど
■社会的な症状:いつもの通りの仕事ができない、女性であることがいやになるなど

年齢でPMSの症状が変わるってホント?
年齢によってPMSの症状が変わるかどうか調べた調査があります。

その結果、20代の女性では頭痛、肩こり、乳房の張り、イライラするといった症状が多く見られました(肩こりは乳房が張るからかもしれませんね)。身体的な症状が多く訴えられていることがわかります。ところが30代になると、こういった症状に加えて、20代ではあまり感じられなかった、むくみ、頭重感、食欲増加、攻撃的になる、一人でいたい、など多彩です。比較的精神的・社会的な症状が目立つようになります。

PMSがかつて「30代不機嫌症候群」などという、何ともあまり芳しくない名前で呼ばれていたことには、こういった症状の変化によるものがあるのかもしれません。余談ですが、「元々頭痛持ちなのですが、PMSの時期に必ず頭痛も起こるようになってしまいました」とか、「口唇ヘルペスがPMSの時期に気になるようになりました」といったお話もよく聞きます。自分のもともと持っている持病が、PMSの時期に出現しやすくなってしまうこともあるようです。

これらの精神的なものを含むPMS症状は30代後半からはだんだん落ち着いてきて、40代ではまた頭痛、肩こり、乳房の張り、イライラなどの症状が主になるようです。

出産経験でPMSの症状が変わるってホント?
これも本当のようです。出産したことのある人と出産したことのない人のPMSの症状の変化を調べた調査をご紹介します。

出産経験のない人では「下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房が張る・痛い」といった身体的な症状の訴えが強いのですが、出産を経験したことがある人では「アレルギー、イライラする、怒りやすい、攻撃的になる、自分をつまらない人間だと思う、健康管理ができない、家族に暴言をはいてしまう」など、精神的・社会的な症状が目立つという結果になりました。

出産経験がある方が精神的な症状が出やすくなる原因は、女性ホルモンの影響だともいわれていますが、はっきりとは解明されていません。単にPMSというだけでなく、育児によるストレスなども関わっているかもしれませんね。下腹部痛が軽快するのは出産によって子宮の入り口が開くからともいわれています。いわゆる「子供を産むと下腹部の痛みが楽になる」というのは本当のようです。

PMS症状が出る時期は、体のなかの女性ホルモン(黄体ホルモン、卵胞ホルモン)が急激に減る時期です。女性の体の中では、たった1カ月のうちに本当にものすごい変化が起こっています。PMSの一番の対処法はまずは「自分がPMSだと認識すること」だとも言われています。まずは自分の体の傾向とリズムを良く知って、上手に付き合ってくださいね。
◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

婦人体温計、みんなのおすすめ&続けるコツ

「基礎体温」を測ったことがありますか? 朝起きてすぐの安静時に、口の中で測るのが基本。小数第2位まで計測できる「婦人体温計」を使います。

生理日予測や妊娠しやすい時期が分かるほか、ダイエットやお肌のケアなど、美容にも役立てることができるのだとか。

とは言うものの、働き女子からは「婦人体温計を使いたいのですが、どれがよいか分からず使っていません(24歳・未婚)」「持ってはいますが、使い方が分からなくて使用していません(32歳・既婚)」など、婦人体温計の選び方・使い方に迷っているという声が。

 そこで日経ウーマンオンラインでは、婦人体温計に関するアンケートを実施。「婦人体温計、みんなが使っているブランドは?」「選び方のポイントが知りたい!」「毎日測るコツは?」などの疑問にお答えします。
.
安心感で選ぶならオムロン・テルモ 1番人気は「Woman℃(テルモ)」の高機能タイプ

 働く女性の皆さんは、どんな婦人体温計を使っているのでしょうか。婦人体温計を使っている人に人気のメーカーは「オムロン」「テルモ」の二大ブランドでした。

「オムロン製品は安心できます(26歳・未婚)」など、老舗の安心感・製品への信頼感が決め手になっているようです。

 そんな定番商品の中で、もっとも多く商品名が挙がったのが、「Woman℃(ウーマンドシー、テルモ)」の高機能体温計です。約20秒間で検温ができ(予測式)、水洗いもOK。

PCにデータを送信して管理するタイプと、本体内にデータを蓄積できるタイプの2種類があります。中には「この体温計だからこそ続けられる」という熱いファンの声もありました。

◆「テルモのWOMAN℃を使っています。グラフ表示、次回の生理日、排卵日の予測や体調の記録など、便利な機能がたくさんついています(年齢不明・未婚)」 ◆「バックライト搭載で、目覚まし機能付きなので、毎朝起きてすぐ測れます。

測定時間が短く、多機能なこの体温計だからこそ、毎日続いています。ストレスフリーです(26歳・未婚)」

2番人気は「プチソフィア(ニシトモ)」 コンパクトでお手頃価格

 次に人気だったのは、ニシトモの「プチソフィア」。本体に体温を自動記録してグラフを作成する機能や、アラーム機能もついてお手頃価格なので、「気軽に始めてみたい」という女性に人気のようです。測定には約5分間かかります(実測式)。

◆「ドラッグストアで一番売れていた、3000円くらいのニシトモさんの体温計で毎朝決まった時間に計っています(35歳・既婚)」 ◆「プチソフィア。起きる予定時間より5~10分程度早めにアラームを設定して、アラームで目覚めて体温計をくわえたまままどろみ、測定完了の音で目覚める。

購入前は水銀体温計だったので記録が面倒だったが、これなら自動的に記録してくれるし、目覚ましにもなる。排卵日がいつだったかを確認できるし、体調変化の予測にもつながってストレスが減った(34歳・未婚)」

ピピッと素早く予測式? じっくり正確な実測式? 忙しい朝、10秒で測れるオムロンの最新機種

 婦人体温計を選ぶとき、働き女子はどんなポイントを重視して選んでいるのでしょうか。「計測に時間がかからないものを使っている。

毎日のことなので、手間のかからないものがベスト(38歳・既婚)」という声がある一方、「計測時間が5~10分間のもの。測るのに時間がかかるけれど正確です(36歳・既婚)」という正反対の意見も。

 実は、婦人体温計の計測方法には「予測式」と「実測式」の2種類があります。

検温開始から数十秒間の体温の上がり方を分析し、5~10分後の体温を予測するのが「予測式」。測定時間が短いというメリットがありますが、比較的誤差が出やすく、価格設定も高め。

 一方の「実測式」は、「これ以上上がらない」という温度になるまで、実際の体温を測るもの。測定時間は5分以上と長いですが、正確で低価格なものが多いという長所があります。

 先に紹介した「Woman℃」の高機能モデルは、約20秒間で予測検温結果を表示した後、そのまま計測を続けると、5~10分後に実測体温を表示するようになっており、「予測式」と「実測式」、両方の機能を兼ね備えています。

 「とにかく早く測りたい」という方におすすめなのが、オムロンの最新機種「MC-652LC」。予測検温は約10秒ででき、「測っている間に二度寝してしまう(26歳・未婚)」という心配もありません。「Woman℃」同様、約5分後に実測結果を表示する機能もついています。

 中には、「予測式」と「実測式」、両方を用意して使い分けている人もいるようです。

◆「婦人体温計、5分と30秒の2種類を持っています。5分の方が正確ですが計り終わる前に二度寝してしまい、30秒は早いけど予測式のため誤差が出ます。その日の気分によって使い分けています(26歳・未婚)」

スマホアプリ、PC連携なら記録も簡単 体温計付きアプリ「楽天キレイ℃ナビ」が人気

 毎日測った基礎体温を、手書きでコツコツ記録するのは案外手間がかかります。働き女子からも「とにかく面倒くさがりなので、測った後に手で記入するタイプは苦手(28歳・既婚)」などの声が。

多機能型婦人体温計の中には、PCやスマートフォンアプリと連携してデータを管理できるもの(Woman℃、MC-652LC)、本体内に数カ月分のデータを蓄積できるもの(Woman℃、プチソフィア)などがあります。

 中でも、スマホで簡単にデータを管理したい!という女性に人気なのが、楽天の「キレイ℃ナビ(キレイドナビ)」というアプリ。

 サービスに申し込むと、専用の婦人体温計(東芝製、予測・実測兼用)が自宅に届きます。専用リーダーやケーブルは必要なく、検温後、スマホにかざしてボタンを押すだけでデータ転送できるのが特徴。月額170円のコースと、年額2000円のコースがあります。

◆「測ってすぐにアプリに転送。体温グラフの作成、分析、アドバイスをしてもらえる便利なアプリです(37歳・既婚)」 ◆「手間いらずで測定結果を管理でき、面倒くさがりの私でも1年以上続いています(37歳・既婚)」 ◆「有料だから無駄にしないでちゃんと測る(38歳・未婚)」

根強い人気のシンプル体温計 スリムで扱いやすく、壊れにくい

 ここまで、予測検温やアプリ連携など、時間や手間のかからない多機能タイプの婦人体温計を中心に紹介してきました。一方、昔ながらの水銀計や、デジタルでも体温を測るだけのシンプルなものを愛用しているという声も多く寄せられました。

スリムで扱いやすいこと、電力消費が少なく壊れにくいことなどから、シンプルタイプの体温計を選ぶ女性が少なくないようです。

◆「古い水銀タイプが電池交換の手間も必要なく、けっこう正確(年齢不明・未婚)」 ◆「体温計の画面で毎日の体温管理ができるものは楽チンでしたが、かさばって邪魔になってしまい、結局機能の無い普通の体温計を使用しています(39歳・既婚)」 ◆「多機能なものを買ったらすぐ壊れてしまったので、体温が測れるだけで十分(33歳・未婚)」 ◆「3カ月分のデータを蓄積するタイプも持っているが、使用していない。

少し大きいので口にくわえると重い。結局毎日使用しているのはスリムで、くわえやすいシンプルなもの(26歳・既婚)」

基礎体温を測り続けるためのコツ 枕元に置く、アラームの活用、目的を決める…

 ライフスタイルに合った婦人体温計を手に入れたら、次に大切なのは、毎朝測り続けること。数カ月間続けることで、生理周期や排卵日など、体のリズムが見えてきます。

とは言え、「三日坊主でまったく続かないです(24歳・未婚)」「一時使用していたが、朝ぎりぎりまで寝ているため、面倒になって止めてしまった(36歳・未婚)」という人も多く、多忙な働き女子が毎朝の検温を継続するのは難しいようです。

 そこで、婦人体温計を使い続けている女性たちに、「続けるコツ」を聴きました。「枕元に置く」というシンプルな方法や、体温計のアラーム機能の活用、「基礎体温を測る目的を決める」など、明日からすぐにできる方法をご紹介します。

朝、起きてすぐ手に取れる場所に置く

◆「枕元に置いておき、目覚めたらすぐに測っています。コツは、枕元に体温計を置くスペースをきちんと作り、眠る前に『明日も体温を測るぞ』と唱えること。

本当にその通りになります(34歳・未婚)」 ◆「デジタル体温計でグラフに自分で記入している。目覚ましを止めた手で体温計を取って測るので、忘れないため20年続けている(37歳・既婚)」 ◆「毎日測るコツは枕元に置くことです。で、携帯に即座に入力!(32歳・既婚)」

体温計のアラーム機能を活用

◆「アラーム付きのものを使用して、目覚ましがわりに使う(28歳・既婚)」 ◆「電波時計、アラーム機能が付いている物を使っています。毎朝このアラームで目覚めて測定し、終わったら起床しています(年齢不明・既婚)」

パートナーの協力

◆「毎朝旦那さんが口に体温計を突っ込んでくれたので、なんとか続けられました(30歳・既婚)」 ◆「毎朝先に目が覚める旦那さんが口に入れてくれていた。妊娠を望んでのことだったので夫婦二人三脚でやっているような気持ちになり、とてもありがたかった。(31歳・既婚)」

目的を持つ

◆「続けるコツは、『自分の身体を知ることで人生設計ができる』という主体的な目的を持つこと(31歳・既婚)」 ◆「最初は面倒でしたが、排卵日や生理日を予測できることで精神的にも余裕ができ、体調管理の一つとして受け入れると手間を感じなくなりました(35歳・既婚)」 ◆「独身なので、排卵日より次の生理の予想のために利用しているが、下着やナプキンの用意、公私ともにスケジュールが組みやすいなどのメリットを考えると自然に毎日計測できている(39歳・未婚)」

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

あなたのカラダの不調、じつは月経不順と連動しているかも。どうやって治す?

ストレスなどが原因のことも多い月経不順。「このぐらいならいいか」と放っておいていませんか? 月経不順がある場合、同時に体の他の場所にも不調を抱えている場合があります。

一見、別々の症状に見えても実は連動していることも。月経不順と、それに伴いやすい症状について「霞が関診療所」の丸山綾先生に聞きました。

「主訴は別の症状でも、話を聞いてみると実は月経不順を伴っている、という女性は少なくありません。月経周期が25~37日内でのズレはあまり心配ないことが多いですが、20日を切ったり40日以上だったりという場合は注意が必要です。

中には『月経が来ない方が楽だから不順でもいい』という女性もいますが、不調のシグナルですので早めに受診してください」

月経不順の原因は、もともとの体質やストレスなどさまざまですが、ほかの症状と連動していることも多いのです。この場合、体質に合わせた治療をすることで、どちらの症状も改善することがよくあります。今回は2つの例を紹介します。

(1)便秘
男性に比べて腹筋の弱い女性は便秘になりやすい傾向があります。3日~1週間以上出ないことが続く場合、受診するなど対応を考えましょう。便

秘にもさまざまな原因がありますが、実証(もともと体が丈夫なタイプ)の便秘の場合、お血(おけつ)を伴うことが多いのだとか。お血は、古い血液が体内に滞っている状態のことで、これは月経不順にもつながります。

「この場合、食生活で気を付けるとするなら動物性の脂肪や白糖を控えることです。できる限り運動もして、いわゆる『血がドロドロ』の状態を改善しましょう。

また、このタイプの人に処方することが多い漢方薬は大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)です。

駆お血(くおけつ)剤である牡丹皮と桃仁、便秘や腹部膨満を解消する大黄と芒硝、炎症に効果のある冬瓜子の5つが構成生薬です」(丸山先生)

(2)のぼせ、めまい
顔や上半身がほてったり汗をかいたりする「のぼせ」の症状。めまいを伴うことも多いです。

この症状は、気が体の下部から上に逆流してきてしまう「気逆」です。女性ホルモンの変動によって起こることも多いため、月経不順を伴うこともよくあります。

「女性ホルモンの波を落ち着かせるためにはストレスを緩和することや規則正しい生活をすることが大切です。また体内のバランスを整える漢方薬を試すのも一つの方法です。

実証タイプののぼせやめまいに用いることが多いのが女神散(にょしんさん)という漢方薬。月経、妊娠、出産、産後、更年期などで女性ホルモンの変動が起こりますが、この変動に伴って表れる精神症状(イライラや不安)や身体症状(頭痛や腹痛など)を『血の道症(ちのみちしょう)』と呼ぶことがあります。

この『血の道症』にもよく用いられるのが女神散です」(丸山先生)

毎月1回来るはずの月経に異変を感じたら、それは体からのシグナル。ひどくなる前の早めの対処が肝心です。

また、便秘やめまいなど、「病院へ行くほどでもないかも?」と思う症状も、原因を辿れば月経不順と連動しているということも。自分の体と向き合う時間を定期的に設け、「私は大丈夫」と思わない心構えが大事ですね。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

人には聞けない! 「私の生理って人とちがうの?」と思った瞬間、第1位は「経血量が多い」

女性なら誰もが経験する「生理」ですが、自分と他人を比較する機会はそう多くはありません。自分にとっては「普通」だったことが、ふとした瞬間「もしかして、ほかの人とはちがうのかも!」と思った経験はありませんか?

 働く女性たちの意見を聞いてみました。

Q.あなたは、「自分の生理が人とちがっているかも?」と感じたことはありますか?

ある……30.4%
ない……69.6%

「ある」と答えた女性は約3割。どうちがっていると思うのか、詳しく教えてもらいました。

Q.自分の生理は、人とどこがちがっていると思いますか?

第1位「経血量が多い」……31.6%
第2位「経血量が少ない」……22.4%
第3位「体調の変化が多い」……18.4%
第4位「痛みを感じる期間が長い」……17.1%
第4位「気分の変化が多い」……17.1%
※6位以下省略、複数回答可

一番多くの女性が「ほかの人とちがうのでは……」と思っているのは、「経血量の多さ」であることがわかりました。みんなのリアルな悩みを覗いてみましょう。

■第1位「経血量が多い」

・「多い日は、思わずトイレやパンツを汚すほど経血量が多いからです」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「ひどいときは夜用のナプキンが30分くらいでダメになる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

経血量が多いと、生理による失敗も増え、自分でも不安になってしまいますよね。経血量にはもともと個人差があるものですが、あまりにも多い場合、また突然量が増えてきた場合には、病気のサインである可能性も……。そういうときは一度病院で相談しましょう。

■第2位「経血量が少ない」

・「生理が短くてほぼ無痛なので、生理痛が重すぎて寝込むとか薬が手放せないという友人の話を聞いて、驚いたことがある」(33歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「ナプキンが一日1個で済むことが多い」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

多い人と比べると、やはり「生理が楽」という印象がありますよね。とはいえ「本当に女性機能が働いているのかな?」という不安も消えません。一度基礎体温を測って、排卵チェックしてみてはいかがでしょうか。

■第3位「体調の変化が多い」

・「生理がはじまる2週間ほど前から下半身がぷよぷよし、影響が早く出やすい気がします。食欲や気分の変化も顕著で、1カ月の半分を生理の影響で振りまわされている感じです」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「骨盤が割けるような痛みがあり、何も食べていなくても胃液を何度も吐いてしまう。便秘と下痢をずっと繰り返していて、正常なお通じがあまりない。頭痛がひどく、集中できない」(26歳/情報・IT/技術職)

生理時の体調の変化と言えば「生理痛」が有名ですが、近年PMSで悩む女性も増えています。食欲や気分の変化、頭痛、便秘など、さまざまな症状が出がちですね。

個人差があるものと頭ではわかっていても、比べられないことで不安に感じている方も多いはずです。不安な方は、本やネットで情報収集をしたり、婦人科を活用するなどしてみてくださいね。
◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

気になる更年期。コラーゲン ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂るのがベスト

体や肌の不調が気になる更年期。テレビの通販番組で連呼されて、ついつい気になってしまうのが「コラーゲン」だ。

 細胞と細胞を繋ぐ働きをするコラーゲンは体全体の30%を占める。

骨の軟骨、血管の内側、目、髪などにも含まれるが、最も多い皮膚の真皮には70%近く含まれており、肌の弾力性と関係が深い。ところが、加齢や紫外線のダメージにより減少し、体内での再生能力も衰えてしまう。

『Rサイエンスクリニック広尾』院長の日比野佐和子さんは言う。

「しわやたるみなどの改善に、直接顔にコラーゲン(仔牛由来)を注入する方法は、体内のコラーゲンと結びついて仕上がりの違和感がありませんし、特に目の周りは自然な美しさが出ます。

ただし、即効性がある半面、トラブルも起こりやすい。アレルギーの既往歴がない人でも、約3%の人にアレルギー反応を確認しています。

 また、皮内テストが必須になるので、診察後すぐに注入することはできません。コラーゲンを腕に注入し4週間の経過観察を原則2回。1回目に反応がなかったとしても遅延反応が起こりうる可能性があるためです」

 日比野さん曰く、患者の希望する肌の仕上がりにもよるが、注入する場合は、アレルギーがなく低価格帯のヒアルロン酸がおすすめとのこと。

「10~20gのコラーゲンペプチド飲料をのんだら、アミノ酸レベルまで分解されることなくコラーゲンペプチドとして血中に残っていたという研究結果が出ています。つ

まり、血中に残り、皮膚や組織に到達することから、美容効果も期待できると考えられているのです。特に初めてのかたには、肌注入よりも飲料やサプリメント(動物性「豚・鶏由来」と海洋性「魚」の2種)、食事による摂取がおすすめ。

 ただし、胃腸などに不調がある場合は食物から摂取しても吸収されないので、低分子コラーゲンの飲料やサプリで摂った方が効率的です。商品を選ぶ際はより低分子のものを成分表示でチェックしましょう」(前出・日比野さん)

 食事(角煮、鶏の手羽先、煮魚の煮こごりなど)でも摂れるが、難しい。たとえば、揚げ物や高脂肪食と共に摂ると善玉ホルモンのアディポネクチンの働きが弱まり、コラーゲンやヒアルロン酸を低下させることが判明している。

また、コラーゲンの糖化(弾力性がなくなる=老化)に繋がる糖分の摂りすぎもNG。コラーゲンを増やすビタミンCやたんぱく質と一緒に摂るのがベスト。飲料やサプリも同様だ。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

生理痛を和らげる食べ物5つ

毎月1回くる生理は、憂鬱ですよね。

でも、これは女性ならば赤ちゃんを作るために避けては通れない道。

避けて通ることができないのなら、せめて少しでも楽に生理を乗り越えられるようにしたいですよね。生理の症状の中には色々なモノがありますが、中でも多くの人の悩みになるのが生理痛でしょう。

今回はそんな、辛い生理痛を和らげてくれる効果のある食べ物をご紹介します。

1.玄米

普段からダイエットやデトックスを目的として、玄米を食べている人もいるかもしれませんが、生理のときには白米などの精製食品はあまりよくありません。理由は身体を冷やしてしまうからです。

逆に玄米は身体を温めてくれる作用があるので、積極的に摂りたい食べ物。ただ、玄米だけだと食べにく、苦手だったりする人もいるかもしれないので、そういう場合は雑穀米を普段の白米に足して食べることをおススメします。

食物繊維も豊富なので、生理の前の便秘などにも有効ですよ。

2.芋類

生理痛を和らげるときのポイントは、身体をとにかく温めること。野菜なども生では食べず、茹でたりして火を通してから食べるといいでしょう。

特に芋やレンコンなど、根菜類全般は身体を温める作用があるので、野菜を食べる場合は芋類を選ぶと良いでしょう。

3.バナナ

フルーツをもし食べたければ、バナナをおススメします。生理のときの症状は、脳内物質のセロトニンなどに影響されることがあります。

バナナを食べることで脳内のセロトニンを増やすことができるため、生理痛だけでなく、生理に関わるすべての症状の緩和に役立ちます。

4.豆類

生理の間は、身体の中のホルモンバランスが崩れやすくなっています。ホルモンバランスが崩れると生理の諸症状に悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで、生理痛を和らげるために大豆や小豆などに含まれるイソフラボンを多めに摂るようにしましょう。納豆や豆乳などは、美容にも最適です。いつも気をつけて摂っている人も、生理の間は少し多めに摂取するように心がけてみてください。

5.牡蠣

生理痛が酷い人には牡蠣をおススメします。牡蠣には亜鉛が多く含まれていて、亜鉛を摂ることで生理痛を緩和できます。

牡蠣は食べにくいという人は、チーズやレバー、アーモンドなどでもOK。アーモンドは特に持ち歩きに最適なので、会社でのおやつ代わりにも使えますよね。

いかがでしたか?

身体を温めると聞くと、生姜を思い浮かべる人も多いと思います。もちろん生姜も積極的に摂りたい食べ物です。そのままだと食べにくいので、生姜湯や料理に加えるなど工夫をしてみるといいでしょう。

生理のときは身体も心も不調になりがち。あまり無理をせず、ストレスを溜めないようにすることも重要ですよ。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆
格安ドメイン名取得サービス
最新記事
ninjya
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
PR