あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

カテゴリー  [■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 ]

1日3食はNG? 胃の調子がどんどん良くなる3つの方法「普段からガムを噛む」  

食生活の乱れや疲労、ストレス等々、現代は何かと胃に厳しいことばかり。とくにこの時期、五月病はクリアできたものの、「どうも最近胃の調子がすぐれない・・・」という人も少なくないのでは?じつは、日ごろ何気なく行なっている食生活の中には、知らずのうちに胃に負担をかけてしまっていることもあるのです。

たとえば、「1日3食しっかり食べましょう!」という健康の常識は、胃の弱い人にとっては非常識ともいえる行為だったのです!そこで今回は、胃痛や胃もたれなど、いまいちパッとしない胃の調子を改善するための3つの食生活習慣をご紹介します。

●1日頻回ちょっとずつ食べよう

ちなみに、かつての日本では1日2食が一般的だったようです。しかし、「武士社会の必要から発生した実質1日3度の食事は、室町時代に始まり、江戸時代に一般化した」とも言われています(『日本の食文化―その伝承と食の教育』より)。たしかに今の世も、企業戦士はじめ武士さながらに戦っている人はたくさんいます。しかし、胃弱な人の場合、1日3食しっかり食べていては、かえって本領を発揮できないことにもなりかねません。

胃の弱い人、あるいは、胃の消化力が弱っているようなときは、通常1回分の食事を2~3回に分割し、2~3時間おきに食べましょう。一気に食べると胃は消化活動に追われ疲弊してしまいますが、少量をちょこちょこ食べる分にはさほど負担がかかりません。また、この食べ方だと血糖値の急激な上昇もセーブすることができるので、ダイエットにもグッドなのです!

●普段からガムを噛もう

胃酸の出過ぎは胃痛の原因になります。また、消化不良は胃もたれを引き起こします。このふたつを予防するには、よく噛んで食べることが基本になります。食べ物を消化するには酵素のチカラが欠かせません。酵素にはたくさんの種類がありますが、最初に活躍するのがアミラーゼで、これは唾液に多く含まれています。そして、唾液をたくさん分泌する方法がよく噛むことなのです。

大量のアミラーゼにより最初の段階で食べ物が十分に分解されていれば、胃への負担は軽くて済みます。胃酸の分泌も抑えられるので、多少胃の働きが弱まっていても消化活動はラクになるわけです。最低でもひとくちにつき30回は噛むようにしましょう。普段からガムを噛むのもおすすめです。噛むことで唾液が分泌されるため、とくに食前に噛むことで胃への負担が軽減されます。同じ理由で、梅干しやレモンを食前に口にするというのもよいでしょう。

●肉類・乳製品は控えめに

脈略と米食文化を受け継いできた日本人。それゆえ、脂質や動物性タンパクを分解する酵素を分泌するのは不得意だったりします。もちろん、「ばんばんお肉を食べてもまったく問題なし!」という人もいるわけですが、胃の弱い人や胃の消化力が弱っているときはほどほどを心がけましょう。欧米の食文化が入ってきてまだ100年程。うまく適応できないのも当然なのです。




( 2018/05/21 01:32 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

異常値になった理由が重要な肝機能 

どこの結果でも時系列で見られるようになった

 平成20年以降の健康診断では、肝臓に関する検査はGOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTの3種になりました。スクリーニングとしては必要にして十分な項目でしょう。

 検体検査の専門学会では“標準化”といって、血液などの計測をした場合、どこの病院でもどこの検査センターでも同じ結果がでるように試薬や測定手順などを統一する努力をしてきました。

一般の人たちから見ると、どこで測定しても同じ結果になるはずと思われるでしょう。しかし、実はわりと最近まで、GOTやGPT、γ-GTをはじめ多くの検査項目は検査機関ごとに検査機器ごとに測定結果と基準範囲が異なっていたのです。

 すなわち同じ人の血液を同時に5カ所の検査センターに提出したとすると、5通りの結果が出ていたのです。しかし昨今のように転勤や転職が多い時代になると、検査結果を時系列に比較しにくくなってしまいます。この不便さは標準化が確立して解消してきました。

 さて肝機能で異常があった場合、既に何らかの肝臓病の存在が判っている場合は主治医がフォローしてくれているはずですから、主治医一任としていいと思われます。異常値になった理由が読めないときは精密検査に進むことになります。

まずおさえておくのはウイルス性肝炎の検査

 まずおさえておく検査はウイルス性肝炎の検査です。A型肝炎は一般に症状がはっきり現れるので、健診で発見されることは稀でしょう。健診由来の検査では、通常はB型とC型肝炎の検査が行われます。

B型もC型も主に血液を介して感染します。性病としても感染します。B型肝炎は献血時の検査が完璧に行われるようになり、また母子感染の対処が完全に行われるようになり減少傾向にあります。

 また、B型、C型肝炎とも慢性化して肝硬変になると、肝がんを併発することが分かっています。

肝硬変になる前の慢性肝炎の段階で、インターフェロンで治療をすると病勢が安定しますので、専門医のもとで治療開始のタイミングをみながら経過観察をします。

 ウイルス性肝炎はこのほかにD型、E型、G型、TT型が確認されています。B型、C型が否定された際には検査することになるかもしれません。

 F型は一時ウイルスが確認されたとの報告がありましたがその後の再確認ができておらず、今のところ欠番となっています。

超音波検査で精密検査

 さらに健診後の精密検査で行われるものに超音波検査があります。

超音波検査は妊娠中にも安全に使えるもので、肝臓、胆のうのほか、膵臓、腎臓、脾臓の状態も検査でき、卵巣、子宮、前立腺にも有用で、心臓の筋肉の動きや弁膜病変、腹部の太い血管や足の血管の病変の検出にも応用される手法です。

 肝機能障害からの精密検査としての超音波検査では、最悪肝がんが見つかることもありますが、一番多いのは肝臓脂肪沈着です。

 超音波は水の中は簡単に通過しますが、空気など気体があると減衰します。骨や結石などがあると通過できません。

脂肪組織では脂肪の量に応じて反射します。超音波を肝臓にあてて反射して戻ってきた超音波をコンピュータで画像に合成すると、肝臓内の脂肪の量を画像として見ることができます。

 脂肪沈着量は軽度、中等度、高度の3段階で表現します。中等度、高度があまり長期間にわたっていると肝硬変に進展しますので要注意です。

 肝臓に脂肪がつく最大原因は飲酒によるカロリーの摂り過ぎです。

肝障害が肝臓脂肪沈着のためと確認されたときは、何とか脂肪を抜く作戦をたてる必要があります。さらなる脂肪沈着を進めないために、節酒とダイエットは一応必要です。
.
肝臓についた脂肪は落ちにくい

 しかし、肝臓についた脂肪は、使われなかったエネルギーが貯蔵されている状態ですから、この貯金を積極的に消費する作戦をたてるべきでしょう。

すなわち運動をして貯金をおろすことが一番です。ほぼ毎日、あまり激しくない有酸素運動を続ける習慣をつけたいものです。

 実は日々1万歩ほどの運動をすると、メタボリック症候群などで槍玉に上がっている腸間膜などについた内臓脂肪は割りと早く減少します。しかし、同じ内臓にある脂肪でも、肝臓の脂肪はなかなか抜けてくれません。

 気長に長続きできる運動を2年間くらい行う必要があります。

毎日ひと駅手前で降りて歩いて帰るなど結構努力したのに、1年後の健診でも肝臓脂肪が減っていなくて、がっかりしてウォーキング習慣をやめてしまう人がいます。もう1年頑張ってもらうと、成功することが期待できるのですが…。

 GOT、GPT、γ-GTの異常は、肝臓ほかに胆石の存在や胆のう、胆管の病気のためのこともあります。また心臓や骨格筋が原因のこともあります。さらに常用している薬品やサプリメントが犯人のことも時々見かけます。




( 2018/05/21 01:29 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

食生活以外にも潜む脂肪肝のリスクとは?  

脂肪肝とは肝臓疾患のひとつで、肝臓の中に中性脂肪が過度に蓄積されることで発症します。肝臓には通常3%~5%程度の脂肪細胞が含まれていますが、脂肪細胞の割合が5%を超えた状態を脂肪肝と呼びます。

例えば、糖分や脂質を多く摂取するような食生活をおくっている人は、脂肪肝になるリスクが高いといえます。日本でも食生活が欧米化し始めた1980年代から、脂肪肝になる人がよく見られるようになりました。

◆食生活以外にも潜む脂肪肝のリスク
脂肪肝の原因は、脂質が多い食生活以外にもいろいろあります。その中でも注目したいのは、アルコール習慣です。

日々の晩酌など、慢性的に体内にアルコールが入ると脂肪肝のリスクが高くなりますが、飲酒の量も大きく関係しており、当然ながら多量に飲む人ほどリスクは高まります。

では、どれくらいの量が「飲みすぎ」なのでしょうか?体質などにもよりますが、ひとつの目安としては、純アルコールに換算して20gと言われています。

これはビールなら500ml(アルコール度数5度の場合)、日本酒なら1合(同15度)、ウイスキーなら(同数43)グラス1杯程度です。これらのいずれかを毎日のように飲んでいる人は、脂肪肝のリスクが高いと言えます。

◆自覚しにくい肝臓疾患
脂肪肝に限らず、肝臓疾患は自覚症状が出にくいという特徴があります。肝臓が「沈黙の臓器」と呼ばれるゆえんです。

そのため、特に体に異常などを感じることもなく、たまたま健康診断で引っ掛かったことで発覚したというケースも少なくありません。

アルコールが原因の肝臓疾患は禁酒することで改善できる場合もありますが、「NAFLD」と呼ばれる非アルコール性の疾患の場合は、早期の治療が必要です。

飲酒の習慣がないのに脂肪肝と診断された人は、ウイルス性や自己免疫性の肝炎が原因であることや、場合によっては原因不明ということもあり得ます。

◆お酒を飲んでいなくても危険!
NAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患)の患者のうち、10%は「NASH」(非アルコール性脂肪肝炎)と呼ばれる疾患を発症すると言われています。

NASHは肝がんや肝硬変に発展するリスクがあり、また放置しても治ることはありません。放置すると5~10年後には約5人に1人が肝硬変を引き起こすと言われておいるため、注意が必要です。

◆NAFLD・NASHの治療法
NAFLDやNASHといった肝疾患は、食事療法や運動療法によって血液中の脂肪細胞を減らす治療がメインとなります。

重度の場合は抗酸化作剤や糖尿病の治療に使われるインスリンなどを注射するといっった薬物治療が用いられる場合もあります。

ただし、薬物治療の効果はまだはっきりと確立されているわけではないため、生活習慣と食生活を見直しながらコツコツと治療することが必要です。




( 2018/05/21 01:28 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

異常がないのに胃が辛い もたれ感を改善する方法を医師解 

異動・転勤が多い春は気をつかうことが多く、ストレスもたまりがち。

1都3県の上場企業に勤務する男女800人を対象としたアンケート調査で「ストレスがある」と答えた人は674名。

そのうち約6割が「胃が痛くなる」

(25.7%)「下痢がちになる」(14.5%)

「胃にガスがたまりやすくなる」(14.4%)
などトラブルを抱えていると分かった(2015年ヤクルト調べ)。

この胃腸トラブル、病院へ行っても解決できない経験をした人も多いのではないだろうか。

 それというのも、検査をしても炎症や潰瘍などの原因が見つからず、辛いのに打つ手がないことが多かったからだ。

ところが2013年、そんな胃の症状が「機能性ディスペプシア」という保険病名を獲得。治療したくてもできなかったジレンマは解消されつつあると、東邦大学医療センター・大森病院総合診療科の瓜田純久教授は話す。

「機能性ディスペプシアとは、症状の原因となる異常が見つからないのに、胃の痛みや胃もたれなどの辛い症状が慢性的に続く状態です。患者数は1500~3000万人とも推計されています。

おもな症状に、『食後のもたれ感』、『食事を始めてすぐに胃が一杯になる感じ』や、みぞおちの痛み、焼けるような感じがあります。

こうした症状はQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の低下につながりますから、積極的に治療ができるようになったのは、喜ばしいことと考えています」

 しかしその一方で、治療をする上での悩みもある。

「2014年に、機能性ディスペプシアの治療ガイドラインができました。しかし、もともと器質的な異常の見られない病気ですし、慢性的に症状が続くことも多々あります。患

者さんの負担を軽減するためにも、さらに医療費の増大を抑えるためにも、できる限り薬を使わず、安全性の高い食品で症状を改善することができれば、というのが臨床医としての願いでした」(同前)

 そこで瓜田教授らは、善玉菌として知られるビフィズス菌のうち、「B.ビフィダム Y株」を使っての研究を始めた。




( 2018/05/21 01:26 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

「眠くならない」のは老化の証拠!?朝型に切り替え、良質な睡眠をとるための方法6カ条  

サーカディアンリズムの基礎知識

夜眠れない、昼間に眠くなるといった睡眠の悩みを抱えている人が増えています。

睡眠は精神や肌の状態にも大きな影響を及ぼします。睡眠は実は幸せ度に最も影響する要因のひとつなのです。

体温や血圧などの僕たちの体の生理現象は、体中の細胞に備わっている体内時計(サーカディアンリズム)によってコントロールされています。

朝起きて、夜眠くなるという睡眠と覚醒の24時間のサイクルが毎日やってくるのも、このサーカディアンリズムによるものです。

脳の視交叉上核というところにある「主時計」に1日の始まりを知らせるのが朝の光です。

なかでもそれに含まれるブルーライトが重要ということがわかってきました。

また、心臓や胃、肝臓などの臓器にも「末梢時計」があり、こちらは主に食事の内容やタイミングによって影響を受けていると考えられています。

 ですから、朝起きたときにはまずカーテンを開けてブルーライトを浴び、朝食をきちんと食べることで、サーカディアンリズムが規則正しく刻まれ、睡眠のリズムも整って眠りにつきやすくなるのです。

サーカディアンリズムの乱れはエイジングを加速する

 近年、夜型の生活や不規則なライフスタイルによって、このサーカディアンリズムが乱れ、睡眠障害や生活習慣病の発症に大きな影響を及ぼすという報告が数多くなされています。

「夜寝る前にパソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトを浴びているとサーカディアンリズムが乱れる」

「夜の過剰な光と不規則な生活でがんや生活習慣病のリスクが増える」といったことは、この連載の中でもお伝えしてきました(「寝る前のメールチェックは太る!?」「ノーベル賞の青色LED、体への影響は?」)。

 2013年には、時計遺伝子をうまくはたらかないようにしたマウスの実験で、睡眠中に高まるはずの酵素の産生が減り、通常では見られない脳細胞の破壊が起きているという報告もありました。

サーカディアンリズムの乱れは、生活習慣病だけでなく脳の老化も促す可能性があると考えられます。

 サーカディアンリズムの乱れは、脳だけでなく体全体のエイジングを進めるという見方もできます。

昔からいわれてきた「早寝早起き、規則正しい生活」は、アンチエイジングのためにもとても大切なのです。




( 2018/05/21 01:25 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

胃のムカムカの対処法と、再発を防ぐために守りたい7つの習慣  

■辛い胃の痛み。その原因は大きく分けて2つある!

 胃もたれ、胸焼け等、食べ過ぎた後は毎回「こんなことになるなら次は食べ過ぎないぞ!」と心に誓うものの、同じことを繰り返してしまう人も多いと思います。

 もちろん最初から食べ過ぎないということが一番の対処法であり、食べすぎた後に言い出しても後の祭り。この辛い痛みの対処法について考えてみましょう。

 まずは、食べ過ぎがなぜ胃もたれ・胸焼けを引き起こすかについてお話します。メカニズムは大きく分けて2つあります。

 食道と胃をつなぐ部分にある「下部食道括約部」と呼ばれる巾着の口のような部分があります。暴飲暴食によって、この部分が疲れてしまうと、胃の辺りがムカムカしたり胃もたれを感じたりします(逆流性食道炎)。

 胃酸は、塩酸を含む強酸性の消化液です。基本的に、胃の内側の粘膜は胃酸に対応できるつくりになっていますが、胃の疲れが溜まると胃の内壁も胃酸に耐えられなくなってしまいます(胃・十二指腸潰瘍)。

 この2つの原因が重なって、胃もたれや胸焼けの原因となります。

■痛みが激しい……胃もたれ、胸焼けの緊急時の対処法

 痛みが激しい間は、基本的には安静にしていることをオススメします。その時、絶対に横にならないようにしてください。横になると胃の内容物が食道へ逆流しやすくなります。

少し楽になったら胃から下腹部をやさしく「の」の字を描くようにマッサージしてみましょう。

 そして、しばらくは寝る前の食事は避け、「脂肪分」の少ない食事を心がけるようにします。

 また、「食物繊維」も食べ過ぎないようにしましょう。胃に長時間留まり、空腹を紛らわせるのに効果的なので、メタボリックシンドローム予防のためにはとても役に立ちますが、その分、胃には負担がかかってしまうのです。

■胃が痛い! そんな時に食べたいメニュー

 「胃が痛い……。でも明日は仕事だから、何か食べておきたい!」そんな日もあると思います。そんなときには消化のよい食べ物を摂るようにしましょう。お粥の卵とじ、月見うどん(そばでもOKです)などがオススメです。

 逆に避けたいメニューとしては、天ぷら、コロッケ等の揚げ物、ステーキ、焼肉などの油っこい食べ物、坦々麺や麻婆豆腐といった唐辛子やしょうがなど刺激の強い香辛料が多く入っている料理、コーヒーや渋めのお茶などのカフェインが多く入った飲み物は胃に負担がかかりやすくなります。

■胃もたれを再発させないために……

 胃もたれは喉元を過ぎれば痛みを忘れてしまいがちではありますが、再発させないために、日ごろから気をつけておくとよい7つの習慣をまとめておきます。

□1.タバコはNG

 タバコは胃の粘膜を守る働きを阻害します。血行障害も引き起こすのでNGです。

□2.過度の飲酒

 アルコールも胃を荒らしてしまいます。お酒はほどほどに。

□3.朝食を食べ、規則正しく食事を食べる

 朝から食べられないという声も多く聞きますが、空腹のまま長時間過ごすと胃酸が出すぎてしまい、胸焼けを起こしやすくなります。また、食事時間の前には胃は胃酸を出して待っています。

それなのに食事の時間がまちまちになってしまうと、胃はいつ胃酸を用意してよいのか分からなくなります。そうなると、胃に何も入っていないタイミングで胃酸を用意してしまい、胃を荒らしてしまうことになります。

□4.刺激物を避ける

 コーヒーやお茶等のカフェインを多く含む飲み物や、唐辛子等は刺激が強く胃に負担がかかりますので控えめに。

□5.よく眠る

 睡眠不足で夜中に胃酸の分泌が促進されることがあります。睡眠不足がストレスにもつながりますから、ぜひ眠るようにしましょう。

□6.定期的に運動する

 運動は血行を促し、消化管の動きを活発にします。さらにストレス発散にも効果的です。

□7.ストレス発散を心がける

 休養や運動を含めて、ゆとりのあるライフスタイルを心がけましょう。

 以上、7つの根底にあるものは「ストレスをためないこと」という一言に尽きるように思います。タバコやアルコールなど体に負担のかかるストレス解消法ではなく、運動する・読書をする・映画を見る等など……、趣味を持つことも大切です。

 もちろん、「食べ過ぎない」という強い意志を持つことができれば、それが一番の予防策になりますので、まずはできる範囲からで結構です。「食べすぎ」に注意をしてください。




( 2018/05/20 18:06 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

年末年始に酷使したカラダをひと休み アルコールで弱り切った肝臓のケア方法(2)  

タンパク質を補給する

 飲酒を多く続ければ、前で指摘したように胃も肝臓も相当弱ってしまう。そんな時、真っ先に打つ手として食事法で改善していくことが大切だ。

とりわけ大事なのはタンパク質の補給で、それも消化吸収のいいものを最優先すること。例えば、豆腐、鶏のむね肉、白身魚などが身近な食材として挙げられる。

 「しかし、それらの食材を使っても油は消化吸収に時間がかかるので、炒め物やフライなどの調理法は避けたい。また、同じタンパク質でもタウリンがたくさん入った魚介類がお薦め。シジミ、アサリ、今の季節ならホタテやカキもいい。

タウリンには肝機能の修復を高める作用があり、疲労回復にもつながります」

 生活習慣病改善運動に取り組む管理栄養士・前田和美氏はこう説明し、「弱った肝機能を回復させるには、アスリートが活用しているアミノ酸、BCAAの補給もいいと思います」と、以下のように続ける。

 「BCAAは運動時の筋肉の損傷の修復に効果があるアミノ酸として知られる一方、肝炎や肝硬変で基本の食事療法に取り入れられています。壊死した肝細胞を再生させる“手助け”をするんです。

つまり、連日のようにお酒を飲んで多少なりともアルコール性障害が出ていると考えれば、肝臓では組織が壊死と再生を繰り返し、そこへBCAAを補給すれば肝細胞を活性化させることが考えられます。機能低下した肝臓を、元の状態に戻すには有効と考えられます」

 とはいえ、このBCAAは人の体内で作ることができない。補給手段としてはサプリメントが便利で、手軽な飲料はランニングステーションなどで購入できるという。

 最後に、呑兵衛につきものの、“二日酔い”の防止法をお伝えする。

 まず、飲酒をする人で二日酔いを味わったことのない人は少ないだろう。二日酔いは、飲んだ酒が体内で分解されるまでの過程で起きるものだ。飲酒して体内入ったアルコールは、約20%が胃で吸収され、残りのほとんどが小腸で吸収されるため、血液に溶け込み全身を駆け巡る。

 「アルコールは脳に達すると脳を麻痺させ、その濃度に応じて酔いの感覚をもたらす。飲んだアルコールはアセトアルデヒドに分解されるが、さらに酵素の働きで酢酸に分解され、最終的には無害な水と炭酸ガスになって排出されます。

しかし、中間代謝の産物であるアセトアルデヒドが完全に分解されないと体内に酒が残り、二日酔いになるのです」(専門医)

 つまり、二日酔いを防ぐには、いかにしてアセトアルデヒドを早く分解し無害にしてしまうか。

その分解能力差が分かれ目になる。「最近酒が残る日が多い」と二日酔いを自覚するようになると、肝機能が弱っていると判断され、処理能力が落ちたといえる。

 「二日酔いは肉体的だけでなく精神的にも自己嫌悪に陥る。すでに脱水症状を起こしているため、大量に水分補給をすることが第一。

さらに肝臓でのアルコール分解にはエネルギー(糖分)が必要で、水・お湯よりもスポーツドリンクで水・糖分を同時に摂ることが有効。お茶、コーヒーはカフェインなどが含まれるため、利尿作用が働き水分補強には不向き。

また胃炎を起こしている場合も多いため冷たい飲料は避けたいところです」(同)

 アルコールを全て否定するわけにはいかない。徒然草にも“酒は百薬の長”とある一方、「万(よろず)の病は酒よりこそ起これ」(吉田兼好)とも書かれている。要は、リスクを知ってほどほどに付き合うことだ。




( 2018/05/20 18:04 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

年末年始に酷使したカラダをひと休み アルコールで弱り切った肝臓のケア方法(1)  

年末の忘年会から正月明けの新年会と、宴席続きでアルコールが身体から抜け切らず、“二日酔い”にも悩まされる日々。お蔭で肝臓や腎臓は働き詰めでヘロヘロ状態…。

この辺で“ひと休み”させないと体にさまざまな異変が起きる。最悪の場合、命取りにもなりかねないのだ。

 「仕事始めというのに飲み過ぎて体に力が入らない。臓器の働きが鈍り解毒作用も弱ってきて、体全体が疲れを感じてしまう。一日も早く健康状態に戻さないと、肝臓疾患や腎臓病など重大病を招きかねません」
 と専門家も警鐘を鳴らす。

 都内に住むサラリーマンのTさん(48)は普段から酒好きで、仕事の関係でも宴席が多い。さらに年末年始とダラダラと飲んでしまった。

 異変が起きたのは新年の仕事開始から数日後。出勤途中に電車の中で、意識を失い倒れた。駅から病院に救急搬送されたが、結果は脳出血。いつもの二日酔いのはずの頭重感と胸のムカムカは、それが原因だったのだ。

 「酒飲みの人は、少々の体調不良なら“いつもの二日酔い”と軽く考えがちです。

飲んでいれば元に戻るだろうと様子を見てしまう。しかし、それが命にかかわる重症になる場合があることを知ってほしい」こう説明するのは、総合医療クリニックの医学博士・久富茂樹院長だ。

 さらに、次のような症状が起きた場合は要注意だと指摘する。

 「酒を飲み続けていると、喉の渇き、吐き気や胸のムカムカ感があり、ダイエットもしないのに体重が減る。例

えば3カ月で5キロ減のような場合は、糖尿病、消化器系のがんが疑われ、肝炎を気づかず放置していれば、肝硬変や肝がんへと進行する。そうなる前に内科、あるいは消化器科の受診をお薦めしたい」

 肝臓はアルコールを分解するだけでなく、脳のエネルギー源であるブドウ糖をグリコーゲンとして備蓄。

また食事から摂取した栄養分を代謝し、出血を止めるためのタンパクの合成や胆汁の生成、身体に有害な物質を分解して無害にする働きをする。それだけはない。肝臓は全部で500以上の仕事をするとされ、最も丈夫な臓器ともいわれる。

 しかしTさんのように、気にかけずに酒を飲み続けたりしていると、とんでもないしっぺ返しを食らう。肝臓は“沈黙の臓器”と呼ばれる通り、ひどく傷んでも痛みを感じることがほとんどないため、油断してしまう。

少しの体調の異変にも神経を尖らせ、専門医によるチェックが必要だ。
では、具体的にどうしたら肝臓を守ることができるのか。




( 2018/05/20 18:01 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

硬い便になってない?するする美腸を阻むNG生活3つ  

腸を正常に保つためにも、毎日の習慣にしたいトイレ。でも、するすると便が出ないと、トイレに行くのも億劫になってしまいますよね。今日は、美腸を阻むNG行動3つをご紹介したいと思います。

■硬い便の人は要注意!

便意が少なく、便が太くて硬い場合、弛緩性(しかんせい)便秘になってしまっている可能性が考えられます。弛緩性便秘は、腸が動かずに便が溜まり、硬くなってしまう症状。

排便後も残便感や膨張感がある上、治りづらいのが特徴。肌荒れやイライラを引き起こしてしまうので、早めに改善することが望ましいでしょう。腸がたるんでしまうことが主な原因なので、腹筋が弱い女性がなりやすい傾向にあります。

■便が硬くなるNG生活3つ

(1)少食

少食の習慣を続けていると、大腸の運動が低下し、ぜん動運動が十分に行われなくなってしまいます。

極端なダイエットなども弛緩性便秘の原因のひとつ。食物繊維不足、とりわけ不溶性食物繊維が不足するとぜん動運動が活発でなくなりますので、穀類、野菜、豆類などを積極的に摂取するようにしましょう。

(2)便秘薬の服用

便秘薬や下剤を日常的に服用しすぎてしまうと、腸の機能が低下して、便秘の解消どころか弛緩性便秘の原因になってしまいます。

こういった薬は腸を無理矢理刺激するので、どうしても腸が動かないという時には有効ですが、使いすぎると便意をもよおさなくなってしまうのです。薬に頼りすぎることが、逆に便秘の元になるかもしれないというリスクを念頭に置いておきましょう。

(3)運動不足・腹筋力の低下

もともと腸が下垂気味の人や、運動不足の人は、腸がたるんでしまっており、弛緩性便秘になりやすい傾向があります。腸の機能を正常に整えるためにも、毎日の運動や腹筋を欠かすことなく、腸まわりの筋力を鍛えるようにしましょう。

激しい運動でなくとも、毎日30分以上歩くといった日常的な運動で十分ですので、運動不足を避けることから始めましょう。

便の硬さによる苦しみから免れるためにも、弛緩性便秘の危機を感じた場合はNG生活を見直してみては?




( 2018/05/20 17:59 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

もし【十二指腸潰瘍】になったら手術でないと治せない!?  

十二指腸潰瘍の手術

●十二指腸潰瘍で手術することもあるの?

「十二指腸潰瘍」は、薬物療法で用いられる薬が飛躍的に進歩したので、医師の指示に従って、薬をきちんと服用していれば、割りと簡単に治ります。


そのため現在では、外科手術が行われることは滅多にありません。しかし、潰瘍からの出血が止まらなかったり、潰瘍が深くて穴が開いていたりするときは、手術が必要になることもあります。

また、薬物療法をしても効果がなかったり、効果があっても、再発を何度も繰り返しているうちに、十二指腸が変形して食べ物が通らなくなったりしたときも、手術を勧められることがあります。

●出血があるときの治療法

十二指腸潰瘍で出血があるときも、いきなり外科手術をするのではなく、まずは、内視鏡で出血している部位を見ながら止血する「内視鏡的止血療法」が行われます。代表的な内視鏡的止血療法には、次のようなものがあります。

純エタノール局注療法出血している部分の周囲に、止血作用がある純エタノールを局所注射することで出血を止める方法です。

クリップ法出血している血管や粘膜を、クリップで物理的に閉鎖して止血する方法です。

凝固法レーザー光線や高周波電流などの熱で、出血している部分を凝固させて止血する方法です。

●十二指腸潰瘍の外科手術とは?

内視鏡による止血療法を行っても、出血が止まらなかったり、十二指腸潰瘍壁に穴が開いていたりするときは、外科手術を行います。

十二指腸潰瘍や胃潰瘍の手術というと、以前は、胃の下部を広範囲にわたって切除する方法が用いられていましたが、それでは、術後の生活に支障が出てしまいました。

そこで最近では、穴が開いている部分だけを縫って閉じる方法が用いられるケースが増えています。

しかし、内視鏡を用いた止血療法が発達してきたことで、外科手術はあまり行われなくなっています。

(この記事の監修: 丸茂医院 院長 / 丸茂恒二 先生)




( 2018/05/20 17:57 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

ストレス?ピロリ菌?【十二指腸潰瘍】の原因とは  

●十二指腸潰瘍の原因はストレスじゃない?

「十二指腸潰瘍」とは、胃酸で自分の十二指腸の粘膜を消化してしまい、粘膜や筋肉がえぐりとられてしまう病気のこと。十二指腸壁は、胃壁に比べて酸に対する抵抗力が弱いので、胃酸が過剰に分泌されると、傷ついてしまうことがあります。

以前は、胃酸の分泌量が増えるのは、ストレスが原因だと考えられていました。確かにストレスは、自律神経のバランスを崩し、胃酸の分泌が過剰にしたり、粘膜の抵抗力が弱めたりして、潰瘍の症状を悪化させる要因になります。

しかし最近になって、十二指腸潰瘍の直接の原因は、ピロリ菌や薬の影響であると判明しました。特にピロリ菌は、十二指腸潰瘍の原因の95%以上を占めるといわれています。

●ピロリ菌が1番の原因

ピロリ菌とは、胃粘膜に棲みつく細菌のこと。胃の中には、食べ物を消化したり、食べ物と一緒に胃に入ってきた細菌を殺菌したりするために、強い酸性の胃液が分泌されているので、ふつうの細菌は、生きていくことができません。

しかし、ピロリ菌は、アルカリ性のアンモニアをつくって胃酸を中和することができるので、胃の中でも生き延びることができるのです。

このピロリ菌が十二指腸に流れ出ると、十二指腸の粘膜を弱らせてしまいます。そして、そこへ過剰に分泌された胃液が流れこむことで、粘膜が傷つき、潰瘍ができてしまうのです。

●非ステロイド性抗炎症薬による十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍の原因となる薬とは、いろいろな痛みに対して処方される薬「非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)」や、風邪をひいたときの飲む「解熱剤」、慢性的な関節痛、腰痛などを緩和するために飲む「抗炎症薬」「鎮痛薬」など、誰もが日常的に飲む機会があるものです。

また、脳卒中や心筋梗塞などの発作を起こした患者さんが、再発防止のために飲む「低用量アスピリン」も、この非ステロイド性抗炎症薬の一種です。

非ステロイド性抗炎症薬を飲んだからといって、誰でも必ず十二指腸潰瘍になるということはありません。

しかし、薬の影響でできる潰瘍は、痛みをあまり感じないまま進行してしまうので、潰瘍から出血したり、穴が開いたりして、突然、吐血や下血などを起こすことがあります。

非ステロイド性抗炎症薬を治療のために飲んでいる人は、定期的に胃や十二指腸の検査をして、潰瘍ができていないか確認することをオススメします。

(この記事の監修: 丸茂医院 院長 / 丸茂恒二 先生)




( 2018/05/20 17:55 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

女性は酔いやすい時期がある?忘年会シーズンに知っておきたい肝臓の働 

現代ほどアルコールが飲まれている時代はないと言われています。背景にあるのは、経済的な豊かさだけでなく、現代があまりにストレス社会となっているため「気分転換を図りたい」という方も多いのでしょう。

けれども、肝臓は「沈黙の臓器」です。お酒の飲み過ぎで、肝臓に負担をかけ続けると、痛みなどを感じないまま具合が悪くなってしまうのです。

◆肝臓の3つの働き
肝臓には3つの働きがあります。1つ目は、栄養素を身体に必要なエネルギーに分解して合成し、肝臓に溜め、必要に応じて身体の各部分に送り出す「代謝」機能。2つ目は、不要なものを排泄するために胆汁を生成する機能。3つ目は、身体に有害な物質を取り除く「解毒」機能です。

中でも重要なのが解毒機能です。体内に入ったアルコールは、肝臓で分解されて「アセトアルデヒド」という有害物質になります。これが体内に蓄積されると、お酒を飲んだ時に顔が赤くなったり、動悸や吐き気、頭痛を感じたりします。

アセトアルデヒドは、脱水素酵素(ALDH)によって、肝臓で酢酸や二酸化炭素、水などの無害物質に分解されて、尿や汗として体外に排出されますが、スムーズに分解されないで、体内に蓄積されると悪酔いの原因となります。

日本人は、欧米人に比べて、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが不活性な人が多いともいわれています。

◆アルコールによる肝臓の病気
アルコール性肝障害には、いろいろな種類があります。飲み過ぎによってまず疑われるのが「脂肪肝」です。飲酒をやめれば短期間で改善します。そのほかに次のような疾患があります。

●アルコール性肝炎
女性ホルモンの関係で男性よりも女性に多くみられます。女性の飲酒は今や当たり前になっています。進行するとアルコール依存症になりますから要注意です。

●肝硬変
男性の乳房が女性のように乳腺が発達してしまい、胸が出てきます。女性化乳房と呼ばれるものですが、肝硬変の兆候であり要注意です。

◆肝臓にやさしいお酒の飲み方
お酒を飲んでいる人は定期的に血液検査を受けるようにしてください。関連する血液検査項目には、AST・ALT、γ-GTPというものがあります。γ-GTPが高い値の場合、アルコールの飲み過ぎの可能性があります。

アルコール性肝障害は、多量に長い間飲み続けているとリスクが高くなります。適切な飲酒ペーストしては、日本酒1合を30分以上かけるペースで、飲むといいでしょう。

◆女性は酔いやすい時期がある
女性の場合は、生理前には酔いやすくなりますので、飲酒量を控えましょう。また、空腹時にアルコールを飲むと、肝臓への負担が増します。おつまみなどを上手に取ることが大切です。大豆食品や野菜、ナッツ類などがお勧めです。果

物もアルコールの分解を助ける働きがあるので、食後のデザートにとるといいでしょう。

アルコールをよく飲む人でも、週に2日は「休肝日」を設けましょう。脂肪肝の疑いがある人は、意識的に肝臓を休ませるようにしてください。これから年末年始はお酒を飲む機会が多くなります。健康的な飲み方を心掛けたいものです。




( 2018/05/20 17:51 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

今や4人に1人!脂肪肝が引き起こす肝機能障害 

正常な肝臓であれば肝細胞の脂肪分は3%ほどですが、これが30%を超えると脂肪肝と診断されます。今、日本で血液検査を受けた4人中1人に脂肪肝や肝炎などの異常が見られ、他人事ではなくなっています。

■なぜ自覚症状がないのか?

脂肪肝は、正常時の10倍以上の脂肪が肝臓に溜まっている状態です。このような場合、自覚症状が現れそうなものですが、実際は脂肪肝の状態だと気がつかない場合がほとんどです。

疲れやすくなったり食欲がわかなかったりと、わずかな症状が出てもその原因が肝臓のせいだとはなかなか思い至りません。

自覚症状が出ない原因は、肝臓がもともと再生能力を備えていて、例え一部が失われたとしてもすぐ再生し、その間も他の肝細胞がフォローできるという機能があるからです。

このような能力をもっている臓器は肝臓以外にありません。そのため肝臓の症状は表に出にくく、出てしまった時にはかなりの重症、ということもよくあります。

■まずは検査を!

肝臓に脂肪が溜まっていく原因は、アルコールや高カロリーの食事です。体内に入ったアルコールの処理のほとんどは肝臓で行われています。小腸から肝臓に送られたアルコールは、身体が吸収・排出しやすいように肝臓内で無毒化されます。

ですが大量のアルコールや高カロリーの食事を毎日続けると、肝臓内の処理能力が間に合わず、肝臓内に脂肪のストックが増えて脂肪肝の状態になってしまいます。

アルコールに強い=肝臓が強いということはありません。むしろ普段から酔いにくくアルコールに強い人ほど検査を受けてみると良いでしょう。

■肝臓の状態を調べるには

血液検査や超音波検査などで、肝臓の状態を調べることができます。血液検査では、GOT(=AST)、GPT(ALT ), γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)などの数値の高さに注目してください。

GPTやGOT両方の数値が50~100IU/Lほどある場合、「脂肪肝」の状態になっていると予想されます。

ただしGOTだけが高い場合は、肝機能だけではなく他の臓器が異常の場合もあります。またγ-GTPは肝障害の中でも、特にアルコール性の脂肪肝に強く反応します。100IU/L以上ある場合は「アルコール性脂肪肝」の疑いが強いでしょう。

そのほか超音波検査では、脂肪肝があった場合に画面上で白く浮き出るため、目で確認することができます。

■脂肪肝を放っておくと

脂肪肝は、直ちに医学的治療が必要といったような段階ではありません。数値に異常が見られた場合、脂肪肝の状態であれば運動習慣やカロリー制限をすることで脂肪のパーセンテージを抑え、肝臓の自己回復を促すことができます。

とは言え、自覚症状がないからといつまでも放っておくと「肝炎」や「肝硬変」へ進行し、ついには「肝がん」になってしまう可能性も出てきてしまいます。

「肝硬変」まで進むと肝細胞が壊死と再生を繰り返し、線維を過剰に生産してしまい肝臓が硬く縮こまり、完治が難しい状態になります。

もし脂肪肝だと診断された際には初期で発見されて良かったと考え、生活習慣の改善に取り組むことをオススメします。




( 2018/05/20 17:49 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

美と健康を叶えるための法則は、“胃の健康”にあり!  

働き女子の皆さん、こんにちは。予防医療コンサルタントの細川モモです。ファイナリストとして選ばれた美女たちが本番までに理想の身体を実現するために、様々なレッスンを受ける期間を“Beauty Camp(ビューティキャンプ)”といいます。

カリキュラムは実に様々で、国際マナーから発声、ダンス、バレエ、栄養学など、幅広い分野を学び、女性としての魅力を高めます。私は計測器メーカー・タニタとともにファイナリストたちの体組成(BMI・体脂肪・筋肉量など)を把握し、内側から綺麗になれる食生活に関してセミナーや個別指導を行っています。

今回は、そんな世界から選りすぐられた美女たちの美の法則について、紹介します。

世界一の美女のシンプルな法則! 「美しさは内臓強化から」

 最近では食事・栄養と美肌の関係が女性誌でも特集を組まれるようになり、食は美容のひとつとして認められたように思います。

 私がBeauty Campでどのような話をしているのかというと、細かいビタミンの働きや大豆イソフラボンに代表される食品の機能性に関して… ではありません。

 まず、第一に美女たちにお話しすることは「美しさは内臓強化から始まる」ということです。

 もっと詳しくいうと、「消化器官が乱れている人は、すっぴん美人にはなれません」とお伝えしています。

 消化器官とは、胃や腸に代表される、食物を細かく分解し、栄養を吸収する臓器のことです。どのような食事を選択するかの前に、食事の力を最大限に活かせる身体であることが大事なのです。

どんなに美容成分を含んだ食品でも、「食べる=摂れる」ではありません

 働き女子の皆さんにも知っていただきたいことは、「食べる=摂れる(吸収される)」ではないということです。

 どれほど美容に良い成分を含んでいる食品を食べたとしても、それが吸収されるかどうかは(1)消化器官のコンディション(2)腸内細菌やその他のバクテリア(ピロリ菌やカンジタ菌)(3)ストレス(4)疾病によって個人差があることを覚えておきましょう。

 まず皆さん、胃の健康に自信はありますか? キリキリ痛んだり、食後に胃もたれや消化不良を感じたり、口周りの吹き出物なのに悩まされていませんか?

 「私のこと!?」という方、胃の不調と同時に、肩こりや眼精疲労が慢性化していないでしょうか。

 どういうことかというと、実は、各種ビタミンの中で末梢神経のダメージ(肩こり・腰痛・眼精疲労など)の回復に関わるビタミンがあり、このビタミンが体内に円滑に吸収されるためには「胃の健康」が鍵になるのです。

“赤いビタミン=B12”があなたを元気にする!

 胃のコンディションに影響を受けるビタミンは「ビタミンB12」です。

 レチノール(ビタミンA)やビタミンC、Eに比べてメジャー感はありませんが、働き女子の皆さんはお世話になっている可能性があります。

 栄養ドリンクや肩こり・腰痛対策の医薬品、そして目薬に含まれている“赤いビタミン”です。ドラックストアで高額な目薬が真っ赤な色をしているのをご覧になったことがあると思います。あれこそがビタミンB12であり、疲れがたまりやすい働き女子の強い味方といえるでしょう。

 このビタミンB12は主に動物性たんぱく質に含まれているため、ベジタリアンがもっとも不足させやすいビタミンです。肉や魚をバランス良く食べることが不足させない条件ですが、実は、ビタミンB12は胃の中で胃酸によってたんぱく質から分離され、吸収される特殊なビタミンなのです。

 つまり、胃にトラブルを抱えると吸収率が低下しやすいという特性があるのです。実際にグラフでみてみましょう。

 左はストレスがなく、元気でご飯を美味しく食べられている人です。真ん中は胃酸ブロッカー(主に胃炎や胃・十二指腸潰瘍の治療に使われる薬)を服用している人。そして、右が萎縮性胃炎の患者ですが、目に見えてビタミンB12の吸収率が落ちていることがおわかりいただけると思います。

胃の不調はすっぴん美肌の大敵? 知っておきたいレスキュー食事術

 ビタミンB12だけでなく、胃のコンディションが低下すると消化能力が低下し、とくにお肉の分解が負担に感じられ、たんぱく質を避けがちになります。

 これにより、肉や魚に含まれるビタミンB12、潤いのもとになる必須脂肪酸、肌のくすみ対策に欠かせない鉄分、正常なターンオーバーに必須な亜鉛などが不足し、造血に必要な栄養素がマイナスになります。

 コラーゲンの材料であるたんぱく質不足も重なり、肌は一気に老けた印象に。栄養が満ち足りた潤沢な血液は美人の条件! すっぴんになっても血色の良い美しい肌を叶えます。

 胃の働きが低下している…と感じる人は、まず自分に合ったストレス対策を見つけること。運動やアロマ、マッサージなどでも良いですし、ニューヨークでは一点に集中することがメンタルヘルスに繋がるとして、SOHOの編み物ショップが大人気。何かしらストレス緩和策を講じることが大切です。

 次に、固形のたんぱく質を食べるときは、肉や魚にレモンやかぼすなどの柑橘を絞りましょう。水にレモンを搾ってレモン水にしても良いです。食品から摂る酸が胃を刺激し、たんぱく質の消化を促してくれます。食べられるときは、キウイやパインはお肉の分解の強い味方と覚えておいて。

 胃粘膜や胃液の材料もたんぱく質を構成しているアミノ酸ですので、美と健康のために〈3食片手一盛り〉の肉、魚、貝類、大豆、卵、ヨーグルトなどのたんぱく質をバランス良く食べることが美人(美肌)の鉄則です。時にはアミノ酸のサプリメントも賢く利用してくださいね。




( 2018/05/20 17:47 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

人工透析なし10年 腎不全のバイオリニストが語る「食改善」  

通常、腎機能50%以下で慢性腎機能低下、30%以下で腎不全といわれる。しかし、わずか8%ながら、人工透析を受けずに活動しているのが、「人工透析なしで10年! でも元気な私の食生活」(講談社)を出版したバイオリニストで料理研究家のリュウ・ウェイ(劉薇)さんだ。その秘訣を聞いた。

 リュウさんが腎不全と診断されたのは2004年。「やがては人工透析になる」と医師に告げられた。

「人工透析を始めれば、演奏活動はできなくなる。絶対に人工透析は嫌だと思いました。それまで食には無頓着でしたが、食生活を一変しました」

 最初に始めたのは、病院の食事指導に従った、一般的な食事療法だ。しかし、次第に欲求不満が募っていった。

「食べ物の種類や量の制限ばかりで、質や添加物については全く問わない。ネガティブに考えるより、ポジティブに食べてよいものを知りたい、うまくやっていける食事法を知りたいと思うようになったのです」

■腎臓を養うための7つのルール

 その中で出合ったのが雑穀だ。雑穀は、リュウさんが子供の頃から親しんでいたもの。

「古来、受け継がれてきた低カロリーで滋養の多い雑穀食で病気を改善しようと決意しました」

 雑穀を取り入れても、すぐに腎機能の数値が安定したわけではない。一時は腎臓移植を覚悟したこともあった。しかし、雑穀を中心にさまざまな工夫を取り入れることで、腎機能の低下は止まり、むしろ少し良くなった。

 リュウさんがたどり着いた「腎臓を養うための7つのルール」は、次のものだ。

1.雑穀を食べる
「私が普段食べているのは、豆類も加えた“10種雑穀”です。たかきび、ひえ、もちきび、もちあわ、アマランサス、大麦、緑米、黒米、赤米、玄米を配合しています」

2.塩分量は一品ではなく一日で考える
「減塩を一日の合計で考えると変化に富んだ味付けができ、物足りなさを感じにくい」

3.キクラゲ、黒ゴマなど黒い食材を食べる
「黒い食べ物は生命力を強くします」

4.量より質
「満腹になることを目的にしない。旬の野菜を選び、無農薬、無添加の原材料で、シンプルな味付けで素材の持ち味を生かすようにしている」

5.動物性タンパク質は極力取らない
「タンパク質は、豆類や大豆食品から植物性のものを主に取っています」

6.利尿・排毒作用のある素材を取り入れる
「腎臓病になるとむくみやすく、疲れやすい。その原因になる老廃物を食べ物で排出します。小豆、そば、セロリ、春雨、キュウリ、冬瓜、ゴーヤ、トマト、レタスなどがおすすめ。雑穀や野菜はカリウムが豊富で、ナトリウムの排出に役立ちます」

7.酵素、アミノ酸、オメガ3に注目
「酵素の活性を失わない50度の低温調理がポイント。アミノ酸は筋力向上、免疫力アップに欠かせない。必須脂肪酸のオメガ3は体内で合成できませんので、麻の実やアマニ油、エゴマ油で取り入れています」

 簡単・手軽には健康は手に入れられない。「やろう」と思った時が、「やりどき」だ。




( 2018/05/20 08:23 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

腎臓の機能が低下すると口がおしっこの臭いになる!?  

◆口臭と腎臓の関係

「おしっこのような臭いの口臭がする」という場合は、腎機能が低下している可能性があります。

腎臓の代表的な働きは尿を作り出すこと。血液をろ過して、体に不要なアンモニアなどの老廃物を尿として体外に排出しています。

そのため腎機能が低下すると、アンモニアが体内に蓄積してしまいます。するとアンモニアが再び血液に取り込まれ、体をめぐって肺に到達し、呼吸と共に口から排出されるようになるのです。

◆腎機能の回復には塩分控えめの食事を

腎機能を回復するためには、塩分を控えることが大切です。塩分を多く摂ると、血液の浸透圧が上がるため、体は体内に水分を貯めこんで血液の量を増やし、浸透圧を下げようとします。

しかし、血液の量が増えると、それをろ過する腎臓に負担がかかったり、血圧が上昇してさらに腎障害が進みやすくなったりしてしまいます。

塩分を控えめにするためには、塩やしょう油などを使う量を減らし、薄味の食生活を心がけましょう。でも、今まで味の濃いものを好んで食べていた人に、急に薄味しろと言ってもなかなか難しいものです。

無理をすると長続きしないので、慣れるまでは全ての料理を薄味にするのではなく、1品は今まで通りの味付けにしたり、塩分の代わりに酢やレモンの酸味や香辛料を利用したりするなど、食事を楽しみながら徐々に味付けを変えていけるようにしましょう。

◆タンパク質の摂り過ぎにも注意

タンパク質の摂り過ぎは、体内に老廃物を蓄積させ、腎臓に負担をかけます。でも、タンパク質は体をつくる基となる重要な栄養素なので、足りな過ぎても体調不良の原因になってしまいます。

タンパク質はあらゆる食品に含まれていますが、腎臓に負担をかけず、かつ体調を維持できるように、魚・肉・卵・大豆製品・乳製品などの良質なタンパク質を重点的に摂るようにしましょう。

米やパン、麺類などにもタンパク質が多く含まれているので、主食の摂り過ぎには注意してください。

また、喫煙や過労、睡眠不足なども腎機能を低下させる原因になります。これらの生活習慣がある人は、改善していきましょう。

腎機能の低下を放っておくと、慢性腎不全などの病気になる可能性があります。口臭にアンモニア臭がすると感じた場合は、すぐに病院に行き、医師にきちんと診察してもらってください。



( 2018/05/20 08:22 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

王貞治の次女・王理恵さん 両親が胃がんになり胃腸を休める大事さ身に沁みる  

美容や健康管理に重きを置く有名人やスポーツ選手など、スペシャリストたちが多く取り入れ、注目を集めるようになったファスティング(断食)。5年前から実践しているというスポーツキャスターでジュニアベジタブル&フルーツマイスターの王理恵さん(44才)にファスティングのコツを聞いた。

 * * *

 5年前、体調が優れず、疲れやすくて眠れない日が続いたため、デトックス目的でファスティングに挑戦しました。最初は3日間の予定だったんですが、いったん始めたら、“あと1日やったら、もっと効果があるかも”と欲が出て(笑い)、酵素ドリンクを摂りながら、結局5日間の断食を行いました。

 1~2日目はデトックスによる頭痛もあってつらかったのですが、徐々にその症状も消えていきました。驚いたのは4日目の朝。フッと体が軽くなり、頭がやけに冴えている。五感が研ぎ澄まされた感覚がありましたね。

5日目を終えて体重は4kg減。でも、いちばん印象的だったのは味覚の変化。舌が敏感になり、塩分を強く感じるように。以来、外食では特にセーブしていませんが、家で食べる時はなるべく薄味を心がけるようになりました。

 現在は半年ごと、年に2回のペースで実践しています。最初は“また3日間、予定を入れられない”という面倒な気持ちもありましたが、今は“またスッキリできるぞ”と、むしろ楽しみに。

 ファスティングはまず1回やってほしいですね。最初はつらいけど、体の変化に衝撃を受け、“こんなに清々しいんだ”という気持ちになり、2回目からはかなりハードルが下がりますから。

 うちは両親が胃がんになり、母は57才で亡くなって、父も8年前に大手術を経験。胃腸を酷使することの怖さは痛感しています。胃腸や内臓を休めることがいかに大事か、身に染みているんです。

 友人とおいしいものを食べたり、いい時間を過ごすためにも、体のリセットは必須だと感じています。




( 2018/05/20 08:20 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

肝臓病 未然に防ぐことが重要 那須赤十字病院・佐藤隆医師に聞く  

--肝臓はどんな働きをしますか

 佐藤隆医師アンモニアやアルコールなど体に有害な物質を分解解毒し、タンパク質をアミノ酸から合成し、脂肪の消化・吸収を助ける胆汁を作ります。グリコーゲンやビタミンなどを蓄え、必要に応じて血液中に放出するなど多くの重要な働きをしています。

 --肝臓病はどのような病態ですか

 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどがあります。急性肝炎はウイルスやアルコールなどが原因で起こる一過性の肝障害です。中には高度の肝機能異常や肝性昏睡(こんすい)などをきたし、死に至る劇症肝炎に進む場合もあるため注意を要します。

 慢性肝炎は6カ月以上の肝機能異常とウイルス感染が続く状態をいいますが、急性肝炎に比べると症状は軽い。

 肝臓は非常に丈夫な臓器で、古くなった細胞は新しい細胞に迅速に換わり、活動を維持します。しかし、炎症が持続すると、それがスムーズに行われず硬い線維組織が残り、肝機能が低下します。この状態が肝硬変です。一度肝硬変になると、肝臓は元の状態に戻れず、やがて肝がんが発生することがあります。肝硬変になる前に医師の診断を受け、未然に防ぐことが重要です。

 --肝臓病の症状は

 肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊れる病態を肝炎といいます。肝臓病の初期は症状が出にくく、「最近疲れる」など日常感じる軽いものが多いため、本人も気付かないうちに進行する可能性があります。慢性肝炎を治療せずに放っておくと、いずれ肝硬変や肝細胞がん(=肝がん)などに進行する病気なのです。

 --肝臓病の原因は

 ウイルス、アルコール、脂肪肝、薬剤、自己免疫(自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変)などがありますが、日本では、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスの感染による肝炎が多くを占めています。最近は脂肪肝に伴う肝炎やそこから進行した肝硬変、肝がんが増えつつあります。

 --肝炎患者数は

 日本のウイルス性肝炎の持続感染者はB型が110万~140万人、C型が190万~230万人と推定され、人口比にすると、本県ではB型肝炎が1万7千~2万2千人、C型肝炎が3万~3万6千人いることになります。感染者の9割以上が40歳以上ですが、最近は成人のB型肝炎初感染からの慢性化が問題になっています。

 --C型肝炎治療について

 C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変の治療の目標は将来の非代償性肝硬変への進行あるいは肝がんの発生予防にあります。原因のC型肝炎ウイルスの排除を目的としたインターフェロン療法や進展予防のための肝庇護(ひご)薬があります。

 --具体的な療法は

 インターフェロン療法の効果は、主にウイルス量と遺伝子型によって変わります。現在、ウイルスのタイプによってはかなり治るようになりましたが、治療効果は百パーセントではありません。現在行われているインターフェロン、リバビリンやテラプレビルによる併用療法や、近々治療承認が期待されるプロテアーゼ阻害薬・ポリメラーゼ阻害薬など、治療法はさらに進むと思います。

 --最近増えている脂肪肝とは

 アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝に分けられます。アルコールや脂肪などの摂取で肝臓に脂肪がたまり、過剰蓄積された状態を脂肪肝といいます。

 アルコール性脂肪肝は禁酒すれば元の状態に戻りますが、脂肪肝状態が長年続くと、肝臓内に線維が増え、肝硬変に至ります。

 非アルコール性脂肪肝は生活習慣病の一つです。最近日本人の肥満が増加しており、健康診断などで脂肪肝を指摘される人が増えています。

 飲酒歴がないにもかかわらず、肝組織がアルコール性肝障害に似た所見を有する疾患を非アルコール性脂肪肝炎(NASH)といいます。脂肪肝の約1割にNASHが発症します。

 BMI(体格指数)が25以上の肥満でAST、ALTの上昇がみられた場合、NASHが強く疑われます。最終的には肝生検をして確定診断をつけます。

 --NASHの治療は

 NASHに対する特効薬は今のところありません。肥満や糖尿病を合併することが多いので、食事療法、運動療法が中心になります。(1)肥満でアルコール摂取量が1日20グラム(瓶ビール1本相当)以下(2)ALTがASTより高く半年以上異常が持続(3)ウイルスなど他の肝障害の原因なし-という人は病院を受診してください。(聞き手 高橋健治)

 ■佐藤隆(さとう・たかし) 昭和34年9月、栃木県大田原市生まれ。61年、東邦大医学部卒。東邦大佐倉病院などに勤務し平成15年、県厚生連塩谷総合病院消化器内科部長。20年、大田原赤十字病院消化器内科部長。24年、那須赤十字病院消化器内科部長。日本肝臓学会指導医。日本消化器病学会指導医。

=おわり(連載は栃木県医師会の協力を得ました)



( 2018/05/20 08:19 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

疲れが取れないのは肝臓のせいかも!これから時期必見の「肝ケア」方法 

あなたの肝臓は元気ですか? お酒を飲まないから平気なはず……と考えている人が一番危険かもしれません!

食べ過ぎやストレス、運動不足などが原因で肝臓数値に問題のある人が、人間ドック受診者の3割にものぼっています。その割合は今や高血圧、肥満を抜いて第1位に。

30年前と比べるとなんと3倍以上にまで増加し、今やお酒を飲まない人にも密接に関わった“国民病”とまで呼ばれています。

■沈黙の臓器「肝臓」

肝臓は「代謝」「エネルギーの貯蔵」「解毒」「胆汁の生成」というような、実に500以上の仕事をこなすスーパー臓器です。

そして、“沈黙の臓器”の異名をもちます。たとえ異常があっても、痛さなどの自覚症状が表れず、問題が見つかった時にはすでに病気が進行している……ということがあります。

そんな自己主張の少ない肝臓からの数少ないSOS信号が疲労感。「眠っても疲れが取れない」「一日中体がだるい」などは肝臓からのサインかもしれません。

■4人に1人が肝臓に何らかの問題

現代では、4人中1人が肝臓に何らかの問題があるといわれています。

肝臓を弱める原因はお酒の飲みすぎばかりではありません。睡眠不足や夜更かし、食べ過ぎやストレスなど、誰しも身に覚えのある日常生活の中にあります。

睡眠不足や食べ過ぎ飲み過ぎによって肝臓が酷使されると、代謝や解毒が十分に行われなくなります。それにより脂肪が溜まったり、毒素が蓄積され、疲労につながってしまうのです。

■肝臓は自己修復機能を持っている

「肝臓にはオルニチンが良い」と聞いたことがありませんか?

オルニチンには、ストレス時に多く発生するアンモニアを無害な尿素に変換する作用があります。肝臓は自己修復機能をもった珍しい臓器で、たとえ肝臓が弱っても、オルニチンを外から補ってあげることで機能回復が期待できます。

実験でも、肝機能検査の数値が高い人にオルニチンを摂取させたところ、8週間で機能に回復の兆しが見られたという結果が出ています。

■オルニチンを多く含む「滋養強壮」食品

オルニチンを多く含む食品でおすすめなのが、シジミです。古くから滋養強壮に役立つ健康食品としても親しまれ、「シジミは2日酔いにいい」といわれる所以でもあります。

他にもキハダマグロやチーズ、ヒラメ、エノキタケなどに豊富に含まれています。普段の食事で補うのが難しいという方は、サプリメントも市販されているので上手く組み合わせるといいでしょう。

いかがでしたでしょうか。食欲の秋、イベントの多い冬と、暴飲暴食しやすい季節が続くからこそ、肝臓を上手くケアしてあげたいですよね。

また、普段から肝臓に負担をかける生活習慣に心当たりのある方は、ぜひオルニチンの力を借りてみてください。





( 2018/05/20 08:18 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの胃は大丈夫?忘年会シーズン編(2) 毎日の鍋料理でやせる! 

秋冬は、身体を保温しようとして脂肪を蓄えやすい季節です。本来燃焼されるべきカロリーも、暖房の効いた屋内で過ごすことが多いと消費の機会を失いがちです。

そんなときに、クリスマスや忘年会、正月などのイベント事も多くなるため、体重が増えてしまうのです。

そこで考えたいのが、普段の食事です。なかでも鍋物は、カロリー制限をしつつも身体を温めてくれるので、冬場にぴったり。毎日飽きずに作れる簡単鍋レシピをご紹介しましょう。

◆大根おろしたっぷりのヘルシー鍋

大根おろしを使った「みぞれ鍋」をご存知でしょうか? 通常は鍋のタレに加える薬味程度にしか大根おろしを使わないかもしれませんが、これは鍋の真ん中にど~んと投入する鍋です。火が通るとみぞれ雪のように見えることからその名が付きました。消化酵素が含まれる大根は、ダイエットにもうれしい素材です。

(作り方)
鮭や牡蠣、魚介が苦手なら鶏肉などの、メイン具材をひとつ用意します。ほかには白菜や水菜、ねぎ、人参などの野菜と豆腐を、すべて食べやすい大きさにカットしておきます。

鍋に水とだし昆布を入れて火にかけます。沸騰したら昆布を取り出し、酒を加えて野菜と鮭(牡蠣や鶏肉など)を投入。グラグラっと煮立ったら、中央に大根おろしを入れます。豆腐は大根おろしを入れた後に入れると、すが立ちにくくプルンとした触感が楽しめます。

つけダレは、ゆずとしょうゆなど、さっぱりしたものがよく合います。大根おろしに含まれる酵素は熱に弱いので、いつまでも火にかけないのがポイント。一度に入れずに食べる間際に適量を投入するようにしましょう。
.
◆千切り野菜でボリューム満点!

毎日のお鍋では、そうそう豪華な具はそろえられませんよね。そこで、ストック野菜と豚肉を使った、その名も「何でも千切り鍋」はいかがでしょうか。肉はしゃぶしゃぶ用スライスなら、バラでも肩ロースでも、お好みで用意してください。

(作り方)
人参や玉ねぎ、キャベツや大根、白菜にレタスなど、冷蔵庫にある使いかけの野菜を千切りにします。水菜や豆苗、もやし、えのきなど、千切りの手間を省ける野菜があれば便利ですね。種類を多くすれば野菜のうまみが凝縮しますし、彩りも豊かで食欲が増します。

次に土鍋に湯を沸かし、酒、塩、和風の顆粒だしを加えたら、野菜を適量入れてさっと煮立たせます。そして豚肉を投入。しゃぶしゃぶっとして肉に火が通ったら、必ずたっぷりと野菜を巻いていただきます。

タレは、酢としょうゆ、ゆずとしょうゆなどのさっぱり系と、市販のごまだれなどを用意すると、飽きずに食べられますよ。
野菜のうまみが染み出したスープは、醤油や味噌などを足して食後にどうぞ。少量のご飯でおじやにすれば、さらに満腹感が得られるでしょう。

◆味付け缶詰を使った簡単鍋

新鮮な魚介を使った寄せ鍋は、忙しい平日にはなかなか作れないものです。そこで、日ごろストックしている魚の缶詰を活用した鍋をご紹介します。水煮や味噌煮など、骨まで軟らかくなっているので、食べやすいのも魅力です。

(作り方)
用意するのは、さばの味噌煮の缶詰、小松菜や春菊、ほうれん草などの葉物野菜、しめじやしいたけなどのきのこ、豆腐、豆乳です。

まず、鍋に和風だしと豆乳を1:1の分量で用意します。そこへさばの味噌煮缶の煮汁を投入し、煮立ったところで、さばの身と野菜、きのこ、豆腐を加えて弱火で煮ます。野菜がしんなりしたら完成です。

さばの味噌煮缶ではなく、水煮缶の場合は、鍋の汁にお好みで味噌や砂糖を加えて作ってみてください。缶詰に使われている魚は、脂が乗った良質なものが多いので、濃厚な味わいが楽しめますよ。
.
◆トマトで作る洋風鍋

和風味に飽きたら、ちょっと目先を変えて、洋風鍋はいかがでしょうか。トマトのうまみが染み出したトロっとしたスープは、フランスパンや白ワインにもよく合います。

(作り方)
用意するのは、トマト、玉ねぎ、いんげん、鶏もも肉、オリーブオイル、塩コショウだけです。まず、トマトと玉ねぎは1cm厚さの輪切りにします。いんげんは筋を取り、4cmほどの長さにポキポキと折ります。鶏肉は一口大の大きさにブツ切りにして、塩コショウを強めにししておきます。

なべ底にオリーブオイルを薄くひき、玉ねぎの輪切りを鍋底に敷き詰めます。その上にいんげん、トマト、鶏肉の順で重ね、鍋の高さに合わせてこれを繰り返します。そして水は一切いれずにふたをし、火にかけます。

30分ほどしてトマトのいい香りがしてきたら弱めの中火でさらに20分ほど待ちます。トマトが崩れてトロッとしてきたら完成です。パセリを散らしたり、粉チーズをかけたりするとまた美味です。





( 2018/05/20 08:16 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

成人の25%が該当 「脂肪肝ドック」にこれだけのメリット 

 全国各地で徐々に増えてきているのが脂肪肝を予防的にチェックする“脂肪肝ドック”。最初に始めた新百合ケ丘総合病院消化器・肝臓病研究所所長の井廻道夫医師(肝臓専門医)に聞いた。

 肝がんの原因トップ2は、C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスの感染だ。ところが新薬によってC型は95%以上排除でき、B型もほぼコントロール可能になった。 

「一方、増えているのが脂肪肝が原因の肝臓がんです。脂肪肝は成人の4分の1が該当するといわれており、世界中で問題視されています」

 脂肪肝は肝臓内部に脂肪が蓄積する病気。脂肪肝が進行すると、炎症が起こり、肝細胞が壊死。これを繰り返すうちに肝臓の線維化が進み、肝硬変に移行する。そして次に待っているのが、肝がんだ。近年は、脂肪肝が進行すると心血管疾患のリスクも上昇することが明らかになっている。

「単純な脂肪肝の段階であれば健康な状態に戻れますが、線維化が見られるようになると不可能になります。脂肪肝にダイレクトに効く薬もまだ登場しておりません」

 だから早い段階で肝臓の状態を正しく知り、対策を講じる必要がある。しかし、脂肪肝は全く症状がない。早期発見、早期治療のために、脂肪肝ドックが役立つのだ。

■数値で脂肪肝の程度が分かる

 脂肪肝ドックで分かるのは、肝脂肪度と、肝臓の線維化の程度が分かる肝硬化度。脂肪度を測るソフトを搭載したMRIを用いて検査をする。肝硬化度は、肝臓に振動を当て、その伝わり具合をMRIで解析し測定。検査時間は30分ほどだ。

 脂肪肝の多くは、超音波検査で判明する。このMRIによる脂肪肝検査のメリットは、数値で脂肪肝の程度が分かることに加えて、線維化の程度が分かることだ。

「超音波では脂肪の蓄積度は分かりますが、軽度、中等度、高度という判定で、数値では分かりません。線維化については『フィブロスキャン』という別の検査が必要。この機器もすべての医療機関に備えられているものではなく、必ず行われているものではない」

 しかし、線維化が進んでいればより肝硬変、肝がんのリスクが高くなる。線維化の数値の把握は非常に重要だ。 

「脂肪の蓄積度と線維化の程度はイコールではありません。脂肪の蓄積度はそれほどでなくても、線維化が進んでいることがある。こういったケースも脂肪肝ドックは見逃しません」

 脂肪肝ドックを検討した方がいいのは、「健診などで脂肪肝と指摘された人」「C型・B型ウイルス性ではない肝がん、肝硬変が家系にいた人」「脂肪肝になりやすい要因を抱えている人」。

「BMI(体重キロ÷身長メートルの2乗)が25以上の肥満の人の半数は脂肪肝です。ただし、痩せていても脂肪肝になります。アルコール摂取が多い人、糖尿病の人、脂質異常症の人のどれかに該当する人も脂肪肝を疑った方がいい」

 アルコールに関しては、日本酒換算で3合を毎日飲んでいる人は、5年で脂肪肝になるといわれている。また、アルコールを飲まなくても、過剰の食事を続ければ、非アルコール性脂肪肝になる可能性がある。

 脂肪肝が判明すれば、食事改善と運動が有効。線維化が起こっていても、ある段階までは、体重減少で線維化の進行を抑制できる。

 脂肪肝ドックは、新百合ケ丘総合病院の場合、3万5000円(税別)。医療機関によって名称は異なるので、「脂肪肝」「MRエラストグラフィー」をキーワードに検索するとよい。


( 2018/04/05 18:47 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

どっちが正解?「横向きor仰向け」よく眠れる身体にいい寝姿勢  

「仰向けで寝たほうが身体にいい」と漠然と思いこんでいませんか? 正しい寝姿勢や直立姿勢のまま寝ると歪みがとれるといったマットレスの謳い文句も多いですが、実は科学的根拠のないものなのです。

パラマウントベッドによると、睡眠段階と睡眠中の姿勢は、独立していることが研究によって明らかにされており、仰向けのほうが横向きより眠りが深くなりやすいという科学的根拠のある報告は、いまだなされていないとのこと。

では、その人に合う寝姿勢、寝方とは、どのような体勢なのでしょうか?

■加齢とともに横向きで寝る傾向がある

寝姿勢の加齢変化を表した海外の研究では、高齢になるほど、右側臥位の時間が増えることが分かっているそうです。少なくとも高齢者にとっては、仰向けが身体に負担が少なく快適な姿勢ではないようです。

睡眠中に最も多い姿勢が仰向けとも単純にはいえず、仰向けよりも横向きやうつぶせのほうが、睡眠中に呼吸が止まりにくいという研究結果も報告されています。

横向きのほうが寝具との接触面積が小さいため、蒸れにくいというメリットもあり、湿気の多い夏場は特に仰向けのほうが寝心地よいというわけではありません。

■腰痛持ちは横向きでもいい

さらに腰痛のある人とない人に眠りやすい姿勢を聞くと、腰痛のある人は横向きが眠りやすいと答えている人が最も多かったのです。

横向き寝は腰に負担がかかるといわれていますが、実際には横向きで寝ていても腰痛になるリスクが高まるとは考えにくいといえます。腰が痛くて仰向けが辛いという人に、仰向けで眠ることがいいと推奨することは睡眠を妨げる原因となり、腰痛にとっても逆効果になると考えられるのです。

このようにすべての人が仰向けで寝なければいけないわけではありません。腹部は動物にとって最も弱い部位。そんな腹部をさらす仰向けで寝る動物は、安全な環境で眠れる人とペットぐらいしかいないともされます。

仰向けで眠れることは、幸せな生活を送っていて、よく眠れている証なのかもしれませんね。


( 2018/03/20 00:48 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

【二日酔いのウソ&ホント:後編】二日酔いの朝に食べたいのは●●と××!  

今回も、引き続き二日酔いについてのお話です。前編では「飲む前&飲んでいる最中に気をつけたいこと」をご紹介しました。

でも、「やっぱり飲みすぎちゃった…」「気をつけていたけど二日酔いになった」というときはどうすればいいのでしょう?

巷でよく聞く「二日酔い対策」のなかには事実でないどころか身体を害してしまう方法もあるので、正しい知識をチェックしておきたいものです。

◆「酔っ払ったままお風呂」は絶対にダメ

酔っ払って帰るとお風呂に入りたくなりますよね。なかには「アルコールを抜くため」という理由で長風呂やサウナに入る人までいます。でもこれ、とても危険な行為なのです。

肝臓がアルコールを分解するには水分が必要。ですから身体の水分は肝臓に集中して、軽い脱水状態になっています。
そんな状態でお風呂に入ると脱水状態にますます拍車をかけてしまい、血液がドロドロになってしまいます。

そのうえ、アルコールとお風呂の相乗効果で血行がよくなりすぎてしまいますから、心臓に過剰な負担がかかるのです。

また、酔っ払っていると転びやすくなったり、湯上りにめまいを起こしやすくなったりすることも。

しなくてもいいケガをすることにもなりかねないので、お風呂は酔いが冷めてからにするか、思い切って翌朝までガマンしましょう。

◆「二日酔いを治すために運動」は正しい?

次の朝起きたら二日酔い…気分が悪い…。そんなとき、「軽く走ってアルコールを抜こう!」なんて思ったことはありませんか。でもこれは逆効果です。「酔っ払っているときは身体が軽い脱水状態になっている」と前の項目でお伝えしましたね。

それと同じで、二日酔いしているときも身体は軽い脱水状態なのです。
そんなときに運動して発汗すると血液がドロドロになりますから、アルコールの代謝がかえってうまくいかなくなります。

二日酔いから早く抜け出したいならスポーツドリンクなどの水分をこまめにとって、おとなしくしているのがいちばん。

◆飲んだ翌朝に食べたいのは和菓子&フルーツ

二日酔いの朝は食欲もなくなりますよね。でも、気分の悪さを早く治したいなら少しでもいいので、何か食べましょう。おすすめは「甘いもの」と「カフェインを含む飲み物」。カロリーを考えると、「和菓子と緑茶」という組み合わせがベストです。

和菓子に含まれる糖分は、アルコールの分解に使われる糖を補給してくれますし、緑茶のカフェインはズキズキする頭痛をやわらげてくれます。

同じ理由で糖分を含む果物もおすすめ。ビタミンCとの相乗効果で身体をすっきりさせてくれます。柿やみかん、グレープフルーツなどがおすすめです。




( 2018/03/05 11:50 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの胃は大丈夫?忘年会シーズン編(1) 胃に優しい飲み方 太らない食べ方  

これから年末に向けて多くなるのが、忘年会ですね。友人と、趣味の仲間と、職場で。人を変え場を変え、今週は連チャンで飲み会!なんてことも師走には起こり得るでしょう。しかし、すべての宴席で全力投球していては胃がもちません。

飲んで食べてを繰り返していれば体重も増えてしまいますよね。本格的なシーズンに突入する前に、胃に優しい飲み方、お酒の席で食べ過ぎない方法をおさらいしておくのはいかがでしょうか。

◆飲み過ぎた!そのとき胃では何が起こるっている?

どんな姿勢をとっていても苦しい胃のむかつき…。翌日に残るまで飲んでしまったときは、とても辛いものです。このとき、あなたの胃袋はどんな状態なのでしょうか。

アルコールには胃を刺激して胃酸の分泌を促進する働きがあります。このおかげで人は食欲が増します。食前酒として少量の甘いお酒を飲むのはこのためで、せっかくのご馳走を心ゆくまで食べてもらおうという、計算済みのお酒なのです。

しかし、これが大量のお酒となると、胃は強く刺激されて胃酸と胃粘液の分泌のバランスを崩します。すると胃酸が過剰に分泌されて、胃液中の酸性度が急上昇。胸やけを起こしたり、荒れた胃の粘膜をさらに胃酸で傷つけてしまうのです。
.
◆翌日も快調!胃に優しい飲み方とは?

「今夜は飲み会だから、お昼はパン1つにしておこう」などと考える女性がいますが、空きっ腹でお酒を飲んでしまうと、アルコールによる胃への刺激の大きさは尋常ではありません。

ダイエットに気を配りつつも、適度な油分を含む食べ物を飲む前に胃に入れておくことは、アルコールの吸収速度を遅らせて、胃粘膜の保護に大変役立ちます。

また肝臓でアルコールを分解するにはたんぱく質を必要とするため、枝豆や卵焼き、豆腐などは飲み始めに積極的に取りたいおつまみです。またどうしても早飲みは飲酒量が増します。

乾杯の定番、中ジョッキの生ビールを飲んだとき、血中のアルコール濃度がピークを迎えるのはおよそ30分後といわれています。一気飲みの後、続けざまにどんどん飲むのは酔っ払いを作る方程式のようなもの。胃を痛めつける原因になるので注意しましょう。

◆コントロールできる状態をキープする

自分がどういうタイプのアルコール分解酵素をもっているかということでも飲み方は違ってきます。働きが強いのか弱いのか、そもそもまったく活性しないタイプなのか。これは両親から遺伝的に受け継いだものなので、「お酒に強くなる」というのは間違いで、一生涯変わることはありません。

ですから、自分のほろ酔い量を把握し、それを維持しながらゆっくりと食事と会話を楽しむように心がけましょう。そのためには体内の水分量を意識するとよいでしょう。

胃や小腸から吸収されたアルコールは、血中に溶け込んで身体中を巡ります。酔いの程度は、その血中濃度によってきまるのです。

強いお酒を飲むときにチェイサー(水)を添えるのは、この濃度を薄めて急激なアルコール濃度の上昇を予防しているのです。いつも傍らに水を用意して、交互に飲むくらいで挑めば、翌日後悔することもないでしょう。
.
◆お酒の席で太りたくないなら

今和食は、世界でもっとも注目されている食のジャンルといってもいいでしょう。旬を意識した食材と美しい盛り付け、料理人のもてなしの心なども含めてその評価が高まっています。

日本を訪れる外国人観光客にも「和食居酒屋」はとても人気があります。安くてメニューが豊富、何よりもヘルシーというのが人気の理由です。

イタリアンヤスペイン料理など、あらゆるジャンルがそろうのが現在日本の居酒屋文化ではありますが、絶対太りたくない!というあなたは、外国人にならって今一度和食に立ち返ってはいかがでしょうか。

枝豆にもろきゅう、刺し身に焼き鳥、きんぴら、おひたし、タコの酢の物、とアルコールの代謝に必要なたんぱく質とお酒の席ではどうしても不足しがちな食物繊維を含むメニューを意識して、テーブルをいっぱいにすれば、目にも満足。歯ごたえがあるものを選べば、満腹感も得られます。

コース料理の多い会社の忘年会などでは、幹事にそれとなくお店やメニューをリクエストしましょう。いっそのこと自分で仕切ってしまえば、年末も食生活のリズムを維持できますよ。



( 2018/03/04 16:32 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの胃は大丈夫?食欲の秋編(3) 生薬配合の薬って何? 胃もたれにも効く?  

なんだか体にいいような響きがする「生薬」という言葉。ドラッグストアなどで薬の説明書きなどに生薬配合などと書かれていたりするので、目にしたことがある人も多いことでしょう。

◆生薬って何だろう

生薬とは、植物などから取り出した、天然由来の薬のことです。古来よりの東洋医学で薬効があるとされた特定の部位、抽出物などを、刻んだり粉末状にしたり、服用しやすいように形を整えたりして用います。使用されてきた年月の長さや天然由来成分であるがゆえに、安全で安心な薬と認識されているのです。

その種類は動物や鉱物なども含めるとじつに2000~3000種類もあり、そのうち常用されているのは主に植物由来で150~250種類ほどです。
.
◆「生薬配合」の薬とは?

薬の世界で「配合」というのは、「2つ以上の有効成分の薬を組み合わせて作っていますよ」ということです。生薬だけを配合した代表的なものでは、漢方薬がありますね。

何千年、何百年という歴史ある中国医学の処方が日本に伝わった後、独自に変化し発展してきたのが日本の漢方薬です。単純に中国の薬と思っている人もいると思いますが、そこは区別されています。

長年の経験から見出した組み合わせと分量比率をもってして、それぞれの薬の効能が協働で作用します。患者の局部だけでなく、全身にまで広く作用して、身体の自然治癒力をゆっくりと高めていく、というのが特徴です。

現代に至るまでに漢方薬の種類は淘汰されてきたため、副作用が出るものは少ないのですが、残念ながらないとは言い切れません。
.
◆生薬にはどんなものがあるの?

例えば葛根(かっこん)はご存知でしょうか?かぜ薬としても有名な葛根湯に配合されている生薬です。じつは葛根は、和名ではマメ科の植物の「葛(クズ)」のこと。くず餅として日本人にはなじみ深いですね。

生薬としては、根の周皮を取り除いたものを乾燥させて用います。解熱鎮痛消炎薬とみなされる多くの薬に配合されています。また桂皮(ケイヒ)も耳なじみがあるかもしれません。中

国やベトナムが原産で、日本へは8世紀ごろに遣唐使によってもたらされたと言われています。強い芳香性のある樹皮が特徴で、かぜ薬のほかに、胃の働きをよくする胃薬に用いることが多い薬です。

そしてウコン。酒飲みの特効薬としてこれはもうおなじみですね。茎や根の部分を乾燥させて用いますが、英語名ではターメリックといって、染料などにも使われ、食用としてはカレーを黄色くするスパイスとしても使われています。

体内に入ったアルコールは、肝臓で酵素によって分解されるのですが、ウコンの主成分であるクルクミンがこの酵素に働きかけて分解を促進する効果があると言われています。

◆生薬を選ぶのはどんなとき?

どんな病気や症状に対しても、生薬を使った治療ができるわけではありません。例えば、けがや手術が必要な病気、重篤な感染症、精神の病などは、たとえ副作用が強くても、ある特定の症状によく効き、即効性もある化学医薬品(西洋薬)の投与が望ましいのです。

一方で血圧が高い、胃もたれや胸やけといった症状の際は、漢方医学的なアプローチで、不調の改善に努めることはできると言えるでしょう。そのメリットは、1人1人の身体の状態を把握して、患者さんに合わせた生薬を配合できるからです。

これを湯薬(とうやく)と言います。また湯薬の経験や研究で編み出された出来合いの組み合わせも多数あり、薬局でも手に入りやすくなっています。最近では、化学医薬品でも、主成分に生薬を使っているものは多くあります。ご家庭の常備薬の成分を、一度見てみませんか?




( 2018/03/04 16:23 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの胃は大丈夫?食欲の秋編(2)  最近感じる「食後の胃もたれ」どう解消する?  

以前と比べて食生活に大きな変化はないものの、最近ときどき胃もたれや胸やけといった違和感を覚えるようになった、という人はいませんか?もしかしたらその胃弱の原因、加齢によるものかもしれませんよ。

◆肉より魚が好きになる…説は本当か!?

中年になると「最近めっきり肉より魚でさ」というフレーズを使う人がいますね。自分には無縁だ、と思っているあなた、ここに興味深い調査結果があります。

過去1年以内に胃もたれや胃が重いと感じたことがあると答えた全国の20~60代の男女840人に、「以前と比べて胃もたれがしやすくなったか、胃もたれが気になるか」を聞いたところ、7割以上の人が昔に比べて胃が弱くなってきていると感じているのです。

そしてそれを自覚し始めた年齢は、平均して39歳。アラフォー世代以降は、まさに胃もたれを感じ始める適齢期という結果が出ました。
.
◆どうして胃は歳をとるのか?

そもそも胃とはどういう臓器なのでしょう?胃は食道と十二指腸の間にあり、口から入った食べ物を受け止められるように内部が空洞の袋状の臓器です。

空洞とはいっても内壁からは、塩酸やたんぱく質分解酵素のペプシン、粘液などが分泌されています。食べ物は、この液体の海に落ちるとすみやかに溶かされ、ドロドロの粥状になって十二指腸へと送られていきます。

ここで重要なのは、この強い酸性の液体が自身の胃粘膜は傷つけないこと。これは胃がまず粘液を分泌することで、胃粘膜の上に薄い防護壁を作り、胃液から自身を守っているのからなのです。また食べ物が落ちてこないときには、弱いアルカリ性の液を分泌し、胃の中を中性に保とうとしています。

こうした胃液のさまざまな分泌機能を支えるには、粘膜細胞の働きを維持することが大切です。そのとき重要になってくるのは胃粘膜の血流量が活発なことです。しかし年齢を重ねるごとに残念ながらこの血流量は減少してしまいます。

食欲はあるし以前と同じ食事がとれはしても、胃粘膜の刺激に対する抵抗力は弱まっています。胃の内容物を排出するまでにも、長い時間がかかるようになるのです。

◆若くてもなる「秋バテ」からくる胃の不調

年齢のほかにも、体が弱っていることからくる胃の不調もあります。特に今の時期注意が必要なのは、夏の疲れが遅れてやってくる「秋バテ」です。思い出してみてください。暑いからといって冷たいものを大量に摂取していたころのことを…。

夏の刺激に耐えた胃袋はダメージを受けています。回復していないうちに今度は脂の乗った魚や肉など、秋の味覚がどんどん食道をつたって落ちてきます。本人は食欲も増しているので、ついつい食べ過ぎてしまう…。

これでは胃もたれは当然かもしれません。
.
◆市販の胃薬を上手に活用しよう

食べ過ぎや飲み過ぎ、食事習慣によって原因が分かっている胃の不調には、まずセルフケアで様子をみましょう。市販の胃薬を使う場合は、その種類に注意が必要です。胃もたれや消化不良には、胃粘膜修復成分や健胃成分の配合されたものを選びましょう。

胃粘膜修復成分は荒れた胃粘膜にバリアを張ってくれたり、胃粘膜の血流量を増やしてくれます。一方健胃成分には植物などの自然由来の生薬が配合されていて、その苦みや香りが味覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にしてくれます。

生薬は東洋医学の長い歴史のなかで見出された効き目と安全性の高さで安心できる薬です。もちろん副作用もあるので、購入の際は薬剤師に相談しましょう。



( 2018/03/04 16:22 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

恐怖!肝臓が疲れると「ニキビやシミだらけ」になることが判明  

アルコール依存症の患者は、顔が土色になってしまいます。これは肝機能の働きが低下していることに関係しています。

食品添加物や毒素のろ過を担っている肝臓が、実は肌の状態に直接影響していることをご存じでしたか? さまざまなお肌のトラブルは、解毒と代謝をつかさどる肝臓のヘルプサインかもしれません。

今回は覚えておきたい肝臓のいたわり方をご紹介します。まずはあなたの肌状態をチェックしてみましょう。


■肝機能の低下で目立つようになる肌トラブル

以下4つの項目が急に気になるようになった人は、最近の食生活を振り返ってみてください。肝臓が疲れる原因になるような、偏った栄養の食事やアルコールの大量摂取などはしていませんか?

(1)ニキビ

解毒作用のある肝臓で処理しきれなかった余分なものを、肌から排出しようとすることがあります。これらが毛穴の皮脂腺に詰まると炎症ニキビの原因に。

(2)シミ

肝臓内で合成されるグルタチオンというメラニンを抑制する成分が不足すると、メラニンが増殖・停滞し、シミが残りやすくなることに。

(3)くすみ

血行の良さが透明感のある肌と関係しています。肝機能が低下することで血行が悪くなり、顔色もくすんでしまうことに。

(4)たるみ

摂取したタンパク質を、体内で有効に使えるように再合成するのが肝臓の役割です。肝機能低下で、タンパク質の一種であるコラーゲンの再合成も低下し、肌のハリを失うことに。


■肝機能を上げる行動と食物

「昨日は飲み過ぎちゃったな」「どうも最近お肌の調子が悪いな」そんなときは下記のような食生活を心がけて、休日であれば食後の1〜2時間は横になってみてください。

体を倒した姿勢のほうが肝臓に血液がまわりやすく、負担が少なくなります。ただし栄養の吸収も良くなるので、毎日食後のごろ寝を続けていると太ってしまう原因にもなるので注意しましょう。

・魚、豆腐、豆類で低脂肪高タンパクの食事をとる

・レバー、いか、たこ、ごまは肝細胞を活発にする

・野菜、果物、海藻、きのこなど、ビタミンと食物繊維で腸の働きを良くし、肝機能を助ける

・未精製の穀物(玄米・全粒粉)を選ぶとビタミン・ミネラルを補って肝臓を助ける

いかがでしたか? 駆け込み寺のエステに行くよりも、日々の食事で体内から肌をいたわってあげてみてくださいね。




( 2018/03/04 16:21 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの胃は大丈夫?食欲の秋編(1) 胃もたれ知らずで過ごしたい!  

秋は「実りの季節」。脂の乗った魚や肉、甘みを増した根菜や果物などが続々と出そろうシーズンです。食欲が減退していた夏場の反動で、ついつい食べ過ぎてしまう、というのも無理はありませんね。

忘年会シーズンには胃もたれや胸やけに悩まされ、年末年始には体重増加に悲鳴を上げる……、というのは毎年のことかもしれません。

◆どうして秋になると食欲が増すの?

そもそも、秋になると急激に増えるこの食欲はどこからくるのでしょう?要因の1つは、外気温が下がるにつれて、身体が体温を維持しようと働くためといわれています。自然と基礎代謝量が上がるので、お腹が空き、食べようとするのです。

ダイエットは冬場のほうが効果がある、といわれるのはこのためです。 2つ目には、食べ物が不足する冬を前にして、秋のうちにせっせと実りを収穫し貯蔵しておく本能が、私たち農耕民族にはあります。

体にもしっかり脂肪を蓄えて、秋のうちに準備しておこう、そんな自然の摂理も関係しているといいます。 3つ目には、心のやすらぎや心身の安定に作用する神経伝達物質「セロトニン」の分泌が関与しているという説です。

特に脳内で分泌されるセロトニンは、日光にあたっている時間によって分泌量が左右されるため、日が短くなる9月以降は、不足しがちに。それを補おうとして食欲が増したり、ぼーっとして眠くなったりするのです。
.
◆胃もたれ、胸やけを防ぐには

では、この食欲をコントロールして、上手に胃袋と付き合う方法はないのでしょうか。

答えは、カンタン!適度に胃を休めることです。胃もたれとは、食べたものが十二指腸へなかなか排出されずに胃の中に長く留まっているために感じる不快感です。胃の中の圧力が高まったままなので、当然げっぷや胸やけといった症状も出てくるでしょう。
.
◆3度の飯は多すぎる!?

約2000年前に書かれた中国の古典医学書(医学大辞典)には、1日1回、暮れにだけ食事をとるとよい、という当時の養生法が記されています。皇帝や貴族たちは、たまにとった昼食のせいで、胸部と腹部とが圧迫されて苦しくなったので、それを「鼓脹(こちょう)」と呼んで病と捉えていました。

日本でも、江戸時代までは食事は朝夕の1日2回でした。だんだん「鼓脹」に慣れると、それを病気と考える人は少なくなり、いつの間にか重い病を誘発するもととなってきたのでしょう。

目に見える部分に比べて、身体の中にある臓器は、普段その状態を把握しにくいものです。ですが唯一例外として挙げられるのが、胃です。ほかが沈黙の臓器とするならば、胃は「じょう舌な臓器」といわれます。

不調なときの原因が分かりやすく、対処のしやすいありがた~い臓器なのです。

現代人が朝昼晩と食事をとるようになったのは、体格やライフスタイルの変化も関係しています。全く当時を再現するのはふさわしくないものの、秋のほんの一日、胃をいたわって「暮れの食事」を実践してみるのもいいかもしれません。



( 2018/03/04 16:20 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

【脂肪肝】中性脂肪と肝臓には密接な関係がある  

肝臓

●中性脂肪と肝臓には密接な関係がある

肝臓は、食べ物から摂取された脂肪や体内の脂肪組織から運ばれてくる脂肪、そして肝臓が自ら作り出す脂肪で、常に脂肪にまみれた状態にある臓器です。

肝臓のおかげで体内に蓄積される中性脂肪の量はコントロールされているのですが、食事などで摂取される脂肪の量があまりにも多い場合や、過労や病気などによって肝臓自身の機能が低下すると、運ばれてくる脂肪酸を処理する能力が低下し、どんどん脂肪が蓄積されていってしまいます。つまり、脂肪肝になってしまうということです。

●脂肪肝が進行すると

肝臓内に脂肪が溜まった状態になる脂肪肝ですが、自覚症状はほとんどありません。肝臓は、自らが持つ能力が30%以下にならないと症状が出ないため「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

自覚症状のない脂肪肝ですが、放っておくと症状が悪化し、更なるリスクを生み出す病でもあります。病の進行過程は、脂肪肝から脂肪性肝炎へ、そして肝硬変、最終的には肝がんにまで至る可能性もあります。

脂肪肝は、主に肝臓の機能を下げるアルコールの摂取により引き起こされる「アルコール性脂肪肝(ASH・アッシュ)」であることが多いですが、近年、アルコールではなく脂肪細胞の肥大によって引き起こされる「非アルコール性脂肪肝(NASH・ナッシュ)」を発症する人も増加していると言います。

アルコールを起因としない脂肪肝のメカニズムはまだ解明されていませんが、アルコール性脂肪肝よりも病気が悪化する速度が早いため、飲酒の習慣はないが中性脂肪の数値が高いという方は注意が必要です。

●ライフスタイルの改善で脂肪肝は治る

比較的軽度の脂肪肝であれば、治療薬などに頼ることなく改善することができます。以下、脂肪肝を改善するためのポイントをまとめてみました。

・禁酒

・カロリー制限

・バランスのいい食事

・定期的、かつ適度な運動(有酸素運動)

・十分な休養と睡眠

アルコール性脂肪肝であれば禁酒は絶対です。禁酒なくして改善はないと言っても過言ではありません。また、軽度のうちに改善するためにも、早期発見、早期解決が大切です。定期的に検診を受け、健康状態を把握するよう心がけましょう。



( 2018/03/04 16:19 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

胃腸の弱さは、どうすれば改善する? まずは原因を知ろう!  

■胃腸の不調、その原因はさまざま。
ちょっとしたことですぐに下痢や便秘になったり、おなかが痛くなったり、ムカムカするといった胃腸に不調があらわれる人がいます。一方で、同じ刺激(食べ物やストレスなど)でも、何も症状が出ない人もいます。この違いは果たして、何によるものなのでしょうか。

胃腸の不調の原因は、ひとつに特定することができません。つまり、まずは自分の症状が何によるものなのかをしっかり把握し、それに対処していくことが重要なのです。まずは、不調の原因を把握しましょう。

■胃腸の不調を引き起こす、4つの原因
1:食事による刺激
口から、肛門までは食べ物によるさまざまな影響を受ける部位。いわば、体の中にあって、ヒフのように外部からの刺激にさらされているということです。食べ物の中には唐辛子のような粘膜を攻撃するものがあったり、病原菌や病原ウイルスのようなものが含まれてたり……。また脂があまりに多い食事では脂肪が分解しきれずに胃腸の負担となり、下痢を引き起こすこともあります。

このような刺激物に対して「胃腸を強くすること」は理論的には、不可能ではないかもしれません。

胃粘膜、腸粘膜は寿命が短く、どんどん新しくなっていきます。ひんぱんに刺激物を食べていれば、刺激物に強い遺伝子変化や遺伝子発現を獲得した細胞が生き残って、刺激物に強くなる、ということはあり得るでしょう。ただし、刺激物は大量に食べると胃潰瘍などの炎症の原因になることがわかっているため「刺激物に強い胃」を作る目的で、刺激物を繰り返し食べるのは、医学的にはお勧めできませんので、あしからず。

2:精神的なストレスによるもの
おなかは心(脳)の影響を強く受けます。つまり、精神的な問題で下痢になったりおなかが痛くなるのは当然のことです。「学校に行きたくないと、朝おなかが痛くなる」というのはこうした仕組みによるものです。この場合、精神的な問題を解決しないとおなかの不調は治りません。

3:劣悪な腸内環境によるもの
腸内には微生物がたくさん住んでいます。その微生物が正しく働くことで腸は正常に機能します。

腸内微生物は人間が食べたものの一部を食べています。そして、その過程で微生物たちが作ったものが、今度は人間の腸の栄養の一部として使われているのです。つまり、人のためにいい働きをしてくれる微生物がたくさんいれば、腸に必要な栄養が産生され、腸の状態がよくなります。

反対に、好ましい菌がいなければ腸にとって必要な栄養が不足し、機能が低下してしまうのです。ちなみに、腸内環境のよい人は、もし食中毒になってしまっても症状が軽くてすむと考えられています。

4:胃腸に関連する筋力の低下
胃腸それ自体でも筋肉細胞を持ち、さらに胃腸はさまざまな筋肉に囲まれています。ホルモン焼きを食べたことがあればわかると思いますが、あのコリコリとした食感は筋肉によるものなのです。胃腸自体の筋肉細胞や胃腸の外の筋肉を鍛えるには、良質なタンパク質などの適正な栄養と運動が必要です。

■まとめ
みなさんのおなかの不調の原因がどこにあるのか、原因を見定めてそれぞれにあった方法で健康になりましょう!



( 2018/03/04 16:17 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

飲酒しない人でも脂肪肝しぼうかん)になることがあるってホント?  

脂肪肝とは肝臓疾患のひとつで、肝臓の中に中性脂肪が過度に蓄積されることで発症します。肝臓には通常3%~5%程度の脂肪細胞が含まれていますが、脂肪細胞の割合が5%を超えた状態を脂肪肝と呼びます。

例えば、糖分や脂質を多く摂取するような食生活をおくっている人は、脂肪肝になるリスクが高いといえます。日本でも食生活が欧米化し始めた1980年代から、脂肪肝になる人がよく見られるようになりました。

食生活以外にも潜む脂肪肝のリスク

脂肪肝の原因は、脂質が多い食生活以外にもいろいろあります。その中でも注目したいのは、アルコール習慣です。

日々の晩酌など、慢性的に体内にアルコールが入ると脂肪肝のリスクが高くなりますが、飲酒の量も大きく関係しており、当然ながら多量に飲む人ほどリスクは高まります。では、どれくらいの量が「飲みすぎ」なのでしょうか?

体質などにもよりますが、ひとつの目安としては、純アルコールに換算して20gと言われています。

これはビールなら500ml(アルコール度数5度の場合)、日本酒なら1合(同15度)、ウイスキーなら(同数43)グラス1杯程度です。これらのいずれかを毎日のように飲んでいる人は、脂肪肝のリスクが高いと言えます。
.
自覚しにくい肝臓疾患

脂肪肝に限らず、肝臓疾患は自覚症状が出にくいという特徴があります。肝臓が「沈黙の臓器」と呼ばれるゆえんです。そのため、特に体に異常などを感じることもなく、たまたま健康診断で引っ掛かったことで発覚したというケースも少なくありません。

アルコールが原因の肝臓疾患は禁酒することで改善できる場合もありますが、「NAFLD」と呼ばれる非アルコール性の疾患の場合は、早期の治療が必要です。

飲酒の習慣がないのに脂肪肝と診断された人は、ウイルス性や自己免疫性の肝炎が原因であることや、場合によっては原因不明ということもあり得ます。
.
お酒を飲んでいなくても危険!

NAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患)の患者のうち、10%は「NASH」(非アルコール性脂肪肝炎)と呼ばれる疾患を発症すると言われています。NASHは肝がんや肝硬変に発展するリスクがあり、また放置しても治ることはありません。

放置すると5~10年後には約5人に1人が肝硬変を引き起こすと言われておいるため、注意が必要です。
.
NAFLD・NASHの治療法

NAFLDやNASHといった肝疾患は、食事療法や運動療法によって血液中の脂肪細胞を減らす治療がメインとなります。重度の場合は抗酸化作剤や糖尿病の治療に使われるインスリンなどを注射するといっった薬物治療が用いられる場合もあります。

ただし、薬物治療の効果はまだはっきりと確立されているわけではないため、生活習慣と食生活を見直しながらコツコツと治療することが必要です。



( 2018/03/04 16:16 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

命に関わる大病も!? 若者に急増する「肝臓を傷める」NG習慣4つ  

食の欧米化や食生活の乱れによって、今若者の脂肪肝が増えているのをご存じですか? 

20歳を過ぎているみなさんは要チェック! 放っておくと動脈硬化や肝臓がんなど、恐ろしい病気も併発する恐れがある脂肪肝。今回は、その原因と対策を確認していきましょう。

■若者に急増中の脂肪肝

近年、若者に急増中といわれている脂肪肝。脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が蓄積された状態のことをさします。

肝臓に悪いものといえば、多くの方がアルコールを挙げるでしょう。でも、「お酒は飲まないから、脂肪肝の心配はない」と思ったら大間違い! 脂肪肝は、アルコールの飲みすぎだけでなく、糖質や脂質を摂りすぎることも原因です。

糖質や脂質を摂ると、小腸で分解されたあと脂肪酸として肝臓に送られます。糖質や脂質を摂りすぎると、肝臓に送られる脂肪酸の量が増え、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が過剰になって溜まってしまうのです。

アルコールを飲み過ぎる方はもちろん、肉類や脂っこい食べ物をたくさん食べる方、甘いスイーツが大好きな方など、20歳を過ぎたら脂肪肝は他人ごとではありません! 脂肪肝までにはならなくても、肝臓に負担をかけると肌荒れの原因にもなるので要注意。

■脂肪肝を予防するための方法4つ

お酒を飲みすぎない以外に、脂肪肝を予防する方法をご紹介しましょう。

(1)肉類の摂取量を減らす

煮物や炒め物などで、野菜やキノコ類を増やしてお肉の量を減らしてみましょう。少しずつ減らしてみると、意外とお肉の量が少なくても大丈夫になります。

もっとがんばれる方は、肉類の代わりに大豆ミートを使ってみるのもおすすめ。大豆ミートはマクロビ料理でよく使われるもので、大豆でできたお肉のような食感の食べ物です。食べると本物のお肉だと勘違いする人もいるほど。

(2)ヘルシーなスイーツに変更

ドーナツやパンケーキ、チョコレートなどの甘いスイーツがやめられない方は、過去記事「ウソ!“減量とシワ改善”を同時に叶える魔法のスイーツがあった」でご紹介した寒天を使ったスイーツや、比較的低カロリーな和菓子に少しずつ変えてみてください。

(3)肝臓が喜ぶ食べ物を食べる

脂肪肝予防におすすめなのが、タウリンを含む食べ物。牡蠣、タコ、イカなどタウリンを多く含むものを食べれば、コレステロールや血糖値を下げたり、肝臓のはたらきを高めたり、中性脂肪を排出する効果が期待できます。

(4)続けられる運動を

脂肪燃焼のためには、なんといっても運動が不可欠。毎日ジムに通うなど高い目標を立てず、継続できそうな運動を始めましょう。1日30分のウォーキングや、室内の狭いスペースでもできるヨガなどがおすすめ。

中年層の病気だと思いがちな脂肪肝。若者の患者数が増えている今、ぜひ一度生活を見直してみてくださいね。


( 2018/03/04 16:14 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

7割が前と比べて増えたと感じている「胃もたれ」―その原因は本当に食べすぎが原因!?  

過去1年以内に感じたことのある胃の不調

エスエス製薬は、2014年8月4日~5日にかけて、全国の20代~60代の男女を対象に「胃の不調に関する意識と実態調査」を実施した。

事前調査で男女2万人を対象に、過去1年以内に感じたことのある胃の不調について尋ねたところ、最も多かったのは「胃もたれ・胃が重い」(36.9%)だった。

次に、過去1年以内に「胃もたれ・胃が重い」「胃弱」を感じたことがあると回答した840人に、以前と比べて胃もたれがしやすくなったか、胃もたれが気になるか尋ねると、74.2%が「以前と比べて胃もたれなどの不調を感じるようになった」と回答している。

胃もたれ等のある人に、胃の不調の原因をたずねたところ、「食べすぎ」と考えている人が45.2%と最も多かった。前

項で、7割以上が「以前と比べて胃もたれなどの不調を感じるようになった」と回答しているが、胃の不調の原因を「加齢」と考えている人は18.3%にとどまっている。

以前よりも胃の不調を感じ始めた年齢について聞くと、全体の平均は39.0歳だった。40歳前後は胃もたれ適齢期といえるようだ。

胃もたれ等のある人に、胃の不調を最も感じる時間帯を聞くと「夕食後から寝るまで」が45.5%で最も多かった。

以前と比べて変化ありと回答した人は、以前と比べて変化なしと回答した人に比べ「朝起きた時」(26.7%)や「夕食を食べている時」(13.7%)に胃の不調を感じると回答する割合が高かった。


( 2018/03/04 16:12 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

これでスッキリ! 時間帯別に見た眠気の原因と対策  

■朝起きてから午前中までの眠気対策

 必要十分な睡眠がとれていれば、目覚まし時計をかけなくても自然に目が覚め、気持ちよく起きられるはずです。しかし、多くの人は目覚ましのアラームで、イヤイヤ起きるのが普通でしょう。これは睡眠が足りていないか、深い睡眠の時に目覚めさせられたからです。

 目覚めた直後の眠気対策には二度寝がおすすめです。起床前後にたくさん作られる抗ストレスホルモンのコルチゾールを浴びて、ストレスに満ちた世間に出る準備ができます。ただし、二度寝は10~15分の一度だけにしておきましょう。

それ以上になるようなら、始めから目覚ましアラームの設定時刻を遅くして、夜の睡眠をしっかりとりましょう。

 通勤や通学で電車やバスで揺られると、眠くなることがあります。睡眠不足のときだけでなく、朝活などで早起きして時間がたったときにも眠気が生じます。眠気に身をゆだねるなら、車内で仮眠をとりましょう。

午前中の仮眠は、前の夜の睡眠不足を補う効果があります。眠るのがイヤなら、スマートフォンやタブレット端末などを使うと良いでしょう。画面の光が眠気を和らげてくれます。

 生体リズムからいうと、午前はもっとも眠気が少ない時間帯の1つです。しかし、睡眠不足がたまっていると、ついウトウトしてしまいます。

仕事中なら、同僚や上司と話をしたり営業に出たりすると、目が覚めてきます。学校なら、授業で積極的に発言したり、休み時間に外へ出て明るい光を浴びると良いでしょう。

■昼食後から午後にかけての眠気対策

 昼ご飯をとった後に眠くなる人が多くいます。生体リズムの関係で、午後2時~4時には眠気のピークが来ます。これは、昼食を抜いたときでも現れます。

 この眠気に従うなら、短時間の仮眠が有効です。午後2時~4時のピーク時に眠らなくても、ランチタイムに20分ほど眠ると、眠気を先取りしてすっきりした頭で午後を乗り切れます。

 眠気と闘うなら、2時~3時ごろにコーヒーブレイクを取りましょう。おやつを食べて脳の栄養源であるブドウ糖を補給し、コーヒーやお茶でカフェインをとり、楽しくおしゃべりして眠気を吹き飛ばしましょう。

 私たちの体温は、1日のうちで1~1.5度ほど上下します。夕方から夜にかけては、体温が最も高くなる時間帯です。体温が高いと眠りにくいため、この時間帯は「睡眠禁止帯」とも呼ばれています。

 しかし、夕方になると眠くなるという人も多いはず。その原因の一つは睡眠不足ですが、夜型のパターンが強い人は体温のリズムが遅い時間にずれているため、本来は午後2時~4時にピークになる眠気が夕方以降に現れることもあります。

 午後3時以降の仮眠は夜の睡眠に悪影響を与えるため、一般的にはお勧めできません。しかし、眠気がとても強いときには、20分程度の仮眠をとってもよいでしょう。

できれば、先に述べたランチタイムの昼寝をとって、夕方の眠気が出ないようにしましょう。夜型で睡眠不足がたまっている人は、生活パターンを変える努力も必要です。

■夕食をとったあとの眠気対策

 お腹がふくれると満腹ホルモンと言われるレプチンが分泌されます。レプチンは眠気を誘いますが、ここで眠ってはいけません。昔から「食べてすぐ寝ると牛になる」と言われてきました。

本当に牛になることはありませんが、満腹の状態で眠ると睡眠の質が悪くなります。胃腸が活発に動いている間は深く眠れないからです。

 夕ご飯を食べたら、歯を磨いたり食器を洗ったり、お風呂の準備をしたりして、こまめに体を動かしましょう。若い人で夕食から寝床に入るまでが3~4時間あるのなら、カフェインをとっても良いでしょう。ただボ~っとテレビを見ていると、睡魔が襲ってきますよ。

 つい夕食後に眠ってしまい、3~4時間したら目を覚まして困る人もいるでしょう。

そんなときには「分割睡眠」がおススメです。初めの睡眠から目覚めたら、趣味や勉強などあまり興奮しない活動を行い、再び眠くなったら2度目の睡眠に入ります。分割睡眠は昔からあった睡眠法で、タレントの黒柳徹子さんも実践しているようです。


( 2018/03/04 16:03 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

快眠に効く食品とは?「アメリカンチェリー」「さつまいも」「枝豆」 

寝つきが悪い、眠りが浅いなど、眠りの質が悪いと毎日の生活にもその影響が及んでしまいます。

食品の中には、その成分から眠りの質を上げる効果を持つものがあります。何を食べると良いのか、良い眠りを誘う食品をご紹介しましょう。

●アメリカンチェリー
チェリーには、睡眠ホルモンであるメラトニンを豊富に含みます。メラトニンは体内時計に働きかえるため、分泌が少ないと自然な眠りにつきにくくなってしまいます。チェリージュースでも代替可。

●さつまいも
サツマイモも快眠を助ける食品のひとつ。サツマイモに含まれる各種プロテインは、健康的な眠りをサポート。豊富なカリウムは、筋肉をリラックス効果があり、これも快眠を助けとなります。これらの重要な栄養素の大部分は皮に含まれているため、皮も一緒に食べるのがお勧めです。

●バナナ
バナナにも、さつまいもと同じく筋肉を和らげる効果を持つカリウムが豊富に含まれます。さらに、バナナに含まれるビタミンB6は、メラトニンの分泌を促す作用があります。

●枝豆
枝豆には、女性ホルモンであるエストロゲンと似た成分を持ち、夜の体のほてりを緩和する効果があります。さらに、更年期の不眠症の軽減にも役立つとの研究結果も。

●カモミール
おなかが痛い時のカモミール茶は、身体に負担をかけることなくやさしくその鎮痛作用を発揮してくれます。さらに、心と身体を落ち着け、リラックスする作用もあることから、就寝前の1杯としてお勧めです。


( 2018/01/31 01:16 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

「腸」を整えて生産効率アップ!今日から実践できる腸活の方法とは 

腸のコンディションを整えることで、生産性を上げて、高いパフォーマンスを出す「腸活」が流行りつつある。そこでヨガ・インストラクターで管理栄養士の岡清華さんに、そんな腸の状態をコントロールする方法や重要性について聞く。
(聞き手:医療法人社団同友会産業医大室正志氏・阿部知代ホウドウキョクキャスター)
.
深い呼吸を意識することが大切

阿部:
明日から実践できる“腸活“を3つ上げていただきました。これですね。
「運動:ねじり+呼吸を意識して
 食事:発酵食品+水溶性食物繊維
 睡眠:寝る前に湯船で深呼吸を」

岡:
呼吸は“深い呼吸”が大切です。
鼻から吸って鼻からはくというのがヨガの呼吸になるのでそれを意識しながら副交感神経を高めてあげることを実践しています。ビジネスシーンでもかなり緊張するシーンや、勝負をかけるシーンとかってあると思います。高いパフォーマンスを求められるシーンとかすごく多いと思うんです。それを整えていく面でもアスリートとかスポーツ選手というのは、大勢の中ですごい緊張のシーンでハイパフォーマンスを出しているので、それとおなじように日々のコンディションを整えて行くことがとても大事で、そのためには基本となる運動・睡眠・食事という基本的なところを整えて、毎日のコンディショニングをご自身でしていくことをお勧めしています。
.
発酵食品と食物繊維

阿部:
食事は発酵食品が良いんですか?発酵食品ってパッと浮かぶのだと、ヨーグルト・納豆・キムチ・あと味噌、醤油、あとお漬物とかですか?

岡:
はい。本当にたくさんの発酵食品がありますね。
新しい菌としてはケフィア菌とかテンペ菌とか。たまにそういう新しい菌を入れてあげると刺激になったりします。

阿部:
菌と餌になる食物繊維を一緒にとることが大事?

岡:
「食物繊維をとりましょう」と言われ、皆さん摂取していると思うんですけれども、今日からは食物繊維をとっているときに、菌のえさをとってあげているんだなという気持ちでいてあげると食事が面白くなるかもしれないですね。腸の中のお花畑を育てていってあげるようなイメージです。 腸を観察しながら育てていってあげると面白いかも知れないです。

阿部:
たとえば、便秘をして下剤を飲んできれいに出すと(腸の中の)お花畑はどうなるんですか?

岡:
いったん全部流れていってるイメージです。種が無くなっちゃった。
また、植え始めようって言う気持ちで想像してもらって。
流れていったら、またいい菌を入れようという。流れたら終わりではなくて、また植え始めたらいいやという気持ちが大切です。

大室:
飲みすぎた翌日とか下痢になってしまう、これは明らかに変わってますもんね。

阿部:
続けることが、大事なんですね。

岡:
そうですね。1回の食事とか1日の行動で腸内が整っていくってことはありません。本当に日々の生活習慣の中で整っていきうので、ガーデニングのような感じですよね。
.
運動・食事・睡眠をバランスよく

阿部:
みんながやってるけど、「腸活」にとって良くないことはありますか?

岡:
さっきお話したとおり「ヨーグルトを食べましょう」ならヨーグルトばかり食べるとか、何かをやっているからほかはいいや、としてしまうと効果は出にくくなってしまいます。どうしてこれを毎日食べているのに効果でないんだろう、というお客様は結構多いですが、それは運動・食事・睡眠のどれかが崩れていたり、ベースの何かが崩れてしまうとそれ以上成長しなくなるので、ちょっとでもいいので、毎日生活習慣の中に意識して取り入れてあげる。腸を意識して生活していってあげると、もうひとつ生活のレベルというか質が上がっていくのかなと思います。


( 2017/12/12 16:25 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

「まさか私が」年々増加で8人に1人発症。慢性腎臓病になりやすい人の特徴 

患者数の増加から、近年注目を集めている「CKD(Chronic Kidney Disease)=慢性腎臓病」。症状や予防法について聞きました。

●重度の腎不全や心血管疾患…気付かないうちにリスクが増加


重要な働きをする「腎臓」

おなかの後ろ、腰の上あたりに2個あるインゲンマメ型の小さな臓器・腎臓。フィルターのように体にとって必要な成分を再吸収し、不要になった老廃物を尿として排せつすることで血液をきれいに保ちます。

他にも、水分・塩分・血圧やイオンバランスなど体内の環境を調節、骨の成長や血液を作るなど、生命維持に欠かせない重要な役割を担っています。そのため、腎臓が障害を受け機能が低下すると、さまざまな重大な病気を引き起こすきっかけに。
.

完治できないCKD、早期発見が重要

腎機能の低下は、腎不全や尿毒症など、重度になると「透析療法」や「腎移植」が必要になります。現在、日本で透析療法を受けている患者さんは、約32万人(約390人に1人)。年々増加していることから、初期の段階で病気の発見や治療に取り組むべく、注目を集めるようになったのが「CKD=慢性腎臓病」です。

3カ月以上腎障害や腎機能の低下が続いている状態を指し、腎炎、糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症などが含まれます。約1330万人、成人の8人に1人が発症していると推定されています。

近年では、CKDが心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患のリスクを増加させることも明らかになりました。

しかし、初期には自覚症状がほとんどないため、知らないうちに進行してしまうことが怖い点。腎臓を正常な状態に回復することは難しいため、定期的に検査を受け、尿にたんぱくや血液が出ていたり、血清クレアチニンの値が高くないか、チェックをすることが重要です。
.

メタボ予防が肝心

CKDの1番の原因となるのは、「メタボリックシンドローム」です。例えば、暴飲暴食をすると、老廃物を排出するために急激に腎臓が働き、大きな負担がかかります。これが続くことで、腎臓は疲弊していきます。

減塩や低たんぱくなど食事の内容に気を付け、適度な運動をする、禁煙するなど、生活習慣を改善し「メタボリックシンドローム」を防ぐことが、CKDの予防につながります。また、遺伝的な要素もあるため、家族に生活習慣病や腎臓病の患者さんがいる場合は注意が必要です。

◆取材協力
福岡腎臓内科クリニック
院長 平方秀樹さん



( 2017/12/12 15:27 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコールだけが原因ではない 肝臓疾患を回避する優しい食生活(2) 

 こんな例がある。東京在住の会社員、小山隆彦さん(仮名・47歳)は2年前、近くの内科医で“糖尿病”と診断され、医者から血糖値を下げる薬を飲み始めたという。ところが、糖尿病の症状は安定したものの、昨年の定期検診で肝臓の異常を指摘された。そして、同年暮れの再検査でさらに肝臓の数値が悪くなっていたため、専門外来がある大学病院を受診した。

 「私はお酒をほとんど飲まないため、肝臓が悪くなる理由がまったく思い当たらず、医師に糖尿病の薬が原因ではないかと聞いたんです。でも、血液検査とエコー検査の結果、『脂肪肝の一つであるNASH』と診断されたんです」と小山さん。この「脂肪肝」というのは、肝臓の細胞の5%以上に“脂肪かたまり”が沈着した状態を言う。

 肝臓病を研究する内科クリニックの篠原伸顕院長はこう語る。
 「最近は1合ほどの飲酒でも脂肪肝になる人が増えています。NASHを含め、ウイルス性、アルコール性の肝炎以外の要因でかかる肝疾患の総称を『非アルコール脂肪性肝疾患』(NAFLD)と言いますが、発症する背景には内臓脂肪型肥満や糖尿病、高血圧、脂質異常症などが考えられ、“メタボ型脂肪肝”とも呼ばれているんです」

 このNAFLDの8割は「単純性脂肪肝」とされ、進行の恐れがない良性の脂肪肝だが、残り2割はNASHに進むとされている。NASHであれば、炎症や線維化(肝臓が硬く変質する)を伴う進行性脂肪肝となる。 医療関係者によれば、この脂肪肝は約10年間で3割前後が肝硬変、肝がんへ進む。過度の飲酒がなくても生活習慣病からがんとなり、命を落とすケースがあるのだ。「厄介なのは、NASHの人の5~20%が10年以内に肝硬変に進行するとみられていながら、いまだに特効薬や確立した治療法がないこと。そのため、治療は自助努力に頼るほかになく、脂肪肝をなくすには、ひたすら食事と運動で脂肪肝の状態を改善し、背景にある持病をコントロールするしかないのです」

 管理栄養士でフードスペシャリストの清水由美子氏は言う。
 「太っている人は、とにかく肥満の改善が一番です。体重を最低10%ぐらいは減らさないといけません。そのためにも、食事は脂肪分を減らすこと。肝臓は余剰のエネルギーを中性脂肪やグリコーゲンにして溜め込むので、吸収の速い空腹時には甘味飲料の一気飲みなどは避けるべきです。間食もやめ、食べる時間と食べない時間を常にはっきりさせることが大切になります」

 そして最後に、清水氏が「脂肪肝を防ぎ肝臓を守る」ための“優しい”食事をこう指摘する。(1)アルコールを飲んだ場合は、煮物や炒め物などの他に野菜やキノコ類を食し、肉類は少なくする。 (2)肉類の代わりに、大豆ミート(マクロビ料理)がお勧め。 (3)ドーナツやパンケーキ、チョコなどの甘いスイーツがやめられない人は、寒天を使ったスイーツや低カロリーの和菓子に少しずつ変えてみる。
 
(4)脂肪肝予防には、タウリンを含む牡蠣、タコ、イカなどを多く食べる。コレステロールや血糖値を下げ、肝臓の働きを高め、中性脂肪を排出するため。食文化の変化から、中年層の病気だと思いがちの脂肪肝が若い世代にも増えている。他人事とは思わずに、いま一度、生活習慣を見直す必要がある。


( 2017/10/13 12:36 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコールだけが原因ではない 肝臓疾患を回避する優しい食生活(1) 

 専門家に言わせれば、「酒を飲む、飲まないに関係なく、不摂生な生活をしているとアルコール性肝炎に似た肝疾患に陥りやすい」という。つまり、放置すれば肝炎→肝硬変→肝がんへと進行するということだ。厚労省によれば、毎年約3万5000人の方が肝臓病で死亡している。このうち約9割の人がB型・C型肝炎ウイルスを患ったことが原因とされている。

 肝臓は、酒を飲んだ際にアルコールを分解する以外にも、脳のエネルギー源であるブドウ糖をグリコーゲンとして備蓄したり、食事から摂取した栄養分を代謝、さらには出血を止めるためのたんぱく質の合成、胆汁の生成、人体に有害な物質を分解し無毒にする“スーパー臓器”だ。それだけに、もともとは頑強で最も大きな臓器で、たとえ疾患で切除により半分以上を失ったとしても必要な仕事をこなす力は残っており、元の大きさに復元することも可能だという。とはいえ、あまりに酷使しすぎれば、傷みが重なり、壊れることも無視できない。

 昭和大学病院消化器内科の医師は、こう説明する。
 「肝臓が“沈黙の臓器”であることは広く認識されました。なぜ“沈黙”なのか。それは、ひどく傷んでいたとしても痛みを感じることがないからです。病気になっても自覚症状が出にくく、何となく具合が悪いなと感じた頃は、肝炎などでだいぶ悪くなっている可能性があるということ。症状が進まないように、まずは早期発見し治療することが重要になります」

中でも問題なのは、前述のように酒を飲まない下戸なのに肝炎疾患を招くという「非アルコール性脂肪性肝炎」(NASH)だ。この病気は、最悪の場合、肝硬変から肝臓がんになる可能性があり、国内でも100万~200万人の患者がいるとされる。また、肝臓がんの原因には、B型肝炎が2割、C型肝炎が7割、残りの1割近くにNASHが含まれると推測されるという。

 前出の医師によれば、NASHの特徴は、アルコールをほとんど飲まないのに肝臓がアルコール性肝炎に似た状態になることだ。
 「原因はズバリ言って“栄養過多”です。つまり、メタボ体形の延長線上にある病と言えます。ただし、太っているから病気になるわけではなく、痩せている人でもなってしまう。BMIの数値が25を超えている場合は要注意。30代以上の男性に圧倒的に多く、50代以上の女性にも多い。また、肝臓の数値を表すGOT・GPTがそれぞれ50を超え、γ-GTPも100超になると、脂肪肝が進行している可能性があります」


( 2017/10/13 12:33 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)

腎臓の機能低下の可能性も… 重大病が潜む足の“むくみ”のサイン(2) 

 都内で電化製品を取り扱う会社部長の金森光史さん(51歳=仮名)は、基本的には終日、社内で仕事をしているという。朝9時に出社するとサンダルに履き替え、夕方、退社時に靴を履く。ところが、帰る時に履く靴が明らかにきつくなった。家を出る時は靴ベラがなくても履けたものが、靴ひもを緩め、靴ベラの使用が不可欠。手で触ると、靴下のゴムが当たる部分から足首、甲にかけて、腫れ上がったようにむくみがあるのが分かったという。

 「そんな状態がしばらく続いていたため、自宅近くの病院に行き診察を受けたところ、診断は“腎不全の疑い”だったのです。即、血液検査から心電図、レントゲン、尿検査と検査が続いて、さらに心臓、肝臓から腎臓の働きまで検査されました。まさかここまで大事になるとは思いませんでした」(金森さん)

 結果は、やはり腎臓の働きが悪いためにむくみが生じているとのことで、腎不全の治療が必要と判断されたという。腎臓は体の中の余分な体液を尿として体外に出す働きをするが、その働きが悪くなっていたのだ。「金森さんの場合、体の中の体液が増えすぎ、血管の外にも多く溜まるようになってしまったため、むくみが発症した。この腎不全を放置すれば、むくみどころか重大な病気につながる恐れもあったのです」(専門医)

 むくみの原因となるのは、前述の通り、高血圧などが挙げられるが、その背景にあるストレスも無視できない。東京社会医学研究センターの研究員はこう言う。「血圧が高い状態が続くと腎臓の働きが悪くなり、排泄できる塩分量が減って体液の中に塩水が溜まる。これがむくみを引き起こします。これにサラリーマンの多くが抱えるストレスが加われば、血圧も上がる。酒を飲む人だと、どうしても辛いもの、塩分を摂りすぎるため、高血圧だけではなく、動脈硬化も進めてしまう。肥満が重なり、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気にも繋がるため、注意が必要です」

 当然ながら心臓や腎臓、肝臓など、臓器の病気が伴っている場合は、そちらを優先的に治療する必要があるが、内臓器官にこれといった大きな障害がない場合でも、むくみは起きてしまう。それでは、どんな方法でむくみを防ぎ、対処すればいいのか。「何はともあれ、血行をよくすることが大事です。例えば、足の皮下組織に体液が溜まっている場合、患部を表面から弾力性のある包帯や靴下、下着などで圧迫すること。皮膚を固定した状態で運動すると、筋肉と一緒に包帯や靴下で挟まれた皮下組織を押し上げるため、リンパ管に“筋肉ポンプ”のような効果をもたらすようになるのです」(専門医)

 医師によっては、薬剤治療より、こうしたバンデージを使った筋肉運動を勧める。筋肉そのものの動きだけでは効果が出にくい場合もあるからだ。 「一般論になりますが、運動不足の人は、足の筋肉も弱っていることが多い。ですから足の筋肉ポンプ効果が十分に得られず血行が悪くなる。調理師や店頭販売員など、いわゆる立ち仕事をする人たちは、足のむくみに襲われることが多い。自宅に帰ったら青竹踏み、足湯に浸るのもいいと思いますし、軽いストレッチ、マッサージをしてむくんだ部分の筋肉をほぐすのも効果があります」(健康ライター・泉純也氏)

 いずれにしても、次のような症状がある場合は、大きな病気のサインである可能性が高いことを知っておこう。
 (1)足だけではなく全身にむくみが出てきたとき。
 (2)足のむくみが起きると同時に動悸や息切れを感じる。
 (3)全身にむくみが起きると同時に、お腹にも水が溜まるようになる。

 むくみは侮れない。


( 2017/09/21 07:05 ) Category ■肝臓・腎臓・潰瘍性大腸炎・急性胃腸炎・二指腸潰瘍 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR