2

美容業界が注目!『ハーブコーディアル』の魅力とは?

美容業界で注目度が高まっている「ハーブコーディアル」。ハーブをアルコールに漬けて作ったシロップを、水やお湯、炭酸水などで割って楽しむ飲み物です。ハーブティー同様の効能も得ることができます。今回はそんな「ハーブコーディアル」の魅力をご紹介致します。

■ハーブコーディアルとは

古くからイギリスで楽しまれているハーブドリンク。ハーブをアルコールに漬けて作ったシロップは、ハーブの力がぎゅっと詰まっています。そのシロップを水、お湯、炭酸水などで割って飲むという方法が一般的です。

またヨーグルトやお酒、アイスなど楽しみ方が豊富で、気分やスタイルによって自分に合ったアレンジの仕方を見つけるのも楽しみの一つです。ノンカフェインなので子供や妊婦の方にも、また夜でも安心して飲むことができます。

■ハーブティーより飲みやすい

水やお湯、炭酸水、お酒、ヨーグルトなどサッと割ったりかけたりするだけで、ハーブを楽しめる手軽さや爽やかさが人気の秘訣です。ハーブティーは苦手でも『ハーブコーディアルは手放せない!』とハマる人も多いのだとか。

■美味しく美しく!

ハーブ特有のリラックス、デトックス、抗酸化作用など美しくなるための効能を一緒に楽しむことができます。さっぱりリフレッシュしたい時は「スペアミント」、体を温めたい時は「ジンジャー」、リラックスしたい時は「カモミール」、風邪予防などの免疫力アップには「エルダーフラワー」といった様に、体調や気分で使い分けると良いですね。

いつも飲んでいるミネラルウォーターやお茶をハーブ水やハーブサイダー、ハーブカクテルなどに置き換えることでより美容効果が高まりそうです。ぜひ試してみてはいかが?

女性器整形の増加に専門家が警告、英国

英国で女性器の整形手術を受ける10代の少女や女性が増えている状況について15日、英国王立産婦人科学会(Royal College of Obstetricians and Gynaecologists、RCOG)が警告を発した。

 RCOGによれば、英国民保健サービス(National Health Service、NHS)で2010年に実施された小陰唇を縮小する手術「ラビアプラスティー」は2000件以上で、10年間で5倍に増えた。

 RCOG倫理委員のサラ・クレイトン(Sarah Creighton)教授は、「(定期的なデータ収集が行われていない)民間医療サービスで行われている件数と比べればNHSでの実施件数は氷山の一角だろう」と述べている。

この増加傾向を説明できるような疾患の増加は過去10年間でみられていないため、クレイトン教授は、女性器の外見に関する誤解が原因ではないかと推測している。

RCOG倫理委員で哲学者のトーマス・ボールドウィン(Thomas Baldwin)氏は、「ポルノグラフィーで見られるような『整った』形の女性器が普通だという誤った認識が起きている」と述べている。

 新たな論文で委員会は、10代の少女が必要のない手術を受けることに特に懸念を表明している。女性器整形術は、英国では違法とされている女性器切除と解剖学的に類似したものであることが多い。

また小陰唇縮小術の長期的リスクに関するデータ、中でも性感や性的機能への影響に関するデータは非常に少ない。

 こうした点から専門家たちは、外性器の発達が不十分な18歳未満の少女に女性器整形術を行わないことを推奨するとともに、医学的な必要がない限りNHSで女性器整形術を行うべきではないと勧告している。

 RCOG倫理委員会のスージー・レザー(Suzi Leather)委員長は「われわれの勧告が採用され、多くの女性や少女が、自分はまったく正常であり、手術は必要ないと納得できる一助となることを願っている」と述べた。

賑わう女性向け性感エステ 26歳まで男性経験ない客も来訪

女性向けの性感マッサージ店が活況を呈しているという。毎日のように女性客からの様々な要望に応えている男性セラピストたちは、いわば女性の性を知り尽くした存在。彼女たちはどんな快楽を求めているのか。

 現代女性が求める“理想のセックス”について、東京・渋谷を拠点とした女性向け性感アロママッサージ店『CSC』のオーナー、山本龍一氏に解説してもらった。同店には30人以上の男性セラピストが在籍し、月に300人以上の集客があるという。

 * * *

 先日のお客様は、「この歳まで男性経験がありません。このままじゃいけないと思って……」という男性恐怖症のAさん(26歳の美人OL)でした。つまりは処女。外見は女優の水川あさみに似た美人なのに、男性とデートすらできなかったそうです。施術中も、最初のフェザータッチの時点でブルブル震えていました。

 「今日次第で彼女の人生が変わるかもしれない」

 大げさではなく、本気でそう思いました。集中して、彼女の反応をくまなく観察。まずは女性器外の性感帯を探し、そこを攻め、声を出させます。自然な喘ぎ声が出たところで、女性器へのタッチを開始。

 クリトリスを指と舌で念入りに濡らし、膣へと指を這わせます。最初は顔を歪めていた彼女も慣れ始め、指の動きに合わせて腰を動かすように。泣きそうな声を漏らし、何度かガクガクと膝を震わせていました。初めてのオーガズムを感じてくれたはずです。

 最後に「気持ちよかったです。これで男性にも積極的になれそうです」といってくれたので、私も肩の荷が下りました。

 処女が女性向け風俗に来る時代を誰が想像したでしょう。性に奔放な女性が増えた今、我々男性はもっと彼女たちの理想に耳を傾ける必要があるのかもしれませんね。

【整体の常識非常識】事故患者はVIP扱いのワケ

「そちらでは交通事故専門治療をしていますか?」

 あるとき私のところに電話があった。交通事故で首を痛めたとのこと。それでインターネットで検索していて、私の整骨院をみつけた。

 ところが「交通事故専門治療院」を名乗る整骨院が複数あり、私のところは名乗っていないので一体何が違うのか不思議に思ったという。答えから言うと、これは一種の宣伝文句。

 実際私のところでも事故の患者が来れば治療するし、それはどこの整骨院でも同じ。そこで他との違いを出そうと、最近ではそう名乗るところが急増中というわけ。ではなぜことさらに、交通事故をアピールするのか? それは自賠責保険や任意保険といった保険の仕組みが理由。

 例えば通常の健康保険の場合、ケガや病気で使うとかかった治療費の1割から3割を本人が負担する。一方交通事故の場合、もし被害者であれば本人負担は0円の上、通院する度に慰謝料として数千円をもらえる。

また整骨院側としても1回の治療で、保険治療の時の10倍近くのお金が保険会社から振り込まれる。となると通院すればするほど患者も整骨院もお金が入ってくる、という仕組み。

 私のところは自費治療なので特に関係ないけど、保険治療メインの整骨院にとって事故患者はまさにドル箱。交通事故集客専門のコンサルタントなども存在し、整骨院業界は事故患者の奪い合い。逆に言うと患者側からすれば事故で整骨院にかかれば、多くの場合VIP扱い。

事故患者のみ時間外でもみてくれるところや、中にはお見舞いとして金一封なんてサービスも。まぁそれはともかくとして、実際に治療は必要。もし整形外科であまり良くならなければ整骨院を受診してみるのもいいかもしれない。

 12回にわたり読んで頂きありがとうございました。またお会いできる日まで。

■田中宏(たなか・ひろし) 1975年3月3日兵庫県出身。2000年日本柔道整復専門学校卒業。
2009年神戸市垂水区で天竺整骨院(http://www.tenjikuseikotu.com/)を開院。健康保険を使わない完全自費治療で一回の治療時間は10分程度。リラクゼーション系のメニューは扱わず、一貫して「治療」にこだわっている。一人で月商300万円を稼ぎ出す現役治療家であると同時に、後に続く治療家を育成するため整体チャンピオン実践会を主催し、治療技術グループレッスンや各種セミナー、コンサルティングなども精力的に行っている。

【整体の常識非常識】スポーツで不健康になる?

「まだ若いのに肩こり?腰痛?きっと運動不足だから何かスポーツでも始めたら?」これはよく若者が年長者に捕まって言われるセリフ。

でもそれが正しいのかといえば、半分正解で半分不正解。実際肩こりや腰痛で私のところに来る患者さんの中には、たしかに運動不足の人もいるけど、定期的に運動を続けている人も多い。

 これは何が問題なのかというと、まず運動の目的。誰かと勝敗を競ったり、数字を測定するものなのか?それとも健康のために自分のペースで行うものなのか?その目的によって大きく違ってくる。

 前者の場合、どうしても適正な運動強度を超えることが多い。簡単に言うと、無理することになる。すると結果的に体の負担やゆがみ、故障などが起こりやすくなる。スポーツは強いけど体は不健康、という人はたくさんいる。

 では逆に後者の場合は大丈夫かというと、そうとも限らない。なぜなら正しい姿勢で正しく体を動かすというのは、意外と難しいもの。そしてそれがいい加減な状態でやみくもに運動しても、なかなか効果が出ないばかりか故障の原因にもなりかねない。

また、もともと体のゆがみやバランスに問題があるケース。この場合いくら筋肉を付けても片寄って付いてくるし、ヨガやストレッチをしても相変わらずバランスは悪いまま。

 運動やスポーツをすること自体はたしかに良いこと。でもやり方によっては、逆に健康を損なうことになるので要注意。

また肩こりや腰痛などすでに体の問題があるのなら、まず整体などで体を整えて、改善した体で運動をするようにする。そうすることで今までなかったような相乗効果が得られるでしょう。

■田中宏(たなか・ひろし) 1975年3月3日兵庫県出身。2000年日本柔道整復専門学校卒業。2009年神戸市垂水区で天竺整骨院(http://www.tenjikuseikotu.com/)を開院。健康保険を使わない完全自費治療で一回の治療時間は10分程度。リラクゼーション系のメニューは扱わず、一貫して「治療」にこだわっている。

一人で月商300万円を稼ぎ出す現役治療家であると同時に、後に続く治療家を育成するため整体チャンピオン実践会を主催し、治療技術グループレッスンや各種セミナー、コンサルティングなども精力的に行っている。

韓国の美容整形事情 技術は日本より低い? 起源は高須院長?

美のスペシャリストである高須クリニック・高須克弥院長が、世の中のあらゆる事象を自由に斬るシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回のテーマは、韓国の美容整形事情。その問題点と「起源」に迫る!

 * * *

──美容整形が盛んな国といえば韓国だと思うのですが、その一方でミスコリアの候補者の顔がみんな同じ顔に見える、なんていうことが話題になったりもしますよね。つまり、みんな同じような顔に整形しているということなんですが、それは韓国の美容整形の技術が画一的だからなのでしょうか?

高須:まさにそうだろうね。たとえば、ファストフードなんてどこで食べても同じ味でしょ。それと一緒。どんな顔でもつくれるような繊細でレベルの高い技術があるのではなくて、流行りの顔をつくるための簡単な技術だけを持っているお医者さんが多いってことだと思うよ。

まあ、日本だって昔はそうだったんだけどね。「〇〇美容外科で手術を受けた患者さんは、みんなある女優さんの顔をしてた」なんて言われてたよ(笑い)。

──なるほど。では、現実問題として日本と韓国、どちらの美容整形の技術が高いのでしょうか?

高須:そんなもの、日本のほうが高いに決まっているよ。そもそも、韓国に美容整形の技術を教えたのは日本なんだからね。実はその昔、日本に勉強に来ていた韓国のお医者さんに美容整形の技術をいろいろ教えたのはぼくなんだよ。

で、そのお医者さんたちが作ったのが大韓美容外科学会。そういう関係もあって、ぼくも名誉会長になってるんだけどね。昔はよく在日コリアンの患者さんをぼくが日本で手術をして、その続きとか抜糸を韓国のお医者さんにお願いしたりしていたね。

──いわば、高須院長のお弟子さんが韓国の美容整形界をつくったということですね。つまり、韓国の美容整形の起源は高須院長だった!

高須:まあ弟子といっても、ぼくより年上の先生なんだけどね(笑い)。

──韓国の美容整形はすごく一般的な存在になっている一方で、トラブルも多いと聞きますよね。

高須:たしかに多いね。やっぱり韓国は技術的にまだまだなお医者さんが多いっていうことなんだろうけど、手術に失敗するっていうことも珍しくない。最近はそういう整形手術に失敗した患者さんだけを診る修復専門のお医者さんも増えてきてるよ。

美容整形はどんどん新しい技術も出てくるし、流行りっていうものもあるから、勉強しなくちゃならないことが多いんだけど、修復専門なら新しい技術をそんなに勉強しなくても、職人みたいにそればっかりやって商売ができるんだよ。もともと耳鼻科の先生だった人が、鼻専門で整形失敗の修復をやってる、っていうケースもあるよ。

──美容整形の失敗がビジネスになるくらい、韓国では美容整形が一般的になっているということですね。

高須:そうそう。で、韓国ではお医者さんも多いもんだから、最近は美容整形外科医を相手にした商売も増えてるみたいだね。患者さんが少ない美容整形医を集めて、儲けるためのセミナーを開くんだよ。もちろん高い料金を取ってね。

──怪しげなコンサル業者みたいな感じですね。

高須:それが〇〇アカデミーとかそういう名前だったりするんだよ。で、参加すると「〇〇認定医」みたいな証明書がもらえたりしてね。韓国の人は資格とか証明書に弱いから、すぐ騙されちゃう(笑い)。

──ちなみに、そのセミナーではどういうことを教えるんですか?

高須:もちろん最新の技術なんか教えてはくれないよ。患者さんに高額な手術を受けさせるための口説きのテクニックとか、「この薬はこれくらいまでなら薄めても大丈夫…」みたいな“手の抜き方”とか、そういうズルい裏技を教えるわけだ。

──相当怪しいですね。

高須:そういう怪しげなテクニックを実践しちゃう人もいるから、また失敗とかトラブルが増えるんだよ。そうなると、今度は美容整形医を対象にした保険会社も増えてくる。失敗してもある程度の額までは保険が下りるから、安心してまた怪しげな技術を使っちゃう、っていうね。

それだけ韓国の美容整形のマーケットが大きくて確立したものになっているということなのかもしれないけど、決して健全ではないよね。

 * * *

 どうやら「高須院長なくして、現在の韓国の美容整形はなかった」ということのようだが、技術的な面では韓国よりも日本のほうが優れている模様。いくら韓国が美容整形大国だといっても、実際に手術を受けるならやっぱり日本のほうが安心だといえそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。

“整形大国”韓国で死亡事故が多発! 「観光がてら」日本人もトラブルに

世界トップクラスの「美容整形大国」といわれる韓国で、美しい顔を手に入れようとした若い女性たちに“悲劇”が相次いでいる。今年に入り死亡事故が3件発生したのだ。

実は、日本からも多くの観光客がプチ整形目的で韓国を訪れ、トラブルに発展するケースもあるという。安い費用で人気を呼ぶ韓国整形だが、隣国の問題としてスルーできない重大事態といえそうだ。

 就職に向けて整形する人も多いとされる「美容整形大国」で、最悪の事態が発生した。

 中央日報によると、22歳の女子大生が先月17日、整形外科であごを削って鼻を高くする手術を受けた後、突然意識を失った。総合病院に運ばれたが、9日後の26日に息を引きとったという。

 韓国では今夏にも整形手術後の女性が亡くなったばかり。7月にソウル・江南の整形外科で顔の輪郭手術を受けた30代女性が意識を失い、1カ月後に死亡。3月にも22歳の女子大生が、韓国中西部の忠清北道清州にある整形外科で麻酔中に心拍数が速くなり、1週間後に亡くなっている。

 死に至らないケースでもトラブルは多発。韓国医療紛争仲裁院が昨年受理した整形医療手術による事故は440件に上るという現地報道もある。

 国際美容外科学会のまとめでは、外科手術を要さないものも含めた国別整形件数(2011年)は、1位が米国(310万5246件)で2位ブラジル(144万7213件)、3位中国(105万860件)と続く。韓国は64万9938件と7位で、4位の日本(95万2651件)よりも数は少ない。

 だが、人口1000人あたりの件数は韓国が世界トップで約13件。韓国人の“美意識”の高さは特有で、最近では、美女コンテスト「ミス・コリア」の出場者の母親が主催の新聞社幹部から審査員の買収を持ちかけられ、お金を納めたのに落選したと暴露して話題になった。米英メディアに「(コンテストの)出場者が全員同じ顔」と揶揄されたこともある。

 「美容整形のトラブルは韓国に限った話ではない」と前置きしつつ、五本木クリニックの桑満おさむ院長は、韓国の美容整形の実態をこう指摘する。

「問題はいろいろあるが、一つには皮膚科の医師が見よう見まねで外科手術を行っているケースがある。また、やり方が強引で、ヒアルロン酸を額に注射中に『目の下も治さないとダメだよ』などと言って、その場で次々と施術箇所を増やす医師も少なくない」

 韓国政府は最近、医療ツーリストの獲得に躍起になっており、主なターゲットは中国人や日本人。ブルームバーグが報じた韓国保健福祉部のデータによれば、昨年に韓国で美容整形手術を受けた外国人旅行客は1万5428人となり、2009年の5倍増となった。

 日本人も観光ついでに韓国で治療する女性が少なくなく、現地の美容整形外科を紹介する日本語サイトや、仲介業者なども数多く存在する。昨年、ソウルでシミ取りのレーザー治療を行った都内の女性(35)は「日本でネット予約して治療は2時間ぐらいで終わった。同じ日に買い物やグルメも楽しめるし、手軽だった」と話す。

 「韓国でのプチ整形はいまや女性ファッション誌でも特集が組まれるぐらい身近な存在。ヒアルロン酸注射やシミ取りのためのレーザー治療など手術を要さないものに人気がある。治療費の安さに惹かれる人が多い」と美容ジャーナリスト。

 しかし、桑満氏によれば、隣国での“お直し”が、後に取り返しのつかないことになるケースもある。

 「実際に、韓国での治療後、内出血してしまった患者や、思うような仕上がりにならなくて相談にくる患者もいる。美容整形には高い技術が必要で、術後のフォローが不可欠。言葉の問題もあり、観光がてらの整形には危険がはらんでいることを忘れてはいけない」と苦言を呈する。

 美容整形の業界では「安かろう悪かろう」が常識。整形韓流ブームには、慎重に慎重を期さなければならない。

余裕のある日々のために。ハーブティーを生活に取り入れよう

ハーブ(植物)の持つ多様性はなかなか知られていませんし、ハーブってなんだかハードルが高い…と感じている人も多いかもしれません。しかし、ハーブには女性に嬉しいたくさんの効果効能が期待できるといわれています。今回はハーバルセラピストの筆者が知られざるハーブの世界のほんの入り口をご紹介いたします。

■人間と植物の違いをご存知ですか?

人間には足があり、自ら行動することによって、食事をしたり危険から回避したりすることができますよね。しかし植物には足がありません。食事をするのにも動くことができないため、地面からや太陽の光からパワーをもらって、自分の身体の中でさまざまな化学物質を作るのです。それを「フィトケミカル」と呼びます。

たとえばキレイでいい香りのするお花。お花の香りに誘われて、鳥や蜂がそばによってきますよね。そしてその鳥や蜂が他の花に止まることによって、花粉が運ばれ子孫を残すことができるのです。こうして植物は、自ら動くことはできないものの一生懸命生きているのです。この植物の恵みを私たちがいただいています。

■ごきげんになれる『ローズ』のハーブティー

花の女王と呼ばれるローズは、甘くて上品で優雅な香りに癒されます。ちょっとリッチな気分を味わいたい時にもおすすめです。

ローズのハーブティーには、心を落ち着かせる鎮静作用があるといわれています。筆者は女性ホルモンのバランスが気になる生理前のPMS対策としても取り入れています。PMSの症状が出ている時には、無理をして仕事に励むよりもリラックスできる時間を作って、心を落ち着けることが大切。ビタミンやポリフェノールも豊富に入っているので、まさに生理前の時期にピッタリです。

ハーブティーとして楽しんだら、お茶がらはそのままとっておき、最後にまとめてお風呂に入れればローズティー風呂の完成です。
ローズにはお肌を引き締めてくれる収れん作用も期待できるといわれていますから、ぜひ二次利用してみてくださいね。

※妊娠中の方は服用を避けて下さい。

香りのある生活を始めてみると、心のコントロールが上手くいくようになるかもしれません。余裕のある女性を目指して、ローズのハーブティーをぜひ活用してみて。

美容整形はやっぱり周囲にバレるものなの? 「素人にはバレなくても、経験者にはバレる」

整形願望がある人、世間にどれほどいるのだろうか。僕は決して顔が良くないが、整形したいとは思わない。いまさら顔立ちを整えたところで、もうおっさんだからメリットもないし。一方、女性の知人は、整形に対して肯定的で、可能なら自分もやってみたいとする意見を持つ者が周囲にもチラホラいる。やっぱり女性は、男性よりもルックスの美麗さに強いこだわりを持つということか。(文:松本ミゾレ)

10日間の休暇をとって目を二重に整形、周囲にはバレてる?

先日、ガールズちゃんねるで「整形した人! その後バレたりしましたか?」と題されたトピックが立っていた。投稿者は恐らく女性なのだろう。

「コンプレックスから目を二重に整形し、10日ほど仮病を使って休んでいた」という。その10日の間にダイエットをして、可能な限り痩せて整形の痕跡を自分なりに隠そうとしたというのだが、その上で周囲からは整形について何か言われることはなかったそうだ。

そんな投稿者が「整形した方、バレたりしましたか?」と質問をしている。言うまでもないことだけど、周囲から整形についての突っ込みがない=バレてないとは言い切れない。

普通に考えて、10日程度の休暇の間に整形をした人物が、たとえ10日間ダイエットをして数キロ痩せたところで、顔の変化を隠し切れるはずがない。十中八九バレているだろうが、いちいち指摘されていないだけと考えるのがいいように思える。周囲の同僚の目も節穴ではない。

「痩せたって言い張ってるけど痩せたぐらいで蒙古襞なくなるかっての」

このトピックに寄せられている、整形をした当人、あるいは整形をした知人を目の当たりにした人々のコメントをいくつか紹介していきたい。

「友達が整形したときはバレていました。やっぱり、かなり不自然だった」
「わかっても言わないだけ」
「地元の友人、親友にバレましたー!!地元にもう二度と帰れないです」
「小鼻縮小は素人にはバレないけど、経験者にはバレバレだよ」

こういった具合に、やっぱりバレるという意見が目立つ。同僚が整形したという人も「1週間胃腸風邪とかで休んで出てきたら目が2重w  痩せたって言い張ってるけど痩せたぐらいで蒙古襞なくなるかっての」と書いている。

第一、バレてないと思っている人だって、100%確実にバレていない確証なんか持っていない。バレてても周囲が言わないだけだったり、そもそも興味もないからいちいち指摘していないだけだったりすることもあるだろう。

顔が綺麗になったら、誰であってもその原因というものがどこかにある。その理由を紐解こうとすると、答えが整形にある場合、すぐに見抜かれてしまうものだ。

ところで、私事でアレだけど、暇な時間を使って人形を造形している。エポキシパテを使って人間の顔などを作っていくんだけど、その過程で顔立ちを整えることもある。

目元を大きく目立つようにしたり、Tゾーンをくっきり陰影が立つようにしたり。あるいは顎のラインをリューターで削ったりなど、やっていることは小規模な整形手術みたいなもので、これがなかなか面白い。

こういう趣味を10年ばかししていくうちに、僕はある程度整形をした人々が見分けられるようになった。なんせ整形をする人って、みんな目的が似通っている。目を二重ぱっちりにさせたいとか、鼻筋を通したいとか、理想の顔立ちというものは、明確な目指すモデルケースというものがあるようだ。

そのモデルケースを追求していくと、僕が普段意識している顔の造形作業と被ってしまう。いじった顔でもすぐに気付くことができる。整形はあるときを境に顔立ちが綺麗になるわけだから、どう贔屓目に考えても、その変化に気付けない人なんてそうそういない、ということだろう。

死亡事故も…「インチキ美容整形」の全容

「今回の件については、原因がハッキリしていないため何も言及できませんが、これまで世にさまざま起きてきた美容整形での医療事故は、起こるべくして起きたことだと思います」と熱い口調で語るのは、愛知、大阪、東京、北海道と4つのクリニックを持つ『水の森美容外科』の竹江渉総院長(以下、竹江氏)だ。

 冒頭の発言は、先月に名古屋市で起きた死亡事故のこと。東海美容外科クリニックで、局所麻酔を伴う豊胸手術を受けていた女性(32)が意識不明になり、搬送先の病院で死亡してしまったのだ。

 現在、3000億円産業にまで成長した美容整形業界。テレビでは“整形バラエティ番組”が放送され、女性芸能人が自身の整形話をオープンにするなど、美容整形はすっかり市民権を得ていると言える。しかし、「今の美容整形業界は非常に多くの問題を抱えている」と竹江氏は話すのだ。

「医療事故で表に出るのはほんの一部です。大手のクリニックには事故対策部門があり、担当者はトラブルになった患者との解決料として、1億円くらいまでの裁量権が与えられているといいます。そうしたこともあり、事故は公にならないんです」(竹江氏=以下同)

 医療事故が多発している理由――それは「医者の倫理観の欠如と技量不足」だと、竹江氏は断言する。「一部のクリニックでは、いかに金を儲けるかしか考えていません。若く経験の浅い医者に教えるのは、技術よりも金儲けの方法で、彼らに、効果のない手術を患者に勧める“営業”を行わせるんです。医療の現場に営業行為があってはいけないでしょう!」

 竹江氏は、『水の森美容外科』のサイトでも「美容整形の裏事情」や「失敗事例のまとめ」というページで、さまざまな事故や悪徳診療の事例を紹介している。

「たとえば、“糸リフト”という施術があります。顔のたるみを改善するために、顔の中に糸を入れて皮膚を引っ張り上げる手術ですが、結論から言えば、これはまったく意味のない手術です。なぜなら、数か月すれば、引っ張り上げられた皮膚は元に戻ってしまうから。この手術を何度もやって、数十万円を失って初めて、無意味なことだったと気がつく患者さんもいます」

 その他、さほど効果が変わらないにもかかわらず、あたかも画期的な最新医療と思わせるネーミングをつけ、「結局は患者の金をドブに捨てさせている」クリニック、そして医師が存在するというのだ。

「今、若い医師は収入面だけを考えて美容整形業界に入ってきてしまう。大手の求人は、未経験の医師の1年目の年収が2000万円(!)ですからね。僕らの時代は“やっぱり外科がカッコいい”という思いで、この世界に進み、若手の頃はそれこそ不眠不休で徹底的に技術を鍛えられました。今、患者のことだけを考え、志を高く美容整形医療に従事している医者は、10人に1人しかいないと思います」

 お隣の韓国では死亡事故が相次ぎ、2012年には日本でも脂肪吸引手術時に腹壁や腸を傷つけ、脱水症に至らせ死亡させたとして、医師に有罪判決が出ている美容整形医療の世界。

「もちろん、医療行為なので、防ぎようのないトラブルが生じる可能性はあります。ただ、患者に手術前にリスクをしっかりと提示し、事故が起こったときに適切な対応ができるかどうかは、医者の技量次第。今、美容整形業界は、変わらなければいけない時期なんです」

 竹江氏の声が届かなければ、美容業界に未来はない。

整形で顔面崩壊する人とは?高須克弥院長が明かす「失敗パターン5つ」

芸能人から一般のOLまで身近になった「美容整形」。一方で、「整形で顔面崩壊」などの黒伝説も、まことしやかに語られます。美容整形の失敗にはどんなパターンが多いの? やりすぎるとダメ? 美容外科のパイオニア、高須クリニックの高須克弥院長に聞いてみました。教えて、かっちゃん!

◆整形で顔面崩壊は「ありえます」

――よく言われる「整形しすぎて顔面が崩壊した」は本当に起こりうることですか。

高須「そりゃ、へたくそな医者がやれば、“顔面崩壊”だってありうるよ。絵描きでもさ、サッと美しい絵を描ける人もいれば、絵具を塗り重ねて汚くしちゃう人もいるでしょう。それと同じですよ。

 あとね、美人にする手術は一発勝負なの。何度もいじくりまわすのはよくない。でも、若くする手術は何度もやる必要があるよ。だって、手術したその日からまた年をとっていくわけだから、若いままキープするには、定期的に手術が必要でしょ」

――同じ美容整形でも「美人にする手術」と「若くするための手術」では全然違うんですね。

高須「そうだよ。僕は正直いって“美人にする手術”はあまり興味がないし、やりたくないんだよ。時代によって流行が変わっていくし、ヘンなのが流行るしさ。『アヒル口』だの、『デカ目』だのって全然いいと思わないもん。

 その点、“若くする手術”はいいですよ。誰にとっても、理想形は一緒。トレンドに左右される心配もないし、施術するほうは気楽ですよ。最悪でも“今の顔”をキープできれば、成功なんだから」

◆失敗例1)「美人にする手術」を何度もやる

――「美人にする手術」を何度も繰り返すのはマズい?

高須「うん。かなりマズいね。そもそも、美人というのは『バランスが整っている顔』を指すんです。美人と不美人の差って、ほとんどなくて、要はバランスの問題だけ。

 例えば、目が大きく、同じように鼻や口も大きければ、バランスがとれているから美人に見える。でも、目が大きいのに、鼻が低く、おちょぼ口だとバランスがとれない。日本人形とフランス人形はそれぞれ良さがあるけど、日本人形の顔に、フランス人形の鼻をつけるのはよろしくない。

 バランスを整えるには、全部一度にやったほうがいい。ちょっとずつ、何度もいじったら、その都度、バランスが狂っちゃうじゃない」

◆失敗例2)フェイスリフトを片側ずつやる

――「若くする手術」でいうと、「(しわ取りのために)肌を引っ張りあげても、いずれ糸がほどけてくるのでは?」と心配する声もありますが……。

高須「あれは糸がほどけるんじゃなくて、顔がたるんでくるの。あと、フェイスリフトの失敗例でいうと、全部一緒に引っ張ればいいのに、片側ずつ手術して『失敗した!』と言ってる人はいるよ」

――片側ずつ手術すると、バランスがとりづらくなるんですか?

「片方やった後にね、『先生、引っ張りすぎです。反対側をやるときに、少しゆるめてください』と言うから、リクエストされた通りにやったら、あとから『もっと力いっぱい引っ張ってもらえばよかった!』って言いだすの。

もちろん、何年か分は若くなってて、満足もしてるんだよ。でも、永久に若いままじゃないでしょ。だから、たいてい『次回はもっと、ギンギンに引っ張ってください』と言い出すの。で、僕もやっぱりな~と思いながら、カルテに『次はギンギンに!』ってメモするわけ」

◆失敗例3)「眼瞼下垂」なのに二重手術をする

――人気がある「まぶたの二重手術」はどうですか?

高須「『昔に比べて目が小さくなってきた……』という人は二重手術をしちゃダメだよ。そういう人はね、加齢やハードコンタクトを長年使ってることでまぶたが下がってくる、『眼瞼下垂(がんけんかすい)』という状態なの。

 そういう人が二重手術をしても、二重の幅が広くなるだけで、ちっとも目は大きくなりませんよ。歳をとって小さくなった目を治すには、たれさがってる上まぶたを縫い縮めたり、必要に応じて進行中の老人性の眼瞼下垂を治す必要がある」

◆失敗例4)ヒアルロン酸を打ちすぎて鼻が太くなる

――素人判断でリクエストすると大変なことになりますね……。

高須「マトモな医者であれば、いくら患者がリクエストしても断るよ。でも、安さをウリにしてたり、オープンしたばかりの美容整形外科クリニックの中には患者さんの言いなりになっちゃうところもある。目先の商売のことしか考えてないんだね。

『鼻を高くしたいから、たくさんヒアルロン注射を打ってください』と言われたら、『わかりました』とバンバン打つ。そりゃ、クリニックは注射1本より、10本打つほうが儲かりますよ。でも、そもそも、ヒアルロン注射はちょっと鼻を高くする程度の“プチ整形”なのに、大量に注入したら、映画『アバター』みたいに太い鼻になっちゃいますよ。

 ヒアルロン酸注射が流行った頃、きっとそういう医者がたくさん出るだろうなと思ったから、僕は、打ちすぎたヒアルロン酸を溶解するための注射を大量に仕入れておいたの」

高須「“自分の言うことを聞いてくれるのがいい医者”と思い込んで、とんでもない顔になってしまった人たちが泣きながら、次々にやってきましたよ。『再手術を希望します!』『訴えてやりたい』って。

 でも、手術なんていらないの。『お金はその失敗した医者からもらっておいで』といって、溶解注射を打ってあげたら、30分で元に戻るんだもん。おかげでずいぶん感謝されたし、儲かりました」

◆失敗例5)医者が、患者の言うことを聞きすぎる

――シロウトのオーダーどおりにやる医者はその時点でアブないということですね……。

高須「そうそう。患者さん自ら美容整形手術の陣頭指揮をとっていいことは何もありません。一流ブティックに、自分で起こした型紙を持ち込んで『この通りに作って!』と強要してるようなもの。天下のシャネルだって、『全力は尽くしますけど、奥様のデザインですか……』って絶句するでしょう」

======================

「二重にしたい」「鼻を高くしたい」などの要望を伝えることは大切。でも、どうやってその願いをかなえるかを考えるのは、プロである美容整形外科医の仕事。“なんでも君の言う通りにするよ”を安易に口にする輩が信用できないのは、美容整形の世界も同じようです。

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。著書多数、近著は『高須帝国の逆襲』(Kindle版)、『行ったり来たり僕の札束』

「実は結構いるんです」Dr.高須幹弥が明かす、日韓タレントの“美脚整形”事情

【第30回】「高須センセイ、なぜ芸能人は、あんなにも脚が細いの?」

 女性のあこがれるスレンダーボディーを、惜しげもなく披露する芸能人。特にスラッと伸びる細い脚は、羨ましいことこの上なし!! だけど、「学生時代はスポーツに励んでいました!」といいながら、筋肉不在の折れそうに細い脚を持つ芸能人がいる不議……。顔やバストみたいに「整形疑惑」はあまり聞かないけれど、なんか秘密でもあるんじゃないの? 高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、美脚整形をする芸能人っているんですか?

■努力だけでは美脚になれない日本人

 美脚の条件は、“細くて長い真っ直ぐな脚”といわれています。脚の長さは遺伝的な要素に左右され、日本人の7~8割は胴体に対して脚が短いので、残念ながら外国人のような美脚にはなれないんですよね。ただ、太いよりは細い方がきれいに見えます。とはいえ、男性が好むのは、ほどよく脂肪のついた健康的でムチムチした色気のある脚。細いだけで一概に美脚とはいえないと思いますけどね。グラビアアイドルとモデルの脚を比べてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

 美容整形で脚を細くするには、脂肪吸引や脂肪溶解注射で余分な脂肪を除去します。ふくらはぎの筋肉が発達している人であれば、ボトックスで筋肉の張りを抑える方法も効果的ですね。ふくらはぎの筋肉には「マッスルメモリー」という記憶力があって、一度発達すると、トレーニングをやめても、日常の動作で筋肉を使うだけで状態を維持しようとします。そのため、学生時代などにスポーツをしていた人は、ふくらはぎが太いままになりやすく、ダイエットをしても細くなりにくいんです。

■ほとんどバレない、芸能人の美脚整形

 芸能人の場合は、努力して痩せる人が多いのですが、体質的に下半身の脂肪が落ちにくいとか、ふくらはぎの筋肉が発達しているなど、自力で細くできない部分を美脚整形で整えている人は、実は結構いるんです。ある程度まで痩せてから施術を受けるので、脂肪溶解注射とボトックスがほとんど。注射であれば痕が目立たないし、施術を受けたその日から仕事をすることもできるので、周囲にバレることはありません。脚の整形疑惑がほとんど浮上しないのも、そのためでしょう。

 たまに「トレーニングで美脚になった」という芸能人もいますが、スクワットなどのトレーニングは筋肉を太くするもの。トレーニングでマイナスカロリーになれば、全身の体脂肪が落ちて脚も細くなるかもしれませんが、そもそも運動で部分痩せはできませんからね。ただ、スクワットも正しいフォームでやれば、おしりの筋肉が締まってきれいな形になるので、取り入れている芸能人は多いようです。でも、日本ではおしりの形はあまり重要視されていないので、整形してまで美尻を目指すという芸能人はほとんどいません。男性特有の筋肉質でゴツゴツしたおしりに悩んでいるニューハーフの方がたまにいらっしゃるくらいです。


■将来的な懸念が残る、韓国でブームの美脚整形
 韓国の場合は少し事情が違って、ここ15年くらいは、ふくらはぎの筋肉の神経を切断して、一部の筋肉を使えない状態にして細くする手術を、ほとんどのアイドルが受けているそうです。神経を切ってしまうと運動能力が落ち、速く走ったり、長時間立っていたりするのもつらいハズなのですが、K‐POPアイドルは激しいダンスも踊りますよね。若いうちは、ほかの筋肉がカバーしてくれるからできているのかもしれません。あとは根性かな。

 そのため、年を重ねて全身の筋肉が衰えてくると、何かしらの弊害は出てくるのではないかと思います。神経は一度切ってしまったら回復不能ですから。まだ歴史が浅く、施術を受けた年代が高齢になっていないのでわかりませんが、いずれは歩けなくなったりする可能性もあるのではないでしょうか。あとからクレームにならないように承諾書にサインもさせるそうなので、医者側は何かしらの害が出ることをわかっているようにも感じます。恐ろしい手術だと思いますよ。僕としては、どんなに美脚にあこがれていても、ボトックスで今ある筋肉を委縮させるくらいにしておいた方がいいと思います。

高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。

乾燥もこわくない!? アロマウォーターで優雅に冬を乗り切ろう!

この冬はアロマウォーターを取り入れよう

近年では一家に1台と言ってもいい程、加湿器が普及してきましたね。特にアロマオイルを使用できるタイプのものは女性を中心に大人気です。しかし、アロマオイルを使用するのは手入れが面倒…という方も中にはいらっしゃるそうです。実は私もその一人でした。使用している加湿器にもよりますが、アロマオイルを染み込ませるスポンジや、専用のカップをいちいち洗うのは少々手間ですよね。

特にスポンジに染み込ませて使用するタイプのものは、一度香りがつくと洗っても消えづらく、違う香りのアロマオイルを楽しめないこともあります。そこでオススメしたいのがアロマウォーターです。使い方もとても簡単で、その時の気分に合わせて香りをチョイスすることもできますよ。早速次で紹介しますので、一緒に使い方を見ていきましょう!

アロマウォーターの使い方

先程も書きましたが、使い方が簡単というのがアロマウォーターの魅力の1つではないでしょうか。加湿器のタンクに水を入れる際、アロマウォーターをお好みの量一緒に入れるだけなんです!商品にもよりますが、キャップに1~2杯が目安だそうですよ。アロマウォーターの量を少なくすればその分香りも弱くなるので、食事中も気兼ねなく加湿器をつけていることが出来ます。逆に香りを楽しみながらリラックスしたい、という方は少し多めに入れると良いでしょう。

香りの強弱を調整できるのは嬉しいポイントですよね。また、特別なお手入れも必要ありません。タンクの水を入れ替える際、軽くタンク内をすすぐ程度で十分でしょう。いかがでしたか?最近では様々な香りのアロマウォーターが販売されているので、ぜひお好みの1本を見つけてみてくださいね。

パーフェクトな昼寝をするための条件とは、どういうものなのだろうか。創業50年の歴史を誇り、世界30ヶ国以上で商品を展開する寝具メーカーVita Talalayの睡眠専門家、リンダ・バウムガルトナーは次のように答えた。

全身ガチガチに硬くて、いざストレッチをしても効果がいまひとつ。そんなふうに思っている人でもイスを使ったストレッチなら伸ばしたいところが伸ばせます!簡単にできる基本の“ゆるストレッチ”をご紹介します。一年の計は元旦にあり!ですよ。

●体が硬いとお腹が伸びにくいが・イスを使えば…

(1) 伸ばしたいところを伸ばせる!

イスを使うことで伸ばしたい部位を確実に伸ばすことができる。例えば、右のようにイスで骨盤を固定すれば、お腹がしっかり伸ばせる。

(2) ケガ予防になる!

イスは、無理な動きをしないためのストッパーにもなるため、ケガの予防にもつながる。

(3) 簡単にできる!

開脚など高度な柔軟性を要求されるストレッチも多いが、イスを使えば無理なく簡単にできて、同等の効果を得られる。
.
体が硬い人にありがちな間違い1. 痛みを感じるまで行う

2. 無理に伸ばそうとする

3. 何も感じない状態でキープする

 お手本を見ながらストレッチをしても、体が硬すぎて同じような形にならない、しかも効果を実感しない――そんな経験はないだろうか。

 「ストレッチとは、筋肉を伸ばすことを目的とした運動のこと。重要なのは、完成形にこだわるのではなく、伸ばしたい部分を確実に伸ばすこと」というのは、筋トレやストレッチに詳しい国際武道大学の荒川裕志准教授。

 そこで、伸ばしたい部分を確実に伸ばすためには、イスを使うといい。イスを使えば骨盤など体の一部が固定され、ターゲットとなる筋肉を伸ばしやすくなる。また、体が安定するのでケガなどをしにくい。

 「イタ気持ちいいと感じるくらいをめどに伸ばすのが正解。お風呂上がりなどの体が温かい状態で行うと、より筋肉がほぐれやすい」(荒川准教授)
.
骨盤~股関節まわりのストレッチ

●イスで股関節をサポートしてピンポイントで伸ばす

上半身と下半身のつなぎ目として働いている股関節。前後左右まんべんなく伸ばしてほぐそう。

内ももを伸ばし、むくみ解消

開脚ストレッチ/大腰筋・腸骨筋

脚を前に振るときに働く、下腹の深層筋、大腰筋と腸骨筋。ここが硬いと姿勢の悪化や腰痛などのトラブルにつながる。イスを使って股関節の付け根をぐいぐい伸ばそう。

(1) イスに片ひざをのせる

イスに左ひざを乗せ、右足を前に踏み出す。このとき背すじは真っすぐに伸ばすように意識する。

(2) 骨盤を正面に向けたまま腰を押し出す

背すじを真っすぐにしたまま、腰を前に押し出す。ひざの角度が30~40度になるくらいひざを曲げる。脚を入れ替えて反対側も同様に行う。

● 左右30秒ずつ

ヒップ~太ももがスッキリ

お尻ストレッチ/大殿筋

脚を後ろに引くときに働くのが、お尻を覆う大殿筋。脚を外側にひねる(外旋する)とよく伸びる。ストレッチすることで脚の可動域が広がるので、体が動かしやすくなる。

(1) イスに座って、左の足首を右ももにのせる

イスに座って、左の足首を右の太ももにのせる。上体が倒れないように背すじを伸ばす。

(2) 背すじを伸ばしたまま上体を前に倒す

胸を張って背すじを真っすぐに伸ばしたまま、股関節から傾けるような意識で、上体を前に倒す。脚を入れ替えて反対側も同様に行う。

● 左右30秒ずつ
.
太ももの裏とふくらはぎのむくみ解消

前屈ストレッチ/ハムストリングス・ヒラメ筋・腓腹筋

ハムストリングスと呼ばれる太ももの筋肉は、脚を後ろに振ったり、ひざを曲げたりするときに使われる。ストレッチしてほぐすことで、骨盤の向きが調整され、姿勢が改善する。

(1) イスに右足のかかとをのせて立つ

足は肩幅に開いて立ち、右のかかとをイスの座面にのせる。両脚とも曲げずに伸ばす。

(2) ひざの上部分に両手を当て体を前に倒す

右ひざの少し上に両手を置き、体を前に倒しながら両手に体重をかける。太ももの裏が伸びるのを感じて。脚を入れ替えて反対側も行う。

● 左右30秒ずつ

この人に聞きました

荒川裕志准教授

国際武道大学体育学部

東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了後、国立スポーツ科学センター・スポーツ科学研究部研究員を経て現職。専門はバイオメカニクス・トレーニング科学。著書に『効く筋トレ・効かない筋トレ』(PHP研究所)ほか。

「極楽浄土へ行く前に」「20代との情事のため」Dr.高須が明かす、子どもとお年寄りの整形事情

【第28回】「高須幹弥センセイ、小学生で整形する子もいるんですか?」
キレイになりたい……女性の飽くなき美への追求に、年齢という壁はないのかもしれない。若者から高齢者まで、メイク、ファッション、ヘアスタイルなどあらゆる手立てを使って、自分が最も輝くスタイルを追い求めている。特に、美容整形が身近となった昨今、整形で確実に理想の自分へ近づく人も少なくないみたい! 高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生、最年少と最高齢の患者さんは何歳ですか?

■過去には10歳の二重手術を担当
 骨や体が成長段階の16歳くらいまでは受けられる施術も限られてしまいますが、レーザーでのホクロ除去なら5歳からできますよ。ほくろのできる位置によっては、いじめられることもありますし、ホクロは成長とともに大きくなるので、小さいうちに取った方が、痕も残りにくいんです。単純に「可愛くなりたい」という目的だと、10歳くらいで二重手術に来られる方がいますね。逆さまつ毛など、身体的な理由からという場合もありますが、「娘を子役としてデビューさせたい」というお母様に連れられてとか、お母様自身が僕の患者さんで「娘も可愛くしてほしい」と連れてくることもあります。

 その場合、未成年に必要な保護者の同意は取れているものの、逆にお子さんが嫌がっている場合は虐待になってしまうので、僕は必ずお子さん本人の意思も確認するようにしています。それでも、母親から日常的に「整形して可愛くなろうね」などと言われていると、子どもも「やりたい」って言うんですけどね。ただ、「本当は怖い」とか「やりたくない」と思っている子は、母親の顔色を窺うなどの素振りでわかるため、そのようなときはお断りしています。

 お子さんの二重手術は、いつでも戻せるように埋没法を用いることがほとんどです。というのも、施術から1週間ほどで「元に戻したい」って来る方がそこそこいるんですよ。一重から二重になると印象がかなり変わるので、学校などで友達から「整形した」とからかわれたり、また、お子さん自身が「自分の顔に見慣れないから」という理由で、元に戻したいと思うようです。一方で、本人は気に入っていても、お母様の方が「わが子の顔が変わって受け入れられない」とおっしゃる場合も少なくありません。

■“一時のあこがれ”が後悔を招く10代後半の美容整形事情
 患者さんが16歳くらいになると、目頭切開、鼻を高くするヒアルロン酸注射など、希望する施術の幅も広がりますが、やはり二重手術が人気ですね。この年代では、自分の意思で来る方がほとんどですけれど、未成年なので親の同意は必要。なかには親に内緒で来院され、同意書も自分で書いてしまう子がいるので、親御さんに電話で確認することもありますよ。そうするとだいたい「同意してません!!!!」といわれてしまいます(笑)。

 整形で自分の顔の欠点が解消されれば自信もつくし、周囲からの人気も上がります。でも、一時的なあこがれで芸能人のパーツを真似て、ご自身の顔に似合わない整形をしてしまい、後悔する方も少なくありません。また、ギャルにあこがれて幅広の平行型二重にしたけど、10数年後に子どもができ、「ギャルメイクでPTAに行くと浮いてしまうから戻したい」と来院するなど、後々不都合を感じる方もかなりいます。施術によっては、キレイに戻せないものもあるので、僕はできるだけ元の顔に合った自然な形を勧めるようにしています。

■意外と多い高齢者の美容整形
 高齢の方では、シワやたるみ取り、美肌などがほとんどです。5分ほどでハリがでるヒアルロン酸は人気が高いですね。僕の施術では90代でフェイスリフトをした女性が最高齢かな。ただ、その人が特別なのではなく、90代で来られる方も多いし、女性に限らず、男性でも結構いるんですよ。女性の場合、整形を決意される理由は、「若く見られたい」「キレイなままでいたい」というのが多いですね。「20年ぶりの同窓会で老けたと思われたくない」という方もいらっしゃいました。あとは、親やご主人の介護から解放されて、「これからは時間とお金を自分のために使いたい」と若返り治療を希望される方もいます。

 ほかにも、40~50年前に受けた整形で、鼻やバストに入れたシリコンを「死ぬ前に取っておきたい」と来られる方がたまにいます。シリコンは火葬すれば、燃えてなくなるので、入れたままでも問題はないのですが、「極楽浄土でご先祖様に会うのに、異物を入れたままの体では申し訳ない」と思われるみたいですね。男性の場合は、異性を意識してのことがほとんどです。70~80代で、若い愛人がいるとか、20代の女性とお付き合いをしているとかで、見た目も若々しくいたいという方が結構いらっしゃいます。僕に、20代女性との情事を自慢されることもありますよ(笑)。

 ご高齢の方だと、フェイスリフトなどの手術をしても、傷痕がシワに紛れて目立ちにくいというメリットがあります。ただ、基礎疾患を持っている方が多いので、麻酔と切開を必要とするものだと、手術のストレスで病気が悪化するとか、血管が弱くなっていて出血しやすいという人もいるので注意が必要ですね。ヒアルロン酸などメスを使わない施術ならあまり心配いりません。

高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。

【ドクターQ&A】二重まぶた手術代の相場とは…ボッタクリには注意

 【Q】大学生の娘が二重まぶたにしたいと言っています。手術代は?(50代女性)

 【A】私は20歳まで待った方が良いという見解です。一重の女の子をずっと見てきていますが、けっこう20歳までに、自然と二重になることが多いのです。でもね、高校を卒業して、大学に行く前の春休み、その期間を利用して二重の手術をしたいって言う女の子が多いのも、また現状です。

 うちでは埋没法以外やりません。切開法は、どんなに巧く縫っても、必ず跡が残ります。目を開けている時はいいのですが、薄目を閉じるとくっきりと線が出ます。埋没法は気に入らなければ、1カ月以内なら、糸を抜けばそれで元通り。3カ月ほど開けて、やり直しがききます。

 両目で5万円。私はそれくらいが適正価格だと思っています。25万円とかいう美容外科もありますけど、埋没法に関しては術式は、まずどこも同じです。

 それどころか大手の美容外科でしたら、就職したばかりの新人美容外科医の、最初の練習台にされることも。そのくらい、美容外科の手術としては簡単で、入門編の手術なのです。

 私の知っている美容整形の先生、両目10万円でやってたのですが、そんなにボッタクっちゃダメだと考えて、7万円に値下げしました。そしたら急に手術を受けに来る患者さんが減った。で、10万円に戻したら、また患者数も元に戻った。安かろうマズかろう、という風潮が、あるんでしょうね。高い方が何か良いことがあるに違いないっていう。

 でもね、どこも一緒です。自費診療というのは、医療機関によって料金は自由に設定できますので、安かろうマズかろうでは決してありません。適正価格というものをしっかり知っておかないと、とんでもないボッタクリに引っかかることもある、ということを覚えておいて下さいね。

 ◆回答者プロフィール 松本浩彦(まつもと・ひろひこ)兵庫県芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、(社)日本臍帯・胎盤研究会会長。

保険が効かず高額になる場合も タトゥー・入れ墨の除去手術事情

昔はさまざまな意味合いが多かったタトゥー、入れ墨も、最近ではファッションとして取り入れる若者が増えてきました。
しかし、墨が入っていると保険に入れなかったり、公共施設の入場が出来なくなる場合も多いので、除去手術をおこなうこともあるかと思います。

そこで今回は「タトゥー・入れ墨の除去手術」について、どのような処置が施されるのか、医師に聞いてみました。

タトゥー、入れ墨は皮膚上でどのようなことが起きている?

最近すっかり若者のファッションとしても身近になったタトゥーですが、日本古来の入れ墨と基本的には同じようなものです。
違いとしては入れ墨のほうが針が肌に入る深さが深く、盛り上がったような仕上がりになることでしょうか。

また、タトゥーの場合は針の入る深さが浅いのでフラットな仕上がりになりやすいといわれています。

いずれも皮膚の表面に傷をつけて、色素を入れて色を付け、模様や文字、絵柄などを描く技術であることには変わりありません。

タトゥー、入れ墨除去手術の方法

入れ墨やタトゥーの除去は主に美容外科などで行われ、いくつかの方法があります。

■皮膚の表面を削って布で入れ墨の色素を吸い取る方法
■自分の皮膚をほかの部分からとってきて移植する方法(自家植皮)
■レーザーによって肌の内部の色素を分解する方法
■タトゥーの部分の皮膚を切り取って縫い合わせる方法

タトゥー、入れ墨除去手術にかかる費用

タトゥーや入れ墨を除去する場合にかかる費用は、タトゥーの大きさやどの方法を選択するかなどによって大きく異なってきますが、健康保険を適用することが出来ず、高額になることが多いといわれます。

縫い合わせる方法

タトゥーのある部分の皮膚を切り取って縫い合わせる方法で2㎝くらいの小さなもので6万円以上もかかるといわれます。

レーザー

レーザーも一度ではすまず、6回以上通うことになりますが、1㎝四方で一回に3000円以上かかるといわれ、5㎝×5㎝などの場合は75000円以上もかかる計算になります。これに10回通うと、75万という金額がかかってしまいます。

このように、費用が高額になるうえ、きれいになるとは限らないのがタトゥー除去の問題点です。

むしろ完全にはきれいにならない例のほうが多く、タトゥーを入れるときはよくよく考えて入れることが重要です。

タトゥー、入れ墨を除去する箇所BEST5

1位.腕

腕はもっともポピュラーな箇所で、痛みも少ないといわれます。

2位.手首

腕と似て、手首も痛みが少ない箇所といわれています。
目立つ箇所なので除去する方も多いのではないでしょうか。

3位.背中

任侠映画などでは背中に入れ墨をいれるシーンを良く見かけます。

4位.肩

女性の場合は肩にタトゥーを入れる方が多い印象です。
ワンポイントとして手軽に入れられる分、手術をしたい方も多いと思われます。

5位.胸

胸が入れ墨を入れる際に一番痛い箇所とされています。
普段は目立たないですが、プールや公共施設ですと目立ってしまいますね。

後悔のしない決断をしましょう

かつて日本では、入れ墨を彫ることは任侠の世界に入ることとほぼイコールである時代がありました。現在ではそのような偏見も薄れ、おしゃれな芸能人などがファッションで入れているタトゥーのイメージなどもあって特に若い世代で入れている方が目立ちます。

ただ、今回お話ししたように、入れ墨、タトゥーを除去することはかなりの手間、金銭や時間がかかる上に、元の肌はもう決して戻ってはきません。

もちろん、入れ墨やタトゥーを入れるときに除去することを考えて入れる方はほとんどいないでしょうが、今後訪れるであろう色々な場面を想像して、しっかり後悔しない決断をしたいですね。

アロエには発毛促進効果もあった!?

アロエの消炎作用や頭皮改善効果により、発毛・育毛効果が期待されています。

アロエの有効成分「アロイン」が発毛に効く?

抜け毛の原因の一つとして、頭皮の炎症があります。医学的な根拠はまだないのですが、アロエに含まれる「アロイン」には炎症を抑える作用があるため、頭皮の炎症から起きる抜け毛についてアロエが効果を発揮してくれるといわれています。

また、頭皮の余分な皮脂が毛根をふさいでしまい、発毛を妨げることも抜け毛・薄毛の原因といわれています。この点についても、アロエの持つ余分な皮脂の分泌を抑える働きが、育毛・発毛を助ける可能性があると考えられています。

アロエには嬉しい美髪効果も!

アロエの効果が期待されているのは、発毛・育毛だけではありません。加齢とともに増える髪の悩みには、白髪もあります。白髪は頭皮のメラニン色素が減少することで起こるといわれています。アロエに含まれるアミノ酸類は、頭皮の新陳代謝を活性化し、メラニン色素の合成を活発にするため、白髪の進行を遅らせる効果も期待されています。

アロエ育毛剤を手作りするには?

さまざまな頭髪トラブル解消が期待されるアロエですが、自宅でアロエ育毛剤を手作りすることもできます。まずは、アロエの葉を陰干しして、その後2週間、焼酎に漬けます。アロエを焼酎から取り除き、スプレー噴射型のボトルにアロエエキスが溶け込んだ焼酎を入れれば「アロエ育毛剤」の完成です。

アロエ育毛剤の注意点

アロエ育毛剤は頭皮に吹きつけて使いますが、このとき注意しなくてはいけないことがあります。

アロエ育毛剤はアロエをアルコールに漬けて作ります。これは、頭皮の血管を広げ、よりアロエの成分を取り込みやすくするためですが、これを頭皮にスプレーすることで、アロエの有効成分だけでなくアルコール成分も頭皮に付着することになります。それにより、頭皮に炎症を引き起こしたり、頭皮の状態を悪化させてしまう場合もあるため注意が必要です。

また、アルコールには油を取り除く働きと、肌から水分を奪う脱水作用もあるため、紫外線などから頭皮を守ってくれる脂分や角質を取りすぎる可能性があり、その点でも頭皮の状態を悪化させる要因になる場合があります。かゆみや乾燥など状態の悪化が見られたら、すぐにアロエ育毛剤の使用をやめ、皮膚科を受診しましょう。

髪のトラブルの原因には、さまざまな要因も関わっているため、アロエの力を借りるだけでなく、きちんと専門医に相談する事も大切です。

猛暑をしのぐ!アロマ4つの活用法

まだまだ続く猛暑日。香りを嗅ぐだけで、体感温度が下がると言われている香り「ペパーミント」を使って、少しでも爽やかに過ごすための4つの活用法を紹介。

1.香りを楽しむ方法
うちわ・扇子(色移りにご注意ください)にペパーミントを1滴。更にレモンやグレープフルーツを1滴垂らすとフレッシュな気分になります。テッシュや・ペーパーに垂らし名刺入れにいれるのもお勧め。

また、リボンなどにペパーミントを1滴垂らし、扇風機や車の送風口につけると爽やかな香りが漂います。(リボンをつける際、ケガの無いように)

2.冷湿布・おしぼりの香り付け
水をはった洗面器にペパーミントとラベンダーを1滴づつ垂らし、おしぼりを入れ絞ります。冷蔵庫で冷やし、暑さ対策に首につけると冷湿布に。

そして来客時にお渡しすると素敵なおもてなしになると同時にペパーミントの殺菌効果でおしぼりの嫌な臭いがしなくなります。

3.バスタイムに
塩または重曹大さじ1に3~5滴の精油(ペパーミント・ラベンダー合計3~5滴)を垂らし、お風呂に混ぜます。お風呂上りの汗がひきやすくなります。(扇風機の風でさらにひんやりします)

※25kg以下のお子さん・高齢者の方には精油の量を半分にしてご使用下さい。
アロマ(精油)は高濃度の為、原液を直接お風呂にいれると皮膚刺激を感じる場合があります。希釈してお使いください。

4.シャワーの際に
床にペパーミントを1滴垂らします。湿度と気温の高さで香りが立ちやすくなります。

整形しすぎじゃない? 美容整形外科医が気づく"やりすぎ"のサインとは

●大きすぎる目、ツルツルすぎるおでこは一目瞭然
最近の美容整形は、目や鼻のプチ整形のほか、ボトックス注射やヒアルロン酸注射といった若返りの施術も増え、一般人にとってもカジュアルになりつつある印象だ。リピーター客も多いと聞くが、以前より美容整形のハードルが低くなってきたからこそ、美容院やネイルなどのように、"メンテナンス"として通うことができるのだろう。

ただ、リピーターになるということは、言い換えれば美容整形をし続けるということだ。やりすぎてしまう懸念や、そこから生じる体や心へのリスクはないのだろうか。

そこで今回は、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子医師に、美容整形の"やりすぎ"と思うサインと、よくある誤解についてお聞きした。

*

○程度をわきまえないと不自然に

1つ手をつけていい思いをすると、次はあれもこれももっと……という気持ちになる人も多いですが、それは人として自然な感情です。ただ、何事も"程度"が肝心。程度がいきすぎると、次のように本来の目的を見失ってしまうことも。

誰からも愛される、かわいい顔になりたい!
⇒"目を大きくすること"自体が目的となり、全体で見るとアンバランスに。

エイジレスな美しさを手に入れたい!
⇒"シワをなくすこと"自体が目的となり、肌がツルツルピカピカすぎて不自然に。

個別の部位の希望が枝分かれしてしまうと、調和のとれた美しさからは遠のいてしまいます。まだご自身が満足していればいいのですが、「どれだけ美容整形をしても美しくない気がする……」といったように、心がとらわれてしまっている人は心配です。

実際に、医師の目から見て「やりすぎだな、1回お休みしたほうがいいな」と思う人もいます。そんなとき、医師はどう導くべきか……。もちろん、医師の立場や方針によっても対応は異なります。ただ私は、"いきすぎ"や"やりすぎ"をきちんと指摘したいですし、指摘してくれる医師のもとで施術を受けてほしいなと思います。

○医師の目から見る"やりすぎ"のサイン

ここからは、美容整形をやりすぎているかどうかがわかるサインについて解説していきます。

■大きすぎる「目」
たくさんの患者さんを診てきて、整形をやりすぎていると思うことが多いパーツは、断トツで「目」。とにかく目を大きくすればいいと思っている人が多いようです。目だけ異様に大きいと、目に印象が偏りすぎて頬が間延びして見えるなど、アンバランスになりがちです。

また、二重の幅が広いほど目が大きく見えるという勘違いも非常に多いです。広すぎると眠そうな印象を与えますし、ある程度派手なメイクをしないと見栄えがしないこともあります。

■とがりすぎている「アゴ」
欧米人に比べてアジア人のアゴは引っ込んでいる傾向にあるので、整形でアゴのラインをつくることがあります。ただ、やりすぎるとアゴがとがりすぎてしまい、違和感を覚えるかもしれません。

ヒアルロン酸注射や脂肪注入の場合もありますが、シリコンを入れている場合は注意が必要です。基本的にシリコンは皮膚にとって異物なので、時間がたつと骨に食い込んできたり、場合によっては歯の神経を刺激したりすることも。気になる症状があるときは、すぐに医師に相談しましょう。

■付け根が太くなった「鼻」
鼻のプチ整形として、ヒアルロン酸注射も人気です。欧米人に比べて平たい顔つきのアジア人は、鼻の付け根に注射を打って高さを出すことが多いですが、繰り返し注射すると、鼻の横幅が広くなって"アバター化"する人も。これでは、本来思い描いていた「スッと通った鼻筋」からは遠のいてしまいますよね。途中でプロテーゼ(人工軟骨)に切り替える人も多いです。

■ツルツルすぎる「額(おでこ)」
「目尻にはシワができるのに額にはなく、肌の質感もツルツルしすぎている」というのは、ボトックス注射の効果で、美容整形外科医が見れば一目瞭然です。ボトックス注射は筋肉の収縮に作用するので、シワが寄らなくなります。

ある程度、どのように見えたいか、どの部分にシワができないと不自然かといった希望を伝えないと、エイジレスな美しさではなく、違和感が勝ってしまうことも。ボトックス注射は時間がたてば元に戻りますので、医師に相談のうえ、少しお休みしてみてもいいかもしれません。

●「一生メンテナンスが必要」は誤解
○美容整形のよくある誤解

続いて美容整形について、よく皆さんが誤解されていることにも触れたいと思います。

■「一生メンテナンスが必要」
顔を変えるタイプの手術は、基本的にはメンテナンスは不要です。ただし、加齢による変化はあります。気になるようであれば、早めに医師に診てもらうことをお勧めします。

■「加齢とともに崩れてきた気がする」
適切な範囲内の整形であれば、皮膚がたるんだり、ゆるんだりと、普通に年をとっていくだけです。ただし程度を超えると、崩れてくる可能性はあります。

例えば、鼻に高いプロテーゼを入れると、加齢とともに皮膚が薄くなった際に輪郭が浮き出ることがあります。目に関しては、若い頃にそのときの価値観で手術をしてしまうと、加齢によって他のパーツとのバランスが崩れることもあります。

■「注射系の施術は、効果がなくなると余計に老ける」
ボトックス注射やヒアルロン酸注射は、主に若返りを目的として行われますが、その効果は数カ月程度。時間がたつと元に戻るだけです。施術の効果がなくなっても、施術前より老けたり、やらなかった場合と比べて余計に老けたりすることはありません。

○「美容整形で人生が変わる」と思わないで

美容整形を経験された方や興味がある方へお伝えしたいこと、それは「加齢による外見の変化にはあらがえない」ということです。これは、美容整形をしていようとしていまいと関係ありません。

20歳の頃に整形をした自分の目がどんなに気に入っていても、40歳になれば必ず皮膚はたるんできます。それを受け入れられずに一生、20歳の見た目を維持しようとすると、依存が始まりますし、周囲も心配してしまうでしょう。自分自身をすべて入れ替えることができない以上、持って生まれた素材を受け入れて、その延長線上でバランスのとれた美しさを目指すべきなのではないでしょうか。

最後に一言、整形で人生が変わると思うのは危険です。整形をしたら、その後は自分で奮起して行動を変えないと人生は変わらない! 最終的に人生を変えるためには、前向きな心と自分の頑張りが必要です。

*

お話を伺って、美容整形でキレイになれるかどうかは、ありのままの自分を受け入れられるか次第ということを痛感した。「美容整形」と「ありのままの自分を受け入れること」は矛盾しているようにも思えるが、自分に生まれてきた以上、美容整形をしたとしてもある程度の段階でストップをかけ、自分自身のよさを認めなければならないときがやってくる。「キレイになる」という本来の希望をかなえるためにも、だ。

そして、美容整形に限ったことではないが、最初は気軽な気持ちで試したはずなのに、どんどんエスカレートしてしまうことはある。もう1人の自分が歯止めをかけられればよいが、現実には、心が弱っているときに冷静な判断を下すのは難しいだろう。もし何らかの状況で、本来の目的や自分自身を見失っているように感じる場合は、1人で抱えこまず、医師や家族など周りの信頼できる人を頼ってみてほしい。

※画像と本文は関係ありません

○記事監修: 福澤見菜子(ふくざわ・みなこ)

2003年度ミス慶應グランプリで、歴代のミスの中でも唯一「専門医」の資格を持つ医師。

2006年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学病院、東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科、大塚美容形成外科 千葉院院長などを経て、2013年より湘南美容外科クリニックに勤務。そのほか、日本形成外科学会 専門医、日本美容外科学会(JSAPS) 正会員、日本抗加齢医学会 正会員、埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科 非常勤助教など。

医師として、正しい美容医療の普及と実現に貢献することをライフワークとし、オフィシャルサイトでも情報を発信している。

医師からの警告 「プチ整形」と言っても皮膚や血管が壊死するリスクはある!

体にメスを入れることなく、ヒアルロン酸などを注射針で注入する「非手術」美容治療。

一般的に「プチ整形」などと呼ばれ、「鼻を高くしたい」「シワやたるみをなくしたい」といった希望を手軽にかなえられると人気が出たものだ。「プチ」という言葉から、かんたんで手軽な印象をもたれている。

しかし、「手軽」イコール「リスクがない」ということではない。言葉の影に潜む危険を指摘する医師の声もある。

鼻の付け根に注射して失明!

2016年6月11日付の朝日新聞に、「鼻の"プチ整形"を受けた女性が、失明や皮膚の壊死といった重篤なトラブルに見舞われた」という記事が掲載された。

記事によるとこの女性は2014年、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近に注入剤を注射された直後に、ふらつきと右目の異常を訴えて病院に搬送された。翌日、「右目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけての皮膚が壊死した」という。

トラブルの原因について、東京港区で形成外科および美容外科、美容皮膚科の治療を行っているみやた形成外科院長の宮田成章医師は、「注入部位や、医師の手技などの問題が大きい。注入剤は血管の中に入ったり、大量注入により静脈を圧迫したりして血行の障害を起こし、皮膚が腐ったり、最悪、眼球に栄養を運ぶ血管まで詰まって失明することもあります」と説明する。

こうした注入剤によるトラブルは過去にも報告されており、宮田医師によると、「ヒアルロン酸による報告事例が多いが、ハイドロキシアパタイトも最近は増えている」という。

ハイドロキシアパタイトとは歯の主成分と同じで、美容治療で使用されるのは「レディエッセ」というジェル状の製剤だ。ヒアルロン酸と比べて粒子が大きく、硬めで持ちがよいというメリットがあり、ほうれい線を目立たなくしたり、鼻を高くしたりする治療に用いられることが多い。今回、朝日新聞で報道されたトラブルで失明した女性に使われたものも、この注入剤と見られる。

手軽に見えても「熟練」が必要

鼻を高くする治療には、鼻にメスを入れ、プロテーゼという医療用のシリコンを挿入する手術を行う方法もある。これに対し、ヒアルロン酸やハイドロキシアパタイトなどの注入剤を注射する「非手術」の治療法は、比較的「手軽でかんたん」と思われがちだ。そのために、神経や血管など皮下組織の知識や手術経験の乏しい医師が治療にあたることも少なくない。

宮田医師は「血管の豊富な顔面に薬剤を注入するということは、レーザーを照射する治療とは全く違い、外科的な知識と技術の両方が必要です」と指摘する。

「顔面に分布する血管を理解しなくてはならないのですが、実際、美容治療では血管を見る機会は少ない。手術などで幾度となく血管を見ている形成外科専門医はともかく、注入に関わる医師が解剖を学んでおくのは重要なことです」と宮田医師。手軽に見えても、医療行為はリスクをともなう。美容医療に携わる医師には「熟練」の技が求められる。

一方、患者の側も「手軽」という言葉にまどわされず、「"プチ整形"だと思っても、リスクを伴う医療行為」ということを十分に理解することが大切だ。

2016年6月に行われた「日本抗加齢医学会総会」のシンポジウムでは、最近、美容医療の分野で増えている「非手術」治療の実情について話し合われた。講演を行った湘南鎌倉総合病院形成外科・美容外科の山下理絵医師は、ヒアルロン酸やボトックス注入によるトラブルの事例を挙げ、「非手術の美容治療は手軽ですが、無条件に安全なわけではありません。リスクを理解し、やりすぎないことが重要」と注意を促した。

宮田医師も、「(解剖知識のある)専門医だからトラブルを起こさないということではありません。どんなに高名な医師でも偶然が重なることもある。低い確率であっても、リスクは生じ得ます」と言う。

美容医療は魔法ではない。「注射一本で、手軽に鼻筋の通った美人になれる」「化粧感覚でできる」などというのは幻想だ。注入の治療を受ける場合は、医師に形成外科専門あるいは解剖の知識があるかどうかを確認すること。そして、「せっかく治療を受ける決心をしたのに、水を差されたくない」という気持ちはわかるが、デメリットもきちんと説明してくれるクリニックを選ぼう。

眠れない夜にはハーブティー 入眠に役立つハーブ4種をここだけ伝授

 リラックスしたいときに飲むとほっと一息させてくれるお茶。日本人にとって馴染みがあるお茶といえば、やはり緑茶などの日本茶だが、カフェインが含まれることから寝る前の飲み物としては適していない。

 寝付きが悪いとき、不眠が続くときは、自然な眠りを促す「ハーブティー」を試してみてほしい。

□寝付きが悪いときにおすすめのハーブ4選

カモミール:
 寝る前に飲むとよいハーブティーとしてよく知られているのは、おそらくカモミールだろう。不眠症や不安症の治療、寝付きをよくする効果があるとして、お茶だけではなくアロマセラピーでも昔からよく用いられてきた。実はパセリやセロリなどに多く含まれ、抗がん作用でも注目されている「アピゲニン」という化学物質は、カモミールにも含まれている。このアピゲニンが、気分を落ち着かせる作用に一役買っていると考えられている。

ラベンダー:
 カモミールと同様に、不眠症や寝付きの悪さを改善するため使われ続けてきたハーブがラベンダーだ。イギリスにおいて入院中の患者31人を対象に行われた実験では、ラベンダーの香りをかいだ患者は日中の活動レベルが向上し、夜間に途中で起きることなく睡眠を維持できるようになったという(※1)。

 また、不安症状のある221人の成人に対してヨーロッパの研究機関が行った実験では、ラベンダーの摂取方法として最も高い効果が得られるとされる精油の内服で症状の変化を検証した。カプセル化したラベンダー精油を口から直接摂取してもらったところ、睡眠の質と量どちらも向上したという(※2)。ただし、これは海外での事例で、日本では精油の原液使用や内服は認められていない。誰でも手軽に扱えるハーブを活用するのがベターだ。

パッションフラワー:
 心労や神経疲労による寝付きの悪さに高い効果があるとされているのが、トケイソウの名で知られるパッションフラワーだ。イギリスでは一般的な鎮痛剤などの材料としても使われており、副作用の危険性も極めて少ないとされている。子どもにも使用できる、優れた鎮静作用を持つハーブだ(※3)。
 ただし、子宮収縮を引き起こす可能性があるため、妊娠中の方は避けておこう。

セイヨウカノコソウ:
 日本ではあまり知られていないが、不眠症や緊張感を和らげる鎮静効果を持つことから、アメリカではよく使われている。眠りにつくまでの時間を短くしてくれる効果があるため、特にうまく寝付けない人に推奨されている(※3)。過剰摂取しなければ副作用の心配もほとんどなく、パッションフラワーなどほかの鎮静効果のあるハーブとブレンドすると効果が高い。

□ハーブティーのおいしい飲み方

 これらのハーブティーをおいしく飲むには、最も一般的で手軽な「熱湯で蒸らして抽出」する方法をおすすめする。

ドライハーブ:
 熱湯200ccに対して小さじ山盛り1~2杯程度をポットに入れ、熱湯を注いだらポットにふたをして、花などの柔らかいハーブは3分、茎などの固いハーブは5分程度蒸らす。

フレッシュハーブ:
 ポット半分くらいの量のハーブを使い、ドライハーブと同じ手順で入れる。

 飲み慣れない人にとっては、ストレートだと飲みにくい場合もあるが、少量のミルクやはちみつ、砂糖、レモン汁などを加えるとぐっと飲みやすくなる。

 知名度の高いカモミールやラベンダーなどのドライハーブは、ハーブ専門店や輸入食品店などで購入できる。また、ティーバッグ式ならスーパーで取り扱っているところもある。パッションフラワーやセイヨウカノコソウといったマイナーなハーブは、豊富な種類をそろえているネットショップがおすすめだ。

 たかがお茶で…と思うかもしれないが、効果のほどはなかなかのものだ。気になる方はぜひ試してみていただきたい。

最新の美容整形トレンド&注意点とは?

ひと昔前に比べ、身近になった美容整形。メスを使わないプチ整形も普及し、施術への心理的なハードルはかなり低くなってきたようにも思われます。

そんな美容整形の最新トレンドについて、美容医療&美容整形の相談や名医を紹介してくれる「美容医療相談室」を運営する神谷和宏さんに教えてもらいました。

●美容整形のトレンドも「ナチュラル」志向に
美容整形といえば、顔や体の印象をガラッと変えるために行うイメージですが、最近はなるべく自然に見える“ナチュラルグッドルッキング”をキーワードに挙げる人が増えているのだそう。

「最近のメイクの流行にも通じますが、極端に見た目を変えるのではなく、ナチュラルな印象を希望される方が多いです。その流れで、今の状態を維持したいですとか、昔の姿を取り戻したいということで、美容整形を行われるケースが増えているように思います。もともとの顔や体に不満があるというよりは、アンチエイジングのエステと同じような感覚で行われている傾向が見受けられます」(神谷さん、以下同)

特に近年になって人気が高まっているのが、シワやほうれい線を埋める『ヒアルロン酸』の注入や、筋肉の働きをおさえて小顔にみせることができる『ボトックス』、鼻筋や顎をシャープにする『レディエッセ』といったプチ整形なのだとか。

「注射器で注入するだけという手軽さと、美容医療自体の広がりによる低価格化が進んでいることによって、かなり普及しています。クリニックによっては初回のみ数千円程度で実施しているところもありますので、心理的なハードルはかなり下がっていると思います」

●外科的な施術が必要な整形は慎重に!
ちなみに、美容医療においては、価格ではなく施術する医師の経歴や実績などを重視した方がいいとのこと。また、神谷さんいわく、最初からメスをつかった施術をするのではなく、まずはプチ整形で変化を試してみるのがおすすめだそう。

「現在、美容整形はクーリングオフの適用外のため、一度契約してしまうと変更はできません。もちろん、思い切って外科的な整形を実施して、人生が前向きになれたという人は多いです。しかし、メスを入れたり骨を削ったりするような整形の場合、元に戻すことがとても難しいので、まずはプチ整形をしてみて、満足できるかどうかを事前に確認してみるのも一つの手だと思います」

いずれにせよ、美容整形を検討する際は、まず「顔や体をどのように変えたいのか」をじっくり考えることが重要。その上で、上記のポイントをふまえクリニックの良し悪しを比較し、まずはプチ整形から試してみると失敗が少ないというわけだ。

とはいえ、美容整形についてはまだまだ情報が少ないのが実情。トラブルを招かないためにも、施術内容についての情報も自分でしっかりリサーチしておいた方がよさそうだ。

涼やか&ダイエットにも◎!夏に大活躍のアロマ活用術

じりじりと蒸し暑い夏が近づいてきました。この季節を快適に過ごすために、ほんの少し生活の中に香りを取り入れ、涼を感じてみませんか? 爽やかな香りで気軽にリフレッシュできるだけでなく、集中力アップやダイエットにもオススメ! これからの季節に大活躍の香りとカンタン活用法を、アロマ講師の筆者がご紹介します。

■集中力アップにも◎!涼やかな「ペパーミント」

清涼感のある爽やかな香りが印象的な、心と体をクールダウンしてくれる精油です。香りのポイントとなる L−メントールという成分は、日用品などにも幅広く使用されているなじみ深い香りのひとつ。冷却作用や消臭、鎮静作用だけでなく、頭をクリアにして集中力アップにも効果的です。

オススメ活用術:おしぼりや拭き掃除に

洗面器やバケツに水をはり、ペパーミントを数滴垂らして、よく混ぜてからタオルを入れます。水気を切ったら、おしぼりやお部屋の掃除に活用しましょう。おしぼりはビニール袋などに入れ冷蔵庫で冷やしておくのもいいですね。来客した方に出せば、ほんのり香る爽やかな香りと冷感に喜ばれそう!

■脂肪燃焼効果も!身も心もすっきり「グレープフルーツ」

グレープフルーツの果実そのままの、ちょっぴりビターでフレッシュな香りが特徴です。沈んだ気持ちをパッと明るく前向きにしてくれます。また、香りの成分に体脂肪の燃焼を促進させるホルモンの分泌を高める効果が認められており、むくみやデトックスにオススメ。ダイエット関連商品にもその香りが利用されています。

オススメ活用術:入浴や芳香浴で、リラックス&リフレッシュ!

・天然塩大さじ1と、精油を3滴程度を混ぜます。浴槽に入れて混ぜれば、ゆったりバスタイムに。
・バスルームの片隅に2〜3滴垂らしてシャワーを浴びると、爽やかな香りが立ちのぼり、すっきりとリフレッシュできます。
・日ハンカチやティッシュに1滴、鼻に近づけゆっくり深呼吸するだけで、爽やかな気分に!

<注意点>
グレープフルーツ精油は、強い紫外線に反応して皮膚に炎症を起こすなど光毒性があります。肌に付いた場合は使用後の直射日光を避けましょう。

■お気に入りの精油を、楽しみながら見つけてみよう

いかがでしたか? アロマ・精油と聞くと難しそうと感じるかもしれませんが、まずは簡単にできるところから始めるのがポイント。初心者の方におすすめの精油ブランドも、筆者の過去記事でご紹介していますので、関連記事などからぜひご覧ください。同じ精油でもメーカーや産地などの違いから香りの感じ方や好き嫌いも変わってきます。あなたにとってのベストな香りを見つけてくださいね。

通っていたエステが倒産!前払い金は取り戻せる?

私たちの身近なあれこれを弁護士に聞く、この連載。今回は、エステサロンの倒産についてです。安いサロンが増えて通いやすくなった一方、倒産の相談も多いようです

◆【相談】全15回・30万円を払ったのに倒産しちゃった!

 昨年末、脱毛サロンに入会しました。全15回コースで30万円を一括で支払いました。これまでに3回施術してもらったのですが、次の予約を取ろうと電話したら、『おかけになった番号は、お客様のご都合によりお繋ぎできません』とのアナウンス。

不審に思い、ネットで調べたところ、サロンは先月末に倒産していたというのです! 実際にサロンに行ってみると、「倒産しました」との貼り紙。ショックを受けました。

 残り12回分のお金は返してもらえるのでしょうか? 泣き寝入りするしかないのでしょうか?
(30代女性)

◆【回答】残念ながら、返金は期待できません

 契約したばかりのサロンが急な倒産とは、驚きと怒りを隠せないですよね。ただ残念ながら、エステ会社が法的に倒産の手続を踏んだ以上、文句を言うことは困難です。

 会社の倒産とは、簡単にいえば、「会社の経営が悪化し、会社がなくなってしまう」ことです。エステ会社が倒産すれば、その後の経営が続けられなくなるため、エステのサービスも受けられなくなってしまいます。

 会社が倒産した場合、会社がもともと返済すべきだったお金も、基本的に全て「返さなくてよい」ことになってしまいます。したがってチケット代等も返してもらえないのが現実です。

 仮に会社に財産が残っていれば、お客さん等の債権者(相手に金品を要求できる権利を持っている人)に財産を平等に分配することになっていますが、法的には、従業員等の給料等が優先されて先に支払われますので、お客さん等にお金が戻ってくることは期待できないでしょう。

 現金やカードで、一括払いでお金を払ってしまった場合、残念ながら泣き寝入りせざるを得ないのが現状です。

 ただ、カードの引き落としがまだ済んでいないケースや、分割払いのケースであれば、カード会社に連絡をし、「●●の会社が倒産したので支払いを停止してください」という主張が可能です。もし揉めるようであれば国民生活センターや弁護士に相談していただくことをお勧めします。

◆エステや英会話などの“前払い”はよく吟味して

 エステや英会話といった「継続的にサービスを提供する契約」は、「将来~回分」というかたちで、代金を前払いするシステムが多いですね。大きな金額を前払いで受け取ってしまうため、その後の収支のコントロールが難しいという一面があります。

 例えば、「効果が出ないから解約したい」というお客さんや、「なかなか予約が取れないから別の店に通うことにした」といった理由で、中途解約がなされることも少なくありません。その際、法的には、サービス代金残額の大半を返金せねばなりません。

 予想以上に解約が相次いだという場合には、「返金額が大きすぎて返金できない」ということになるわけです。また、エステ等の契約は勧誘勝負ですから、「契約の取りすぎ」や、「無理な安値設定」により経営破たんに至るケースも少なくないようです。

 エステ等の勧誘は、「今だけお得」、「1年契約だと安い」などと勧められ、前払い、大量購入が魅力的に見えてしまうものです。でも、突然の倒産となれば、支払った代金は返ってこないしサービスも受けられないリスクがあります。

 購入すべき金額や回数等も、しっかり吟味して、信頼できるエステ店で契約することが大事になってきますね。

<文責/篠田恵里香 弁護士(アディーレ法律事務所/東京弁護士会所属) http://www.adire.jp/>

香りで病気を防ぐ 森の香りフィトンチッド・アロマ自然のカラダケア

以前CIRCLで「森には不思議な力がある。森林浴で自然のストレス解消」という記事を公開した。今回はそれがさらに進化したような記事になりそうだ。ちょっとリラックスしたいとき、自然の香りをかぐだけで、自然の中にいるのと同様の効果が得られるのだという。

 これには科学的な根拠があった。植物が放出する香り成分「フィトンチッド」がストレスホルモンや血圧を低下させ、さらに、免疫力も強化するという。
□森林浴のリラックス効果はなぜ?

 森林浴によるリラックス効果は、樹木の香りや緑の色などによる精神的な影響だと考えられてきた(※1)。もし、樹木の香りの中にリラックス効果のある成分が発見されれば、その香りをかぐだけでも森林浴をするのと同じような効果が期待できることになるのだが、そのような成分は発見されていなかった。

 香りの中にはさまざまな成分が含まれているため、実際にどの香り成分がリラックス効果を与えているのかを特定するのかが難しいというのもその理由だ。
□いつでもリラックスできる香り成分フィトンチッド

 日本医科大学の研究者は、植物の香り成分「フィトンチッド」に着目し、この成分にはストレスホルモンの低下や血圧の低下などの効果があり、森林浴と同様に私たちをリラックスさせることを明らかにした(※2)。

 フィトンチッドは植物が傷つくとそこから放出される成分で、周囲の細菌などの発育を抑えることから「植物の免疫」ともいえる。面白いことに、フィトンチッドは人の免疫も強くするという。
□植物の香り成分「フィトンチッドは人間の免疫も強化

 私たちの体に侵入した微生物や、異常な増殖を続けるがん細胞を異物と判断して直接攻撃をするのだ。

 この免疫の特攻部隊「ナチュラルキラー細胞」は、フィトンチッドによってより活性化される。そして、このような効果を得るには、必ずしも森林浴をする必要はなく、フィトンチッドの香りをかぐだけで十分だということを、研究グループは明らかにした。
□アロマのススメ

 フィトンチッドのリラックス効果のように、香りは、心を落ち着かせる、気分をよくする、頭をスッキリさせるといったさまざまな効果を私たちにもたらしてくれる。

 例えば、ペパーミント、ローズマリー、柑橘(かんきつ)類、バジルなどの香りには覚醒作用があり、逆に、ラベンダー、クラリセージ、サンダルウッドなどの香りには沈静作用がある成分が含まれている(※3)。

 アロマテラピー(芳香療法)には非常にたくさんの種類があり、組み合わせ次第でその効能もより広がる。ぜひとも日常生活に取り入れ、楽しみながら健康になっていただきたい。眠る前のリラックスなどにアロマを活用すれば、より深く良質な眠りを誘導することができるだろう。
□心地よく感じる香りがあなたにとって最良

 ただし、香りは人によって好みが異なる。ある人にとっては心地よく感じる香りでも、ほかの人にとっては不愉快な気分になることもある。たとえ、リラックス効果が高いとされていても、好ましく感じなければ使わないほうがよい。逆にストレスがたまってしまう可能性もあるからだ。

 もし、普段から香りを楽しむ習慣をまだお持ちでないなら、趣味の一つ、習慣の一つとして、アロマを始めてみてはいかがだろうか?

 まずは、どの香りにどんな効果があるかといった難しいことは考えず、何種類か好きな香りを試してみることだ。自分にあった香りのレパートリーを持つことで、さまざまなシーンで香りを有効に使うことができるだろう。

健康保険適用できる!? 美容外科で行なわれている治療

美容外科で当たり前のように行なわれている自費治療ですが、実はその中でも保険適用で受けられる項目もあるようです。今回はその保険適用治療についてご紹介していきます。

◆ボトックスによるワキガ治療

夏は当然ですが、冬場も含め年中無休で気になるワキガ臭。女性は特に気にする部分かと思いますが、日本ではワキ汗に悩む人数が約720万人いる様子。汗の匂いや量など個人差はあるのですが、これが2012年11月よりボトックス注射での治療が可能となりました。

メスを入れずに治療ができるため、大変人気となっているようです。しかも、注射の施術は、約10分程度。時短ですぐに汗の改善ができるというメリットもあるそうです。ただし、3~6ヶ月程度で効き目がなくなってしまうので、都度注射を打ちに行く必要がありそうですね。しかしながら、健康保険適用できるのであれば試してみたい治療のひとつとなりそうです。

◆逆さまつ毛の治療

まつげが目のなかに向いて生えてしまう、逆さまつ毛。これも治療ができるって知っていましたか?まつげが目のなかへ入ると、眼球を傷つけてしまう可能性があるため危険です。治療方法は、重瞼術という二重まぶたの手術や、症状により目頭切開・目頭京成なども必要となる場合があるようです。でも、これも逆さまつ毛の治療となれば、保険が適用できます。今からでも遅くありません。まずは眼科などで相談してみましょう。

◆プラセンタが保険適用!?

プラセンタは美肌や血流促進、血圧調整・腰痛回復・疲労回復・ホルモンバランスの調整など女性だけでなく、男性にもうれしい効果がたくさんあります。このプラセンタですが、すべてのプラセンタ治療が保険適用となるわけではありません。しかし、肝炎や乳汁分泌不全・更年期障害・肝機能障害・肝硬変などの病気や疾患となると保険適用になります。そして、保険適用されると1本2000円~9000円の相場のプラセンタ注射が、1回約500円~900円程度で接種できるように。ただし、ドクターに確認が必要となりますので、掛かり付けの病院などへますは相談することをおすすめします。

◆巻きづめと立ち耳

足の親指の内側と外側になりやすい、巻き爪。そして耳の形が、大きく顔の横に突き出ている耳を立ち耳と言います。これらは形成外科での保険適用治療が可能となります。立ち耳は、特に費用も美容外科で約40万円のところ、保険適用となると手術費用の目安でも、約10万円弱で治療が可能となるようです。

治療先の病院やクリニックが”健康保険での治療を行っているか”という部分を必ずチェックしましょう。健康保険適用の症状だとしても、現在通っている病院が自費治療しかしていなければ、保険適用を使用できないのです。あえて自費治療診察を選んでいる病院もありますので、自分の希望に合わせた病院選びをしていきましょう。

アロマ効果で頻尿予防? 考えられる原因に合わせたアロマを紹介!

病院に行くまでではないけど、頻尿が気になる。
そんなときにアロマでなんとかならないかと思う人もいるかもしれませんね。今回のテーマは「頻尿とアロマ」です。頻尿の原因が精神的なものの場合、アロマでリラックスできるものはあるのか医師に聞きました。
そもそも香りの効果って?

私たちの生活の中で、「香り」の影響は大きいものです。食べ物やオーデコロン、あるいは人と会った時や初めての場所を訪ねたとき…。特徴のある匂いであれば、それを嗅いだだけで誰かを思い出したり、何かを食べた記憶を鮮明に思い出したりすることがあると思います。

主にアロマテラピーは、天然の材料から取り出した精油(エッセンシャルオイル)を用います。
芳香を楽しむことによって気持ちをリラックスさせたり、元気な気持ちにさせたりするために行われるものです。生理痛や慢性的な頭痛の緩和に使われることもあります。

根本的な治療法ということではありませんが、症状を和らげる可能性のある方法のひとつとしてアロマテラピーを用いた緩和方法があります。頻尿はあるけれど、薬を飲んだり病院に通院したりするほどではない、という場合にまずは試してみてはいかがでしょうか。

頻尿に効果的と言われる香りとは…?
基本的に大切なことは自分が心地よいと思う香りを選ぶことだと思います。 頻尿の症状に用いる場合も、これは同じです。頻尿に効くといわれているエッセンシャルオイルをいくつかご紹介します。ご自身の心地いいものを選ぶようにするといいです。

≪精神的なものが頻尿に原因と疑う場合≫
生活を振り返ってみて、ストレスが多いことや心配しがちな点は頻尿の原因となりえます。以下の香りを試してみてはいかがでしょうか。柑橘系のベルガモット:緊張感やイライラを抑える作用のあります。グレープフルーツ:幸福感を出してくれます。カモミール:不安感を和らげてくれます。

≪更年期の諸症状が頻尿に原因と疑う場合≫
更年期の症状に伴う頻尿にはローズウッドもよいと言われています。
ほかにもおすすめの香りとは…?
ほかにも頻尿におすすめの香りがあります。

≪冷えが原因の頻尿を疑う場合≫
冷えが強いことが頻尿の一因となっていそうな方に関しては、以下のエッセンシャルオイルもおすすめです。
・ジンジャー(しょうが)
・ラベンダー など

≪ほかにもある頻尿緩和によいアロマ≫
泌尿器系に特に作用し、体内の水分量を調節してくれるのがジュニパーといわれるアロマです。
ただ、ジュニパーは作用が強いです。泌尿器科系に何らかの病気がある場合は避けるべきともいわれています。

ほかにも交感神経優位になって高ぶった気持ちを抑えるためには、ユーカリも心を落ち着けてくれると言われています。

【医師からのアドバイス】
今回挙げたもの以外にも、頻尿に様々な側面から効果があると思われる香りは多くあります。ただ、これらはあくまで泌尿器科疾患のない頻尿に対する対処法です。原因がある場合は、まずそちらの医学的治療をしっかり行いましょう。また、アロマは使い方によっては身体によくない影響を与えることもあります。使うときは正しく使い、気分が悪くなった場合は使用を中止しましょう。

顔汗を止めるボトックス注射の効果とは

「ボトックス注射」というと美容整形のシワ取りに用いられることで有名ですが、多汗症の治療にも有効とされています。では、なぜシワに効くボトックスが多汗症にも効果的なのでしょうか?ボトックス注射の顔汗への効果について詳しくお伝えします。

顔汗を止めるにも効果あり?ボトックス注射とは

ボトックス注射とは、食中毒の原因菌にもなるボツリヌス菌」つくる「A型ボツリヌス毒素」を有効成分とした注射です。毒素といわれると、なんだか恐ろしい注射のような気もしますが、毒性を取り除いたうえで無害な量だけ使用するので、感染や人体への悪影響はありません。

ボトックス注射には、神経の末端から分泌される「アセチルコリン」という神経伝達物質の分泌を抑制し、筋肉の動きを麻痺させる作用があります。そのため、表情筋の動きを止めて表情ジワを解消するために使われたりもしますが、アセチルコリンには発汗を促す作用もあるので、汗の多い部分に注射をすれば、神経をブロックして汗を減らすことが可能です。

ボトックス注射は狭い部分の多汗症に適しているので、ワキの下や手のひら、足の裏の多汗症治療に用いられることが多いです。顔汗の場合は、額の汗を抑えるために使われるのが一般的です。

ボトックス注射の効果・注意点

ボトックス注射の効果には個人差がありますが、注射後およそ2〜3日頃から汗が減るようになり、持続期間は半年ほどとされています。

2012年の11月からワキの下の多汗症には保険が適用されるようになりましたが、顔汗には適用されません。そのため、顔面多汗症の治療に用いる場合は費用が高くつきます。また、注射の際は強い痛みをともなうので、痛いのが苦手な方は局所麻酔をしてもらうなど、医師に相談してみましょう。

ボトックス注射には筋肉を麻痺させる作用があるので、まれにしびれなどの副作用を起こすことがあります。しかし、筋肉と汗腺は深さが違うので、正確な位置に注射をすればそのような副作用は起こらないともいわれています。このようなことから、ボトックス注射を受ける場合は、多汗症治療の経験が豊富で信頼できるクリニックを探すことをおすすめします。

トラブル増加中!美容医療を検討するなら注意したいこと

きれいになりたい女性なら美容医療に興味を持っている人も多いですよね。美容医療は以前より気軽に受ける人が増加しています。効果が出る反面、トラブルに遭ってしまうことも……。今回美容医療を検討する際の注意点についてご紹介します。

■美容医療の基礎知識

美容医療とは美容を目的とした「医療」のことをいいます。施術は美容を専門とした医師が行います。病気やケガなどを治すために行われる一般的な医療とは異なり、通常治療の必要がない部分を理想の美しさに近づけるために行われる行為になります。

■美容医療で起こりうるトラブルって?

美容医療で起こるトラブルは、下記のように費用や施術後の不調に関するものが多くあります。

・美容外科で「約300万円が半額になる」と値引きを強調して勧誘され、契約してしまったが解約したい。
・隆鼻手術を行ったらそれ以来、頭痛等の症状が続いている。
・顔のリフトアップの手術をしたが、顔に違和感が残っている。

■美容医療を検討するときに気を付けたいこと4つ強調文

詳しく調査をする

なんとなくきれいになりたいと思っても、どんな施術があるのか全くわからないと不必要な施術まですすめられてしまうことがあります。美容医療は通常の医療とは違って自費治療のため。すすめられるがままに施術を受けるとよくない場合があります。不安に思う場合は、2か所以上の病院でカウンセリングを受けてから判断しましょう。

情報を鵜呑みにしない!

広告の写真や「芸能人が通っている」などの文言で、自分もきれいな芸能人に近づけると思ってしまう気持ちはわかります。しかし、施術後の仕上がりは人によって異なります。施術を受けた人の理想とかけ離れている場合、不満からトラブルになるケースがあります。情報を信じすぎるのは危険です。

安易に契約しない!

「今なら安くなる」などといったように、様々な方法で勧誘されることがあるでしょう。しかし、「モニター価格」「キャンペーン期間中」などの文言は、医療機関ホームページガイドラインで掲載すべきでない事項として定められています。そのような文言で契約を迫られる場合は注意が必要です。また、一旦契約してしまうと解約や返金が難しいことが多いので、安易に契約するのはやめましょう。

デメリットやリスクを事前に把握しておく

施術によっては、副作用や痛み・神経障害・出血・腫れ・火傷などの合併症が出たり、ダウンタイム(施術後に状態が安定するまでに要する期間)が必要なものもあります。施術前にどの程度リスクがあるか、デメリットをしっかり聞いておきましょう。施術後に説明されていなかった! と、後悔しても遅いのです。

いかがでしたか? 美容医療を受けることが悪いということではありませんが、安易に美容医療に手を出してトラブルになってしまうケースも増加しているようです。被害に遭わないためにもしっかりと説明を受け、自分の行いたい内容をきちんと医師に伝え納得した上で施術を受けることが大切です。 (薬剤師/抗糖化美容研究家 花田真理)

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

ショーンKは30分で“元の顔”に戻せる!?高須院長が語る、男の“お直し”事情

メディアの寵児になりかけたところで一転、経歴詐称オンパレードで話題になってしまった「ショーンK」こと、川上伸一朗氏。経歴詐称に加えて、イケメンコメンテーターとして話題だったあの“顔”も、作られたものだと報じられ、大騒ぎに(本人はコメントせず)。

「ヒアルロン酸を注入する方法なら、簡単に”ハーフ顔”が作れますよ」という、高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)に聞きました。

◆誰でもハーフ顔になれるが、“厄介な部分”も

――誰でも簡単に、ショーンK氏のような“彫りの深い顔”になれるものなんでしょうか。

「なれますよ! ただ、簡単かどうかは“元の顔”次第だね。ショーンKみたいに、もともと彫りが深いタイプだと簡単ですよ。あごとおでこをちょっと出して、鼻を高くするだけでいい。ヒアルロン酸の注射を5本ぐらい打てばいいんじゃないかな。あと、髪を茶色に染めて、カラーコンタクトをつければ完璧ですよ。

 ただ、これはあくまでも“顔”だけの話ね。体型もハーフっぽくしたいとなると厄介。頭を小さくしたり、足を長くするのは難しい。だから、たいていボディは無視するよね。

 ハーフ顔だけど、やたら頭が大きかったり、足が短かったりしたら、怪しいってことだね」

――そう言えば、ショーンKもどちらかというと日本人体型でしたね……。

「テレビのコメンテーターだと座って話すから、うまい具合にごまかせるというのは盲点だったね。体型でいうと、デーブ・スペクターもかなり日本人に近い。彼はホンモノのアメリカ人だけどさ。

 デーブ・スペクターとショーンKを並べて、『どちらかは、日本人なのに、外国人だと嘘をついています。さて、嘘つきはどちらでしょう」とクイズをしたら、デーブを選ぶ人もいるかもね」

◆ノムさんもお直し済み。男性患者は増えた?

――「美容整形したい!」という男性は増えているんでしょうか。

「クリニックに来る患者さんの男女比率はあまり変わっていません。ただ、昔に比べると、“男性の下半身”の手術(大きくする、皮をむく)が少なくなって、その分、“顔”を整えたい人が増えている印象があるね。『鼻を高くしてほしい』『あごを作ってほしい』という要望が多い。

 要は平べったい顔はイヤで、アメリカ人みたいな顔になりたいんだね」

――「奥さんや恋人に“やってこい”と言われて……」みたいな男性も、結構いたりするものですか?

「奥さんがシミやシワをとって、“良かったから”と、夫を連れてくるケースは結構ありますよ。サッチー(野村沙知代)はまさに、そのパターン。サッチーが先に施術を受けて、その後、野村克也監督(現野球評論家)がやってきましたよ」

――野村監督も美容整形の経験者ですか!?

「野球選手って仕事柄、紫外線を大量に浴びるから、年をとるとみんな、肌がシミだらけになっちゃうんですよ。野村監督は年の割に肌がきれいでしょ? あれはちゃんとお手入れしているから。

 美容整形にも2種類あって、年をとらないための美容整形は、保険がきかない老人医療みたいなもの。

 第一、ショーンKにしても、仮にヒアルロン酸を注射しただけだったら、プチ整形の範疇ですしね。ヒアルロン酸分解酵素を注射すれば、30分もすれば元の顔に戻る。もともとは“立体メイク”と呼ばれていたぐらい、カジュアルなものなんだから、『整形だ!』と騒ぎたてなくてもいいのに、と思うけどね」

――ちょっと鼻を高くしたぐらいで、ガタガタ騒ぐなと。

「そうそう。ちょっと彫りを深くしたり、若返ったりするぐらいの施術を受けてる人はたくさんいますよ。日本は美容整形の最先端ですから。資産家のおじいさん同士で集まると、『シワなくなったな』『いい医者がいるんだよ』と情報交換で盛り上がるし、選挙前は政治家の先生たちが、こぞって美容整形クリニックにやってきますよ。

 誰もヨボヨボの年寄りに、投票しようと思わないでしょ? 衰えると票が逃げるから、あの人たちにとって、若さを保つのは死活問題なんです」

 高須院長によると、社会人が整形デビューを果たすベストタイミングは「転職活動中」。まとまった時間がとりやすい上、新しい会社の人は、以前の顔を知らないのでバレづらいそう。では、どんなクリニックに行けばいいの? 次回は「美容整形クリニックの騙しの手口」について、高須院長が語ります。

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長(http://www.takasu.co.jp/)で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数。高須院長Twitterアカウント @yes_jinsei

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

脱毛はもう当たり前!?みんなのエステ事情

エステとは、セレブな女子が行くものだと思い込んでいました。でも先日安くて魅力的なクーポンを見つけて体験してみたところ、若い女性がたくさんいて、びっくり!

最近はCMや広告もよく見るし、価格もお手頃になってきたから、エステに通う女子も増えているのかも!?

早速、20~30代の女性にアンケート調査してみました!

■エステ一番人気は「脱毛」!

まずは、エステについて聞いてみました!

<1年以内に行ったことがあるエステメニューは?>
1位:脱毛(44%)
2位:フェイシャル・美肌・ピーリング(43%)
3位:痩身・キャビテーション・サーモシェイプ(21%)
4位:シェービング(13%)
5位:小顔マッサージ・美容矯正・コルギ(骨気)(11%)

特に脱毛とフェイシャルが人気のようです。ホットペッパービューティーアカデミーの田中公子さんに、最近のエステ事情を聞きました。みんなどんな施術をしているの?

「脱毛技術は以前と比べて技術が進化し、誰でも気軽にできる低価格になってきました。脇や膝下はもちろん、以前は勇気が必要だったデリケートライン(V・I・O)にチャレンジする女性も増えています。フェイシャルは小顔効果のある施術や、毛穴ケア、痩身は骨盤矯正や脂肪を燃焼させるキャビテーションなど、効果がわかりやすいものが人気ですね」

■美容外科の「医療脱毛」が大人気!?

最近、美容外科でエステをする人も増えているのだとか。ここでも脱毛が大人気!?

<受けたことがある美容外科メニューは?>
1位:医療脱毛(24%)
2位:痩身(8%)
3位:スキンケア・シミ除去(5%)
4位:小顔・輪郭形成(4%)
5位:二重手術(3%)

「最近は美容と医療の境目がなくなってきました。メスを使わないヒアルロン酸などの注射やレーザーなど、エステに近いメニューが増えたことで、通いやすいイメージも出てきたのではないでしょうか?価格も安価になってきたことで体験してみたという人も増えてきたようです」

■お店やメニューを選ぶコツは?

エステや美容医療が身近になってきたとはいえ、まだまだ高額な契約をさせられるのではないかとか、効果があるのかといった「不安」はありますよね。お店やメニュー選びのコツはありますか?

「やはり、金額表示や施術内容が明確であることは大事ですね。最近は1回ごとに支払いができるところや、毎月定額の月額払いのお店も増えてきました。また、高額の勧誘がないか、効果があるかなど、ネットなどで口コミをチェックすることも重要です」

最近では、エステ以外でも、ヨガ・ピラティスを代表とするインナービューティ系や、ファスティングなどの食事指導、マンツーマン指導のフィットネスなども人気で、美容意識の高い人が利用しているんだとか。いろいろリサーチして、またチャレンジしてみたいと思います!

【取材協力】
田中公子さん
ホットペッパービューティーアカデミー研究員。2006年リクルート入社。前職はコンサルタントとして企業の経営計画・再生事業に携わる。リクルート入社後は、「HOT PEPPER Beauty」(ホットペッパービューティー)の事業企画、KPI設計市場調査を経て、2012年より現職。「美容センサス」など、美容サロン利用に関するカスタマー調査からの兆しを、WEB・書籍・セミナーなどを通して発信。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

説明できる?意外と知らない「美容医療」と「エステ」の違い

綺麗でいたいと思っているアラサー・アラフォー女性の中には、美容医療やエステティックサロンに通ったことがあるという人もいるはず。どちらも綺麗になるための施術が受けられる場所ですが、何が違うのかはご存じですか? 意外と知らないという人が多いので、今回は美容医療とエステティックサロンの違いについてご紹介します。

■「美容医療」って一体どんな医療?

美容医療とは美容を目的とした「医療」のことをいい、施術は美容を専門とした医師が行います。病気やケガなどを治すために行われる一般的な医療とは異なり、通常治療の必要がない部分を理想の美しさに近づけるために行われます。クリニック内で施術が行われるので、ゴージャスな雰囲気というよりは少しきれいな病院といった雰囲気の所が多いです。

■エステティックサロンとは

エステティックサロンは、医師の資格がなくても行える施術を提供する場所です。全身の美容(美顔・脱毛・痩身・マッサージなど)を目的として行います。美しさと癒しを求めて施術を行う所がほとんどなので、店内がくつろげる仕様になっていたり、ゴージャスな内装であることが多いです。

■美容医療とエステの「施術内容」の違いって?

美容医療の場合

美容医療は医師が施術を行うので、メスを使用する美容整形手術やメスを使用しなくても効果が出やすいレーザーや注射、点滴、薬などを使用し美を追求していきます。高い効果が期待できますが、施術によっては腫れや赤み、強い痛みなど、思わしくない症状が一時的に見られることがあります。これらが回復するまでの「ダウンタイム」と呼ばれる期間が長くかかることも。

エステティックサロンの場合

エステティックサロンは医師免許を所持していない人が施術を行うため、メスを使用する美容整形手術はもちろん、効果が出やすいレーザーや注射、点滴、薬は扱えません。美顔器を使用したイオン導入や光を利用した脱毛機器、ハンドマッサージなど、効果が穏やかな施術で美を追求していきます。

どんな施術を受けたいかによるので、美容医療とエステティックサロンのどちらがいいとは一概に言えません。安心面では、医師が医学的に判断してくれる美容医療の方が上という考え方もありますが、ラグジュアリーな気分やリラックスによる満足感はエステティックサロンの方が上かもしれません。

コスト面でも一例ではありますが、ケミカルピーリングやイオン導入など、エステティックサロンより美容医療の方が低価格で済むことも。施術を検討する際は内容はもちろん、効果や安心感、費用面など自分の希望に近い方を選ぶようにしましょう。(薬剤師/抗糖化美容研究家 花田真理)

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

最新の美容整形トレンド&注意点とは?

ひと昔前に比べ、身近になった美容整形。メスを使わないプチ整形も普及し、施術への心理的なハードルはかなり低くなってきたようにも思われます。

そんな美容整形の最新トレンドについて、美容医療&美容整形の相談や名医を紹介してくれる「美容医療相談室」を運営する神谷和宏さんに教えてもらいました。

●美容整形のトレンドも「ナチュラル」志向に
美容整形といえば、顔や体の印象をガラッと変えるために行うイメージですが、最近はなるべく自然に見える“ナチュラルグッドルッキング”をキーワードに挙げる人が増えているのだそう。

「最近のメイクの流行にも通じますが、極端に見た目を変えるのではなく、ナチュラルな印象を希望される方が多いです。その流れで、今の状態を維持したいですとか、昔の姿を取り戻したいということで、美容整形を行われるケースが増えているように思います。もともとの顔や体に不満があるというよりは、アンチエイジングのエステと同じような感覚で行われている傾向が見受けられます」(神谷さん、以下同)

特に近年になって人気が高まっているのが、シワやほうれい線を埋める『ヒアルロン酸』の注入や、筋肉の働きをおさえて小顔にみせることができる『ボトックス』、鼻筋や顎をシャープにする『レディエッセ』といったプチ整形なのだとか。

「注射器で注入するだけという手軽さと、美容医療自体の広がりによる低価格化が進んでいることによって、かなり普及しています。クリニックによっては初回のみ数千円程度で実施しているところもありますので、心理的なハードルはかなり下がっていると思います」

●外科的な施術が必要な整形は慎重に!
ちなみに、美容医療においては、価格ではなく施術する医師の経歴や実績などを重視した方がいいとのこと。また、神谷さんいわく、最初からメスをつかった施術をするのではなく、まずはプチ整形で変化を試してみるのがおすすめだそう。

「現在、美容整形はクーリングオフの適用外のため、一度契約してしまうと変更はできません。もちろん、思い切って外科的な整形を実施して、人生が前向きになれたという人は多いです。しかし、メスを入れたり骨を削ったりするような整形の場合、元に戻すことがとても難しいので、まずはプチ整形をしてみて、満足できるかどうかを事前に確認してみるのも一つの手だと思います」

いずれにせよ、美容整形を検討する際は、まず「顔や体をどのように変えたいのか」をじっくり考えることが重要。その上で、上記のポイントをふまえクリニックの良し悪しを比較し、まずはプチ整形から試してみると失敗が少ないというわけだ。

とはいえ、美容整形についてはまだまだ情報が少ないのが実情。トラブルを招かないためにも、施術内容についての情報も自分でしっかりリサーチしておいた方がよさそうだ。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

花粉と美容を同時にケアできるオススメ「ハーブティー」2選

 スギ花粉をはじめ、これからの季節はさまざまな花粉が飛び始めます。花粉症の人にとっては、気分が滅入ってしまいますよね。そこで、花粉症対策をしながら美容効果も得られる、一石二鳥な方法をご紹介します。

 まず、家で飲むお茶をハーブティーに変えてみてください。ハーブティーといえば、リラックス効果や美容に良いイメージが強いですが、実は花粉症対策にも有効だと言われています。

 芸能人にもハーブティーの愛飲者は多く、道端ジェシカさんやダレノガレ明美さんもお好きだそうです。その中でも、オススメなのがこの2つです。

■カモミールティー

抗アレルギー作用のあるカモミールティーは、花粉症をはじめとして、消化促進作用などもあるので腹痛や風邪にも有効です。リラックス効果も高いので、夜寝る前に飲んでみるのもいいかもしれません。

■ペパーミントティー

ペパーミントに含まれるミントポリフェノールが、特にスギ花粉による鼻粘膜の腫れの改善に良いと言われています。デトックス効果が高いのでむくみや肌荒れ改善にも効果的。鼻の通りも良くなるそうです。

 紹介したハーブティーは市販で簡単に手に入るものですので、お気軽に毎日続けてみてください。体質改善ができ、花粉にも打ち勝つことができ、気がついたらお肌の調子がよくなっていたら嬉しいですよね。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト
▽子育て中で勤務時間のご希望があるお医者さま

知らないと身の危険も!? 意外とやりがちなアロマのNG使用法5つ

植物から摘出した精油を使って香りを楽しむアロマ。接したことがある人も多いのでは? 夜が長くなってきたこの時期は、おうちでゆっくり香りに包まれてリラックスしたくなりますよね。

そこで今回は、アロマアドバイザーの筆者が”知っておかないと危ない”アロマについてのNG項目をご紹介します。

■1:合成油のものを使う

時間帯に限らずいつも使わない方が良いのが合成油。精油とは100%自然のものから抽出されたものをさします。価格重視で手間を省き、化学的に香りだけ似せて作られたのが合成油です。

これを精油と同じようにアロマディフューザーなどで使ってしまうと、大脳に届いた香りの刺激がどんな影響をもたらすかわかりません。香りは臭覚を使って脳に直接影響を与えることが明らかになっています。人によってはただ香りが漂っていると感じますが、運が悪いと気分が悪くなったり頭痛がするようになってしまうことも。

香りが似ていても、精油と同等の体に良い効果を得ることはできません。アロマとして使う精油は100%天然のものを選びましょう。

■2:起床時にリラックス系のものを使う

オレンジスウィート・ベルガモット・ラベンダー・カモミールといった精油には、優しい香りで心身をリラックスさせてくれる効能があります。

数種類混ぜて使うなどの使い方にもよりますが、1種類を使うなら、これらの精油は起床時には避けましょう。ベッドの中がより心地よくなって起きるのが辛くなってしまいます。

■3:スッキリ系を就寝前に炊く

リフレッシュ効果の強いレモン・ローズマリー・ミントなどは夜に向きません。

残業を早く終わらせたいから頭をスッキリさせたいなど、就業時間中に使うと作業効率が上がるかもしれませんが、眠る前に嗅いでしまうと頭が冴えて眠りにくくなってしまう可能性があります。

■4:天然塩に3〜5滴以上混ぜるバスソルト

ゼラニウム・スウィートマジョラムなどの精油3〜5滴に天然塩を混ぜると、オリジナルのバスソルトができあがります。

万が一香りが足りないような気がしても、これ以上の量を混ぜるのはやめましょう。精油の効能は驚く程効く場合があります。特に入浴中などは体に影響を及ぼしやすいので、規定の量を必ず守りましょう。

■5:精油を直接肌に付ける

100%天然で香りが良いオイルとなると、直接顔に塗って美容液にしたくなりそうです。しかしこれは絶対にやめましょう。

オリーブオイルなどの植物油に精油を混ぜればトリートメントオイルになります。このときは精油の濃度が1%以下になるように作ります。顔用は0.5%以下の濃度におさめ、二の腕の内側などの肌が柔らかい部分でパッチテストをしてから使いましょう。

夜が長くなってきたこの頃、おうちでのんびり温かい飲み物を口にしたくなったら、香りで部屋を満たしてリラックスしてみてくださいね。

精油でアロマ効果&冷え性対策!足湯を効果的に行う方法



著者は、低血圧で貧血気味なので、体の末端はいつも冷えやすい状態です。暖かな部屋にいて、手足の先に触れると氷のようです。とくにパソコンをしているときは、手足の冷えがつらくて、痛みを感じるほど。

そうなってしまう前に、温めて血流を良くしないと、体全体にもよくありません。けれども、足を温めれば、体全体も温まる感じがします。効果的に足を温めて、快適に過ごしましょう。そのためのポイントをお伝えしますので、参考にしてみてください。

■ 精油を使った足湯の方法

◎ STEP1 用意するもの

以下のものを、用意しましょう。

・桶...両足が入るサイズのものを。なるべく余裕のある大き目サイズで。

・お湯...桶に入れるお湯と、差し湯用にヤカンにも入れて近くに置きます。

・バスタオル1枚...バスマットも可。足湯から出るときに上に乗ります。

・タオル1枚...足湯から出たあと、足をふきます。

・お気に入りの精油1つ...お湯に1~2滴たらします。

◎ STEP2 セッティング

椅子に座って、足湯に浸かる形にします。椅子の横にはバスタオルを敷いておきます。必要なものをあらかじめ準備して、近くに置いておきます。テーブルの上には、足ふきタオル、精油、熱湯の入ったヤカンを置いておくと便利です。

足湯を行う部屋が寒いと、お湯がすぐ冷めてしまい、体も冷えるので、部屋も温めておきます。あらかじめ準備・セッティングしておくと、お湯も足も冷めずに快適に効果的な足湯ができます。

◎ STEP3 お湯は熱めに

桶にお湯を入れます。たくさんの湯だと、足を入れた時にあふれてしまいます。さらに途中で差し湯をするので、少なめに入れておきます。風呂より熱い、42~43度くらいに設定します。

ヤカンにも、なるべく熱湯を準備します。桶の容量に限りがあるので、差し湯のお湯を少なくするためです。熱湯は十分注意して扱いましょう。

◎ その他の注意点

・やけどや転倒を防ぐため、足を浸ける前に、お湯が熱すぎないかを、まず手確かめてからにしましょう。

・熱湯なので、差し湯をするときは、必ず足を抜いてからにします。足の上から熱湯を絶対にかけないようにしましょう。

・ヤカンの近くに小さなお子さんが近付かないように、十分に注意してください。

◎ STEP4 精油をプラス

準備ができたら、直前に、お気に入りの精油を、1~2滴、お湯に落とします。手で軽く混ぜ、香りを楽しみながら、足をお湯につけます。服を濡らさないよう、ひざ上まで裾を上げておきましょう。

温まったなと思うまで浸かりますが、途中で、お湯が温くなってしまったら、ヤカンのお湯で差し湯をします。短パンでお湯につかり、バスタオルをひざ掛けにすると便利です(その際はバスタオルがもう1枚必要になります)。

■ 足湯におすすめの精油

・ジュニパー...木の香りがするのでヒノキ風呂の気分がします。心も落ち着く感じがします。

・ティートリー...こちらも木の香りです。日本にはなじみがない香りですが、殺菌作用があるので、足のにおいにも効果的です。

品質保証のされている精油を使いましょう。使用の際の注意事項を守りましょう。足湯には1~2滴で十分です。多量に使うのはやめましょう。

■ 足湯の感想

足湯は、自宅ではなかなかできないと思い込んでいましたが、やってみると簡単です。しかも、足だけなのに、お風呂に入ったくらい体は温まります。著者は、相変わらずの冷え症ですが、足湯が心強い味方になっています。

風邪などで熱があり、お風呂をひかえたときや、足が冷えて眠れない時は、足湯が便利です。子供も4歳から、まったく同じように足湯をしています。精油を使うと、お湯の気化作用で、部屋全体が良い香りに包まれて、アロマ器具を使わなくても、アロマセラピー効果があり、一石二鳥です。

■ おわりに

準備さえすれば、家庭でも効果的な足湯が楽しめます。特別な道具もいらず、精油の香りをプラスするだけで、ちょっとぜいたくな足湯も可能です。基本のやり方に慣れてきたら、いろいろ応用もできます。例えば、足がほてっているときは、ぬるめのお湯にペパーミントの精油を入れてみるもの、夏足湯として効果的です。ぜひお試しください。

女の目は特に厳しい、整形美人ってホントに美人?

どこまで許せる? 進化をし続ける美容整形について

気になる彼や同性からも“もっとモテたい!”。そんな想いは誰の心の中にもあるはず。美容を知り尽くした美容ライター・長谷川真弓さんと、男性美容研究家・藤村岳さんが交代で書き綴る『モテる美容学』は、美容の観点からモテの心理までをひも解くふたりによる連載です。第6回のテーマは「美容整形」についてです。

 こんにちは。ライターの長谷川真弓です。12月も半ばを過ぎ、皆さん、連日の忘年会やパーティーで大忙しなのでは。先週のお題、目ヂカラ談議はいかがでしたか?

男性美容研究家の藤村岳さんのコラム『大きい、丸い、黒いだけ? シャープな目ヂカラもかっこいい』も面白かったですね。ルーシー・リュウのクールビューティは、女性の目からみてもカッコいい。可愛さだけじゃないという男性目線、参考にしてみてください。

さて、今回のテーマは美容整形。整形する女性を見る女性の目って結構厳しいし、(整形の)どこまで許せるの? とか、男性のホンネも聞いてみたい。これこそ賛否がはっきり分かれるのではないでしょうか?

 そもそも、美容整形ってどこからどこまでのことをいうのでしょうか。目を大きく見せたり、鼻筋を高くしたり、あごを削ったり、おっぱいを大きくしたり……おなかのお肉を取り除くのも美容整形? 挙げたらキリがありません(笑)。

 なかでも、メスを使う整形とは異なり、注射や塗り薬などで施術できてしまう「プチ整形」の存在。プチ整形流行りは2002年頃から始まっているようですが……とはいっても、まだ10年くらいの話なんですね。

特殊な糸を使って一重から二重にしたり、ほうれい線、おでこのしわ、目のくぼみはボトックス注射をしてふっくらと……今までの整形とは違い、施術方法や時間、お金も“お手軽”だから若い女性を中心に「プチ整形は整形ではない」と言うくらい、整形自体のハードルが低くなっています。

 ちなみに私、眉にアートメイクをしています。幼いとき、お家で遊んでいたら転んでしまい、ガラスのテーブルに顔をぶつけて右眉あたりをざっくりと切ってしまいました。傷は治ったのですが、眉毛の半分からその先が生えてこなくなってしまったという(笑)。眉毛が半分ないって、結構コワいんですよ。

だから休日にお家で過ごすときでも、ちょっとしたゴミ出し、宅配便の受け取りとか眉毛だけは描くようにしています。ほかのメイクは簡単に済ませているのに、眉毛を描いただけで「メイク感」が出てしまう。それも結構ストレスなんです。

 だから、10年くらい前にうすーく薄く、アートメイクをしました。おしゃれというよりは必要に迫られてやったことなのですが、やってみて思ったのは「本当に楽チン。そしてストレスフリー」。眉毛がなくて困っている友人や仕事仲間に教えたら、彼女たちも「やってくる!」とサロンに連絡していました。

 そういえば、アートメイクは整形に入るのでしょうか? いまや技術、施術の進化でそのボーダーラインがわからなくなっているんですよね。仲良しのクリニックの先生いわく、「医師の免許があるドクターが施術するのが整形のため、プチ整形は立派な整形です。それ以外は整形外」だとか。なので、アートメイクは整形外になるそうな。

■キレイでも印象に残らなかったら意味がない!

 だだし、整形でないから何でもしていいかっていうとそうではありません。ちょっと余談になりますが、バーテンダーをしている私の友人はお客さまの顔と名前を覚えるのが本当に得意。たった一度会っただけなのに、ずーっと記憶に留めておけるって、私からすれば羨ましい才能の持ち主。

 なのに、そんな彼が「どうしても覚えられない」と言っていたのが……そう、整形した女性。「顔のバランスが整っているからキレイだと思うよ。でも、みんな同じ顔になっちゃうでしょ。僕からすればキレイでも何でもないよ。記憶に残らないんだから」。

もう少し突っ込んで聞いてみると「目は今人気の女優、鼻はあの雑誌に出ているモデル……みたいに、“誰かに似た顔”なんだよね。

それにさ、そうやって寄せ集めた顔ってどうやってもバランス悪いんだよ。見ていて違和感あるし、キレイなんて思わないよ」と。この話聞いてちょっと切なくなりました。

 メイクもそうですが、個性を打ち消しちゃ意味ないんだなと。度を越すとキレイでも何でもなく、印象に残らないなんて。もし、あなたに整形の経験があって、気になる人にそう思われていたとしたら悲しいですね。

■やれるものならやってみたい!

 とは言いつつも、女性のキレイになりたいという気持ちは複雑なんです。自分の顔や体の気になるところが直せるというのは魅力的だし、「鼻があと5mm高かったら」「もう一回り目が大きかったら」なんて想いを抱いている女性は多いと思います。

 前回の目ヂカラの記事『女から見た、“モテる女”の目ヂカラ論に迫る』でも書きましたが、パッと見の第一印象って大事ですよね。相手に印象良く魅せるためにファッションやメイクに気を配るのは、大いに賛成です。

そのひとつとして整形を考えるというのであれば、私は良いと思うんです。ただし、整形は整形。この顔と死ぬまでずーっと付き合っていくわけですから、歳を重ねてシミやシワ、たるみなどのエイジングサインが出たとき、どうするの? ってことも考えないといけません。

 ヒアルロン酸やボトックスのようなプチ整形は、いずれ元に戻ります。もしかしたら施術前よりもひどくなることだってあるかもしれない。そういうリスクもあることを覚悟したうえで決めて欲しいですね。

 それと、「加減」。ほんのちょっといじっただけなのに、何か違和感を覚えることはありませんか? 見慣れないからなのか、それとも顔全体のバランスが崩れてしまい、悪目立ちしているからなのか……。

 男性の整形はどうでしょうか……。ある日突然、気になる人やパートナーの唇が自分以上にぷっくりとツヤ唇になっていたら……イヤかも(笑)。本当は、仕上がりよりも「自分よりも美容感度が高かった」という事実のほうがショックなのかもしれませんね。

ダメじゃないけど、相談はして欲しい。……いや、相談されても「イヤだ」って言うだろうな。やりすぎた整形は、相手に不安感を与えるだけですから。

 まだまだ話し足りない美容整形、今回はとりあえずここまで(笑)。藤村さん、男性から見た美容整形っていかがなものでしょうか?

整形なんて、したければ、すればいい!~する人の事情と効用

気になる彼や同性からも“もっとモテたい!”。そんな想いは誰の心の中にもあるはず。美容を知り尽くした美容ライター・長谷川真弓さんと、男性美容研究家・藤村岳さんが交代で書き綴る『モテる美容学』は、美容の観点からモテの心理までをひも解くふたりによる連載です。第6回のテーマは「美容整形」についてです。

こんにちは、男性美容研究家の藤村岳です。今回のお題である整形。なんと難しくデリケートな話題でしょうか。これからお話しするのは男性一般の意見というよりは、ボクはこんな風に考えていますという個人的な見解です。

●■整形……人それぞれに事情あり

 以前、話題になったテレビ番組『ビューティーコロシアム』。様々な人が様々な理由から整形やスタイリングによって見た目を変えるという番組でした。毎回はチェックできませんでしたが、時間があるときはなるべく観るようにしていました。

 そこで学んだのは、人には事情があるということ。当たり前、と思われがちですが、案外忘れてしまうもの。自分の中や同じような価値観を持つ人たちの中での“常識”にとらわれてしまうと、つい見えなくなってしまいます。

 整形をこのような俎上(そじょう)に載せるときにも、そのことを念頭に置いておかないといけない、とボクは思うのです。

●■心が健康になるための整形もある

 はっきり言うと、「整形はしたければ、すればいい」と思っています。鼻が低い、シワが気になる、胸が小さい、たるみが嫌だ……と人の悩みは尽きないもの。できればなんとかしたい、と思う箇所はよほどの完璧な人でない限り、どこかあるはず。

 でも、毎日、眠れなくなるほど気になったり、それが原因でイジメを受けたりするならば、直してしまえばいいんです。精神的に参ってしまうストレスを抱えている方がよっぽど不健康だと思うんですね。

 もちろん、整形に限らず、体にメスや薬、あるいは異物を入れることはリスクが伴います。安易に奨励するというのではなく、そのリスクも考慮した上で慎重に決めるべきですが、やはりツライなら前向きに検討してもいい。

 「親からもらった大事な顔や体を傷つけて」という儒教的な価値観もあります。たしかにそれも一理あるかも。でも、心が傷ついているのを放っておいてまで押し通すことが、果たしていいことなのでしょうか?

 もし、誰かが造作が原因でイジメを受けていて、それが原因で自殺してしまったら、どうでしょう。それでも「親からもらった~」なんてことを言えますか? 違いますよね。もちろん、そこまで深刻な状況はそう多くない、と思いたいところですが……。

 「ここではもっとカジュアルな整形を扱っているんです」という場合、それでもやはり整形してもいいと思うんですよね。悩みの度合いなんて、明確な基準があって数値化できるものではありません。当事者にしかわからないこと。心が健康になるために整形という手段を選んでも決して間違っていないと思います。

 たとえば、好きな人や友達が整形をしていたとして、それを事情ごと告白してくれたら、ボクは決してそのことで嫌だとは感じませんよ。これ、世の男性もきっとそうなんじゃないかなあ。

■整形絡みの悪意のある噂話は愚の骨頂

 でも、整形をした人はそれを声高に言う必要もない、とも思っています。それは、周りの人がどう反応していいのかよくわからないから。すでにやったことを批難したくもないし、かといってあまり誉めるのも以前のその人を貶めているようで、憚られます。一瞬でその判断を下すのはかなり高度な技です。

 ボクが一番、みっともないと思うのは「○○さん、鼻直したよね」などと興味本位で噂話をする人。芸能人やセレブは、そういう対象になってしまう運命を少なからず負っていますが、それでもそんな話をする人は下品です。

 いや、わかりますよ、話したい気持ち。だって、劇的に変わるんですもん。でもねえ、やっぱり誉められたもんじゃない。男って、噂話を嬉々としてする女性は苦手。まあ、これは男女に限らずかな。でも、悪意のある噂話をする人って、絶対モテません!

●■整形依存になるリスクだけは肝に銘じて

 ここまで整形礼賛になっていますが、ただひとつ気をつけて欲しいのは、目的と手段が入れ替わらないこと。これも一時期テレビで取り上げられていたので記憶にある方もいるでしょうが、韓国の“扇風機おばさん”という整形を繰り返してしまった女性。はじめは液状のシリコンを注入していたのが、最後はエスカレートして油などを自分で注射するようになり、取り返しのつかない事態になってしまった方です。

 そう、整形はアルコールや薬物と同じように依存性があるという点も忘れてはいけません。「もっと、もっときれいになりたい」という欲求は、どんどん湧いてくるでしょう。一度するとたがが外れて、歯止めが利かなくなってしまう人もいます。

●■カウンセリングをきちんと受けましょう

 少し前にすっぴんメイクについてお話ししたとき「そんなかわいいウソならダマされても男は怒りません」と言いました(「すっぴん好き=厚塗り嫌い」が男のホンネ!? の記事はこちら)。でも、整形となると、難しいですね。

子どもができた場合、「目の形、全然似てないね」「フェイスライン違うよ」なんてこと、冗談でなく起きます。昔の写真だっておいそれと見せられません。たしか、台湾の美容整形の広告で、両親は美男美女、でも子ども達は……というのがありましたね。

 だから、ボクは整形には入念なカウンセリングが必要だと思っています。プチ整形でも外科的手術でも、その度合いを問わず、その人の過去・現在・未来をトータルに、そして行きすぎを客観的に判断してくれる、そんな存在が重要でしょう。きちんとしたクリニックやドクターであれば、話を聞いてくれます。

 もし、貴女の話もろくに聞かず「とりあえず、注射しておきましょう。半年で吸収されるから大丈夫ですよ」なんてことを軽々しく言うドクターがいたら、逃げてくださいね。

広がる活用の場 アロマセラピー最新事情

アロマという言葉を聞いて、「雑貨屋で買ったアロマキャンドル」、「リラクゼーションサロンで受けたオイルマッサージ」といったものを思い出す人は少なくないでしょう。しかし近年、アロマは、「癒やし」の場のみならず医療の現場でも活用されており、その効能が注目を集めているのです。

 『アロマセラピーを仕事にする[改訂版]』(幻冬舎/刊)の著者、菅野千津子さんは、エステティシャンとして15年活動した後、2000年にアロマスクール「ラヴァーレ」を開校。現在では、自身もアロマセラピストとして活躍しながら、後進の育成に力を入れています。

 本書は、アロマに関する最新情報はもちろん、「アロマとは?」「アロマセラピストになるには?」といった基本情報を網羅的に取り上げている一冊。ここでは、その内容の一部をご紹介しましょう。

■そもそもアロマって何?
 アロマの歴史をひも解くと、太古にさかのぼります。もともとは、感染症の予防、病気や傷を治すために芳香植物を使っていたようです。

 このような背景があるため、ヨーロッパではアロマを医療行為のひとつとみなしています。たとえばフランスでは、医師免許を持っていないとアロマを処方できません。

 では日本において、アロマはどのように使われているのでしょうか。

精油を焚(た)く、お風呂に数滴垂らすといった具合に、日常生活に取り入れるケースが一般的ですが、最近では、生理痛を和らげるために使われたり、ターミナルケア(終末期医療)の現場で、患者をリラックスさせるために使われたりすることもあります。

■アロマセラピストって、どんな仕事?
 「アロマセラピーを仕事にする」と聞いて、あなたはどんな仕事をイメージしますか? 「アロマオイルを使ってお客さんにトリートメントをする仕事」が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。それだけでなく、スクール講師や、アロマ専門店で精油選びのアドバイスをする仕事など、多岐に渡った職業があります。

 また、アロマの世界は奥が深く、禁忌事項もあるため、正しい知識が必要です。たとえば、ホルモンバランスを整える作用があるアロマは生理不順に効果的ですが、妊婦さんに使ってしまうと早産を招く可能性があるそうです。

 そのため、アロマセラピストとして活動するには、正しい知識と技術を身につけなければなりません。アロマセラピストになるためには、JAA(日本アロマコーディネーター協会)、NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)といった協会の認定資格を取り、知識を深めていくことが一般的です。

■「アロマ」×「●●」 組み合わせ次第で可能性広がる
 アロマセラピストの資格取得を目指す人にとっては、どのような場でアロマが求められているのかも気になるところ。本書の巻末インタビューでは、アロマのさまざまな分野での活用例が紹介されています。

 抗加齢学の第一人者である久保明医学博士は、アロマの効果を数値化・検証する活動を行っており、老化に関係するホルモン“DHEA-s”とアロマとの関係に注目しています。

 加齢とともに分泌量が減ってしまうと言われている“DHEA-s”。動脈硬化や骨の問題にも大きく関わってくるようですが、久保博士いわく、アロマセラピーによるトリートメントを行うことで分泌量が上がるケースもあるそうです。

 インタビューでは他にも、心理カウンセラーが「自然治癒力のサポーター」としてアロマの可能性を語ったり、「なでしこJAPAN」のアロマケアを手がけるセラピストが選手の状態に合わせて施術を行う方法を明かしたりと、アロマの活用の場が広がりつつあることを実感できます。

本書では、ここで紹介したトピック以外にも、アロマセラピースクールの選び方から開業準備のポイントまで、スクール卒業生の事例を紹介しながら具体的に解説されています。アロマ初心者だけでなく、アロマの世界にもう一歩踏み込みたい人にとってもおすすめの一冊です。
スポンサーリンク Ⅱ
最新記事
■ 互助会推薦 ■
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
スポンサーリンク sabu