3

【女医ドル】「摂食嚥下障害」は兆候に気づくことが肝心 「食べにくい」と思ったら…

早いものでもうすぐ年末を迎えますね。そして、年が明けるとお正月がやってきます。お正月といえば「おもちをのどに詰まらせた」という悲しいニュースを毎年耳にします。

お正月までまだ少しあり、医者に相談できる今のうちに、おもちをのどに詰まらせて大変なことにならないように、一緒に考えてみましょう。

 「摂食嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)」という言葉をご存じですか。食べ物を口に入れてよく噛んで唾液と混ぜ、飲み込みやすい形にして飲み込み胃に送り込むという一連の流れ、それを摂食嚥下といいます。

その一連の流れのどこかに問題があることを摂食嚥下障害といいます。摂食嚥下障害は脳卒中などの病気で起こることもあれば、加齢や最近話題のサルコペニア(筋肉減少症)が原因のこともあります。

歯の問題や認知症、薬の影響で起こることもあります。

 おもちをのどに詰まらせやすい人は、摂食嚥下障害がひそんでいるといえます。

 摂食嚥下障害はまずその兆候に気づくというところが大事です。

 うまくかみにくいなあ、かむと痛むなあなど、「噛む」というところに問題のある方はまず歯科に行ってみましょう。歯科で歯や歯ぐきの治療をしたり、入れ歯を作ったり、調整したりします。舌がうまく動かない方には専用の入れ歯を入れることで舌の動きを入れ歯が補うという方法もあるのです。

 水でよくむせるようになったなど「飲み込む」に問題のある方はリハビリテーション科や耳鼻咽喉科にご相談ください。特にリハビリテーション科では摂食嚥下障害を診るのを得意としている専門医が多いです。

「飲み込み」に問題があるかどうかは別表のチェックポイントで自己チェックしてみましょう。

 当てはまる数が多いほど嚥下障害の可能性があります。

 その場合はその方の嚥下障害の状況に合わせて食べる姿勢や食形態など個別の対策が必要です。

 摂食嚥下障害がはっきりとある場合は、とくに工夫をしないで普通におもちを食べるのは危険ですので、まずは診療科やかかりつけ医にご相談くださいね。

 【摂食嚥下障害チェック表】
 □お茶、汁物、食事でむせることが増えてきた
 □飲み込みにくいと感じる
 □食事中や食後にたんが絡んだ感じがする
 □口から食べ物がこぼれる
 □食べるのが遅くなった
 □唾液やたんの絡んだがらがら声になってきた
 □やせてきた
 □外食がおっくう

 ■森脇美早(もりわき・みさ) 社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院(大阪府高槻市)リハビリテーション科部長(医師)。日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導責任者

米130万人調査で判明 女医にかかる方が死亡率低い不思議

女医の方がウデがいい――。昨年12月、「女医が担当した入院患者は、男性医師が担当するよりも死亡率が低い」という驚きの調査結果が米国で発表された。「ハーバード公衆衛生大学院」の研究員・津川友介氏が論文として発表した。

 調査は、肺炎や心疾患などで内科に入院した米国の65歳以上の高齢者130万人が対象。入院してから30日以内の死亡率は、女医の担当患者では11.1%、男性医師は11.5%で女医が0.4ポイント低い。また、退院してから30日以内に再び入院する再入院率も、女医が15.0%、男性医師が15.6%だった。この差は偶然や誤差では説明がつかない“有意差”だとしている。

 医学博士の米山公啓氏はこう言う。

「調査はサンプル数も多く、信憑性は高いと思います。死亡率が0.4ポイント低いというのは決して小さくない差です。個人的には、女医の方が、科学的、論理的な思考で、男性の医者は直感的という印象があります。その違いが死亡率の差に表れているのでしょうか。ただ、なぜ女医の方が死亡率が低いのか、今回の調査だけでは、要因の特定は難しいでしょう」

 患者が接しやすいからか、女医は病状の把握がうまいのかもしれない。入院する時は、ぜひ女医にかかりたくなる結果だが、日本では女医はまだ圧倒的に少ない。医学部の男女比は1:1に近づきつつあるが、女医の割合はわずか2割。せっかく医学部を出ても、医者として働く女性は少ない。だからか、医療現場に“残っている”女医は、腕がいい可能性が高いらしい。

「医学部卒業後、女医になっても、結婚、出産、子育てで離職することもあるうえ、医者の世界はまだまだ男社会のため、女性ということでいじめられたり、男性中心の流儀についていけないケースも多い。それに、患者の方にも“女医は頼りない”という偏見があって、男性の医者にかかりたがる人も少なくありません。2割の女医はそうした境遇に打ち勝ってきた方です。ですから、女医と接していて、“精神的な強さ”を感じることはこれまでもありました。今回の調査結果で、医療技術も男性より上ということになりますね」(米山公啓氏)

 もっと女医が増えてほしい。

【女医が教える健康法】蒸しショウガで元気な毎日に!

今回で、この連載もおしまい。いままでお付き合いいただき、ありがとうございました。さて、最終回では、「蒸しショウガ」のすばらしさをご紹介しましょう。

 私の父、石原結實は、30年以上前からショウガを研究してきました。いまでは、ショウガ健康法の権威として、「元祖生姜ドクター」と呼ばれています。その影響で、私も毎日、ショウガを1個食べるほどに(笑)

 私の朝は人参・ショウガジュースから始まります。そして日中は熱い紅茶にショウガを入れたショウガ紅茶を何杯もいただきます。食事の時もショウガの漬け物をたっぷり。

そのほか、納豆におろしショウガを入れたり、味噌汁にショウガを入れたりします。夜は焼酎のお湯割りに粉末ショウガを混ぜて飲んでいます。

 そんな私が、最近、気に入っているのが「蒸しショウガ」です。生のショウガだと、日持ちがしないので、食べるたびに、すりおろさなければなりません。外出先でショウガをすりおろすのもムリですし、ちょっと大変ですよね。

 ところが、蒸しショウガなら、3カ月は保存できますので、多めに作っておいて、必要なときに使うことができます。粉末にしておけば気軽に持って出かけられます。外出先でも、紅茶にパパッと、お弁当にパパッと振りかけて、ショウガを摂ることができるのです。

 私は今年、簡単・便利な蒸しショウガを紹介した本『病気にならない 蒸しショウガ健康法』を出しました。おかげさまで大好評。現在8万部のベストセラーになりました。

この本には、蒸しショウガの効能、作り方、いろいろな簡単レシピが載っています。よろしければご覧くださいね。ご参考になれば幸いです。

 年末のあわただしい日々の健康維持にもピッタリの、手軽に食べられる蒸しショウガ。みなさん、毎日の蒸しショウガで、この冬をとびきり元気に、あたたかくお過ごしくださいませ。

■石原新菜(いしはら・にいな) 1980年6月長崎市生まれ。イシハラクリニック副院長。医学生の頃から、父の石原結實氏とともにメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。2006年に帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。とくに蒸しショウガによる温め健康法の免疫力アップに着目する。現在、クリニックでの診察をはじめ、テレビ、雑誌などで活躍中

【女医ドル】「一次予防」が健康な老後への第一歩 病気になる前に原因を絶つ

4月から研修医として医療現場に出ています。毎日感じるのが、社会全体の高齢化です。大勢の患者さんやご家族とお会いしますが、患者もお連れの方も、お元気とはいえない方が大勢いるのが現実です。

 年を重ねるにつれ、体力や思考能力が昔より優れないと感じたときに、どう動くかで自分の将来が大きく変わってきます。「健康で生きがいを持つこと」が重要になってきます。

 まずは健康です。年とると、どうしても病気にかかりやすくなります。ゆたかな老後生活を闘病に費やさないために予防が大切ですが、予防にも段階があるのをご存じですか。近年「一次予防」「二次予防」という概念が脚光を浴びています。

 一次予防とは、病気になる前に原因を絶ってしまおうという考え方で、禁煙などが例に挙げられます。次の段階の二次予防は、がん検診などで病気が重症化する前に発見・治療する考え方です。この段階を知り、実践することが必要です。

 もう一つ私がいいたいのは、生きがいをもつことの大切さです。社会での自分の存在意義や人生の目標のことです。その有無で老後を楽しめるかが変わると思います。

 この記事を読んだ今日から、将来のご自分のために動き出してみましょう。口うるさい家族の意見にもたまには耳を傾けてください。それが一次予防で、健康な老後への第一歩です。

 そして仕事を辞めてからの趣味、やりたいことについて考えてください。老後の自分にできることを探して過去の思い出をたどったり、新しい場所に顔を出してみたりするのもオススメです。生きがいは案外すぐ見つかるかもしれせん。

 近年、高齢化はマイナス要素として取り上げられることが多いと感じますが、私は長寿大国日本を誇らしく思います。高齢の方でも起業したり、お孫さんの面倒を見たり、社会の中での位置付けも変わってきています。今後医療がさらに進歩して元気なご高齢の方が増え、活躍してくださることを望みつつ、新米医師として学んでゆきたいと思います。

 ■中島菫(すみれーしょん) 帝京大学医学部卒業後、現在都内某病院の研修医1年目。2014年度ミス理系コンテストグランプリ。YouTubeで美容情報やメイク動画を配信し、今後注目の若手女性医師。協力 カロスエンターテイメント。

【女医ドル】気にしてますか? 市販薬の飲み合わせ 吉澤恵理先生

薬の「飲み合わせ」って気にしていますか。複数の病院やクリニックから処方箋薬を服用している場合、医師や薬剤師に服用している薬を伝えると飲み合わせの悪い薬がないかチェックしてもらえます。一方、ご自身の判断で市販薬を購入し服用する場合、市販薬には、「鎮痛薬」と「総合感冒薬」などと、分類が違うものでも共通の成分を含むことがあるので注意が必要です。

 (1)カフェイン

 日本でも昨年、カフェイン中毒による死亡例があったことは、記憶に新しいところです。カフェインは、医薬品だけでなくいろいろなものに含まれているので特に注意しましょう。栄養ドリンク剤、鎮痛剤、総合感冒薬、鼻炎薬などに含まれます。風邪の時など早く治そうと栄養ドリンクと総合感冒薬を一緒に服用すると、とり過ぎとなってしまい、震え、めまい、不安、不眠など不調がでることがありますので注意が必要です。

 (2)抗ヒスタミン薬

 抗ヒスタミン薬は、睡眠改善薬、花粉症薬、鼻炎薬、総合感冒薬、乗り物酔い防止薬などに含まれます。代表的副作用に「眠気」があるのですが、この副作用を主作用としているのが市販の睡眠改善薬です。知らずに抗ヒスタミン薬を含むものを複数服用すると眠気が強く出たり、倦怠(けんたい)感や頭が重いなどの症状が出ることがあるので注意が必要です。

(3)トラネキサム酸

 トラネキサム酸は、総合感冒薬、口内炎薬、肝斑改善薬などに含まれます。肝斑や色素沈着の改善でトラネキサム酸を服用している場合は、総合感冒薬などを選ぶ際にトラネキサム酸が含まれていないかチェックしてください。トラネキサム酸は止血作用を持つのですが、過量に服用した場合、血栓ができてしまう危険性があるので特に中高年のかたは注意が必要です。

 市販薬は、ご自身で選べる安全性が高い薬です。しかし、複数の市販薬を服用する場合、成分が重複する危険性がありますので注意が必要です。薬剤師に相談してください。

 ■吉澤恵理(よしざわ・えり) 1969年福島県生まれ。92年東北薬科大学卒業。福島県立医科大学薬理学講座助手として勤務後、福島県公立岩瀬病院薬剤部勤務。その後、いくつかの病院・調剤薬局に勤務するなかで薬剤師として経験を積み、健康セミナーなども行い患者からの信頼は厚い。アロマコーディネーターの資格も有し、美容に関しての相談にも応え、好評を得ている。

【女医ドル】失明原因第2位の「糖尿病網膜症」って?

 以前、日本人の失明原因の第1位は緑内障という話をしましたが、第2位はというと糖尿病網膜症です。糖尿病の方にみられる3大合併症(他に腎症、神経症)の1つで、網膜と呼ばれる眼底の薄い神経の膜が障害される病気です。

 長い期間、高血糖状態が続くと、網膜の血管が障害され詰まるなどで、網膜が酸素不足に陥ります。それを補おうとして、新生血管と呼ばれる悪い血管が生えてきます。この血管は大変出血しやすいという特徴があります。出血をおこすと、それを止めようとして、今度はかさぶたのような組織(増殖膜)ができます。これが網膜を引っ張ることで、網膜剥離(はくり)が生じることもあります。

 また、高血糖で障害された血管から、サイトカインや血管内皮増殖因子と呼ばれるものが分泌され、糖尿病黄斑浮腫(おうはんふしゅ)という病態を生じることもあります。黄斑と呼ばれるものを見る中心部分が障害されるため、急激な視力低下を起こします。

 糖尿病網膜症は進行程度によって、3段階に分けられます。単純網膜症と呼ばれる一番軽い段階では自覚症状もないため、定期的に眼底検査を受けないと気付かないことも多いですが、糖尿病黄斑浮腫を伴うと視力低下を引き起こすこともあります。

 次の段階の前増殖糖尿病網膜症は、かすみなどの自覚症状が現れ、新生血管が発生する前段階です。そのため酸素不足に陥った網膜に対して新生血管発生防止の目的で、レーザー治療を施したりします。

 最後は増殖糖尿病網膜症と呼ばれるもので、先ほど述べたような新生血管や増殖膜が発生した段階で、レーザー治療のほか、硝子体(しょうしたい)内注射、硝子体手術が必要になることもあります。

 もちろん治療の根本は糖尿病の血糖コントロールになります。しかし、必ずしも血糖値の改善と目の症状の改善が相関するわけでもないので、自覚症状のない時から、定期的な眼底検査を受けるようにしましょう。

 ■重城マイ(しげじょう・まい) 1979年、福島県出身。東京女子医大医学部卒。2004年、日本大学医学部研修医を経て、07年、東京女子医大精神科入局。09年、東京女子医大八千代病院眼科入局。4月から亀田総合病院勤務。特技はバレエ、ベリーダンス。協力・カロスエンターテイメント。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

【女医ドル】東京都の島の病院で出産できるのは2つだけ 警視庁ヘリで搬送できる日を夢見て

かつて「Dr.コトー診療所」という大好きなフジテレビのドラマがありました。沖縄県にあるとされる架空の志木那島が舞台で、離島医療や人間関係が実に感動的に描かれていました。

 中でも、自分のために島で懸命に働く父親の姿を見た剛洋(たけひろ)くんが、お小遣いをためてお父さんにタオルをプレゼントし、剛洋くんが島を去る際、父親役の時任三郎さんがいつも通り汗水垂らして働くその首に180円の値札がついたタオルが巻かれていた場面に号泣しました。

 別の回では、吉岡秀隆さん演じるコトー先生に命を預けた末期がんのおじいさんが結局助からず、先生は無力感に襲われた。

でも、おじいさんは死期を察していて、島で看取られたことに感謝の念をこめて、スイカとわらじ作りが唯一の自慢だったという手紙とわらじを残していました。コトー先生がそのわらじをはいてまた働き出す姿にも号泣しました。

 このドラマは医療や人間関係の原点だと感じます。今でも多数の人が続編をと願っているのではないかと思います。

 東京都には小笠原諸島を除いて9つの有人島があります。しかし、島の病院で出産できるのは、伊豆大島と八丈島の2つだけです。その他の島の妊婦さんは、何時間もかけて船で健診に通い、妊娠10カ月近くなると本土もしくは分娩(ぶんべん)ができる島に移動を余儀なくされます。

 妊娠経過が最初から最後まで順調であればまだ良いのですが、途中で何らかの症状が出て緊急の診察を要する場合は、東京消防庁もしくは自衛隊のヘリで、立川飛行場や東京ヘリポートに搬送され、最寄りの救急病院に受診となります。

 東京警察病院にも伊豆諸島から分娩にみえる妊婦さんがいらっしゃいます。その方々のためにも、いつか警視庁のヘリに乗って、警察病院屋上のヘリポートに患者さんを搬送できる日が来ないだろうかと夢みています。

 ■濱井葉子(はまい・ようこ) 産婦人科医。医学博士。三重県出身。三重大学医学部卒業。東京大学産科婦人科学教室にて研修後、同大学院修了。現在は東京警察病院産婦人科副部長。協力・カロスエンターテイメント。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

【女医ドル】お口の中の「白いもの」に注意 がん化する可能性も★口腔外科医・長崎理佳先生

 お口の中にできる白いもので、口腔(こうくう)がん以外の代表的なものには口腔カンジダ症、扁平苔癬(へんぺいたいせん)、白板症の3つがあります。今回は、それぞれの特徴について簡単に説明したいと思います。

 口腔カンジダ症は真菌の日和見感染症です。真菌とはいわゆるカビ菌であり、さらに日和見感染症ですので、免疫が落ちているときなどにかかりやすいのです。症状としては、舌によく発生し、ガーゼなどでぬぐって除去できます。ピリピリとした痛みを伴うこともありますが、治療法としては抗真菌薬で除菌可能です。

 扁平苔癬はほおの粘膜によく発生し、中年期以降の女性に多いといわれています。原因は不明とされていますが、現在は金属アレルギーや肝炎と関係があるともいわれてきています。

見た目はレースのようで、辛いものやすっぱいものがしみたりします。前がん状態ともいわれ、がん化する確率は低いですが、定期的な経過観察が必要です。

治療は対症療法が基本であり、症状が悪いときにはステロイド軟膏(なんこう)や内服薬の使用が必要になります。近接する歯に金属が入っている場合は除去すると治癒する場合もあります。

 最後に白板症についてお話しします。名前の通り、白い板のように歯茎や舌に、周りの粘膜との境界がはっきりとした白い病変です。口腔カンジダ症や扁平苔癬と違い、痛みを伴わないのも特徴のひとつです。

前がん病変といわれ、がん化率は10%前後といわれています。治療は切除療法が主流でありますが、手術に抵抗のある方は定期的な経過観察をしています。原因としては、喫煙や入れ歯が合わないことによる機械的刺激などが多く、男性に多いといわれています。

 最後に、いわゆる「口腔がん」でも白い色をしているものが多くみられます。ぜひ、お口の中をのぞいてみて気になる白いものをみつけたら、早めに歯科医院を受診してはいかがでしょうか。

 ■長崎理佳(ながさき・りか) 1983年神奈川県生まれ。昭和大学歯学部卒業後、歯科医師免許取得。2011年、昭和大学口腔外科に入局。昭和大学口腔外科大学院修了、歯学博士号取得。口腔外科認定医取得。協力・カロスエンターテイメント

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト
▽子育て中で勤務時間のご希望があるお医者さま

【女医ドル】歯が欠けたり折れた時の対処法 吉田聡美先生

転んでぶつけてしまった、硬いものをかんだ、知らないうちに…歯が欠けたり折れたりした経験がありませんか。

 歯が欠けたり折れたりする原因は、転んでぶつけたなど外傷のほか、虫歯や歯周病の進行による場合、治療で歯の神経を処置していたり、何らかの原因で歯の神経が死んでしまった場合などに多く見られます。また、歯並びやかみ合わせに問題があり、過剰に負担がかかったり、歯ぎしりやくいしばりがみられる方も要注意です。前回お話しした酸蝕歯(さんしょくし)でも歯が欠けてしまうことがあります。

 歯が欠けたり折れたときは、患部に触れたり、破片を指でとったり、接着剤を使用したりせず、すぐに歯科を受診しましょう。治療方法は、欠けた部分が小さく、見た目にも特に影響がないと考えられる場合は、鋭利な部分を機器で丸め、形を整えます。小さくても丸めるだけでは不十分と考えられる場合は、樹脂や金属などの修復物で形を補います。

 欠けた部分が大きな場合は、全体的に覆いかぶさるかぶせ物となり、欠けた部分の神経が露出しているときは、ほとんどの場合、神経の保存が難しくなりますので、神経の処置を施してから、かぶせ物の治療となります。いずれの場合も、虫歯で欠けた場合はもちろん虫歯の部分の除去が必ず必要となります。

 歯が根元から折れたり縦に割れてしまった場合は、歯の保存が難しいことがほとんどで、その場合は抜歯し、ブリッジや入れ歯、インプラント治療が必要となります。

 歯が完全に抜け落ちてしまったときは、歯を元に戻すことが可能な場合もありますので、できれば牛乳や保存液に浸し、できるだけ早く歯科を受診しましょう。

 歯が欠けたり折れたりしないようにするには、まずはお口の中を健康的に保つことがとても大切です。歯ぎしりやくいしばりのある方、スポーツをされる方はマウスピースの装着もお勧めします。もちろん、ケガにも十分注意しましょう。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業、2015年1月、東京・竹の塚に分院オープン。4月、さいたま市の武蔵浦和医院オープン。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト
▽子育て中で勤務時間のご希望があるお医者さま

【女医ドル】お肌の手入れ、やりすぎは禁物 頬のこすりすぎはシミの原因にも★小宮美慧先生

まだまだ寒い季節が続きますが、今回はお肌のお手入れについて、ワンポイントアドバイスです。

 最近は空前の美魔女ブームとあってか、お肌のお手入れに余念がない女性も増えてきました。クレンジングや洗顔のあと、化粧水に美容液や乳液にクリーム…いくつ塗ったら気がすむのだーと横からツッコミをいれたくなりますが、女心とは不思議なもので、やればやるほどきれいになるような錯覚に陥ってしまいます。しかし、そんなお手入れ女子のお肌を見てみると、美しいどころかかえってトラブルを起こしてしまっているケースもあります。

 中でも肝斑(かんぱん)というシミがあります。30~40代に多いシミで、主に頬や目の周り、口の周りに左右対称性にでき、地図様(よう)のひろがりをみせるのが特徴です。原因としては、女性ホルモン、ストレス、紫外線、経口避妊薬(ピル)の内服などの諸説ありますが、最近は「慢性的な刺激による色素沈着」が原因ではないかといわれています。

 肝斑でお悩みの患者に普段家でしているようにしてみてくださいとチェックすると、化粧水を塗ったり、化粧したり、化粧を落とすときのしぐさの中で、頬をこすりすぎている人が多いことがわかります。また、肝斑ができてしまった女性は、そのシミを隠そうとファンデーションを重ね塗りしたり、コンシーラーで塗りつぶしたりします。それがまた肝斑の悪循環を引き起こし、濃くしてしまうのです。

 治療としては、トラネキサム酸などの内服が基本となりますが、そういった習慣化された悪い癖をなくすことも、実は大切なことなのです。お肌の手入れは大切ですが、優しくこするようにすることを心がけてください。何事もやりすぎないことがポイントです。男性読者の方は、彼女や奥さんに教えてあげてください。

 ■小宮美慧(こみや・みえ) 美容外科医 広島市出身。久留米大学医学部医学科卒業。同大学病院外科学研修、大手美容外科院長を経て、医療法人美輝会みやざき美容クリニック理事長に就任。地元宮崎にてラジオ番組にレギュラー出演。協力・(株)カロスエンターテイメント

【女医ドル】すてきなキスのため、口腔ケアを大切に!

こんにちは。とても涼しくなりました。帰宅されたら手洗い、うがいをよくして、体調管理をしてくださいね。今回は「キスによる接触感染」についてお話しさせていただきたいと思います。

 キスなんて一瞬ドキッとしてしまうテーマなのですが、ヨーロッパやアメリカでは恋人同士でなくても、親子、友人、おじいちゃん、おばあちゃんなどと「おはよう」「おやすみ」のあいさつとしてキスを交わします。もちろん人前でも。

 そしてその姿が街の風景にマッチしてとても美しい光景に映ることもあります。「キスの文化」は海外と日本では少し異なるかもしれませんが、お互いの体温を感じ、相手の温かみを感じあうコミュニケーションの1つでもある「キス」はとてもすてきなものだと私は思います。

 けれど、お互いの唇をふれ合わせる行為には意外な落とし穴があることをご存じでしょうか。人の口腔(こうくう)内には多くの細菌が存在します。口腔は消化器官の一部であり、健康と免疫維持に大切な食物は口から摂取されます。

「口腔の情報は全身に伝わり、全身の情報は口腔に伝わる」といっても決して過言ではないでしょう。口腔内には健康維持に良い細菌も、悪い細菌もいるのです。

 例えば、虫歯の原因菌の1つであり有名なミュータンス菌(streptococcus mutans)について説明させていただくと、ミュータンス菌は最初から人の口腔内に存在しているのではなく(生まれたばかりの子供にはいません)、生活していく中で口移しや食器の共有、感染者の唾液が口に入ることにより感染するのです。

 ですからキスによる接触感染も考えられるのです。ミュータンス菌の感染で最も考えられることが親子間での「チュー」です。

 かわいい子供を前にすると、ついチュッとしたくなってしまうことはわかるのですが、そこで少し気持ちを落ち着かせてほっぺにチュにしてみてはいかがでしょうか。

 お子さまとのコミュニケーションは「ほっぺにチュー」を取り入れていただきたいと思いますが、大人同士(恋人たち)のコミュニケーションでのキスはほっぺだけは難しいこともあるかもしれません。

そこで大切なのはお互いの口腔ケアを適切にして身体に良い細菌の多い環境に整えることではないかと思います。

 キスがより良いコミュニケーションになり、人のぬくもりを感じあえるひと時になるためにも、口腔ケアの大切さを見直していただきたいと思います。

 恋人、家族、友人とすてきなキスの思い出を作って幸せな気持ちになってください。

 ■笹澤麻由子(ささざわ・まゆこ) 歯科医師 横浜市出身 桐朋学園大学音楽学部卒業。日本歯科大学卒業。大学病院勤務を経て、現在ささざわ歯科医院副院長。日本小児歯科学会会員。日本歯科審美学会会員。日本アンチエイジング歯科学会会員。特技は声楽(オペラ)、ピアノ、作曲。趣味はゴルフ。ブログ http://ameblo.jp/melonpanna-chocolatino/

【女医ドル】コレステロール、正しい知識を 適切な値にコントロール

秋も深まり、健康診断の季節になりました。健康診断の結果を見るときには、血中コレステロール値や中性脂肪値などが気になりますよね。

コレステロールというと悪者だと思われがちですが、細胞膜を作ったり、さまざまなホルモンの合成に関与したり、脂溶性ビタミンの代謝に必要だったりと、人間にとって必要なものなのです。むやみにコレステロールを減らすのではなく、適切な値にコントロールすることが大切です。

 コレステロールには、善玉コレステロールと呼ばれているHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと呼ばれているLDLコレステロールがあります。

悪玉コレステロールのうち、特に酸化LDLコレステロールが増えると、血管壁に付着して動脈硬化を引き起こす元となります。悪玉コレステロールを減らすためには、善玉コレステロールを増やすことが必要です。

 それでは、善玉コレステロールを増やすにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。善玉コレステロールを増やす方法は2つあり、運動をすることと食事療法です。

 運動は特に有酸素運動が効果的ですので、週に3回30分程度のウオーキングから始めてみてはいかがでしょうか。普段運動していない人が急に走ったりするのは心臓や足腰に負担がかかりますので、十分にウオーキングで身体を慣らして、それでも余裕のある方のみジョギングに取り組んでください。

食事は、炭水化物の摂取量を減らし、魚や肉から良質なタンパク質を取るようにし、食物繊維をしっかりと取るようにします。

 赤ワインなどに含まれるポリフェノールがHDLコレステロールを増やすので、適量ならば赤ワインを飲むのも効果があります。また、大豆イソフラボンの女性ホルモン様作用が悪玉コレステロールを下げる効果があるので、豆乳や豆腐などを食事に取り入れるのも良いでしょう。

 高脂血症の治療は、食事療法と運動療法がメーンで、どうしてもそれではコントロールが難しい場合のみ内服薬を服用することになります。コレステロール値が高いからといって安易に薬を飲もうとするのではなく、まずは規則正しい生活と適度な運動・バランスの良い食事を心がけてみましょう。

 肉や赤ワイン・豆乳なども、適度な量を守ることが大切です。何事も過ぎたるは及ばざるが如しですから、「善玉コレステロールを増やすために良い」とされる食品でも、くれぐれも取り過ぎには注意してくださいね。それから、ビタミンCは抗酸化作用があり、血管を丈夫にしてくれるのに役立ちますから、喫煙でビタミンCを壊さないようにしましょう。

■田中亜希子(たなか・あきこ) 日本美容外科学会認定専門医。
1995年東京大学医学部医学科卒業。同附属病院産婦人科勤務。98年大手美容外科副院長就任。美容皮膚科部長、診療部長、水戸院長・千葉院長を歴任、新人医師の初期研修を任される。09年あきこクリニック院長に就任。

【女医ドル】“いびき”は身体の危険信号? 原因&対策を指南★笹澤麻由子先生

皆様こんにちは。歯科医師の笹澤麻由子です。

 いよいよ年末となり1年の疲れが出る時期です。眠れる時にしっかり睡眠をとって年末まで乗り切りましょう。

 今回は「いびき」についてお話しさせていただきます。いびきは、良い眠りを妨げます。でも、人には相談しづらいし、また指摘しにくいですよね。

 私自身、「好きなことは何?」と聞かれると「眠ること」と答えるほど、睡眠を大切に思っています。

 家族や恋人と一緒に、あるいは一人でぐっすり、睡眠のとりかたもさまざまだと思います。大切な睡眠時間をパートナーのいびきにより妨げられることもあるのではないでしょうか。

 いびきをかいている本人は実は熟睡できていない状態であり、自覚もほとんどありません。

 いびきをかく、ということは高血圧や動脈系の疾患、睡眠時無呼吸症候群などが潜んでいる可能性もあり、それらとのつながりも考えられます。身体のよくない危険信号のあらわれでもあるので、気をつける必要があります。

 いびきは上顎の奥にある口蓋垂(こうがいすい)や軟口蓋(なんこうがい)周囲の粘膜が、睡眠中の呼吸時に過剰に振動することにより起こります。

 以下に、「いびき」の原因と対策をまとめてみます。それぞれチェックしてみましょう。

 まず、いびきの原因は次の通りです。

□肥満による脂肪で喉が狭い
□口呼吸してしまう(鼻づまりなどによる)
□加齢による
□睡眠時の姿勢
□薬による
□たばこやお酒の摂取
□全身疾患

 いびきの対策には、次のような方法があります。

□鼻炎対策をする…口呼吸の防止につながります。
□生活習慣の改善…肥満、嗜好品の過剰摂取を防ぐことが、いびき防止につながります。
□正しい姿勢で睡眠をとる
□医療機関で診察を受け、マウスピースを用いた治療を行う。

 いびきがとくに気になる方や、ご家族や恋人のいびきにお悩みの方は一度、耳鼻咽喉科か歯科医院にご相談ください。

■笹澤麻由子(ささざわ・まゆこ) 歯科医師。横浜市出身。
桐朋学園大音楽学部演奏学科声楽専攻、日本歯科大新潟歯学部を卒業。大学病院勤務を経て、ささざわ歯科医院(群馬県高崎市)副院長。日本小児歯科学会会員、日本歯科審美学会会員。

【美人女医が教える健康法】脚光浴びている食材・ショウガ

近年、ますます脚光を浴びている食材-ショウガ。健康志向の波に乗って、料理やドリンク類、スウィーツなど、さまざまなものに使われるようになりました。

老舗食品メーカーの永谷園さんが「永谷園生姜部」を立ち上げるなど、ショウガ入りの健康食品も続々と発売され、大ヒット商品になっています。NHKの情報番組でもショウガブームが特集されたりしていますので、ご存じの方も多いのでは。

 とくに若い女性の間では、美容食としての抜群の効果が注目を集めています。チューブ入りおろしショウガや、粉末ショウガを持ち歩いて、食べるものにはなんでもショウガをプラスしている女性が増えているそうです。

人気お笑い芸人さんにも、いつも肌身離さずショウガを持ち歩いている人がいると話題になっていました。そのショウガの効能をさらにアップし、持ち運びしやすくしたのが、今回ご紹介する「蒸しショウガ」です。

 ショウガには、中国漢方では2つの種類があります。1つは、シンプルにショウガを乾燥させたショウキョウ(生姜)、もう1つは、見た目が黒っぽいカンキョウ(乾姜)です。

カンキョウはショウキョウより大きな効能があり、珍重されています。このカンキョウという生薬が「蒸しショウガ」なのです。

 さて、この「蒸しショウガ」、誰でも簡単に作ることができるんですよ。作り方は次のとおり。

1.ショウガ(根ショウガ)の汚れを取り、1ミリ厚くらいにスライス。

2.80度に設定したオーブンで1時間加熱。80度に設定できない場合はいちばん近い温度で。

3.ショウガがカラカラに乾燥したら完成。水分が抜けにくい時は天日干しや室内干しをしてみる。

 乾燥させたショウガを細かく刻んで瓶に入れておけば、3カ月保存可能です。また、粉末状にすると手軽に持ち歩けますから、ランチでふりかけとして使えば、毎日の食事で簡単に蒸しショウガを摂ることができるんです。

 とくに私がオススメしたいのが「蒸しショウガ紅茶」。紅茶1杯につき、小さじ1杯程度の蒸しショウガを入れるだけです。

ショウガにも紅茶にもカラダを温める作用があるので効果は抜群。余分な水分を排出するので、すっきり痩せられ、二の腕のタプタプも解消されますよ。

■石原新菜(いしはら・にいな) 1980年6月長崎市生まれ。
イシハラクリニック副院長。医学生の頃から、父の石原結實氏とともにメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。

2006年に帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。とくに蒸しショウガによる温め健康法の免疫力アップに着目する。現在、クリニックでの診察をはじめ、テレビ、雑誌などで活躍中である。2児の母でもある。近著「病気にならない 蒸しショウガ健康法」が好評発売中だ。

【女医ドル】不安感で生活に支障…“強迫神経症”かも 薬と行動療法で改善も 米村美智子先生

不安な考えが頭の中に繰り返し浮かんでしまい、その不安を打ち消すために無意味で儀式的な行為を繰り返しやってしまう。こんな症状を聞いたことがありますか。

 最近人気急上昇中のお笑い芸人さんも、「やったらアカン」と思えば思うほど我慢できず、その行為をやってしまうとテレビでおっしゃっていました。

この芸人さんが病気かどうかはさておき、強迫性障害の有病率は人口の2%で、めずらしい病気ではないのですが、まだまだ一般の方への認知度は低い病気です。

 実際に強迫症状で困って受診された患者さんに強迫性障害という病気をご説明すると、「そんな名前の病気、初めて聞きました」とおっしゃられる方が非常に多いのです。

 強迫性障害をイメージしやすい症状としては、潔癖症があります。手が汚れている感じがして、手が荒れるほど(人によっては1日に何時間も)手を洗い続けてしまう。

家の中のある場所が汚く思えてその場所を触れられなくなったり、電車のつり革を持つことができなくなったりすることもあります。

さらに、外出時に鍵を閉めたか、ガスの元栓を閉めたかなど不安になり何度も何度も確認し、なかなか外出できず、それが原因で遅刻や欠勤をしてしまうこともあります。

 ここまでの状態になると、本人は日常生活に支障が出ていることを自覚し、かなり苦痛に感じるようになりますが、いくらばかげていると思っても、本人はそれを止めることができません。

 強迫性障害の治療は、薬物療法や行動療法があります。薬物療法としてはセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が第一選択薬です。

SSRIは抗うつ薬の一種で、神経のシナプス間隙でセロトニンの再取り込み量を阻害し、セロトニンの量を増やす薬剤です。行動療法としては、不安や不快が生じる状況に患者をさらし、それを打ち消すための反復行動を行わないように我慢するという方法があります。

 例えば、手が汚れていると感じても、手洗いは1回30秒までと制限し、それ以上洗いたい衝動に駆られても我慢するという治療法です。薬物療法と行動療法のどちらか一方の治療を行うより、これらを併用するほうが、改善率が上がることも知られています。

 このような症状があって、苦痛を感じていても、ご自分で病気だと気づいていない方が多いのです。みなさんの周りで、このような症状に苦しんでいる方がいらっしゃれば、ぜひ精神科受診をお勧めください。

 ■米村美智子(よねむら・みちこ)東京都出身。藤田保健衛生大卒。同大学病院田保健衛生大学病院初期研修、藤田保健衛生大学医学部精神科入局などを経て、精神科医。アンチエイジング学会会員。ABCクッキング料理ライセンス。

【女医ドル】EDは治せる症状です 思い切って1歩を踏み出して…

厳しい残暑が続きますね。皆様お仕事などお疲れさまです。はじめまして。りこにゃん先生こと脇坂英理子と申します。

 今回は男性特有のお悩みであるED(勃起障害)についてお話ししてみたいと思います。女医にはなかなか相談しにくい症状かと思いますが…。

 世間の認知度も高くなりさまざまな治療法や専門のクリニックもあるEDですが、日本には約1000万人以上の患者がいらっしゃると推定され、そのうち10%の方しか治療を受けていらっしゃらないのが現状です。

 一言でEDといっても、その原因はさまざま。機能性(心因性)のEDは陰茎など身体の異常がなくても緊張やプレッシャーなど気持ちの問題で起こります。勃起に関わる神経や血管、そして陰茎そのものに問題がある場合が器質性EDです。

これら2つが合わさると混合性EDです。また、ある種の心臓のお薬や精神安定剤、ホルモン剤などの薬剤が原因となることも。

高血圧や糖尿病、動脈硬化など、いわゆる生活習慣病や喫煙・飲酒もEDのリスクを高めますので、メタボ対策や健康管理がED予防になるかもしれません。

 「もしかして」と不安に思われる方は、スタンプテストという最も簡単な検査をしてみては。

 5枚つづりの切手を陰茎に巻いて眠り、起床時ミシン目が切れていれば機能性EDの可能性が高いのです。

 治療は保険適応外となっており、治療薬は効果が出現するまでの時間や作用持続時間によっていくつかの種類に分けられています。医師の問診を受けた後に病院で処方されます。

 ここで一番申し上げたいのは「EDは決して恥ずかしい病気ではない」ということです。

もしEDによって自信を失ったり、女性に対して積極的に行動できなくなってしまったら、身体以上に心がダメージを受けて、人生の楽しみが半減してしまうと思うのです。

 治療薬に依存性はありませんし、改善傾向が認められれば薬が必要なくなる方もたくさんいらっしゃいます。内服に抵抗がある方でも、ちょっとした生活習慣の見直しで改善することもあります。

パートナーがいらっしゃる方でしたら、ご協力していただくのもよろしいかと。EDは治せる症状なのですから、思い切って1歩踏み出して、ハッピーなセックスライフを送ってみませんか。

■脇坂英理子(わきさか・えりこ) 美容皮膚科・内科医。東京都出身。
2003年、東京女子医科大学医学部卒業後、医師免許を取得。同大学病院麻酔科に入局。主に心臓麻酔をはじめ、移植手術にも携わる。脳神経外科麻酔、産科麻酔やペインクリニックにも従事。麻酔科認定医、同標榜(ひょうぼう)医、同専門医。12年、内科・ペインクリニック・美容を扱うRicoクリニック開院。「ミセスマートTV NEO」(テレビ埼玉ほか)出演予定。

【女医ドル】リハビリ現場から“事故の予防”を考える 気を付ければ防げた事故も…

私の普段の仕事の1つに回復期リハビリテーション病棟の全患者の回診をするというのがあります。その中でちょっと気になっていることを書きます。それは交通事故のことです。

 私は転倒や事故で骨折をした患者さんや、脳挫傷や頭蓋内出血の患者さんを診察するときには、どうしてこけたり事故にあわれたりしたのかを詳しくおうかがいすることにしています。

なぜなら再び元の生活に戻られたときに、同じようにまたこけたり事故にあったりすることを避けるためです。

 家の中の動線を考えて必要なところに手すりをつけたり、認知症や筋力低下があればそれぞれ環境を整えたり、筋トレをしたり、つえを持つようにしたり、聞こえが悪ければ補聴器を、などといった対策を行い、転倒や事故の再発を防ぐようリハビリテーション科では心がけます。

しかし、まったく認知症もなく元気な中年の方が、ひょんなことで交通事故にあわれるということが意外に多いようです。

 交通事故は運よく命は助かったとしても障害を残すことがあります。

その障害は四肢の運動障害や痛み、しびれだけでなく、高次脳機能障害といって、記憶とか感情コントロールなどの脳機能の障害をきたすこともあれば、においが分からなくなるといった障害もあります。

事故の相手を恨んで治るものではありません。やはり防げる事故は防ぐべきです。

 ちょっとまとめてみたところ、気を付ければ防げた事故も多いですのでいくつかご紹介します。

 まずは車との事故。歩行者が車を信頼しすぎている場合があるようです。歩行者や自転車が渡っていたら車は止まってくれる、本来そうあるべきなのですが、止まってくれなかったので事故にあってしまった。

 例えば、車から見えていない、車から見えたけれども歩行者が止まると思った、車に乗っている人が何らかの理由(飲酒、認知症、注意障害、疲れなど)でぼんやりしていた、

ということが、あってはならないけれども残念ながらゼロではありません。ですので、歩行者側も「車はもしかして止まらないかもしれない」と思って気をつける方がよいでしょう。

 また、人と自転車のぶつかり、人と人とのぶつかりでも重傷になることがあります。車でなくとも油断は禁物です。歩行者も自転車も車も譲り合いの精神をもつのが大事なんでしょうね。

 ■森脇美早(もりわき・みさ) 社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院(大阪府高槻市)リハビリテーション科部長(医師)。日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導責任者。(株)カロスエンターテイメント所属。

【女医ドル】女性の性交時痛を理解してあげる 異常があれば中断してあげる優しさも★濱井葉子先生

 読者は男性が大半かと思いますが、今回は女性側からみた性交時の痛みについてです。

 婦人科外来には、性交時痛を訴えて受診される方がみえます。子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が原因で痛みが生じている方もいます。一方、正常範囲ではあるものの痛みを感じてしまう方もいます。

 若い女性であれば、分娩(ぶんべん)経験もなく、腟口がそれほど広くないために痛みを感じる方が多いと思われます。

男性器が大きい場合はなおさら痛いと思われ、極端な場合は腟の壁が裂けてしまい、大量出血で救急搬送され、緊急手術となったり輸血をしたりすることもあります。

 閉経前後の女性であれば、女性ホルモンの欠乏とともに、腟が萎縮したり乾燥したりするために痛みを感じます。

 婦人科に受診される方は、パートナーやご主人のために要求に応えたいが、痛みが怖くてためらってしまうとおっしゃられます。

 具体的な対策として、挿入する前にできる限り、腟に潤いを持たせてあげることかと考えます。女性の体に優しく触れていただき、気持ちがいいと感じることができれば、外陰部のスキーン腺およびその周囲から潤滑液が出てきます。

 また、挿入した際に痛くないかどうか尋ねてあげたり、出血していないか見ていただき、異常があれば途中で中断してあげる優しさも必要かと思います。

 伝説上の巨根人物は、海外ではロシアの怪僧ラスプーチンで長さ約30センチ・勃起時は約33センチといわれています。

日本では弓削(ゆげの)道鏡が有名で、女帝・考謙天皇と関係があったとうわさされています。このような男性と性交をもった暁には、腟壁裂傷が起きることが容易に想像できますね。

 婦人科外来には、性交時の痛みを減少させる潤滑液としてのゼリーも置いてありますので、女性側が希望されていたら受診していただくのも一つの方法かと思います。

 ■濱井葉子(はまい・ようこ) 産婦人科医。医学博士。三重県出身。三重大学医学部卒業。東京大学産科婦人科学教室にて研修後、同大学院修了。現在は東京警察病院産婦人科副部長。協力・カロスエンターテイメント。

【女医ドル】うつ病への進行に注意!気づきにくい「男の更年期」 高木希奈先生  

★早めに内分泌内科や泌尿器科に受診を

企業戦士のみなさん、こんばんは! 精神科医の高木希奈です♪ よろしくネ☆

 もう9月に入るとはいえ、まだまだ厳しい残暑が続きますね(汗)。みなさん熱中症対策は万全ですか?

 今年はラニーニャ現象により残暑が長く続き、いきなり冬に突入するみたいですので、ピークを過ぎたとはいえ、熱中症には十分注意してくださいネ! 

暑さが続くので、夏バテだと思っているそこのアナタ! もしかしたら「男性更年期」かもしれませんよ。更年期障害は、女性だけだと思っていませんか?

 実は、40~60代の男性にも、加齢に伴う男性ホルモンの低下によって、更年期症状が出てくるのです。

 以下のチェックリストで、いくつかの項目に当てはまる方は要注意!

 □性欲が落ちた、勃起障害がある

 □眠れない、朝早く目が覚める

 □疲れやすい、なかなか疲れがとれない

 □顔や身体がほてる、手足が冷える

 □頻尿や残尿感

 □頭痛、めまい

 □筋肉痛や肩こり

 □なんとなくダルくて体調が悪い

 □元気や意欲が出ない

 □イライラする

 いかがでしょうか?

 男性更年期は、あまり世間に知られていない概念の上に、急激に出てくるものではなく、長期にわたり少しずつ症状が出現します。

そのため、生活上では気づきにくく、うつ病の初期に症状が似ているため、うつ病や自律神経失調症と診断されたり、更年期症状がひどくなると、実際にうつ病に進行してしまう可能性もあります。

 特に更年期症状が出やすい50~60代は仕事のストレスも多く、「疲れやすくて体調が悪いのは、仕事が大変だからだ」と見過ごされやすいため、注意が必要です。

 更年期障害が出やすいタイプとしては、(1)真面目で几帳面、(2)神経質、(3)責任感が強く完璧主義、(4)何事にも一生懸命な人、(5)生きがいや趣味が少なく、ストレスをため込みやすい人。さらに、(6)中間管理職やリストラにあった人、などが当てはまります。

 どのように対処したらよいのでしょう?

 自分が更年期かも?! と思った方は、早めに内分泌内科や泌尿器科を受診してください。

 自分でできる方法としては、睡眠や休養を十分に取り、バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけること、軽いウオーキングなどの運動、そして、自分の趣味や好きなことをしつつ気分転換をするとよいですね。

 大人の恋愛も効果的ですよ♪ 精神的に充実しますし、やる気も出ます。

 マンネリ夫婦は、前回の私のコラムでご説明した通り、2人で夜景を見る、見知らぬ土地にデートをする-など刺激を与えながら、お過ごしくださいね。

■たかぎ・きな 長野県出身。聖マリアンナ医大卒。国立精神・神経センター武蔵病院精神科を経て、横浜市内のクリニック院長。精神保健指定医。ブログ(http://ameblo.jp/ishi-kekkonn/)。現役美人女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

【女医ドル】口元に自信! 白い歯を手に入れる「ホワイトニング」★吉田聡美先生

 食べ物や飲み物、たばこなどによって着色して、トシを重ねるごとに黄ばんでしまう歯に、コンプレックスを感じている方も多いかと思います。そんな方におすすめなのが、輝く白い歯を手に入れることができる歯のホワイトニングです。

 ホワイトニングは歯を化学的に白くする方法で、医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは、歯に専用の薬剤を塗布し機器で光を照射します。

1~2回の施術で、その日のうちに効果が期待できるので、手軽に早く効果を実感したい方におすすめです。

 一方、ホームホワイトニングは医院で作製したマウスピースに専用の薬剤を塗布し、一定時間装着します。数週間から1、2カ月程度繰り返し続けることで持続的な効果を得られます。また、両方を併用することでより高い効果が期待できます。

 では、なぜホワイトニングは歯を白くするのでしょうか。薬剤の成分である、過酸化水素、過酸化尿素が、酵素と水に分解されその酵素が歯の着色物を分解します。

しかし、エナメル質の着色物が分解されただけでは歯は白く見えません。エナメル質は半透明の色をしており、その下の黄ばんだ色の象牙質が透けて見えてしまうからです。

 そこで、エナメル質の基本構造であるエナメル小柱(しょうちゅう)の構造を、角状から球状へと形を変化させることによって光を乱反射させ、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることで象牙質の黄色が透けて見えることを防ぎます。

このような過程を経て、歯は白くなるのです。

 もう一つ歯を白くする方法として、ティースマニキュアがあります。先日、テレビ番組でも当クリニックのティースマニキュアを紹介していただきました。マニキュアは、歯の表面をプラスチックでコーティングし、歯を白く見せる方法です。

徐々にはがれてしまうため、ホワイトニングより持続期間は短いのですが、ホワイトニングが適用できない歯(銀歯、生まれつきの極度の歯の変色など)にも適用できるので、一時的ですが手軽に歯を白くしたい方にはおすすめです。

 口元に自信を持ちたい方。芸能人のような白い歯に憧れる…そんな方はぜひご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業、2015年1月、東京・竹の塚に分院オープン。4月、さいたま市の武蔵浦和医院オープン。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

【女医ドル】やる気があるのに体が…更年期障害かも!

いつも家族のために身を削って働き、休日は家族サービス、最近は、育メンブームで、家事や子育てにも参加しなければならないお父さん。体がいくつあっても足りません。

 今回は疲れたお父さんたちの為に、男性更年期のお話をします。

 佐藤さん(仮名)は、47歳。最近、元気がありません。会社で組織の再編成があり、仕事も責任も決断しなければならない案件も山積みです。休まらない日々が続いていました。

 夜も、帰りが遅く、妻の手料理どころか、会話や夜のスキンシップもご無沙汰です。

 ここ一番、頑張らなければと自分を叱咤激励するのですが、やる気があるのに身体がついてこないのです。運動好きだったのに、ジム通いからも、遠のきました。大好きだったゴルフまで、おっくうに感じるありさまです。

 突然、汗が吹き出したり、動悸がしたりします。イライラして、会社で我慢している分、家族に八つ当たりしてしまいます。これでは、女房の機嫌が悪いのも、子供たちに煙たがられるのも当たり前です。

 最近、頭痛、肩こり、腰痛に悩まされるようになりました。夜中に何回かトイレに起きることもあり、眠りも浅く、朝が一番つらい状況です。

 あんなに几帳面だったのに、怠け者になってしまったのでしょうか?

 最近は、几帳面に行動できない自分に、ストレスを感じ、ますます不調です。近所の、内科や整形外科にも行ってみましたが、このつらさは、解ってもらえません。

 --これは、LOW(ロー)症候群かも知れません。私のアンチエイジング外来、痛みの外来でも、男性更年期疑いの患者様の病態は、複雑です。

 LOW症候群とは、「加齢男性性腺機能低下症候群」(Late Onset Hypogonadism in males)の略称で、症状や、徴候も定められています。

 不定愁訴が主訴のため、うつなど精神疾患との鑑別も大事です。診断は、遊離テストステロンなどのホルモン学的検査や、細かい問診から始まります。皆さん、LOW症候群も視野に入れて、専門的な診察も受けてみてください。

 ■百枝加奈子(ももえだ・かなこ) 1982年、東京女子医大卒。東大大学院医学研究科博士課程、東大付属病院麻酔科医員を経て、医療法人寿泉会銀座7丁目クリニック院長。社団法人健康百寿協会理事長。日本美容外科学会会員。日本麻酔科学会指導医。ヨーロッパ麻酔学会会員。ニューヨーク・アカデミー・オブ・サイエンス会員。日本初の女医ユニット「Joy☆ Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

【女医ドル】“夏バテ対策”には胃腸を温めよう! 冷たいものばかりはダメ

まだまだ暑い日が続きますね。すでに夏バテ気味の方々も多いのではないでしょうか。今回は、夏バテ対策についてお伝えします。

 そもそも夏バテとは、夏の高温多湿の気候に身体がついていけず、さまざまな不調をきたした状態をいいます。最近では日本中にエアコンが普及し、室内と室外での気温差で、体温調節や血圧調節など、身体への負担がいっそう増しています。

 さらに、暑いからといって冷たい飲み物、食べ物をとってしまいがちですが、これは食欲低下、消化不良などの夏バテ症状を引き起こし、体力低下、だるさなどの不調につなががります。

 気温が高いと、身体中の血管は弛緩(しかん)しています。そこに冷たい飲み物や食べ物が入ってくると、胃腸の周りの血管が収縮し、胃腸の運動を妨げ消化不良となるのです。

そうなると、栄養の吸収が悪くなり、特にタンパク質の吸収が低下することで、だるさや脱水を生じやすい状態となるのです。

 つまり、冷たい飲み物や食べ物は、胃腸を冷やし、胃腸機能を低下させ、夏バテの要因のひとつなのです。そこで胃腸を冷やさないためには、どうしたらよいか。常温以上の温かいものをとりましょう。アイスクリーム、かき氷、氷を入れた飲み物は避けましょう。

 もし冷たい食べ物をとる場合には、食後に温かい飲み物を飲むようにすると胃腸機能の助けになります。

すでに胃腸が弱っている方は、消化のよい温かいもので、タンパク質を多く含むものをとるようにするとよいでしょう。具体的には、湯豆腐やホットミルクなどはオススメです。

 食欲がないからといって、冷たいそうめんなどで済ませてしまうと、かえって胃腸が弱って夏バテが悪化してしまいます。

 最後にひとつ、胃腸の弱った夏バテの方にオススメの漢方薬を紹介します。補中益気湯という漢方は、オタネニンジンやショウガなどの生薬を含み、胃腸を元気にし、体力を回復します。

さ湯で飲むと胃腸が温まりなお効果的です。病院やクリニックで処方してもらったり、ドラッグストアの漢方コーナーなどでも手に入りますので、参考にしてくださいね。

 ■米村美智子(よねむら・みちこ) 東京都出身。藤田保健衛生大学医学部卒業。同大学病院で研修医。同大医学部精神科入局を経て、精神科医。アンチエイジング学会員。ABCクッキング料理ライセンス。アメブロで『ほんわか女医ブログ』を更新中。『ミセスマートTV NEO』(テレビ埼玉など)出演中。(株)カロスエンターテイメント女医ユニット所属。

【女医ドル】正しい「歯ブラシ選び」 ヘッド、毛先、グリップ…

毎日暑い日が続きますが、水分補給をしっかりして熱中症対策してくださいね。今回は歯ブラシの選び方についてお話しさせていただきます。

近頃はドラッグストアなどで多くの種類の歯ブラシが並んでいます。実際にどれを選択しようかと悩んだことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 もちろん、口腔(こうくう)内環境や歯周病の進行具合、歯並びにより歯ブラシの選び方は変わりますが、皆さまに対応していただける歯ブラシ選択方法を説明します。

 歯ブラシは動物の毛を使った物とナイロン製の物があります。動物の毛を使用している物は乾燥しづらく不衛生になりやすいのでナイロン製のブラシがお勧めです。

 また、毛先の形態もさまざまですが、山切りカットは歯と歯の隙間に偶然一致すればよいのですが、歯間の隙間は誰もが同じではないので、全ての人に合致するのは難しいかもしれません。

 毛先が球状の物は歯茎を傷つける可能性があり、極細の毛先タイプは歯垢(しこう=プラーク)除去効果が比較的少ないのが難点です。

 理想的な歯ブラシを列記させてください。

 (1)歯ブラシのヘッドは小さめ→細かい隙間に入りやすくブラッシングしやすい。

 (2)毛先のカットは平らなもの→歯茎を傷つけることもなく、しっかりと歯面にあたりやすい。

 (3)グリップは持ちやすい太さ、形状のもの→ご自身の手のサイズにあった物を選択してください。握りやすければよいと思います。

 毛先の硬さについては硬い物の方が歯垢除去効果は高いのですが、強い力で磨く方、歯周病や歯肉炎により歯茎が炎症をおこしていたり、出血があったりする場合は毛先が柔らかい歯ブラシの使用をお勧めします。

 これまでは普通の歯ブラシについてお話したのですが、通常サイズ以外に「シングルタフトブラシ」という歯ブラシがあります。これはとても小さな形をしていますので、一番奥の歯の後ろ側や歯並びが気になる部位などに部分的に用いると効果的です。

 ほかに歯間ブラシやデンタルフロスの兼用もお勧めです。歯間ブラシにはサイズがありますので、ご自身の歯の隙間に適応するサイズを歯科医院で調べてもらうとよいと思います。

 歯ブラシの交換時期は、通常1カ月とお考えください。ただし、1カ月たたなくても、背面から見て毛先が開いてきたら、すぐに取り換えてください。

歯科医院では皆さまの口腔内状況に適応する歯ブラシ、またブラッシング指導なども行っていますので、一度話を聞いてみるのもよいと思います。ご自身にあった歯ブラシを使用し、効率よくブラッシングしてくださいね。

 ■笹澤麻由子(ささざわ・まゆこ) 歯科医師 横浜市出身 
桐朋学園大学音楽学部卒業。日本歯科大学卒業。大学病院勤務を経て、現在ささざわ歯科医院副院長。日本小児歯科学会会員。日本歯科審美学会会員。日本アンチエイジング歯科学会会員。ミセスマートTV NEO(テレビ埼玉)などメディアでも活躍中。(株)カロスエンターテインメント所属。

【女医ドル】寝苦しい夏の安眠へ体温を下げよう! “睡眠対策”を指南

みなさんお元気ですか。お父さん方、暑い中お仕事ご苦労さまです。これだけ暑いと、夜も寝苦しくて、睡眠不足の方も多いのではないでしょうか。

 今回は夏の睡眠対策について、お話しさせていただきます。

 7月に入ってから日中の気温が35度を超える日が続き、夜も暑くて寝付けないという方も多いのではないでしょうか。夏の不眠のいちばんの原因は、(当たり前ですが)暑さです。

夜だからといって昔のように気温は下がらず、特に都市部では熱帯夜で寝付けないことが多いのではないでしょうか。

 一般に、わたしたちは夕方以降、徐々に体温が下がり始めます。夜、さらに体温が下がっていくことで、スムーズに寝付くことができるのです。しかし、夏は気温が高いため、体温が下がりにくく寝付きも悪くなるのです。

 寝付きやすい環境をつくるためには、エアコンなどで室内の温度を下げましょう。寒過ぎず、心地よい涼しい環境が理想です。就寝する数時間前から部屋を冷やしておき、寝る前にはエアコンの風量を弱くし、直接風が肌に当たらないようにしましょう。

 さらに就寝2-3時間前に38度前後のぬるめのお湯に20分ほど入浴し、体温を上昇させておき、エアコンで冷やしておいた部屋で眠ると体温が下がりやすく、スムーズに寝付けるでしょう。

そのほか快適な睡眠をとるためには、午後のカフェインの摂取を控える、夜に激しい運動をしない、寝る前にパソコン、携帯、テレビなどを見ないなど多くの注意点があります。

 また、朝、太陽の光を浴びると、夜に眠りやすくなるというのはあまり知られていないのではないでしょうか。これは1日のリズムを作るうえで大変重要なことです。

涼しい季節なら午前中に20分ほど散歩するのがおすすめですが、この猛暑ですから、窓辺などの日当たりの良い場所で日に当たるだけでもよいでしょう。いろいろな睡眠対策を実践し、暑い夏を乗り切りましょう。

 ■米村美智子(よねむら・みちこ) 東京都出身。藤田保健衛生大学医学部卒業。同大学病院で研修医。同大医学部精神科入局を経て、精神科医。アンチエイジング学会員。ABCクッキング料理ライセンス。アメブロで『ほんわか女医ブログ』を更新中。『ミセスマートTVNEO』(テレビ埼玉ほか)などでも活躍中。(株)カロスエンターテイメント女医ユニット所属。

【女医ドル】笑って免疫力アップ!長生きしよう  

こんにちは。古城祐子です。

 突然ですが、皆さんは、1日に何回笑いますか?

 笑うことで私たちの免疫力がアップされ、健康で長生きすることにつながることをご存じでしょうか。

 年齢とともに笑う回数が減ってしまうという残念な事実があります。

 これは、年齢とともに減少する白血球が副交感神経の反射を起こしにくくすることが原因の1つといわれていますが、それは事実として受け止めつつ、ではどうやってその老化を遅らせることができるか…。

 私が歯科医師として、10年以上前から掲げているテーマが「老若男女問わず素敵な笑顔を!」です。

 それは、「笑顔」と「健康」そして「歯」が深く関係していると思っているからです。

 銀座という場所柄なのか、私のクリニックの患者様は圧倒的に大人が多いのですが、よく感じるのは、歯に自信がなくなると笑う回数が減る…ということです。

 歯や歯茎が悪くなると、痛くて固い物が食べられません。

 また悪くなることによって口臭が出やすくなります。そうすると気持ちも沈みがちだし、自信がなくなり、笑う回数も減っていく傾向にあります。

 噛むことが制限されると脳への血流も悪くなるし、口周りの筋肉もたるみやすくなります。

 そうすると、いわゆる「老ける」ことへつながります。

 私たちは誰しも「健康」で「若々しく」、「長生き」したい願望があると思います。食べ物や生活習慣の改善だけではなく、「笑う」ことでもっともっと健康になれることを、皆さんももう一度頭に入れておいてください。

 自信を持って素敵な笑顔を作るためには、歯の健康は必須です。

 白く輝く健康的な歯と歯茎は、皆さんの笑顔をより華やかに、より輝かしい物にしてくれます。

 もちろん、ひとりでひっそり漫才や漫画を見て笑うことでもいいんですよっ。

 でも、せっかくなら、人前でどんどん笑って、免疫力をアップし、健康で長生きできるような人生を送りましょう。

 ■こじょう・ゆうこ 明海大学歯学部卒。都内の歯科医院勤務、医療法人社団あすなろ会藤見歯科医院副院長などを経て、「fd clinic VARNISH」院長。日本歯科審美学会。ブログ(http://ameblo.jp/dr-yuko/)現役女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー

【女医ドル】テレビの“健康番組”を見るときは要注意! 鵜呑みはダメ★森脇美早先生

最近はテレビの健康番組が多いですね。皆様の健康志向が高まり、日々の過ごし方を見直されるのはとても良いことです。しかし実は健康番組を見るときには注意が必要です。一緒に考えてみましょう。

 健康番組は医師ではなく番組制作担当者が作ります。番組の時間内で視聴者が最後まで興味を持って見てもらえるように作るには、(1)インパクト(2)わかりやすさ(3)見てよかった感の3つが必要になります。これが行き過ぎてしまうと、事実と若干異なることになります。

 1つめのインパクト。これは、視聴率を上げるために「○○しておかないと××になってしまいますよ」という怖いものであったり、「○○で今まで動かなかった手が治った」などオーバーなものであったりすることが多い。

撮影もそれにあわせて巧みに撮っていくことが可能です。そうすると、「実際の治療の流れと大体は合っているけど本当は少し違うのに」ということが出てきます。

 2つめのわかりやすさ。これがやっかいです。取材の時に十分説明しても、編集者のストーリーと合致しなければ大きく編集が入ることがあります。医療は複雑です。ある症状の理由はいくつもあり、その対処法もいくつもあるわけです。

いろんな要因が絡んでいて、それを理解するにはやはり十分勉強しなければならない。そこを短縮して「Aを治すにはあの治療だけ」とまとめてしまうのです。

 3つめの見てよかった感。これは、「ああ、○○すればもう大丈夫なんだ」というもの。テレビはストーリーを要求されるので制作者はストーリーに乗せて完結するよう求められます。視聴者も見てよかったとなります。

 でも身体は1人1人違い、医療も完全なものではありませんので、万人がこうすれば大丈夫というのはうさんくさいのです。

 大学の偉い教授が言ってるから正しいだろうと思っても、編集でカットされていて、教授が本当に言いたかったことが放映されないこともあります。

 というわけで、テレビはわかりやすく作ってくれているから、ちょっと事実と異なる点もあるかもなと思って、少し割り引いて見ていただくのがよろしいかと思います。

 ■もりわき・みさ 社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院(大阪府高槻市)リハビリテーション科部長(医師)。日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導責任者。(株)カロスエンターテイメント所属。

【女医ドル】気になる加齢臭を減らした~い!  

年齢とともに気になってくる特有の臭い…加齢臭の原因って何かご存じですか?

 加齢臭の元となるのは「ノネナール」という物質です。ノネナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られます。

 40歳代以降になると脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えます。それに伴ってノネナールの量が増えていきます。30歳代以下の若い人たちの体臭からは、ほとんどノネナールは検出されないのです。

 加齢臭とはどのような臭いかでしょうか。ご自分では気づかないかもしれませんが、よくたとえられるのは、ロウソク・チーズ・古本のような臭いです。加齢による生理現象なので、全く無くすことはできませんが、加齢臭を強くしてしまうことを避けることで臭いの強さを軽減することができます。

 加齢臭を強くしてしまう原因の一つに喫煙があります。喫煙をすると、体内に活性酸素が増え、活性酸素が増えるとノネナールの原因となる過酸化脂質が増えてしまうからです。加齢臭を減らすためにも、また肺がんや心臓血管系の病気のリスクを軽減するためにも、ぜひ禁煙をお勧めいたします。

 また、ストレスを感じると体内の活性酸素が増加するため、ストレスも加齢臭を強くしてしまう原因の一つです。

 ストレスを解消するために、軽い運動をしたり、何か手軽にできる趣味を見つけることも大切ですね。

 活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある食べ物や飲み物を摂ることも有効です。

 ビタミンCやEには強い抗酸化作用があるので、キウイやアボカドなどの食べ物を積極的に食べたり、ビタミンCやEのサプリメントを定期的に摂るのも良いでしょう。

 このほか、ベータカロチンやカテキン・ポリフェノール・大豆イソフラボンにも抗酸化作用があります。

 牛乳を豆乳に変えたり、ビールを赤ワインに変えることも有効です。ただし過度の飲酒は活性酸素を増やしてしまいますので、あくまでも適度な量の赤ワインにとどめておいてくださいね。

 こうしてみていくと、加齢臭対策をすることは生活習慣病予防にもつながります。嫌な臭いを減らして健康的になるのであれば、一石二鳥ですね。

 ■たなか・あきこ 東大医学部卒。東大病院産婦人科勤務、神奈川クリニック診療部長を経て、東京・二子玉川の「あきこクリニック」院長(http://www.akiko-clinic.com)。日本美容外科学会認定専門医。現役美人女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

これは胃もたれ!? 効果的な対処法

胃もたれが起きると何となくやる気が出ずに、体調もスッキリしないもの。そこで今回は、胃もたれなどに効果的な対処法を幾つか御紹介。胃のトラブルが出やすい方は要チェック!

■これは本当に胃もたれ?原因は何?

「何となく胃がむかむかする」、「胃のあたりがスッキリしない」、「胃が痛い」など、胃のトラブルは胃もたれ以外でも起きます。食べ過ぎや飲みすぎが原因かと考える人が多いですが、ストレスや疲労から胃に負担がかかっているケースが近年多いようです。

また、もっと別の病の可能性もあるので、余りに長引く場合は注意が必要。薬を飲む場合も、自分が今、何が原因で胃に不快を感じているのかを確認することが優先です。以下で自分が飲むべき薬のタイプを判断しましょう。

1.総合胃腸薬

一般的に多く売られている胃薬。胃酸の出すぎを押さえ、胃の働きを整えます。

2.胃酸をおさえる胃薬

胃酸過多による胃の不快感を整えます。胃酸過多は、たんぱく質のとりすぎや、食べ過ぎ、空腹時のカフェイン、アルコールの摂取などが原因です。

3.胃の働きをよくする胃薬

消化を助けたり、胃の働きをよくしたりします。特に胃腸が弱っている方に。

■消化の良い食べ物で胃に負担をかけない

胃もたれが起きると食欲が落ちてしまいがちですが、食事を抜くと胃が荒れてしまうことも。こういった場合は少量でも良いので、消化の良いものを食べるようにしましょう。

消化の良い食べ物(食物繊維が少なく、味付けが濃くないもの)

・おかゆ

・うどん

・豆腐

・やわらかく煮た野菜

・茶わん蒸し

・白身魚

・りんご、桃

・お茶

消化の悪い食べ物(味付けが濃く、脂を多く使っているもの、食物繊維の多いもの)

・お餅、玄米

・ラーメン

・ごぼう、レンコン

・刺身、魚卵

・みかん、ドライフルーツ

・コーヒー、アルコール

■日ごろから胃もたれを防ぐには

日ごろから胃もたれを防ぐには、よくかんで食べることが大事です。消化の良いものでも、麺類などはするっとそのまま食べてしまうことも多いので気をつけましょう。食生活の乱れは胃に負担をかけてしまいます。バランスの良い食事を常に心がけましょう。

胃痛、胸やけ…増える“胃酸過多” OTC胃薬で胃酸をコントロー

胃の痛みやムカつき、胸やけなどに悩む人は多い。その主な原因は、現代人の胃酸分泌量の増加にあるといわれる。

従って、症状の改善の鍵となるのが胃酸のコントロールだ。最近は、手軽に購入でき改善効果の高いOTC胃薬が登場し、「病院に行く前に、まずセルフメディケーション」を心がける人が増えている。 

 現代人の胃酸分泌量が増える理由としては、食生活や栄養環境の変化(欧米化)、労働環境や生活スタイルの変化(ストレス社会)、衛生環境の改善(ピロリ菌感染率の減少など)の3つが挙げられる。

強い胸やけ症状を引き起こす逆流性食道炎などは、まさにこれらによって生まれた現代病といえる。ちなみに、加齢に伴い、胃酸はますます食道へ逆流しやすくなるのだそうだ。

 こうした状態や胃痛・胸やけなどの症状は、近年、胃酸分泌のコントロール効果の高い治療薬(攻撃因子抑制薬)が次々に登場し、比較的早期にカンタンに改善できるようになった。

治療薬の種類には、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、ムスカリンM1受容体拮抗薬(M1ブロッカー)、制酸薬の4種がある。

 昭和大学医学部薬理学講座(臨床薬理学部門)内田直樹准教授は言う。「症状初期の、ちょっと胃が痛い、しくしくするという早期の状態であれば、市販薬で改善することができます。

しかも、H2ブロッカーやM1ブロッカーといったOTC胃薬も増え、患者さんは自ら症状をコントロールできるようになりました」。

さらに、「ブロッカータイプは“これから出てくる胃酸”の分泌抑制に効果を発揮します。

またM1ブロッカータイプの胃薬には“これから出てくる胃酸”の分泌抑制に加え、“今出ている胃酸”を中和する制酸剤も配合したタイプの製品もあり、幅広い胃酸の症状に対処できます」と、OTC胃薬の使い分け方を解説してくれた。

 そのM1ブロッカータイプのOTC胃薬では、胃酸分泌を元からブロックし、制酸剤も配合したエスエス製薬の「ガストール(第2類医薬品)」などが注目されている。

ちょっと胃の調子が良くないと感じても、忙しくてなかなか病院に行けないというビジネスパーソンは、ドラッグストアなどで手軽に買えるOTC胃薬に頼ってみるのもいいのではないだろうか。

【女医ドルほくろは「良性腫瘍」 気になる場合は除去も★三苫葉子先生

ほくろって、具体的には何でしょう。どうしてほくろができるのでしょうか。

ほくろとは、色素を作り出す細胞が皮膚の表面(表皮)から奥(真皮)まであり、徐々に成熟し大きくなっていく傾向がある「良性腫瘍(がんなどではない良いタイプの皮膚のできもの)」をいいます。

 30歳前後までは、ほくろはできるものと思っていただいていい。もしも気になっているのであれば、形成外科や皮膚科でとってもらうことをお勧めします。

 ただ、ほくろは真皮にまで細胞が達しているため、除去・摘出したとしても全く無傷というわけにはいきません。数日はテープを貼ったり、1~2カ月間は赤くなることも。目立たなくなるには半年から、肌質や部位によっては1年前後かかることもあります。

通常2~3ミリ程度までのお顔のほくろは、厳密には無傷とはいかなくとも、ほぼ分からなくなるといっても過言ではありません。

 とても小さく、成長速度も非常に遅く盛り上がりもほとんどないほくろは、クリニックによっては美容目的とみなされ自費診療の場合も多いのですが、通常、ほくろ除去にかかる費用は数千円から数万円程度。

盛り上がる傾向にあり、成長速度の速いほくろ(10年で倍以上になるもの)は、保険診療機関では保険がきくことがほとんどで、除去費用は数千円です。

 施術はあっという間に終了し、傷がキレイになる人だとあまり分からなくなり、傷があまりキレイにならないタイプの人でも、ニキビ痕みたいに目立たなくなることがほとんどです。

 私の東京イセアクリニックのほくろ除去では、多くのクリニックで導入されている「炭酸ガスレーザー」は使用せず、メスで切除する「切除法(1ミリ幅・1万500円)」、専用の器具を用いて手作業で必要最小範囲を削り取り電気で焼き凝固させる「電気焼灼法(1ミリ幅・5250円)」での手術で「仕上がり」を重視しています。

 炭酸ガスレーザーは、照射深度調整が難しく不必要な深さまでダメージを与えるため、結果的に痕が残る可能性の高い施術方法と考え、私どもではお勧めしていません。

 最後に大事なお話…。「ほくろががん化する」という話がありますが、非常にまれといわれています。ただし、60歳を超えて突然できた黒いできものや、手のひらや足の裏など加重や刺激が加わりやすい部位にできたほくろは、まれにがん化したり、がん(正確には肉腫)だったりします。治療は早い方がいいので、皮膚科を受診ください。

 ■三苫葉子(みとま・ようこ)1998年東京大学医学部医学科卒。同付属病院形成外科、美容外科所属。99年警察病院麻酔科などで研修。2000年東京大学医学部形成外科・美容外科関連病院勤務。02年ソフィアクリニック院長、東京大学付属病院形成・美容外科勤務。09年独協医科大学形成外科非常勤助教就任。12年東京イセアクリニック医師兼技術指導医就任。同クリニック=http://www.tokyoisea.com/

【女医ドル】唾液はお口の守護神 ドライマウスを防ごう 吉田聡美先生

口腔(こうくう)乾燥症(ドライマウス)は唾液の分泌が低下し、口の中が乾いてしまう歯科疾患の一つです。

 唾液分泌の低下には、加齢、不規則な生活、ストレス、喫煙、口呼吸、シェーグレン症候群などの唾液腺の障害、糖尿病などの全身性代謝疾患、抗うつ剤、抗アレルギー剤などの薬の副作用とさまざまな原因が挙げられます。

これらの原因により、唾液が出にくくなったり、口の中の乾燥により、さまざまな症状を引き起こすことをドライマウスといいます。

 唾液の1日の平均的な分泌量は、約1~1・5リットル程度で、水、電解質、その他多種類の酵素から構成されています。

これらの酵素は、アミラーゼなど、食べ物の消化液としてよく知られているもののほか、口腔粘膜の保護や、殺菌、抗菌など、口の中の細菌の繁殖を防いでくれる作用のものもあります。

 そのため、唾液分泌の低下に伴い、口臭の悪化、歯周病の進行、舌苔(ぜったい)の増加やカンジダ症、口内炎、口角炎など、さまざまな症状が見られることがあります。

また、唾液には、口の中のPHを保つ緩衝作用があるため、虫歯の発生や進行を防ぐ作用もあるのです。

 口の中の乾燥が気になるときは特に、口の中を清潔に保つことも必要です。

 そのほか、唾液は、食べ物を咀嚼(そしゃく)したときに大量に分泌されることにより、食べ物を食べやすくしたり、飲み込みやすくする作用もあり、分泌の低下により、味覚障害や、嚥下(えんげ)障害を引き起こします。

そして、口の中がネバネバしてしまい、話もしづらくなってしまいます。さらに、口の中が苦い、舌が痛いなどの症状も見られることがあります。

 治療方法としては(1)人工唾液、保湿ジェルの使用(2)唾液腺のマッサージ(3)筋機能療法(唾液を分泌する唾液腺の周りの筋肉を鍛えることにより、十分な唾液の分泌を促進させる)(4)唾液分泌促進剤の服用などがあります。

 口の乾燥で悩まれている方は、一度ぜひ歯科にご相談ください。

 最後に、普段の生活でできる、ドライマウスの予防方法をお伝えします。(1)食事はよくかんで食べる(2)規則正しい生活とリラックスできる時間を心がける(3)口をしっかりと動かし、はっきり話をする(4)加湿器などを使用し、室内の湿度に気を配るなどです。

 唾液分泌を促進させるシュガーレスガムやレモン、梅干しなどもお勧めします。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業、2015年1月、東京・竹の塚に分院オープン。4月、さいたま市の武蔵浦和医院オープン。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

【女医ドル】彼女の不安 女性ホルモンが原因かも★濱井葉子先生

今回は女性ホルモンの話です。読者が男性でしたら、身近な女性が不安に思っているときの参考にしていただけたら幸いです。

 まず10歳代の女性です。私が若い頃、初潮は中学生~高校生時代でした。しかし、最近では小学生高学年で月経が始まることも多く、中学に上がって月経が来ないと心配で来院される親子もいます。

その場合、経腹超音波(痛みはありません)で子宮や卵巣の存在を確認したり、腟内に月経血が貯留していないか見ています。高校卒業までに月経が来ない場合は、内分泌・染色体検査や内診(腟からの診察)も行っています。

 月経開始~40歳代前半までの間は、月経不順で来院されることがあります。不順の程度がひどかったり、妊娠を希望している場合は、薬物治療を行う場合があります。

 順調に女性ホルモンが分泌されている場合は排卵が起きますので、その頃に腹痛が生じたり、中間期出血と呼ばれる出血が生じる場合があります。排卵期やその少し後に性交を行った後に腹部に激痛が生じたら、卵巣から出血している可能性があります。

また、排卵後に分泌される黄体ホルモンの影響で、むくんだり、イライラする場合があります。月経10日前~直前のみ体調が悪くなる月経前症候群と呼ばれるもので、生活に支障が出る程の場合は、低用量ピルで治療することがあります。

 40歳代後半~50歳代前半まではいわゆる更年期で、月経が不順になったり、体調が変化する場合があります。

この時期に注意が必要なのは、不正出血を更年期だからと思い込んで子宮や卵巣の病気を見逃したり、頭痛・動悸(どうき)・耳鳴り・気分の落ち込みなどを更年期障害と思い込んで、脳外科・整形外科・循環器科・耳鼻科・精神科の病気を見逃すことです。

更年期障害は最後に残る診断ですので、症状に合った複数の科を受診することが大事です。

 閉経して時間がたつと、骨盤を支えている筋肉が緩んでくるために、子宮や腟壁が下がる感覚を持つ方が増えます。程度によって、経過観察・外来でできるペッサリーと呼ばれるリング様の器具挿入・手術と対応が分かれます。

 産婦人科は受診しにくい面もあるかと思いますが、心配なことがありましたら自己判断や様子をみることを避けて、まずは診察を受けることをお勧めします。

 ■濱井葉子(はまい・ようこ) 産婦人科医。医学博士。三重県出身。三重大学医学部卒業。東京大学産科婦人科学教室にて研修後、同大学院修了。現在は東京警察病院産婦人科副部長。協力・カロスエンターテイメント。

【女医ドル】歯周病の陰にひそむ全身疾患 プラークをしっかり除去

歯周病は近年の研究から細菌による感染症であることがわかり、世界で最も多い感染症の1つであるといわれています。

 歯周病は、自宅での適切な方法でのブラッシングを日課とすることや、クリニックでのケアを行い歯周病菌を減らし重症化を予防できます。

 また、歯周病は歯を失ってしまう原因となる以外にも、さまざまな全身疾患と関わりがあることがわかっています。

 (1)誤嚥(ごえん)性肺炎

 日本人の死因の3位となっている肺炎の中でも約7割を占めているのが、誤嚥性肺炎です。身体には食べ物が胃へと運ばれる管(食道)と、空気を肺へと送る管(気管)が交差し、肺に異物が入らないようにと調整されていますが、

口腔(こうくう)機能が低下することにより、唾液や食べ物が入ってしまい、それらとともに菌が入りこむことで炎症を起こすのが、誤嚥性肺炎です。

 (2)糖尿病

 歯周病と糖尿病はどちらか片方が悪化すると、もう一方も重症化するという相互関係にあります。

歯周病が悪化し、炎症により産出されるサイトカインという特殊なタンパク質が、インスリンの持つ血糖値をコントロールする働きを妨げてしまうからです。

 (3)動脈硬化

 動脈硬化を引き起こした血管の内側から、歯周病菌が見つかったという報告があり、歯周病菌に血管を狭める作用があると考えられています。

 (4)肥満

 エネルギーを蓄積する作用のある脂肪細胞は、一方で歯周病を悪化させるサイトカインを産出します。そのため、肥満は歯周病の危険因子の1つであるといわれています。

 (5)骨粗鬆(こつそしょう)症

 骨の密度が減ってしまうと、歯を支えている歯槽骨もやせてしまい、歯周病である場合はより一層、歯を失いがちな環境になってしまいます。

また、歯を失うことで、お食事からカルシウムを補うことが難しくなってしまい、さらに骨を弱くしてしまうのです。

 (6)早産・低体重児出産

 母親が歯周病に感染している場合、早産・低体重児出産の確率が高くなるという報告があります。

 お口の中には大変多くの細菌が存在し、不衛生になりプラーク(歯垢)が蓄積されることで歯周病は発症します。歯周病予防にはまず、プラークをしっかり除去することが大切です。適切なケアがよくわからない方は1度ぜひご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業、2015年1月、東京・竹の塚に分院オープン。4月、さいたま市の武蔵浦和医院オープン。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

【女医ドル】「怒りのピーク」は6秒…時間置き冷静に

普通に日常を過ごしていても、腹立たしいことは幾度かあるかと思います。

 人がストレスを受けると脳からアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が分泌され、怒りがわきます。

 このことを知っておき、自覚するだけでも自身の怒りを客観視できるようになります。また怒ったときは時間をおいてみることが重要です。

 怒ると、つい不機嫌になってしまい衝動的に相手にイライラをぶつけてしまうことがあります。

 怒りのピークは6秒間しか続かないというエビデンス(科学的根拠)があります。つまり、イラっときてから6秒間でその感情は薄れていくことになります。このため時間を置く、距離を置くことが非常に有効なのです。

 次に、怒りの感情を冷静に見つめるために文字にすることも重要です。どのような状況で相手が何を言ったか、何をしたかを書いてみると意外と大したことではないなと、怒りがおさまることがあります。

 また第三者を間にはさむことも、客観視できるようになるので、より怒りのコントロールに役立ちます。

 怒りやイライラの感情は体にも悪いので、上手に解消してストレスをため込まないようにしましょう。

 ■中山亜佐子(なかやま・あさこ) 精神保健指定医・認定産業医。東京大学文学部卒業。信州大学医学部卒業。国立横浜病院などでの勤務を経て、初石病院勤務。柏駅前なかやまメンタルクリニック副院長。協力・カロスエンターテイメント。

【女医ドル】“飛蚊症”を放置しちゃダメ! 網膜剥離で失明の危険も

「最近、黒い虫や、糸くずのような物が見えてきて、目を動かすと、ついてきて、さらに光が走るようになりました。見え方は変わりませんが、眼科に行くべきでしょうか」

 こういう相談を受けることがあります。糸くずや、黒い点などが見える症状を、飛蚊(ひぶん)症といいます。見え方はさまざまです。だいたいの飛蚊症は、頻度から見て、何でもない生理的飛蚊症の場合が多いです。

 しかし、頻度は少なくても、網膜裂孔(れっこう)や網膜剥離の場合、放置すると、必ず失明します。気になる方は、すぐに眼科を受診するべきでしょう。

 眼科では「散瞳(さんどう)検査」をします。目に、散瞳剤を点眼して瞳を大きくした上で、目の奥を診る検査です。これをしなければ、何もわかりません。

 この検査の後は、しばらくの間、運転や読書などができなくなりますから、時間に余裕を持って、朝一番に、歩いて眼科受診してください。

 多くの方は医師から「目の老化によるもので病気ではありません。ですが、黒い点は、なかなか消えませんし、定期検査が必要ですので、再度受診してください」と言われると思います。

 この場合は、生理的飛蚊症といいます。硝子体という、目玉を構成している部分は、ゼリー状で、卵の白身のようなのですが、ここが老化により濁りとなり、網膜に黒い点として影を落とし、虫が飛んでるように錯覚するのです。

病気ではないので、薬も出ませんし、経過観察となります。

 さらに、老化により、硝子体が液状化すると、硝子体が、網膜から浮き上がってしまいます。

 これを、後部硝子体剥離といいます。ここまでは、大丈夫なのですが、硝子体が網膜を引っ張るときに、癒着部分が剥がれてしまうと、網膜裂孔、やがては網膜剥離となってしまいます。

 つまり、今は大丈夫でも、時間が経つにつれ、変化することがあります。たとえ自分で「見えるから大丈夫」と思っていても、定期検査が必要なのです。

目というものは、黄斑(おうはん)部という、目の中心部分が大丈夫なら、意外と最後まで良く見えていて、それ以外のところで、重い症状への変化が起きているのに、本人は全く気づかない、ということが多いものです。

 兆候があれば、早め早めに眼科受診されることをおすすめします。

 裂孔で受診した場合は、外来で、レーザー光凝固術ですみますが、放置して、網膜剥離になってしまうと、手術となります。早めに処置する方がより良い経過が期待できます。

 青い空や、白い壁を背景にして、黒い点が急に増えたり、見えにくいと自覚したら、早めに受診しましょう。

■ヨーダー公子(よーだー・きみこ) 千葉大学医学部卒。
慶應大学医学部初期研修、病院勤務を経て、現在は横浜市の湘南むつうら眼科・美容皮膚科院長。アンチエイジング研究に取り組み、ハーフの息子たちのママとして日々、奮闘中。日本初の女医ユニット「Joy☆ Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

【女医ドル】気になるまぶたのたるみや肩こり… 眼瞼下垂症かも!?

年とともに目が小さくなってきた気がする方、もしかしたら眼瞼(がんけん)下垂症という病気かもしれません。眼瞼下垂症はまぶたが垂れさがる病気です。

目つきが悪くなったり若々しさが失われるなどの見た目の問題に加え、疲れやすさや頭痛・肩こり・うつ症状の原因にもなるといわれています。

 まぶたを持ち上げるときに使う眼瞼挙筋という筋肉が弱ったり、外れてしまったりすることによりこのような症状がでます。

最も多い原因は加齢によるものですが、若い人でもコンタクトレンズを使用する人やアトピー性皮膚炎、花粉症などでまぶたに負担がかかりやすい場合に生じることがあります。

 現代の医学では、治療法は手術しかありません。局所麻酔・日帰り・保険診療で手術を受けることができますが、術後1週間は強いはれを生じます。

完全にはれが引くまでには3カ月ほどかかりますので手術を受けるタイミングはよく考える必要があります。

 もっとも、美容整形ではなく病気の治療なのですから、周囲の人に前もってお話しして理解を得ておくとよいかもしれません。

 眼瞼下垂症を扱う診療科は眼科と形成外科です。医師の目から見ても、正直なところ手術の技術は本当にピンからキリまでです。「男だから」とか、「年寄りだから」と言って見た目を気にしないというのは間違い。

見た目にまで気を使って丁寧に行われた手術というものは出血量もはれも少なく、機能上も良い結果になることが多いでしょう。多くの手術経験を持ち評判のよい医師を選ぶとよいと思いますよ。

 手術では通常、まぶたの二重のラインを切開します。一重の人では際をよく見ると、うっすら二重のラインのようなものがあるのでそこを切開することもあります。

外れてしまった眼瞼挙筋をつなぎ直したり短縮することによって意識しなくても自然にまぶたが大きく開くようになり、多くの人で肩こりや頭痛などの症状が改善します。

 忙しくて手術をすぐに受けられないという人は、これ以上症状が悪化するのを極力避けましょう。まぶたをこすらないこと。かゆい場合はこすらず目薬でかゆみを紛らわせましょう。

 コンタクトレンズをつけ外す際は下まぶたを伸ばして行うこと。

上まぶたを引っ張ったりすると負担がかかり、眼瞼下垂症が悪化することがあります。疲労の原因は意外なところにあるのかも。気になる場合は一度医師の診察を受けてみましょう。

■土屋沙緒(つちや・すなお) 東京大学医学部卒業。医学博士。形成外科学会認定専門医。
抗加齢医学会認定専門医。現在、埼玉医科大学形成外科客員講師。クリニカ市ヶ谷勤務。(株)カロスエンターテイメント 女医ユニットメンバー。

血液のドロドロ化を防ぐにはウコン、玉葱、梅が良いと薬剤師

バランスのとれた食生活ではないし、運動量にも自信はない。健康診断の結果はいつも問題あり…。そんな中年諸氏に、うってつけの注目食材があるという。果たしてその根拠は?

特に寒い今年の冬は、脳卒中や心筋梗塞で倒れる人が急増! と、深刻な社会問題になっている。

その原因のひとつは血液のドロドロ化。食生活の悪化や運動不足などにより、血液中に増加した糖や脂肪、悪玉コレステロールなどが赤血球にくっつくことから起こる。

また、ストレスや喫煙などによって増えた活性酸素は大事な血管を傷つけ、傷ついた血管を修復しようと血液中の血小板が増加、それがドロドロの血液中でダマになってしまい血栓を作る、その血栓が脳で詰まれば脳卒中、心臓で詰まれば心筋梗塞という重篤な病に発展しやすくなるわけだ。

丈夫な血管とサラサラ血液は、若さと健康のバロメーターといわれている。

約10年前、生の梅を煮詰める過程で“ムメフラール”という新成分が発見され話題となった。これは、体内に発生した活性酸素を強力に除去する抗酸化作用を持つスグレ物。

自然食品、健康食品アドバイザーとしてテレビなどでも活躍中の薬剤師・小林ちえみ先生は、硬くなった血液とドロドロ血液の危険性をこう指摘する。

「血液中の赤血球は薄い円盤状の形で、毛細血管よりも大きいのです。それが折りたたまって血液内を通っているのですが、赤血球の膜が酸化して硬くなってしまうと毛細血管内をスムーズに通ることができなくなり、血管を傷つけてしまいます。

そしてまた、血液中の細胞成分である血小板は、血管壁が傷ついたり血中の脂質が増えすぎたりすると、“血小板凝集”という性質があるため互いにくっつきあってダマができ、血栓になりやすい。要はいかに血液をサラサラに保つかが重要なポイントといえます。

そこで最近評価を高めているのが、梅に加熱することで生じる“ムメフラール”なのです。これは、赤血球の表面が酸化して硬くなるのを防ぎ、血小板の凝集を抑え、血液中の悪玉コレステロールを排出する作用があるのです。

更に、このムメフラールと一緒に摂ると良いと言われているのが玉ねぎとウコン。玉ねぎに含まれている硫化アリルと“ケルセチン”、玉ねぎは血液をサラサラにすると有名な食材ですよね。

それと、二日酔いや肝臓に良いと人気のサプリ、ウコン。このウコンには注目すべき“クルクミン”という成分が含まれていて、肝臓の働きを助けるのです。肝臓はアルコールの分解や、体内で発生する有毒物質を解毒する大切な臓器。

今、話題になっているのは、この3つの食材で出来ているサプリメント。その3つをあわせ摂ることによる相乗効果が注目を集めているのです」

アメリカの国立癌研究所でも、ウコン、玉ねぎはもちろん、梅からできたムメフラールも癌予防のために積極的に食べるとよい食材として指定されたという。

【女医ドル】 失った歯の治療、入れ歯?それともインプラント?吉田聡美先生

 1度失ってしまった歯はとても残念なことですが、2度と元へ戻ることはありません。

失った部分の歯をそのままにしておくと、隣や反対側のかみ合わせ部分が動いてしまったり、かみ合わせのバランスの崩れから残りの歯やあごに負担をかけてしまうなどさまざまな問題が生じてきます。

 失った歯の機能を回復させるにはブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの治療があります。今回はこのうち、入れ歯とインプラント治療についてお話ししたいと思います。

 まず、入れ歯についてですが、入れ歯の場合、型取りすることで制作できるため、治療期間が短くて済むこと、制作後の形の修正がある程度可能なこと、基本的には外科的処置を必要としないこと、

保険適用の治療となるため費用面での負担が少ないことがメリットとなります。

しかし、どうしても異物感があり、うまくかめなかったり、痛みや発音障害の原因にもなります。入れ歯による咬合(こうごう)の回復は約30%が限界といわれています。

 次にインプラント治療ですが、歯根膜反射(リズミカルな咀嚼)は得られないものの、かみ合わせを約96%まで回復できることが最大のメリットです。

 入れ歯よりもしっかりとかむことができ、異物感もほとんどない。周囲の歯への負担を最小限にできることで、歯全体の寿命を延ばすことが期待できます。

 一方で、切開や縫合など外科的処置が必要となるため、心因的なものを含め患者の負担が大きくなってしまうこと。

症例によっても異なりますが、埋めたネジが骨と結合する期間を含め、約半年の治療期間を必要とすることがデメリットとなります。また、保険適用外となるため、費用の面での負担も大きくなります。

 古代インカ帝国の時代からというほど、インプラントの歴史は非常に古いのですが、確実な治療法となったのは比較的最近で、現在では10年後の生着率は約98%というエビデンス(医学的根拠)があります。

インプラント治療後の良好な状態を長期維持するためには、患者の日頃の口腔(こうくう)ケアと、定期的なメンテナンスが極めて重要となります。

 当院では、入れ歯はもちろん、インプラント治療に関しても認定医が責任を持って対応させていただきます。お悩みの方は1度ぜひご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

【女医ドル】手肌の荒れはきちんとケアを 田中亜希子先生

冬は皮膚の新陳代謝が低下し、汗をかく機会が少なく、肌を保護している皮脂膜というバリアが崩れやすくなっています。

そこへお湯や水・洗剤などの外的刺激が加わると、少しの刺激でも敏感に反応してしまい炎症やかゆみが起きてしまいます。

年末で大掃除の機会もあるので、乾燥する冬の季節を乗り切る適切な対策法を知り、早目に実践してみましょう。

 (1)冬はお湯を使う頻度が高くなります。お湯は水より洗浄力が強く手指の皮脂がどんどん取れてしまいます。手を洗う際には熱いお湯を避けてぬるま湯にしましょう。

洗剤は油やタンパク質を取る働きがあるので、手の角層(表皮の外側の層)からもそれを奪いバリアを傷めます。

お風呂掃除などの水仕事を行う際には低刺激性の洗剤を用いるか、水仕事の直前にハンドクリームを多めに塗るとか、ゴム手袋をするとかの工夫をしましょう。

 (2)手を洗った後は、そのままにしないことも大切です。冬は風邪対策などで手洗いや消毒剤で殺菌する機会が増え、手指の水分・油分を奪います。

ハンドソープや消毒は必要最小限にとどめ、洗った後はハンカチやタオルで素早く水気を拭くようにしましょう。こすらずに押さえるように拭き取ります。

 (3)冬はいつも以上にハンドケアが必要です。予防には保湿が最も大切で、特に湿度が下がる冬場は保湿クリームを持ち歩き、手を洗う度に塗ります。

紙や段ボール・布地をよく扱う人も水分が奪われやすいため、こまめに保湿しましょう。

 クリームには抗角化作用のあるビタミンAや血行促進効果のあるビタミンEが配合されているもの、ワセリンや尿素配合のものなど、さまざまな種類があります。

ワセリンは人工的に被膜を作る作用があるため、いろいろな保湿剤を用途や場面によって使い分けるのも良いでしょう。

 パックリ割れた亀裂には、ハンドクリームやワセリンを厚塗りしてラップで巻き一晩寝ると早目に治ります。毎日のハンドケアを習慣づけることが大切です。

 (4)ささくれは手でひっぱったりせずに爪切りで切りましょう。

 (5)外出時は保温・保湿のために手袋をしましょう。

末梢(まっしょう)の循環が悪くなると冷えやすく新陳代謝も低くなりターンオーバー(皮膚の入れ替わり)もうまくいかず角層が厚くなり、ひび割れの原因になりやすいからです。

 (6)症状が進行し、湿疹化した際には皮膚科でステロイド外用剤の処方が必要になります。

 ■田中亜希子(たなか・あきこ) 日本美容外科学会認定専門医。1995年東京大学医学部医学科卒業。同附属病院産婦人科勤務。98年大手美容外科副院長就任。美容皮膚科部長、診療部長、水戸院長・千葉院長を歴任、新人医師の初期研修を任される。09年あきこクリニック院長に就任。協力・カロスエンターテイメント。

【女医ドル】「歯茎やせ」には気をつけて 吉田聡美先生

鏡に映った自分の笑顔を見て、「なんだか以前と違うなぁ」と感じている方はいらっしゃいませんか。

 実はその理由は歯茎に関係しているかもしれません。

歯茎がやせて、下がってしまうことで、歯が長く見えたり、歯と歯茎の間に隙間ができてしまい、お口を開けて笑ったときなどに、お顔全体のイメージが大きく変わり、見た目年齢はグンと上がってしまいます。

 歯茎がやせる、下がるなどの症状を歯肉退縮(たいしゅく)といいます。今回は、歯肉退縮の原因と予防、対策についてお話しさせていただきます。

 【原因と対策】

 (1)歯周病

 30歳以上の約8割が歯周病にかかっているといわれる現代。歯周病が進行すると歯を支えている骨が減り、その上にある歯茎も一緒に下がってしまいます。毎日の正しい方法での歯磨きと、クリニックでの歯周病ケアが重要になります。

 (2)過度なブラッシング圧

 良く歯が磨けている気がして、ゴシゴシと強い力で歯磨きなさっている方、歯ブラシを交換してもすぐに毛先が開いてしまう方はいらっしゃいませんか。

過度な力でのブラッシングは、歯はもちろん歯茎も傷つけ、退縮の原因となります。力任せに磨かず、硬くない毛の歯ブラシで適切な圧で優しくマッサージするように磨きましょう。

(3)過剰な負担

 かみ合わせや歯並びにより、一部分の歯が強くあたっていたり、歯ぎしりなどにより、過剰な力が加わっている場合にも歯肉退縮を引き起こします。

この場合は、かみ合わせを調整したり、マウスピースで歯ぎしりによる負担を軽減したりする必要があります。

 (4)加齢変化

 お肌と同様に歯茎も加齢により、弾性が低下し、それにより歯肉退縮します。

10年で約2ミリ退縮するとも言われています。老化を少しでも防ぐためには、歯茎のマッサージで日々のケアをすることが大切です。

 歯肉退縮し、歯の露出部分が増えると、見た目の年齢が老けて見えるだけではなく、知覚過敏の症状を引き起こしたり、歯の隙間に食べ物が詰まりやすくなり、虫歯の罹患(りかん)率を高めたり、歯周病を進行させる要因にもなります。

 まずは歯肉退縮の原因を把握し、進行を防ぐことが一番大切です。

基本的には、一度退縮してしまった歯茎を元へ戻すことは困難です。

しかし、結合組織移植術や遊離歯肉移植術などの歯周外科的治療で回復させることも可能です。

歯だけではなく、歯茎の状態が気になる方は1度ぜひクリニックへご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

スポンサーリンク3
最新記事
■ 互助会推薦 ■
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
スポンサーリンク sabu