あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■アレルギー・じんましん・かゆみ・食あたり・カビ
1

アレルギー、糖尿病… 食の制限に負けない外食時代

 食物アレルギーや宗教上の理由、健康志向などさまざまな理由で「食の制限」を持つ人が、外食しやすくなる取り組みが広がってきた。いろんな制限やニーズに対応する飲食店を検索できるサービスが相次ぎ登場。制限があっても注文できるメニューを提供する飲食店も増え始めている。

 「食の制限を調べてみたら、かなり細かいニーズがあった」と話すのはNPO法人Check(東京・世田谷)の金子健二代表理事。Checkは2017年5月、外食情報の共有サービス「レアめし」を始めた。 「食物アレルギー」「糖尿病配慮」「ベジタリアン対応」など約40種類のチェック項目に基づき、飲食店をデータベース化。自分に当てはまる制限を選ぶと、登録済みの約4700店からニーズに応じた飲食店を検索できる。

 「レアめし」は消費者が寄せた店舗情報を元に登録するしくみだ。金子代表理事は「『対応していない』というのも貴重な情報」と指摘、多くの利用者に情報提供を呼びかける。大手外食チェーンのアレルギー表示や、アレルギー対応メニューの有無が分かる一覧表も用意している。
 
ベジタリアンに特化し、日英2カ国語の検索サービス「ベジウェル」を運営するのはフレンバシー(東京・渋谷)だ。「訪日客に加え、ビジネスなどでベジタリアンをもてなす機会は増えている」と播太樹社長。全国約800店を掲載しており「制限の有無を問わず、皆が楽しめる飲食店を増やす必要がある」と話す。

 飲食店に対し、ベジタリアン向けメニューの開発も支援する。掲載する店舗の発掘を進めながら、飲食店側のノウハウ不足を補うことで対応可能な店舗の数も増やすねらいだ。 外食のたびに食事制限の説明を繰り返すことに疲れてしまう人も多い。このストレスを減らすのが、スマホアプリによる高級飲食店予約サービスを手掛けるポケットメニュー(東京・渋谷)だ。 事前に制限のある材料や提供方法の希望をアプリに登録しておくと、予約時に利用者の情報が自動的に飲食店に伝わるしくみだ。飲食店で一から同じ説明をする手間が省ける。

 「直接伝えるのに気後れする人も、気兼ねなく注文を言えるのがネットの利点」と戸門慶・最高経営責任者(CEO)。自身が食物アレルギーの持ち主で、緊急搬送された経験がある。あらかじめ飲食店側に情報が伝わっていれば、その後電話や店頭で説明しやすい。対応する店舗は限られるが、予約時のストレスは減らせる。 制限食への高まるニーズを受け、飲食店も動き出した。先進的な取り組みの一つが、八芳園(東京・港)が手掛ける「アニバーサーリーガーデンレストラン」(冒頭写真)だ。17年3月のリニューアル時、事前予約なしで食の制限に応じたメニューを提供できる体制を導入した。

 一般の飲食店だと、アレルギーの原因にある食材を使うメニューが前提のため、混入リスクが高く、個別の対応が難しい。同店は乳製品、動物性食品、小麦など特定原材料の7品目を使わないメニューをそろえる。食材の選択から、塩分や糖分、脂質を控えたいといった細かいアレンジの要望にその場で対応する。  従業員が顧客の質問に答えられるようにするため、食材について学ぶ機会を用意した。食に制限がある人も気兼ねなく来店できることから、リピーターが増えているという。

■アレルギーの表示 外食店に義務なし 「十分に意思の疎通を」

 加工食品には法律が定めるアレルギー表示義務があるが、外食店に表示義務はない。そのため飲食店の努力に委ねられているのが現状だが、企業のアレルギー対応を支援するNPO法人アレルギーっこパパの会(東京・中央)の今村慎太郎理事長は「5年前に比べれば理解が深まり、アレルギーに対応する店は格段に増えてきた」と話す。

 一方でパイナップルなど特定原材料以外の食品で発症するケースも近年は増えているという。誤配や理解不足が原因のミスを避けるには「飲食店との対話は欠かせない」と今村氏は強調する。例えば「『バラ類の食物のアレルギーがある』と言われても、飲食店には伝わらない」(今村理事長)。どの食材がどんな理由でダメなのか、相手が理解しやすいように利用者が具体的に説明するのが重要だ。

 店に事前に伝えた食材除去などの要望は、入店時や配膳時の再確認を心がけたい。食事会を開くときは、出席者に食の制限があるかどうか気を配るのも大切だ。

ヒアリアレルギーの対策とは?油断してはいけない虫刺され

なぜ痛くなったりかゆくなったりするの?

最近、南米大陸原産のヒアリが日本で発見され、「刺されたらアナフィラキシーショックを起こすことも!」なんていう報道もあり、虫刺されは自分のことだけでなくご家族のこととしても心配ですよね。虫刺されの症状は、虫が体内に異物を入れるか、虫そのものやその毛が皮膚に触れたときに発生します。

例として、一般的な蚊は、唾液を人間の体内に入れます。
その唾液の成分に対して、体が異物と認識してアレルギー反応がおこり、かゆみを引き起こす物質がでてかゆくなる、という仕組みです。かゆみだけで治まる場合もあれば、痛みを伴って赤く腫れる場合もあるなど、症状が異なる理由は、その体内に入ったり皮膚に触れたりした成分の強さによって体が起こすアレルギー反応の大きさが異なるためと考えられます。

虫の種類によって対応が変わる?

特に毛虫はその成分がなかなか皮膚から離れないため、強く長いかゆみがでることがあります。また、アブやブヨなどは、刺される時に痛みを感じることもあり、ひどい場合は発熱まで起こり、治るまでに1ヶ月以上かかることもあります。これらは、その成分と自分自身のアレルギー反応との「かけ算」で症状がでますので、ものすごく個人差があります。

一方で、刺された時に虫の種類を見分けることは実際は難しく、薬局での相談や、医師の問診の際に「なにに刺されたかわからない」ということが多いのも事実です。

虫に刺されたらどうしたらいい?お薬の種類はどんなものがあるの?

みなさんは虫に刺されたら、まずどうしていますか?
症状を長引かせないために、お薬を塗る前にひとつだけやってほしいことがあります。

①刺された場所を洗い流す
まずは傷口を洗い流しましょう。これはあまりしないことかもしれませんが、一般的な蚊でも毛虫でも、初めの症状は似ていますので、刺されたと気がついたら、きれいな水で洗い流すことが、症状を長引かせないことにつながります。水で洗い流すことによって、患部を冷やすことにもなるので炎症やかゆみが広がることを防ぐ効果もあります。毛虫の場合は、毛が皮膚に刺さっている場合があるので、セロハンテープで毛を取り除くといいでしょう。

②お薬を塗る
虫刺されの塗り薬は、大きく分けて2種類あります。ステロイドといわれる成分が入っているお薬と、入っていないお薬です。どちらも虫刺されのかゆみに効くとされていますが、ステロイドを含有しているお薬の方が効きが強く、アレルギー反応をしずめるのに有効です。

ステロイドというと、怖いイメージを持つ方もいるようですが、ピンポイントに短い期間の使用ではあまり気にすることはありません。
早く、しっかりとアレルギー症状を抑えるので、医療機関でもよく使用されています。アレルギー症状が長引くと、かいてしまう回数も増えたりと、痕になる可能性も高まるので、個人的には、ステロイドが入っているお薬を選ぶことをオススメします。かゆみが強い場合は、市販のかゆみ止めの飲み薬を服用してもいいでしょう。

症状がひどい場合の対処方法

では、上記のような対応で済まない場合、どうしたらいいのでしょうか。まず、皮膚をかき壊してジュクジュクしたり大きな傷口になってしまっていたら、ステロイドは不向きな場合があります。抗生物質を含んだ塗り薬を塗るか、もしくは医療機関の受診をおススメします。また、最近ヒアリに関して「アナフィラキシーショックを起こすことも!」なんていう報道が目につきますが、具体的には、どのような症状と対応があるのでしょうか。

アナフィラキシーとは、アレルギー症状の一種です。
初めはかゆみなどの一般的な症状から始まりますが、後に皮膚のかゆみだけでなく、咳や動悸(ドキドキする感じ)、息苦しさがでてきます。また、腹痛や吐き気、目の見えづらさも出てきます。これらを放っておくと、血圧が急に下がり、意識がなくなることもあります。これらの症状は刺されてから30分以内に起こることが多いので、ヒアリだけでなく、虫に刺された後に息苦しさや吐き気などがでてきたら、救急車を呼びましょう。

実際は、何にさされたか分からないことがほとんどだと思います。症状によって対処法が変わってきますので、アナフィラキシーの初期症状と対処法だけでも覚えておいてほしいと思います。

“第2の心臓”硬くなったふくらはぎを柔らかくする方法5つ

“第2の心臓”と呼ばれるくらい、美容にも健康にも大きな影響を及ぼすふくらはぎ。

しかし、このふくらはぎの見た目がまるまるとしていたら、なんだかかっこ悪いですよね。

そこで今回は、そんな硬いふくらはぎを解消する方法をご紹介。「硬いかも…」と感じた時は、レッツトライです。

■マッサージ

硬くなったふくらはぎは、老廃物が溜まっている証拠。なので、その老廃物を押し流すように、下から上に向かってふくらはぎをマッサージしてあげましょう。素手で行うのも効果的ですが、マッサージ器具の力を借りて行えば素人でも高い効果を得られますよ。

■ひざ裏を押す

ふくらはぎ全体をマッサージし終えたら、仕上げにひざ裏を押して刺激を与えてください。ここは毒素が溜まりやすい場所なので、刺激してあげることによって老廃物による詰まりを解消し、血の巡りを良くしてくれます。

■叩く

肩叩きと同じ要領でふくらはぎを叩いて刺激し、血行を良くしてあげるのも効果的です。この時、ただ単にふくらはぎを叩くのではなく、叩いた後筋肉をほぐすように下から上に向かって血液を流してあげてるとよりいいでしょう。

■温める

冷えて硬くなった筋肉は温めて血流を良くしてあげることが大事。お手軽な方法として、温かいペットボトルを直接ふくらはぎに当てれば、硬くなった筋肉もだんだんほぐれてきます。マッサージが面倒くさい時はこの方法を試してみてください。

■白湯を飲む

外からアプローチすることも大事ですが、内側からのケアも大事です。カチカチのふくらはぎを防ぐためには、体を冷やさないことが1番。体の老廃物を促し、血行を良くしてくれる白湯をマッサージのついでに飲むようにするといいでしょう。カロリーゼロで太る心配をしなくて済むのもうれしい限りです。

いかがでしたでしょうか?

硬くなってしまったふくらはぎも、きちんとしたセルフケアを行えば、十分柔らかくしてあげることは可能です。ほっそりしたシルエットを手に入れて、脚にさらに自信をつけていきましょう。

立ち仕事でご用心、下肢静脈瘤…コブ状血管、えぐれる皮膚

立ち仕事の人にとって怖い病気が下肢静脈瘤(りゅう)だ。完治するには手術が必要だが、最近では、高周波治療に保険が適用され、注目されている。

 「長年、立ち仕事をしてきましたし年齢的なものもあるので、足の疲れやむくみはしようがないと思っていました。それでいつものように風呂でマッサージしようと、ふくらはぎをつまんでびっくり。内側の血管が浮き上がってこぶのようになっていたんです」

 こう話すのは、すし職人の真田三郎さん(54)=仮名。あわてて病院に行ったところ、下肢静脈瘤と診断され、後日、精密検査をすることになったという。

 「下肢静脈瘤は、ふくらはぎにむくみやだるさ、痛みが出る病気で、血管がコブのようにふくれたり、透けてみえるようになるなど、見た目の変化もあります」と、語るのは、下肢静脈瘤診療の専門医のお茶の水血管外科クリニックの広川雅之医師。

 初期症状としては、明け方に足がつったり、すねを指で押すと、くぼんだまま戻らないといった症状が見られ、重症になると、皮膚炎や皮膚がえぐれてしまうこともあるという。

 「この病気は、足の付け根にある血液の逆流を防ぐ弁が壊れることで発症します。原因は、遺伝的なものと、立ち仕事などでの足への負荷のかかりすぎだと考えられています」(広川医師)

 下肢静脈瘤を完治するには手術をするしかないというが、その症状は血管が浮きあがって透けてみえるだけの人もいれば、足が重く長時間たっていられない人まで、十人十色。まずは病状を検査することになる。

 「検査では、エコーを使って、どこの弁が壊れていて、どこに静脈瘤があるのかを調べます。こぶができているのが細い静脈の場合は、そのまま様子を見たり、医療用のストッキングで血液が溜まるのを予防することが多いです」(同)

 これが、太い静脈にこぶができていたり、立ち仕事などで足に負担がかかるような方の場合には、手術が勧められる。手術に関しては今年6月に、最新の高周波治療に保険が適用されるようになった。

 「高周波治療は、患部の静脈に管を通し、そこに電流を流して、血管を焼いてふさいでしまうという治療法です」(同)

 いままで、静脈を抜き取る手術やレーザー治療が一般的だったが、再発が多かったり、痛みがひどかったりと、どれも欠点があった。だが、高周波治療には、そういった心配はないという。

 「他の治療法に比べて痛みや皮下出血が格段に少なくてすみますし、再発の可能性も低いです。日帰り手術ができるので、入院の必要もありません」(同)

 入院しないですむというだけに患者の負担も少ない。1度自分の足を見て、こぶのようなものがないかチェックし、疑わしいようなら医師に診てもらうのがなによりだ。

アレルギー性鼻炎 8割が薬の効果実感できず

日本人の3割が患っているともいわれるアレルギー性鼻炎だが、通院中の患者の約8割が、鼻づまりの症状に対し治療薬の効果を感じていないことがサノフィ(東京都新宿区)の調査で分かった。

 調査は、アレルギー性鼻炎の患者を診察する医師300人、16歳以上の通院患者1千人に実施した。それによると、患者の92%が「鼻づまりの症状で困っている」と回答。具体的には「十分な睡眠がとれない」(82%)、「仕事・勉強・家事に集中できない」(74%)などが挙がった。

 一方、使用中の治療薬の効果については「鼻づまりの症状がすっきりとれる」と答えた患者は22%。約4割の患者は「鼻づまりがあっても治療は変わらないと思った」などの理由から、診察時に鼻づまりの症状について医師に伝えていなかった。

 山王病院(港区)耳鼻咽喉科医師の倉島一浩さんは「過去の経験から、治療に期待を持てなくなっていることや治療に対する不信感、諦め感があると考えられる」としたうえで、「医師が積極的に患者に聞き取りを行い、満足度を向上させる治療に取り組むことが重要だ」と話している。

冬の「かゆみスパイラル」に陥りたくない人がするべき対策8つ

気温や湿度が低下すると、肌のバリア機能が弱まって乾燥が気になりはじめます。このような季節になると、「顔はしっかりお手入れをしているけれど、体には何もしていない」という人は、肘や膝、すねがカサカサで白くなっているのではないでしょうか。

また、外部からのちょっとした刺激によりかゆみが誘発されて、イライラすることもあるのでは?

そこで今回は、”冬のかゆみスパイラル”から抜け出すための方法について、お話していきたいと思います。

■冷えがかゆみを悪化させる!

寒い季節になり、空気が乾燥して皮膚の水分量が失われると、肌のバリア機能が弱まってしまうというのは、美容に詳しいみなさんならご存知なのでは? このように、冬の乾燥肌には外気が大きく関係しているのですが、実はそれだけが原因ではないのです。

気温とともに体温が下がり始めると、私たちの体は血管を収縮させて熱が奪われるのを防ごうとします。すると血流が悪くなり、酸素や栄養が肌まで行きわたらなくなって、活力が低下。

これらの条件が重なることで乾燥はより一層深刻化し、下着の締め付けや衣類のチクチク、髪の毛が肌に触れただけでもかゆみが生じてイライラするようになってしまうのです。

さらに、かゆみに耐えられずに肌をかきむしることで、よりかゆみが強くなるというスパイラルに陥ったり、炎症や湿疹化を招いたりすることもあるので、たかが乾燥だと侮ってはいけません。

以下に、ツライかゆみスパイラルから抜け出す方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

■かゆみ防止には保湿と冷え対策が重要

冬の肌を乾燥やかゆみから守るためには、”保湿”と”冷え”対策が重要になってきます。その具体的な内容は、下記のとおり。

(1)入浴時は保湿効果がある入浴剤を使う

(2)体はスポンジやタオルを使わずに、手で優しく洗う

(3)湯温が高すぎると必要な皮脂まで流れてしまうので、38~40度を目安に調整する

(4)湯上がりにはローションで肌を潤してから、クリームを塗ってフタをする

(5)下着やパジャマは綿100%のように、肌に優しい素材のものを選ぶ

(6)ストレッチをして血行を良くする

(7)加湿器を使い、部屋の湿度が40~60%になるようにする

(8)肌の乾燥に効果的なβカロチン(にんじん、かぼちゃ、ほうれんそう、卵など)を積極的に摂る

肌ツヤが良い”かゆみと無縁の女”でいるためにも、日頃からしっかりとお手入れをする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

口臭の原因“舌苔”除去で息キレイに!体調管理の目安にも★笹澤麻由子先生

こんにちは。歯科医師の笹澤麻由子です。寒い日が続き、インフルエンザも流行しています。帰宅後は手洗い、うがいをしっかりとしてくださいね。

 今回は口臭の原因の1つでもあり、体調管理の目安にもなる「舌苔(ぜったい)」についてお話しさせていただきたいと思います。

 舌苔とは舌の表面に付着する白い苔状の物です。詳しく説明させていただくと、舌には舌乳頭という無数の突起物が存在します。肉眼では分かりにくいですが、その突起物などに食品のカス、口腔内細菌、新陳代謝による剥がれた上皮細胞が付着した物です。

 舌苔の原因について見ていきましょう。次の8つが考えられます。

 □体調不良

 □ストレス

 □加齢

 □過食(胃腸の消化容量を超えた食生活など)

 □アルコール

 □喫煙

 □不衛生な口腔環境

 □全身疾患

 舌苔の原因は様々なのですが、口腔内が乾燥していて舌苔が多く付着していると口臭の原因にもなりますので注意が必要です。

 鏡の前で舌を「アッカンベー」して確認してみてください。舌の表面がうっすらと白い程度なら正常範囲と考えられますが、全体を覆い尽くすほど、まっ白い物が付着していたら気をつけてください。

 この舌苔除去と心得についてまとめてみます。

 □専用の舌ブラシ使用

 □デンタルリンス(マウスウォッシュ)の使用

 □口腔内環境を清潔に整える

 □舌を上顎にこすりつける運動をする。同時にうがいも行っていただけるとより効果的です。

 間違った除去方法は、歯ブラシでゴシゴシ舌表面をこすることです。舌を傷つけてしまう恐れもありますので気をつけてくださいね。

 まずは、「アッカンベー」をしてみて、確認の上、舌苔が気になった方、もしくは口臭が気になる方は歯科医院でご相談くださいね。

■笹澤麻由子(ささざわ・まゆこ) 歯科医師。横浜市出身。
桐朋学園大音楽学部演奏学科、日本歯科大卒業。大学病院勤務を経て、ささざわ歯科医院(群馬県高崎市)副院長。日本小児歯科学会会員、日本歯科審美学会会員。Dr.MAYUKOのBeauty&歯っぴー診療室

アレルギー検査で分かること IgE抗体濃度・総量が体質の目安

日本人の3人に1人以上がかかるという花粉症などのアレルギー。医療機関で受けるアレルギー検査で何が分かるのか。代表的な検査の一つ、血液検査の読み取り方を専門家に聞いた。(村島有紀)

・積み重ねで症状

 東京都の男性会社員(46)は、せきが続くため、今月上旬に医療機関を受診。血液検査(3割負担で約5千円)で、アレルギー性のせきぜんそくの可能性を指摘された。

 「検査報告書」の項目は「特異的IgE(アイジーイー)」検査のことで、血液中の「IgE抗体」の濃度を調べる検査だ。陽性か陰性かで、その物質に対するアレルギーの有無を推定できる。

 ただ、「陽性なら必ず症状が出るわけではなく、個人差がある。IgE抗体の濃度が高いほどアレルギー症状は出やすく、原因物質を絞り込む状況証拠と考えて」と、アレルギー検査に詳しい昭和大の木村聡准教授(同大横浜市北部病院臨床病理診断科)は解説する。

 男性会社員の場合、ハウスダスト▽ヤケヒョウヒダニ▽コナヒョウヒダニ▽スギ▽犬のフケ-の5項目が「クラス3」の陽性。3カ月前、自宅で犬を飼い始めてから鼻水やくしゃみが出ることから、

犬のフケによるアレルギー症状が出現。それまで平気だったダニやハウスダストにも反応するようになったようだ。複数のアレルギーがある場合、それらが積み重なって一定の許容量を超えると症状が現れるからだ。

症状を抑えるには、個々のアレルゲンにできるだけ近寄らないこと。男性会社員の場合、ハウスダストとダニの量を減らすことで、犬と接触しても症状が出なくなるかもしれない。しかし、スギ花粉の時期は、スギ花粉の量が例年より少なくても症状が出る可能性がある。

・効果的な検査を

 同時に測定した「RIST」(非特異的IgE)はIgE抗体の総量。IgEがからむアレルギーを発症しやすい体かどうかを知る目安だ。「『特異的IgE』の項目が陰性で『非特異的IgE』が高い場合、検査では拾い上げられなかった別のアレルゲンが隠れている可能性がある」と木村准教授は指摘する。

 現在、国内では約200種のアレルゲンが健康保険で検査できるが、1回で測れる数は制限がある。

 木村准教授は「年齢や地域、季節でアレルゲンには差がある。庭木の『ハンノキ』花粉など思いもよらぬものが原因の場合もあり、検査前に、自分がどんな場所、物、季節で症状が出やすいか、あらかじめ調査してから医療機関に相談を」とアドバイスしている。

・1800万件の検査結果を公開

 三菱化学メディエンス(東京都港区)はホームページ(www.medience.co.jp/allergy/index.html)で、平成10~23年のアレルギー検査結果約1800万件を公開している。年齢、地域別に多いアレルゲンを調べることができる。

【用語解説】IgE抗体

 免疫を担当し、花粉などの異物が体内に入ると作られるタンパク質で、鼻や目の粘膜で肥満細胞(マスト細胞)と結合。アレルゲンに出合うと、ヒスタミンなどかゆみを誘発する物質を放出する。

吸い込むことで発症する吸入系アレルゲンは、ハウスダスト、ダニ、スギ花粉などが代表的だが、最近は猫などの動物やカビ類も。食物アレルギーの代表は、▽乳児=卵、乳製品、小麦など▽成人=エビ、カニ、小麦、果物など。乳幼児期の抗体は成長に伴い、減少することが多い。

中高年の「寒冷じんましん」に注意! 危険な病気のシグナルも

冷え込んで肌の乾燥状態が続くと、顔や手などの露出部分がガマンできないほどかゆくなることがある。この「寒冷じんましん」には、時として命にかかわる大きな病気のシグナルが隠されているというから油断大敵だ。

 【中高年は要注意!】

 冷たいコップを手にしたり、寒い季節の外気に顔や唇が触れたりしたときなどに、強烈なかゆみや発疹、皮膚の腫れが起きる。これを「寒冷じんましん」という。

 ビールなど冷たい飲み物をよく飲む夏にも発症するが、気温が低下する11月頃からは、病院を受診する患者が増える。

 通常のじんましんと異なり、中高年には大きなリスクが潜んでいることがある。たとえば、梅毒やヘルペス、リウマチやウイルス性肝炎、がんや悪性リンパ腫などが隠されているかもしれないのだ。

 三鷹はなふさ皮膚科(東京都三鷹市)の花房火月院長が説明する。

 「若年者の寒冷じんましんは原因不明だが問題はなく、半年から数年で完治することがほとんど。怖いのは中高年。普通のじんましんと異なり、患者の5%程度にリスクの高い病気が見つかることがある。寒冷じんましんは、普通のじんましんと異なり、血液系の病気との合併頻度が高いのが特徴。原因の病を治療すれば寒冷じんましんもよくなる。血液検査などで異常値があれば、さらに詳細な検査をして、原因疾患を見つけることになる」

 まさに、「皮膚は内臓の鏡」というわけだ。

 【素人診断は禁物】

 「寒冷じんましん」は、ラップに包んだ氷を前腕に当てて、5分以内に氷の形で発疹や強いかゆみが出るかどうかで医師が診断する。「つい自分でやってみたくなるかもしれないが、絶対に自宅ではやらないでほしい」と花房院長。

 急性アレルギーの一つであるアナフィラキシーショックを起こし、まれに命を落とす可能性もあるからだ。

 病気に気づかないまま、ジョギング後に汗のついた衣服を着替えずにいたりプールで泳いだりして、結果的に身体を冷やし、ショック死してしまった例も中にはあるという。

 次の症状が同時に起きたら、すぐ皮膚科専門医の診断を仰ごう。

 コップに入った冷たい飲み物を持ったり、水で皿を洗ったり、寒い部屋に入ったり、外出したりしたとき、手や顔など露出した個所が急にかゆくなった。これに加え、腫れや発疹が出た、という症状だ。

 この病気と診断されたら、「寒くて湿度が高く風の強い日には特に注意する。外気温が4度を下回るときには外出は控えること」(花房院長)。

 どうしても外出する際には、皮膚が外気に触れないように手袋やマスク、マフラーなどで皮膚を防御する必要がある。

 【治療法】

 梅毒やヘルペス、リウマチやウイルス性肝炎、がんや悪性リンパ腫などが原因でなければ、抗ヒスタミン薬の投与で症状が抑えられる。

 続けて服用することで、半年から数年で完治する。抗ヒスタミン薬は種類が多いので、個人に合うものを処方してもらう。

 やってはいけないのが「身体を温める」ことだ。絶対に入浴やカイロなどで体温を上げてはいけない。寒冷刺激で血管が開き、ヒスタミンの分泌が増えてかゆみが出ているのに、さらに血管を開かせ、悪化させてしまうのだ。

 たかが「じんましん」と思うなかれ。あなたの身体が発する叫び声かもしれない。

■こんなときに出やすい「寒冷じんましん」

□冷たいコップを手に持つ
□冷たい飲み物を口にした後の唇
□水で皿を洗った手
□暖かい部屋から寒い部屋に入ったときの手や顔、足
□ジョギングのあとで冷えた身体
□気温の低い日に朝一番で外に出たとき感じる息苦しさ

また赤ワイン! 凄すぎるよ赤ワイン! 赤ワイン今度はアレルギーに効く! マジ?

ワインは紀元前メソポタミアでシュメール人によってつくられ、古代ギリシャに伝わり、現代では世界中で飲まれているお酒です。

長い歴史を持つワインは、シーザーやナポレオンといった歴史の偉人達から常に愛され続けた飲み物で、イエス・ キリストや川島なお美にいたってはワインを指して「自分の血だ」と称しています。

また、ワインは「美味しい飲み物」としてだけでなく、「薬効のある飲み物」としても知られ、古くから研究されてきました。

古代ギリシャでは赤ワインが薬としても利用されており、医学の父と呼ばれるヒポクラテスは「ワインは飲み物としては最も価値があり、薬としては最も美味しいもので、食物の中で最も楽しいもの」という名言を残しています。

近代においても、赤ワインに多く含まれるポリフェノールなどの効果によって、「飲むと長生きする」「記憶力が向上する」「がん予防になる」「高血圧予防になる」「アルツハイマー予防になる」「動脈硬化予防になる」...などなど、まるで魔法の万能薬であるかのように言われています。

そしてこのたび、山梨大大学院の中尾篤人教授は、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」にはアレルギーを抑える効果があることを発見しました。凄い。赤ワインの伝説がまた一つ増えました。ポリフェノール万能すぎる。もこみちのオリーブオイル並に万能すぎる。

...ってか...マジ? ホントに? ここまで凄いとちょっぴり疑いたくなっちゃうね。山梨ワインのステマかと思うよね。今回発見された効果はマウスを使った実験で明らかになったようなんですが、ネタ元(産経ニュース)に詳しいことは書いておりません。

う~ん...でも、みのもんたが過去に「赤ワインはポリフェノールが多く健康に良い」とおっしゃっていました。だから絶対に間違いないと思います。オッケー♪

っつーわけで、ちょっとコンビニ行って赤ワイン買ってくるわ。

その症状は危険!? 食物アレルギー症状、半数がアナフィラキシーと疑わず

トレンド総研は食物アレルギーをもつ3~6歳の未就学児と小学生の母親各800名(計1,600名)を対象に、「食物アレルギーによるアナフィラキシー」に関する意識・実態調査を実施した。調査は11月15日~19日に行った。

○73%が「アナフィラキシー症状を説明できる」

「アナフィラキシー」とは、短時間に全身にあらわれる重篤(じゅうとく)なアレルギー反応のこと。さらに、血圧低下や意識障害などのショック症状を伴う場合をアナフィラキシー・ショックと呼び、場合によっては命に関わることもある。

最初に、“アナフィラキシー”に対する認識を尋ねたところ、72.9%が「どのような症状のことをいうのか説明できる」と回答した。しかし、「アナフィラキシーを起こすのは重篤なアレルギーを持っている人とは限らない」と回答したのは全体の50.3%。

今回の調査対象はアナフィラキシー既往歴のある人や、アナフィラキシーを発症するリスクを持っている人となっているが、それでも半数がアナフィラキシー発症リスクに対する認識が十分ではないことが分かった。

○食物アレルギーで85%が皮膚や粘膜で発症

次に、子供の食物アレルギー症状が最も強くあらわれた時の症状について尋ねたところ、じんましんやかゆみ、口の中が腫(は)れるなど皮膚や粘膜の症状を発症したと回答した人が全体の84.9%を占めた。

次いで息切れ、せきなどの呼吸器の症状(20.0%)、強い腹痛、おう吐などの消化器の症状(16.7%)が続いた。

また、アナフィラキシーの疑いがある複数の症状を発症したと回答した人は全体の3人に1人に当たる26.8%。

その症状について33.6%が「アナフィラキシーまたはアナフィラキシー・ショックではない」、20.1%が「分からない」と回答し、半数以上がアナフィラキシーだと疑っていないことが分かった。

○アナフィラキシー補助治療剤は半数が認識

次に、アナフィラキシーに対する有効な応急処置であるアナフィラキシー補助治療剤“アドレナリン自己注射薬(エピペン)”を知っているか尋ねたところ、53.9%が「知っている」と回答した。

そのアドレナリン自己注射薬が保険適応で処方されるようになったことを知っている人は29.0%だった。

続いて、子供が実際に「アナフィラキシー」と診断されたことがあるか尋ねたところ、13.1%が「ある」と回答。食物アレルギーの対応策として「アレルゲン除去食」を行っている人は70.5%と高かったが、「アドレナリン自己注射薬の携帯」を行っていると回答した人は14.8%にとどまった。

「牛乳アレルギー」には牛乳を出さないだけでいいの? ~食物アレルギーに理解を深めるために知ってほしいこと~  

子どもの小学校入学を前に悩んでいるママがいるというので、相談にのることがありました。その友だちの娘さんは重度の牛乳アレルギーがあり、近所の公立小学校では対応してもらえなくて、学校選びに悩んでいるとのこと。

彼女は何度も学校に足を運んだのですが、「給食室では扱える自信がない」と栄養士に言われたとか。結局彼女は、アレルギー対応をしてくれる隣町の小学校まで、子どもをバス通学させる道を選んだようです。


さて、ここまで読んで、読者のみなさんはどう思われますか?

「アレルギーって大変ね」と思うのと同時に、「なぜ近所の小学校は対応してあげないの?」「牛乳出さなきゃいいだけなのに何でできないの?」という学校への批判もあるでしょう。また反対に、「それだけの理由でバス通学なんてかわいそう」「親がお弁当を持たせるべきじゃない?」という親に対する非難も聞こえそうです。

実際、重度の牛乳アレルギーの子が避けるべきものは、給食の定番である牛乳のほかにも、特別に作らねばならないものがたくさんあります。


カルシウム補給のために、よく給食で使われるチーズやヨーグルト、パンにつけるバターやマーガリンも、もちろんダメです。食パンにもバターが入るのでダメ。ハムやソーセージにも、加工のために乳たんぱくが入ってるのでダメ。

メニューでいえば、グラタンもホワイトシチューはもちろん、カレーはルウに乳製品が、コロッケなどもフライにする際にパン粉を使うからダメ……と、給食の定番メニューはほとんど食べられないことになります。

アレルギーを根本から治せる薬がない今、アレルギー患児は、アレルゲンを除去して症状を抑えることが、有効な手段なのです。単純に牛乳を飲まなければ良いというわけではなく、加工品や外食の際には充分に気を配らないと重篤な症状がでてしまう可能性があります。

せめて給食くらい対応すればいいと思われそうですが、微量でもアレルゲンが混入しないよう、アレルギーごとに調理器具や皿を変える必要があったり、調理する台を離したりする必要があり、限られた時間と人員にとても大きな負担を与えてしまうことも事実です。

この問題に対しての答えは歩み寄りが必要で、答えが1つではないと私は思っています。

でもぜひ、アレルギーがないご家庭の方に考えていただきたいことがあります。アレルギーは軽視してしまうと、大きな事故につながってしまうということです。

アレルギーのお子さんが、「食べられない」と拒絶したものを「これは大丈夫」などと勝手な判断であげてしまったり、好き嫌いだと思って克服させようとしたりしないようにしてください。

また、子ども同士で給食の食べ残しを責めたり、無理やり食べさせることのないように、お子さんにもわかりやすく教えてあげてください。

普通に遊んでいるように見える子どもでも、アレルギーをはじめ、ほかの病気で食事制限を強いられているお子さんは案外多いものです。

いま、障がいや国際化など、さまざまな場面で「多様性を認める」必要が、より求められています。子どもの食についても、多様性を認めることが私たちに望まれています。

例えば友だち親子をホームパーティーに招く際など、参加するお子さんのアレルギーや何かの食事制限に対して、気を配るひとことを加えてみることからでも、意識し始めてみてはいかがでしょうか。

川口 由美子
ライター、管理栄養士。著書「アレルギーっ子の簡単毎日レシピ100(青春出版社)」の他、雑誌やWEBで離乳食や幼児食などの家庭的レシピを紹介。All About「離乳食」等ガイド。夫の転勤に伴いアジアを転々としながら現地人に根付くアーユルベーダや漢方などを学ぶ。個人事務所「Food-Medi」を運営。9歳娘と3歳息子の母。

原因不明な体のかゆみ! その正体、実は金属アレルギーかも?

アクセサリーなど金属が触れてできるのが金属アレルギーですよね。ところが、体は金属に触れていない(とくに触れた記憶がない!)場合でも、金属アレルギーが発症するらしいんです。長年かゆみに悩まされている人は、それはもしかしたら金属アレルギーなのかも? そこで皮膚科医の上岡なぎさ先生に聞きました。

―体に金属が触れた記憶がないのに、実は金属アレルギーの症状が出ていた、というケースがあるのは本当ですか?

「『触れていない』のではなく、実は気づかないところで触れているということです。ネックレスなどはわかりやすいのですが、日常生活の中ではそれ以外にも金属と触れることがあります。代表的なのは『歯科金属』、つまり歯の治療で使う金属です。口の中に入れられた金属は、唾液などで一部がイオン化し、吸収されることによって直接触れていない場所にも症状が出ることがあります」

・普通の金属アレルギー……目に見える触れている場所に症状が起きる(接触型)
・全身型金属アレルギー……直に触れてはいないところに症状が起きる(全身型)

―アクセサ-みたいに触っていたのがわかりやすい場合ばかりではない、ということですか?

「そういうことです。全身型金属アレルギーは、病院で治療してもよくならず、歯科治療や手術などで体内に金属を入れたあとから、全身や以下のような症状が起き始めているのであれば、可能性はあります」

<全身型金属アレルギーのチェックリスト>

・手指や足の縁などに赤いボツボツができるタイプ(汗疱、掌蹠膿疱症)
・口の中の粘膜が白色化するタイプ(扁平苔癬)
・全身のあちこちにボコボコしたしこりのような発疹ができる(多型痒疹)
・全身が真っ赤になってしまう(紅皮症)

―でも先生。どこで接触しているか、意識してないのでわかりません……。

「アレルギーを起こしやすい金属一般的に、ニッケル、コバルト、クロムといった金属の頻度が高いと言われています。これらは、ごく微量ながらほとんどの食品に含まれていますが、チョコレート・ココア・豆類・貝類・レバー・胚芽などに特に含まれます。上記のようなアレルギーがある方で、極端にこれらを沢山食べることは避けたほうがよい場合もあります。

―食べ物以外にはどんなケースがあり得ますか?

「一般的な金属アレルギーはネックレスやピアスが有名ですが、それ以外にも思わぬところで触れていることもあります。

たとえばビューラー。目のまわりにできた難治性の湿疹の原因となる例もあります。また、革靴のなめし成分としてクロムが使われることがあり、足裏の重度な皮膚炎が報告されるケースも見られます。夏など素肌にベルトが触れる時に生じる『バックル皮膚炎』や金管楽器を演奏する人の唇に症状を起こしたりもします」

―うーん。アレルギーを特定するのも、自分ではひと苦労ですね。

「実は、検査をすれば一発で特定できますよ……というわけにはいかないのです。金属アレルギー検査というのは、『陽性が出れば原因と言えるけれど、陰性でも大丈夫とは言えない』のです。陽性が出る確率は、施設にもよりますが2割前後なので、決して万能な検査とは言えないのです。しかも、背中に2日間試薬を密着させるため、その間は入浴できず、受診も試薬を貼る当日、2日後、3日後、1週間後の合計4回受診が必要で、働き盛りの女性にはなかなか辛い検査です」

―働いていると、検査に行くのは難しいところですね。

「そうですね、いちばん確実と言われているのは、金属負荷テスト(疑わしい金属試薬や多く含む食べ物を食べてみる)です。ただ、調べられる金属が限られることと、行っている病院が少ないこと、また吐き気や下痢などを起こす可能性があるなどの理由で、実際に行われることは一般的ではありません。

いちばん重要なのは、『どの金属を使ったときに、どのような症状が出たかという病歴を把握している』と言えます。症状がいつごろから起きたのか、そしてその前後に何か変わったことがないか、そこから解決の糸口が見つかることが多いです」

―いつから起きて、どんな症状が出ているのかを自分で把握するということですね。

「はい。それは普段から自分の体調や状況を把握していることとも言えます。そして、とくに疑わしい物は、とっておきましょう。あるいは、成分をメモしておくこと。そうやって、かぶっている成分はないか絞り込んで、原因を突き詰めて行くのです。

まるで探偵みたいな作業ですが、やはり、自分の皮膚を守るのはまず自分。そして怪しいものがあれば、皮膚科医に相談してくださいね」

たしかに探偵みたい。自分の体に日ごろから関心を持つといいんですね!

監修:上岡なぎさ
日本皮膚科学会認定:皮膚科専門医、医学博士。昭和大学病院皮膚科にて病棟医長を務めたのち、兼任講師。通常の皮膚科診療に加え大学病院で手術に携わる傍ら、都内クリニックで光治療・レーザー治療などの美容皮膚科も行う。また日本有数の美容皮膚レーザー治療・研究施設の嘱託医も隔週で併任。“病気から美容まで、きちんと” 診ることができる『皮膚のフルコース医』を心掛けている。150名の女性医師がボランティア活動を行うEn女医会所属。

取材協力:En女医会
En女医会は全国で150人以上の女性医師が参加している、女医が医師としての仕事をしながら、プライベートも社会貢献も楽しみながら活動しようという会です。定期的な会合で、会員同士の親睦を深めるとともに、ボランティア活動や、医療知識や経験を活かしてさまざまな企業との商品開発を行い、利益の一部を寄付したり、雑誌やテレビ、ラジオ等に出演して健康や美容についてよりよい情報を発信したりしております。

アレルギーは食べ物で悪化する「アルコール」「スパイス」

食べ物によってアレルギー症状が悪くなっている気がする?実は、たくさんの人が経験しています。アレルギーには免疫システムが関わっていて、体の敏感度を高める食べ物というものがあります。

結果、症状悪化、紅潮、じんましんなどを引き起こします。ここではアレルギー症状を悪化させる食べ物と対処法をジェームスクック大学分子免疫学部の主任兼、准教授であるロパタ氏が説明します。

●アルコール
ワインは高ヒスタミンで異物への反応として免疫システムを作動させます。特に花粉症持ちの人はヒスタミンによってアレルギー症状が悪化します、とロパタ准教授。

●交差反応
様々な食べ物に対してアレルギー反応が出るかもしれませんが、原因はただ一種類の花粉なのです。一つの植物から他の植物に他花受粉されたせいでしょう。例えば草に対するアレルギーがある人が、りんごなどの意外な食べ物に交差反応するのです。

●スパイス
辛いカレーを食べたあと、すごく具合が悪くなりますか?唐辛子によく含まれるカプサイシンという要素が涙目、鼻水などを引き起こします。しかしこれはまだまだ軽い炎症のうち。これがワインと一緒に消化されると何日間にも渡る地獄のアレルギーを引き起こしえるのです。

アレルギーに効果があるものとしては、オメガ3の多い魚、ビタミンC、暖かい飲み物などがあります。

もし特定の食べ物を食べたあとにアレルギー症状が見られる場合、食事日記をつけるのがおすすめです。何時に何を食べた後になったかを記録しておくとその後のアレルギーテストをするのにも使えます。

要注意!子どもの食物アレルギーを引き起こす食べ物「グルテン含む穀物」「イカ、タコ」「ピーナツ」

食物アレルギーを持つ子どもが増えている、と言われますが、アレルギー源となる食べ物は、日常に溢れています。

そこで、フランスの妊婦や小さな子どもを持つ家族向けのWebサイト『Famili.fr』から、子どもの食物アレルギー源になる食べ物を紹介します。

「アレルギーの子どもにうっかり挙げたお菓子がアレルギー源だった」なんてことがないよう、親だけではなく、周囲の大人も知識を身につけ、注意をするのが大切です!

●グルテンを含む穀物類
小麦、オート麦、大麦など多くの穀物類がグルテンを含み、さらにそれらを使った小麦粉、パン、クッキー、麺類、さらにはピザ、ハンバーガーにもグルテンが含まれます。多くの加工食品に含まれているので、原材料の表示をよく見て、グルテンを含んでいないか、必ずチェックしましょう。

●甲殻類、軟体類、貝類
エビやカニなどの甲殻類は、アレルギー源として知られていますが、他にも、イカ、タコなどの軟体動物、ホタテ、カキ、アサリなどの貝類でもアレルギーが起こることがあります。

●タマゴ
タマゴはアレルギーの主な原因の1つ。6歳頃でアレルギーが消えることが多いですが、6歳以降も続く場合があるので、注意が必要。

他にも、サケ、マグロ、タラといった身近な魚もアレルギーの原因に。さらに、ピーナツは重症なアレルギー反応を引き起こすので、くれぐれも注意が必要です。

慢性蕁麻疹(じんましん)治療の自己中断は避けてほしい

【Q】1カ月前から急に虫刺されのようなかゆい発疹が出ては数時間で消え、また別の場所に出る、ということを繰り返しています。皮膚科で慢性蕁麻疹(じんましん)と言われ内服薬を処方されました。内服していれば症状は出ませんが、内服し忘れるとまた症状が出ます。いつまで治療すればいいのでしょうか?(30代女性)

 【A】お困りの症状はまさに慢性蕁麻疹の典型です。そもそも蕁麻疹とは、皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり、強い痒みを伴い、しばらくすると跡形なく消えてしまう病気です。

 通常、個々の皮疹は数十分から数時間以内に消えるのが普通ですが、中には半日から1日くらいまで続くものもあります。重症例では呼吸困難・血圧低下などのアナフィラキシー症状がみられることもあります。数日から2週間程度で治癒する急性蕁麻疹、1か月以上(欧米では6週間以上)出没を繰り返す慢性蕁麻疹があります。

 一般に慢性蕁麻疹と言われるものは原因不明(特発性)のものを指し、実際に血液検査をしても95%以上で特記すべき異常所見は指摘できません。(まれに甲状腺機能異常や膠原病、C型肝炎、ピロリ菌感染等の合併が見つかります)

 特発性の慢性蕁麻疹の治療は、基本的には対症療法となります。抗ヒスタミン薬、H2ブロッカー、ロイコトリエン受容体拮抗薬、難治例ではさらに、DDS、レセルピン、ステロイド、シクロスポリンなどの内服薬や、つい最近、保険適応追加となったオマリズマブ皮下注射などを適宜組み合わせながら治療します。これらの治療により症状のコントロールがついてから2カ月間程度は治療を継続し、それから徐々に薬を減量しながら再燃がないことを確認して服薬を中止します。

 実際には減量中に症状が再燃し治療を継続することも多く、3割の患者が1年後に、5割の患者は3年後に治癒することが多い、とされています。そのため、治療を自己中断せずに定期的に通院する必要があります。

 ◆回答者プロフィール 櫻井直樹(さくらい・なおき)02年、東大医学部卒。東大付属病院、関連病院に勤務後、美容外科クリニック勤務を経て千葉県松戸市にシャルムクリニック開設、他院皮膚科顧問も歴任。皮膚科専門医、レーザー専門医。

アレルギー発症でどん底 岡村咲さん支えたゴルフへの情熱

異変が起こったのは、17歳のときでした。急に風邪をひきやすくなったんです。それまでは周りがひいていても自分だけは大丈夫なことが多かったのに、「何で?」と思ったのが最初です。

 そのうち、体育の授業についていけなくなり、しまいには1階から2階に階段を上がるだけでゼイゼイ苦しくなりました。病院に行くと「喘息を発症しています」とのこと。それ以降、運動しなくても咳が止まらず、咳のし過ぎで嘔吐してしまうようになり、1カ月半ほどで体重が10キロも落ちてしまったんです。

 米国に遠征したとき、何とか試合はこなしても熱は出るし、食べても戻してしまうので、帰国後にもう一度、受診しました。すると「喘息でしょう。スポーツは難しいのでは」と告げられて……。それが18歳でした。

■ティースプーン半分のバウムクーヘンで意識不明に

 それでも、翌年はプロに転向したんですが、1年目でもう体がついていかない状態に……。そんなとき、スポンサーになってくれた企業の病院で「食物アレルギーの検査をしてみたら?」と言われたのです。検査の結果、小麦、卵、チーズなど、それまで好きで食べてきたものがすべてアレルゲンの「遅延型食物アレルギー」と診断されました。原因はわかったものの、そこからが結構、苦しかった。

 最低限の栄養は確保しながら、少しずつアレルゲンを減らす生活が始まりました。確かにアレルゲン除去食を取るようになって咳がピタッと止まり、動悸や息切れもなくなったのですが、代わりにストレスがすごかった(笑い)。一度、調子がいいときにバウムクーヘンをティースプーンにほんの半分食べたら、それだけで動悸が激しくなって、8時間も意識がなくなってしまいました。

 プレーでも体調の違いは歴然でした。以前は初日は良くても2日目に悪くなるのが当たり前だったのですが、2日間変わらずに回れるようになって、「これが本来の調子なんだ」と思えたんです。でも、そうなったらなったで今度は極端な除去に走って、拒食症になりました。おにぎり1個を見つめて終わる……みたいな。関節痛で病院に行ったら「栄養失調です」と点滴を打たれました。

■食べるのが嫌で拒食症に……

 その辺りがどん底でしたね。食べるのが嫌でした。「どうせ食べたいものは食べられないんだから、もう食べなくていい!」と空腹になると水をガブ飲みしたり……。野菜は食べてもいいのですが、醤油や味噌の発酵調味料はダメなので、味付けは塩とこしょうとカレー粉ぐらい。ツアーではコンロ1つのキャンピングカー生活なので、炒め物ぐらいしかできません。もう食べ物を見るのも嫌で、去年の今ごろは、今より7キロぐらい痩せていました。

 ただ、ゴルフをやめたいと考えたことはありません。何とかゴルフを続ける方法を見つけようと必死でした。そんなとき、知人のアドバイスでもう一度、アレルギーの検査を受けました。食物アレルギーも遅延型と即時型があって、考え方が違うらしいんです。それで即時型の検査を受けたら、命に関わるアレルゲンは小麦だけで、他のものは低い数値だったのです。

 そこから毎日、何をどれだけ食べてどんな症状が出たかをつぶさにノートに書き留める作業を始めました。半年続けたらだんだんわかってきて、去年の夏ぐらいからは卵と乳製品は少しずつ取り入れています。パンや麺は米粉のものを利用し、最近はパンメーカーを買って米粉で作ったりもしています。発酵調味料も少量ずつあえて取るようにして、食事はずいぶん改善されました。

 そんな中、次に来たのが「日光アレルギー」です。去年の5月、半袖でプレーをしていたらひどい頭痛になり、1週間寝込みました。その後、グローブをしない右手だけがひどく荒れたので皮膚科を受診すると、日光アレルギーという診断。おまけに膠原病にもなりかけていると言われ、「自己免疫疾患コンプリートしちゃったな」と思いました(笑い)。

 でも深刻にならず、「何とかコントロールする方法はあるはず」と模索中です。夫も明るいスポーツマンなので何でも笑い飛ばしてくれるので前向きになれます。私の影響で市販の物を避けるようになってしまい、食事は多少面倒くさくなりましたけど(笑い)。

 病気は、自分に一番足りていなかった「人の立場になって考える」ことを教えてくれました。たとえば、レストランで何でも食べられる人と同じ食卓を囲むだけでしんどい人がいるなんて、考えたこともなかったですから。私にとってはプラスのことの方が多かった。「病気になってない自分は好きじゃない」と言えるくらいです。

 こういうハンディを持ったゴルファーでも、みんなと変わりなくプレーできる姿を見せることで、何かを感じてくれる人がいればいいなと思っています。

▽おかむら・さき 1992年、徳島県生まれ。10歳からゴルフを始めるとすぐに頭角を現し数々のジュニア大会で好成績を収める。高知中央高校でもゴルフ部に所属し、卒業と同時にプロ転向。今年1月にラグビー選手との結婚を発表。

「道徳」が食物アレルギーを引き起こす?仰天ツイートに納得の声

「道徳」は、人間が社会生活を営む上で重要なこと。だが、「こうすべきだ」一辺倒だと、時にそれが新たな問題を生むケースも。今、多くのRTを集め、注目されているツイートがある。

■「好き嫌いはダメ!」 正論が人を苦しめる?

あるTwitterユーザーが投稿したツイート。 「食べ物を好き嫌いするのはやめよう」「食べ物は残さず食べよう」という道徳は、アレルギーに対する配慮が欠けると、ときに人を死に追いやってしまうという内容のものだ。

以下、添付画像の内容を簡単にまとめると......

・娘はエビアレルギーで食べられないにも関わらず、「好き嫌いはダメ。ちゃんと食べなさい」と先生に無理やり食べさせたせいでぐったりしてしまった
・「アレルギーは医者の方便」と言う元夫の親に蟹鍋やエビフライを食べさせられ、呼吸困難になり救急車を呼んだ
・3歳の息子がトマトアレルギーにも関わらず、「教育が悪い、偏食だ」と言って姑が無理やり食べさせた

などの事例が載せられてある。一見、「道徳と無関係では?」と思う人もいるかもしれないが、たとえば小中学校の道徳の授業の一貫として「食育」は行われていると上記のネットユーザーは指摘。そして、「食べることは命をいただくこと、残すことはそれを無駄にすること」という論調の中に「アレルギー」という言葉は存在しない場合もあるとも述べ、正論がときに人を命の危機に追いやってしまう危険性を指摘した。

■5年前の文部科学省関連のHPでも...

実際にネットで「食育 授業」と検索してみると、たとえば2012年に文部科学省が当時放送していたドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!』(フジテレビ系)とコラボしたページがヒットする。これは国民に広く食育に対する理解・普及を図るために行われていたプロジェクトで、本ドラマでは食事の大切さや温かい食事のありがたさ学ぶことができるよう。「給食の取組」「授業での食育」などのページも存在するが、「アレルギー」という文言はサイトのどのページで検索してもヒットしなかった。そして、『PRICELESS』に主演した俳優・木村拓哉はインタビューに対し、以下のように答えている。

「昔は、先生が上で絶対的な存在だったと思います。例えば掃除の時間になっても、『食べ終わるまで食べなさい』と怒られたり、牛乳が飲めない子も先生から言われて泣きながら飲んでいたりしました。それが普通でした。でも今の学校では状況が変わっているそうですね。給食を残していいなんて考えられなかったです」このようなHPのすべてに「ただし、アレルギーの子は...」と但し書きの記載を求めるのは野暮かもしれないが......あまりに前のめりな姿勢のサイトを見ると、大事なページには書いても問題なさそうにも思えてくる。

■「例外」にも配慮を!

たしかに、「食育」は健康な心身を育むためには非常に重要だ。しかし、物事には必ず例外があり、それを理解していない教師がいれば問題が起こる可能性もある。アレルギー対応が昔に比べて格段に進んでいる最近の学校現場はさておき、上記のネットユーザーの論に賛同を示す人が少なからずいたことからすると、昔は体質に合わないものを無理やり食べさせられた人も多かったのだろう。なお、しらべぇ編集部の調査では、「自分や家族に食物アレルギーがある」としている人は全体の14%存在している。

正論は正しいがゆえに反論しにくいもの。世の中には自分の考えを信じて疑わない人が一定数いるが、そんな人が「正論好き」だった場合に、想定外の事件は起きる。「食物」は非常に重要だが、そこに一言「でも、アレルギーの人は無理しちゃダメだからね」と言える柔軟さを誰もが持っておくべきだ。

10週間で300倍に増殖! 粉製品のダニアレルギーに注意

◆粉製品の保存方法に注意! 台所からのアナフィラキシーとは

小麦粉、お好み焼き粉などを常温で保存していませんか? 知らず知らずのうちにダニが増殖してしまい、それを食べてしまうことで重篤なアレルギーである「アナフィラキシー」を起こす可能性があります。

東京都福祉保健局によると、1993年の最初の報告以降、このアナフィラキシーは国内外で59例の報告がされているそうです。これまでの報告では、原因となった粉製品は、開封後に数ヶ月間から数年にわたって室温保存していたものでした。また、発症したすべての人の血液検査で、ダニアレルギーが見られましたが、アナフィラキシーを起こすまで特にダニアレルギーであることを自覚していない人もいたので、誰でも注意しなければいけない病気とも言えます。

◆ダニの繁殖力は10週間で約300倍! アナフィラキシーの原因と症状

●原因
アレルギーの原因になるのは、ダニの死骸や糞などのタンパク質です。ダニは温度25~30℃、湿度60~80%で、かつ餌のある環境であれば繁殖します。卵から成虫までは約1ヵ月で、寿命は2~3ヵ月です。この間に50~100個以上の卵を産みます。そのため、10週間も経つと約300倍に繁殖してしまうと言われています。粉製品の袋を開封後、小さな穴からダニが侵入した状態で引き出しなどに閉まっておくと、室温で、かつ湿度も高くなるため、ダニが繁殖し、アレルギーを起こす成分が増えてしまいます。

ダニの主な餌は人やペットなどの食べこぼしや抜け毛、フケですが、お好み焼き粉やホットケーキミックスなどの粉製品もダニの餌になります。特にお好み焼き粉には、味や風味の点で魚介エキスを含むアミノ酸が含まれていることがあるため、よりダニが繁殖しやすくなるのです。

●症状
パンケーキやお好み焼き、たこ焼きなどの粉製品を摂取した直後から1時間以内に症状が現れます。症状としては、咳や息ができない呼吸困難、ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴、白く盛り上がった湿疹である血管浮腫、鼻づまり、蚊に刺されたような蕁麻疹などが起こります。意識障害や血圧が下がったショック状態になることもあり、重症例も多いのが特徴です。

◆開封した粉製品の保管方法は? 密閉保存・加熱でもリスクあり

前述の通り、アレルギーの原因になるのは、ダニの死骸や糞などのタンパク質です。加熱すればダニ自体は死滅しますが、アレルギー性が低下しない成分があります。そのため、繁殖しきった材料をお好み焼きやホットケーキにしても、アレルギーを起こす可能性があるのです。

「ダニ繁殖小麦粉食品によるアナフィラキシーとその対策(小児科,45:1458-1464,2004)」によると、家庭で保存されていた粉製品のうち、開封部分を折り曲げて輪ゴム・クリップで閉じたものや密閉容器に保存していたものでも、ダニは検出されたと報告されています。また、未開封のミックス粉と未開封の薄力粉をダニとともに培養すると、ダニが繁殖することがある研究で証明されています。特に、薄力粉に比べミックス粉でダニは増殖しやすいようです。
.
◆ダニの繁殖を防ぐために簡単にできる工夫と対策

ダニの大きさは0.3~0.5ミリメートルで、目には見えません。ダニの色も透明に近く、肉眼的に粉製品にダニが増殖しているかは分かりません。もちろん顕微鏡を使えば見ることができますが、当然毎回確認するわけにはいかないので、ダニを増やさない工夫が重要です。

まず、開封したら早めに使い切ることが大切です。もしも使いきれなかった場合には冷蔵庫で保管して下さい。可能なら除湿剤などを入れて密封容器で保存するとよいでしょう。冷蔵していても安心せず、早めに消費しましょう。できれば、小分けになっている製品を使うのがお勧めです。

アレルギーを撃退するには「回数」よりも「質」、正しい掃除法とは

「アトピーやぜんそくなどのアレルギー疾患を防ぐためには、掃除はできるだけたくさんやったほうがいい」と思っている保護者のかたは多いと思います。アレルギーを撃退するには「回数」よりも「質」が重要のようです。今回は、小児科医であり、3人のお子さまを持つ母親でもある池谷優子先生が実践している掃除法について伺いました。

ハウスダストを撃退するお掃除法

(1)掃除のタイミングは朝起きてすぐ、もしくは帰宅直後
アレルギーにとって一番の敵は、部屋のホコリです。目に見える大きなホコリ以外に、部屋の中には、小さなホコリが常に漂っています。浮遊しているホコリは、人がいないときや人の動きがないときにゆっくり降りてきます。浮遊しているホコリが落ちきったところで掃除できれば、効率よくホコリを処理することができます。ですから、「朝起きてすぐ」、もしくは「帰宅直後」が、掃除の狙いどきです。

(2)高いところから低いところへ!
ホコリは上から下に落ちてくる性質があります。順番を誤って下から掃除をしたり、床掃除に必死になっていたりすると、一見きれいになったようでも、部屋の上部のホコリは除けず、知らないうちにホコリだらけになります。掃除をするときは、電球の傘、窓のさん、棚や机の上など、高いところから低いところへの拭き掃除がスタートです。

(3)いきなり掃除機NG! まずモップがけを!
掃除のとき、いきなり掃除機をかける人は意外と多いのではないでしょうか? ホコリが積もった状態で掃除機をかけると、掃除機の排気でホコリをまき散らす結果になってしまいます。まず、モップがけを行いましょう。モップがけといっても、面倒な水拭きの必要はありません。市販の付け替え用のモップやワイパー、乾いた布で簡単に床の表面をぬぐえばOKです。

(4)必ず換気を行い、空気の流れを作りホコリを追い出そう!
掃除機をかける際に必ず行ってほしいのが換気です。排気のきれいな掃除機の選択、紙パックの交換も大事ですが、掃除の間は想像以上にホコリが舞い上がり、下手をすれば掃除前よりあとのほうが、空気中のホコリが増えてしまうこともあります。できれば、窓を2か所以上開けて空気の通り道を作るのが理想的です。

フケなどの栄養分もある布団は、ダニにとっては快適な環境です。ダニを繁殖させないためには、できるだけ日光に当てて、布団を乾燥させることが大切です。午前10時から午後2~3時までが布団の干しどきですが、この時間帯を逃すと外気の湿気を吸ってしまい、逆効果になるので注意が必要です。絶対にやってはいけないのは、布団をバンバンとたたくことです。ダニやその死骸がたたけばたたくほど粉砕されて細かくなり、より舞い上がりやすく、体に吸収されやすくなってしまいます。

天日干しできない場合は、布団乾燥機を利用するとよいでしょう。
天日干しのあとには、掃除機をかけましょう。布団用のノズルが市販されていますので、1平方メートルあたり20秒くらいかけて、丁寧に吸い取りましょう。最近ではもっと便利な布団専用の掃除機もありますので、こちらを利用するのもよいと思います。

【保護者へのメッセージ】
育児、家事や仕事と毎日が障害物競走のような生活をされているお母さん。掃除だけに時間を割くのは難しいですよね。しかし、ポイントを押さえた効率のいい掃除法を実践することはきっとできるはずです。ご家族が健康で幸せな毎日を送れるよう、ぜひ少しずつでもいいので実践してほしいですね。

謎の不調はカフェインアレルギー?コーヒー以外に注意したい食品ベスト5

コーヒーを飲みすぎたり、エナジードリンクを飲んだ後に、体に不調があらわれたことはありませんか。

それはもしかすると多量にカフェインを摂取したことによる、「カフェインアレルギー」があなたに発症している危険性があります。

今回は「カフェインアレルギー」について、医師に解説をしていただきました。
カフェインアレルギーとは

カフェインを含む食品や飲料などを摂取することでアレルギーのような症状を示すものです。

カフェインに対して耐性の低い方が、カフェインに対する中毒症状を示すものをカフェインアレルギーと呼ぶこともあります。
カフェインアレルギーの症状

カフェインアレルギーの症状は、身体的な症状と精神的な症状に分けられます。

身体的な症状
・吐き気
・心拍数の増加
・呼吸が早くなる
・胃の痛み

精神的な症状
・不安や焦り
・落ち着かない
・眠れない
・幻覚が見える
・一時的な錯乱(非常に重症な場合)
カフェインアレルギーの対処方法

カフェインを控える
カフェインの過剰摂取、あるいはカフェインに対して過敏である疑いがあるので、カフェインを含む食品や飲料の摂取を控えることが治療になります。

ノンカフェインコーヒーを選ぶ
コーヒーを飲むことが習慣になっている方は、カフェイン抜きのコーヒーも数多く販売されていますので、そういったものを使用してみるのもよいでしょう。

コーヒー以外の飲料にも注意
コーヒー以外にも、緑茶や紅茶、ウーロン茶にカフェインが含まれますので注意が必要です。カフェインが含まれていないものには麦茶やルイボスティーなどがありますので、そういったものを飲用してみるとよいでしょう。

また、香りのよいハーブティーなどの中にも、ノンカフェインのものがありますので試してみるとよいかもしれません。
カフェインの安全な摂取量の目安
成人の方で1回に体重1㎏あたり3㎎程度までと考えられています。1日トータルで、5.7㎎/㎏を超えないようにしましょう。

なお、子供や妊婦さん、授乳婦さんはもっと厳しい別の基準が存在します。
カフェインアレルギーの注意点
カフェインアレルギーの注意点は、なんといってもその摂取量に注意することです。

エナジードリンクなど一見単なる炭酸飲料のように見えるものの中にも、多量のカフェインを含有しているものがありますので、気を付けて表示を確認しましょう。
カフェインが多く含まれる食品ベスト5

1位:眠気覚ましなどのカフェインサプリメント
600㎎も含まれるものもあるようです。

2位:玉露
100mlあたり160㎎とかなり高いです。

3位:眠気覚まし用のドリンク剤
1本当たり100㎎ほど含まれています。

4位:レギュラーコーヒー
普段なにげなく飲んでいるコーヒーにも、100mlあたり60㎎くらい含まれているので注意しましょう。

5位:高カカオチョコレート
美容や健康効果が高いとされていますが、カフェインが100gあたり100㎎など含まれているので過剰摂取は控えましょう。
カフェインアレルギーセルフチェック

カフェインを摂取したあとに、以下のような症状が現れたら注意をしてください。

□胃痛を感じる

□吐き気がある

□不安や落ち着かない感じが出る

□ドキドキすることがある
医師からのアドバイス
カフェインアレルギーはコーヒーを摂りすぎたときなどに経験のある方も多い症状だと思います。

ご自身の適量を知って、しそれをきちんと守っていくことが大切です。

子どもの食物アレルギー治療 小児科医に聞く

食物アレルギーについて小児科医の片山啓さん(64)=神戸市灘区=に聞きました。

 -血液検査をすべきですか。

 「しつこい湿疹などアレルギーを疑わせる症状がない限り血液検査は必要ありません。検査が陽性でも、実際に食べて症状が出なければ食物アレルギーではなく、陽性の物を全て除去する必要はありません。完全除去していた人が誤って食べると、少しずつ食べていた人に比べ症状が激しく出るといわれます。血液検査は参考にとどめ、心配なときは小児科医に相談し、少量ずつ与えて反応を見るチャレンジテストをしてください」

 -遺伝しますか。

 「アレルギーを起こしやすい体質は遺伝しますが、何に対して起こすかは、生まれてから獲得するものです。乳児湿疹やかぶれなどでバリアーが壊れた皮膚に食物などのたんぱく質が触れることで、アレルギーの原因になる抗体が作られるともいわれています。新生児期から皮膚を保湿し、湿疹ができたら早めに治療することが大切です」

 -アレルギー症状が出たら。

 「通常みられる症状には、摂取直後から2時間でじんましんや喉の腫れ、呼吸困難などを示す「即時型」と、12~24時間後に湿疹が現れる「遅延型」とがあります。即時型は場合により命の危険もあるので、症状が出たらすぐ医療機関で治療し、除去食も必要です。遅延型は危険性はないので、積極的な食物除去はあまり必要ないとされます。どちらも近年『食べさせる治療』が提唱されていますが、医師の指導の下でしてください」

 -アレルギーによる湿疹などにステロイド剤を使うべき?

 「日本では報道の影響で拒否感を持たれがちなステロイドですが、本来、ホルモンとして体内で作られ、なくなると命を維持できなくなるほど大切なもの。塗り薬に通常使われるステロイドは本人が作る量の数百~数千分の1程度で、全身性の副作用はまずありません。ただ、効かないまま使い続けると皮膚が薄くなったり、赤くなったりする局所の副作用が出ることも。湿疹などの症状が出た場合、炎症の強さに見合った強さの薬を使い、短期間で皮膚の治療を終えることが必要です。かさつきがなくなるまでしっかり塗ってください」(聞き手・広畑千春)

  かたやま・はじめ 山口県下関市出身。東京大医学部医学科卒業。2004年、神戸市灘区に片山キッズクリニックを開業。灘区医師会会長。

寒いとかゆい? 秋冬の「寒冷じんましん」にご用心!

■「寒冷じんましん」のきっかけは皮膚温度低下
じんましんは急に皮膚にできるかゆい膨疹です。盛り上がった湿疹ができる皮膚病の総称として使われます。

その中でも「寒冷じんましん」は、寒さがきっかけで起きるじんましんを指します。秋から冬にかけて多い病気です。

ちょっと間違えやすいのですが、正確には急な外気の温度低下による寒さのせいというよりも、皮膚温度の変化がきっかけとなります。例えば、入浴中に上がった体温が脱衣場で下がった場合も、きっかけとなります。紫外線を避けて日の出直後や日の入り後にジョッギングをして、発汗。たまたま風が吹いて上がった体温が低下した場合も、きっかけとなります。

鳥肌かと思ったのに、急にかゆくなってきたら寒冷じんましんを疑いましょう。

■寒冷じんましんになりやすいのはどんな人?
どちらかというと、

・寒がりという自覚がある
・鳥肌が立ちやすい
・寒くなると厚着と周囲から言われる
・厚着のために冬場でも汗をかく
・脱衣場の温度を寒く感じたことがある
・入浴後は体温が下がっても気にしない

ジョギングなどをしている場合、

・汗をかきやすい
・紫外線を避ける時間に行っている
・屋外(例:公園)で走り終える

多く当てはまる人は寒冷じんましんを経験する可能性が高いですね。

■寒冷刺激を避けましょう!
寒冷じんましんの予防は、皮膚温度の急な下降を避けること。とはいっても下手に厚着をすると、暖房が強い場所で発汗して冷たい乾燥した外気に汗が蒸発すると結果的に寒冷刺激となります。

特に女性の場合は、ワンピースは御法度。首の温度の変化を避けるために首元はトックリにして、襟巻きを併用。上半身の温度調節ができるようにセーターよりもカーディガン。足の寒冷刺激を避けるためにスカートよりもパンツルック。

寒冷じんましんの予防には、秋冬のファッションはコーディネートを中心に行きましょう。

■治療は温めること!
たかがじんましん。寒冷じんましんと侮ってはいけません。寒冷じんましんで起きている反応は、部位は限定されていますが、いわゆるアナフィラキシーショック・アナフィラキシー様ショックと同じ反応です。もしも全身に広がれば、救命救急措置が必要な事態となります。

寒冷じんましんを起こした場合の治療は、寒冷刺激は取り去ること。すなわち、体を温めることにつきます。薬物療法の有効性については効果の判定が難しいので積極的にはお薦めしません。

・屋外で起こした場合は、とにかく温かい建物中に入りましょう。

・入浴後に脱衣場で起こすような場合は、ホテルなどにあるようなガウンを使って体温低下を防ぎましょう。

・ジョギング後に起こすような場合は、温かい建物の中から走り始めて最後も建物の中で走り終わるようにしましょう。

寒冷じんましんは寒冷刺激がなくなれば、消えるのが普通です。寒冷刺激がなくなった状態でじんましんの状態が持続する場合は、寒冷刺激とは異なるきっかけの可能性があります。皮膚科を受診しましょう。

金属アレルギーや虫歯など差し歯のリスクをどう回避するか

「歯は一生モノ」といわれているが、自分の歯がなくなってしまったときどうすれないいのだろうか? 差し歯について、ご紹介します。

 入れ歯は歯根がなくても作れるが、差し歯は残っている歯根の上に、硬質プラスチックや金属の土台を作り、その上にかぶせものをする。歯根が残っている人は、「差し歯を選択するのが基本」と山形屋歯科坂上委員の坂上俊保さんは言う。

「歯の根っこが残っていれば、歯茎がやせにくい。歯茎を健康に保ち、噛む力を維持するためにも、できるだけ歯は抜かないほうがいいのです」(坂上さん)

 しかし、歯根の状態によっては、入れ歯を勧めることもあるという。

「差し歯は土台となる部分の歯根が虫歯になったり、歯周病になるリスクが高く、あとになって結局抜いてしまうことが多いんです。また、歯根が残っていても、状態がよくない場合は、金属で蓋をして、歯の根は生かしたまま入れ歯で覆うという方法もあります」(坂上さん)

 保険診療の差し歯では、金銀パラジウム合金という金属が用いられるが、治療に使用されるそうした金属が、金属アレルギーを引き起こす問題は近年、あちこちで指摘されている。

「金属に直接触れる部分や近接した部分に炎症が起こり、レース模様の白い斑点やかぶれなどができる扁平苔癬という病気も金属アレルギーが原因だといわれています。『がんではないですか?』と患者さんから尋ねられることもあります。手

や足に湿疹ができるなど、血液を介して全身に症状が出ることもあります。不安な場合は、事前に金属アレルギーのテストを受けていただいて、それらを含まない素材を使います」(坂上さん)

 さらに、経年劣化による虫歯も問題視されている。

もし食べてしまったら…毒キノコの種類と対策法

■1500種中、食用可能なキノコはわずか300種
キノコはカビと同じ菌類。菌糸と呼ばれる細胞が成長し、子実体と呼ばれる、我々が目にする形のキノコになり、胞子を作って、繁殖していきます。子実体の多くは傘を持ったような形をしています。

山には多くのキノコが生えており、秋になるとキノコ狩りなどのレジャーもありますが、食用可能かどうかの判断は非常に重要です。日本には約1500種類のキノコがあると言われ、食用可能なキノコは約300種、その中でも市販されているものは約20種と言われています。驚くべきことに、毒キノコと判っているものは約30種、残りの多くは、食用なのか毒なのかが不明なのです。

キノコを食べて様々な症状が起こるキノコ中毒ですが、その多くは、自ら山で採取した毒キノコを食用と考えて摂取して食べてしまうことで起きています。キノコによる食中毒では、意識がなくなるなどの意識障害、不整脈などの循環器障害、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器障害などが起こります。

■キノコ中毒の主な症状
キノコを食べた後、主にどこに症状が出るかで、大きく4つに分類されます。

1.消化器型
2.溶血型
3.神経型
4.その他

キノコ中毒を考える時に重要になるのが、摂取してから発症までの時間。3時間以内に発症する場合は、消化器型が多く、10時間以上経ってから発症するものは、重症になりやすいです。

以下で、各タイプ別に、その毒成分と含まれるキノコをまとめてみます。それぞれの毒に対する治療法についても解説したいと思います。

■消化器型キノコ中毒の種類・症状・治療法
●イルジンM、イルジンS、コリン
キノコ:ツキヨタケ、イッポンシメジ、カキシメジ
摂取から発症までの時間:30分~2時間
症状:水のような下痢、色彩幻覚と言って、青く見える(青視症)
治療:症状に応じた治療

●アマニタトキシン
熱に強い毒で死亡率が約90%で細胞を壊してしまうために、様々な臓器が障害される
キノコ:タマゴテングタケ、ドクツルタケ、シロタマゴテングタケ
摂取から発症までの時間:6~24時間
症状:水のような下痢、肝障害
治療:胃洗浄をして、活性炭、下剤を使用する。胆汁吸引を行う。ペニシリンGの投与。血液浄化と利尿を行う

■溶血型キノコ中毒の種類・症状・治療法
●ヒドラジン
熱で無毒化
キノコ:シャグマアミガサタケ
摂取から発症までの時間:6~12時間
症状:消化器症状、ビタミンB6の作用を抑えるために痙攣、溶血、肝障害、腎障害
治療:ビタミンB6を投与したり、メチレンブルーを投与

■神経型キノコ中毒の種類・症状・治療法
●イボテン酸
キノコ:テングタケ、ベニテングタケ
摂取から発症までの時間:30分~2時間
症状:アルコール中毒のような症状、粘膜が乾燥し、脈が多くなる
治療:ネオスティグミンという副交感神経を高める薬の投与

●ムスカリン
熱に強い
キノコ:アセタケ属、カヤタケ属
摂取から発症までの時間:30分~2時間
症状:発汗、よだれが出て、涙が止まらない、目の瞳が小さくなっている
治療:アトロピンという副交感神経を抑える薬の投与

●クリチジン、アクロメリン酸
キノコ:ドクササコ(ヤブシメジ)
摂取から発症までの時間:2~4日
症状:手足のしびれ、灼熱感、強い痛み
治療:硬膜外ブロックで痛みを和らげる

●シロシビン
キノコ:ワライタケ、ヒカゲタケ、シビレタケ
摂取から発症までの時間:30分~1時間
症状:幻覚、口の乾燥し、全身倦怠感、酩酊状態になり、意識障害
治療:統合失調症などの使用する抗精神薬であるクロルプロマジン

■その他の中毒・症状・治療法
●コプリン
キノコ:ホテイシメジ、スギタケ、ヒトヨタケ
摂取から発症までの時間:3時間~5日
アルコールを同時に摂取すると30分~2時間
症状:吐き気、嘔吐、動悸、顔が赤くなる、意識がなくなるなどの2日酔いのような症状
治療:アルコールを避ける。血圧を下げる薬であるプロプラノロールを投与

■キノコ中毒の予防法と対策法
まず何よりも、知らないキノコは食さないこと。キノコの外観、形態などをよくチェックして、図鑑などでキノコの種類をしっかりと確認しましょう。そしてキノコを採取した時には、採取した場所、時刻、食べた場合は調理方法、摂取量、一緒に食べた人などを把握しておきましょう。加熱することで無毒化するキノコ毒もあります。

毒キノコを食べたかもしれないと思った時には、まずは、吐き出すことが大切です。ただし、意識がない場合、けいれんしている場合は、気道に吐物が入る可能性があるので、嘔吐させてはいけません。

キノコを食べてから、体調が悪化した場合は、医療機関を受診します。その時には、できれば残っているキノコを持参しましょう。食品として摂取したキノコ中毒と診断された場合は、医療機関ではただちに保健所に届ける必要があります(食品衛生法第58条)。また、発症までの時間が長い毒キノコもありますので、なかなか診断が難しいことがあるのも実情です。

いずれにしても、名前がはっきりと判らないキノコや、確実に食用であると判別できないキノコを食べないようにすることが、キノコ中毒の予防の鉄則です。

じんましんについての基礎知識 ぽつぽつじんましん、どう対処したらいい?

さまざまな原因から発生するじんましん。じんましんには多くの種類があり、ひとことにじんましんと言っても、見たことがなければじんましんなのかよくわからないこともあります。いざというときのために、じんましんについての知識を備えておきましょう。この記事では「アレルギー性じんましん」について解説します。
.
蚊にさされたような立体的なふくらみが肌に広がる

じんましんというと、赤いぽつぽつが体に広がっていく様子を思い浮かべるかもしれません。しかし、実際のじんましんの多くは、蚊にさされたときのようなふくらみが増えるものです。最初は「虫にさされたかな?」と思う程度のふくらみが1つ、2つ現れるだけなのですが、そのうち肌の柔らかい部分を中心にどんどん増え、ふくらみとふくらみが合体し、広範囲のふくらみを形成します。治ってしまえば、肌にはなんの跡も残りません。

原因の多くは、なんらかの物質に対するアレルギー反応です。食品、薬品、塗料、香料、花粉、ハウスダストなど、原因になるものは数知れず、なかなか特定することはできません。また、原因物質を特定できたとしても、普段は特にアレルギー反応を示すことはないのに、体調や状況によってじんましんに発展してしまう場合などもあり、なかなかじんましんを予防するというのは難しいことなのです。

とはいえ、じんましんが発生する少し前までに食べた食品や触れたものを思い出し、メモしておくことは、今後のアレルギー対策・じんましん対策に役立つことも多いもの。病院で確認されることもありますので、しっかり書き記しておきましょう。
.
やっかいなのはかゆみを伴うこと。子どもの場合は特に早めの処置を

じんましんの多くは強いかゆみを伴います。早めに小児科やアレルギー科で受診し、飲み薬や塗り薬を処方してもらうことをおすすめしますが、状況によってはすぐに病院へ行くことが難しいかもしれません。その場合には、かゆい部分を冷やしてみてください。市販の虫刺され用のかゆみ止めなども一定の効果が見られる場合もあります。

どうしてもかきむしって泣き出してしまうような場合には、応急処置として抗アレルギー系の薬や、抗ヒスタミン系の風邪薬(鼻水を止める効果があるもの)を飲ませるという方法もあります。普段から利用している風邪薬を確認してみてください。今まで飲ませたことのないものや、大人用の薬を服用させるのは避けましょう。これはあくまでも緊急時の応急処置ですので、病院へ行くことを最優先に考えてください。

事前に何らかの薬を飲ませていてじんましんが出た場合には、薬品が原因の可能性もあります。このような場合にはどんな薬の服用も中止し、どんな薬を飲んだのか確認した上で医師に相談しましょう。追加で薬を飲むこともやめるべきです。

唇や喉の腫れがある場合には、さらに症状が進んで気道が確保できなくなり、呼吸困難に陥る可能性もあります。この場合には危険な状態になる恐れもありますので救急を利用するなどして、いち早く受診するようにしましょう。

じんましんの症状は、刻一刻と変わるものです。肌だけでなく、体温、顔色、呼吸・咳などを含め、頻繁に様子を見てください。子どもから目を離さないことが大切です。なお、じんましんは短時間で治まる場合もありますが、症状がくり返されることもよくあることですので、常備薬のことも含め、医師に相談することをおすすめします。

熱射病よりも怖い!? 『紫外線アレルギー』とは

誰でも紫外線アレルギーになる可能性がある

皆さんは、「紫外線アレルギー」という言葉を聞いたことがありますか? 紫外線アレルギーとは、普通の人なら何ともないような量の日光や紫外線を浴びただけで、肌に湿疹ができたり、真っ赤に腫れ上がったり、かゆみを感じたりするようになる皮膚症状のことです。「日光過敏症」や「日光性皮膚炎」などとも呼ばれています。

「そんなアレルギー症状は出てないから自分には関係ないだろう」と思うかもしれませんが、花粉症がそうであるように、アレルギーとは突然発症することが多いものです。そのため、いままで何ともなかったという人も、日光や紫外線を浴び続けて抗体の一定量を上回ると、急にアレルギー症状が出始める可能性があります。

また、これも花粉症と同じですが、一度紫外線アレルギーを発症すると、完治することはほぼありません。ですから、まずは症状が出ないように、アレルゲンとなる紫外線に接触しないことが、とても重要になります。

紫外線アレルギーの予防

紫外線アレルギーを予防するためには、直接紫外線を浴びないようにすることが大切です。日常的に日焼け止めを塗ったり、長袖の服を着たり、帽子をかぶったり、UVカット効果のあるサングラス・メガネをかけるようにしましょう。

また、日差しがきつい日は外出を控えたり、なるべく日陰に入ったりするようにするのも良いでしょう。

こんなときは紫外線アレルギーかも

皮膚疾患は、いろいろな要因が重なって症状が起こる場合が多いので、紫外線アレルギーで湿疹やかゆみが出ているのかどうかを、自分で判断するのは難しいものです。でも、紫外線アレルギーには、下記のようなサインがあると言われているので、これらの症状に当てはまる項目が多いときは、皮膚科医に診てもらいましょう。

(1) 日差しを浴びると、すぐに肌が赤くなる。
(2) 日焼けをしても肌が黒くならない。
(3) 肌が熱を持ち、ほてり感が続く。
(4) 頭痛や吐き気を伴うことがある。
(5) 鳥肌が出ることがある。
(6) 発疹や水ぶくれになることがある。
(7) 紫外線があまり当たらないアゴの下には症状があまり出ていない。

食物アレルギーの症例や診断 薬剤内服では治癒せず

岡山済生会総合病院(岡山市北区国体町)の小倉和郎小児科医長に、食物アレルギーの症例や診断、治療などについて寄稿してもらった。

 食物アレルギーとは、「食物によって引き起こされ、抗原特異的な免疫学的機序を介して、生体に不利益な症状が惹起(じゃっき)される現象」を意味します。症状により、(1)即時型反応(アナフィラキシーを含む)、(2)新生児・乳児消化管アレルギー、(3)食物依存性運動誘発アナフィラキシー、(4)口腔(こうくう)アレルギー症候群、(5)食物アレルギーの関与するアトピー性皮膚炎に分類されています。

 (1)即時型反応とは、原因食物摂取後、短時間(概(おおむ)ね2時間以内)に誘発症状が認められる症例。(2)新生児・乳児消化管アレルギーとは、新生児期に粉ミルク摂取後に嘔吐(おうと)や血便等が認められる症例。(3)食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは、原因食物の摂取のみでは症状が誘発されず、摂取後に運動を伴う事で症状が認められる症例。(

4)口腔アレルギー症候群とは、花粉症に合併する事が多く、果物や野菜等を摂取する事で口腔内に掻痒(そうよう)感あるいは粘膜の腫脹(しゅちょう)といった症状が認められる症例。(5)食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎とは、湿疹の増悪に食物摂取が関与している、または原因食物の摂取に伴い(1)即時型反応を合併する症例となります。(アトピー性皮膚炎と食物アレルギーが必ず関係しているとは限りません)。

 誘発される症状としては、皮膚症状(蕁麻疹(じんましん)、発赤他)、粘膜症状(目の充血、口腔内・口唇の腫脹や違和感他)、消化器症状(腹痛、嘔吐他)、呼吸器症状(咳(せき)、喘鳴(ぜんめい)、声のかすれ、息苦しさ他)、アナフィラキシー(症状が複数の臓器に認められる状態、また血圧低下が伴う状態であればアナフィラキシーショックと呼ばれる)があります。

 原因となる食物としては、小児では鶏卵、牛乳、小麦が多く、それ以外でも症状が誘発される可能性はあります。

 診断において最も大切なのは、特定の食物摂取で症状が誘発される事を確認、あるいは症状が誘発された時点以前に摂取した疑わしい食物をリストアップし、摂取からの時間経過、誘発症状の内容、それまでの摂取歴等を確認する事になります。

血液検査(特異的IgE抗体検査)、皮膚検査(スキンプリックテスト他)を実施する事で疑わしい食物を絞り込む事は可能ですが、血液検査等で反応があったとしても(感作があると表現します)、必ず症状が誘発されるとは限らず、また反応が無かったとしても必ず安全に摂取が可能であるとは限りません。そのため、最終的な診断には「経口負荷試験」(実際に疑わしい食物を摂取してみる検査)が必要になります。

 そして診断された食物アレルギーに対して行う治療・管理は、原則として「正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物除去」となります。必要最小限の食物除去とは、(1)摂取すると症状が誘発される食物のみを除去する、(2)原因食物として症状が誘発される食物でも、摂取しても症状が誘発されない量については摂取をする事になります。現状では、残念ながら特定の薬剤内服で食物アレルギー自体が治癒する事はありません(誘発された症状の治療目的では薬剤投与が有効です)。しかし、小児で多く認められる、鶏卵、牛乳、

小麦については、成長に伴い自然に摂取可能となる事が多いため、適宜、経口負荷試験を実施し摂取が可能になっているか確認し、食物除去を速やかに解除する事が大切になります。ただし小学校に入学しても、アナフィラキシーを誘発する症例では、自然に摂取が可能になる可能性は低くなるため、一部医療機関では、研究目的にて「経口免疫療法」(食べて食物アレルギーを治す治療)が実施されています。必ず原因食物の摂取が可能になるわけではなく、また治療経過中にアナフィラキシー発症のリスクもあるため、一般診療として誰にでも勧められる治療方法ではありません。

 岡山済生会総合病院(086―252―2211)

増える「果物アレルギー」

花粉症と関連、植物の種類で違い

 果物を食べると口の中のかゆみや、唇の腫れなどの症状が出る「果物アレルギー」が増えている。花粉症と関連がある新しいタイプのアレルギーと考えられており、注意が必要だ。

 神奈川県内の女性(31)は3年前、リンゴを食べた際、口の中や喉の奥にかゆみを感じた。症状は15分くらいで治まった。その後モモやサクランボでも症状が出るようになり、病院で検査を受けた。その結果、リンゴなど数種類の果物が原因のアレルギーとわかった。

 「それまで普通に食べていたので、まさか果物が原因とは思わなかった。今は、アレルギーを起こしやすい果物を避けるようにしている」と女性は話す。

 国立病院機構相模原病院(神奈川県相模原市)のアレルギー性疾患研究部長、海老沢元宏さんは「果物によるアレルギーは増えている。花粉症の人が発症しやすく、関連があると考えられている」と指摘する。女性も花粉症だった。飲食して5分以内に口の中や唇にかゆみや違和感が出ることから、「口腔こうくうアレルギー症候群」とも呼ばれる。子どもも大人も発症する。

 果物や野菜には、花粉症のアレルゲン(アレルギーの原因となるたんぱく質)と似た構造のたんぱく質を含むものがある。花粉症患者が、これを食べると症状が出る場合がある。花粉症になって数年後に果物によるアレルギーを発症するケースが多いが、遅れる理由ははっきりしない。
.
 花粉症の原因となる植物の種類によって、アレルギー症状が出る果物は違ってくる。カバノキ科のハンノキやシラカンバの花粉症は、リンゴ、モモ、サクランボといったバラ科の果物で症状が出やすい。ブタクサは、メロンやスイカなどだ。患者が多いスギ花粉症はトマトで症状が出るが、報告例は少ない。理由は不明という。

 「分かっていないことも多く、医師でも、アレルギーの専門家でないと、理解が進んでいない面があります」と海老沢さん。

 横浜市立大学付属病院の皮膚科医、猪又直子さんは「口の中がかゆいだけと軽視してはいけない。まれですが、呼吸困難などの症状が出る場合もあります」と話す。特にシラカンバやハンノキの花粉症は、もやしや豆乳で重症化するケースがあり、注意が必要だという。口腔アレルギー症候群は低年齢化しており、3歳で花粉症を発症し、5歳で果物にも反応するようになった例もある。猪又さんは「子どもは症状をうまく言葉にできない。より注意が必要」という。

 どういう対策を取ればいいのか。

 藤田保健衛生大学医学部小児科教授の近藤康人さんは、「果物を食べて違和感を覚える場合は、専門医を受診して」と勧める。血液検査で花粉のアレルギーを調べ、果肉などを使う皮膚テストで判定する。抗ヒスタミン剤で症状を緩和できる場合もある。

 口腔アレルギー症候群の原因となる果物のアレルゲンは、加熱すると分解される。ジャムや缶詰は症状が出ないことが多い。同じ果物や搾りたてのジュースを一度に多量に飲食しないことにも気をつける。

 一般的な食物アレルギーは、全身のじんましんやせきなどの急性症状を起こすことも多い。卵や乳製品、小麦のほか、オレンジ、キウイ、バナナなどの果物も原因となる。花粉症でなくても発症する。乳幼児期から発症するケースが多い。

情報の提供と収集が大切

 アレルギー性疾患の患者らを支援するNPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク事務局長、赤城智美さんの話

 食物アレルギーは増えており、食品メーカーや医療関係者らによる具体的な情報提供と、消費者側の積極的な情報収集が大切だ。例えば、カレーに使われる薬味「チャツネ」でアレルギーを起こしたケースがあった。チャツネにはアレルギーを起こすマンゴーなどの果物が含まれているが知らない人もいる。メーカーは、法律に基づく表示のほか、親切な説明も増やしてほしい。消費者も表示の見極めなど、口にするものについて学ぶことが身を守ることにつながる。

加工食品の表示頼りに

 消費者が、加工食品の原材料を知るには表示が頼りとなる。食品表示法は、アレルギーの原因となる原材料の表示を義務づけている。卵や小麦など発症数が多かったり、重症化しやすかったりする7品目だ。また、イクラやキウイなど20品目の表示を推奨している。
.
専門医の下で適切な治療

 ◎取材を終えて 国民の半分が何らかのアレルギーに悩まされているという。私は花粉症。2人の子どもはアレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の症状がある。乳児期に食物アレルギー、幼児期にぜんそく、学童期に鼻炎と、成長とともに症状が行進しているかのように続くことを「アレルギー・マーチ」と呼ぶ。我が子はまさにその状態。「アレルギーは、正しく理解し、適切な治療を行えばコントロールできる時代」。今回の取材で医師からこう聞き、専門医の下での治療の大切さを再認識した。

アナフィラキシー、食物アレルギー)(の誘因と対応

岡山済生会総合病院(岡山市北区国体町)の小倉和郎小児科医長に、食物アレルギーが重症化した症状「アナフィラキシー」の誘因と対応について寄稿してもらった。

アレルギーとは、食物アレルギー、薬物アレルギー、気管支喘息(ぜんそく)、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎等さまざまな疾患の総称です。その中でも、緊急性があり生命の危機が考えられるものに、アナフィラキシーがあります。

 アナフィラキシーとは、「アレルゲン(原因となる物質)等の進入により、複数臓器、全身性にアレルギー症状が惹起(じゃっき)され、生命に危機を与え得る過敏反応」のことであり、「アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合」をアナフィラキシーショックと呼びます。

 (1)発赤(紅斑、蕁麻疹=じんましん=等)等の皮膚症状に、息が苦しい等の呼吸器症状あるいは血圧が下がる等の循環器症状を伴う、(2)原因(あるいは原因になりうる物質)に暴露した後、数時間以内に、発赤(紅斑、蕁麻疹)等の皮膚症状、息が苦しい等の呼吸器症状、腹痛(嘔吐=おうと)等の消化器症状、血圧が下がる(意識がおかしくなる)等の循環器症状の二つ以上が認められる、(3)原因物質(アナフィラキシーを誘発する原因と判明している物質)に暴露後、数時間以内に血圧が下がる(意識がおかしくなる)等の循環器症状が認められる、この(1)~(3)のいずれかに該当する状況であればアナフィラキシーと診断されます。

 ただし、この状況にあてはまるとしても、必ずアナフィラキシーと診断されるわけではなく、気管支喘息発作や失神等の他疾患の可能性も考えられます。

 アナフィラキシーの誘因としては、食物、蜂毒、薬剤(抗生剤、造影剤等)が多いですが、小児科領域では食物を原因としてアナフィラキシーを発症することが多く、鶏卵、牛乳、小麦が多くの症例で原因となっています。

 アナフィラキシーの症状としては、皮膚、消化器、呼吸器、心血管系、中枢神経症状等さまざまな症状が認められますが、必ずどの症状が認められるか決まっているわけではありません。つまり皮膚症状(発赤、蕁麻疹)が多くの症例で認められますが、必ず認められるわけではないことに注意が必要です。

 アナフィラキシーを発症した時には、速やかに医療機関を受診することが勧められます。また、既にアナフィラキシーを発症する可能性があると診断され、「エピペン」を携行している人ではエピペンを使用し、速やかに医療機関を受診することが勧められます。

 (消化器症状として)繰り返す嘔吐と我慢ができない持続する腹痛、(呼吸器症状として)のどが締めつけられる、声がかすれる、犬のほえるような咳(せき)、ぜーぜーする呼吸や呼吸がしにくい状態、(全身状態として)唇や爪が蒼(あお)白い、脈が触れにくい、意識が朦朧(もうろう)とする、ぐったりする、

尿便を漏らす、これらの症状が一つでも認められる状態ならエピペンを使用すべきであると、日本小児アレルギー学会から2013年に示されています。また、一度症状が落ち着いた後、数時間経過してから再度誘発症状が認められることがある(二相性)ため、注意が必要です。

 アナフィラキシーの再発予防では、まず誘発因子を特定し、その誘発因子を回避することが大切です。誘発因子の特定には、血液検査(Immuno CAP他)、皮膚テスト(プリックテスト他)等も参考になりますが、全ての物質に検査が可能なわけではありません。一番大切なのは、アナフィラキシーが誘発された時点から数時間前までに摂取した食事内容、内服した薬物内容、虫刺され等のエピソードを確認することになります。

 また最近では、アレルゲン免疫療法も有用とされています。以前から行われていたスギ花粉症に実施される皮下免疫療法や最近行われるようになってきた舌下免疫療法が広く実施されていますが、食物アレルギーに関しても「経口免疫療法(Oral Immunotherapy)」が、アナフィラキシー対策や耐性獲得を目的に一部医療機関にて実施されています。

しかし、現在において研究段階の治療法であり、治療効果、治療過程におけるアナフィラキシー発症、目標量の設定等の未解決問題が多く、現時点で一般的診療として推奨されていません。

岡山済生会総合病院(086-252-2211)
おぐら・かずお 岡山一宮高、島根医科大(現島根大)医学部卒。独立行政法人国立病院機構岡山医療センター小児科、藤田保健衛生大学(第2教育病院)坂文種報徳会病院小児科などを経て、2012年4月から現職。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医(小児科分野)。

給食のコロッケで入院? 原因はなんと「ミルクアレルギー」だった!

食べ物に対してさまざまなアレルギーがありますが、「3大食物アレルギー」をみなさんはご存知でしょうか。それは「卵」「小麦」そして「牛乳(ミルク)」です。今回は先日神奈川県横浜市内の小学校で、集団アレルギーを引き起こした「ミルクアレルギー」について、医師に聞いてみました。

ミルクアレルギーとは、どういうことでしょうか?

食物アレルギーとして、卵の次に多いのが牛乳・乳製品です。乳に含まれるタンパク質を体が分解することができず、ミルクアレルギーとして以下の症状が現れると考えられています。

・下痢
・嘔吐
・皮膚の乾燥や腫れ・赤み
・湿疹

牛乳を飲んで数時間以上経って症状が出ることもあります。
ミルクアレルギーが出た場合、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか?

乳製品は「全粉乳」「脱脂粉乳」「練乳」「はっ酵乳」などと記載されています。アレルギーの方は避けるようにしましょう。なお、加工食品に含まれる「乳化剤」「乳酸菌」「乳酸カルシウム」などは乳製品ではありません。加工食品に乳製品が含まれるかどうかを調べる場合は、表示を十分に注意してください。

また、乳児にアレルギーがある場合、一般に市販されている粉ミルクは牛乳をもとに作られているために使用できません。その場合、値段は高くなりますが、ミルクアレルギー対応の粉ミルクが販売されています。アレルギーの原因となるタンパク質を処理して分解したもので、乳糖不耐症用の粉ミルクとは異なります。どのメーカーのものを使用するかは小児科医と相談してください。

調理方法によってミルクアレルギーでも乳製品を食べることができるのでしょうか?

アレルゲンであるカゼインというタンパク質は、加熱しても構造が変わりにくく、アレルギーの起こりやすさは変わらないとわれています。発酵してもタンパク質の構造が保たれるため、チーズやヨーグルト、生クリームなども同様に注意が必要です。 大豆アレルギーがなければ、豆乳は牛乳のかわりに使用でき、お菓子や料理に使用できますので、ぜひ利用しましょう。

ミルクアレルギーは何科を受診すればいいでしょうか?
お子さんの場合は小児科がよいでしょう。大人の場合、耳鼻科、内科、皮膚科でアレルギー科を標ぼうしているクリニックがおすすめです。 赤ちゃんがミルクアレルギーの場合、母乳でもアレルギー反応が出ますか?

母乳自体にアレルギーがあることはありませんが、母乳中にはお母さんが食べたものの成分がわずかに出ますので、その成分にアレルギー症状が出ることがあります。その場合、お母さんの食事から牛乳や乳製品を除去して、症状がおさまるか観察します。どの程度お母さんの食事から乳製品を除去するかは、担当医と相談の上で慎重に進めましょう。 最後に「ミルクアレルギー」についてアドバイスをお願いいたします。

多くの食品に牛乳・乳製品が含まれており、ミルクアレルギーのお子さんを持つ保護者の方は大変心配と思いますが、腸の発達に伴いアレルゲンとなるタンパク質を分解する機能が発達し、乳製品を食べることができるようになることも多くあります。

夏風邪ではない! 耳鼻咽喉科専門医が教える、「寒暖差アレルギー」の見分け方

ジメジメと蒸し暑い屋外からクーラーの効いた室内に移動したとき、くしゃみが何度も出て鼻水が止まらない……という経験はありませんか。「夏風邪?」と思いがちですが、「ほかに風邪のような症状が見られず、花粉によるアレルギーもない場合は、寒暖差アレルギーの疑いがあります」と話すのは、耳鼻咽喉科専門医で、とおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長。詳しいお話しを聞いてみました。

■温度差が激しいと、鼻の粘膜の血管がひろがる

―「寒暖差アレルギー」という言葉を初めて聞きました。どういった病気なのでしょうか。

遠山医師 医学的には、「血管運動性鼻炎」と言います。アレルギー性鼻炎と同じく、激しい「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」を起こしますが、原因は花粉やダニのような特定のアレルゲンではありません。環境に過敏に反応して、症状が出ると考えられています。

―環境とは、この場合、屋外から室内に移ったときのことを指すのでしょうか。

遠山医師 そうです。寒暖差アレルギーは、文字通り、「冷」と「暖」の温度の変化が引き金になります。

暑い屋外から涼しい冷房が効いた室内に入ったときに限らず、寒いところから暖かい地点へ移動したとき、寒い日に暖かい布団から出た直後などに起こります。

くしゃみを連発する、ポタポタと落ちるような鼻水、激しい鼻づまりがありますが、1~2時間で周囲の温度に慣れてくると症状が治まってくることもあります。

―なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

遠山医師 はっきりとした原因はまだわかっていませんが、自律神経の働きが関係すると考えられています。

自律神経は体の機能を周囲の環境に適応させる役割があり、活動しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときや睡眠中に働く「副交感神経」の2つがバランスをとり合って、健康を維持しています。

交感神経には、血管を収縮させて、くしゃみや鼻水などの症状を抑える働きがあり、もう一方の副交感神経には、鼻汁を分泌する働きがあります。

自律神経が適応できる寒暖差は、一説には5~6度までと言われています。それ以上になると自律神経のバランスが乱れて、鼻の粘膜の血管の収縮がうまくいかず、ひろがります。

すると、諸症状をコントロールできずに、鼻づまりが起こる、膨張した血管から水分がもれて鼻水が出る、くしゃみが出るようになります。

寝不足や疲労、ストレスなども自律神経の働きを低下させる要因になります。そんなときに、冷暖房が効きすぎた空間や、旅行などで温度差が大きい環境に移動すると、寒暖差アレルギーが出やすくなるでしょう。

■女性は特に体を冷やさないように注意

―寒暖差アレルギーなのか、夏風邪かを判断する基準はありますか。

遠山医師 鼻水の状態に注目してください。風邪のときの鼻水は、透明でサラッとしたものから、1週間ほど経つと黄色くドロっとした粘着性のあるものに変わり、やがて治まります。寒暖差アレルギーの場合は、花粉症と同じで透明でサラサラしていて、大きな温度差があると常に出るのが特徴です。

また、寒暖差アレルギーの症状の多くはくしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つですが、倦怠感やイライラ、不眠、食欲不振を訴える人もいます。夏風邪の場合は、鼻水のほかに、高熱、のどの痛み、せき、頭痛、下痢、腹痛などが多く見られます。

―寒暖差アレルギーが女性に多いというのは本当でしょうか。

遠山医師 女性は男性に比べて自律神経のバランスが乱れやすいこと、また、筋肉量が少なくて冷え症であることが多いため、そのように言われています。当院の患者さんでも実際に女性が8割です。また、花粉症など元々何らかのアレルギーがある人に多い傾向があります。

―寒暖差アレルギーの予防法や対処法はありますか。

遠山医師 まずは何よりも、エアコンの設定温度や衣類で温度差を調節するようにしてください。案外、これを実践していない人が多いように思います。また、冷暖房が効いた室内に入る前にマスクを着用して、空気が一気に鼻に入るのを予防する、マスクがないときはハンカチで鼻を覆うなどでも有効でしょう。

特に女性は、冷房の効いた部屋では露出が多い服装を避けるなどして、体を冷やさないようにしてください。夏でもぬるめのお湯で半身浴をするなどして、体を温めるようにしましょう。

また、日ごろから自律神経の働きを整えるために、十分な睡眠、栄養のバランスの整った食事、適度な運動を心がけましょう。

アレルゲンが特定されないだけに、市販薬も病院で処方される薬も症状を抑える対症療法となりますが、市販薬の場合はアレルギー性鼻炎と同じく内服薬や点鼻薬が、処方薬でも抗ヒスタミン系の内服薬や点鼻薬、漢方薬などがあります。1週間ほど服用して改善の様子をみましょう。

―病院に行ったほうがいいタイミングを教えてください。

遠山医師 鼻水が長く続く場合や、頭痛がする、眼の奥が痛い、せきやたんがでる場合は、耳鼻咽喉科や内科などの医療機関を受診して相談しましょう。

■まとめ

温度差に体が反応して、寒暖差アレルギーと呼ばれるほどの激しいくしゃみや鼻水を引き起こすことがわかりました。いまいる場所の気温や温度に気を配って体が冷えることを予防し、また、自律神経の働きが低下しないように、寝不足や疲労、ストレスのため込みに注意する必要があるということです。

取材協力・監修:遠山祐司氏。
耳鼻咽喉科・気管食道科専門医。大阪市都島区医師会会長。医学博士。とおやま耳鼻咽喉科院長。
とおやま耳鼻咽喉科:大阪市都島区御幸町1-9-1 ttp://www.eonet.ne.jp/~tohyamajibika/

よくある疑問(1)蕁麻疹(じんましん)って完治するの?

一生のうち一度は蕁麻疹を経験する人が、約2割いるといわれています。そのうち、原因がはっきりしないものを「特発性蕁麻疹(とくはつせいじんましん)」と言い、7割以上を占めます。つまり、誰でもなる可能性のある蕁麻疹は、そのほとんどが原因がわかっていないということになります。

一度出ても数日後に消えてしまう場合はよいのですが、治療しているにもかかわらず出たり引っ込んだりを数か月、あるいは数年繰り返していると、「完治しないのだろうか?」と不安になることもあるでしょう。

蕁麻疹は完治するケースもある

蕁麻疹のほとんどは、「急性蕁麻疹」と言って、数日かせいぜい繰り返しても1か月以内におさまります。しかし、中には、1か月以上持続する蕁麻疹があり、これを「慢性蕁麻疹」と呼んでいます。慢性蕁麻疹ははっきりした原因がわからないケースが多く、治療が長期化するのが一般的です。

原因不明の慢性蕁麻疹は根気よく治療を

原因のはっきりしない蕁麻疹は、完治が難しいことが多いです。治療としては、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤といった対症療法が中心になり、病院で飲み薬を処方されます。

薬は、決められた時間に、毎日継続的に内服するのが基本です。たとえ蕁麻疹が出ない日でも、きっちり飲むことが大切です。

薬の種類は、1種類の場合もあれば、作用機序の違う2種類以上の薬を併用する場合もあります。薬の効き具合によって、投薬量が増えたり減ったりしますが、ある一定期間は毎日継続的に内服する必要があります。

薬の量は、蕁麻疹を抑えるために比較的多い量から始まりますが、効果をみながらゆっくりと減らしていきます。治療期間は年単位に及ぶこともありますが、根気よく治療することにより、完治できるケースもあります。

治りにくい蕁麻疹でも、自己判断で薬の服用をやめることは好ましくありません。

原因が判明した蕁麻疹の場合は、原因を退けることが大切

蕁麻疹の中には、原因がはっきりしているものもあります。たとえば、食物や、動物の毛といったものは、血液検査でわかりますので、それを避けることによって、発症は防げます。

また、体が急に冷えたり、温まることで起こる「寒冷蕁麻疹」や「温熱蕁麻疹」は、急激な温度変化を避けるよう心がけるだけで、予防することができます。これらの蕁麻疹は、自らの努力で症状を改善させることができ、さらに抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服治療により完治させることが可能です。

一方、ベルトや時計など、皮膚への接触(しめつけ)によっておこる「機械的蕁麻疹」は、原因がわかっても完治させるのは難しいものです。しかし、内服治療によって、かゆみなどの症状は軽くなってきますので、蕁麻疹が出てもさほど日常生活に支障をきたすことはありません。

蕁麻疹の種類によっては加齢により完治することも

蕁麻疹の種類によっては、治療しなくても自然に消えてしまうものもあります。たとえば、「コリン性蕁麻疹」は、10〜20歳代に多く発症しますが、年齢がいくにしたがい発症頻度は少なくなり、30歳ころには完治するといわれています。これは、運動や入浴によって汗をかいた後にみられる蕁麻疹で、胸や上背部に細かい蕁麻疹がたくさんあらわれるのを特徴としています。

■蕁麻疹を起こさないための予防が大切

前述した通り、原因がはっきりしている蕁麻疹の場合は、その原因をできるだけ避けることが大切です。原因がわからない特発性蕁麻疹の場合は、以下のような「蕁麻疹の増悪因子になりやすいもの」をできるだけ避けるようにしましょう。

疲労、ストレス、睡眠不足を避ける

疲労や睡眠不足、精神的なストレスは、自律神経の乱れや免疫力の低下を起こし、蕁麻疹発生に関与するアセチルコリンやヒスタミンの分泌を高めます。

規則正しい生活、十分な睡眠と休息を取るようにし、心身のストレスをためないようにすることが大切です。

特定の食べ物が原因の場合、その食品を避ける

特定の食べ物のアレルギー反応として、蕁麻疹がでることもあります。これを「アレルギー性蕁麻疹」と言いますが、代表的なものとしては、エビやカニといった甲殻類、ソバなどがあります。

アレルギー性蕁麻疹かどうかは、皮膚に傷をつけて液をたらすスクラッチテストや血液検査によって判断することができます。

これらの検査で陽性になったものは、食べるたびに症状があらわれますので、食べないように留意しなければなりません。

ヒスタミンのついた食べ物を避ける

ヒスタミンとは、アレルギーを引き起こす原因物質ですが、ある食べ物に対してアレルギーを持っている場合、それを食べると体でヒスタミンが分泌され、毎回アレルギー反応を起こします。

しかし、本来アレルギーを起こさない食べ物に対して、たまたま蕁麻疹が出ることがあります。たとえば鮮度の落ちた魚などがこの例です。これは、魚自体が腐敗する過程でヒスタミン物質を作ってしまうことが原因です。ですから、普段大丈夫な食べ物でも、鮮度が落ちているものには注意しなければなりません。

非ステロイド抗炎症薬、人工着色料などを避ける

非ステロイド抗炎症薬、食物、色素や防腐剤に含まれるサリチル酸化合物によって蕁麻疹が誘発されることがあります

・人工着色料…タートラジン(食用黄色4号)などのタール系アゾ色素

・防腐剤…安息香酸ナトリウム、パラベン類など

・薬品…解熱鎮痛剤など非ステロイド系の炎症剤

・食品…キュウリ、トマト、リンゴ、ブドウ、モモ、イチゴなど

このように、私たちの身の回りには、蕁麻疹の原因となるものがたくさんあります。体が健康なときは問題なくても、抵抗力や免疫力が弱まっているとき、蕁麻疹が発症してしまう危険性があります。また、いったんできると年余にわたってくりかえすことがあり、心身ともに疲弊してしまいます。

まずは体調を整え、体の抵抗力や免疫力を高めて、蕁麻疹の原因物質を寄せ付けない努力が必要となってきます。

血液型も関係アリ!? 食中毒になりやすい人の6つの要因

■食中毒にならない「ハゲタカ」
ハゲタカ(コンドル)は死肉をあさる際、炭疽(たんそ)菌やクロストリジウム菌などの病原菌や毒素に身をさらすことになっても、病気になったり死んだりしないことが知られています。

デンマークと米国の科学者チームが発表した論文によると、その理由は「数百万年に及ぶ進化で磨き抜かれたハゲタカの消化管が、飲み込んだ有害な細菌の大半を殺し、残った細菌と問題なく共存することができる」ということにあるようです。

デンマーク・コペンハーゲン大学のマイケル・ロゲンバック氏は、「ハゲタカが摂取する有毒細菌への対処について、進化による強力な適応が体内で起きたことを、われわれの研究結果は示している」と語っています。

私たちの生体内でもハゲタカほどではありませんが、感染防御の仕組みが備わっており、その違いにより同じものを食べても「食中毒になりやすい人」と「食中毒になりにくい人」がいることがわかっています。

ある調査では、同じ給食を食べ、検便でO-157が検出された児童の症状を調べたところ、入院が必要になった児童は全体の12%、下痢のみの軽い症状だった児童は全体の58%、何の症状も出なかった児童が30%いたという報告もあります。

「食中毒になりやすい人」と「食中毒になりにくい人」の違いとは、どのような点にあるのでしょう?

■食中毒になりやすい人の6つの要因
食中毒になるには個人差があります。要因は以下のように大きく6つに分けることができます。

1.腸内に善玉菌が少ない
2.ストレスが多い
3.胃酸が少ない
4.年齢や体調
5.食べるの際の鮮度や量
6.血液型

どのような点が関係しているのか具体的に考えてみましょう。

■食中毒になりやすい人の特徴とは

●1.腸内に善玉菌が少ない
悪玉の菌、例えばO-157のような悪玉の大腸菌は、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が健全に活動していれば腸内で増殖しにくくなることということが実証されています。腸内環境が整い善玉菌が優位な人は、腸管感染症が発症しにくいと考えられます。善玉菌を優位にするには、動物性脂肪を控えて、食物繊維を多くとり、定期的に乳酸菌やビフィズス菌を含んだヨーグルトなどを取り入れるといいでしょう。

●2.ストレスが多い
ストレスがあると自律神経のバランスが崩れて、免疫力が下がるということが研究により証明されています。また、ストレスは腸内細菌のバランスを崩し、悪玉菌を優勢にするということもわかっています。ストレス過剰な状態は、病気にかかるリスクが高い状態ともいえます。

●3.胃酸が少ない
胃酸は多すぎると胃潰瘍や逆流性食道炎の原因となることもありますが、逆に少なすぎると胃の中に入ってきた菌を殺す力が弱まるという欠点があります。胃酸を抑える薬を飲んでいたりして極端に胃酸の量が少ないことは、腸管感染症を引き起こしやすい要因の一つといわれています。

●4.年齢や体調
若年者や高齢者は免疫力が低下していることが多く、感染症にかかりやすく、さらに重症化しやすいとされています。健康な人でも、過労や睡眠不足など体調不良があると免疫力が低下しているので要注意です。

●5.食べる際の鮮度や量
鮮度が悪いというのは、菌が繁殖しやすい状況ということです。増殖速度の速い腸炎ビブリオは、栄養条件がいいと10分に1回分裂して2倍に増えます。1時間で約32倍、3時間経つと約1万倍まで増殖します。食中毒菌の多くは75℃1分以上の加熱で死滅します。感染予防のためには十分に加熱しましょう。

また、体の中に入る菌の量でも食中毒を発症するかどうかが異なります。通常は、食中毒菌を1~2個摂取しただけでは発症しません。発症するにはある程度の菌量が必要ですが、少ない菌量で食中毒を発症するものと、多くの菌を摂取しないと発症しないものがあります。腸管出血性大腸菌やノロウイルスは、少ない菌の量でも食中毒を発症する感染力が強いものです。菌を多く取り入れると、それだけ食中毒を発症するリスクが高くなります。

●6.血液型
ノロウイルスには複数の種類が存在しますが、ノーウォーク類似型に関してはB型の血液型の人には感染しないことがわかっています。理由は、ノロウイルスが結合するためのレセプターをB型の人は持っていないためのようです。ただし、ノーウォーク類似型以外のノロウイルスには感染するので、まったくあたらないわけではありません。

以上のように、食中毒を発症するには様々な要因があります。予防するには、体調が悪いときは生食は避け、もしも食べる場合には十分に加熱するよう心がけましょう。

牛乳の「体に悪い」「完全栄養食品」説の真実~"本当の"牛乳アレルギーは命にかかわる

 昨年、元オセロの松嶋尚美さんが、「牛乳は有害だから子どもに飲ませていない」とテレビ番組で発言し、ネット上で波紋を広げた。松嶋さんは、保育所や幼稚園でも子どもに飲ませないよう伝えていたという。

 その根拠は、人づてに聞いた「牛乳を飲むとカルシウムが尿と一緒に排泄される」「乳製品を多く摂る欧米人は骨粗鬆症になりやすい」というもの。

 番組内で医師にあっさり否定されたが、匿名掲示板では松嶋さんの発言に否定的なコメントが多く寄せられた。

牛乳は「体に悪い」? それとも「完全栄養食品」?

 「牛乳は体に悪い」という説は、これまでもあった。しかし、骨粗鬆症の国内外の学会で「牛乳や乳製品が骨粗鬆症の原因になる」という報告はない。

 逆に「牛乳をたくさん飲むと骨粗鬆症予防になる」という研究結果は、世界中の多くの研究者や医師から寄せられている(公益財団法人骨粗鬆症財団より)。

 「体に悪い」と言う人がいる一方で、「牛乳は完全栄養食品」と褒めちぎる人もいる。カルシウムはもちろん、タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれているからだ。

 鉄分やビタミンC、D、食物繊維が充分ではないので「完全栄養食品」と言うには無理があるものの、少ないエネルギーで効率よく栄養素を摂ることができる食品であることはたしかだ。

"お腹ゴロゴロ"はアレルギーではない

 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして下痢をしてしまう人がいる。ヨーグルトやケーキなど乳製品を使った食品で症状が出る敏感な人もいる。これはアレルギーではなく、牛乳に含まれる「乳糖」を分解する酵素ラクターゼが少ない、または分泌されないことで起こる「乳糖不耐症」だ。

 乳糖不耐症は人種によって発生頻度が違い、おおざっぱに言うと、白人は低く、黒人や黄色人種が高いとのこと。日本を含むアジア系の割合は80%以上とも95%とも言われる。

 しかし、牛乳1本で下痢をしてしまう過敏な人は少数派で、そういう人でも牛乳を温めて少しずつ飲めば大丈夫なケースが多いとのこと。

 牛乳を飲んだら症状が現れることからアレルギーと間違われやすいが、本当の牛乳アレルギーは、下痢や嘔吐など消化器をはじめ、皮膚炎、じんましん、ぜんそく、鼻炎、口内の腫れなどさまざまな症状を引き起こす。

 ひどい場合は「アナフィラキシーショック」となり命にかかわることもある。

 牛乳アレルギーの原因は、牛乳に含まれるタンパク質に反応してしまうためで、免疫力が未熟な乳幼児には少なくない。アレルギーを持つ子どもには、アレルゲンとなる乳製品を与えず、発症させないことが第一だ。
牛乳アレルギーの子どもに注意したいこと

 しかし、今年4月に『Pediatrics』誌に掲載された論文で、ショッキングな研究結果が発表された。牛乳アレルギーの子どもは、他の食品アレルギーの小児に比べて、骨が弱い可能性があることがわかったというのだ。

 この研究を発表したのは、モントリオール大学(カナダ)准教授のGenevieve Mailhot氏ら。

 食物アレルギーのある思春期前の小児81人を調査し(対象児の平均年齢は約7歳で、52人に牛乳アレルギー、29人にそれ以外の食物アレルギーがあった)、対象児の骨密度と骨の健康に欠かせない血液中のビタミンD濃度を評価した。

 その結果、牛乳アレルギー群では6%に骨密度低下が見られたが、他のアレルギー群では骨密度低下は認められなかった。牛乳アレルギー群ではカルシウム摂取量も1日930mgと、他のアレルギー群の1435mgに比べて少なかった。

 なお、牛乳アレルギー群でカルシウムサプリメントを摂取している子どもは37%、ビタミンDサプリメントを摂取している子どもは44%に留まったが、摂取している児では平均摂取回数が週5回以上と、良好に服用されていた。

アレルギーの場合は他で摂取

 今回の知見は、牛乳アレルギーと骨密度低下の因果関係は示しておらず、また骨折を心配するほどの骨密度の差は認められなかったというもの。

 だが、Mailhot氏は「子どもが牛乳アレルギーの場合、大豆、アーモンド、カルシウム強化オレンジジュースなど、他のカルシウムが豊富な食品をとらせるようにしたい」と話している。牛乳アレルギーの子どもを持つ親は心したい。

 ちなみに、「牛乳をたくさん飲めば背が高くなる」というのはいささか乱暴な説だ。骨を丈夫にするカルシウムが多い牛乳は、たしかに成長期に有効な食品だが、運動や睡眠など、身長を伸ばすためにはほかにもたくさん必要な要素がある。

花粉症の人は注意!フルーツや野菜を食べ違和感あったら口腔アレルギーかも

アレルギーとは痒くなったりブツブツが出たりするだけの「ちょっと困る」程度の症状だと思っている人や、そんなアレルギーを引き起こす物質が非常に限られたものであると思い込んでる人は少なくないようです。

アレルギーは本来は病原性のないものに対して体の免疫が過剰反応してしまうことを指します。アレルギーの程度に差はあれ、その物質に限りはありません。

■子供の場合は「好き嫌い」と誤解されがち

中でも口腔アレルギー症状を持つ子供達にこのごろネットで注目が集まっていました。この症状は、子供に限らず花粉症を持つ人に多いとされており「花粉・食物アレルギー症候群」とも呼ばれています。
しかし表面上見えるアレルギーではないため、認知度はやや低め。特に子供の場合には違和感を訴え「食べたくない」といっても「好き嫌い」と誤解されることも多いそうです。

食物を摂取してから30分以内に喉、鼻の中、唇などの粘膜部分がイガイガする、ピリピリする、痛くなる、痒くなる、顔が浮腫む、肌に赤いブツブツが出る(蕁麻疹)、気管支や食道が狭くなったような気がして苦しい(呼吸困難につながるため要注意事項)、などの症状が出た場合は注意が必要。また、加熱したものよりも生で摂取したほうが症状が出やすいなどの特徴があります。

■フルーツや野菜を食べ違和感があったら注意

ヒノキやスギの花粉に反応する人はトマト、シラカバなどのカバノキ科などの花粉に反応する人はリンゴ、モモ、イチゴ、大豆、ピーナッツなどに、カモガヤなどのイネ科の花粉に反応する人はメロン、スイカ、バナナなど、そしてキク科の花粉に反応する人はキュウリ、ニンジン、セロリなどに反応するそうです。

対処法はとにかく原因となる食物を食べないこと。必ずしもこの食物に反応するわけではありませんが「何か食べたらイガイガした」という人は重篤な症状を引き起こす可能性もあるため、日ごろから注意するようにしてくださいね。

確定診断が必要だという人は皮膚科でパッチテスト(皮膚アレルギーテスト)を受けてみるのもいいかもしれませんが、テストに反応が出ない場合でもアレルギー症状が出ることがあるそうです。特に子供の場合は成長により体質が変化します。「今まで平気だったのに」「好き嫌いかしら」と思い込まず、ぜひ子供の声に耳を傾けてみてください。

原因不明の体調不良 実は食物アレルギーかも?

 年々、アレルギーに悩まされている人は増えており、わが国のアレルギー罹患者は、今や人口の2人に1人という報告もある(2010年、厚労省調べ)。

 その中でも代表的なのは食物アレルギーだ。これは鶏卵や乳製品、小麦などを食べることでじんましんが出てしまったり、呼吸が苦しくなったりするもので、主に小さい子供に表れると考えがちだが、昨今では、成人になって発症する食物アレルギーが飛躍的に増加しているという。

 今なぜ、成人の食物アレルギーが増えているのか──。そもそも小児期に発症するアレルギーと大人になってからのそれとは、原因食物が大きく異なる。その発症は突然で、子供のときにアレルギーと無縁だった人も例外なく発症する。

 しかし、その症状が多岐にわたることから、アレルギーと気づかない人も多いという。原因不明の不調に悩んでいたら、実はそれは大人のアレルギーかもしれないというのだ。

 独立行政法人国立病院機構相模原病院が実施した2009年から2011年の患者調査によると、成人の食物アレルギーの原因食物は果物・野菜が最も多く、全体の約30%以上を占める。

そのほかには、小麦、そしてかにやえびなどの甲殻類、スパイス、ナッツ、魚の寄生虫であるアニサキスの順で続く。小児の食物アレルギーの原因として頻度の高い鶏卵や乳製品は、成人では極めて稀であった。

 さらに、成人の食物アレルギーの場合、原因となる食べ物によって、アレルギーの発症メカニズムも異なる。

 成人になって発症する食物アレルギーの発症メカニズムは、食べることによって発症する『経口感作』と、皮膚や粘膜のアレルギーから始まる『腸管外感作』の2つに分かれる。

『経口感作』の代表は、小麦によるアレルギーだ。成人の小麦アレルギーは、乳幼児の場合と違い、小麦を食べるだけでは発症しないことが多い。

小麦を食べた後に運動した場合にのみアレルギーが起こる、『食物依存性運動誘発性アナフィラキシー』という特徴的な病状で発症する。皮膚に発疹が出たり、血圧が下がったり、重症の場合は呼吸困難になることもある。

 アレルギー疾患の専門医・福冨友馬さんによると、食後すぐに運動することで、小麦に含まれるアレルゲンの吸収を高めてしまうことが原因だと考えられるという。

「運動が激しいものでなくても、アレルギー症状が起きることがあります。普段から小麦を多く摂取している人は、特に注意が必要です」(福冨さん。以下「」内同)

 もう一方の『腸管外感作』の代表は、ヘルシーな食べ物だと思っていたはずの、果物や野菜が引き起こすアレルギーだ。

「りんご、もも、さくらんぼ、なし、びわなどのバラ科の果物や、大豆でアレルギーが発症することが多いのです。大豆は、納豆やみそ、しょうゆといった大豆製品では平気でも、加工の程度が低い豆乳などで症状が出てしまうことがあります」

 また、豆乳などの大豆製品を食べてアレルギー症状が出たことがなくても、りんごやももなどの果物でアレルギーを発症した場合は、今後豆乳などによるアレルギーを新しく発症する危険性が高まる。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

花粉に動物、洗剤まで!? 女子に聞いた「私、●●アレルギーなんです!」6選

かゆみや肌荒れ、鼻水や咳などアレルギーによって引き起こされる症状がさまざまなように、アレルギーの原因となるものも人それぞれ。春先は花粉症、そのほかには動物や金属へのアレルギーなど、やっかいなアレルギーを抱えている人も少なくないはず。そこで今回は、女子が抱えるアレルギー症状にはどんなものがあるのか聞いてみました。

■動物やハウスダスト

・「猫アレルギー。実家で猫を飼いはじめて、帰省するとマスクとティッシュペーパーが手放せなくて本当にツラい」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「ハウスダストアレルギー。鼻水くしゃみが止まらなくなる」(31歳/その他/技術職)

犬や猫などの動物が大好きなのに、少しでも近づくとくしゃみが止まらなくなったり、体がかゆくなってしまったり……。こんな苦しいアレルギーを抱えている人も中にはいますよね。

■金属

・「金属アレルギー。材質によっては、ピアスやネックレスでかぶれるので、かわいいデザインのものでもつけられないことがある」(27歳/金融・証券/営業職)

・「金属アレルギー。大学生のときにおしゃれな耳飾りはすべてピアスで、我慢するのがツラかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

金属アレルギーのせいでおしゃれを思う存分に楽しめないと悩む女性たちの声も。たしかに、アレルギーのせいでつけられるアクセサリーが制限されてしまうのは、女性として本当にツラいものです。

■花粉

・「花粉アレルギー。薬を飲んでいても完全に症状が消えることはないので、春先は意識もボーッとしてつらい」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「花粉アレルギー。果物もアレルギーが出てしまい、好きないちごなどが食べられなくなった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「花粉アレルギー。学生のころ、期末テストとかぶってせっかく覚えたことも抜けてしまった」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

マスクとゴーグルのようなメガネで完全防備、症状が出るシーズンの前から服薬したとしても鼻水や目のかゆみなどを完全に抑えるのは難しい花粉症。花粉が飛んでいない時期も果物でアレルギー症状が出てしまう人もいるそうなので、一年中油断はできなさそうですね。

■食べ物・飲み物

・「マンゴーアレルギー。見るだけでかゆくなる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ごまアレルギー。食べすぎるとだるくなる」(32歳/自動車関連/技術職)

場合によっては命の危険もある食物アレルギー。自分にとって避けるべき食べ物を知っていたとしても、知らないうちにその成分が含まれたものや一緒に調理されたものを食べたり、飲んだりすることもあるので食事の際には万全の注意を払わないといけない、大変なアレルギー症状です。

■ほかにもこんなアレルギーが!

・「寒暖差アレルギー。寝起きや入浴後などくしゃみが止まらなくなる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「洗剤アレルギー。以前転職した際、新人は事務だけど皿洗いをしなくてはいけなくて、しかも安物の洗剤だから入社して3日で手がボロボロになった」(30歳/その他/その他)

多くの人にとってはなんでもない気温の差や洗剤も、人によってはひどい症状を引き起こす原因になることが。日常生活を送る上で避けて通れないようなものがアレルギーの原因になっていると、症状を抑えるのも大変。さまざまなことに敏感になってしまいますよね。

■まとめ

風邪がなかなか治らないと思って病院に行ったら、花粉症だったという話も聞きますが、今までは大丈夫だったものに突然アレルギー反応を起こしてしまうことも少なくはないそうです。食事をしたあとに不調を感じた、ある場所に行ったらくしゃみが止まらなくなったなどの症状が繰り返し起こるときは要注意! アレルギーの症状を感じたら、一度病院で相談してみるのもいいかもしれませんね。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

扁平苔癬へんぺいたいせん)の原因・症状・治療法

扁平苔癬の症状と特徴

扁平苔癬は紫紅色をした発疹が身体のあらゆる部分に生じて、我慢できない程のひどいかゆみをともなう病気です。最初は小さな発疹がそれぞれ離れて生じますが、しだいに複数に増加して融合します。平たく盛り上がっていて境目が角ばってザラつきがあり、うろこ状のカサついた丘疹になります。

かきむしると新しい発疹が現れ、再発性があるので注意が必要です。発疹が消えた後も色素沈着を起こし、跡が残ります。

ほとんどの場合、発疹は身体の両側に現れます。主に好発するのが胴体、四肢、陰部、口内です。四肢に生じた場合は発疹が特に大きく広がります。顔面に生じることはあまりないですが、頭部に生じると脱毛を引き起こす原因となります。

扁平苔癬の原因

扁平苔癬の原因は詳しく解明されていません。しかし特定のリンパ球が皮膚の細胞にダメージを与えて発症すると考えられています。また薬剤が原因で似たような症状が現れることがありますが、その場合は扁平苔癬型薬疹として判断されます。さらに最近ではC型肝炎やエイズウイルスの感染症に合併している場合も増加しています。

扁平苔癬の治療法

扁平苔癬のほとんどは特別な治療をしなくても治ります。通常1年から2年で症状は消えますが、なかにはもっと長引く場合もあります。口内に生じた場合はさらに長引く傾向があり、口腔癌を引き起こす可能性がありますが、そのリスクは極めて低いものです。

皮膚に生じた場合は皮膚癌になることはありません。また発症した約2割の方が再発をするので、完治までには相当な時間が掛かります。

治療法として、かゆみを抑えるため薬剤を使用します。発疹へ直接注射したり、内服、塗布をしたりさまざまです。また薬剤が原因になっている場合には、その薬剤の使用を中止し原因を取り除きます。口内に生じて痛みがあり食事ができない場合には、麻酔薬を含んだ液剤で口内をゆすぎ、痛みを抑制します。

いずれも専門のドクターに相談をしながら根気よく治療を進めていくことが大切です。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト
▽子育て中で勤務時間のご希望があるお医者さま

10週間で300倍に増殖! 粉製品のダニアレルギーに注意

■ダニによって起こるアナフィラキシー
小麦粉、お好み焼き粉などを常温で保存していませんか? 知らず知らずのうちにダニが増殖してしまい、それを食べてしまうことで重篤なアレルギー(アナフィラキシー)を起こす可能性があります。

症状としては、パンケーキ、お好み焼き、たこ焼きなどの粉製品を摂取した直後から1時間以内に、咳、息ができない呼吸困難、ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴、白く盛り上がった湿疹である血管浮腫、鼻づまり、蚊に刺されたような蕁麻疹などが起こってきます。意識障害や血圧が下がったショック状態になることもあり、重症例も多くなっています。

2010年には、日本で59例報告されています。これまでの報告では、原因となった粉製品は、開封後に数ヶ月間から数年にわたって室温保存していたものでした。また、発症したすべての人の血液検査で、ダニアレルギーが見られましたが、アナフィラキシーを起こすまで特にダニアレルギーであることを自覚していない人もいたので、誰でも注意しなければいけない病気とも言えます。

■ダニの繁殖力は10週間で約300倍
ダニは温度が25~30℃、湿度が60~80%で、餌のある環境であれば繁殖してしまいます。卵から成虫までは約1ヵ月で、寿命は2~3ヵ月です。この間に50~100個以上の卵を産みます。そのため、10週間も経つと約300倍に繁殖してしまうと言われています。

ダニの主な餌は人やペットなどの食べこぼしや抜け毛、フケですが、お好み焼き粉やホットケーキミックスなどの粉製品もダニの餌になります。特にお好み焼き粉には、味や風味の点で魚介エキスを含むアミノ酸が含まれていることがあるので、よりダニが繁殖しやすい環境にあります。

こうした粉製品の袋を開封後、小さな穴からダニが侵入したまま室温で引き出しなどにしまっておくと、湿度も高くなり、ダニが繁殖する環境が整ってしまいます。

アレルギーの原因になるのは、ダニの死骸や糞などのタンパク質です。

■加熱してもアレルギーの原因は取り除けない
アレルギーの原因になるのは、ダニの死骸や糞などのタンパク質。加熱すればダニ自体は死滅しますが、アレルギー性が低下しない成分があります。そのため、繁殖しきった材料をお好み焼きやホットケーキにしても、アレルギーを起こす可能性があります。

『ダニ繁殖小麦粉食品によるアナフィラキシーとその対策』(小児科,45:1458-1464,2004)によると、家庭で保存されていた粉製品を検査すると、開封部分を折り曲げて輪ゴム・クリップで閉じたもの、また密閉容器に保存していたものでも、ダニが検出されたと報告されています。常温で台所の戸棚に長期間しまっているとダニが繁殖し、アレルギーを起こす成分を多く含んでしまうことになります。

実際、未開封のミックス粉と未開封の薄力粉をダニとともに培養すると、ダニが繁殖することが証明されています。特に、ミックス粉で増殖しやすいようです。

■ダニが増えていることは目で確認できるのか?
ダニの大きさは0.3~0.5ミリメートルですから、目に見えません。ダニの色も透明に近く、肉眼的に粉製品にダニが増えているかどうかはわからないでしょう。

もちろん顕微鏡を使えば見ることができますが、毎回確認するわけにはいきませんので、ダニを増やさない工夫をする必要があります。

■ダニの繁殖を防ぐ方法は?
開封したら早めに使い切ることが大切です。できれば、小分けになっている製品を使うのがお勧めです。

また、使いきれなかった時には冷蔵庫で保管します。可能なら除湿剤などを入れて密封容器で保存するとよいでしょう。冷蔵していても安心せず、早めに消費しましょう。

●参考文献
・Anaphylaxis after ingestion of beignets contaminated with Dermatophagoides farina(J Allergy Clin Immunol 92:846-849,1993)

・お好み焼き粉に繁殖したダニによる即時型アレルギーの2例-Inhibition immunoblot法による原因抗原の検討と粉の種類によるダニ数及びダニ抗原増加の検討-(日皮会誌 120:1893-1900,2010)

・ダニ繁殖小麦粉食品によるアナフィラキシーとその対策(小児科 45:1458-1464,2004)

・ダニ混入お好み焼き経口摂取によるアナフィラキシーの2例(J Environ Dermatol Cutan Allergol 2:123-129,2008)

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト
▽子育て中で勤務時間のご希望があるお医者さま

カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】