2

認知症になった母親と家族を救った子猫の漫画が話題に 「涙が止まらない」「心に響きました」の声

精神機能の低下により日常生活や社会生活を送ることが厳しくなる認知症。そんな認知症になった母親の変化と、その後もらってきた1匹の子猫・ミイによって救われた家族の漫画が「心に響きました」「涙が止まらなくなりました」と話題になっています。

 投稿したのは漫画家の山崎浩さん。お父さんが早くに亡くなり、1人でお店を経営してバリバリ働いていたというお母さんですが、いつの間にか異変が訪れ、気がついたときにはもう認知症が始まっていたといいます。

 最初は自活もできて笑っていたお母さんも、認知症が進行するにつれ奇行が増すように。そこで山崎さんのお兄さんが実家に戻るも、激しくなるお母さんの奇行は止まらず……山崎さんも実家を継ぐかなど悩んでいたタイミングで、突然お兄さんがもらってきたのが子猫のミイでした。

 気ままに遊び回る子猫を追い回す毎日に、猫嫌いだったというお母さんは認知症になってから言うようになった“他人への悪口”をやめて、「あ~もうあのネコ」と猫の悪口を言うように。すると、それからはだんだんと子猫の世話をするようになり、子猫の方からも懐かれたお母さんは以前のような穏やかな状態になったそうです。まさに救世の猫ちゃん……!

 そして、その頃からデイサービスを受けられるようになったお母さんは、昼間は施設で夜は猫と一緒に過ごす和やかな日々に。その後症状が悪化して介護病棟に移ってからは、会えないからと“ネコのぬいぐるみ”を渡すと、いつまでもそのネコをさわって笑顔を見せたとのこと。また一方で子猫から成長したミイは、お母さんが戻れなくなった実家のベッドで帰りを待つように寝ているとのことで、離れてもお互いが強く通じ合っているのが感じ取れます。

 Twitterでは「胸が切なくも温かくなりました」「親の認知症への心構えとしても、心に残りました」と感動や感謝を伝える声が多く寄せられていて、同じような状況にいる人からは「とても参考になります」という声も。

 なお、山崎さんにうかがったところ、「猫もアニキも元気にやってます」とのことで、ミイは今はお兄さんと仲良く暮らしているようです。

【犬と猫の同居において】犬も猫も満足できる遊び方♪

犬にも猫にも狩猟本能がある

元々犬も猫も野生動物を種とした動物であり、生きるための「狩猟本能」を備えています。犬の祖先はオオカミ、猫はミアキスという肉食種で、動き回る動物の肉を主食としていたと言われています。それ故に両者とも動き回るモノには非常に敏感であり、かつ彼ら自身も動き回るので、同居生活の中でも「遊び」の範疇を超えてしまい、どちらかがどちらかを狩りにいくシーンに近くなってしまう可能性があります。(

筆者のお家でも犬猫が共存していて、どちらかというと犬が猫を追いかけ回すシチュエーションが多いですが、猫も「狩りモード」に入った際に爪を出して襲いかかり肝を冷やした経験があります。。)犬は力強い歯、猫は鋭い爪を使い、相手を仕留めにかかったら両者とも大怪我に繋がり兼ねません。それではじゃれる範囲を超えて「狩りモード」に入らせないようにするには、どのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。

犬も猫も満足できるオススメの遊び方

まずは犬と猫の同居に際して

飼い主さんがキチンとしたルール(秩序)を作ってあげることルールのある遊びを通して、しっかりとストレスを発散させてあげること

この2点が同居の失敗防ぎ、共和を図るポイントであると筆者は考えています。
それを踏まえて、犬も猫も満足できる遊び方の一例をご紹介します!

①犬に「マテ」の指示を出して、猫にオモチャを投げる

まずは猫を優先にして、鈴が入ったボールや振り回すことの出来るネズミのオモチャで遊んであげます。その際に犬には「マテ」でしっかり我慢させること。猫はしつけることが中々難しい為、飼い主の言うことが聞ける犬にトレーニングを兼ねて待っていてもらいます。

②オモチャを追いかけずに待つことができた犬におやつ(ご褒美)をあげる

しっかりと待つことが出来た犬にはおやつ(ご褒美)をあげます。この時飼い主さん自身も声をかけたり撫でたりして、しっかりと褒めてあげてください。狩猟本能を持つ犬にとって、動き回るボールは好物中の好物。これを我慢することはもの凄いストレスがかかっているはずですので、褒める際の一定の号令(イイコ、エライなど)を決めて褒めることが重要です。

③何回か繰り返し、猫がオモチャ遊びに満足したら犬もオモチャで遊んであげる

そして①②を何度も繰り返して、猫が満足したらようやく犬の出番です。
「さて、ワンコお気に入りのボールで…」といきたいところですが、ボールのオモチャだと満足したはずの猫が興奮して再び追いかけて来る可能性があります。
「やっと自分のモノになったのに何なんだ!」と犬が怒ってしまうため、できればボール系のオモチャではなく引っぱる系のオモチャを使い、区別してあげることがオススメです。

初めに書きましたが、両者の「しつけできるかできないか」という点を抑えることが大きなポイントとなります。
同じものさしで見るのではなく、「犬はトレーニング、猫はお遊び」であることを理解することが重要です。

この遊び方のメリット

ここまで説明した遊び方ですが、犬猫両者にとってそれぞれのメリットがあります。犬におけるメリットマテのしつけ強化につながるしっかり待てればご褒美がもらえるおもちゃ遊びもできる猫におけるメリット犬にペースを乱されずにマイペースに遊べて、ストレス発散出来る

特に犬において、このボール遊びを「マテ」でしっかり我慢できるようになることは通常のしつけより高いハードルを超えていると言えます。これによって飼い主さんとの信頼関係もより深まることでしょう。この「狩猟本能抑制トレーニング」、全てではありませんが犬と猫の同居失敗の不安要素をいくらか拭ってくれるはずです。ハッピーなワンニャンライフのために少しでも役立てば幸いです!

猫に関するランキング、好きなパーツでは肉球を押さえ●が1位を獲得だニャン!!

アイペット損害保険株式会社が猫飼育者263名を対象に猫に関するアンケート調査を実施したところ、「猫の好きなパーツランキング」で、肉球をおさえ、「瞳」が1位を獲得した。

猫関連グッズや特集雑誌等、猫が経済にもたらす経済効果を指す「ネコノミクス」などの新語も登場し、関西大学名誉教授の宮本勝浩さんの試算では、その額は約2兆3,162億円(15年)に達すると見込まれるなど、空前の「猫ブーム」は年々盛り上がりを見せている。そして折りしも今日は「猫の日」。猫飼育者が考える、「猫の好きな毛色」「好きなパーツ」「好きなところ」といった猫の魅力について聞いたアンケートの結果を紹介したいと思う。

■猫の好きな毛色ランキング

猫の好きな毛色では、「茶トラ」が1位(36.5%)を獲得した。

第1位 茶トラ:36.5%
第2位 キジトラ:30.0%
第3位 黒:28.1%

4位から10位は以下の通り。

第4位 三毛:26.6%
第5位 グレー/ブルー:22.8%
第6位 白黒:22.1%
第7位 白:16.7%
第8位 キジトラ白:10.3%
第9位 茶トラ白:10.3%
第10位 サバトラ:8.0%

■猫の好きなパーツランキング

猫の好きなパーツでは、肉球をおさえ、瞳(21.3%)が1位を獲得。ただ、2位の肉球(18.6%)、3位の毛並み(16%)と僅差であることから、猫の魅力がこの三つのパーツに集中していることが伺えた。

第1位 瞳:21.3%
第2位 肉球:18.6%
第3位 毛並み:16%

4位から10位は以下の通り。

第4位 しっぽ:9.1%
第5位 お腹:8.0%
第6位 足:4.6%
第7位 マズル・ひげ袋:4.2%
第8位 耳:2.7%
第9位 おしり:1.5%
第10位 舌:0.4%

■猫の好きなところランキング

半数以上の猫飼育者が猫の「マイペース・自由なところ」に魅力を感じていることが分かる結果に。

第1位 マイペース・自由なところ:52.1%
第2位 顔や表情:43.7%
第3位 やわらかい体・抱き心地:39.2%

4位から10位は以下の通り。

第4位 甘えん坊なところ:31.6%
第5位 仕草:30.8%
第6位 世話に手がかからないところ:24.0%
第7位 ツンデレなところ:22.8%
第8位 におい:9.1%
第9位 いたずらっ子なところ:5.7%
第10位 虫やネズミを退治することころ:0.4%

以上すべてのアンケートは「その他」「特になし」の回答を除いて集計。

犬が唸る行動は問題である場合と状況によって問題ない場合があるのを知っていますか?

犬が唸る理由

愛犬が眉間とマズルに皺を寄せ、ドスの利いた声で「ウーッ!」と唸ってきたら「飼い主に向かって…!」とムカッときたり、ショックを受けたり…複雑な心境ですよね。ですが、飼い主さんは愛犬が唸る理由を知っていますか?

犬が唸るのは警告

犬が唸るのは

大事な物や場所を取られそうになった時警戒心や恐怖心を抱いた時嫌なことや不快なことを遠ざけたい時

などです。
こうした状況の時に犬は「それをやめないなら咬むよ!」と相手に警告するために唸ります。

唸ると得なことが起こる!?

飼い主さんと犬との関係が崩れていると、犬は唸る行動を起こしがちです。しかし犬の唸る行動が強化されてしまうのは、唸る行動によって嫌なことや不快なことがなくなった経験があるからです。例えば、飼い主さんがお手入れなど犬にとって嫌なことを行っているとします。その時に犬が唸ったら大抵の飼い主さんは驚いたり怯んだりして、その行動をやめてしまいますね。そうすると犬は「唸ったら嫌なことがなくなった!」と思い、『唸る=自分に得なことが起こる』と学習します。その結果、犬は「嫌なことはどんどん唸って遠ざけよう」と考え、唸る行動が増えていくのです。

唸る行動は咬む行動の前兆

唸る警告の次に待っているのは咬む攻撃なので、唸る行動は咬む行動の前兆と言えます。ですから犬が唸るのはやめさせたい行動のひとつです。とはいえ唸る状況によって対処法は異なりますから、状況に応じた対処法を知っておく必要があります。

犬に唸られる状況① 犬が大事にしている物を取ろうとした時

犬が唸る時の状況は様々ですが、おもちゃや食べ物など犬が大事にしている物または場所を取ろうとした時に唸ることがあります。

大事な物を守るために唸るのは犬の本能

特に所有欲の強い犬は自分の大事な物が取られそうになると、それを取られまいと唸って相手を威嚇する傾向にあります。もし唸っても相手が自分の大事な物を取ろうとするのをやめない場合は咬む攻撃行動に出ます。自分の大事な物を取られないように守ろうとするのは犬の本能ですが、家庭犬として人間と一緒に暮らしていく上では問題となる行動ですね。

おもちゃを取ろうとした時ソファからどかそうとした時フードボウルを下げようとした時

などに唸る場合は、やめさせなくてはいけません。

まずは犬との関係の見直しを

たとえ犬にとって大事な物であっても、それを管理しているのは飼い主さんですから飼い主さんが指示したら犬は自ら渡さなくてはいけません。これができずに愛犬が唸って大事な物を守ろうとするのであれば、飼い主さんと愛犬との関係が崩れている可能性があります。愛犬を甘やかしていませんか?愛犬が主導権を握っていませんか?唸ることをやめさせる前にまずは飼い主さんと愛犬との関係性を見直してみましょう。

指示で犬の行動を管理できるようにする

犬が大事にしている物を取ろうとした時に唸る場合、信頼関係を構築することが必要になります。
それと併せて

指示でおもちゃなどを渡せるように「チョウダイ」「ハナセ」などのコマンドを教える指示でソファなどを昇り降りできるように「アップ(乗って)」「ダウン(降りて)」のコマンドを教える食べ物やフードボウルへの執着をなくすなどのトレーニングを行うと良いでしょう。唸る行動の予防策として唸る行動が出る前にこれらのトレーニングを行い、飼い主さんの指示で愛犬の行動を管理することが大切になります。ですが、唸る行動が出てからでも遅くはありません。咬む行動に発展しないうちに信頼関係の構築とトレーニングを行い、愛犬の行動を管理できるようにしましょう。

犬に唸られる状況② 犬に触ろうとした時

人が触ろうとした時に犬が唸る理由として

①知らない人への警戒心②動物病院での不安③虐待など過去の心の傷④体の痛み

などが挙げられます。

①~③が理由で犬が唸る場合

叱って唸る行動をやめさせるのは良くありません。唸る原因をそのままにして唸る行動だけをやめさせると、唸るという警告を出さずにいきなり咬む攻撃行動に出てしまう可能性があるからです。ですから飼い主さんは、愛犬が唸る理由を見極めて①が理由で唸る場合→他人に慣らすトレーニングをする②が理由で唸る場合→診察中に優しく声をかけてあげる③が理由で唸る場合→時間をかけて愛情を持って接する

などといった対処をして、警戒心、不安、恐怖心などを取り除いてあげる必要があります。また、③が理由で唸る場合は人の手に対して恐怖心を持っていることがあります。その場合は人の手に慣らしてあげることも必要です。

④が理由で犬が唸る場合

これまでどこを触っても大丈夫だった愛犬が体を触ると急に唸るようになった時は、体のどこかが痛いのかもしれません。この場合は動物病院で受診を。

老犬が唸る場合

高齢の愛犬に触ろうとすると唸る場合、認知症によって一時的に飼い主さんのことが分からなくなっているのかもしれません。また、これまで平気だった何かに対し恐怖を感じて唸ることもあります。

犬に唸られる状況③ 犬のお手入れをしようとした時

お手入れは犬にとって不快なことが多いです。

ブラッシングをする時爪切りをする時耳掃除をする時

などに唸って、不快で嫌なことを遠ざけようとする犬もいます。

子犬の頃からお手入れに慣らす

お手入れしている時に唸らないようにするためには、お手入れに慣らす必要があります。しかしお手入れにすぐには慣れないので、子犬の頃から継続的に慣らしていくことが大切です。お手入れの時におやつをあげるなどして、お手入れに対し良いイメージを持たせると良いでしょう。

飼い主のお手入れ下手が唸る原因!?

愛犬がお手入れの時に唸るのは、もしかすると飼い主さんのお手入れが下手で不快なのかもしれません。
力任せにブラッシングをしたり、深爪をして出血させたり、耳を傷付けたりしていませんか?

もし思い当たることがあるのなら獣医師やトリマーさんにお手入れのコツを訊いたり、お手入れレッスンに参加したりしてお手入れ上手を目指しましょう。もちろん、プロにお手入れをお任せするのもひとつの手です。

【番外編】遊んでいる時に犬が唸る

愛犬が遊んでいる時に唸るのを聞いたことはありませんか?
例えば

引っ張りっこ遊びの時犬同士で遊んでいる時

などに「ガルル…ウーッ!」と唸ることがあります。「楽しそうになのに何で???」と謎ですし、「唸ることは良くないことだからやめさせた方が良いの???」と飼い主さんの頭の中は『?』マークだらけになりますね。

問題はないがクールダウンを

遊んでいる時の唸りは気合いを入れようとして自然に出てしまうものです。人間で言えば「おりゃ~!」という感じでしょうか。それだけ遊びに夢中になっているということで、攻撃的になっているわけではありません。なので問題のない唸りです。とはいえかなり興奮している証しでもあるので、遊んでいる時に唸り出したら遊びを中断し、『オスワリ』などの指示をして一度クールダウンさせた方が良いでしょう。

犬が唸ることに関するまとめ

犬の唸る行動には執着、警戒、不安、恐怖、抵抗など様々な意味が込められています。犬が唸る行動は咬む行動に発展する可能性があるので問題行動のひとつと言えますが、唸る行動の全てが問題というわけではありません。遊びに夢中で出てしまう問題のない唸りもありますし、唸ることで痛みや体調不良を伝えている場合もあります。ですから、愛犬が唸る場合は安易に叱ってやめさせるのではなく、話すことのできない愛犬の気持ちを理解し、唸る状況や理由に応じて対処していきましょう。

愛する犬猫が「極楽往生」できるか否かの大論争勃発

いまや1兆4000億円超となった日本のペット市場。核家族化や少子高齢化の影響などもあり、「かけがえのない家族」として愛犬・愛猫の存在感はいっそう増している。そんな最愛の存在が亡くなれば人間と同じように葬儀を行なって弔いたい、一緒のお墓に入りたいと願うのもうなずける。ペットと共に眠れる墓地なども登場して人気だ。そんな時代の要請のなか、「ペットの死」を宗教的にどうとらえるべきかという議論が過熱している──。

 宗教界で「動物は極楽往生できるのか?」という大論争が巻き起こっている。

 事の発端は昨年9月、京都・佛教大で行なわれた「浄土宗総合学術大会」だ。圓通寺(大阪)の安達俊英住職は、浄土宗始祖・法然上人の「動物は仏教の教えに巡り合えず、長い間輪廻を繰り返すことになる」との法語を根拠に「動物は順次往生できない」と持論を展開した。「極楽往生」とは「死後、仏様の住む極楽浄土に、菩薩となって生まれ変わること」を、「順次往生」は「死後、すぐに極楽往生をすること」を指す。

 しかし、この大会に同席していた大正大学・林田康順教授は「回向(死者の成仏を願って仏事供養すること)によって動物も順次往生できる。大事なペットを亡くした方に往生できないというのではなく、法語を用いて順次往生を説くことができるのでは」と反論したのである。

 議論の発端をつくった安達氏が話す。

「仏教では基本的に六道輪廻(生前の行為の善悪によって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上へと生まれ変わりを繰り返すこと)を説きます。法然上人は、『めったなことでは転生できない人間界に生まれたのだから、この一生で念仏して往生を遂げましょう。もし、念仏を唱えなければ、地獄、餓鬼、畜生の“三悪道”に堕ちるかも』とおっしゃっている。

 畜生とは犬や猫といった動物のことですが、一度落ちるとなかなか抜け出すことができない。動物の身のままでは念仏を唱えることができないわけですから、犬や猫はそのままでは極楽往生できないというのが私の主張です」

わんちゃんが爪を噛む時、その原因と対策!

足をなめ続けたり爪をかむ原因は?

愛犬が最近ずっと爪を噛んでいる、または足をなめ続けている…そんな姿を見ると心配になりますよね。我が家の愛犬も前足をなめ続けて白い毛が赤く変色していたことがあり、 病院で相談した事があります。ちょっとしたストレスから始まる事もありますが、一度そういう癖がついてしまうと、どんなに声をかけて止めてもなかなか治らなかったりするものです。また、中にはアレルギーや怪我、病気が原因の事もある様ですので早めに受診する事も大切です。

原因と対策

ストレスは±0に!

運動がたりていない、かまってもらえていない、寂しい、眠い、退屈など、色々なストレスが原因で爪をかんだり、足をなめ続けることがあります。人間の子ども達も気持ちを落ち着かせる為に、自分では意識をしていなくても指しゃぶりをしたり爪を噛んだりすることがあります。感情と行動がつながっているのは、人もわんちゃんも同じなんですね。

私の親戚の愛犬(ラブラドール)も、飼い主の仕事が忙しくて長時間の留守番が何日も続いてしまった際、きっと寂しい思いをしていたのでしょう・・、留守番中に血がでるほど爪を噛んでいたそうです。獣医に相談したところ、原因はストレスで、その日から少しでも一緒にいる時間をつくろうと、夜は愛犬を自分のベッド入れて一緒に眠るようにしたそうです。
すると留守番時の爪噛みも自然となくなったとのこと♪

この様に、もし原因が運動不足なら散歩や運動量を増やしてストレス解消を、長時間の留守番で寂しい思いをしているのならスキンシップや一緒にいる時間を増やすなど、「わんちゃん達の感じているストレスを±0にしてあげる事が大切!」と、トレーナーさんもおっしゃていました。

爪が伸びていませんか?見落としがちな狼爪もチェック!

爪が伸びている事も爪噛みの原因につながります。爪が伸びていると何より歩き辛いですし、伸びた爪が肉球や皮膚にくい込んで貫通してしまう事もあります。外を散歩をする子はアスファルトで適度に爪が削れてはいきますが、犬の足の内側上部には狼爪(人間でいうと親指にあたる部分)があり、狼爪は地面とは接触しません。狼爪を切らずにいると、曲がって伸びた狼爪が皮膚にくいこんでしまうのです。

また、犬の爪には血管と神経が通っていて、爪が伸びると血管と神経も一緒に伸びます。その為、爪が伸びすぎてしまうと爪切りが難しくなります。散歩や運動量に関わりなく、どのわんちゃんにも定期的な爪のチェックと爪切りが大切です。

アレルギー?ドッグフードの酸化にも要注意!

アレルギーが原因で皮膚が痒くて噛んだりなめたりする事もあるそうですが、獣医さんによると動物のアレルギーは原因となりえる要素が特定しづらいので、一つ一つアレルギー検査を行うのは時間もかかり大変だとか…。まずは食べ物を見直してみるのも一つの方法です。例えばフードを変えた事が原因だとすれば、フードの材料をチェックしてみるとアレルギーの原因も特定しやすくなります。

また、ドッグフードは少量よりもまとめて数kgで購入した方がお得だったりもしますが、ドッグフードも酸化します。酸化したフードを食べ続ける事は体に悪影響を及ぼしますので、開封後はなるべく冷蔵庫で保管をし、1ヶ月以内で食べきる事が理想だそうです。

指や肉球の間に異物がついていませんか?

わんちゃんにとって四肢の先端、足裏は特に敏感なところです。肉球の間にトゲなどの異物がついてしまっている場合も、しきりに足を噛んだりなめたりして気にする仕草が見られるので、指と肉球の間や足裏のチェックをしましょう。

怪我や病気が原因

怪我や何かの病気が原因で爪噛みをする場合もあります。友人の愛犬(シーズー)は、しきりに前足の爪を噛んでいたので病院で診て貰ったところ、前足の指に悪性の腫瘍ができてしまっていて手術となりました。早めに受診する事も大切ですね。

どうしてもやめない、そんな時は…

爪噛みが続くと流血をしたり、傷ができて細菌が入って化膿してしまったり、飼い主としてはとても心配ですね。でも足は薬をつけても舐めてしまうので、あまり良くないと獣医さんがおっしゃっていました。どうしても止められないという場合は靴下を履かせる、エリザベスカラーをつけるという方法もあります。ただ、どちらも爪噛み以外のストレスがともないますし、大型犬の場合は特に靴下を飲み込んでしまう危険もあるので注意も必要です。

その他には、犬の爪に酢やビターアップルを水で薄めたものを塗る方法もあります。これは家具などの噛みつき対策としてもよく使用されますが、これによって犬が噛もうとした時に、ニオイや味を嫌って顔を近づけなくなるので、比較的短期間で効果がみられます。

まとめ

我が家の愛犬も毛が変色するほどに足をなめていたので病院で相談したところ、お医者様には「これくらいなめさせておけばいいの」と言われました。原因は「眠いなあ…」というちょっとしたストレスから始まって、それが癖になってしまった様です。今でも眠たくなると、子どもの指しゃぶりの様に足をペロペロしますが、先生の言葉は「あまり神経質にならないで」という意味でもあったと思います。

それからは何度も「ダメよ」と止めるのも可哀想なので、愛犬がびっくりしない程度に見えない位置で手をパチンと叩いて音を出すと、「?」と意識が音の方に向いて指しゃぶりをやめるようになりました。爪噛みや足をしきりになめる仕草が気になり始めたら早めに原因を見つけて、その子にあった方法で酷くなる前にとめてあげたいですね!

ミニチュアシュナウザーの寿命と長生きの秘訣

ミニチュアシュナウザーの寿命はどのくらい?

一般的にミニチュアシュナウザーやトイプードル、シーズーなどは小型犬に分類されます。ミニチュアシュナウザーの平均寿命はその小型犬の中でも比較的長いと言われており、ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12~14歳と言われています。個体差はあるものの、長生きする犬種です。犬は生後1年で成犬(人間でいう20歳)になると言われ、それからは人間の年齢に換算して1年ごとにだいたい4歳ずつ歳を取ります。

ミニチュアシュナウザーはドイツが原産国で、長いまゆ毛と口ひげが特徴です。シュナウザーは体の大きさによって「ジャイアント」「スタンダード」「ミニチュア」の3種あります。ミニチュアシュナウザーはシュナウザー犬種の中で最も小さい種類になります。

ミニチュアシュナウザーの寿命に関連する病気

ミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気があります。ミニチュアシュナウザーの寿命にも関わることかもしれませんので食生活、栄養バランスも考えて体調管理をしましょう。

尿路結石

腎臓や膀胱に結石ができる病気です。尿道に引っかかるため、排尿時に強い痛みが出ます。冬に悪化しやすく、メスに比べて尿道が短いオス犬の発症が多いです。
結石になる前であれば内科治療ですが、結石になると外科手術が必要になります。水分を摂取し、排尿は我慢しないようにしましょう。
また、ミネラルウォーターが原因になることもあるそうです。

白内障

目の水晶体が白く濁り、視力の低下が進行すると視力を失う場合もある病気です。先天性白内障と後天性白内障に分けられ、歳を重ねるとともにかかりやすくなります。しかしミニチュアシュナウザーの場合は若年性の場合もあります。
治療は点眼薬や内服薬で進行を抑えます。症状に気付くのが遅れて重症になることもあります。

その他、糖尿病や皮フ疾患などもミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気です。いずれも早期発見、早期治療が大事です。日頃の健康チェックや定期的な健康診断が必要です。

ミニチュアシュナウザーの寿命に関わる食事

ミニチュアシュナウザーの寿命は食生活や運動量などの健康管理も関係しています。

食事面では人間が食べているものは与えないように気をつけなければいけません。人間が食べているものはカロリーや塩分、脂肪分が多いです。おいしさを知ってしまい、ドッグフードを食べなくなる可能性もあります。ミニチュアシュナウザーの寿命も考え、人間が食べているものを与えるのは避けましょう。

ミニチュアシュナウザーの寿命や長生きのためにドッグフードを見直す

ミニチュアシュナウザーの健康のために、一度ドッグフードを見直してみてはいかがでしょうか。人気のドッグフードを2種類紹介します。

カナガンドッグフード

カナガンドッグフードは犬の健康を考えて作られたドッグフードです。食物アレルギーを引き起こす原因の穀物を使用していません。全犬種対応しており、小粒タイプのドッグフードを食べることによりバランス良い食事になります。良質動物性タンパク質を摂取でき、毛並みやツヤが改善できます。また、関節トラブルの予防にもなります。

ネルソンズドッグフード

ネルソンズドッグフードは無添加、穀物不使用です。平飼いチキンを使用しており、食物繊維や緑黄色野菜、各種ハーブを豊富に配合しています。コンドロイチンやグルコサミンが入っているため、関節トラブルの予防になります。皮フ状態や毛並み、ツヤの改善になります。

ドッグフードを新しいものに変更する際は、今まで与えていたドッグフードと変更する新しいドッグフードを少しずつ混ぜながら与えます。急な変化によって消化不良による下痢を引き起こしたり、ストレスになることもあるので注意をしなくてはいけません。
また、月齢に合った量を確認して与えましょう。

ミニチュアシュナウザーの寿命のために考える保険

ミニチュアシュナウザーの寿命を延ばすためにもペット保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。日本では大手の会社もペット保険に参入しています。ペットブームではありますが、加入率はまだまだ低いのが現状です。ペットには健康保険がありません。そのため医療費は自己負担になり、高額の支払いが必要になる事もあります。急な病気やケガで高額の医療費を支払いが必要となり、加入するきっかけになることも多いようです。

保険は通院、入院、手術に適応しています。掛け金は年齢や犬種で決まり、掛け捨てタイプでプランも様々あります。更新可能年齢が終身のものもあります。万が一の時のために検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ミニチュアシュナウザーに関する寿命と長生きする秘訣について紹介させて頂きました。生活習慣や食事面など基本的なことをしっかり押さえることで、長生きへと効果を高めていけることでしょう。日々の健康管理をしながら、さらに愛犬との絆をより深めていきたいですね。

仕事をナメてる!? ペットの死を理由に会社を休む人への賛否

ペットが死んだぐらいで会社休むなよ」。
この言葉を聞いて、あなたはどう思いますか?

心がえぐられるほど非情な一言に感じる人もいれば、「その通り」と賛同する人もいるでしょう。
ネット上では、以前から“ペットの死で会社を休む”という行為をめぐって激しい議論が巻き起こっています。
果たして双方の主張にはどんな意見があるのか。今回は、その問題についてお話ししていきたいと思います。

●日本では3世帯に1世帯がペットを飼っている

一般社団法人ペットフード協会が平成27年に行った調査によると、日本で飼われている犬の数は991万頭、猫は987万頭という結果が出ています。

犬・猫合わせると1,979万頭。つまり、約2,000万頭ものペット (鳥・ハムスター等を含めるとさらに多い)が私たちとともに生活をしていることになります。

また、『保険クリニック』が行った調査では、3世帯に1世帯がペットを飼っている結果となり、日本人にとってペットを飼うことはかなり一般的なことであると言えます。

しかし、それゆえに生じてしまう問題も少なくなく、その中の一つに“ペットが死んで会社を休む”という行為が挙げられます。

この行為はペットを飼ったことがない人や、仕事優先で生きている人には理解されない傾向にあり、ネット上ではたびたび激しい議論が交わされています。

●ペットの死を理由に会社を休むことへの賛否

●理解できる派

『ペットは家族です。一緒に暮らして、一緒にご飯を食べて、一緒に寝て……本当に家族同然なんです。だからペットが死んだら会社を休むのは当然だと思います。むしろ休まない人は血の通っていない冷たい人間だと思って軽蔑します ね』(33歳女性/ペットを飼った経験あり)

『ペットを飼っている人はみんな言うと思いますけど、ペットは家族です 。私は実家で飼っていた猫が死んだとき、そのことを会社に告げて休みを取ろうとしましたが、「仕事なめてんのか?」と怒鳴られました。あんな会社、すぐ辞めてやりましたけど、日本の会社ってそういうとこ多いと思う』(28歳女性/ペットを飼った経験あり)

『私はペットが死んだことを理由に仕事を休むのは悪いことだとは思いません。ただ、全ての人が動物好きとは限らないので、会社に素直に理由を言うのはどうかと思います 。体調不良とか有給を使うとかで休んだほうがお互い角が立たない』(34歳男性/ペットを飼った経験あり)

理解できる派の人たちの間には、やはり“ペットは家族”という共通認識があるようですね。

ただ、会社を休む際に正直に理由を告げるかどうかは意見が分かれました。

「ペットが死んだから休むのは当然」と毅然とした態度で正直に告げる人もいれば、理解されない場合のことも考えてあえて別の理由を告げるという人もいるようです。

今回コメントしていただいた人の中には、正直に告げたことで仕事を休めなかったという人もいましたので、日本の社会ではまだまだ“ペット=家族”という認識は薄いのかもしれません。

●理解できない派

『休むことで仕事に支障が出るならペットの死は休む理由にはならない 。仕事に支障が出ないなら有給使って勝手に休んでくれって感じかな』(38歳男性/ペットを飼った経験あり)

『うちの新入社員で「ペットが死んだから忌引させてください 」って真面目な顔して言ってきたやつがいて呆れたことがあります。とりあえず社会のルールから教え直しました』(43歳男性/ペットを飼った経験なし)

『一人暮らしならまぁ仕方ない って感じですかね。死体の処理とかもあるだろうし……他に対応してくれる家族がいるなら休むのはどうかと思う』(35歳女性/ペットを飼った経験なし)

理解できないという人も多く見られました。

ペットを飼った経験がない人が多数を占めていましたが、中にはペットを飼った経験があるという人も。

いただいたコメントの中では、会社を休むのが”そもそも理解できない”という意見が多いように感じましたが、“一人暮らしならしょうがない”などと条件付きで許容するという意見も少数ながらありました。

ただ、皆“ペットが死んだこと”を理由に休むのは許せないが、有給などの正当な制度を使って休むのであれば良いという意見ではあるようです。

●その他の意見

『犬とか猫ならまだ分かるけど、正直ハムスターとか金魚とかが理由だったら引く 』(33歳男性/ペットを飼った経験あり)

『個人的にはOKだと思うけど、それを正式なルールにしちゃったら、メダカを大量に買ってきて、一匹死ぬ毎に「ペットが死んだので会社行けません」とかがまかり通るでしょ? だから制度的にはNGにしておくべき だと思う』(37歳女性/ペットを飼った経験なし)

ペットの線引きが難しいという意見もありました。たしかに、一口にペットといっても、犬や猫などのほ乳類からメダカや金魚などの魚類までさまざまです。

「うちの犬が死んだので休ませてください」という場合と、「うちの金魚が死んだので休ませてください」という場合では受け取る印象が全然違いますね(これも人によりますが)。

とはいえ、どこからがOKでどこからがNGかという線引きをするのは困難です。そのため、建前上はペットの死を理由に会社を休むのはNGにしておくべきということなのだそうです。

----------

ペットや仕事に対する価値観は人それぞれ大きく異なるようですが、今の時点ではペットの死を理由に会社を休むことに対して否定的な人が多い 印象を受けました。

自分のペットが死んだとき、あるいはペットの死を理由に会社を休みたいと部下に言われたとき、あなたならどんな対応をしますか?

【参考リンク】
・平成27年(2015年)全国犬猫飼育実態調査 | 一般社団法人 ペットフード協会(PDF)(http://www.petfood.or.jp/topics/img/160129.pdf)
・ペットを飼っている割合は3世帯に1世帯! | 保険クリニック(https://www.hoken-clinic.com/teach/expedition/detail10.html)

猫の本音 「魚好きって決めつけるな」「蛇口で水飲ませて」

今や日本では、15才未満の子供の数よりもペットの数の方が多い。しかし、意外と知られていないのがそのペットの嗜好。良かれと思ってしていることが案外煙たがられていることも…。

 仲良くペットと暮らすために知っておきたい、猫の本音を東京猫医療センター院長の服部幸さんに聞いた。まずは、猫の食の好み。日本ではすっかり魚をくわているイメージがあるが、どうなのか?

「猫は肉食動物のため、動物性たんぱく質を必要とします。欧米のキャットフードは魚以外の肉類を原料にしたものが一般的。本来猫は陸で暮らしているので、カツオやマグロなどの魚類に出会うはずはないんです。

たまたま日本人の食生活が魚中心だったため、そのおこぼれを預かるうちに、“猫=魚好き”のイメージがついたようです。嫌いではないけど、“魚好きと決めつけないで”というのが本音でしょう」(服部さん、以下「」同)

 さらに、猫の首輪には鈴が定番と思われがちだが、実は大迷惑だとか。

「猫は人とくらべて聴力がすぐれています。首元に鈴がついて、動くたびにリンリン鳴っていたら、うるさくてストレスになります。また、首輪に猫の手や爪が引っ掛かって事故を招くケースも多いので、あえてつける必要はないでしょう」

 また、ネットでもしばし話題になる蛇口から直接水を飲もうとする猫たち。これはどういうことなのか?

「確かに、飼い主が用意した水は飲まず、わざわざ蛇口の水を飲みたがる猫も多いですね。これは、目の前を流れる水の方が、おいしそうに見えるから。猫にとって新鮮だと直感でわかるともいえます」

動物とのふれあいが子どもの心の成長に!ペット飼育のメリット

最近はペット飼育可のマンションも増え、犬や猫などを飼う家庭が増えてきていますね。動物とのふれあいは子どもにとって癒しの時間。とはいえ、同時に責任を伴うものでもあります。ペットによる良い影響&飼育時の注意点について、人間と動物との関わりにおける心理学の専門家・中島由佳准教授にお話を聞きました。

ペットへの愛着が育てる「思いやりの心」

ペットを飼うことで子どもにどんな力が身に付くのでしょうか?

「心理学研究の調査では、ペットとの間にちゃんと絆ができている子どもは、そうでない子どもよりも、人への思いやりや温かさを持っているという結果が出ています。ペットとの絆って、そのペットと一緒に遊んだり、散歩やエサを与えたりとお世話をする中で育っていくんです」と中島先生。

ただ家庭でペットを飼っているというだけでは、効果がないのですね。

「世話をしながら一緒に過ごすことで、ペットに対して『愛着』が生まれます。その愛着の気持ちが、自分よりも弱いもの、小さいものを守ろうとする『養護性』を育んで、人に対しての思いやりや温かさという行動につながっていくのです。」

養護性は、2歳くらいの幼児にも芽生えるものだとか。

「例えば、お母さんがどこかに足をぶつけて痛がっていたとします。その時に、大丈夫?とさすったり、慰めようとする行動は、養護性からくるもの。そのような人を思いやる気持ちが、ペットの世話をすることで自然と生まれてくるのです。」

話せないペットの気持ちを察することで優しさが育つ

ペットは気持ちを言葉にして伝えることができません。だからこそ、磨かれる力があると中島先生は言います。

「ペットの世話をするときは、いつもよりエサを少ししか食べないな、なんだか今日は元気がないな…など、ペットの変化に気付き、どうしたんだろう?と考えることが必要です。そして、そうやってペットの気持ちを察することは、『あの子は何も言わないけれど、こんな思いをしているかもしれない』と、人の心を推し量る優しさにつながっていきます。」

また、動物の目を介した『第三者視点』や『客観性』も身に付くと言います。

「例えば、きょうだいでケンカが始まった時、親が『やめなさい』と言っても聞かないけれど、『●●ちゃん(ペットの名前)がびっくりして心配しているよ』などと言えば、ケンカが周囲にどんな影響を与えるのかということがわかり、『ペットから見た自分』を想像して、客観的な視点を持つことができるのです。」

■ペットといるとストレスが軽減

中島先生に聞くと、驚くべきことに、ペットを飼っている人はそうでない人と比較して、心臓病など血管系の病気の予後が良いという研究結果もあるのだそう。

「ある研究では、飼い犬と一緒にいると、読書をしている時と同じくらい血圧が下がっていって、飼い主がとてもリラックスしているという結果が出ました。」

「また、人前での暗算のテストでも、友人と一緒にいるよりペットといる方がストレスを感じる値が低いというデータも出ています。人間にとってペットは無条件でそこにいてくれ、裏切らず、自分を必要としてくれる存在として、心に働きかけるものが大きいと言えるのです。」

だから、子どもにとってもペットは、いつも味方でいてくれるきょうだいのような、親友のような、唯一無二のかけがえのない存在になり得るのです。

初めて飼うのにおすすめの動物&飼うときの注意点

子どもの心の成長にさまざまな良い影響を与えてくれるペット。これからペットを飼いたいと思っている子育て世代に、おすすめの動物は何でしょうか?

「犬や猫などの哺乳類がベストです。抱いて温かく、一緒に遊んだり、そばにいてなぐさめてくれるなど、愛着が湧きやすい動物ですね。インコなどの鳥類も、甘えてきたり、なでると喜んだり、子どもたちはふれあいの中で優しい気持ちになれますよ。」

■子どものアレルギー&ペットの病気に注意!

ただ、ペットを飼う際に気を付けたいのが、アレルギーや病気です。

「小児科で子どもの持つアレルギーの検査をしましょう。もしアレルギーがある場合でも、アレルギーが起こりにくい種類もありますし、アレルギーと向き合いながらペットと共存することは不可能ではありません。清潔を心がければアレルギーが軽減することも報告されています。また、ペットには予防注射を必ずするように心がけてください。ペットも家族も健康で幸せに暮らすために大切なことです。」

また、子どもがペットの気持ちを考えたり、ペットに対して愛着を抱くには、親の声がけが重要だそう。

「エサを食べている姿を一緒に見ながら『おいしそうに食べているね』とか、一緒に遊びながら『かわいいね』とか、なでてあげて『うれしそうだね』とか、親がペットの気持ちを代弁することが大切です。そうすることで、子どものペットに対する愛情は、大きくなっていくのです。『お世話してあげなきゃ』という気持ちも、そこから育まれます。」

「ペットの世話も、あくまで親が子どもと一緒にするというスタンスで、子どもに強制するのはやめましょう。『どうしてエサをあげないの?』『早く散歩に行きなさい!』と怒ると、ペットの世話やペット自体にもマイナスのイメージを抱いてしまうからです。」

ペットをただ子どもに与えさえすればいい、ということではなく、親の飼育への関わり方が大切なのですね。

■ペットを飼う前に、命を預かる責任について話そう

「ペットを飼うには責任が必要、ひとつの命を預かることなんだということを、飼う前に必ず子どもと話しましょう。『〇〇ちゃんだって、毎日お外に遊びに行きたいよね。それと同じで、ペットだってお散歩に毎日行きたいんだよ。』『ご飯を食べられなかったり、お水がなかったり、トイレが汚かったらいやだよね。ペットも人間と同じ気持ちでいるんだよ。』など丁寧に子どもと対話をして、お世話のルールを決めてほしいです。」

安易な気持ちで飼うことを決めるのは、親にも子にも、そしてペットにとっても良くありません。「大切な家族が増える」という気持ちで、しっかり迎え入れてあげたいですね。

ペットロス…必ず来る別れを、思い出に昇華させる

どんなに大切な存在であっても、ペットとの別れは必ず来るもの。子どもたちは『ペットの死』をどのように捉えるのでしょうか。

「だいたい3歳を過ぎると、死に対する悲しみの感情が湧いてくるようです。そして、ペットの死に際して、周りの大人がどう対応しているのかを見ることが、子どもにとって命の大切さを学ぶ大きな経験となります。」

病気のペットに対するいたわり。亡くなった時の悲しんでいる様子。亡くなったペットとどんな風にお別れをするのか。そのような大人の態度を見ることで、子どもは命の大切さや『死』の概念を学ぶのだとか。

大好きなペットの死は、子どもにとってかなりショッキングな出来事。子どもがふさいでしまったときは、親としてどう接してあげればいいのでしょうか。

「子どもに『亡くなったペットへ手紙を書こう』と提案するのはいいことです。きっと天国で読んでいるよ、ずっとあなたのことを見ているよと伝えることで、ペットのことを忘れるのではなく、心の中に居場所をつくって良い思い出として留めておく。そうすることで悲しみの気持ちが少しずつ昇華されていきます。」

子どもと一緒に成長していくなかで、思いやりや優しさを育て、命の大切さを教えてくれるペットたち。1人の家族として大切に育て、子どもの成長を見守りたいものですね。

中年男性「猫が家族で私だけに懐かない…」その解決策

家族の一員として最高の癒やしを与えてくれるペット。しかし、なぜだか自分だけになついてくれないという悩みを抱えている人もいる。「妻と娘が子猫を飼い始めたのですが、家族の中で、なぜか私にだけ懐いてくれません。みんなが猫と一緒に遊んでいるのを見るとちょっとうらやましいです。猫が喜ぶ遊び方や、懐かれる方法を教えてください」(岐阜県・POZさん、53才・会社員)

 そんなお悩みに、国際猫学会ISFM所属、東京港区に猫専門動物病院「Tokyo Cat Specialists 」を開院する山本宗伸さんが、解決策を教えてくれた。

 * * *

 飼い主が何をしても喜んでくれる犬とは違い、猫は遊ぶのにもコツが必要です。 おもちゃを使った遊びの基本としては、“狩り”を疑似体験させてあげることです。例えば、猫の獲物である、ねずみや小鳥の動きをイメージしておもちゃを動かします。おもちゃは、奇をてらわず、ひもつきで動かせるオーソドックスな形のものがおすすめ。猫が飛びついたり、引っかいたりして壊れやすいので、高価なものでなくてOK。私もいろいろ試しましたが、100円ショップで手に入るおもちゃに落ち着きました。

◆猫の好奇心を刺激! 思わず飛びつく遊び方

 具体的な方法として、まず猫の目の前でおもちゃを左右に素早く動かします。猫は本能的に、ちょこまか動くものを追いかけるので、おもちゃを目で追っていたら、それは好奇心を刺激している証拠。動体視力がいいので“速すぎるかも”と思うぐらいのスピードがおすすめです。さらに、猫が身を低くし、その場で行進するように足を動かし始めたら、飛びかかって来る合図です。こうなれば、猫の心を射止めたと思っていいでしょう。

 それでもまだ興味がのって来ない場合は、おもちゃを視界から消えるように動かしましょう。柱やテーブルの影にヒョイッと消えるように動かし、隠したまま、ゴソゴソと音を立てます。この音が最後のだめ押しになるはず。猫は身を乗り出して“獲物”がどこに行ったか確認したくなり、見つけたとたん飛びついてくるでしょう。

 猫は体長の5倍以上の高さをジャンプできるので、垂直にジャンプできるように動きを誘導してあげるのもおすすめです。ジャンプは体力も使うので、猫もきっと満足してくれるはずです。

◆能力を発揮させる遊びは病気やストレス予防に

“遊び”は、飼い主との信頼関係を築くだけでなく、肥満や糖尿病の予防にもつながります。また、動物は自分の得意な能力を発揮することでストレス解消になります。猫にとっては、それが動体視力やジャンプ力を使うこと。猫の本能を刺激しながら一緒に遊べば、必ず懐いてくれるはずです。

愛犬がストレスで若白髪になることも!注意したい犬のストレス

犬もストレスが重なると若白髪が増える

犬も人間と同じようにストレスが重なると若白髪が増えるらしい――。
動物学者で自閉症の啓発活動でも有名なテンプル・グランディン氏らの研究チームが、動物行動学会誌にそんな研究結果を発表しました。動物がストレスを感じ始めるとコルチゾールが分泌され、このコルチゾールが学習、免疫、行動反応、健康などに悪影響を及ぼします。

サリー・ホプキンズ氏によれば、ストレスレベルはSTAGE1~7まで分類され、7までいくと動物は攻撃行動を起こすようになり、またそのような行動をとらない場合はその影響が内部へと向けられ、皮膚疾患、アレルギー、免疫力低下、消化不良、メタボリズム(甲状腺異常と関連する)の低下、卒倒(気絶)、脳障害、がん、脳卒中などの疾患となって現れるということです。 以下にSTAGE1~7の主な症状(行動)を記します。(この他にも様々な症状があります)

STAGE1 転移行動(地面の匂いを嗅ぐ、後足で体を掻くなど)
STAGE2 カーミング・シグナル(舌をぺろぺろする、あくび、突然伏せるなど)
STAGE3 ストレス反応(瞳孔が開く、パンティング、肉球に汗をかく、涎、フケなど)
STAGE4 犬が行動に出る一歩手前
     ・カーミング・シグナルを出さない、体が硬直する。
     ・隠れようとする、自閉的になり周りの刺激に対して反応を返さない。
STAGE5~7 唸る、突進する、咬みつく

犬のニーズを満たすための指標「5フリーダム」とは?

また最近の研究で、感受期の子犬が鳴いているのを鳴き止むまで無視すると、ニーズが満たされないことにより不信感が生まれ、自信をなくし、これにより依存心が高くなり、些細な事でもすぐに不安を感じるようになってしまい、成長段階でのストレスがその動物の生涯を通じて悪影響となることがわかってきました。犬が不快感をしめしたら、それはニーズが満たされていないというサインですから、まずはそのニーズが何かを理解し対処してあげなければいけません。 できれば苦痛を感じる前にニーズを満たすことが大切で、その一つの指標となるものが「5フリーダム」と言われるものです。

「5フリーダム」とは、生産動物(牛・豚など)を扱うイギリスの教会Farm Animal Welfare Councilが1993年に採択したものですが、生産動物にとどまらず、すべての動物福祉を考える時の指標とされ、もちろん犬にもあてはまり、この5つの自由が保障されていない動物は問題行動を発現しやすいのです。

犬と猫の5フリーダム
① 正しい食事管理と新鮮な水の保障(飢えと渇きからの解放・自由)
② 清潔で、心地良い住環境の保障(身体的または熱など不快感からの解放・自由)
③ 疾病予防、早期発見・治療の機会の保障(痛み・傷害・病気からの解放・自由)
④ 恐怖や精神的苦痛を与えられない保障(恐怖と絶望からの解放・自由)
⑤ 犬や猫が持つ生来的行動をとることの保障(正常な行動を示す自由)
           (「犬と猫の行動学」内田佳子・菊水健史(著)より)

自分の犬に何か問題行動がある場合、まずは5フリーダムをチェックすることです。 社会化不足にすると④が満たされていないという事になり、お散歩嫌いになったりします。また、時間がないからとあまりお散歩に連れていかなかったり、狭いケージの中で過ごすことが多かったりすると、⑤が満たされていないという事になります。 まずは犬としてのニーズを満たしてあげる事。これが、ストレスが少なく、またストレスに強い犬にする上で最も大切な事と言えます。

犬は歯石を取るのに全身麻酔必要 高齢になるほど危険度高い

西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、犬には歯磨きが必要なのかについて解説する。

 11月8日って、何の日か知ってます? いいパ~だから、賢いアホの日、んなわけはない。正解は、いい歯の日。

 て~ことで今回は犬の歯みがきのお話。えっ、昔は犬に歯みがきなんかしなかったぞ、って確かにそう。昔はそれで良かった。

 甘い物を食べないとか、デンプンを糖に分解する酵素がだ液にないとか、口の中が酸性になりにくいとか、様々な理由で基本的に犬は虫歯にならない。だから、虫歯予防のための歯みがきは必要ない。

 ところが、口の中が酸性になりにくいってのは、唾液中のアルカリ成分のカルシウムイオンなどが歯垢を石灰化しやすく、歯石が付きやすい。なんでも人間の5倍以上の速さで、歯石が付いてくっていう。当然、歯周病になりやすい。犬の歯みがきは、この歯周病予防のために必要、ってこと。

 ご存じのように、歯周病ってのは怖いもんで、人間も同じだけど、内臓疾患をはじめ、いろ~んな病気の元となる。

 歯石なんてとってもらえばいい、と心の中で今つぶやいたご貴兄、犬の場合はですな、歯石を取るのにも全身麻酔なんですわ。で、高齢になるほどリスクが高くなって、場合によっては麻酔がかけられないが故に治療ができず、結果、手のほどこしようがなく、お亡くなりになるなんてこともある。

 歯みがきしてない犬の多くは8歳頃に、深刻な症状に悩まされる。今や犬の平均寿命は14歳弱だけど、10年前の犬の平均寿命は8歳程度。すなわち昔は、全身麻酔で治療をしなくっちゃ、って頃に犬はお亡くなりになってくれてた。だから、歯みがきの必要性を感じなかった、ってそれだけのこと。

犬の突発的な攻撃行動は「痛み」が原因かもしれない?

犬は「痛み」を感じると攻撃的になる
犬が攻撃的になる要因

毎年犬による咬傷事件が起きており、大きな怪我を伴うものから公にならないような小さな事件も多発しています。
犬が人や他の犬を咬んでしまったり攻撃的になってしまうのにはいくつかの理由があります。

元々の犬の生まれ持った性格や犬種の気質によるもの社会化期に十分なしつけや経験がされてこなかった過去に辛い経験をしていて、あるひとつの出来事に対して異常に攻撃的である飼育放棄された体罰を与えられるような過度なトレーニングを継続的に受けていた遺伝的な脳内活動の異常

などが挙げられます。

しかし、これらのどれも当てはまらず、性格や犬種の気質も穏やかで幸せに暮らしていたのに突然攻撃的になってしまうケースもあるのです。一体どうして穏やかだった愛犬が突然攻撃的になってしまうのでしょうか?

飼い主は知るべき!犬が突然攻撃的になってしまうのには「痛み」が関連していた!

今まで穏やかに暮らしてきた愛犬が突然攻撃的になると、どうしたら良いのかわからなくなってしまいますよね。
小さなお子さん、高齢者がいるお宅やご近所の人に可愛がられてる犬ならばなおのこと信じられないことでしょう。
しかし、この突然の攻撃にはある理由が原因だったのです。

それは「痛み」です。
穏やかだった犬がある日突然攻撃的になってしまった時、どの犬にも共通して見られているのが”痛みの部分をかばうような態勢”をとるという行動が多く見られたのです。このように「痛み」が原因となっていることを飼い主がしっかり把握してないと咬傷事件に発展しかねませんので、普段から注意深く犬を観察する必要があります。

3分の2が「股関節形成不全」

前述で犬の突発的な攻撃性は「痛み」によるものが原因であることがあるとお話ししましたが、今回その原因を立証するためにスペインのAutonomous University of Barcelona大学の研究者による実験が行われました。

実験内容

大学の動物病院に来院する犬種の違う犬12頭にアンケート調査しました。
アンケート調査内容は以下の通りです。

攻撃的になる前や後の出来事攻撃中の姿勢犬がどこか痛がる前の攻撃的な行動原因は股関節形成不全症

これらを元に犬の問題行動を分析した結果、あることがわかりました。それは「犬種の違う12頭の犬すべてに”痛みが原因の攻撃性”が出現する」ということが分かったのです。そしてなんと12頭のうちの8頭が「股関節形成不全症」だという診断が下されたのです。これだけの犬が痛みを抱えて尚且つ3分の2が股関節形成不全症であったということは驚くべき結果ですね。現代の犬が抱える実情が浮き彫りになったとも言えます。

さらに、こんなこともアンケート調査結果から判明しました。犬が痛みを抱える前から攻撃的になっていた犬は痛み出した後も攻撃性を見せること、その間食餌を取り上げたり休んでいるところを邪魔した場合でも変化はないものの、攻撃性の頻度や強度は増していることが分かりました。

また、痛みが出る前には攻撃性を見せなかった犬の場合は痛みが出だしてから突発的に攻撃行動をとったという結果が出ています。これは恐怖や怒りを感じた時などの威嚇行動のように初めは唸って相手に「近づくな」というシグナルを出すというものではなく、いきなり攻撃的になるという行動を起こしているのです。そして痛むことにより防御する態勢をとっている犬が多く見られました。

この研究結果から犬の突発的な攻撃性は「痛み」による苦痛が関連しているということ、また股関節形成不全症を発症している犬が多くいて、それにより犬の攻撃性を生んでいることが原因であることが判明しました。そして、それらの犬が攻撃性を出現させる時期は痛みが出始めた頃とその後に起こること、つまり痛みが最高潮の時に攻撃性が一番出るのではなく、痛みがまだ僅かな時に攻撃性を見せているというのが分かったのです。

愛犬が攻撃的になった理由が分からなければ…

突然の犬の攻撃性行動は確かに人からすれば「問題行動」であり、「危険な行動」ということになってしまいます。しかし、このような突発的な攻撃性を見せてしまうのには犬が痛みを抱えているということ、そして股関節形成不全症などの病気を患っていることにより大きな苦痛を感じてしまっているということが隠されているのです。

股関節不全症をはじめとして、痛みがいつから犬の身に起こっているのか、いつからこの疾患を患ってしまっているのか見極め判断するのは容易なことではありません。しかし、それにいち早く気づいてあげれるのは飼い主しかいないのです。飼い主が気づかぬうちに犬の痛みや苦痛は進行し、いつの間にか痛みを我慢させてしまっている可能性もあります。

人もそうですが、肉体の痛みと苦痛は精神とは絶対に切り離すことができないものです。この肉体の痛みや苦痛、精神の苦痛をどれだけ早くどれだけより理解して取り除いてやれるかが重要であり、犬の突発的な攻撃性を軽減できる手立てであることは言うまでもありませんね。犬と暮らすということはただ可愛がればいいのではなく、これらのことにも気を配り、配慮してあげなければならないのです。それが犬を”最後まで飼う”という責任です。

まとめ

今回の研究結果は「なるほどな」とただ思うような内容ではなく、私たち犬オーナーが重く受け止めなければならない、とても深刻な問題と言えるものではないでしょうか。もしも愛犬が股関節形成不全症などの痛みを伴う疾患を抱えているのにも関わらず、飼い主がそれにずっと気づかずにいたとしたらどんな咬傷事件が起こり得るか分かりません。実際このような疾患を抱えている犬が道行く人に突発的な攻撃行動をとったことにより咬みつかれたということもあるのです。それが小さな子供や高齢者だったとしたら……。あなたはその責任を取ることができますか?

攻撃してしまったのはもちろん犬ですが、ここまで放って置いて気づかずにいたのは誰なのか・・・それは紛れもなく飼い主なのです。この研究結果は私たち犬オーナーがいかに犬の日常を観察し把握することが大事なのかを教えてくれたものではないでしょうか。股関節形成不全症は進行性のある疾患であり、早期発見が重要であるものですが、それに気づけるのは容易なことではありません。大変な日々の努力と犬との触れ合いの時間が必要となってきますし、それを発見できるだけの知識も必要です。

大変なこととは思いますが、先程も申し上げた通り気づいてあげれるのは飼い主であるあなただけなのです。犬と人との関係を良好に保つのは飼い主であるあなた次第と言っても過言ではありません。そして犬を守ってやれるのも飼い主しかいないのです。

愛犬との年末年始のお出かけ 子犬時代のふれ合い経験が大事

年末年始は楽しいイベントが盛りだくさんな期間です。普段会わない親戚や友人に久しぶりに出会う機会も多いでしょう。犬にとっても飼い主さんとの外出や新しい出会いはとても楽しい時間となる一方、苦痛な時間になることもあります。その違いは犬の気質(生まれ持った性格)と子犬の時期の社会化によります。

 社会化とは一緒に暮らす動物との適切な社会行動を学習する過程のことをいいます。生まれ持った気質は変えることはできませんが、社会化を含む子犬の頃からの教育は、犬の性格形成に大きく影響します。

 子犬の時期から飼い主とさまざまな場所に出かけ、多くの人とふれあい、楽しい経験をさせた犬は、初めての場所や知らない人との出会いを楽しむことができます。一方、そのような機会がなかった犬にとってはクリスマスパーティーや新年会は苦痛でしかありません。

 外出の機会が少なく、人とのふれあいもなく育った犬は、初めて会う人を警戒する成犬に成長します。たとえば春に飼い始めた子犬を社会化のための教育をせずにお正月に初めて実家に連れて帰ったとします。犬にとって初めて訪れる飼い主の実家で、子供が大声を出して近づいて来たり、酔っ払った男の人に触られたり、知らない人に突然抱かれたりしたら怖くてたまらないでしょう。場合によっては怖さのあまりかんでしまうかもしれません。

 飼い主にとってはよく知ったご両親や親戚であっても、犬にとっては見知らぬ人です。見知らぬ相手を警戒して逃げたり、無理に触ろうとしたときに歯を当てたりするのは犬にとってはごく自然な自己防衛反応であり、正常行動です。

 怖がっている場合は無理に近づいたり、触ろうとしたりしないようにしてください。離れた場所から犬の好物を投げて与えたり、「おすわり」や「ふせ」などの合図を出してそれに反応したら好物を与えたりするなど、犬にとっても楽しいふれあいを心がけてもらってください。

 また犬としては正常な行動であっても、人間社会で受け入れられないこともあるため、特に飼い主にとって大切な友人や家族には子犬の時期に紹介しておくべきです。子犬の時期に楽しい経験をした相手は、成犬になってもよく覚えているものです。

 犬は家族の一員であると同時に人間社会の一員でもあるため、彼らが生涯幸せに暮らすために人との社会化はとても重要です。犬の社会化にもっとも適した時期は生後3週齢~3カ月齢ぐらいで、この時期を社会化期と呼びます。社会化期には見知らぬ対象にも好奇心旺盛に近づいたり、最初は怖がっていたものでも短時間のうちに慣れることができたりするのが、大きな特徴です。さらに周囲の環境にも柔軟に順応できるため、この時期に将来遭遇する可能性のあるさまざまなものに慣らし、プラスのイメージを作っておくことが大切です。そして成犬になっても社会化のための教育を継続し、犬が生涯人間社会で安心して暮らせるようにしてあげてほしいと思います。

 また子犬が社会化期に、同種動物である犬とふれあう機会がないまま成長してしまうと、犬でありながら犬とうまく付き合えなくなってしまいます。本来、犬にとって親しい犬との触れ合いは、その動物種らしい幸せな時間です。したがって社会化期には犬ともふれあう機会を与え、仲の良いお友達を作ってあげてください。社会化期が過ぎても人や犬に慣らすことは不可能ではありませんが、徐々にむつかしくなってくるため、少しでも早くに社会化のための教育をスタートすることをお勧めします。

 最近、獣医療においても動物の体の健康だけでなく心の健康に関しての理解が深まり、子犬の社会化のためにパピークラスを行う動物病院が増えています。このパピークラスでは同じような月齢の子犬を遊ばせる時間や参加者同士で互いの子犬に好物を与える時間があり、子犬の社会化に最適です。子犬を飼ったら少しでも早くパピークラスに参加するとよいでしょう。

(村田香織・もみの木動物病院副院長)

わんちゃんの安心&快適なお留守番方法を教えます!

飼い主さんがいる時は大人しくて可愛い癒しのわんちゃん…でも、ひとたびお留守番となると!?一人暮らしや共働きなどの家では、日中、家にいるのはペットだけということも多いはず。帰宅したら物が壊れていたり、トイレではないところにオシッコやウンチをしていたりで、困ったことはありませんか?その大きな原因は、ずばりストレス。実は飼い主さんがいない不安から、わんちゃんは一種のパニック状態になってしまっているのです。

そこで、犬のしつけ教室DOGLY代表の荒井隆嘉さんに、上手にお留守番するための3つのポイントを聞きました。

まずは発散させてあげること。犬のストレス解消に効果的なのは、何といってもお散歩です。一般的には朝1時間、夜1時間の散歩が理想的。ほかの犬や人と触れ合うことが刺激になり、犬同士で遊ぶ時のマナーやルールを覚えることもできます。お散歩が難しい場合は「フード投げ」がおすすめ。フードを手のひらに入れて握り、犬がタッチしたら一粒を投げます。

探して食べるとタッチしに来るので、また投げます。10粒くらいをまとめて投げると、犬は何粒散っているのかわからず、しばらく探して歩き回ります。飼い主さんはテレビを見ながらでもできるし、わんちゃんにとっては楽しい遊び。帰宅後の<遊んで>の欲求をしっかり満たしてあげましょう。

次に、お留守番中は退屈にさせないこと。天然ゴム製のおもちゃ(フードを入れられる専用のもの)にわんちゃんの好きなフードを入れて、家の中のあちこちに置いておきます。フードの出方を調整できるものもあるので、簡単なものからちょっと難しいものまで、何種類か作るのがベター。ご飯探しでわんちゃんの探索行動を促してあげましょう。

最後に、ゆっくり安心して休める場所を作ること。ご飯探しなどで程よく運動したあと、ゆっくり休めるとイライラしにくくなります。犬は窓から外で動く人の影が見えると、テリトリーを守ろうとしてほえてしまうことも。ケージや給水機は窓から離れた、静かで安心できる場所を確保しておきましょう。

わんちゃんが好きなブランケットをケージに入れたり、寒い時期は犬用のホットカーペットを用意するのも◎。エアコンで快適な室温にしておくことも忘れずに!

すぐに試せるものばかりなので、わんちゃんがお留守番をする時は、チャレンジしてみてください。旅行や帰省で数日留守にする場合は、ペットホテルに預けることも選択肢の一つ。時間がある時に見学やお試し預けをしても良いかもしれません。

「わんにゃんウォーカー12月号」では、わんちゃんのお留守番のポイントをより詳しく掲載しています。ぜひご覧ください!

犬や猫との避難生活に必要なのは? クレートと他人になれる訓練

災害時にペットと一緒に避難生活を送る際、必要なことは何かを考えるイベントが23日、和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグ愛であった。和歌山動物愛護推進実行委員会の主催で、市民ら約120人とその飼い犬や飼い猫55匹ほどが参加した。

 動物の問題行動の治療に当たっている神戸市の獣医師・村田香織さんは講演で、災害時に首輪につけた迷子札がなくなって行方不明になる場合があるとして、身元証明の役割を果たすマイクロチップを皮下に埋めることを勧めた。

日頃からしつけて見知らぬ人たちに適応させる社会化と、避難所生活では欠かせないクレート(犬猫舎)に慣れさせる必要性も訴えた。

 村田さんは「落ち着いていられる子は避難所でも癒やしの存在になり得る。動物が苦手な人のためにも、十分な教育が一層求められる」と話した。

 その後、参加者は、おやつを上手に使ったしつけの方法を学び、クレートに見立てた段ボールへ素早くペットを入れる練習をした。白浜町からラブラドルレトリバーのプピルちゃん(3)とやって来た水本光さん(37)は「明日災害が起きるかもしれないので、日頃のしつけが大事だと改めて感じた」と話していた。




嫌がる猫に飲み薬 なぜ必要か「言って聞かせる」のがコツ?!

 猫に薬を飲ませるのは大変です。

 ネットでは、「猫の顔を上に向けて、あごの付け根を抑えて口を開かせ、奥まで錠剤を押し込めば、つるっと飲んでしまう(錠剤の場合)」というような説明を見かけますが、そんなに簡単だったら苦労しないよ~という話です。

 心の準備が整っていない状態の猫であれば、押さえつけられて「あれあれ?何?」と思っている間にゴクリと飲んでしまいます。しかし、毎日飲ませていると、「薬の気配」を感じるようになり、つかまえようとすると逃げるようになってしまいます。

 錠剤をぷちっと出す音や薬袋の音にも反応し、逃げ回って捕まえたころには恐怖が増し、猫は絶望の中で薬を飲まされるようなものです。これでは、猫も人間も神経をすり減らして苦労が絶えません。

 私はビビってなかなか飲ませられないし、薬を飲ませるのが上手な夫ですら苦労していたので、何かコツはないのかと、ネットで探しましたが、明確な答えは見つけられません。

 かかりつけの病院で聞いても、ネットで見たような情報しか得られませんでした。 なので、猫の扱いのプロ、ペットシッターさんに聞いてみることにしました。ペットシッターさんなら、初対面の猫にも薬を飲ませることがあるし、きっと必殺技があるに違いないと。何度かお願いしているシッターさんなので、かかりつけの病院の次に我が家の猫のこともよく知っているし、親身に話を聞いてくれます。

 投薬についての質問のメールを送ると、すぐに長文の返信が帰ってきました。  わくわくして内容を確認すると、そこには意外な答えがありました。 まず“猫に説明すること”を心がけているというのです。

「今からお薬を口に入れるから、ちゃんと飲んで欲しい」「それを飲むと痒みがおさまって楽になるから」「大好きだから早く良くなって欲しい」「絶対に治してあげるから信じて」など、シッターさんが思っていることを、初対面の猫にも分かりやすく説明するようにしているのだとか。

 これには、目からウロコでした。一瞬、「なんてメルヘンな!」と思いましたが、シッターさんだって、その言葉そのものが通じているとは思っていないはず。  言葉が通じないから言っても無駄、なんて考えずに、言って聞かせることで、猫に雰囲気を感じ取ってもらうことならできる。

 怖いことじゃない、必要なこと、と分かってもらおうとする姿勢が大事なのではないかと。まだまだ猫のことを考えられていなかったなぁ……と反省させられました。そのほかには、逃げたら追わない、素早く終わらせる、マッサージやスキンシップでリラックスしてもらう、など心がけているそうです。押さえつけられて、わけのわからないものを飲まされて、恐怖でしかない猫には、リラックスさせるのが一番大事なことだったのです。

 このシッターさんなら、猫を任せられるなと改めて思ったのと、猫との接し方を改めて見直すことができたのでした。

愛犬の亡骸を宅の庭に埋めていいのか? 弁護士が解説

 人々の心を癒やしてくれるペットだが、いつかは死が訪れるもの。もしも、愛犬が亡くなったら、その亡骸はどうすればいいのだろうか──。63才の主婦から、こんなお悩みが届いた。「先日、15年一緒に暮らした愛犬が天国へと旅立ちました。ペ

ット霊園に納骨しようと思ったのですが、そうすると、なかなか会いに行けません。なるべく近くにおいておきたいので、自宅の庭に埋めてもいいものでしょうか?」(鹿児島県・風太のばぁば、63才・主婦)この質問にペット法学会理事の弁護士・杉村亜紀子さんが答えてくれた。
 
 長い年月、家族同然に過ごしてきた愛犬とのお別れは悲しいですね。飼い主が最後にしてあげられること。それは、きちんと天国に送り出すことです。正しい知識を持ち、ペットの旅立ちを見届けてあげましょう。ペットの亡骸(死体)は、一般廃棄物として扱われます。人間の遺体のように、墓地・埋葬等に関する法律は適用されませんし、死体遺棄罪(刑法190条)も関係ありません。そのため本来、火葬をする義務はありません。

 自宅が持ち家で、敷地も自分のものであれば、庭に埋めることも可能です。ただし、腐敗臭がもれないよう、深い穴を掘って埋めるなど近隣への配慮は必要です。分の土地でなく借家や借地の場合には、他人の土地に廃棄物を埋めることになってしまうので、基本的に、庭には埋められません。

土に還かえるので問題ないと思う人もいるかもしれませんが、動物とはいえ、死体を埋めることに抵抗感を持つ人もいます。土地の所有者の了解を取るべきでしょう。

 また、公園など、公共の場所に死体を埋葬することは許されません。火葬してから埋めるのが理想的ですが、火葬せず自分の土地に埋める場合は、なるべく深く埋めてください。万が一、悪臭がしたり、虫がわいたりして近所に迷惑をかけると、不法行為に基づく損害賠償責任を負う可能性があります。火葬する場合は、ペット専門の民間の火葬業者を探すか、ペットの火葬施設がある地方自治体もあるので、お住まいの地域の役場に確認を。

 火葬の際も、合同火葬か、個別に火葬してもらえるのか、また立ち会えるのか、骨上げができるのか、返骨ができるのか…など、いろいろなケースがあります。 最近では、自分のペットとは違う遺骨が返ってきた、高額の請求をされたなどといったトラブルも発生していますので、どこまで個別対応をしてもらえるか、料金はいくらかなど、事前に確認することも大切です。

犬は8歳なら高齢 健康に注意し、ゆったりと時間楽しんで

Q: 飼い犬の顔に、白髪が目につくようになりました。8歳ですが、もうシニアなのでしょうか?

A: 犬や猫も老化します。研究者によって見解はまちまちですが、犬の場合、おおむね7、8歳から高齢期に入るとされています。なお一般的に、大型犬のほうが成長が遅くて平均寿命は短く、小型犬のほうが成長は早くて平均寿命は長いです。いずれにせよ8歳であれば、老化が始まっていると考えていいでしょう。

Q: 老化はどのように表れますか?

A: 人間と同じです。白髪もそうですし、毛づやが悪くなり、皮膚の弾力がなくなってきます。また筋力が衰えだすので、活発さがなくなってくるでしょう。目や耳の機能も低下します。

Q: 高齢期に入ったということは、病気にも注意したほうがいいですね。

A: 普段からよく観察することが大切です。まず外見でわかる病気が、白内障や歯周病。普段の行動からは、股関節形成不全や椎間板(ついかんばん)ヘルニアなどが進行していることに気付けます。

 また糖尿病であれば多飲多尿が見られたり、急激に痩せたりします。不妊・去勢手術をしていない場合には、雄は前立腺肥大、雌は子宮蓄膿(ちくのう)症などの可能性が高まります。これらの病気も、排尿や体調の変化をよく見ていれば気付くことができるでしょう。

 寿命が延びて長生きになったために、認知症になる犬も増えてきています。空中の一点を見つめていたり、不適切な場所でオシッコをしたり、夜鳴きをしたりするなら、認知症を疑ってみましょう。普段の食生活や飼い主の関わり方によって、症状の進行を抑えたり、薬で改善が見られたりすることもあります。

Q: 飼い主の責任がますます重くなる気がします。

A: 犬が7、8歳になるということは、飼い主もそのぶん年を重ねたということです。犬も人もお互いに落ち着いて、ゆったりとした時間を過ごせるようになります。そうした日々を心ゆくまで楽しんでほしいと思います。

 ただ病気によっては、犬も寝たきりになることがあります。そうなれば褥瘡(じょくそう)を作らないようにするなど、介護が必要になります。たいへんな負担だと思いますが、ともに歩んだ日々を振り返りつつ、最後の時間を充実させるように考えてください。その時間が、飼い主さんに「心の準備」もさせてくれるはずです。

(山根義久・動物臨床医学研究所理事長)

去勢手術したのになんで?オス犬がマーキングをする4つの要因

マーキングには理由がある

オス犬が高く足を上げてオシッコをするのは自分の縄張りを誇示するために、より高い場所にオシッコをかけたり他の犬のオシッコがかかっているところに自分のオシッコをかけたりするのだそうです。マーキングをするのは主に片足を上げてオシッコをするオス犬ですが、発情期に入ったメス犬にも見られます。オスのマーキングはテリトリーの主張なのですが、メスのマーキングは自分の発情をオスに知らせる意味があります。

また、マーキングには縄張りを他の犬に伝える以外にも、自分が来たことがある、安心して散歩できるよう場所を確認するための印としても用いられます。犬も初めて行く場所は不安なので、新しい場所に自分のオシッコを来たことがある印としてマークをつけようとするのですね。このようにオシッコによりマーキングするのは犬の本能なのでやめさせることはできませんが、電柱やよそのお宅の塀などにオシッコをかけるのはまずいですよね。愛犬と散歩するときは水を入れたペットボトルを常備して、きれいにするように心がけてください。

去勢済みの犬がマーキングする要因

オス犬のほとんどは生後8ヶ月頃からマーキングするようになります。初めはメス犬のように座ってオシッコするのですが、だんだん片足を上げるようになります。飼い主さんとして一番心配なのは、家の中でカーテンなどにマーキングされることですよね。本能なので強く叱ることもできないし…と頭を抱えている飼い主さんもいると思います。獣医師の話によると、去勢手術したオス犬のほとんどは困ったマーキング行為が改善されるそうです。しかしながら中には去勢手術しても改善されない犬もいるということですよね。。

実は屋外によるマーキングは他の犬との「コミュニケーション行動」であり、屋内でのマーキングはストレスによる「不満の代償行動」なのです。屋内でストレスを抱えている愛犬が不満を代償行動に変えないよう、飼い主としてはその要因を取り除く必要があります。

1.主従関係ができていない場合

飼い主と犬との関係が出来ていない状態を「アルファシンドローム」というのですが、それによる困った行動の一つが家の中でのマーキングです。犬は本能的にリーダーを必要とするのですが、リーダーである飼い主がちゃんとしつけをしていないことによって犬が言うことを聞かなかったり、呼んでも無視したり、さらには咬んだりという立場が逆転した状態になってしまいます。犬が家の中でマーキングするのは自分が偉いということを飼い主に示しているということなので、そうならないために日ごろから適切なしつけを行うことが大事です。

2.環境が変わった場合

以前は家の中でマーキングしなかったのに、引っ越し後に急にするようになる犬もいます。これは自分の周りの環境が変化することで愛犬が不安な気持ちになり、ストレスからマーキングをするようになるためです。引っ越した後はなるべく愛犬の匂いが染み付いた布などを身の回りに置き、できるだけひとりにさせないようにして不安を取り除いてあげてください。

3.同居人が変化した場合

例えば「結婚して同居人が増えた」「赤ちゃんが生まれた」「親の介護をするようになった」など、以前よりも自分がかまってもらえない状況になると犬は面白くないと思い始め、そのストレスにより家の中でマーキングをしたりします。同居人が増えても今までと同じように接してあげてください。

4.飼い主の生活パターンが変わった場合

以前はいつも愛犬のそばにいられたのに、最近就職してあまり家にいる時間がなくなってしまった…など生活リズムが変わったという飼い主さんもいると思います。犬はもともと群れで生活する動物なので、ひとりで家にいることが苦手です。急に独りになることが増えるため、ストレスを感じてマーキングする犬もいます。仕事で外出するのは仕方ないですが、プライベートな時間は思いっきり犬に愛情を注いでストレスを感じさせないようにしてあげましょう。

まとめ

いくら大好きな愛犬でも、トイレ以外の場所でオシッコをされると気分が落ちてしまいますよね。散歩中のマーキングは水をかけることができますが、家の中はそうはいきません。愛犬と一緒に快適に暮らすためにも飼い主としての威厳をしっかり持って、愛犬のストレスを少しでも取り除いてあげるよう心がけてください。

子猫の室内飼い かまれないためには、屋外で得られるはずの刺激を

子猫を1頭だけで室内飼育すると、ほとんど間違いなく飼い主をかむという問題が起きます。猫は根っからのハンターで、動くものを追いかけ捕まえるという習性が強い動物です。野生のネコ科動物は子どもの時期に、将来の独り立ちのために狩りの技術を磨きます。

 また猫はもともと縄張りを持つ動物なので、将来は他の個体から自分の縄張りを守らなければなりません。小鳥や昆虫などを追いかけて狩りの練習をしたり、きょうだいと遊びながら、将来、交配相手を見つけたり縄張りを守るために必要な、猫どうしのコミュニケーション技術を磨くのです。

 ところが室内で1頭だけで飼われている猫にとって、動く生き物は飼い主だけです。動くものに反応して狙いを定め、素早く飛びついてかむのはごく自然な子猫の遊び行動で、ある時は飼い主をきょうだい猫に見立て、ある時は獲物に見立てているわけです。

 これらの行動は本来であれば生きていくためにとても重要で、消し去ることはできません。そのため1頭だけで飼われている子猫が飼い主を狙うのは、ある意味、いかたのないことです。

 猫が屋外と家を行き来して、自由に外で走り回ったり、虫や小鳥を追いかけることができた時代には、このような問題はありませんでした。しかし現代の日本では猫を安全に屋外に出せる地域はほとんどなく、交通事故や野良猫との闘争による外傷、伝染病などを考えれば、外に出すのはリスクが大きすぎます。また屋外に出る猫は通常自宅外で排泄するようになるため、近隣とのトラブルの原因にもなります。したがって猫は室内飼育すべきですが、飼い主がかまれないようにするためには、室内でも外に出た時に得られるような刺激を与える必要があります。

 子猫がやんちゃすぎるからとケージに入れっぱなしではますますエネルギーがたまる一方で、ケージから出した時により興奮するようになります。エネルギーが余って起きる問題は、抑え込むばかりではいずれどこかで爆発してしまうのです。

 適切な発散の機会を与えなければ根本的な解決にはなりません。猫のニーズのところでお話ししたように、猫にとって必要な上下運動をするスペースや、安全に外界を感じることができる場所や隠れることが出来る場所などを提供し、おもちゃでしっかりと遊んであげる必要があります。

(村田香織・もみの木動物病院副院長)

猫や犬の肉球は、なぜ毛に覆われていないのか?

猫や犬など多くのペットの指元には、可愛らしい肉球がある。触ると表面は固いのにぷにっと押すと柔らかく、撫でていると不思議な安心感に包まれる。ゆえにいつまでも触っていたくなるという飼い主もいるのでは。この肉球は猫や犬の他にも、クマやイタチの仲間などにも見受けられる。また、パンダは肉球で竹を握ることもできるそうだ。今回はそんな動物たちの肉球について理解を深めるべく、ペットシッターSOSの倉西俊平さんに、「肉球と毛の関係」「なぜ肉球に毛が生えていないのか」「肉球からわかる健康状態」「注意したい肉球からのサイン」について教えてもらった。

■肉球と毛の関係

肉球は動物と地面との接点であり、多くの肉食動物がもつ特徴である。まずは、肉球の役割と毛の関係について聞いてみた。

「パッド(肉球)自体からは被毛は生えていませんが、その隙間には毛が生えています。犬であればヨークシャテリアやアフガンハウンドなど、猫ならペルシャやラグドールなどの長毛種は、パッドが見えなくなるほど毛で覆われることがあります。これらの毛の役割は、雪や氷上での滑り止めや、冷たさからパッドを守るためですが、一般家庭のフローリングなどで飼われている場合、滑りやすくなります。立ち上がりの際に関節を痛めてしまうなどのデメリットもあるため、ペットの場合通常はカットされます」(倉西さん)

フローリングのようなつるつるとした床は自然界にはなかなか存在しないので、毛を切ってあげなければ不便なのだ。

■なぜ肉球が毛に覆われていないのか

寒さ対策なのであれば、肉球からも少しは毛が生えていた方がよいのではないか? なぜ毛が生えないのだろう?

「犬や猫のパッドは、“走る”“狩る”ために大変重要な役割を担っています。パッド自体には毛根がないため、まさに人間で言うところの手のひらと同じです。突き詰めていけば、手のひらもパッドもルーツは同じでしょう。人間も緊張すると手に汗をかきますが、“生き抜くため”または“戦う”など、平穏を脅かされたときにかくものです。例えば、猫が敵から逃げ高い木に登るときなどは、緊張しパッドに汗をかき、それが滑り止めの役割を果たします。人が木登りするときに唾をぺっぺっと手につけるのと同じですね」(倉西さん)

なるほど、野生で生き抜くための進化の過程を経てきた結果だったのだ。

■肉球の色で健康状態が分かる

肉球の手触りだけでなく、色が好きという人もいるだろう。しかし、その色にも注意してほしいと倉西さんは訴える。

「肉球の色にもご注意を。普段ピンク色だったものが白っぽくなっていたら、心筋症や血栓症などで足先まで血が通ってない可能性があります。パッドは何かと健康のバロメーターにもなっています。ただし、足の裏は急所でもありますので、人に慣れてないペットのパッドをむやみに触るようなことは避けましょう」(倉西さん)

肌の露出が少ない猫や犬にとっては、健康状態を知らせる信号となるわけだ。触るときは確認しておきたい。

■緊張で肉球から汗が出る

危機を察知し、緊張した結果パッドに汗をかき、それが滑り止めの役割を果たすことを先に紹介したが、安全な家の中で飼われているはずのペットが汗をかいている場合は注意してほしいと倉西さんは言う。

「猫や犬はパッドにしか汗腺をもちませんので、もしフローリングなどに汗で足跡がついたなら、それは来客などを警戒しストレスを感じているということかもしれません。そういったことを発見したならば、そのペットへは再度十分なケアを心がけましょう」(倉西さん)

猫や犬は、汗とは無縁と思っていた人も、これからは注意してほしい。

こうして今回、肉球を取り上げてみたが、肉球からわかることが沢山あると気づかされたのではないか。ペットを飼っている皆さんは肉球で健康管理もできるので、定期的に肉球をチェックしてあげよう。ただし、人に慣れてないペットの肉球をむやみに触るようなことは避けた方がよいので、くれぐれも注意しよう。心配なときは獣医さんに相談することをおすすめする。

「教えて!goo」では、「猫好きなみなさんは、猫のどんな所が好きですか?」「猫好きなみなさんは、猫のどんな所が好きですか?」 ということでみなさんの回答を紹介中だ。

●資料提供者プロフィール:ペットシッターSOS
1997年に「ペットシッター」の商標登録を行い、プロのペットシッターとしての専門の研修、養成期間を経て、全国で初めてペットシッター専門のフランチャイズを展開している。フランチャイズ全店が動物取扱業登録店であり、国内唯一の正規資格「認定ペットシッター資格」を有している。

猫ブームで、遺伝性疾患の懸念高まる 犬と「同じ轍」を踏むのか

猫を飼おうと思えば、野良猫を拾ってきたり、近所で生まれた子猫をもらったり――というのが一般的だった。だが空前の「猫ブーム」で、そんな状況に変化が起きつつある。ペットショップで純血種を買うという消費行動が増え始めたのだ。結果として、猫の繁殖業者はバブル状態。だがこのことは、猫の遺伝性疾患の蔓延(まんえん)につながりかねない。専門家の間では、懸念が広がっている。

「繁殖現場から遺伝子病を減らす」

 そんなテーマを掲げたセミナーを、ペットショップ大手AHBが取引先の繁殖業者を対象に全国で開催している。同社の国際小動物医学研究所に所属する獣医師らが、主に犬の遺伝性疾患について解説する場だ。

 メンデルの法則など中学生レベルの生物学から始まり、これまでに原因遺伝子が明らかになっている遺伝性疾患の具体的な症状まで、獣医師がわかりやすく説明していく。

「遺伝性疾患をなくすもなくさないも、繁殖の現場にいるブリーダーの皆さん次第」

 セミナーを通じて、獣医師から繁殖業者らにはそんなメッセージが伝えられる。同社の川口雅章社長はこう話す。

「犬や猫の取引価格が数年前と比べて高値で推移している。ブリーダーさんたちは以前よりも収益が出ているはずなので、その分をできれば動物たちの幸せのために投資してほしい。不幸な動物を減らしていきたいという思いは共有できているはず」

 犬や猫の繁殖、販売の現場で、遺伝性疾患に対する危機感が芽生え始めている。犬では既に多くの犬種で遺伝性疾患の広がりが確認されており、猫ブームが過熱するここ数年は、そうした状況が猫でも再現されるのではないか──という懸念が、専門家らの間で増している。空前の猫ブームのまっただ中で、猫の遺伝性疾患の現状を追った。

 赤血球ピルビン酸キナーゼ(PK)欠損症という遺伝性疾患がある。生後2~3カ月のころに貧血を発症。病状が進行するとあまり動かなくなったり、食欲がなくなったりする。有効な治療法はなく、発症した猫の多くが4歳程度で死んでしまう。

 鹿児島大学の大和修教授の研究により、この病気が広く国内の純血種に浸透していることが判明した。原因遺伝子を持っていても発症はしない「キャリア」の割合がソマリで41・7%、アビシニアンで37・1%にのぼったという。大和教授はいう。

「発症した個体が普通に販売されている事例もあった。アビシニアンやソマリでもし、元気がない、食欲がないという症状が見られたら、PK欠損症の可能性を考えないといけない」

 PK欠損症は劣性遺伝だが、優性遺伝する遺伝性疾患もある。多発性嚢胞腎(のうほうじん)(PKD)はその代表的な存在だ。

 劣性遺伝の場合、キャリアと原因遺伝子を持たない「ノーマル」とを交配させても、2匹に1匹はキャリアになるが、発症する個体(アフェクテッド)は生まれない。キャリア同士、キャリアとアフェテッド、アフェクテッド同士を交配に使った時のみ、発症する個体が生まれる。

 だが優性遺伝する場合、原因遺伝子を持っている個体とノーマルとを交配させると、2匹に1匹が発症する個体になってしまう。

 岩手大学の佐藤れえ子教授によると、PKDはもともとペルシャ(有病率67%)に多いとされてきたが、最近ではアメリカン・ショートヘア(同42%)やスコティッシュフォールド(同48%)でも症例が見られるという。

 腎臓に穴があく病気で、多くが4歳以上で発症する。飼い主が異常に気付いた時には、人工透析を続けるか腎臓移植をするしかない状態になっているケースが多いという。佐藤教授はこう話す。

「優性遺伝する疾患であり、原因遺伝子を持っている個体は繁殖に使ってはいけません。ブリーダーは、気になる症状が見られるなら、遺伝子検査をしてほしい」

かわいい「折れ耳」も遺伝性疾患の一つ

 携帯電話会社のテレビCMの影響などで人気猫種となっているスコティッシュフォールドでは、骨軟骨形成不全症が問題になっている。PKDと同じく優性遺伝する疾患だ。特徴的な折れ耳を持つ個体はすべてが、この病気を発症しているとされる。

 病気の程度はいくつかの段階に分けられる。前脚や後ろ脚の足首に骨瘤(こつりゅう)ができて脚を引きずって歩くような状態になったり、そのためにあまり運動しなくなったりするケースもあれば、飼い主が「そういえばほかの猫に比べてあまり動かない」と感じたりする軽度の場合まである。治療は外科手術で骨瘤を除去するなどの手法がありうるが、根治は困難とされている。

 このスコティッシュフォールドでは現在、折れ耳が「はやり」とされている。だが、折れ耳の猫を繁殖することは、遺伝性疾患を抱えた猫を増やすことを意味する。動物福祉を考えるうえで許されることではなく、消費者保護の観点からも大いに問題がある。繁殖業者には、はやりに左右されない、冷静な対応が求められることは間違いない。同時に消費者も、流行に乗って猫種を選ぶことの危険性をよく認識すべきだろう。

 大和教授の研究室では、ボーダー・コリーにみられる遺伝性疾患のうち七つの疾患について、繁殖現場から取り除いていく方法について研究を進めてきた。その結果、遺伝的多様性を考慮しながら繁殖を続けても、3世代程度で、七つの疾患の原因遺伝子を持たないノーマルだけに限った繁殖が実現できることがわかった。

 犬や猫の遺伝性疾患のうち、原因遺伝子がわかっていて、遺伝子検査が可能なものであれば、確実になくしていくことが可能なのだ。大和教授はこう話す。

「猫の遺伝性疾患はこれまであまり注目されてこなかったが、米国を中心にこの分野の研究が急速に進んでいる。猫については今のうちから、繁殖業者らが遺伝子検査を実施し、原因遺伝子を持つ個体を繁殖現場から減らしていけば、犬と同じ轍(てつ)を踏まずに済む可能性が出てくる」

犬猫が原因で薄毛に!?ペットから感染する頭の水虫の予防対策

ペットを飼っているかたも多いかと思いますが、ペットから人へ感染する「頭の水虫」といった症状があるのをご存知でしょうか。人へ感染してしまうと、かゆみだけではなく、髪の毛が抜けてしまうなどといった恐ろしい事態になってしまうことも....。今回は恐るべき頭の水虫「ミクロスポルム・カニス」の予防対策について、医師に解説をしていただきました。

ペットから感染するミクロスポルム・カニス

脱毛や皮膚のかさぶた、かゆみなどの症状が現れる皮膚糸状菌症という疾患があり、これを引き起こす約40種類の真菌(カビ)が皮膚糸状菌と総称されます。皮膚糸状菌は動物の体表に感染して、皮膚や被毛、爪などの構成成分であるケラチンを栄養源に増殖するものです。

ミクロスポルム・カニスは犬と猫の皮膚糸状菌症の原因菌として重要で、皮膚糸状菌症の犬の約70%、猫では約98%でミクロスポルム・カニスへの感染とされています。

ミクロスポルム・カニスの感染経路

感染した犬や猫の毛や皮膚に触ることで感染します。

人間が感染すると起こる症状

人間でも犬や猫と同様、ミクロスポルム・カニスが皮膚や毛のケラチンを栄養源に増殖するため、感染した部位で脱毛したり、かさぶたやフケが増えたりします。かゆみがともなうこともあります。

人間が感染した場合の治療
抗真菌剤が有効なため、それを含有した外用薬や内服薬が処方されます。

ペットが感染した場合の検査と治療
検査
脱毛などの症状が現れた部位での毛やフケを採取して検査材料とします。 直接顕微鏡で採取した毛を観察して真菌の存在を確認したり、ミクロスポルム・カニスがある特定の波長の紫外線を照射すると蛍光を発する特徴を利用して、診断したりする方法があります(ウッド灯検査)。

治療
感染した場合には、抗真菌剤で治療します。 犬や猫では被毛が長いためにクリームや軟膏などの外用薬が患部に届きにくい欠点があり、抗真菌剤を含有したシャンプーを使ったシャンプー療法や、重症例では内服薬での治療が中心となります。

感染を予防するために心がけるべきこと
感染、保菌しているペットとの接触が感染につながります。ペットを触ったら石鹸でよく手を洗うようにしましょう。また、ペットと人間の寝床を一緒にしないようにしない方が望ましいですが、少なくとも接触したシーツや落ちている毛をこまめに掃除洗濯しましょう。

獣医師からのアドバイス

ペットも人も、ストレス状態に置かれていたり持病がある方、高齢の方や赤ちゃんなど、免疫が低下している、あるいは免疫が弱い状態では感染・増殖が進み症状が強く出る場合があります。

ミクロスポルム・カニスは環境中に存在する真菌で乾燥にも強く、犬や猫の毛をとかしたブラシや抜けた毛に付着したものでも長く生存し続けますし、健康な成犬や成猫では、症状を特に出さず保菌している場合もあります(不顕性感染)。ペットと接触したらよく手を洗うこと、ペットとは寝具を別にすることを原則としましょう。

愛犬が背中やお尻を向けてくる・・・これ、実は嬉しいことなんですよ♪

犬が背中やお尻を向ける意味

犬が自分のお腹を見せて寝転がるときは、その人に対して心を許している証拠というのは聞いたことありませんか?お腹は犬の急所なので、信頼している人に対してや怒られたときの服従の姿勢としてお腹を見せるのです。 

そして、お腹以外にももうひとつ犬の急所があります。実は後ろ足も犬の急所で、後ろ足を攻撃されないように外敵に対して背中やお尻を向けないようにするといわれています。後ろ足は犬にとって走るための大事な部分です。犬がまだ野生で生活していた頃、後ろ足を攻撃されると生活できなくなることから自分の身を守るという本能的な行為として、背中やお尻を守るようになったといわれています。

また、犬はもともと集団生活をしていたため、敵に攻撃されないように仲間同士で背中をくっつけあって寝ていたそうです。これは背中とお尻を守るとともに仲間同士で死角をなくし、外敵が近づいてきたらすぐに逃げたり攻撃したりするための生き延びるための策なのです。

飼い主に対しての信頼の証

犬が人に対して背中やお尻を向けるのは、「後ろにあなたがいても安心」「あなたを信頼してるよ」という信頼感の表れです。
近寄ってきて背中やお尻を向けて座ったり、飼い主にお尻をくっつけて寝るのは、急所を押し付けることで安心感を得ようとしているのです。そっぽ向かれて、この子に嫌われているのかな?と思われる方もいると思いますが、実はまったく逆の嬉しいことなのです。

人間の方から犬に背中を向けると仲良くなれる?

犬は苦手な犬と仲良くなるために、わざと背中やお尻を向けて信頼の証を見せようとすることもあります。また、犬同士がケンカするとどちらかが目をそらしたり背中やお尻を向けたりして「落ち着いて」と体で表現します。目をそらすことも、相手に敵意がないことを表しています。敵意がなく信頼している犬に対して、また服従の意味として背中やお尻を向けたり、目をそらしたりして相手と友好的に接しようとしているのです。

犬社会にはこのようなルールがありますが、人間も仲良くなりたい犬がいたらわざと背中やお尻を向けてみると、この人は自分を信頼してくれると思って仲良くなれるかもしれません。人間社会では背中やお尻を向けるのは、まったく逆の「相手を避けている」という意味になるので実践するのはオススメしませんが・・・(笑)

お尻タッチを嫌がる場合は・・・?

犬にとってお尻は無防備な場所なので、後ろから触られると「ウー」と唸ったり、ビクッとしたりすることがあります。まだ信頼していない相手に対して急所を攻められて、怖い気持ちになることからこのような反応をしてしまうのです。飼い主にお尻を触られたり背後に回られるのを嫌がる犬は、まだ飼い主のことを信頼ができていない証拠でもあります。飼い主がご主人として犬との信頼関係が成り立てば、自ずと犬はお尻を向けてくるものなのです。

犬によっては、会ったばかりの人に対してすぐにお尻を向ける子もいれば、ずっと一緒に生活しているのにお尻をタッチされるのを嫌がる子もいるので、性格的な警戒心の強さも関係しているのかもしれません。

まとめ

犬は後ろ足を攻められると走れなくなるという本能から、背中やお尻を守るようになった犬が背中やお尻を向けるのは、その人を(犬を)信頼している、または服従しているという意味であるまだ信頼していない相手に対しては、お尻をタッチされるのを嫌がる

今では犬も家族の一員として人間とともに快適な暮らしをしていますが、昔は野生でサバイバルのような生活をしていて、そのときの身を守るための方法が今でも本能として表れているのですね。犬の習性は、本当に興味深いことが多いなぁと思います。

ペットと入居できる特養ホーム…背景と効用は? 「家族と同じ…最期まで一緒に」

犬や猫をはじめとするペットは大切な「家族」。だが、高齢になると自身で世話ができなくなり、飼い続けられなくなることに不安を抱く人は少なくない。「最期のときまで一緒に過ごす」。そんな思いがかなえられる数少ない老人ホームを訪ねた。(戸谷真美)

 ■世話代はゼロ

 扉を開けると、茶色の中型犬が尻尾を振りながら近づいてきた。テーブルやテレビが置かれた共有スペース。入所者たちのかたわらで、3匹の犬が歩き回ったり、お座りしていたり。犬たちについて職員と話す人もいれば、言葉は発せなくても目を細める人もいる。

 神奈川県横須賀市にある特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」。平成24年に開所した4階建てのホームの2階部分が、犬や猫と一緒に入所できるスペースだ。現在は40人が計15匹の犬や猫と暮らす。若山三千彦施設長は「泣く泣く手放したペットのことを悔やみながら、人生の最期のときを過ごす人がたくさんいた。そういう人を少しでも減らしたかった」。

 犬と猫は別々のユニットで暮らしており、給餌やトイレ、散歩などの世話は、職員や地域のボランティアが行う。ペットと一緒に入所する人は、餌代やペットの医療費などを実費で負担するが、ペットの世話代はかからない。また、飼い主に先立たれても、ペットは終生ホームで生活できる。「職員の負担は大きいが『それでもやりたい』という人に支えられている」(若山施設長)という。

 入所者自身の基本サービス費(要介護5で月額2万8057円)や、公的な基準で定められている食費や居住費(3万3600円~13万1400円)は、ペットのいない入所者と変わらない。

 ■「安心感」で回復

 「この子はすぐにここに慣れた。私も安心したし、ずいぶん元気になったんですよ」。愛猫の佑介(オス10歳)と暮らす沢田富與子さん(73)は穏やかに笑った。

 1人暮らしだった沢田さんは10年前、生まれたばかりで捨てられようとしていた佑介を引き取って育て始めた。だが、しばらくして脊柱管狭窄症(背骨を通る脊柱管が骨の変形などで狭くなって神経を圧迫し、腰痛や手足のしびれなどをともなう病気)が悪化。歩くことができなくなり、入院が増え、佑介と過ごせない日々が続いた。食欲がなくなり、体重は一時30キロ台前半にまで落ちた。

 「一時は佑介と一緒にすべてを終わりにしよう、とまで思った」という沢田さん。めいの紹介で同ホームを知り、入所したのは3年前の秋だ。「今は外に出かけることもできるようになった。佑介といつも一緒にいられることが何よりうれしい」

 千葉県に住む男性は、数カ月かけて同を見つけた。末期がんで余命宣告を受けていたが、病院やホスピスでは、愛犬のポメラニアン、チロ(オス)と離ればなれになってしまっただろう。男性は入所後に亡くなったが、チロは今でも同ホームの犬として、大切にされている。

 ■機能回復も

 犬や猫がいるユニットで暮らす入所者は、もともと動物好きだったり、飼っていた人も多い。若山施設長によると、認知症が進み、家族の顔や名前さえわからなくなった人が、犬の名前を覚えて呼ぶうちに家族のことを思い出したり、手を動かせなかった人が犬や猫をなでようと必死に動かして、手を使えるようになったりしたケースもある。

 同ホームには入所者に先立たれた高齢ペットや生まれつきの障害があって飼い主が見つからず、保健所から保護した犬や猫もいる。こうしたペットたちの向こう1年間の医療費に充てようとネットのクラウドファンディサイト「READYFOR」を通じて寄付を募り、目標額を達成した。

 若山施設長は言う。「介護が必要になっても、ペットを飼ったり、旅行をしたり、普通の生活をする権利はある。本人ができなくなってしまったことを補うことが、介護だと思う」

 日本ペットフード協会の平成27年全国犬猫飼育実態調査によると、50代の人の犬の飼育率は17・5%、猫も11・5%で、いずれも20~70代のなかで最も高かった。60代は犬が15・6%、猫が10・9%。70代も犬が10・7%、猫が7・0%だった。

 一方、飼い犬や飼い猫の平均寿命はそれぞれ14・85歳、15・75歳と延びており、最後まで飼えないことに不安を感じる人は多いとみられる。また、「あったらいいと思う飼育サービス」(複数回答)では「高齢で飼育不可能な場合の受け入れ施設提供」が26・7%で、「旅行中や外出中の世話代行」などに続き4位だった。

犬や猫用のペットフード、人が食べても大丈夫? 先生教えて

子ども 昨日おかあさんがおやつの用意を忘れて、晩ご飯までおなかぺこぺこだったよ。

先生 あらあら、つらかったわね。

子ども それでポチのところ見たらドッグフードがあって、クッキーみたいでおいしいかもって思ったの。今度、食べてみようかな。

先生 おもしろい発想ね。それでは真面目に考えてみましょう。犬や猫のペットフードにはどんなものがあるかしら。

子ども さっき言ったクッキーみたいなのと、缶詰かな。

先生 そうね。主にドライとウェットという2タイプに分かれるわ。原材料を乾燥させて混ぜたのが水分10%以下のドライ、缶やアルミパウチに入れて殺菌したのが水分75%ぐらいのウェットね。水分が中間のものや間食用の製品もあるけど、総合栄養食という主食になるのはペットフードはドライかウェットが多い。飼い主は保存のしやすさやペットの好みを考えて選べるわ。

子ども 人みたいにご飯とおかずじゃなくて1種類でいいの。

先生 総合栄養食の原材料は、トウモロコシなんかの穀物や肉、魚なの。三大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂肪がすべて含まれていて、ビタミンなんかも加えているから、基本的にはそれだけを食べて栄養がまかなえるの。安全についてもペットフード安全法で、添加物の基準値や有害物質の禁止、問題があった時にどこの原材料を使ったか、さかのぼれるように記録することが定められているのよ。

子ども 栄養満点で安全って、すごい食べ物だね。じゃあ明日食べてみようっと。

先生 ちょっと待って。私たちと犬、猫が必要としている栄養の割合は違うの。もともと肉食だった犬や猫は、人よりもたんぱく質が多く必要なのよ。ペットフードは種類に合わせて配合が考えられているのよ。

子ども 人にとって栄養バランスが良くなくても、食べる分にはいいんじゃないの。

先生 犬や猫は人と違って汗をほとんどかかないから、塩分をあまり必要としないの。1日に必要なのは人の3分の1ぐらいで、ペットフードは塩分も考えて作られているわ。もしペットフードを食べるなら、例えば味付けしていない肉や野菜を食べることを想像してみて。

子ども うーん、あまりおいしくなさそう。食べるの止めようっと。

先生 そのぐらいの薄味が犬や猫にはちょうどいいの。反対に、人と同じハムやお菓子なんかをペットにあげるのは塩分や糖分のとりすぎになって、心臓や腎臓に悪いのよ。

子ども 人とペットそれぞれ食べ物を分けてる方が、お互い気持ちよく健康になれるんだね。

癒し効果以外もアリ! ペットを飼うと健康になれるワケ6つ

「ペットを飼うと子どもの情操教育にいい」「ペットには癒し効果がある」という話は有名です。

動物と触れ合ったり一緒に生活したりすることは、情操教育や癒し効果以外にも、私たちにさまざまな健康効果を与えてくれます。

そこで今回は、犬や猫といったペットを飼うと健康になれる理由についてご紹介していきましょう。

●(1)アレルギーになりにくい

欧米では、乳児のころからペットを2頭以上飼っている家庭に育った子どもは、ペットを飼っていない家庭の子どもに比べて、ぜんそくやアトピー性皮膚炎の発症率が低い 傾向があったという調査結果が出ています(参考文献より)。

また、ペットを2頭以上飼っている家庭で育った子どもは、花粉やカビなどに対しても反応しにくかったという調査結果も出ているそうです。

●(2)心臓疾患のリスクが下がる

アメリカ『ミネソタ大学脳卒中研究所』のアドナン・クレシ博士の研究によると、猫を飼っている人の心臓発作リスクが約30%低下した ということです(1976〜1980年に実施された『第2回米国民健康栄養調査』より)。

また、アメリカ『カルフォルニア大学』ロサンゼルス校メディカルセンターのケイティ・コール氏が行った『犬と心疾患』に関する研究では、犬を飼っている人でも心臓発作のリスクが下がった という結果が出たとのこと。

さらに、心臓病とペット飼育の相関についての研究を行っているエリヤ・フリードマン博士によると、ペットを飼っている人はそうでない人に比べて、心筋梗塞の発作から1年後に生存している確率が3倍以上高かったとしています。

●(3)犬を飼うとコレステロール値が下がる

犬の場合、毎日の散歩が日課となり、飼い主も必然的に体を動かすことになります。

この散歩の効果によって飼い主に運動習慣が身に付き、生活リズムも規則正しくなることで、コレステロール値が下がるんですね。

コレステロール値や中性脂肪が下がることは心臓にとっても良いため、前述した心疾患リスクが低下することにもつながるのでしょう。

●(4)血圧が下がり安定する

獣医であるベッカー医師によると、身の回りに犬がいることで血圧が下がるとのこと。ペットがストレスを軽減してくれることが理由です。

また、ある老人ホームで行われた実験によると、猫に触れることで血圧が下がった とのこと。

この効果を期待して、「アニマルセラピー」として日本の老人ホームでも猫を飼っているところがありますよね。

●(5)猫が喉を鳴らす音で自然治癒力が上がる

猫がゴロゴロと喉を鳴らす音には、免疫力を上げて傷を癒す効果があります。

猫が骨折したときに他の動物に比べて3倍の速さで回復できるのは、このゴロゴロ音による振動が影響しているのだそうです。

これは猫同士だけではなく、ゴロゴロ音の振動によって人間の自然治癒力も上がる とのこと。

確かに、ゴロゴロと喉を鳴らしている猫と一緒に寝ているととても心地よく、癒されます。

●(6)脳卒中のリスクが低下する

獣医であるベッカー医師によると、犬や猫を飼うことによって心臓血管系の健康を守る効果があるそう。

猫を飼っている人は、脳卒中のような心臓血管系のトラブルが40%低いと発言しています。

----------

いかがでしたか? 意外なものもあったのではないでしょうか。

『猫にくっついていると精神的に安定する。私が悲しいときとかは猫が自分から寄って来て慰めてくれてるような気もする』(20代女性/会社員)

『犬のエサを決まった時間にあげないといけないので、自然に自分の生活リズムも整いました』(50代女性/主婦)

『犬を連れて散歩に行くことで、同じように犬を連れている人と話すようになったり、犬好きの方から声をかけられたりするようになって、社交的になれた 気がします』(30代男性/会社員)

というコメントもあるように、やはりペットを飼うことにはさまざまなメリットがあるようです。

とはいえ、安易な気持ちでペットを飼ってはいけません。きちんと世話ができるか、ペットを飼える環境であるか、リスクを正しく理解し対処できるか、などを考慮してから考えてみてくださいね。

【10種別】愛犬の種類でわかる「あなたの性格」

言われてみると、確かに性格が表れそうな愛犬のチョイス。とはいえ、ライターNICOLE CANNIZZARO氏が「Little Things」にまとめた記事は、犬種ごとの一般的な性格をそのまま人間に当てはめているだけの気が…。まあ、“小ネタ”程度に軽い気持ちで読んでみて。

01.
ゴールデン・レトリバー

忠誠心とフレンドリーさが特徴。飼い主が正直で社交的なのも納得がいきます。心配いらずの性格や信頼感、元気なところは家族向け。

02.
ブルドッグ

頑固で茶目っ気たっぷりのブルドッグは、きっと飼い主にそっくり。見た目はちょっと怖いけど、ぎゅっと抱きしめてしまえば世界一優しくて愛情たっぷり。ブルドッグを飼っている人は、他人を愛することが得意で仲間と一緒に笑っているのが大好きでしょう。

03.
小型犬

カバンに入る犬なんて、最高の旅の友じゃありませんか?つまり、小型犬の飼い主は旅行が大好き。きっと、自分の見た目や立ち位置にも自信を持っているはず。

04.
ボクサー

ボクサーはエネルギーに溢れている犬種の一つ。常にアクティブでいたいと望む元気な飼い主にぴったりです。ちょっと運動が必要だと感じている人はちょうどいいかも。

05.
コッカー・スパニエル

堂々とした見た目のコッカー・スパニエルは女王のようにチャーミングで優しく落ち着いています。その飼い主はいつも忙しくしているけれど、大好きな人と一緒に過ごす時間を大切にできる人でしょう。

06.
シェパード

怖い見た目をしているけれど、ただ心から忠実で飼い主を常に守ろうとしているだけ。周りから信頼されていて、自分のことよりも常に他人を優先できるのがシェパードの飼い主。

07.
ロットワイラー

威圧的に見られるロットワイラーは、実は結構のんびり屋さん。でも、大切な人の身に何か悪いことが起きようものなら、素早く行動できます。飼い主は肉体的に強い人が多く、周りからも信頼されているでしょう。

08.
パグ

パグにはどこか、おどけた印象があります。その飼い主は甘やかされるのが大好きで、毎日を楽しんで過ごしているはず。

09.
シベリアン・ハスキー

ハスキーを飼っているあなたは生まれつきのリーダー。犬が山を登って行くときのように、人生にはっきりとした目標があるはず。そして、ハスキーはそんなあなたが大好き。

10.
ピットブル

もっとも誤解されやすいピットブル。周りの人を幸せにしたいと思う気持ちが一番強いと言ってもいいでしょう。飼い主も同じように勇敢で、周りの人を守ろうとします。最高のベビーシッターにもなってくれますよ。

猫にソファで爪とぎをされないための対策を獣医師が解説

家の中で最も落ち着くことができるソファスペース。猫もソファが好きですが、少し目的が違うようです。猫にとってソファは格好の爪とぎ場所になります。良いソファの条件は、ことごとく猫の爪とぎ素材としての条件と一致しているので仕方がないのかもしれません。今回は、すぐにできる爪とぎ対策と、爪とぎをされにくいソファについて解説します。

○なぜ良いソファなほど爪とぎの対象とされるのか

猫に爪をとがれるのは、良いソファの証とも言えます。まず重みがあり、ガリガリ爪をといでも安定感があるもの。そして良いソファには柔軟性の高い木材が使われてることが多いです。これも爪がかけやすいので、猫に好まれてしまいます。

○まずは今の爪とぎ場所の見直しを

ソファで爪とぎをするということは、今の爪とぎ場所に比べ、ソファの方がとぎ心地が良いということです。まずは今の爪とぎ場所が以下の条件を満たしているかどうかをチェックしましょう。

(1)安定感があり、激しくといでも動かない
(2)高さが十分にあり、猫が伸びた状態でとげる(特に大きな猫)
(3)立てかけるものだけでなく、床に置くタイプも設置している

どれかの条件を満たしていない場合は、猫が爪とぎに満足していない可能性があるので、対応してあげると良いでしょう。

○ソファのとぎ心地を下げる

爪とぎのとぎ心地を上げてあげたらば、今度はソファのとぎ心地を下げる必要があります。オススメはソファカバーです。

ソファカバーをかけると簡単に守ることができるのと、とごうとしてもカバーが動くのでうまくできません。ソファの脚でといでしまう場合は、ソファの近くに観葉植物などのオブジェを置いてスペースを埋めるととぎづらくなります。

また、自宅にいるときはソファでといだときに霧吹きで水をかける、すぐに降ろすなど、猫にとって好ましくない対応をすると学習してとがなくなることがあります。

○猫に爪とぎされにくいソファ選び

私も、病院の待合室用のソファを選ぶときに、どのようなソファであれば猫がいても長く使えるか考えました。飼い主さんの好みと兼ね合いがあると思いますので、全ての条件を採用するのは難しいと思いますが、各ポイントについて解説します。

○1、メタルフレーム

まず脚に木材が使われていないメタルフレームのものが良いでしょう。脚の部分でとがれる心配がなくなります。フレーム部分は簡単に交換できませんので、愛猫家が長く使うにはメタルの方が向いているでしょう。

○2、縦の面が少ないソファ

縦の面が少ないソファもオススメです。

サイドの部分、肘掛けの部分にクッションが貼ってあると、格好の爪とぎ場になります。また、脚がないタイプのソファの場合、座面から床までのクッション部分が爪とぎ場になりやすいので注意が必要です。

そして、設置の際はソファの背面は壁につけてしまった方が良いです。猫は縦の面を狙いますので、できるだけ垂直方向の面の部分を減らしましょう。

○3、生地は人工の方が強い

人工の生地が使用されたソファを選ぶと良いでしょう。

人工生地は人工生地でも、できればひっかりの少ない生地がオススメです。人工スエードは耐久性にも優れ、ひっかかりにくいので爪を切っておけば簡単には傷つきません。メーカーによっては猫の爪とぎに強い素材を売り出しているものもあります。

○4、とがれた場合を想定して

とがれた場合を想定してクッション交換可能なソファを選ぶと良いでしょう。

1枚のカバーで覆われているものではなく、クッションが取り外し可能なものの方が一部を駄目にされたときに交換が楽です。座席数ごとにクッションが交換できるものが良いですね。

○まとめ

良質なソファであるほど猫は好んで爪をとぎます。

私は迷った末、あまり爪とぎ対策は重視せず木製の脚の人工スエードのソファを選びました。早くもほつれている部分がありますが、私自身が「相手は猫だし、とがれても仕方がない」というスタンスなのであまり気にしていません。

■著者プロフィール 山本宗伸
獣医師。猫の病院 Syu Syu CAT Clinic で副院長を務めた後、マンハッタン猫専門病院でと修を積み帰国。現在は猫専門動物病院 Tokyo Cat Specialistsの院長を務めている。ブログ nekopeidaも毎月更新中。

犬にも夏バテ?! 子犬や老犬は注意! 下痢や嘔吐はすぐ病院へ

Q:ここ数日、犬に食欲がありません。犬にも夏バテがありますか?

A:犬は汗腺が少ないので、夏の暑さはこたえます。普段に比べて食べる量が減っているのであれば、いわゆる夏バテかもしれません。食欲がなくても、よく水を飲んで元気があるのなら、しばらく様子を観察しましょう。

 ただ、極端に元気がなかったり、下痢や嘔吐(おうと)などほかの症状が見られたりする場合には、なんらかの病気の可能性があります。すぐに動物病院に行き、必要に応じて検査などを受けたほうがいいです。また体力や抵抗力の弱い子犬や老犬であれば、夏バテだからといってあなどらず、なるべく早めに動物病院に行くことをおすすめします。

Q:成犬で、元気もあるので夏バテだと思います。普段からフードについて気を付けるべきことはありますか。

A:犬は肉食の要素が強い雑食です。必要な栄養素の種類とバランスは、人間とほぼ同じと考えて問題ありません。

 ただし、汗腺が少ないということは、汗をあまりかかずナトリウムが体外に排出されにくいということです。このため、塩分の取りすぎには注意が必要です。塩分を与えすぎると、腎不全を発症する可能性が高まったり、心不全の進行を早めたりします。こうしたことから、基本的には「総合栄養食」と呼ばれる一般的なペットフードを与えておくのがいいでしょう。

 そのうえで、成長期の子犬、成犬、高齢犬でそれぞれ必要な栄養量などは変わってきます。また犬種によって運動量が違ったり、かかりやすい病気があったりするので、それぞれの犬に適した取捨選択が求められる場合もあります。毎年のワクチン接種の際などに獣医師に相談してみるといいと思います。

Q:手作りフードはどうですか。

A:犬にとって必要な栄養素をきちんと認識したうえで、愛情表現の一つとして手作りするのは問題ありません。ただ、ずっと続けるとどうしても栄養のバランスが偏ります。基本的に普段はペットフードを与えるようにし、記念日などに手作りしてあげるのがいいと思います。

 ペットフードの食い付きが悪い場合に、なんらかのトッピングを手作りしてあげるのもいいかもしれません。その場合には、肥満につながらないよう、与えるえさのカロリーをきちんと計算することが肝要です。

(山根義久・動物臨床医学研究所理事長)

様々な現場で人を助ける、驚くべき犬の能力に迫る!

犬の不思議な能力は人間にとって無くてはならないもの

みなさんは動物の中でも特に、犬って不思議な動物だと思いませんか?いつも側で私たちを癒してくれるだけでなく、人間の役に立つ優れた能力で助けてくれます。嗅覚や聴覚などの優れた能力については広く知られていますが、病気を感知したり出産のタイミンを知らせてくれたり、それはもう人間にとって無くてはならない能力になりつつあります。

そしてそれだけでなく、彼らには人間にはない不思議な能力があると言われています。
そんな犬の驚くべき能力を紹介して行きます。

驚くべき能力
人間の癲癇発作を警告!?

科学的や医学的の立証はされていませんが、イギリスの獣医学者である【Andrew Edney氏】が、1993年に実施した調査によると癲癇発作を予知できる犬は、主人が発作を起こす【数10秒~1時間】くらい前に、主人に知らせる特別な反応を見せる事が分かったのだそうです!

またフロリダ大学の研究レポートでも、犬を飼っている癲癇患者である主人対し、発作前に警告を発する特殊な行動を取る事が1998年に記録されています。

私は以前、癲癇発作を起こした人を見た事があります。癲癇の発作というものはは急に起こります。突然全身が硬直して痙攣が始まり、口から泡を吹いてその場に倒れてしまいます。癲癇発作自体で死ぬ事はないらしいのですが、倒れた時に打ち所が悪いと、場合によっては死に至る事さえあり得ます。そういう意味でも癲癇発作を警告してくれる犬が家にいれば有り難いですよね。

癌を察知する!?

アメリカ泌尿器科学会によりますと、(訓練された)犬は『98%の確率』で、癌の人とそうでない人を見分ける事ができるらしいと言う報告がなされたそうです。また、他の研究に於いても汗や呼吸のニオイからも病気を察知できたと言う報告もされています。つまり、犬は癌を患っている人に気づく能力を持っている可能性があるのです。

その裏付けとして、犬は人間の10,000〜100,000倍鼻が効くと言う事は広く知られていますが、そのため、人間が全く気づかない様なごく微細なニオイでも察知する事が出来ます。つまりそれは、癌患者の体内で作られる揮発性有機化合物である【VOC】のニオイを嗅ぎ分ける事が出来るからなのです。近い将来には『〇〇病院 癌探知科 ポチ探知師』などと言う職業犬が現れるのではないでしょうか?

糖尿病患者を素早く発見!?

イギリスに【Medical Detection Dogs】と言うチャリティー団体がありまして、そこでは、糖尿病感知犬の教育を行っています。訓練を受けている犬達は、人間が低血糖時に体内からか出るニオイを感じ取ると、その人を舐める訓練をしています。そのため、血糖値が急下降する【1型糖尿病】の発見を得意としています。

1型糖尿病は、2型糖尿病の原因である乱れた生活習慣とは無関係の【自己免疫性疾患】などが原因で発病する病気です。糖尿病は放置すると合併症を引き起こし、悪化すれば命を落とす事になりますので早期の発見が必要です。この様な犬達が全国の病院にいると有り難いですね!

出産のタイミングを知らせる

人間に友好的な犬は、初めて会った人の脇の下や股間のニオイを嗅いだりします。これらの【デリケートゾーン】は汗をかき易いため【独特のフェロモン】が出ます。このニオイから犬は人を判別すると言われています。

特に女性の排卵時期にはフェロモンのニオイが増強するため、犬は女性の下腹部を頻繁に嗅ぐ様になるのだそうです。そのため妊婦さんが産気づく少し前に【犬がいつもと違う行動をした】と報告されています。犬達は出産間近の女性から出るフェロモンのニオイに反応するため、出産のタイミングが分かる様です。犬好きの妊婦さんにとっては朗報と言えるのではないでしょうか?

アニマルセラピーは老化を遅らせる

犬と触れ合う事で脳への刺激が生まれ、精神的に若返ると言われています。これは犬との触れ合いに生きる喜びを感じ、体内の細胞が活性化して血行が促進され、さらに免疫力がアップして健康効果が得られ、結果老化を遅らせるということです。既に【アニマルセラピー】は実証されていますので、効果はあると言えるでしょう。

アニマルセラピーとは、動物と触れ合う事で人のストレスを軽減させたり、当人に自信を持たせたりする精神的な健康回復を目的として行われている手法です。アニマルセラピーについては私自身が毎日体験しています。毎日癒されていますので確信を持って言えます。そして愛犬を最期まで面倒を見るには、私が健康でなければなりません。

9年前までは乱れた生活を送っていた私が、今では酒,煙草もキッパリやめ、夜は10時に寝て、朝は6時に起きて愛犬と毎日散歩に行くと言う、規則正しい生活を送る事が出来ています。お陰様で、ここ9年間は熱を出して寝込んだ事はありません。これは犬好きの人だけが受けられる恩恵なのだと思います。

主人の敵は自分の敵

犬は主人に対して冷たい態度や反抗的態度をとる者に対しては敵とみなすそうです。他人が主人に対しての敵意を見抜く事が出来るのです。表面的な態度をとる人も、犬は見抜いてしまい懐かないのだそうです。これに関しては動物学的根拠はないらしいのですが、私の愛犬も以前同じ様な態度を取った事がありました。

数年前の話ですが、ノーリードで散歩していた人が我が家の駐車場で犬におしっこをさせていたところを、愛犬と散歩の帰りに偶然発見したのです。私はその人に、少し強い口調で文句を言った事がありました。それを目にした愛犬は、それ以来その人と遭遇すると怒って唸る態度を取る様になりました。そんな時私は、その人に対しそんな気もないのに『こら、怒っちゃだめだよ』と、愛犬に言いながら心の中で笑ったものです。

まとめ

犬にはまだ他にも優れた能力があります。地震予知能力,電磁波を見る能力などです。しかしこれらの能力は訓練しないと精度を高める事が出来ません。どんな犬にも特殊な能力が備わっていますが、犬によって得手不得手があります。ですから得意な能力を見極めて訓練し、究極まで精度を高めてあげないと期待している効果は得られないでしょう。自分の愛犬が、どんな能力を持っているのか観察してみるのも面白いのではないでしょうか。

柴犬は小型犬?中型犬?大きさの基準が曖昧なワケ

そもそも柴犬は「小型犬」だった

柴犬は現在、大きさの分類上では「小型犬」とされているのをご存知でしょうか?
ですが小型犬というとチワワやポメラニアン、ミニチュアダックスフンドなどの犬種を思い浮かべて、ずいぶんサイズ感が違うのでは...と違和感を覚える方も少なくないはず。

というのも、柴犬は公的に「小型犬」と定められているわけではないのですが(日本国内の犬種管理を行っているジャパンケネルクラブでは、犬種によるサイズ規定を行っていません)日本犬種6種のうち、柴犬がもっともサイズの小さな犬だったため「小型犬」とされることが多く、いまでもその名残が残っているというのが一番の理由だといわれています。

ですが様々な犬種がいる現代の日本では、柴犬を「中型犬」として分類される場面も多く、その曖昧さ故にちょっと困ったことも起きているのです。※日本犬種6種とは?・・・・秋田犬、甲斐犬、柴犬、紀州犬、四国犬、北海道犬 の6犬種を指します。

トリミングサロン、ペットホテルでは「中型犬」?

一般的にトリミングサロンはペットホテルでは、犬種とサイズによって料金が定められています。これは犬は種類により毛量やサイズなどに大きな差があり、そのため必要な手間やお世話の仕方・時間が大きく変わってくるからです。

犬種により料金の規定がされている場合は問題ありませんが、中には「小型犬」「中型犬」「大型犬」という分類で料金設定されている場合もあり、こういった場合に柴犬のサイズに飼い主と店舗側で認識の違いが生じてしまい、後々トラブルになるケースも多々あります。こうししたトラブルを避けるためにも、犬種による料金設定がされておらず値段に不安がある場合には、予め確認しておくことが大切です。

ドッグランやドッグカフェでも

トリミングサロンやペットホテルのみならず、犬と一緒に入店できるお店などでは犬のサイズに関する認識について疑問に思われることがある方も多いのではないでしょうか。

例えば「小型犬のみ入店OK」と書いてあるドッグカフェ、「小型犬用」「中~大型犬用」と書いてあるドッグランなど、犬種や実際の体重による明確な規定がない場合には困ってしまう場合もあるかと思います。こういった場合もトリミングサロンなどと同様に、何かあってからでは遅い場合もありますので、事前にお店の人や施設の管理者などにきちんと聞いてから利用するようにしましょう。

「豆柴」ってよく聞くけど...本当は実在しない!?

成長しても小さな体躯で人気の柴犬、豆柴。実はこの「豆柴」という犬種は、厳密には実在しない犬種なのをご存知でしょうか?プードルの種類としてトイプードルなどがあったり、またダックスフンドの種類としてミニチュアダックスフンドが存在するように、犬種によってはサイズによって呼称が変わる犬種はありますが、柴犬については実際は「柴犬」のみとなっているのです。

したがって豆柴とは、柴犬本来のサイズからは逸脱し、標準よりも小さいサイズの柴犬のことを大まかに指す呼び名であり、そこに明確な規定があるわけではありません。

現代の日本では「中型犬」に分類されることが多い

日本犬以外にも様々な洋犬が存在する現代の日本では、柴犬よりもさらに小さなサイズの犬種がたくさんいます。そもそも小型犬に分類されていた柴犬ですが、こういった柴犬よりも小さな犬種が増えたため、現在では柴犬は「中型犬」として分類されることが多くなりました。

現在も論争中?ペット可マンションの場合の区分は?

ペット可の賃貸マンション良くある表記の例として「小型犬のみ可」という表記、ご覧になった事有りませんか?
ちまたの噂やネットの情報を見ると、やはり基準はまちまちのようです。

飼える規格が決まっているケース

1つのケースの場合、「小型犬のみ可 ~8kgまで~10kgまで」という表記でした。この場合は、体重で制限されているため、たとえ小型の柴犬でも、今後の成長を予測できないため、飼う事は難しいと考えるべきでしょう。

規格があいまいなケース

逆に、マンションに問い合わせて、すんなり飼えたケースもあります。ですが、室内で飼うため柴犬の大量の抜け毛の処理や問題行動への対処が大変との事です。掃除やしつけをしっかりとすれば文句は言われないそうなので、トラブルにならないように暮らす事が大切なようですね。

中には、体格の規定がまったくない無いマンションもあるようです。(※単純に記載ミスやなんらかの理由がある場合考えられるので、必ず管理者に確認しましょう)どうしてもマンションやアパートで柴犬を飼いたい場合は、近場はもちろんですが、住んでいる地域以外の場所でも、ペット可住居を検索してみると良いかもしれませんね。

このように区分は様々で、規格が書いてある場合でも「柴犬ぐらいのサイズならOK!」という場合が多くあるようです。「柴犬は区分が難しいから・・・」と諦めず、まずは直接問い合わせて確認してみるのが良いみたいですね。

柴犬に合うグッズのサイズは小型犬用?中型犬用?

分類では小型犬。でも実際に企画されているグッズのサイズは、分類通りではありません。グッズのサイズで、大型犬用、中型犬、小型犬用のように記載されている物も多いかと思いますが、実際にはどのサイズ選べばいいのでしょうか?

小型~中型犬のグッズを試そう!

柴犬はもちろん、どの犬種も成長によって体のサイズが変わります。そのため、規格では「中型犬」とされている犬も、子供ならそのサイズは「小型犬」です。そのため、グッズも小型犬の物を選びます。(あたり前ですよね)

ですが柴犬の場合は、その交配によって大きくサイズが変わる場合があります。例えば、豆柴と呼ばれる種類の柴犬の場合。(厳密には認定されている犬種ではありません)見たことがある方はご存じだと思いますが、グッズ等のサイズは全て「小型犬用」で揃えて問題無いでしょう。

その他にも、成長の具合や親の遺伝によって、サイズの小さい柴犬が生まれる場合があります。成長しても、中型犬まで育たず、「小型犬のグッズがピッタリ!」なんて事も多いようですね。最近では、ネットの通販が便利になり、あまり実店舗で犬のグッズを買わない、という人もいるかと思いますが、まずはサイズの確認がしやすい実店舗などで、実際にグッズを手にとって、必ずご家庭の柴犬に合ったサイズの首輪やお洋服を買ってあげて下さい。

まとめ

比較する犬種によってサイズの分類や人々の認識が変わるのはなかなか興味深い話ではありますが、小型犬の場合・大型犬の場合など、犬のサイズによってお店の利用の可・不可が決まったり、サービスの料金が変わってくる場合には困ってしまいますね。

曖昧な分類や安易な思い込みはトラブルの元!事前にたずねることは決して恥ずかしいことではありません。後々のトラブルを未然に防ぎ、同時に犬も飼い主も気持ちよく施設やサービスを利用するためにも、少しでも不安がある時にはきちんと聞いて利用するようにしましょう。

犬や猫用のペットフード、人が食べても大丈夫? 先生教えて

子ども 昨日おかあさんがおやつの用意を忘れて、晩ご飯までおなかぺこぺこだったよ。

先生 あらあら、つらかったわね。

子ども それでポチのところ見たらドッグフードがあって、クッキーみたいでおいしいかもって思ったの。今度、食べてみようかな。

先生 おもしろい発想ね。それでは真面目に考えてみましょう。犬や猫のペットフードにはどんなものがあるかしら。

子ども さっき言ったクッキーみたいなのと、缶詰かな。

先生 そうね。主にドライとウェットという2タイプに分かれるわ。原材料を乾燥させて混ぜたのが水分10%以下のドライ、缶やアルミパウチに入れて殺菌したのが水分75%ぐらいのウェットね。水分が中間のものや間食用の製品もあるけど、総合栄養食という主食になるのはペットフードはドライかウェットが多い。飼い主は保存のしやすさやペットの好みを考えて選べるわ。

子ども 人みたいにご飯とおかずじゃなくて1種類でいいの。

先生 総合栄養食の原材料は、トウモロコシなんかの穀物や肉、魚なの。三大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂肪がすべて含まれていて、ビタミンなんかも加えているから、基本的にはそれだけを食べて栄養がまかなえるの。安全についてもペットフード安全法で、添加物の基準値や有害物質の禁止、問題があった時にどこの原材料を使ったか、さかのぼれるように記録することが定められているのよ。

子ども 栄養満点で安全って、すごい食べ物だね。じゃあ明日食べてみようっと。

先生 ちょっと待って。私たちと犬、猫が必要としている栄養の割合は違うの。もともと肉食だった犬や猫は、人よりもたんぱく質が多く必要なのよ。ペットフードは種類に合わせて配合が考えられているのよ。

子ども 人にとって栄養バランスが良くなくても、食べる分にはいいんじゃないの。

先生 犬や猫は人と違って汗をほとんどかかないから、塩分をあまり必要としないの。1日に必要なのは人の3分の1ぐらいで、ペットフードは塩分も考えて作られているわ。もしペットフードを食べるなら、例えば味付けしていない肉や野菜を食べることを想像してみて。

子ども うーん、あまりおいしくなさそう。食べるの止めようっと。

先生 そのぐらいの薄味が犬や猫にはちょうどいいの。反対に、人と同じハムやお菓子なんかをペットにあげるのは塩分や糖分のとりすぎになって、心臓や腎臓に悪いのよ。

子ども 人とペットそれぞれ食べ物を分けてる方が、お互い気持ちよく健康になれるんだね。

癒し効果以外もアリ! ペットを飼うと健康になれるワケ6つ

「ペットを飼うと子どもの情操教育にいい」「ペットには癒し効果がある」という話は有名です。

動物と触れ合ったり一緒に生活したりすることは、情操教育や癒し効果以外にも、私たちにさまざまな健康効果を与えてくれます。

そこで今回は、犬や猫といったペットを飼うと健康になれる理由についてご紹介していきましょう。

●(1)アレルギーになりにくい

欧米では、乳児のころからペットを2頭以上飼っている家庭に育った子どもは、ペットを飼っていない家庭の子どもに比べて、ぜんそくやアトピー性皮膚炎の発症率が低い 傾向があったという調査結果が出ています(参考文献より)。

また、ペットを2頭以上飼っている家庭で育った子どもは、花粉やカビなどに対しても反応しにくかったという調査結果も出ているそうです。

●(2)心臓疾患のリスクが下がる

アメリカ『ミネソタ大学脳卒中研究所』のアドナン・クレシ博士の研究によると、猫を飼っている人の心臓発作リスクが約30%低下した ということです(1976〜1980年に実施された『第2回米国民健康栄養調査』より)。

また、アメリカ『カルフォルニア大学』ロサンゼルス校メディカルセンターのケイティ・コール氏が行った『犬と心疾患』に関する研究では、犬を飼っている人でも心臓発作のリスクが下がった という結果が出たとのこと。

さらに、心臓病とペット飼育の相関についての研究を行っているエリヤ・フリードマン博士によると、ペットを飼っている人はそうでない人に比べて、心筋梗塞の発作から1年後に生存している確率が3倍以上高かったとしています。

●(3)犬を飼うとコレステロール値が下がる

犬の場合、毎日の散歩が日課となり、飼い主も必然的に体を動かすことになります。

この散歩の効果によって飼い主に運動習慣が身に付き、生活リズムも規則正しくなることで、コレステロール値が下がるんですね。

コレステロール値や中性脂肪が下がることは心臓にとっても良いため、前述した心疾患リスクが低下することにもつながるのでしょう。

●(4)血圧が下がり安定する

獣医であるベッカー医師によると、身の回りに犬がいることで血圧が下がるとのこと。ペットがストレスを軽減してくれることが理由です。

また、ある老人ホームで行われた実験によると、猫に触れることで血圧が下がった とのこと。

この効果を期待して、「アニマルセラピー」として日本の老人ホームでも猫を飼っているところがありますよね。

●(5)猫が喉を鳴らす音で自然治癒力が上がる

猫がゴロゴロと喉を鳴らす音には、免疫力を上げて傷を癒す効果があります。

猫が骨折したときに他の動物に比べて3倍の速さで回復できるのは、このゴロゴロ音による振動が影響しているのだそうです。

これは猫同士だけではなく、ゴロゴロ音の振動によって人間の自然治癒力も上がる とのこと。

確かに、ゴロゴロと喉を鳴らしている猫と一緒に寝ているととても心地よく、癒されます。

●(6)脳卒中のリスクが低下する

獣医であるベッカー医師によると、犬や猫を飼うことによって心臓血管系の健康を守る効果があるそう。

猫を飼っている人は、脳卒中のような心臓血管系のトラブルが40%低いと発言しています。

----------

いかがでしたか? 意外なものもあったのではないでしょうか。

『猫にくっついていると精神的に安定する。私が悲しいときとかは猫が自分から寄って来て慰めてくれてるような気もする』(20代女性/会社員)

『犬のエサを決まった時間にあげないといけないので、自然に自分の生活リズムも整いました』(50代女性/主婦)

『犬を連れて散歩に行くことで、同じように犬を連れている人と話すようになったり、犬好きの方から声をかけられたりするようになって、社交的になれた 気がします』(30代男性/会社員)

というコメントもあるように、やはりペットを飼うことにはさまざまなメリットがあるようです。

とはいえ、安易な気持ちでペットを飼ってはいけません。きちんと世話ができるか、ペットを飼える環境であるか、リスクを正しく理解し対処できるか、などを考慮してから考えてみてくださいね。

顔ペロペロも危険 胃がん招く細菌は“愛するペット”が感染源

ペットが胃がんや胃炎の原因になるかもしれない。犬や猫を飼っていて、胃の調子が優れない人は注意した方がいい。

「ヘリコバクター・ピロリ菌」が胃がんの大きな原因になっていることは、近年、一般にも広く浸透してきている。ピロリ菌に感染していると、慢性胃炎、萎縮性胃炎、鳥肌胃炎を引き起こし、胃の粘膜が傷つけられることで胃がんにつながる。

 そのため、ピロリ菌検査を行って、陽性だった場合は除菌をする人も増えている。

 しかし、ピロリ菌検査が陰性にもかかわらず、慢性胃炎や胃がんにかかるケースがたくさん報告されてきた。その原因のひとつが「ヘリコバクター・ハイルマニ」という細菌の感染だ。

 日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)は言う。

「ピロリ菌が属しているヘリコバクター属の細菌は、これまで36菌種が確認されています。その中の『ヘリコバクター・ハイルマニ』という細菌に感染していると、ピロリ菌が陰性でも慢性胃炎や鳥肌胃炎を引き起こし、胃がんの一因になることが分かってきました。ハイルマニは、犬、猫、ウサギ、ブタなどの動物から人間に感染します。ハイルマニに感染している人の70%にペットや家畜などの動物との濃厚な接触があったという報告もあります」

■放置すれば命に関わる危険も

 日本人を対象とした調査では、ピロリ菌陰性で慢性胃炎を起こしている人の60%、MALTリンパ腫の人の60%、胃潰瘍の人の33%がハイルマニに感染していた。中でも多かったのは、同じケースで鳥肌胃炎を起こしている人で、実に71%がハイルマニに感染していたという。

「鳥肌胃炎は女性や若年者に多く見られる特徴的な胃炎で、スキルス性などの悪性度が高い未分化型がんのリスク因子とされています。胃の表面にブツブツとした顆粒状の盛り上がりが広がり、毛をむしりとった後の鳥の肌にそっくりなことから名付けられました。ピロリ菌やハイルマニに感染した細菌を退治しようと過剰反応した大量のリンパ球が胃の粘膜に集まり、顆粒状の隆起をつくります。過剰に集まったリンパ球は自分の胃の粘膜まで傷つけてしまい、激しい炎症を起こします。そのため、胃がんになりやすくなるのです」

 ピロリ菌が陰性でも鳥肌胃炎になっていたら、早い段階でハイルマニの検査と除菌をした方がいい。ハイルマニはまだ培養することができず、血液や尿や呼気から感染の有無を調べることができない。内視鏡で胃の組織を採取して顕微鏡で見たり、遺伝子検査を行う必要がある。ピロリ菌検査に比べて手間がかかるが、放置すれば命に関わる場合もあるから、面倒くさがってはいけない。

「ハイルマニの除菌には、ピロリ菌の除菌で使われるものと同じ種類の抗生物質が有効です。ただ、ピロリ菌に感染している人はハイルマニには感染しにくいし、ハイルマニに感染している人はピロリ菌には感染していないケースが多い。そのため、ピロリ菌が陰性の場合はハイルマニも見逃され、適切な除菌も行われません。ピロリ菌が陰性でも胃に病変がある人は、ハイルマニの検査を受けた方がいいでしょう」

 また、ハイルマニの感染を予防することも大切だ。

「犬、猫、ウサギといったペットを触ったりなでたりする分には問題ありませんが接触した後はしっかり手洗いをしてください。また、顔をペロペロとなめさせたり、キスをしたり、口移しで食べ物を与えることは控える。自分が使っている箸を使って、直接食べさせるのも危険です。排泄物を処理する時は手袋を使い、処理が終わったらしっかり手洗いをしてください」

 ペットを飼っていて胃の異常が続いている人は、ハイルマニの検査も考慮すべし。

ペットのヒヤリ・ハット 知っておきたい中毒症状を起こす食べ物とは?

ペットのヒヤリ・ハットの多くが食べ物を起因に

動物との生活の中で「ヒヤリ・ハット」を体験された方も少なくないのではないでしょうか? 
アニコム損害保険株式会社が行った「ペットとの暮らしで起きたヒヤリ・ハットの経験」に関するアンケート調査では、有効回答616件のうち、「大ケガや大事故の経験がある」が34件、「ケガや事故の経験がある」が158件、「ヒヤリ・ハットの経験がある」が318件という結果が示されています。

大事故に至らないまでも、ヒヤリ・ハット体験は潜在的に日常生活の中で起こっていることを示しています。 その中でも、食べ物に起因するヒヤリ・ハットを主訴として来院される方がよく見受けられます。 そこで、動物が摂取することで中毒症状を引き起こす可能性のある代表的な食べ物について解説していきたいと思います。

動物が摂取することで中毒症状を引き起こす食べ物とは?

チョコレート:カカオの成分であるテオブロミンが原因となり心筋や中枢神経を刺激することで中毒症状を起こします。 テオブロミンのLD50(50%致死量)は、犬では、体重1㎏あたり100~200mg、猫では80~150㎎といわれており、大体20mg/kgで症状が出るようです。

チョコレートのテオブロミン含有量は種類によって違いますが、原則的に与えるべきではありません。
症状:精神不安定、興奮、ふるえ、尿失禁、嘔吐・下痢、けいれん、昏睡、死亡(6~24時間以内)
   
ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニラなど):犬や猫がタマネギを過剰に摂取した場合、それに含まれる成分が赤血球を壊し、貧血を引き起こします。タマネギ、ネギなどを煮込んだスープを飲んでも中毒を引き起こしますので注意が必要です。 

犬や猫は感受性が高く、体重1㎏あたり犬で15~30g、猫で5gといった少量のタマネギを摂取しても血液上に異常が認められたとの報告もあります。

症状: 貧血とそれに伴う頻脈、呼吸速迫、血尿、嗜眠、衰弱、ひどい場合には死亡

キシリトール:人のガムなどの食品や口腔ケア製品に含まれる甘味料ですが、犬が摂取すると中毒を引き起こすことが知られています。 犬では人と違った代謝をとり、インスリン分泌を促進することから低血糖を引き起こす危険性があります。

体重1㎏あたりキシリトール0.1g以上の摂取で低血糖の危険性が、0.5g以上で肝障害の危険性が出てきます。
症状:急速に進行し嘔吐、嗜眠、運動失調、けいれん、肝不全

レーズン・ぶどう:詳細はまだまだ不明ですが、中毒量は体重1㎏あたりブドウで32g、レーズンで11~30gとされています。 摂取後6~12時間後から嘔吐、下痢、腹痛などが認められ、2,3日後には急性腎不全を発症し死亡する場合もあります。

アボガド:アボガドに含まれるペルジンが中毒を起こすといわれており、多量に摂取することで嘔吐、下痢が発現し、ひどい場合は死亡することもあります。鶏の骨: 噛み砕くことで、骨が鋭利に裂け、それにより消化管が傷つけられる危険性が出てきます。

その他、「動物が出会う中毒」には、洗剤、乾燥剤、化粧品、たばこ、文具などの家庭用品、殺虫剤、殺鼠剤、除草剤などの園芸用品、そしてユリ、スイセン、シキミその他多数の有害植物があります。

動物にやさしい生活環境をつくることが予防につながる

一方で、異物を食べてしまい来院される方も珍しくはありません。 内視鏡で摘出できる場合もありますが、手術が必要になることも多く、よくあるものとして紐、カチューシャ、おもちゃ、靴下、種(梅干し、プラム)、竹串、糸付きの針などがあげられます。

このような中毒等のヒヤリ・ハットを予防するには、飼い主が生活環境に十分注意することにつきます。 人と動物が一緒に暮らすということは、動物を擬人化することなく、その動物の特性を十分に理解し守っていってあげることが大切だと思います。

動物にやさしい生活環境づくりが、お互いの笑顔につながります。
今一度、お部屋の中を確認してみてください。

愛犬や愛猫に何食べさせたらいい? フード?手作り? 大学教授に聞く栄養学

愛犬、愛猫に普段からどんなフードを食べさせるか。ペットの健康寿命を延ばしたいと思えば、食事は大きな要素となる。最近では手作り食に挑戦する飼い主も出てきたが、そもそもペットの食事はどうあるべきなのか。帝京科学大学生命環境学部の大辻一也教授(小動物栄養学)に聞いた。

市販されている一般的なペットフードは「総合栄養食」といわれ、ほとんどがAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしています。これを食べていればまず間違いなく、栄養障害を起こすことなく過ごせるでしょう。

 ペットフードには販売価格や食いつきに差がありますが、そこに各社のノウハウが詰まっています。相対的に高価なフードは、安全性のチェックや効果を検証するための臨床研究に投資をしているケースが多く見られます。また、植物性たんぱく質を使えば相対的に安価にできるなど、原材料によっても差が出ます。ただ植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質に比べると吸収率がよくない。価格と原材料の関係性は、飼い主が冷静に判断してあげる必要がありますね。

 食いつきは、フードにかける「フレーバー」によっても変わってきます。各社がしのぎを削っている部分で、極秘のノウハウがあるようです。

 ペットフードの中には、動物病院で病気の治療を目的に、獣医師によって処方される特別療法食があります。こちらは独自の研究施設を持つ限られた会社が開発、販売を行っています。病気ごとに特定の栄養を与えるために作られていますから、栄養バランスは偏っています。獣医師の指導のもと、期間や量を決めて食べさせましょう。

近年、市販のフードに飽きたらず、ペットの食事を手作りする飼い主も増えてきています。飼い主のペットへの愛情表現の一つであり、ペットとの暮らしを楽しむ大きな要素になることは間違いありません。ただ、栄養バランスに気をつける必要があります。

 人間もずっと手作り食を食べているわけですが、様々なものを食べることでトータルとして栄養バランスが取れます。偏食を戒めるのはそのためですね。一方でペットの手作り食の場合は、どうしてもバリエーションが限られ、トータルでも栄養バランスを確保するのが難しい。

 手作り食に挑戦する場合は週に1、2日程度にとどめ、それ以外の日には総合栄養食であるペットフードをあげるようにしましょう。そのほうが飼い主も負担感なく、手作りを続けられると思います。

 動物病院で、栄養指導をする獣医師が増えてきています。肥満は犬や猫にとっても様々な病気のもとになる。ペットの体重や体形が気になるようなら、かかりつけの動物病院に相談してみてください。

(AERA Mook「動物病院 上手な選び方 2016」から)

犬や猫に「五つの自由」を 飼い主が知るべき心構え

自動車を運転するには、自動車教習所で知識と技術を身につけ、運転免許証を取得しないといけない。もちろん、犬や猫を飼うのに免許は必要ない。でも一緒に幸せに暮らすには、自動車を運転するよりももっとたくさんの知識が必要なのだーー。

 もみの木動物病院(神戸市)副院長の村田香織獣医師は、来院する飼い主さんたちから「そんなこと知らなかった」といった言葉を聞くたびに、そう思う。そして、心の中でつぶやく。

「子犬、子猫のときから、飼うための心構えや知識を持っていてくれたら……」

 犬や猫の健康寿命を延ばし、ともに幸せな生活を送っていくために、飼い主は何をしておくべきなのか。長く動物行動学の観点から臨床に携わってきた、獣医行動診療科認定医でもある村田さんに聞いた。

 子犬や子猫を飼い始めた飼い主に求められていることとは何なのか。村田さんの答えはシンプルだ。

「犬も猫も、『五つの自由』を満たすことを考えてください」

 五つの自由とは、次の5原則を指す。

(1)飢えと渇きからの自由
(2)不快な環境からの自由
(3)痛み、ケガ、病気からの自由
(4)恐怖、不安からの自由
(5)動物本来の行動を実現できる自由

 1960年代に英国で定められたもので、いまでは動物福祉向上のための国際的な基準となっている。これを子犬、子猫にあてはめると、飼い主に求められていることが具体的に見えてくると、村田さんは言う。

 順番に、ポイントを押さえていこう。

 まず(1)については、総合栄養食であるペットフードを適量あげ、きれいな水を絶やさないこと。当たり前のようだが、そのためには、迎える前にそれぞれにあったフードを見つけ、食器をそろえ、置くのに適した場所を準備しておく必要がある。留守番をさせる可能性があるのなら、いつ、誰がどうやってあげるのか、家族のなかで決めておくことが大切だ。

 こうした基本的な内容に加えて、村田さんは、1日の適量のフードのうち1割程度を「ごほうび用」に使うことをすすめている。動物病院に行くとき、誰かが家を訪ねてきたとき、散歩でほかの犬に出会ったときーー適切なタイミングでごほうびとしてフードをあげることで、自然と怖いものが減り、ストレスなく人間社会で暮らしていくことが可能になるという。

 次に(2)については、犬や猫が快適に過ごせる室温を維持し、室内を清潔に保つという、これも当たり前のことを心がければいい。犬では特に夏場は熱中症に気をつけるようにし、寒さに弱い犬種や猫では冬場に体調を崩さないように配慮が必要だ。

 また、犬と違って散歩をしない室内飼いの猫にとっては特に、快適な環境を作ってあげる重要度は高い。村田さんは言う。

「ずっと屋内で過ごすことになる猫は、日当たりが確保できるよう、気をつけてください。また、トイレをこまめにきれいにすることも大切です」

(3)では、動物病院といかに連携していくかがカギになる。(1)で、動物病院に行くときにごほうびとしてフードをあげるようすすめたのは、このためだ。そうすることで、動物病院に行くことを嫌がらなくなる。

 犬なら狂犬病予防注射、ワクチン接種、フィラリア予防ーーと動物病院には年に数回、必ず通うことになる。その際、獣医師に健康チェックもしてもらおう。ケガや病気を隠しがちな猫も、できれば定期的に健康診断を受けせることを多くの獣医師がすすめている。

 犬も猫も歯磨きなど基本的なことを含めた健康管理を、獣医師と連携しながら行っていくことが、健康寿命を保つことにつながっていくのだ。動物病院に行くのが苦痛になるような間違ったしつけや対応は、絶対に避けるようにしたい。

 (4)は、日本で飼われている犬にとって深刻な課題といえる。村田さんはこう指摘する。

「早期に親兄弟から離されてペットショップなどで売られている子犬は、犬との社会化ができておらず、ほかの犬とうまくコミュニケーションが取れないという問題があります。さらに精神的にも不安定で、問題行動を起こしやすい傾向があります」

 ドイツや英国、米国などでは、子犬を適切に社会化するために8週齢(生後56~62日)になるまで、生まれた環境から販売目的で引き離してはいけないなどとするいわゆる「8週齢規制」がある。それよりも前に引き離せば、子犬が精神的外傷を負う可能性が高く、そのことは恐怖心から発する無駄吠えやかみ癖などの問題行動につながってしまう。

 ところが日本には、8週齢規制がまだない。そのために幼すぎる子犬がペットショップの店頭で売られており、多くの飼い主が、問題行動を起こすリスクの高い子犬を飼い始めることになる。結果、ほかの犬や知らない人を怖がる傾向が強く、問題行動を起こしがちなケースが散見されるのだ。

 現在の法制度のもとでは、ペットショップから子犬を購入する限り、こうした問題を防ぐことは難しい。そのため村田さんは、飼い始めたら、ほかの犬や家族以外の人とふれあう機会を、なるべくたくさん設けてあげてほしいという。普段から友人、知人を自宅に招いたり、散歩の途中で出会う犬とあいさつをさせてあげたり、といったことから始めればいいそうだ。

 また、そうした機会は、動物病院などが主催する「犬の幼稚園(保育園)」や「パピークラス」などでも集中的に得られるという。パピークラスは、飼い主が正しいしつけの方法を学ぶ場にもなるし、子犬が飼い主以外の人と出会う場にもなる。

 最後に、(5)の動物本来の行動だが、犬も猫ももともと捕食動物であるということを押さえておくべきだという。基本的に、何かを追いかけたり、捕まえたりすることを好む。まずはそういった遊びを、飼い主としては根気強くしてあげよう。

 そのうえで犬なら散歩での、猫なら屋内での運動が大切になる。特に猫は上下運動をする動物なので、キャットタワーを置いたり、家具の配置を変えたりして、上り下りしやすい環境を整えてあげる必要もある。爪研ぎも猫ならではの行動で、そのための素材も用意しておこう。

 また、人目につきにくい自分だけのスペースを設けてあげることも重要だ。猫はそうした場所でこそ、安心して休めるのだ。一方で留守番をさせるとき、サークルに犬を長時間入れっぱなしにするのはNGだという。

「サークルは、犬を閉じ込めておくためのものではありません。トイレとして使う程度にとどめましょう。もし部屋の中で自由にしてあげられない理由があるのなら、その理由を取り除くことを検討すべきです」

 最初から「五つの自由」を意識しながら飼うことで、飼い主と子犬、子猫との絆は深まっていく。その先に、長く幸せな一緒の暮らしが待っているのだ。
スポンサーリンク Ⅱ
最新記事
■ 互助会推薦 ■
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
スポンサーリンク sabu