あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

カテゴリー  [■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 ]

熱中症の予防に!梅干を使って脱水を防ぐ方法 

◆熱中症の仕組みと予防法

熱中症が起きるような状態で大量に発汗すると、体内からは水分だけでなく、大量のミネラル、特に塩化ナトリウム(塩分)が失われてしまいます。塩化ナトリウムが失われることで循環血液量が減少し、末梢に行く血液量が減少してしまうため、体温を下げにくくなってしまうのです。熱中症になると、体に熱がたまった状態で循環不全になるため、重度の場合は死亡してしまうケースもあります。

大量に発汗することが予想される場合には、塩分を含む飲み物が脱水症の予防に有効です。この時の塩分、塩化ナトリウムの濃度は生理食塩水の濃度よりは低い濃度で良いとされています。生理食塩水の濃度は、現在の海水の1/3程度に相当する約0.9%。人間の体液、血液のミネラルの組成割合は海水に似ているのです。
.
◆「ブドウ糖」が塩分の吸収を助ける?

水は胃では吸収されずに腸で吸収されます。小腸でのナトリウムの吸収は、ブドウ糖と同じ経路で行われます。ブドウ糖があるとナトリウムの吸収が速く行われる事になります。コレラなどの治療にも用いる経口補水液では、ナトリウムが吸収され易いように成分にブドウ糖を加えてあります。それでは次に、冷蔵庫にあるもので手軽に作れる経口補水液をご紹介しましょう。
.
◆手軽な熱中症予防にも有効な「梅干し」の成分

脱水症の改善に用いる経口補水液。これは、食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムとブトウ糖で作られます。小腸ではナトリウムイオンとブドウ糖分子が1対1で吸収されるので、濃度調整もその割合で行います。かなり専門的に聞こえるかもしれませんが、実はおなじみの食品で代用することができるのです。これらすべての成分を含んでいるのが「梅干し」です。梅干しは大きさや塩分濃度も様々ですが、1粒を水500mLから1Lに溶かすと、濃度的には、生理食塩水の数分の1の濃度となります。
.
◆ブドウ糖補給には「蜂蜜」がおすすめ

ブドウ糖を砂糖で代用できると考える人もいそうですが、台所にある砂糖の成分は、残念ながらブドウ糖ではなくてブドウ糖と果糖が結合したショ糖です。 身近なものでブドウ糖を多く含んでいるのは「蜂蜜」です。蜂蜜の成分は約40%がブドウ糖で、約40%が果糖です。食塩とブドウ糖の分子量の比は約3として、簡単な計算なので省略しますが、梅干し1粒に大さじ1杯の蜂蜜を加えると、ナトリウムイオンとブドウ糖分子が1対1程度になります。

作り方は、水500mLから1Lに、梅干し1粒と大さじ1杯の蜂蜜を加えるだけ。梅干しと蜂蜜だけでは、爽やかさに欠けると感じる方は、クエン酸が多いレモンを加えてみても良いでしょう。 注意点として、蜂蜜を使うので1歳未満の乳児には飲ませないで下さい。もし乳児用に調製する時には、蜂蜜の代わりに砂糖を使って下さい。腸の中でショ糖がブドウ糖と果糖に分解されてから吸収されます。
.
◆夏は外出前に水分補給の習慣を

屋外へ出て喉が渇いた状態で水を飲み始めても、すでに脱水症が始まっているので自家製経口補水液の効果を活かせません。自家製の経口補水液の飲み方は、発汗すると予測されるとき、気温が高い屋外へ出かける前に飲んでおくことです。コップ1杯程度の量で試してみて下さい。




( 2018/08/07 16:04 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

死ぬこともある!? 恐ろしい「水中毒」とは 

◆水中毒とは……水の飲みすぎが原因の「低ナトリウム血症」

「水中毒」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれません。文字通り、水の飲み過ぎが原因で引き起こされるもので、正確には「低ナトリウム血症」というものです。「ただの水の飲みすぎで死ぬ」と聞くと、怖く感じられる方もいるかもしれませんが、通常の生活で水中毒になるようなことはあまりないのでご安心ください。日本人はむしろ塩分を摂りすぎているぐらいですから。

では、どのような場合に水中毒になるのでしょう? それは、大量の汗をかいたときや、大量の嘔吐もしくは下痢をしたときなどに、水分を補おうと大量の水を体内に入れた場合に起こります。水だけを急に大量に飲んでしまうことで、体内の電解質のバランスが崩れてしまうからです。 汗や涙が口に入るとしょっぱいと思いますが、これは私たちの体液に塩分が含まれているからです。たくさんの体液が失われるとそれだけ塩分も喪失してしまうので、汗を多くかいた場合などには水分と同時に塩分も補給しないといけないのです。

◆水中毒の原因……体内でのナトリウム濃度の低下

血液中には一定濃度のナトリウムが必要とされています。通常は、腎臓から出されるナトリウム量が調節されることで、体内のナトリウム濃度が維持されています。しかし、急な変化にはこの調節機能でも対応しきれません。 体内のナトリウム濃度が大きく変化することでさまざまな問題が生じます。ナトリウム濃度が低下すると、水中毒となり危険な状態になります。
.
◆水中毒による死亡例も

2005年、ハーバード医科大学のグループ研究結果では、ボストンマラソンの参加者でボランティアを募り、レース後に血液検査を行ったところ、13%の人に「低ナトリウム血症」が生じ、中には重症でレース中に倒れた人もいたということがわかりました。原因は大量の水をとったことにより血液中の塩分濃度が相対的に急激に下がり、低ナトリウム血症をきたしたことによるものでした。

また、2007年、アメリカのラジオ局が開催した水飲みコンテストで「水中毒」をおこして死亡するという事件がありました。この女性は3時間で7Lの水を飲んだということです。もちろん、塩分はとっていません。

◆水中毒の症状……軽い疲労感から始まり、頭痛・嘔吐・痙攣など

通常、私たちが、1日に水を1.5~2.0Lをとるぐらいでは問題はありません。しかし、ナトリウムを含まない水分摂取を過剰に行うと、体内のナトリウム濃度が下がり、上記でのご説明通り、水中毒を起こす可能性があります。低ナトリウム血症は軽い疲労感から始まり、頭痛、嘔吐、精神症状をきたし、ひどい場合は痙攣、昏睡を経て死に至ることもあります。

水中毒は水の量に比べ、ナトリウム(塩分)が不足している状態であるので、「マラソンなどの運動により大量に汗をかいた場合」や「嘔吐・下痢により体内の電解質を喪失した場合」などには、塩分の補給が必要になります。また、塩分を効率よく吸収させる場合には糖分も必要です。腸で吸収される際に、ナトリウムとともにブドウ糖があると効率よく吸収できます。
.
◆嘔吐・下痢などの脱水時には水ではなく経口補水液の活用を

運動で汗をかいた場合には、スポーツドリンクがいいでしょう。ただし、急性胃腸炎などの嘔吐・下痢の場合は、汗で失うよりさらに多くのナトリウムやカリウムなどの電解質が体から失われていきます。急性胃腸炎の嘔吐・下痢では、スポーツドリンクの塩分では足りないことが多く、逆に糖分は多すぎになってしまうので、WHOが推奨している経口補水液(ORS)が適しています。経口補水液は、下痢や嘔吐などの脱水や熱中症予防に対して、水分、塩分補給のために用いられます。
.
◆簡単な経口補水液の作り方

ドラッグストアなどにも、「オーエスワン」などの経口補水液が売っていますが、経口補水液は家庭でも簡単に作ることができます。1Lの水に、小さじですり切り6~8杯の砂糖(小さじ1杯は5ccなので30~40g)と、小さじ1/2杯(2~3g)の塩を混ぜるだけです。これにオレンジジュース100ccを混ぜるとカリウムも補充できますし、味も良くなります。小さじがない場合は、ペットボトルのフタがちょうど5ccになるのでこれで代用も可能です。脱水がひどい場合には、適度な塩分や糖分の補給が必要です。ただし、スポーツドリンクは糖分が多いので、飲み過ぎには注意しましょう。
.
今村 甲彦




( 2018/08/07 15:18 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

効果的な予防のコツは?ツラい「夏バテ」撃退対策10か条! 

◆夏バテとは……だるさ・疲れ・食欲不振などの夏の不調

夏バテは、高温多湿な日本の夏に身体がなんとか対応しようとしてしきれなかった結果、「だるくて疲れやすく、食欲がない」といった症状が起こる、いわば夏の身体の不調の総称です。つまり極論を言ってしまえば、「夏のカラダの不調は全部夏バテ」といっているようなものなのです。

「夏バテ対策を始めたほうがいいかも……」と思っている方も多いかもしれませんが、意外と多くの人が間違っている重要な事実があります。それは、「現代の夏バテは、昔の夏バテとは少し違う」ということです。この点を正しく認識しておかないと、「夏バテだと思って食べずにいたら夏太りしてしまった」「夏バテではないはずなのにカラダがだるい」ということになりかねません。ここでは夏バテの原因を解説し、正しい10の対策法・解消法をご紹介します。
.
◆夏バテの原因……食欲不振、睡眠不足など様々

「夏のカラダの不調が夏バテ」ですから、当然夏バテの原因は一つではありません。従来の夏バテの原因は、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、大量の発汗、睡眠不足といったものです。暑いからといって冷たいものをたくさん飲んでしまうと胃液が薄まり、消化機能が低下して食欲が落ちるといった悪循環も指摘されています。
.
◆現代の夏バテと昔の夏バテの違い……エアコンの影響も大

ところが最近の夏バテの原因は、昔ながらの「暑さによる食欲低下」といったものだけではないのです。むしろ、今の夏バテに大きく寄与していると考えられるのが「エアコン」。つまり、エアコンの効いた室内と熱い外との温度差に身体がうまく対処できず、カラダが混乱して自律神経失調状態になること。これが現在の夏バテ対策を一番難しくしていると考えられます。

それでは、具体的な夏バテ対策法をご紹介しましょう。

◆効果的な夏バテ対策法10か条で、上手に予防・解消を!

1. エアコンの設定温度をうまく調節する
エアコンのきいた室内と蒸し暑い外を往復すると、身体はその変化についていけません。5度以上の温度差に対しては、身体の温度調節機構はうまく働かないと覚えておきましょう。エアコンの設定温度は省エネの面からも28度ほどがオススメです。

2. こまめに上着を脱ぎ着して調整する
といっても公共機関のエアコンはどうしようもないし、オフィスの冷房もなかなか自分ひとりでは変えられない……というのも事実。さっと羽織れる上着を一枚持って、こまめに脱ぎ着しましょう。

3. エアコンよりも除湿機能や扇風機を活用する
湿度が低いと涼しく感じるので「エアコン(冷房)より除湿」を心がけましょう。さらに風があると体表から熱が奪われて涼しくなるので、扇風機を併用するのもオススメです。エアコンの向きは、直接体を冷やさないように、風向きは天井に向けるのがポイント。直接冷たい風が体にあたるようにすると、体の表面の熱が奪われつづけることになってしまうので、体が疲れてしまいます。同様に扇風機も首を振るようにしましょう。

4. 就寝中、夜間のエアコンはタイマーで切れるようにしておく
寝ているときにずっとエアコンがかかっていると身体に負担がかかります。タイマー設定にしましょう。

5. 夏の快眠のためには頭を冷やす
全身を冷やさなくても、頭が冷えるとそれだけで涼しく感じます。冷えるタイプの枕を使ったり、裏ワザとしては、風邪用の頭を冷やすシートを使うとかなり涼しく感じることができるようです。敷ぶとんの上に竹シーツや寝ござを敷くと、身体と布団の間に隙間ができて体感温度が下がり、涼しく感じます。

6. 暑くても冷たい飲み物のがぶ飲みはNG
暑いと食欲が低下しがち。でも、冷たい飲み物を取りすぎると、胃液が薄まり消化機能の低下を招いてしまいます。オススメはぬるめのミントティー。ミントには食欲増進や、胃や腸の消化、働きを高める作用などの効果があるといわれていますし、爽快感もあります。

7. 少量でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る
夏バテ防止に効果的な食事の摂り方は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂るようにすることです。たとえ少量でも質の良いものを食べることが重要。ビタミンの中でも特に重要なのは糖質の代謝を助けるビタミンBなので、これを積極的に摂りましょう。豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。

8. 刺激の強い食べ物を味方にする
胃腸を刺激すると食欲が増進します。胃液の分泌を促す食べ物には、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。辛いものは、発汗による夏バテ防止効果も期待できます。スパイスいっぱいのカレーは実は薬膳料理という話も。ただし食べすぎは胃腸を痛めるのでほどほどに。レモン・お酢などの酸味も食欲増進、疲労回復効果があります。

9. 夏太りに注意する
最近は夏ヤセよりも夏太りする人が増えているとか。これは、エアコンの効いた部屋にいるにも拘わらず、昔の夏バテのイメージを引きずって、暑さで体力を落とさないようにとつい食べ過ぎてしまっていることも原因のようです。また、夏の食事は冷たいものが多いですが、実は冷えたものは油分も甘味も感じにくいので注意が必要です。 「暑いから身体が持たないし、いっぱい食べなきゃ」というのは過去の話かもしれません。

10. 運動や半身浴で上手に汗をかいて体温調整を
汗をかくのはカラダの温度調節のためにもとても重要。しかも、血流も良くなる、老廃物も出てゆくという効果もあります。暑いからといって身体を動かさないと、うまく汗をかくことができなくなります。涼しい夕方などにちょっと歩いてみるなど、適度な運動をしましょう。

半身浴などでゆっくりぬるめのお風呂につかるのもよいでしょう。好みのアロマオイルをたらしたりすれば、リラックス効果も高まります。お風呂後のストレッチも血流促進効果と筋肉をほぐす効果があるのでオススメです。
.
山田 恵子(医師)




( 2018/08/05 20:50 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

「熱中症対策にスポーツドリンク」はご用心!【松本浩彦医師】 

 【Q】中学生の息子が野球部に所属しています。熱中症対策でスポーツドリンクを水筒に入れて持たせていますが、何か注意することは?(40代・女性)

 【A】まず単純な話ですが、スポーツドリンクを水筒に入れるのはよくありません。金属製の水筒と酸性の強い飲料は相性がよくありません。金属製の水筒は、酸と触れると容器の金属成分が飲料の中に溶け出し、金属アレルギーや、ひどい時には中毒症状を引き起こすこともあります。

 でも、私が本当にイヤなのは、使われている合成甘味料「アスパルテーム」や「スクラロース」なんですよね。砂糖の数百倍の甘味があり、コンビニなどで販売されているガムやアメ、ダイエットコーラとか、ノンカロリーと謳(うた)っている清涼飲料水のほとんど全てに合成甘味料が入っています。

 これらは本当に半端なく危険です。スクラロースは毒性の強い有機塩素化合物の一種ですし、アスパルテームに至っては恐ろしい動物実験の結果がたくさんあります。まぁ、それを言い出したら何も食べられなくなりますが、ガムやアメに入っている甘味料は含有量で言えばたかが知れています。しかし、スポーツドリンクとなると、ペットボトルで2リットルとか3リットルとか飲まれる方もおられ、たくさん飲めばそれだけ、毒性の強い甘味料も大量に摂取することになります。

 さらにもう一つ、成分表示をよく見ると「異性化糖」という言葉がしばしば書いてあります。これは酸でデンプンを加水分解して作った糖液をまたアルカリで異性化するという、何とも危なっかしい糖液なんですね。

 あまり書き過ぎてスポーツドリンクのメーカーから逆恨みを買うのも嫌ですので、このくらいにしますが、少なくとも、私はスポーツドリンクは飲みません。熱中症対策だと言って何リットルも飲む、なんてことは絶対しません。 じゃあ、何を飲めば良いのか。答えは簡単、「塩水」です。0・2%濃度の食塩水を飲むのがいちばんです。作り方は、2リットルの水に4グラムの塩を入れてできあがりです。ティースプーンすりきり一杯です。1リットルの水なら食塩2グラム、つまりティースプーンに半分。ほんのり塩味、という程度です!

 ◆松本浩彦(まつもと・ひろひこ)兵庫県芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、(社)日本臍帯・胎盤研究会会長。




( 2018/08/05 11:57 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

救命救急専門医が語る 熱中症リスクの高い人とその対処法 

 例年、梅雨明け直後に急増する熱中症の患者数は、気温が高くても8月以降は落ち着きを見せる。記録的猛暑といわれ、緊急搬送された熱中症患者数は5万6000人、死亡者数が1718人に上った2010年でさえ、東京都監察医務院の集計による熱中症の死亡例は7月後半に集中。8月からは減少した。暑さに体が慣れる「暑熱順化」が完成するからだが、今年はどうか。日本救急医学会監修の「熱中症~日本を襲う熱波の恐怖~」(改訂第2版、へるす出版)を企画・編集した帝京大学医学部付属病院高度救命救急センター長の三宅康史教授に聞いた。

「今年は猛暑で熱中症が際立って多いといわれますが、梅雨明けから緊急搬送される熱中症患者数が急増するパターンに変わりはありません。唯一異なっているのは熱波が途切れないことです」実際、関東甲信越地方では6月29日ごろに、九州北部から北陸にかけては7月7日前後に梅雨明けしたが、26日までに東京で連続19日間、大阪では31日までに24日間、最高気温が30度超の日が続いた。台風の影響でひと息ついた熱中症だが、今後もさらなる警戒が必要だ。

 子供の熱中症はマスコミで大きく取り上げられるため目立つが、多くは軽症だ。深刻なのは社会的つながりの薄い高齢者だという。 「マスコミは熱中症の過去の緊急搬送データなどから『高齢者が熱中症になりやすい』と言いますが、高齢者だから熱中症になるわけではありません。高齢者世帯であっても子供たちが頻繁に顔を出し、『冷蔵庫に何も入ってないじゃない、ちゃんと食べてる?』『食べてるよ』『エアコンはケチらずにつけなきゃダメ』などと言い合える関係性があれば熱中症にはなりにくいのです」

 仮に家族が近くにいなくても、社交性のある高齢者なら新聞やテレビが連日報じる「熱中症関連ニュース」を見て自身で警戒するし、周りの者も放っておかないだろう。ところが、1人あるいは夫婦2人だけで、新聞もテレビも見ない、人付き合いが乏しい高齢者世帯だと、「これくらいの暑さならエアコンを我慢しよう」「きょうは食欲がないから食事は抜こう」などと考えてしまう。それが高齢者に熱中症が目立つ背景になっている。

実際、東京都監察医務院の15年夏の熱中症死亡者集計では熱中症死亡のほとんどが屋内で起こっており、その65.6%が1人暮らしで、90.3%がクーラーを使用していなかった。「こうした傾向は高齢者だけにとどまりません。それ以外の人でも定職に就いていない、収入が低いなど経済的に恵まれていない人、あるいは身体的に恵まれていない人は、コミュニケーション力が低く、熱中症のリスクが高くなりがちです。実は熱中症は人的つながりと相関関係のある病気であり、日本社会の人的つながりや経済状況などを映す社会の鏡という側面があるのです」

■エアコンは自分が心地良い室温と湿度に設定

 中途半端な熱中症の常識が、増加や重症化に拍車を掛ける場合もある。よく聞くのが「エアコンはつけていたのに熱中症になった」という人のケースだ。 「救急隊員に聞くと『確かにエアコンが動いていたのですが、それは冷房でなく乾燥(ドライ)だった』という場合が多い。また、室温28度がベストと聞いてエアコンのリモコンを28度に設定している人も多いのですが、それはエアコンの送風口の温度を指すのか、それともエアコンが当たっている人の近くの温度を指すのかで違ってきます。

また、フィルターにホコリがたまっているエアコンか、最新式かでも設定温度と実際の室温は違ってくるでしょう。それを考えずに、ただリモコン設定を28度にしているケースが多いのです」  正しくは、部屋の中に温度計と湿度計を持ち込み、健康な人なら自分が心地良い室温と湿度に設定する。喉が渇いた自覚の乏しい高齢者は室温を常に30度以下になるよう、エアコンの設定を小まめに変えることだ。

「水を飲んでいたのに熱中症になった」という人も勘違いが多い。朝、昼、晩に1杯ずつしか水を飲んでいないのに「水を飲んでいた」と訴える人もいる。しかし、本来は汗をかいた分だけ給水が必要で、食事以外で1日2リットル程度が必要とされる。特に高齢者は体の水分の割合が、赤ん坊が70~80%、大人60%に対して50%と低い。しかも、あまり体を動かさないからお腹が減らない。だから本来は食事から取るべき水分が不足する上、低栄養で体に必要な電解質が不足しがちだ。

 さらに、夜間頻尿を避けるためという理由で自ら飲食を控えてしまうことが多い。その結果、熱中症が重症化することが多いのだという。水を小まめに飲む、就寝時を含めエアコンをつけっぱなしにする、風通しの良い服装にする、子供に無理な運動はさせないなどの注意点はあるが、最大の熱中症の予防策は「社会的つながりの薄い人を極力減らすこと」だ。熱中症が社会的な病気の側面があることを忘れてはいけない。





( 2018/08/02 13:05 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱中症対策に役立つ!? 無印の持ち運びできる温湿度計が話題 

連日のように真夏日が続いていて、暑さが厳しい今の季節は、熱中症対策が重要。日ごろから気を付けている人も多いと思いますが、そんな人たちの間で話題になっているアイテムがあるのです。

リュックやベビーカーに付けられる温湿度計

そのアイテムとは、無印良品が販売している「タグツール・温湿度計」(税込990円)です。同商品は商品名の通り、「温度」と「湿度」を知ることができるアイテム。さらに、熱中症注意喚起を液晶表示とLEDの光で教えてくれるスグレモノなのです。

また、別売りの「タグツール・シリコーンケース」(税込290円)を使用すれば、上画像のように、バッグやベルトループなどにぶら下げることができ、持ち運びにも便利。比較的安価で邪魔にもならない同商品がネット上で話題になっており、子育て中のママは、マザーズバッグやベビーカーなどに取り付けて、子どもの安全を守るために役立てているのだとか。

4段階のレベル表示で危険度がわかる

「タグツール・温湿度計」自体は、前述のようにとてもシンプルなもの。とはいえ、熱中症注意喚起機能については、4段階のレベルにわかれています。本体の裏面にある「熱中症注意表示切替スイッチ」をONにすることで、液晶画面に熱中症注意喚起が表示される仕組み。

液晶画面上にバーが最大で4本表示されるのですが、それぞれの意味は以下の通り。

・バー1本…「注意(25度未満)」
LED:消灯
強い生活活動でおこる危険性

・バー2本…「警戒(25~28度)」
LED:消灯
中等度以上の生活活動でおこる危険性

・バー3本…「厳重警戒(28~31度)」
LED:5秒間隔で点滅
・バー4本…「危険(31度以上)
LED:1秒間隔で点滅
すべての生活活動でおこる危険性

また、「厳重警戒」と「危険」レベルに達すると、液晶画面右上に「顔アイコン」も表示されるので、瞬時に現状の危険度を把握することができます。今夏は全国各地で猛暑日になることも多いですよね。室内にいるときも外出時も、こういったアイテムを上手に活用して、熱中症対策を怠らないようにしましょう。(文・奈古善晴/考務店)※表示価格は無印良品オンラインショップの金額です





( 2018/08/02 11:13 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱中症対策で水中毒の危険も…正しい水分の取り方とは 

【Q】「熱中症対策には十分な水分摂取」と聞きますが、一方で「大量に水を飲むと“水中毒”を招き危ない」という声も。どんな飲み方がベターなのでしょうか? (30代・男性)

【A】人間の体が一度に吸収できる水の量は、200ミリリットル程度といわれています。それ以上の水を一気に飲むと、腎臓の排泄処理が追いつかず、体液が薄まる恐れがあります。そうして血液のナトリウム濃度が低下した状態が「水中毒」。医学的には「低ナトリウム血症」です。

 水中毒の症状は、軽度では頭痛や食欲不振など。重症になると、けいれんや昏睡が起こり、さらには死に至ります。腎臓の状態によっては、200ミリリットル以下でも水中毒に陥ります。水はコップ1杯でも一気飲みはやめて、一口ずつ飲むようにしましょう。

 ただし、スポーツなどで大量の汗をかいた時は、即行で水分補給をする必要があります。そういう時は、市販の経口補水液が役立ちます。

 経口補水液は、スポーツドリンクよりナトリウム濃度が数倍高く、ナトリウムと水分を同時に補給できます。重度の脱水症状でスポーツドリンクを大量に摂取すると、特に乳幼児は低ナトリウム血症に陥る危険があります。熱中症などで脱水症状に陥ったら、経口補水液を用いてください。

 人体が1日に必要な水分量は、体重の4%といわれています。体重60キロであれば2・4リットルですが、食事から1リットル前後の水分を摂取するので、飲み水としては1・4リットルくらい。ただし、個々人の運動量によって必要な水分量は大きく異なります。「1日○リットル」と決めるより、「喉が渇いた時に飲む」ことが一番です。

 逆に言えば、喉が渇いた時は必ず水分補給をする。我慢していると、いざ飲むときにガブ飲みしてしまいます。

 ちなみに、お茶やコーヒーはカフェインの利尿作用が強いので、水分補給になりません。普段飲むなら、ミネラル豊富な硬水がおすすめです。

(国際医療福祉大学熱海病院・〆谷直人教授)





( 2018/08/01 18:09 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

【危険】熱中症によって後遺症が残る場合がある  

●熱中症は後遺症が残ることがある

一度、熱中症に罹ってしまうと、その後も後遺症に悩まされることがあります。これは、熱中症により崩れてしまった体内の様々な機能のバランスが整うのに、ある程度の時間がかかるからです。少し休んで症状がよくなったと思っても、その後2週間~1ヶ月は完治したとは言えない状態であることが多いのです。

もちろん、後遺症とは言っても、一生続くものではありません。体内のバランスさえ元に戻れば、後遺症も自然となくなります。もし早く後遺症を治したければ、とにかく安静にしていることです。また、この期間は通常より熱中症に罹りやすいので、絶対に無理はしないようにしてください。

●熱中症の後遺症:頭痛や耳鳴り、食欲不振

熱中症の後遺症としては、まず、頭痛や耳鳴りが続くことがあります。これは、熱中症によって、体温調節を司る自律神経のバランスが崩れてしまったためです。自律神経は交感神経と副交感神経という、2つの神経がバランスを取り合っています。体温が上がると交感神経が緊張し、血管を収縮させて血流を減らして、体温を下げようとします。逆に体温が下がると、副交感神経が血管の収縮を弱め、血流を増やして体温を上げてくれるのです。

熱中症に罹ると、この自律神経のバランスが崩れた、自立神経失調症の状態になります。自律神経は体の様々な働きをコントロールしていますので、バランスが崩れることにより頭痛や耳鳴り、食欲不振といった症状が現れてしまうのです。

●熱中症の後遺症:関節や筋肉の痛み、だるさ

熱中症により体温が異常に高い状態になると、筋肉が損傷を受け、筋肉中の「ミオグロビン」という物質が血中に遊離します。このミオグロビンは、血液から酸素を受け取り、筋肉に渡すという重要な役割を担っています。筋肉中のミオグロビンが少ない状態になると、筋肉に酸素が行き渡らない状態になってしまいますので、関節や筋肉の痛み、体のだるさといった症状となって現れてしまうのです。

●重度の熱中症に罹ってしまうと深刻な後遺症が残ることも

上記の2つは、無理をせず安静にしていれば、体の治癒能力により自然に体のバランスが元に戻ります。しかし、意識がなくなるほどの重度の熱中症に罹ってしまうと、一生残るような深刻な後遺症が残ってしまうことが少なくありません。熱中症が重症化すると、血液に異常をきたし、腎不全や脳出血、重度の意識障害などが起こります。これらは、完全に組織が破壊されてしまった状態ですので、自然治癒では治りません。熱中症は重症化する前に気づき、適切な休息や処置を行う必要があるのです。





( 2018/08/01 11:29 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

その “夏バテ” 実は怖い“脚気”かも!?  

 一昔前までは結核と並び不治の病とまで言われ、死亡率も高く恐れられていた脚気。食生活の向上とともに大幅に減少した病だったが、それが近年ふたたび増加傾向にあるという。しかも大酒飲みのお父さんと若年層に顕著なのだという。症状が似ていることから夏バテとも間違えられる脚気だが、ちょっとした食の改善で防げる!

「しっかり寝たのに疲れがとれない」、「全身がだるい」、「倦怠感を覚える」、「食欲がない」、「足がむくんだりしびれたりする」──。今の時期、一見夏バテと思ってしまいがちな、こんな症状が脚気かもしれないという。管理栄養士で各地で講演活動も行っている佐藤美香氏が言う。

「夏はビタミンB1が消耗しやすい季節なんです。というのも、ビタミンB1は糖を分解してエネルギーを作り出す働きをしますが、夏場は食欲がなくなり、手軽に摂取できる半面、糖質を多く含む麺類や清涼飲料水などを多くとるため、ビタミンB1もそのぶん消耗するわけです。しかもビタミンB1は、汗とともに失われやすい性質もあります」

 このビタミンB1の欠乏で起こるのが脚気だ。栄養に関する知識が乏しく、十分な栄養もとれなかった時代に起きた日露戦争では、5万人近くが戦闘で死亡しているが、脚気によって、さらに戦地で3万人近くが死亡しているのだ。栄養過多の今の時代に脚気は無縁のように思われる。

しかし、前述した清涼飲料、麺類に加え、糖質を多く含むインスタント食品、アルコールの過剰摂取という偏った食事が原因で、糖の代謝に必要なビタミンB1が欠乏。その結果、脚気になるケースが増加しているという。この脚気、まず、倦怠感、両足のむくみや麻痺、下痢、体重減少などの症状が現れ、重症になると、心臓の肥大から心不全により死亡に至る。予

防には、ビタミンB1を多く含む豚肉、卵黄、豆類やビタミンB群を吸収しやすくする作用があるニンニクやネギを摂取するとよい。心配な向きは自己診断を。もしひざの下を木槌などで叩いて反応がなければ要注意!





( 2018/08/01 11:24 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏のお出かけもこれで安心!お出かけ前・中・後に飲みたい飲み物3つ 

海やプールで楽しみたい!と思っても、紫外線が気になってしまいますよね。そこで今回は、1日中紫外線と戦うお肌をサポートする飲み物をご紹介します!

■お出かけ前に飲んで!
『アセロラジュース』

「ビタミンCの王様」とも呼ばれるアセロラには、レモンの約34倍のビタミンCが含まれています。東京都健康長寿医療センター研究所と東京農工大学のの研究によれば、ビタミンCが不足すると皮膚が薄くなり、メラニン色素の産生が増加するとのこと。紫外線を浴びる「前」に、しっかりとビタミンCをチャージしておきましょう。

また、アセロラに含まれる「アセロラポリフェノール」は、強い抗酸化作用があるのはもちろん、株式会社ニチレイスーコの研究によれば、アセロラポリフェノールには、メラニン色素を生成するチロシナーゼの活性を抑える効果、

メラサイトに存在するメラニンを作るメラノーマ細胞中のメラニンの産生をブロックする効果、メラニンの沈着を抑える効果があることが判っています。メラニン色素の生成をダブルでブロック、そして沈着を抑える頼もしい成分!

■いつでも飲んで!
『トマトジュース』

抗酸化作用でお馴染みの「リコピン」。紫外線にさらされることで体内に発生した活性酸素は、細胞にダメージを与えます。リコピンは、ビタミンEの100倍以上の抗酸化力で活性酸素を除去。それだけでなく、カゴメ株式会社の研究によれば、リコピンは皮膚に蓄積して、その効果を発揮するそうですから、紫外線の強い季節には欠かせない存在です。

リコピンは、生のトマトを食べるより、加熱してほうが吸収が良くなるためトマトジュースがオススメ。また、ビタミンEと一緒に摂ることで約3倍吸収が良くなることが判っていますから、アーモンドやオリーブなどビタミンEの多い食べものとセットで摂れば◎。

また、トマトジュースにはビタミンCも含まれていますから、お出かけ先でのビタミンC補給にも最適。濃縮還元ではなく、果汁100%、砂糖・塩・添加物不使用のトマトジュースを選びましょう。

■お休み前に飲んで!
『ビタミンC系ドリンク』

ビタミンCは、抗酸化力の強いビタミン。寝ている間に体内に発生した活性酸素をお掃除し、「若返りホルモン」とも呼ばれる「DHEA」の分泌を高めることで、寝ている間に行われる細胞の再生をサポートして、お肌のターンオーバーを整えます。

銀座上符メディルカルクリニックの上符院長によれば、寝る前に摂るビタミンCの量は1000~2000mgがおススメとのこと。ビタミンCが強化されたドリンクや、サプリメントで摂りましょう!外側からの紫外線対策はもちろん、内側からの紫外線対策も大切。内と外、両面からバッチリ紫外線対策をして、夏を楽しみましょう!





( 2018/08/01 11:23 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

命に関わる!熱中症・日射病・熱射病の違い 

◆「熱射病」は最重症型の熱中症……熱中症・熱射病・日射病の違い

「熱中症」は「暑熱環境における身体適応の障害によって発生する状態の総称」と定義されます。簡単にいうと、「気温・湿度の高い環境によって引き起こされる体調不良」といえるでしょう。この「熱中症」の最重症型が「熱射病」です。

また、太陽光が熱源となって、脱水などを引き起こし、相対的に循環血液量が減少しておこる 、いわゆる「立ちくらみ」を「日射病(熱失神)」といいます。但し「熱射病」の中で、太陽光が熱源となっているものを「日射病」と記しているものもあり、このあたりは少し紛らわしいところです。

◆「熱中症」が新しい分類になった理由

「熱中症」には、「熱失神」「日射病」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」といった病態が存在します。

しかし、定義自体があいまいで混乱があることや重症度を把握しにくいという問題点が指摘されていました。また「熱中症」は予防・早期発見・早期診断が重要であることから、専門家以外でも理解しやすい分類と疾患概念が必要とされていたのです。

このような背景を踏まえて、I~III度の3段階に分類する熱中症の新分類が提案され、2015年には「熱中症診療ガイドライン」が日本救急医学会から作成されるに至りました。

「熱中症」の新分類では、意識障害の有無などをもとに、「現場で対応可能」「受診が必要」「入院が必要」の3段階に単純化されるようになりました。

◆熱中症が起きやすい気温と湿度

熱中症の発生に最も寄与する気象要素は「気温」です。夏期の湿度が高い日本では、気温だけでなく「湿度」も熱中症の増加に大きく寄与します。

梅雨明け前後7月中旬から8月上旬にかけてピークを迎え、発症する時間帯は12時および15時前後の日中が最も多いとされています。また、暑くなる前は、真夏よりも低い温度で熱中症が発生します。

ただし、熱中症は夏場に限らず、どのシーズンでも起こる可能性があります。高齢者で、体温中枢のコントロール機能が十分でない人、あるいは潜在的に脱水のあるような人では特に注意が必要です。

◆熱中症リスクを知る目安になる「今日・明日の暑さ指数」

熱中症のリスク指標として、人体の熱収支に与える影響の大きい気温、湿度、輻射熱の3つを取り入れた指標、暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)が推奨されています。輻射熱とは、地面や建物、体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます。

熱中症リスクを知るには、環境省が発表している「今日・明日の暑さ指数」が有用です。各都道府県の主な気象観測所の所在地の実況と予測が確認できます。3時間単位で提供されているので、暑い時期や外出する際には確認する習慣をつけておくといいでしょう。
.
◆熱中症にかかりやすい人・リスクが高く注意が必要な人

性別では男性に多く、年齢・発生状況別にみると、若年男性はスポーツ、中壮年男性は労働でおこりやすいようです。

高齢者では、男女ともに比較的安静にしている状態での熱中症が多く、屋内での発症頻度が増加しています。労働環境下でない熱中症は、日常生活の中で徐々に進行するため、周囲の人に気付かれにくく、対応が遅れて重症化する傾向にあります。

特に「高齢」「独居」「日常生活動作の低下」「精神疾患や心疾患などの基礎疾患」が熱中症で死亡する危険因子とされています。
.
◆熱中症の予防の飲水には同時に塩分も

スポーツドリンクのこまめな水分補給でも問題ありませんが、スポーツドリンクは塩分量が少なく、糖分が多いという特徴があります。熱中症の水分補給には、塩分と水分の両者を適切に含んだもの(0.1~0.2%の食塩水)が推奨されます。

現実的には、市販の経口補水液(オーエスワンなど)ということになるでしょう。梅昆布茶や味噌汁なども、ミネラル・塩分が豊富に含まれており熱中症の予防に有効といえます。

夏場は特に高齢者に脱水症が生じやすく、また脱水に自分では気づきにくいので注意が必要です。さらに、高齢者はお茶など塩分が少ないものを好む傾向にあり、自分では水分補給をしているつもりでも、結果的に電解質が補給されていない場合もあります。

日頃から、経口補水液などを定時に飲むような習慣をつけさせることが熱中症の予防につながります。

◆「熱中症は危険」という再認識と意識の共有を!

熱中症は危険な病態ということを、本人のみならず、「スポーツ指導者」「作業監督者」「高齢者を介護する人たち」もよく知っておくことが必要です。夏場のみに起こるという先入観をもたず、「夏場以外のシーズンでも起こりうる」「炎天下の屋外以外でも起こる」ということを心に留めておきましょう。

高齢者が熱中症になりやすいのはもちろんですが、スポーツマンでいくら強靭な肉体を持っていても、熱中症になる可能性は十分あります。熱中症になってしまったら、自分でどうにかなるものではありません。「根性論」で頑張らせすぎないように気をつけましょう。

■参考
熱中症診療ガイドライン 2015
環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)の実況と予測




( 2018/07/30 15:35 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師が要注意と解説 汗をかかず熱中症になるのはこんな人 

 過去最悪の更新が続きそうだ。22日までの1週間に熱中症で搬送された人は過去最高の2万2647人で、死者も65人と過去最多だ。今週は先週より暑い。週末は、台風が本州に上陸する見込みで、暑さが一段落しそうだが、台風が通過する週明けは、熱波が再び戻ってくる。体調を崩す人はまだまだ増えるだろう。

 では、どんな人が危ないのか。東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌医師が言う。

「熱中症のイメージとしては、炎天下で汗をダラダラ流して脱水しているような人を思い浮かべるでしょう。もちろん、そんな人も危ないですが、熱中症で倒れるのは4割が屋内。はた目には、汗をかかず、涼しげにしている人が、意外と要注意なのです」

 記者は先週末、東京・お台場でバーベキューを楽しんだ。そこは屋根付きのスペースがあり、強い日差しを避けることができる。さらに念には念を入れて、女性はつばの広い帽子やサングラスで日差しをブロックしながら、肉をほおばっていたが、そのうちのひとり、汗ひとつかかずに涼しそうにしていた女性が体調を崩し、熱中症になってしまった。

「汗をかけないと、体温が下がりません。バーベキューの放射熱も重なると、体温が上がりっ放しになる恐れがあるのです」(桑島氏)

 汗をかけないタイプには特徴がある。まずは、女性や高齢者で、女性の場合、近くでもバッチリメークで外出するようなタイプは見た目を特に気にするクチで発汗を毛嫌いする。運動も嫌いで、汗をかけない体質の人が珍しくない。高齢者は、トイレが近くなることを嫌がって、水分摂取をためらう傾向がある。加齢による自律神経の反応の鈍さも重なって、暑いという感覚も弱まり、気温の上昇とは裏腹に汗をかかない、かけない人が目立つという。

「アルコールには脱水作用がありますから、水分摂取にはなりません。働き盛りの男性が熱中症になるのは、概して酒好きで、翌朝、水分補給が不十分なまま、炎天下の外回りに出たりするケースです。すでに脱水状態ですから、汗をあまりかかず、熱中症になります」(桑島氏)

 かくして、汗をかいていない人ほど要注意だ。





( 2018/07/29 15:44 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇陛下は脳貧血に 熱中症予防には“首冷却”を30分に1回 

 熊谷で国内最高気温となる41.1度を記録した23日、全国的に熱中症で亡くなる人が相次いだ。歴史的な酷暑に倒れる人は多くが高齢者だが、被災地ではがれきなどの撤去で疲れた50代、60代の人が命を落とすケースも見られる。愛知では、課外活動から戻った小1の男子生徒が急死。熱戦が続く各地の甲子園予選では、応援に訪れた生徒や保護者が救急搬送されることも珍しくない。

 命を奪う灼熱地獄を乗り越えるには、老若男女を問わず、とにかく冷やすことに尽きる。では、どこをどうやって冷やせばいいか。

 東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌医師が言う。

「今月2日には、天皇陛下が脳貧血によるめまいと吐き気によって公務を休まれるという報道がありました。熱中症の症状として要注意なのが、脳貧血です。体のどの部分を冷やせばいいかというと、首を真っ先に冷やすこと。特に外出中は、30分おきに冷やすのが無難です」

■「夏こそカレー」が正解の根拠

 体は温まると、血管が開く。それで十分な血液が流れていれば問題ないが、脱水などで血液量が少ないと、脳貧血を招く。“ホースは太いのに、水量が乏しい状態”が危ないという。

 西日本豪雨の被災地で復旧作業を手伝うボランティアは、20分に1回、10分の休憩が義務付けられている。作業に熱中するあまり、体の冷却や水分摂取が手遅れになるのを防ぐためだ。

「熱中症による脳貧血でめまいや吐き気などがあると、水を摂取したくてもできないし、摂取する気もなくなります。だからそうなる前に時々、冷やして血管を締めて、脳貧血を防ぐのです。水をこまめに飲んだ方がいいのも、同じ理由。それができず、搬送される人が相次いでいるのです」

 高齢者は、暑さに鈍感だったり、トイレが近くなるのを嫌ったりする。外出中の人もトイレ問題があるかもしれないが、熱波を乗り切るには、30分に1回の冷却だ。



( 2018/07/29 15:35 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

“猛暑”頭痛にご用心! 対処誤れば“死”の危険も!? 

猛暑にまつわる4つの“頭痛”

連日、暑い日が続いているが、今日は普通の頭痛とは違う、“猛暑頭痛”の正しい対処法を、にわファミリークリニックの丹羽潔院長に解説してもらった。

猛暑が原因!? 4つの頭痛と対処法

まずは、“猛暑頭痛”には以下の4つのタイプがあり、それぞれ原因と対処法が異なるという。

大村正樹フィールドキャスター:
まずは“冷え過ぎ頭痛”について。50代男性の例を紹介します

・エアコンを26℃に設定し、さらに扇風機をつけたまま就寝
・翌日、激しい頭痛で目が覚める

大村:
毎日暑いので、エアコンをかけて寝てらっしゃる方も多いと思います。スタジオのみなさんは、このような経験はありますか?

三田友梨佳アナウンサー:
私は片頭痛持ちで、雨の日に頭が痛くなったりするんですけど、最近はエアコンがきいた部屋にいると頭が痛くなってしまうんですよね…。まさに“冷え過ぎ頭痛”なのかなって

丹羽氏:
この頭痛は、筋肉が冷え、硬くなることによっておこります。筋肉が硬くなると血管を圧迫して、循環が悪くなってしまうんです

大村:
この頭痛は、簡単に治せるそうですよ

対処法…蒸しタオルで首・肩を温める

三田:
たしかに、お風呂にゆっくりつかると少し痛みが緩和されるという経験はありますね。蒸しタオルではなく、お風呂でも効果はありますか?

丹羽氏:
はい、けっこうですよ。温めることによって筋肉が柔らかくなって、過敏になっていた神経が抑えられます

大村:
寝起きで忙しい朝などは、応急処置として蒸しタオルを使ってみてくださいね。また、就寝時のエアコンは28℃前後で、体のだるくならない温度をご自身で探すことが有効ということです

続いては“光頭痛”。30代女性の例を紹介しました。あまり聞きなじみのない言葉ですが、経験のある方もいらっしゃるかもしれません。

・仕事で日中、子供たちと散歩。その時の気温は35℃
・帽子はかぶらず、着けていたものはUV加工なしのメガネのみ
・すると突然、吐き気と激しい頭痛に襲われた

⇒原因は、太陽光が眼球から過剰に入ることによって、脳が刺激されたため

丹羽氏:
脳に光を感じるセンサーがあるんですが、その真横に頭痛を起こすセンサーもあるんです。光を受けすぎると、頭痛を起こすセンサーが勘違いして、興奮してしまうということです。

安藤:
この女性は、きっと太陽をずっと見ていたわけじゃないですよね。ふつうにお散歩していただけでも、光の刺激をたくさん受けてしまうものなんですか?

丹羽氏:
この女性はもともと片頭痛をお持ちの方で。全くお持ちではない方は大丈夫だと思います。片頭痛の方はセンサーが過敏になっていますので、ちょっとした刺激で頭痛が起こる可能性がありますね

大村:
“光頭痛”が起こった場合の対処法と予防法がこちらです

・対処法…首の横を冷やしながら、暗くて静かな部屋で安静に
・予防法…サングラスをかける⇒色の濃いサングラスより薄いサングラスがおすすめ

丹羽氏:
喉仏が終わったあたりの所に頸動脈という太い動脈があります。そこを冷やしていただくと、頭の中の血管が少しずつ縮んでまいりますので、効果的ですね

大村:
サングラスについては、色の濃いサングラスは瞳孔が開いて、反射光の影響を受けてしまいます。ついつい濃い色のサングラスを手に取ってしまうかもしれませんが、色の薄いサングラスの方が目に優しいんだそうです最後に、“脱水頭痛”。水分を失いやすい夏にはもっとも多い頭痛かもしれません。対処法によっては、命の危険もあるといいます。

大村:
よく頭が痛くなった時に頭痛薬を飲む方は多いと思うのですが…

三田:
飲みます!じゃないと、本当に生活出来ないくらい痛い時もあるので…。頭痛薬は常に持って歩いてます

大村:
そういう方、気を付けてください。頭痛薬を安易に服用すると、死に至る場合もあるんです

丹羽氏:
脱水というのは、血管からどんどん水分が奪われていき、体内の水が減ってしまうわけです。そうすると、血圧が下がります。市販のお薬、大概の痛み止めの薬は血圧を下げる作用を持っているんです。脱水症状による頭痛の時に薬を飲むと、血圧がさらに下がって意識がもうろうとする状態になってしまう可能性があります。とても怖いことです

大村:
脱水に気付かないで、いつもの片頭痛が来たと思って薬を飲んでしまう人もいると思うので、注意が必要ですね

三田:
でも頭痛になるときって、何による頭痛なのか分からないことありますよね…

大村:
薬を飲む前に、水分補給をして患部を冷やす、応急処置を取ることが非常に重要だと思います。三田さん、本当に気を付けてくださいね命の危険もある“夏の頭痛”。みなさんも頭痛が起こった時は、今回紹介した対処法を思い出してみてください。

(直撃ライブ!グッディ 7月24日 放送分より)




( 2018/07/28 15:29 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

“猛暑”頭痛にご用心! 対処誤れば“死”の危険も!? 

猛暑にまつわる4つの“頭痛”

連日、暑い日が続いているが、今日は普通の頭痛とは違う、“猛暑頭痛”の正しい対処法を、にわファミリークリニックの丹羽潔院長に解説してもらった。

猛暑が原因!? 4つの頭痛と対処法

まずは、“猛暑頭痛”には以下の4つのタイプがあり、それぞれ原因と対処法が異なるという。

大村正樹フィールドキャスター:
まずは“冷え過ぎ頭痛”について。50代男性の例を紹介します

・エアコンを26℃に設定し、さらに扇風機をつけたまま就寝
・翌日、激しい頭痛で目が覚める

大村:
毎日暑いので、エアコンをかけて寝てらっしゃる方も多いと思います。スタジオのみなさんは、このような経験はありますか?

三田友梨佳アナウンサー:
私は片頭痛持ちで、雨の日に頭が痛くなったりするんですけど、最近はエアコンがきいた部屋にいると頭が痛くなってしまうんですよね…。まさに“冷え過ぎ頭痛”なのかなって

丹羽氏:
この頭痛は、筋肉が冷え、硬くなることによっておこります。筋肉が硬くなると血管を圧迫して、循環が悪くなってしまうんです

大村:
この頭痛は、簡単に治せるそうですよ

対処法…蒸しタオルで首・肩を温める

三田:
たしかに、お風呂にゆっくりつかると少し痛みが緩和されるという経験はありますね。蒸しタオルではなく、お風呂でも効果はありますか?

丹羽氏:
はい、けっこうですよ。温めることによって筋肉が柔らかくなって、過敏になっていた神経が抑えられます

大村:
寝起きで忙しい朝などは、応急処置として蒸しタオルを使ってみてくださいね。また、就寝時のエアコンは28℃前後で、体のだるくならない温度をご自身で探すことが有効ということです

続いては“光頭痛”。30代女性の例を紹介しました。あまり聞きなじみのない言葉ですが、経験のある方もいらっしゃるかもしれません。

・仕事で日中、子供たちと散歩。その時の気温は35℃
・帽子はかぶらず、着けていたものはUV加工なしのメガネのみ
・すると突然、吐き気と激しい頭痛に襲われた

⇒原因は、太陽光が眼球から過剰に入ることによって、脳が刺激されたため

丹羽氏:
脳に光を感じるセンサーがあるんですが、その真横に頭痛を起こすセンサーもあるんです。光を受けすぎると、頭痛を起こすセンサーが勘違いして、興奮してしまうということです。

安藤:
この女性は、きっと太陽をずっと見ていたわけじゃないですよね。ふつうにお散歩していただけでも、光の刺激をたくさん受けてしまうものなんですか?

丹羽氏:
この女性はもともと片頭痛をお持ちの方で。全くお持ちではない方は大丈夫だと思います。片頭痛の方はセンサーが過敏になっていますので、ちょっとした刺激で頭痛が起こる可能性がありますね

大村:
“光頭痛”が起こった場合の対処法と予防法がこちらです

・対処法…首の横を冷やしながら、暗くて静かな部屋で安静に
・予防法…サングラスをかける⇒色の濃いサングラスより薄いサングラスがおすすめ

丹羽氏:
喉仏が終わったあたりの所に頸動脈という太い動脈があります。そこを冷やしていただくと、頭の中の血管が少しずつ縮んでまいりますので、効果的ですね

大村:
サングラスについては、色の濃いサングラスは瞳孔が開いて、反射光の影響を受けてしまいます。ついつい濃い色のサングラスを手に取ってしまうかもしれませんが、色の薄いサングラスの方が目に優しいんだそうです最後に、“脱水頭痛”。水分を失いやすい夏にはもっとも多い頭痛かもしれません。対処法によっては、命の危険もあるといいます。

大村:
よく頭が痛くなった時に頭痛薬を飲む方は多いと思うのですが…

三田:
飲みます!じゃないと、本当に生活出来ないくらい痛い時もあるので…。頭痛薬は常に持って歩いてます

大村:
そういう方、気を付けてください。頭痛薬を安易に服用すると、死に至る場合もあるんです

丹羽氏:
脱水というのは、血管からどんどん水分が奪われていき、体内の水が減ってしまうわけです。そうすると、血圧が下がります。市販のお薬、大概の痛み止めの薬は血圧を下げる作用を持っているんです。脱水症状による頭痛の時に薬を飲むと、血圧がさらに下がって意識がもうろうとする状態になってしまう可能性があります。とても怖いことです

大村:
脱水に気付かないで、いつもの片頭痛が来たと思って薬を飲んでしまう人もいると思うので、注意が必要ですね

三田:
でも頭痛になるときって、何による頭痛なのか分からないことありますよね…

大村:
薬を飲む前に、水分補給をして患部を冷やす、応急処置を取ることが非常に重要だと思います。三田さん、本当に気を付けてくださいね命の危険もある“夏の頭痛”。みなさんも頭痛が起こった時は、今回紹介した対処法を思い出してみてください。




( 2018/07/28 15:28 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱中症はどう重症化していくのか 急な「意識喪失」は危険 

 記録的な猛暑となっている今年の夏。熱中症で死に至るケースも連日増加し続けている状況だ。そもそも熱中症はどのように重症化していくのだろうか。山野医療専門学校副校長で、医学博士の中原英臣さんが解説する。

「熱中症は進行度によってI~III度に分けられます。最も軽いI度では、顔色や気分が悪くなったり、手足のしびれ、こむら返りなどが主な症状です。涼しいところで充分に水分を摂り、首や脇の下、足の付け根など太い動脈が通るところを冷やすなどすることで対処します」

 より症状がひどくなれば、医師の処置がなければ危険だ。

「II度になると激しい頭痛のほか、疲労感や倦怠感、吐き気、めまいなどの症状が出ます。そうなるとかなり危険な状態が進んでいます」

 III度になると、取り返しがつかない状態だ。

「深部体温の上昇で脳細胞が徐々に死んでいくので、意識の混濁や喪失、せん妄状態などが出ます。最終的には意識を失います。運動中などにバタッと倒れて意識を喪失し、そのまま亡くなるケースも多い。体温調節機能が弱っている高齢者も、気づかないうちにIII度の状況になりがちです。もし回復しても後遺症が残る可能性があります」

 早め早めの対応が必要だ。




( 2018/07/28 15:13 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

クーラーで涼むだけでは危険!? 熱中症対策のカギとなる「深部体温」ってなに? 

連日、気温が体温を超えるような酷暑が、日本列島を襲っている。

暑いところで過ごした後は、クーラーの効いた室内で涼む方も多いだろう。
しかし、表面の温度が冷えて涼しく感じても、深部体温は高温のままである可能性がある。
みなさんは、「深部体温」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

「直撃LIVEグッディ!」では、熱中症対策のカギとなる深部体温についてスタジオで解説した。
.
気温が高すぎると、体内に熱がこもる

立本信吾フィールドキャスター:
「深部体温」とはみなさん、聞きなじみのない言葉だと思いますが、これは臓器の温度のことを意味します。
臓器の温度は、皮膚温度よりも普段から1度ほど高い状態にあるんだそうです。

立本:
普段は運動したり気温の影響で体温が上昇しても、かいた汗が蒸発することで表面の温度を下げ、熱を放出することで深部体温も併せて低下していきます。しかし、今は気温が体温よりも高い状態にあるところが多いですよね。そうすると、外の熱が体内に入ってきてしまうんです。汗の蒸発が不十分な状態になり、熱が体内にこもることによって深部体温が下がらない状態が続いてしまいます。 深部体温が高いと、こんな危険な症状が出てしまうことがあります。
.
2度上昇するごとに悪化…死に至る場合も

深部体温が…

・40度で全身けいれん
・42度で多臓器不全
・44度で脳障害の可能性が ⇒ 死に至る場合も

木川英氏(川越救急クリニック副院長):
熱中症のような、嘔吐や頭痛などの症状が出てきた時は、深部体温も上がっている可能性があります。

八嶋智人:
熱中症かも…と思った時は、涼むだけではなく、深部体温も下げた方がいいということですね。

京都が今どれほど暑くなっているのか、19日のグッディ!の放送冒頭で、広瀬修一フィールドキャスターが実際に現地へ行き、中継した。スタジオでは、そんな広瀬キャスターへの心配の声が続出した。

田村勇人弁護士:
先ほど広瀬さんが京都から中継していましたが、体感温度45℃とおっしゃっていましたよね。広瀬さんもあそこにずっといたら、熱が体内にこもってしまうんでしょうか?

木川氏:
はい、その可能性もありますね。

八嶋:
じゃあ、はやく広瀬さんに深部体温を下げる方法を教えないと!

立本:
今回は、深部体温を効率よく下げるにはどうしたらいいのか?クイズにしました。

八嶋:
えっ、普通に教えてくれないの!?

スタジオ:
(笑)

広瀬キャスターのことが心配だが、番組の進行上、スタジオのみなさんにはクイズに答えていただいた。

【深部体温を下げるのに効果的なのは?】

A.首を氷などで冷やす
B.手のひらを水で冷やす
C.脇の下を氷で冷やす

軍地彩弓(編集者):
私はCだと思います。血管を冷やさないと、体内の温度は下がらないのかなと思って。
脇は血管が通っていて、体温もすぐ下がりますよね。

安藤優子:
私も脇を冷やすかな~

八嶋:
僕は、舞台で体を急いで温める時に、手首や足首、とにかく“首”ってついている所を温めたらいいって教わって。
逆に体を冷やすのも、Aの首がいいのかなって思いますね!

立本:
正解は…実はBなんです!そのメカニズムを解説します。

ポイントは「脳から遠い部分を冷やす」

【深部体温を下げる方法】

・手のひら、足裏、頬を冷やすのが効果大
・氷水ではなく、10~15℃の水に5~10分ほど浸す
・首や脇の下など、大きな血管の近くを氷で冷やすのも、体温を下げるのには効果的
・深部体温を効率的に下げるには、脳から遠い部分を冷やす!

木川氏:
脇の下などの大きな血管を直接冷やすと、冷える速度はたしかに速いです。しかし、急速に冷えることによって脳が「体温が下がりすぎた!」と感知してしまって、それ以上体温を下げないようにする機能が働いてしまうんです。それに比べて、手や足などの末端は冷えるまでに時間がかかるので、ゆっくりですがきちんと下がってくれます。

田村:
深部体温を下げるには循環器系の血管を冷ます、さらに脳が勘違いしないように、ゆっくり冷やすということですね。

木川氏:
おっしゃる通りです。氷水より10℃程度の水がいいのは、急激に冷やしすぎないほうがいいということと、水が冷たすぎるとたとえ手のひらでも、体がびっくりしてしまうので。

安藤:
ちょっと冷たいなと思うくらいの水で十分なんですね。勉強になります!

ヨネスケ:
ぼくは学生時代、授業中はバケツに水を入れて、そこに足を入れてたんですけど(笑)それは正解だったんですね!

木川氏:
ただ、重度の熱中症になった場合はそうは言っていられないので、まずは急激に下げてください。だいたい38度まで下げると、後遺症が少なくなると言われています。スタジオのみなさんが心配していた広瀬キャスターに、実際に手のひらを冷やしてもらった。
効果を感じることはできるのか?

広瀬:
スタジオの話を聞いて、水を用意しました。先ほどまで肌がほてっていたんですけど、今は腕のあたりまでひんやりしてきました。こんなに効果があるんですね。今も外にいるんですけど、なんとなく涼しく感じるほどです、だいぶ違います!

木川氏:
今の広瀬さんはご自身の体温が高いので、なおさら効果を実感できるのかもしれませんね。

安藤:
きょうはとても勉強になりました。脳が「体温が下がりすぎた!」と感知しないように、ゆっくり冷やすのがコツですね。




( 2018/07/26 09:07 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏の暑さ対策には野菜! 野菜で満腹になれば夏バテもこわくない?  

連日、うだるような暑さが続いています。この時期になってくると、気になるのが「夏バテ」「夏太り」など、健康に関する問題ではないでしょうか。

 暑さからくる食欲減退も夏バテなどの原因のひとつですが、それに伴って偏った食事にもなりがちです。

そうめんのようなさっぱりしたものばかり食べていたり、夕食はビールに唐揚げで済ませてしまうと、脂質や糖質を摂取するだけの食事で終わるため、たとえ食事の量はたいしたことがなくても、太ってしまう場合もあるのです。

ただでさえ、夏場は代謝が落ち、太りやすい季節と言われているので、こうした偏った食生活には注意が必要です。

 健康を維持するためには、意識してバランスの良い食事を摂ることが大切なのは言うまでもありません。特に、不足しがちな野菜をメニューに補うことで、疲れや体型の変化を気にせず、夏を乗り切ることができます。

 本書『山本麗子印の野菜で満腹!』の著者、山本麗子さんは1970年代より活動する料理研究家。1

994年からは広く自然の豊かな場所でガーデニングにも憧れがあって、長野県東御(とうみ)市に移住しましたが、あるきっかけで野菜づくりもするようになったとか。そのときの出来事を次のように振り返っています。

「朝起きて玄関を開けると、そこにはとりたての泥つき野菜があってびっくり。近くに住む方々からの届け物でした。食べてまたびっくり。『なんておいしいの!』。

庭作りはここに来た目的のひとつでしたが、はなから考えてもいなかった野菜作りをしてみようと思ったのは、それがきっかけでした」(本書より)

 東御市は、人口がわずか3万人、大都市と比べれば、必ずしも交通の便が良いとは言いがたい町です。それにもかかわらず、主宰する料理・お菓子教室には全国から生徒さんが集まるとか。

 その理由の一端が、本書にはあります。

本書では「夏野菜でジューシーなのにドライカレー」や、白菜をふんだんに使った「辣白菜(ラーパーツァイ)」など洋の東西を問わずにさまざまなレシピを掲載しています。

自然の中で育まれた野菜をふんだんに料理に用いるレシピの数々。それらの料理にはどれも山本さんらしさが介在します。彩りはきれいだけど、決して気取ってはないない。

健康的だけど、美味しさを疎かにはしない。とてもステキなのに、家庭的なぬくもりが常にある......そんな山本さんの料理の写真を眺めていると、彼女の料理に対する姿勢や考え方に共感している人が多い理由がなんとなくわかるような気がします。

 また本書には、野菜だけでなく肉や魚を使った「男子も喜ぶガッツリ系ごちそうレシピ」、さらにおつまみやデザートのレシピもあるので、さまざまなシーンで楽しめる料理が収録されています。

食べるだけでなく夏の暑さに負けないためにも、掲載されているレシピを参考に料理をつくることで、暑い夏も楽しんで過ごせそうです。





( 2018/07/15 10:03 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝食がヨーグルト、ゼリー飲料の人は要注意! 夏バテ・熱中症リスクを上げる“冷たい食事”の罠  

■冷たい飲み物がぶ飲み、食事は麺類…こんな人は“積極的に夏バテ”していた!

 夏は暑い……はずなのに、「体の芯まで冷え切ってる」とオフィスで嘆く女性は少なくない。とはいえ、オフィス機器のような熱を発するものに囲まれ、厚手で襟付きのシャツを着込んだ男性にしてみれば、「もっとエアコンの設定温度を下げてほしい」ということもあるだろう。

 でも、不快な温度や湿度の中で働くのは論外だとしても、必要以上に体を冷やすことは、免疫力を下げること、とイコールだという意識を頭の片隅にいれておいてほしい。というのも、最近は、“積極的に夏バテしている人”がどうも多いからだ。

 だって、冷たい飲み物をがぶ飲み、のど越しの良い麺類ばかりを口にし、お風呂上りにアイスを食べる…といった生活をしていたら、自らすすんで夏バテになっている、としかいいようがない。特に、就寝時には体温調節ができにくくなる。

クーラーがきいた部屋で、冷たいシーツに身をうずめて「ひんやり、気持ちいい~」といっているようでは心配だ。そんなふうに夏バテしやすいような環境づくりをしているようでは、同じ条件下においても熱中症のリスクは高まる。

 しかも、体が冷えて血行不良になれば、肩こりや腰痛もいつも以上につらくなるかもしれない。

もしもすでにそんな症状があらわれているようであれば、まずは朝食に目を向けてみてほしい。というのも、こうした症状を訴える人の多くが、朝にコールドミールしかとっていないのだ。

女性であれば、ヨーグルト・グラノーラ・豆乳というセットやスムージーのみであったり、男性であればパン1枚やゼリー飲料であったりして、その内容には違いがある。でも、いずれも、食べるときに加熱不要なものばかりなのだ。

その徹底的な非加熱料理のオンパレードは、よくぞここまで、と感心してしまうくらい。朝食ならまだしも、昼も夜も、という人もいないわけではない。あなたの食事はどうだろうか?

 ただ、コールドミール以前に、朝に何も摂っていない人がいるのも現実。エネルギー不足で活動をはじめれば、バテても仕方がない、という話ではないだろうか。コールドミール派も朝食欠食派も、寒い時期には何かしら温かいものを添えていたりするのだが、気温の上昇と共に温かい料理がどんどん消えていってしまう。





( 2018/07/15 10:02 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

全国で3万人が搬送! 熱中症にかかった場合の応急処置を知れ!!  



●熱中症は、迅速な応急処置が必要

もし一緒にいる人が熱中症に罹ってしまったら、迅速な応急処置が必要です。意識障害など、少しでもおかしいな、と思うところがあれば救急車を呼ぶべきですが、それでも救急車が到着するまでの間、現場でできることがあります。

涼しい場所へ移動させ、水分を摂らせるくらいは誰でも知っていると思いますが、より効果的な処置方法を知っていれば、より迅速な回復、症状の沈静化が図れます。

●涼しい場所へ移動し、安静に!

熱中症になってしまったら、まずは涼しい場所へ移動させましょう。近くにエアコンの効いた室内があれば一番よいですが、もしなければ日陰へ移動させます。移動させたらシャツのボタンやベルトを外すなどして衣服をゆるめ、仰向けに寝かせます。

寝かせる時は、枕やクッションなどを使って30センチほど足を高くして寝かせるようにしましょう。体が熱くなると、血管が広がって血圧が下がり、脳に十分な血液が運ばれなくなってしまいます。足を上げて寝かせることで脳への血流を確保してあげるわけです。

●体をしっかり冷やす

涼しい場所へ移動し、安静にさせたら、体温を下げる処置を施しましょう。濡れタオルや、保冷剤をタオルで巻いたものなどを体に当てます。タオルがなければ衣服などを使用しましょう。さらに、扇風機やうちわを使って風を送り、体を冷やします。

濡れタオルなどで体を冷やす時は、首筋や脇の下、大腿部(太もも)に当てると効果的です。これらの場所には大きな血管が皮膚の表面に近いところを通っていますので、冷やせば体中に冷えた血液を送ることができます。

まずはこれらの場所を重点的に冷やし、タオルの数に余裕がある場合は、他の場所も冷やすようにすれば完璧です。

●水分補給もしっかりと

意識がはっきりとしており、水が飲める場合は水分補給をさせましょう。飲ませるものは、ただの水よりも薄い食塩水やスポーツドリンクの方が水分の吸収率が高く、効果的です。食塩水を作るなら、水1リットルに対し塩は5グラム程度をよく溶かすようにします。

水分補給が必要だからといって、間違っても、熱中症の人にコーヒーや紅茶などのカフェインの入った飲み物を飲ませてはいけません。カフェインには利尿作用があるので、飲ませると逆に体の水分が外に出てしまいます。

もし、食塩水やスポーツドリンクが用意できなければ、何も入っていない水や、カフェインの入っていない麦茶などを飲ませましょう。

意識が朦朧として自分で水を飲めない場合や、意識がまったくない場合は、水を飲ませると気管に入り込んでしまい呼吸困難に陥ってしまう可能性がありますので、無理に飲ませてはいけません。上記の処置を施し、落ち着いて救急車の到着を待ちましょう。





( 2018/07/15 10:01 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱中症の最新治療「アークティック・サン」とは?  

全国的に最高気温が35度以上の猛暑日が続き、熱中症による死者や救急搬送者が続出している。重篤な熱中症の、集中治療の現場で導入が進む最新の治療法を紹介する。

 兵庫県に住む自営業、高山治夫さん(仮名・54歳)は、閉め切った蒸し暑い倉庫内で作業中、頭がボーッとしてきて倒れてしまった。

家族に連れられて神戸市立医療センター中央市民病院の救急外来を受診すると体温は39度を超えていた。ぐったりとし足腰に力が入らず意識がもうろうとした状態で、熱中症と診断された。

 高山さんにはただちに、冷却した輸液の点滴と並行して、「アークティック・サン」という治療装置を用いた冷却治療が行われた。

 これは、熱の伝わりやすいジェル素材のパッドを胴体や太ももに貼り付けて、体の表面から全身を冷却する方法だ。パッドの内部を冷却水が循環し、本体の冷却装置で循環水温を自動で制御して、体温を管理するしくみだ。

 治療開始から1時間ほどで高山さんの体温は36度台になり、3時間ほどで脱水症状や気分の悪さも和らいできた。経過観察のために2日間入院した後、しっかりとした足取りで帰宅した。

 現在のところアークティック・サンを用いた治療は、脳が障害を受けた際、脳障害の進行を防ぐために体温を低く保つ「脳低体温療法」に対しては保険が使えるが、熱中症の治療には保険が認められていない。

 だが、数年前から熱中症の治療にアークティック・サンを用いてきた同院救命救急センターの渥美生弘医師は、こう評価する。

「体の表面にジェルパッドをあてるだけなので、患者さんの体に対する負担が軽く、従来の体表冷却法に比べて早く確実に目標体温まで冷却・維持できることが大きな利点です」。一

方で「注意すべき点もあります。ほかの体表冷却法と同様、患者さんが冷たさを感じて体が震える『シバリング』を起こすことはあります。

シバリングが起きると、筋肉が収縮して熱を産生し、体温上昇につながるので、患者さんの状態を常にしっかりと観察することが必要です」と話す。

 全国の医療機関で昨年夏、熱中症の治療を受けた人は40万人を超えた。

 受診者の治療内容は点滴治療や水分補給、体の冷却などが9割以上を占める。入院した人は1割に満たないが、受診者の0.1%、550人が亡くなった。統計をまとめた昭和大学病院救命救急センター長の三宅康史医師は、こう警告する。

「熱中症で入院しても翌日には後遺症なく退院できるケースがほとんどですが、死亡例の多くは搬送当日、または翌日に亡くなっています。

つまり、熱中症は正しい診断と早期治療を行えば速やかに回復する一方、治療が遅れると何をしても助けることのできない病気といえます。だからこそ、熱中症に関する正しい知識と応急処置の方法や予防法をきちんと知っておくことが重要です」





( 2018/07/15 10:00 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

もう真夏…熱中症で死なないために知っておくべき病気と薬 

毎年、梅雨明け直後から熱中症が急増するが、今年は特に警戒が必要だ。関東などでは異例な早さで梅雨明けし、2週間は必要とされる暑熱順化のための期間なしに、真夏へ突入したからだ。熱中症は乳幼児や高齢者が犠牲になりやすいといわれる。しかし、それ以外の人でも病気や薬で熱中症にかかりやすくなることは知っておいた方がいい。熱中症は体温の急上昇が多臓器不全を招き、死ぬこともある恐ろしい病気。油断は禁物だ。

■利尿剤を飲んでいる人も要注意

「人は皮膚表面で体熱を含んだ汗をかき、それが蒸発するときの気化熱で皮膚下の血液を冷やす。それが体内に循環することで体温を調節します。病気で熱中症になりやすいのは、汗が出ないか、その量が極端に少なくなる病気がある人。本人にその意識があればいいが、なければ危険です」

 こう言うのは「北品川藤クリニック」(東京・北品川)の石原藤樹院長だ。

 汗の量が著しく減る病気といえばシェーグレン症候群や全身性強皮症、アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気が有名だ。汗腺が萎縮して汗が出にくくなる。治療で使われるステロイド外用薬は汗腺などの働きを抑制する作用がある。

「高血圧や心臓、腎臓の病気で利尿剤を飲んでいる人も注意しましょう。こういう人は医師からの指示で減塩しているはず。塩分を取り過ぎると、血液の浸透圧を一定に保つため血液量が増えて、血管に圧力が加わり、心臓や腎臓に負担がかかるからです」(石原院長)

 治療に利尿剤を使うのは血液から水分を抜いて血液量を減らすため。日常的に“脱水状態”である以上、短時間でも炎天下や熱気がこもった部屋にいれば、すぐに汗が尽きてしまう。もともと塩分が少ないぶん、汗で体内から塩分が少しでも排出されれば、体内のミネラルバランスが崩れて発汗システムに障害が起きやすい。それも熱中症にかかりやすい原因となる。また、熱中症で血流が低下すると血液をろ過して尿をつくる腎臓の働きが弱まり、体内に有害物質がたまる。急性腎障害を起こすこともある。

「βブロッカーという薬を飲んでいる人も気をつけた方がいいでしょう。脈拍が速いタイプの高血圧や心不全、脈拍が急上昇する不整脈の人が対象の薬で、脈拍を遅くします。ところが体は体内に熱がこもると、熱を下げるために脈拍を速めて汗をかこうとします。この薬を飲んでいる人はうまく汗をかけないのです」(石原院長)

 同じ降圧剤の「ARB」「ACE阻害薬」も「利尿剤」「βブロッカー」同様の注意が必要だ。

 糖尿病の人も、そのリスクを忘れてはいけない。合併症の神経障害で暑さを感じにくくなっているうえ、自律神経が障害されて発汗機能が損なわれやすい。しかも多飲多尿で脱水症状が起きやすく、糖尿病の4割は高血圧でもある。

「糖尿病で気をつけたいのがSGLT2阻害薬です。この薬は血液中の余分な糖分を尿と一緒に放出するため、尿量が多くなり、脱水症状を起こしやすく、汗をかきにくくなるといわれています」(石原院長)

■下痢止めや頭痛薬も気をつけたい

 他にも注意すべき病気や薬はある。薬剤師の青島周一氏が言う。

「風邪やお腹の調子が悪い人も熱中症には警戒が必要です。発熱や下痢で水分が失われやすいからです。このとき気をつけなければならないのは、『抗コリン作用』『抗ヒスタミン作用』の成分が入った総合感冒薬や下痢止め、鎮痛剤などの薬です。飲むと発汗作用が抑えられ、結果的に放熱作用が十分機能しなくなると考えられます」

 実はこの「抗コリン作用」「抗ヒスタミン作用」の成分が入った薬は意外に多い。

 乗り物の酔い止めの薬、鼻炎薬、胃腸薬、睡眠補助薬、花粉症の薬など、市販薬としても広く使われている。

「パーキンソン病、てんかん、認知症、うつ病なども熱中症リスクは高くなります。暑さが感じにくく対応が遅くなるうえ、体温調節機能をつかさどる自律神経に影響する薬を使うからです」(青島氏)

 ちなみに、脱水症または熱中症により入院した患者6700人を解析した研究では、利尿薬、ACE阻害薬やARBなどの高血圧治療薬、抗凝固薬、抗うつ剤、向精神薬などの服用後に、脱水もしくは熱中症による入院が多かったと報告されている。

「特に利尿薬とACE阻害薬の併用でのリスクが高いという結果でした。もちろん、この研究報告はこうした薬剤が熱中症を誘発するのではなく、服用している人で熱中症による入院が多いということにすぎません。とはいえ、挙げられた薬剤の使用には注意が必要でしょう」(青島氏)

 あなたは大丈夫?





( 2018/07/07 18:18 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

<医療>子どもからお年寄りまで 熱中症の年代別注意点 

 関東甲信地方では、観測史上初めて6月中に梅雨が明け、連日うだるような暑さが続いています。気温が高くなると熱中症のリスクも上がります。熱中症にならないために、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか。救急医療のスペシャリスト、国際医療福祉大学准教授の志賀隆さんに聞きました。【毎日新聞医療プレミア】

 ◇熱中症が起こる3要素

 夏だから誰でも熱中症になるというわけではありません。では、熱中症になりやすいのは、どのようなことがそろった時でしょうか?

1.環境(気温・湿度・風速・日射輻射<ふくしゃ>などが関係)

2.からだ(高齢者、精神や心臓の病気を持つ方、普段の活動度の低い方にリスク)

3.行動(屋外でのスポーツ、運動や労働など)

 この三つの要素のバランスによって起きるものと考えるのがいいでしょう。

 それではどのようなときに、熱中症を疑うべきでしょうか? 具体的には、暑い環境にいる、もしくはいた後に、以下のような症状が表れている場合、熱中症の可能性を考えます。

 めまい▽だるさ▽頭痛▽吐き気・嘔吐(おうと)▽失神(立ちくらみ)▽生あくび▽大量の発汗▽強い口渇感▽筋肉痛▽筋肉の硬直(こむら返り)▽意識障害▽けいれん▽高体温--など。

 暑い環境にいたあとに、これらの症状を呈しており、なおかつ感染など他の原因疾患が考えられないという場合には、熱中症と診断します。

 ◇どんなことがリスクになる?

▽若者、中壮年の場合

 熱中症は、若年や中壮年の人が体を動かしているときになる「労作時熱中症」と、高齢者が暑い環境にいることでおきる「非労作時熱中症」に大別されます。平日にオフィスワークをしているみなさんは、普段あまり運動をしていないのに休日の炎暑の日中にスポーツをしたといった時に注意が必要です。前述の環境、からだ、行動の要素が見事にそろうため、熱中症で調子が悪くなることが多いのです。こうした労作時熱中症は、「行動」の面から男性に多く起こります。

 熱中症が起こりやすい時間帯は、正午ごろと午後3時前後の二つのピークがあるとされています。スポーツを行う場合は昼間の時間帯を避け、朝夕など比較的涼しい時間帯にしましょう。

▽高齢者の場合

 高齢者の熱中症の多くは「非労作時熱中症」です。典型的には、気温の上昇とともにエアコンがない、またはあってもつけていない自宅内で重度の熱中症を発症するお年寄りが増えます。非労作時熱中症とは「運動や仕事など」がなくても日常生活の中で徐々に進行する熱中症です。そして、労作時熱中症よりも重症化しやすいという特徴があります。室内で発症する非労作時熱中症は、高齢の1人暮らしの人に多く、精神疾患や高血圧、糖尿病、認知症などの持病があると重症化しやすいと報告されています。

 認知症患者さんのご家族は、このタイプの熱中症があることを知っておいてください。

▽子どもの場合

 子どもの難しいところは、コミュニケーションです。「調子が悪い」「普段と違う」ということを大人のように自ら伝えられないことが多いからです。そのため、家族や大人が子どもの様子を観察し、「普段と違うのでは?」と気付けることが大切です。

 気温が上昇した時に「いつもは元気なのにだるそう」「頭が痛いといって機嫌が悪い」「食欲がなくてだるそう」などのサインを子どもが出していたら、家族や大人が見つけてあげてください。なかでも、水分が取れない、歩けないなど状態がより悪い場合には、医療機関を受診する必要があるでしょう。

 ◇予防で大切なことは?

 熱中症は重症化してしまうと入院なども必要になるため、日ごろから予防を徹底することが大切です。労作時熱中症の特徴は、今まで元気だった健康な人が、気温の高い外気にさらされることで短時間のうちに発症するということです。

 仕事中の熱中症予防のためにできることをあげます。

●涼しい服装をする

●体調を整える、体調の悪いときに無理しない

●炎天下での行動を避ける、慣れない運動などを控える

●休憩の頻度を増やす

●こまめに水分と電解質(ナトリウムなど)を補給する

●夜しっかりと寝て疲労回復に努める

●飲酒は疲労・脱水の原因となるため控えめに

 ◇どんな飲みものがいいの?

 熱中症の対策の飲み物としては、経口補水液やスポーツドリンクなど、水分と電解質の補給に適した市販飲料を取ることをおすすめします。こまめに水分をとって脱水にならないようにすることを重視してください。また高齢者は水分補給の際、塩分が少ない「お茶」を飲む傾向があります。そのため、水分を取っているつもりでも、熱中症対策に必要な電解質が十分に補えていないことがあるのでご注意ください。





( 2018/07/01 15:22 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

意外! 梅雨は熱中症にご注意! 肥満や飲酒もリスクに 

北海道を除く全国各地で梅雨に入り、厚い雲に覆われ肌寒い日と思えば、強烈な日差しが照りつける酷暑日…。真夏ばかりと思いがちだが、こんな梅雨の季節にこそ注意が必要なのが熱中症。気温が乱高下し、体が暑さに慣れていないため、体温調整ができない人が続出してリスクが高まるというのだ。意外にも知られていない梅雨の熱中症リスク。専門家に予防法を尋ねると、「飲酒」「肥満」といったキーワードが浮かんできた。(社会部 植木裕香子)

■梅雨時は特に“危険”

 今のような梅雨の時期こそ侮れないという熱中症。特に注意が必要とされるのが、降雨で気温が低下した“梅雨寒”の後の真夏日だ。つかの間にのぞく晴れ間や、梅雨明け直後も危険視されるという。 国士舘大学防災・救急救助総合研究所の島崎修次所長(77)によると、気温差や前日の雨により、湿度が高まることが熱中症を引き起こす要因となる。

 「冬から夏へと移る途中の梅雨の時期の人間は、まだ、熱を効率的に放散できる夏用の身体になりきれていない。体温調節のための発汗がうまくできず、体内に熱がこもり熱中症が発生するんです」(島崎所長)若者に比べて体内の水分量が少ない高齢者や、屋外で大量に汗をかく運動をする人は、熱中症にかかる危険度が増すのだそうだ。

■「肥満体質」は要警戒

 ただし、高齢、運動といった例に当てはまらなくても油断できない人たちがいる。 警戒警報その1は「運動不足」。筋肉細胞は水分を多く含むが、運動不足は発汗能力を下げるうえ、筋肉量も減れば体内に十分な水分を保てなくなる。このため、「それだけ脱水症状を起こしやすくなる」(島崎所長)というわけだ。

 まだある。日々の過ごし方の中にも熱中症の危険が潜む。 その筆頭で、警戒その2が「飲酒」。二日酔いになるほど飲み過ぎると、体内の水分が奪われ、脱水症状を起こしやすくなるとされている。 警戒その3は「睡眠不足」も危険因子になり得る。島崎所長は「体温調節をつかさどる自律神経系が乱れ、熱の放散機能が低下し、熱中症になりやすくなるんです」と指摘する。 警戒その4として「肥満体質」。肥満の人は皮下脂肪が断熱材のような役目を果たすとされ、島崎所長は「(肥満体質の人は)体内に熱がこもりやすく、症状が出やすくなる」と話す。

■「自分だけは…」の過信は禁物

 どうすれば、熱中症リスクを減らせるのか。

 島崎所長がまず訴えるのが「十分な水分補給」。のどが渇いたと感じる時は、すでに体内の水分とナトリウムなどの電解質が欠乏している状況だといい、そうなる前に補給が必要。  「こまめに」という言葉をよく聞くが、島崎所長によると、運動時の1回の水分補給は100ミリリットル程度でよく、それを15~30分に1度の頻度で繰り返すのが理想だという。また、水分ととともに電解質も補強する必要があるといい、口にするのは単なる水でなく、市販のスポーツドリンクか、小さじ1杯の塩を混ぜたコップ1杯の水が効果的。

 さらに、環境面での対策も講じたい。暑さを感じる室内ではクーラーを我慢せず、屋外では、涼しい場所や木陰などへ移動して休憩を取り、冷たいおしぼりを首に巻くことも効果が見込めるとされている。  島崎所長は「この時期は少しの脱水状態でも、血液の流れを悪化させる。脳梗塞などになりやすいうえ、持病がある人は症状悪化につながるリスクがある」と指摘し、「『自分だけは熱中症にならない。大丈夫』と過信しないでほしい」と呼びかけている。

 夏本番を前に、というより梅雨の今だからこそ、予防策の見直しを!





( 2018/06/28 15:37 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏のドライブに注意!油断できない「車内熱中症」予防のポイント3つ  

気温の上がる真夏の時期、若いからと油断できないことのひとつに、クルマの中で起きる熱中症の危険があることをご存知ですか?

「エアコンをかけているから大丈夫!」と思っていても、車中の高温状態が続いてしまうことで熱中症を引き起こしてしまうことがありますし、運転中の車内で熱中症になってしまうと思わぬ事故の危険も高まりますので、注意が必要です。

実際、筆者も過去にクルマの中で熱中症の症状が出たことがあり、日頃からの予防の大切さを改めて実感しました。

そこで今回の記事では、油断できない“クルマの中で起こる熱中症”を、絶対に引き起こさないために注意したいポイントをご紹介します。

■1:エアコンで車内をじゅうぶんに冷やしてから運転する

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)行った実験によれば、屋外気温が33.6℃の真夏日に駐車中のクルマでエアコンを使用し続けたときであっても、車内の温度は37.6℃にまで上昇し、車外の気温より高くなったと驚きの結果が出ています。

熱中症は高温の環境の中で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内の調整機能が正常に維持できない場合に起こりやすいので、まずはじゅうぶんに車内を冷やすことを心がけてください。

■2:水分、塩分を持参する

熱中症対策には水分や塩分の補給がとても有効ですので、夏にクルマに乗るときには必ず持参しましょう。

渋滞などに巻き込まれると、喉が渇いたり塩分補給をしたくてもスグに買うことができない状況になることも予想されますので、ミネラルウォーターやスポーツドリンク、塩飴などを持って行くようにすれば安心です。

■3:駐停車するときに閉め切った車内に誰も残さない

子どもや高齢者などを夏の車内に待たせておくことはとても危険です。特にエアコンを切ってしまった車内の場合、それまで冷えていたはずの空気が外気温によって急速に高温になります。

体力が弱いとされる子どもや高齢者にとっては、少しの時間であっても熱中症を引き起こす危険性が急速に高まりますので、絶対に車内に残さないでください。

以上、暑い夏に気をつけたいクルマでの熱中症を防ぐポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

筆者は実際に30代前半のときに、車中での熱中症を経験してしまいました。「あれ? 具合悪いかな?」と感じてからは、あれよあれよと症状が悪化したことを覚えています。年齢を問わず、普段は大丈夫でも体が弱っていたりするときは熱中症を引き起こすリスクが高まります。若年世代であっても、じゅうぶんに注意してくださいね。





( 2018/06/26 01:20 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

暑さ対策はこれで万全? コワ~い話で体の内側からヒンヤリと  

うだるような暑さのこの夏に、大活躍してくれるのがエアコンや扇風機などの文明の利器。しかし、どうせなら原始的で、そして心の底から涼しくなる怪談で暑さをしのいではどうだろう。

日本には多くの怪談があるが、よく知られているものの一つに「百物語」がある。数人が集まって100本のろうそくに火をつけて怪談話をし、話をするごとに火を1本ずつ消していく。

そして100本目が消えたときに妖怪や幽霊が現れるというものだ。ネットで見てみると、実際にやって怖い思いをした人の経験談があった。

「最後の1本を消した瞬間、何かにドアをすごい勢いで叩かれた」

「百物語の半分を過ぎたぐらいで急に天井の片隅がギシギシし始めた」

「何も起こるはずがないと思っていたが、ポルターガイストのような現象が起きた」

また、その一方で軽い気持ちで興味をもつ人も。

「夏だから百物語やりたいな!怖い話、得意だし」

「百物語またやります。今年はろうそく、何本集まるかな?」

「百物語、一度はやってみたい」

もともと「百物語」は東京に伝わる民話だそうで、江戸時代、武士の肝試しなどに使われていたとか。

それが今となっては夏のお楽しみになっている。しかも「稲川淳二さんにやってほしいなー」などという声も聞かれるほど。江戸の武士たちが聞いたら、さぞかしがっかりするだろう。

また、霊に遭遇!と思ったら実は…といった経験をした人も。

「夜、カサカサという音に、何かの霊かと思ったらゴキブリだった。霊より怖かった」

「先日、ある店で妙な気配の黒い人のようなものを見かけた。怖かったがもう一度見たら、ただの黒い服の女性だった」

「夜遅くに複数の光。ヒトダマかと思ったら、反射板をつけたおばさんたちのウォーキングだった」

このように、本当の恐怖体験をすることはまずないが、その時代ごとに特に子どもたちを恐怖に陥れる怖い話は必ずある。少し前だと「トイレの花子さん」が有名で、大筋は同じでも詳細は諸説あった。

「花子さんに『何して遊ぶ? 』と聞かれて『首絞めごっこ』と答えると本当に首を絞められる」

「床から現れた白い手でトイレに引き込まれる」

「一緒に遊ばないと追いかけられる」

しかしこの花子さん、実は撃退方法があって、それが100点満点のテストを見せること。阿藤快さんでなくとも「なんだかなー」と言ってしまいそうだが、今年は本物の怖い話で頭も気持ちも冷やして暑さに立ち向かおう。





( 2018/06/26 01:19 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

「熱中症」の季節到来 気をつけたい意外な“落とし穴” 

 6月初旬に北海道の音更町で道内最高記録タイとなる37.8度を記録するなど、早くも猛暑がやってきました。この時期から気をつけたいのが熱中症。梅雨時は雨が降っているから熱中症にはならないだろう…と考える人も多いと思いますが、真夏と同じくらい注意しなければなりません。

暑さに慣れていない梅雨時も注意を

 人間の脳は暑さを感じると、自然と血管を広げたり、汗を出したりして体温を下げようとします。血管が広がりたくさんの血液が流れることで、皮膚から熱が放出されます。また、汗は蒸発するときに気化熱として体の熱を奪い、体温を下げてくれます。しかし、気温が高いときは体の熱が放出されにくく、また湿度が高いと汗が蒸発しません。体温が下がらないため、体は大量の汗を出そうとします。こうして水分が不足すると、血液の流れが悪くなってますます熱がこもり、さまざまな症状があらわれます。

 熱中症の主な症状は、めまいがしたり、だるさを感じたり、重い例ではけいれんや意識障害を引き起こすこともあります。悪化すると自力では動けなくなるため、早めの処置が重要です。とくに梅雨時は、体が暑さに慣れていないことから、体温の調節がうまくできない人も少なくありません。体調の異変を感じたときは、早めに涼しい場所に移動する、水分を補給する、首の後ろなど太い血管があるところを冷やす、といった対処が有効です。症状が重いときは、医療機関を受診したり、救急車を呼んだりすることも必要です。
.
室内、料理中、炎天下の車……

 梅雨が明けると気温がさらに上がり、熱中症にかかる人が増加します。熱中症の予防策としては、外出時はなるべく日陰を歩くようにし、帽子や日傘で直射日光から身を守ることが大切です。ビジネスシーンでは帽子を着用しにくいかもしれませんが、最近では男性用の折りたたみ日傘を鞄に忍ばせる営業マンもいるようです。

 外出時だけではなく、室内での熱中症も増えています。室内で熱中症になった人の多くは、エアコンを設置しているのに使っていなかったというデータがあります。節電意識は大事にしたいものですが、暑さが厳しいときは無理をせずエアコンや扇風機を使いましょう。  意外と危険なのは、料理などで火を使っているときです。室温が上がるのはもちろん、湯をわかしたときなどに出る水蒸気で高温多湿状態になってしまうからです。

 また、炎天下に停められた車に乗り込むときも危険が潜んでいます。昨年の夏には、車内で熱中症になった高齢の運転者が死亡事故を起こしています。異常に車内の温度が高くなっているときは、換気をするなど温度を下げてから運転しましょう。

熱中症の傷害保険も登場

 国や自治体も熱中症対策に乗り出しています。たとえば環境省は「熱中症予防情報サイト」を開設しており、「ほぼ安全」から「危険」までの5段階の「暑さ指数」を発表しています。また地方では、各家庭にテレビ電話を導入し、熱中症の注意を促す例もあります。近ごろは、図書館などエアコンの効いた公共施設を休憩所として開放している自治体も増えており、「涼しさ」をシェアすることで、熱中症対策と節電を両立させています。

 意外なところでは、熱中症に対応する傷害保険も登場しています。暑さが年々厳しくなるなか、地球温暖化防止など抜本的な対策が求められますが、個人レベルでも熱中症から身を守るための対策が必要だということでしょう。




( 2018/06/20 12:48 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱中症、自宅でも注意 半数が高齢者、医師が助言 

熱中症による救急搬送者の半数を占める高齢者は、加齢により体内の保水力が低下し、喉の渇きを感じにくく、要注意だ。京都市立病院(中京区)の檜垣聡・総合診療科副部長は「自室であっても適切な室温調整とこまめな水分補給を」と呼び掛けている。

 消防庁の集計によると、2017年(5~9月)の熱中症による救急搬送者数は5万2984人(京都府1415人、滋賀県603人)だった。このうち、65歳以上の高齢者は48・9%に上り、毎年5割前後を占める。さらに、同庁が昨年初めて集計した発生場所別をみると、自宅での発症が37%で、工事現場などの仕事場や学校、路上といった屋内外で活動中のケースを上回り、最も多かった。

 熱中症は発汗によって体内を循環する水分が減少、塩分のバランスも崩れ、体内の調整機能がうまく働かなくなることが原因だ。特に高齢者は、喉の渇きを感じにくく水分不足を自覚しにくい。また保水している筋肉の量が加齢で減り、脱水しやすくなる。自室で数日掛けて発症することもあるという。糖尿病や高血圧、心筋梗塞など心臓系の既往症のある人はなりやすい。

 檜垣氏は「高齢者は冷房が体に良くないと思い込み、嫌がる人が多い。加齢によって排尿回数が増えるため、就寝前の水分摂取を控える傾向もある」とした上で、自宅の熱中症予防にはエアコンで室温を28度以下に保つことや、こまめな水分摂取が必要とする。大量に発汗する就寝時はとりわけ注意が必要だ。

 一日あたりの水分摂取量が同じでも小分けにした方が効果が高い、という研究結果がある。高齢者が自宅で摂取するにはスポーツドリンクでなく水や茶がよく、塩分はみそ汁などで補えば十分という。湿度の影響も大きい。毛穴を水分が覆ってしまい、体内に熱がこもりやすくなるためだ。室温が低めの21度だったにもかかわらず、湿度が98%の環境下で死亡した事例も報告されているという。

奥行きに細長い「うなぎの寝床」の京町家は風通しが良く涼しいとされるが、隣にマンションなどが建てられた場合は風が遮られるためエアコンが要る。熱中症は重症度に応じて3段階に分類される。初期段階では足のけいれんや失神、頭痛、嘔吐(おうと)をもよおす。重症化すると肝臓、腎臓などの臓器に障害が発生し、熱中症による死因の大半が多臓器不全という。

 檜垣氏は「湿度が高くなる梅雨前後の時期に急激に増えてくる。自宅では温度計と湿度計を設置したり、(熱中症への危険度を気温と湿度などから算出する)『暑さ指数』に気を付けてほしい」と話している。





( 2018/06/15 11:13 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

トイレの回数が少ないのは問題アリ? 脱水の可能性も! 医師が解説 

「教えて!goo」には、頻尿に関する悩みが多数投稿されているため、以前「これって頻尿?医師が教える判断基準」という記事をリリースした。トイレが近くて困っている人がいる一方、ほとんどトイレに行かないという人も。我慢しているわけではないのにトイレに行きたくならない人は、健康面で何か問題はないのだろうか? 泌尿器科医に聞いた。

■排尿回数より、一日の排尿量が大切!

「まず、生命維持や健康の観点では、排尿の回数より、量が重要なんだということを覚えておいてください」

と語るのは、信州大学医学部泌尿器科学教室の皆川倫範先生。

「特に夜間の排尿回数が多い場合、睡眠不足などにより社会生活に大きな影響を及ぼし、生活の質は大きく損なわれます。その観点では、排尿の回数は重要な問題です。また、回数の低下が量の低下を示す場合があるので、回数が全く問題ではないというわけではありません。しかし、回数が多くても少なくても、即ち病気であるとは言い難いのです」(皆川先生)

脱水や腎機能障害など健康上の問題がないかの判断基準として、尿量は重要なのだとか。では、ここで本題だが、トイレに行く回数が減ってしまうのはなぜなのだろうか?

「健康な人の場合、次の2つが考えられます。実際に尿の産生が低下しているか、尿意の閾値が上がってしまったか。前者の場合、脱水を第一に考えましょう。まずは水分補給です。それでも尿が出なくて、ましてやむくみがでるようなことがあれば、脱水以外の要素を考えて医療機関に受診をする必要があります。後者の、閾値が下がっている、つまり、なにかに夢中になったり逃避したりして『オシッコどころじゃない』場合は問題ありません」(皆川先生)

子どもが夢中で遊んでいて、失禁にいたる場合はこれにあたるのだそうだ。

「そもそも適切なトイレの回数は、夜間と昼間と分けて考える必要があります。昼間に関しては、適切な回数は無いと言っても過言ではありません。上記のごとく、閾値が変わりうるからです。尿意に従って、好きなだけトイレに行ってください。夜の頻尿は睡眠の質という点から0回であるのに越したことはありませんが、加齢に伴い回数は増えます」(皆川先生)

繰り返しになるが、回数にはそこまでこだわらなくてよいそうだ。

■オシッコが溜まったままだと体に悪くないの?

しかし、長時間トイレに行かず、尿が膀胱に溜まりっぱなしになっているところを想像すると、何となく健康に悪い気もするが……。

「尿中の老廃物は、膀胱内で再吸収されることはありません。また、膀胱内の尿は、体内の液体のなかでは相当にキレイな部類です。糞便中には多量の細菌がいますし、血液にはウイルスが潜んでいるかもしれません。でも、普通の尿が半日程度溜まりっぱなしになったところで、膀胱内に老廃物が沈殿したり、有害な微生物が増殖したりするような健康被害に繋がることはまずありません」(皆川先生)

通常の排尿機能を備えていれば、すぐさま健康被害が出ることはないようだ。

「かといって、まったく排尿しないことを許容してよいかは別問題、程度問題です。一日1.5リットル程度の尿をつくれるように、こまめに水分摂取し、尿の産生を持続することが健康につながります」(皆川先生)

1.5リットルの水を一気に飲めばいいという意味ではないのでご注意あれ。

■トイレに行かない時間が長い=脱水・熱中症の可能性アリ

では、トイレの回数が極端に少ない人が病気であるという可能性はないのだろうか?

「特に我慢しているわけではない場合、懸念されるのは脱水と尿路結石です。脱水とは、熱中症と同義です。『尿に行かない時間が長い』のは、脱水のサインかもしれません。水分補給が必要です」(皆川先生)

先ほど、「膀胱内に老廃物が溜まっていても健康被害はない」とのことだったか、脱水によって腎臓での尿産生そのものができなくなった場合、体内の老廃物は血液中に溜まってしまう。放っておくと深刻な状態になるので注意しよう。

「尿路結石は、すぐに命の危険があるということはありませんし、脱水になったらすぐ発症するものでもありません。しかし、脱水になる時間をくりかえしたりする生活は、その発症リスクをあげます。ただ、食生活、メタボ、体質など、さまざまな影響を受けて尿路結石になりますので、脱水はあくまで原因のひとつですが」(皆川先生)

特に夏場、トイレの回数が極端に少ないと感じている人は要注意。脱水症状のサインを見逃さないように気をつけよう。





( 2018/06/09 17:26 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

漢方&アロマは夏バテ解消の2大アイテム  

イベントが盛りだくさんの夏も本番! でも連日の猛暑のせいで、夏を楽しむ前に心も体もへとへとになってしまいそう。

「猛暑日や熱帯夜が続いたり、室内外で温度差が開いたりと、日本の夏は体温調節するだけで体力を消耗してしまいます。夏バテは誰にでも起こり得ること。正しい知識をつけ、しっかり対策をとりましょう」

そう話すのは、夏バテの対処法に詳しい医師の福田千晶さん。福田さんによると、夏バテによる不調が続くときは、漢方の力を借りるのが効果的なのだそう。

「漢方薬は植物由来の生薬の組み合わせでできていますが、この生薬を日々の食事に意識して取り入れることで、夏バテに負けない体が作られます。夏バテに効くとされる代表的な漢方をご紹介しますが、購入するときは病院や漢方薬局などで相談の上、処方してもらいましょう」(同)

●夏バテに効く漢方

(1)清暑益気湯(セイショエッキトウ)
暑さの病因を清涼させる効能がある。暑気あたりや暑さによる食欲減退、下痢、全身のだるさ、夏痩せなどの代表的な薬。

(2)補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
胃腸の働きをよくし、元気を補う効能がある。消化機能の低下による食欲不振や疲労感、長引く夏風邪などに効果的。

(3)六君子湯(リックンシトウ)
弱った胃を元気にし、身体を温める効能がある。胃もたれ、むくみ、吐き気、胃弱による食欲不振や貧血性、クーラーによる手足の冷えなどの改善に効果的。

また、夏の暑さによる気分の落ち込みには天然アロマがおすすめ。

「嗅覚は脳の本能をつかさどる部分にダイレクトに働きかけるため、心に作用しやすく、気分の落ち込みにも有効です。

不眠には神経をしずめるラベンダーアロマが、やる気減退にはクールダウン効果もあるペパーミントアロマが、食欲不振には柑橘系アロマが効果的。冷えに悩む人は、ヒノキなど森林系の香りを試してみてください。

アロマオイルは、アロマポットを利用するほか、ミストにして枕に吹きかけたり、お湯に垂らして半身浴をしてもよいでしょう」(同)

アロマの香りを楽しみながら、夏こそしっかり入浴し、快適な眠りへ。短時間で身体を温め、発汗を促してくれる生姜湯やシナモンティーを入浴前に飲むとさらに◎。

漢方&アロマの力を借りて、この夏を元気に楽しもう!

福田千晶(ふくだ ちあき)
医学博士・健康アドバイザー。血めぐり研究会主任研究員。1988年に慶應義塾大学医学部を卒業。医師として東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学科勤務を経て、健康アドバイザーとして執筆、講演、テレビ・ラジオ番組へ出演するなど、幅広く活動している。2007年より、アルシェクリニック(大宮)にて外来診療も担当。著書に、『病気にならない体を温める習慣』(中経出版)や、『夏に負けない身体をつくる ホントはコワイ夏バテ51の対策』(日東書院)、『ホントはコワイ冷え性66の対策』(日東書院)などがある。





( 2018/06/04 19:11 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

めまい【女性が知っておきたいココロの病気】  

めまいとは?

めまいは、目が回るようなくらくらとした感覚の総称です。

“めまい”には良性の“めまい”と悪性の“めまい”があります。 “めまい”はほとんどの場合が良性といわれるもので、“めまい”自体が病気というよりも、いくつかの病気の症状(例えばパニック障害の症状)として現れます。

めまいの原因は?

女性の場合特に、過度なダイエットなどで貧血となり、一時的に“めまい”のような症状がみられることもありますが、これは起立性低血圧といって、“めまい”とは区別され、貧血が改善すると“めまい”が改善することがほとんどです。

しかし“めまい”には悪性の“めまい”もあり、その原因としては、脳腫瘍、脳血管障害、聴神経腫瘍などの場合もありますので、頻回に“めまい”を感じる場合は、注意が必要です。

めまいはどこで診察してもらえるの?

受診する場合はまずは耳鼻科や内科であることが多いようです。

“めまい”の原因によっては、心療内科などを紹介されることもあります。治療としては“めまい”の原因によりますので一概にはいえませんが、内服薬によるものが一般的です。この他、カウンセリング・心理療法などを行うこともあります。





( 2018/06/04 19:09 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

のどの渇きを感じたときには、体重の2%の水分が失われている―熱中症にならないためには?  

連日の猛暑のせいで、熱中症にかかるひとが急増している。7月4週だけでも全国で8千人以上が病院に運ばれ、消防庁でも注意を呼びかけている。

のどが渇いたら水分補給するから大丈夫!と思いがちだが、渇きを感じたときにはすでに遅く、減少したナトリウムが水分の吸収をジャマし、飲んでも尿として排出されてしまう。体重のわずか3%の水分を失うと汗の量が減り、体温が上がり続けてしまうから、のどが渇く前の水分補給が重要だ。

■吸収されない水分

一般的な成人は、1日2.5リットルほどの水分が必要で、およそ半分の1.2リットルを飲み物から、1リットルを食べ物から得ている。非常用の水は、ひとり1日2リットル必要と言われているのもこのためだ。

排出される水分も同じく2.5リットルで、そのうち1.6リットルは大小便として出てゆく。残り0.9リットルは吐く息に含まれる水蒸気や汗で、気づかないうちに失われているので不感蒸泄(ふかんじょうせつ)と呼ばれる。

おだやかに日常生活を送るだけでも、1リットル近くの水分が、知らぬ間に失われているのだ。

のどの渇きを感じる目安は、体重の2%の水分が失われたときで、60kgのひとならおよそ1.2リットルに相当する。この時点で水分補給しても、人間が吸収できる水は1時間に1リットル程度なので、もとの状態に戻るには1.2時間も要することになる。

また、汗と一緒に塩分が失われると、体内のナトリウム濃度を保つために利尿作用が働く。これ以上薄まらないようにと水分を排出してしまうのだから、いくら飲んでも補給できないのだ。

のどが渇いてから水分補給しても手遅れなのはこのためで、渇きを感じなくても、時間を決めて水分補給するのが良いだろう。

気温35℃で運動すると、1時間に2リットル近くも汗をかく。不感蒸泄と合計すると、1日の水分の84%をわずか1時間で失うことになるので、水分を補給しないまま炎天下で激しい運動をすれば、具合が悪くなっても当然なのだ。

■3人にひとりは中~重症!

さらに汗をかき続けるとどうなるのか? 体重に対する失う水分量(%)とおもな症状をあげると、

・3% … 汗が減りはじめる

・5% … 汗が止まる

・10% … 視力/聴力の低下

汗が出なくなるのは生命維持に必要な水分を確保するためだが、からだを冷やす仕組みを失い、体温が急上昇する。10%を超えるとからだの内部の温度も上がり、危険な状態となってしまう。

エアコンや扇風機で涼むのも効果的だが、のどの渇きと同様に「暑くなったら」ではなく、気温で判断するべきだ。とくに高齢者は暑さを感じにくく、子供は汗腺が未熟なため、気がついたら熱中症になっていたケースが多い。

消防庁の統計では、今年6月だけでも熱中症による緊急搬送は4,634件もあり、年齢層別にみると、

・乳幼児/少年 … 18.9%

・成人 … 33.5%

・高齢者(65歳以上) … 47.6%

程度別では、

・軽症(熱失神、けいれんなど) … 67.4%

・中等症(脱力感、おう吐など) … 29.3%

・重症(意識がない、言動がおかしいなど) … 2.1%

と、現場で処置できる軽症が多いものの、3人にひとりは病院への搬送や入院が必要な中等~重症と診断されているので、バテただけと考えないほうが身のためだ。成人でも、なにかに夢中になっていると、からだの異変に気づきにくいのでご注意を。

■まとめ

・のどの渇きを感じたときには、体重の2%の水分が失われている

・35℃の環境で運動すると、2リットルもの汗をかく

・1リットルの水を飲んでも、吸収されるのは1時間後

・汗で塩分が失われると、水を飲んでも尿として排出されやすくなる

汗を気にするあまり水分を控える女性が多いが、熱中症のリスクは格段と高まる。

定期的な水分補給で、まだまだ続く猛暑を乗り切っていただきたい。





( 2018/06/04 19:08 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

男のほうがバテやすい!? 「夏バテ男子」に食べさせたいもの4つ  

暑い日が続きますが、じつは私たち女性よりも男性のほうが体調を崩しやすかったりするのをご存じですか?

みなさんのカレも、無理をしすぎて早くも夏バテ気味になってしまっているかもしれません。まだ元気でも、暑さがますます本格化していく中で、どこかで息切れしてしまうことがないとはいえません。

そこで今回は、料理研究家である私、オガワチエコが“カレが夏バテしたときに食べさせたいもの”をご紹介したいと思います。

■1:豚肉

スタミナをつけようと、夏には男性陣は頻繁に「肉食いたい!」と言いますね。とくに男性が好きなのは、より肉々しい味わいの牛肉。

ですが、暑さでダウンしたみなさんのカレには、ぜひとも豚肉を食べさせてあげてください。

豚肉には、ビタミンB1が豊富です。ビタミンB1は疲労回復効果が高いので、豚肉は夏バテ対策にピッタリ。また、豚肉に多く含まれる鉄分には、貧血防止などの効果があるので、その点でもGood。

この時期には、さっぱり食べられる“冷しゃぶ”にして出してあげるのもオススメです。

■2:すっぱいもの

酸味の強い食べ物には、“すっぱい成分”のクエン酸が含まれています。

体内での乳酸の発生を抑えることで疲労を和らげる効果のあるクエン酸。すっぱさは頭もシャキっとさせてくれますし、夏は特に、口にも体にもおいしい食べ物ですね。

■3:パセリやアボカド

パセリ、ほうれん草、アボカド、納豆にはカリウムというミネラルが豊富。

夏になると、汗と一緒にカリウムが排出されて、体内で不足してしまうことがよくあります。カリウム不足が夏バテの原因だったりするんですね。

健康に不可欠な電解質であるカリウムをしっかりとカレに摂らせてあげてくださいね。

■4:トマト

暑さがストレスになって、それによって胃痛や胃の不快感に襲われる、という夏バテのパターンもあります。みなさんのカレも猛暑の中での仕事から、スタミナ切れになってしまうことも考えられますね。

そんなときにはトマトを食べさせてあげましょう。豊富に含まれるビタミンCが、胃のダメージを緩和してくれるはずですよ。

いかがでしたか?

夏バテ対策の基礎知識をしっかりおさえて、大切な人の体調管理をできるような女性になりたいものですね。そんなあなたに、きっと彼も結婚の二文字を意識しはじめるかもしれませんよ。






( 2018/06/04 19:05 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

冷房がきつい、食欲がない、眠れない! 夏バテを治す漢方は!? 

今年の夏は暑いですね! みなさん、夏バテや熱中症になっていませんか? 働く女子、I子とJ美は、それぞれ「夏バテ」と「熱中症」で困っている様子。休憩中の2人のやり取りを覗いてみましょう。

I子「ちょっとJ美、この間外まわり中に具合悪くなったんだって? 大丈夫?」
J美「そうなの。軽い熱中症になっちゃったみたいで……。これまで体力には自信があるほうだったのに、ショックだったよ」

I子「すぐに治ったの?」
J美「幸い、病院に行くほどではなくって、少しお店で休んだらだいぶ楽になったよ。でもこの暑さだと気をつけないとダメだね。I子は大丈夫?」

I子「私は外まわりが少ないから熱中症にはなっていないんだけど、最近夏バテっぽいんだよね……」
J美「なんだか夏バテっぽい子、多いよねー」

I子「オフィスは冷房が効き過ぎで、外に出たらすごく暑いでしょう? その差が激しいからついていけないよ」
J美「涼しくなるまでのがまんだね。あれっ、メールだ。カン子先輩から……!」

I子「あっ、私にも。『がまんすることなくってよ!』って書いてある(汗)」
J美「ど、どういうこと? 『夏の症状にも、漢方の処方が効果的』?」

2人「カン子先輩、いったいどこで聞いているんだろう……」

I子「まあ、とりあえず行ってみようか」
J美「そうだね。よくなるなら儲けものだよ」

カン子先輩から送られてきた謎のメールをきっかけに、病院へ向かった2人。

診察していただくのは、いつもの草鹿砥千絵(くさかどちえ)先生です。

I子「(汗を拭きながら)こんにちは。よろしくお願いします。普段は健康に問題がないほうなんですけど、今年の夏はちょっとキツくて……」
草鹿砥先生「とても暑いですもんね。夏バテでの来院も増えていますよ」

I子「そうなんですか。夏バテに漢方が効くなんて、ちょっと意外です」
草鹿砥先生「具体的には、どんな症状が気になりますか?」

I子「暑くて食欲が出ないです。暑い場所と寒い場所の温度がちがいすぎるので、移動がきついなあと感じています。夜もあんまり眠れなくて」
草鹿砥先生「睡眠不足が続いているんですね。お仕事があるのに、それはツラいですね。体重の変化はありますか?」

I子「そういえば、ちょっとやせたと思います。夏やせだと思ってあんまり気にしていなかったんですが」

草鹿砥先生「お腹の調子はどう?」

I子「……そういえば最近下痢気味かも」
草鹿砥先生「なるほどなるほど」

I子さんの体質や体の悩みをまとめると……

・冷たい飲み物や口あたりのいい食べものを摂取しがち
・暑い屋外と冷房の効いた屋内を行き来している
・睡眠不足
・食欲不振
・だるい
・下痢傾向
・体力低下
・体重減少
・発汗過多
・疲れが取れない

I子さんの初診問診票はこんな感じです。あなたの傾向とは似ている? 似ていない?





( 2018/06/04 19:03 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏に怖いのは熱中症だけじゃない! 体を冷やしてしまわないための対策法は?  

ここ数年、夏になると熱中症の危険がニュースなどで報じられることが増えています。でも、夏に怖いのは熱中症だけではありません。

女性の多くが悩んでいるのが、「夏の冷え」。エアコンがガンガンに効いた室内で、ひざ掛けやカーディガンを常用している人は少なくありません。また、室内と室外の温度差によって、体調不良が起こることも。

冷えは万病の元といいますが、体の冷えは免疫力の低下を引き起こすこともあります。ときには、むくみや激しい頭痛・腹痛・腰痛を引き起こすことも。毎年、夏になるとクーラーによる冷えで来院する人もいるそうです。

下記のような症状に、あなたは当てはまっていませんか?

Aタイプ
腰と太ももなど、特に下半身が冷える。
下半身が冷えるのに比べ、上半身はのぼせるような感覚がある。
夕方になると足のむくみが気になる。
もともと冷え症気味だが、クーラーをつける時期になると悪化傾向。

Bタイプ
特に手足の末端が冷える。
小さい頃はよくしもやけになっていた。
頭痛、腹痛、腰痛などがあり、冷えると特に痛く感じる。
もともと冷え症体質だが、クーラーをつける時期になると悪化傾向。

漢方薬では、AタイプとBタイプ、それぞれのタイプの「冷え」に処方する漢方薬があります。

「Aタイプの人は、漢方薬の考え方では体内で気・血・水のどれもが巡りが悪くなっている状態です。下

半身が冷えるのに上半身がのぼせるのは、気の流れが逆流しているからと考えられます。こういったときに処方することが多いのは、五積散(ごしゃくさん)という漢方薬です」(霞が関ビル診療所 丸山綾先生)

五積散は、「冷房病(クーラー病)」に処方されることが最も多い漢方薬なのだそうです。それでは、Bタイプは?

「Bタイプの人の症状で特徴的なのは、しもやけをした経験があることと、冷えに伴う痛みがあることです。

このタイプの場合は、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしゅうきょうとう)という漢方薬を処方することが多いです。これは、『疝気(せんき)』といって、冷えによる慢性の痛みに対して使う漢方薬です」

同じ冷えでも、体質や冷えによる症状によって、対処法は違うのですね。とはいえ、どちらのタイプであっても、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしたり、ひざ掛けで温かくしたり、といった日常でできる対策は必要。「寒い」と感じたら放っておかず、きちんと対策を取るようにしましょう。

ほかにも、精神的なストレスが原因となったり、「冷え症」と言ってもタイプはさまざま。冷えに悩む人は、一度漢方薬を処方してくれるクリニックを受診してみては?





( 2018/06/04 19:01 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

アレの飲み過ぎが原因に!? 夏に多い「かくれ脱水」にご用心! 

夏は、熱中症にならないためにも水分補給が大切な季節なのですが、どのような飲み物で水分補給していますか?

 飲み物の種類によっては、『かくれ脱水』を引き起こす可能性が! “キレイのため”の飲み物が、もしかすると『かくれ脱水』の原因になっているかも知れませんよ。

■『かくれ脱水』ってナニ?

水分だけでなく、身体に必要なナトリウムなどの電解質も同時に不足した状態を「脱水症」と呼びます。脱水症になると、発汗がストップしてしまうためカラダに熱がこもって熱中症などの深刻な状態になるのですが、その一歩手前の状態が『かくれ脱水』。身体に必要な水分が足りなく、血液の量が減り、夏バテとも似た症状を引き起こします。

■「かくれ脱水」の悪影響3つ

(1)血流量ダウンで肌荒れに

身体に必要な水分が足りていないため、血液の量が減り内臓への血流量もダウンしてしまいます。内臓は本来の働きを行うことができず、栄養の吸収、老廃物の排出が滞ってしまいます。

そのため、お肌に必要な酸素と栄養が行き渡らず、肌荒れしてしまったり、水分不足から引き起こされる便秘によってニキビの原因にも。

(2)水分不足でむくみやすいカラダに

身体に必要な水分が足りていないと、老廃物を含んだ水分までも身体に溜めようとする作用が働き、本来リンパ管や静脈から排出されるべき細胞間の水分までも溜めこみ、むくみとなってしまいます。

(3)イライラの原因にも

脳の血流量が減ってしまうと、集中力がダウンしイライラの原因に。このほか、胃腸の血流量が減れば、胃もたれや食欲不振といった夏バテに似た症状を引き起こします。

内臓の血流量が減って働きが悪くなっているところに、食欲不振が重なると、身体に必要な水分だけでなく栄養素も摂る事ができず、ますます疲れやすい元気のない状態になるという悪循環に陥ってしまいます。

■まさかの「お茶」が原因のことも!

『かくれ脱水』にならないようにするためには、こまめな水分補給が大切なのですが、ここで注意したいのが“お茶”による水分補給。むくみ予防のため、と利尿作用の高いお茶を常飲していると身体に必要な水分まで失ってしまう可能性が!

夏場の水分補給には、「水」もしくは電解質の多い「ココナッツウォーター」がオススメです。

『かくれ脱水』の症状は、夏バテとも似ているため、気が付かないことも。夏になると肌がカサつく、便秘になる、などの症状がある方は、『かくれ脱水』になっていないか、チェックしてみて!





( 2018/05/31 20:44 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本人には目からウロコ!アジア各国に学ぶ「夏バテ予防」メニュー  

日本で夏バテを予防する食べ物と言えば、有名なのがウナギ。そんな”夏バテにはコレ!”という食事は、国によって異なり、さまざまなのです。

日本にも負けないくらい暑くなるアジア各国の、そんな夏バテ予防メニューをここでご紹介します。

ウナギが苦手な方や、ウナギ以外の食事で元気をつけたい方にも、おすすめのメニューがたくさんありますよ。

■1:韓国はサムゲタンで夏バテ予防

韓国でスタミナをつけるときに食べられる食事が、サムゲタン。鶏をまるまる1羽使って、内臓部分に高麗人参やナツメ、にんにくなどを餅米と一緒に詰めて煮込む料理で、栄養価が高いことで有名です。

韓国にも”土用の丑の日”と同じように、このサムゲタンを食べる日が7月と8月にあり、サムゲタンを食べて暑い夏を乗り切ろうという食文化があります。

サムゲタンは寒い冬に身体を温めるために食べる、というイメージを持っていた方がいるかもしれませんが、本場韓国ではサムゲタンは夏のメニューなのです。

■2:中国では仙草で夏バテ予防

台湾や香港、そして中国で夏バテ予防にメジャーなのが仙草(せんそう)。お茶にして飲んだり、ゼリーとして食べたりするのが有名で、デトックス効果もあると言われています。

■3:東南アジアではマンゴスチンで夏バテ予防

タイ、マレーシア、シンガポールといった東南アジアではマンゴスチンを暑い季節に食す人が多くなります。マンゴスチンはタンパク質のほか繊維質、カルシウム、鉄分、ビタミン類などが豊富。世界3大果実のひとつで、“果物の女王”とも言われているほどなのです。

日本ではマンゴスチンは手に入りにくいですが、そんなときにおすすめなのが、同じく世界3大果実のひとつであるマンゴー。ビタミンA、C、E、葉酸、食物繊維も豊富で、女性にとっては欠かせないフルーツです。

食欲がないときに、ウナギなど同じものばかりをワンパターンで食べていた方は、これらを試してみてはいかがですか?





( 2018/05/31 20:42 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

「夏バテにウナギ」は間違い。疲労対策医学博士に聞く、正しい回復法・NG回復法  

ああ、暑くてもうぐったり、ウナギでも食べて元気を出さなくちゃ……と思う人は多いはず。「ちょっと待ってください。夏バテ対策にとウナギを食べても疲労回復にはなりません」と、国家プロジェクトとして疲労対策について最新の研究を続ける、大阪市立大学大学院疲労医学講座の梶本修身(おさみ)教授は、ずばり指摘します。

そこで、これまで常識のごとく伝えられてきた「夏バテ対策の真偽」についてお尋ねしました。

■「栄養ドリンク」、「牛乳」、「熱い風呂」も間違い

Q1 「夏バテ対策に、ウナギやハモ、焼き肉を食べる」のは良い方法ですか。

梶本教授 ×です。夏に疲れたら、それらのいわゆるスタミナ食を食べようとよく言います。でも、スタミナ食で疲労回復効果が認められたという研究結果はありません。

どうしてウナギがスタミナ食だと言われてきたかと言うと、戦後すぐごろまでの食料が不足していた時代の名残だと考えられます。当時はエネルギー不足による疲労が深刻でした。ビタミンAやB1が豊富に含まれるウナギは、栄養不足、脚気などの予防に良いとされていたのです。

また、ウナギは脂質が多くて高エネルギーですから、その時代には疲労回復につながり、重宝されたのでしょう。

しかしながら、食に困らずカロリー過多が問題視される今の時代は、スタミナ食をとることでむしろ胃の負担が大きくなり、余計に疲れてしまいます。アルコール摂取量も増え、さらにカロリー過多、疲労が蓄積します。

Q2 「疲れたら、市販の栄養ドリンクを飲む」と、回復しますか。

梶本教授 ×です。栄養ドリンクを飲むと、「頭がしゃきっとした。目がさえて元気が出た」という感想をよく耳にしますが、それは錯覚です。ドリンクに含まれるカフェインによる覚醒作用、微量のアルコールによる気分高揚作用に過ぎません。

また、「タウリン〇ミリグラム配合!」などと宣伝する製品が多いですが、現在のところ、タウリンに疲労回復効果があるという科学的実証はなされていません。

スポーツ選手が試合直前に飲む、徹夜で仕事するときなどに利用することはできるでしょうが、あくまで一時的な作用です。本質的な疲労対策にはならず、疲れをごまかしている分、ゆっくり休まないと余計に疲れが蓄積することになります。

Q3 「疲れてイライラしたら、牛乳を飲むと良い」のは本当ですか。

梶本教授 ×です。イライラするのは、自律神経のバランスの乱れによる疲労のサインです。「そんなときはカルシウムをとった方がいいから牛乳を飲んで」と言われますが、カルシウムが不足してイライラするという実証はありません。

脳でカルシウムが不足すると、骨からカルシウムが補給されて必要量を維持します。それが不足して脳や神経に影響が出るというのは、全身がかなり危機的な状況にある場合です。

また、「寝る前にホットミルクを飲むといい」ともよく言いますが、カルシウムを補うからではなく、胃が温められることでリラックスに働く副交感神経が優位になるからでしょう。

Q4 「精神的疲労のときは熱い風呂に浸かる」と回復しますか。

梶本教授 ×です。温泉で熱めの湯にざぶんと浸かり、「ああ、いい湯だなあ」と思う人は多いでしょう。

しかしながら、「熱い風呂からあがった体には、入浴前に比べ、血液中の疲労因子の割合が高まる」という実証データがあります。

熱めの湯に入ると、脳で快感物質が分泌されるので、疲労感が吹っ飛んだと勘違いします。実のところは、余計に疲れているのです。

人間の体は、上半身を温めると交感神経が、下半身を温めると副交感神経が優位になります。また、血流が促されると疲労は回復に向かいます。ですから、38度~40度ぐらいのお湯に10~15分ほどの半身浴をして血行を良くするようにしましょう。

ここで梶本教授は、お勧めの疲労対策法をこう説明します。
「まずは、睡眠を十分にとること。次に、イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)という成分を含む食品を毎日とることです。イミダペプチドとは、医学的に疲労対策効果が証明されている成分で、鶏の胸肉やマグロ、カツオの尾ひれに豊富に含まれています。

これらを100グラム食べるとイミダペプチドを200ミリグラムとることになります。これを毎日、2週間継続して摂取してください。食事でとれない場合はサプリメントもあります」

これまで夏バテ対策だと思い込んでいた方法はことごとく錯覚であり、間違いだったと証明されているとのことです。適切な方法を選び、しっかりと疲れを克服したいものです。

(海野愛子/ユンブル)
取材協力・監修 梶本修身氏。大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授。医師。医学博士。国家プロジェクトとして疲労対策の研究を続ける。著書に『最新医学でスッキリ! 「体の疲れ」が消える本』、『間違いだらけの疲労の常識 だからあなたは疲れている』(永岡書店)。

『ためしてガッテン』(NHK)、『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ)ほかメディアに多数出演、分かりやすい解説で知られる。





( 2018/05/31 20:41 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

猛暑で体のアチコチが脱水…胃腸の「熱中症」にも要注意 

梅雨が明けてから連日、猛暑が続いている。熱中症対策が盛んにアナウンスされているが、「胃腸」にも注意が必要だ。
 大量の汗をかく夏は、脱水傾向が強くなる。熱中症の原因にもなるが、胃腸にもダメージを与える。

 実際、暑くなってくると「虚血性腸炎」の患者が増えるという。

 脱水状態になると、血液の量が減って血の巡りが悪くなり、胃腸への血流も減る。腹部を流れている上腸間膜動脈と下腸間膜動脈が分岐している箇所はもともと血の巡りが悪く、脱水によってさらに血流が悪化すると、そこに位置する下行結腸からS状結腸にかけての部位に炎症を起こしたり、潰瘍ができてしまう。これが、虚血性腸炎だ。

 日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)はこう解説する。

「脱水状態になりやすい夜間に発症するケースが多く、下行結腸やS状結腸がある左側腹部に激痛が走り、血便や下痢を起こします。昔は動脈硬化が進んでいる高齢者に多かった病気ですが、最近は40代以下の若い人にも増えています。先日も夜中に虚血性腸炎を発症した患者さんが運ばれてきました」

■睡眠中に200ミリリットル発汗

 夏の夜は、想像以上に汗をかいて知らないうちに脱水状態になっている人が多い。
 睡眠中の発汗量は200ミリリットルを超えることもある。寝る前にしっかり水分を補給して、予防したい。

 夏になると増える胃腸障害は他にもある。代表的なものは、胃酸が薄まることによって起こる「消化不良」と、自律神経の働きが狂って起こる「食欲不振」だ。

 暑いからといって冷たい飲み物をがぶ飲みしていると、胃酸がどんどん薄まって消化吸収がしづらくなり、胃への負担が増大する。

 冷房で体を冷やしすぎたり、冷えた室内と暑い室外との出入りを繰り返していると、自律神経の働きが狂ってしまう。自律神経は胃の動きにも関わっていて、胃の蠕動運動も低下する。消化に時間がかかって胃もたれや胸やけを起こしやすくなり、食欲も低下してしまう。

「こうした夏場の胃腸障害には、漢方薬の『六君子湯』が効果的です。胃から産生される『グレリン』というホルモンの分泌を促します。グレリンは自律神経の中枢である視床下部に働き、食欲を増進させる効果があるのです。

大根おろしもオススメです。夏大根の辛味はスパイスの働きをして食欲を増進します。胃の血流量を増やして胃腸を刺激することで、胃の蠕動運動も活性化します。また、大根はジアスターゼというでんぷん分解酵素や、プロテアーゼというタンパク分解酵素などを豊富に含んでおり、疲れた胃の消化も助けてくれます」

 大根に含まれる酵素は熱に弱いため、生で食べるのが重要。細かくすりおろして食べると、酵素の働きがアップするという。

 他にも、夏場は食中毒などの感染症が増える。食べ物はなるべく加熱調理し、調理後は5~6時間以内に食べる。手洗いや食器類の殺菌消毒も普段以上に徹底したい





( 2018/05/31 20:36 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)

飲めばいいってもんじゃ…熱中症対策「正しい水の取り方」  

熱中症対策には十分な水分摂取が必要だ。しかし、持病によっては、特に水の取り方に気をつけなくてはならない。どういう人がそうなのか? 横浜創英大学の則岡孝子名誉教授に聞いた。

 まず、糖尿病だ。

「糖尿病の人はもともと喉が渇きやすいので、水分摂取は日頃から多めですが、間違った取り方をしている人が少なくありません」

 それが、スポーツドリンク、炭酸水、ジュースなどの取り過ぎだ。

「思っている以上に糖質が多い。水分摂取は水が基本です」

 糖尿病の人にとっては、水分摂取は食べ過ぎを抑え、血糖値上昇を防ぐという意味も持っている。そのためには、冷た過ぎない水を飲む。
 また、特に意識して飲みたいのが、夜寝る前と朝起きた時。コップ1杯の水を飲む。

「たいていの人は夕食のカロリーが最も高い。つまり、血糖値が一日の中で最も高く、血液がドロドロになっている可能性があります。それをサラサラにするのが、寝る前の水なのです。そして、朝の水は、寝ている間に失われた水分を補給するのが目的です」

 一日の水分摂取量も目安は2リットルだ。

■血液ドロドロ、尿酸値アップ

 高血圧も水分摂取に要注意。

「高血圧は水分摂取量が少ないと、血液の流れが悪くなって血液のドロドロ化が進みます。逆に水分摂取量が多いと、水分は血液中に含まれるので血液量も多くなり、血圧が上昇し、心臓に負担をかけます」

 一般的に摂取量の目安は2リットルでいいが、こまめに何度かに分けて飲む。外出前・中・後にそれぞれ1杯……といったようにだ。夏の外出は、運動をしたかと思うほどの発汗量がある。血液ドロドロは心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めるので、気をつけたい。

 痛風・高尿酸血症が持病の人は、今の時季、発作を起こしやすくなるので要注意。

「発汗で体内の水分量が減るので、尿酸値が上がりやすくなります。さらに、排泄する尿量が減少するので、尿酸の排出量も少なくなり、体内の尿酸値は一気に上がって痛風を起こしやすい」

 風呂上がりに、プリン体の多いビールをグビグビッ…。ビール好きにはたまらないが、痛風・高尿酸血症の人は避けるべきだ。
 糖尿病、高血圧、痛風・高尿酸血症はどれも、病状が進行すると、腎臓も悪くなる。

「慢性腎不全など腎臓病の人が過剰に水分を摂取すると、それを処理するために腎臓に負担がかかり、体内の老廃物を処理しきれなくなり、低ナトリウム血症や意識障害を起こすことがあります」

 腎機能低下がすでに見られている人は、必要な水分量について主治医の指示を仰ぐべきだが、自分でできることとしたら、毎日の体重測定だ。

「急激な体重変化は水分によるものと考えられます。減少していれば意識的に水分を摂取し、増加している場合は塩分を控えてください。塩分摂取過多は水分貯留を招きます」

 夏を無事に乗り切ろう。





( 2018/05/31 20:34 ) Category ■熱中症・脱水症・夏秋バテ・めまい・汗疹 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR