あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
カテゴリー  [■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 ]

年間1700人が死亡…気管支喘息のさまざまな治療法  

呼吸困難などの発作を繰り返す喘息(ぜんそく)。65歳以上の高齢者を中心に年間約1700人超が命を落とす病気だ。治療の中心は吸入による薬物療法だが、近年、配合剤を中心に薬物治療は進化。より操作が簡便で高い治療効果を併せ持つ薬が相次いで登場している。

 埼玉県に住む橋本宏さん(仮名・68歳)は40歳を過ぎたころ、夜中から朝方にかけて、息苦しさを感じて目が覚めることが多くなった。息をするたびに、胸や気管支の近くで、ヒューヒュー、ゼーゼーと音がして、しばしば痰が絡むことも。しかし、日中は苦しさがうそのように治まり、普段どおりの生活が送れた。

「風邪をこじらせたかな」

 その程度に考えて、やり過ごしていた橋本さんだったが、せきでぐっすり眠れない日が続き、発作がひどくなると苦しくてあお向けに寝ていられなくなった。

 すっかり睡眠不足に陥った橋本さんは、近所の内科医院を受診。専門的な検査を受けるため、昭和大学病院の呼吸器・アレルギー内科を紹介され、足立満医師(所属は当時、現在は山王病院アレルギー内科)の診察を受けた。胸部X線や肺機能検査、呼気の一酸化窒素の濃度を検査し、中等症持続型の気管支喘息と診断された。

 喘息は気管支などの気道(空気の通り道)が炎症によって狭くなる病気。明け方や夜中に強い症状が出ることが多く、激しいせきや呼吸困難を伴うこともあり、重症化すると発作で窒息死に至ることもある。

 治療は気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬(ICS)を中心に薬物療法が推奨されている。症状により、狭くなった気道を広げる長時間作用性β2刺激薬(LABA)や発作治療薬の短時間作用性β2刺激薬(SABA)を加える。

 発作時に使う薬と長期管理時に使う薬がある。吸入薬は患者自身が口から吸い込むことで、薬効成分を気管支や肺に作用させるタイプの薬で、内服薬より少量で早い効き目があるとされる。2007年にはICSとLABAをひとつの薬として配合した「吸入配合剤」が主に長期管理時に使う薬として登場し、医療現場に浸透している。二つの薬の成分が一緒に作用し、気道の炎症と狭窄を同時に改善するだけでなく、1剤で吸入が済むので、吸入操作の手間が省けるなど利便性に優れているためだ。

 喘息の吸入配合剤は、これまで「アドエア」(剤型はドライパウダーとエアゾールの2種類)、「シムビコート」があり、13年11月に「フルティフォーム」、同年12月に「レルベア」が発売され、計5種類になった。

 橋本さんは、これまで吸入ステロイド薬をはじめさまざまな薬による治療を受けたが、11年10月、吸入配合剤で実績のある「アドエア250μg」に変更した。その後、足立医師による治療を続けるため、12年8月から山王病院に通院を始めた。

 治療開始後、症状は治まり、日常生活が送れるようになるまで改善した。しかし、アドエアの服薬から約2年経過したころ、のどに違和感を覚え、「声がれ」の症状が現れた。声がれはICSによる副作用のひとつで、ドライパウダー製剤でよくみられる症状だ。

 橋本さんは声が出にくくなるなどの不快な症状が続き、吸入回数を自己判断で減らすようになった。その結果、発作の回数が増え、発作を抑える薬の使用頻度も高くなり、肺機能の悪化がみられるようになった。

 足立医師は橋本さんからの相談を受けて、14年1月、声がれを起こしにくい「フルティフォーム125μg」(2吸入1日2回)に処方を変えることにした。

 この薬は効き目が早く表れ、効果が長時間持続する吸入配合剤で、最大の特長は加圧式エアゾール製剤であること。スプレーのように噴射して吸入することができる。

「この薬はドライパウダー製剤で症状が改善しない人や使いづらい人、声がれや味覚の変化、口腔内の違和感などの副作用で薬の服薬が継続できない人に勧められます」(足立医師)

 治療開始から約1カ月後には、喘息の状態を把握する指標であるピークフロー値が以前の350L/分から450L/分(基準値は470L/分)まで上昇し、症状が改善。悩んでいた声がれもなくなった。現在は治療を続けながら、日常生活に支障なく暮らしている。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/10 12:23 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

血液検査でさまざまな病気がわかる!医療の最新情報!  

痛くない検査で病気がわかる時代に!

日進月歩で血液検査の有用性は増しており、これはまさに研究者たちの努力のたまものです。普通病気の検査には苦痛を伴うものとそうでないものがありますが、血液検査は、一瞬の痛みに我慢すればよいので、侵襲性の比較的少ない検査になります。血管が細い方やもろい方は苦痛かもしれませんが……。

血液だけでいろんなことが調べれるなんて、医療をする側も受ける側もお互いにありがたいことですね。
では、現在の血液検査ではどんな病気がわかるのでしょうか。

1. 結核
T-SPOT、クォンティフェロンなどと呼ばれるものがそうで、結核の診断の参考に採血検査が用いられます。

2. 胃がん
ヘリコバクターピロリ菌が関与してできる胃がんの発生母地となる萎縮性胃炎の程度や有無を血中のペプシノーゲンというものを調べることで推測することができます。検診などでもオプションで行われることが増えてきています。これが陽性なら一定期間ごとに胃カメラをされることとピロリ菌の除菌が勧められます。

3. アトピー性皮膚炎の重症度判定
アトピー性皮膚炎の重症度判定にTARCというものが用いられるようになってきています。悪化するほど数値が高くなり、スキンケアやお薬が有効に働いているとTARC値も下がってくるため数値で状態を把握することができ便利です。

4. 卵巣年齢を測定
卵巣年齢を測定するものとしてAMH(アンチミューラリアンホルモン)というものがあります。もともと女性は生まれたときの卵巣に卵子のもとをたくさん持った状態で生まれ、成長とともにその数は減る一方です。特に30代後半から40代にかけて急激にその卵子のもとが減少しますが、卵巣に成長途中の卵子がどれだけあるかをはかるものがAMHです。実際の年齢だけでなく女性不妊のかたはこのAMHを一度測定していただくのもよいと思います。

早期発見のために定期検査を!
最近は血液や尿で調べられる腫瘍マーカーの種類も増えてきています。それぞれ長所、短所があるので組み合わせたり、他の検査と合わせて判断の材料となります。病気を見つけるにはやはり検査が一番です。そういった意味でも血液検査の可能性に今後も期待ですね。




◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/10 12:06 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

脂肪代謝の改善には夕食を早めに  


健診は365日のうちのたった1日のこと

 健康診断で要精密になる確率が高いのが脂肪代謝の項目です。平成20年度からの特定健診・特定保健指導での健診項目では脂肪代謝関係では中性脂肪、HDLコレステロール(善玉コレステロール)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が必須項目になっています。

長年健康診断の検査では有名だった総コレステロールは廃止されました。労働安全衛生法関係の健診項目も特定健診・保健指導に準じた内容です。

 脂肪代謝関係の検査項目のうち中性脂肪(トリグリセライド)は食事の影響を受けやすいため、食後何時間目に採血したかで結果が大きく左右されます。

安定したデータを得るには食後12~14時間経過してから採血することが望ましいとされています。前日の20時~21時には夕食を終えてもらい、その後は水分のみの摂取はかまいませんがそれ以外のものを口にすることは我慢してもらいます。

 ただし、水分だけならOKとすると、一般の方は医療職からみて想定外の解釈をすることがあります。

21時以降は食事は摂らずにビール、焼酎、ワインだけを明け方まで飲んでいたり、朝は砂糖たっぷりの缶コーヒーを飲んだり、ガムなら食事ではないと考えたり、駅の売店でビタミンドリンクを飲んだりなどしてから健診会場に来る人が時々います。

 こんなことをすると中性脂肪は確実に高値になり、再・精密検査の対象者にされてしまいます。健診は365日のうちのたった1日のことなので、採血のための条件は是非守ってほしいと思います。
.
夕食を19時までに終えるだけで効果

 さて、規定通りの条件で採血しても基準値を外れていた場合はどう解釈するべきでしょう。一般に中性脂肪の高値は飲みすぎ、食べすぎ、運動不足です。HDL低値とLDL高値は運動不足と解されます。

 雑誌記者のS子さんは38歳の独身。ポッチャリ型の体型に笑顔が似合うベテランです。大学を出て就職した頃より17kgも増えていましたが、本人は衣替えの季節になると去年の服が入らないと嘆くだけで、あまり気にしていませんでした。

しかし、今年の勤務先の健診で中性脂肪とLDL高値、心電図になんと虚血性心疾患の所見が出現、健康管理センターから呼び出されました。

 産業医はジャーナリストの多忙さをよく理解している人で、教科書的な運動・食事の注意をしても実行してもらえないことは判っていましたので、彼女のための特別の指導箋を用意しました。

それは食事量もアルコール量も一切減らす必要はない、ただし毎日の夕食は19時までに終了すること、というものでした。

 S子さんも40歳前に心筋梗塞で死ぬのはいやだと考え産業医の助言を実行してみることにしました。そして4カ月後、体重は4kg減って中性脂肪、LDLは基準値内になり、心電図も正常化していました。

実質、アルコールを減らすこと

 この産業医の指導箋は実に巧妙で、普通ならアルコールを減らしなさいと言ったのと同じことだったのです。一流女子大卒のS子さんがそれに気づいたのはかなり後のことでした。

 19時前に夕食を終えるには、昼間の仕事を上手にこなす必要もありますが、遅い時間に仲間と大ジョッキで乾杯する生活はできなくなります。せいぜい18時頃に自宅か行きつけのレストランでグラスワイン程度にせざるを得なくなっていたのです。

 実はビールは100gで39kcalとさほど大きいカロリーではありません。500mlの中ジョッキで200kcal弱ですからご飯1杯少々です。しかし、アルコールは食欲増進剤。ビールと一緒に食べるオカズが1日に必要とするカロリーを大きく上回ってしまうことになるのです。

 S子さんはこんな上手い指導をする先生が会社にいてくれて本当によかったと、社内報に書いていました。 再・精密検査はどんなタイミングで行うべきかについては、健診の何カ月後とか何週間後といった機械的な単純なルール化は適切ではなく、個人々々の他の要素を勘案して決められるべきでしょう。

すなわち体重(肥満度)、糖代謝、血圧、心電図やそれぞれの時系列変化、その人の生活習慣、遺伝的背景などを綜合して検査時期を決定します。よほど差し迫った緊急度の高い条件がない限りは、S子さんの例のように何か身体にいいことを実行してみてその成果をみるために検査するのが、費用と時間の無駄を省くことができて効率的です。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/10 12:03 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康診断を疑え! 個人差がある血圧、乱暴すぎるメタボ数値、X線によるガン発生リスク…(1)  

今年も健康診断の季節がやってきたが、再検査だった、C評価だったなど、検診を受けた人の落胆の声が聞こえてくる。しかし最近、専門医の間などでは「結果を鵜呑みにしてはならない」といった健診の数値を疑う声が聞こえてくる。

 山梨医科大学名誉教授の田村康二氏は、「厚労省の研究班でも、“集団検診はほとんど意味がない”という結論を出しています。医療費削減の観点からも、いずれなくなるのではないでしょうか」とした上で、こう続ける。

 「近ごろ健診で行われなくなったのが肺のレントゲン検査です。肺がんの早期発見を目的として行われるようになったレントゲン検査ですが、X線を照射することによって、返って肺ガン患者を増やしてしまうからです。

また、乳がんの早期発見のために乳房をX線撮影するマンモグラフィーも、早期発見にはつながらず意味がないことがわかってきており、スイスのように廃止を勧告するところもあるほどなのです」

 また、健診の中で最も問題視されているのが血圧だ。

 特定健診を行っている医療機関の基準では、健康な人の血圧は130-85。しかし、1987年当時、高血圧は180-100以上だった基準が、2004年は140-90以上に、そして130-85以上の現在に至っている。

そのため、'87年当時は30万人しかいなかった高血圧患者が、今や5500万人もいるといういいかげんさなのだ。

 『高血圧はほっとくのが一番』(講談社+α新書)の著者で血圧治療の第一人者、関東医療クリニック院長の松本光正氏が言う。
 
「たとえば、基準値を160から140にするということは、150で正常だった人が突然異常になるということです。

基準値が10下がると新たに1000万人の患者が生まれる。2011年の国民健康・栄養調査では、成人の27.5%、つまり4人に1人が降圧剤を飲んでいることがわかった。降圧剤の売り上げは、製薬会社にとってまさに打ち出の小槌というわけです」

 前出の田村氏もこう言う。

 「高血圧学会は正義の敵です。製薬メーカーとグルになり、自分たちの飯のタネを作っている。人間の血管は老化すると自然に硬くなる。血圧が高くなるのは当たり前のことなのです。それを、若い人と同じ130以下というのは考えられません」

 脳梗塞は高血圧が原因とされるが、そうではないと前出の松本氏は続ける。

 「むしろ血圧が低い時に起こる疾患が脳梗塞です。脳の血管が詰まりかけた時、人間の体は血流をよくし血の塊を吹き飛ばそうとする。血圧を上げて脳を守ろうとしているわけです。

つまり、高血圧だから脳梗塞になったわけではなく、脳梗塞になったので治そうとしている。原因と結果を取り違えているのです」

 多くの人が降圧剤を飲む風潮が残っている要因はもう一つある。

 1950年代までは、脳卒中のうち脳血管が破れる脳溢血が90%を占めた。ところが、時代が移り'90年代に入ると、脳溢血は減り、代わって脳梗塞が80~90%を占めるようになったのだ。

 「戦前は栄養状態が悪く、血管ももろかった。そのため、血圧が高いと脳溢血になる人が多かったのです。しかし、国民の栄養状態がよくなり、今は脳梗塞が主流となっているのです」(松本氏) このような時代、しかも脳梗塞への降圧剤の使用が意味がない事となれば、服用している人が多いことは時代錯誤としかいいようがない。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/10 12:02 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【AI×人間ドック】で将来の病気を予測! その精度は何と90%!! 

日頃から寄稿頂いているドクターから「人間ドックにAIを導入しました」との連絡が。 【AI×人間ドック】とはどういうものか、早速クリニックに伺うことにした。ドクターからは「出来れば、ご自分の人間ドックの結果をお持ちください。将来の病気の予測が出来ます」との言葉が…!

2つのデータ入力すると、10数秒でAIが解析!

JR常磐線 金町駅近くにある「かなまち慈優クリニック」。ビルの2階にあるごく普通の“街のクリニック”だが、胃カメラや腹部エコーでの検査が可能で、ここで人間ドックも行っている。院長である、高山哲朗ドクター(医学博士)は、消化器内科が専門(だから胃カメラ等はお手のモノ)。またかねてより、『予測医学』にも取り組んできた。

――人間ドックにAIを導入したとのことですが、これまでの人間ドックとどう違うのでしょうか?
高山哲朗ドクター:

「今年になってから、いくつかの医療機関で導入され始めた新しいシステムです」
「血液検査やレントゲン、内視鏡検査などの検査はこれまで通りに行います」

――検査自体は、これまでと同様な訳ですね。

「さらに25項目にわたる【生活習慣設問シート】にも記入して頂きます」
「すべての検査結果のデータと、【生活習慣設問シート】の回答を、この画面に入力します」
.
驚くべき精度で将来を予測

画面には「検査値 60/100 生活習慣 34/100」の文字が。 「正常な検査基準値の達成率と、正しい生活習慣の達成率です」つまり、私の検査結果と生活習慣の“採点”は、60点と34点(!)。そして、いよいよ【将来予測】が表示される。

<このままだと、あなたの将来は…>
<死や寝たきりに直結する心筋梗塞や狭心症に1.5~4倍ものリスクを持っている>!

――(ショックを受けつつ)これが私の将来の病気の予測という事ですね。…精度はどれくらいなんでしょうか?

「高血圧症、脂質異常症、糖尿病、メタボリックシンドロームについては、85~90%の精度で予測します」

――えっ、そんなに精度高いんですか!将来、9割の確率で糖尿病になると予測されたら、かなりの衝撃がありますね。では、先

ほど出た、私の心筋梗塞なんかについては・・・?
「あなたの心筋梗塞や狭心症の将来リスクについては、高血圧症やコレステロール値が深く関わるので、そうした疾患の無い方と比べて数倍程度と考えてもらっていいでしょう」

――数倍ですか…(汗)。回避する方法はあるんでしょうか?

「はい。生活スタイルと疾患の予測結果を反映させたオリジナルの予防方法が提案されます」
「今回は昨年の人間ドックのデータを入力しましたが、過去数年間の検査データを入力すれば、さらに精度は上がります」かなりの精度で、AIが将来の病気の予測が出来るようだ。

導き出すのは<医師全体の総意>!

この『予測医学』に特化したAIには、慶應義塾大学医学部と兵庫県立大学工学部の協力のもと、日本人約4000人分の過去のデータと、医学論文で明らかにされた多くの200を超えるエビデンスが蓄積され、新たな情報が常にアップデートされている。さらに、現在は新たに3万人のデータが加わることになった。また、将来予測のアルゴリズムには、現役医師や栄養学の権威などが開発に携わっているとのこと。

「このAIには、名だたる名医の知見や見解が反映されています」「仮に、2人のヒトの検査数値が似通っていても、他のデータを含めた解析によって、将来の予測や予防方法は、それぞれ違う結果が出てきます」

――名医の知見などが反映されると聞くと、安心感やおトク感がありますね。

「端的に言えば、たとえ対面している医師が経験の浅い若手であっても、AIに解析させれば、ベテラン医師を含めた<医師全体の総意>が聞けるのと同じと考えていいでしょう」 <医師全体の総意>が聞けるとは、ちょっと怖くもあるが、頼もしくもある。新たなデータをどんどん蓄積していくことで、AIは更に“学習”し、予測の精度は今後さらに高まっていくという。
.
AIは医師に取って代わるのか?

医療の世界でも存在感を増していくAI。 未来の医療を変革したり、課題を解決する切り札になるのだろうか?

――現在は医師にしか出来ない『診断』という行為を、近い将来、AIが行うことは可能になると思われますか?

「近い領域までは行く可能性はあります。ただ、AIには得意なことと、苦手なことがあるのです」 「例えば、画像からの診断。AIは、レントゲンのような、白黒の静止画像から経時変化を読み取るのは比較的得意です」 「一方、エコーや胃カメラ・大腸内視鏡などの動く画像からだと、現時点では診断のサポートには有用ですが、微妙な色の変化や影などを読み取ったり、重大な病気ではないと判断したりするのは、経験ある医師の眼ではないと依然として難しいのです」

AIが医療のクオリティを担保する

――医学部入試における女性差別が問題になっています。もちろん差別はアンフェアで許されないことです。

一方、女医さんが出産などで休業した場合、他の医師がその穴埋めをするのが不可能なくらい、医療現場はオーバーワークだと指摘する声もあります。AIが医療現場に導入されることで、医師の負担は軽減されるでしょうか? 「部分的または長期的にはあり得ますが、全体としてはそれほどの負担軽減にはならないでしょう。やはり医師にしか出来ないことの方が多いと思います」

――では、AIの導入で、患者にとっての医療は変わるのでしょうか?

「AIの導入は、医師にとってと言うより、患者さんにとってメリットが大きいと思われます。多くのデータや多くの論文、多くの医師の知見が蓄積されたAIを使うことで、どの医療機関・どの医師に診てもらっても、ある一定レベル以上の医療は担保されます」
「例えば、疾患の大きな見逃しなどは、かなりの確率でなくなっていくのではないでしょうか」

※かなまち慈優クリニック
(東京都葛飾区東金町1-41-3 / 03-3609-0133)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/08/22 01:01 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師は健康診断で何を見ているか内緒で教えます  

健康診断では必ず医師の診察があります。最近は画像ものや数字ものが主役になっていて、内科診察は付け足しの儀式のようなものと解釈されている傾向がありますが、実は結構大切なメニューです。

 健康診断の場面で診察担当の医師がどのように受診者を見て(診て)いるのかを内緒(?)でお教えします。

●診察は診察室に入ってくるときから始まっている

 診察は診察室に呼び込まれたときからもう始まっています。

 部屋に入ってくるときの歩き方をみます。下肢の異常や下肢を支配する神経の状態を知ることができます。

次に椅子に座るよう指示されますが、わざわざ小声で言います。聴力検査の代用になりますし、言われたことを正しく理解し実行できるかもチェックできるわけです。

 内科診察は一般に身体の上から始めます。顔の色艶や皮膚の発疹の有無を見ます。下まぶたをアカンベーの状態にすると貧血があるかがわかります。それと同時に眼球の白目の部分をみて黄疸がないかをみます。

 次に口を開けてもらい、扁桃腺の肥大を調べ、舌苔のつき具合、見える範囲だけですがムシ歯や歯周病もある程度分かります。その後頚部を調べます。頚のリンパ節や甲状腺の腫れなどを触診で診ます。
.
胸部や腹部の診察でチェックしているのは

 次が胸部の診察です。胸部はX線写真を見るので省略されがちですが、結核予防法が改定され健診では一般には毎年の撮影は不要とされました。

結核予防法は新感染症法に統合されましたが全年齢に撮影するのではなくハイリスクグループを重点に撮影することになったことにはかわりはなく、労働安全衛生法もこれに準じたものになりました。

従って健診ではX線写真から得られる情報がない年齢の人もいることになり、胸部の診察は結構大事ということになります。

 胸部はまず打診。八百屋さんが西瓜を叩いて熟れ具合を判断したり、大工さんが壁を叩いて内部の梁の存在をみたりするのと同じで、心臓の大きさや肺の空気の入り具合を診ることができます。

そして聴診ではX線写真では分からない情報、すなわち気管支や肺への空気の出入りの音、心臓内の血液の流れの音で弁膜の状態、血液の逆流などが分かります。

 次にベッドがある診察室なら腹部の触診をします。主に肝臓の大きさ、胆のうの腫れ、胃や十二指腸の圧痛、ときには本人が気づいていない大きな子宮筋腫がみつかることもあります。

さらに余裕があればハンマーを使って腱反射を診ることもありますし、小型の眼底鏡があれば眼底をチェックすることもあります。

診察から精密検査になるものも

 診察から精密検査になるものでは、まず甲状腺疾患があります。甲状腺腫大の多くは甲状腺機能亢進症ですが、その逆の低下症のこともあり、血液中の甲状腺ホルモンの測定が欠かせません。

 頚部や鎖骨のすぐ上のリンパ節大があるとそれは身体のどこかの悪性腫瘍の転移のこともありますので十分な検査を追加しなければなりません。

 聴診器で得られる情報から気管支喘息や各種の気管支炎の診断に進めていくため、詳細な肺機能検査が用意されています。

また心雑音は心臓弁膜症の重要所見ですが、超音波検査を追加すると血流の逆流の状態などを体外から安全に観察することができますし、カテーテルを用いた検査に進めると、治療方針決定に重要なデータが提供されることになります。

 健康診断は病気を発見するためのものではないと言われるようになってからかなりの年月が経過しました。

確かに現在の健康状態を正確に把握して健康の保持増進に役立てることは大切です。しかし、病気を見落とすような健診では困ります。

 また、血液の成分を正確に、迅速に、簡単に測定できるようになり、内科診察は形式的に行えばいいという風潮が主流になってきています。しかし、実は大切な所見・情報の宝庫で、センスのよい内科医が配置されている健診こそ良質の健診ということになるでしょう。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/25 09:30 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

「人間ドック」いつ受ける?56%の医師が薦めるのは●●代と判明  

毎年、会社の健康診断を受けている人は多いと思いますが、人間ドックを受けたことはありますか?

人間ドックは健康診断にはない詳細な項目が加わることで、病気の早期発見につながります。健

康診断を受けているから大丈夫、まだ若いから大丈夫、と思っている人も多いと思いますが、何歳になったら受診すべきか、考えておくことも重要です。

今回はその目安になりそうな、医師が薦める人間ドックの望ましい受診年齢について見ていきましょう。

■医師が薦める人間ドックの望ましい受診年齢は?

医師専用サイト『MedPeer』が会員医師3,377人に行った調査によると、以下のような結果になりました。

5位:20~24歳(1.1%)

4位:30~34歳(6.2%)

3位:35~39歳(10.2%)

2位:50歳以上(16.1%)

1位:40~49歳(56.1%)

半数以上の医師が薦める「人間ドックの望ましい受診年齢」で最も多かったのは40代という結果になりました。それでは各年代の受けた方が良い理由をいくつかご紹介します。

■40代はいろんな病気が出てくる年代

多かった理由としては、「いろんな病気が出てくる年代」「経済的にも余裕ができてくる時期からで」「異常を発見して対処できる年代」「費用対効果から考えて」などがありました。

3大成人病、悪性疾患の発生頻度、動脈硬化の危険因子など、40代で多くなるとされるものが多く、病気になる前に介入して生活習慣に注意を促すという意味でも40代を薦める医師が多いようです。

■50代は通常の健康診断を受けていれば

「健康的な生活を送っているのであれば50歳以上でいいと思う」「家族歴がないなら50歳から真剣に受けるのを推奨します」など、通常の健康診断を受けていれば50歳以上で問題ないと考えている医師も多いようです。

また、「50歳以上から悪性疾患が増加します。

それ以下では費用対効果は少ないでしょう」「早ければ早いなりにメリットがあることも事実ですが、コストパフォーマンスを考えると50歳ということになるかと思います」など、費用対効果を上げる声も多く見られました。

もしもあなたが健康管理に気をつけているのであれば、50代からの受診でも遅くはないのかもしれません。

■30代後半は生活習慣によって?

「生活習慣病が若年化している」「生活習慣改善のためには30代のうちに一度」などのコメントが多くありました。

30代は仕事量も多く運動不足になりがちなことから、動脈硬化のリスクが高まるほか、食生活の欧米化による糖尿病、若年層でのがんの進行などのおそれがあります

以前に比べると病気の発症も若年化しており、検診は早いほうがいいと考える医師も多いようです。

人間ドックの検査項目は多岐に渡り、必要なものを選ぶことも可能ですし、医師の中には必要ないと考えている人もいるようです。

健康保険対象外でもあり、受診は自己判断になる人間ドック。家族の既往歴や自分の生活習慣などを考慮して、必要だと感じたら受診した方がよいと思います。ひとつの目安として、医師が薦める年代になったら受診を検討してみてください。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/25 09:29 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

バリウムはイヤだし胃カメラもコワイあなたに……現役医師がオススメする「胃の検査」  

■「バリウム検査はきつい!」 バリウム検査に悩まされる人たち

 健康診断が近づくと、バリウムがイヤだコワイ、どうしたらいい……。そう悩まされている方も少なくないようです。

中には「ゲップをしてしまったために胃を膨らませる薬を何度も飲まされて苦しんだ人」、「飲んだばかりのバリウムをフルリバースした過去がある人」など苦い経験がある人も。

 バリウムを飲むと便秘になるので、もらった下剤を飲んでも後が心配という声も聞こえてきます。

バリウム検査には被爆の問題もありますし、検査時に検査台が結構動くので、台から落ちて怪我をする可能性もないわけではありません。では胃の検査には、バリウム検査以外にどのような選択肢があるのでしょう?

■「バリウム検査」以外の選択肢は?

 「バリウム検査」に代わる検査といえば「内視鏡検査」でしょう。

内視鏡検査も、最近では受診者への体の負担が小さい経鼻内視鏡検査というのもあります。「エコー検査」や「CT検査」は、腸の腫瘍を見つけることは難しいので、代わりの検査とはなりません。

 「胃がんリスク検診(ABC健診)」は、血液検査から「ピロリ菌の存在」や「胃粘膜萎縮の程度」から胃がんのリスクがわかりますが、最終的な診断をするためにはバリウム検査か内視鏡検査で確認することが必要になります。

 「カプセル内視鏡」も今後健診で使用できる時代が来るかもしれませんが、大腸内視鏡検査で飲む腸の洗浄液ですら多くてキツイとされている中、その2倍以上(4リットル程度)を飲む必要があります。

 また、胃や大腸などの管腔が大きい部位をくなまく撮影することが難しく、組織検査もできないなどの問題点があり、胃や大腸では内視鏡検査の優位点が高いのが現状です。

検査が難しい小腸ではカプセル内視鏡検査が積極的に用いられています。

■「口からの内視鏡」と「鼻からの内視鏡」の違いは?

 鼻から入れる内視鏡は、口からの内視鏡に比べて非常に細く、挿入時に舌を圧迫することが少ないので、「オエオエ」いう嘔吐反射の苦しさがあまりありません。鼻からの内視鏡を行った人は次回も鼻から希望される方が多いようです。

 欠点としては、口からの内視鏡に比べて画像の質が少し落ちること、鼻が狭い人は挿入が困難なことなどがあります。

■麻酔をして内視鏡検査を受けることは可能? 料金は?

 希望のある方には鎮静剤を用いて検査をすることも可能です。

内視鏡検査での鎮静は、開腹手術などで用いる全身麻酔と違って、意識が完全に消失するのではなく、呼びかけに応えたり、体位変換時の声掛けに自分で動く程度の中等度鎮静(意識下鎮静)になります。

 全身麻酔に比べて偶発症はそれほど多くなく比較的安全に検査ができますが、それでも鎮静により呼吸抑制や循環抑制などの偶発症は起こる可能性があるので、モニターなどで十分に管理しながら検査を行う必要があります。

また、鎮静剤を使用した場合には、2時間程度休んでから帰ってもらう必要がありますし、原則として車の運転ができません。

 また、鎮静剤を使って検査を行うには設備や人員等が必要になるので、すべての医療機関で行える訳ではありません。鎮静剤を希望する場合は、可能かどうか事前に確認しておいた方がいいでしょう。

鎮静剤使用の料金は、医療機関により異なりますが数百円から千円程度の追加料金ですむところが多いようです。

■「胃がんリスク検診(ABC検診)」とはどんな検診?

 胃がんリスク検診(ABC検診)は、血液検査だけで「ピロリ菌感染」と「胃の健康度(胃粘膜萎縮の程度)」がわかります。この組み合わせによって胃がんのリスクの判別が可能になります。

 胃がんのリスクによって、毎年胃の検査を受けたほうがいい人、数年に1回の検査でいい人と分けることができます。ピロリ菌感染がなく胃粘膜萎縮もない人は、5年に1回程度の胃の検査でもいいとされています。

■ズバリ! 医師が勧める胃の検査は?

 消化器専門の医師に「自分が受けるなら、バリウムと内視鏡のどちらを受けますか?」と聞くと、ほぼ全員「内視鏡検査」と答えるでしょう。

内視鏡検査の方がクリアに胃の中を見ることができ、同時に組織検査も行えるので、バリウム検査よりも優れていると考えている医師が多いからです。

 ただし、内視鏡検査の設備も数が限られていますし、料金的にもやや内視鏡検査のほうが高いので、「健康診断は内視鏡検査でしましょう」とは声を大にしては言えません……。

■不安が強い患者さんに勧める胃の検査は? 検査の頻度を下げるのは可能?

 一番正確に見ることができる検査は、口からの内視鏡検査でしょう。しかし、私も何度か受けた経験がありますが、正直検査がきつくないとはいえません。

鼻から行う内視鏡検査の方が嘔吐反射が少なく、検査のキツさが軽減できるので、健診ならば経鼻内視鏡で行ってもいいと思います。

 それでも不安が強い場合は、鎮静剤を使用してもらうのもいいでしょう。胃の検査を受ける頻度にしても、「胃がんリスク検診」で胃がんのリスクが低いと判定された人は、数年に1度と検査の間隔を延ばすことも可能です。

■ここだけの検査のハナシ

 医師が自分自身の検査を受ける場合、どこの医療機関のどの医師に検査してもらうかを事前に確認することが少なくありません。というのも機材が同じでも、医師の腕前により検査のキツさや診断の正確さが異なる可能性があるからです。

 以前、研修医の練習にと、自分自身を実験台に胃内視鏡検査をしてもらったことがあります。その際は、「医師の熟練度で検査のキツさがこうも違うものか」ということを身を持って痛感しました。

研修医が健診を行うことはありませんが、熟練度で検査のキツさが変わることもあるので、担当医の情報があったほうが安心かもしれません。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/25 09:28 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

「体脂肪」と「中性脂肪」の違いって? 数値を下げるor上げてしまう食生活とは?  

健康診断の結果で、数値が高いとよく注意される「中性脂肪」や「コレステロール」「体脂肪」。これらはいったいどんなものなのでしょうか?また、どんな食生活を送っていると増えるのか、減らせるのか?生活習慣病を防ぐ食生活の基本を解説していきましょう。

◆「中性脂肪」「コレステロール」「体脂肪」の役割とは?

●中性脂肪
食物から摂取された糖質や脂質は、小腸から吸収されて肝臓で中性脂肪に合成され、血液中に入り全身のエネルギーに利用されます。しかし、使い切れず余った中性脂肪は内臓や血中など、身体の各所に貯蔵され蓄えられます。

健康診断の血液検査で測られるのは、血中の中性脂肪率です。150mg/dl以上と過剰になると、血流が悪くなるなどして、動脈硬化の危険も出てきます。

●コレステロール
脂質の一種で、エネルギー源にはなりませんが、ホルモンや胆汁酸の材料となり、主に細胞膜を構成している大切な要素です。2~3割が食物から取り入れられ、7~8割は糖や脂肪を使って肝臓などで合成。その量は体内でうまく調整されているのが普通です。

しかし量のバランスが崩れて血中の値が高まると異常をきたします。とくに健康に悪いとされているのは、LDL(悪玉)コレステロールです。これが増えすぎ、また活性酸素などで酸化されると、血管壁を傷つけたり、動脈壁に溜って動脈の内径を狭く硬くしてしまうのです。これを「動脈硬化」と呼んでいます。

●体脂肪
一般的にわたしたちが「体脂肪」と呼んでいるのは、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪、細胞膜を構成する脂質など、身体についたすべての脂肪の総称です。

とくに危険視されているのは内臓脂肪であるため、「体脂肪率」が高いからといって、必ずしも健康障害につながるという診断は下せません。

しかし、内臓脂肪の蓄積にほぼ比例する腹囲が基準値を超えれば、生活習慣病のリスクが高まります。この診断を行うために取り入れられているのが、「メタボリックシンドローム」検査です。

◆「中性脂肪」や「コレステロール」はどんな食生活で増えるのか?
中性脂肪は、糖質の多い食事やアルコール、脂肪の多い食事などの過剰摂取によって増加します。

生体内に貯蔵できる糖質の量(肝臓に6%、筋肉に0.5~10%程度)は限られており、毎日の食事から摂取する糖質(砂糖、お菓子、果実に含まれる果糖、パン、うどん、ご飯など)が過剰になった場合、体内に糖質として貯蔵できず、中性脂肪に生合成されて蓄積されることになります。

肉やバターなどの動物性脂肪を含む食品や、卵や魚卵、レバーなどの食品は、LDL(悪玉)コレステロールを増やすので控えめにしましょう。

◆中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロールを減らすには?
食事と運動の両面から生活を見直すことが大切です。

<食事療法>

●摂取エネルギー量を適正にしましょう

●食物繊維を積極的に摂りましょう

●不飽和脂肪酸を多く含む青魚を積極的に摂りましょう

●中性脂肪値を下げるには、砂糖、果糖、アルコールを控えましょう

●LDL(悪玉)コレステロール値を下げるには、動物性脂肪を控えましょう

特に魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸の摂取が、血液中の脂質改善に加え、血圧低下、抗凝固作用、血管内皮機能の改善などをもたらし、冠動脈疾患(心臓に血液を供給する冠状動脈において血液の流れが悪くなり、心臓に障害が起こる病気の総称)の発症を抑制することが報告されています。

<運動療法>

●中性脂肪はエネルギー源として消費することで減らせます

定期的に適度な運動を心がけることがもっとも取り組みやすく、中性脂肪を減らすのに有効な対策です。

ウオーキング、自転車こぎなどの有酸素運動をゆっくりと続けることで全身の血行をよくすると、糖質の代謝がよくなります。1日30分以上、週3日以上のペースで続けられる運動習慣をつくりましょう。

運動をする時間を作るのはなかなか難しいという人は、ひと駅歩きや、積極的な階段の利用などで「ついで」に運動することを心がけてみましょう。少しの心がけでも日々の蓄積で驚きの効果を見せます。張り切って取り組むより、長続きする秘訣かもしれませんね。

●執筆者プロフィール:田口絢子(たぐち・あやこ)
茨城県生まれ。管理栄養士、糖尿病療養指導士、ソーシャルスキル協会認定健康栄養カウンセラー。都内4か所の病院で給食・栄養管理経験を経て独立。栄養相談、献立作成、食と健康に関する記事の執筆、栄養学翻訳などを行っています。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/25 09:27 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康診断で要精密検査だったら<その3>~肺結核の疑いには新検査法IGRA~  


結核は既に撲滅された過去の病気と思っている人も多いかもしれませんが、それは誤解です。毎年2万人以上が新規に登録されているのですから、まだまだあなどれない病気です。

 職場で健康診断をすると、胸部X線写真では必ず2~4%位の要精密者がでます。もちろんすべてが結核を疑ってのものではありません。最悪、肺がんの疑いもありますし、肺炎のような感染症などいろいろなものが含まれます。

●昔の結核か、現在活動中なのかの見極めが重要

 結核だけにピントを合わせる健診の胸部X線写真撮影は、結核予防法の改正で65歳以上の人とハイリスクグループ限定になりました。

しかし、胸部X線写真からは結核以外についてもたくさんの情報が得られますので、撮影を全面的に廃止するのは行き過ぎとの意見が多いのも事実。労働安全衛生法では40歳以上は毎年。

40歳未満は雇い入れ時、20歳、25歳、30歳、35歳に実施し、他の年齢では医師の判断で省略することができます。

 ところで要精密になった陰影が結核の疑いだった場合、それが昔結核になって既に治ったものなのか、現在活動性で他人に伝染させてしまう心配があるものかの見極めが重要です。

 普通の単純撮影で、空洞があったり、胸膜に水がたまっていれば活動性の可能性が高くなります。しかし、古い・新しい、活動性・非活動性の判断には追加の検査が必要になります。

 肺を輪切りにして切り口をみるCTは、単純撮影に比べるとかなり多くの情報を得られます。更に痰を培養して結核菌が証明されれば確定です。
.
ツベルクリン反応に代わるIGRAが登場

 ツベルクリン反応は結核菌に感染した既往を示す検査で、昔から利用されてきたものです。ところが日本人の場合、幼少時に行うBCGの影響で陽性になっていることが多く、反応の大きさだけで直近の感染と断定もできません。

少し間隔をおいて再度実施して反応の強さの比較をする方法もありますが、後のほうが強くでる傾向があり参考にならない場合もあります。

 そして、最近登場したのがIGRA(インターフェロン‐ガンマ遊離試験)で、結核菌に感染した人の白血球中のT細胞が結核菌抗原に暴露するとインターフェロン‐ガンマを放出することを利用した検査です。

現在IGRAは、T細胞が放出したインターフェロン‐ガンマの量を測定する「QFT」と、インターフェロン‐ガンマを放出した細胞の数を測定する「T‐スポット」とがあります。

 QFTの原理は結核菌に特異的な2種類の蛋白質を抗原として、これらを被検者の血液に添加し、血液中の感作白血球を刺激してその結果放出されるインターフェロンγを定量するものです。

この蛋白質は普通の結核菌のほか一部の非結核性抗酸菌にも存在します。詳細な検査手技は省略しますが、最終的に0.1IU/ml未満は陰性、0.35IU/ml以上は陽性、0.1IU/ml以上0.35IU/ml未満は判定保留となります。

 QFTの特異度は高く、結核にかかったことのない、BCG接種暦のある人達での陽性率は1.9%と言われています。USAでのBCG未接種の人達でのQFT陰性率は99.8%と報告されています。

 一方、QFTの感度(結核菌が確認されている活動性結核で未治療の患者での陽性率)は報告により多少の差(89%、91%、72%、85%、92%、81%など)があります。要するに菌陽性の未治療結核患者では80~90%程度と考えられます。

IGRAは化学予防に踏み切るかどうかの判断に

 そして多く利用されているのが接触者健診です。結核患者が発生しその接触者すなわち家族、同僚、同級生などに感染が疑われる場合、今までは胸部X線撮影とツベルクリン反応(ツ反)が行われていました。

 X線写真に陰影があるなら感染は強く疑われますが、ツ反が陽性というだけでは結核がうつってしまったのかどうかは何とも言えません。日本の場合はBCG陽転である可能性があるからです。

 現在IGRAは、結核患者に接触したが発病していない人に対し、発病してから治療するのではなく、発病を防止するために比較的安全な副作用の少ない抗結核剤を半年くらい服薬させる方法があり(これを化学予防という)、この化学予防に踏み切るかどうかの判断に利用することが多くなっています。

 日本人は幼少時にBCG接種をしていますので、ツベルクリン反応は陽転していて、最近結核に感染して陽性の反応になったのか、過去のBCGで陽性なのかは判断できませんでしたが、IGRAはBCGには反応しませんので、IGRAが陽性と判定されれば、他の検査結果などと総合評価をして化学予防につなげていくわけです。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/25 09:27 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

悪玉や善玉、高いコレステロール値…どれくらい気にしなきゃダメ?  

◆コレステロールの正常値とは?
一般に善玉(HDL)コレステロールの正常値は男性で40mg/dl~60mg/dl、女性で45mg/dl~65mg/dl、

この数値未満の場合は低HDLコレステロール血症とみなされ、LDL(悪玉)コレステロールの正常値は男女共に70mg/dl~120mg/dl、140mg/dl以上の場合を高LDLコレステロール血症とみなされます。

検診の結果、コレステロールが高いと診断されたのであれば、何らかの治療や改善策を講じる必要があるのですが、どんな措置が適切かはコレステロール値以外の動脈硬化に繋がる危険因子がどれだけあるかに関係してきます。

◆高コレステロール血症の原因と治療にはどんなものがあるの?
まず遺伝が原因である家族性高コレステロール血症の場合ですが、この原因には生活習慣が関係していないため、すぐに薬物療法から入ります。

血中脂質やLDLコレステロールを下げる薬やHDLを上げる薬など、医師が適切と判断した薬を服用しなければなりません。

一方、遺伝性でない高コレステロール血症で、危険因子が大きいとみなされた場合には、コレステロールの多い食品を避ける、食物繊維を沢山食べるなどの医師の指導に沿った食事療法を行います。

また並行して薬物療法がとられることがあります。

例えば男性で高血圧や糖尿病なども併発しているときは動脈硬化の危険は高まりますから、ある程度薬によってコントロールすべきと判断されるでしょう。

◆数字は決して万能ではない
しかし逆に高コレステロール値であってもそれ程気にする必要のない場合もあります。

特に女性は、女性ホルモンであるエストロゲンのHDHコレステロール増量作用のおかげでLDLコレステロールを活発に代謝させることができるため、男性と比べるとコレステロール値や中性脂肪値が安定傾向にあります。

40代までの女性で他に生活習慣病などの危険因子がないのであれば、健康的な生活を心がけるだけで特にこれと言った対策をとる必要はないと言われています。ただしエストロゲンが減少する更年期時期に入ると、男性と同じように気をつけなければなりません。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:55 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康診断を効果的、効率的に受けるための「準備」って?  

◆健康診断結果の信頼性を左右する事前準備のポイント

健康維持、疾病予防、早期発見のために健康診断をまず受けることが大切。毎日、忙しい中で自分の健康という大きな問題に向き合う時間を作ることがなくては始まりません。

そして、それらの結果を上手に活かすこと。健康診断の結果用紙には、検査結果とともに医師からのメッセージが添えられています。3ヶ月後再検査とか、医療機関で精密検査をというようなアドバイスがあれば、やはりそれに従って行動に移して頂きたいと思います。

ただ、意外に忘れられているのが、健康診断を効果的、効率的に受ける準備。ここがぶれていては、健康診断の結果の信頼性が揺らぐこともあります。今回は、健康診断を活用するための準備についてお話ししましょう。
.
◆健康診断のポイント1:前日や当日の「食事管理」を忘れずに

前日や検査当日の食事については色々と注意があると思います。

まず、基本として前日の極端な飲み過ぎ、食べ過ぎはやめましょう。当日の体調不良などにもつながりかねません。体調を整えて心静かに受けるということが重要かと思います。

次に、採血検査はほとんどすべての健康診断で実施されますが、特に血糖値をチェックする場合には朝食は絶食で臨むようにして下さい。血糖値の基準値は「空腹時血糖」が基本になっています。食後の血糖は誰しも高くなります(もちろん許容範囲はありますが)ので、朝食を食べて採血した場合には、本当は食後の血糖としては正常なのに、「空腹時」としては「血糖値が高い」と判定される可能性があります。また、糖分を含むような飲み物やゼリーも同様に検査結果がぶれてしまうので避けて下さい。

また、胃カメラや胃のバリウム検査を行う場合にも、食事があると胃の中にそれらが残ってしまい、胃の粘膜表面がきちんと観察できないケースがありますので注意が必要です。

さらに、大腸カメラや大腸バリウム検査を行う場合には、前日からの食事の指示(施設ごとに文書が作られています)と下剤の服用をきちんと行いましょう。検査前の処置がきちんと行われていないと、やはり、大腸の粘膜表面がきちんと観察できないケースがあります。

◆健康診断のポイント2:検査に相応しい「服装」の選択を

あと、意外に忘れがちなのが当日の服装。レントゲン、超音波、胸部・腹部の聴診、触診など衣服を着脱する必要がある検査は意外に多いものです。男性の場合には、あまり問題になることはありませんが、女性の場合にはちょっと注意が必要です。

私自身の担当した健診でも、補整下着(ボディスーツ)を着用して健診に来られ、診察やレントゲン撮影時にご本人がかなり難渋していたケースがありました。また、検診センターによっては上着だけ検診衣に着替えるというところもあるのですが、こういったところではワンピースだと困ってしまうというケースがあります。

もちろん、そういう時のために浴衣型の検診衣が用意されている場合がほとんどですが、いくつかの場合を想定し柔軟に対応できる服装でお出かけ下さい。
.
◆無理のない平常通りの生活で、健康診断に臨みましょう!

また、よく「来月健康診断なので、今、節制しています」というお話しをお伺いします。それがずっと続けば良いのですが、健康診断直前だけ極端に節制し、それが終わったら、暴飲暴食、というのはもちろんよろしくありません。平常通りの生活をしつつ、定期的に健康診断を正しく準備して受けること。これが、健康診断を効果的・効率的に受けるためのポイントです。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:54 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

人間ドックの専門医師に聞く!40代以降でよく所見がみられる病気とは?  

若いときには心配していなかった病気のこと。でも、年齢を重ねるごとに、生活習慣病やがんのことなどが、気になってきますよね。

そんなときに受けておきたいのが、人間ドックです。検査項目の種類や数によって半日、1日、1泊2日などのコースが用意されていて、オプションで気になる検査だけを受けることもできます。

でも、自分の年齢で今、どんな病気に気をつけたらいいのか、わかっている人はそう多くないでしょう。

40代以降の人に、よく所見がみられる病気について、人間ドック専門クリニック「内幸町診療所」所長の遠藤素彦医師にお話をうかがいました。

◆40代、50代で注意したい「大腸がん」

厚生労働省の発表によると、がんは、昭和58年からずっと、死亡率第1位となっており、年間死亡者数は30万人を超える状況が続いています。なかでも、大腸がんでの死亡者数は、現在女性では第1位、男性では第3位となっており、増加傾向にあります。

どのような人が大腸がんになりやすいのでしょうか?

『肉を好んで食べる方、また喫煙も大きく影響していますね。

喫煙は肺がんとの関係ではよく言われているので意外に思われるかもしれませんが、タバコを吸えば消化管にもタールが入り込むわけで、肺だけでなく食道、胃、すい臓、大腸などにも影響を及ぼすと言われています』
と遠藤先生。

早期発見のためには、毎年の健診で「便潜血検査」を受けることが大切だそうです。
『便潜血反応が陽性になった場合は、大腸の内視鏡検査を必ずお受けください』
と遠藤先生。

今は、日帰りで簡単に検査ができるようになっています。良性のポリープでも、段階を踏んでがんに変容することがあるので、その前段階で芽をつむ、ということが大切だそうです。

◆脳ドックで一度は検査しておきたい「動脈瘤」

動脈瘤とは、動脈硬化(血管が硬くなること)、血管の炎症、血栓(血液が血管の中で凝固して塊になること)、塞栓(血栓、脂肪や空気など、なんらかの物質が血管中を塞ぐこと)、外傷、膠原病などの病気が原因で、動脈が弱くなって膨らんでしまうことです。

進行すると、血圧が上昇した場合、ついには破裂して、大出血を引き起こす怖い病気です。

身体のあらゆる場所の血管にできますが、脳にできた場合(脳動脈瘤)は、「脳出血」、または脳表面に出血が広がる「くも膜下出血」、を引き起こします。

『40歳以降では、動脈硬化による動脈瘤という場合が多いのですが、生まれつきの動脈瘤や動静脈奇形という場合もあります。これらは遺伝的な要素もある、と言われているんですよ。

成人になるまでにゆっくり大きく成長しますので、脳ドックで一度調べておく、というのは大切ですね。とくに血圧が高めの方は注意が必要です』
と遠藤先生。

脳ドックでは、放射線を使うCTとは違い、磁石の力を借りて、体の断面図写真を撮るMRIで検査を行います。

テスラとは、磁力の大きさをあらわす国際単位で、0.3~3.0テスラまであり、数値が大きいほど、質の高い画像を撮影することができます。内幸町診療所では、最新鋭のドイツ・シーメンス社製 3T(テスラ)MRI装置 MAGNETOMSpectra224AABZX00032000を導入しています。

◆胸部レントゲンよりもCTでより詳しく調べられる「肺がん」
国立がん研究センターがん対策情報センター発表の、直近2014年の、予測がん死亡者数では、肺がんは男性で第1位、女性でも第2位となっており、大腸がん同様に、早期発見が重要ながんです。

『肺がんは、みなさんご承知のとおり、一番の原因は喫煙です。心配な人は、胸部レントゲンだけでなく、一度CTで肺ドックを受けることをおすすめします。

喫煙が原因といわれるもうひとつの病気は、肺気腫(肺が膨らんで呼吸が大変になってしまう病気)ですね。こちらは遺伝的な体質によっても左右されると言われています』

内幸町診療所では、最新型の高速マルチスライスCT撮影装置を導入し、「肺ドック」を実施しています。数十秒の息止めで胸部レントゲン写真では見にくい病変も、鮮明に映し出すことができます。

<写真:ドイツ・シーメンス社製 64マルチスライスCT装置 SOMATOMPerspective224AABZX00016000>

◆男性に多い「メタボリックシンドローム」

メタボリックシンドロームとは、お腹まわりの内臓に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」(腹囲の基準は男性85cm以上、女性90cm以上)に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態をいいます。

『ある限界を超えてしまうと、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまいます。女性よりも男性のほうが圧倒的に多いです。女性は内臓脂肪型ではなく皮下脂肪型が多いんですよね。

ですから、基準とする腹囲も女性のほうが余裕をもたせた数字になっているんですよ。皮下脂肪はあまり悪さをしませんので』
と遠藤先生。

検査の結果から、腹囲があっても内臓脂肪が少ない人もいます。あくまでも腹囲は目安として、内臓脂肪CT検査を受けましょう。CTで内臓脂肪面積が100平方cm以上に相当した場合は注意が必要です。

◆最近の人間ドック受診者の傾向とは?
『うちの診療所は企業が多い場所柄、いらっしゃる方は、ほとんどのみなさんがデスクワークですよね。パソコンの前に1日中座っているわけです。そのような方々を年々みていると、だいたい年に1kgぐらいずつ太っていく方が多いんです。

みなさん長時間仕事をしていますから、帰ってから夜遅くに飲んで食べて、すぐに寝るわけです。運動したほうがいいのですが、新たに時間を作るのは難しいと思いますので、日々の習慣の中で工夫して、少しでも動くようにしてほしいです』
<
取材協力:遠藤素彦(えんどうもとひこ)医師
1978年東北大学医学部卒業 医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
内幸町診療所所長


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:53 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

病気?再検査? 健康診断で肺に影があると言われたら  


◆レントゲン、CT検査で「肺に影がある」…これは「肺がん」?

何気なく受けた健康診断。受けたことも忘れていた頃に戻ってきた検査結果を見てみると、レントゲン検査やCT検査の結果として「右肺尖部に胸膜肥厚陰影」「左下肺野に結節影」といったコメントが……。「これってひょっとして肺がん?」いろいろなことが頭を巡ります。

私がボランティアで行っている医療相談のサイトでも、「肺に影があると言われたのですが……」という質問が多く寄せられます。

患者さんのメールを拝見していると、中には深刻に悩まれているケースもあります。まずは健康診断の結果を冷静に受け止めるために、健康診断の背景を理解しておくことが大切です。健康診断で肺に影があると言われた時の対処法について解説します。
.

◆「疑わしきは罰する」のが健康診断

健康診断の目的は、「がん」などの病気を早期に発見し、早期に治療を行うことで、病気への治療成績を向上させることにあります。

胸部レントゲン写真の場合も、やはり、肺がんや縦隔腫瘍などの胸部の悪性疾患を早く見つけることを目的にしています。

肺がんにしても縦隔腫瘍にしても、いわゆる「できもの」があると、通常は写らないような影が、胸部レントゲン写真には写ります。このような影が観察されたとき、検診を行う医師は「要精検」、すなわち、もう少し詳しく検査してくださいというコメントを出します。

この際、健康診断の目的が「早期発見・早期治療」であることを考えると、少しでも気になるような影があれば、「とりあえず、再検査」と考えます。すなわち、健康診断の場合には「疑わしきは罰する」というのが基本的なスタンスである、と言えます。

そして、「肺に影」は、さまざまな原因で起こることです。
.

◆レントゲン検査の「肺に影」で考えられる病気

患者さんのご相談を拝見していると、「肺に影がある」という検査結果を見て、「肺がんかもしれない」と思い悩まれているケースが多いと感じます。

実は、肺に影がうつる原因には、いろいろなものがあります。その代表的なものが、炎症によるものです。とくに、60代以上の年代の方は、昔の結核の痕跡などが残ってしまっていることがあります。このような状態では、「肺尖部胸膜肥厚」とか、「肺尖部に斑状陰影」などと記載されている場合が多いです。

また、血管の蛇行や、肋骨の重なり、女性の場合には乳頭が腫瘤状陰影になって写ることもありますし、血管腫や過誤腫など、良性の腫瘍が写っている場合もあります。

つまり、肺に影があるからといって、必ずしも肺がんとは限らず、むしろ、肺がんであることの方が少ないのが現実です。

◆再検査? 経過観察? 健康診断で肺に影があると言われたら

では、健康診断で肺に影があると言われたらどうすれば良いのでしょうか。基本は、「健康診断の結果用紙に記載されている指示に従う」ということです。そんな、当たり前のこと……と言われるかも知れませんが、実際に異常所見があると書かれていると気が動転してしまって、ここを見落とされているケースが少なくありません。

医師のコメントが「1年後に再検査を」というものであれば、まずは、肺がんや縦隔腫瘍など心配すべき状態ではないと考えてください。これは、通常、昨年以前のレントゲンと、今年の分とを見比べ変化がないことを確認できた場合ですので、まずは、良性の変化か、生理的な陰影と考えて良いと思います。

また、「すぐに再検査を」と言う場合には、できるだけ速やかにその指示に従っていただきたいのですが、その際にも、心配しすぎることはありません。基本は、「疑わしきは罰する」というスタンスであることを思い出し、淡々と検査を進められることが大切です。

いずれにしても、もっとも避けていただきたいのが、「健康診断で異常を言われているが、がんや大きな病気が見つかると怖いので、検査は受けていない」という状態です。

早期発見・早期治療が、がんの治療の基本です。あまり、心配しすぎることなく、検査を進めていくことが、あなたの大切な体を守る第一歩になることを、心に留めておいていただけたら、と思います。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:52 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

胃カメラかバリウムか…胃の検査はどっちで受ける?  

◆胃カメラか、バリウムか、それが問題だ

「何となく、胃の調子がすぐれない」「食後に、みぞおちのあたりがしくしく痛む」いずれも、ちょっと気になる症状ですね。

数日は市販のお薬を服用してはみたけれど、なんとなくすっきりしない。そんなときには、意を決してクリニックを受診される方も多いのではないでしょうか。

胃を詳しく調べてみるということでは、胃十二指腸内視鏡検査と上部消化管造影検査、すなわち胃カメラとバリウムの検査があることはよく知られています。

しかし、このどちらを受ければよいのか、それとも両方受けなければならないのか、ということについては、少しわかりにくいのではないかと思います。

ここでは、これら二つの検査の特徴もふまえて、ご説明したいと思います。
.
◆粘膜表面をよく見たい⇒胃カメラ

胃カメラは、口や鼻から柔らかいチューブのようなカメラを挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜表面を、明るい光源で照らしながら観察する検査です。カメラの先端を、粘膜ぎりぎりまで近づけて観察できますので、詳しい情報を得ることができます。特に、胃潰瘍や、胃炎といった良性疾患だけでなく、早期の胃がんなどについても発見することが可能です。

また、「生検」といって「がん」が疑われる部位の細胞を一部採取して、確定診断を得られることも大きな特徴です。テレビでもおなじみのピロリ菌の検査も行えます。近年では、早期の胃がんは、胃カメラで器具を使って、おなかにキズをつけずに切除することも可能になってきました。

その一方で、カメラが挿入されるときの違和感を敬遠される方も多いです。検査前に、少し気持ちが楽になるようなお薬を使い、のどに十分な麻酔をすることで大部分は、それほど大きな負担をかけずに検査が可能ですが、人によっては、のどの反射が強くて、カメラを挿入するときに非常に苦しい思いをされる場合があるのは、胃カメラの欠点とも言えます。
.
◆飲み込む負担が少なく、胃の形全体を観察したい⇒バリウム

一方、上部消化管造影検査では、バリウムを含む造影剤を口に含んで飲み込んだあと、検査台で体を上下左右に動かすことで、胃の観察をしようという検査です。

この検査では、基本的に胃の表面についたバリウムの状態を観察することで、胃の粘膜の荒れや、潰瘍、胃がんなどによって起こる変化を見つけることができます。また、実際に造影剤が口から食道、胃から十二指腸へと流れていく様子を見ることができる他、胃全体の形を観察することができるのが大きな特徴です。

◆胃カメラとバリウムは補い合う検査

すなわち、胃カメラは、粘膜の状態を詳しく見るのには有用で、確定診断や治療にも使えるという利点がある反面、検査に一定の苦痛を伴う場合があるという欠点があります。

その一方で、バリウムの検査は、造影剤の流れ方を見ることで、食物の通過障害などを見つけやすく、胃の形全体を俯瞰することができ、検査に伴う苦痛が少ないという利点があります。粘膜面の観察や、確定診断・治療という点では、胃カメラに一歩ゆずります。また、健康上問題はありませんが一定量の放射線被曝が避けられない、造影剤による便秘の可能性もあるという問題もあります。

胃カメラにしても、バリウムにしても、その検査の大きな目的の一つは胃がんを早期の状態で発見することです。胃がんにもいくつかの種類があり、多くは、まず粘膜面に異常をきたしますが、中にはスキルス胃がんといって、粘膜面にあまり変化が起こらずに胃の壁全体に這うようにがん細胞が広がるタイプのものもあります。

すなわち、いろいろなタイプの胃がんを見つけるためには、粘膜に強い胃カメラと、動きや胃の形全体に強いバリウムの検査を、状態にあわせて組み合わせるのがよいと思います。

つまり、はじめて受ける検査としては、バリウムの検査を行い、異常があれば、胃カメラの検査を行うことがおすすめです。また、健康診断を毎年、もしくは定期的に受けられているのであれば、基本的には、バリウムの検査で、前年にバリウムで何らかの異常があれば、胃カメラを行うという方針で良いでしょう。

これら二つの検査の特徴を理解し、「最小限度の苦痛で最大の情報」をめざしましょう。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:51 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師が健康診断の腫瘍マーカーを勧めない5つの理由  

◆誤解されている! 「腫瘍マーカー」

腫瘍マーカー検査といえば、「血液検査で簡単にがんの可能性がわかる」といううたい文句で健康診断のオプションとして行われていることも多いようです。しかし、多くの医師が健康診断での腫瘍マーカー検査は推奨していないという事実はあまり知られていません。

医師が「腫瘍マーカー」を推奨しない理由を解説します。

◆理由1 「偽陰性」…早期がんでは上昇しない

ほとんどの腫瘍マーカーは早期がんでは上昇しません。逆に進行がんでも上昇しないこともあるので注意が必要です。通常よく用いられるのは、「抗がん剤治療や放射線治療での効果判定」や「腫瘍マーカーの高いがんの術後の経過観察」を目的とした場合です。

例外的に、肝がんリスクが高い肝炎ウイルス陽性の方には、臓器特異性が高いAFPやPIVKA-IIといった腫瘍マーカーを用いて肝がんの有無を確認することはあります。しかし、健康診断で有効といえる腫瘍マーカーはほぼ皆無で、あるとすれば、前立腺がんのPSA測定ぐらいといえるでしょう。
.
◆理由2 「疑陽性」…がん以外の良性の疾患でも上昇する

腫瘍マーカーはがん以外の原因でも上昇することがあります。例えば、大腸がんや肺がんなどで上昇するとされるCEAは、高齢者や喫煙、糖尿病、慢性肝炎などでも上昇することがあります。

膵がん、大腸がんなどで上昇するCA19-9は、胆管炎を併発した場合や急性・慢性膵炎、胃炎、急性・慢性肝炎、肝硬変、子宮内膜症や卵巣嚢腫などの良性婦人科疾患、気管支炎、気管支嚢胞、肺結核、10~20代の女性や妊婦、糖尿病などでも上昇することがあります。

腫瘍マーカーとは、がん細胞またはがんに対するからだの反応によって作られ、血液や尿、組織などで増加している物質のことです。しかし、がん細胞だけでなく、正常細胞でもつくられますので、健常な人の体内にもわずかに存在します。悪性腫瘍だけでなく、良性の疾患でも上昇することがあるのです。

◆理由3 「検査漬け」…腫瘍マーカーが関与する臓器は多種多様

例えば、よく用いられる腫瘍マーカーのCEAを例にとると、CEAが上昇するときに考えられるがんには、大腸がん、膵がん、胆管がん、肺がん、食道がん、胃がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、泌尿器がんがあります。

調べていくには、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査、CT検査とほぼフルコースで検査をしなければなりません。そして、「検査はひと通りしましたが、明らかながんはありませんでした」と医師から告げられることも少なくはないのです。

◆理由4 「がんの恐怖」…見えないがんの恐怖におびえる日々

全身の検査を受けても異常なし。「疑陽性」の可能性が高いけど、「もしかしたら」という気持ちをぬぐいきれない受診者も少なくはありません。「がんが隠れているかもしれないから定期的に検査をしてほしい」と数カ月ごとに検査を希望される方もいます。腫瘍マーカーを測定したがために、がんにおびえる不安な日々を送らざるを得ない人も存在します。
.
◆理由5 「おいしいのは医療機関」…一回の検査で二度おいしい

腫瘍マーカーは、病気以外で測定すると自費です。けっして安い検査ではありません。そして、異常値が出た場合は再度受診して、全身をくまなく検査させられ、高い医療費を払わないといけないはめになります。

腫瘍マーカーが上昇してがんが見つかることもありますが、多くはすでに進行がんです。健康診断での腫瘍マーカー測定は、高い検査費用に対して効果はあまり望めません。健康診断でオプションの腫瘍マーカーを付けるぐらいなら、直接観察できる「内視鏡検査」や「超音波検査」など他の検査を追加した方がいいでしょう。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:50 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【デキる人の健康学】健康的な食生活と睡眠でストレスを軽減できる写真 

仕事のストレスは寿命を短くすることがしられていたが、最近の研究で精神衛生上の問題を抱えると実際に寿命が短縮することが分かった。

 エジンバラ大学の調査研究によると35歳以上の成人6万8千人を10年間追跡調査した結果、鬱病や不安症を抱えている人ほど、がん、心臓病、脳卒中を発症しやすく寿命が短くなることが明らかとなった。

ヒトは精神的ストレスがかかるとストレスホルモンであるコーチゾルの分泌が副腎で増加する。

 コーチゾルは短期的には体がストレスに対抗することに重要な役割を果たすが、分泌が長期化すると免疫細胞や神経細胞などを攻撃して免疫力を低下させたり、その結果がんを発症したり認知症を引き起こしたりする。

多くの場合、種々のストレスは避けることが難しく管理できずに過度のストレスに長期間さらされる結果となる。

 しかし、ストレスが長期化しても食生活を改善すればがんや心臓病、認知症などの病気の発症を抑え寿命短縮を回避できる可能性が示唆され話題を呼んでいる。

米国カリフォルニア大学サンフランスコ校のエリ・ピューターマン博士らの研究チームは寿命のバイオマーカーであるテロメアに注目した。

 研究チームはこれまでの研究で介護などのストレスがテロメアを短くし寿命を短縮している可能性を示してきた。

今回、239名の閉経後女性を対象に身体活動や健康的な食生活、睡眠の質などの健康行動がストレスによるテロメア短縮を抑制する可能性を検討した。

その結果、健康行動の少ない女性が強度のストレスに遭遇すると1年後の検査でテロメアが短縮していたが、健康行動の多い女性では強いストレスに遭遇してもテロメアが短縮しないことを明らかとなった。

 ストレスが避けられない状況では、健康的な食生活、良好な睡眠と定期的な運動がストレス対応に重要な役割を果たしている。

■白澤卓二(しらさわ・たくじ) 1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。日本テレビ系「世界一受けたい授業」など多数の番組に出演中。著書は「100歳までボケない101の方法」など100冊を超える。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/24 13:47 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

専門医に聞け! Q&A 健康寿命とは 

 Q:長生きしたいなら、健康寿命が延びるように心がける必要があると聞きました。健康寿命が重要とのことですが、どういう寿命なのでしょうか。なぜ重要なのか、ということと併せて教えてください。(53歳・自転車販売店経営)

 A:健康寿命とは、人の助けを借りることなく日常生活を送れる期間のことです。認知症になったり、寝たきりになったりすると介助や介護が必要で、それなくしては日常生活が送れません。また、脳卒中を発症して半身麻痺などの後遺症が残った場合も、日常生活を送るのに不自由や支障が生じることがあります。

 国は、日本人の健康寿命を3年ごとに公表しています。2016年の時点で、男性72.14歳、女性74.79歳だったと発表しました。前回に比べて延び、過去最長を更新しました。寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.40年で、前回の調査よりもわずかに縮まりました。寿命は延びているものの、それだけの期間、介助や介護を受けて生きるということです。

●今から対策を
 いくら長生きをしても、認知症や寝たきりの状態では、虚しいものとなります。家族に迷惑をかけることも大きな問題です。回復する見込みもないのに、医学の力を借りて延命しますが、それが家族にとって精神、身体的にも大きな負担となります。日本などの先進国の平均寿命は、今後も延びると予想されています。私たちは、多くの人が長生きできる時代に生きています。だからこそ、長生きしたいのであれば健康寿命の重要性を認識し、健康寿命を延ばすように心がけ、努力することが求められるのです。

 では何が大事かというと、まず認知症と寝たきりにならないことが挙げられます。認知症を予防する方法に、医学的に証明されたものはありませんが、運動、バランスのとれた栄養、ストレスの解消、十分な睡眠が重要です。また、脳卒中は認知症に進行することもあるし、寝たきりになるリスクもあります。脳卒中の予防には、メタボ対策が求められます。ご質問の方は、今から健康に留意し、対策に努めるようにするとよいでしょう。

中原英臣氏(山野医療専門学校副校長)
東京慈恵会医科大学卒業。山梨医科大学助教授、新渡戸文化短期大学学長等を歴任。専門はウイルス学、衛生学。テレビ出演も多く、幅広い知識、深い見解を駆使した分かりやすい解説が好評。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/23 11:49 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

レントゲンやCT検査で「放射線被曝リスク」はあるの? 

◆レントゲン検査で放射線被曝する心配はないの?

病院やクリニックで受けられる検査として、一般的かつ代表的な「レントゲン」です。読者のみなさんも、きっと一度は受けられたことがあると思いますし、がんなどの病気で治療を受けられている方は、もう数えきれないほどたくさん受けたという方もいらっしゃるでしょう。

歯科治療時や年に一度の健康診断ぐらいなら、あまり気にならないかも知れませんが、体調が悪いときや、入院中、または継続して外来通院している場合などに、何度も続けてレントゲンを撮るとなると、医療被曝してしまうのではないかと不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

今回は診察室でも質問をいただくことが多い、レントゲン検査と放射線被曝についてお話しします。

◆レントゲン検査、胃バリウム、CT検査で使われる放射線

医療の現場では、いろいろな場所で放射線が用いられていますが、中には放射線を用いていない検査もあります。 放射線は、物質を透過する性質を持つために、体にキズをつけずに体の内部の情報を知るためによく用いられます。

一般に言うところの「レントゲン写真」では、この放射線を利用し、外から見ても分からない肺や腹部のガスの状況、骨折の有無などを調べることができます。咳が長引くときの胸部レントゲンや、おなかが痛むときの腹部レントゲン、打撲をした際の四肢のレントゲンや、歯科治療時の歯のレントゲンなど、使われる範囲は実に多岐に渡ります。

また、胃バリウム検査に代表される造影検査や、断層検査であるCT検査なども同じく放射線が使われます。

これらの放射線に対して特に不安を感じられるのは、頻繁にこれらの検査を受けなくてはならないときでしょう。たとえば胃がんの手術前には、腹部レントゲンや胃バリウム検査は必須ですし、手術後にも、おなかの動き具合を調べるための腹部レントゲンや、胃と十二指腸や小腸をつないだところがうまくつながっているのかを調べるための、造影剤を使った胃透視検査などが行われます。これらの検査を、数週間という期間内に行いますので、さすがに放射線を浴び過ぎなのではないか、他のところが悪くなってしまうのではないかと、不安に思われる方がいらっしゃるのも無理はないかもしれません。

なお、MRI検査や超音波検査は、それぞれ磁気や超音波を用いるため放射線被曝することは全くありませんので、ご安心を。ただ、MRIは、体内に金属物があったり、アートメイクを含むボディタトゥーや刺青があったりすると検査できない場合がありますので、注意が必要です。

それでは次に、レントゲンやCTによる放射線被曝のリスクの実際のところと安全性についてご説明します。

◆医療被曝の実際のリスク・安全性…体に無害な放射線被曝量は?

医療現場で用いられている様々な検査で、一体、どの程度の放射線被曝があるのか。イメージではなく、その事実を知ることは大切です。 以下では、具体的にイメージしていただけるよう、放射線の量を示す単位である「mSV(ミリシーベルト)」という単位を使いながらご説明します。

一般に、人間の体に影響がではじめる放射線被曝量は200mSVと言われています。原子力発電所などの事故で致命的な障害を起こしたような被曝量としては、数千から1万mSVのケースが報告されています。

では病院での検査で使われる放射線量はどれくらいでしょうか。たとえば撮影の条件によっても多少異なりますが、胸部レントゲン撮影では0.05mSV。胃バリウム検査では2.0mSV。頭部CTでは0.5~1.5mSV、胸部CTでも7.0mSVといったところです。また、意外なようですが、私たちは自然界からも放射線を浴びており、その平均が年間2.4mSVと報告されています。

これらの数値を比べてみるとどうでしょうか?  レントゲン検査やCT検査などで被曝する線量は、健康に影響を及ぼす可能性の線量と比較すると、極めて小さいということが分かっていただけるかと思います。
.
◆「医療行為の原則」とは?不安な点は主治医に率直に質問を

レントゲンやCT検査を含めて、医療行為の原則とは、リスクをベネフィットが上回っていると判断した場合にのみ行うということです。 一方で、いわゆる「医療被曝」による被曝量がいくら少ないとは言え、むやみやたらにレントゲン検査を行うことはありません。

私たち医師が、検査だけでなく処置や手術、投薬といった医療行為を行うのは、かならず、それらの行為のもたらすベネフィット(利益)が、それに伴うリスク(危険性)を上回っている場合に限られます。いずれも何かしらのメリット・デメリットを伴うため、天秤にかけて総合的にメリットが大きい方法を取るのです。

年に一度の健康診断での検査はもちろん、がん治療や検査などを始め、種々の検査が立て続けに行われる場合も、基本的なこととして、医療における放射線被曝は健康被害をもたらす被曝量から考えても極めて少ないことを、まずは知っておいていただきたいと思います。また、その検査を指示する医師は、少ない放射線被曝の危険性よりも、それによってもたらされる種々の画像情報から得られる利益が多いと判断しているということを思い出していただければ、と思います。

そして、最後に。不安なことやわからないことがあれば、率直に、主治医に尋ねてみてください。きっと、気持ちが軽くなるような答えが返ってくると思います。 狭間 研至(医師)
◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/19 08:45 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

バリウム検査でわかること・検査結果で異常があったら  

◆苦手な人も多い「バリウム検査」

健康診断のクライマックスの一つが、バリウム検査です。おいしいとは言えないあの白い液体を飲むことで何がわかるのでしょうか? 年に1度の健康診断と聞いて、何となく気持ちが重い……。その気の重さの理由は、検査項目にバリウムを飲んで受ける胃バリウム検査があるからではないでしょうか?

独特のとろみと味のある、牛乳でもヨーグルトでもない真っ白なバリウムは独特で、ぐぐっと飲み干す感覚は、あまり気持ちのいいものではありません。

バリウムの検査は胃の検査とはいうものの、実際のところ何がわかるのだろうと思っている方も、意外に多いようです。
.
◆「バリウム検査」とは

バリウム検査とは、正式には、上部消化管造影検査と言い、食道・胃・十二指腸の病変をチェックするための検査です。一般にバリウム検査と呼ばれているものは、正式には、上部消化管造影検査と言います。

上部消化管造影検査では、通常のレントゲン写真と異なり、X線を連続して照射しながら行います。バリウムは、X線を透過しないので、バリウムが口腔から食道、胃、十二指腸へと流れていく様子を、動画で見ることができます。

バリウムの流れは、そのまま、私たちの食事の流れということになりますので、食道や胃、十二指腸が狭くなっていないかどうかを見ることができます。

また、胃の粘膜についても、体を回転させてみることで、胃潰瘍による粘膜のくぼみの有無や、胃炎の有無なども見ることができます。
.
◆胃がん、食道がん…バリウム検査でわかること

健康診断で行われるバリウム検査では、代表的な所見がいくつかありますが、その一つが慢性胃炎です。健康診断で行われるバリウム検査の目的は、胃がんや食道がんの早期発見です。がんは、必ず粘膜面の変化が見られますが、少しとろみのあるバリウムは、胃の粘膜に少し付着します。

健康診断では、検査台の上で左へ右へと方向を変えながら撮影した経験をお持ちの方も多いと思いますが、あれは、バリウムが粘膜表面を滑り落ちていくときに、ポリープや潰瘍などが無いかをチェックしているのです。

慢性胃炎の場合は、胃の粘膜表面が胃酸過多や暴飲暴食によって少し荒れたような状態になっているものです。通常の胃粘膜と異なり、粘膜表面が荒れているために、細かいしわのような場所にバリウムがたまるため、ちりめん皺のような特徴的な模様が写ります。

慢性胃炎そのものは、それほど気にしなくても良いですが、近年では、繰り返す胃炎や胃潰瘍には、ヘリコバクターピロリ菌の存在が関与していると言われていますので、そのチェックをおすすめすることも多いです。

◆バリウム検査結果で「異常」を指摘されたら

バリウム検査で異常を指摘されたとしても、あわてずに、医師の所見に従って、必要であれば精密検査を着実に受けて行かれることが大切です。その他、胃潰瘍や胃のポリープ疑いなど、いくつかの代表的な異常所見があります。多くは心配不要なものですが、中には、胃がんや食道がんの初期段階のものである可能性が疑われるものもあります。

このような場合には、医師は、「内視鏡検査を受けて下さい」というコメントを出します。なぜなら、胃粘膜表面の情報は、やはり、バリウム検査よりも、内視鏡検査の方が良くわかるからです。

バリウム検査の所見で自己判断するのではなく、所見用紙にかかれた医師の指示に従っていただくことが、がんの早期発見・早期治療のためには、不可欠だと思います。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:48 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

肥満と言われても!脂肪ってどこにたまってるの? 

◆「肥満」は先祖の知恵だった?

人類がヒトとして進化し始めたのは、遠い昔、少なくとも1万年以上前のこと。今日の話はそんな昔むかしを振り返るところからはじめます。

今日の主役となる祖先が生きた時代は、旧石器時代。一般に「狩猟時代」と言われる農業を営むようになる前の祖先です。狩猟時代の人々の生活は、男性は狩りに行き、女性は子供を育てるために家に残り、空いた時間に木の実を採ったり貝を拾って食料の足しするという分業で成り立っていました。

この当時はまだ、干物を作るなどの食べ物を保存する技術もありません。当然、冷蔵庫もありません。食べ物は腐る前に食べてしまう必要があります。言ってみれば究極の「その日暮らし」です。「その日暮らし」ですから、食べ物が常に手元にあるわけではありません。女性が採取する木の実や貝は「旬」があり、旬の季節以外には入手することはできません。

ならば、動物は季節を問わず生息しているので、男性が狩りに行けばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、狩りだっていつもいつも成功するとは限りません。何日も狩りに出ても成功しない日が続くことだってあったはずです。そのため、我々の祖先は食べられないときのために、体内にエネルギーをためておく必要がありました。もう少し、正確に言えば、体内にエネルギーをためておくことができない人は命の危険にさらされていたのです。

余談にはなりますが、一般に男性よりも女性のほうが脂肪がつきやすいのも、先祖の生活から説明ができます。食べ物が豊富に手に入るときはよいのですが、食べ物が手に入らない時期が続くと、まずは自分の空腹を満たすことになります。女性が自ら手に入れることができる木の実や貝には旬がありますので、旬の時期以外、女性と子供たちは男性が持ち帰ってくる獲物を待つことになります。

そして、男性が持ち帰った獲物は子供たちが食べた残りを女性たちが食べていたと考えられます。男性は腹が減っては狩りどころではありませんから、家族に獲物を持ち帰る前に自らの空腹を満たすことになります。このような環境から、男性よりも女性のほうがエネルギーを多くためておかないと、命の危険があったわけです。だから、古墳等から出土する女性をかたどった「土偶」なども、現代の我々が見ると太ってだらしなく見えてしまうのですが、当時はこれが健康の証だったのです。

こう書くと「今は、そんな時代じゃない」と思われるかもしれませんが、人類が農業の技術や食料の保存の技術を手に入れたのは、ほんの数千年前のこと。日本国内でも物流が発達し、ある程度、食料が潤沢に行き渡るようになったのはこの50年ほどのことです。人類のDNAが「食料はいつでも手に入る(脂肪をためる必要はない)」ことを受け入れるにはまだまだ時間がかかるのです。

◆脂肪は「脂肪細胞」と呼ばれる貯蔵庫に大切にしまわれている!

古代の祖先は体内にエネルギーを少しでも多くためるために2つの工夫をしていました。

1つめの工夫は、少しでも多くのエネルギーを少しの“かさ(嵩)”でためることができるよう、エネルギー効率のよい「脂肪」でためておくこと。ヒトのエネルギー源となる栄養素は炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質(脂肪)の3つです。そのうち、炭水化物とたんぱく質は1gあたり4kcalのエネルギーを出しますが、脂質は1gあたり9kcalのエネルギーを出すことができます。そのため、脂質は炭水化物やたんぱく質よりもエネルギー効率がよいため、体内に蓄積する際には脂質(脂肪)でためておくのが最も効率がいいのです。

2つめの工夫は、脂肪をためておくための専用の貯蔵庫である「脂肪細胞」を作ったこと。脂肪細胞はたまっている脂肪の量に応じて風船のように膨らんだりしぼんだりが容易な細胞です。そのため、脂肪細胞の中に脂肪がたっぷり入っていて膨らんでいる状態が「肥満」であり、脂肪細胞の中の脂肪の量が減れば痩せるというわけです。そんな脂肪細胞は体内のいたる所に存在します。ちょっとしたすきまがあれば脂肪細胞が入っているとイメージするとよいでしょう。

また、脂肪細胞の数は成長期の子供ではどんどん増えていき、成人後はさほど数は増えないと言われています。そのため、メタボリックシンドロームをはじめとする成人の肥満は脂肪がパンパンに詰まっている状態を解消することが重要なので、脂肪細胞の中の脂肪を消費して小さくすることでやせることができます。しかし、小児肥満は脂肪細胞以外の体成分を増やしながら脂肪細胞の数の増殖を抑える必要があるため、対処が難しいと言われるのです。
.
◆細胞は「死にたくない」その一心で脂肪を溜め込んでいます

昨今の我々は、ありがたいことに、エネルギーを体内に溜め込まなくても、食料を好きなときに手に入れることができます。しかし、我々の身体は「脂肪をためること」は重要なことだと考えています。細胞は「死にたくない」一心で脂肪を溜め込んでいるのです。これを踏まえた上で、太りすぎないために食べる量やタイミングを考えることが必要なのです。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:43 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

肥満と言われても!脂肪ってどこにたまってるの?  

◆「肥満」は先祖の知恵だった?

人類がヒトとして進化し始めたのは、遠い昔、少なくとも1万年以上前のこと。今日の話はそんな昔むかしを振り返るところからはじめます。

今日の主役となる祖先が生きた時代は、旧石器時代。一般に「狩猟時代」と言われる農業を営むようになる前の祖先です。狩猟時代の人々の生活は、男性は狩りに行き、女性は子供を育てるために家に残り、空いた時間に木の実を採ったり貝を拾って食料の足しするという分業で成り立っていました。

この当時はまだ、干物を作るなどの食べ物を保存する技術もありません。当然、冷蔵庫もありません。食べ物は腐る前に食べてしまう必要があります。言ってみれば究極の「その日暮らし」です。「その日暮らし」ですから、食べ物が常に手元にあるわけではありません。女性が採取する木の実や貝は「旬」があり、旬の季節以外には入手することはできません。

ならば、動物は季節を問わず生息しているので、男性が狩りに行けばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、狩りだっていつもいつも成功するとは限りません。何日も狩りに出ても成功しない日が続くことだってあったはずです。そのため、我々の祖先は食べられないときのために、体内にエネルギーをためておく必要がありました。もう少し、正確に言えば、体内にエネルギーをためておくことができない人は命の危険にさらされていたのです。

余談にはなりますが、一般に男性よりも女性のほうが脂肪がつきやすいのも、先祖の生活から説明ができます。食べ物が豊富に手に入るときはよいのですが、食べ物が手に入らない時期が続くと、まずは自分の空腹を満たすことになります。女性が自ら手に入れることができる木の実や貝には旬がありますので、旬の時期以外、女性と子供たちは男性が持ち帰ってくる獲物を待つことになります。

そして、男性が持ち帰った獲物は子供たちが食べた残りを女性たちが食べていたと考えられます。男性は腹が減っては狩りどころではありませんから、家族に獲物を持ち帰る前に自らの空腹を満たすことになります。このような環境から、男性よりも女性のほうがエネルギーを多くためておかないと、命の危険があったわけです。だから、古墳等から出土する女性をかたどった「土偶」なども、現代の我々が見ると太ってだらしなく見えてしまうのですが、当時はこれが健康の証だったのです。

こう書くと「今は、そんな時代じゃない」と思われるかもしれませんが、人類が農業の技術や食料の保存の技術を手に入れたのは、ほんの数千年前のこと。日本国内でも物流が発達し、ある程度、食料が潤沢に行き渡るようになったのはこの50年ほどのことです。人類のDNAが「食料はいつでも手に入る(脂肪をためる必要はない)」ことを受け入れるにはまだまだ時間がかかるのです。

◆脂肪は「脂肪細胞」と呼ばれる貯蔵庫に大切にしまわれている!

古代の祖先は体内にエネルギーを少しでも多くためるために2つの工夫をしていました。

1つめの工夫は、少しでも多くのエネルギーを少しの“かさ(嵩)”でためることができるよう、エネルギー効率のよい「脂肪」でためておくこと。ヒトのエネルギー源となる栄養素は炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質(脂肪)の3つです。そのうち、炭水化物とたんぱく質は1gあたり4kcalのエネルギーを出しますが、脂質は1gあたり9kcalのエネルギーを出すことができます。そのため、脂質は炭水化物やたんぱく質よりもエネルギー効率がよいため、体内に蓄積する際には脂質(脂肪)でためておくのが最も効率がいいのです。

2つめの工夫は、脂肪をためておくための専用の貯蔵庫である「脂肪細胞」を作ったこと。脂肪細胞はたまっている脂肪の量に応じて風船のように膨らんだりしぼんだりが容易な細胞です。そのため、脂肪細胞の中に脂肪がたっぷり入っていて膨らんでいる状態が「肥満」であり、脂肪細胞の中の脂肪の量が減れば痩せるというわけです。そんな脂肪細胞は体内のいたる所に存在します。ちょっとしたすきまがあれば脂肪細胞が入っているとイメージするとよいでしょう。

また、脂肪細胞の数は成長期の子供ではどんどん増えていき、成人後はさほど数は増えないと言われています。そのため、メタボリックシンドロームをはじめとする成人の肥満は脂肪がパンパンに詰まっている状態を解消することが重要なので、脂肪細胞の中の脂肪を消費して小さくすることでやせることができます。しかし、小児肥満は脂肪細胞以外の体成分を増やしながら脂肪細胞の数の増殖を抑える必要があるため、対処が難しいと言われるのです。
.
◆細胞は「死にたくない」その一心で脂肪を溜め込んでいます

昨今の我々は、ありがたいことに、エネルギーを体内に溜め込まなくても、食料を好きなときに手に入れることができます。しかし、我々の身体は「脂肪をためること」は重要なことだと考えています。細胞は「死にたくない」一心で脂肪を溜め込んでいるのです。これを踏まえた上で、太りすぎないために食べる量やタイミングを考えることが必要なのです。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:42 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康診断で要精密検査だったら<その2>~不整脈は運動負荷試験が主流に~  

57歳になるTさんは健康診断後、不整脈ありとして社内の健康管理センターから呼び出されました。

 確かに、以前から静かにしているときに、時々脈が抜けるような感覚がありました。しかし、あまり気にしてはいませんでした。産業医からの説明では、「たぶん心配のない種類と思われるが、念のため24時間ホルター心電計をつけて丸1日生活するよう」に言われました。

●24時間分の心電図を記録

 ホルター心電計とは胸部に電極をつけて生活してもらい、その間連続的に心電図を記録する小型・軽量の装置です。昼間は本体を腰のベルトに下げたり、肩掛けかばんに入れて持ち歩くようになっています。

 心電図は通常の健診では5~10秒程度しか記録しませんので、24時間分の記録は膨大なものになります。

記憶装置に記録したものを読むのも大変です。通常は自動読み取り装置を利用して解析します。特に不整脈の頻度や発生する時間帯、発生と日常生活との関連性を知るには便利です。

 そして病的な不整脈が検出された場合や、異常な心電図波形があった場合は専門医の判断で必要な治療を行うことになります。
.
最近は運動負荷試験が増える傾向に

 心臓は心筋という特別の筋肉でできています。筋肉が収縮するとそこに電気が発生します。その電気を体外に取り出して増幅し、時間経過に従って記録する装置が心電計で、記録したものが心電図です。手足や胸部に電極をつけますが、決して心臓に電気をかけているわけではありません。

 心電図の歴史は今から100年少し前にオランダの生理学者アイントーベンが記録を始めたことにさかのぼります。当時の心電図は基本的には現在のものと大差なく、波形に付けた記号のP、Q、R、S、Tは当時から変わっていません。

 Tさんは不整脈が24時間に500個ほどカウントされました。しかし、薬をのむほどのものではないとの判断から、経過観察のみとなり体重を増やさないよう指示されました。

 心電図を活用した検査は、ホルターのほかに運動負荷試験が有名です。むしろホルターより多く実施されているかもしれません。

はじめに安静時すなわち寝た姿勢で心電図をとり、その後決まった寸法の2段の階段を年齢、性別に応じた回数と時間で昇降して、その直後と3分間隔で心電図をとります。普通は6分後までとります。

 最近は動く歩道のような装置、トレッドミルという装置を一定時間、一定のスピードで歩いてもらい連続的に心電図をとる方法が主流になりました。少し昇り坂にして負荷を大きくすることもできます。

検査中、連続的に心電図をモニターでき、血圧も頻繁に測定できます。このため、必要以上の負荷がかかることが防げ、安全に検査ができます。

 この運動負荷による検査は虚血性心疾患すなわち、狭心症や心筋梗塞につながりそうな変化を早期に発見しようとするものです。運動時に心臓に供給される酸素の量が不足すると、安静時の波形からのズレが生じますのですぐ分かります。

このことは心臓に酸素と栄養を供給している冠動脈の動脈硬化に起因しています。

ただ冠動脈のどの枝がどの程度、どの位の長さにわたって狭窄しているかは、心電図だけから読み取るのは困難な場合が多く、やはり血管造影(冠動脈に造影剤を注入しながら動画を撮影)での詳細な検討が必要になります。

不整脈はなぜ起こるのか

 心臓は体外に取り出しても条件がよければ自動的には拍動を続けます。これは、心臓の上の方にある洞結節という部分から定期的に自動的に電気信号が発生しているからです。

これが心房と心室を拡張と収縮をさせて心臓の外から戻ってきた血液を受け入れ、肺へ送り出し、肺から戻った血液を受け入れ、全身へ酸素と栄養を配送するリズムを作っているわけです。電気信号の流れる経路を刺激伝道系といって一方通行の流れになっています。

 しかし、何らかの理由で電気刺激の経路にバイパスのような経路が生じることがあります。この副伝導路が存在すると、本来は一方通行のはずの電気信号が副伝導路を通って上流に戻ってしまい、信号が短絡してぐるぐる勝手に回り続けてしまいます。

こうなると、心臓の筋肉は余分に収縮するように電気信号を受け続け、本来のリズム以外の不整脈を生じる結果になってしまいます。

 原因は、心筋梗塞や心筋症などで心臓の筋肉に異常がある場合、ホルモンの異常、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの電解質異常、自律神経のアンバランスなどが原因のこともあります。

 健康人にも脈が1回抜けたり、規則的なリズム以外のタイミングで脈を打ったりしているのを感じることがあります。多くは心配のない種類の不整脈と思われますが、専門家のチェックを受けておけば安心です。

 刺激伝導系に洞結節以外の余分な電気信号の発生源があったり、余分な伝達路ができてしまうことが原因の頻脈性不整脈の中には、その発生原因になる部分を高周波で焼いて不要の電気信号が流れないようにするカテーテルアブレーションという方法が適応になる場合があり、安全に不整脈を治療できることがあります。

(カラダに嬉しい豆知識「Dr.鷲崎の健康エビデンス」)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:40 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

結婚記念 退職祝 両親への感謝に贈りたい!帝国ホテルのスイート・ルームで過ごす「人間ドック」とは?  

人間ドックとは、身体の隅々まで総合的に検査を行う健診のことです。受けたことはあるけれど、なかなか習慣化できない、という人も多いかもしれません。

そこで、最近注目されているのが、健診に、ほかの魅力的なサービスを組み合わせ、より多くの人に受けてもらおう、という特別なプラン。

「レストランでの食事券付き」などは、かなり当たり前になってきていますが、ここでご紹介するのは、帝国ホテル東京のスイートルームに1泊しながら受ける、ちょっとほかにはない、プレミアムな人間ドックです。

◆32年前から始まった、帝国ホテル宿泊の「人間ドック」

1890年、外国からのお客様を迎える「日本の迎賓館」として、東京銀座のほど近く、内幸町に開業した帝国ホテル。1983年には、隣接して帝国ホテルタワーもオープンし、医療法人「六医会」もオープンと同時にここに入居、開業しました。

「六医会」では、開業当初から、帝国ホテルに1泊して受ける健診コースを設け、忙しいビジネスマンを中心に信頼される診療所として発展してきました。

日帰りの健診が多かった当時としては、大変珍しい健診スタイルでしたが、銀座界隈へのアクセスがよく、健診に行くついでの楽しみも多いことから、安定して受診者数を伸ばしてきました。

現在は、日帰りと宿泊の人間ドック、企業向けの健康診断など、健診業務を専門に行う「内幸町診療所」と、内科一般診療を行う「インペリアルタワー診療所(ITクリニック)」をタワー7階に併設し、運営しています。

一般診療と健診専用のクリニックとを分けているのは、健診に訪れた人が院内感染などの心配をせずに、気持ちよく受診できるようにするためです。

こうした配慮と、高度な検査システム、健診ならではの医療マナーを備えた経験豊富な医師や看護師、さらには帝国ホテル仕込みの接遇でおもてなししてくれるスタッフがいる、というのが「内幸町診療所」の特長です。

また、健診でもし病気が発見された場合、インペリアルタワー診療所でスムーズに受診することも可能。必要があれば、ほかの医療機関の専門医も紹介してくれます。

◆精度の高い検査で病巣を早期発見できる強み

「内幸町診療所」は、多くの健診機関が所属している「日本総合健診医学会」のなかでも、限られた医療機関にしか付与されない、優良施設認定マークを取得している診療所です。

その特徴を理事(経営企画室長)の伊東章さんにうかがいました。

<写真:理事(経営企画室長)の伊東章さん>

『まず第一に、検診結果を1人の医師で判断するのではなく、2人体制で厳重に診る、ダブルチェック体制をとっていることですね。また、それぞれの検診の測定能力を維持するため、精度管理事業にも参加しています。

例えば、胸部レントゲン写真の仕上がりが正確かどうかなど、品評会さながらに専門家が集まって精査するんですよ』

精度管理事業とは、医療機関内部で、または外部で、専門医等により定期的に行われる健診の精度を測る取り組みのことで、健診技術の向上や精度を保つためには欠かせないものです。

◆高性能の検査機器

『さらに、ドイツ・シーメンス社製3T(テスラ/注1)MRI装置を使った脳ドックや、64マルチスライスCT装置を使った肺ドックの検査能力の高さは自負しています。

全国でも数える程度の医療機関(クリニック)でしか導入されていない高性能の検査機器で、従来機器では不鮮明であったものまで、鮮明に写し出します』

と伊東さん。

当然病巣を発見できる確率も上がるので、これだけを受けに来る、という人も多いそうです。
<画像:ドイツ・シーメンス社製 3T(テスラ)MRI装置 MAGNETOMSpectra224AABZX00032000>

注1:)MRIは、放射線を使うCTとは違い、磁石の力を借りて、体の断面図写真を撮るもの。テスラとは、磁力の大きさをあらわす国際単位で、MRIには、0.3~3.0テスラまであり、数値が大きいほど、質の高い画像を撮影することができます。

◆子供から両親へ 結婚記念日・誕生日・退職祝いに贈る豪華「ホテルドック」とは?

帝国ホテルは、マリリン・モンローやチャップリン、ヘレン・ケラーなど、世界の著名人も宿泊した、日本を代表する一流ホテルです。

最近では、ショッピングや食事だけでも気軽に立ち寄れる施設が増えて、待ち合わせ場所に使われたり、観光でも定番のスポットとなっています。

そんな帝国ホテルで、ゆったりとした時を過ごしながら、リラックスした状態で人間ドックを受けてもらえないか?そんな考えから生まれたのが、「帝国ホテルでスイート宿泊と優雅なレストランディナーを・・プレミアム人間ドック」です。

1日目の健診途中のランチから帝国ホテルで過ごし、健診がすべて終了する1日目の夕方には、帝国ホテルのスイートルームにチェックイン。ディナーと翌日の朝食は、帝国ホテル内のレストランから好きなコースメニューが選べます。

朝食はスイートらしく、ルームサービスの選択も可能です。
<写真:朝食 ルームサービス(オムレツ)>

さらに伊東さんにとっては、この健診プランにもうひとつの思いがありました。

『先日、知人の奥さんが胃がんになって、胃を全摘したんですね。発見は健診ではなく、症状が出てからかかった病院でした。以降、そのご夫婦は、毎年結婚記念日に人間ドックを受けることを決めたそうなんです。

ああ、こういう相手を思いやる人間ドックっていいなあと思って』

人間ドックは、なかなか1人で「行きたい」と思えるものではないでしょう。夫婦で受けることを決めた場合、そのうちの1回、例えば節目の年には、ラグジュアリーな人間ドックを選んでもらえたら、というのが伊東さんの願いです。

また、大切な人への誕生日のお祝いや、古希など人生の節目を迎えるご両親へのプレゼント、企業による社員への勤続感謝、退職祝などとしても想定し、この「プレミアム人間ドック」を企画されたとのことです。

普段なかなか仕事を休めない人でも、これならば、堂々と言い訳ができそうですよね。ご夫婦で、親子で、友人同士で、行くのが楽しみになる人間ドックの計画を立ててみてはいかがですか?

<取材協力> 内幸町診療所
http://www.rikuikai.or.jp
帝国ホテル東京
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/index.html


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:39 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康診断で要精密検査だったら<その1>~胃を例に画像を読み解く~  

新年度に入り、健康診断の時期です。精密検査系の健診項目で順に説明していきたいと思います。検査には画像ものと数字ものがあります。画像ものの判断はかなりの訓練を受けた専門家が判定する必要があります。

 胃の検査を例に考えてみましょう。胃の画像もの検査は2通りあります。ひとつはバリウムを飲んでレントゲン撮影をする方法、もうひとつは胃に内視鏡を入れて内部を観察する方法です。

●影だけをみて実像をどこまで正確に想像できるか

 まずバリウムによる胃造影法。バリウムはX線を通しにくく、空気はX線を通しやすいという性質を利用したもので、この二重造影法は日本人により考案され、世界中に普及した手法です。

撮影された写真を詳細に読むと5mm以下の病変の存在も確認することができます。

 例え話でいうと、明るい日差しの下に人がひとり立っていたとします。その人の影が地面に写っている状態を想像して下さい。影だけをみてその人の実像をどこまで正確に想像できるかが読影能力ということになります。

 典型的な影なら誰でも想像がつくと思います。例えばkonishikiさんの影なら子供でも言い当てられるでしょう。

でも一般的には人の影をみて背が高いか低いか、肥満体か痩せ型か、背中の丸みから若いか年寄りか、髪型から男か女か、鼻の高さから東洋人か西洋人か程度なら分かるかもしれません。

しかし、顔を見ていないので、超美人かそれなりの人なのかまでは分からないと思われます。胃の読影では訓練を積めばこの美人かそうでないか、つまり良性か悪性かを判定できるようになります。
.
エコー検査も読影能力がものをいう

 同様のことは他の検査でも言えることで、超音波(エコー)検査でも同じです。

 超音波は水の中はよく通りますがカルシウムでできた骨や結石は通しませんし、気体の中では減衰してしまいます。人体の臓器・組織は超音波を通しやすいものと通しにくいものがあります。

通過できなかった超音波は反射して戻ってきますので、戻ってきた超音波をコンピュータで画像に合成することができます。

 人体内の臓器・組織は、その組成によって超音波の通過と反射の程度が異なっています。

さらに、臓器・組織内に何か病変が起こるとそこだけ超音波の吸収反射の程度が異なってくることが多いので、画像上異常所見として把握することができます。

しかし、これも影であることに変わりはなく、かなりの経験を積まないと美人か不美人かの区別は困難と思われます。

 例えば、肝臓の中に5mmほどの超音波をよく反射する部分があった場合、普通は血管腫という良性の変化と考えられます。しかし、肝癌と見まちがえていると大変です。

やはり経験がものをいうことが多いのですが、他の検査(CTやMRI)や時系列のデータからの検討もそれを補うものとなります。

 しばしば遭遇するのが肝臓脂肪沈着です。脂肪組織は超音波を反射しやすいため、かつ脂肪の量に応じて反射量が多くなるので、太りすぎや隠れ肥満の判定には便利ですし、ダイエットや運動療法の効果判定にも有用です。

超音波検査は受診者に苦痛を与えることはなく、妊娠経過の観察にも利用されるほど安全な手法で、繰り返しの検査も可能なため、今後はますます活用される検査法となるでしょう。

検査は医師以外に臨床検査技師にも認められていますが、判定判断は医師だけが行うことができます。

ヘリカルCTなら5mm以下の小さい肺癌もチェック

 CT検査はかなり普及しました。身体を輪切りにした状態の切り口を画像にする方法です。検査機器も安くなり、全身のあらゆる部分に応用できます。

検査にはX線を使用しますのであまり頻繁には使えませんが、胸部や腹部の単純撮影に比べると情報量は格段に多く、造影剤を使っての撮影やPETと同時に撮影できる機器もあり、診断には便利になりました。

 さらにヘリカルCTという撮影装置を使うと、身体をらせん状に輪切りにするため、例えば5mm以下の小さい肺癌も確実にチェックできます。

 重喫煙者向けの会員制肺ドックを行っている施設では微小肺癌の発見にヘリカルCTを利用し、完治できる早期肺癌の発見に著しい好成績を上げています。

これも影を見て判断・判定をしているのですが、専門家が積み重ねてきた豊富な経験が、正しい診断に導く結果につながっているわけです。

 結局多くの画像もの検査は、画像情報を得るだけで終わるのではなく、それを読影する能力が極めて重要です。

すなわち検査精度は使用した機器、検査を行った施設だけではなく、どこの誰が読影したかで決まってくるのです。ここのところが数字ものとは異なる部分なのです。

(カラダに嬉しい豆知識「Dr.鷲崎の健康エビデンス」)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:36 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

コレステロールの変な常識 「悪玉善玉」の区別は最たるもの  

週刊ポスト3月13日号が報じた〈「コレステロール値250mg/dl」は健康体だった〉という記事は大反響を呼んだ。

健康のバロメーターとして根付いているコレステロール値が根拠も曖昧なまま厳しく設定され、

それによって“病人”が増やされていること、最新研究では総コレステロール250mg/dlまで健康体とされることを報じた同記事により、かつての“常識”は揺らいでいる。

 コレステロールを巡るおかしな“常識”はまだある。「悪玉」「善玉」の区別がその最たるものだ。

 日本では動脈硬化の原因となるLDLコレステロールが悪玉、逆にそれを防ぐHDLコレステロールが善玉とされてきた。
 
 動脈硬化学会は公式HPの〈脂質異常症治療のQ&A〉で、「(LDL値を)低下させることで動脈硬化性疾患が減少する」としている。

HDLは「動脈硬化防御作用を有」し、血管に蓄積した過剰なコレステロールを引き抜き肝臓へと送るはたらきがあるとする。
 
 そのため日本では、“悪玉”であるLDL値を下げることが重視される。

健康診断では「120mg/dl未満」に抑えるよう指導され、「140mg/dl以上」は高LDLコレステロール血症と診断される。
 
 ところが、「LDL値は低いほどいい」とするこの基準とは正反対の調査結果がある。

なんと実際には「LDL値が高いほど死亡率が低かった」のである。
 
 東海大学名誉教授の大櫛陽一・大櫛医学情報研究所長らの研究グループが神奈川県伊勢原市在住の男女約2万6000人(40歳以上)を平均8年間追跡調査したところ、男女ともLDL値が高いほど死亡率が低いことが判明した(2008年発表)。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:32 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

そろそろ受けたほうがいい? 「脳ドック」・「肺ドック」ってどんなことをするの?  

身体の隅々まで、総合的に検査を行うことで、知らず知らずに進行してしまうがんの早期発見や、動脈硬化などの生活習慣病の予防につなげる人間ドック。

検査時間もそれなりにかかるため、なかなか習慣化できないものですが、特定の検査項目だけ受けることも可能です。

なかでも最近注目されているのが、「脳ドック」や「肺ドック」。MRIやCT、といった高度な医療機器を使って、レントゲン検査では見にくいものもわかります。

ここでは、それぞれの特徴について、人間ドック専門クリニック「内幸町診療所」の村岡弓美子医師にお話をうかがいました。

◆「脳ドック」のすすめ

●MRI・MRA検査機器のすごいところ
MRIとは、強力な磁石でできた筒状の装置の中に人が横たわり、磁気共鳴という物理現象を応用して、頭部の断面を画像化する技術です。

MRIの磁力の単位には、0.3~3.0T(テスラ)まであり、数値が大きいほど鮮明な画像が撮影できます。内幸町診療所では、3.0を導入。数値の小さい従来機器に比べると、かなり細かい病変まで映し出すことができるのだそうです。

『MRIでは、自覚症状もないような、ミリ単位の脳出血、脳腫瘍、脳梗塞(脳内の動脈が詰まり血流が滞ること)などが発見できます。

血管の細かい狭窄(狭まり)や閉塞(詰まり)、動脈瘤(血管壁が弱くなった部分のふくらみ)なども見つけられます。

とても鮮明に見えるので、放射線科の医師や専門技師と相談して適正な診断を心がけています』
と村岡先生。

◆MRI・MRA検査機器

また、MRIでとった脳の血管の様子を、立体画像にして映し出すのが、頭部MRA(磁気共鳴血管造影)です。

レントゲン(放射線)の場合、造影剤を注入しなければ、血管は撮影できませんが、MRAであれば、患者に負担なく、鮮明な画像が立体で映し出せるのです。

さらに、MRAで頸部の検査をすることで、首の血管を検査することも大切です。頸部の血栓が、脳に達する前に発見、処置できるからです。

MRIは、放射線を使用していないので、ペースメーカーなど身体に機器をつけている人以外なら、安心して受けられるのも利点です。ただし検査時間は20分ほどかかります。

●脳ドックを受ける適正年齢とは?
『明確な規定はありませんが、中高年の方で、50歳を超えた方には受けていただきたいですね。

もちろん、頭痛や身体のしびれなど自覚症状がある場合や、もの覚えが悪くなったなどの認知機能に疑いをもったら、何歳でも受けてください』

と村岡先生。

金額面での負担を考えて、受診後になんら異常所見がみられず、自覚症状もなければ、脳ドックは3~5年ごとの受診をすすめている、ということです。

●家族に脳卒中の経験がある人は受けるべき?
脳ドックで何らかの病気が発見される人の傾向については、

『もともとなんらかの疾患を抱えている方、または肥満傾向、喫煙歴、家族が脳卒中を患った経験があるかなどが関係してきますね。男女差は少ないです』

脳卒中とは、脳出血(脳内で出血すること。脳いっ血ともいう)、脳梗塞(脳内の動脈が詰まり血流が滞ること)、くも膜下出血(脳の表面で出血すること)の総称で、脳の血管に何らかの障害が起こり、突然症状を発することです。

こうした病歴が家族にあるかを一度確認して、検査を受けてみるのもいいでしょう。

◆「肺ドック」のすすめ

●CT検査のすごいところ
CT検査は、放射線を使った、肺がんの早期発見に最適な検査方法です。通常のレントゲン写真ではわかりにくい病変を、短時間の検査で鮮明に映し出すことができます。

●肺ドックを受ける適正年齢とは?
『こちらも脳ドック同様、明確な規定はありませんが、50歳以降の方ですね。喫煙歴があれば少し年齢の幅を広げて、40歳以降の受診をおすすめします。肺の疾患に関しては、喫煙歴の有無が大きく影響してきます。

喫煙者は男性のほうが圧倒的に多いですね』と村岡先生。

CT検査は、放射線の被ばく量が通常の胸のレントゲンに比べると高いので、異常所見がみられず、自覚症状もなければ、1年に1回は通常のレントゲン検査を受け、CTはさらに1段詳しい検査をしたいときに受けるのがいいでしょう。

*内幸町診療所では、異常所見が見つかった場合には、専門の病院・診療科を紹介し、精密検査の案内を行っています。異常所見がない場合にも、次回の受診時期の相談があれば、個別に案内を行っています。

取材協力:村岡弓美子(むらおかゆみこ)医師
2006年、日本大学医学部卒
専門は消化器内科
日本内科学会内科認定医
2015年3月現在、内幸町診療所常勤医


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:30 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの血、何点? 自己採点ならぬ自己採血で、カンタン健康診断 

これからはカンタンな健康診断なら、自分で気軽にできるかもしれません。 会社や自治体では、年に一度健康診断が行われています。

でも、運悪く「忙しいから」「日程が合わないから」とサボってしまうこともありますよね。といって、次の年までそのまま放っておいても疾患疾病が待ってくれるわけでもありません。

病気は早期発見・治療が大切。病の出頭を挫いてしまいましょう。今、政府の後押しを受けて、広がりそうな新しいヘルス・シーンの流れがあります。そう、自分で気軽に採血して、健康状態を確認できる「セルフ健康チェック」です。

◆短い時間でOK!
このシステムでは、薬剤師さんの指導の下で、指先に採血器を押し付けて採血します。それを遠心分離機にかけて、検査所に送れるようにするまで、わずか10分程度。

家事や育児の合間でも、なんとかなる時間です。

冷凍された血液は検査会社に送られ、生活習慣病など13項目をチェックします。その結果は1週間ほどで薬局にフィードバックされるので、薬剤師や栄養管理士から改善のアドバイスを受けることもできます。料金は3067円。

今のところ、利用が多いのは50代の主婦とのこと。今後も利用が広がりそうです。

◆自己採血の認可が追い風に
このサービスを行っているのは、三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の健康ライフコンパスです。ツルハドラッグなど約300店舗のドラッグストアで、この健康診断が受けられます。

以前は、自己採血は医療行為にあたるのかというグレーゾーンでしたが、昨年の1月から政府が認可しました。

中野区と川崎市に直営店をもつケアプロは、店舗のほかにイベント会場でも健康チェックを行っており、気になる1項目が540円から、3分で検査ができるそうです、

◆行きつけのドラッグストアでできる
企業にとっても、国にとっても、医療費を減らすことは大きな課題です。超高齢化社会が進行している今、高齢者の方には健やかであって欲しいものです。

自治体の検診は待ち時間も長くて、面倒だと思うことがありますよね。そんなとき行きつけのドラッグストアで、ちょっと採血するだけでいいのです。日常的に自分の健康管理ができるのです。

「今日はカードのポイント3倍デー」といったタイミングで、セルフチェックをする、なんて気軽さで利用される日も近いかもしれませんね。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:29 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康診断で【脂質異常症】と言われたらどうすればいいの? 

●脂質異常症と高脂血症って違うの?

「脂質異常症」とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多過ぎたり、善玉コレステロールが少な過ぎたりする状態のことで、動脈硬化を招く危険因子の1つです。

「それって『高脂血症』とどう違うの?」と思う方もいるかもしれません。

実は、少し前までは、血液中の脂質(コレステロール・中性脂肪)が多過ぎる状態のことを「高脂血症」と呼んでいました。

しかしコレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、善玉の場合は、少な過ぎることが動脈硬化の原因になります。

善玉コレステロール値が低いことを「高脂血症」と呼んでしまうと、病名と症状が一致せず、誤解を招きやすくなります。

そこで2007年から、脂質値に異常があることを、脂質異常症と呼ぶことにしたのです。

●脂質異常症の診断基準は?

脂質異常症には、次の3つのタイプがあります。

●高LDLコレステロール血症悪玉(LDL)コレステロールが多過ぎる状態。
●低HDLコレステロール血症善玉コレステロールが少な過ぎる状態。
●高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)中性脂肪(トリグリセライド)が多過ぎる状態。

それぞれの診断基準(空腹時採血による数値)は、以下の通りです。

●高LDLコレステロール血症LDL(悪玉)コレステロール値140mg/dl以上
●低HDLコレステロール血症HDL(善玉)コレステロール値40mg/dl未満
●高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)トリグリセライド値150mg/dl以上

●脂質異常症であることに気づくには?

脂質値に異常があっても、ほとんど自覚症状がありません。また、その状態を放っておいて、動脈硬化になった場合も、自覚症状があまりないのです。で

も、脂質異常症による動脈硬化は、脳や心臓などの太い動脈に起こりやすいもの。

脳梗塞や心筋梗塞の発作を起こしてはじめて異常に気づいた、なんてことになれば、命を落としてしまったり、たとえ一命を取り留めたとしても、半身麻痺などの深刻な後遺症が残ったりする可能性があります。

脂質異常症かどうかは、血液検査を受ければわかります。通常の健康診断で、採血をしてもらえばわかることなので、年に1度は必ず健康診断を受けるようにしましょう。

(この記事の監修: 渋谷DSクリニック 渋谷院 院長 / 林博之 先生)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:28 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

コレステロール制限は本当に必要? 新常識の謎を解析  

今年2月19日、アメリカの厚生省と農務省による「食事指針諮問委員会」が、「コレステロールの摂取量を制限する必要はない」という見解を発表しました。

これは、動脈硬化などのリスクを高める「血清コレステロール」と、「食事によるコレステロール摂取」の間に明確な関連性は無いとする調査結果によるものですが、日本でも脂質異常症(高脂血症)改善の指針などに影響を与えそうです。

◆「血清コレステロール」と「食事によるコレステロール摂取」の関係

そもそも血清コレステロールとは、血液中を流れるコレステロールの濃度のことで、この数値がなんらかの理由で高くなりすぎると、動脈硬化や脳梗塞などのリスクを高めるとされています。

コレステロールは人体に必要不可欠な栄養素ですが、その7割前後は体内で合成されているため、健康な人の場合は食品でコレステロールをあまり摂らなかったとしても問題はないといわれています。

また、逆にコレステロールを食品によって摂りすぎた場合でも、通常は血液中のコレステロールの量は肝臓の働きによって一定に保たれているため、すぐに脂質異常症などのリスクを高めることにはつながらないようです。

◆コレステロールの数値を上げる食品とは

コレステロールを多く含む食品としては、卵やマヨネーズ、レバーなどがあげられますが、ここで注目したいのは、それ自体にコレステロールを多く含む食品よりも、コレステロールの数値を上げる働きをする食品です。

血清コレステロールの数値を上げるものとして明らかになっているのが飽和脂肪酸を多く含む食品であり、脂身の多い肉やバター、揚げ物などがその代表です。

また、動物性脂肪や砂糖を多く含むケーキやチョコレートなどのお菓子類も、摂りすぎには注意が必要です。

◆トランス脂肪酸にも注意が必要

逆に、血清コレステロールの数値を下げる働きをするものとしては、不飽和脂肪酸を多く含む食品があげられます。不飽和脂肪酸を多く含む食品には、豆腐や納豆などの大豆製品や、背の青い魚、海藻類などがあります。

しかし、不飽和脂肪酸のなかでも、悪玉(LDL)コレステロールの増加を招くといわれる「トランス脂肪酸」には注意が必要です。トランス脂肪酸は悪玉コレステロールだけでなく、免疫機能やアレルギー疾患などに悪影響を与えるという報告もあり、世界的に使用の規制が進んでいるのが現状です。

トランス脂肪酸を多く含む食品の代表としてはマーガリンとショートニングがあげられますが、ショートニングは市販の菓子パンやお菓子、ファストフードの揚げ物などにもよく使用されているため、購入する際は商品の原材料表示やメーカーのホームページなどで確認するようにしましょう。

厚生労働省:
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kousi/meal.html


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/13 23:27 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【災害時における感染症ニュース】水害時の衛生対策と消毒方法について 

 台風や集中豪雨などにより、家屋等が浸水した場合、洗浄や消毒が必要になる事があります。

◆1・家屋等が浸水した場合
 豪雨等により家屋などが浸水した場合、洗浄や拭き取りにより十分に汚れを除去して、乾かした後、消毒するようにしてください。(消毒は、汚れのない状態でないと、効果を発揮することができません。)

◆2・衛生対策について
 家屋等が浸水した場合、次のとおり洗浄及び衛生対策を行ってください。

【1】床上の場合
 室内は、食事や睡眠など生活を行う場所のため、泥や汚れを十分に取り除いた後、消毒を行いましょう。

(1)水が引いた後、濡れた畳や家の中の不要な物を片付けてください。

(2)汚れた家具や床・壁などは、水で洗い流すか、雑巾で水拭きするなどしてください。

(3)食器類や調理器具などは、水洗いして汚れをきれいに洗い流してください。

(4)食器棚や冷蔵庫などは、汚れをきれいに拭き取ってください。

【2】家の周囲や床下の場合
 土砂等を取り除いた後、水道水で洗い流し、しっかり乾かすことが重要です。
 床下に土砂や水分が残っている場合、その湿気により、家の基礎や土台(床組)などに影響が出る場合があります。

(1)汚泥や不要なものなどを片付けてください。

(2)庭木や外壁についた泥は、水で十分に洗い流してください。

(3)床下換気口のごみを取り除き、床下の風通しを良くしてください。

(4)床下はスコップや流水を用いて汚泥を取り除いた後、雑巾などで水気をなくし、扇風機などにより強制的に換気し、乾燥させてください。

【3】食中毒、感染症の予防について
●受水槽は、安全と衛生を点検・確認してから使用してください。

●水に浸かった食品や、停電により保存温度が保てなかった要冷蔵・冷凍食品はできるだけ廃棄してください。

●からだに異常を感じたら早めに医療機関で受診してください。

●食事の前や用便の後などは、しっかりと手を洗ってください。

◆3・消毒方法について
 消毒薬は、過剰に使用すると人の健康や環境へ影響を与えることがあります。使用は必要最小限としましょう。使用の際には、取り扱い説明書に従い、事故が起こらないよう注意してください。

【家庭で使いやすい消毒薬とその使い方】
お近くのドラックストアやホームセンター等で購入できます。

◎塩化ベンザルコニウム(逆性石けん)10%
使用濃度0.1%(薬液を100倍になるように水で薄める。)
家具や床などの消毒に適しています。雑巾に浸して拭いてください。(ゴム製品、皮革製品への使用はさけてください。)
ドラッグストアや薬局で購入できます。

◎次亜塩素酸ナトリウム6%(家庭用塩素系漂白剤など)
使用濃度0.02%(薬液を300倍になるように水で薄める。)
飲食器具等の消毒に適しています。薬液に5分程度浸した後水洗いしてください。(金属には使用できません。)
ドラッグストアや薬局、ホームセンターで購入できます。

<参考>消毒方法の例(※色々な濃度のものが市販されているので稀釈倍率には注意してください。)

<消毒対象・屋内(汚水に浸かった壁面や床、家財道具)>
・消毒薬:0.1%塩化ベンザルコニウム(逆性石けん)
・調整方法(例):10%塩化ベンザルコニウム10mlに水を加えて1Lとする。
・使用方法:泥などの汚れを洗い流すか、雑巾などで水拭きしてから、十分に乾燥させた後、薄めた液を浸した布などでよく拭く。(噴霧器を使用する場合は、濡れる程度に噴霧する。その後、風通しをよくしてそのまま乾燥させる。)消毒は汚れが残っていたり、濡れている状態で行うと十分な効果を発揮することができません。

<消毒対象・手指(後片付けなどで、汚染された箇所や土に触れた手指)>
・消毒薬:0.1%塩化ベンザルコニウム(逆性石けん)
・調整方法(例):10%塩化ベンザルコニウム 10mlに水を加えて1Lとする。
・使用方法:汚れを石けんで洗ったあと、流水で石けんをよく落とし(石けんが残っていると殺菌力が低下します。)、洗面器などに入れた消毒液に手首まで浸し、30秒以上もみ洗いする。その後、乾いたタオルなどで、よくふき取る。

<消毒対象・食器類>
・消毒薬:0.02%次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤でも可)
・調整方法(例):10%次亜塩素酸ナトリウム2mlに水を加えて1Lとする。
・使用方法:食器等を水洗いした後、消毒液に5分以上浸し、自然乾燥させる。(家庭用塩素系漂白剤を用いた場合は、水ですすぐ。)

 ※消毒薬を取り扱う際にはゴム手袋などを使用するともに、皮膚や目にからないように注意してください。また、皮膚についた場合、水と石鹸でよく洗い流し、目に入った場合は、水で15分以上洗い流し、医師の診察を受けてください。

 ※消毒液をペットボルへ移し替えないでください。誤って飲んでしまう事故につながることがありますので、必ず使い切ってください。また、他の消毒液や洗剤と混ぜないでください。

 ※消毒液の入っていたバケツやじょうろなどは、使用後、十分に水で流してください。

 ※床下の消毒・乾燥用に消石灰を撒くことついては、方法や効果について明確に示されたものがありません。消石灰は、水に溶けると強アルカリ性となるため、使用する場合には、目や皮膚につかないように、また、口に入らないよう十分注意してください。

情報元:広島市ホームページ「水害時の衛生対策と消毒方法について」
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1279109687058/index.html

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/12 08:08 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

意外に知らない!コレステロールの「悪玉と善玉」何が違うの? 

「悪玉コレステロール」「善玉コレステロール」という言葉は、誰もが耳にしたことのあるものだと思います。

しかし、いざ、「この2つの違いって何?」と聞かれれば、答えに窮する人も多いのではないでしょうか。

今回は、厚生労働省が出している見解を元に、この2つの違いについてみていきます。

■悪玉コレステロールと善玉コレステロール

悪玉コレステロールは、“LDLコレステロール”とも言われます。これは動脈硬化などを起こす原因となるものであり、これの値が一定値(140mg/dl)以上になると、「脂質異常である」と診断されます。

反対に、善玉コレステロールは“HDLコレステロール”と言われ、上記であげた悪玉コレステロールの働きに対抗するものです。血管に残る悪玉コレステロールを回収して、肝臓に運んでいく働きがあります。

同じコレステロールと呼ばれるものでも、善玉の方は動脈硬化の予防などに役立つものであり、人体に対して有用に働きます。

私たちが「高コレステロールだった」と言うときは、一般的に、前者の悪玉コレステロールの値が高い状態を指します。

ただ、悪玉コレステロールの値が低くても、善玉コレステロールが少なければ(基準値は40mg/dl未満)、同様に「脂質異常である」とみなされます。

■悪玉コレステロールだけを減らすこともできる!

両方とも“コレステロール”ですから、増えるときは両方一緒に増え、減るときは両方一緒に減るのではないか、と考える人もいるかもしれません。

しかしながら、実際は、悪玉コレステロールだけを選んで下げることもできます。

たとえば青魚などは、“不飽和脂肪酸”に分類されます。これは非常に有益なもので、悪玉コレステロールの値だけを減らすことができるのです。

また、「油をとるとコレステロールが増える」と思っている人もいるかもしれません。確かに、油は高カロリーであり、摂りすぎると肥満の原因となってしまいます。

しかし、オリーブオイルなどは、悪玉コレステロールを下げることに役立ちますし、決してマイナス要素ばかりではないのです。

いかがでしたでしょうか。悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いをしっかり把握して、日々の生活に取り入れていきたいですね。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/10 20:13 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

「砂糖中毒」から身を守る方法6つ 

朝ごはんもロクに食べず家を飛び出し、午前10時ごろになったらもう「小腹が空いた……」と、オフィスに置いてあるお菓子をつまみぐい、なんてことを毎日していないだろうか?

しかし、オフィスにあるお菓子といえば、顧客や同僚が会社に持ってきたお砂糖たっぷりの甘~いお菓子が多くなりがち。何気なく毎日食べているうちに、体が砂糖を欲するようになり、いつしかエイジングや体重増加、免疫力低下など、健康や美容へのダメージが忍び寄ってくる……ということになるかもしれない!

そこで今回は、働き女子が“砂糖中毒”に陥らないための方法を、海外の健康・環境系情報サイト『Rodale News』の記事を参考に紹介しよう。

■1:朝ごはんをきちんと食べる

朝ごはんをきちんと食べないと、まるでガソリンなしで走る車のようになってしまい、血糖値が下がって「甘いものが欲しい……」とお菓子をあさるゾンビのようになってしまう。

こんな事態を避けるには、ランチまでのエネルギーを朝にしっかり蓄えるべく、フルーツや野菜、タンパク質、少量の炭水化物などをとりいれたバランスのいい朝ごはんをしっかり食べるようにしよう。

■2:できるだけ毎日運動する

砂糖中毒は、不摂生の悪循環のようなもの。それを断ち切って強い意志を持ち、間食の誘惑に負けないエネルギーを確保するためにも、できるだけ毎朝運動するようにしよう。

朝の光を浴びて運動することで、「甘いものが欲しい……」という欲求を減らすことができるという。さっそくエクササイズを始めてみよう。

■3:たっぷり睡眠をとる

砂糖中毒になる理由として、「甘いものが好き」というだけでなく、「ストレスが溜まっている」ということもあるかもしれない。ストレスが溜まっている人は、感情的に食べもの、とくに甘いものを欲することが多くなるという。

むしゃくしゃして無意識にスイーツに手が伸びるようなら、まずストレスを疑ってみよう。そして、様々な方法でストレスの解消に努めよう。たとえば良質な睡眠をとることでも、ストレスは大きく改善する。さっそく試してみてほしい。

■4:水分を十分補給する

人間は、喉の渇きを“空腹のサイン”と勘違いすることがあるとのこと。甘いスイーツが欲しくなったら、そんな気持ちを抑えるために、まずは水をグラス1杯飲もう。飲んだ後は甘いものへの欲求が減っていることに気づくはずだ。

さらに水分は体内の酸素や血液の循環をよくするため、モヤモヤした頭をスッキリさせ、デトックス効果も期待できる。

でも、だからといって甘い炭酸飲料やジュースで喉を潤すのはNGだ! 水分補給は水かお茶にしておこう。

■5:ヘルシーなおやつを用意

人間にとって、お腹が空くのは当然の生理現象。しかし砂糖たっぷりで、健康や美容に害があり、栄養もないスイーツを食べてお腹を満たしても、いいことはない。

だったら空腹時にすぐ手を伸ばせるよう、ナッツ類やバナナなどのフルーツ、枝豆、ベビーキャロットなどをマイおやつとして毎日持参しよう。健康なおやつを食べていれば、血糖値も安定させつつ、スイーツを食べたい欲求もひとまずどこかへ行ってしまうだろう。

■6:自然な甘味で代用する

「それでも、やっぱり甘くないとガマンできない」という場合は、バナナやベリー類、トロピカルフルーツなど、甘みのあるものをおやつとして用意しよう。さらにコーヒーや紅茶には砂糖の代わりにハチミツを入れるなど、自然の甘味で欲求を満たすようにしよう。

カロリーがない、または低いからといって、人工甘味料を使うのはNGである。

以上、働き女子が“砂糖中毒”に陥らないための方法を紹介したが、いかがだろうか?

フルタイムで働いていると、エクササイズやストレス解消の時間がなかなか取れないだろう。そのうえ砂糖たっぷりのお菓子を仕事しながら毎日がんばっていたのでは、健康にも美容にも、いいはずはない。

オフィスのお菓子につい手が伸びてしまうという方は、今回ご紹介したポイントを参考に、自分の欲求を上手にコントロールして、砂糖中毒に陥るのを防いでほしい。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/10 20:11 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

血液中のコレステロール値を低下させる「こんにゃく」の威力!!  

●脂質異常症に効く食事の基本は?

脂質異常症は、日頃の食生活が大きく影響する病気です。原因になりやすいのは、食べ過ぎによる肥満。とくに、お腹まわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満(りんご型)」の人は要注意です。

自分の身長に合った標準体重は、「身長(m)身長(m)22」で計算できるので、エネルギーの摂取量を調整して、標準体重に近づけましょう。

ただし、肥満解消のために「◯◯しか食べないダイエット」のような極端な方法をとるのは感心しません。

正しい食生活とは、「炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂取するのが基本」ということを忘れないでください。

この基本を踏まえた上で、控えめにしたい食べ物と積極的にとりたい食べ物をご紹介していきます。

●控えめにしたい食べ物

飽和脂肪酸肉の脂身や皮、バター、チーズ、生クリームなどの乳製品に多い「飽和脂肪酸」は、溶ける温度が高く、常温では固体になる性質があります。このため、体内でも固まりやすく、血液の粘度を高くして、血流を悪くします。

また、血液中の悪玉(LDL)コレステロールも増やします。

コレステロール鶏卵、魚卵、レバー、鶏肉の皮などには、コレステロールが多く含まれているので、摂り過ぎると血液中や体の組織の中に、余分なコレステロールが溜まってしまいます。

糖質糖質にはいろいろな種類がありますが、甘いお菓子などに含まれる「しょ糖(砂糖のこと)」や果物に含まれる「果糖」は、吸収されるのが早く、中性脂肪として合成されやすい性質があります。甘いもの、果物は控えめにしましょう。

●積極的にとりたい食べ物

食物繊維海藻類、こんにゃくなどに含まれる「水溶性食物繊維」には、血液中のコレステロール値を低下させる作用があります。

きのこ類や野菜、イモ類に豊富な「不溶性食物繊維」には、コレステロール値を低下させる作用はありませんが、繊維が多く、よく噛んで食べるので、満腹感を得やすく、食べ過ぎ防止に役立ちます。

不飽和脂肪酸青魚に豊富な「EPA」「DHA」には血液中の中性脂肪を減らしたり、血栓ができにくくしたりする働きがあります。ま

た、オリーブオイルや菜種油などの食物油に豊富な「オレイン酸」には、善玉(HDL)コレステロールを減らさずに、悪玉(LDL)コレステロールを減らします。

大豆たんぱく大豆製品に含まれる良質なたんぱく質には、血液中のコレステロールを減らす作用があります。

(この記事の監修: マオクリニック 院長 / 岡田昌子 先生)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/10 20:10 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【10秒でチェック】血液検査で一目瞭然!中性脂肪の正常値  

中性脂肪はどれぐらいなら正常で、どれぐらいの値になったら問題なのでしょうか?正常値の範囲をご紹介します。

●血液検査でわかる中性脂肪の正常値

中性脂肪の値は、血液中のコレステロールと中性脂肪値を測る脂質検査で調べることができます。おおよその目安は、以下の通りです。

・29以下:低中性脂肪血症

・30 ~149:正常

・150~299:境界域軽度高中性脂肪血症

・300~749:中等度高中性脂肪血症

・750以上:高度高中性脂肪血症

●数値で変わる対処法

対処法は、検査による中性脂肪の数値で変わってきます。

○29以下:低中性脂肪血症

原因となる病気の有無を調べます。

○150~299:軽度高中性脂肪血症

異常との境界域のため、食事療法や運動療法をスタートします。

○300~749:中等度高中性脂肪血症

食事療法、運動療法を実施しつつ、他の危険因子があれば投薬治療を行います。500mg/dl以上の人は禁酒します。

○750以上:高度高中性脂肪血症

膵炎の危険性があるため、薬物治療が必要です。1000mg/dl以上である場合は危険性が高く、速やかな降下療法が必要になります。

●数値改善のポイントは健康的な生活習慣

中性脂肪の数値は、高くても低過ぎてもいけません。そして、いずれの場合でも、改善すべきなのは生活習慣です。

中性脂肪の数値に異常があるということは、病気にかかるリスクがそれだけ高いということです。特に、動脈硬化や脳卒中、心筋症など、命にかかわる病気になる可能性が高まります。

中性脂肪の数値に異常が出た場合は、身体からの病気のサインと受け止め、治療と共に生活習慣の見直しを行いましょう。例えば、食事はゆっくり噛んで腹八分目を心がける、夜は食べる量を控える、アルコールは飲み過ぎない、適度な運動を行うなど、できることから少しずつ始めることが大切です。

中性脂肪を適正にする生活習慣に関して、詳しくは 『中性脂肪を下げる習慣』をご覧ください。

(この記事の監修: さやか美容クリニック・町田 院長 / 皆木靖紀 先生)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/10 20:09 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【健診数値の生かし方】糖尿病 腎症は心臓にも大ダメージ  

 高血糖の状態が続くと、知らぬ間に腎機能が低下し、糖尿病性腎症に結びつくことを前回紹介した。

腎不全になってしまうと、週2-3回の人工透析が必要になることは、一般的にもよく知られている。糖尿病性腎症は腎臓機能に関わるだけではない。心筋梗塞などの心臓病の死亡リスクも高めるとの話があった。

 【腎症と同時に悪くなる】

 高血糖の状態が続いていると、腎臓の濾過(ろか)装置ともいうべき糸球体(しきゅうたい)が硬くなり、機能が低下していく。このとき、心臓の血管もダメージを受けていると考えられるそうだ。

千葉大学医学部附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科の竹本稔准教授が説明する。

 「腎臓機能が低下すると、心血管病のリスクが高まり、死亡率も上がることがわかってきました。

それを『心腎連関』といいます。疫学調査(別表参照)によって、心血管死のリスクが腎機能の低下に伴い上がり、腎不全では約19%にもなります。腎機能の低下は、心臓の血管も同時に悪くすると考えられます」

 一般的な健診で行われる尿蛋白(たんぱく)検査で、陽性になると、腎機能はかなり進んだ状態。医療機関では、その前段階を知るべく、尿に微量に含まれるタンパク質の一種、アルブミンを測る尿検査が行われている。

糖尿病で微量のアルブミン尿が生じ、腎機能が低下し始めても自覚症状はない。しかし、このときすでに心臓の血管にも、ダメージを受けていることになるそうだ。

 【疑いの段階から改善を】

 「腎不全による人工透析の新規の患者さんは、年間約3万人ですが、その半数は糖尿病腎症によります。

糖尿病の患者さんのアンケートでは、心配事の第1位は『透析になるのが怖い』でした。

血糖値のコントロールを早い段階で行えば行うほど、腎不全は防ぐことができるだけでなく、心血管死のリスクも抑えることが可能です」(竹本准教授)

 糖尿病の診断基準では、空腹時血糖値126(単位・mg/dl)以上、ヘモグロビンA1c(HbA1c)6・5%以上だが、厚労省の特定健診では、空腹時血糖100以上、もしくはHbA1c5・6%以上で「糖尿病の疑い」とされる。

糖尿病の人だけでなく、予備軍ともいうべき「糖尿病の疑い」の人も、食生活の見直しを行う必要があるという。

 「腎機能が悪くなってしまうと、食塩1日5グラム以下やタンパク質1日体重1キログラム当たり1グラム以下など、摂取制限がより厳格になります。

通院や数多くの薬の服用なども必要でしょう。これらを避けるには、糖尿病の疑いの段階から食生活を見直して、進行を早い段階で食い止めることがなによりです。

極端なダイエットをするのではなく、1日3食を適量食べつつ、肥満の人は体重を少しずつ落としていく。そして、高血糖といわれた人は、医療機関で適切な治療も受けていただきたいと思います」と竹本准教授は話す。

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/06 21:43 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

個人向け遺伝子検査でわかること、わからないこと  

簡単な手続きで病気のリスクや体質がわかる個人向け遺伝子検査が増えてきた。試してみたい人は、遺伝子検査でわかること、わからないこと、ちゃんと知っておこう。

2014年、個人向け遺伝子検査が続々と登場した。だ液や口の中の粘膜を採取し、郵送するだけで、数百にも及ぶ疾病のリスクや太りやすい食事、体格、アルコールの代謝能、言語能力から耳あかのタイプまでわかるという。

 この検査でわかることは、「自分が病気になる確率」ではなく、「病気になった人(もしくは、ある体質の人)に同じ型の遺伝子を持った人がどれくらいいたか」というデータからリスクを算出したもの。

現状では検査ごとに参考にするデータや解析が異なるため、複数の検査を受ければ違う結果が出る可能性も。その心構えは必要だ。

 また、アンジェリーナ・ジョリーの乳腺除去手術で注目を浴びた家族性の乳がん関連遺伝子や卵巣がん関連遺伝子など、疾病の発症と高い確率で相関する疾患関連遺伝子の検査は、医療機関での適切なアドバイスと治療が必要なため、国内の個人向け検査の対象から外されている。

 それでも、「遺伝子検査はオーダーメード医療への第一歩」とファンケルの代表取締役会長、池森賢二氏は期待を寄せる。ディー・エヌ・エー広報の青野光展氏も「今後、データが蓄積されれば、遺伝子の組み合わせと生活習慣の及ぼす影響が、より解明されるはず」と話す。

 検査内容や、専門家のカウンセリングの有無など、各社でサービスは異なる。申し込む前にしっかり確認しておこう。
.
遺伝子解析の結果がスマホで見られる

「ディアジーン」  “生理日予測アプリ”「ルナルナ」のエムティーアイから登場。8種のがんリスクを調べる「がん遺伝子解析キット」9800円(税込)。さらに糖尿病、円形脱毛症などを含めた19項目がわかる「がん+生活習慣病遺伝子解析キット」は2万9800円(税込)。

問/エバージーン TEL:050-2018-0919

東大医科学研究所とネットサービスの異色タッグ

「マイコード」  東京大学の解析アナグラムを使用。疾病リスクや体質など280超の項目が調べられる「オールインワン280+」2万9800円、100項目の「ヘルスケア100+」1万9800円、体質30項目の「カラダ30+」9800円がある(価格はすべて税別)。

問/DeNA ライフサイエンス TEL:0120-08-4946

解析結果に合わせたサプリメント提案も

 ブログ「アンチエイジングの鬼」で、健康美容情報を発信する勝田小百合さんが、日本の伝統食材を選び抜いた。国産・無農薬で、昔ながらの作り方の食材約50品目で展開。

「グッドエイジングプログラム」 遺伝子検査キット  体質3項目+生活習慣病発症リスクひとつを調べる単品メニュー(1万4800円・税込)、いくつかの項目から認知症発症リスクなどを調べるセットメニュー(2万9800円・税込)を販売。結果に合わせサプリメントの提案も。

問/ファンケルヘルスサイエンス TEL:0120-119-210

東大発ベンチャーによる遺伝子検査の先駆け
「ジーンクエスト」  東京大学発ベンチャーによる網羅的遺伝子解析サービス。だ液から200種類以上の項目に関係する遺伝子約5000 個を解析でき、一度受けると、その後も無料で情報が更新される。4万9800円(税込)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/06 21:42 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

正月メタボが心配? 今こそ正しい知識を学ぶべき“コレステロール”の秘密とは  

正月中に食いすぎた?と、今、後悔してる人も多いはず。

しかし、お餅やおせちは十分カロリーは高いけど、コレステロール(脂肪分)はそう高くなかったりもする。むしろ、新年の仕事が始まるとどうしても増えてくる外食のほうが、コレステロールはずっと高いらしい……。

ということで、意外とみんなわかっていない「コレステロール」の最新・基礎知識を、医師の村中璃子氏に教えてもらった。新年だけじゃない、一読すれば一生役に立つ!

Q)「コレステロール値が高い」「内臓脂肪がたまっている」と言われたら?

基本は食事と飲酒の節制です。脂肪分、糖分を問わずカロリーの取りすぎに注意し、野菜を中心に繊維質に富んだ食事をすることです。

また、アルコールは少量であれば善玉を上昇させますが、脂肪の分解を妨げ、内臓に脂肪をつきやすくさせるという働きがあります。

実は運動には食事ほど直接的な効果はありませんが、心拍数の上がる運動は有効とされます。ちなみに、一度ついた内臓脂肪は食事にだけ気をつけてもダメで、運動をしなければなかなか落ちません。

Q)食事や運動でどうにもならなければ?

悪玉コレステロールを下げる「スタチン製剤」と呼ばれる薬があります。コレステロールが肝臓で合成されるのを邪魔する働きがある薬です。

スタチンにはコレステロールを下げる働きや動脈硬化の予防効果に加え、アンチエイジング効果もあるので「若返りの薬」としてファンも多く、本当に必要がなくてもこの薬を飲み続ける人も多いのが現状です。

アメリカでは悪玉コレステロールの基準値が年々下げられ、それに比例してこのスタチン製剤の売り上げが増えているため「製薬会社に踊らされているのではないか」という疑念も生じています。

Q)健診結果報告書にあるコレステロールの数値や「基準値」って何?

コレステロール値は、血液中にあるコレステロールの「濃度」を測定したもので、「mg/dl(=1デシリットル当たり何mg)」という単位で示したもの。

現在の悪玉コレステロールの「基準値」は、心筋梗塞のリスクとの関連性を、数年間追跡した研究の結果に基づいて設定されています。

ただ、これまでは一律にLDL(悪玉)コレステロール値140以上を「異常」とし、140以下に下げるよう管理していましたが、最近ではリスク別に目標基準値が設定されるようになりました。

例えば、悪玉コレステロール以外に心筋梗塞を起こすほかのリスクがない人であれば管理目標値は160以下です。

Q)ということは、「問題ないコレステロール値」って人によって違うの?

はい。男女別・年齢別によっても異なります。

例えば、女性は男性よりも悪玉コレステロールが高くても病気になりにくいというデータがあります。

一方で男性の場合、悪玉コレステロールだけが高い人はまれで、たいていは肥満を背景として高血圧などほかのリスク要因をもっています。

このように、節制や薬物治療が必要となるラインについては性別・年齢によってばらつきがあり、実は医者の意見も分かれるところなのですが、「基準範囲内では悪玉コレステロールは低いほうがよい」という意見は医者の間でも圧倒的。

食事やお酒を節制して程よく運動し、肥満や隠れ肥満にならないよう、気をつけて生活することが大切です。

●村中璃子(むらなかりこ)
医師、ライター。一橋大学社会学部・大学院卒。社会学修士。北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームなどを経て、現在は都内大手企業で産業医としても勤務。医療・科学ものを中心に執筆中


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/06 21:40 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【体験アリ】やってよかった?遺伝子検査で体質がわかる時代が到来  

健康を維持するには、自分の身体についてよく知ることが大切。

たとえば会社の健康診断を受けるだけでも、身体の状態を把握して健康管理に役立てることができますよね。しかし、健康診断だけでは見えてこない部分もあります。そのひとつが、自分の“体質”。

「お酒が飲めない体質で」「うちはがん家系だから」といった言葉はよく耳にしますが、客観的に自分の体質を説明できる人は少ないのではないでしょうか。

そんな中、にわかに注目を集めているのが、自分の体質を知ることができる“遺伝子検査”。最近ではとても身近になっており、一般の人でも簡単に検査を受けることができるんです。そこで今回は、“遺伝子検査”とはどのようなものなのか、編集部が実際に体験してみました。

■そもそも遺伝子検査って?

人間には約2万6,000個もの遺伝子があると考えられていますが、ヒト遺伝子の全ての配列のうち、個人差があるのは0.1%程度と言われています。

この0.1%の違いで、お酒の強さや、どんな病気にかかりやすいかといった体質が左右されているそうです。

遺伝子検査をすることで、そのような自分の生まれながらの体質を知ることができます。遺伝子は一生変わることがないため、一度検査をするだけでOKとのこと。

検査の相場は、どこまで調べるかにもよりますが1万~3万円程度のようです。一生に一度と考えれば、決して高くは感じないのではないでしょうか。

■いざ検査!

今回試したのは、GeneLifeの『GeneLife NEO 330 ~premium~』。330項目を検査できます。

『GeneLife NEO 330 ~premium~』2万9,800円

Webサイトから検査キットを購入するとすぐに手元に届きます。通常のネットショッピングと同じ感覚ですね。

中には唾液を採取具と返送用の封筒、ご利用ガイドなどが入っています。

疾患のリスクを中心とした項目を検査するAコースと生活習慣病の予防に有効な検査項目を中心としたBコースの2種類がありますが、Bコースを選択しました。

検査方法は簡単で、唾液を採取して郵送するだけ。

44歳男。過去に尿管結石や十二指腸潰瘍などの既往歴あり。

実際に検査にかかる時間は唾液を採取するだけなのでわずか数分。これだけ手軽に遺伝子検査ができるなんて、すごい時代になったものです。

■遺伝子検査の結果やいかに……

さて、郵送してから結果を待つことおよそ1ヶ月。検査結果が判明しました。

結果はWebサイト上で閲覧可能。これなら仕事中でも上司にバレることはありません。

結果は疾患カテゴリ別、体質カテゴリ別、リスクレベル別など様々な観点からまとめられています。

各疾患のリスクレベルは、自分と同じ遺伝子型を持つ人が発症する確率が数値で表されており、その数値が1.49倍を超えると「リスクが高い=その病気にかかりやすい」と判断できます。

今回受検した編集部員は、結果が出る前の週に胃カメラ検査をして“逆流性食道炎”だと診断されたのですが、消化器に関する疾患についてみてみると“好酸球性食道炎”のリスクがなんと3.42倍でした。

ほかにも、過去にかかったことのある病気をみていくと、十二指腸潰瘍は1.66倍、尿路結石症は1.52倍。また、以前腎不全の一歩手前と言われたことがあるそうですが、腎疾患のリスクは1.91倍、母親がかかっていたという肺気腫のリスクは2.89倍との結果に。

これには編集部員も驚きを隠せない様子でした。

各病気の詳細ページには予防と対策が記されているので、リスクが高いものであれば早めに予防策を講じておくのがよいかもしれません。

ちなみに、提携している医療機関では遺伝子検査の結果を基にカウンセリングを受けることができ、医師が個人に合わせた診療プランを提案してくれるとのこと。

今回検査を受けた編集部員も「カウンセリングを受けたい!」と熱望しているので、近いうちに第二弾として“遺伝子検査を基にした予防医療”についてお届けできそうです。

新時代の予防医療として注目を集めている“遺伝子検査”。今後の健康管理を考えるうえでは欠かせないものになってくるかもしれませんね。


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/06 21:38 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)

【早期発見!】脂質異常症は【糖尿病】が原因かも!?  

●脂質異常症は糖尿病が原因かも

脂質異常症は、血液中に中性脂肪やコレステロールが増え過ぎてしまう病気です。これは、糖尿病が関係している場合があります。

糖尿病とは、エネルギーとして使われるはずの「ブドウ糖」が、きちんと利用されずに余ってしまい、血液中に溢れてしまう病気のこと。

これは、ブドウ糖をエネルギーに変換する「インスリン」というホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなったりすることで起こります。

●糖尿病が脂質異常症に繋がる理由

しかしインスリンの働きは、血糖値を下げることだけではありません。肝臓での脂肪の合成を助けたり、末梢組織での脂肪の分解を促したりする働きもあるのです。

このため、インスリンが不足してしまうと、末梢組織で中性脂肪が利用されにくくなり、血中に中性脂肪が増えてしまうのです。

また、中性脂肪が血中に増えることで、余分なコレステロールを回収する善玉コレステロールが減ったり、それによって悪玉コレステロールが増えたりすることもあります。

インスリンが作用せず、ブドウ糖をエネルギーとして使えなくなると、筋肉などの細胞は、代わりのエネルギーとして、細胞組織に蓄積されている中性脂肪を分解して使うようになります。

ところが、中性脂肪を分解してできる「遊離脂肪酸」は、筋肉では使い切ることができないので、肝臓に戻されて、中性脂肪やコレステロールの材料になります。

また、血液中に余ったブドウ糖も、肝臓で中性脂肪やコレステロールの材料として使われます。

こうして糖尿病の人は、中性脂肪やコレステロールがどんどん増えて脂質異常症を併発し、動脈硬化を起こしやすくなるのです。

●早期発見と予防につとめよう

脂質異常症や糖尿病は、単独でも動脈硬化を招きやすい病気です。しかし合併すると、さらに動脈硬化を悪化させ、心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気に発展する危険性が高まります。

どちらも病気も、初期段階では自覚症状がほとんどないので、早期発見のためには、毎年健康診断を受けることが大切です。また、食べ過ぎや偏った食生活、運動不足を解消して、体重を適正に近づけることは、これらの病気の予防に役立ちます。

(この記事の監修: 渋谷DSクリニック 渋谷院 院長 / 林博之 先生)


◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/07/06 21:37 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
お得な宿泊プラン情報
QRコード
QR