2

栄養バランスは?量は?幼稚園のお子さまの食事で気をつけたいポイント

お子さまが幼稚園に入る年齢になってくると、食事の量や栄養バランスに悩むという保護者のかたも多いのではないでしょうか。これまでよりも食べられるものが増える一方で、好き嫌いなどもはっきりしてくる年齢でもあります。そこで今回は、幼稚園のお子さまの食事について、栄養バランスなど気になるポイントについて、考えていきたいと思います。

栄養バランスは、主食3:副菜2:主菜1を心がけて

多くの保護者のかたがもっとも気にされていることが、適切な栄養バランスではないでしょうか。栄養バランスについては、1回の食事で、主食(ご飯、パン、麺など):副菜(野菜、きのこ、海藻など):主菜(肉、魚、卵、大豆料理など)=3:2:1の割合となるのがベストです。

この比率は通常の家での食事だけに限らず、お弁当作りにおいても同じです。お弁当箱に入れる料理をこの比率でつめると、比較的栄養バランスのとれた献立が完成するといわれています。また、幼児期はカルシウムやビタミン、鉄分などが不足しがちですので献立をたてる際には意識してみてください。

しかし、外食の際など、栄養バランスのとれた献立にするのが難しい場合もありますよね。毎食きっちりとバランスのとれた献立にするのはなかなか難しいため、献立を考える際には1日の食事のトータルでバランスのとれた内容にするよう意識しましょう。

また、成長著しいこの時期のお子さまは大人のように朝食、昼食、夕食の3食だけで栄養を補うのは難しい面もありますので、おやつを活用してみましょう。幼児食において「おやつ」は、「補食」という呼び方もされ、食事でとりきれない栄養を補うために取り入れます。そのため、お菓子のような甘いものを食べるのではなく、ヨーグルトや果物、おにぎりなど、「軽食」に近いおやつにしましょう。
.
この時期に「よく噛んで食べる」ことを習慣づけよう

さらにこのころは、噛む力を鍛えたい時期でもあります。よく噛めば、それだけ食べ物が細かく砕かれ、消化酵素の役割がある唾液とよく混ざりあい、胃腸の消化を助ける働きがあります。これにより消化不良によって起きる便秘や下痢を防ぎ、より効率よく栄養を吸収する手助けにもなります。また、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことができるので、よく噛んで食べる習慣をお子さまのうちから身につけることは、将来の生活習慣病のリスクを低下させるというメリットもあります。よく噛んで食べる習慣を身につけるためにも、ゆっくりと食事できる十分な時間をとることや、落ち着いて食事を楽しめる環境を整えることが大切です。

さびしい母がやさしい娘を縛る「5つの呪文」とは?

◆母の何気ない一言が「呪文」になる

娘の人生を支配し干渉する母、娘と密着し、娘の行動に口を出す母――そうした母のもとで育ってきた娘たちには、大人になっても母から受けた「呪文」というプレッシャーから逃れられず、息苦しい人生を送っている人が少なくありません。

そんな娘たちが母から受けてきた「呪文」には、どのようなものがあるのでしょう? 代表的には次の5つの言葉があります。

●1.「あなたのためなのよ」
「あれをしなさい」「それはダメよ」などの言葉の後についてくる「あなたのため」は、本当に娘のため? 「母自身のため」と言い換えた方がしっくりきそうです。

●2.「やりたいことを我慢して、あなたを育ててきたのに」
娘が母の希望と違う進路を選んだときなどに、ついてくる言葉。「人生を犠牲」にした母のために、母の希望に添って生きることが正しいのでしょうか?

●3.「お母さんができなったことをあなたにしてほしいの」
人格も興味も能力も違い、生きる時代も違う娘が、なぜ「母のやりたかった夢」を叶えなければならないのでしょうか?

●4.「あなたさえいてくれれば、もう何もいらない」
「他の関係をあきらめたのだから、私のそばにいて」という大胆な要求を突きつけています。「親友」や「パートナー」の役割まで担わされる娘の負担は?

●5.「お母さんの言うとおりにしていれば間違いない」
進路や人生設計をすべて「お母さんの言うとおり」にすれば、本当に幸せな一生を送れるのでしょうか? そのとおりにしなければ、不幸になるのでしょうか?
.

◆「呪文」が娘の心に与える影響

母にとっては、同じ女性として共感でき、素直に従う娘ほど、分身のようにかわいく思えてしまうものです。しかし、そうした気持ちから娘にかける言葉は、いつしか娘の心のなかで「呪文」としての力を持ち、人生を左右してしまうことが少なくありません。

無意識のうちにこうした呪文をつぶやく母は、“さびしさ”を抱えているものです。そのさびしさは、一人の女性として精神的に自立しきれていないことから発せられるものです。さびしさから、子育てに執着し、なかでもひときわ思い入れのある娘の人生に干渉し続けてしまうのです。

もちろん、母は娘を苦しめようとして、こうした言葉を言っているわけではありません。それを言うことが「娘のためになる」と真剣に信じているのです。しかし、その気持ちが娘にとっては苦しいプレッシャーとなり、娘自身の意志を狂わせてしまいます。

◆母娘ストレスから自由になる2つのヒント

母から呪文を与えられた娘は、「母の期待に応えなければ」と頑張り続け、母の寂しさを埋めるために「パートナー」や「親友」の役割を担おうとしてしまいます。しかし、こうした娘の“やさしさ”が母の執着をエスカレートさせ、母娘双方の精神的自立をスポイルしてしまうのです。

超高齢化時代の現代、母娘関係は、80年、90年と長きに渡って続いていきます。この長い時間のなかで、母が娘に過大な期待を寄せ、娘が母にわだかまりを持って生きるのは、双方に息苦しさを生んでしまいます。母と娘はお互いを尊重しながら、それぞれが自立心を持って生活していく必要があるのです。

私の著書『長女はなぜ「母の呪文」を消せないのか』(さくら舎)では、母娘関係のストレスと解決のヒントをたくさんお伝えしていますが、本書で伝えているエッセンスを2つ抜粋してお伝えしましょう。

●1.「さびしさ」と「やさしさ」の悪循環に気づく
“さびしさ”から娘に癒しを求め、その関係をよりどころにする母。“やさしさ”から「いい子」や「親友役」をやめられない娘。こうしたなれあいが、母娘関係の葛藤を生み、双方の精神的自立を阻害します。まず、なぜ母は“さびしさ”を抱えているのか、なぜ娘は“やさしさ”をやめられないのか、それぞれの生き方を振り返り、娘と母の関係性を理解していくことが必要です。

●2.親子間のほどよい「境界線」を意識する
親子関係の葛藤を抱える家庭では、「親世代」と「子世代」の間にほどよい「境界線」が引かれていない場合が多いものです。つまり、夫婦にすれ違いが生じているために、母が娘に執着してさびしさを紛らわす――この繰り返しによって、世代間の境界線が崩壊し、そのしわ寄せを子どもが抱えてしまうのです。こうした関係性は世代間で連鎖していることが多いため、家族全体の関係を見つめ直すことが必要です。

――書籍の方では、母と娘の関係(とくに長女と母との関係)についてより深く理解し、具体的な解決方法のヒントを伝えていますので、ご興味のある方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

家庭でのケアを誤ると“発達の遅れ”が目立つ!? 「3歳児神話」より大切な「3歳までの育て方」

何十年もの間、母親たちの間で語り継がれてきた「3歳児神話」。子どもは3歳までの間に、母親のもとで育てられないと、成長に悪影響が及ぼされるという考え方です。

平成10年版「厚生労働白書」では、3歳児神話には「合理的根拠がない」とされ、平成16年発表の厚生労働省研究班による5年間の追跡調査結果では、一定の基準を満たした保育園での生活時間の長さと子どものコミュニケーションや運動能力には、ほぼ因果関係がないことが公表されています。

こうした報告などを機に、今では3歳児神話は「根拠のない言い伝え」ということになっていますが、とはいえ、人間の心の成長にとって「3歳頃まで」の期間がとても大切であることは、確かなことです。
.
◆3歳頃までの成長期間はなぜ大切か?

赤ちゃんの頃には、養育者からのマザーリング(お母さんのような愛情とスキンシップで接すること)を受けることで、育ててくれる人への信頼を感じ、自分自身や自分が生きる世界も信頼できるものだという「基本的信頼感」を獲得します。

さらに1~2歳頃になった子どもたちは、興味をひかれたものを見よう、触れようと外の世界に歩きだしていきますが、同時にそれまで密着していた養育者から離れていく「分離不安」を強く感じるようになります。そんなとき、養育者からいつでも温かく見守られ、不安な気持ちを「大丈夫」にかえてもらうことができれば、分離不安を乗り越え、集団生活の中に溶け込んでいくことができるのです。.

◆3歳頃までの育児を誤ると……?

この3歳頃までの欲求や不安に対して、養育者からの十分な対応がなされずにいると、どうなるでしょう?

赤ちゃんは、自分が送ったサイン(泣く、ぐずる、笑うなど)に対して応えてもらえないと、他者や自分を取り巻く世界への不信感を持ち、自分自身のことも、信じることができなくなってしまいます。この不信感は、その後の人生における対人関係や社会生活にも、色濃く影響していきます。

また、1~2歳の頃に養育者との分離不安が残ると、その不安感をその後の人生で信頼を寄せた人(友だち、教師、恋人、上司など)との関係で表出していきます。一定の関係に必要以上に密着したがり、「私だけを見てほしい」「離れないでいてほしい」と束縛したくなります。少しでも心の距離を感じると、たまらなく不安で孤独に感じてしまいます。この対人関係における極端な不安感を、「見捨てられ不安」と言います。

◆「お母さん的なかかわり」で子どもは健全に育つ

子育てにおいて、「3歳児神話」で言われるような「母親自身による常時の育児」が絶対に必要という訳ではありません。しかし、3歳頃までの子の心の発達には、子どもをいつくしみ、安全基地となるような「お母さん的なかかわり」は、欠かせないものなのです。

たとえ専業主婦でも、育児ストレスでいつもイライラしていたり、家事や下の子の世話で忙しく、かまってあげられなかったりすると、やはり子どもの心には不信感や不安、寂しさが残ってしまいます。

ワーキングマザーの場合はどうでしょう? 保育園などを利用していれば、保育士が母親に代わってお母さん的なかかわりをしてくれます。とはいえ、子どもが成長するベースは何と言っても家庭です。

家庭でやすらぎや安心を得られない、お母さん的なかかわりを得られない、ベビーシッターなど養育者が目まぐるしく変わる、といった環境で過ごすと、そこで育った人の心には、やはり不信感や不安、寂しさが残ってしまいます。
.
◆家庭では安らぎと笑顔に満ちた時間を

冒頭で紹介した平成16年発表の厚生労働省研究班による5年間の追跡調査結果では、家庭にいて「家族で食事をする機会」がめったに得られない子どもは、対人技術や理解度の面で大幅な発達の遅れが目立つという結果が出ています。

つまり、たとえ短時間であっても、自宅ではたっぷり家庭的な雰囲気を味わい、家族との団らんの時間を楽しむことが、子どもの心の成長には必要なのです。

ワーキングマザーには、子どもと過ごせる時間が圧倒的に少ないものです。だからこそ、その限られた時間にたっぷり子どもと触れ合い、母子ともに安らぎと笑顔に満ちた時間を過ごすことが大切です。

逆に専業主婦は、子どもと過ごす時間が長すぎて、子育てがストレスになってしまうものです。だからこそ、ときにはリフレッシュをしたり、サポートの手を借りるなどして、子どもへの愛おしさを醸し出すゆとりを持つことが必要になるのだと思います

10歳からがベスト!?子どもに伝えたい、正しい洗顔方法

思春期を迎える前から、スキンケアやコスメに興味を持ち始めるお子さんが増えているようです。子どもにお化粧品なんてまだ早いとお考えのお母様もいらっしゃるかもしれませんが、紫外線や大気汚染の気になる今の時代では、お子さんでも正しいスキンケアの知識を身につけていることが大事です。今回は、母親が子どもに教えたい正しい洗顔法を美容ライター・コスメコンシェルジュの筆者がご紹介します。

■いつから始める?子どものスキンケア

小学校高学年にもなると、おしゃれに関心の高い女の子は、メイクやコスメ、スキンケアのことをファッションの一環として関心を持たれることが多く、子どものスキンケアはいつから始めたら良いのか? 疑問に感じるお母様も多いようです。結論からいうと、お子さんのスキンケアを小学校高学年頃からは、基礎的なケアを行うことがオススメです。ただし、特別なことをする必要はなく、まずは基本的なプロセスを身につけることからスタートするのが良いでしょう。

■まずは正しい洗顔法を身につけるべき理由とは?

それでは、なぜ子どもに基本的なスキンケアが必要なのでしょう? 答えは簡単です。平均して、小学5年生くらいから皮脂の分泌が激しくなってきます。男性は、ホルモンの影響で10歳を境に右肩のぼりで皮脂分泌が盛んになります。女性も男性ほどではありませんが、10歳から20歳まで皮脂分泌は増える一方。過剰な皮脂は、ニキビのもとになることも。10歳になったら、男女ともに正しい洗顔を自ら行えるようにしておきたいのはそのためです。

一貫したスキンケアが必要になるのはなぜ?

また、洗顔後の肌はお子さんでもバリア機能が低下することがあるので、空気が乾燥している時期には保湿が必要になります。さらに、夏には紫外線対策が必要ですので、その塗り方、落とし方も含めて、一貫してスキンケアを行うことは、決して間違いではなく、早すぎるということはないのです。ただし、正しいスキンケアのやり方を知ることが重要です。やり方やアイテム選びを間違るとかえって体に悪い影響を及ぼしかねないので、ぜひ、親子で確認してみてはいかがでしょう。まず、ぜひお子様にレクチャーしていただきたい、正しい洗顔法は次の通りです。

■正しい洗顔法

1.顔に髪がかからないようにピンやゴムで留める。

2.まず手についた汚れを落とす。

3.ぬるま湯で顔をぬらす。

4.手のひらに洗顔料を適量出して、ぬるま湯を加えてよく泡立てる。

5.こまめにぬるま湯を加えながら空気を巻き込むようにふんわり泡をつくる。

6.泡をころがすイメージでくるくると顔にのせる。

7.おでこや鼻は皮脂分泌が盛んなので泡をのせるのを忘れずに。

8.ためたお湯ではなく、必ず水道の水で泡を流す。

9.だいたい1分間くらいを目安にすすぐ。

10.髪の生え際や小鼻など、すすぎ残しに注意!

11.やわらかいタオルでぽんぽんと吸い込むように水分をとる。

いかがでしたか? 洗顔は、健やかなお肌をキープするために必要なものです。外と中からの汚れ、その両方を取り除くことが大切なので、これを機会にお母様も正しい洗顔をおさらいされてみるのもいかもしれませんね。
(美容ライター/コスメコンシェルジュ 斎藤明子)

食中毒になりやすい人の6つの要因

■食中毒にならない「ハゲタカ」
ハゲタカ(コンドル)は死肉をあさる際、炭疽(たんそ)菌やクロストリジウム菌などの病原菌や毒素に身をさらすことになっても、病気になったり死んだりしないことが知られています。デンマークと米国の科学者チームが発表した論文によると、その理由は「数百万年に及ぶ進化で磨き抜かれたハゲタカの消化管がのみ込んだ有害な細菌の大半を殺し、残った細菌と問題なく共存することができる」ということにあるようです。

デンマーク・コペンハーゲン大学のマイケル・ロゲンバック氏は、「ハゲタカが摂取する有毒細菌への対処について、体内で進化による強力な適応が起きたことを、われわれの研究結果は示している」と語っています。

私たちの生態内でもハゲタカほどではありませんが、感染防御の仕組みが備わっており、その違いにより同じものを食べても「食中毒になりやすい人」と「食中毒になりにくい人」がいることがわかっています。ある調査では、同じ給食を食べ、検便でO-157が検出された児童の症状を調べたところ、入院が必要になった児童は全体の12%、下痢のみの軽い症状だった児童は全体の58%、何の症状も出なかった児童が30%いたという報告もあります。

「食中毒になりやすい人」と「食中毒になりにくい人」の違いとは、どのような点にあるのでしょう?

■食中毒になりやすい人の6つの要因
食中毒になるには個人差があります。要因は以下のように大きく6つに分けることができます。

1.腸内に善玉菌が少ない
2.ストレスが多い
3.胃酸が少ない
4.年齢や体調
5.食べる際の鮮度や量
6.血液型

どのような点が関係しているのか具体的に考えてみましょう。

■食中毒になりやすい人の特徴とは
●1.腸内に善玉菌が少ない
悪玉の菌、例えばO-157のような悪玉の大腸菌は、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が健全に活動していれば腸内で増殖しにくくなることということが実証されています。腸内環境が整い善玉菌が優位な人は、腸管感染症が発症しにくいと考えられます。善玉菌を優位にするには、動物性脂肪を控えて、食物繊維を多くとり、定期的に乳酸菌やビフィズス菌を含んだヨーグルトなどを取り入れるといいでしょう。

●2.ストレスが多い
ストレスがあると自律神経のバランスが崩れて、免疫力が下がるということが研究により証明されています。また、ストレスは、腸内細菌のバランスを崩し悪玉菌を優勢にするということもわかっています。ストレス過剰な状態は、病気にかかるリスクが高い状態ともいえます。

●3.胃酸が少ない
胃酸は多すぎると胃潰瘍や逆流性食道炎の原因となることもありますが、逆に少なすぎると胃の中に入ってきた菌を殺す力が弱まるという欠点があります。胃酸を抑える薬を飲んでいたりして極端に胃酸の量が少ない人は、腸管感染症をきたしやすい要因のひとつといわれています。

●4.年齢や体調
若年者や高齢者は免疫力が低下していることが多く、感染症にかかりやすく、さらに重症化しやすいとされています。健康な人でも、過労や睡眠不足など体調不良があると免疫力が低下しているので要注意です。

●5.食べる際の鮮度や量
鮮度が悪い場合は菌が繁殖しやすい状況にあります。増殖速度の速い腸炎ビブリオは、栄養条件がいいと10分に1回分裂して2倍に増えます。1時間で約32倍、3時間経つと約1万倍まで増殖します。食中毒菌の多くは75℃1分以上の加熱で死滅します。感染予防のためには十分に加熱しましょう。

また、体の中に入る菌の量でも食中毒を発症するかどうかが異なります。通常は、食中毒菌を1~2個摂取しただけでは発症しません。発症するにはある程度の菌量が必要ですが、少ない菌量で食中毒を発症するものと、多くの菌を摂取しないと発症しないものがあります。腸管出血性大腸菌やノロウイルスは、少ない菌の量でも食中毒を発症する感染力が強いものです。菌を多く取り入れると、それだけ食中毒を発症するリスクが高くなります。

●6.血液型
ノロウイルスには複数の種類が存在しますが、ノーウォーク類似型に関してはB型の血液型の人には感染しないことがわかっています。理由は、ノロウイルスが結合するためのレセプターをB型の人は持っていないためのようです。ただし、ノーウォーク類似型以外のノロウイルスには感染するので、まったくあたらないわけではありません。

以上のように、食中毒を発症するには様々な要因があります。予防するには、体調が悪いときは生食は避け、もしも食べる場合には十分に加熱するよう心がけましょう。

スパルタ子育て本を出版した森昌子の本当の「母親力」

2歳の子供が箸を使えないことを厳しく叱り、赤く痕が残るほど、強くその手を引っぱたく。我が子を連れて行った公園に大きな石があると「絶対転ぶだろうな、ラッキー」と放置、予想通り転んだら「よかったね、次からは気をつけようね」と反省と自立を促す―─そんな“スパルタ”教育で成功してきたことを明かしたのが、歌手・森昌子(58)だ。

 2月7日に発売した著書『母親力 息子を「メシが食える男」に育てる』の中で、元夫・森進一(69)との間にもうけた3人の息子に対する過激な子育て論の数々を披露している。

 2月8日に出演した情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系列)でも、「たとえば(息子が)肩を突いてきたりすると、私も倍返しでした。親が負けちゃいけないんです」「将来大黒柱として家庭を守っていかなければならない。(そのための)しつけです」と言い切った。

 森の意外な「鬼母教育」で育てられた3人の息子も、今は社会人だ。長男は人気バンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Taka(28)で、10~20代を中心に絶大な支持を集めている。次男は大手企業勤務、三男もミュージシャンとして、それぞれ活躍している。

 彼らの成功もスパルタ教育ゆえかと思いきや、関係者の間では“成功の秘訣はむしろ別のところにあるのでは”と見る向きもある。芸能レポーターの佐々木博之氏が明かす。

「長男のTakaは、母親がデビューしたのと同じ年齢である13歳で“歌手になりたい”と言い出します。芸能界の厳しさを知る森さんは、当初は反対していましたが、本人の固い意志を知り、応援することにしたのです。その後入ったジャニーズ事務所を自主退社してしまったときも、森さんはスパルタどころか、叱らずただ見守ったといいます。結果としてそれが奏功し、長男は歌うことをやめず、今の成功に繋がったのです」

 Takaは、過去にインタビューで〈親父が怖かった。母ちゃんはやさしかった〉〈基本的に母ちゃんは、いつも味方でいてくれたかな〉と明かしている(『ロッキング・オン・ジャパン』2012年6月号)。

 森がどこまで「鬼母」だったかはさておき、息子たちの活躍によってこれからは子育てする親の“せんせい”となりそうだ。

2歳になっても「抱っこユラユラ」でしか寝てくれない! 細切れ睡眠はいつまで続く?

うちの子は眠りが浅く、神経質なのか、少しの物音や、変化ですぐ起きていました。

退院して1週間は何をしても泣かない子だったのですが、1週間を過ぎると、抱っこをしていないと泣き続ける。

抱っこして、寝たと思ってベビーベッドに寝かせると起きる。泣く。それからまた1時間、2時間、3時間・・・寝ない。

本当に何時間抱っこをしても、寝ない。

保健師さんや、検診などで相談をすると、少し泣かせておいて泣き疲れや、いっぱい遊んであげたり、ベビーマッサージとかで疲れさせるとコトって寝たりすると聞いて、やってみたけど、横に寝かせると泣くので、遊ぶ事もマッサージもなかなか出来ませんでした。泣き疲れもやってみたけど、一向に泣き止む気配もなく、泣かせ続けたせいで、逆に抱っこでもなかなか寝なかったり。

ママの抱っこでは、おっぱいの匂いがして、おっぱい、おっぱい!となるので、私の抱っこではなかなか寝てくれなかったです。

パパの抱っこでは、2時間、3時間くらいで寝てくれてました。抱っこをしてないと起きるのですが。

私の母の抱っこだと、上手くいくと30分から1時間で寝てくれてました。

ママのお母さんは、ママに感じが似てるらしく、おっぱいの匂いもしないし、ママに抱っこをされている感覚で寝てくれやすいみたいです。

いつもいつも、母がいる訳ではなかったので、メリーや、泣き止む動画にオモチャ、眠るCDも何枚買ったかというくらい。何かに頼らないと、頭がおかしくなりそうでした。何でもいいから、寝てくれる物はないか・・・と、病んでましたね。


夜は4時、5時にやっと寝て30分で起きる。

抱っこでは1、2時間寝てくれるけど、寝かせると5分、10分で泣いて起きてくる。座ると起きる。壁にもたれかかっても起きる。ユラユラと揺れていないと起きる。

寝てもしばらく抱っこをしてないと起きるので、寝てから30分から1時間ユラユラ抱っこし続けて、そろそろ・・・と私たちもようやくソファに座って寝るという生活を2年半くらいやっていました。

でも、こんなに寝なくてこの子は睡眠時間足りてる?大丈夫なの!?と心配になって、検診で聞いてみると、赤ちゃんはちょこちょこ寝でも、睡眠はちゃんと取れる!という事だそうで、ちょこちょこ寝の睡眠がツライのは大人だけ。安心したけど、何だかモヤモヤ。

半年くらいで、秘技を発見したので、夜はこの秘技で何とか乗り切りました。

その秘技とは、添い乳というか、ソファに私が寝転がって、子供を体の上に乗せ、おっぱいをあげる。

というので、夜中3時、4時頃からですが、朝の6時半、7時頃までは寝てくれるようになりました。

本当はそんなあげ方したらいけないのだろうけど、少しでも睡眠時間が欲しくての、妥協案でした。

口がチュチュと動いて、動いてない時は寝てる、また口が動き出すと、あ起きた!という感じだったです。

起きてもおっぱいがあるので、また吸って・・・という感じで何とか泣かずに寝てくれてました。添い乳というのか、おしゃぶりというのか。

おしゃぶりも何個か試しましたが、駄目でした。おっぱいじゃない!と分かると口に入れてくれなかったです。

今、3歳になりましたが、2歳半過ぎくらいでようやく1人でも寝れるようになりました!

今も一緒に寝たがったりする時もあるけど、暗くするとスーと眠りにつきます。腕枕をしてあげると、ママの心臓の音なのか、近くにママがいるという安心からか、だいたいすぐに寝てくれます。赤ちゃん時期から抱っこというか、体に乗せて寝かせていたので、パパよりママの方が結構すんなり寝てくれます。

赤ちゃん時期は、もう少し成長したら、寝てくれるんじゃないか。1歳半になったし…!2歳になったし…!と気が遠くなるような気持ちしかありませんでしたが、本当に少しずつでしたが、寝る時間もちょっとは長くなっていましたし(と言っても、ちょこちょこ起きて抱っこで寝ての繰り返しでしたけど)、ツラかったけど秘技のお陰で少しは気が楽でした。

3歳の今でもお昼寝はしませんが、夜1人で寝てくれたり、8時に寝て7時に起きる、9時に寝て8時に起きる!までに成長しました!

たまに夜中4時、5時に起きてきたりしますが、たまになので、ほらまだねんねの時間よ!と寝たままの姿勢で言うだけで、布団に入って寝ようとしてくれます。凄い成長です。

3年かかりましたが、それでも今は普通に睡眠が取れるようになったので、あの試練は新生児期だけの我慢だと、思うしかないと思います。

寝ないお子様をお持ちのお母様方、ツラいですよね。イライラもするし。とても分かります。

でも、寝るようになる時が絶対にきます。それはいつだよ。って思うだろうけど、何とか踏ん張りましょう。

子どもの「うつ病」、どのような言動が見られたら「うつ病」を疑うべき?

うつ病は誰にでも起こりうること、また子どもの場合は見逃されやすいことを前編で説明しました。それでは、どのような言動が見られたら、うつ病を疑うべきでしょうか。また、うつ病を引き起こしやすい状況や環境を知っておくことも大切でしょう。引き続き、児童精神科を専門とする猪子メンタルクリニック院長の猪子香代先生にお話をうかがいました。
.
子どものうつ病にはどのような症状があるか

子どもは精神的なつらさを感じても、「自分はうつ病かもしれない」とは考えませんから、保護者が気付いてあげる必要があります。しかし、前述したように10歳を過ぎると思春期に伴う変化があるため、それまでの姿と比較してうつ病を発見するのは容易ではありません。次のような言動が子どものうつ病のサインとなることを覚えておいてください。

◆「自分はダメだ」といった悲観的・絶望的な言葉が増えた。
◆気力や集中力が低下し、成績がガクンと落ちた。
◆仲が良かった友達と付き合わなくなった。
◆登校するのを嫌がるようになった。
◆イライラして家族に当たるようになった。
◆何に対しても興味が持てず、楽しいと感じられなくなった。
◆「疲れた」と言うことが多くなった。

上記に類する言動が見られたら、うつ病の可能性を意識して、子どもの姿を注意深く見守りましょう。子どもが会話をしてくれるなら、「最近、つらそうだね」などと悩みを聞いてあげてください。こうした状態が続くようなら、早めに受診することをおすすめします。

うつ病の子どもが不登校になることは少なくないと見られていますが、学校に通えれば大丈夫というわけではありません。学校で友達とコミュニケーションを取ろうとせずに、孤立しているケースもあります。帰宅後、部屋に引きこもり、家族と一緒に過ごそうとしない場合なども要注意です。

つらい気分から逃れるために刺激を求めることもあります。こうした場合は、うつ病には見えにくいので注意してください。例えば、大音響の音楽を聴いたり、ゲームにのめり込んだり、突飛なファッションに凝ったりするケースが見られます。大人がお酒などに逃避する行動と似ているかもしれません。一見非行に走ったかに見える言動の裏にも、実はうつ病が隠れていることがあります。

何が子どものうつ病を引き起こすのか

続いて、うつ病を引き起こす要因を見てみましょう。

◆家族との関係

大人のうつ病と同じく、ストレスは大きな要因となります。うつ病の子どもは、特に家族との関係に問題がある場合が多く、家族間の仲が悪かったり、保護者の過度の期待がストレスになっていたりするケースが見られます。

◆友人との関係

友達からいじめられたことが極度のストレスとなってうつ病を引き起こすこともあります。逆にうつ病になったことにより、友達とコミュニケーションがうまく取れなくなり、そこからいじめが始まる場合もあります。

◆発達障がいの子ども

発達障がいの子どもがうつ病を併発するケースも少なくありません。発達障がいの子どもは、周囲に溶け込みづらかったり、叱られやすかったりといったストレスを抱えてしまいがちだからです。また、成長すると、自己評価が低くなることもあります。ですから、発達障がいの子どもはうつ病の発症リスクがあると考え、予防と早期発見を心がけましょう。

◆その他の要因

受験勉強のプレッシャー、進学・進級などの生活の変化、また大きな災害などのストレスも、うつ病の引き金となることがあります。こうしたストレス要因に加え、ストレスにどう対応するか、ストレスをどう受け止めるかといった考え方や態度によって、うつ病の発症の仕方は変わります。このことは、うつ病の予防や治療に関連します。ベネッセ 教育情報サイト

小さな子供のママ必見! お風呂に潜む菌はどうすべき?

■お風呂の環境
お風呂は一般の部屋と異なり、浴室として床と浴槽に分かれ、床には排水溝、浴槽には追いだき用の配管があります。また、シャワー・蛇口などの水回りの設備もあり、湯気によって温度・湿度が高い環境です。部屋とは異なる環境であるために、戸を閉めると密閉度が高くなります。

最近では、浴室乾燥機などが設置されていることも増えてきました。これにより湿度を下げることができるため、お風呂の後もカラッとして清潔になったような気持ちになります。しかし、床と浴槽を乾燥させておくだけで、お風呂の衛生面は本当に安心できるのでしょうか?

■排水口や配管など、お風呂に潜む菌の種類
温度と湿度、さらに身体を洗うことで出てくる髪の毛や皮膚の垢などがあると、細菌・カビが増える環境が整ってしまいます。大腸菌が最もいい状態で増殖した場合、15~20分に1回分裂し、2つに分裂した細菌もまた分裂しますので、20分に1回とすれば1時間では8つになります。つまり、その状態で6時間経てば、理論的には2の12乗で4096個の大腸菌が発生することになります。

また、大腸菌以外にもブドウ球菌などが増殖しやすく、カビだとクロカビが多いです。特にクロカビは水の多い場所で繁殖し、低温、乾燥になっても生存力が強いのが特徴で、一旦生えるとなかなか除去ができません。

■抵抗力が弱い赤ちゃんは要注意! お風呂に潜む菌で起こる病気
生後5カ月までに起こす細菌性髄膜炎の原因として、B群連鎖球菌と大腸菌が報告されています(※)。生後5カ月までの赤ちゃんは抵抗力が成人と比較すると低いです。

大腸菌は新生児では髄膜炎を起こし、ブドウ球菌は皮膚に水疱などを作る伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん:とびひ)の原因になります。クロカビは胞子が気管支に侵入することで、喘息などのアレルギーや長引く咳を引き起こす可能性があります。特に子どもは皮膚も消化管も弱いので、湿疹や下痢、腹痛などの症状も出やすいと言えるでしょう。またこれらの細菌・カビは、いずれも胃腸炎の原因にもなります。

何かと直接口にしたり、触れたりするグッズや場所が多いお風呂では、さらにお湯が口から入ることもあります。こまめにお風呂を除菌をすることで衛生管理をしてあげまょう。

■お風呂に潜む菌を増やさないために
お風呂で菌が繁殖する条件となるのは、温度と湿度です。細菌が最も増える温度は36℃前後ですが、60℃でも生きることができ、湿度が50%以上あると繁殖できます。一方、カビの最も繁殖しやすい条件としては、温度は25~28℃、湿度は80%以上です。お湯が40℃としても、冷めてくれば細菌もカビも繁殖しやすい環境になってしまいます。逆に言えば、細菌やカビを増やさない環境として、10℃以下もしくは湿度50%以下にすること、そして、すでに存在してしまっている細菌やカビを除去することが重要になります。

これらの菌を増やさないために
・温度を下げること…10℃以下が望ましいので、冬なら換気をしておきたい
・湿度を下げること…湿度50%以下にするために、浴室乾燥機があれば使用する

■定期的な除菌を心がけましょう
また、細菌とカビの除去には、定期的に以下のことを行いたいものです。
・床や浴槽を洗剤を使って洗うこと
・お風呂の後もしっかりと洗い流して、乾燥させること
・浴槽の蓋をしっかりと洗うこと
・窓際など、目立たない所に気をつけること
・追いだき用の配管も掃除すること

床や浴槽などはもちろん、特に追いだき用の配管などは目に見えないので、普段から配管用の洗剤を使い、掃除をしておきましょう。


不登校が治る「コンプリメント」とは何なのか

昔から、休み明けは学校に行きたくないもの、と相場は決まっていた。大人だって、きっと大して変わらないだろう。読みさしの本があれば最後まで読みたいし、クライマックスのゲームはさっさとクリアしてしまいたいものだ。でも「不登校」ときくと、途端にドキドキしてしまう。それが、悪いことだと教えこまされてきたからだ。

■増加傾向にある不登校に、力強い主張

ここ数年、不登校は増加傾向にあると報道されている。議論百出だが、解決策はなかなか見つからない。先日もフリースクールを義務教育として認めようという議論がなされたが、法制度の変更には至らなかった。一方で、本書『コンプリメントで不登校は治り、子育ての悩みは解決する』の主張は力強い。「親の力で子どもの心に自信の水を満たせば、不登校は治る」と断言しているのである。

しかも、その主張は実証研究に基づいている。教育現場で読まれる雑誌『教育技術』の編集長の薦めでまとめられたというから、その信頼性は高い。前著『不登校は99%解決する』の読者レビューは300件以上あがっており、驚くほど高い評価を得ている。ぜひのぞいてみてほしい。その前著から5年。本書にこめた著者の思いはどこにあるのだろうか。

子育ては親の役目です。子育てを他人任せにすることはできないのです。本書は、前著をベースに、この5年間の実証研究で深めたコンプリメントトレーニングの知識や技術をまとめました。是非ともこれを活用して、コンプリメントを子育てに用いてほしいのです。 ~ 本書「プロローグ」より

学習障害 LD (発達障害)の子どもに効果的な勉強法-5つのポイント

学習障害(LD)の子でも、やり方を工夫すれば勉強が好きになることは可能です。その子の特性を見極めて、最良の策を選ぶ方法をご紹介します。

その子が自信を取り戻す勉強法を探し出す

発達障害のひとつ学習障害(LD)は、話す、聞く、書く、読む、計算するといった能力のうち、特定のものだけを習得したり使ったりするのが難しいというもの。ほかの能力には問題がないこと、知的障害がないのも特徴です。勉強をし始める、小学生頃までに気づくことが多いようです。

ただし、学習障害を抱える子どもは、ほかの子どもたちと同様に勉強しても成績が悪かったりするため、そのままの勉強法だと「できない」というレッテルを貼られ勉強嫌いになりがち。本人が学びやすいように、まわりが工夫することで、自信を取り戻し、勉強の成果もでるようになるはずです。

まずは「ほめる・認める」で自信を取り戻させて

学習障害(LD)の子どもの能力や性格にも個人差があるので、すべての子どもに当てはまる勉強法というのはありません。ただ、共通して言えることもいくつかありますので、まとめてご紹介します。

◯ほめる・認める
学習障害(LD)は、自分は勉強ができないと、自信をなくしている場合が多くみられます。問題を間違えたとしても、怒ったり、注意するのは厳禁。まずは、1つできたら褒めて、その子のことを認め、自信を取り戻させましょう。1問正解するたびに「できた!」という達成感を味わい、次第にやる気が生まれます。

◯短時間を長期間で
勉強は長時間行うより、短時間のものを毎日繰り返す方が理解しやすくなります。特に発達障害を持つ子は、苦手なことに対して集中力がありません。慣れてきたら、5分、10分と少しずつ時間を伸ばすというのも手ですが、あまり長時間はおすすめしません。

◯自分のペースで勉強する
その子がやりたくない時に、無理して勉強をさせても、身につきませんし、さらに勉強が嫌いになってしまう可能性も高くなります。その日の気分を見極めて、やりたくない時はやらせず、気分がのるときだけ取り組んでもらうように調整しましょう。

◯親も一緒に取り組む
親も一緒に参加すると子どもの集中力が続きやすく、楽しく勉強ができます。教えることができなくても、そばにいたり、添削を手伝う、時々声をかけることでも大丈夫。その子の勉強の目標を一緒に考えるなど、積極的に参加しましょう。

◯勉強しやすい仕組みを選ぶ
その子の特性によって、勉強しやすい仕組みがあります。書くことが苦手な子が、アプリを使ったら理解しやすく、なぞり書きなど文字を書く練習を楽しくできたなどの例も報告されています。同じ項目の勉強でも、勉強の仕方のアプローチはたくさんあります。飽きてしまったら新しい方法を取り入れてみましょう。

子どもが行う瞑想の効果は大? 成績向上やADHDの症状改善も

瞑想と子どもの脳の発達の関係についての研究は、大人の脳との関連性についての研究ほどは進んでいない。だが、マインドフルネスの練習を含め、子どもたちにとっても有効であることを示すいくつかの調査結果が示されている。

大人たちにとって永遠の心配事の一つは、子どもに注意力があるかどうかだ。2004年に発表された研究結果では、注意欠陥/多動性障害(ADHD)と診断された子どもたちのうち、親と一緒に毎週2回の瞑想のクラスに参加し、自宅でも瞑想を行った子は、学校でも集中力などの向上が確認されたという結果が示されている。

また、マインドフルネスに基づく「子ども向けマインドフルネス認知療法(MBCT-C)」を受けた子どもたちにも、注意力の向上と行動に関する問題の改善、(不安レベルが非常に高かった場合の)不安の軽減といった結果が見られた。さらに、2013年に公表された研究結果によれば、ADHDの少年たちに8週間にわたってマインドフルネスの練習に参加してもらったところ、大幅な過活動の改善・集中力の向上がみられたという。

出席率と成績が向上

学校で行う瞑想は、教師らが望む「成績と出席率の向上」という結果をもたらす可能性がある。これについては、その効果を示す事例証拠、科学的証拠の双方が得られている。カリフォルニア州のある学区ではリスクの高い学校の一部を対象に1日当たりの授業時間を30分延長し、毎日瞑想を行ったところ、良い結果がみられた。ただ、こうした結果をより深く理解するためには、今後さらなる研究が必要だ。

精神的な健康の促進

明らかな心的外傷を負っている子ども以外の場合には大人と同様、瞑想によって精神の健康状態が全般的に向上することが分かっている。

この分野に関する研究はまだ始まったばかりだが、小規模な調査ではあるものの、前述のMBCT-Cに関する調査では、不安度が高い状態から治療を開始した子どもたちでも12週間後には、不安による症状の改善がみられた。その他、放課後に行うヨガと瞑想のクラスに参加することで、子どもたちの幸福感が増し、リラックスできるようになったとの研究結果もある。

子どもの社会性を高める効果も

そのほかヨガについては、子どもが体育の授業だけに参加していた場合に比べ、不安やうつ、疲労感に軽減や改善がみられたとの報告がある。

10年後までにはより多くの研究が行われ、これらの練習を幼児期から行うことが子どもの気分・不安障害の治療にどのように役立つかについて(少なくともその他の治療法の補助的なものとしての効果が)、明らかにされていくだろう。

自己認識と自己調整

マインドフルネスは「自己認識」と密接に関連している(その定義であるともいえる)。そして、その中には自然と、「自己調整」も含まれてくる。つまり、その時々(今この瞬間)における自分の思考プロセスや反応をより明確に自覚できるようになれば、自分の感情や行動をよりコントロールできるようになるということだ。自分自身の内面をコントロールすることを学び始めたばかりの子どもたちにとって、これを実践する方法を学ぶことは大いに役立つと考えられる。

ある研究結果によれば、8週間にわたって週2回の「マインドフル・アウェアネス・プラクティス(MAPs)」を練習した子どもたちは、脳の実行機能が向上した。別の研究では、マインドフルなヨガを練習した子どもたちは、長期間(調査期間は1年)にわたって自己調整能力が向上した状態を維持することができたことが確認されている。

社会性・情緒面の発達

子ども向けのヨガクラスを運営する「ヨガ・フォー・クラスルーム」のリサ・フリン最高経営責任者(CEO)は、「子どもたちの幸福感や回復力が全般的により高くなるとの研究結果は、驚くものではない。(ヨガをする)子どもたちには明確な自己意識がある。そして、自分の周りにいる他者や自分を取り巻く世界とのより深いつながりを持ち、それらを尊重している」と話している。

“メタボな子ども”が増加中! 「子どもの肥満」はどのくらいから?

米国心臓学会議で、肥満の子どもにおいては、8歳という低年齢でも重大な心疾患の兆候を示すケースがあるという研究結果が発表されたそうです。これは、調査対象となった肥満の子どもの4割に心筋の肥大がみられ、高い心臓病リスクが存在するとみなされたことによるもの。また、調査では肥満の子どもの中に、ぜんそく、高血圧症、抑うつ症などを患っているケースもあったことがあわせて報告されていました。

この研究チームは、「若年期の心臓障害は、成人期になるとより重症な疾患の発症や、早死にする確率の上昇につながる可能性がある」として警告を発しています。ただひとくちに「子どもの肥満」といっても、その基準はいったいどれくらいなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

そもそも「子ども」の定義は?
子どもの肥満について、話をする前に「子ども」とは何歳までを指すのでしょうか。年齢でみてみましょう。
乳児

生後から1歳まで。とくに生後4週までを新生児という
幼児

1歳以上から小学校に入るまでの未就学児
児童

児童福祉法では18歳に満たない者をいう

それでは医療に関連するケースではどうでしょう。
小児科受診

明確な決まりがあるわけではない。通常15歳(中学生)位が目安になっているが、高校生でも大人でも問題はない。
市販薬

0歳~6歳は乳幼児、7歳~14歳が小児、15歳以上が大人となっている。
「子どもの肥満」の基準は?
子どもの肥満はおもに「肥満度」というものを使って評価します。肥満度は、標準体重に対して実測体重が「何%上回っているか」を示すもので、下記の式で計算されます。

●肥満度(%)=(実測体重kg-身長別標準体重kg)÷身長別標準体重kg×100
・乳児:この肥満度判定は使用しません。
・幼児:肥満度15%以上は太りぎみ、20%以上はやや太りすぎ、30%以上は太りすぎ
・学童:20%以上を軽度肥満、30%以上を中等度肥満、50%以上を高度肥満

より踏み込んだ指標として、厚生労働省が定める「小児期メタボリックシンドローム」の診断基準を紹介しましょう。
小児期メタボリックシンドロームの診断基準(6~15歳)ウエスト周囲径

・中学生80cm以上/小学生75cm以上
もしくは、
・ウエスト周囲径(cm)÷身長(cm)=0.5以上

上記ウエスト周囲径が該当し、かつ下記項目のうち2項目以上があてはまる
中性脂肪

120mg/dl以上

かつ/または
HDLコレステロール

40mg/dl未満
収縮期(最大)血圧

125mmHg以上

かつ/または
拡張期(最小)血圧

70mmHg以上
空腹時血糖

100mg/dl以上

とくにメタボリックシンドロームは内臓脂肪症候群とも言いますが、内臓に脂肪がたまっていて、高血圧や糖尿病、生活習慣病、動脈硬化などにつながりやすい状態です。ただし、こうした数値には生まれつきの体質や体型も関係してくるため、あくまで目安です。メタボの診断には、血液検査が必要ですし、肥満が深刻に心配される場合には、小児科など専門医の診断をあおぎましょう。

小児肥満で高まるリスクとは
厚労省によると、小児肥満の約70%が成人肥満に移行することが指摘されています。

小児期メタボリックシンドロームを予防するには、「脂肪や塩分の多いスナック菓子の間食」や「部屋にこもってゲームのような遊び方」、「野菜が少なく脂質の多いおかず」、「朝食の欠食」、「時間に不規則な生活」など、子どもの生活習慣を見直すことが重要です。

子どものころから「当たり前」だったことは、大人になってもなかなか変えられないものです。また、親の習慣が子どもに害を与えているケースも考えられます。現在では、国の子ども子育て支援制度のもと、各自治体でさまざまな子育て支援事業が行われています。自分の住んでいる地域で、専門家による栄養指導などを実施するイベントがないかチェックして、積極的に活用してみるのもいいですね。

中学生や高校生にもなれば、自覚や改善もできるようになりますが、小児~小学生のうちは子どもに余計なプレッシャーを与えないように、保護者が牽引(けんいん)して、家族みんなで健康的な食事や運動に取り組むようにしたいものですね。

【参考】
厚生労働省『子どものメタボリックシンドロームが増えている』(http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-06-001.html)

<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

子どもが発達障害かも…まずはどこに相談すればいい?

自分の子が発達障害かもしれないと思った場合、相談できる窓口が全国に設けられています。少しでも悩んだら、利用してみると糸口が見つかりやすくなるかもしれません。

早めの相談で、家族も本人もスムーズな生活に

子供に発達障害がある場合、まわりが早く障害に気づいてあげることで、その子にとって適切な環境をいちはやく作ることができます。障害がある子供が社会的に自立できるように支援する治療と教育のことを“療育”と言います。社会に適応する能力を身につけられることはもちろん、その子の能力を伸ばしていくことができるのです。もし発達障害でなかったとしても、療育を受けることは子供の発達にとってよいと考えられています。

◯発達障害について相談できる窓口

・発達障害者支援センター
発達障害者の日常生活について相談できる場所です。また、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携し、発達障害の子(人)やその家族が豊かな地域生活を送れるようにサポート。自宅から遠い場合は、電話相談に乗ってくれるところも。

・発達障害情報・支援センター
発達障害に関する正確で信頼できる情報を発信・啓発を行う機関。国立特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センターと情報共有しており、その人のライフステージにあった情報を提供してくれます。

・発達障害教育情報センター
発達障害にかかわる教員、保護者などの関係者に支援を図り、一般の人からの理解も得るために情報提供や理解啓発、調査研究活動を行う機関。子供の特性に応じた教育的支援に関する研究や文献、研究会など、発達障害に関する教育について情報を発信しています。

・市町村保険センター
発達や言葉などに関する悩みを聞いてくれる発達相談を行っています。市町村が設置し、母子保健・老人保険を担っている場所。1歳6ヶ月児健診、3歳児検診で足を運ぶ場所でもあります。相談は予約制の場合があるので、事前に電話で確認を。

・子育て支援センター
子育てをしている家庭の支援活動を行うところで、育児の不安についての相談に応じてくれます。子育てのサークル支援のほか、発達障害児のサークル活動を行っている場合が。

・児童相談所
0歳〜17歳の児童を対象として、保健相談・発達障害などの心身障害相談を行っています。場合によっては、発達検査などを行うことがあり、医師や児童福祉士、保健師、児童心理士、言語聴覚士などの支援や療育などのアドバイスがもらえます。

相談する前に、聞きたいことや子供の気になる症状をメモしておきましょう。その時、親が見ていない幼稚園や学校での様子も、事前に聞いて書き留めておくと、担当者に説明しやすくなります。例えば、子供がうまくできないこと、友達や家族など対人関係での問題点、いつ頃言葉を話し始めたなどの生育歴など。悩んだらまず、電話で各機関に連絡をしてみましょう。

学習障害 LD(発達障害)の種類と特徴‐大人になるとどんな支障がでる?

ある特定の学習分野の能力のみが困難になる学習障害(LD)。学習に限定された障害のため、学校が始まるまで気づかなかったり、苦手分野だと思い込んでいて、大人になってから診断を受ける人もあります。症状などの特徴をご紹介します。

学習障害(LD)には読み、書き、算数の苦手分野が

発達障害のひとつである学習障害(LD)。知的障害はありませんが、話す、聞く、書く、読む、計算するといった能力のうち、ある特定のものを身に着けたり使用したりするのが難しくなる障害です。全体的に問題はないものの、ある特定の能力だけが極端に低いというのが、学習障害(LD)の特徴です。本格的な学習に入る小学生頃まで障害に気づくのが難しい障害といえます。

学習障害(LD)の症状は、「読む能力はあるけど、書くのが苦手」など。脳の中枢神経系の機能になんらかの障害があることが原因とされていますが、具体的にはわかっていません。親族に学習障害の人がいると発症率が上がるため、遺伝的素因が強いとも考えられています。

学習障害(LD)の種類は主に下記の3つ。

◯読字障害
学習障害(LD)と診断された人の中で一番多くみられる症状。読字障害があると、関連する「書く」という能力も困難を感じることが多い。

◯書字表出障害
文字を正確に書いているつもりなのに、鏡文字になってしまうなど、文字を書くという動作が困難。文字が読めるのに書けない場合もこれに分類されます。

◯算数障害
基本的な数字や計算式で使う記号を認識するのが困難で、考えて答えを出す推論が苦手。算数の学習を始めてから障害に気づく人がほとんどです。

大人の学習障害(LD)は、職場で理解されないことも

学習障害(LD)は、発達障害のなかでも判断が難しい障害です。苦手分野の以外の知的能力に問題がないことが多く、学校で習う読み書きや計算は、ほとんどの子が初めて習うもののため、障害がなくても学ぶのに時間がかかる子もいます。本格的な学習をする年齢になるまで、苦手な教科と判断され障害に気づかないこともあります。最近では、大人になってから学習障害(LD)と診断を受ける人も少なくありません。

大人の学習障害(LD)とは、職場で業務やルールを学ぶのが困難といったもの。仕事の覚えがとにかく悪く、一生懸命やっているのにもかかわらず仕事が終わらないなどの困難に直面します。周囲からはやる気がないように見えてしまい、上司や先輩から何度も注意を受けたりすることも。本人の自尊心が失われる前に、診断を受けることが必要です。

学習障害(LD)と診断されたとしても、時間をかければ通常のレベルまで回復できることが多く、本人が苦手なものに粘り強く取り組めるかどうか、職場の人など周りが障害を理解してくれるかがカギとなります。

ちなみに、映画監督のスティーヴン・スピルバーグ氏は、自身が読み書きが何倍も遅い学習障害であることを公表しました。自分の苦手とする分野があまり重要でない職業を見つけることができれば、学習障害(LD)の人でも自分の特性を生かし、実力を発揮できる可能性が十分にあります。

子どもが発達障害かも…まずはどこに相談すればいい?

自分の子が発達障害かもしれないと思った場合、相談できる窓口が全国に設けられています。少しでも悩んだら、利用してみると糸口が見つかりやすくなるかもしれません。

早めの相談で、家族も本人もスムーズな生活に

子供に発達障害がある場合、まわりが早く障害に気づいてあげることで、その子にとって適切な環境をいちはやく作ることができます。障害がある子供が社会的に自立できるように支援する治療と教育のことを“療育”と言います。社会に適応する能力を身につけられることはもちろん、その子の能力を伸ばしていくことができるのです。もし発達障害でなかったとしても、療育を受けることは子供の発達にとってよいと考えられています。

◯発達障害について相談できる窓口

・発達障害者支援センター
発達障害者の日常生活について相談できる場所です。また、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携し、発達障害の子(人)やその家族が豊かな地域生活を送れるようにサポート。自宅から遠い場合は、電話相談に乗ってくれるところも。

・発達障害情報・支援センター
発達障害に関する正確で信頼できる情報を発信・啓発を行う機関。国立特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センターと情報共有しており、その人のライフステージにあった情報を提供してくれます。

・発達障害教育情報センター
発達障害にかかわる教員、保護者などの関係者に支援を図り、一般の人からの理解も得るために情報提供や理解啓発、調査研究活動を行う機関。子供の特性に応じた教育的支援に関する研究や文献、研究会など、発達障害に関する教育について情報を発信しています。

・市町村保険センター
発達や言葉などに関する悩みを聞いてくれる発達相談を行っています。市町村が設置し、母子保健・老人保険を担っている場所。1歳6ヶ月児健診、3歳児検診で足を運ぶ場所でもあります。相談は予約制の場合があるので、事前に電話で確認を。

・子育て支援センター
子育てをしている家庭の支援活動を行うところで、育児の不安についての相談に応じてくれます。子育てのサークル支援のほか、発達障害児のサークル活動を行っている場合が。

・児童相談所
0歳〜17歳の児童を対象として、保健相談・発達障害などの心身障害相談を行っています。場合によっては、発達検査などを行うことがあり、医師や児童福祉士、保健師、児童心理士、言語聴覚士などの支援や療育などのアドバイスがもらえます。

相談する前に、聞きたいことや子供の気になる症状をメモしておきましょう。その時、親が見ていない幼稚園や学校での様子も、事前に聞いて書き留めておくと、担当者に説明しやすくなります。例えば、子供がうまくできないこと、友達や家族など対人関係での問題点、いつ頃言葉を話し始めたなどの生育歴など。悩んだらまず、電話で各機関に連絡をしてみましょう。

方法はあるの? メンタルに強い子どもの育て方

■子どもの心を強くするカギは?
「三つ子の魂、百まで」と言います。人の気質は3歳までに決まるのか、それとも、生まれて3年も経てば元々の気質がはっきりしてくるということなのか――といった微妙な命題はさておき、できるだけ心の強い子、メンタルの丈夫な子になってほしいと願う親御さんは少なくないかもしれません。

大人になって社会に出れば、ツラいことやため息をついてしまうような出来事は多々あるもの。苦しい時代に頼りになるのは、何といっても自分自身の強い精神力だからでしょう。ここでは、あなたのお子さんをメンタルの強い子に育てるために、精神医学的にぜひ知っておいていただきたいことを詳しく解説します。

■結局、適度がよい? しつけは厳し過ぎも甘やかし過ぎもダメ
まずは精神医学的な話に入る前段として、しつけは厳しい方がよいのか、甘やかしてよいのか。結論からですが、これはいずれも過剰にならないことが大切かと思います。子どもが大人になった時、いわゆる立派な大人――「立派」の定義は意見が分かれるところでしょうが、礼儀正しく、ある程度周りの空気を読め、相手の気持ちを思いやれる、そして、頑張らなくてはいけない時は頑張ることができる――になるためには、やはり子ども時代に受けるしつけは大切です。

とは言え、厳し過ぎるしつけは、かえって子どもの成長には逆効果。厳しいしつけの極端な例として、生まれたばかりの子どもを千尋の谷につき落としてしまうライオンの話は有名ですが、もしも親のしつけが過剰に厳しくなってしまえば、人間の子どもの心にはトラウマができてしまう恐れもあります。実際のところ、ライオンだって、もしも子どもライオンが谷に落ちれば、すぐさま助けに向かうそうですよ……。

反対に行き過ぎた過保護も避けるべきです。お子さんの自立を妨げるほどの過保護の弊害は近年言われている通りですし、もし子どもが過剰にママにべったりに育ってしまったら、ある程度成長してから周りから、からかわれてしまったり、いわゆるマザコンの大人になってしまってからでは、お互いになかなか大変なのではないかと思います。いずれにしても、しつけはほどほどに、行き過ぎた過保護の弊害にはぜひご留意ください。

■子どもの頃に芽生えた劣等感は大人になってからも尾を引く?
お子さんには、お子さんの世界があります。周りの子どもたちと遊んだりしているうちに、子ども心に「負けている……」と、引け目を感じることは、よくあること。そして意外に、それは大人になった後まで尾を引くものです。それは自分自身の能力面だけでなく、例えば、「周りの子どもたちが皆、親に動物園へ連れて行ってもらっていたころ、自分だけはいくら言っても連れて行ってもらえなかった」といった記憶も、大人になった後も意外と覚えている人はいるものです。

劣等感は子ども心に自信を失わせますが、反対に、自分に自信を持てれば、劣等感は和らぎます。自信を持たせるために作りたいのが、何かしらの「得意分野」です。人間誰しも、得手不得手がありますが、得意なことは子どもの時分から、はっきりしていることが多いように思います。例えば、ダンスの才能があるお子さんなら、無理に苦手なピアノを習わせて劣等感を感じる場面ばかりにするより、好きなダンスを好きなように楽しくやらせておくことで自信が持てるでしょう。

やがてすごいダンスキッズになって、周りから一目置かれるようになればいうことはないかもしれませんが、本人が好きで自信を持てるようになれば、それだけでも十分です。改めて言うまでもないことかもしれませんが、お子さんが得意な分野をぐんぐん伸ばしていけるように手助けするのがベスト、ともいえるかもしれません。

■性的発達段階とトラウマ
さて、ここから一段階深く精神医学的なお話になります。子育て中の親御さんには、子どもの性的発達段階はぜひ、意識していただきたいところです。 性的発達段階とは、著名な精神医学者ジークムント・フロイト(1856~1939)が唱えた概念のひとつで、フロイトによれば、人は生まれてからいくつかの性的発達段階を経て大人へと成長していきます。性的発達段階には、授乳期である「口唇期」(生後18ヵ月頃まで)、トイレ訓練の時期である「肛門期」(生後18ヵ月~3歳頃)、異性への関心が芽生える「エディプス期」(5歳~6歳頃)などがあります。

フロイトによれば、もしも、子どもが性的発達段階のどこかで、つまづいてしまうと、大人になってから、心の病気のリスクが高まります。 例えば、口唇期で口唇の欲求が充分、満たされなかった場合、大人になってから他人に不信感を持ちやすくなるとされています。また、肛門期に欲求のまま、排泄がやりたい放題だった場合、大人になってから、いい加減な性格になりやすいといったことがフロイトの理論で言われていますので、親御さんは、お子さんが性的発達段階のテーマを問題なく、こなしているかどうか、目を光らせておいた方が良いかと思います。

また、子どもが大人になってから、心の病気のリスクが高まる代表的原因のひとつに、幼少期のトラウマがあります。「交通事故で入院していた時、長期間、家に帰れず寂しかった」「見知らぬ旅先で迷子になって、怖い思いをした」「遊び友達に不幸があった」など、時には、子どもの心が大きく傷つくような出来事が起きてしまうこともあります。

小さなお子さんなら、心のつらさを上手く表現できないでしょうが、それでも、もしも、お子さんが何度も夢に出てくるような辛い体験を口にするようなことがあれば、親御さんはぜひ、お子さんの話を聞いてあげて、その体験を過去のこととして、お子さんの心の中で終わらせることができるように手伝ってあげてみてください。

■最後に、子は親の鏡ということも、お忘れなく!
子育て中の親御さんに変にプレッシャーをかけるつもりはありませんが、子どもは小さいながらも親の言動を隅から隅まで実によく観察しているもの。お子さんが自分の言動を真似しているのに気付いて、思わず、ドキッとしたことはなかったですか?

実際、親のライフスタイルの影響で、子どもが大人になった時、心の病気のリスクが高まってしまう場合もあります。例えば、アルコール依存症などもそのひとつです。一般に、心の病気は遺伝的、心理的、社会環境的要因がネガティブに相互作用した結果、発症しますが、アルコール依存症の場合、お酒に飲まれてしまっている親の姿が子ども心に複雑な傷を作ってしまい、それが病気のリスクを高めてしまうと言われています。

昔から「子は親の鏡」という言葉もあります。お酒に関するような問題行動はもちろんですが、子どもに真似されたら困るような、ご自分の言動には充分、お気を付けください。

早期発見がポイント―子供の「自閉症」、MRIで診断可能に

自閉症は「心の病気」だと思っていませんか?この病気は脳の神経伝達に生まれつきの障害があることで現れるものです。

これまでは質問と行動で自閉症であるかどうか判断されていましたが、脳のスキャンで発見することが可能になりそうです。就学前に発見できれば対策が立てやすく、その後の人生がより充実すると考えられます。

自閉症は「心の病気」だと思っていませんか?この病気は脳の神経伝達に障害があることで現れるもので、先天性の、れっきとした脳の疾患なのです。

一部の神経伝達が困難であるため、ものごとの因果関係を結びつけるのが苦手だったり、コミュニケーションに支障をきたすことがあります。その反面、芸術などの分野で飛びぬけた能力を発揮する例も多いことが知られています。

自閉症であることが早くから分かれば、保育所や小学校の選択、親の生活など、さまざまな面で効果的な対策が可能です。しかし、現在のところ、自閉症であるかどうかの診断は患者に対する質問と、日常の行動から判断されているため、実際には4~6歳で発覚することが多いようです。

イギリス、アラバマ大学とオーボーン大学の共同研究は、自閉症の診断をMRIによって行うことを目指すものです。

研究チームは自閉症と診断された10代以降の15人と、自閉症の症状のない16~34歳の15人の脳のスキャンを比較しました。この結果、神経伝達が弱くなる部分を見ることができたということです。

研究チームのカーナ博士によれば、MRIによる検査が実施できれば、子供が18か月の時点で自閉症かどうかを診断することができるそうです。これによって早期に対策をたてることができれば、子供にとって無理のない、また才能を伸ばせる教育や生活を選択することができます。

日本では1000人に1~2人の割合でいると言われる自閉症。意外に身近な症状を言えるのではないでしょうか。早期診断が可能になり、より助け合って生活できるようになることが望まれます。今後の研究にも目が離せませんね。

【幼児の生活調査】低年齢児の排泄の自立 やや遅くなる傾向

ベネッセ教育総合研究所では、1995(平成7)年から20年にわたり、幼児を取り巻く環境に関する調査を実施してきました。2015(平成27)年の調査結果では、幼児の生活や母親の育児に対する意識、子育てのサポート環境に至るまで、興味深い変化が見られました。早速、結果を見ていきましょう。

幼児の発達状況については、2005年から調査をしています。2015年調査の結果と比較したところ、この10年間で「できる」比率が、やや減少している傾向が見られました。とくに5ポイント以上減少したのは、排泄(はいせつ)の自立に関連する4つの項目、「オムツをしないで寝る」「自分でうんちができる」「自分でパンツを脱いでおしっこをする」、「おしっこをする前に知らせる」と「家族やまわりの人にあいさつする」、「歯をみがいて、口をすすぐ」でした。

排泄の自立について、経年での減少幅が高年齢児(4歳~6歳11か月)よりも大きかった低年齢児(1歳6か月~3歳11か月)について就園状況別に見たところ、保育園児も未就園児も同様に、5年前より「できる」割合が減少していました。排泄の自立を焦らない子育ての風潮を背景に、保護者の意識や子どもへの関わりが変化していると考えられます。

変な場所から歯が生えてきたけど大丈夫? 歯の生え変わり予備知識

6歳ごろから始まる歯の生え変わり。子どもの前歯がぐらぐらと動くようになり、小さな乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。とはいえ、これはあくまでも順番通りにいけばのお話。乳歯が抜けていないのに、とんでもないところから永久歯が頭を出してしまっている!と驚く保護者のかたも多いようです。乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。
.
乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくるのはよくあること

実は、乳歯の後ろ、しかもかなり口の奥のほうから永久歯が生えてきてしまうのは、あまり珍しいことではありません。歯は想像以上に位置を変えますし、口の奥のほうに生えてきてしまった歯は無意識に舌で押し出すため、自然に本来の位置に戻ります。異常なことではありませんので、まずはご安心を。保護者が驚く様子を見て、子どもがびっくりしてしまうこともあるので、特別不思議なことではないと教えてあげてください。.

「抜けば手っ取り早い」が、必ずしも抜く必要はないという考え方も多い

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてしまうと、あたかも「今ある乳歯が、永久歯が生えてくるのを邪魔してしまっている」というように考えがちです。しかし、永久歯は乳歯の根っこにふれると乳歯を吸収していくため、万が一邪魔であってもどかすことのできる自然な力を持っています。少しずれた場所に生えてきてしまうということは、乳歯より大きな永久歯が入り込む余地がなかったということ。スペースが足りなかったために、それ以外の生えやすい場所に生えてきたということになるのです。乳歯がなかったとしても、永久歯はずれた位置に生えてきていたでしょう。

先ほどご説明した通り、永久歯は乳歯を吸収しつつ舌にも押し出されながら、どんどん前の方に出てきます。また、そうしている間にも顎が成長し、きちんと歯と歯の間におさまることが多いと考えられています。いずれ乳歯は抜けるため先に抜いてしまってもいいのですが、いずれ抜けるからこそ急いで抜く必要はないと考える医師も多く、歯の状況によって処置を判断することになります。まったく根が吸収されていない乳歯を抜くには麻酔を使用する必要もありますし、抜く必要があるとしても、もう少し待てばもっと子どもの身体に負担をかけずに抜くことができる可能性が増えるのです。

急ぐ必要はないが、歯並びや今後の相談のために小児歯科を受診しよう

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてしまっても、急いで歯医者に行く必要はありません。しかし、場合によってはずっと待っていても乳歯が抜けず、歯の方向によっては食事のしにくさがあったり、気になって集中力に支障が出てしまったりすることもあります。どの程度様子を見るべきか、全体の歯並びから今後どのようなことに気をつけたらいいかなどを相談するため、永久歯を見つけてから2~3週間以内には小児歯科を受診しましょう。また、医師によっては治療の方針が違うため、納得がいかないことがあれば別の歯科でのセカンドオピニオンをおすすめします。

※永久歯が乳歯よりも外側(歯を食いしばっても見える位置)に生えてきた場合には注意が必要です。できるだけ早めに受診しましょう。

2~3歳ならではのオムツはずれ成功の秘訣

オムツで排泄している子どもにとって、トイレは未知の場所。2~3歳の場合は、1~2歳よりも言葉の発達が進んでいるので、トイレの意味を楽しく理解できるよう少しずつ促していきましょう。それと同時に、「自分は赤ちゃんじゃない」というプライドを上手にくすぐってあげることが、2~3歳の子どもに合った始め方だといえます。

ポイント1…トイレの意味や必要性を理解させてあげましょう

とりあえずトイレに行き、便座に座ったものの、子どもが興味をもたない…というのはよくあること。その場合は、「みんなトイレへ行っているね。何をしているのかな?」など、トイレの意味を楽しく伝えてあげましょう。

また、トイレそのものの意味がわかっても、「自分もするんだ」とは思わないことも。そんなときは、「お兄ちゃんお姉ちゃんはみんなトイレでおしっこするよ」「オムツは赤ちゃんのものだから、もうお別れしようか?」と伝え、子ども自身にオムツとの別れを決意させるのもいいでしょう。ただ、子どもは親の気持ちにとても敏感なので、あくまでも緊張はさせない程度に促してあげてください。
.
ポイント2…子どものプライドをくすぐって気持ちを盛り上げましょう

2歳を過ぎると、子ども自身の中で「自分はもう赤ちゃんじゃない」というプライドが強まっているので、そこを盛り上げてあげるとスムーズにオムツはずれを始められる場合が多いです。

例えばパンツを履かせるときに「オムツじゃなくてお兄ちゃん用のパンツになるんだよ。よかったね?」と言ったり、トイレへ行ったときに「赤ちゃんと違って、トイレでおしっこできるのカッコイイね?」などと、満足感を得られるような言葉をかけてあげると子どもは誇らしくなり、パンツやトイレに対して前向きなイメージをもってくれるはずです。

その分、「はやくしなさい」と焦らせたり、失敗を叱ったり、他の子と比べたりしてしまうと、プライドが傷ついて意欲がそがれてしまいますから、どんなときも心に余裕をもって接してあげられるといいですね。

まだまだ十分に自分の気持ちを伝えられるわけではないものの、「赤ちゃんとは違う」という自我がはっきりとしてくる2~3歳の時期。それを決して否定することなく、「大きくなったね」と上手に盛り上げて、オムツはずれへの意欲を高めてあげましょう。

小中学生が“老化”!? 4割の子どもに広がる「ロコモ」

「ロコモ」とは、加齢や運動不足が原因で筋肉、骨、関節などに障害が発生し、身体機能の低下をきたす状態。当然、高齢者特有の症状と思われてきました。要介護となる最大要因でもあります。ところが、埼玉県医師会が幼稚園から中学生までの子供に運動器の検診を行った結果、何と約40%に「ロコモ」の兆候がみられたというのです!
なぜ、成長期の子どもの体に“老化”が広がったのでしょうか?
.
人間の体には「呼吸器」「循環器」「消化器」等がありますが、筋肉、骨、関節等で構成され、体を自由に動かす働きをするのが「運動器」です。運動器の障害のために、「立つ」「歩く」といった移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、運動器症候群)」といいます。骨や筋肉は40歳頃から衰え始め、50歳を過ぎた頃から急激に低下します。加齢は「ロコモ」の大きな要因であり、当然ながら高齢者に多いものでした。

介護が必要になる要因の第1位は「ロコモ」なのです。ところが、様々な調査等で、高齢者に特有と思われてきたロコモが子どもにも起こっていることが、ここ10年で明らかになってきました。そこで、文部科学省の委託を受けた埼玉県医師会が、県内の幼稚園から中学生までの子供1343人に運動器の検診を行った結果、何と約40%もの子どもにロコモの兆候がみられたというのです!
こうした事態を受け、文科省は今年度から学校での健康診断に運動器検診を追加しています。具体的には、このようなことが出来ない子供たちが増えてきています。

■片脚でしっかり立てない
■手が真っすぐ挙がらない
■しゃがみ込むとふらつく
■物を投げる動作ができない
■雑巾が硬く絞れない
■転んだ時に手で支えられず顔に怪我をする
■両手首を同時に骨折してしまう

こんな以前なら考えられないような事態が学校などで発生しているそうです。子供でロコモになる場合、2つのケースがあります。
1つは、運動量・運動経験が少ない子。う1つは、運動量は多いが、単一運動、1種目しか運動していない子供です。学校の授業以外の運動が、週に1時間未満の子どもを分析すると、ゲームやネットなどで全く運動しない子が80%近くに上るといいます。使われない筋肉はやせ細り、関節も堅く柔軟性の無い体になってしまいます。これでは、運動器の機能が十分に育まれないおそれがあります。

1つの運動だけを1週間で10時間以上している子供も、使われる筋肉が偏ってしまうため、運動器のバランスが崩れ、関節が堅くなってしまうことがあります。 同じような動きばかりでは使われる体の部分は毎回同じですから、他の運動器は使われることが少なく徐々に機能が低下。 一方、頻繁に使われる部分はどんどん負担がかかり損傷を受けやすいのです。 「ロコモ」の子どもを何の対処もなく、そのままにしてしまうと、30~40歳代という早い段階から、いろいろな運動器障害が出てしまうリスクがあります。

ロコモへの対応策としては、体全体を動かす運動習慣をつけること。出来れば、1日60分以上の運動を、自分が楽しいと感じる範囲で行うことが望ましいでしょう。スポーツに限らず、遊びでも構いません。木登りやボール遊び等をする中で、体を効率よく動かすには、どの筋肉や関節を連動させればいいか等を自然と学んでいくのです。 筋肉と骨を作るためには、食事も大切です。タンパク質やカルシウムの摂取を心がけることに加えて、ビタミンB6(代謝を促し筋肉を作る)やビタミンK(骨の形成を促進)の摂取も心がけてください。

保育のプロが教えるマル秘テク! 自分でできる子が育つ「茶々式しつけメソッド」とは

片づけも着替えもトイレも、しつけのコツは「面白そう!」と思わせること。今日からできる、しつけのヒントを伝授する『「自分でできる子」が育つ 茶々式しつけメソッド』が2016年11月18日(金)に発売された。
.
子どもをしつける理由は、“自分のことが自分で”できるように育てるためであり、1回や2回伝えて出来るようになるものではない。同書の著者、茶々保育園グループの創始者で保育のプロフェッショナル・迫田圭子は「大事なことは、大人が楽しげにやっている姿を、日々子どもに見せていくことです。そうすると、子どもはすぐに興味を持ちます。『おもしろそう』『楽しそう』と心が動き、『やってみたい』という意欲が顔を出すのです」と述べている。ただし、そのためには言葉かけやタイミング、大人たちの気持ちを少し変える必要があるという。

 同書では、「『片づけ』は子どもといっしょに、『出す』『しまう』を一続きの流れに入れていきましょうと提案している。ここでは「おもちゃの片づけの実践方法」の4つを紹介しよう。

1.子どもといっしょに「おうち」を確認

おもちゃの「置き場所」「しまい場所」は、「おうち」と“アクセント言葉”で表現することで、幼い子どもたちは心がウキウキして片づけたくなくなってしまう。遊びを始める前に、「物にはすべて『おうち』があるんだよ」と伝えるところからスタートしよう。

2.遊ぶときは「おうち」から

遊び始めるときには、「今日は電車ごっこがしたいのね。じゃあ、電車のおうちに行ってみようよ」と声をかける。遊びがスタートすると、子どもはとことん遊び込むので、大人は「一つ出したら、一つしまいなさい」と言いたくなりがちだが、遊ぶときには夢中で遊ばせる。

3.遊んだあとは「おうち」に帰そう

「電車のおもちゃのおうちはどこかな?」と問いかけ、その場所に戻すようにさせる。ここで絶対に忘れてはいけないことは、「遊び」の気持ちのままで片づけを進めること。「めんどうくさい」という態度を大人が見せてしまうと、子どもの心の中でも「片づけ」と「遊び」が分断され、苦痛な作業に陥ってしまう。大人がいっしょに「おうちに帰す」ことを楽しむことが大切だ。

4.片づけ終わったら「心地よさ」を伝えよう

片づけの醍醐味は、整った部屋の秩序感。「お部屋がきれいになったね。気持ちいいね」と言葉にして伝えること。完成形の心地よさこそが、最高のごほうび。もしも、がんばって片づけしたわが子をほめたいと思うなら、大げさな賞賛はいらない。「ハナちゃんのおかげでお部屋がきれいになった。ありがとう」と小声でねぎらってほしい。大事な言葉は、小声で言うのがおすすめ。

 同書では、上記のように実践に移せるしつけの詳細と魔法の声がけを、多数のマンガと茶々保育園での実例をまじえて解説。悩める親たちの答えが豊富に詰まった「茶々式しつけメソッド」を実践してみては?

迫田圭子
首都圏を中心に12の保育園を持つ社会福祉法人あすみ福祉会(茶々保育園グループ)の創始者。1979年に埼玉県入間市に茶々保育園を設立して以来、40年近く保育にかかわるとともに、立正大学教授として保育者養成に携わる。

親の心の病気は子に遺伝するのか?

「子は親の鏡」という言葉があります。実際、子どもは小さい頃はそれほど自分に似てないような気がしても、成長するにつれ、いつの間に自分そっくりになっていたりします。また、自分が子供だった頃の写真を見返して、今の自分の子供とそっくりのものを見つけて驚かれることもあるでしょう。

ではなぜ、子供は親に似ているのかと問えば、それは、両親の遺伝子を子供が受け継いでいるから。子供の遺伝子(DNA)の半分は母親から、残りの半分は父親から受け継ぎます。遺伝子は体の設計図。その遺伝情報によっては、時に何らかの病気の原因になる可能性もあります。遺伝的要因は心の病気でも、重要な発症要因のひとつです。

ここでは、心の病気の遺伝的側面を詳しく解説いたします。

■遺伝情報が近いほど、引き継ぐ可能性が高くなる遺伝的要因
心の病気は、一般に生物学的、社会環境的、そして心理的要因などの複数の要因が、ネガティブな方向に相互作用した結果として発症します。遺伝的要因は生物学的要因として最重要。心の病気は中枢神経系の何らかの不調を反映したものです。遺伝子は人体の設計図であり、中枢神経系の構造も遺伝子に記された遺伝情報に基づいています。

もしも、遺伝子の一部に通常とは異なる何らかの変異があれば、それはその人の個性と見ることもできますが、場合によっては、心の病気の発症と関連深いものもあります。例えば、脳内神経伝達物質の機能に何らかの支障を及ぼす可能性がある変異ならば、心の病気のリスクを高める要素になります。

実際に、心の病気は一般に、家族の誰かが発症した場合、その人の親族、言い換えれば、その人に遺伝情報が近い人ほど、同じ心の病気のリスクが高くなる傾向があります。

■親の統合失調症が子に遺伝する確率は何%?
例として、統合失調症など、発症率が1%前後の心の病気の遺伝的リスクを考えてみましょう。仮に、ある男性が20代後半で、統合失調症を発症したとして、その男性に何らかの遺伝的リスクがあったとします。ここで、ご留意いただきたいことは、心の病気は脳内に生じている不調のメカニズムに対して診断されているわけでなく、基本的には精神症状を分析することで診断されるということです。したがって、脳内に生じている不調のメカニズム自体は別々でも、現われている精神症状が、その病気と診断できるものであれば、その病気であると診断されます。

そこで、ここでは仮に、その男性の遺伝的要因が、それがもたらす脳内の不調のため、発症リスクが通常より10倍高まると仮定しましょう。通常の発症率は1%ですので、それが10倍になれば、発症率は10%です。次に、その男性に、親兄弟、従妹などを含めて、血縁者が20名いたとします。通常ならば、この20名のなかで、その病気を発症する人はいないでしょうが、仮に、この20名がみな、その男性の遺伝的要因を持っていたとすれば、その20名の中で、この男性と同じ病気を発症する人は20名の1割なので、2名程度と考えられます。

■具体例として……統合失調症とアルツハイマー型認知症
心の病気は一般に、何らかの遺伝的要因があるものです。具体例として、統合失調症とアルツハイマー型認知症の遺伝的要因について解説しましょう。

統合失調症の発症率は人口の約1%ですが、場合によっては、ある患者さんの近親者の間で、発症率がかなり高くなっている場合があります。そうした場合、一般に、その近親者の遺伝子情報を分析することで、その近親者の遺伝的リスクがわかる可能性もあります。

統合失調症では幻聴は代表的な症状のひとつですが、幻聴は、聴覚を刺激する音が、実際の音なのか否かを区別しにくくなった結果だと考えられます。それに関連する遺伝子に何らかの変異があることが、統合失調症の発症率が通常より高い血縁者のグループで、遺伝子を解析した結果、わかったという研究報告もあります。

次に、アルツハイマー型認知症の遺伝的要因について述べます。人は年輪を重ねるにつれ、20代の頃と比べると知的活動が徐々に相対的に低下していくものですが、アルツハイマー型認知症では、その特徴的な脳内の病理学的病変のために、認知能力が病的に低下します。アルツハイマー型認知症では、その1割近くに、はっきりと遺伝的要因が認められています。関連する遺伝子もわかっています。例えば、ある染色体に起きたある変異は、50代での発症に関わり、また、ある変異は60歳前後での発症に関わるといった具合に、遺伝子の解明が進んでいます。

ここで、ぜひご留意していただきたいことは、遺伝的要因は心の病気の数ある要因のひとつということです。全く同じ遺伝子を持つ一卵性双生児の場合でも、一方が心の病気を発症したからといって、もう一人も必ず同じ病気を発症するとは限りません。例えば、統合失調症の場合、一卵性双生児のリスクは約5割で、通常の50倍です。しかし、発症しない確率も5割あります。実際に発症するかどうかは、環境的、心理的要因など、他の要因によって決まると見ることもできます。

■リスクが高い場合は、認識することが予防の第一歩!
ちょっと大げさな表現ですが、心の病気という敵に勝つには、まず己を知ることが肝要! もしも近親者に心の病気を発症した人が多く、遺伝的要因がある可能性が考えられる場合、それをしっかり認識しておきたいところです。

例えば仮に、自分の母親にうつ病の既往があったとします。何らかの心理的なショックがきっかけだとはっきりしている場合でも、通常は、遺伝的、社会環境的要因なども、発症に寄与しているもの。自分にも、うつ病の遺伝的要因がある可能性自体は認識しておきたいところです。

もっとも遺伝的要因を取り除くべく、自分の遺伝子を変えることなどできませんので、他の対処できる要因に関して、普段からしっかり意識して対処したいものです。例えば、うつ病のきっかけになりやすいストレスに対しては、自分がこれまで試してきたストレス対策法に、工夫できる面があるかもしれません。さらに、何らかの人生の逆境時に、心の支えとなるような人間関係が作れれば理想的です。

また、アルツハイマー型認知症における、欧米での修道院の尼僧に対する調査結果では、アルツハイマー型認知症で必ず見られる病理学的所見があった場合でも、必ずしもアルツハイマー型認知症を発症するとは限らないものの、脳梗塞など脳血管障害の既往があると、認知症の発症が顕著に高くなるということがわかっています。また、20代の頃、作文能力の高かった尼僧は、アルツハイマー型認知症の発症率が低いことも報告されています。俗にいう、「頭を普段から使うことが認知症の予防になる」ことを裏付けているようです。

これを私たちが暮らす現代社会に適用すれば、普段、メールでコミュニケーションを取る際、文体のしっかりした、いわゆる国語力の高いメッセージを送っている20代の女性と、絵文字に単語が少し混じっただけの、国語力がちょっと疑問に思われそうな同年代の女性とでは、40年後のアルツハイマー型認知症のリスクに違いが出る……ということもありえるかもしれません(40年後には、アルツハイマー型認知症の画期的な治療薬が存在している可能性にも期待したいところですが……)。

いずれにしても、まずは自分自身が持っている可能性がある遺伝的要因を把握したうえで、できるところから対策をしていくことが大切です。

子どもがダウン症 経験者・専門家の支援広がる

 染色体の突然変異で、千人に一人の割合で生まれるとされるダウン症の子どもたち。子どもがダウン症と分かると、親は思わぬ事態に、これからどう育てていけばいいのか不安が募りがちだ。しかし、成長段階ごとに直面する課題や活用できる教育、福祉、医療制度などについて、適切な情報を得られれば、子どもに合う育て方を見つけやすい。ダウン症の子を育てた経験者や専門家らによる支援も広がっている。

 「離乳食を丸のみしてしまいます。大丈夫でしょうか」。2日、神奈川県立こども医療センター(横浜市)はダウン症のグループ診療を開いた。1歳前後のダウン症の子を持つ15家族が医師や栄養士、遺伝カウンセラーらの話を聞いた。

■成長に合わせ情報

 同センターは年間40~50家族にグループ診療を実施。専門家の話の後、参加者が小集団で互いに話をし、専門家も適宜助言する。グループ診療について「同じ障害を持つ子どもを抱える親同士、悩みを打ち明けやすい」と同センターの黒沢健司遺伝科部長は話す。ダウン症のある人は国内に5万~6万人とされる。遺伝ではなく誰にでも起こりうる染色体の突然変異の場合がほとんど。筋肉の緊張度が低く、知的な発達に遅れがあることが多く、心臓や消化器系など合併症を伴うことも少なくない。

 心身ともに成長はゆっくりだが、医療技術が進み、50歳を過ぎても元気な人も多い。それだけに子の健康や教育、将来の暮らしなど、親の心配事はつきない。 「告げられた時、どうしていいのかわからなかった。情報がなく、ダウン症の子どもとの生活が想像できなかった」と話すのは、ダウン症の男児を育てる武田みどりさん(41)。昨年ダウン症の男児を出産した会社員の女性(36)は「情報を得ようとインターネットで検索すると否定的なものばかりが目につき不安感が増した」と話す。

 子どもがダウン症と分かったら、適切な情報を得て、不安感を和らげるのが先決だ。「産婦人科や小児科で遺伝診療を手掛けるなど、ダウン症に関する専門スタッフのいる医療機関に相談を」と足立病院(京都市)の畑山博院長は助言する。医師だけでなく、遺伝カウンセラーやソーシャルワーカーらが相談にのってくれる。その後は神奈川県立こども医療センターのような医療機関から支援を受けるようにするといい。

 医療機関だけでなく、ダウンン症の子を持つ家族の支援に取り組む団体の情報も役に立つ。公益財団法人日本ダウン症協会(東京・豊島)は、ダウン症のある子を持つベテランスタッフが相談に応じている。電話やファクス、メールで受け付ける。全国各地に委嘱相談員がおり、住んでいる地域の相談員を紹介する。必要に応じて医療や福祉の専門家ともつなぐ。

■積極的な外出を

 一般社団法人ヨコハマプロジェクト(横浜市、近藤寛子代表)は、ダウン症のある子どもや家族がどう生活しているかイメージしてもらえるよう、小冊子「ダウン症のあるくらし」を作製した。病院やクリニックなどで配布している。冊子は乳幼児期から学齢期、成人になる過程で変わる生活をカラー写真で紹介。成長段階ごとに直面する課題や活用できる教育・福祉制度も解説する。「仕事を続けられるか」「周囲の人に説明すべきか」などの質問にも答えている。

 重要なのは引きこもりに陥らないこと。必要な情報が入ってこなくなる恐れがあるからだ。畑山院長は「親の会へも参加した方がいい」という。地域の親の会は病院などで紹介している。子どもを公園や地域のイベントなどに積極的に連れ出すのもいい。「障害の無い子どもと一緒に生活することが十分可能だと実感でき、将来への不安が和らぐ」(畑山院長)。ダウン症のある人とない人が共に歩く米国発祥の「バディウォーク」が日本でも始まっている
.
■新型出生前診断、関心高まる

 高齢出産が増え、妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断(NIPT)への関心が高まっている。高齢になると胎児にダウン症などがある確率が高いとされるためだ。 NIPTは日本では2013年4月に臨床研究として開始。日本医学会が認定した全国の約70施設で約3万人が受診した。検査で陽性と判定された場合、家族は出産するかどうか重い選択を迫られることも。診断やダウン症への理解が不十分のまま検査だけが広がると「命の選別につながりかねない」と懸念する声も根強い。

 ヨコハマプロジェクトの近藤代表は「検査を受ける前に、ダウン症児を育てるのにどんな支援があるかなどを知っておいてほしい。医療や教育、就労など幅広い情報が家族に届くことが欠かせない」と指摘する。関係機関が協力し、情報提供する体制づくりが急務だ。

事前の対策が大事! 家の中での赤ちゃん事故予防対策

赤ちゃんが自分の意志で移動できるようになると、家の中であっても危険はいっぱい。お子さまが自由に動き回っても危なくないように、しっかり安全対策をしておきたいですね。

「角」をガードして、転倒に備えよう

はいはいの時期や、まだ立ったり歩いたりが安定しない時期の赤ちゃんにとって、家具や柱などの角はすべて危険物。万が一、転んでぶつけてしまっても大事に至らないように、角にはクッションタイプのテープやスポンジを貼ったり、100円ショップなどでも手に入るコーナーガードを取り付けたりしておくと安心です。大人の目線で確認しても、危険に気づけない場合もあるので、お子さまの視線の高さで安全を確認しましょう。.

危険な場所は進入禁止に!

赤ちゃんの事故で多いのが、転落ややけど。高さのあるベッドや階段、水の事故につながる可能性のあるお風呂や洗濯機まわり、火やまだ熱い炊飯器、ポットなどがあるキッチンなどでは、少し目を離したすきにお子さまが危険にさらされることも。危ない場所には、ベビーガードなどを取り付け、赤ちゃんの侵入や転落を防ぐよう工夫しましょう。
.
危ない物は遠ざける! 整理整頓も安全対策の一環

赤ちゃんは興味があると何でも口に入れてしまいます。おうちのかたはお子さまの手の届く場所に危険なものを置かないよう注意しなければなりません。電気コードやコンセントなどは、口に入れたり触ったりすると感電の恐れが。たばこやアルコール類、洗剤や薬などは、飲み込んでしまうと命に関わる場合もあるので、特に注意しましょう。

また、大人にとっては危険でもなんでもない、箸やフォークなどのカトラリーや、鉛筆やはさみなどの文房具もケガの原因になり得るので、置きっぱなしにしないようにしましょう。余分なものは極力排除し、室内を整理整頓しておけば、お子さまを安心して自由に動き回らせることができますね。

安全対策をしっかりしたつもりでも、赤ちゃんの予想外の行動に危険はつきもの。おうちのかたは、目を離さないよう気をつけ、「危険なもの」や「危険な行動」は、その都度言い聞かせて教えていきましょう。

原因は睡眠不足?増える発達障害の子どもたち

自閉症、アスペルガー症候群、多動性障害――。発達障害と診断される子どもが増えている。その原因が睡眠にある可能性が指摘されている。今回は発達障害と睡眠の関係についてお伝えしたい。
□増える発達障害の子どもたち

 自閉症やアスペルガー症候群などの広汎性発達障害(PDD)や注意欠如・多動性障害(ADHD)などの発達障害があるとされ、特別な支援を受けながら学校へ通う子どもたちは年々増えている。

 例えば、じっとしていられなかったり、ものごとに集中できなかったりといった特徴があるADHDでは、2006年には1600人あまりだったのが2014年には8500人に、対人関係やコミュニケーションに困難を示す自閉症では2006年に4000人、2014年には1万1000人と、どちらも大幅に増えている(※1)。□発達障害は睡眠不足が原因か?


 発達障害は「生まれつきのもの」だとされてきた(※2)。しかし、睡眠との関連を指摘する専門家もいる。熊本大学名誉教授で兵庫県立リハビリテーション中央病院子どもの睡眠と発達医療センター特命参与の三池輝久医師は、「発達障害の明確な原因はいまだはっきりしない」としながらも、生まれつきのものの他に、子どもたちが夜更かしをしたり睡眠不足になったりすることによって体内時計が狂うことが発達障害の原因になっていると指摘する(※3)。□双子で両方ともは発達障害にならないのはなぜか


 三池医師が睡眠不足といった環境的要因が発達障害の原因の1つと考えるのには理由がある。これまでの研究で双子が両方とも自閉症になる確率は、一卵性双生児で約60%、二卵性双生児ではほぼ0%という結果が出ているという。

 遺伝子異常といった遺伝的な要因が強いのであれば、一卵性双生児の一致率が100%になるはずなのだが、実際は「60%」。これは遺伝的な原因の他に環境的な原因が加わっているからと三池医師は考えている。それが冒頭で示したように、ここ数年、発達障害と診断される子どもたちの数が大幅に増えているという数字にも表れていると指摘する。遺伝的な要因であればこのような増え方はしないというのだ(※3)。□PDD、ADHDの子どもは「睡眠に問題アリ」


 国立精神・神経医療研究センター病院などの研究チームの報告でも、PDDと診断された子どもたちは「なかなか就床しない」「入眠できない」「夜中に起きて騒ぐ」「ちょっとしたことで起きてしまう」などの睡眠に問題があると指摘されている。

 PDDで睡眠に問題がある子どもの割合は、研究によって30%とも90%とも報告されていて幅はあるものの、健常児に比べて高い割合で睡眠の問題を抱えていることは間違いないと結論付けている。ADHDも高い割合で睡眠に問題があり、睡眠障害が多動を悪化させているのではないかと指摘されている(※4)。□治療の第一歩は睡眠から


 国立精神・神経医療研究センター病院などの研究チームは、PDDの中でも睡眠障害があるグループは、睡眠障害がないグループに比べて、情緒面や行動面で問題が多いことから、まずは睡眠障害に対処していくことが大切だとしている。三池医師が特命参与を務める子どもの睡眠と発達医療センターでも、発達障害の診断において、まずは睡眠問題があるかないかからアプローチし、睡眠問題から解決する方法を取っている(※5)。□子どもたちにとって睡眠はとても大切なこと


 このように睡眠は発達障害に大きな影響を及ぼす可能性があるのだ。子どもたちにとって睡眠は単純に“成長にとって大切なもの”だけにとどまらない、とても重要なことなのだ。まずはお子さんが早寝早起きできているか、十分な睡眠が取れているか、この極めて基本的な、そして大切なことを改めて確認していただきたいと思う。

準備は簡単、ラクに試せる「子供の便秘解消法10」

子供の便秘はなかなか大変です。便秘になると元気がなくなるし、食欲も落ちたりします。悪化すると便洩れをすることもあります。「便秘の解消にはきちんとした食生活と生活リズムが大切」だと言われますが、子供相手にそれができれば苦労はしません。子供に便秘になってもらいたい親なんていません、だから大変なのです。

私の子供も日常の食生活が崩れると「うんちがでな~い!」とトイレで苦戦する羽目になります。ただ、当然個人差はあります。ヒトの体は複雑なもので、やはり便秘体質というものはあるようです。私の上の子は食生活にウンチの量や質が左右されやすいですが、下の子は何を食べようが食べまいが安定したウンチを作り出します……。

ここでは子供の便秘を治すための10のポイント・食べ物を紹介します。親が簡単に準備できて、子供からの反応もいいものを集めました。まずはウンチのうんちくから見てみましょう。

■質のいいウンチを日々作ろう!
●ウンチができるまでの時間
食べ物が大腸の入り口に到着するのは食後4~8時間、ウンチになるのは18~72時間ほどだと言われています。割と早く大腸に入っていきますが、大腸に入ったあとは速度がグンと落ちます。文献によっては1時間あたり5センチ移動するというものもあります。

●ウンチの材料
ある文献によると、ウンチの約75%は水分、25%は固形物(うち、3割が死んだバクテリア、2~4割が無機物質と脂質、3~4割は消化されなかった食物繊維、腸内壁からはがれたもの、数%のたんぱく質)。バクテリアの活動は主に炭水化物・食物繊維の種類や量に影響されます。

●ウンチの頻度
人によってウンチの正常な回数は異なり、1日に数回の人もいれば、数日に1回の人もいます。多くの人が経験から認識しているかと思いますが、果物・野菜・雑穀類を豊富に含んだ食事をし、よく体を動かし、水分をしっかり摂取すると、腸内移動時間が早くなり、カサも増えて大きくて軟らかいウンチができます。

●子供のウンチチェック
ママやパパでも分かりやすいウンチチェックです。もし、ウンチがコロコロしていたり、表面がボコボコしていたり、量が少ないものは便秘または便秘気味のウンチです。ウンチの表面はなめらかスムーズで、大きさは皮をむいた小さなバナナくらいが目安・目標です(年齢と食べる量によっては皮をむいて、少しだけ細い大きいバナナくらい)。もしウンチがコロコロ、表面がボコボコ、量が少なければ、水分・食物繊維不足の可能性があります。色は黄土色~茶褐色くらいが健康的だと考えられています。便秘の後のウンチは濃い茶色になったりします。子供のウンチを見ていると、食べ物とウンチの興味深い関係が見えてくるはずです。

●よいウンチを作るポイント!
1.果物・野菜・雑穀類など食物繊維が多いものを食べて、ウンチのカサを増やす

2.十分な水分。ウンチのメイン材料です

3.元気に遊んで走って腸を刺激することも大切

■子供のウンチの質を改善する10の食べ物
●1.白米に押麦を2~4割混ぜる
割と子供にも受け入れられやすいはずです。炊飯器で白米を炊くのと同じ方法で手軽に作れます。白米に押麦4割程度までならおにぎりも作れます。白米に押麦を混ぜることが習慣になれば、食べる量にもよりますが、食物繊維を1~2gほどアップできます。「えっ、たった1g?」と思うかもしれませんが、食物繊維1gは、大切で価値のある分量です。

●2.朝は納豆ご飯にしてみる
小さい頃から納豆を与えれば、納豆好きになる子はとても多いようです。納豆1パック(50g)には約3g程度の食物繊維が含まれます。また納豆菌は腸内の健康にもつながります。前述の1の押麦入りご飯に混ぜれば、かなりの食物繊維アップが望めます。混ぜるだけなので、簡単らくちん。

●3.枝豆を常備する
枝豆というと、ビールのおつまみというイメージがありますが、食物繊維をはじめ、多くの優れた栄養素を含む食べ物です。手のひら一杯分ほど(重さ約50g、可食部約25g)の枝豆には1.2g程度の食物繊維が含まれます。子供にも大人にも人気がある枝豆を活用しましょう。冷凍製品も大変便利です。食事の一品としてもおすすめですが、午前や午後の子供の間食にもどうぞ。

●4.ヨーグルトと果物を試す
子供が大好きな組み合わせ。バナナ1本には約1gの食物繊維が含まれます。ヨーグルトの整腸効果と一緒に。甘さが足りなければ蜂蜜を。もちろんバナナの代わりに、なし、りんご、マンゴーなどもOKです。

●5.プルーンを食べさせる
プルーンには食物繊維も含まれていますが、食物繊維以外の物質が便秘改善に役立つといわれています。日常的に使うのは子供には強いかもしれません。何でも毎日同じものは食べるのはベストではない……という観点からも、必要に応じて試してみましょう。

●6.人参は生を試してみる
人参もまた食物繊維が多い食べ物です。人参が苦手な子供が多いようですが、最近気付いたことがあります。火が通った軟らかい人参は苦手でも、シャキシャキしている人参は好きな子が多いのでないかということです。例えば、生の人参を細く棒状に切ってマヨネーズやクリーミーなドレッシングで食べたり、ピクルスや酢物にしたり、細く切って大根サラダにして胡麻ドレッシングなどをかけると、よく食べてくれる子供も多いようです。もちろん、人参が好きな子は生でも調理済みでもOKです! 人参スティック4本で食物繊維は1g程度です。

●7.ハニーきな粉トーストを作ってみる
きな粉大さじ1、はちみつ大さじ1/2、水大さじ1弱を混ぜあわせて、トーストしたパンにぬります。きなこ大さじ1で食物繊維は1.1g、雑穀パンに塗るとさらに食物繊維アップ。

●8.十分な水分をとらせる
水や麦茶など、砂糖やカロリーのない水分を摂取して満足できる習慣はとても大切です。もしジュースやソーダなどの甘いものを飲む癖がついている子供の場合は薄めるなど工夫しましょう。水や麦茶をどうしても飲みたがらない子の場合、水分・便秘対策にはジュースの代わりに果物を試してみてください。

●9.さつまいもご飯・さつまいも団子を試す
さつまいもを切ってお米と混ぜて炊飯器に入れてスイッチオンのみ。または調理済みのさつまいもをつぶして丸め、砂糖・きな粉をまぶして食べます。さつまいもは分量50gで1.1gの食物繊維を含みます。きな粉は上記でも書きましたが、大さじ1で食物繊維は1.1g。

●10.オクラを試す
多くの子供は実はオクラが大好きです。ただ、丸ごと茹でたりグリルしたものは食べづらい……という子もいるようです。お勧めは生のオクラを輪切りにして、醤油やめんつゆで味をつけて鰹節をまぶします。オクラ3本で約1gの食物繊維を含みます。

この10個の方法にいくつか取り組めそうな項目がありましたでしょうか? 毎日2~3の項目ができれば、ウンチのカサがまして便秘の改善が期待できます。

宇多田ヒカルが日本の子育て環境に疑問 共感の声殺到

少子高齢化が進み、人口に占める子供の割合がますます少なくなっている我が国。

年金制度や国力の維持という意味でも、今後を担う子供の存在は非常に大事なはずだが、赤ちゃんやママたちの置かれる環境はなかなか厳しい。

保育園や幼稚園が近隣住民の反対でなかなか新しく作れない、電車の中で赤ちゃんが泣くと嫌な顔をする客がいる……

などなど、しらべぇでもその実態をデータとともにお伝えしてきた。

■宇多田ヒカルの発言に注目が集まる
そんな中、ひとりのアーティストが東京の育児環境について印象を語り、大きな話題になっている。

新作アルバム『Fantome』が世界中で大ヒットしている宇多田ヒカルだ。

20日に放送された日本テレビ系『NEWS ZERO』に出演した宇多田。

自身も昨年7月に待望の第一子を出産し、現在イギリス・ロンドンで子育て中だが、東京は「子育てしにくそう」と感じるそうで、

「外で赤ちゃんが泣いてたら、すごく嫌な顔される」

「ベビーカー持って外に行って乗り物とかに乗ると、周りがまったく協力してくれない上に『なんだよ、こんな時間に』みたいな視線を投げかけられたり、嫌なこと言われる」

など、東京で子育て中の友人から聞いたエピソードを語ったのだ。

それが宇多田には信じ難いようで……

「赤ちゃんが生まれて国が成り立っていくのに」

「将来自分の年金を払う人になってくれるのに」

「なんで、ちょっと泣いてるぐらいで嫌な気持ちになるんだろうとか、すごく不思議です」

などとコメント。

日本での子育てが未経験のため、自分の認識が間違っている可能性もあると前置きした上での発言だったが、視聴者からは共感の声が寄せられている。

宇多田ヒカルがZEROでめちゃくちゃいい事言ってる!!!
ホント、赤ちゃんがうるさいとか言ってる奴らに聞かせたい。

— ♡しおんぴこ♡(*’д`*) (@shion_ribon) 2016年10月20日

宇多田ヒカル、凄く良いこと言ってる。日本ってほんと子育てしにくいんだね、やっぱ。#宇多田ヒカル#ZERO

— あきやまかずとよ (@akiyamakazutoyo) 2016年10月20日

ZEROで宇多田ヒカルの言うてることに同感だなー。デビューしたてのころはくそ生意気な印象もあったけどw

— はやまっくす (@hayamaxx) 2016年10月20日

NEWS ZEROの宇多田ヒカルの話を聞いてて思ったんだけど
日本って「ウチはウチ、ヨソはヨソ」っていう考えが強すぎるから取り入れないといけない考えがあるのにそれを取り入れてないのよね。
高校の時なんかホームステイ言ってる同級生が凄く羨ましいのよね。

— Gi-Ant(ジャイアン) (@kwskjai) 2016年10月20日

NEWS ZEROで宇多田ヒカルが出てて懐かしく思ってる世代の俺です。
対談で子育てや難民の話しをしてて思った。子連れやベビーカーの電車とかで嫌な目で見られるとかの話しを聞いて共感を思った。日本人ってさ子供を優先にする部分が欠けてるよね…それ位いいやん。#NEWS ZERO

— 雅之助 (@625Masanosuke) 2016年10月20日

■電車内で赤ちゃんが泣くと4人に1人がイライラ

宇多田が語ったように、電車やバスなどの公共交通機関で赤ん坊に対してキツく接する人は、実際少なからず存在している。

しらべぇの調査では、「電車での赤ちゃんの鳴き声にイラッとする」と答えた人は、全体の4人に1人に及ぶのだ。

この人たちすべてが赤ちゃんやママに対して冷たい言葉を投げかけるというわけでは決してないだろうが……

ママたちにとっては、無視できない数字であろう。

仕事で疲れて電車で寝たい人もいるかもしれないが、赤ちゃんにとっては「泣くこと」がある意味仕事。

少しでも多くの人が寛大な心を持って優しく接し合えるような世の中になることを願いたい。

子どものオチンチンは剥いて洗うべき?

ミケランジェロの彫刻作品、「ダビデ像」(1504年)をみなさんはどこかでご覧になったことがあるでしょう。ルネサンス期の傑作の一つですね。人間の持つ力強さや美しさが見事に表現されています。ですが、ダビデ像を見て何か違和感を覚えたことはありませんか? 私はいつも疑問に思っています。なぜダビデは包茎なんだろうかと。

 ダビデは紀元前1000年頃の古代イスラエルの王です。この時代の男児は割礼を受けるユダヤ教の習わしがありました(今もある)。したがってダビデが包茎ということはあり得ません。なぜ、ミケランジェロはダビデを包茎として描いたのでしょうか? 割礼に関する資料・文献はあまりなく、「割礼の歴史」(マレク・シュベル 明石書店)という書籍にあたりましたが、理由はわかりませんでした。ルネサンスとは、ギリシャ・ローマの文化を復興させる運動でしたので、ミケランジェロは人間の自然の姿への回帰を考えたのかもしれませんね。

 さて、思春期の男子にとって包茎は深刻な悩みです。なぜって恥ずかしいからです。この世のママたちも、子どもの包茎は幼いうちに何とかしたいと思っているようです。 根元(ねもと)まで皮を 剥(む)いて洗わなくてはいけないという思い込みが広くあるのではないでしょうか?

 しかし! 日本男児は全員、包茎なんです。だって割礼という習慣がないから。この世のパパたちも自分が子どもの頃、包茎だったと堂々と言おうじゃありませんか。そして、子どもは包茎が当たり前だとママに伝えてください。今日は包茎についてしっかり説明します。

◆包茎の自然経過とは

 生まれてくる赤ちゃんは「真性包茎」です。つまり、オチンチンの先端まで完全に皮が覆っている状態です。剥こうとしてもほとんど剥けません。小児外科では、腸の病気を持って生まれた赤ちゃんに対して全身麻酔をかけて手術をおこないます。この時に、尿の量をモニターするために、尿道から膀胱の中にカテーテルという細い管を入れます。成人では何ということもない処置ですが、赤ちゃんではこの操作が大変に困難です。皮が剥けないので、尿道の口が見えないのです。悪戦苦闘して尿道にカテーテルを入れます。

 余談ですが、ユダヤ教では生後7日目に皮を引っ張ってハサミでズバッと切ってしまいます。イエス・キリストも割礼を受けています。

 0歳児の赤ちゃんが成長していくと、オチンチンの先端が少しだけ剥けるようになります。専門用語を使うと「亀頭」が少し見えるようになるのです。

 そして3歳くらいになると、「1/3くらいが露出」するようになります。3歳で1/3、これが標準です。この段階でムキになって、包皮を剥こうとするママが多いのですが、それは不要です。

 3歳を過ぎると、2通りの経過をとります。

 一部のお子さんは根元まで徐々に剥けていきます。ただし、注意が必要なのは、剥くことが可能だとしても、普段は完全に皮が被った「仮性包茎」の状態にあるということです。大人のように根元まで皮が剥けっ放しということはあり得ません。「仮性包茎」は、子どもにとって正常なのです。異常ではありませんので、誤解しないでください。

 そして一部のお子さんは、「1/3くらいが露出」したままとどまります。包皮が「亀頭」と硬く癒着しているためです。しかし、これを剥く必要はありません。思春期になって第2次性徴を迎えるとオチンチン(ペニスと言った方がいいでしょうか?)がグングン伸びていきます。すると、徐々に癒着が剥がれて「亀頭」は完全に露出します。

◆剥いて洗ってはいけない

 3歳を過ぎて「1/3くらいが露出」している子を見ると、親はお風呂の時になんとかこれを剥こうとするようです。くり返しになりますが、これは不要です。不要どころか、子どもにとって苦痛でしかありません。とにかく痛い。特に皮と「亀頭」が癒着しているお子さんは、無理に剥くと「亀頭」の表面が裂けます。お子さんは強い痛みを訴えて、クリニックを受診することが多々あります。こういう時は剥くのをただちにやめて、ステロイドや抗生物質の 軟膏(なんこう)を塗るとすぐに治ります。

 こういった「1/3くらいが露出」しているお子さんの「亀頭」の根元付近を見ると、皮の下に白っぽいかたまりが透けて見えることがあります。何か悪い病気ではないかと受診する人もいます。しかし、心配ありません。これは「 恥垢ちこう 」と呼ばれるものです。文字通り 垢あか ですね。無菌なので何の害もありませんから放置で大丈夫です。

 ママによっては、これが「恥垢」ということをちゃんと知っていて、だからこそ、剥いて洗わないといけないと思っている人もいます。これは今述べたように間違いです。「恥垢」をきれいに洗う必要はありません。

 無理にオチンチンを剥くことで、最も恐ろしいのは包茎が 嵌頓(かんとん)になることです。

◆嵌頓包茎の恐怖

 根元まで剥けるとしても、子どものオチンチンの皮は、先端の穴が大変狭い。このため、剥いたはいいけれど、元の状態に戻せなくなってしまうことがあります。「亀頭」の首のところで、皮によってガッチリと締めつけられてしまうのです。これを嵌頓と言います。漢字も怖そうな字面ですよね?

 嵌頓を起こすと、包皮はむくみ、「亀頭」はうっ血しますので、皮がますますオチンチンにくい込みます。当然、激痛となり、急いで皮を元に戻さないと、最悪の場合、オチンチンに血が行かなくなって腐ってしまいます。

 こうなると力づくで戻さなければいけませんので、子どもにとってこの痛みは耐え難いものになります。クリニックで整復することが不可能な時は、小児外科医のいる入院施設で全身麻酔をかけて戻すことになります。

 ムリに剥くとこんなに恐ろしいことになりかねないと知っておいてください。

◆成人になるとどうなるか?

 大人になっても「真性包茎」のままの状態でとどまる人は、1%と言われています。それ以外の99%の人は、「亀頭」が常に完全に露出した状態か、または「仮性包茎」になります。「仮性包茎」は男の 沽券(こけん)に関わるという意見もありますが、医学上なんら問題はありません。

 しかし「真性包茎」にはやや問題があります。私が医学生の時に使った泌尿器学の教科書を読むと、「真性包茎」は陰茎 癌(がん)を合併しやすいと書いてあります。ですがこれは本当でしょうか? 単なる迷信ではないかというのが私の意見です。

 そもそも陰茎癌は極めてまれな病気です。人口およそ100万人に2人の割合と言われています。現在、日本で生まれているお子さんは毎年約100万人ですから、同年代から陰茎癌を発症する人(60歳以上の高齢者です)は、2人程度ということになります。こんなに少ない頻度なのに、どうして包茎との関連を決めつけることができるのでしょうか?

 がん研究会有明病院のホームページを見ると、「最近は必ずしも包茎との関連性がみられるわけではなく、むしろヒトパピローマウイルス感染の関与が示唆される症例が増えています」との記載があります。つまり陰茎癌は性行為感染症に関連しているという解釈です。これが最新の知見だと思われます。

 オチンチンを見てどの子が将来「真性包茎」になるか予測することは不可能です。従って、思春期前に包茎を治す手術をすることは医学的にやり過ぎという判断になります。もし、成人になって1%の「真性包茎」に入ってしまった場合は、泌尿器科の先生に相談してください。局所麻酔で手術が可能です。

◆では、子どもの手術適応は?

 3つのケースで手術になります。まず、亀頭包皮炎をくり返すお子さんです。バイ菌が付いて赤く腫れ上がってしまうことですね。2番目は、バルーニングと言って、排尿の時に包皮が風船のように膨らんでしまうお子さんです。そして最後が、一度でも嵌頓を起こしたケースです。

 私が研修医の頃は、包茎の手術は環状切開と言って、包皮をリング状に切り取ってしまうものでした。つまり「割礼」です。ですが、これをやってしまうと、お子さんのオチンチンが大人のペニスみたいになってしまうので、やがて行われなくなりました。新しい術式は、包皮に3本、タテに切開を入れて、傷口がヨコ方向になるように縫うという方法です。つまり皮が伸びる。これによって「仮性包茎」の状態にすることができるわけです。

 さらに最近では、手術をおこなわなくても、ステロイドの軟膏を塗ると皮が薄くなって伸びることで、「仮性包茎」の状態になることがわかってきました。従って、入院して全身麻酔で手術をする機会は激減しました。

◆剥けている方がヤバイ

 ここまで読んでいただいて、日本男児はみんな包茎だということがおわかりになったと思います。むしろ、生まれたばかりの赤ちゃんで「亀頭」の根元まで皮が剥けていたら、注意が必要です。それは普通ではありません。先天異常の可能性があります。

 そんな時は、尿道の口がオチンチンの先端にちゃんと開口しているかよく観察してみてください。もしかしたら、先端にではなく、オチンチンの裏側に開口部がありませんか? これを尿道下裂と言います。500人に1人くらいの割合で発生する比較的頻度の高い奇形です。もちろん手術が必要で、もし放置すれば将来、立ち小便ができないし、性交もできません。

 手術はかなり難易度が高く、経験豊富な医者でないとうまく修復することができません。そういうドクターがいる病院は、大都市を除けば各県に1か所くらいしかないと思います。かかりつけの小児科の先生とよく相談して、適切な病院を紹介してもらってください。

 今日の結論は、「剥いて洗う必要なし!」です。(松永正訓・「松永クリニック小児科・小児外科」院長)

「1歳半までに10種24回」子どもの予防接種を賢く乗り切る方法

予防接種は子どもの命を守るために必要不可欠な行為だが、親にとってはスケジュールのやりくりが悩ましい。打つべきワクチンの種類や回数の変更があればなおさら。知っておくべきポイントをまとめた。

「外回り中、会社に内緒で子どもを予防接種に行かせたことは何回かあります。上司の理解があっても、そう何度も“予防接種のために半休取ります”とは言いにくくて……」

 都内の会社で営業職として働く女性(40代)は、現在2歳の長女を生後4カ月から保育園に預けて職場復帰。子どもの予防接種のための時間のやりくりに苦労した経験を振り返った。

 仕事と子育ての両立を目指す親が避けては通れない関門の一つが、子どもの予防接種だ。種類も多く、複数回の接種が必要なものがほとんど。予防接種は通常診療と別の時間帯に行うことが推奨されているため、医療機関が指定する「ワクチンの日(時間帯)」に予定を空けなければならない。ワクチンは高価で有効期限が短いため、予約分だけを用意するところが多く、「時間が空いたから」といって、すぐに受けられるわけではないのだ。

 今年10月からは、B型肝炎ワクチン(以下、HBワクチン)の定期接種が始まり、2月には、日本小児科学会が日本脳炎の感染リスクの高い場合、通常3歳から始まるワクチン接種を前倒しし、生後6カ月からの接種を推奨するとした。

 HBワクチンは世界保健機関(WHO)が推奨する、小児に対する重要ワクチンの一つ。急性B型肝炎の予防はもちろん、肝炎ウイルスの持続感染(キャリアー)を防ぎ、慢性肝炎や肝硬変、肝がんの発症リスクを減らすことが最大の目的だ。川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦氏はメリットをこう説明する。

「まず“がんになるかも”という不安を生涯抱えながら暮らす人たちを減らせます。また、キャリアーの女性では妊娠中におなかの子に感染する“垂直感染”が起こることがあるため、結婚や妊娠の際や日常生活の中で、周囲の理解不足による偏見に苦しんだり、“他人にうつすかも……”という不安にさいなまれたりする人もいます。そういう方たちをなくすこともできると思います」

 垂直感染については、わが国には「B型肝炎ウイルス母子感染予防対策」があり、キャリアーの母親から生まれた子には、出生後速やかにγグロブリンとHBワクチンを投与して、ウイルスの持続感染を防ぐ治療を行う。この方法により、世界でもトップクラスの感染予防効果を上げている。

「さらに、ワクチンの定期接種が始まったことで、今後は家族や集団生活の中での水平感染も防げるようになる。わが国での年長者のB型肝炎ウイルス感染のほとんどは、性行為がきっかけです。HBワクチンの定期接種は、将来の性感染予防の布石になる可能性も含まれています」(岡部氏)

 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを持つ蚊に刺されることで発症する感染症だ。ウイルスが体に入っても多くは無症状で、症状が出るのは千人に1人程度だが、発症すると重大な脳の症状を引き起こし、死亡率は20~40%と極めて高い。

 接種が前倒しになった背景について、「NPO法人VPD(ワクチンで防げる病気)を知って、子どもを守ろうの会(以下、VPD会)」副理事長で、おおた小児科(千葉市美浜区)院長の太田文夫医師は言う。

「近年、患者報告数は著しく減って、ここ10年間では年間10人弱の報告があるだけです。ただ、2015年には千葉県で生後11カ月の幼児が発症したこともあり、推奨する接種時期を早めたのです」

 定期予防接種にHBワクチンが増え、日本脳炎ワクチンを前倒ししたことで、0歳で打つべきワクチンは「定期接種」が6種類、「任意接種」が1種類となった。1歳から開始できるものも含めると、計10種類だ。「少なくとも1歳半までに、日本脳炎ワクチンも含め24回の予防接種を受けてほしい」(太田医師)という。

 スケジュールの問題を解決できる方法の一つに同時接種がある。2種類以上のワクチンを1回の通院で済ませるもので、世界的には一般的だという。上の図は、VPD会がすすめる0歳児の予防接種スケジュールだ。

「保育園に入る前に一通り済ませるために、6種類のワクチンを一度に打つ例も。同時接種なら1歳半までに定期、任意の予防接種を無理なく終えることが可能です」(同)

 東京都葛飾区の永寿堂医院(小児科・内科)は、毎週木曜日を「ワクチンの日」に充てている。記者が訪ねた日も、多くの親が子どもの予防接種で来院していた。

 診察室に入った親子に、院長で小児科医の松永貞一医師が必ずするのは、「今日は何のワクチンですか?」という質問だ。これに対し保護者は、「今日は日本脳炎とインフルエンザです」「2回目のヒブと、“プレベナー”(小児用肺炎球菌ワクチンの製品名)です」など、スラスラ答える。

 診察と注射にかかる時間は1、2分。流れ作業のように淡々と進められ、不安を口にする保護者はいなかった。この日、ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを接種した4カ月の男の子の母親(30代)は言う。

「先生からは、“命を守る危険度の高い病気のワクチンから打つ”と教わりました。1人目なのでわからないことが多かったけれど、先生がワクチンのスケジュールを組んでくれているので、不安はありません」

 大学病院では、治療した重症のはしかの子の死亡を何人も経験し、ワクチン外来も担当した松永医師。同院では乳児健診時に1人1時間ほどかけて、予防接種の正しい知識についても教えている。松永医師は言う。

「予防接種の目的は、お子さんをワクチンで防げるはずの感染症で死なせないこと。一方で、接種後に何らかの副反応が出ることもあるので、正しい理解の上で受けることが重要です」

 どのワクチンも接種後しばらく間隔を空ける必要があり、熱などの症状があれば打てないため、スケジュールを組み直す必要がある。たいへんかもしれないが、予防接種をしないまま麻疹などにかかったら、重症になる心配だけでなく、親は子どもの看病のために仕事を休まねばならず、経済的な損失も大きい。

 子どもの予防接種では接種時期や接種回数が頻回に変わることも珍しくないため、小児科医と常に情報共有をしていくことが大事だ。例えば、VPD会のホームページでは、同会で情報を共有している会員(小児科医)をエリア別で紹介している(http://www.know-vpd.jp/mbr_list_index.htm)。

「セックスって何?」と子どもに聞かれた時の模範解答とは?

子どもからの性に関する質問に、親は戸惑ったり、うまく答えられなかったりすることはよくあります。『AERA with Kids 夏号』(朝日新聞出版)では、性に関する子どもの疑問にどう大人が答えるべきか、アドバイスしています。

*  *  *
 産婦人科医の高橋幸子先生は、照れやはずかしさからごまかすのはNG、と言います。

「ごまかされると、性のことは聞いてはいけないことになってしまいます。どーんと構えて、『いつでも聞いていいよ』、という雰囲気をつくっておきたいですね」

 また、長年子どもの健康や体の問題に取り組んでいる帝京短期大学の宍戸洲美先生はこうアドバイス。

「うまく答えられそうもないな、と思ったら、『きちんと調べてからあとで説明するね』と、一度離れて、自分が伝えやすい回答を探しましょう。親が向きあう姿勢は子どもに伝わるし、あとできちんと対応すれば子どもも納得します」
 
 お二人が考える、子どもの性の質問に対する模範解答は以下の通りです。

<生理ってどうして女の子だけにあるの?>
<将来大人になって、赤ちゃんを産めるように準備しているんだよ>

「『赤ちゃんは女性のおなかで育つから、女性に生理があるの』とダイレクトに話していいと思います。『赤ちゃんが育つ子宮は毎月、体が自分でお掃除をする。そのとき、内側の膜が落ちるのが生理なの』としくみを説明するのもわかりやすいですね」(高橋先生)

「『生理のおかげで、◯◯ちゃんも生まれたのよ』と、子どもとの出会いをうれしく思っていることも伝えたいですね」(宍戸先生)

<赤ちゃんはどうやってできるの?>
<男の人の精子と女の人の卵子が結合してできるの>

「低学年なら『お母さんの体の赤ちゃんのもとと、お父さんの体の赤ちゃんのもとがひとつなってできるの』と話せば納得するでしょう」(高橋先生)

「DVDなので受精のしくみを一緒にみて、『自然はよくできてるね。素晴らしいね』と話すと、子どもも感心するもの。性交について話すことに抵抗があれば、『これだ!』と思う性の本を使って説明すると話しやすいですよ」(宍戸先生)

<セックスって何?>
<男の人と女の人で、赤ちゃんができるようにすることなの>

 照れずにさらっと言うのがコツ。

「学校の授業では性交には触れないので、よくある質問です。『ほかの動物の交尾と同じ。人間は性交といって、英語でセックスというの』と話すとわかりやすいですね」(宍戸先生)

「しくみの説明なら、性交の様子が描かれた絵本を使うのが、いちばん理解しやすいと思います」(高橋先生)

<オナニーって何?>
<自分で自分を気持ちよくする行為だよ>

「『何か変なことばだから言っちゃえ』と、ふざけているようなら、上のことばをさらっと伝えましょう。意外と『ふーん』、とあっけなく納得するものです」(宍戸先生)

「まじめに意味を聞いてきたなら、『悪いことではないよ。でも、家族にもよその人にも内緒の、プライベートのことなの』とあわせて伝えるといいですね」(高橋先生)

 いかがでしょうか?

 照れたり、質問したことを怒ったりせず、淡々と科学的に説明する。うまく答えられないようなら、あとで絵本やDVDなどを使ってみる。これらが鉄則のようです。本書では、そのようなときに使いたい、おすすめの本も紹介されているので、参考にしてみるのもいいでしょう。

ムスコンになるママが増加中?母親が息子に溺愛する深い理由

親子の仲が良いことにこしたことはありませんが、近年息子を溺愛するあまり「ムスコン」になってしまっているお母さんが増えてきているそうです。

この「息子コンプレックス」に陥ってしまう心理には、夫婦間の問題が深くかかわっていることがわかりました。

今回はこの「ムスコン」をテーマに、ムスコンになる心理と、その克服方法を医師に解説していただきました。

ムスコンとは

よくブラコン、シスコン、マザコンなどというようなものの息子バージョンであり、「息子コンプレックス」を指す言葉です。

自分の息子が非常にかわいいのは当然なのですが、通常の子供に対する愛情ではなく、自分の息子を異性、性的な対象として見てしまうというゆがんだ愛情を含むものを指すことがあります。

ムスコンの母親が起こしてしまいがちな行動

■息子にガールフレンドができると、その存在に嫉妬して邪魔してしまう

■一人で入浴する年齢になっても一緒にお風呂に入りたがる

■恋人にするような態度や言葉遣いを息子に対してする

■息子の行動にときめきを感じたり、ドキドキしたりする

■将来、息子が親離れし、ほかの女性と結婚することを考えただけで不快になる

ムスコンになりやすい母親の5つの特徴

■夫と仲が良くない

■長い間セックスレスである

■息子以外に愛情のはけ口がない

■人付き合いがあまりない

■子育て以外の趣味や、気晴らしがない

母親がムスコンになってしまう理由

結婚して家庭を築いている場合、本来であれば夫に向かうべき異性に対する愛情や興味関心が、夫に男性としての魅力を感じなくなったりセックスレスになってしまったりしていることが考えられます。

それによりはけ口をなくし、最も身近な存在である子供を異性として見ることによって、異性に尽くしたり、興味を持ちたいという気持ちを満たしているのではないでしょうか。

ムスコンの母親による問題

■常に母親の目を意識して母親を喜ばせようとし、自分で意思決定ができないいわゆるマザコンになってしまう

■反対に母親に対して嫌悪感を持って近寄らなくなってしまう

■同世代の異性との付き合い方がわからなくなってしまう

■母親の期待や存在が負担になってしまう

■父親と母親の関係を含めた家庭のイメージがゆがんでしまう

ムスコンにならないための克服法

◎自分をしっかり持つこと

◎家庭内において異性として扱うのは夫であることをしっかり認識すること

◎家庭にこもりきりにならず、周囲との交流の機会を持つこと

◎いずれ子供は自分から離れていく存在であることを肝に銘じること

◎夫と子育てについて頻繁にディスカッションする機会を持つこと

医師からのアドバイス

母親にとって息子、父親にとって娘は、小さな恋人のような可愛らしさがあるのは、世界共通のことで特に咎められるべきものではありません。

しかし、度を越した場合は虐待であり、大切な子どもの人生に暗い影を落としてしまうことがあります。愛情豊かなだけでなく、常にしっかり理性をもったお母さんでありたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

子どもの便秘が深刻 排便外来に殺到している!

大人を悩ませる便秘が今や、子どもでも深刻な状態になっている。NPO法人日本トイレ研究所の調査では、小学生の5人に1人が便秘であることが判明し、「子どもの排便外来」には患者が殺到。どうすれば現代の子どもたちは、スッキリうんちを出せるのか。実態と改善策に迫った。

「赤ちゃんのときから便秘気味で、1~2週間、便が出ません。プルーン、ヨーグルト、オリゴ糖、食物繊維の豊富な食事、いろいろ試しましたが効果がありません。本人も出すのが怖いと言っています」

「1年生の男の子ですが、幼稚園のときに便が1カ月に1回しか出ず、小児科で浣腸をしてもらいました。また便秘になり1カ月に3回しか出ません。食事も、飲みものもあまりとりません。大丈夫か心配です」

 これらは、さいたま市立病院小児外科に設けられた子どもの排便外来や、担当する中野美和子医師がアドバイザーを務めるNPO法人日本トイレ研究所に寄せられたものだ。中野医師の著書『赤ちゃんからはじまる便秘問題』(言叢社)に数多く掲載されている。

 週1回の排便外来には、困り果てて来院する患者と保護者が後を絶たず、他の外来日も充てている状態。1日20~30人診察しても追いつかず、今は外来を制限せざるを得ないほどだ。

「親御さんは、あの手この手でお子さんの便秘を治そうとしても、良くならない。いろいろと試しているうちに便秘が慢性化してしまうケースがとても多い」

 と中野医師。特に小さな子どもは自分の便秘に気付きにくく、自分から便秘の症状も訴えにくい。だが、苦しさは大人も子どもも一緒。おなかが張るため食事をとれなくなり、イライラ。排便の前は便意が波のようにやってくるが、出せずに大騒ぎになるという状態を繰り返す。

「多くの親御さんは子どもの排便のことで頭がいっぱい。“地獄のような毎日”と訴える人もいるほどです」

 全国4833人の小学生とその保護者に聞いた日本トイレ研究所のインターネット調査では、国際的な診断基準であるROMEIIIで便秘状態にある小学生は、全体の20.2%。3日に1回以下しか排便しない小学生は7.6%いた。便秘状態にある子の47.1%は、排便回数が少なくても危機感を持っていなかった。また、子どもの便秘状態を認識していない保護者が32.0%もいることが判明した。

 大人の便秘は、生活習慣や食生活の乱れで起こることが多いが、子どもの便秘は、体全体や腸の成長のスピード、食事(母乳・ミルク、離乳食)の状態、年齢、トイレトレーニングなど、さまざまな要因が関係。原因がわからないケースも多く、母乳を飲んでいるときから便秘になる子もいる。

 便秘のメカニズムも、子どもと大人では異なる。中野医師はこう解説する。

「大人はS字結腸や下行結腸に便がたまる便秘が多いのですが、子どもは直腸に便がたまる“直腸性便秘”がほとんどです」

 通常、大人も子どもも、肛門に近い直腸には便が存在しない。食事をとることで反射的に腸が収縮する蠕動(ぜんどう)運動が起こり、便が下りてくる。直腸の壁が便で押し広げられた刺激が脳に伝わると、“もよおす”、つまり便意が生じる。

 便秘になると排便で痛い思いをするので、子どもはトイレを我慢するようになり、便秘が慢性化。直腸は便をため込みどんどん拡張し、便が大量にたまらないと便意を感じないようになる。そうやって便秘が悪化する悪循環に陥るという。

 便はときにビール缶やペットボトルの大きさで、“お産をするように排便する”と話す親もいるそう。また、硬い便が栓のように詰まる「便塊閉塞」や、下痢便が硬い便と腸の壁の間を伝って漏れ出る「漏便」(遺糞症)が起こることもある。

 そんな子どもの便秘を治すにはどうしたらいいか。中野医師は「治療は“排便パターンをつける”のひと言に尽きる」と述べる。

「食物繊維や乳酸菌の摂取など大人の便秘対策は予防や軽度の便秘の改善にはなりますが、ある程度進行した便秘では効果が期待できません。治療のタイミングを逸して、こじらせてしまうおそれもあるので、すぐに治療を始めてほしい」(中野医師)

小学生の3割は“老化現象”が進んでいる!? 深刻化する子どもの「運動機能の低下」の実態

近年の子どもは運動機能が低下している、すぐに疲れる、などといわれる。『跳び箱に手をつき骨折する子ども: 子どもの「運動機能の低下」の実態』(柴田輝明/ポプラ社)によると、状況は私たちが想像するより深刻のようだ。

 わが子が次の項目群に多く当てはまるようなら、もしかしたらその子に“老化現象”が始まっているのかもしれない。

□ 挨拶ができない
□ 片脚立ちができない
□ くにゃくにゃして立っている
□ 腕がまっすぐ上がらない
□ しゃがめない
□ 体育座りができない
□ イスにきちんと座れない
□ うつむいて歩いている
□ 歩き方がロボット歩き・不自然
□ 危険を避けることができない(転んだときによけられずケガをする、受け身がとれないなど)

 本書によると、これらは「子どものロコモ」に見られる状態。ロコモとは、正確には「ロコモティブシンドローム(運動機能の低下)」。高齢者に対して使われることが多い。

ロコモティブシンドロームとは

加齢による筋力の低下、関節の病気、骨粗しょう症による骨折などによる身体機能の衰えから、「寝たきり」や「要介護」の危険性が高まる状態。

 つまり、先の項目群に多く当てはまる子どもにはからだの硬直や筋力低下など“老化現象”が起こっている可能性がある、と本書は警告しているのだ。本書によると、ロコモが見られる子どもの割合は、なんと全体の3~4割にも達する。

 先の項目群の「片脚立ちができない」「しゃがめない」「体育座りができない」「危険を避けることができない」などはロコモによるものと納得しやすいかもしれない。しかし、「挨拶ができない」「うつむいて歩いている」といった、一見運動機能に関係なさそうな状態も含まれているのは、なぜだろうか。親のしつけによるものとも考えられそうだ。

 本書によると、「子どものロコモ」の原因は、運動器の発達不足、なかでも「体幹筋」が育っていないことにある。

体幹筋とは

からだ(体躯)の中心部全体を支え、動かしている筋肉群のこと。腹筋や背筋、腰回りの筋肉全体を含め、運動器の中でも根幹となる部分。

 からだを支える体幹が弱いと、「起きているだけでだるい」「動くと疲れるから家でごろごろしていたい」という状態が続き、毎日が無気力になっていく。すると、生活にメリハリがなくなり、睡眠が浅くなって生活リズムが崩れる。睡眠不足が日中の眠気となり、さらなる疲れやすさや食欲不振、注意力散漫、集中力の低下、さらには突発的なイライラ、大声、暴力などにつながっていく。このように、「子どものロコモ」は生活態度や礼儀作法、そして学習成績にも悪影響を及ぼすというから恐ろしい。

 また、ロコモの子どもが自覚なしに過度な動作や運動を行うことで、思わぬケガや事故に遭う危険性が高まる。本書は、子どものロコモと関連すると思われるデータとして、中学校での骨折事故の発生率を示している(「学校の管理下の災害―基本統計―」独立行政法人日本スポーツ振興センター)。これによると、1970年から2011年の40年間で中学校での骨折発生率は約2.5倍に。

中学生になって成長期に入ると、1年間で平均7センチも身長が伸び、からだが大きくなる。しかし、筋肉は骨格が大きくなった後に成長する。「体格はいいけれども、筋力がない」状態で激しい運動をすると、筋肉が痛み、からだの柔軟性が低下する。子どもの骨格は大人よりも軟骨でできている部分が多いため、からだを支える関節や軟骨を大きく痛め、これらが相乗効果的に作用して骨折を招いてしまうのだという。

 では、子どものロコモを防ぐためには、どうすればよいのだろうか。本書は、乳幼児のときから、全身運動である「ハイハイ」をしっかりと行うことで、体幹筋の成長が促されると述べる。近年のマンションに多いフローリングの床では、畳の部屋より滑りやすいため蹴る力を使いにくいが、カーペットを敷くなどの方法を取るとよいそうだ。

 では、ハイハイをあまりしなかった子どもは、ロコモから逃れられないのだろうか。そんな子どもには、遊びや日常のお手伝いの中で、四つ這いになるような運動をできるだけ設ける方法があるという。例えば、お手伝いなら家の中の掃除にぞうきんがけを取り入れる、という工夫が紹介されている。

 また、親子で次のような体幹トレーニングに取り組むのもいいかもしれない。

 本書の「寝たままできる体幹トレーニング」から一部紹介

■ 背伸び運動
仰向けに寝てヘソを見るように首をあげ、そのまま両手を頭の上にのばす。

■ 起き上がり
ひざを立て、両手を頭の後ろに組み、腹筋を使って頭を持ち上げる。

■ バタ足
あごを支えるように腕枕をし、ひざを曲げずに片足ずつ上げる。

■ エアープレーン
両腕、両足をしっかり伸ばし、おなかを中心に反らせる。

■ キャット&ドッグ
四つ這いになり、頭をあげて背中を反らす。猫のように背中を丸める。

 子どもの一日の運動遊び時間は60分が理想とされているが、骨折のリスクが高い者は、これに一日10分の運動を追加するか、1000歩多く歩くと、骨折リスクが13%減少するというデータがあるらしい。本書で紹介されている「寝たままできる体幹トレーニング」をはじめとした体幹筋を鍛える活動や運動を、一日の間にまとめて、または細切れに計10分以上行うことを勧めている。

 超高齢化社会の中で、健康に介護なしで日常生活を長く送る「健康寿命」が重視されつつある。高齢者になったときのロコモ対策にもつながる子どものロコモ対策の重要性を、本書は強調している。

子どもの脳や神経に関わる疾患 個性に合わせ発達見守る

障害児の育ち、地域で支える 倉敷成人病センター小児科 御牧信義主任部長

 子どもの脳や神経に関わる疾患は多様だ。急性期症状の発作を伴う「てんかん」、出産時の低酸素状態などが原因となる脳性まひ、自閉症などの発達障害…。病態や治療法、生活支援の方法も多岐にわたり、個人差も非常に大きい。その全てに対応するのが小児神経専門医だ。

 小児科専門医は全国で約1万4千人いるが、小児神経専門医は約千人と少ない。数少ない小児神経外来を設けている倉敷成人病センター小児科には、岡山県内外から年間約900人の新規患者が訪れる。特に発達障害を専門とする御牧は、そのうち約600人の診療を担う。

 “小児”と冠しているが、小児神経外来が診療するのは15歳以下に限らない。「治療の結果が出る一つの目安は、患者が20歳になった時」と御牧は言う。「患者がハッピーに生活できているか、職業選択の幅がどれほど確保されているか。支援の手を借りながらでも地域社会で自立することが目標」。誕生時の状態を踏まえつつ、長期的に見守る視点が欠かせないという。

 例えばてんかん。全患者の75%は、7歳くらいまでに最初の発作を起こして診断されることが多い。原因は、3分の1が出生前や出産時に何らかの理由で脳にダメージを負ったことによるもの、3分の1は脳炎や髄膜炎など別の疾患に伴う後天性のもの。残りの3分の1は、原因が特定できない。

 抗てんかん薬を長期間服用する薬物療法が必要だが、95%は成人期以降に症状が出なくなるとされる。ただ服薬をやめても約10年は、寛解状態が維持されているか経過を観察しなければならない。

 四肢などにまひが出る脳性まひは、出生時に負った脳障害が原因のため、症状が進行することはない。だが、身体や精神面の発達に伴い、生活に支障が出てくることがある。食べた物が逆流しやすくなるなど、成長の過程でよく起こる症状があるという。

 症状に合わせた診療科で治療することも可能だが、多くの患者や家族は、自分自身の治療歴や生育歴、生活歴をつぶさに見てきた小児神経専門医による診療を希望するという。「20年以上、患者を診続けることもまれではない」と御牧は言う。

 近年、小児神経の領域で最も診療件数が多いのが、脳の機能障害である発達障害だ。自閉症スペクトラム障害や注意欠如・多動性障害、学習障害などの分類がある。双方向のコミュニケーションが難しい▽感覚が過敏▽こだわりが強く、瞬間的に行動を変えにくい―などの症状があると、生活に支障が出ることも多い。

 多くの保護者が乳幼児期から「育てにくさ」など何らかの異変を感じていることがほとんど。発達障害児の90%以上が、3歳児健診までに障害の可能性を指摘され、診断につながっているという。

 脳機能を形態面から調べるMRIやCT、脳の働きを見る脳波検査を行い、患者本人や家族から日常生活で困っていることなどを入念に聞き取る。出生時にさかのぼり、心拍数や皮膚の色などから新生児の状態を評価し、仮死の程度や障害が残る可能性などを判定する「アプガースコア」もチェックする。症状によっては薬物療法を選択する。

 だが、御牧は「病院でできることは、実のところ多くはない」と言う。発達障害児は、身体・精神面の発達によって、症状が大きく変化。さらにクラス替えや担任教師の変更など環境の変化は、症状に大きな影響を及ぼす。一度受けた診断名が変わることもある。

 患者にとって最適な環境を整えることが、発育を支援する「療育」の目的だ。難しいのは、個人の特性の違い、両親や家族の関わり方などが複雑にからみあい、障害名で療育方法を標準化できないこと。100人いれば100通りの療育がある。「でも子どもの個性に合わせ、発達を見守るのは健常児だって同じ。何も特別なことではない」と御牧は強調する。

□  ■

 「小児神経疾患の子どもは、病院ではなく、地域社会の中で育ちを支えていくことが欠かせない」と御牧は訴える。乳幼児健診などの保健分野、学校など教育分野、障害者の就業施設など福祉分野が連携し、障害児が大人になるまで切れ目なく支援し、必要時に医療機関がサポートする―というのが、障害児にとって理想的な姿だ。

 理想に少しでも近付けるべく、御牧自身は行政職員や教師、保健師らの研修などで、特に発達障害を中心とした知識を啓発。FMくらしきで番組を持ち、自ら情報を発信する。

 発達障害の場合、かつては診断を嫌がる保護者も多かったが、最近では診断名よりも「わが子の特性と適切な対応法を知りたい」という人が増え、意識の変化を感じるという。

 ただ発達障害を疑い受診する事例は年々増加しており、医療機関に求められる期待も大きくなっている。「病院や開業医など地域の小児科がそれぞれの得意分野を生かし、協力して地域の子どもたちを見守るという発想が大切。社会全体を巻き込んでいきたい」と語る。

 (敬称略)

  倉敷成人病センター(倉敷市白楽町250、086―422―2111)

 みまき・のぶよし 東京都立富士高、岡山大医学部卒。岡山大小児神経科(現)で小児神経学を専攻、1983年倉敷成人病センター小児科に就職、2005年から現職。小児科専門医、小児神経専門医、脳波専門医、子どもの心相談医。医学博士。59歳。

自閉症スペクトラム障害 症状に個人差 環境で変化も

 自閉症スペクトラム障害/自閉スペクトラム症は、対人交流、コミュニケーションの問題、興味の限局、パターン化の症状がある状態を、一つの連続体としてとらえた分類。2013年、米国精神医学会の診断分類「DSM―5」によって、新たな診断名として採用された。

 かつては、コミュニケーション障害や社会性の問題を伴っていれば「自閉症」と診断していた。自閉症スペクトラム障害は、症状には個人差があり、発達障害に特徴的とされる症状の現れ方も年齢や発達によって異なる。こだわりの有無、言葉の遅れがあるかどうかなど、自閉症状の傾向が強いかどうかをみると同時に、社会生活が困難かどうかも判断基準として障害の度合いを診断する。

 周囲の環境により症状の現れ方などは変化するため、自閉症状があっても障害として診断されることなく、社会生活を送っている人も数多くいる。個人の状況を見極め、適切な療育や支援を行うことが、生きづらさを少しでも解消することにつながる。

今さら聞けない「自家中毒」ってどんな病気?原因と症状

「自家中毒」とは、普段元気な子どもが急に何回も吐く症状が数日続き、また元気になることを繰り返す病気で、「周期性嘔吐(おうと)症」とも言われます。では、具体的にどのような病気なのか、原因や症状、治療法などについて、帝京大学医学部小児科客員教授で、帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科教授・学科長の児玉浩子先生に教えていただきます。

自家中毒(周期性嘔吐症)はなぜ起こる?

「自家中毒」「周期性嘔吐症」「アセトン(ケトン)血性嘔吐症」などは、どれも同じ症状を示すもので、最近は主に「周期性嘔吐症」と呼ばれています。ちなみに、「自家中毒」とは、よりわかりやすく伝えるために日本の医師が考えた呼び名です。 症状の特徴は、患者によって程度はさまざまですが、普段は元気な子どもが急に吐き始め、嘔吐を繰り返し、4~5日で治まり、また元気になることを繰り返すのが共通のパターンです。

嘔吐以外にも、倦怠(けんたい)感・蒼白(そうはく)・腹痛・吐き気・食欲不振・頭痛など主に自律神経の異常を訴える場合もあります。発症年齢は、3歳から12~13歳までが多く、5~6歳がピークです。まれに新生児や、成人してからの発症例もあります。発症のきっかけも、子どもによりさまざまです。

風邪、刺激食品の摂取、ストレスなどが誘因になると言われています。ピアノの発表会前に緊張するなどの嫌なストレスや、遠足前に興奮するといった楽しさなどからくるストレスなど、精神的な刺激に体が過敏に反応して症状が起こるようです。心配性の子どもや興奮しやすい子どもは、その状態が増長しないように落ち着かせることが大事です。
.
基本的に治る病気なの?

この病気は、基本的に治る病気です。たいていの場合、数年または思春期になると治りますので、そんなに不安にならなくても大丈夫です。ただ、まれに大人になって片頭痛という形で表れる場合もあります。じつは、この病気は片頭痛の子ども版と言われていて、大人で片頭痛の持病がある人の幼少期の症状だという見方もあります。

つまり、子どものころ周期性嘔吐症になった人は、大人になると片頭痛を発症する可能性が高くなるということです。片頭痛も、周期性嘔吐症と同じく、突然起こり短期間でケロッと治るという点で、症状に共通点があります。ではなぜ、子どもの場合だと吐くのでしょうか。それは、いろいろな臓器の中でも、腸は外部からの刺激に反応しやすく、特に子どもは消化器が弱いので、ストレスなどの刺激が嘔吐のような消化器症状として出やすくなるのです。

また、遺伝的な関連もあると考えられているので、保護者が片頭痛をお持ちの場合は、子どもが周期性嘔吐症を発症する可能性が高くなります。その場合は、普段から気を付けて子どもの様子を見守ってください。子ども自身が、突然もよおす吐き気を抑えることは、とても難しいことです。

また、突然吐くことは、肉体的な面だけではなく、非常に不安になったりすることもあります。でも、保護者のかたが病気を正しく理解して、上手に付き合えるよう心掛ければ、そんなに怖がる病気ではありません。

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

【小児医療~常識のウソ】おたふく風邪ワクチンは必要ない?

NO MUSIC,NO LIFE という言葉がありますが、音楽を聴かない日はありません。

 Jazzを聴く日もあれば、Rockを聴く日もあります。そんな音楽好きのDNAの一部が遺伝したのか、私の長女は音楽大学に進み打楽器を専攻しています。その長女が先日、耳に違和感を覚えるというので耳鼻科を受診させました。もしや騒音性難聴ではないかと受診前にかなり心配しましたが、検査の結果、聴力は低下しておらず胸をなでおろしました。

音楽をやる人間にとって、聴く力は生命線ですからね。いや、一般の人たちにとっても難聴は大問題です。視力は人と物のコミュニケーション、聴力は人と人のコミュニケーションと言われますが、まったくその通りです。もし、あなたのお子さんが聴力を失ったら、本人も親もどれほどつら辛い思いをするでしょうか? 考えたくもありませんね。

 今日はおたふく風邪(ムンプス)とワクチンについて書きます。

◆かかってしまえば免疫ができるけど…

 小児クリニックには通常、隔離室が置かれています。おたふく風邪や水痘(水ぼうそう)の子どもを隔離するためです。うちのような大して患者の多くないクリニックでも、1週間、隔離室をまったく使わないということはほとんどありません。未就学児を中心におたふく風邪や水痘の子どもはいくらでも受診します。

 つい先日もおたふく風邪の疑いの患者さんがやってきました。隔離室へ入ってみると、5歳の女の子の右耳のすぐ下が大きく腫れていました。熱もある。お母さんに話を聞くと、幼稚園で何人もおたふく風邪で休んでいる子どもがいるらしい。そしてそのお子さんは、おたふく風邪のワクチンを打っていませんでした。

 おたふく風邪には治療法がありません。免疫が誘導されてムンプスウイルスが消えるのを待つだけです。幼稚園は5日ほど休んでもらわないといけません。私は、解熱剤を処方することと、5日後に再来してもらうことを母親に伝えました。そしてその時、この子には弟がいることを思い出しました。

 「お母さん、おたふく風邪ってものすごく感染力が強いんです。弟さんにもかなり高い確率でうつりますよ。今からワクチンを打っても間に合いませんから、耳の下が腫れたら受診してくださいね」

 お母さんは苦笑いの表情になりました。「まあ、ちょっとのがまんだから、うつったらそれで免疫ができるので、どうせなら済ませちゃった方がいいかも」 私は「ちょ、ちょっと、待った~」と声を上げて、おたふく風邪の合併症について説明を始めました。

◆本来、かかってはいけない病気

 ムンプスウイルスはさまざまな臓器に親和性があります。従って耳下腺が腫れる以外に多種類の合併症を引き起こします。まれではありますが、脳炎・髄膜炎・ 膵炎すいえん ・精巣炎・卵巣炎といった危険があります。そして大きな問題になるのが難聴です。

 古い小児科の医学書をひもとくと、ムンプス難聴になる例は、おたふく風邪にかかった子の1万~2万人に1人くらいと書かれています。ところが、1990年代になってから、耳鼻科の先生たちからムンプス難聴の頻度は100~200人に1人と報告されるようになりました。従来の定説よりも100倍も頻度が高いのです。

 ムンプス難聴は多くの場合、片側だけに起きます。そして高度の難聴になり、聴力がほとんど失われてしまいます。治療法はなく、回復することはありません。なぜ、ムンプス難聴に小児科医は気付かずに、耳鼻科の先生が気付くのでしょうか? それは未就学児くらいの年齢のお子さんだと、片耳が聞こえなくなってもそれを親に伝えないことが多いからです。

おたふく風邪にかかった時期に難聴を合併するのですが、親がそれに気付くのはかなり時間がたってからということも多いはずです。おたふく風邪との関連は気に留めず、小児科医に相談しないで耳鼻科を受診しているのが実態でしょう。また、耳鼻科の先生は、就学前健診で聴力に異常のある子どもの精密検査をたくさんやっているので、ムンプス難聴が実は多いことを知っているのです。

 たとえ片側でも高度難聴は、人生の質を著しく低下させます。日常会話には困らないかもしれませんが、音楽を楽しむことは著しく制限されます。そしてムンプス難聴の中には、両側の難聴、つまり「ろう」になってしまうケースもあります。その頻度は意外に高く、ムンプス難聴の10%以上は両側性という報告もあります。

◆突発性難聴という病気

 おたふく風邪という病気から離れて、難聴という観点から考えてみましょう。突発性難聴という病気があります。文字通り、突発的に(突然に)片耳の聴力が低下してしまう病気です。歌手の浜崎あゆみさんは、この病気によって片耳の聴力を失ったことを2008年に明らかにしています。ミュージシャンにとっては本当につらい病気だと思います。

 突発性難聴の原因は諸説ありますが、はっきりしていません。そのうちの一つがムンプスウイルスの感染です。おたふく風邪にかかると耳下腺が腫れることは前述しましたが、30%くらいの患者は症状が出ないと言われています。これを「不顕性感染」と言います。確定的な証拠はありませんが、突発性難聴の一部はムンプスウイルスの不顕性感染であるという考え方は医者の間で根強くあります。

 では、ムンプス難聴をどうやって防げばいいのでしょうか? それはワクチンを打つことに尽きます。

◆おたふく風邪ワクチンはなぜ任意接種なのか?

 現在、「麻疹・風疹」混合(MR)ワクチンは定期接種ですが、おたふく風邪ワクチンは任意接種です。しかし1989年には、「麻疹・おたふく風邪・風疹」混合(MMR)ワクチンは定期接種されていました。ところが、MMRワクチンは1993年に姿を消しました。理由は副反応です。MMRワクチンは「弱毒生ワクチン」ですから、言ってみれば軽くおたふく風邪に感染するわけです。おたふく風邪の合併症は多彩だと言いましたが、当時問題になったのはムンプスウイルスによる髄膜炎でした。

 髄膜炎とは脳の表面をおおっている髄液にウイルスが感染し、頭痛や 嘔吐(おうと) 、発熱などの症状が出ることを言います。首筋が硬くなるのが特徴なので、顎を胸に付けられなくなります。特効薬はありませんので、入院して安静にしておくほかありません。ただ、生命に別状はなく、後遺症を残すこともありません。

 現在でも、任意接種のおたふく風邪ワクチンには髄膜炎のリスクがあります。ただ、みなさんに冷静に考えていただきたいのは、おたふく風邪に感染した時の髄膜炎とワクチンを打った時の髄膜炎では、症状の重さも発症頻度も全然違うということです。おたふく風邪は4~5年のサイクルで大きな流行になります。少ない年で数十万人、多い年で百数十万人が感染します。

一方、ワクチンを打っているお子さんは毎年30%くらいと目されています。自然感染したお子さんに合併する髄膜炎の頻度は、ワクチンを打ったお子さんの髄膜炎よりも100倍も多いと考えられています。症状も重く出ます。ワクチンを打たない方がはるかに危険なことは明らかでしょう。

 隔離室で私の長い話が終わると、お母さんは納得してくれたようでした。可能な限りきょうだいを隔離して、もし弟におたふく風邪がうつらなければワクチンを打つと約束してくれました。

◆ワクチンに関するデマ

 最後におたふく風邪ワクチンに関するデマについて触れておきましょう。1998年のイギリスで、自閉症と腸炎を合併する病気が見つかったと有名な医学雑誌に論文が発表されました。この子どもたちは病気の発症前にMMRワクチンを打っていたことから、おたふく風邪ワクチンを打つと自閉症になると大騒ぎになりました。ところが何とこれはデータの 捏造ねつぞう だったのです。

この論文を発表した医者は、MMRからおたふく風邪(M)を抜いたMRワクチンを製造する会社の顧問だったのです。偽の論文を発表することで莫大な利益を得ていたのです。世界中で、おたふく風邪ワクチンと自閉症の関連が調査されましたが、その結果、事実無根と判明したのです。

 ついでにもう一つ。インフルエンザワクチンには防腐剤としてエチル水銀(チメロサール)が添加されています。この物質と自閉症の関連が1990年代に指摘されたことがあります。しかしこれも多くの施設の研究から無関係であることがわかっています。世界保健機関(WHO)も、両者の関係を否定する声明を出しています。

 おたふく風邪ワクチンや、チメロサール入りのワクチンを打つと自閉症になるという言説はひどいデマです。デマに振り回されて不利益を被るのはあなたのお子さんです。何が真実かわからなくなったら、主治医の先生とよく相談してくださいね。

つい爪を噛んでしまうのは何故?爪噛みには5つの心理要因があった

つい癖で「爪を噛んでしまう」ことがあるかた、たまに見かけないでしょうか。あまり見ている感じだと良い印象は受けないですが、「爪を噛んでしまう癖」に悩ませる人は結構多いようです。そこで今回は「爪を噛んでしまう5つの心理要因」と題し、なぜ爪を噛んでしまうのか、そしてその治療法まで医師に解説をしていただきました。
爪を噛む原因

■イライラしている

■緊張している

■欲求不満

■寂しい

■手持ちぶさた
爪を噛む5つの心理要因

爪を噛むことで落ち着く

爪を噛むことが癖になっている場合、考え事をしているときなどに爪をほぼ無意識に噛んでしまうことがあります。小さな子供の指しゃぶりや、特に女性の方に多い髪の毛をいじる癖などと共通するものがありますね。

イライラを抑えるため

不愉快なことがあったり、思うように物事が進まなかったりしてイライラが気持ちが強い場合、爪を噛むことがあります。

気になることがあり落ち着かない

試験や発表の結果を待っているときなどに爪を噛む場合も多く見られます。貧乏ゆすりと似たような状況下で見られることもあります。

甘えたい

不安を感じて、誰かに頼りたい心理などでも爪を噛む場合があるようです。

暇つぶし

爪を噛む癖のある方の中には、特にすることがないとよく爪を噛む方がいますね。
爪を噛むことで起こるリスク

見た目

爪を噛み続けることで、爪が変形してしまったり、子供のころから爪を噛む癖があると歯並びに影響を与えたりする場合があります。

病気

爪を噛むことで爪から体内に雑菌が入ってしまったり、深く噛みすぎるとそこから出血したり雑菌が入ったりして感染し、炎症を起こしてしまうケースも考えられます。

対人関係

爪を噛む、という行為自体、あまり見た目として感じの良いものではありませんし、何か欲求不満なのかな、寂しかったり、イライラしているのかな、と思われてしまう場合もあると思います。また、あまりにも頻繁に大人の方が爪を噛んでいると、多少子供っぽい印象を与えてしまう可能性もありますね。
爪を噛む癖を克服する方法~子供編~

必ずしもそうではありませんが、子供の爪を噛む癖には何らかの寂しさや、親にかまってもらいたいという気持ちが隠れているケースが比較的多いようにも思います。

お子さんが爪を噛んでいるのを見かけたら、少し親子の会話の時間や、スキンシップの時間を増やしてあげることで、改善してくる場合もあるかと思いますよ。また、すでに幼稚園や学校など集団生活をしているお子さんなら、そちらでストレスがないか、さりげなくチェックしてみるとよいでしょう。

爪を噛む癖を克服する方法~大人編~

自覚しているのに、長年の癖でなかなか爪を噛む癖が治らないといった方は、市販の爪噛みを防止する商品を使ってみる方法もありますね。指先につけておくことで噛むと苦い味のするものなどもあるようですから、こういったものも使ってみるとよいでしょう。もちろん、ストレスケアも忘れずに。

爪を噛む人に対する病院での治療
爪を噛んで傷がついたり化膿したりした場合には皮膚科ということになります。

爪を噛む原因となっているストレスなどに心当たりがある場合は、医療機関は心療内科や精神科ということになりますね。

医師からのアドバイス
爪を噛む癖を自分でも何とかしたいけれど、なかなか克服できないという方は意外と多いと思います。あきらめずに対策をおこなって、この癖をやめられるといいですね。

力ずくではダメ? 歯磨きをイヤがる子どもへの仕上げ磨きテク5つ

【ママからのご相談】
近頃、2歳の息子の「歯磨きイヤイヤ」が激しくて困っています。1歳くらいまでは歯ブラシを見せると自分から横になって口を開けていたのに、あるときから急に仕上げ磨きを嫌がるようになりました。

嫌がる子どもの歯磨き、どんな方法がおすすめでしょうか?

●A. 泡歯磨き剤やフッ素スプレー、キシリトールを利用するのも手。

ご相談者様と同じく、末っ子の仕上げ磨きで毎朝毎晩格闘中のライターNANARUKAです。

わが子も赤ちゃんのころから歯磨きは問題なくできていたのに、2歳直前くらいから突然嫌がるようになりました。

時に心理作戦で、時に力ずくで、あれやこれやと試しますが、たいてい最後は汗だくギャン泣きで終了……。

ちゃんと磨けているのかどうかも不安なので、そろそろ小児歯科デビューしようかと思案中です。

今回は、お子さんとの歯磨きに格闘中のママさんへ、嫌がる子どもの仕上げ磨きテクニックをご紹介します!

●(1)歯ブラシを見ただけで逃げてしまう子には……

歯磨き恐怖症に陥っているかもしれません。

歯磨きに関するしつけ絵本などを利用しながら、あえて「歯磨き」「歯ブラシ」などの言葉は伏せ、「シャカシャカしようね」「シュッシュでピッカピカ!」など楽しくなるような声かけ をして、子どもが自然と受け入れられるようになるまで何度も読み聞かせてあげましょう。

●(2)歯磨き剤の味を嫌がる子には……

歯科医院で購入できる泡歯磨き剤 を試してみましょう。

フッ素は入っていますが研磨剤が入っていないので、ほとんどが空気。

そのため味も感触も優しいので、歯磨き剤を使っているような感じがしません。

●(3)首を振ったり暴れたりして嫌がる子には……

抵抗して暴れる子どもにまともな歯磨きはしてあげられないうえ、歯肉や口内を傷つけてしまう恐れもあるため、磨いてあげる大人が左右の腿と膝で子どもの頭と腕を固定 します。

激しく抵抗する場合も、頭をしっかり固定し、他の人に腕を押さえてもらうなどして手早く磨きましょう。

●(4)歯ブラシを噛む子には……

子どもが口を開けるまで歯ブラシを構えてじっと待ちます。

または、鼻をつまんだりあやしたりして口を開けた瞬間に狙いを定めて素早く磨きます。

●(5)どうしても磨かせてくれない子には……

歯磨きの代わりに、フッ素スプレー を使ったりキシリトール を食べさせたりすることも虫歯予防に効果的。

どうしても毎日歯磨きできない場合は、小児歯科で定期的なクリーニングをしてもらいましょう。

----------

お子さんに効果が期待できそうな方法はありましたか?

子どもが歯磨きを嫌がる原因として、実は歯ブラシや歯磨き剤が合っていない、歯ブラシにかかっている力が強すぎるために痛がっている、という場合も多いようです。

今一度、ブラシの握り方や動かし方、ヘッドや毛先の大きさ、磨くときの姿勢などを見直すとともに、キッチンスケールに歯ブラシを押し当て、子どもの仕上げ磨きの力として理想の150グラム を体感してみるといいかもしれません。

小さな子どもの小さな歯、心地よく磨いてあげるための参考になれば幸いです。

スポンサーリンク Ⅱ
最新記事
■ 互助会推薦 ■
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
スポンサーリンク sabu