あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■女性の「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・下肢静脈瘤・経皮毒
1

たるんだ肌が劇的に若返る?! 「猫手マッサージ」動画をチェック!

改めましてですが、私は美筋形成エステティシャンとして活動するかたわら、プロのかたに向けても技術講習をおこなっています。30代から60代のかたと接するにつれて、「正しいセルフマッサージ」を求めていると感じるようになりました。

自己流で誤ったやり方をされている方も多く、よかれと思ってやっていることが、かえってトラブルの原因になっているケースも少なくありません。「簡単にできて、きちんと結果を出すには、どういった方法が良いだろう?」と試行錯誤して考えたのが、「猫手マッサージ」です。

猫手マッサージは道具を一切使いません。自分の両手で猫手を作り、顔や体の気になる部位をマッサージします。そして一回一分を続けるだけで、効果が現れるのです。

好きな時に、好きな箇所を、好きなだけおこなってください。猫手マッサージの書籍モニターさんは、一度の効果はもちろんのこと、継続して2ヶ月間で3キロ減少された方もいらっしゃいます。結果を出す為には、ちゃんとしたマッサージを、楽しく、気軽に、続けること! 本日は猫手マッサージの猫手の作り方をお伝えいたします。


■猫手の作り方
基本の猫手は、人差し指から小指までの4本指を、ふんわり握ります。親指は他の4本指の中に入れず、伸ばして人差し指に軽く添えてください。これで猫手の完成です!

<5つのポイント>
猫手が完成しても、上手く使わないと、効果が半減してしまいます。フェイシャルもボディーも、5つの共通するポイントをおさえておきましょう。

1. 親指を立てない
親指が邪魔になったり、余計な力が入って疲れてしまうので、親指はそっと添えます。

2. 親指を入れない
親指を入れてしまうと、4本指の部分がデコボコしてしまいます。

3. 力を入れて握らない
猫手はあくまでもローラーの役割なので、猫手自身に力を入れると疲れてしまいます。

4. 4本の指の第二関節をうまく使う
4本指の第二関節と第一関節の面を使うと、当たりがソフトになります。関節部分を使うと、筋肉深部まで届く深いマッサージになります。目的に応じて使い分けておこないます。

5. 人差指の第二関節でピンポイント刺激
人差指の第二関節をピンポイントで使うと、刺激のあるマッサージとなります。

以上、猫手の作り方です。猫手マッサージをマスターすると、気軽にどこでもセルフマッサージができるので、一回一分のマッサージを継続するようにして、美肌・美ボディーを目指しましょう。

ユーチューブに動画も掲載していますので、ぜひご覧くださいませ。

作者:服部恵

むくみはもちろん身体のだるさにも効く!? 「着圧ソックス」の威力に迫る

女性なら誰もが悩む脚のむくみ。手軽に使える「着圧ソックス」を使ってみたい、と思っている人もきっと多いですよね。 でも、着圧ソックスは使い方を間違えると効果がないどころか、身体に害を及ぼす影響もあります。そこで今日は、着圧ソックスの正しい選び方と使い方のポイントについてお話ししましょう。

脚を加圧する「着圧ソックス」のルーツはヨーロッパ

じつは、着圧ソックスのルーツはヨーロッパにあります。ヨーロッパではアジアに比べると「下肢静脈瘤」の予防に対する意識がとても高く、いろいろな治療法や予防法が考えられてきました。
下肢静脈瘤とは、脚にある血管に血液がたまり、血管がふくらんでしまう病気です。一般的には命を脅かすような危険な病気ではありませんが、脚の見た目が大きく損なわれてスカートなどが履きにくくなります。
ヨーロッパの女性たちにはおしゃれに敏感な人が多いので、ヨーロッパでは日本以上に着圧ソックスが普及しているというわけですね。
.

むくみだけでなく「下肢静脈瘤」にも効果のある着圧ソックス

さて、日本では主にむくみ対策として注目されている着圧ソックス。そもそもどういうアイテムなのかというと、「脚を加圧(=適度な圧力をかける)して上半身にリンパ液や血液を戻りやすくする」というもの。ですから、履いてみると軽く締めつけられるような感覚があります。

どんな人におすすめかというと

(1)脚がむくみやすい人
(2)母親や祖母の脚に下肢静脈瘤が出ている人

このふたつ。立ち仕事をしていて夕方になると脚が重い&身体がだるくなる、などの症状がある人も試す価値ありです。
.
むくみに効果はありそうだけど加圧が強すぎるものはNG

パッケージを見ると、「hpa(ヘクトパスカル)」や「mmHg(ミリマーキュリー)」という単位のついた数字がありますが、これらは加圧力の強さを示した数字。数字が大きければ大きいほど加圧力が強いということになります。

メーカーによっていろいろな指針がありますが、足首20~30hPa、ふくらはぎ10~20hPa、太ももは5~15hPaくらいもので充分効果があるとされています。

あまりに加圧力が強すぎると脚が赤くなったり顔がむくみやすくなったりするので要注意です。

着圧ソックスを「寝ている間に履く」のはかえって逆効果!?

就寝中に履くのも、あまりおすすめできません。人間の身体は睡眠中は血圧が下がっていますから、脚を締めつけると充分な血液が行きわたらなくなる可能性があるからです。

1日中履くのもNGです。着圧ソックスは「脚への血流を制限しかねないアイテム」でもあることを、くれぐれも忘れずに。
.
着圧ソックスは、決まった時間や時期だけ履くようにしましょう

「会社から帰って寝るまでの間だけ履く」「午後オフィスにいる時間だけ履く」「生理前のむくみやすい時期だけ履く」などなど、正しく使いこなすためのポイントとしては

(1)自分の脚に合うサイズを選ぶ
(2)加圧が高すぎないものを選ぶ
(3)「履く時間帯」と「履く時期」をきちんと区切る
(4)肌に異常を感じたら使用をやめる

この4つ。ただし、もともと糖尿病などの持病がある人は、医師に相談してから使うようにしましょう。

婦人病や癌をも引き起こす!?経皮毒と環境ホルモン

経皮毒ってなに?


■婦人病や癌をも引き起こす経皮毒と環境ホルモン

昔に比べて子宮筋腫や卵巣脳腫、生理の異常などの婦人病が若い女性に増えています。環境ホルモンによる化学物質は、経皮毒の作用によって体内に入りやすくなり、女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンと似た環境ホルモンによって体内のホルモンバランスが崩れ婦人病を引き起こします。

また経皮毒は、原因が解明されていない病気や、アトピーなどのアレルギー、生殖機能の異常による不妊症などとも関係があるのではないかと言われています。では一体、経皮毒とはなんでしょうか?

■経皮毒とは

皮膚を通して体内に界面活性剤などの有害物質が入り皮膚だけにとどまらず内臓まで侵していくことです。化粧品、シャンプー、リンス、ボディーソープ、入浴剤、洗剤や歯磨き粉など毎日使っている日用品に、体に悪影響を及ぼす有害化学物質が含まれています。

この有害化学物質は分子量が小さく、皮膚から吸収されると体の脂肪の多いところに蓄積されます。女性は子宮や胸、男性は前立腺や肝臓で、これらは特に『ガン』という病気を引き起こしやすくなります。

環境ホルモンのように人間の体内でホルモンと同じような作用を引き起こす化学物質は、少量でも大きな影響を与えます。ホルモンバランスが崩れるだけではなく、脳神経系や生殖機能へも悪影響を与えます。

■自分や大切な人のために出来ること

また最近では恐ろしいことに、へその緒や羊水から環境ホルモンが検出されているというショッキングな報告もあり、お母さんのお腹からシャンプーの匂いのする赤ちゃんが産まれてくることが増えているようです。

なぜなら、近年の合成化学物質は分子量が小さく簡単に胎盤を通過するため、お母さんの皮膚から入った有害物質が子宮の胎児にも影響を与えるということです。

洗濯や台所で使う合成洗剤を石鹸に切り替えたり、洗剤の量を減らしたり、化粧品やシャンプーなど皮膚に触れるものは安心で安全な物に変えるなど健康的な衣食住を意識してみましょう。

経皮毒を意識することは、川や海を汚さないなど環境問題にも繋がっていきますね。

認識の甘さが悲劇を呼ぶ!?知っておくべき末端冷え性の知識

女性に多く見られる末端冷え性ですが、最近では男性の間でも急増中なのだとか。でもこの末端冷え性、単なる「体質」で済ませちゃってる人、多くないですか?

ただの冷えということで、冷え性に対する認識は甘くなりがちですが、様々な体の不調や機能低下を示唆している場合もあるんです。ここでは末端冷え性について正しい認識をもつべく、末端冷え性の基礎知識をまとめてみました。

ぜひ頭にいれておいて下さい。

●末端冷え性の原因
直接の原因は、手足の末端の毛細血管の血行不良です。熱や酸素、エネルギー、老廃物などの輸送は血流によって行われるため、血行が悪くなると冷えや肌荒れなどの症状が現れます。

そして、血行不良は、血液がドロドロであったり、血流を司っている自律神経のバランスが崩れることが原因とも考えられています。更に、自律神経の乱れの原因としては、ストレス、生活習慣、性格など、さまざまな原因が絡んできます。

●末端冷え性の症状
一番の自覚症状としては、手や足の末端の冷えです。ベッドにもぐっても手足が冷たく、そのせいで睡眠障害を起こす場合もあります。

●末端冷え性が進行した先にあるものとは?
昔から「冷えは万病の元」と言われている通り、末端冷え性が進行すると様々な病気を併発する恐れがあります。まず、末端冷え性を放置していると、冷えはしだいに体の中心へと広がってきます。

その結果、免疫力の低下、自律神経失調症、睡眠障害、内臓の冷えなどが懸念されます。大切な臓器も毛細血管が取り囲んでいますが、ここで血流が滞ると、内臓の機能低下や老化を引き起こし、生活習慣病につながる恐れもあるんです。

●末端冷え性の対策
とにかく、体の外から内からも温めることです。運動やストレッチ、入浴などで温めるもよし、温かい食べ物や飲み物で温めるもよしです。

また、血液がドロドロだったりストレスが溜まっているなど原因がはっきりしている場合は、その対処が先決です。ともあれ、放置せず、早めのケアを心がけましょう。

ハーバルバスでぽかぽかカラダに!【冷えを予防するレシピ】(2)

冷えを予防するビューティーレシピ第2弾。すっかり秋めいて朝晩は涼しくなりましたね。寒暖の差で体調を崩しやすいこの時期に冷えを予防し秋のカラダづくりをして、さらに冷えが気になってくる冬に備えましょう。

とくに冷え性の方におすすめ。
今回は「ほかほかな体をつくる」2回目、部分浴についてご紹介しましょう。

◆部分浴とはなんでしょう?

部分浴とは、手足など体の一部だけを湯に浸す温浴法で、足浴、手浴、半身浴、座浴などがあります。

全身浴より手軽で、発熱で入浴出来ないときや、心臓の弱い方、高血圧などの疾患がある場合でも安心して楽しむことのできる方法です。足を温めるだけでも全身の血行を良くする効果があります。また手浴や足浴は気分転換にもなる手軽な方法です。
.
◆冷え性におすすめローズマリーのアロマバスソルトレシピ

<用意するもの>

・天然塩大さじ1
・ローズマリー精油2滴
・空き瓶
・バケツまたは洗面器

足浴をしましょう
1.空き瓶に天然塩とローズマリーの精油を2滴入れ、容器の蓋をしてよく振ってまぜる。(アロマバスソルト)
2.バケツまたは洗面器に足のくるぶしが隠れる程度のやや熱めのお湯をはる。(41度~42度くらい)
3.できあがったバスソルトをお湯の中に入れてよくかきまぜる。

全身がポカポカしてきて少し汗がにじむくらいまで(15~30分くらい)温めましょう。
近くに熱めの湯を入れたポットなどを置いておき、ぬるくなったらお湯を足しても良いでしょう。

※ローズマリーの精油は種類が色々ありますが、作用の優しいローズマリー・シネオールがおすすめです。ローズマリー・カンファーは強い作用のあるケモタイプ精油があるので注意が必要です。

血行を促進する作用を持つローズマリーと塩の発汗作用での相乗効果で体を芯から温めます。体が冷えやすい方や足のむくみやすい方におすすめです。
.
◆ローズマリーの豆知識

ローズマリーに咲く小さなお花が、しずくのように見える意味のラテン語「Rosemarinus」、日本語で「海のしずく」という名前の由来があります。またローズマリーの白い花に聖母マリアがマントをかけたら青く変わったとのことで「マリアさまのバラ」という説もあります。

14世紀ごろハンガリーのエリザベート王妃が、ローズマリーを入れた「ハンガリアンウォーター」を愛用していて、とても若返ったことがいまでも語り継がれており、それはローズマリーの脳を活性化させ集中力を高めたり、血行促進や新陳代謝、抗酸化の作用により、老化防止や若返り効果があるといわれているからです。

アロマテラピーの世界においても、若返りが可能なアロマオイル(精油)として人気があります。

そんな健康的な美をつくる魅力的なハーブ、ローズマリーのアロマとバスソルトの発汗作用で美肌をつくりながら、カラダぽかぽか一石二鳥のバスタイムを楽しんでみてはいかがですか。

ハーバルバスでぽかぽかカラダに!【冷えを予防するレシピ】(1)

朝晩は涼しくなり秋の気配を感じられるようになりましたが、まだ昼間は汗ばむ日もありますね。寒暖の差で体調を崩しやすい時です。夏の生活のまま冷たい飲み物や食べ物を取っていると内蔵を冷やしてしまいます。

そろそろ生活習慣も秋へシフトして体を整えていきましょう。ここでは冷えを予防し、ぽかぽかなカラダをつくるハーバルバス(ハーブ入浴)のレシピを紹介します。

◆秋の夜長にゆっくりと入浴を楽しみましょう

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋・・・湿気もなく夏の暑さからようやく解放され、気持ちの良い気候で、色々なことに集中して取り組むことができる秋。だんだん夜が長くなってくるこの時期、ゆったりと入浴して心と体をリセットしてみませんか?

入浴とは全身浴(肩まで湯につかる)と部分浴(体の一部分のみ湯につかる)方法があります。ゆっくり時間のとれる時には全身浴、手軽に楽しみたいときや、気分転換には部分浴を、といったように使いわけるとよいでしょう。
.
◆ハーバルバスってなに?

ドライハーブの有効成分は入浴によって皮膚の毛穴から入り、毛細血管から体に取りいれられます。入浴で温まることで血液循環が促されて、体のすみずみまで成分が運ばれます。

また熱によって蒸発していく揮発性の有効成分の精油成分は、香りとして体に取り込むことができリラクゼーションの相乗効果を得ることができます。全身浴に、ドライハーブの成分をあらかじめ取り出した侵剤を用いた入浴剤の作り方をご紹介します。
.
◆体の芯からぽかぽか美肌ハーバルバスレシピ

<用意するもの>

・ドライハーブ
ジャーマンカモミール10g
ローズ10g
・洗面器
・鍋
・ガーゼ
・ひも

※ガーゼではなく市販のお茶の紙パックなどを使用してもよいでしょう。

1.広げたガーゼにドライハーブを入れてひもでしっかりしばる。
2.鍋に500gの水を入れて火にかける。
3.沸騰したら火を止めてガーゼにくるんだドライハーブを入れる。
4.蓋をして10分蒸らして成分を抽出する。
5.できあがった侵剤(入浴剤)を浴槽に入れてよくかきまぜる。

※ドライハーブの入ったガーゼも一緒に浴槽に浮かべて、入浴中に気になる部分にパッティングして使ってみてください。
※心臓の弱い方や高血圧症などの循環器系疾患のある方は、半身浴や足浴などの部分浴のほうが安全でおすすめです。

※妊娠中の方は体が敏感な時です。半身浴にするなど、無理のない範囲で楽しみましょう。

ジャーマンカモミールに含まれるフラボノイド成分が末梢神経まで血液循環を促して鎮静作用を高めます。古代ギリシア時代から使用されている世界中で愛されているハーブです。

香りの女王といわれるローズには美肌効果があります。収れん作用でお肌を引き締め、夏の紫外線でダメージを受けた肌の新陳代謝を促して若々しさを保ちます。

ぬるめ(38度~40度くらい)の湯加減でゆっくりと入浴するのがおすすめです。ぬるめの入浴は副交感神経を刺激して血液循環を高め、リラックス効果をアップしてあなたを心地のよい眠りに誘うでしょう。

食べ物&生活習慣&運動で冷えないカラダをつくるための9つのルール

冷えは生理痛や腰痛を悪化させ、むくみの原因にもなる女性の大敵です。寒いときは厚着などをして体が冷えないようにすることももちろん大事。でも、ホントの冷え性の改善は体の中からが行うのが重要です。今から「冷えないカラダ」をつくりましょう!

■冷えないカラダをつくる:食べ物編

□1.カラダを温める食べ物を摂る

 体を温める食べ物は「温かくて」「塩気、苦味、渋みがあって」「寒い地方でとれるもの」です。逆に体を冷やす食べ物とは、「冷たくて」「砂糖(糖質)を多く含んで」「温かい地方でとれるもの」です。つまり、生野菜より火を通した野菜、冷たいジュースより温かいお茶、冷酒より熱燗にしましょう、ということです。

 また、たまねぎ、ねぎ、しょうが、ハーブ、唐辛子など刺激のある食べ物は体を温めるので、うまく利用しましょう。

□2.カラダを温める栄養素を摂る

 ビタミンB、C、Eが不足しないようにしましょう。ビタミンBは糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーに変えるのに必要。疲労回復に効果的なビタミンでもあります。豚肉などに多く含まれます。ビタミンCは貧血改善、細い血管の働きを維持する効果があります。

ストレスやタバコでビタミンCは多く消費されるので、心当たりのある方は必要量(1日50mg)より多く摂取するのがオススメです。ビタミンEは血行を改善して女性ホルモンのバランスを調整する働きがあります。ナッツ類、アボガドなどに多く含まれます。

 また、精製された食べ物はビタミン、ミネラルが少ないことが多いので、白砂糖より黒砂糖、白米より玄米など、「白より茶色」の食べ物を摂るように心がけましょう。

□3.タンパク質を効果的に摂る

 そして、見落としがちなのがタンパク質。食事すると体が温まりますよね。これは食べ物を消化・吸収するときに体がエネルギーを発散するからで、この熱のことを食事誘導性熱産生(DIT=Diet Induced Thermogenesis)と呼びます。

 実はこのDIT、栄養素によって違うのです。食べたものをどれくらい熱に変えることができるかを比較すると、タンパク質は30%、炭水化物10%、脂肪で3~4%くらいと言われています。

 またタンパク質は、筋肉やホルモンの原料になりますので、体内で構成できない必須アミノ酸を含む良質のタンパク源(大豆製品、乳製品、肉、魚)は積極的に摂るとよいでしょう。

■冷えないカラダをつくる:生活習慣編

□4.規則正しい睡眠

 睡眠は人間の体を一定に保つのに重要なので、できるだけ規則正しい睡眠を心がけるようにしましょう。たとえば寝る時間がまちまちでも、いつもと同じ時間に起きることも重要。眠かったら二度寝、お昼寝するのも一案です。体のリズムを一定に保つのが大事なのです。

□5.足を温める

 足は心臓から一番遠いところにあるうえに、うっ血して冷えやすくなります。足湯をしたり、足の指が動く五本指ソックスを履いたり、寝るときに湯たんぽを入れたりして、足を冷やさないようにしましょう。

またむくむと冷えが悪化しますので、こまめに足を上げたり足首を動かしたりするようにしましょう。またミニスカートにはブーツといったように、服装にも気を使いましょう。

□6.あっていない靴、きつい下着はつけない

 皮膚のセンサーをきちんと機能させるためにも、合っていないハイヒール、きつい下着などはやめましょう。特にきついガードルは太ももの付け根にあるリンパ節を圧迫するのでNGです。

■冷えないカラダをつくる:運動編

□7.まめにカラダを動かす

 運動すると血流がよくなります。ちょっと一駅歩く、階段を使うなどちょっと気をつけるだけでもだいぶ違います。また同じ体勢をとっていると血流が悪くなるので、1時間に1回は姿勢を変えるようにしましょう。足を組むクセのある人はできるだけ組まないようにするのがベターです。

 運動は「無理のないところから」を心がけましょう。たとえば階段一つをとってみても、階段は上りでも下りでも、平地を歩くエネルギーの約20倍のエネルギーを使うといわれています。運動は長続きさせることが重要です。

□8.ストレッチ、マッサージ

 マッサージ、ストレッチをすると血流が良くなり、皮膚を刺激することによるリラックス効果もあります。また、筋肉がほぐれ疲労改善にも役立ちます。特に腰から足を重点的にマッサージしましょう。

 朝起きた直後、寝る前など時間を決めて、リラックス効果のあるアロマなどを楽しみながらするとより効果的です。

□9.お風呂を上手に利用

 38~40度のぬるめのお湯に20分から30分くらい、半身浴でつかると体が温まります。疲れていてもシャワーよりお風呂につかるようにしましょう。お風呂のなかでストレッチもいいですね。

 十分温まってから手足にシャワーで水をかけて、またお湯につかるという「温冷浴」も血行改善にオススメです。市販の入浴剤も湯冷めしにくくなります。

入浴剤の代わりに、お酒やお酢を入れてもよいでしょう。皮膚の活動を活発にするなど新陳代謝を促す効果があると言われ、家庭なら500ml(コップ2~3杯)くらいが目安です。

恐ろしい夏の後遺症!?秋むくみの原因となるNG行動3つ

特に水分や塩分を摂り過ぎたり、深酒をした覚えもないのに、妙にむくみが気になることはありませんか? も

しかすると、今の時期特有の“秋むくみ”症状に陥っているかもしれません。秋むくみの原因となるNG行動とは、一体どんなことなのでしょうか。

■夏の生活習慣を引きずると秋むくみを引き起こす
夏に比べて、気温も湿度も下がりつつある今日この頃。しかしながら、夏の間に身に付いたNGな生活習慣は、意外なほどにクセになってしまっているもの。

夏のよくない習慣を引きずって、秋まで持ち込んでしまうことで、気付けば秋むくみを引き起こしてしまうからこそ、バッサリと生活習慣を変えるようにすることが、秋むくみに悩まされないなのコツです。

■秋むくみの原因3つ
(1)冷たいドリンクを飲むクセがやめられない

夏場はカフェやレストランで、ついつい炭酸入りのジュースやアイスラテなどを注文してしまうことが増えがち。さらに、少し涼しくなってきても、冷たいドリンクの「やめ時」は今ひとつ分からないもの。

しかしながら冷たいものを摂ると、どうしても身体を冷やしてむくみの原因になってしまうからこそ、なるべく早く、冷たいドリンクはきっぱりとやめるようにしましょう。

(2)生足で足を冷やす傾向に

足や身体が冷えると、血管が縮んでしまい血行が悪くなり、老廃物を処理しきれなくなってしまいます。したがって、冷えは体内老廃物を溜め込み、むくんでしまう原因に。涼しくなってきたら、外はもちろん、家の中でも靴下やルームソックスを履くようにしましょう。

(3)夏が終わってもシャワーで済ませてしまう

夏場は汗をかきやすいこともあり、シャワーで済ませるという人も少なくありませんが、むくみを予防するためには、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、内臓の血流を良くすることが重要。

余分な水分を外に排出すれば、体内に溜まりがちな老廃物を排出でき、むくみ知らずの生活を送ることができます。38~40度のお湯に15~20分を目処に浸かるのがいいそうです。

無意識のうちにクセになっている夏習慣が、むくみの原因になっていたのかもしれませんね。気持ちと生活を切り替えて、むくみを撃退するようにしましょう。

たったの30秒でOK!冷え・便秘を解決する「●●を飲むだけ」朝活法

体を温める”温活”が、体にいいことを体感している女性も多いようです。しかしやり方次第では長続きしないということも。

そこで今回は、湯沸かし家電などを使えば30秒でできてしまうという、起床直後に白湯を飲むだけで冷えにくい体になれる効能をご紹介します。

■白湯がもたらす驚きの健康効果7つ

(1)代謝アップ

起きたばかりで動きが鈍い内蔵の働きを良くし、消化吸収を助けることで代謝アップが期待できます。一日の始まりにはぴったりです。

(2)便秘改善

腸が温められ、脳から老廃物の排出をする指令が出やすくなります。睡眠中に除去しようとしていた老廃物を、きれいに無くせる可能性が。

(3)腎臓機能アップ

腎臓への血流アップが望めるため、毒素や余分な水分を尿で体外へ出そうとします。これにより、むくみやすい体質も改善できます。

(4)脂肪が燃えやすくなる

温かい白湯を体に入れることで、運動した時のエネルギー消費と同じように脂肪を燃焼するといわれています。

(5)過食防止

白湯を飲んだ後に食事を摂ると、脳へ送られる満腹指令が早くなるといわれています。体の機能全体が代謝アップするためのようです。

(6)血栓予防

体温を高くすることで、血液の流れがサラサラになるそう。このため血栓などの予防になると考えられます。

(7)美肌効果

体が温まることで老廃物を体外に出しやすくなり、血管拡張が期待できます。その結果老化防止や美肌に鳴る可能性があるそうです。

■しょうがを取り入れると更に効果アップ!

ここまで見てきた7つの効能ですが、冷えによく効くしょうがを加えることで、さらに冷え知らずの体になれます。しかし、すりたてのしょうがを白湯に入れるだけでは、飲みづらいですよね。

そこでおすすめなのが、しょうが白湯にハチミツを加えることです。皮がついたままのしょうが60gをスライスし、ハチミツ1/2カップと一緒に保存容器に入れて冷蔵庫で保管します。

1日に大さじ1杯を目安に白湯に入れたり、温めた牛乳に入れてみてください。体がぽかぽかしてきますよ。

白湯を飲むだけなら、アレルギーがある人でも取り入れやすく、面倒くさがりやさんでも長続きしますよね。冷え知らずの美人を目ざしましょう。

3人に1人が感じている「冷えのぼせ」、放置せずに今すぐ対策を!!

ここ数日、暑さがひと段落し、急に涼しくなってきました。こんな時にこそ気をつけたいのが体調不良。温度調節が難しいため、身体がついていけずに体調を崩す人が多いのです。

そして特にこれからの時期に気をつけたい症状が「冷えのぼせ」。

これは夏場に身体を冷やした結果、季節の変わり目に体調が不安定になり、温度差が大きくなる時期に症状として現れると言われています。今回はこの「冷えのぼせ」についてチェックシートで診断。その傾向と対策をお教えします。
.
■「冷えのぼせ」チェックシート

ひとつでも当てはまったら「冷えのぼせ」の可能性が。チェックが多いほど重度です!

□胸より上は冷えを感じていないが、手足は冷たいと言われる
□手足が冷えているのに、顔だけがボーっと熱くなることがある
□気温・運動などの暑くなる条件の後に、胸より上がカーッと熱くなり汗がどっと出る
□冷えの自覚はないが、冷たいものを食べたり飲んだりするとトイレが近くなる
□手のひらや足の裏などにじっとりと汗をかく
.
20~50代の3人に1人が感じている「冷えのぼせ」。睡眠や心身の不調にも影響をするので要注意!

ピップ株式会社が20~50代の女性10000人を対象に行った「身体の冷え」に関する実態調査によると、「自分は冷え性」と回答した人は63.8%にものぼり、そのうち「冷えのぼせ」の症状を感じている人は約半数いることがわかりました。

しかも年代別に見ると、50代に次いで20代が多いことが判明。20代は、生まれたときからエアコンを使う環境で生活をしてきて、それに加えて運動不足や身体えを冷やす食生活やファッションをしているなどの生活習慣が背景にあるようです。
.
「冷えのぼせ」の放置は危険! 上半身は冷やし、下半身は温める対策を!!

「冷えのぼせ」の症状は、普段冷えを感じていて、手または足が冷えているのに、顔や頭がボーっと熱くなることがあるというもの。冷え性の一種ですが、自律神経失調型の冷えなので、対策が難しいとも言われています。

でもこの冷え性を放置しておくと、寝つきが悪くなり、むくみやめまいが悪化。さらには血行不良型の腰痛や生理痛がひどくなることもあるといいます。

「冷えのぼせ」を感じたら、早めの対策が必要。上半身を冷やし、下半身を温めるように心がけましょう。軽い運動や半身浴も効果が高いと言われているのでおすすめです。

(アドバイザー:目黒西口クリニック 南雲久美子)

5人に1人の女性が悩む「骨盤臓器脱」に画期的な治療法

「骨盤臓器脱」は、子宮、膀胱、直腸など骨盤内の臓器が膣から下がり、出てくる女性の病気だ。かつては子宮脱、膀胱脱、直腸瘤などと呼ばれていた。

 一般的には子宮脱がよく知られているが、出てくる臓器は膀胱が64%、直腸が22%、子宮が14%。

 これら骨盤臓器脱の患者は想像以上に多く、アメリカの大規模な疫学調査では、80歳までに骨盤臓器脱または尿失禁の治療が必要な女性は5人に1人だった。

 亀田メディカルセンター・ウロギネコロジーセンター長の野村昌良医師が言う。

「恥じらいから病院を受診できないでいる女性は非常に多い。ウロギネコロジーは婦人科と泌尿器科の中間に当たる科で、骨盤臓器脱や尿失禁などを診るのですが、日本ではまだ少なく、

婦人科で<子宮脱は診るけど膀胱脱はここでは…>と言われたり、泌尿器科でその逆を言われたりするケースも珍しくありません」

 症状は、「お腹の中が下がった感じで気持ち悪い」「ピンポン球のようなものが膣から出てきた」「股間に何か挟まっている感じがする」「イスに座ると陰部の辺りで何かが押し込まれるような感じがする」など。

「99・3%が経産婦です。出産で引き伸ばされた骨盤底は3カ月ほどで徐々に戻りますが、完全に戻らない場合もあり、それが閉経後、女性ホルモンの分泌低下で骨盤底の支えが弱くなるのが発症の原因です」

 肥満や便秘、加齢も原因になる。大半は年を重ねた女性だが、中には30代という若さで発症する人もいる。

「進行することはあっても、自然に治ることはありません。膣の辺りに何かがあり、それを困る、気持ち悪いと思うなら、病院を受診した方がいいでしょう」

■再発率の低い「メッシュ手術」

 骨盤臓器脱の治療は骨盤底筋体操か手術といわれている。しかし、体操は予防や軽症の人にはいいが、中等度以上の骨盤臓器脱にはあまり効果がない。だから、手術を検討することになる。

「以前の手術は子宮を取り、伸びきった膣粘膜を切って縫い縮める方法で、再発率が29~58%と高く、体への負担が大きかった。

今は、再発率が低く、子宮温存が可能で、開腹の必要がなくて体の負担が比較的軽いメッシュ手術があります。しかも、保険が適用される。過剰に手術を恐れなくていいようになったのです」

 メッシュ手術は、メッシュで臓器が膣から下がったり出たりするのを防ぐ治療法だ。メッシュは体と一体化し、半永久的に骨盤内の臓器をサポートする。

 膣から行う手術と腹腔鏡を用いて行う手術の2通りがある。

「膣からの場合は、膣の穴の奥の方を小さく切って、そこからメッシュを入れます。腹腔鏡の場合は、膀胱、子宮、直腸をつり上げている靭帯をメッシュを用いて再建させます」

 腹腔鏡を用いる方法は後から登場したもので、より再発率が低く、痛みが少なく、術後の性交痛や違和感がないなど、メリットが多い。

 しかし、年齢やこれまでの腹部手術の有無など患者の条件によって、膣から行う方法が向いていることもある。医師と相談して決めることになる。

 いずれにしろ、骨盤臓器脱を一人で悩む時代では、もうない。

専門医に聞け! Q&A 熱中症と冷え性の関係

Q:ここ数年、暑いこの時期に何回か熱中症のような状態になりました。体は丈夫なほうではなく、近年はとくに冷え性がひどくなったように思います。

熱中症と冷え性とは何か関係があるのでしょうか。対策法と併せて教えてください。(39歳・信用組合)

 A:近年、熱中症のマスコミ報道が頻繁にみられます。実際、熱中症にかかる人は年々増加しており、同じく冷え性の方も年々増えていると言われています。これは仮説ですが、冷え性の方は熱中症になりやすいと私は考えています。

 まず、冷え性は自律神経失調が関係しています。ストレスや不適切な生活習慣により自律神経のバランスが崩れると、血液循環が悪くなり冷え性や低体温になります。

 体温は自律神経の働きで自動調節されます。暑さにさらされると、体表面の毛穴(血管)を開き、汗を蒸散することによって熱を逃がし、深部体温を正常に保とうとします。

一方、寒さにさらされると、体表面の毛穴(血管)を閉じ、熱を逃がさないようにして、体の深部の熱(体温)を維持しようとします。

 ところが冷え性の場合、自律神経もうまく働けない場合が多いため、猛暑の中で体温が上がると、体温調節機構が正常に作動しにくくなります。また、低体温の状態に慣れていると、体は外気温の異常な上昇に対応できないのです。

●冷えの防止と運動を
 このように、私は冷え性と熱中症の関係を捉えています。ですから、熱中症予防のために、まずは冷え性対策をすればよいわけです。

 近年の猛暑のため、ビル内や公共交通機関では冷房を効かせています。この冷房が冷えを加速しますので、夏こそ冷え対策が必要です。

 冷え対策の第一は、服装に気を配ることです。オフィスでは腹巻きを使い、さらに、足首からふくらはぎの部分はレッグウォーマーをあてましょう。

最近は若者を中心にカジュアルなソックスとして、くるぶしの下までしかない短い丈のものが人気ですが、足首を冷やすと冷えが促進します。

 その他、日常できることとして実践していただきたいことは運動と入浴です。運動で新陳代謝を高め、ゆったりした入浴で冷えを改善するとともに自律神経のバランスを整えましょう。

 なお、基本的な熱中症対策として、炎天下にいる時の水分補給と電解質補給は忘れないようにしましょう。

首藤紳介氏(表参道首藤クリニック院長)
 久留米大学病院小児科、大分こども病院、聖マリア病院、湯島清水坂クリニック等の勤務を経て、表参道首藤クリニック院長。自然療法や代替医療をはじめ、水素温熱免疫療法や再生医療(臍帯血幹細胞治療)などの高度先進医療を実践。

即やりたい!「生理前のむくみ」をスッキリ解消する5つの必勝法

生理前のいや~なむくみ症状に悩む女性は、少なくありません。むくみがヒドイと、見た目もぽっちゃりして見えるので、余計にイライラしてしまいますよね。生理が始まればむくみも軽減されますが、少しでも早くスッキリさせたいものです。

そこで今回は、生理前のむくみ解消につながる習慣を5つご紹介します。

■生理前にむくむのはなぜ?

生理前になると女性ホルモンの一種である、プロゲステロンの分泌が活発になります。この物質は妊娠に向けての環境を整えるために、栄養や水分を体内に溜め込もうとする働きがあります。これが生理前のむくみの原因なのです。

■生理前でもむくまない体になる5つのポイント

(1)基礎代謝を上げる

生理前は、体が冷えやすく血行不良になりがちです。代謝も落ちるため、よりむくみやすくなってしまいます。大切なのは体を温めて血行促進、代謝UPを意識すること。体を冷やさないよう注意し、排卵日から生理前までは半身浴を積極的に行うなど、湯船に浸かるとよいです。

(2)水分摂取をしっかりと

むくみやすい時期だからといって、水分を控えるのは逆効果。体が水分不足になると便秘、肌荒れを招き、代謝が落ちることで太りやすくなってしまいます。体を冷やさない常温や温かい飲み物で、しっかり水分摂取することが大切です。甘い飲み物はむくみを増長させるので、お水やお茶がおすすめです。

(3)下半身のストレッチを取り入れる

脚は筋肉の収縮で血液を体中に循環させることから、第二の心臓とも呼ばれています。脚の筋肉を使うことで血行がよくなり、余分な水分の排出が促進されます。生理前はエスカレーターよりも階段を積極的に使用したり、寝る前にスクワットや柔軟体操などを取り入れたりするとよいです。

(4)塩分や甘い物などを控える

塩分が多いもの、甘い物、お酒は控えた方がよいです。塩分や糖分が多い食べ物は、たくさん摂取することで体が水分を溜め込もうとします。また、お酒を飲むとアルコールを排出するために、利尿作用が働きます。

それと同時に、血中の水分不足を防ぐために体は水分を溜め込もうとし、むくみやすくなります。特に生理前は、プロゲステロンの影響で食欲が増進するので、ドカ食いしないように注意が必要です。

(5)生理前に積極的に摂りたい食べ物

水分の排出を促してくれる、カリウムを豊富に含む食べ物を摂取するとよいです。特に豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品がおすすめ。その他、パセリやアボカド、ホウレン草にも多く含まれています。

ただし、これらだけを極端に食べるのではなく、バランスよく食事に取り入れるのが理想です。

また、コーヒーは、カリウムの働きを抑制してしまいます。生理前はなるべく控え、量を減らしてみてはいかがでしょうか。

以上、生理前のむくみ解消につながる習慣をご紹介しました。毎月生理前が憂鬱……という人は、ぜひ意識してみてくださいね。

ペタンコ靴派は要注目!悩ましい「脚のむくみ」の上手な対処法3つ

脚のむくみにお悩みの女性は少なくありませんが、“むくみに効く!”というものを試しても改善効果がイマイチ見られない……という方、いませんか? もしかしたらそれは、“足裏のバランス”が影響しているのかもしれません!

靴と足裏のバランスには密接な関係がありますが、実は、普段履いている靴やそのヒールの高さによっても、脚のむくみの原因となることがあるのです。

そこで今回の記事は、足の悩み研究家として3,500人以上のフットケア経験を持つ大多和圭子さんに、足裏のバランスとむくみの関係についてお話をお聞きしてきました。早速見ていきましょう。

■1:ヒールの高い靴を履いてみる

「ペタンコ靴や楽ちん靴ばかり履いていて、いつの間にか足裏のバランスが崩れ、偏平足気味になってしまっている女性が多いです。きちんとした“あおり運動”ができず、かかと体重でペタペタと歩いたり、引きずったように歩く癖がついてしまったり、ふくらはぎのポンプ機能をしっかりと使えずに、だらだらと歩く癖がついてしまうのです。

ペタンコ靴を履いたときは、歩くときに足裏の筋力やふくらはぎの筋力を使うように意識しましょう。

そして、たまには少しヒールのある靴で背筋を伸ばして、女性らしいしぐさで歩くよう意識することも、むくみ対策には大事なことなのです」と大多和さんはアドバイスします。

むくみに悩む方で、普段はローヒールばかりという人は、たまにはヒールの高い靴を履いてみるといいかもしれません。

■2:かかとの減り方に注目する

普段履いている靴のかかとを見てみましょう。

「靴のかかとの外側が減る方は、足裏のバランスが外に流れています。足先をすこし離してバレリーナのようにして体の重心を真ん中に持ってくるストレッチをすることで改善できますよ」

自分の靴はどの部分が減りやすいのか、歩き方のクセを知っておくことも、むくみの原因を探るヒントになりますね。

■3:オフィス靴を変えてみる

仕事をしている人は、1日の大半をラクチンな靴に履き替えている人も少なくないでしょう。実は、その選び方にもコツがあるようです。

「オフィスでのナースサンダルは 足の甲が緩かったりバックベルトがゆるかったり、滑りやすい素材が多くフィット感がないものが多いですよね。実は、それもむくみの原因になってしまうのです。

できるだけ足の甲がぴったりする物でかかとがホールドされるものを選ぶほうが、むくみを防ぐことができます」と大多和さんは指摘します。

オフィスで靴を履き替えている人は、このポイントをチェックしてみてください。

以上、靴の影響による脚のむくみへの対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

むくみを予防するためにはストレッチなどに加えて、脚に関係するものは“むくみにくいもの”をチョイスをしていく知識が大切だということがわかりました。

今回の大多和さんのアドバイスを参考に、ぜひ、今日からは“むくまない脚”を目指していきましょう!

まず太っている人は減量を 女性の「足のむくみ」解消法

夕方、足がパンパンに腫れて靴がきつくなる、靴下を脱ぐとゴムの痕がしっかり残っている――。足の“むくみ”に悩む女性たちによると、夏は特にひどくなりやすいという。今すぐ始めたい対策を専門家に聞いた。

 日本静脈学会名誉会長で、福島第一病院(福島市)理事長の星野俊一医師のいる病院では週1回「フットケア外来」を開き、むくみに対する生活改善や対策などについて指導する。

患者の半数以上はリンパ浮腫の患者だが、慢性静脈不全で悩んでいる女性も来院する。この外来で患者を指導する看護師(日本静脈学会認定の弾性ストッキング・コンダクター)の鈴木静江さんが言う。

「まず太っている方には減量をお願いします。あとはセルフケアによる体操とマッサージを教えて、自宅で実践してもらう。

外来では体重のほか、足の太さも測ってむくみの改善度をみています。体操とマッサージを続けるとむくみにくくなるせいか、足が細くなっていきます」

 鈴木さんが患者に指導している体操は10種類ほど。簡単にできるものを2種類、教えてもらった。

足首を時計回りと反時計回りに回す体操と、つま先を上げたりかかとを上げたりする体操だ。ふくらはぎの筋肉ポンプが働き、静脈の血行を促すもの。この2種類を5分ぐらい続けるとよいそうだ。

 さらに、星野医師が勧めるのは筋肉ポンプを動かす30分ほどのウオーキングと、1日3~4回、10~15分の足上げ(横になり、足を心臓より高い位置に上げっぱなしにする)。職場などでは弾性ストッキングを活用してもいい。

「弾性ストッキングには着用時の圧が示されています。予防的に用いるのなら20mmHgぐらいで十分。

一方、しっかりむくみを解消したい方はそれより高めの圧の弾性ストッキングを選んでください。適正な圧を知りたい方は、むくみやリンパ浮腫などを扱う外来で相談するのがいいでしょう」(星野医師)

 むくみ解消のための弾性ストッキングは着脱にもコツがいるという。

 食生活では便秘を予防する食物繊維と、むくみの原因になるナトリウムの排出を促す作用のあるカリウムをとったほうがいい。腎臓が悪い人は主治医に相談しよう。

カリウムは干し柿やアボカド、バナナ、ほうれん草、枝豆などのくだものや野菜に多く含まれている。水溶性で、ゆでるとカリウムが水に溶け出してしまうので注意したい。

 もう少し積極的にむくみを解消したければ市販薬もある。赤ブドウの葉を原料にしたむくみ改善薬「アンチスタックス」(40カプセル・税抜き2900円・エスエス製薬)だ。

赤ブドウの葉はヨーロッパで昔からむくみの改善に用いられており、海外の臨床試験でもプラセボ(偽薬)に比べてむくみが抑えられたとの報告もある。購入したいときは要指導医薬品のため、薬剤師のカウンセリングが必要だ。

脚をむくませるトラブル解消法5つ

女性なら誰しもが、脚のむくみを気にしますよね。

脚のむくみの原因は、立ちっぱなしや、同じ姿勢で座りっぱなしなど色々ありますが、「足に合っていない靴」も大きな原因のひとつです。

そこで今回は、「脚をむくませる靴トラブルと解消法5つ」をご紹介いたします。

1.パカパカと靴が脱げてしまう

「かかと」がパカパカ脱げてしまう靴は筋肉を疲労させ、むくみの原因となってしまいます。そもそも正常な歩行は、「かかと」→「土踏まず」→「つま先」の順で地面に押し当てていく状態なので、「かかと」が適度に堅くフィットしたものを選ぶことはとても重要なのです。尚、手持ち靴での「かかと抜け」トラブルは、中敷や「かかと」の滑り止め防止テープなどで対処出来るようです。

2.靴が小さすぎて痛い

足のサイズに対して小さい靴は血行を悪くするので、むくみの原因となります。よって「つま先」部分は0.5㎝ほど開いているものがベスト。また、靴を買う時間帯は、午前中よりも足がむくんでいる夕方が良いようです。尚、手持ちの靴が小さい場合は、シューズストレッチャーで靴のサイズを微調整することが可能なようです。

3.足の指のカタチに合っていない

足の指のカタチに合わないデザインは、むくみや外反母趾などのトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。足の指は大きく分けて3種類あり、それぞれに合うトゥ(つま先)の形状があるようです。

人差し指が一番長い「ギリシャ型」には左右対称のカーブを描く「ラウンドトゥ」、指の長さがほぼ同じ「スクエア型」にはつま先が直線的な「スクエアトゥ」、親指が一番長い「エジプト型」には親指部分が突き出ている「オブリークトゥ」とのこと。完成されている靴の形状を変えることは難しいので、靴選びの時には足指に合うものを選ぶようにしましょう。

4.土踏まずがフィットしていない

土踏まず部分がフィットしていないと、足が前に滑ってしまい、足の指を曲げてしまったり、指にタコを作ってしまう可能性があります。もちろん、脚のむくみにも影響します。

よって、靴選びをする際には、「土踏まず部分が締まっているか」もチェックポイントとなるようです。尚、手持ちの靴がそのような状態ならば、オーダーメイドの靴の中敷きなども存在するので、活用してみてはいかがでしょう。

5.靴の全体が柔らかすぎる

「柔らすぎる靴」は、地面から伝わる強い振動のせいで、脳が足部分にカラダを安心して預けられないと感知し、腰の筋肉を緊張させてしまうそうです。それでは、腰痛やむくみの原因となりかねません。よって、極度に柔らかい靴は避けるか、もしくは、その靴で長時間過ごすことを避けた方が良さそうです。

いかがでしたでしょうか?

まずは靴選びから気を付けることが基本ですが、手持ちの靴でもトラブルを解消できるので、出来る限り早めに、ピッタリの靴を厳選しましょう。快適な足環境を作ってくださいね。

お肌のくすみ、黒ずみを内側から改善! 透明感をアップする食べ物

顔がくすんでみえると、一気に老け顔になってしまいますよね。毛穴の黒ずみや、お肌全体のくすみ。美白スキンケアを使ってもどうにもならないなら、食べ物からアプローチしてみるのもアリです。今回は、透明感のある美肌をつくる食べ物をご紹介します!

◇ くすみ・黒ずみを解消! 効果的な食べ物は?

「お肌の黒ずみが気になる」。それは、ターンオーバーが遅れているサインです。黒ずみ、くすみ改善に効果的な食材を食べて、透明感のある美しいお肌を目指しましょう!

◇ 黒ずみ・くすみ改善効果のある食材

・たんぱく質
健康なお肌づくりに不可欠な「たんぱく質」。動物性たんぱく質は、必須アミノ酸がバランス良く含まれていて、お肌を美しくしてくれます。お肉類は脂肪分が多いので、植物性たんぱく質と上手に組み合わせてコントロールしましょう♪
肉類、魚介類、卵、乳製品(チーズ、牛乳など)、大豆製品(納豆、豆腐など)に多く含まれています。

・ビタミンC
黒ずみ、くすみ、シミのモトになるメラニン色素の増加を抑えてくれる効果がある「ビタミンC」。酸化からお肌を守り、美肌ケアに欠かせないコラーゲンの生成を促してハリ・つやをアップしてくれます。免疫力アップにも役立つので夏バテや夏風邪予防にも効果的です。ブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、キャベツ、れんこん、イチゴなど緑黄色野菜に多く含まれています。

・鉄分
酸素を全身に運ぶ成分「鉄分」は、不足すると黒ずみやくすみの原因に。女性の1日の摂取目安は12mgです。月経で失われやすいので意識して摂取するようにしましょう。また男女問わず、これからの季節は鉄分を失いやすいので注意を!
汗と一緒に鉄分が失われるため、貧血気味になりやすいのです。レバー、赤み肉、まぐろ、牡蠣、あさり、がんもどき、ひじき、小松菜などの食材に多く含まれています。

◇ 夏の透明感アップ! 簡単美肌レシピ

・カツオのカルパッチョ
鉄分補給と玉ねぎの血液さらさら効果で黒ずみ・くすみを撃退!

▽ 材料(2人分)
・カツオのたたき……1さく
・玉ねぎ……半分
・大葉……4枚

(A)
・しょうゆ……大さじ2
・レモン汁……大さじ1
・オリーブオイル……大さじ1

▽ 作り方
1:カツオは食べやすい厚さで削ぎ切りにして、器に並べます。玉ねぎと大葉は薄くスライスして、カツオの上に並べます。

2:(A)を混ぜたドレッシングをかけて出来上がり!
お好みでこしょう、わさび、しょうがを加えても◎。暑くて料理したくないという日にも火も使わず盛り付けるだけなので是非。

お肌、キレイだな~と思う人って圧倒的な透明感がありますよね。くすみ・黒ずみは一

クーラーがきつい! 夏の冷え症ってどうしたら改善できるの?

G美に続いて診療室に入ったH子。G美と同じくクーラーによる冷えに悩んでいますが、H子はさらにひどい頭痛を感じることも。丸山先生の診断は?

H子「こんにちは」
丸山先生「こんにちは。クーラーによる冷えが気になる、とのことですね」

H子「はい、そうなんです。手足の末端が特に冷えて、ひどいときは痛いぐらい冷えてしまいます」
丸山先生「子どもの頃、しもやけになったことはありますか?」

H子「はい。今でも冬に、しもやけになることがあります」
丸山先生「頭痛や腰痛は?」

H子「あります。かなり痛くなることもあります。肩こりとか、腹痛も……」
丸山先生「ふむふむ……」

H子さんの体質や体の悩みをまとめると……

・もともと冷え症で冬は靴下を履かないと眠れないぐらい
・クーラーで冷えが悪化し、夏でも室内で靴下を履いている
・頭痛、腹痛、腰痛あり。冷えると痛みが悪化
・子どもの頃はよくしもやけになった
・特に手足の末端が冷える

(H子さんの問診票、あなたの傾向と似てる? 似てない?)

家でもオフィスでも活躍! 足のだるさを取る「足すっきりシート」

●足すっきりシート 休足時間 ツボ刺激ジェルシート

1日中歩き回ったり、立ちっぱなしだったりした日は、「足のだるさが気になって、なかなか寝付けない」なんてことがありますね。ただでさえ、夏の夜は暑さで寝苦しいもの。少しでも快適に眠れるように、足の疲れを解消しましょう。

そこでおススメしたいのが『足すっきりシート 休足時間 ツボ刺激ジェルシート』です。メントール配合で冷却効果があるジェルシートなので、足の裏に貼ればスーッとして気持良く、じんわりと疲れが取れていくような感じがします。

また、接着面にイボイボがたくさんついているので、足の裏のツボも刺激できるのです。

お風呂あがりに貼ってそのまま寝るのも良いですが、それだとツボの刺激効果は、あまり実感できにくいかもしれません。

ツボを刺激したい方は、仕事の帰り道などに足裏に貼って帰るのがオススメです。足裏にぴったり密着するので、シートを貼った上から靴下を履いて歩けば、歩いているうちに剥がれてしまうようなこともないでしょう。

●足の裏が火照る原因は冷え?

より高い冷却効果を実感したいときは、冷蔵庫で冷やしておいてから使えば、ひんやりするので足の裏の熱を冷ましてくれます。ただし、足の裏が火照って熱いのは、「冷え」が原因だとも言われています。

熱いのに冷えていると聞くと不思議な感じがしますが、なんでも「戻り冷え性」と言って、あまりにも冷えが悪化して手足の血流が悪いと、脳が危険を察知し、手足を温めるために血流をそこに集中させしまうのだとか。

そして本来なら心臓へ戻っていく血液が、体の末端部分に滞ってしまうので、その部分が熱くなってしまうのだそうです。

『足すっきりシート 休足時間 ツボ刺激ジェルシート』を使っても、足元がキンキンに冷えきってしまうようなことはないので大丈夫ですが、どうしても足の火照りが取れないというときは、半身浴や足湯なども行って、下半身の血のめぐりを改善するのも良いかもしれません。

今回ご紹介した商品はコチラ
http://www.lion.co.jp/ja/seihin/brand/012/02.htm

脚がパンパン!「足のむくみ」の医学的原因と正しい対処法

パンパンのふくらはぎに悩む女性は多いのでは?

「ミニスカートやショートパンツをかっこよく着たいのに、脚がパンパンにむくんでる!」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

このような“むくみ”は医学的には浮腫(ふしゅ)といい、女性によく見られる症状のひとつです。

なぜ、むくみが起きるのでしょう。

■むくみのメカニズム

むくみは血液の循環と深く関わっています。

心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

■むくみを引き起こす原因

原因はいくつかあり、一過性のものと、血管や肝臓、腎臓、または心臓の障害による何らかの危険サインである可能性があります。

(1)長時間の起立状態

長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があるからです。

(2)運動不足による冷え性や血行不良

足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。

さらに足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良を伴うむくみが起こります。

(3)水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。

(4)下肢静脈瘤

静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。

悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元にもなります。

(5)肝臓の病気

血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。これは肝臓で作られるのですが、肝臓が弱っている時にはこの成分がうまく生成されなくなります。

そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こすことがあります。

(6)腎臓の病気

腎臓が何らかの原因で弱っていると、身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因になることがあります。

その他、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、むくみの原因になっていることもあります。

このように、むくみには本当にさまざまな原因が考えられるのです。普段と変わらない生活や立ち仕事などをしていないのに突然足のむくみに悩まされたり、慢性的なむくみが1週間以上続く場合には、内科など専門医による診断を仰ぎましょう。

そうでない場合には、血液の循環を促してあげるマッサージやツボ押し、足枕、足湯などのセルフケアが有効です。

”激痛!”誰もが経験する「こむら返り」がおきる原因

布団の中で寝ている時にふくらはぎの筋肉が突然収縮し、とても強い痛みと共にしばらく筋肉が硬くなって動かせなくなったという経験をしたことはありませんか?時には痙攣することもあるでしょう。この、ふくらはぎがつる(こむら返り)原因はどこにあるのでしょうか?

■ふくらはぎがつる原因1~筋肉の疲労

ふくらはぎをはじめ夜中寝ている時に足がつる場合、主に筋肉の疲労が原因だと言われています。ふくらはぎがつる人の中には「それほど激しい運動はしていないのだけれど」と思う人もいるかもしれません。

しかし日常生活での小さな疲れが積み重なったり、普段よりも少し激しく身体を動かすシーンがあったりすれば、ふくらはぎがつる可能性は十分にあります。

筋肉は普通、疲れるとゆるむのですが、過度の刺激を受けると強く収縮し、つることがあるのです。

■ふくらはぎがつる原因2~筋肉の疲労以外の原因

筋肉疲労の他にも、筋肉の動きに影響のある冷えによる血行不良や、ミネラルのバランスが崩れることが原因である可能性もあります。

大量に汗をかいた後や下痢や嘔吐後などに脱水状態になるとミネラルバランスが崩れ、筋肉が興奮状態になるため痙攣を引き起こすと言われています。

このミネラルバランスの乱れのことを、「電解質異常」と呼びます。電解質とはカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの血液中にあるミネラルイオンのことを指します。

電解質は筋肉や神経の働きを調整する重要な役割を担っているので、何らかの原因でミネラルバランスが崩れると、筋肉の働きに悪影響が及ぼされてしまうのです。

また喉の渇きや手足のしびれ、腰痛、むくみなどが同時に起きるという場合には、糖尿病や椎間板ヘルニア、腎疾患などの病気が潜んでいることも考えられます。

足がつるという症状は健康な人にもしばしば見られるものですので、さほど心配する必要はありません。ただ頻繁に足がつる場合や、もし思い当たる原因が考えられる場合は、早めに医師に相談しましょう。

むくみ知らずの足になる「親指パワー指圧」3つのポイント

膝から下の巡りを良くするだけで、数センチ単位の足痩せ効果を期待できるそうです。

そこで、仕事中にストッキングの上からでも、お風呂や寝る前のくつろぎタイムでも、気が向いた時に手軽にできる、親指を使ったパワー指圧方法をご紹介します。

◆ふくらはぎを揉み解す

床か椅子に座った状態で、かかとは地面につけ爪先を持ち上げます。ふくらはぎが伸びた状態です。そこで、親指を使い足首裏側から、ふくらはぎの裏へと続くスジの硬い部分をじっくりと揉み解します。

軽く痛みを感じるくらい強めに押すのがコツです。さらに、ふくらはぎの表側、骨の両側の硬い筋肉部分もしっかりと揉みましょう。全て下から上へ向けて行います。

◆足裏をグリグリ

足の裏には全身に通じるツボがあるそうです。どこがどこにつながっているかを覚えるのは大変ですが、疲れている場所、調子の悪い場所を見つけるのは意外と簡単です。親指を使って、爪先・足先の側面・足裏などをまんべんなく、押していきます。

グリっと硬いところや、痛みを感じる場所が指圧を必要としている「ツボ」です。心地よい痛みを感じる強さで、グリグリとこねたり、押したりしてマッサージしましょう。体の末端である足裏がスッキリすると、心臓から足裏への通り道である太ももやふくらはぎなどもスッキリします。

◆手指をグリグリ

足の裏だけでなく、手の平や甲、指も、全身につながるツボがあるそうです。小指と親指の第一関節にはふくらはぎから足首にかけての巡りを良くするためのツボがあります。そこで、片手ずつ、親指と人差し指でつまむようにしてグリグリと刺激を与えましょう。

いかがでしょうか?

どの指圧も親指の腹部分を使って、グリグリと刺激しながら、硬く痛みを持つ部分を揉み解していくことで、血行を促進し、不要な老廃物の排出を助けてくれます。

自分でなら、痛さと気持ち良さのバランスをとりながら、マッサージできそうですね。ちょっとした休憩時間を利用して、むくみ知らずの足を目指しましょう。

【女性の半数が悩んでる!足のむくみを知ろう】その6:足のむくみにいいのはあの食べ物!


足のむくみは様々な原因により起こります。生活スタイルなどにより、むくみやすい人もいます。体質的にむくむ方もいるでしょうし、食べ物によるむくみを引き起こしている人もいます。ここでは、むくみの原因とむくみに良いと言われている食べ物について簡単に解説します。

◆むくみの原因は塩分?

食べ物により足のむくみが起こっている人は、塩分を取り過ぎていることが原因として考えられます。なぜ、塩分の取り過ぎがむくみを引き起こしてしまうのかというと、体内にはナトリウムと言う物質があるのですが、体内では一定のナトリウムの量を保とうとする働きがあります。

ですが、塩分の多い食べ物を食べ過ぎてしまうことにより、体内のナトリウムが一定量を超え、濃度が高くなってしまうため、体が濃度を薄めようと水分を欲するためむくみやすくなってしまうのです。

気をつけているつもりでも、塩分というものは必要以上に摂取しがちです。外食の多い人は、出来るだけ自炊を心がけ、塩分調節をしましょう。塩やしょうゆなどを使わずにお酢を使った料理や、塩分の少ない調味料やだしなどをうまく使って料理をするように心がけるといいでしょう。
.
◆食べ物でできる足のむくみの解消法は?

また、逆に食べ物でできる足のむくみの解消法をご紹介しましょう。むくみは体内に水分や老廃物が蓄積してしまうことで起こることが大半ですので、体内の水分を排出しやすくしてくれる食べ物を積極的に食べるようにすることで、足のむくみを改善することができます。

利尿作用があると言われているキュウリやスイカなどは、むくみにオススメの食べ物です。ただ、どちらも夏が旬の食べ物ですので、時期的になかなか手に入らないことも。

そこでもう一つの成分としてカリウムが入った食べ物を摂るのはいかかでしょうか?

カリウムもキュウリやすいかと同じように利尿効果が期待できます。バナナ、りんご、海藻類、小豆などがいいですね。この他にも、代謝を良くしてくれるクエン酸などの酸を含む食べ物も積極的に取り入れたいところです。グレープフルーツやトマトなどもむくみが気になる人には良い食材です。

ただ、どんな食材でも良かれという思いから、摂り過ぎたり食べ過ぎたりと極端になってしまうのは良くありません。何でも適度に、バランスのとれた食事をとるようにすることで、少しずつ足のむくみが起こりにくい体質に改善していくことができます。

【女性の半数が悩んでる!足のむくみを知ろう】その5:足のむくみに効くツボとマッサージの方法

足のむくみは、女性にとって悩みの一つですが、周りからは分かりにくいものです。自分だけがいつもと違うことが分かっているだけで、ぱっと見ただけで、むくんでいるか、太っているだけなのか、自分以外の人からは分かりません。ここでは、そんな足のむくみに効くツボとマッサージ、食べ物について簡単に解説します。

◆足のむくみに効くマッサージは?

足のむくみはもちろんですが全身のむくみは食べ物やマッサージ、ツボなどを刺激してあげることでかなり軽減することができたり、継続して行っていくことで症状を改善できる場合も多いので、足のむくみで悩んでいる方はマッサージやツボなどを刺激してあげるのもいいのでしょう。

マッサージなどを行う時はリンパの流れを良くするためにコップ1杯の水を飲むようにすること、お風呂に入って体が温まっている状態で行うこと、保湿効果のあるローションや心身をリラックスさせてくれるアロマオイルなどを使って摩擦を少なくしてあげるのがポイントとなります。

また、優しくなでるように行う、リンパの流れに沿ってマッサージをすることも忘れないようにしてくださいね。

まず、イスに腰を掛け、腕の外側を使って足首からひざにかけて、なでるようにさすりましょう。この時、ひざ裏にあるリンパ節に向かってリンパを流し込むイメージで行うのがベストです。これを左右各6回行います。

そして、足と反対になる腕を使い、手首を片方の手でつかんでひざから太ももの付け根あたりまで、なでるようにマッサージをします。これも左右各6回行いましょう。
.
◆足のむくみに効くツボは?

また、足のむくみを改善してくれるツボとして、足首にあるくるぶしから指2本分上の高さのところにある「ふくりゅう」を親指を使っておしましょう。息をはきながらゆっくりと押して、息を吸いながら指の力を抜いていきます。8回も行えば十分でしょう。
.
◆足のむくみに効く食べ物は?

そして足のむくみを解消してくれる食べ物は、野菜やキノコ類がオススメ。特にカリウムを豊富に含んでいる食材がベストで、カリウムは利尿作用があるため、体内の水分を排出してくれる効果が期待できます。とうがらしやサトイモ、ニンニク、さつまいも、ホウレンソウ、エリンギ、切干大根などどれも手軽に買えるものばかりです。

この他にも海藻類や果物などもむくみを改善してくれる強い味方となります。バランスのとれた食事に加え、味付けの濃いものを食べ過ぎないように心がけることも大切です。

プロがジャッジ!誰もがやりがちなスキンケア方法に意味があるか

夏はクーラー、冬は暖房と年中肌を乾燥から守るために日々スキンケアが欠かせないものですが、美レンジャー読者の皆さんは普段どのようなスキンケアをしているのでしょうか。

洗顔の仕方、化粧水のつけ方、クリームのつけ方など「いいな、効果がありそうだな」と感じた方法は、美意識が高い人であればあるほど、どんどん取り入れているかと思います。

しかしその方法が全くといっていいほど無意味であるとしたら、早めに知っておきたいですよね。

そこで今回は、やりがちスキンケアの方法が果たして意味があるのかないのか、ヘアメイクアーティスト木村旭宏さんに教えて頂きました。

■化粧水パックは朝のメイク前にも

コットンにたっぷり化粧水を含ませてパンパン肌に叩き込んだり、時にはコットンがしたたるほど化粧水を含ませたコットンパックをしてみたり……。これらの方法はほとんどの方がやったことありますよね。果たしてこの化粧水の使い方があっているのかないのか、木村さんがジャッジ!

「化粧水をたくさんつけることは有効です。化粧水パックもとてもいいと思いますよ。パックをすると温度が下がるので毛穴が小さくなります。

すると、きめ細かく肌が見えたり毛穴から油分が出づらくなるので、化粧崩れがしにくくなるんですよ。だから朝のメイク前にも効果抜群です」

とのこと。夜しか化粧水パックをやらないという方、朝も効果的だそうですよ。ぜひお試しあれ。

■クリームの重ねづけは意味なし

クリームを塗りこんで、しばらくしたらまたクリームを塗りこんで……というように、クリームを重ねづけする使い方。果たしてこのケア方法は正しいのでしょうか?

「クリームは主成分が油で、水分の蒸発を防いだり美容液などの成分が外に出ないように、油で膜を張るようなものなので、そんなに重ねなくてもいいのですよ」

とのこと。重ねてつけてもあまり効果そのものには影響しないのならば、こちらのつけ方はやめた方が経済的ですよね。

■重ねなくても効果的なスペシャルキット発売

ということで、クリームは重ねてつけなくてもよいということが分かった以上、ちょっと塗っただけで効果的なものを選ぶと良いということが言えるでしょう。

そこで、少しの量で速やかに悩みにアプローチしてくれるリサージ ボーテから、『サーキュリペアクリーム スペシャルセット』(21,000円・税込)が限定商品として、12月16日に発売されることに注目です。

気になる中身はというと、ハリと弾力をもたらし、しっとり感が持続する『サーキュリペアクリーム』の現品とミニサイズがそれぞれ1個と、乾燥が気になる目元や口元にぜひ使いたい、たっぷりの美容オイルをシート状にした『オイルパワーシート(2枚入)×2セット』がセットになったお得な一品。

効果があるスキンケア法を持続しながら、リサージのスペシャルセットでこの冬の乾燥対策を万全にしてみてくださいね。

【女性の半数が悩んでる!足のむくみを知ろう】その4:足のむくみとリンパ、病気との関係

足のむくみはよく見られる症状のため、あまり気にされていない方も多いですよね。確かに、寝れば翌日に治ってしまうのであれば、特に何もしなくてもいいわけです。しかし、足のむくみの症状には病気がひそんでいることもあります。ここでは、足のむくみとリンパ、病気との関係ついて簡単に解説します。

◆むくみには病気が隠れている?

たかが足のむくみと考えがちですが、素人目には病気によるものなのか、一過性のものにすぎないのかの判断はかなり難しいのが現状です。病気でも一過性の足のむくみとほとんど同じような症状が出ますから、病気が潜んでいたとしても気付かないことも実際には多いのです。

前回、足のむくみが症状として出る静脈の病気の一つである静脈還流障害についてご紹介しましたが、その他にもむくみが症状として表れる病気はたくさんあります。

例えば、最近注目されているのがタンパク質の一つであるアルブミンという物質です。血液中の栄養素を運搬したり、血管に水分を取り込んだり、排出する圧力を調整する働きがあります。この量が低下すると、水分がたまりやすくなり、むくみが起きやすいと言われています。

アルブミンは肝臓で合成、腎臓でろ過されるため、アルブミン値に異常値が出来る場合は、肝臓や腎臓への障害が疑われます。その他、甲状腺機能の低下などもむくみの原因になります。
.
◆リンパ浮腫とはどんな症状?

一番多いむくみの症状に、「リンパ浮腫」と言われている症状があります。

リンパ液は血管と同じようにリンパ管をめぐっています。本来、タンパク質成分や水分というのは静脈で処理をするのですが、静脈で処理することができなかった水分やタンパク質成分をリンパ管が代わりとなって運搬をします。

となると、本当はリンパ管はリンパ液が流れなければいけないところなのですが、そこにタンパク質や水分が入り込んでしまうことによって流れが滞ってしまい、排出されるべきタンパク質や水分が体内に運搬され滞留してしまうことで、リンパ浮腫を引き起こしてしまうのです。

足がむくむといった症状の他にも、重たさを感じたり、だるさを感じることがあります。症状は一気に現われるのではなく、少しずつ出てきますが、放っておくと最悪の場合、象皮病といって、疾患を引き起こしている部位の皮膚が象の皮のように厚く、そして硬くなってしまう病気をも引き起こしてしまう危険がありますので、日ごろからむくみのチェックをしておくことが大切です。
.
◆一過性のむくみか病気のむくみか見極めが肝心

なぜむくんでしまっているのか、前日のことが原因だったり、何かしら身に覚えのあることであれば様子を見てもいいと思いますが、何となく足が重かったりむくんでいる時は、リンパの流れをスムーズにするためにマッサージをしてみるのもいいですね。

マッサージをすることで徐々に症状が軽減し改善してくれば、一過性のものだったということになりますが、1週間、2週間経っても足のむくみが収まらなかったり、足のみならず全身にむくみが及ぶような時は、できるだけ早いうちに病院を受診しましょう。

【女性の半数が悩んでる!足のむくみを知ろう】その3:リンパだけじゃない!●●がむくみの原因に?

立ちっぱなし、座りっぱなし、お酒の飲み過ぎ、水分の摂り過ぎなど、足がむくんでしまった原因があらかじめ分かっていれば心配することはないのですが、中には、病気が隠れているために足がむくんでしまっていることも。ここでは、足のむくみが引き起こす静脈還流障害について簡単に解説します。

◆足のむくみには病気が潜んでいることも?

日本人の女性は足のむくみだけなら50%の人が、足の疲れは64%の人が、足のだるさは58%の人が感じているといいます。だけど、足のむくみが原因で病気を疑ったことのある人は、約10%程度にしかいません。実は気づいていないだけで、病気が原因でむくんでしまっている方も少なくないのです。

一般的に、むくみにはリンパが関わっている、というようなイメージをお持ちではないでしょうか?もちろん、むくみの改善には、リンパ液の流れを良くすることも重要ですが、血液中の老廃物を含む水分を回収し、心臓へ戻す役割の多くは、静脈が担っています。このように静脈がむくみの原因になっていることを知っている人は、むくみに悩む女性の32%にしかすぎず、まだまだあまり周知されていません。

◆静脈還流障害ってどんな病気?

足のむくみが症状として出る静脈の病気の一つとして挙げられるのが静脈還流障害です。この病気も、足がむくんだりだるくなります。朝起きても足のむくみが残っていることがあります。仕事が終わるころには足が重たくどっと疲れを感じます。

また、むくみ以外にも足に痛みを感じることがあります。この症状だけでは、一過性の足のむくみとほとんど変わらないため、気付かないことが多くなってしまうのです。では、静脈還流障害とはどのような病気なのでしょうか。これは下肢(足などの下半身)の静脈の血流が悪くなってしまうことが原因で起こります。

初期段階では一般的なむくみの症状と何ら変わらないのですが、時間が経てば経つほど、静脈瘤や色素沈着を引き起こしたり、場合によっては皮膚潰瘍などの 症状を引き起こしてしまうこともあるので、足のむくみが長期間続いたり、何をしてもなかなか解消することができない場合は、病気を疑っても良いかもしれません。

◆足のむくみを放置するとどうなるの?

足のむくみを放置すると、網目状やくもの巣のように血管が透けて見えていたり、ぼこぼこと血管が浮き出ているように見える静脈瘤といったような症状まで重症化してしまいます。重症化してしまうと元には戻らない為、足のむくみは初期段階でケアする事が大切なのです。

現在、足のむくみをケアする飲み薬も発売されています。足のむくみが気になる方は一度試してみるのもオススメです。

そして、兄弟や両親、血縁関係の中に、静脈還流障害の症状が見られる人がいる場合は、すべてとは言いませんが、同じように症状が出てきてしまう可能性も否定できません。

足のむくみや症状として同じようなことが何度も起こるような時、少しでも気になるところがあれば、一度病院を受診することをオススメします。早めにケアをすることで症状も軽く済んだり、重度になる前に治療することができます。


【女性の半数が悩んでる!足のむくみを知ろう】その2:むくみの原因をチェック!

全女性の内、足のむくみに悩んでいる、悩んだことがある人の割合は、何と97%以上!つまり、ほとんどの女性が自分は足のむくみがあると自覚しているということになります。

日常的にむくんでいるということが感じているといいますから、多くの女性はどうにかしてむくみを改善したいと思っているのではないでしょうか。ここでは、足のむくみの原因について簡単に解説します。

◆足のむくみの原因ってどんなものがあるの?

では、足のむくみの原因について以下の項目をチェックしてみましょう。

1.夕方になると靴がきつくなったり入らないことがある。
2.足が重くだるさを感じる。
3.朝起きてもまだむくんでいる。
4.手先・足先が冷たい(冷え性)。
5.足首の上を指で押すとくぼみができる(跡がくっきりと残る)。
6.どんなに運動をしたり暑かったとしても汗をあまりかかない。
7.肩こりや首こりがある。
8.入浴せずにさっとシャワーだけで済ませることが多い。
9.寝つきが悪く夜中に目が覚めることが多い。
10.立ち仕事or座り仕事がメインである。
11.運動する機会が減った(もしくはほとんど運動をしない)。
12.仕事や日常生活のストレスを発散する機会がない(常にストレスが溜まっている)。
13.味の濃い食べ物や塩辛いものが好き。
14.野菜や果物を食べることが少ない。
15.お酒を頻繁に飲む。
16.こまめに水分を取らないor摂取しすぎている。

上記に挙げたのは、足のむくみのチェックリストとなり、当てはまる項目が多ければ多いほど足のむくみの症状が重く出たり慢性的にむくみが出やすい体質であると言えるでしょう。
.
◆むくみの原因には冷えも関係してる?

いろいろな原因で足がむくんでしまうと言われています。原因は1つではなく、いくつかの原因が重なって起こることも少なくないため、1つ原因を改善したとしても症状がなかなか収まらないと言うケースも多いと言われています。

足がむくむ原因の一つに、老廃物が上手に体外へ排出できなくなることが原因であると考えられます。

リンパの流れが滞っていることで、余分な水分も同時に蓄積されてしまい、足がむくんだり重くなったりしてしまうのです。
また、上記のチェックリストの中にもあった「手先・足先の冷え」というのも、むくみを引き起こす原因として考えることができます。

また、女性の80%が手足の先が冷えていると感じているといいます。やはり冷え性であると実感されている方の多くは、足のむくみを悩みやコンプレックスとして抱えていると言えるかもしれませんね。

【女性の半数が悩んでる!足のむくみを知ろう】その1:こんな症状があると要注意!

女性のほとんどが悩んだことのあるという足のむくみ。特にオフィスで座りっぱなしの仕事をしている女性にとっては、会社終わりに、靴がきつくなったり、場合によっては入らなくなってしまうなどということはないでしょうか?

また夏場、冷房が入りっぱなしのところにずっといると、体が冷え切ってしまい、むくみがひどくなる人も。
ここでは、足のむくみの症状ついて簡単に解説します。

◆女性の半数が足のむくみ持ち!

男性よりも女性に圧倒的に多い悩みが足のむくみです。特に、夕方になると朝は何ともなかったのに、靴やブーツがきつくなったり場合によっては入らなくなってしまうなどということはないでしょうか。

また、ストッキングや靴下がくい込んで、かなり跡になってしまうことはありませんか?実はこれ、典型的な足のむくみの症状であると言われています。

ただ、あまり心配するようなものではないことがほとんどで、一過性の症状が大半ですから、翌日には元に戻っていたり入浴の際にマッサージなどをすることで、足のむくみを改善することができます。

また、足が重い、痛いといったものも足のむくみの症状の一つです。人それぞれ体調も違えば生活スタイルも違いますので、同じむくみでも症状が異なることはよくあります。
.
◆朝方の足もむくんでる!

ただ、夕方のみならず朝方にもむくみが見られることがあると言うことを知っているでしょうか。朝起きてから1時間ないし2時間ほどでむくみが取れれば問題はありませんが、2時間を経過しても、足がパンパンにむくんでいたり、体全体がむくみの症状が出ている時は、体の中の水分のコントロールが上手にできていないためにむくみの症状が出てしまっている可能性が高くなります。

体の中の水分とリンパの流れはとても密接な関係にあるとされていて、疲れていたり寒かったり、ストレスにさらされていたり心身的な影響を受けることでリンパの流れが滞り、正常に代謝できなくなってしまうと、体の中の余分な水分や老廃物が排出されなくなって、足のみならず体全体がむくんでしまうことがあるのです。
.
◆足のむくみには病気が隠れていることも

もちろん、一過性の場合がほとんどだとは述べましたが、中には病気などが隠れていることでむくみの症状がでてしまっていることもあります。ですので、ただ単に疲れが溜まっていてむくんでいる、立ちっぱなしで靴がきつくなったと楽観視しないようにしたいものです。

それでは、自身の足が本当にむくんでいるのか、またむくみやすいかどうかを簡単にチェックできる方法をご紹介しましょう。

足首の少し上あたりを指で30秒ほど押してみましょう。そして指を離したときに指のあとがくっきりとくぼみ、その状態がしばらく残っていれば、それは足はもちろんのこと体全体がむくんでいるということになります。

ダイエット中のよくある間違い「朝食を抜く」「食品材料表示を見ない

いくら運動をしていても間違ったダイエットをしていては運動の効果も無駄になってしまいます。

間違った食べ物の選択、十分食べていないことさえ、運動で得られる効果を妨げ、体重を落とせません。ここではよくあるダイエットの間違いをお教えします。

1.朝食を抜く
エキスパートも朝食を抜くことは後々のカロリー貯蓄につながると言っています。一日の中でも最も重要な食事です。

2.はやりのダイエットに手を出す
すぐに目新しいダイエットに飛びついていませんか?新しいからやせた体になるのではと希望を抱きますが、ヘルシーで低カロリーな食事法など存在しません。そのように機能させるのです。長期間続けれる食事法を実践しましょう。

3.水を飲んでいない
水はダイエットの見方。でも多くの人が十分飲めてないのが現実です。のどが渇いていると思った時は、すでに水分が不足している証拠です。お水を肌身離さず持ち歩き、少なくとも大きなグラスに8杯は飲む努力をしましょう。

4.食事の代わりのダイエット食品
サプリやダイエット食品は食事の代わりになりません。体はフルーツ、野菜、穀物、たんぱく質からにビタミン、ミネラル、食物繊維を必要としています。自然食はいつでもダイエットに一番効く栄養価の最も高い食事です。

5.食品材料表示を見ない
低カロリーを食べてると思ってる割に、体重が減ってない?低カロリー表示のある食品をガツガツ食べがち。しっかり表示を見てみると、驚く発見があるはずです。

6.カロリーを計算しない
カロリーは体の燃料になりますが、活動量が少ない割にカロリーを多くとって、体重維持や体重を落とそうなんてありえません。食べすぎていいことなどないのです。

7.罪の意識を感じる
ついついドライブスルーでカロリーの高いものを買ってしまって後悔すると、それが悪影響になってしまいます。時には誘惑に負けてしまうのは当たり前です。ご褒美を与えた後は、元の食生活に戻るよう、気をつけたらいいのです。

“肉=太る”は迷信。肉をおなかいっぱい食べてやせる肉好き必見のダイエットとは?

「カロリーが高い」「脂分が多い」「コレステロールが高い」「消化が悪い」という理由から、肉は太るモト……と、大好きな肉を避けていませんか? 肉=太る神話に捕らわれているなら、それはもったいないこと。今日は月に一度の肉の日。「肉をおなかいっぱい食べてやせられる!」と、今注目を集めるMEC食ダイエットをはじめてみませんか?

■MEC(メック)食って?

 先日放映された「ダイエット総選挙2017夏の陣」(TBS系列)でも、オデブ女性が10kg超えのダイエットを続々と叶えたMEC食。MEC食とは、離島医療に従事するこくらクリニック院長の渡辺信幸先生がたどりついた予防医療としての健康食です。5000人以上が実践し、病気を克服したなどという体調改善のほか、10~20kgのダイエットへと導いてきた実績があります。

■肉・卵・チーズが食事の中心という前代未聞のダイエット法

 なんとMEC食での食事の中心は野菜やスーパーフードなどではなく、肉(MEAT)、卵(EGGS)、チーズ(CHEESE)。それぞれの頭文字がネーミングの由来で、材料が手に入りやすく、お金があまりかからないのも特徴です。子どもから高齢者まで、いつでも、どこでも、誰もが気軽にできて、しかもおいしく食べられるという食事法です。

【MEC食のルール】
1:肉200g(薄切り肉8~10枚相当)・卵3個・チーズ120g(6Pチーズ1パック相当)が一日の基本量
この3つを食べるだけで厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」の必須栄養素の摂取目安量をほぼ満たすことができます。唯一、ビタミンCは不足しがちなので、ブロッコリーやゴーヤー、パプリカなどのビタミンCが多い食材を付け合わせに添えれば完璧だそう。

2:ひと口30回かむ
肉、卵、チーズを粒ガムサイズに小さく切って、口に入れたら30回かむ。食べ物の形がなくなり、唾液とまざって液状になって、自然と喉へと流れるくらいになるのが目安。

3:おなかがすいたら、いつでも食べていい。
MEC食では、食事の回数、時間にも制限やルールはなし。肉・卵・チーズを、ひと口30回かんで食べるのであれば、深夜や寝る前に食べてもOK。ストレスを抱えず、ライフスタイルに合わせることが大切だそう。

■やせた報告が続々!

 本当にやせるの? と”肉=太る”概念に捕らわれていた人にとっては驚愕の食事法かもしれませんが、MEC食を取り上げた『肉食やせ!』(渡辺信幸:監修/主婦の友社)や『肉・卵・チーズで人は生まれ変わる』(渡辺信幸/主婦の友社)では、実際にMEC食でやせたという声が多数掲載されています。

100kg以上あった体重が、無理せず-45kg!

MEC食歴 1年6カ月の看護師の女性(27歳)
身長:157cm
体重:115kg→70kg
中性脂肪:220→58

 夜勤勤務もある看護師として勤務する中、以前は、夜勤の日に「夜に何かを食べると太る」という固定観念があり、我慢しないと太る……。と思っていたと言います。しかし、渡辺先生の夜中でも食べていいという指導で、救われたそうです。(『肉・卵・チーズで人は生まれ変わる』(主婦の友社)より)

開始後7カ月で体重-9kgの他、見た目年齢-10歳!

MEC食歴5年のエステ関係サロンを経営する女性(50代)
身長:152cm
体重:61kg→52kg

 食事の時間が不規則な接客業の中、3食きちんと食べなくてもいいというMEC食がライフスタイルにあっていたといいます。やせた以外にも、肌にハリとツヤが出たことを実感し、乾燥も気にならなくなったそう。さらに、バストやヒップもきゅっと引き締まって、年齢よりかなり若く見られることが多くなったそうです。(『肉食やせ』(主婦の友社)より)また、MEC食はやせたという以外にも、糖尿病や高血圧、関節リウマチ、アトピー、不妊、円形脱毛症の改善報告も寄せられています。

 そんなMEC食の詳細な方法や考え方をまとめたのが、『肉・卵・チーズで人は生まれ変わる』(主婦の友社刊)。素朴な疑問に答えるQ&Aや体験者の声がまとまり、すでに始めている人も、これからスタートする人も参考にできる一冊となっています。

 また、MEC食を実践していく中で参考になるのが、MEC食メニューを集めた『肉食やせ!』『まとめて作って肉食やせ!』(ともに主婦の友社刊)。美味しく食べたい、長続きさせたい、というリクエストにこたえる豊富なレシピの他、『肉食やせ!』では外食の注意点やコンビニ活用法など、『まとめて作って肉食やせ!』ではお弁当例なども掲載しています。 ダイエットとしてはもちろん、あらゆる悩みにも対応するMEC食。肉好きの人はもちろん、カロリー制限ダイエットなどに失敗した経験があるなら、試してみてはいかがでしょうか。

渡辺信幸
こくらクリニック院長。1963年愛知県生まれ。名古屋大学医学部卒業後、沖縄県の総合病院に入職。4年間の研修を経たのち、伊良部島や宮古島などの離島医療に従事する。離島では、 脳卒中や心筋梗塞など重篤な患者を救えないケースも少なくないため、予防医療に注目。 以来、生活習慣病外来を運営して5,000人以上の患者をダイエットに成功させた。現在では市民への啓蒙のため、地元コミュニティーFM局でラジオパーソナリティーも務めている。著書に『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな』『肉食やせ!』『まとめて作って肉食やせ!』『肉・卵・チーズMEC食で ボケない老けない疲れない!』。「主治医が見つかる診療所」「林修の今でしょ!講座」などのテレビ出演も多数。

ジゼル・ブンチェンが夫と実践している野菜中心ダイエットとは?


スーパーモデルのジゼル・ブンチェンが、夫トム・ブレイディと野菜ダイエットをしていることをアメリカのTVショーで告白。2人の引き締まったボディの秘密が明かされた。2人には避けている野菜や食品があるという。

ジゼルは10年以上にわたり、このような食生活を続けてきたが、今では家族全員で実践。夫トムは当初、赤身の肉も食べていたが、今は完全に野菜中心にスイッチし効果が出ていると言う。


「女性ホルモン」を意識した紫外線対策で肌ダメージを最小限に!

紫外線の厳しさを感じ始める今日この頃。あなたはどんな紫外線対策をしていますか? 実は肌トラブルを最小限にするためのキーワードが「女性ホルモン」なのだとか。どういったことなのでしょう? メノポーズカウンセラーの木下ゆう先生に教えていただきました。

5月はもっとも紫外線が厳しい時期

5月に入り、だんだんと日差しが強くなると気になるのが「紫外線」。夏ほど日差しが強くないため、油断しがちですが、5月は一年間で最大の紫外線UV-A量になります! 紫外線対策は万全ですか?

実は、この紫外線と「女性ホルモン」は関係がないように思われますが、女性ホルモンバランスが大きく変化する時期のケア次第で、紫外線による肌ダメージに差がつくのをご存知でしょうか。今回は、女性ホルモンバランスを意識した紫外線ケアについてお話しします。よろしければ、紫外線対策の一つとしてご参考になさってください。

女性ホルモンバランスが大きく変動する時期がカギ!

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり
お互いに作用し合って、女性の美容と健康に大きな影響を与えています。この2つの女性ホルモンは、約28日間を1サイクルとして、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つの月経リズム(周期)をつくり出しています。

女性ホルモンバランスが大きく変動する黄体期(生理前の7日間)は、排卵後からエストロゲンが減少し、それまで分泌量の少なかったプロゲステロンが盛んになり、ホルモンバランスが変化する時期。この時期は、肌が荒れたり、皮脂が増えたり肌トラブルが出やすくなります。さらに、紫外線を吸収しやすく、シミやソバカスができやすくなるので、とくに黄体期は念入りに紫外線対策をする必要があるのです。

女性のお肌はとてもデリケート。不規則な生活、バランスの悪い食事、運動不足、ストレス過多などにより、すぐにホルモンバランスは乱れてしまいます。ホルモンバランスの乱れにより、お肌は日々変化しますので、昨日まで使っていたUVケアが合わなくなることも。

黄体期などホルモンバランスの乱れによる肌の変化に気づいたら、過剰なスキンケアは避けて、とにかくお肌への余計な負担を抑えるように心がけつつ、しっかりと紫外線を防ぐことが肌ダメージを最小限に抑えるポイントです。

【カラダの外側からの紫外線ケア】

*5月からしっかりとした紫外線対策を!
UV-Aは、一年中相当量があるため、一年を通して紫外線対策は必要ですが、とくに5月からは最大量に匹敵するほど多くなるので、しっかり対策が必要です。UV-Aが肌老化の原因となるため、曇りの日も室内でも油断は禁物です!

*紫外線の強い時間帯の外出をなるべく避ける。
UV-Aは、朝7時頃から増えるため朝から14時頃まで注意しましょう!

*日焼け止めは、肌への負担が少ないものを選ぶ。
ノンケミカル・紫外線吸収剤フリーのものなど、自分の肌に合ったものを選びましょう。

*日焼け止めは、季節・時間・シーンに合わせて選ぶ。
日常生活、スポーツなどのシーンや季節や時間帯によって、SPF値とPA値を選びましょう。

*日焼け止めは、こまめに塗り直す。
SPF値が高くても汗や皮脂で流れたりムラになったりするので、こまめに塗り直しましょう。

*顔、カラダ以外の部位も忘れずに対策を。
目、髪、首すじ、耳裏なども忘れずに対策しましょう。目からの紫外線はUVカットのサングラスでほとんどブロックできます。

【カラダの内側からの紫外線ケア】

*積極的に抗酸化力の高い食品を摂取する。
外側からの紫外線ケアを念入りにして、さらにカラダの内側から積極的に抗酸化成分を取り、紫外線によって発生する活性酸素をケアすることが大事です。抗酸化成分のビタミACE(エース)が含まれるトマト、パプリカやケール、ほうれん草などの緑黄色野菜を積極的に摂取しましょう。

*食事で足りなければ、サプリメントを活用する。
食事で十分に摂取できない時は、抗酸化力の高いビタミンACE(エース)など上手にサプリメントを活用しましょう。ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑える働きがあるため、紫外線を浴びてしまっても肌へのダメージを軽減するために重要です。

紫外線は、肌の老化を促進するだけでなく、免疫力の低下を引き起こし、体も老化させてしまいますので、紫外線対策はとても重要です。

ですが、日光に当たらない生活を続けていると、皮膚からビタミンDが生成されず、ビタミンD不足を招き、骨粗しょう症などの病気の原因になりかねません。手のひらだけ1日5分〜10分程度の日光浴や積極的に魚介類やキノコ類など食事からビタミンDを取り入れるよう心がけましょう。

木下 ゆう
予防医学指導士、メノポーズカウンセラー、ヨガセラピスト。株式会社JPRESSE代表取締役。「女性ホルモンリズムヨガ」と「セラピー」を融合したオリジナルメソッドの「女性ホルモンダイエット」で、女性ホルモンリズムとバランスを整えて、ダイエットや女性ホルモン・更年期のセラピーを行う。また、美容・予防医学関連のクリニック監修やコラム執筆など幅広く活動中。

管理栄養士に聞く 「仕事に集中できる食べ物」

仕事や資格の勉強に取りかかろうと思っても、なんだかやる気が出なくてぼんやりしてしまったりネットサーフィンを始めてしまったり......。そんなもったいない時間を過ごさず、効率良く作業できたらいいですよね。手軽にやる気を上げる方法を、誰か教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、栄養士として働く女性。普段、一般企業の食堂で、バランスが良く、体にやさしい献立を考えているのだとか。さっそく仕事がはかどる食べ物について聞きました。

■やる気持続はアミノ酸!

「集中力の低下を防ぎ、やる気を持続させてくれるアミノ酸。『肉類』『魚介類』『乳製品』の他に、『豆類』や『穀類』にも多く含まれています。会社で食べるのなら、レトルトの味噌汁やチーズ、ナッツ類もいいかもしれませんね。

ちなみに、栄養ドリンクの『リポビタンD』には、含硫アミノ酸(硫黄を含んだアミノ酸)から合成されるタウリンが含まれていますが、海外輸入のエナジードリンクのほとんどには含まれていません」

CMでおなじみの『リポビタンD』。さまざまな栄養ドリンクが同じ棚で売られていますが、成分は違うんですね。

■アミノ酸が含まれる他の食べ物は?

「美肌効果があったり、ダイエットに効果的だったりと、女性から人気の高い豆乳。実は、集中力を高めてくれる効果のあるアミノ酸が多く含まれている食材でもあります。お昼休みに、暖かい豆乳のスープを飲めば、きっと午後からのやる気を持続させてくれますよ」

アミノ酸が足りてないと、疲れやすくなったり、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなったりもするそう。牛乳の代わりや、豆乳でホットココアや豆乳カフェラテにすれば、体もぽかぽかしそうです。

■集中力を高めてくれる食べ物って?

「人間にとって欠かせないエネルギー源であるブドウ糖。摂取することにより、副交感神経が活性化するとされています。その結果、脳がリラックスでき、集中力が高まるので、仕事や勉強にはぴったり。ブドウ糖は、バナナやぶどう、チョコレートなどに多く含まれています」

ただしチョコレートは、薬膳では身体を冷やすとされているので、摂取量には注意なのだとか。冷え症の方は注意が必要かもしれません。

身近なもので仕事や資格の勉強を効率化できるのなら、試してみて損はなさそうです。集中力ややる気が出ない......という人は、これらの食材を探しに、息抜きがてらコンビニに行ってみてくださいね!

ドリンク×スパイスで、冷えからカラダを守って。おすすめの組み合わせ4つ

三寒四温な今日この頃。春らしい暖かさを感じられる日もあれば、まだまだ寒い日もありますよね。スパイスの中には、血行促進作用や発汗作用により、冷え予防が期待できるものがあります。寒さ対策でスパイスを気軽に取り入れたい時は、飲み物にスパイスを入れてみて。「それって美味しいの?」と心配になると思いますが、意外と美味しくなるものばかり。冷えで悩んでいる人は、ぜひ試してみてくださいね。

(1)ヨーグルトドリンクに山椒

山椒をかけるものといえばウナギですよね。ヨーグルトドリンクにプラスするの? とビックリされた方も多いのではないでしょうか。2つを合わせることで、香りも味もエスニックなドリンクが誕生します。山椒に含まれる「サンショオール」には、基礎代謝をアップさせる作用や、発汗作用があります。エスニックな雰囲気と相まって、身体もポカポカとしてきそう。

(2)ローズヒップティーに胡椒

赤いさわやかな酸味のローズヒップティー。胡椒にはピリッとした辛味がありますが、ローズヒップティーにプラスすると胡椒の味はあまり気にならなくなります。胡椒に含まれる辛味成分の「ピペリン」には血行の流れを良くする効果が期待できます。胡椒の分量は飲みながら調節して、好みの量を入れてくださいね。温かいローズヒップティーと胡椒で体が温まるはずです。

(3)紅茶にタイム

南ヨーロッパ原産のハーブのタイム。フレッシュなタイムには発汗作用があります。それにより、 体を温める作用が期待されます。これを紅茶にプラスすると、ハーブがほんのり香って美味しくいただけます。フレッシュなタイムは鉢植えでも売っていますので、緑を楽しみながら育ててみるのはいかがですか。

(4)コンソメスープにローリエ

ローリエは煮込み料理によく使われる月桂樹の葉のことです。ローリエの葉の香り成分の「シネオール」には血行を促進する働きが期待されています。また、葉に含まれる香油成分である、「ピネン」や「リナロール」などには食欲を増進する作用も。インスタントのコンソメスープに、ローリエの葉を入れてお飲みください。ローリエ独特の香りが広がり、いつもとは違った味を楽しめるはずです。

スパイスをドリンクにプラスワンするだけで、冷え対策ができちゃいます。ぜひお試しあれ。

痩せると思ってやっていた…やりがち間違いダイエット法

「頑張ってダイエットをしているのに結果が出ない…」「痩せたと思っていたけれど、いつの間にかリバウンドしている…」なんて事ありませんか?あなたが今一生懸命試しているダイエット法、本当に正しいのか確認してみませんか?

無理なダイエットを続けると…?

女性の多くが永遠の課題としているダイエット。

なかでも食事制限や糖質制限は比較的手軽に出来ることもあり、取り入れている女性も多いのではないでしょうか?

ただ、カロリーを気にするあまり食事を抜いたり、無理に減らしたりすることは身体にとっていいダイエットとは言えません。

無理なダイエットは身体のだるさや生理不順をもたらし、吹き出物やクマ・荒れなどお肌にも良くない影響を及ぼします。

目の前のカロリーという数字にとらわれた食事制限や糖質制限をしていると、身体に必要な栄養素をバランスよく摂取する事が難しくなってしまうのです。

結果、体の不調や肌の不調が起こってしまいます。

そして食事制限や不調からくるストレスが原因で、あなた自身の老化を早めてしまうのです。

炭水化物抜きダイエットってどうなの…?

炭水化物抜きダイエット、手軽に始められますよね。

そんな炭水化物抜きダイエットですが、みなさん、なんとなく耳にした情報で始めていませんか?

正しい知識を身に着けていないと、ダイエットどころか身体の衰えに繋がってしまいますよ…!

・炭水化物をゼロにする事が炭水化物抜きダイエットではありません!

そもそも炭水化物は人が活動するために必要な糖質エネルギーなのです。

その炭水化物を多く摂取し過ぎてしまうと、結果糖尿病の原因にもなりますし、体重も増加してしまいます。

炭水化物の量を控えるのは身体にとってもいい事なのですが、問題なのは「量」です。

・身体はもちろん、実は脳も糖質をエネルギーとして日々働いています。

脳の栄養となるブドウ糖は口から入った糖質が咀嚼されて消化したのち変化したものです。

ですので、極端に少なくしたり、全く摂取しないことは身体や脳のエネルギーを奪ってしまい、脳の働きまで鈍くしてしまう事になります。

・活動に必要なエネルギーは?

ダイエットをする…つまりみなさん脂肪を減らしたいですよね。

ただ炭水化物を抜いたところで本当に脂肪が減っているのでしょうか?

1日の活動に必要なエネルギーはその日食べた物がエネルギーとなりますが、そのエネルギーが足りない場合、エネルギーを体内にあるもので補わなければなりません。

それが主にグリコーゲンと呼ばれる肝臓や筋肉地貯蔵されている糖分や皮下脂肪・内臓脂肪、筋肉を作るために必要なアミノ酸になります。

実は脂肪だけでなく、私たちの身体に必要な筋肉を作っているアミノ酸をも必要以上に消費しているのです。

・あなたのその体重減少、ひょっとしたらニセモノかも…?

その結果、筋肉が落ちているのを脂肪が減少していると勘違いしてしまうのです。

筋肉は脂肪を支えたり姿勢を良くするために大変重要です。

筋肉が無ければ腹筋が無ければお腹がポッコリ…という体型にもなりかねませんよ!

・栄養と運動の両面でバランスのとれたダイエットを!

カロリーを過剰に摂取するのを抑えるために食事の量を減らすことは必要になるかもしれません。

ただ炭水化物だけを減らしてしまう事は、身体を正常に保ち機能させえていくためにあまりよくありません。

まず栄養バランスが崩れてしまい筋肉が落ちてしまいます。

その事からきちんと脂肪が燃焼できなくなり貯える事になるだけではなく、新陳代謝も落ちるためお肌へも悪影響を与えてしまいます。

そして運動を全くしないでいると筋肉は使わないと落ちてしまいます。

筋肉の量が落ちてしまうと疲労や冷え、代謝低下、仕事能力の悪化なども招いてしまうのです。

いかがでしたか?

炭水化物抜きダイエット一つも正しい情報を知っておかないとダイエット以前に身体に悪い影響を与えてしまう事がわかりましたね。

ダイエットをする際はしっかり調べて自分の体調と相談しながら行っていきましょう!

女性ホルモンと認知症の深い関係

女性なら誰もが迎える更年期。女性ホルモン・エストロゲンの急激な減少により、五十肩や自律神経失調症、皮膚や肌のトラブルなど、さまざまな悩みを抱えることとなります。それだけではありません。ぼうっとしたり、落ち込んだり、物忘れが起こったり。「ひょっとして痴呆かしら?」と思われるような症状も……。いったいどうして、更年期にこんな症状が起こるのでしょうか?

■エストロゲンが多いとアルツハイマー病にならない?

 アメリカで行われた調査によって、エストロゲンがアルツハイマー病の改善に効果を発揮することが報告されたのは80年代。アルツハイマー病の女性患者に、6週間エストロゲンを投与した結果、7人中3人で注意力や方向感覚、気分に著しい向上が見られたそう。

 さらに90年代初め、同じくアメリカで疫学的研究がおこなわれ、エストロゲンが持つ、アルツハイマー病の予防効果が確認されました。

閉経後に1年以上エストロゲンを投与された女性は、80歳になってもほとんどアルツハイマー病にならない、というのです。

日本においても、同様の研究結果が。アルツハイマー病の女性と、そうでない女性のエストロゲンを測定した結果、アルツハイマー病の女性にエストロゲンがより欠乏していることがわかりました。

■エストロゲンが脳に与える効果とは

 このように、女性ホルモン・エストロゲンとアルツハイマー病には深い関わりがあるよう。それでは、具体的にエストロゲンは脳にどのような作用を与えるのでしょうか?

 エストロゲンを投与すると脳の血流は10~20%増えることがわかっています。さらに、脳の中枢神経の情報を伝える物質、アセチルコリンの代謝も促されるように。また、中枢神経の働きを支援するグリア細胞も活発化するそう。

これらの働きが総合的に脳の機能を助けるのでは、と考えられています。

 とはいえ閉経後のエストロゲン大量投与は、子宮ガン、乳ガン発生のリスクを伴うことがあるため、大規模な調査はしにくいよう。現在も研究は進められていますが、はっきりした結論が出るには至っていません。

しかし、エストロゲンの欠乏と、アルツハイマー病の発症になんらかの関わりがあることだけは、どうやら間違いなさそうです。

■ホルモン療法って大丈夫なの?

 「ホルモン治療をするとガンになるんじゃ……?」ホルモン療法に、こんなマイナスイメージを抱く人は少なくないのでは? でも、最近は黄体ホルモンと併せて服用することで、ガンのリスクが激減することがわかっています。

ただし、高齢になってからこうした併用をおこなうと、かえってアルツハイマー発症につながるという報告も。もちろん、年齢や症状を考慮しながらおこなえば、ホルモン療法は怖いものではありません。

■うつ病の可能性も疑って

 「更年期の物忘れ=アルツハイマー病の兆候」と決めつけてしまうのは少し早計かもしれません。なぜなら、更年期は「うつ病」にかかりがちな年代でもあるからです。

若さや女性らしさを失うことへの不安に加え、子どもが独立し、大きな荷を降ろした空虚感に襲われることもあります。

逆に介護などの責任を抱え、重圧感に悩む人も。こうしたもろもろの不安要素がいっぺんにのしかかり、うつ病を発症することが少なくないのです。

 うつ病もアルツハイマー病も、初期症状はよく似ています。ただし、本人はなかなか自覚できないことが多いもの。

ミドル世代の女性は「ちょっとした不調くらい、更年期にはよくあるものよ」と、ついつい我慢してしまいがちですが、ここはやはり家族が早めにサインをキャッチして、必要があれば一日も早く専門医を受診するよう、すすめてあげてください。

冷え性に悩む人に聞く効果のあった対策は

寒い日が続いているが、冷え性に悩んでいる人にとっては辛い状況だ。マイボイスコム株式会社が昨年『冷え性』に関するインターネット調査を実施したところ(1万281件の回答を集めた)、冷え性の人は5割弱で、「軽度」が2割強、「中程度」が2割弱、「重度」が5%であったことが判明。また、冷えを感じる時期は「冬」が8割弱、「秋」が3割強、「一年を通して」が2割弱という結果になった。

◆悩んでいる症状

「肩こり」で悩んでいる人は40.9%、「腰痛」「疲れやすい」「頭痛」をあげる人が2~3割みられた。重度の冷え性の人では、「肩こり」「疲れやすい」「頭痛」「体がだるい」「便秘」の比率が全体と比べて20ポイント以上高く、また「むくみやすい」「体温が低め」「めまい、立ちくらみ」「肌荒れ、乾燥」「くすみ、シミ・ソバカス」「イライラしやすい」も15ポイント以上高くなっている。

◆冷え性の程度、冷えを感じる時期

 冷え性の人は47.4%、「軽度」が24.7%、「中程度」が17.6%、「重度」が5.1%となっている。冷え性の女性は7割弱で、特に女性20~40代で比率が高い傾向です。女性20・30代では、「重度」が1割強みられた。冷え性の人に冷えを感じる時期を聞いたところ、「冬」が79.1%、「秋」が32.5%、「一年を通して」が16.9%だった。「秋」は、女性が男性を約10ポイント上回り、女性10・20代で比率が高い傾向。重度の冷え性の人は、「一年を通して」が4割みられた。

◆冷え性で悩まされる部位

 冷え性の人が冷えで悩まされる部位は、「手先、指先」「足先」が6~7割で上位2位、以下「足首」「足全体」「おなか」「腰」「下半身全体」「おしり」が続いた。「手先、指先」は、若年層で比率が高い傾向です。重度の冷え性の人では、「足全体」「足首」「下半身全体」が全体より15ポイント以上高くなっている。

◆冷え性対策

 冷え性の人に、冬に実施している冷え性対策を聞いたところ、「厚着、重ね着、重ね履き」「体を温める食材をとる」「お風呂は湯船につかる」が4割台で上位3位となっている。「保温性の高い下着や靴下を着用」「栄養バランスのとれた食事」は、女性高年代層で比率が高い傾向だ。重度の冷え性の人では、「厚着、重ね着、重ね履き」「ひざ掛け、肩掛け、ストールなどを使う」「カイロ、湯たんぽ、電気毛布などを使う」の比率が高くなっている。

 冷え性の人の6割は、夏に冷え性対策を実施している。女性30代以上では6割を超えた。「お風呂は湯船につかる」「クーラーにあたらないようにする」「運動をする」「ストレッチ、ヨガなどをする」「冷たい飲み物・食べ物はとらない」「体を温める食材をとる」が上位です。重度の冷え性の人で夏に対策を実施している人は8割弱、「クーラーにあたらないようにする」「お風呂は湯船につかる」に続き、「冷たい飲み物・食べ物はとらない」「ストレッチ、ヨガなどをする」「体を温める食材をとる」が上位にあがっている。

◆冷え性の原因

 冷え性の人に、冷え性の原因と思うものを聞いたところ、「運動不足」(40.9%)が最も多く、「年齢的なもの」「遺伝的要素、体質的なもの」「ストレス」「夏の冷房」が各2割弱で続いた。女性20~40代では「運動不足」、50代以上では「年齢的なもの」、若年層では「食生活」の比率が高くなっている。重度の冷え性の人では、「遺伝的要素、体質的なもの」が全体より約12ポイント高くなった。

<回答者のコメント>

◆冷え性対策で効果があるもの (全2144件)
・冬場寒くて眠れないときは、湯タンポを利用すると効果的で良かった。(男性28歳)
・大きい問題ではないと感じていたので何も対策をしていなかった。(男性33歳)
・ふくろはぎを交互に動かして血流をよくする。(男性45歳)
・ホッカイロ(貼るタイプ)を外出時持っていきます。(女性29歳)
・会社でデスクに向かうときにはusbひざ掛けを使う。(女性47歳)
・湯船にしっかりつかる。夏でも長袖を着て靴下をはく。五本指の靴下をはく。(女性49歳性)
・とにかく夏でも冷たいものはあまりとらないようにする。(女性50歳)
・首、手首、足首、ふくらはぎを温める(暖かい格好にする)。冷たい物を飲まない。朝起きてすぐに少し冷ましたコップ1杯の白湯を一気飲みする。(男性43歳)

ヒールが似合うスラリ脚に!むくみ解消の片足バランスエクサ

筆者がヒールを勧める理由は、脚の形が綺麗に見えたり、姿勢が美しくなったり、美人度がアップするからです。楽なフラットシューズもOKですが、ヒールを履きこなすだけの筋力や所作が身についていれば、足を引きずって歩いたり、膝を曲げて上半身を揺すって歩くような動作にはならなくなります。

ヒールを履くと脚裏が縮み、疲れやすくなるので、今回はむくみや疲れの解消効果を目的にしたエクササイズをご紹介します。もちろん、筋力アップは基本ですからバランス力は底上げして下さいね。

■スラリとした脚に期待大!片足バランスエクサ

この動作は、両足を伸ばすのがキツイという人もいるかと思います。その人は、辞書や電話帳など高さのあるものに手を置き、脚裏が伸びるように調整して下さい。3週間を目安に週3-4回を目安にチャレンジして、脚裏のストレッチ効果と同時に体幹力を上げて、下半身の筋力をつけ、スラリとした脚でヒールを履きこなして下さい。

期待出来る効果

腰、臀部、太もも裏のストレッチ。冷えやむくみの改善。体幹が鍛えられる、下半身の筋力アップ、集中力アップなど。

実践回数&期間

3週間チャレンジ
週3-4回を目安にトライしてみて下さい。必ずボディラインに変化が現れます。

やり方

1.くるぶし、大転子(お尻横の骨)、肩、耳のラインが一直線になるように、お腹を腰の方へ引き寄せ、尾てい骨を長く下に伸ばすイメージで姿勢を整えます。

2.両指先を肩の真下に付け、左足を真っ直ぐ後ろに伸ばします。この時、体が斜め左側に開きやすいので、おへそを床に向けるように意識して下さい。バランスが取れてきたら、お腹で腰を押し上げるように腰が反らないように、丸まり過ぎないように姿勢にも意識を向けて下さい。そのまま10呼吸キープ。

3.反対側も同様に動作しましょう。慣れてきたら、上げた足で後ろの壁を押すイメージで更に筋肉を刺激し、筋力アップを目指しましょう。左右3回づつ動作を繰り返しましょう。(片方合計30秒キープ)

いかがですか? 呼吸が止まらないように、首の後ろは長く伸ばすイメージで、また目元も柔らかくしながら、じっくり体の裏側を伸ばしてみて下さい(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

ぼんやりフェイスライン、便秘や冷え…女子の“こわばり”を解消するベストな「枕の高さ」とは?

長時間のデスクワーク、ハイヒールで立ちっぱなし、育児や家事で無理な体勢をとりがち…と、20~40代の女性の毎日には、カラダをこわばらせる要素がいっぱい。『こわばり女子のカラダほぐし大全  カチカチにかたくならない習慣術』(PHP研究所)は、テレビや雑誌で活躍中のアンチ・エイジング ドクター日比野佐和子氏の監修のもと、さまざまな不調とエイジングサインにつながる、女子の「こわばり」の解消術が紹介された一冊だ。

 カラダが「こわばる」原因は、ひとことでいうと血行不良。巡りの悪いカラダ、つまり血液やリンパの流れが滞ったカラダには老廃物が蓄積される。すると筋肉の機能が落ちて、こりになる。こりが血流の邪魔をするため、カラダは冷えやすくカチカチにかたくなり、さらなるこわばりを引き起こすという悪循環となるのだ。

「こわばり」と聞いてまず思い浮かべるのは、肩や首のこり、腰の痛みだろう。しかし年齢のせいかと見過ごしていたエイジングサインも、根本原因に「こわばり」の可能性があるそうだ。肩や首の「こわばり」から顔回り が血行不良となり、肌がくすむ、フェイスラインがぼんやりしてくる、ほうれい線がくっきり表れる、痩せにくい、足がむくむ、頑固な便秘なども「こわばり」と関係しているというから恐ろしい。このように「こわばり」は女子の大敵なのだ。

 生活習慣から「こわばり」を解消していく方法として、大事なことのひとつに「枕の高さ」があるという。立ち姿と同じ姿勢をキープできる高さがベストということで、バスタオルを使って自分の首の高さに合わせた枕を作る方法が紹介されている。もうひとつ、すぐに取り入れたいと思ったのは、インスタントコーヒーのススメだ。老化防止やストレスを受けた神経を修復する成分が、インスタントコーヒーの粉に豊富に含まれているという。たまにはインスタントコーヒーも飲まなくちゃ。

 本書には、自分の「こわばり」タイプを知るためのチェックリストがついている。同じ姿勢でいることが多いためカラダのバランスが悪い「ゆがみ系」、頑張り屋さんに多く自律神経が乱れがちな「ストレス系」、スキニーパンツやパンプスが好きでカラダを締め付けたり冷やしたりしがちな「女性ホルモン系」。3タイプの「こわばり」に合った対処法が示されている。

 カラダ全体を大きく引き伸ばす筋膜ストレッチ、カラダを締め付けるファッションはほどほどにする、カラダの糖化を防ぐコツなど、日常から心がけるべきことが、イラストつきで紹介されているのでわかりやすい。「ゆがみ系」の私は、内臓まで血行不良になっている可能性もあると知りショックを受けた。毎日コツコツ意識して、こわばりを解消し、いつも気持ちよいカラダを維持していきたいものだ。

カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】