1

死にかけた! 男性も注意したい「隠れ貧血」の真実

貧血といえば若い女性の話と思い込みがちで、「ふらつくだけ」と軽く捉えている人も多い。しかし、侮ってはいけない。重度になれば輸血が必要になり、がんなど生死にかかわる病気のサインのこともある。本誌記者(男性40代後半)が実体験を交え、貧血に潜む本当の恐ろしさをリポートする。

「4年前、貧血で死にかけたんです。自覚のない、いわば『隠れ貧血』でした」

 2013年3月9日午前9時ごろ、都内のマンションロビーで男性会社員(当時44歳)は突然、倒れて、動けなくなった。意識はあって周囲の物音は聞こえるものの、声を出すこともできない。異変に気付いた住民が119番通報。救急車で病院に運ばれた。

 搬送先の病院で「脳梗塞や急性心筋梗塞の疑いがある」として、磁気共鳴断層撮影(MRI)や心電図をはじめさまざまな検査が行われたが、「異常は見当たらない」とされ、別の病院へ回された。そこで医師が血液検査のヘモグロビンの値がかなり低いことを問題視し、さらに別の大きな病院に緊急搬送された。

 診断の結果は「貧血」。緊急輸血が施されたときは、すでに夕方になっていた。輸血は3時間に及び、男性は入院。4日後には「急性心不全」を発症し、集中治療室(ICU)に移され、いっときは意識不明に陥った。結局、入院は3週間近くに及び、輸血は計約20時間も実施された。

 実はこの壮絶な体験をした会社員、記者自身である。当時「体がだるいな」程度の自覚しかなく、まさか貧血で死にかけるとは思いもよらなかった。

 当時の担当医には「肝臓疾患によるもの」と説明され、数種類の薬が処方された。飲酒による肝臓への影響などを示すγ-GTPは、基準値(50以下)を大きく超えた1500以上。「アルコールは厳禁」と申し渡された。

 貧血とは、血液の中の赤血球やその中にあるヘモグロビンの量が少なくなった状態のこと。そうなると血液は酸素を十分に運べなくなり、脳や臓器など体の各所で「酸欠状態」になるのだ。その結果、だるさや息切れ、頭痛、動悸などの症状を引き起こす。

しかし、一般に病気という認識が薄いため、記者のように自覚がないまま進む「隠れ貧血」も少なくない。『貧血大国・日本』(光文社新書)の著者で、南相馬市立総合病院の山本佳奈医師(神経内科)は、こう警鐘を鳴らす。

「特に男性は、単なる仕事疲れ、体調不良と簡単に片づけてしまい、気にしない人が多い。自分だけは大丈夫と考えるのは危険です」

 貧血の原因は、月経などの出血や過度なダイエットによる鉄不足を思い浮かべる人が多いだろう。だが、原因はそれだけではない。

「お酒を大量に飲むと、アルコールの影響で葉酸の吸収が悪くなり、貧血になることもあります」

 と指摘するのは、ナビタスクリニック新宿院長で、内科医の濱木珠恵医師だ。アルコール多飲から貧血を引き起こす主な要因は、葉酸の欠乏だという。

「赤血球が作られるときにはビタミンB12や葉酸も必要なのです。アルコールを多飲する人は葉酸の吸収が低下し、食事も偏りやすい。赤血球を作るための葉酸が体内で不足するのです」(濱木医師)

 記者の貧血の原因も葉酸欠乏と考えられた。しかしなぜ、輸血をした後で急性心不全になったのだろう。

「輸血に用いる血液の赤血球はけっこう濃いので、体に負荷がかかることも。入れるスピードが速すぎたか、頻度が多すぎたかで、心臓が耐えられなかった可能性があります」(同)

 やはり、たかだか貧血、そのうち治る、などと侮ってはいけないのだ。

 貧血は一般的にヘモグロビン値(濃度)により定義される。世界保健機関(WHO)によると、男性でヘモグロビン値が13グラム/デシリットル、女性で12グラム/デシリットル未満を貧血と呼ぶ。例えば記者の場合、入院当時の数値は4~5グラム/デシリットルだったので明らかに貧血だった。男女比は、9対1で女性が圧倒的に多いとされる。

「確かに受診者をみても男性はまれですが、働き盛りの中高年男性も注意は必要です」(同)

 貧血の要因として最も多いのは、鉄欠乏によるもの。食べ物などから体内に入ってくる量と、体外に排出される量のバランスが崩れると貧血になる。働き盛りの男性は、食生活が乱れがちな点で心配だ。

「外食やコンビニ弁当などに頼る、特にカップ麺系に走る人はバランスが偏ってしまい、栄養素が十分に入ってこない状況に陥るのです。仕事が忙しい40、50代は疲れが蓄積し、無理していくと、じわじわと肉体が限界に達します」(同)

 実際、記者も禁酒したにもかかわらず、最近になって、ヘモグロビン値が低下。忙しく、不規則な生活が続いたためと思われた。

 さらに、貧血が恐ろしいのは、「危険な病気のサイン」(同)の場合もあるからだ。

「がんや胃潰瘍、ポリープなどの重篤な病気が隠れている場合もあります。がんなどによる出血の結果、貧血が起きている可能性があるからです。特に男性の死亡数が女性の2倍に上る胃がんには注意したほうがいい」(同)

 がんの治療後に貧血になることもあるという。

「胃の全摘出手術をした人は、鉄やビタミンB12の栄養素の吸収障害の結果、数年たってから貧血になる例が多いのです」(同)

部位によって原因は様々 “しびれ”は病のシグナル(2)

 頚椎症と診断された前出の女性患者の場合は、過敏になった神経を鎮める薬を処方され、しびれは治まった。完治したわけではないが、日常生活に不自由はなくなったという。頚椎症のように、神経の圧迫で出るしびれは高齢者でしばしば見られるというが、神経の異常がある部位によって、しびれを感じる場所も異なってくる。

 「手の指がしびれる病としては、手根管症候群があります。手首付近で、じん帯と骨に挟まれた神経の通り道(手根管)が圧迫され、親指から薬指のしびれが出てしまう。これは普段、手作業が多い仕事に就く人が多く罹るとされます。また、ひじの内側の神経が骨などで圧迫される肘部管症侯群でも、薬指や小指にしびれが出る。頚椎症でも、脊髄が圧迫される頚椎症脊髄症の場合は、手や腕だけでなく、下半身にもしびれや痛みが出ることがある。日常生活に困る場合は、手術を検討する専門医も多いとされます」(前出・専門医)

 頚椎症の治療では、症状を和らげる薬や首を固定する装具を使い、首を安静にする。装具を使うときは、転ばないように注意することが必要だ。痛みやしびれがひどくなる姿勢は避け、首に負担が掛からないよう枕の高さを調節することも心掛けなければならない。「腰痛や肩こりには、筋肉の緊張を取り除き血液循環をよくする運動が効果的と言われますが、神経の圧迫によるしびれに対しては、運動は勧められない。軽く首や肩を回す程度の運動程度が適しているとされます」(健康ライター)

 また、お尻から足の裏にしびれや痛みを感じた場合は、腰部脊柱管狭窄症が疑われる。しびれは左右どちらかの場合と、両足の場合とがある。どちらも加齢による腰椎の変形やずれによって脊柱管が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されて起きる。長時間歩いたり、立ち仕事を続けていたりするとしびれは出やすい。

 「腰部脊柱管狭窄症は、背筋を反らすと痛みが増すため、前かがみになりがちです。痛くて動くのがおっくうになると、さらに症状が進行するため、腰を反らす姿勢を避けながら、軽い運動をしたほうがいい」(社会医学研究センター・村上剛士氏)

 しびれの治療にあたっては、症状を和らげるために過剰な神経活動を抑える薬や、炎症を抑えるくすりなどが使用される。神経の圧迫が強く、日常生活に影響が大きい場合は、骨を削ったり、金具で固定したりする手術を検討することになるという。「手足の先端部分にしびれや痛み、さらに冷える場合は、糖尿病で起きる神経障害が原因の場合もあります。初期の糖尿病は自覚症状がなく、手足のしびれをきっかけに糖尿病が見つかることもある。

仕組みとしては、末梢神経の神経細胞内に糖が過剰に取り込まれることにより、神経細胞の働きに異常が起きると考えられています。しびれを放置しておくと悪化し、激痛が走る上に壊疽状態につながる可能性も出てきます」(専門医)糖尿病が原因の場合、悪化した神経障害を治療することは難しく、食事や運動、薬で血糖値をコントロールして、さらなる悪化を防ぐしかない。原因を見分けるためには、もちろん専門医の受診を受けるのが確実だ。肝心なのは、そのしびれを放置しないということだ。

部位によって原因は様々 “しびれ”は病のシグナル(1)

 病院に行くほどではなくても、手足のしびれ症状が気になる人は多いのではないだろうか。実はその症状には、様々な病気が隠れている場合が多い。「しびれの原因箇所は脳から抹消神経まで幅広く、全身に病気が隠れていることもあります。手も動くし、ちゃんと歩けていたのが、しびれがひどくなり、治ると思っていたのに痛みも出て動かしにくくなった――。そういった患者さんは少なくありません。考えられる病気を、しっかり認識しておく必要があります」

 朝起きたら突然、手にしびれを感じた――。そんな場合に一番多いのは、首の骨や骨格の病気だという。安静にしていると軽くなるかどうかも、重要なポイントとなる。「首を後ろに反らせたり、前屈した際にしびれや痛みが強くなったり、腕や手首をよく使った後にしびれが強まったりする。

ただし、安静にしている時はあまり気にならない場合は、(1)頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア・手根管症候群、(2)脊髄空洞症・脊髄腫瘍・大動脈炎症侯群、(3)解離性動脈瘤が考えられます。(1)の場合は整形外科、(2)は神経内科、(3)は心臓血管外科医などが専門となる。いずれの病気も、動かすとしびれがひどくなっていきます」(健康ライター)

 一つの例を紹介しよう。東京郊外に住む女性(68)は約2年前、膝の内視鏡手術を受けた後、杖をついて歩いていた。しかし、無理な姿勢が続いたせいか、首や肩の凝りや痛みが出て、右手の先もしびれ出し、やがて左手もしびれるようになったという。いつもジンジンして力が入らず、家事はおろか、コーヒーカップを持つこともできなくなった。そこで、自宅近くの整形外科に行くと、頚椎症と診断された。

 「年齢とともに、首の骨や、骨と骨の間でクッションの役割をする椎間板が変形し、神経が圧迫される。女性の場合、背中を走る脊髄から分かれて腕へとつながる神経根の部分が圧迫され、肩の痛みだけでなく、手や指先にまでしびれが出る場合があります。このように、手足の感覚を脳に伝える神経のどこかに異常があると、感覚が麻痺したり、何も触れていないのにジンジンとしびれを感じたりするのです」(専門医)

 しびれの感じ方は色々で、客観的な評価は難しいという。しかも、しびれを伴う病気は、神経を包む“鞘”が壊れる多発性硬化症、筋肉を動かす神経が傷害されるギラン・バレー症候群など様々なのだ。

 また、しびれが発生した場合、その箇所や近くに原因があるとは限らない。東京多摩総合医療センター脳神経内科の医師は、こう説明する。「検査によって、隠れている病気が見つかることもあります。そのため、少しでも早い段階で神経内科や整形外科を受診すべきです。中でも、左右どちらかの手や口のまわりに急に強いしびれを感じる場合、脳の“視床”と呼ばれる部分の異常が原因として疑われので、急を要します」

ただの貧血…いえいえ軽視は禁物です!原因の“検索”が肝要

 【Q】貧血の症状があり、サプリなどで鉄分を取るようにしていますが、あまり効果がないようです。いい対処法はないでしょうか(30代女性)

 【A】まず、本当に貧血かどうかを調べないといけません。単なるふらつき、立ちくらみ、疲れやすいなどの症状から勝手に貧血と思い込んでいる患者さんをよく見ます。血液検査などを受け、はっきり確認しましょう。

 次になぜ貧血になったかです。大まかに分類すると4つの原因があります。(1)失血(2)赤血球破壊の亢進(こうしん)(3)赤血球生成の材料の不足(4)赤血球生成過程の障害などです。質問された方は、上記(3)で障害が起きていると予想されているわけです。

しかし、なぜ赤血球を生成するための材料が足らないのかを検査しないと、改善は難しいでしょう。血液を生成する物質は鉄分だけではなく、ビタミンB12やたん白などの栄養素も必要になってきますから。それによって対処は違ってきます。

 本当は、気づいていなくても失血のためかもしれません。女性なら過多月経、男性であれば痔などが原因であることが多いのですが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんによる消化管からの出血が影響していたという例もあります。そうなれば、早めにしっかりと治療しないと生命にかかわります。

 とにかく大切なことは、原因の“検索”です。それが体に重大な危険を及ぼすものでないと分かれば、市販の鉄剤を飲み、経過観察でもいいと思います。もちろん、貧血の程度にもよりますが…。市販のサプリメントの鉄含有量は、我々が患者さんに投与する10分の1から6分の1程度のようです。ただし、牛乳、緑茶、コーヒー、紅茶などと一緒に摂取すると吸収率が低下することがあります。

 薬に頼りたくないからといって、鉄分が多く含まれているレバーなどを過剰摂取するとコレステロールが上昇しますし、妊娠3カ月までの妊婦さんが同様の事をするとビタミンAの過剰摂取により、胎児に影響を及ぼすことがあります。このように、貧血と言っても様々な問題が隠れています。くれぐれも軽視しないようにしてください。

 ◆回答者プロフィール 谷光利昭(たにみつ・としあき)兵庫県伊丹市・たにみつ内科院長。診察は内科、外科、胃腸科、肛門科など。デイリースポーツHPで医療コラム「町医者の独り言」を連載中。

放っておくと危険!めまいの原因となる主な病気と治療法まとめ

めまいが起こる原因は実にさまざまです。急に立ち上がった時に起こる立ちくらみから、メニエール病を代表とするめまいをともなう疾患までいろいろです。

今回は、めまいを起こしてしまう代表的な疾患について見ていきたいと思います。

要チェック項目

□めまいを訴える人は500万人もいる
□めまいは脳や耳からくる
□まずは医療機関を受診することが大事である

めまいって、そもそもどういったことを指すのですか?

めまいとは

めまいは、漢字で「眩暈」「目眩」「眩冒」などと書きます。いずれも「目」という漢字が使われていることからも分かるように、なんらかの原因によってものの見え方に異常が生じている状態のことをいいます。

めまいの原因は?

めまいの原因は実にさまざまです。日本ではめまいを訴える人が500万人もいるそうですが、大きく分けると脳からくるタイプ、耳からくるタイプ、そして加齢によるタイプの3つに分類されます。今回の記事では特に、めまいをともなう疾患について紹介していきたいと思います。

めまいで考えられる病気:メニエール病

概要

メニエール病は耳が原因で起こるめまいの代表選手と言っても良いでしょう。実際にはそれほど発症例が多い訳ではないのですが、最も耳馴染みのある疾患であると言えます。

症状

メニエール病の最大の特徴は、「回転性のめまい」です。自分は動いていないのに、周りや天井がグルグルと回っているように見えて、気持ち悪くなって嘔吐したりします。

めまいの起こっている時間が、10分から数時間と長いのも特徴で、ふらっとしてもすぐに収まってしまうような場合にはメニエール病の可能性は低いとされます。

原因

メニエール病になってしまう原因としては、ストレスや過労、睡眠不足や気圧の影響、または完璧主義だったり几帳面だったりという性格も挙げられています。

めまいで考えられる病気:良性発作性頭位めまい症

概要

良性発作性頭位めまい症という言葉にあまり耳馴染みがないかもしれませんが、めまいの原因としては最もポピュラーともいえる疾患です。

なぜかメニエール病の方が有名ですが、こちらの方がめまいを訴えて病院を受診した場合に多いことが分かっています。

2012年に、当時の女子サッカー日本代表キャプテンであった澤穂希選手が、この良性発作性頭位めまい症になったのをご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

症状

メニエール病との違いは、発作が起きている時間です。メニエール病の場合は10分から数時間続くということでしたが、良性発作性頭位めまい症の場合は数十秒〜数分と短時間の間に治まってしま います。

吐き気を感じることはあっても、嘔吐にまで至ることはほとんどありません。また、朝起きた時に症状が出やすいのも特徴の一つです。

原因

耳の内耳という部分には三半規管があります。その三半規管にある耳石の一部が、何らかの理由で剥がれて、三半器官の中を動きまわることでめまいが起こります。

めまいで考えられる病気:脳血管障害

概要

脳血管障害とはいわゆる「脳卒中」のことです。脳血管障害という名前からも分かるように、脳の血管に障害が現れることによって起こる疾患の総称としてこの言葉が使われています。

めまいが起こるタイプの脳血管障害としては、脳梗塞が代表的なので、まずは脳梗塞について詳しく見ていきたいと思います。

脳梗塞とは

脳梗塞とは、高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病や、心臓病が原因疾患となって、脳へ行く血管が詰まってしまう病気のことを言います。

めまいがする程度の脳梗塞の場合は、無症侯性脳梗塞とも呼ばれます。

症状

無症候性脳梗塞はその名の通り、知らないうちになっている脳梗塞のことで、自覚症状の有無はともかくとして、70代の過半数に見られるということです。症状としてはめまいや頭重感があるようです。

原因

脳梗塞になってしまう原因は先程も少し触れましたが、生活習慣病による動脈硬化や高血圧、心疾患が挙げられています。

現代は食事が欧米化していることもあって、特に高脂血症によって起こる動脈硬化によって、脳梗塞を発症する人が増えているということです。

その他の原因

ストレス

ストレスは万病の元などと言われますが、ストレス状態が長く続くと、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経とは、特に意識をせずとも勝手に体の機能を保ってくれている神経のことですが、自律神経に乱れが生じてくることによってさまざまな不調が現れます。

自律神経失調症という言葉を聞いたことがあると思いますが、その特徴としては、不定愁訴が挙げられます。

不定愁訴とは、その時によって訴える症状が違うということで、頭痛やめまいを訴えることもあれば、胃の調子が悪い、不眠などを訴えることもあります。

首こり

肩こりなんてことをよく言いますが、そのほとんどが実は首こりです。首には椎骨動脈という動脈があり、脳へと血液を運んでいます。緊張型の頭痛などは、椎骨動脈が圧迫されることなどによって起こるのですが、めまいをともなうケースもあるということです。まずはお医者さんに行って原因を特定しよう

めまいについて見てきましたが、実にさまざまな原因があることが分かって頂けたと思います。自己判断で放置していると不測の事態にもなりかねないので、めまいを感じたらまずは専門医の診断を仰ぐように心がけましょう。

肌荒れ・抜け毛を引き起こす!?本当は怖い貧血と鉄分不足

女性に多く見られる体の症状の1つ、貧血。体質的に起こりやすいから仕方ない、と思っている方も多いかと思いますが、実は鉄分不足が肌荒れはおろか、抜け毛などの原因になってしまうことがあるのです。 今回は女性のみなさんにしっかりと知っておいてほしい、貧血・鉄分不足によって起こりうる症状と、予防法をご紹介していきます。

1.鉄分不足…体はどうなる?

女性は生理などで鉄分が不足しやすいもの。
体質的なものだとしても、放っておいてはいません。
鉄分が不足することによって貧血になるのはもちろんですが、実は女性にとってはとても怖い症状が起こる場合があるのです。

①肌荒れ

血液は全身をめぐり、酸素や栄養素を体の隅々まで届ける役割があります。
鉄分不足で貧血になるということは、栄養素を体に十分に行き渡らせることができないということ。
血行が悪くなることでお肌のターンオーバー機能が正常に働かなくなるため、ニキビなどの肌荒れに繋がるのです。
大人ニキビの定番である顎やフェイスラインのニキビは、貧血によるものの場合があるのです。

②抜け毛

女性の大敵でもある抜け毛。
なんとこれ、鉄分不足で起こりうる場合があるのです。
髪の毛は、毛根の毛母細胞と呼ばれる細胞が分裂することによって伸びていきます。
そして、このとき毛根が血液から運ばれてくる栄養素と酸素を受け取って細胞分裂を活発にしていくのです。
つまり、貧血になるということは髪の毛を作る毛根に栄養が送られなくなるということ。
よって抜け毛や薄毛の症状が見られるようになるのです。

2.あなたは大丈夫?貧血チェック

貧血になると、肌荒れ、抜け毛の他にも冷え性、集中力の欠如など、さまざまな症状が体に現れてくるようになります。
あなたは大丈夫ですか?
下記の項目より、自分の貧血度をチェックしてみましょう。

・寝起きが悪く、体がだるい
・肩こりがひどい
・疲れやすい
・顔、爪の色がわるい(血色がよくない)
・くまができやすい
・フェイスラインの肌荒れが気になる

・睡眠不足
・食事制限のダイエットをしたことがある

以上の8つのうち、3つ以上の項目にあてはまった方は要注意。
もしかしたら気がつかない間に貧血になっているかもしれません。

3.貧血・鉄分不足 その予防法は?

デメリットしかない貧血。
できれば避けたいものですが、一体どうすればいいのでしょう?
最後はその予防法となるポイントを3つご紹介します。

①鉄分の多い食べ物を摂取する

一番手っ取り早く、そしてよく耳にする予防法がこちら。
鉄分を補給することによって血中のヘモグロビンが生成され、血液量が増えていきます。
そのため鉄分を多く含む食べ物を摂取することがとっても重要。
動物性食品なら、レバーや赤身などの肉類、鰹やマグロなどのこちらも赤身の魚類、ほか、イワシやさばなどの青魚と呼ばれるものがおすすめ。

植物性の食品なら、トウモロコシやほうれん草、枝豆などもおすすめ。
大豆も鉄分を含んでいますので、大豆生成品の納豆や豆腐、油揚げなどもおすすめです。

②適度な運動をする

体を動かすことによって血流がよくなり、全身に血が巡りやすくなります。
そうすることで貧血が予防できるといわれています。
適度な運動とは、ウォーキングなどの有酸素運動のこと。

20分〜30分、しっかりと呼吸をしながら歩いてみるのといいでしょう。

バスや電車の通勤の方は、最寄りのバス停や駅よりも手前で降りて、歩いて通勤する時間を増やすなどがおすすめです。
しかし、ジョギングなどの過度な運動は足の裏を酷使することで、足裏に通う血中のヘモグロビンを壊してしまう危険性がありますので要注意。

③睡眠時間をしっかり確保する

睡眠不足によってホルモンバランスが乱れることで、造血作用が低下する場合があります。ですので、睡眠は貧血予防のためにもとっても重要なもの。最近寝不足だな、と感じている方は、いつもよりも多めに睡眠をとってみましょう。もちろん、規則正しい生活がホルモンバランスを整えてくれる一番のカギでもありますので、しっかりと6〜7時間の睡眠時間を摂るようにするのがベストですよ。

いかがでしたか?

食事、運動、睡眠。抜け毛や肌荒れなど、デメリットばかりの貧血ですが、生活習慣を見直してバランスのよい食事をとることで予防することができます。自分は貧血気味だと感じた方は今の生活を見直し、ぜひ貧血改善を意識してみてくださいね。

放置でうつ症状も…老人の貧血には怖い病気が隠れている

 立ちくらみや目まいがして突然倒れてしまう――。貧血は若い女性の病気と思われがちだが、実は高齢者の10人に1人は貧血状態にある。貧血には心臓病やがんが潜み、放置するとうつ症状、嚥下障害などになりやすいというから恐ろしい。

 田中勝昭さん(83歳、仮名)は今月3日に風呂場の脱衣室で息苦しくなり、救急搬送された。高血圧による心不全だった。

「お医者さんからは『高血圧で心臓に負担がかかり、心臓の筋肉や血管壁が厚く硬くなって伸縮性・柔軟性が失われた。その結果、ポンプとしての機能が低下して心臓が虚血状態になった』と説明されました。以前から足がむくむ、おしっこの量が減った、疲れやすく体が冷える、息切れがするとこぼしていたので、病院で診てもらえ、と言っていたのですが……」

 こう言って唇を噛むのは田中さんの長男だ。幸い、田中さんは高血圧と心不全の治療を受け一命を取り留めた。

 家族にとって意外だったのは、田中さんがひどい貧血を患っていたこと。酸素とくっついて全身に酸素を運搬するヘモグロビンの量が9g/dlしかなかった。東邦大学医療センター佐倉病院循環器科の東丸貴信教授が言う。

「貧血は心不全を悪化させる原因ですが、心不全そのものも貧血を起こします。心臓の機能低下で腎血流量が減り、腎機能が悪くなると、赤血球を作るエリスロポエチンの産生異常が起こります。炎症性サイトカインも増えるので、これらが相まって貧血になると、心不全がさらに進むという悪循環に陥ります。実際、心不全患者の3分の1は貧血があるといわれます」

■肉は食べなきゃダメ

 貧血の定義は世界保健機構(WHO)基準などで血液内のヘモグロビンの量が15歳以上の成人男性は13g/dl以下、妊婦を除く15歳以上の成人女性は12g/dl以下とされている。高齢者は11g/dl以下だが、65歳を過ぎると造血能力が急に低下することが知られる。

 貧血にはさまざまな種類があるが、田中さんは高齢者の多くが患う鉄欠乏性貧血だった。その原因は消化管からの鉄吸収障害、薬による消化管出血などもあるが、食事での鉄分摂取不足も大きい。

 田中さんは食が細く、十数年前の交通事故で腸が傷つき機能低下していたため、肉などは控えめにしていた。

「鉄分には、肉や魚などのタンパク質に含まれ体に吸収されやすい『ヘム鉄』と、野菜や穀類に含まれて吸収されにくい『非ヘム鉄』とがあります。高齢者は『粗食が一番』という誤った考えから、ヘム鉄を取らないため、鉄不足になりやすい傾向にあります」(都内の管理栄養士)

 しかも田中さんは、非ヘム鉄の体内吸収を助けるビタミンCも不足気味だった。妻と2人暮らしの田中さんは、果物などを買っても重くて持ち帰るのが大変だったからだ。

 高齢者の貧血が怖いのは心臓の病気だけじゃない。胃がんや大腸がんなどの消化器のがんや、うつ症状や食べ物がのみ込めなくなる嚥下障害、認知症やうつ症状などにも注意が必要だ。

「消化管にできたがんによって出血し、鉄欠乏性貧血になることがあります。鉄欠乏性貧血になると、食道の上部3分の1の粘膜に薄い膜(食道ウェブ)ができます。そのため、食事がのどを通らなくなることがあるのです。また、貧血の人は認知症のリスクが上がることが、ドイツや米国などの研究で報告されています」(東丸教授)

 鉄分は神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンを合成するのに欠かせない。そのため鉄不足はイライラ感や疲れやすさ、注意力の低下といったうつ病と似た症状を起こすという。

 高齢者は貧血を軽く見てはいけないのだ。

半身浴・・・半分浸かるだけ?正しいやり方を解説します!

1日の終わりにゆっくりとお風呂につかるとホッとしませんか?

お風呂のメリットのひとつに、リラックス効果があります。リラックス効果を高めるには半身浴がおすすめです。心と体をいやし、ゆったりと気分を回復できる、正しい半身浴の方法を覚えておきましょう。

■「副交感神経」とは?

現代人に多いストレス。ストレスは精神面だけではなく、身体的にも大きな悪影響を与えるため、問題視されています。ストレスのコントロールのポイントとなるのが、自律神経です。自律神経には、活動時や緊張状態で活発になる交感神経と、リラックス時や睡眠時に活発になる副交感神経があります。

ストレスを緩和し、精神的な安定をはかるには、副交感神経を高めることが大切です。副交感神経が高まるとリラックス効果が高まるだけでなく、質の良い睡眠にもつながります。質の良い睡眠には、疲労回復やストレス解消のほか、免疫力アップ、ダイエット効果、美肌効果、起きているときの集中力アップなど、さまざまなメリットがあります。

■半身浴で副交感神経を高めよう

質の良い睡眠を取るには、就寝の1時間前くらいから、リラックスして副交感神経を高めていくのが効果的です。高いリラックス効果を得られる方法のひとつが、入浴。心身ともにゆったりするには、とくに半身浴がおすすめです。

半身浴とは、お湯に肩までつかるのではなく、腰もしくはみぞおちのあたりまでお湯につかる入浴方法です。水圧によって心臓に負担がかからないので、時間をかけてゆっくりとお湯につかることができますよ。

■半身浴中は、読書やアロマを楽しもう!

半身浴の良さは、体が半分までしかつかっていないので心臓への負担が少ないことです。ぬるめのお湯に20分以上ゆっくりとつかることで副交感神経が活発になり、大きなリラックス効果を得ることができます。

ぬるめのお湯に長時間つかると、体の芯から温まり、血行が良くなります。お風呂で読書や音楽を楽しんだり、アロマやキャンドルなどで雰囲気作りをしたりなど、好きな方法でリラックス効果を高められるのも、半身浴の魅力のひとつです。

■ポイントは、「ぬるめ」のお湯

半身浴でリラックス効果を得るには、ぬるめのお湯につかるのがポイントです。お湯の温度は38度前後がおすすめ。冬でも40度程度にとどめておきましょう。熱めのお湯は交感神経を刺激し、体が活動状態に戻ってしまいます。

お湯の量は、腰からみぞおちくらいの高さになるように調整してください。アロマオイル(エッセンシャルオイル)やバスソルト、入浴剤などを入れてもOKです。

入浴前にコップ1杯程度の水を飲むと、発汗による水分不足を防げます。腰か腰上のあたりまでお湯につかって、最低でも20分ほどかけてゆっくりと温まりましょう。

■心身をリセットして明日にそなえる

半身浴で得られるリラックス効果はシャワーでは得ることができません。疲労回復やむくみ解消にも大きな効果があるので、1日の終わりにゆっくりと半身浴を楽しんで、心と体をリセットしましょう。

貧血気味の人は鉄のフライパンで料理をして鉄分摂取を

鉄欠乏症は世界で一番多い栄養障害です。WHO(世界保健機構)によると、20億人もの人が、主に食事の鉄分不足のために貧血になっています。

鉄分を摂取する方法としては、鉄分豊富な食事をする以外に、鉄のフライパンや鍋で調理した食事をするのも効果的です。

「Examine.com」の記事では、鉄のフライパンや鍋で調理をすることで、食事の鉄分量にどのような影響があるのかを調べていました。その結果、食事に浸透する鉄分量はきわめて多いことがわかりました。

例えば、目玉焼きを鉄のフライパンで調理すると、普通のフライパンで調理するよりも、約2mgも多く鉄分が含まれます。パンケーキの鉄分の場合は、普通のフライパンの場合が0.81mgで、鉄のフライパンだと1.31mgに増えました。

しかし、鉄のフライパンで調理しても、すべての食品の鉄分量が増えるわけではありません。さらに、ここで増えるのは、赤身肉などに含まれるヘム鉄よりも体内での吸収が少ない非ヘム鉄ですが、ビタミンCや酸性のものによって、鉄分の吸収は増加します。

月経中や妊娠中の女性、ビーガン(厳格な菜食主義者)、ベジタリアンの人たちなど、鉄分が不足しがちな人たちは、鉄のフライパンや鍋の効果をより期待できるでしょう。ただし、あまり鉄分を摂り過ぎないように気をつけてください。

1日に摂取する鉄分の推奨量は、健康な成人男性が8mgで、健康な成人女性は18mgです。鉄分を摂り過ぎると体に害を及ぼし、発熱、悪寒、唇や爪が青白くなる、肝障害などの問題が起こることがあります。

鉄のフライパンや鍋で調理をするなら、より新しいもので、シチューなど液状の食品を長時間調理した方が、より多くの鉄分を摂取できるというのは覚えておきたいところです。(古く、油のよく染み込んだフライパンはその逆です)

実は怖い貧血―女性必見のチェックリスト&予防方法

『貧血大国・日本 放置されてきた国民病の原因と対策』(光文社新書)が話題になっている。著者は社会人2年目、弱冠27歳の医師・山本佳奈さん。産婦人科医を目指す中、大学在学時に貧血が妊婦に及ぼす大きな問題を知ったことをきっかけに、貧血をテーマにした研究を始めた。現在は研修医として、福島県の南相馬市立総合病院に勤務する。山本さんは、同病院の初の女性研修医。なぜこの病院を選んだのかをはじめご自身のキャリアについて伺った。

●関西の実家から福島県南相馬市へ

 本の執筆の話が舞い込んだ頃、私はちょうど、卒業後の研修病院の選定で迷いに迷っていました。関西にも病院はたくさんありますが、文化圏が違う東京で働きたいと思っていたのです。

 ところが、考えているうちに「地元でいいかな、実家に近いと色々と楽だしな」などという新たな迷いも出てきて。最初は東京の病院5カ所に履歴書を送ったのですが、そのうち4院については試験や面接の前に電話で審査を断ってしまいました。

 残りの1院は「東京ならここがいい」と特に思っていた病院で、倍率は8、9倍とかなり高かったのですが、受かるんじゃないか、と心のどこかで思っていたところがありました。ところが、落ちてしまったんです。

 そうこうしているうちに、どんどん他の病院の受け入れ枠が埋まり募集が締め切られていきました。焦りを覚えるなか、南相馬市立総合病院で1つ受け入れ枠が空いている、という情報が舞い込みました。「ここを受けよう」――。情報を聞いた私は、すぐに心を決めたのです。

 南相馬市は福島第一原子力発電所から20キロ圏内の地域などが含まれ、そうした地域には避難指示も出されていた場所です(7月12日には帰宅困難区域を除きすべて解除)。実は、私は大学5年生の11月、南相馬市立総合病院を訪れていました。何度も南相馬でボランティア活動をしていた友人が誘ってくれたのです。

 病院では、東日本大震災の後も現地に残り医療を続けていらした先生方に感銘を受けました。ただ、そのときはこの病院に研修医として戻ってくるとは思っていませんでした。町を少し周ってみましたが、当時はコンビニも閉まったままで、除染土が入ったフレコンバッグがたくさん積んである。また、1階部分がごっそり津波にのまれた建物や、玄関にフェンスが張り巡らされている家々を目の当たりにして、ショックを受けました。

地域医療の現実とは

 受け入れ枠が空いていると聞いたとき、私がすぐ決断したのは「この病院に行くなら今しかない」と考えたからでした。

 研修医は最初の2年は同じ病院に務めますが、3年目以降はまた全国の病院を選べるようになります。28歳になる3年目には専門性を高める段階になるので、他の病院が新たな選択肢となるでしょう。病院に電話したところ、まだ誰からも連絡が来ていないとのことで、テストを経て無事採用が決まり、「ああ、良かった」と安堵したのを覚えています。

 放射線量については、最初から全く心配がなかったと言ったらウソになりますが、お世話になっていた東京大学医科学研究所には南相馬市の医療活動に従事されている先生方がたくさんいらして、周りから、市内の放射線量は低く問題がないと教えていただいていました。自分でも色々調べ、「ここより放射線量が高いところって、日本にあるんだよ」と親を安心させたりしました。

 医師免許を持っていると言っても、研修医はまだまだ卵。自分が医療で貢献するとはとても言えません。でも、自分が南相馬市に行くことで、少しでも風評被害が減らせるのではないか、そうした形での貢献もあるのではないか、と思いました。住んでみるととにかく食べ物がおいしい。水が良くて、素材が良くて、魚がおいしい。冬は空が晴れ渡り気持ちがいい。曇天が続く関西とはまるで違った風景も新鮮な体験でした。

 原発事故を境に、高齢化率や独居の高齢者が増えていますが、当病院の医師の数は、事故直後の4人から今30人ほどまで増えています。日本にはもっと人口が少ない場所も多いですし、医師が一人で看護師はいないという場所もある。南相馬という場所が抱えている問題を目の当たりにしながら、地域医療の勉強をさせてもらっています。都会の病院に務めていたら、都会の医療しか分かりませんでした。

 私が目指す産婦人科医について言えば、南相馬市立総合病院には一人しか常勤医がいません。近くの病院もどんどん縮小し、隣の相馬市にある公立総合病院には産科さえありません。それでも、原発事故から5年経って里帰り出産も増え、当院の分娩は、2015年度は200件を超えています。これは、震災前の220件に迫る勢いです。でも、小児科の先生も少ない。子育てしたくても育てる環境がないのです。

 南相馬に限らず、地方にはそうした場所がきっと多いんだろうと想像ができる。大学時代、自分は恵まれすぎた環境にいたんだとひしひし感じます。


貧血の意外な原因と症状

 今は研修医としてお産にも立ち会い、改めて産婦人科医になりたいと感じています。お産に立ち会うと感動するんです。

 妊婦の中には、「最近氷が食べたくて仕方がない」「氷菓が食べたい」という人が少なくありません。これは「異食症」といって、貧血(ここでは鉄欠乏性貧血のこと、以下同様)の症状がある人に見られる症状です。知識としては知っていたのですが、実際に目の当たりにするのは初めてでした。1カ月に3人もの異食症の妊婦が訪れることもありました。

 妊婦だけではなく貧血は現代日本人に非常に多い症状です。鉄剤を飲めば症状は改善するのですが、吐き気などの副作用が出て飲めない人も多い。

 ダイエットも貧血を引き起こす主な原因の一つです。摂取カロリーを減らすために食べる量を減らすと相対的に鉄も減るからです。その上、運動もするとダブルパンチ。なぜ運動が貧血と関係があるかというと、筋肉の中にあるタンパク質の一種は鉄に酸素をくっつけて蓄えるから。筋肉の量が増えると鉄をより蓄えるようになるので、貧血になりやすくなるというわけです。

 また、大量の汗をかくスポーツでは、汗から流れ出てしまう鉄分で貧血になることが少なくありません。通常の発汗であれば体外に排出されるまでに再吸収されるのですが、急激な発汗ではそれが追い付かないのです。健康を意識して運動を始めた人が、日中の仕事が集中できなくなった、だるいなどの貧血症状で外来に来られるケースをよく見ます。また、30~40代の女性で多いのは、子宮筋腫で経血量が多くなることが原因となる貧血です。
.

これに当てはまったら、貧血かも

 下記のような症状がある場合、貧血が疑われます。

■ 貧血チェックリスト 〇 疲れやすい、眠っても疲れがとれない 〇 階段で息切れする 〇 爪が弱くなり、割れる、へこむ 〇 顔色が悪いと言われる 〇 飲み物などに入っている氷を食べてしまう 〇 生理のときの出血量が多い 〇 胃を切除したことがある 〇 食事の偏りがある。肉をあまり食べない (医療法人社団鉄医会ナビタスクリニック新宿・濱木珠恵院長による)

 ただ、人によって感じ方は違うので、自分が貧血であるという自覚症状がない人は多い。ですから、定期的に自分の血液の状態をチェックすることが大切です。一番手軽な方法は献血です。献血では健康な血液であるかをみるため、必ずヘモグロビン濃度などを検査するからです。無料でしかも結果がすぐ分かる。強豪として知られる帝京大学ラグビー部の成績が低迷していた頃、献血に行かせたら、多くの選手が貧血だったという話もあります。

●働く女性のための貧血予防法

 貧血を改善する方法は、なによりも食事。鉄には吸収率がいいヘム鉄と非ヘム鉄があって、ヘム鉄は赤身の肉や魚に多く含まれます。肉では馬肉やクジラ肉、牛肉、魚ならカツオやマグロなどです。野菜に含まれるのは非ヘム鉄ですが、小松菜やホウレンソウは鉄の含有量が多い野菜の代表格です。更に、鉄はビタミンCと一緒に摂ると吸収率がいいとか、カルシウムと一緒だと吸収率を下げるといった食べ合わせもあります。ただ、忙しい日常生活の中で吸収率まで考えるのは難しいもの。また、鉄の多い食材を使った料理を食べようと思っても、なかなか続かないものです。

 そこで、私が実践しているのが、料理への「ちょい足し」です。具体的には、乾燥青のりをお味噌汁や和え物、納豆などにトッピングするようにしています。お好み焼きやご飯にかけるのもいい。乾燥青のりは、鉄分が多いことで知られるヒジキよりも多いんです〈可食部100g中77mg〉。

 ヒジキも私が意識して食べている食材なのですが、ある時、ステンレスの鍋で調理したヒジキと鉄鍋で調理したものとは鉄分の含有量が全く違うことが分かりました。ステンレス鍋で調理したヒジキの鉄含有量は鉄鍋の約9分の1(可食部100g中6.2mg)。驚きましたが、逆にこれは調理器具を変えるだけで料理から摂れる鉄分が大きく増えることを意味します。ですから、料理に鉄鍋などを使うのも楽に鉄分を摂る方法だと思います。

 ちなみにコンビニのお弁当には鉄の多い食材はほとんど入っていません。ですから、惣菜などで鉄が多い食品を買い足すように心がけるとよいと思います。

妊娠のタイミングは

 働く女性が多くなり、出産年齢も高くなってきています。キャリアも大事だし、食事が不規則になったりするけれど、ダイエットもしたい。そんな時期に出産の年齢が重なる。でも、いざ子どもが欲しいと思ったときに貧血を改善しようと思っても、すぐに治すことはできません。前回「ダイエットで20キロ台に…貧血に警鐘を鳴らす女医」でお話したように、貧血状態はすぐに回復するものではないからです。

 女性はキャリアを考える中、出産年齢について迷いがあるのではないかと思います。40代でも授かる方はいますし、一概にいつ出産するのがいいとは言えないのですが、やはり20代が一番妊娠しやすく40代になると可能性が低くなってきます。私自身は30歳になったら子どもを持つことを考えたいと思っています。

 30歳頃は仕事に一番脂がのるときで、妊娠は避けたいと思う人は多いでしょう。でも、私は長い人生、1年ぐらいのブランクはあってもいいのではないかと思います。私は、摂食障害のために、大学に入る前に1年間の浪人生活を送らざるを得ませんでした。ただ、今はそれが私の人生で大きなプラスになっています。摂食障害を起こしていた頃、おそらく鉄分不足から、肌は荒れ放題でいつもめまいがしていました。そうした経験も、貧血について大きな問題意識を持つきっかけになったと思います。

 貧血ついては、まだそのメカニズムがすべて分かっているわけではありません。調べれば調べるほど、奥が深い世界です。これからも、男女を問わずより広く貧血が抱える問題について知っていただけるよう啓蒙活動を続けていきたいと思います。

貧血気味な人が食べたい、作りおき「補血」おかず

前回の「体の不調別・作りおきおかず~コウ静子さんレシピ」では、カラダをいたわるレシピを紹介。今回は、特に貧血に悩む人にうってつけな作りおきおかずにフォーカスを当てます。

 月経のある年代の女性は貧血気味になりやすい。「東洋医学では、血が足りないときには、ヒジキや卵など『補血(ほけつ)』作用がある食材をとります」(コウさん)。ヒジキや卵は鉄分を多く含む。貧血改善に効果的だ。
.

 さらに、「血を作り出す『脾(ひ)』(胃)の機能が低下すると、血や、血を送り出すエネルギーの『気』が作り出されなくなると考えます」(コウさん)。そのため、ワケギなど脾の働きを良くする食材をとる。

●鉄分が豊富な食材の組み合わせ ヒジキとうずら卵の炒め煮
[全量]379kcal・塩分4.5g

 ヒジキをさっと炒め煮にしているので、歯ごたえが残る一品。「ヒジキにもうずら卵にも、貧血に効く『補血』の作用があります。うずらの卵には、脾の機能を高める働きも」。

<材料>(作りやすい分量)
ヒジキ----------15g
うずらの卵----------10個

A
 だし汁----------大さじ3
 醤油----------大さじ1
 みりん----------大さじ1
 ハチミツ----------小さじ2
 白煎りゴマ----------小さじ1
 おろしニンニク----------少々
 塩・コショウ----------各少々

鷹の爪(小口切り)----------1本分
ゴマ油----------大さじ1
 

<作り方>
1.ヒジキは洗い、たっぷりの水(分量外)に10分ほど浸してざるに上げる。

2.鍋にうずらの卵を入れ、たっぷりの水(分量外)を注いで火にかける。沸騰した後、3分ほどゆで、冷水に取って殻をむく。

3.フライパンにゴマ油を熱し、ヒジキとAを入れて中火で2~3分炒め、うずらの卵と鷹の爪を加えて汁気がなくなるまで炒め煮する。

ピリ辛味で箸が進む タコとワケギの醤油炒め [全量]411kcal・塩分4.3g

 良質なたんぱく源であるタコには「補血」の作用が。コウさんはタコをご飯に炊きこむこともあるそうだ。「ワケギは、脾の働きを高めます。体を温める作用もあります」(コウさん)。

<材料>(作りやすい分量)
ゆでダコの足----------2本(140g)
ワケギ----------1束

A
 醤油----------大さじ1と1/3
 みりん----------大さじ1
 砂糖----------小さじ2
 白煎りゴマ----------小さじ1

鷹の爪----------1~2本
ニンニク(みじん切り)----------1かけ分
ゴマ油----------大さじ1

<作り方>
1.ゆでダコは5mm厚さのそぎ切りにし、ワケギは3~4cm長さに切る。

2.フライパンにゴマ油とニンニクを入れて弱火で熱し、香りが立ったらタコを入れて強めの中火で炒める。全体に油が回ったらAを加え、鷹の爪のへたと種を除いて手でちぎり入れ、ワケギを加えて炒め合わせる。

この人に聞きました
コウ静子さん
料理研究家
母である韓国生まれの料理研究家・李映林さんのアシスタントを経て独立。韓国薬膳の要素を取り入れながら、美容と健康を考えた料理を数多く提案している。テレビ、雑誌などのメディアで活躍中。著書は『症状別 不調のときに食べたいごはん』(家の光協会)、『野菜たっぷりの薬膳韓国ごはん』(大和書房)など多数。

頭痛にめまい、何となく続く身体の不調…「自律神経の乱れ」をチェックしよう!

「自律神経の乱れ」「自律神経失調症」といった言葉を聞く機会は多いと思います。しかし、実際にそれがどういう状況なのかを具体的にイメージするのは難しいと思います。

自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類があり、それぞれお互いに調節しあってうまく身体のバランスを保つ役割をしていますが、このバランスが乱れるとさまざまな症状が表れます。

頭痛やめまい、動悸、不眠、憂うつ感…そんな症状が続いてはいませんか? 思い当たるところがある方は、ぜひ「自律神経の乱れ度」をチェックしてみてください。

チェックスタート!
□ 頭痛がすることが多い
□ よく肩がこる
□ のぼせることがある
□ 暑いところで寒く感じたり、涼しいところでほてるように感じることがある
□ めまいや立ちくらみがする
□ 非常に疲れた感じがする
□ 便秘や下痢が多い
□ 吐き気が強く出ることがある
□ 動悸がひどくなることがある
□ 耳鳴りがすることが多い
□ 体調がすぐれず、イライラしやすい
□ 気分がふさぎ込む日が多い
□ 特に起きた時に気分がすぐれないことが多い
□ 眠れなくなったり、反対に眠り過ぎたりする
□ 息切れがする

いくつ当てはまったでしょうか?
結果は…
当てはまった数が「0~2個」の人

自律神経が乱れている可能性は低いです。

忙しい現代に生きながら、今のところは自律神経のバランスを比較的上手に保っている方といえるでしょう。

気温の急激な変化や、極端な運動不足などが続くと、どんな方でも自律神経のバランスが崩れやすくなりますから、今の良好と思われる自律神経のバランスを何とか維持できるように、注意して過ごしたいですね。
当てはまった数が「3~6個」の人

【注意】自律神経が乱れている可能性があります。

自律神経のバランスがやや乱れている可能性があります。

時々立ちくらみがしたり、何となく身体が重い日が多い、といったことはありませんか?ストレスのかかり方なども自律神経のバランスに大きく影響してきます。無理せずリラックスを心がけ、睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。
当てはまった数が「8個以上」の人

【要注意】自律神経が乱れている可能性が高いでしょう。

自律神経のバランスがすでに乱れている能性が高いと思われます。

更年期障害や、うつ病などでも自律神経失調の症状が出ることが知られていますので、心当たりがある方は婦人科や心療内科などを早目に受診するようにしましょう。今までのつらさが治療によって嘘のように楽になる可能性がありますよ。
一言アドバイス
いかがでしたか?

自律神経の乱れを防ぐためには、規則正しく、バランスのとれた食事や睡眠をとり、ストレスをためないことが大切となります。
チェックにあった症状に該当するものが多い方は一度、婦人科や心療内科などを受診されてみるとよいかもしれません。

「疲れているだけ」?女性に多いといわれる貧血について知っておくべきこと

貧血にもいろいろあります。貧血の種類とその原因

 女性に多いといわれる貧血。貧血はさまざまな原因によって、血液の赤血球やそれに含まれるヘモグロビン量が低下した状態のことをいいます。主な症状はだるさや疲れやすさ、めまいや立ちくらみ、動悸・息切れなど。他に、顔色や爪の色が白っぽく色が悪くなるのも貧血の症状です。

 一般的に「貧血」とまとめて表現することが多いですが、実は貧血にはいくつか種類があり、種類によって症状が異なることも。以下に貧血の種類とその原因をご紹介します。
.
●鉄欠乏性貧血
貧血の7割以上を占めているのがこの貧血です。体内の鉄不足によって、血中のヘモグロビンが十分合成できなくなります。

●再生不良性貧血
骨髄にある血液を作る細胞の機能が低下することにより、血液が作られなくなります。

●溶血性貧血
赤血球の寿命が短くなり、赤血球が破壊されてしまいます。

●巨赤芽球性貧血
ビタミンB12や葉酸が不足することにより、細胞分裂がうまくいかなくなります。赤血球になれないまま血球が大きくなって、壊れてしまいます。
.
最も多いといわれる貧血、鉄欠乏性貧血について

 貧血の中で最も多い、鉄欠乏性貧血。血液検査を行い、ヘモグロビンの基準値(女性)12g/dlを下回ると鉄欠乏性貧血と診断されます。

 鉄欠乏性貧血は、[1] 鉄の摂取不足、[2] 鉄の吸収低下、[3] 鉄の必要量の増加、[4]鉄の損失量の増加、により鉄が不足しヘモグロビンが十分に合成されません。女性は月経や妊娠・出産、ダイエットなどにより鉄が不足しがちです。

先で紹介したような症状があっても、「疲れているだけ」「体質」として病院を受診しない女性が多いといいます。貧血がひどくなると口角炎や舌炎、爪が反ってしまったり、飲み込みの障害が出ることもあります。
.
鉄欠乏性貧血にならないためにはセルフケアが大切

 鉄欠乏性貧血にならないためには、まず自分の鉄分の貯蓄が正常なのか不足なのかを知っておく必要があります。鉄欠乏状態から、いきなり貧血になるわけではありません。貧血は、体内の鉄分貯蓄の大半が枯渇した時、はじめて生じます。

 まずは体内の鉄分が不足していないかどうかを知る必要があります。検診などで採血結果を見る機会がある際は、ぜひ「MCV」という値に注目してみてください。こちらの数値が80前後以下になっている時には、鉄分不足の危険性があります。

そのような際には、サプリメントでもいいので鉄分を積極的に補給しましょう。食事で十分にとることができればいいのですが、鉄分が不足している場合、食事の工夫だけで十分な効果を出すことは、あまり簡単ではありません。ご自身の症状がよくわからない時には、かかりつけ医に相談することも、ひとつの方法です。

立ちくらみがあったら貧血?

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。

「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。

立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足

急に立ち上がった時、長時間立っていた時などに目の前が真っ暗になったり、一瞬意識を失ったり(失神)する「立ちくらみ」。これはいったいどのような状態なのでしょうか。

立ちくらみは、一時的に血圧が低下することによって脳が血流不足になることでおこります。体の中、特に脳を流れる血液はいつも安定した流れが保たれるように、自律神経がうまくコントロールしています。

そのため、普通であれば急に立ち上がった時でも脳の血流が急に減るようなことはありませんが、自律神経がうまく働かないと、起立した時に一瞬血圧が低下して「脳貧血」が起こります(起立性低血圧)。

痛みや精神的緊張、咳などをきっかけに起こることも

起立性低血圧は思春期にもよく認められ、普通は心配いりませんが、高齢者では転倒の原因となることもあり注意が必要です。中には薬剤や糖尿病などによる自律神経障害、脱水や出血が原因になっていることもあります。

また、痛みや精神的緊張などをきっかけに、自律神経の反射で血管が拡がったために血圧が下がり、「脳貧血」が起こる場合もあります(神経調節性失神)。強い痛みや、採血などの医療行為の際、また、ひどく緊張した時などに起こりやすく、咳や排尿・排便もきっかけになります。

多くの場合心配いりませんが、失神の中には心臓などに原因があり命にかかわるものもありますので、きちんと診断を受ける必要があります。

貧血は血液中の赤血球が少なくなる病気で「立ちくらみ」とは別

「よく立ちくらみをするのですが、貧血でしょうか」と言う人がいます。確かに貧血では脳貧血のような症状も起こりやすいため、誤解されやすいのでしょうが、立ちくらみがあったら貧血というわけではありません。

貧血とは、血液中の赤血球(正確には赤血球に含まれるヘモグロビン)が少なくなる病気で、体に十分酸素が運ばれなくなるため、むしろ,疲れやすさや息切れ・動悸などの症状を認めることが多いものです。また、ゆっくりと起こってきた貧血では体がその状態に慣れてしまっていて、かなり進行するまで症状が出ないこともあります。

貧血の原因は鉄不足以外にもさまざまな原因が

貧血の原因で最も多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄が不足して赤血球が作られなくなる鉄欠乏性貧血です。鉄以外でもビタミンB12や葉酸の不足で赤血球が作られなくなる場合や、再生不良性貧血や白血病などが原因で赤血球をはじめとする正常の血液細胞が十分作られなくなる場合もあります。まれですが、赤血球が血管の中で壊れてしまう溶血性貧血もあります。

鉄欠乏性貧血でも、鉄が不足している原因が問題です。慢性的な出血が原因となっていて、検査で消化管のがんからの出血が見つかることもあるのです。貧血イコール、サプリメントで鉄分を摂ればよいと安易に考えるのではなく、検査が必要と指摘されたら、きちんと診断を受けましょう。

【参考】
『医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解』

※Dr.アルなび 医師のアルバイト情報サイト
※Dr.転職なび 医師の転職情報サイト▽勤務時間のご希望がある方

息苦しさを感じたら、それは“スマホ巻き肩”かも!


もはや生活に欠かせなくなったスマートフォン。スマホを使用するときに肩が前に入り込んでネコ背になる姿勢を「スマホ巻き肩」と呼ぶが、この姿勢が体にさまざまな悪影響を与える可能性があることが分かってきた。

 一般的には、肩コリや首のコリ、自律神経の乱れなどの不調が知られている。しかし、20~50代の働く男女300名を対象にしたピップの「スマホとカラダの不調に関する調査」によると、スマホ使用時に息苦しさを感じ、呼吸が浅くなっている人も増えているという。

 そこで、浅い呼吸が体にどのような影響を及ぼすのか、呼吸器専門医である池袋大谷クリニックの大谷義夫先生に話を聞いた。
.
“浅い呼吸”が体に及ぼす影響とは?

 普段の生活の中で、呼吸を意識することはあまりないかもしれない。しかし、呼吸によって体内に十分な酸素を取り込むことは、健康を維持するために大きな役割を担っている。「酸素は、脳や心臓など、体内の重要な臓器が正常に働くために必須です」(大谷先生)

 呼吸は、肺を取り囲む横隔膜(呼吸筋のひとつで、肺のある胸腔と大腸や小腸がある腹腔をつなぐ筋肉)や肋間筋(肋骨の間にある筋肉)といった呼吸筋が肺を収縮・拡張することで行われている。

 しかし、「スマホ巻き肩(ネコ背)になると、胸部が圧迫されて呼吸筋の動きが阻害される。毎日何時間もスマホを使用し、スマホ巻き肩が常態化してしまうと、呼吸筋はどんどん衰えて肺年齢(呼吸機能の程度)も上がってしまう」と大谷先生は言う。

 実際に、33歳の男性を対象にスマホを使用しているときとそうでないときの肺活量と気道抵抗(気道の空気の通りづらさ)を測定し、肺年齢を比較したところ、通常の姿勢のときは肺年齢が18歳だが、スマホを使用しているときは41歳という結果になったという。「スマホ巻き肩が肺年齢を大幅に上げていることが分かりました」(大谷先生)

 「肺年齢の上昇とともに、肺活量は低下していきます。そうすると、体内に必要な酸素を取り込めなくなり、さまざまな不調が引き起こされる可能性が高まります」(大谷先生)

 たとえば、スマホ巻き肩による肩コリや首コリも、原因の根本は酸素量の低下であるケースがあるという。「酸素が足りないと、脳や心臓といった重要な臓器へ優先的に酸素が運ばれるため、肩や首の筋肉の血流が滞り、血液中から老廃物が排出されず、コリがなかなか解消されないのです」(大谷先生)

 そのほかにも懸念されるのが、慢性的な疲労感だ。「炭水化物などの栄養素をエネルギーに変換するために必要な酸素が足りないので、エネルギー生成がうまくできずに、疲れやすくなると考えられます」(大谷先生)

 また、脂肪を燃焼するには酸素が必要なので、酸素不足だと脂肪燃焼が阻害されてやせづらい体質になったり、横隔膜の動きが鈍くなって腸への刺激が減り、便秘になりやすくなったりすることもある。

 「人は1分間で約15回、1日で約2万回呼吸をしているといわれています。人生を80年と仮定すると、一生の内で約6億回も呼吸をしていることになります。一日だけ呼吸が浅くなっても、体にはそれほど影響がありませんが、スマホを使い続けることで浅い呼吸が日常化すれば、体はつねに酸素不足の状態になり、さまざまな不調が表れてくるのです」(大谷先生)


肺年齢をアップさせる、呼吸筋ストレッチ

 それでは、浅い呼吸はどのように改善すればよいのだろうか。まずは、スマホを使用中に息苦しさを感じたときは、いったんやめて姿勢を正すなど、日頃から姿勢に意識を向けることが大切だ。

 さらに大谷先生がすすめるのが、手軽に実践できる「呼吸筋ストレッチ体操」(引用元:独立行政法人環境再生保全機構 ※ホームページでPDFでのみ紹介。パンフレットの配布はしていない)だ。昭和大学医学部・本間生夫教授が慢性的に息苦しさを感じている人のために監修したストレッチで、呼吸筋の緊張を緩和して柔軟性を高めることで、正常な呼吸へと導いてくれる。

 ポイントは呼吸に合わせながら行うこと。ひとつの体操を5~10回ずつ、1日3回程度行うのが理想的だが、無理のない範囲で続けよう。

●■息を吐く呼吸筋のストレッチ

1.両手を頭の後ろで組み、ゆっくりと息を吸う。

2.ゆっくりと息を吐きながら両腕を上に伸ばし、かかとをつけたまま背伸びをする。

3.首を前に倒し、両腕を後ろへ引きながら、息を吐ききる。息を吐き切ったら1の姿勢に戻る。3がむずかしい場合は、1と2だけでもよい。

●■息を吸う背中と胸の呼吸筋のストレッチ

1.胸の前で両手を組み、ゆっくりと息を吸う。次に口からゆっくりと息を吐き出す。

2.息を吐ききったら、息を吸いながら両腕を前に伸ばし、背中を丸めていく。腰は曲げず、おへそをへこませるイメージで行う。

3.息を吸いながら十分に背中を丸めきったら、ゆっくりと息をはきながら、両腕と背中を1の姿勢に戻す。
.
姿勢改善をサポートしてくれるアイテム

 ストレッチがなかなか続かないという人におすすめなのが、身につけるだけで姿勢改善をサポートしてくれるインナーだ。「深い呼吸をするには、正しい姿勢を取ることが大切です。矯正ギブスのように強い力がかかるものでなければ、取り入れてみるのもいいでしょう」(大谷先生)。仕事中でも気にならない程度の補正力があるものを選んでみよう。

 スマホを使用しているときに、少しでも息苦しさを感じたら、スマホ巻き肩のサインだ。「コリの原因でもある血流を改善するために磁気治療器を使うなど、呼吸と姿勢を意識した生活を心がけてください」と大谷先生は話す。ストレッチやグッズを取り入れながら、上手にスマホと付き合っていこう。

お風呂からあがったらクラッ……立ちくらみに効果的なツボ「人中」って?

お風呂から上がった瞬間の立ちくらみ……。毎日起こるという女子大生もいるのではないでしょうか。実はそんな人おすすめのツボがあるんです。それがなんと鼻の下の真ん中のみぞ。簡単にできるその方法をご紹介致します。

■鼻の下のみぞを押すと……

立ちくらみが起こりやすいのは、低血圧や貧血気味の人です。女性は男性に比べてそういった人がもともと多いため、立ちくらみにもなりやすいのです。それだけではなく、バランスを司る耳の中の三半規管に何か不具合があるということもあります。

鼻の下のみぞを人さし指でグッと押すと、立ちくらみがよくなるという民間療法があります。はっきりした理由はわかりませんが、鼻と耳はつながっているため、バランス感覚に異常が生じているときに鼻の下を押すと効果が出るというのはたしかにありそうですよね。

■鼻の下のツボは痩せるツボでもある

鼻の下のみぞのツボのことを人中(じんちゅう)と呼び、痩せるツボの一つともされています。めまいのときにも言えることですが、内出血が起こるほど強く押しすぎると効果はありません。あくまで気持ちいい程度に押すことが大切です。このつぼ、痩せるツボとしても有名なんです。

ちなみに痩せるツボで代表的なものはもう一つあり、耳の前、もみあげ側にある小さな突起の少し上のくぼみあたりの飢点(きてん)です。人中も飢点も、食べる前に押すことで食欲抑制の働きがあるそうです。耳ツボダイエットと呼ばれるのはこの飢点も利用したダイエット法ですね。

■頭や顔のツボ・症状は複雑に連携している

ツボを押すと何かの症状に効果がある。これは西洋医学ではなく、東洋医学の範囲にあります。最近では西洋医学でも効果が認められている部分もありますが、まだまだ未知の分野です。

頭や顔には無数のツボがあり、また、めまいや立ちくらみ・耳鳴り・頭痛・鼻が詰まるといったいろいろな症状が起こる場所でもあります。これらは互いに複雑に関係していると考えられており、「立ちくらみには鼻の下を押す」というのもその一つだと思われます。

民間療法と聞くと「なんか怪しい」「効かないんじゃないの」と疑ってしまうかもしれませんが、ツボと聞くと何だか効きそうな気にもなりますよね。やってみると、自分にはとても合った民間療法ということもあるのでまずは一度試してみることです。女子大生のみなさん今度立ちくらみが起こったら、鼻の下を押して効果を確認してみてはいかがでしょうか?

専門医に聞け! Q&A 辛い耳鳴りと付き合う方法

 Q:40代の後半から慢性的に両方の耳に耳鳴りがあります。ほとんど感じないこともあるし、大きい場合も小さい場合もあります。原因となる特別な病気もないので、心配はしていません。上手につき合う方法があれば教えてください。(52歳・コンビニ店経営)

 A:耳鳴りには、メニエール病など原因となる病気がある場合もありますが、特定の病気がないのに慢性的に耳鳴りを抱えている人はたくさんいます。

 原因として加齢やストレス、疲労が関係していると考えられていますが、はっきりとはわかっていません。

 ご質問の方は、そのときどきによって耳鳴りの程度は違うとのことですが、そういうものなのです。ご自分でも認識されていると思われますが、それは精神面も含めて体調を反映しています。

 耳は外界の音を聞く器官です。私たちには五感が備わっています。五感は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を指しますが、五感以外の感覚もあります。人間の感覚全体を指して五感という場合もあります。

 耳は外界の音を聞くだけではなく、自分の体の中の響きも聞きます。耳は骨伝導という仕組みがあるし、耳鳴りは体の中の音を聞いている場合もあるのです。

●五感のセンサーを高める
 このことは、味覚を例にするとわかりやすいでしょう。味覚は、食べ物そのものの味を感じるのではなく、体調による反応性としての味です。

 このように五感は体調を反映しているわけです。ですから、耳鳴りとうまくつき合うためには、五感が正常に働くようにすればよいわけです。

 五感を整えるには、体調をよくすることが基本ですから、食事、運動、睡眠など生活面を改善しましょう。

 私たちの体には準静電界というセンサーがあります。見えないけれど、気配を感じるのも準静電界によります。そのセンサーの重要な因子が耳なのです。

 準静電界のセンサーを正常に機能させるためには、鍼灸やマッサージが役立ちます。マッサージは、自分で行うのではなく、他人に施してもらい、タッチしてもらうことが大事です。また、ブレスレットやペンダントを身に着ける方法もあります。

 準静電界のセンサーを高めていけば、耳鳴りとうまく折り合っていけます。なお、付け加えておきますと、耳鳴りに効果的な漢方に「釣藤散」があります。

岡田研吉氏(研医会診療所漢方科医師)
東邦大学医学部卒。ドイツ留学中に東洋医学に関心を持ち、帰国後、国立東静病院で漢方を学ぶ。独自の漢方処方で生活習慣病等に成果を上げている。著書『さらさら血液が長生きの秘訣』など多数。

悪性腫瘍が潜んでいる可能性もある貧血


栄養不足のはずはないのに…

 かつては、学校健診などでの診察のときに、必ず眼瞼結膜(アカンベーをして赤く見える下まぶたの内側)を診ることになっていました。ここが白っぽいと貧血を疑い、回虫などの寄生虫の存在を推測したものでした。

 現在は全国的に下水道が完備され、回虫を飼っている子供はほとんどいなくなりました。それにもかかわらず最近も、学校健診ばかりでなく職場や地域の健診でも貧血を疑う人に時々遭遇します。

 今の日本では、食料は輸入に頼っている部分が多いとはいえ十分供給されており、飢えによる栄養不足は考えにくいと思われます。

しかし、健常人を対象とした職場の健康診断でも、女性では2~3%の要治療の貧血(ヘモグロビンが10g/dl以下)が見つかるようです。

 もちろん妊娠中や子宮筋腫があると貧血になりやすいので、男性より女性の方が貧血が多いのは確かです。でも最近の美意識の変化から、痩せていることイコール美しいということになっていて、これが一因になっているようです。

決して太っていない人ですら痩せなくちぁとダイエットに励む傾向があり、栄養摂取不足から貧血につながっているケースが実に多いのです。
.
ダイエットのしすぎによる貧血

 23歳のJちゃんは、大学時代はラクロスで元気に活躍していました。商社に就職して半年後のクラス会で、友人から「最近少しふっくらしたみたい」と言われたのが気になり、ダイエットをする決心をしました。

 本人はあまり極端なダイエットをしたつもりではなかったのですが、体重は4キロ減り大成功と喜んでいました。

ところが翌年春の定期健康診断で、入社時の雇い入れ健康診断のデータよりヘモグロビン濃度が減少していることが判明。担当保健師から連絡が入り、諸検査の結果、ダイエットのしすぎによる貧血らしいとの結論になりました。

 若い女性は太ることには非常に神経質で、標準体重より少なめであることを理想にする傾向があります。

これはファッション業界が痩せ型体型を美しいと考えるようにリードしてしまったこともあるようで、なかなか正しい判断をしてもらうのは困難と思われます。

 Jちゃんは保健師と産業医の説明をよく理解し、食事制限より運動が大切と頭を切り替え、週2~3回退社後スポーツクラブでひと泳ぎする習慣をつけたところ、半年後には体重は増やさずに貧血は自然に回復させることに成功しました。

潰瘍や悪性腫瘍が潜んでいる可能性も

 企業内健康診断の強みは毎年のデータを保存してあることです。すべての数値を時系列でみることができます。従って基準範囲内の結果であっても年々悪化しつつあるのか、不変なのかを見極めることができます。

基準範囲を明らかに下回ってから異常と判定するのではなく、下回る傾向にあると思われる時点でチェックできるのです。

 中年過ぎの年齢の人の場合は、意味なく理由なく貧血傾向が発見された時は特に細心の注意で検査をすすめる必要があります。本人が気づいていない悪性腫瘍が潜んでいる可能性を否定できません。

 例えば、日本人に多い胃十二指腸潰瘍や消化管の悪性腫瘍(特に胃がん、大腸がん)は長期にわたり少しずつ出血していることがあり、貧血になりやすい傾向があります。

 また、全身どこを調べても悪性腫瘍が発見されなかった場合の貧血原因は痔であることが多いようです。痔も毎日少しずつ出血しますので、例えトイレットペーパーに少量つく程度の出血でも、1年も続くと結構な量になります。n

検査データ上では立派な貧血と診断できる値になっていることもまれではありません。また女性では、子宮筋腫や更年期前の生理不順が原因のこともあります。
.
貧血の原因はさまざま

 血液は骨髄で作られています。つまり骨の内部が血液の生産工場になっています。骨は身体の姿勢や体型を保つだけの構造ではないのです。

 貧血の成り立ちを血液の生産工場の視点で考えてみると、まず原料の供給が十分かどうかです。工場の生産能力が完全であっても原料が足りないようでは生産不足になってしまいます。

次に工場の生産能力の低下があると、原料の供給が十分でもいい製品を出荷できなくなります。ほとんどが骨髄そのものの病気で、放射線や抗がん剤の影響のこともあります。

 原料の供給も工場の能力も完全でも、貧血になっている場合があります。これは工場の生産能力を上回る消費があるときで、生産が間に合わない状態の場合です。

原料不足は食事栄養の片寄りにより鉄分の不足が主な原因です。また過剰消費は出血すなわち消化管の潰瘍性病変や悪性腫瘍、痔出血や子宮筋腫が原因になります。

 貧血の検査は検査機器の進歩で簡単にできるようになりました。

少量の血液を機械に入れるだけで、ヘモグロビン、赤血球数、白血球数、血小板数、ヘマトクリットなどが短時間で測定できます。また貧血の種類も計算値で自動的に出力されます。

右側の耳だけ耳鳴りが…。これは突発性難聴?どうしたらいいの?

働く女性の間でも多いという「突発性難聴」。その病気の概要や、症状が出た時にどうすればいいかについて、医師が24時間以内に答えてくれるQ&Aサイト「カラダメディカ」で活躍中の現役医師に、日経ウーマンオンラインのために特別にアドバイスをしてもらった。

Q 1週間前から、右側だけ耳鳴りがする

 1週間前、朝目覚めると、右耳だけゴォーッと耳鳴りがして、強風の中にいるような感じがしました。とはいえ、痛さがあるわけではなく、たいしたことはないだろうと放置していたのですが、1週間経った今も同じ状態が続いています。

会社の先輩に話したところ「突発性難聴」ではないかとのこと。どんな病気でしょうか? すぐに病院に行ったほうがいいのでしょうか。治療法も含め、お教えください。

A 早期診断、早期治療が重要な疾患! 一刻も早く耳鼻科を受診しましょう

 急に今まで経験されたことのない症状が起こり、とても心配されていることと思います。

 突発性難聴は、ある日突然、片方の耳が聞こえなくなっていたり、つまる感じがしたり、耳鳴りを感じたり、めまいが起こったりする病気です。

発症にはストレスや疲労の蓄積などが関与していると考えられていますが、はっきりとした原因は特定されていません。

 突発性難聴には聴力の低下している音域によっていくつかの種類がありますが、最近は、低い音域だけが聞こえにくくなる「低音難聴」に悩む患者が20~30代の若い女性を中心に増加傾向にあり、注目されつつあります。
.
 突発性難聴の診断は、症状、身体所見、聴力検査、MRI検査、血液検査などから、総合して行われます。この際、似たような症状を起こすメニエール病と鑑別することも重要となってきます。

 本症の治療は,入院治療による副腎皮質ステロイドの全身投与が中心となります。ステロイド以外にATP製剤、ビタミンB12、プロスタグランジン製剤、高圧酸素療法なども併用されることもあります。

 本症の難聴は早めに治療を開始すれば予後は良好です。ただし、難聴が高度の場合(全く聞こえない場合)、めまいを伴う場合は予後不良です。

さらに、発症から治療開始まで2週間以上を経過したケースでも、改善の見込みはかなり厳しくなります。したがって,できるだけ早く耳鼻科を受診することが重要です。

 質問者さんの場合、ある日、目を覚ますと片側の耳が聞こえにくくなっていたということから、突発性難聴の可能性は高いと思います。

 繰り返しになりますが、早期診断、早期治療が重要な疾患ですので、怖がらずに一刻も早く耳鼻科を受診してください。

回答してくれた人=「カラダメディカ」吉良信彦先生

めまい、耳鳴りを招く「顎関節症」 楽器の長時間練習に要注意

「吹奏楽部の強豪校で、熱い学園生活を過ごしてもらいたい」――。中学・高校の受験シーズンを終え、わが子の新生活に思いを馳せる人も多いのではないか。しかし、中高生の吹奏楽部員は練習のし過ぎには注意が必要だ。

顎を壊し、将来めまいや耳鳴りなどに悩まされかねない。

 全国でも有数の吹奏楽激戦区といわれる兵庫県。名門中学の吹奏楽部に所属する女生徒が顎の痛みを訴え、兵庫医科大学の顎関節症外来を訪れたのは数年前のことだ。

「口を大きく開けようとすると痛い、というのです。担当はクラリネット。診ると典型的な顎関節症でした」(兵庫医科大学歯科口腔外科学講座の本田公亮教授)

 顎関節症とは顎の関節の異常により「顎が痛い」「顎が鳴る」「口が開きにくい」などを主な症状とする包括的疾患のこと。顎関節症により咀嚼筋の過度な緊張や顎関節の異常が起き、三叉神経が刺激され、めまいや耳鳴り、痛みなどが出る場合もある。

「幸いこの女子中学生は練習を休むことで良くなりましたが、他にも部活で管楽器を演奏している中学生が顎関節症状を訴えて当科を受診し、その数が大学生や高校生に比べて特に多いことに気づきました。

そこで神戸市内の中学の吹奏楽部で、ほぼ毎日練習している4校を1年間調べたのです」(本田教授)

 その結果、驚くべきことが判明した。管楽器演奏者184人のうち、34.8%に当たる64人が顎関節症だったのだ。

「顎関節症の一般的な有病率は5~12%。明らかに吹奏楽部部員の有病率は高い。

そこで詳しく調べてみると、トランペットやトロンボーン、クラリネットなど、息の吹き込み口の小さい楽器演奏者ほど多く、女生徒の占める顎関節症の割合は男生徒の倍近い数字になっていました」(本田教授)

 当然のことだが、練習時間が長ければ長いほど顎関節症のリスクは高くなる。

「4校のうち1校は日曜日に練習を休んでいましたが、他の3校は正月など特別な日を除いて基本的に毎日練習していました。練習時間で調べると、1日8時間を超えると有病率が跳ね上がることがわかりました」(本田教授)

■有病率が高いのは木管楽器

 気になるのは、どんな楽器が顎関節症になりやすいかだ。

「今回の調査ではリードありの木管楽器の有病率が最も高く、次いでリードなしの木管楽器、マウスピースの小さい金管楽器、マウスピースの大きい金管楽器という順でした」(本田教授)

 千葉県のオーケストラに所属する管楽器奏者を調べた別の調査では、最も多かったのはダブルリードのオーボエ、ファゴットなど。

次いで、クラリネット、サクソホンなどのマウスピースに1枚のリードを取り付ける楽器、カップ型のマウスピースを使うトランペット、ホルン、トロンボーン、チューバなど。比較的少なかったのはフルート、ピッコロなどだった。

 なぜ、管楽器を演奏する若い女性に顎関節症が多いのか?

「口の周辺で楽器を固定する構えが筋肉の負担を大きくし、顎関節症につながると考えられます。普通の練習時間で発症した顎関節症なら練習をやめれば自然と治ります。

しかし、長時間のハードな練習で発症した顎関節症は顎の形が変わったり、顎のちょうつがいとなる場所でクッションの働きをする関節円板がすり減ったり、穴が開いたりして治らなくなる。周囲の大人は注意すべきです」(本田教授)

 吹奏楽部の長時間練習は修練だなんて許しておくと、わが子の顎が壊れ、将来にわたり嘆くことにもなりかねない。

温泉で疲れてしまう原因はコレ!疲れを癒す入浴法とは…

休養の代表格である入浴。疲れをとる働きがある入浴でも、入浴の仕方によって疲労してしまうことがあるのです。温泉などに行って、たくさん入浴をして疲れを癒してきたつもりが、逆に疲れてしまったということないですか?

また、「さら湯は命の危険も!? “一番風呂”を避けるべき本当の理由」では、“一番風呂”など入浴法によっては、美容に悪影響、場合によっては命の危険もあることもお伝えしました。

しかし、身体の疲れを癒すはずの“入浴”が、逆効果になってしまってはもったいないですよね。

そこで今回は、温泉で身体が疲れてしまう原因、正しい入浴法、本来の入浴の健康作用についてお伝えしていきます。

■温泉旅行で身体が疲れてしまう原因

入浴は意外と体力が消耗されるのです。1日に何度も入浴したりすると、体がだるくなったり、頭痛がおこることもあるのです。入浴による疲労は、体内で消費される酸素の量で測定されるのですが、38~39℃、40℃、42~43℃と温度が高くなるにつれ、酸素消費量が増え、疲れてしまうのです。少し汗ばむ程度の入浴がお勧めなのです。

では、お風呂には身体に対して様々な作用をしているのでしょうか?

■入浴の3つの健康作用

(1)温熱作用

身体を温める働き。お湯に浸かることで身体が温められて血管が拡張し血流が良くなります。そのことで、身体にたまった疲労物質や老廃物の排出を助けます。また筋肉は温められることによってより柔軟性が増し、疲労などで感じる筋肉の張りなどがほぐれます。

(2)水圧効果

身体にかかる水の圧力の働き。お風呂では水面からの深さに応じて水圧が加わります。この圧力は体の表面だけでなく、皮下の血管など全身にかかってきます。足への水圧はポンプ作用としてたまった血液を心臓に戻すことを助けるため、血液循環が良くなります。

また腹部にかかる水圧は、身体の中心部にある横隔膜を押し上げるため呼吸回数が自然と増え、心肺機能が高まります。心臓が弱い方は半身浴にすることで、水圧による心臓への負担が軽減されます。

(3)浮力作用

体重が軽くなる働き。水中では浮力が働くため、身体が軽くなり、体重は普段の約10分の1になります。そのため、普段体重を支えている筋肉や関節は重力によるストレスから開放されて負担が少なくなります。

痛みがあるところも水中では動かしやすく、水圧による少しの抵抗でもトレーニングとしての効果が期待出来ます。

最近は、湯船には浸からないという方も多いのですが、お湯に浸かることはシャワーでは得られないさまざまな効果があるのです。忙しいからといって、シャワーだけで済まさずに、その時の体調に合わせ、湯船で休養をとるのが良いですね。

【身近に潜む危険】

※ 危険!電子レンジで絶対にチンしちゃいけない食べ物5つ
※ さら湯は命の危険も!? 「一番風呂」を避けるべき本当の理由
※ 疲れを癒す「あの食べ物」が身体を老けさせることが判明
※ 騙されないで!急増中の「ネット詐欺」驚くべき手口4つ
※ 死に至る危険も…「こたつ寝」で起こる恐ろしい症状5個

【参考】
※ 健康検定協会(2011)『食と健康のホントがみえる栄養学』(誠文堂新光社)


耳鼻科だけでは防げないシグナル 意識障害・脳梗塞を引き起こす「目まい」の危険(2)

さて、一般的に言われる「目まい」は季節の変わり目などに起きやすいとされ、最近は30~40代の比較的若い人にも多く起きる傾向にあるという。

 「ちょっと疲れた」「寝不足かなぁ」と思いながら、普通の生活を続けているうちに症状が収まってしまうケースがある。そうなると、頭痛や吐き気、布団から起き出せないなど具体的な異変が起きない限り、医療機関を受診する気にならない。

 しかし目まいは、いったん収まっても再び起きる。「たかが目まい」と侮っていると、それが常態化し、異様な症状へと移行していくことあがある。

 昭和大学循環器内科の担当医はこう説明する。

 「目まいの原因はいろいろありますが、急に寒くなったり季節の変わり目に起きやすいのは、脳への血流減少に関わるものです。首から脳幹、小脳、耳の奥の内耳へは、血流を送る『椎骨脳底動脈』が通っており、何かしらの原因でわずかに血流が滞るだけで平均感覚を失い、目まいに結びつきます。

人によっては“貧血”と間違えることもあるようですが、とにかく何度も繰り返すうちに発症頻度が高くなる傾向があるので、我慢は禁物。椎骨脳底動脈の血流が原因であれば身体を休めることで症状は収りますが、週に2、3回起きるようなら医療機関を受診すべきです」

 目まいが起こったら、まずは身体を休める(横になる)こと。ハードな仕事も避け、十分な睡眠、栄養バランスの良い食事を摂るように努め、健康に気遣うことが何よりも大事だ。それでも週に2回以上目まいを繰り返すなら医療機関へ、ということである。

 専門家によれば、狭まった血管を広げて血流を正常に戻す「抗目まい薬」を服用すると、症状を抑えるだけでなく再発防止にもなるという。初期段階なら1カ月程度の服用で効果が期待できるようだ。

 では、「なぜ起きるか」の原因について、もう少し専門家の説明を紹介する。

 「目まいを起こす耳の病気」というものがある。原因はいろいろあるが、大きく分けて二つある。一つは、目まいと同時に耳鳴りが起きて耳が聴こえにくくなるタイプ。これは「突発性難聴」や「メニエール症候群」などが代表的だ。

 二つめは、目まいだけが起こり、聴力には問題ないタイプで、「良性発作性頭位性目まい」「前庭神経炎」などだ。これら耳の異常による目まいは、原因がどれであれ、ほとんどが「回転性目まい」で突然始まる。

 回転性目まいで、病院に行くと血圧が「190/100 mg Hgぐらいある」などと血圧が異常に高い事を告げられるはずだ。

医師によっては降圧剤の服用を薦める場合があるが、血圧を下げても目まいはなくならない。血圧が高いから起きたのではなく、「目まいが起きて驚いてしまい、結果的に血圧が上がっているだけ」(専門医)なのだという。

 また、回転性目まいは頭部をある方向に向けていると起きるが、別な方向に向けるとまず起きない。同じように頭部を急に動かすと目まいがするが、ゆっくり動かせば起きにくいとされる。

 「このタイプの目まいに慣れて、ある人は起こりにくい方向を向いて横たわり、動くときは用心深くゆっくり動くようにしています。そうすれば回避することができます」(専門家)

 いずれにしても、軽い症状だと思って「目まい」を放置していると、想像もできない部位から危険な兆候を発症する場合もあるということを認識すべきだ。

耳鼻科だけでは防げないシグナル 意識障害・脳梗塞を引き起こす「目まい」の危険(1)

確かにメニエール病の患者数は多い。国の「難病指定」を受け、人によっては「死にたくなる」という言葉が出るほど、辛い目まいが何度も繰り返される。

 「目まいそのものも軽視できない症状ですが、メニエール病だけを見ても難病といわれるだけに、なぜ内耳にリンパ液が過剰に溜まるかなど、まだ原因がはっきりと解明されていない部分があります。

従って治療法もいろいろ試みられていますが、決定打になるところまで至っていないのが実情。

目まい症は耳鼻科疾患が大半ですが、中には突然の“回転性目まい”や“ふらふら”感が起こった患者に手足の麻痺や呂律が回らないなどの意識障害、脳の障害の症状が起きるなど、要因は奥の深い部分があり、怖い病気です」(専門家)

 大阪の国立循環器病研究センターで「目まい」に関する調査をしている。突然の「目まい」に襲われ緊急入院した患者100人のうち、耳鳴り、難聴、吐き気やおう吐があった人を詳しく検査したところ、80%が耳鼻科の病気だった。

しかし、残りの12%の患者から耳鼻科とは関係のない大脳などのCTやMRIの拡散強調画像で検査した結果、脳梗塞が見つかったと報告されている。

 検査に当たった同センターの関係者はこう説明している。

 「この検査の段階で検出された脳梗塞は非常に小さいもので、CT検査のみでは発見は難しく、MRIで初めて見つかるのです。症状も、目まいしか出ないので大事に至らない場合がほとんどで、見逃されるケースが少なくありません。

しかし、安心していいわけではありません。後日の再検査で意識障害や手足の麻痺を伴う重症の脳卒中が見つかった例もあるので要注意。身体に異変を感じたらすぐに専門医を受診してほしいですね」

 一例を紹介してみよう。

 神奈川県内に住む55歳の男性は、最初は回転性目まいを発症。翌日、左耳が聴こえにくい状態になったため、近くの耳鼻科医院に行くと「突発性難聴」と診断された。

その日は自宅で様子を見ていたところ、3日後の朝、突然意識を失って倒れ、総合病院に救急搬送された。

男性の入院時は、意識障害のほか、手足の麻痺やさまざまな脳の症状が見られ、CT検査では小脳、脳幹など広い範囲にわたり脳梗塞が起きていることがわかったという。

 男性は「まさか目まいから脳梗塞が見つかるなんて想像もできなかった。

幸い早期の発見で深刻な状態は避けられましたが、怖いですね」と語り、現在は元気になり、医師のアドバイスを受けながら生活習慣の改善に取り組んでいるそうである。

働き盛りの「立ちくらみ」と意外?な治療法

突然クラッとする立ちくらみ。気にとめないで放置していると、大腸がんや突然死につながることもあるというショックな情報が、2月4日(水)放送『ためしてガッテン』で紹介されていました。

とりわけ、働き盛りの人たちに増えている「失神性たちくらみ」は、ストレスから起こり、原因がわからず密かに悩んでいる人も多いそうです。簡単な治療法で改善するので、予防に努めましょう。

◆働き盛りの「立ちくらみ」
「顔を動かすと、スイッチが切れた感じで倒れた」と経験者は語ります。貧血でも心臓に異常をもっているわけでもないごくごく健康な人が、突然なってしまうのが「失神性立ちくらみ」です。40~60代の働き盛りの世代に多く見られます。

周囲の人たちに解かってもらえないようで、「疲れてない?」「飲みすぎ!」「寝不足?」などと、まともに相手にしてもらえず、本人が密かに悩んでいる場合も多いそうです。

番組調査によると、休職・退職に至ったのが19%、転職は29%に上るとのことです。

◆血管迷走神経性失神
失神性立ちくらみは、医学的には「血管迷走神経性失神」と呼ばれます。

ストレスが原因で、迷走神経が交感神経の働きを妨害し、立った時に脳にまで血流が十分に行き渡らず、脳の酸素不足をきたして、立ちくらみから失神に至る、というのが症状です。

交感神経は自律神経の一つですが、活動に関しては、自動車のアクセルのような機能を果たします。

血流の場合、血管を収縮させ、血液の流れを速くし、ヘモグロビンが酸素を全身に供給します。これによって、立っていても身体の最上部にある脳にまで、血液を行き渡らせることができます。

ところが、「失神性立ちくらみ」の場合は、迷走神経が影響しています。脳神経は全部で12対ありますが、第X脳神経を「迷走神経」と呼んでいます。

迷走神経にはさまざまな働きがありますが、失神性立ちくらみでは、交感神経の働きを阻害するように作用します。

つまり、交感神経が血管を収縮するのに対して、反対に、血管を広げるように作用してしまうのです。この結果、脳の酸素不足が生じ、立ちくらみや失神に至ってしまいます。

◆意外?な治療法
「クラッとしたら壁を見ろ!」それが番組内で使われていた対処法の合言葉です。

最近注目されている失神性立ちくらみの治療法は、経験者によると、「あれは何だったの?」「正直、不思議です」というほど効果があり、産業医科大学、安部治彦教授が推進しています。

壁に寄りかかって立つだけで完治できる方法
1.頭からお尻までが壁にぴったりくっつくように立つ
2.足を少し前に出し、動かさないようにする
3.最初は立っていられる時間だけでOK。無理をしない。目標は30分立ち続けること。これを一日2回繰り返す。

早ければひと月ほどで効果が現れるそうです。安部教授によれば、これはあえて「失神を起こしやすい姿勢にして身体を慣れさせる」ことがねらいだそうです。治療であるとともに、トレーニングでもあるわけですね。

◆ストレスマネジメントを!
失神性立ちくらみは、動いていない状態が続いている時に起こりやすいもの。ずっとデスクに張り付いているなどは典型です。ストレスが主な原因とされていますので、運動をしてストレス発散を心がけるなどすると、予防にもなるでしょう。

座波 朝香(ざは あさか)
助産師・保健師・看護師
株式会社とらうべ社員。前職は大手病院産婦人科。育児相談や妊婦・産婦指導に活躍

スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事