1

【がんに打ち克つレシピ】米酢と野菜がポイント 「ベジバッテラ」

 ひな祭りが近いということでベジバッテラに挑戦してみましょう! しめサバの押しすし・バッテラのベジタブルバージョンです。

 まずポイントは、酢飯の米酢。厳選された原料と菌で時間をかけて醸造された本物の発酵食品を選びたいところ。米だけの純米酢がお勧めです。

 米酢には一般的に知られる防腐殺菌作用のほかに、疲労回復効果、食欲増進効果、美肌効果などなど、とても高い機能性があります。また発酵食品独特のコクと酸味のもとは「酢酸菌」と呼ばれ、非常に高い殺菌力で食中毒の原因となる大腸菌や悪玉コレステロールを減少してくれます。そして米酢に含まれるクエン酸は身体がさびるのを防ぐ抗酸化効果によるがん予防が期待されます。

 ポイントのふたつめは“ベジ”。今回の具材の主役は、アボカドとひじきです。アボカドは「世界一栄養価の高い果物」といわれるスーパーフード。ビタミンEをはじめとするビタミン群とカリウム、マグネシウムといったミネラル群が豊富。そして、ひじきは食物繊維、カルシウムなどをたっぷり含んでいます。

 ケーキのような見た目ながら超時短の一品。おもてなしにいかが?

 【材料】2人分
 アボカド 1/2個
 レモン汁 小さじ1
 とろろ昆布 5g
 大葉 5枚
 わさびしょうゆ 小さじ1と1/2
 (酢飯)
 炊いたご飯 1.5合分
 ひじき 2g
 白ごま 小さじ1
 [A]米酢 45cc
    てん菜糖(砂糖) 大さじ1/2
    塩 小さじ1/2

 【作り方】
 1 [A]を混ぜ、炊いたご飯に振り、切るように混ぜながら冷まし、水で戻したひじきと白ごまを加え、酢飯の完成。
 2 アボカドは5ミリに切り、レモン汁をかける。
 3 型にラップを敷き、2を重ねて並べ、その上にとろろ昆布を敷き、わさびしょうゆを振る。1を2センチ敷き詰めて大葉を均等に敷き、さらに1を敷き、固める。ラップを引っ張りながら、ひっくり返して皿に盛る。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

【がんに打ち克つレシピ】旬食材の春菊とリンゴを「白あえ」に 高い栄養価に整腸作用も

春のような暖かさだなと思えば、翌朝には肌にビシバシと突き刺さる寒気が。まるでジェットコースターのように上下するこの季節の気候の変化。体調管理が難しいです。そんな疲弊しがちな身体に元気のバリアを張る一品をご紹介します。旬食材をたっぷりとおいしく摂取できるため、ラウラウキッチンスタジオの生徒さんたちにも人気の「白あえ」です。

 白あえとは、季節の野菜や果物をゴマと豆腐の衣であえたもの。“がんに打ち克つ”ためには旬野菜をしっかり取ることが大事ですから、今回は春菊とリンゴをメーンにしてみました。

 豊富な食物繊維とビタミンCを含む春菊は、肌荒れの改善に効果的だといわれています。また、この季節の春菊は、特に茎や葉が柔らかく、香りが強いのが特徴です。独特の香りの強さが自律神経に作用することで、腸内環境を整え、がんや高血圧などへの効果も期待されているのです。

 リンゴもまた整腸作用に働きかける食材として有名。さらに、100種類以上のポリフェノールが含まれているので、高い抗酸化作用にも注目が集まっています。皮の部分にはタンニン、ペクチンといった食物繊維が多く含まれており、これらは抗がん作用成分として知られる栄養素です。

 春菊&リンゴの高い栄養価に、ひじき、ゴマ、豆腐の健康成分を盛り込んだ白あえで、免疫力を強化していきましょう。

 【材料】2人分
 絹ごし豆腐 100g
 春菊 90g
 りんご 1/2個
 芽ひじき 5g
 [A]白練りごま 小さじ2
    きび砂糖 小さじ2
    薄口しょうゆ 小さじ1
    塩  小さじ1/8

 【作り方】
 1 絹ごし豆腐をクッキングペーパーで包み水切りしてから潰す。
 2 春菊は4cmに切りそろえ、さっとゆでて水気をしっかり絞る。りんごはひと口大の薄切りに。芽ひじきは水で戻す。
 3 1に[A]を加え、よく混ぜてから2を加え、あえる。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。]

【がんに打ち克つレシピ】イチゴのカプレーゼ ビタミンC、アントシアニンなど高い栄養価

毎年この季節になると、子供たちがとっても楽しみにしている“おいしいイベント”があります。シーズン真っただ中のイチゴ狩りです! 私の住む静岡県は全国有数のイチゴの産地として知られ、「章姫(あきひめ)」や「紅ほっぺ」といったブランドは全国区の人気を誇っています。

 ここでちょっと豆知識。イチゴ狩りに出掛けるなら、晴れの日が続いた直後が狙い目。活発な光合成を繰り返しているので、甘みとコクが一層プラスされます。

 ということで今回は、イチゴをふんだんに使った「切って盛り付けるだけ」の簡単ディッシュ。豊富なビタミンCをはじめ、腸内の乳酸菌を増加させるペクチン、発がん性物質を抑制するアントシアニンと呼ばれるポリフェノールなど、イチゴの持つ高い栄養価をシンプルに吸収できます。

 もうひとつ、メーン食材に選んだのがブロッコリースプラウト。ブロッコリーの新芽のことで、カイワレ大根のような見た目が特徴です。現在、世界中で「次世代のスーパーフード」として注目されており、日本のスーパーなどでも頻繁に見かけるようになりました。しかも安いんです。

 強力な抗酸化作用があり、がんの予防につながる自己免疫力アップの効果が期待されています。

 旬のイチゴに世界が注目するスプラウトを組み合わせたディッシュ。こよいの食卓の名脇役に活用してみてください!

 【材料】2人分
 イチゴ 10個
 スプラウト 50g
 モッツァレラチーズ 100g
 [A]アマニ油 大さじ1
    レモン汁 大さじ1
    塩 適量
    ブラックペッパー 適量

 【作り方】
 1 イチゴは縦半分に、モッツァレラチーズは7mm半月型に切る。イチゴにモッツァレラチーズをサンドし、スプラウトを添え盛り付ける。
 2 1に[A]をそれぞれふりかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

【がんに打ち克つレシピ」鶏肉レモン煮 レモンの皮は抗がん剤以上の効能!?

意外と知られていませんが、実はレモンの旬は冬なんです。わが家のレモンの木は、秋から収穫を楽しんでいます。今回は旬をいただくレモン丸ごと摂取のレシピです。

 レモンに含まれる成分の代表格と言えば、クエン酸とビタミンC。ともに疲労回復や免疫力向上、抗酸化作用などの効果が期待されます。驚くのは、「中身より皮に栄養素が多い」こと。ビタミンCでいうと約5~10倍多く含まれています。

 さらに近年では、皮に含まれる強力な殺菌作用が注目されており、一説によると「抗がん剤などの化学療法より1万倍もがん細胞を死滅させる作用がある」との報告も。これには期待せずにいられません。

 ちなみに、鶏肉と組み合わせたことには理由があります。鶏肉には人体のあらゆる臓器を構成するタンパク質の一種のコラーゲンが多く含まれているのです が、このコラーゲンは水に溶けやすい性質を持ちます。しかし、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が大幅にアップします。鶏の空揚げなどにレモン汁をかけるのは理にかなっているわけですね。

 こよいは身体に旬のエネルギーを注入しましょう! 風邪の予防にもぴったりですよ。

【材料】2人分
手羽元 200g(4本)
レモン 1個
黒オリーブ 8個
オリーブオイル 適量
白ワイン 大さじ4
はちみつ 大さじ1
薄力粉 小さじ1
塩 小さじ1/8
コショウ 適量

【作り方】
1 手羽元に塩をぬり、薄力粉をまぶす。
2 レモンは1/2を絞り汁にし、1/2は輪切りスライスにする。
3 フライパンにオリーブオイルを入れ、1を入れ中火で両面焼く。
4 3へ白ワイン、はちみつ、レモン輪切りを加え、蓋をして中火5分蒸し焼きする。
5 レモン汁、黒オリーブを入れ、塩、コショウで味を整える。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

【がんに打ち克つレシピ】サバよりDHA、EPAが豊富! 「焼きサゴシ山椒ソース添え」

 そろそろあるかなと鮮魚コーナーへ。お目当ては鰆(サワラ)です。鰆は、魚へんに春と書く通り、春の訪れを告げる出世魚。残念ながらまだ入荷していませんでしたが、代わりに鰆より安価なサゴシ(鰆の幼魚)を見つけることができました。ということで、今回はサゴシの美味しく健康なレシピをご紹介します。

 鰆(サゴシも同様)は、「鰆の刺し身は皿までなめる」という言葉があるほど、良質な「魚の脂」が含まれています。それらの脂肪酸は、ご存じのDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれ、血栓の予防やがんの抑制に高い効果が期待されています。特に鰆に含まれるDHA、EPA量はサバよりも多いとされているんですよ。

 ただし注意したいのは「魚の脂」は酸化しやすく、溶け出しやすいため、干物や煮物でいただくよりも刺し身や焼き魚がお勧めということです。

 シンプルに塩焼きにすれば、あっさりクセのない中にほのかなうま味を感じられ、そこに特製山椒ソースを絡めれば、食欲にも健康にもプラスワンのおいしい一品に仕上がります。ぜひお試しください。

【材料】2人分
サゴシ 2切
クレソン 適量
[山椒ソース]
オリーブ油 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
塩 小さじ1/2
酢 小さじ1/2
粉山椒 小さじ1/2
にんにく(すりおろし) 1片
【作り方】
1 サゴシをグリルで焼く。
2 山椒ソースの材料を混ぜ合わせ、クレソンをあえて、1に添える。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

必見】人気ホテル&旅館が最大78%オフ 東京1泊5500円~京都1泊5200円~全国どこでも今直ぐチャック!

【がんに打ち克つレシピ】大腸がん予防に高い効果の黒酢、糖尿病や美容も注目 「ホッケのちらし寿司」

先日のことですが、夕飯に登場したほっけの塩焼きがあまってしまい「どうしたものか?」と頭を悩ませていました。次の日の子供のお弁当に活用したかったのですが、塩焼きをそのまま入れてしまっては見た目も衛生的にも芸がない…。そこで考えついたのがちらし寿司。ほっけの身をきれいにほぐしてちりばめることで、華やかなお弁当に仕上がりました。

 ポイントは酢飯に黒酢を使用したところです。健康長寿の味方として広く知られる黒酢は“がんに打ち克つ”食材としても優秀! アポトーシスという成分が、がん細胞の増殖を抑制し、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させると言われています。

 中でも大腸への働きかけに優れており、大腸がんの予防に高い効用、効果があるそうです。さらに、強い抗酸化作用があるため、皮膚がんや糖尿病、美容関連においても注目を浴びています。

 黒酢は、ちらし寿司以外にもさまざまな料理で活用できますので、積極的に取り入れていきましょう。

【材料】2人分
[すし飯]
炊いた白米 2合
黒酢 大さじ4
きび砂糖 大さじ2
塩 小さじ1/2
[具材]
ホッケ 1枚
菜の花 4本
卵 2個
きび砂糖 小さじ2
白ごま 小さじ1

【作り方】
1 器に黒酢、きび砂糖、塩を入れラップをし、レンジ500W30秒。炊き上がった白米に混ぜる。
2 菜の花はさっとゆで、1cmに切る。
3 フライパンを熱し、卵ときび砂糖を混ぜ煎り卵に。
4 魚焼きグリルで焼いたホッケは身をほぐす。
5 1の上に2、3、4を散らし、白ごまかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

【がんに打ち克つレシピ】カロテンの抗酸化作用でがんの発生や進行を抑える 「にんじんナッツラぺ」

ここ十数年、妻、母として家庭のことにかかりっきりで、「自分のために何かをする」ことがありませんでした。そんな折、ちょっとした縁でヨガを始めました。運動は良いですね。体と心が軽くなり、食事+運動の大切さが身にしみます。

 その思いを込めた今回のレシピは、健康と美容を意識しました。にんじんの栄養素と言えば、強力な発がん抑制効果のあるβカロテンやαカロテン。カロテンには抗酸化作用と呼ばれる活性酸素による細胞の損傷を防ぐ作用があるため、がんの発生や進行を抑えてくれる働きがあります。

 しかし、これらに含まれる酵素は熱を加えることで破壊されます。でもキャロットラペなら熱を加える必要がありませんし、栄養価の高い皮の部分も無理なく使って摂取することができます。

 がん治療に効果があるとして「にんじんジュース」が話題ですが、このキャロットラペも負けず劣らず優秀。加えるナッツ類にはビタミンEも豊富で老化防止効果もあります。

 酸味とにんじんの甘みの絶妙なハーモニーと心地よいナッツの食感を楽しみながら、がんへの抵抗力を高める身体作りをしていきましょう。タップリ作っても冷蔵庫で約1週間保存可能。便利です。

【材料】2人分
にんじん 200g
クルミ 30g
アーモンド 30g
パセリ 6g

[A]
アマニ油 大さじ2
白ワインビネガー 大さじ1
はちみつ 大さじ1
塩 小さじ1/4

【作り方】
1 にんじんはスライサーか包丁で千切り。クルミとアーモンドは粗く砕く。パセリはみじん切り。
2 [A]を合わせ、1と混ぜる。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

シャワーヘッドの中がカビだらけ?美髪のためにクリーニングしよう

シャワーヘッドの汚れはカビ?

シャワーヘッドの汚れには大きく分けて2種類あります。

・カビ
・水のミネラル成分の結晶

です。ミネラル成分の結晶というのは、お湯を沸かすポットの中や加湿器の中を見ると白くなっていることがありますよね?それと同じ原理で、水の中のカルシウムやマグネシウムがこびりついたものです。

この2つの汚れの掃除の仕方をご紹介いたします。

シャワーヘッドの掃除の仕方

シャワーヘッドは分解出来るものと出来ないものがあります。

ヘッド部分のネジを回したらすぐに取れるものは分解し、取れないものはそのまま掃除してください。

<カビの掃除>
シャワーヘッドが取れるものはジップロックにシャワーヘッドとヘッドが浸かるくらいの水を入れ、カビキラーを5回ほど噴射します。そのまま1日つけおきし、使わない歯ブラシなどでヘッド部分の中をこすります。水ですすいで取り付けて完了です。
ヘッド部分が取れない場合は、洗面器にヘッド部分をつけ、同じくカビキラーを5回噴射し、1日つけおきし、水ですすいで完了です。

<ミネラル成分の結晶の掃除>
洗面器にぬるま湯を入れ、お酢100ccと重曹スプーン2杯程度を入れます。そこにヘッド部分を入れ1時間待ちます。その後スポンジや使わなくなった歯ブラシなどで擦ります。シャワーから水を出して、穴に詰まった汚れや重曹などを洗い流し完了です。

<注意>
カビキラーと酢は決して同じ時に使わないでください。有毒ガスが発生します。掃除の際は必ず換気扇を回しましょう。

ヘッド部分が取り外せるタイプは思い切って違うヘッドをつけるのもいいですよ。ビタミンCが入っているものや塩素除去してくれるもの、それに節水機能が付いているものもあります。

シャワーヘッドを綺麗にして美髪をキープしてくださいね。

便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは

■「腸内細菌」「腸内細菌叢」「腸内フローラ」ってどんな意味?
「腸内細菌」とは、動物やヒトの体内に棲んでいる細菌のこと。大腸内に500~1000種類、100億兆個が棲んでいるといわれています。菌のかたまりは「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれますが、花畑のようにも見えるため「腸内フローラ」と言われることもあります。

■腸内細菌は「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」が理想的
腸内細菌のうち身体に有用な菌を「善玉菌」、悪影響を及ぼす菌を「悪玉菌」と呼びます。善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをしており、このどちらか強いほうに味方する「日和見菌」という細菌も存在します。

腸内での理想的な割合は、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」だと言われています。この勢力争いで、善玉菌が優勢なときが「腸内環境が整っている」状態です。いかに日和見菌を善玉菌の味方につけるかが、腸内環境を整える鍵になるとも言われています。善玉菌の代表例は、ビフィズス菌や乳酸菌などで、ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品にも多く含まれています。

■便を調べれば腸内の健康状態を把握できる?
腸内は体内でありながら、外環境とつながっています。そのため、細菌が増殖するのに適した環境が整っているのです。腸内細菌はヒトの身体の一部ではありませんが、消化吸収に一役買っているだけではなく、腸内細菌叢が健康や病気と大きく関連していることが徐々に明らかになってきました。

昨今、腸内細菌叢を推測するために有用ではないかと考えられているのが「便」です。便1gあたりには1000億個の細菌が存在しています。そのため、便は大腸内の腸内細菌叢を分析するのに最も適しているのです。

■腸内環境が悪いと糖尿病に? 腸内細菌叢のバランスがポイント
腸内細菌叢のバランスがくずれると、便秘になりやすいことが知られています。便秘が続くと、大腸疾患である大腸がんや炎症性腸疾患にかかりやすくなってしまいます。最近では、大腸そのものの疾患だけでなく、自己免疫疾患や代謝疾患などの全身性疾患にもつながることが明らかになってきました。

例えば、日本人を対象とした研究では、「2型糖尿病患者は腸内細菌叢のバランスが崩れている人が多い」ということが証明されています。腸内細菌叢のバランスが崩れると、腸内でのみ生息しているはずの細菌が血液中に移行し、慢性的な炎症を起こしてしまうのです。その結果、糖尿病や肥満、メタボリックシンドローム、動脈硬化などにかかりやすくなります。

■ストレス解消や食生活が大切! 腸内環境を整える方法
腸内環境を整えるにはいくつかの方法があります。腸内環境は年齢やストレス、食生活などに大きく影響を受けています。年齢を変えることはできませんが、ストレスを溜めない生活をすることや食生活に気をつけることは、今すぐにでも実行できる方法です。

ストレス解消については、まず自分の好きなことをする時間を作ってみましょう。何をしてよいか分からない人は、普段の仕事でやらないこと、すなわち、デスクワークの多い人はスポーツなどで身体を動かすこと、体力仕事の多い人は読書などの静かな作業がおすすめです。食生活については、規則正しい時間に食事をする、極度の食事制限によるダイエットはしないといった一般的な「健康的な食事」と言われるスタイルを守ることが大切になります。

■腸内環境を整える、食生活の4つのポイント
上記に示した「健康的な食事」が大前提にはなりますが、日々の食生活の中で特に注意して摂取したい4つの食物についてもご紹介します。食物繊維や水分に関しては、多めに摂るように心がけると良いかもしれません。

●食物繊維
食物繊維は消化酵素で消化することができません。そのため、大腸にそのまま届き、便の材料・かさましになります。食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、水溶性食物繊維は水分を吸って膨らむため、便のかさましにもってこいです。食物繊維は植物性の食品に多く含まれていますので、野菜類や海藻類、きのこ類などを意識的に摂るようにしましょう。

●オリゴ糖
オリゴ糖は単糖というそれ以上消化できない糖類が、2~10個程度つながっている糖のことです。オリゴ糖にはさまざまな種類がありますが、消化酵素で消化できないものが多いため、消化されないまま腸に届いて善玉菌の餌になることから、善玉菌が活発になる手助けにもなります。大腸で善玉菌の餌にならなかったオリゴ糖は便のかさましになるため、便秘解消に効果があるとも言われています。オリゴ糖は大豆やゴボウ、ねぎ、玉ねぎ、アスパラガス、バナナなどの食品に多く含まれています。便秘が気になる人はこれらの食材を多めに摂るようにするとよいと言われています。

●乳酸菌
前述の通り、乳酸菌は善玉菌の代表例です。乳酸菌を多く摂ることで腸内細菌の種類を徐々に変えていくのです。乳酸菌はヨーグルトやキムチ、納豆、チーズ、ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれています。

●水分
便の80%は水分です。腸内の水分が多いと便のかさましになりますので、早く排泄しようと腸の動きが活発になります。また、水分は大腸で吸収されます。大腸に長時間留まると、そこから水分がどんどん吸収されていくため、便は硬くなります。かさが減り、トイレに行く回数が減り便秘になります。更に悪いことに、固くなってしまった分、排泄の際に苦労することになります。

以上、4つのポイントに気を配りながら生活することで、腸内環境を良好に保つことができます。便秘解消のみならず、生活習慣病の予防にもなるのであれば、やらない手はありません。どれか1つでも始めてみてはいかがでしょうか。何か心配なことがありましたら、近くの主治医などに相談してみてください。

【がんに打ち克つレシピ】「だし昆布おでん」 免疫機能を高めるフコイダン豊富

おでんのおいしい季節です。出来合いも良いですが、わが家では、パパッと作れる昆布だしのおでんが鉄板。具材のおいしさが引き立つシンプルな味わいで、子供たちが喜んで食べます。というわけで今回は、今坂家直伝のおでんです。

 がんと闘う体作りに有効な食材は、昆布。サプリメントの原料として使用されているフコイダンという成分が豊富に含まれています。海藻独特のぬるぬるした成分です。

 フコイダンは、体内にあるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させて免疫機能を高めるので、がん細胞を消滅させる働きが期待されています。また、抗アレルギー効果、胃の潰瘍や炎症の予防、肝機能向上にもお勧めです。

 だしの取り方は簡単で、お鍋に水と昆布を入れるだけ。ポイントは、だしを取った昆布を一度取り出し、結び昆布にして再活用することです。

 おでんと言えば「静岡おでん」。黒はんぺんもお忘れなく(笑)。

【材料】2人分
大根 250g
こんにゃく 1枚
ゆで卵 4個
黒はんぺん 4枚
がんもどき 4個
だし昆布 20g
水 1500cc
[A]
しょうが 8g
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
塩 小さじ1/2

【作り方】1 鍋に水とだし昆布を入れて30分以上おく。
2 だし昆布を取り出し、2cm幅に切り、結び、鍋に戻す。
3 大根は皮を剥き、食べやすい大きさに、こんにゃくは三角に切り、しょうがはすりおろす。
4 1に[A]と3を入れて中火で10分、黒はんぺん、がんもどき、ゆで卵を入れて5分煮込む。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。ボートレースリポーターを経て現在、料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレースの故ガッツ今坂選手の妻。

【がんに打ち克つレシピ】大根りんごジュース 風邪の予防、発熱や頭痛、食べ過ぎに!

たくさんの子供と関わる仕事をしているので、この季節は、風邪の予防に、人一倍敏感になります。とはいえ、インフルエンザの予防接種を打たない派で、とにかく自己免疫力を落とさないように努力しています。

 今回は、そんな私がこの時期、毎夕食後に飲むスペシャルジュースをご紹介。大根&リンゴの組み合わせが意外と飲みやすく、“がんに打ち克つ”効果も抜群です。

 ポイントは大根。皮には、毛細血管を強くするビタミンPとカルシウムがたくさん含まれています。皮ごとジューサーにかけることでビタミンやカルシウムを摂取でき、血液増進を促し、雑菌を放出し体を温める効果があるといわれています。

 大根には消化酵素がたっぷり含まれていて、腸の働きを整え、余分な熱やカロリーの分解を手伝ってくれるので、消化に効果大。この消化酵素は熱に弱いため「生で取るのがお勧め!」で、ジュースにしたのです。

 また、独特の辛みを生み出すイソチオシアネートという成分にも注目。これには殺菌作用があり、のどや器官の炎症を鎮める効果を飲めば感じられます。また、がん細胞の増殖を抑制したり、活性酸素を消滅させる効果も期待できます。

 「何だかのどに違和感が…」などの風邪の予兆に気づいたら、大根りんごジュースでウイルス撃退! 風邪の予防だけでなく、発熱や頭痛、食べ過ぎにも最適です。

【材料】2人分
大根 80g
りんご 1個

【作り方】
1 大根、りんごをよく洗い、ジューサーの大きさに合わせて切る。
2 ジューサーに入れて絞る。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。ボートレースリポーターを経て現在、料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレースの故ガッツ今坂選手の妻。

【がんに打ち克つレシピ】“最高の主食”栄養芯まで丸ごと 「とうもろこし炊き込みご飯」

慌ただしい日々に追われ、目の前の課題をこなすのに精いっぱい…。「とにかく時間が足りない!」と感じたことはありませんか? そんな時こそ、手軽にしっかり栄養が取れる料理の力が必要です。

 それでご紹介したいレシピの主役はとうもろこし! 日本では脇役のイメージが強い食材ですが、欧米では「最高の主食」と呼ばれるほど栄養価の高い穀物なんです。

 主成分は炭水化物ですが、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどもバランス良く含まれています。特に必須脂肪酸のリノール酸をたっぷり含んでいることで知られ、コレステロール値の低下や動脈硬化などの予防に効果が期待されています。また、整腸作用をうながす食物繊維、抗酸化作用を発揮するカロテンも見逃せません。

 ポイントは、とうもろこしの芯の部分まで使い切ること。固くて食べられないので普通は捨ててしまうのですが、実は芯にこそうま味成分がたっぷり入っており、絞り出した出汁がとってもおいしいんです。

 具材を炊飯器に入れたら、とうもろこしの芯を置いてスイッチON。忙しい日でも超簡単に旬のおいしい炊き込みご飯が完成します。減塩に抑えて青じそを添えました。とうもろこしの甘みと青じそのさわやかさが口の中に広がります。

【材料】2人分
米 1合
とうもろこし 1本
塩 小さじ1/2
青じそ 2枚

【作り方】
1 とうもろこしの実を包丁でそぎ、青じそは千切りにする。
2 炊飯セットされた米に塩を混ぜ、とうもろこしの実と芯を入れて炊く。
3 器に盛り、青じそを添える。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ)1975年生まれ、静岡県浜松市在住。ボートレースリポーターを経て現在、料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレースの故ガッツ今坂選手の妻。

【がんに打ち克つレシピ】アントシアニンの抗酸化作用はトップクラス 「ブルーベリーアイス」

日に日に気温の上昇を感じるようになり、夏はもう目の前。この時期にピッタリで、なんと10秒で完成する、身体に優しい超時短の無添加アイスの作り方をご紹介します。

 主役は、6~9月中旬にかけて旬を迎えるブルーベリー。ブルーベリーというと「目の疲労に効くフルーツ」として浸透していますが、その他にもいろいろな効能があるんです。

 まず、よく知られているブルーベリーの有効成分にアントシアニン(ポリフェノールの一種)がありますが、これがとっても優れた抗酸化作用を持ち、アメリカの農水省による研究では、すべての野菜や果物の中でもトップクラスであると位置づけられています。

 さらにビタミンAやEといったビタミン類、そして食物繊維も豊富に含まれていて、小さいながらも大変優秀なフルーツなんですね。ちなみに、粒の表面に付いている白い粉はブルーム(果粉)と呼ばれていて、これが多く残っているものほど、市場価値が高いそうです。

 食後のひとときに「ちょっと甘いものでも」と思ったら、ぜひこの超時短ブルーベリーアイスを試してみてください。もちろん、他のフルーツを使ってアレンジしてみるのもお勧めですよ。

【材料】2人分
ブルーベリー 150g
テン菜グラニュー糖 30g
生クリーム 100cc

【作り方】
1 ブルーベリーを冷凍する。
2 フードプロセッサーに材料をすべて入れ、10秒撹拌(かくはん)。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ)1975年生まれ、静岡県浜松市在住。ボートレースリポーターを経て現在、料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレースの故ガッツ今坂選手の妻。

【がんに打ち克つレシピ】免疫力向上させるモロヘイヤ 「ネバネバ薬味スープ

夫が永眠しました。がんと向き合って4年。弱音ひとつ吐かず懸命に生きた姿には、何よりその精神力にすさまじいパワーを感じましたし、私もできる限り寄り添って「食べること」を通じて、さらなるパワーを与えられるよう努力してきたつもりです。

 闘い続けた時間は、私に「生きること」の意味を深く考えさせ、「感謝すること」の大切さを再認識させる機会でもありました。誰もが毎日、当たり前のように過ごす食事の時間。しかし、明日を約束されていない人間には、一回一回の食事がとても貴重です。

 単に食べるのではなく「おいしく、健康的に、笑顔で食べられる」。これこそが、生きる希望や幸せに直結し、食べることで生かされているという感謝につながると実感することができました。そんな気持ちを胸に、この連載は今後も続けていこうと思っています。

 今回は“王様の野菜”モロヘイヤを主役にしてみました。ネバネバ成分のムチンやマナン、豊富に含まれるβカロテンやビタミン、ミネラルを摂取することで、疲れた身体の免疫力を向上させ、がんに打ち克つ強力な抗酸化作用を取り込んでいきましょう。

【材料】2人分
オクラ 4本
モロヘイヤ 30g
めかぶ 40g(1パック)
水 300cc
かつお節 2.5g(1パック)
しょうゆ 小さじ2
塩 小さじ1/4

[A]
 青ねぎ 2本
 みょうが 1個

【作り方】
1 オクラはヘタを取り、適当な大きさに切る。モロヘイヤはざく切り、みょうがは千切り、青ねぎは小口切りにする。
2 [A]以外の材料全てをミキサーにかける。
3 鍋に2をいれ火にかけ沸騰したら火を止める。
4 器にもり、青ねぎ、みょうがを散らす。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ)1975年生まれ、静岡県浜松市在住。ボートレースリポーターを経て現在、料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレースの故ガッツ今坂選手の妻。

【がんに打ち克つレシピ】動脈硬化や高脂血症も予防 「ガッツリクレソンサラダ」

 数年前、アメリカの大学研究者が「栄養素の高い果物と野菜トップ41」を発表しました。このリストで見事1位に輝き、一躍“最強の健康食材”として注目されるようになった野菜をご存じでしょうか? 答えは…なんとクレソン。そんなクレソンは今が旬です。

 カロテン、ビタミン、カルシウム、カリウム、食物繊維など、人体の健康に重要とされる要素が豊富に、かつ、バランス良く含まれています。特にカロテンは高い抗酸化作用を持ち、血液細胞に働きかけ、強力なデトックス効果が期待できます。つまり、血液の循環を良くすることで動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病を予防し、がんや老化のリスクも防いでくれます。

 今回は、この最強の健康食材を主役にガッツリと摂取できるサラダ。トッピングには発がん物質が懸念されるベーコンの代わりに塩をもみ込んだ豚肉で不安解消、そして豚肉の油分でクレソンのカロテンが吸収アップ。

 大量のクレソンの上のポーチドエッグの黄身がクレソンと豚肉に絡み合い、味も栄養も抜群のハーモニーを奏でます。

【材料】2人分
クレソン 200g
豚肉(バラ) 100g
にんにく 1片
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
バルサミコ酢 小さじ2
パルメザンチーズ 適量
[A]
卵 2個
水 600cc
酢 大さじ2
塩 小さじ1

【作り方】
1 クレソンはざく切りして器に盛る。
2 にんにくは薄切り、豚肉は5ミリ幅に切り、塩をかけてもむ。
3 フライパンにオリーブオイル、2を入れ炒めバルサミコ酢で仕上げ。
4 Aの水、酢、塩を入れた鍋が沸騰したら箸でかき混ぜて流れを作り、卵を入れ2分で取り出す。
5 1に3と4を盛り、パルメザンチーズをかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

【がんに打ち克つレシピ】大根りんごジュース 風邪の予防、発熱や頭痛、食べ過ぎに!

たくさんの子供と関わる仕事をしているので、この季節は、風邪の予防に、人一倍敏感になります。とはいえ、インフルエンザの予防接種を打たない派で、とにかく自己免疫力を落とさないように努力しています。

 今回は、そんな私がこの時期、毎夕食後に飲むスペシャルジュースをご紹介。大根&リンゴの組み合わせが意外と飲みやすく、“がんに打ち克つ”効果も抜群です。

 ポイントは大根。皮には、毛細血管を強くするビタミンPとカルシウムがたくさん含まれています。皮ごとジューサーにかけることでビタミンやカルシウムを摂取でき、血液増進を促し、雑菌を放出し体を温める効果があるといわれています。

 大根には消化酵素がたっぷり含まれていて、腸の働きを整え、余分な熱やカロリーの分解を手伝ってくれるので、消化に効果大。この消化酵素は熱に弱いため「生で取るのがお勧め!」で、ジュースにしたのです。

 また、独特の辛みを生み出すイソチオシアネートという成分にも注目。これには殺菌作用があり、のどや器官の炎症を鎮める効果を飲めば感じられます。また、がん細胞の増殖を抑制したり、活性酸素を消滅させる効果も期待できます。

 「何だかのどに違和感が…」などの風邪の予兆に気づいたら、大根りんごジュースでウイルス撃退! 風邪の予防だけでなく、発熱や頭痛、食べ過ぎにも最適です。

【材料】2人分
大根 80g
りんご 1個

【作り方】
1 大根、りんごをよく洗い、ジューサーの大きさに合わせて切る。
2 ジューサーに入れて絞る。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。ボートレースリポーターを経て現在、料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレースの故ガッツ今坂選手の妻。

【がんに打ち克つレシピ】ビタミン、ミネラルたっぷりの長芋 滋養強壮、抗酸化作用も 「和風チョップドサラダ丼」

 米国発でメイソンジャーに続き、次なるブームとなっているチョップドサラダ。これは、すべての具材を1センチほどの角切りにしたもの。今回はご飯と一緒にして、主食・主菜・副菜が整った丼を紹介します。

 “がんに打ち克つ”食材として選んだのは長芋、アボカド、新玉ねぎ、かいわれ大根、マグロ。中でも長芋はビタミンBや抗酸化作用のあるビタミンC、E、血液の凝固を改善するビタミンKなどのビタミン群が豊富です。その他カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラルもたっぷり。

 さらにアミラーゼ、ジアスターゼといった消化酵素により、アボカドのビタミンEの消化・吸収もサポートし、より強い抗酸化作用が働く相乗効果。独特のぬめりを形成しているムチンという成分には、細胞を活性化させる効果、血糖値やコレステロール値の上昇を抑える効果があるといわれています。中国では、古くから漢方として滋養強壮や消化促進に使われているのも納得ですね。

 仕上げの決め手は、梅肉ドレッシング。食欲をそそらせます。丼ひとつでタンパク質、炭水化物、ビタミンミネラルも吸収できて、しかもヘルシー。休日のランチにいかが?

【材料】2人分
マグロ 100g
長芋 100g
アボカド 1個
新玉ねぎ 100g
かいわれ大根 1パック
炊いたご飯 200g
白ごま 小さじ1
かつお節 適量

[A]
 梅肉 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1
 レモン汁 小さじ2
 ごま油 小さじ2

【作り方】
1 材料全てを1センチの角切りに、かいわれ大根は1センチ幅に。
2 [A]をよく混ぜ、1にあえる。
3 丼にご飯と2を盛り付けて白ごま、かつお節を振りかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

【がんに打ち克つレシピ】葛の「最高のデンプン」で身体温めて内臓機能アップ

ささやきに似た草花の息吹を感じられる季節となりました。別れと出会いが織りなす3月は、私たちにとっても新しいスタートの準備期間。そんな今とリンクする生命力の強い食材、葛(くず)を用いたレシピです。

 葛は、生薬として知られる「葛根(かっこん)」や和菓子の「葛餅」でおなじみ。料理の世界では、とろみ付けや、つなぎとして、頻繁に使用されます。

 昔ながらの伝統食材で、とても栄養価の高い植物。根から採取された葛は「最高のデンプン」と呼ばれ、消化吸収の良さが際立っています。薬効成分も豊富なので、身体を温めたり、血液をサラサラにしたり、内臓機能を高める効果も期待されています。

 ちなみに、同じくデンプンを主成分とするかたくり粉はジャガイモを原料としているため、葛とは正反対の「身体を冷やす効果」がありますので注意してください。

 というわけで、今回は葛で作ったわらび餅。そこに黒ごまでセサミンの強力な抗酸化パワーをプラスしました。仕上げにかける、きな粉の大豆イソフラボンと白ごまが加わり、さらにカルシウムアップ。栄養バランスのいい健康素材が集結した和スイーツは、身体に取り入れたい滋養健康食です。

【材料】2人分
葛 45g
黒すりごま 大さじ2
きび砂糖 大さじ2
水 200cc
[A]きな粉 大さじ2
   白すりごま 大さじ2
   きび砂糖 小さじ1

【作り方】
1 鍋に葛、黒すりごま、きび砂糖、水を入れてかき混ぜて溶かす。
2 1を中火にかけ、木べらでたえずかき混ぜ、透明感ととろみがついたら火を止める。
3 2をクッキングペーパーの上に平らにならし粗熱をとる。
4 食べやすい大きさにカットし、[A]を混ぜ合わせてかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事