fc2ブログ
       

目が疲れた!眼精疲労は目を温めるべき?冷やすべき?


正しい眼精疲労対策とは

眼精疲労の治療には、漢方医学の「温罨法(おんあんぽう)」と「冷罨法(れいあんぽう)」という方法もあります。

眼精疲労を和らげるために目を温めたり、冷やしたりすることです。目の症状によって、温めるほうが良い場合と冷やしたほうが良い場合があります。

目を温める「温罨法(おんあんぽう)」
温罨法とは、目とその周辺を温めることで血管を広げ、血液の循環を良くさせる方法です。

これによって新陳代謝が促進されるほか、筋肉が柔らかくリラックスした状態になることで、眼精疲労からくる頭痛や肩コリを和らげる効果が期待できます。

目を温めることは、眼精疲労のひとつであるドライアイにも効果的です。ドライアイは「マイボーム腺」という油を分泌する腺の詰まりにより、目の乾燥を防ぐために涙の上を覆っている油膜が不足することで症状が現れます。

まぶたを温めることで詰まっていたマイボーム腺の油が溶かし出され、油膜の不足解消に繋がるのです。また、目の周囲を温めることで涙腺の血流を改善し、涙自体の分泌も促します。

しかしながら、目が炎症を起こしていたり、充血していたりする場合、また急性の痛みを感じる場合には、温罨法では症状を悪化する可能性がありますので注意が必要です。

目を冷やす「冷罨法(れいあんぽう)」
目や目の周りを冷やして血管と筋肉をいったん収縮させることで、元に戻ろうとする力を引き出す方法です。

冷罨法は、一晩休息を取ると良くなるような疲れ目に効果が現れやすいのが特長と言えます。また、目が炎症を起こしていたり、充血していたりする場合や、急な痛みを感じるときにもオススメです。

ただし、上記のような症状の場合でも、必ずしも冷やせば良いとも限りません。炎症でも冷やさないほうが良い場合もありますし、虚血性視神経症という病気の場合は冷やしてしまうと、視力障害をさらに悪化させることもあります。

温罨法と冷罨法の使い分けの注意点
先述のとおり、目の状態によって冷やすべきか、温めるべきか判断が必要となります。温罨法と冷罨法の使い分けを誤ると症状が和らぐどころか悪化することもありますので、ドクターに相談して治療法の指示を受けると良いでしょう。

(この記事の監修者/南青山アイクリニック 戸田郁子先生)

FC2 Analyzer 「まぶしい!」  「目が勝手に閉じてしまう!」  「目が乾く!」  症状だけ聞くとドライアイのようですが、「ドライアイの目薬をしているのにちっとも良くならない!」というあなた。それはもしかするとドライアイと間違われやすい目の病気「眼瞼けいれん」かもしれません。  「けいれん」というとピクピクする病気と思われそうですが、眼瞼けいれんはまぶたがピクピクするわけではありません。まぶたの開閉を行っている神経の制御ができなくなるせいで、さまざまな症状が起こってくる病気です。  代表的な症状は冒頭にあったような…「まぶしい」「目を閉じていたくなる」「目が乾く」「勝手に目が閉じてしまう」「目がごろごろする」…といったもの。一見するとドライアイのようですが、乾燥が原因ではありませんので、いくら目薬をしても症状は治らないのです。しかし症状はドライアイとよく似ているので、ある統計では「眼瞼けいれんの患者さんの約半数がドライアイと誤診されている」とされているほどです。  患者さんの半数にうつっぽさや不安、不眠などが見られるため、原因がわからないまま「うつ」「自律神経失調症」と診断されて心療内科にかかっている方もいます。ひどくなると目を開くことがまったくできなくなるため、車の運転が危険になり日常生活もままらなくなってしまうことも…。  この病気の特徴は、まぶたの動きの不自然さ。素早くまばたきを繰り返すと、力が入って動きが不自然になってきたり、1度強く閉じるとぱっと開けられないという症状があります。また普段からまぶたの周囲の皮膚や眉間に力が入っているので、こわばったような表情になっていたり、険しくしわを寄せている方が多いです。  抗精神病薬や睡眠薬が原因で起こることもあるので、原因になりそうなお薬があればできるだけ減らしていく必要も出てきます。  根本的な治療にはなりませんが、症状をよくするためにボツリヌス菌の毒素(ボトックス)を注射してあげる方法もあります。ボトックスをまぶたの周りに注射すると、目の周辺がリラックスして症状が改善することがあります。  眼瞼けいれんは診断がつかないまま、精神的に疲弊している方が多い病気です。ドライアイのような症状があるのに、目薬をしても改善しない場合は、ぜひ1度眼科を受診してみてくださいね! ◆筆者プロフィール 窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。 関連記事


 加齢とともに「老眼」が進行し、近くのものが見えにくくなる──。これは目のピントを合わせるための筋肉が衰え、筋肉をよく使う近くに焦点が合いづらくなるためで、基本的には老眼鏡で対処するしかない。

 ただし、すぐに「メガネ店」に駆け込むのではなく、先に「眼科」を訪れたほうがいい。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がいう。

「視力低下の理由は老眼だけとは限らない。白内障や緑内障は、初期の自覚症状が少なく、気づいた時にはある程度進行しているケースが多い。発症のタイミングが老眼と近いので、眼科で検査を受ければ、これらの病気の早期発見も期待できます」

 受診の結果“ただの老眼”だったとしてもメリットがある。

「老眼で視力が低下している場合、遠くと近くを交互に見るなど適切なトレーニングを行なうと、症状が改善する可能性があります。メガネ店は適した老眼鏡は作ってくれても、個人に合った視力改善のためのアドバイスまでは受けられません」(室井氏)

目薬をしてもドライアイが治らない…それって違う病気かも



FC2 Analyzer 「まぶしい!」

 「目が勝手に閉じてしまう!」

 「目が乾く!」

 症状だけ聞くとドライアイのようですが、「ドライアイの目薬をしているのにちっとも良くならない!」というあなた。それはもしかするとドライアイと間違われやすい目の病気「眼瞼けいれん」かもしれません。

 「けいれん」というとピクピクする病気と思われそうですが、眼瞼けいれんはまぶたがピクピクするわけではありません。まぶたの開閉を行っている神経の制御ができなくなるせいで、さまざまな症状が起こってくる病気です。

 代表的な症状は冒頭にあったような…「まぶしい」「目を閉じていたくなる」「目が乾く」「勝手に目が閉じてしまう」「目がごろごろする」…といったもの。一見するとドライアイのようですが、乾燥が原因ではありませんので、いくら目薬をしても症状は治らないのです。しかし症状はドライアイとよく似ているので、ある統計では「眼瞼けいれんの患者さんの約半数がドライアイと誤診されている」とされているほどです。

 患者さんの半数にうつっぽさや不安、不眠などが見られるため、原因がわからないまま「うつ」「自律神経失調症」と診断されて心療内科にかかっている方もいます。ひどくなると目を開くことがまったくできなくなるため、車の運転が危険になり日常生活もままらなくなってしまうことも…。

 この病気の特徴は、まぶたの動きの不自然さ。素早くまばたきを繰り返すと、力が入って動きが不自然になってきたり、1度強く閉じるとぱっと開けられないという症状があります。また普段からまぶたの周囲の皮膚や眉間に力が入っているので、こわばったような表情になっていたり、険しくしわを寄せている方が多いです。

 抗精神病薬や睡眠薬が原因で起こることもあるので、原因になりそうなお薬があればできるだけ減らしていく必要も出てきます。

 根本的な治療にはなりませんが、症状をよくするためにボツリヌス菌の毒素(ボトックス)を注射してあげる方法もあります。ボトックスをまぶたの周りに注射すると、目の周辺がリラックスして症状が改善することがあります。

 眼瞼けいれんは診断がつかないまま、精神的に疲弊している方が多い病気です。ドライアイのような症状があるのに、目薬をしても改善しない場合は、ぜひ1度眼科を受診してみてくださいね!

◆筆者プロフィール 窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。
関連記事

白内障手術の権威…年間1万人近い患者の目に“光”を戻す FC2 Analyzer


白内障手術の権威・赤星隆幸さん

 〈東京・秋葉原の三井記念病院。白内障手術を受ける患者に優しく語りかける〉

 光を真っすぐ見て、動かないでくださいね。ちょっと目が重い感じがしますが、少しだけ我慢していてください。すぐ終わりますから。はい、終わりました。まばたきはしてもいいですが、強くつぶらないようにしてくださいね。

 〈年間1万人近い患者の目に“光”を戻す。手術時間はわずか3~4分。2つの手術室を行き来しながら、1日30人以上を治療する〉

 手術と聞くと、何日も入院して全身麻酔をかけて、というイメージをもつ人も多いかもしれません。ですが、私の手術は目薬で麻酔をかけ、角膜の傷もわずか1・8ミリです。

このわずかな傷口から濁った水晶体を吸い取り、眼内レンズを入れます。

角膜には血管がないので、切開しても血は出ません。両目を同じ日に手術される患者さんも多いですし、入院はもちろん、術後は眼帯もつけずそのままお帰りいただけます。

 白内障は、一言で言えば目の老化。60歳以上の8割はなんらかの白内障をもっています。高齢の患者さんが多いので、なるべく体に負担をかけたくありません。

例えば、血栓予防のため血液をさらさらにする薬を服用している人は血が止まりにくいので、眼球を大きく切開する大がかりな手術でなく、この方法の方が優しいですよね。

最近では認知症の患者さんも増えていますが、目からもたらされる情報は脳に大きな影響を与えます。認知症を悪化させないためにも、白内障の治療は重要です。

 〈患者に声をかけながら、手術は慎重に、しかし短時間で行われる〉

 誰しも手術は怖いものです。そこで医師が怒っていたら患者さんは地獄ですよ。だからといって、リラックスのために手術室に音楽を流すのも問題です。患者さんの息づかいが分からないし、話もできません。

それに私が手術に使っている機械は吸引圧を音で教えてくれるので、音に注意を払いながら、足元のペダルを調整しているんです。

 チームワークも大切です。自分の持ち場に責任を持ち、連携をはかる。時計の歯車のようにみんなが動く。手術ではどんなミスも許されないですから。こう見えてもぼくはチームに対しては非常に厳しいんですよ。

 〈どれだけ手術の数をこなしても、決して妥協することはない。常に目の前の患者に向き合っている〉

 以前、連続試合出場の記録を打ち立てて、大勢のファンから「鉄人」と愛された元プロ野球選手の衣笠祥雄さんのお母さまの手術をしたことがあるんです。

そのご縁で衣笠さんとお話ししたとき、彼が「ファンの少年の期待を裏切らないためにやってきた」っておっしゃった。これだ、と思いましたね。私もそう。「患者さんの期待を裏切らないように」と思ってやってきたんです。

 毎日手術をこなす日々は忙しいですが、患者さんが喜んでくれて、自分の夢をかなえることができている。その2つがあれば、これ以上の幸せはありません。(聞き手 道丸摩耶)

【プロフィル】赤星隆幸
あかほし・たかゆき 昭和32年、神奈川県横須賀市生まれ。57年、自治医大卒業後、神奈川県内の病院や診療所に勤務し、61年に東大病院眼科医員に。東京女子医大、武蔵野赤十字病院を経て、平成3年から三井記念病院に勤務し、白内障の独自の術式「フェイコ・プレチョップ法」を開発。米国や中国など海外の大学で客員教授を務めるほか、秋葉原アイクリニック、日本橋白内障クリニックでも手術を行う。海堂尊「日本の医療 この人を見よ」(PHP新書)でも紹介された。

目が疲れやすい、乾燥が気になる、ゴロゴロする…それって眼瞼痙攣(がんけんけいれん)かも?


眼瞼痙攣(がんけんけいれん)という名前を聞いたことがありますか?

目が疲れやすい、乾燥が気になる、目がゴロゴロする…ドライアイの症状にもよく似ていますが、眼瞼痙攣という病気が潜んでいる場合もあります。

ここでは、眼瞼痙攣について簡単に解説します。

◆ドライアイは増えている?

最近目が疲れやすい、乾燥が気になる、目がゴロゴロする、まぶしく感じる、というような症状がある場合にまず考えられる病気がドライアイです。

ドライアイの症状を感じている人が最近特に増えています。増えている背景としては、目を酷使している人が増えているということが第一にあげられます。

パソコンを長時間使用したりスマホを常にいじっていたりすると、まばたきの回数が減ってしまいますし、涙の分泌量も少なくなります。

その結果目が乾燥してしまい、様々な症状が発生するのです。

◆ドライアイ対策は目の乾燥を防ぐこと

また、コンタクトレンズの使用方法を間違っているような場合や、質の悪いカラーコンタクトレンズを使用しているような場合にもドライアイになってしまうことがあります。

こうした症状を改善するための対策としては、パソコンやスマホの長時間使用をやめて休憩をきちんとはさむということ、そして専用の目薬を使用して目の乾燥を緩和するということです。

しかし、時折こうした対策を取っても症状が改善されないということがあります。その際に疑われるのが眼瞼痙攣(がんけんけいれん)です。

◆眼瞼痙攣(がんけんけいれん)ってどんな病気?

眼瞼痙攣は聞き慣れない名前ですが、実は多くの人がかかっている可能性のある病気です。

というのも、そもそも眼科の病気ではないですし、ドライアイと症状が同じなのでとても間違われやすいのです。

2つの病気はそもそも原因に違いがありますし、当然対策も違ってきます。

眼瞼痙攣の原因は神経回路の異常にあります。脳の神経回路の異常が目の周りの症状として表れてきているのです。

そのため、当然ですがドライアイの治療法を実践しても改善することはありません。

しかし治せない病気なのかというとそうではなく、きちんと通院によって治療することができる病気です。似たような症状なので勘違いをしてしまいやすいところですが、正しく対処してきちんと治療すれば治すことができます。

◆ポンポコポン、ギューギューテストって?

そこでまずやっておきたいのが「ポンポコポン、ギューギューテスト」というものです。「ポンポコポン」の時にリズミカルに目を閉じて、「ギューギュー」の時に思い切り目を閉じます。

これがスムーズにできれば眼瞼痙攣ではありませんが、違和感があるようであれば病院を受診して確認するべきです。

40代以上の女性に多い病気と言われていますので、当てはまる年代の人は特に注意してチェックしていくようにしましょう。

皮膚筋炎で難病認定 山田雨月さんが語る“正直な気持ち”


初めに「あれ?」と思ったのは、お風呂で体を洗っている時、腕が凄く疲れたことでした。

 その時はただの運動不足だと思ったのですが、それから5年経った2014年の春には、枕から頭が持ち上がらず、ちゃぶ台につかまってやっと立ち上がる……という状態になりました。さすがに「これはただの運動不足じゃないな」と思いました。

その直前まで、3週間のモロッコ旅行を楽しんでいました。旅先で筋力の衰えを感じるシーンは多々あったのですが、無事に帰国した直後の異変でした。

 決定的だったのは自宅アパートの階段でコケて動けなくなり、近隣の方に助けられた時です。「これは病院へ行かなくちゃ」と思いました。 整形外科を受診すると、血液検査で筋肉の細胞が壊れたことを意味する「CK」(クレアチンキナーゼ)の数値が異常だと指摘されました。

 そして、日本赤十字社医療センターを紹介されたのです。決まっていた展示会までは何とか仕事をして日赤を受診すると、「恐らく皮膚筋炎だろう」という見立てがあり、検査入院となりました。


皮膚筋炎は自己免疫疾患の一種で、肩回りや脚の付け根の筋肉に力が入らなくなり、重症になると寝たきりになる、国が指定する難病です。悲しくて涙が出ました。でも、私よりも広島から来てくれた母親のほうが泣いていました。

 思えば、健康にいいことを何ひとつしてきませんでした。いつも部屋にこもって絵を描いてばかり。運動もせず、食べ物も好きな肉と甘い物中心で……(笑い)。そんな後悔と反省がどっと湧きました。自分が難病とは思いたくありません。でも、認定されるか否かは治療費の面で天国と地獄。難病認定されるためには、筋肉の生検の分析結果とともに細かい条件があり、それに合致しないといけないとのことでした。太ももから筋生検を取る手術をした後、医師から「認められない可能性もある」と聞かされました。

 不安を抱えたまま、すぐに「プレドニゾロン」(ステロイド薬)の投薬治療が始まり、そのまま3カ月の入院生活になりました。 その頃はステロイドの副作用でさらに筋力が落ち、一時は自力でパンツもはけませんでした。

なかなか数値が改善されなかったので「免疫グロブリン」という高額(1クール約100万円)な薬の点滴が5日間ありました。その効果も途中で止まってしまったので、その後に月に1回の「エンドキサンパルス」という抗がん剤の点滴治療が6回続きました。

 不安だったのは金銭面です。「もし難病と認められなかったら、薬代を払い続けられるのか?」「この体で他の仕事ができるのか?」といろいろ考えました。でも退院前、無事に難病認定が下り、不安は少し解消されました。変な言い方ですが、「難病でよかった」というのが正直なところです。退院のめどが立った頃、役所の人が病院に来て、退院後に必要な補助用具や介護サービスなどを説明してくれました。難病認定の手続きから何から、すべては母任せ。家族の愛を感じずにはいられませんでした。

 退院直後は15分歩くのがやっとで、母の他にも訪問看護師さんや介護ヘルパーさんのお世話になりました。その後は徐々に回復し、3カ月後には母も広島に帰宅。一人で何とか暮らせるようになりました。

■退院から1年足らずで2泊5日の台湾一人旅へ

 そして何と、退院から1年を待たずに2泊5日の台湾一人旅へ出かけました! もともと自由なバックパッカーのような旅が好きなのです。病気になって一度はバックパックを捨てたのですが、ある日「台湾片道900円」というネット広告を見つけてしまって……。それ以来、格安チケットを見つけては一人であちこち行っています。最近は東チベットを訪れました。見たい景色のために、普通の人が1時間で行く場所へ2時間かけて行く。そうやって元気になってきた感じです。

 ただ、去年また数値が悪くなってしまって、プレドニゾロンの量が増えました。それだけでは効かず、点滴治療で1週間入院しました。悪くなったら治療して休み、いい時は旅と仕事をするという繰り返し。この先も多分、ずっとそんな気がします。

今でも走れないですし、自転車はこげない、坂道はおぼつかない、段差は一段一段、手すりなしでは上りも下りも不安定です。ただ、幸い絵を描くにはあまり支障がありません。近頃は展示会に積極的に参加して、作品作りに励んでいます。

 (聞き手・松永詠美子)

▽やまだ・うづき 広島県生まれ。1995年に別冊マーガレットの「くまちゃん」でデビュー。旅エッセー漫画「ヘキ地メシ」や皮膚筋炎になった自分を描いた漫画「ふいにたてなくなりました。」などを出版。9月1日(土)~9日(日)に「ラビットデパートメント」(横浜赤レンガ倉庫)にて「山田雨月フェア」を開催予定。

皮膚筋炎で難病認定 山田雨月さんが語る“正直な気持ち”


初めに「あれ?」と思ったのは、お風呂で体を洗っている時、腕が凄く疲れたことでした。

 その時はただの運動不足だと思ったのですが、それから5年経った2014年の春には、枕から頭が持ち上がらず、ちゃぶ台につかまってやっと立ち上がる……という状態になりました。さすがに「これはただの運動不足じゃないな」と思いました。

その直前まで、3週間のモロッコ旅行を楽しんでいました。旅先で筋力の衰えを感じるシーンは多々あったのですが、無事に帰国した直後の異変でした。

 決定的だったのは自宅アパートの階段でコケて動けなくなり、近隣の方に助けられた時です。「これは病院へ行かなくちゃ」と思いました。 整形外科を受診すると、血液検査で筋肉の細胞が壊れたことを意味する「CK」(クレアチンキナーゼ)の数値が異常だと指摘されました。

 そして、日本赤十字社医療センターを紹介されたのです。決まっていた展示会までは何とか仕事をして日赤を受診すると、「恐らく皮膚筋炎だろう」という見立てがあり、検査入院となりました。


皮膚筋炎は自己免疫疾患の一種で、肩回りや脚の付け根の筋肉に力が入らなくなり、重症になると寝たきりになる、国が指定する難病です。悲しくて涙が出ました。でも、私よりも広島から来てくれた母親のほうが泣いていました。

 思えば、健康にいいことを何ひとつしてきませんでした。いつも部屋にこもって絵を描いてばかり。運動もせず、食べ物も好きな肉と甘い物中心で……(笑い)。そんな後悔と反省がどっと湧きました。自分が難病とは思いたくありません。でも、認定されるか否かは治療費の面で天国と地獄。難病認定されるためには、筋肉の生検の分析結果とともに細かい条件があり、それに合致しないといけないとのことでした。太ももから筋生検を取る手術をした後、医師から「認められない可能性もある」と聞かされました。

 不安を抱えたまま、すぐに「プレドニゾロン」(ステロイド薬)の投薬治療が始まり、そのまま3カ月の入院生活になりました。 その頃はステロイドの副作用でさらに筋力が落ち、一時は自力でパンツもはけませんでした。

なかなか数値が改善されなかったので「免疫グロブリン」という高額(1クール約100万円)な薬の点滴が5日間ありました。その効果も途中で止まってしまったので、その後に月に1回の「エンドキサンパルス」という抗がん剤の点滴治療が6回続きました。

 不安だったのは金銭面です。「もし難病と認められなかったら、薬代を払い続けられるのか?」「この体で他の仕事ができるのか?」といろいろ考えました。でも退院前、無事に難病認定が下り、不安は少し解消されました。変な言い方ですが、「難病でよかった」というのが正直なところです。退院のめどが立った頃、役所の人が病院に来て、退院後に必要な補助用具や介護サービスなどを説明してくれました。難病認定の手続きから何から、すべては母任せ。家族の愛を感じずにはいられませんでした。

 退院直後は15分歩くのがやっとで、母の他にも訪問看護師さんや介護ヘルパーさんのお世話になりました。その後は徐々に回復し、3カ月後には母も広島に帰宅。一人で何とか暮らせるようになりました。

■退院から1年足らずで2泊5日の台湾一人旅へ

 そして何と、退院から1年を待たずに2泊5日の台湾一人旅へ出かけました! もともと自由なバックパッカーのような旅が好きなのです。病気になって一度はバックパックを捨てたのですが、ある日「台湾片道900円」というネット広告を見つけてしまって……。それ以来、格安チケットを見つけては一人であちこち行っています。最近は東チベットを訪れました。見たい景色のために、普通の人が1時間で行く場所へ2時間かけて行く。そうやって元気になってきた感じです。

 ただ、去年また数値が悪くなってしまって、プレドニゾロンの量が増えました。それだけでは効かず、点滴治療で1週間入院しました。悪くなったら治療して休み、いい時は旅と仕事をするという繰り返し。この先も多分、ずっとそんな気がします。

今でも走れないですし、自転車はこげない、坂道はおぼつかない、段差は一段一段、手すりなしでは上りも下りも不安定です。ただ、幸い絵を描くにはあまり支障がありません。近頃は展示会に積極的に参加して、作品作りに励んでいます。

 (聞き手・松永詠美子)

▽やまだ・うづき 広島県生まれ。1995年に別冊マーガレットの「くまちゃん」でデビュー。旅エッセー漫画「ヘキ地メシ」や皮膚筋炎になった自分を描いた漫画「ふいにたてなくなりました。」などを出版。9月1日(土)~9日(日)に「ラビットデパートメント」(横浜赤レンガ倉庫)にて「山田雨月フェア」を開催予定。

〈目からウロコの健康術〉 最悪の場合「失明」することも 中高年に起きやすい危険な「目の症状」


 過去に取材した複数の眼科医によると、生活習慣病やがんと同じように、目の病気も40歳を境に起きやすくなる

「菊地眼科クリニック」(川崎市幸区)の菊地琢也院長によれば、40歳以上の患者の8割は何らかの自覚症状を抱えているという。同院におけるそのトップ3が、「見えづらい」「目が乾く」「目がかゆい」だ。

 「見えづらい」原因は近視や遠視、老視(老眼)など目のピント調節機能の異常に伴うものと他の病気によるものに大別されるが、特に注意したいのは後者だ。

 「物がかすんで見える」「光をまぶしく感じるようになった」「物が二重に見える」といった症状であれば白内障が疑われる。これは加齢によって目の中の水晶体という部位が白く濁ってしまう病気で、80歳以上の有病率は100%と言われている。濁った水晶体は元には戻らないが、水晶体を人工のレンズに取り換える手術を行うことで異常を軽減させることができる。

★症状なく進む緑内障に注意
 白内障以外にも、物が歪んで見えたり視野の中心が欠けたりする加齢黄斑変性、糖尿病の合併症の一つであり、視界がかすむなどの症状が現れる糖尿病網膜症など、見えづらい症状を引き起こす病気はさまざまにある。そうした中で、眼科医が「最も注意してほしい」と語るのが緑内障だ。

 「『見えづらい』という自覚症状があれば医療機関を受診して対策を打つことができますが、緑内障が怖いのは症状を感じないまま病気が進んでしまうこと。中期から末期でないと自覚できず、それから治療を開始しても失明してしまう恐れがあるのです」(菊地院長)

 緑内障は、視神経に障害が起こることで視野が徐々に狭くなっていく病気。視野は端から欠けていくことが多く、また片方の目に異常が起きたとしてももう一方の目が全体的な見え方を補正するので気づきにくい。

 日本緑内障学会が行った調査によると、緑内障にかかった人のうち、診断されて病気が判明していた人はわずか1割だった。

 一方、緑内障は日本人の失明原因の第1位で、40歳以上の20人に1人がかかると言われる。今のところ完治させる治療方法はなく、点眼やレーザー治療、手術によって進行を遅らせるしか手立てがない。つまり、早期発見・早期治療が失明を防ぐ上では重要なのだ。

 前出の菊地院長は「緑内障にかかりやすくなる40歳以降の方は、自覚症状がなくても眼科で検診を受けてほしい」と話す。

★スマホの普及でドライアイ増加
「目が乾く」「目がショボショボする」「目が開きにくい」と訴える人が増えているのも、近年における眼科の特徴だ。

 パソコンを使った仕事やスマートフォンが普及したことで、目を酷使する人が増えた。

 人間が「まばたき」をする頻度は、3秒に1回程度だと言われているが、パソコンやスマホの画面を注視しているとそれが4秒、5秒と長くなっていき、人によっては10秒を超えることもあるという。まばたきの回数が減ることで涙の分泌量が減り、目が乾きやすくなってしまうのだ。

 こうした生活を続けていると、恒常的に涙の分泌量が減ったり、涙の質が変化したりして目を潤す能力が低下する「ドライアイ」の状態になってしまう。

 ドライアイを放置していると、眼球の前面を覆う角膜が傷つきやすくなり、重症になると角膜に無数の傷がついて、場合によっては視力が低下してしまうこともある。
「患者さんが自分でできる対策としては、意識してまばたきを増やす、空調の当たらない場所にいるようにする、フード付きメガネをかけるなどが挙げられ、治療としては、点眼や涙の排出口を塞ぐ涙点プラグという方法があります。今は薬も増えて患者さんに合うものが見つかりやすくなっていますから、重症化を防ぐためにも早めに対策を取りましょう」(菊地院長)

★スギ花粉症は根治も見込める
「見えづらい」「目が乾く」に続いて多い「かゆい」の原因は、花粉症であることが大半だという。花粉症治療のポイントは、花粉が飛び始める1カ月前から始めること。春の花粉であれば前年の12月末から翌年の1月に薬を服用したり、点眼したりすることで症状を和らげられる。

 また、スギ花粉が原因の花粉症に関しては根治が見込める治療法もある。それは、舌の下にアレルギー物質を含むエキスを垂らして飲み込み、徐々にアレルゲンへの免疫を高めていく舌下免疫療法というもの。

 毎日1度、最低でも2年間は投与を続ける必要があるため、患者にとって負担は軽くないが、臨床試験では症状の軽減を含めて約8割に効果が確認された。’14年に保険適用された治療法だ。

 目が病気になっていないか、自分で手軽に調べられる方法も紹介しよう。これは、加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症など、眼球の内壁を覆う網膜に異常が起こる病気を対象としたもので、「アムスラーチャート」という。菊地院長も患者によく手渡しているものだ。

 アムスラーチャートには、いくつもの縦線と横線が格子状に記されていて、中心に点が打たれている。これを30センチ離した上で、片目ずつ真ん中の点を見て、線が歪んで見えたり中心部が暗く映ったりすれば網膜の病気にかかっている可能性がある。普段からメガネやコンタクトを装着している人はその状態で確認する。「アムスラーチャート」でインターネット検索をすれば図を見られるので、チェックしてみてはどうだろうか。

 菊地院長は眼科医としての思いをこう語る。
「私たち人間が得ている情報の8割は視覚を経由していると言われています。とても大事な感覚であるにも関わらず、多くの方は『見えること』が当たり前になってしまっていて、そのありがたみを実感しづらい。病気になって初めて『もっと早く眼科に行っておけばよかった』と嘆かれる方をたくさん見てきましたから、40歳をすぎた方は眼科で検診を受けるとともに、自宅ではアムスラーチャートで定期的にセルフチェックすることを勧めます。目の病気を早期に見つけられる可能性が高まり、病気によって生活の質を損ねるリスクを大幅に下げられます」

運転中の歩行者見落とし、夜の街灯がぼやける目の病気は


運転中に歩道にいる歩行者に気づかず、急に目の前に現われたので“突然急ブレーキ”という場合は、「視野が欠ける緑内障や網膜剥離が疑われます」(吉祥寺森岡眼科院長の森岡清史医師)。

 同じような速さで走っている車は見えるのに、歩行者は見落としがちというケースは、動体視力の低下かもしれない。

「加齢により対象にピントを合わせる毛様体筋の働きが悪くなることが原因。ものを追いかける力である動体視力が落ちており、特に異なる速度のものが見えにくくなっていると考えられます」(森岡医師)

 遠くの景色がぼやけて見えるのは近視の特徴的な症状だが、近くてもそうだとすると要注意だ。

「部屋の照明などでもぼやけて見える場合は、網膜に障害が生じる加齢黄斑変性などの視力を下げる病気の可能性があります。進行すると視界が歪んで見えるようになります」(二本松眼科病院の平松類医師)

 冬の寒さと乾燥のおかげで気づきやすくなる予兆は多い。痛い目をみないよう日々の生活に注意したい。

増えるドライアイ 涙の層を壊す“3つのコン”とは?


日本には、「ドライアイ」のある人が推定で2000万人いるといわれています。身近な環境が影響することから患者数が増加していると考えられています。その症状と原因、そして日常生活の中でできる対策について、東邦大学 教授の堀 裕一(ほり・ゆういち)さんにうかがいました。

* * *

■ドライアイとは
ドライアイは、目の表面を潤す働きが低下して目の表面が乾燥した状態をいいます。生活環境の変化などに伴って、日本では、ドライアイのある人が増え続けていると見られます。

ドライアイには、目が乾く、目がゴロゴロする、目が疲れる、涙が出る、目が痛い、目がかすむ、目を開けていられないなどさまざまな症状があります。これらの症状は、涙の量が減ったり、涙の層が安定しなくなることで起こってきます。

■目は表面を覆う涙で保護されている
目の表面には、角膜と結膜があります。角膜や結膜の外側は粘膜から成り、傷つきやすいため、涙の薄い層が目の表面を覆って保護しています。

涙は内側から液と油の層に分かれており、まばたきによって目の表面に行き渡ります。

液の主成分は水分で、「分泌型ムチン」というぬめりをつくる物質が混ざっています。分泌型ムチンはまばたきをする際のまぶたと目の表面の摩擦を和らげます。

さらに、液の層の内側は、水分を目の表面全体になじませる働きをもつ「膜型ムチン」で覆われています。油の層は涙のいちばん外側にあり、水分が蒸発するのを防いでいます。

■ドライアイの原因

ドライアイの原因は、大きく2つに分けられます。

■原因1 涙の量が減る
涙の量が減る原因の多くは加齢です。涙の水分を分泌する涙腺の働きは、年齢とともに衰えてきます。

涙腺はホルモンの変化にも影響されるので、更年期の女性にはドライアイが多いといわれています。シェーグレン症候群(涙腺と唾液腺を標的として攻撃する自己免疫疾患)という全身の病気からドライアイが起こる場合もあります。

■原因2 涙の層が壊れる
次の原因が考えられます。

◎3つのコン――パソコン、エアコン、コンタクトレンズは“3つのコン”と呼ばれるドライアイの三大要因です。パソコンは、画面を見ているとまばたきが減るので、涙が蒸発しやすくなります。

エアコンは、空気を乾燥させますし、風が目に当たると涙が蒸発しやすくなります。コンタクトレンズは、涙の水分が目の表面に均一に広がるのを妨げるうえ、まばたきをするとレンズとの摩擦で目が傷つきやすくなります。

◎油の分泌不足――涙の水分が蒸発しやすくなります。油を分泌する腺は、上下のまつげの生え際付近にあります。油の分泌は年齢とともに減少しますが、若くても体質的に分泌腺の詰まりやすい人がいます。最近多いのが、まつげの内側の化粧によって分泌腺が塞がれるケースです。

◎ムチンの異常――ムチンが減ると涙の層は安定しません。特に、膜型ムチンが不足すると、涙が目の表面に定着しないので目が乾いてしまいます。

■原因不明のものもある
最近増えているのが、BUT(ビーユーティー/ブレイクアップタイム)短縮型というタイプです。短時間目を開けているだけで痛むのが特徴で、まばたきせずに目を開けていられるのは5秒以下です。原因は不明で、若い人に多いといわれています。

■ドライアイの検査

ドライアイが疑われる場合は、症状などを詳しく聞いたうえで、次のような検査が行われます。

◎涙の量を調べる検査(シルマーテスト)――左右の目尻に専用の濾紙(ろし)を5分ほど挟んで、涙でぬれた長さを測ります。5mm以下の場合はドライアイが疑われます。

◎涙の層が壊れるまでの時間を計る検査(BUT検査)――特殊な検査液を点眼して涙を染色します。5秒以内に色の消える部分が現れた場合は、涙の層が壊れていることを示しており、ドライアイの疑いがあります。

◎目の表面を調べる検査(染色検査)――特殊な検査薬を点眼します。目の表面に傷があると染色されます。染色された場合はドライアイの疑いがあります。

■ドライアイの治療

ドライアイの治療は点眼薬が中心で、これまでは、人工涙液とヒアルロン酸がよく使われてきました。どちらも涙の量を補うのが目的ですが、2010年以降はジクアホソルナトリウムとレバミピドという新しい点眼薬が普及しています。

ジクアホソルナトリウムには、ムチンと水分を増やす作用があります。レバミピドには、ムチンを増やす作用と、目の表面の粘膜の保護・修復をする作用があります。2種類とも、世界に先駆けて日本で初めて使用が認められました。

従来の点眼薬よりドライアイの症状を改善する効果が大きく、これまで点眼薬では治らなかった重症の患者さんにも効果のあることがわかっています。

市販の点眼薬を使う場合は、人工涙液などのドライアイ用の薬を選びます。ただし、頻繁にさすと角膜に影響するので1日6回程度までとされています。ドライアイがひどくて頻繁に使う場合は、防腐剤を含まないタイプを選びます。市販薬で効果がなければ、必ず眼科を受診してください。

■日常生活でも対策をとることが大切
◎3つのコン対策――パソコンを使うときは、積極的にまばたきを行い、画面はやや見下ろすようにします。こまめに休息をとることも大切です。スマートフォンも長時間の使用を避けます。

エアコンは風が目に当たらないようにして、加湿器を使って部屋の湿度を高くします。自動車のエアコンにも注意しましょう。コンタクトレンズは、清潔に保ち、使用時間を短くして眼鏡と併用するとよいでしょう。眼科での定期的な検査も大切です。

◎ストレスをためない――涙は緊張すると出にくくなるといわれているので、できるだけストレスをためないようにしましょう。

◎適度な運動を行う――運動をするとドライアイの症状が軽くなるという報告があります。

◎まぶたを温める――涙の油の成分が分泌されやすくなるため、ドライアイの予防効果があるといわれています。蒸しタオルは、時間がたつと冷えて逆効果になるので、注意して使いましょう。

■『NHKきょうの健康』2014年11月号より

白内障で目が白くなった?「それは白内障ではありません」


「最近白内障のせいで、目が白くなってきました…」

 そうおっしゃって眼科を受診する患者さんがよくいます。ですが気にされているその白いものは、白内障ではないことがほとんど。今回は眼科医がよく外来診療中に経験する「あるある」をお話したいと思います。

 ちなみに白内障がかなり進行すると、茶目の中央にある黒目の部分に肉眼で白内障が見えることもあります。とはいえかなり熟成しないと普通はまず見えないものですし、そもそもそこまで白内障が進んでいたら自分で自分の目を見ることすらできない状態のはずです。

 患者さんが「白くなってきた」とおっしゃるものは、黒目のふちの部分にある白い輪のような濁りのことがほとんど。これは白内障ではありません!このリング状の濁りは、年齢にともなってでてくる変化・・・その名も「老人環(ろうじんかん)」と呼ばれるものです。脂肪の沈着によるものと言われていて、高齢になるとみなさん出てくるものです。

 あくまで目安ですがこの老人環は60才頃から黒目の下のほうから出始め、80代になるとほぼ100%の方の目に見られます。

 強く濁ると目の色が変わったように見えたりもしますが、目の中心まで濁ったりはしませんのでこれで視力が下がることはほとんどありません。ですから濁りがあったとしても、治療の必要はないのです。

 ただし40才以下でこの輪が出るときは、高コレステロール血症などの病気や目の病気の可能性があるのでご注意を。これを読んで気になった方は鏡を出して、黒目のふりに目立つような白い輪があるかチェックしてみてください!

 もしもお若いのに白い輪がはっきりしている場合は、眼科とあわせて内科でお体のチェックを受けてみてくださいね。

 余談ですが、多くの眼科医が感じていると思います・・・「老人環」という病名をなんとかしていただきたいと。日常的によく説明する病名ですが、「老人」と患者さんに面と向かって言うのは大変気まずいです。「これはその…年齢の変化でして…」と濁して説明していますが、個人的には他の病名に変わることを期待しています。

 ◆筆者プロフィール 窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

【先天性白内障】って手術で治るの?


●先天性白内障の原因

「先天性白内障」とは、生まれつき水晶体が濁っている病気のことです。生まれたときから濁りが確認できる場合と、成長に伴って青年期までに症状が現れる場合があり、後者は「発達性白内障」とも呼ばれます。

先天性白内障の原因は、遺伝や子宮内感染が代表的です。子宮内感染は、母親が妊娠中にかかった風疹によるものがよく知られており、妊娠3ヶ月までに感染した場合は、水晶体全体が白く濁る「全白内障」になってしまう可能性があると言われています。

●先天性白内障の治療

先天性白内障は、早期発見、早期手術を行わなければいけません。特に全白内障は、生後なるべく早い時期、遅くても生後1~2ヶ月以内に手術をしなくてはなりません。

乳幼児の強い白内障を放っておくと、「弱視」になってしまい、後で手術をしても視力が回復できなくなってしまうのです。

乳児の白内障手術では、眼内レンズを入れず、水晶体をカプセルごと切除して、無水晶体眼にして、コンタクトレンズや無水晶体用眼鏡で視力を矯正します。

1歳以降の場合は、眼内レンズを挿入することもできますが、成長の過程で眼内レンズの度数が合わなくなっていくので、やはり眼鏡やコンタクトレンズでの視力矯正が必要です。

片目のみに現れた白内障を「片眼性白内障」と呼びますが、片眼性白内障の手術をした場合は、左右の目の視力度数の差が激しくなります。すると、脳はよく見える方の目ばかりを使おうとするので、手術をした方の目に弱視が生じやすくなります。

●術後の視力矯正が重要

「見る」というのは、目の機能だけでできているのではなく、目が受け止めた光の情報を、脳が正しく認識することで、はじめて実現します。この目と脳の間の視覚情報を解読するシステムは、乳幼児期にはまだ完成しておらず、この時期に、色々なものを見ることによって発達していきます。

このため、乳幼児に白内障の手術をして、目の中に光が入るようになっても、手術後に度の合った眼鏡やコンタクトレンズを使用して、しっかりと目を使わないと、視力が発達しません。先天性白内障の手術では、術後の視力矯正がとても重要になります。

老眼と間違いやすい「加齢黄斑変性」とは


視覚障害原因の第4位「加齢黄斑変性」。10年で患者数が2倍に

加齢黄斑変性という目の病気は視覚障害原因の第4位で、患者数は約70万人。最近10年で患者数が2倍に増えており、今後さらに増えると見込まれ、大きな問題となることが懸念されています。

加齢黄斑変性は、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。

【加齢黄斑変性の症状】

(1)変視症
ものがゆがんで見えます。しかし、障害が生じるのは黄斑部のみのため、中心部はゆがんで見えますが、周辺部は正しく見えます。

(2)視力低下、中心暗点
さらに黄斑部の網膜に障害が生じると、真ん中が見えなくなり(中心暗点)、視力が低下します。

視力低下が進行すると運転免許の更新や、字を読んだりすることができなくなります。通常、視力低下は徐々に進行し、治療をしなければ多くの場合、視力が0.1以下になります。

加齢黄斑変性を発見するための検査方法

(1)視力検査
他の目の病気と同様に視力検査は重要な検査です。加齢黄斑変性では視力低下が起こります。

(2)アムスラー検査
碁盤の目のような(方眼紙のような)図を見てもらい、格子のゆがみを調べる検査です。変視症を早くから検出することができます。簡便な検査で、自宅でもできます。

(3)眼底検査
眼科医が網膜の状態を詳しく観察する検査です。網膜の状態が詳しくわかり、出血や新生血管がわかります。記録のために眼底カメラで眼底写真に保存することがあります。

(4)造影検査
静脈から造影剤を注入した新生血管などの状態を詳しく調べる検査です。フルオレセイン造影検査とインドシアニングリーン造影検査の2種類の検査があります。いずれの造影検査も連続して何枚もの眼底写真を撮影します。

(5)光干渉断層計
網膜の断面を連続して撮ることにより、網膜やその下の新生血管などの状態を立体的に把握することができます。短時間で検査ができ、造影剤を使わないため患者にかかる負担が少ないことが特徴です。頻回に検査を行うこともできます。

光線力学的療法やVEGF阻害薬が最近の治療の主流

現在のところ「萎縮型の加齢黄斑変性」には、残念ながら治療方法はありません。しかし、「滲出型の加齢黄斑変性」には、いくつかの治療法があります。

治療の目的は、脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。視力が良くなることもありますが、正常に戻ることはほとんどありません。

(1)薬物治療
加齢黄斑変性の発生には血管内皮増殖因子(VEGF)が関係していると考えられており、VEGFを阻害することにより脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。

現在認可されているVEGF阻害薬にはマクジェン(R)、ルセンティス(R)、アイリーア(R)という3種類の薬があり、いずれも目の中(硝子体腔)に注射します。

(2)光線力学的療法(PDT)
ビスダイン(R)という光感受性物質を点滴し、その後に非常に弱い出力の専用のレーザーを病変に照射する治療法です。治療のためには専用のレーザー装置が必要であり、眼科PDTの認定医が行う必要があります。

(3)レーザー凝固
脈絡膜新生血管が黄斑の中心から離れた場所にある場合には強い出力のレーザー光線で病変を凝固し、破壊することがあります。

(4)手術
脈絡膜新生血管を抜去したり、黄斑を移動させる手術が以前は実施されていましたが、最近は光線力学的療法やVEGF阻害薬が使えるようになり、ほとんど行われなくなっています。

加齢黄斑変性の予防には、禁煙と魚中心の食事が効果的

(1)禁煙
喫煙は、たくさんの研究で明らかになっている確実な危険因子です。禁煙しましょう(ただし、禁煙の効果が出るには10年くらいかかるという報告もあります)。

(2)サプリメント
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることがわかっています。

(3)食事
緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事の方が良いようです。

加齢黄斑変性の前段階所見としては、ドルーゼンと網膜色素上皮の色素ムラがあります。

そのような所見がないかを診てもらうために、「老眼」と勝手に決めつけず、50歳を過ぎたら定期的に眼底検査を受けましょう。早期発見、早期治療が大切です。

仕事始め前にゆっくり休めて!! 2人に1人が「疲れ」を感じ、6割以上が「目のコリ」を実感!!


見逃せない、目のコリとは?

そろそろ仕事始め。また忙しい日常になりますが、その前に休めておきたいのは、目。働く女性は予想以上にみんな疲れているようです。

参天製薬が20代~40代の働く男女500名にアンケートを実施。働く男女の疲れと身体のコリについての調査した結果、58%が「頻繁に疲れを感じている」と回答。「疲れを感じていない」という人はわずか8%でした。

この調査からも日本人はとにかく疲れていることがわかったのです。

◆疲れを感じる頻度は?
常に疲れを感じている  22%
よく疲れを感じている  36%
時々疲れを感じている  34%
あまり疲れを感じることがない  6%
全く疲れを感じることがない   2%

さらに仕事中に感じる疲れている場所を尋ねたところ、最も多かったのは「身体のコリ」。長時間同じ姿勢を続けている人も多いことから、身体のコリを感じている人は予想以上に多く、7割以上の人が悩んでいることがわかりました。

そして予想以上に多かったのが、「目の疲れ」を感じている人。「身体のだるさ」や「眠気」よりも多くの人が感じていることがわかりました。

◆疲れを感じている場所は?
身体のコリ 72%
目の疲れ  61%
身体のだるさ 52%
眠気     46%
その他    2%
特になし   2%

さらに詳しく「身体のコリ」についてその部位を尋ねてみると、1位は肩(71%)、2位は首(59%)、3位は目(42%)、4位は腰(38%)という結果に。デスクワークが多い女性にとって、肩や首のコリはもちろんのこと、目のコリを感じている人が多いこともわかりました。

カラダのコリと目のコリに注意して、2015年も快適に!

肩コリの大きな原因は、長時間同じ姿勢を続けることによっておこる筋肉の収縮と硬化。そして姿勢の崩れ。言い換えると、しばらく同じ姿勢を続けることで、筋肉が持続的に緊張をし、筋肉疲労を起こし、筋肉が硬くなってしまうのです。

特にパソコン作業が多い人は、熱中するとどうしても首が少し前に突き出て頭が前に落ち、肩は前にすぼめるような姿勢になりがち。姿勢が崩れると頭の重さを受け止め支えるのはかなりの負担になるのです。

そこで大切なのは、長時間続けた崩れた姿勢をリセットすること。席についたまま肩を回す程度でも充分効果的なので、できれば30分に1度、最低でも1時間に1度は首・肩・背中の筋肉を動かしてあげましょう。

目のコリは、定期的な目の休息&目薬も効果的!

目の疲れを取るには、目を休めることが一番。デスクワークが多い人は、パソコンによって目を酷使しているので定期的に目を労わることが大切です。

数分間、パソコンから目を離すだけでもOK。あたたかいタオルなどで目を温めたり、目の周りの筋肉を優しくほぐすのもいいでしょう。この時強くこすらないことだけは気をつけて! 

また疲れ目対策の目薬などを使ってもいいでしょう。参天製薬の「ソフトサンティア ひとみストレッチ」は、コンタクトレンズユーザーにも使用できる疲れ目対策目薬です。

9割の人が知らない!「強度近視」は失明の原因になる恐れアリと判明


日本人の多くが悩んでいると言われる“近視”。眼鏡やコンタクトレンズを使用すれば問題ないなどと思いがちですが、実は“強度近視”になってしまうと、失明の原因になるおそれもあるのだそうです。

ところが、バイエル薬品株式会社が、20~60代の近視の男女1,000名を対象に行ったアンケートによると、多くの人が“近視の危険性”を把握できていないことが判明しました。

■9割の人が「強度近視」が失明の原因になりうると知らない

まず、「強度近視という言葉を聞いたことがありますか?」と聞いたところ、「ある」と回答した人は29.3%となり、「強度近視」の認知度は3割以下という結果になりました。

また、「強度近視が失明の原因になりうることを知っていますか?」との問いにも、「知らない」と回答した人が90.2%となり、その危険性もほとんど知られていないことがわかりました。

■7割の人が「自分の近視度数」を把握できていない

次に、「自分の近視の度数(メガネやコンタクトレンズの屈折率)を知っていますか?」と尋ねたところ、73.4%の人が「知らない」と回答。近視を矯正している人であっても、自分の近視の度数を把握していない人が多数であるという実態が浮き彫りとなりました。

ただ、強度近視が失明の原因になりうることを「知っている」と回答した人の場合は、「自分の近視度数を知っている」が46.9%と一気に増加。やはり失明リスクを知ると、自身の症状への関心も高まるのでしょう。

■「近視の定期受診」は2割程度の人しか行っていない

最後に、「メガネやコンタクトレンズの処方以外に、近視を診てもらうために定期的に眼科を受診していますか?」との質問に、「受診している」と回答した人は21.5%と、約2割程度という結果となりました。

ただこちらも、強度近視が失明の原因になりうることを「知っている」と回答した人の場合は、「受診している」が41.8%と大幅に増加しています。

まずは「強度近視の失明リスク」を認識することが、近視への意識を変える大きな要素になるようですね。

近視は身近で多くの人が抱えている悩みでもあるので、そこまで危険性を感じていない人が多いようです。まさか失明リスクがあるとまでは、考えていないことでしょう。

“強度近視の危険性”をしっかりと認識して、近視の定期受診などに行くことが、危険回避への一番の近道ですよ。

目元の【クマ】は【疲れのパロメータ―】!


●目の疲れがくまを招く理由

目の下にくまができるのは、睡眠不足や長時間のパソコン作業などによる「目の疲れ」からくる血行不良が主な原因です。

血行が悪くなると、血液中の赤い色素が赤黒くなり、それが皮膚の下から透けて見えるのです。

こういったくまは「青くま」とも呼ばれます。

また、血流やリンパがスムーズに流れなくなると、肌へ栄養が行き渡らずに新陳代謝力も落ちてしまい、色素沈着が起きやすくなります。これは、いわゆる「茶くま」の原因となります。

●疲れ目対処法

血行不良の改善によって、疲れ目は解消できます。血行を改善するためには、以下のような方法がオススメです。

○十分な睡眠

十分かつ良質な睡眠をとることで、血行不良が改善されることで疲れ目に効果があるだけでなく、肌の新陳代謝も高まるため活性酸素の発生を抑えることにもつながります。

青くま、茶くまのどちらの対処法としても有効です。

○目をあたためる

目の周りを温めることで、目の周りの血行が促され、血行不良によって引き起こされる青くまの改善に繋がります。

目をあたためるグッズは市販品がたくさんありますが、ホットタオルであれば電子レンジで簡単に用意することもできます。

『血行不良が原因で出る目の下くま(クマ)』をご参照ください。

○目のストレッチ

ウインクで目の周りをほぐす運動や、眼球を上下左右に動かしたりぐるぐる回したりして目の周りにある筋肉を動かすことで血行を良くします。

長時間のパソコン作業などで目が疲れたときに行ってみてください。

○入浴・運動・規則正しい生活

ほかにも血行改善には、ぬるめのお湯にゆっくりつかったり、ほどよく汗ばむ程度の運動を行ったり、規則正しい生活を心がけたりすることも有効。

これらは、血行改善だけでなくたまっていたストレス解消にも役立ちます。

いずれの対処法も簡単にできるものばかりですので、日々の生活にぜひ取り入れてみてください。

(この記事の監修: Theoryクリニック 院長 / 筒井裕介 先生)

緑内障は「40歳以上の20人に1人」が該当、9割は未発見…見えていても発症の可能性あり


緑内障は視野が徐々に欠け視力が低下していく病気で、40歳以上でリスクが高くなる。3月6日から12日まで、国内の公共施設やランドマーク、多数の医療機関などにおいて、緑内障のシンボルカラーであるグリーンにライトアップする運動「ライトアップ in グリーン運動」が展開中だ。実行委員長である「たじみ岩瀬眼科」(岐阜県多治見市)の岩瀬愛子院長に、運動を通して伝えたいことを聞いた。


「伝えたいのは、早期発見、継続、希望という3つのキーワードです。緑内障を他人事と思わず検診で早期発見につなげてほしい。治療の継続が大事だと理解してもらいたい。進行して発見された人や、すでに今進行している人は、見えている部分を失わないために治療法は年々改善されているので希望を持って治療を続けてほしい」


この運動は、国際的な緑内障啓発活動期間である世界緑内障週間の事業として、2015年から国内5カ所で始まり、その後、日本緑内障学会の公式事業として次第に活発化。今年は、国内で約670カ所の実施となった。現在は海外にも、「light-up in Green」の名前で広がり始めている。

岩瀬院長によれば、「緑内障はいまだ適切に認識されているとは言い難い状況」だという日本緑内障学会が岐阜県多治見市で大規模な疫学調査「多治見スタディー」を行ったのは2000~01年。学会の総力をあげて取り組んだ事業で、岩瀬院長はその現地担当者だった。

「多治見スタディーでは程度の差はあれ、40歳以上の20人に1人は緑内障との結果が出ました。そして別の特徴として、未発見者が多く(全体の89.5%)、自覚症状がないため検診を受けておらず、目の検査といえば視力検査でいいと思い込んでいる人が大半であることが分かったのです」

これではいけないと、眼科医らは多治見スタディーの結果をあちこちで報告し、講演会や検診などを行った。「ところが外来を訪れる患者さんの傾向は一向に変わりません。進行してからようやく受診する人が後を絶たないのです」

■強度の近視は高リスク

加齢でリスクが高くなる病気には白内障があり、手術で治せる。緑内障の症状を白内障と間違い、手術で治ると思って受診する人も多い。

「眼科で緑内障と診断され、全員が失明するわけではないのに、短絡的に緑内障イコール失明とつなげ、絶望感でパニックになる人もいました」

ライトアップ運動では、まだまだ足りない緑内障についての正しい知識を広めようとしている。押さえておくべき点は次の通りだ。

【見えていても緑内障】

「緑内障のほとんどは両目に起こりますが、進行スピードが異なります。一方の目で、もう一方の見えにくさをカバーするため、見え方の変化を自覚しにくい。見えていても異常なしとは言えない。眼科医が行う眼科検診を最低でも3~5年に1回受けてください」

ただし、過去に「緑内障の疑いあり」「眼圧が高い」「視神経乳頭陥凹拡大(視神経の中央部のへこみが大きくなった状態)」のいずれかを指摘された人、または「強度近視」「家族に緑内障がいる」「ボールを目にぶつけたことがある」などのいずれかに該当する人は、1年に1回の眼科検診が必要だ。

【緑内障の再検査で異常なし、で安心しない】

「再検査では異常なしでも、その次は違う可能性があります」

前項で触れたようにできれば年1回の検診を。

【だれでも発症する可能性がある、と自覚する】

これが非常に重要だ。

「高齢者の病気と思われがちですが、多治見スタディーで示すように、40歳以上はだれでもリスクがある。だれにでも眼科検診が必要なのです」

緑内障は失明リスクのある病気だが、点眼薬の治療の継続で進行を抑えられ、日常生活に支障が出ない状況を保てる。早期発見、そして定期的な検診と治療の継続が肝要なのだ。


ここまで進んだ最新治療 アイフレイルとは何か? 加齢で徐々に目の機能が低下、「緑内障」「白内障」検診で早期発見を 順天堂大学・平塚義宗先任准教授が解説


日本眼科学会や日本眼科医会などでつくる日本眼科啓発会議は昨年から、加齢によって目の機能が低下した状態を「アイフレイル」と名付け、早期受診などの対策の呼びかけを始めた。

近年では、加齢に伴い心身の働きが弱り要介護になる手前の状態を「フレイル」と呼び、関連して口腔機能の低下は「オーラルフレイル」と呼ばれるようになった。これらの概念と同じように、アイフレイルは健康な目から視覚障害に至るまでの中間の状態だ。

しかし、目の健康に対する意識は低く、なかなか眼科検診までつながらないのが現状。アイフレイルに詳しい順天堂大学医学部眼科学講座の平塚義宗先任准教授=顔写真=はこう話す。

「40歳以上に行われている特定健診の中で眼底検査は、血圧や血糖が一定条件を満たし、医師が必要とした人のみ行われるので、地域住民の82%の人が受けられていません。また、失明原因1位の緑内障は、初期では症状がないので発症していても約9割の人は診断されていないと推定されています」

加齢と共に増加する主な眼疾患は、「緑内障」「白内障」「加齢黄斑変性」「糖尿病網膜症」など。どれも初期には自覚症状が少なく、10年くらいかけて徐々に進行する。しかし、検診で眼底写真を1枚撮るだけでも、かなり高い確率で早期発見ができるという。

日本眼科啓発会議は昨年6月、40歳以上の男女約1万3000人を対象に調査を実施。うち約9割の人は「小さな文字が読みにくい」「目が疲れやすい」「視力が低下している」など、目に何らかの気になる症状があると回答。その一方で、目の検査を受けている割合では、約4割の人が「ここ3年は受けていない」と回答している。

何らかの症状があっても眼科を受診しないのは、「年のせい」としてしまう人が多いからだ。そこで同会議は、アイフレイルを疑う目安として「自己チェックリスト」(別項)を作成した。2つ以上該当したら眼科の受診を勧めている。

「アイフレイル予防の目的は、目の病気を治すためだけではありません。アイフレイルは、フレイルやオーラルフレイルにも影響を及ぼし、健康寿命を短縮させるからです。海外の研究では視覚障害があると、転倒・骨折のリスクが2・5倍、うつ症状のリスクが約2・7倍増加するという報告があります」自己チェックリストの項目に該当しない人でも、40歳を過ぎたら一度は眼科検診を受けてもらいたいという。 (新井貴)

■アイフレイルの自己チェック

□目が疲れやすくなった

□夕方になると見にくくなることがある

□新聞や本を長時間見ることが少なくなった

□食事のときにテーブルを汚すことがある

□眼鏡をかけてもよく見えないと感じることが多くなった

□まぶしく感じやすい

□まばたきをしないとハッキリ見えないことがある

□真っすぐの線が波打って見えることがある

□段差や階段で危ないと感じたことがある

□信号や道路標示を見落としたことがある

※2つ以上該当したらアイフレイルの可能性がある

白内障と緑内障 病気ごとに「良い眼科医」を見分けるポイントとは?


良い眼科医の見つけ方を平松類医師が解説© NEWSポストセブン 提供 良い眼科医の見つけ方を平松類医師が解説

 すぐに命に関わることはなくても、普段の診療から最適なケアを受けたい。特に眼の病気はいつの間にか悪化することもある。専門的な知識を持ち、親身になって病気に向き合う良い眼科医の見つけ方を紹介しよう。眼科医で二本松眼科病院に勤める平松類氏は、「最も重要なのは患者の話を聞く医師かどうか」だと語る。

「眼の診療では『ゴロゴロする』『目やにが多い』など、検査の数値に表われにくく原因が判然としない症状で来院する方が多い。そのため、医師としての技量だけでなくコミュニケーションが一層大事になるのです」

 名医と出会うきっかけになり得るのが、メガネやコンタクトレンズだ。

「眼科はほかの診療科と異なり、大きな病気がなくても日常的に受診するタイミングがある。眼科でメガネやコンタクトレンズの処方箋をもらう際に『この医師は相談にきちんと乗ってくれる』と思えれば、相性が良い可能性は高いでしょう」

 病気ごとに「良い医者」を見分ける手がかりもある。まずは80代になるとほぼ全ての人に症状が見られる「白内障」だ。

 白内障は眼のレンズ(水晶体)が白く濁る病気で、手術が基本的な治療法とされる。その際、医師から「レンズの選択肢」を提案されるかどうかが判断材料になるという。

「白内障の手術では、職業上や生活上の理由など本人の希望や目的に応じて、遠近両用レンズ、遠くが見やすいレンズなど、最適なものが選べる時代です。ですが上から目線の医師だと、『これを入れておけばいい』とほかの選択肢を説明しないことがあります」

 手術後にレンズの選択肢があることを知り、後悔する患者は多いという。

経過観察は丁寧か

 失明原因の第1位である「緑内障」ではどうか。平松医師は、緑内障の治療では「数値」の経過を丁寧に説明するかどうかの“客観性”がポイントになると指摘する。

「眼の病気は数値だけでは判断が難しいと言いましたが、緑内障は違います。例えばMD値(単位:デシベル)という数値で視野の状態を診る検査があります。正常であれば『0』で、逆に『-30』だと失明に近い状態、『-20』で自覚症状として見づらさを感じる段階に入ります。

 ところが、『-10』程度では少しずつ数値が悪くなっていても、悪化に気付かないことが多い。むしろ進行するまで自覚症状がないので、医師の『まだ大丈夫』の一言で定期的な通院を怠った結果、最悪の場合は失明してしまうこともあります。

 初期だとしても、視野検査の結果や数値を用いて『この状態なのでまだ手術は必要ありません。経過観察しましょう』と言う医師を選ぶのがよいでしょう」

 また緑内障は最新治療を提案されないケースがあるという。

「緑内障は、手術をやりたがらない医師が多い。白内障に比べて手術の難易度が高く、術後に『目がゴロゴロする』などのクレームを受けることがあるからです。患者さん自身が症状の悪化に気付きにくいこともあり、お互いにズルズルと手術を先延ばしにしがちです」

 患者はどうすべきか。

「手術のタイミングを医師任せにしないことです。患者さんの希望次第で早期にも可能な積極的治療である『眼圧降下切開手術』などを受けるには、検査の数値について医師に説明してもらい、患者さん自身の意思を伝える必要があります。

 また評価の高い眼科医院ほど、限られた時間での診察になりがちです。眼科は患者数が多く内科の3倍は患者さんを診なければいけないことも多い。患者さんは日常のどんな困りごとを改善したいかをあらかじめ紙に書いて、診察時に伝えてほしい」

※週刊ポスト2021年12月24日号

放置すると視力悪化!ドライアイ対策に「目を温める方法」を眼科医が解説


「ドライアイ」というと、「目が乾く」イメージがあり、目薬で潤いをプラスする人も多いでしょう。

実はドライアイの正確な定義は、「目を保護している涙が乾きやすい状態」のこと。ドライアイを放置しておくと、視力が低下することもあるため、対策をした方がいいと言われています。

話題を呼んでいる新書『眼科医だけが知っている 一生視力を失わない50の習慣』(SB新書)の著者で眼科医・平松類さんに、ドライアイの症状と対策について解説してもらいました。

【目次】

ドライアイを見分ける方法とは?
ドライアイの対策は、目を温めること
外出先やお風呂の中で簡単に目を温める方法

◆ドライアイを見分ける方法とは?

そもそも、自分がドライアイかどうか、自覚する方法はあるのでしょうか。

「もちろん眼科医の診断が一番正確ですが、もし自分で簡単に見分けるなら、まばたきを12.4秒間、我慢してみてください。途中でまばたきをしてしまったら、82.5%の確率でドライアイといえます。

ドライアイの人ほど涙を作るためにまばたきをしようとするからです。まばたきによって上まぶたと下まぶたが重なり、眼球の一番外側にある角膜が刺激され涙が分泌されるのです」(平松さん・以下同)

ドライアイは目が疲れやすく見えづらい

ドライアイの人は、目が乾きやすいというつらさだけでなく、健康な目の人に比べて目が疲れやすく、見えづらくなるのも問題です。

「ドライアイの人は視力が低下します。ここでいう視力とは、視力検査で瞬間的に測る視力ではなく、1日の時間帯や目の使い方で変動する視力を継続的に測る『実用視力』です。

例えば、1日中パソコンに向かったあと、目が見えづらくなると感じたら、危険信号。ドライアイの人は、涙の質が良くないため、少し目を使うとすぐに疲れてしまい、見えづらくなるのです」

◆ドライアイの対策は、目を温めること

では、どう対策をしたらよいのか。その前に、ドライアイはどのようにして起こるのか、メカニズムを知っておきましょう。

「私たちの目を乾燥などから守るのは、涙。まるで透明な皮膚のように、目を保護する涙の質が、ドライアイかそうでないかを左右します。

涙の成分は、水と油の他、さまざまな物質で構成されていますが、ポイントは油。ドライアイは、目の水分不足と思われがちですが、実は水分量ではなく油分量、つまり水と油の配分が問題なのです。

涙の油分は、上下まぶたに無数にある『マイボーム腺』から分泌されています。ところが目が冷えると、分泌された油分が固まり、マイボーム腺をふさいでしまい、油が十分に供給されなくなります。

その結果、涙の成分がほぼ水だけとなり、目から潤いが失われやすくなるのです。油は温まると溶け、冷えると固まる性質や、油は乾きにくく水は乾きやすい性質を考えると、納得がいくでしょう」

「目を温める習慣」がおすすめの理由

そこで、“涙”の代わりとなりうる目薬で対処するわけですが、他にも自宅でできる対策はあります。「目を温める習慣」です。

「前述のように、目を温めるとマイボーム腺に詰まった油を溶かし、新たな油も分泌されます。その結果、涙の成分である水分と油分のバランスがよくなり、目を保護する涙の質がよくなるのです」

目を温めることは“いい涙”を作るだけでなく、眼精疲労や視力低下を防ぐ役割も。

「目を温めると血行がよくなり、眼精疲労が軽減します。実際、目を温める方法を試した人は、かなりの確率で『見えやすくなった』と感じています。それは、目の構造が変わったり機能が上がったりしわけではなく、眼精疲労による一時的な視力低下が回復したからです」

◆外出先やお風呂の中で簡単に目を温める方法

目を温めるためのグッズとして、「ホットアイマスク」などはドラッグストアでも見かけますね。でも、わざわざ買わなくても目を温める方法はあります。まず、外出先でもメイク崩れを気にせずできるのが、手で目を優しく覆う「パームアイ」という方法です。

「気温が低い時期、両手を10回程度こすり合わせて温めたら、その手を、水をすくう時のようにカップ状にします。そして、閉じた目を優しく包み込むように30秒から1分間ほど覆います。まぶたが、ほんのりと手の温かみを感じるくらいがちょうどいい加減です」

ホットタオルで目を覆うやり方

一方、自宅で過ごしている時、夜のくつろぎタイムに行いたいのが、ホットタオルで目を覆う方法。

「タオルを軽く濡らして、水がしたたり落ちない程度に絞ります。そのタオルを、電子レンジに入れ、600Wで40秒ほど、温めます。それから両目を覆うことができるくらいの大きさに折り畳みビニール袋に入れて、目を閉じてまぶたに乗せ、1~5分程度、じっと過ごします。

あるいは、入浴の際、お風呂場にタオルを持ち込み、湯船に張った40~43℃のお湯に浸して絞る方法も。タオルが冷めてきたら、また湯船に浸して絞ればいいので、繰り返しホットタオルで温め続けることができます。

なお、ホットタオルもパームアイも、結膜炎や目のアレルギー症状、充血、腫れ、かゆみなどが見られる時、目をぶつけたあとなどは行わないようにしましょう」

ドライアイの救世主となる涙は、目薬で“足す”だけではなく、温めて“作る”ことも可能。早速今日から始めてみましょう。

◆教えてくれたのは:眼科医・平松類さん

医師、医学博士、昭和大学兼任講師。現在、二本松眼科病院で副院長専門知識がなくても分かる歯切れのいいコメントが好評で、メディア出演多数。目の健康情報を無料配信しているYouTube「眼科平松類チャンネル」は登録者7万人以上と高い支持を得ている。http://www.nihonmatsu.net/drhiramatsu/

レーシック手術の闇。現役医師が警告する「合併症・後遺症」のリスク


近視を裸眼で1.0程度まで回復させるという「レーシック手術」。眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放されるとあって、手術を受けたり検討中という人も多いのではないでしょうか?

その反面、術後のトラブルが多いのも事実で、メディアでも大きく取り上げられています。今回のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、著者の徳田先生が、レーシック手術を受ける前に知っておくべきリスクなどの「闇」の部分を詳細に解説しています。

眼鏡とコンタクトレンズ

近視が手術で治る。私のような近視の人にはとても素晴らしいことのように聞こえます。実際、そのような触れ込みで広がった屈折矯正手術。なかでも、レーザーを用いたレーシック手術は多くの人々が受けました。

手術で近視が矯正されて眼鏡やコンタクトレンズが要らなくなった人々が大勢いるのは事実です。しかし、手術という人間の行為は完全で無欠点ではありません。レーシック手術にも闇の部分があるのです。

近視や遠視、乱視は屈折のずれからおきます。屈折のずれを矯正するもので最もよく利用されているのは眼鏡です。日本には室町時代にキリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルが初めて伝えたとされています。

その後、眼鏡はファッションの一部にもなりました。最近では、カラフルなものも出回っていますね。映画ファンの私は、往年の喜劇映画スターのハロルド・ロイドが掛けていた円形眼鏡が好きでした。現代では眼鏡はもはや医療器具と言うよりファッションの一つとなりました。

そのあとに開発されたコンタクトレンズもかなり普及しました。眼鏡をかけることが難しい状況にある人々にはよい商品となりました。角膜の表面に装着されるコンタクトレンズの開発は、その後の屈折矯正手術の登場につながることになりました。角膜そのものを矯正すればよい、と考えるようになるからです。

それを可能にするためにはテクノロジーの発展が待たれていました。案の定、それは可能になりました。それは、超短波長のレーザーの開発によってでした。

エキシマレーザーの開発

そのレーザーとはエキシマレーザー。半導体製造でも用いられるほどのもので、精巧に組織を削ることができます。また、熱を出さないので、周りの組織にダメージを与えることはありません。これをコンピュータ制御でビーム射しますので、ミクロレベルの精密さで「かんな」のように角膜組織の形を変えることができるのです。

実際のレーシック手術ではまず、角膜の表面を部分的に切り込みを入れてフタのようなフラップを作り、その内部の組織にレーザーを当て、最後にフラップを戻します。

欧米に続きレーシック手術は2006年に日本でも正式に認可されました。ただし、保険医療としては認可されていません。それは、眼鏡やコンタクトレンズが保険認可されていないのと同じ理由です。そのため手術費用はかなり高額です。施設により異なりますが、片目あたり10~30万円程度かかります。

それでもこの手術はかなり人気を博しました。眼鏡をできるだけ避けたいと考える若い人々が中心です。また最近では、このレーシック手術も新しい技術を導入しています。ウェーブフロント・ガイドというタイプのものでは、あらかじめ光の乱れ具合を測定しておき、その程度を最小にするような方法でカスタマイズすることに成功しています。

レーシックの手術時間は約40分間と短く、日帰り手術で行われます。大部分の人は手術の翌日から裸眼での視力が1.0以上に回復します。回復が不十分なケースの場合、再手術が必要となったり、眼鏡やコンタクトレンズの装着が追加で必要となったりすることもあります。

レーシック手術の闇とは

しかしながら、手術は100%成功するとは限りません。レーシックも手術なのです。手術しても近視が残ってしまったケースもあります。また、矯正しすぎて遠視になってしまったりするケースもあります。

角膜のフラップが手術後ずれたり、感染したりすることも報告されています。東京都内のある眼科クリニックでこの手術を受けた患者のうちから感染性角膜炎を発症したケースが多数出たことが報道されました。手術器具の滅菌消毒が不十分であったことなど、ずさんな管理体制が明るみになりクリニック管理者逮捕にまで至りました。

上に挙げた種類の合併症は、数%程度と比較的まれですが、ドライアイなどはかなりの割合で認められます。目が乾燥して違和感を感じたりします。乾燥がひどくなると角膜炎や結膜炎等をきたすこともあります。そのため、手術後も、眼科専門医の指導に従ってきちんと点眼を行い、定期的な検査を受けることが大事です。

最も重要なことは、このような合併症のリスクについてきちんと説明を受けてから手術を受けるかどうか判断することです。それぞれの合併症の可能性をきちんとした数字で説明してくれる眼科クリニックがオススメですね。日本眼科学会の講習を受けた眼科専門医で受けることをお勧めします。

手術後の合併症の割合は術者によっても異なるからです。私の場合はそれよりも、他の人からの見た目ではなく人間としての内面を高めていくことを目指すべきと若者には話すようにしています。

文献
Kruh JN, Garrett KA, Huntington B, Robinson S, Melki SA. Risk Factors for Retreatment Following Myopic LASIK with Femtosecond Laser and Custom Ablation for the Treatment of Myopia. Semin Ophthalmol. 2016 Apr 6:0.

image by: Shutterstock.com

『ドクター徳田安春の最新健康医学』
世界最新の健康医学情報について、総合診療医師ドクター徳田安春がわかりやすく解説します。生活習慣病を予防するために健康生活スタイルを実行したい方や病気を克服したいという方へおすすめします。

http://www.mag2.com/m/0001657727.html

メガネいらずは実現するか…老眼は緑内障薬で治療できる?


写真はイメージ© 日刊ゲンダイ ヘルスケア 写真はイメージ

【医者も知らない医学の新常識】

命に関わる病気ではなくても、多くの人が治療を希望している病気があります。その代表のひとつは「老眼」です。誰でも加齢とともに体験する、近くのものが見えにくくなる症状です。

目は遠くのものから近くのものまで、その距離によって見たいものに焦点を合わせるという便利な機能を持っています。カメラの絞りのような機能ですが、その働きは年齢とともに低下し、近くのものを見るのに老眼鏡が必要な状態になるのです。

これは水晶体と呼ばれるカメラのレンズのような部分の柔らかさや、それを調節する筋肉の働きが、加齢によって低下することにより起こると考えられています。

メガネ以外に治療がないと思われていた老眼ですが、古くからある目薬を使うことで、簡単にその症状が改善する可能性があることが、最近、臨床試験で確認されて話題になっています。その薬は緑内障という病気に使用される「ピロカルピン」です。

ピロカルピンは瞳孔を小さくする(縮瞳する)働きを持つ目薬ですが、それを使用すると目の近くに焦点が合うようになるのです。すべての老眼の患者さんに有効というわけではありませんが、老眼鏡がないと本が読めない人が、目薬をさすと数時間は裸眼で本が読める、というような効果があることが報告されています。

まだ一般の使用はできませんが、近い将来、老眼が目薬で改善する時代が来るかもしれません。

(石原藤樹/「北品川藤クリニック」院長)

白内障の「早期」で手術を受ける人も 背景に眼鏡が不要になる「眼内レンズ」の進化


AERA 2021年11月15日号より© AERA dot. 提供 AERA 2021年11月15日号より

 欧米を中心に白内障の早期で手術を受ける人が増えつつある。眼内レンズの進化で、眼鏡不要の可能性が広がっているからだという。AERA 2021年11月15日号は、眼科医に最新事情を聞いた。

*  *  *

 新しい人生が始まりました。気持ちが明るくなり、何かをやろうという意欲が湧いてきました──。東京歯科大学水道橋病院眼科のビッセン宮島弘子教授のもとには、白内障手術を受けた患者からの手紙が何通も届いている。いずれも「嬉しくてつい書いてしまった」という気持ちがあふれるものばかりだ。

「目からの情報が8割と言いますが、白内障の手術で視力を取り戻すことで、読書やおしゃれなど諦めていた楽しみを取り戻せる人が多いのだと思います」(宮島さん)

 白内障は、目の中でカメラのレンズのような働きをする水晶体が濁り、集めた光が十分に眼底に届かなくなる病気だ。一般的には加齢による白内障が多く、患者の9割が65歳以上。だが、早い人では40代から発症する。症状としては「視界がかすむ」「ものがぼやけて見える」「視力低下」「ものが二重三重に見える」「光を眩(まぶ)しく感じる」などだ。

■白内障でなくても手術

 白内障の治療は、角膜を切開して濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する手術しかない。いわば、カメラのレンズを濁りがない新たなものに取り換えるのだ。点眼薬もあるものの、進行を遅らせる程度で、水晶体の濁りは取れない。かつては、軽症のうちは点眼薬で対処し、日常生活に支障をきたすようになれば手術、という流れだった。しかし近年、欧米を中心に白内障手術に対する考え方が変わってきている。

「白内障の早期で手術を受ける人が出てきているのです。中には、白内障でなくても手術を受ける人もいます」(同)

 理由は二つ。まず、白内障手術の安全性が非常に高まっていること。次に、眼鏡やコンタクトレンズがほぼ不要になる眼内レンズが登場したこと。特に、後者によるものが大きい。

 現在使われている眼内レンズは、大きく分けて「単焦点型」「連続焦点型(3焦点型を含む)」「焦点深度拡張型」の3タイプ。このうち、最初に発売されたのが、単焦点型だ。唯一、健康保険が適用される。遠距離か近距離のどちらかに焦点が合い、焦点が合わない距離を見るときは眼鏡が必要になる。

 2008年には遠距離と近距離に焦点が合う2焦点型が登場。しかし、中間の距離が見えないため、そこを見るには眼鏡が必要だった。それが19年、「遠距離も中間も近距離もすべてに焦点が合う眼内レンズ」として、日本で初めての3焦点型が発売。さらに21年、同じく遠距離も中間も近距離もすべてに焦点が合う連続焦点型が発売された。

 単焦点型と連続焦点型(3焦点型を含む)の中間的な位置付けなのが、17年発売の焦点深度拡張型だ。焦点の数を増やすのではなく、焦点が合う位置の範囲を広げたもので、見え方としては単焦点型に近い。単焦点型と同じくらい遠くが見え、見える範囲が中間まで広がるが、近距離の見え方は連続焦点型より劣る。場合によって、眼鏡が必要になる。

 たとえば、観光地で遠くの景色から手元のガイドブックまですべて眼鏡なしで見えるのが連続焦点型。焦点深度拡張型は、遠くの景色は眼鏡なしでOKだが、ガイドブックを見るときは眼鏡が必要かもしれない。

 眼鏡の要不要の面だけ見ると、連続焦点型は、単焦点型、焦点深度拡張型に勝るように思える。しかしマイナス面も。濃淡がはっきりしない「コントラスト感度の低下」や、強い光がまぶしく感じたり光の周辺に輪がかかって見えたりする「グレアハロー」が起こる可能性があるのだ。この二つは、焦点深度拡張型でも起こり得る。生活の中で何に重きを置いているかを考え、眼内レンズを選ぶべきだ。

「とはいえ、眼鏡やコンタクトレンズがないとほとんど見えない、眼鏡やコンタクトレンズの生活が不便だという人にとっては、早くに手術を受け、連続焦点型の眼内レンズを入れることで、眼鏡を使わずに済むようになる。今後は日本でも、早期の白内障でも手術を望む人が出てくるのではないでしょうか」(同)

■選定療養の対象になる

 連続焦点型、焦点深度拡張型は保険が適用されないが、20年4月から基本的な手術は保険、多焦点の差額が保険適用外で自己負担という「選定療養」の対象となった。施設で異なるものの、自己負担額は片目で20万円前後から30万円前後だ。一方、単焦点レンズは保険で、自己負担額が片目3万~5万円。

 なお、白内障は両目に発症することがほとんどだが、手術は片目ずつが一般的。片方の目を連続焦点型の眼内レンズにし、コントラスト感度やハロー・グレアの様子を見て、「大丈夫そうだからもう片方も連続焦点型」「コントラスト感度やハロー・グレアに慣れないからもう片方は単焦点型」ということもできる。医療機関によるが、日帰り手術、入院手術の二つの選択肢がある。(ライター・羽根田真智)

※AERA 2021年11月15日号

たった50秒で目の疲れが取れる! 押すだけで「眼精疲労を解消する」簡単ツボ


今回は、目が疲れやすいという方におすすめのツボを教えていただきます。丁寧なツボの場所と押し方(ここ重要)が、もふねこ教授ならでは! 東洋医学を専門としているもふねこ教授に詳しく講義していただきます。身近なお悩みを、ツボで即解決! 

目の疲れのツボ

© ananweb 提供

【もふねこ教授の肉球ツボ講座】vol. 15

ど~も、もふねこ教授です。人間社会はスマホ、デスクワーク、テレワークなど、ますます目を酷使しているようですニャ。自宅でくつろいでいても、目だけは残業してるんですよねぇ。テレビドラマも長時間見るし、本もあれこれ読むし、郵便受けのチラシや広告まで見ちゃったりして。あ、わたしはチラシの入っている透明の封筒のノリをカミカミするのが大好きなんですけど。

まぁそれは置いといて、こんなに目を過重労働させてるんだから、みなさん目が疲れるっていうのは当然ですニャー。眼精疲労がひどい人は目の疲れだけじゃなくて、頭痛、肩こり、めまい、視力低下なんかも出てくるから、目の酷使はほどほどに。今回はそんな目の疲れを和らげるツボを紹介するニャッ!

攅竹で眼精疲労を解消

目の疲れのツボをひとつ選ぶとしたら攅竹です。眉毛の中央から内側に向かって押さえていくと、ちょっとした骨のくぼみに触れますよね? そこが攅竹のツボです。くぼみが一番わかりやすいのは親指で押さえたとき。たとえば右の眉毛を右の親指で押さえていくと、眉毛の内側のところで微妙にへこんでいる(前頭切痕といいます)のがわかるでしょう? そこです!

© ananweb 提供

右の攅竹は右の親指、左の攅竹は左の親指の先でジワーっと押さえていきます。重いような痛いような感覚がツボの周囲に広がりますよね? 10秒押さえたら10秒休憩、それを3回くり返します。でも、1度に繰り返すのは3回まで。このツボは三叉神経から枝分かれした神経が通っていて、押さえすぎると痛みが残るので注意! 次に押さえるのは数十分たってから。あと、大事なのは押さえる方向です。内上方に向けて、やさしく、少しずつ圧を加えていきましょう。ほら、何だか目がスッキリして目ヂカラが戻ってきませんか?!

© ananweb 提供

目をいたわる配慮を

言っときますけど攅竹を押さえるのは、疲れを取ってもっとたくさん仕事をするためじゃないですからね! 現代の人間の目は明らかに酷使し過ぎ。スマホやPC画面を1時間見たら、必ず数分以上は目を休ませてあげましょう。

目薬だけじゃダメ。ちゃんとしばらく目を閉じる時間を確保する、窓の外の遠くを見る、部屋の明かりと画面の明るさのバランスを考える、メガネやコンタクトの度数が合っているか確認する……などなど。それから、前に紹介した風池と曲池のツボも押さえると効果的です。

う~ん、攅竹、しみるぅ~。さて、じつは今、とっても日当たりのいいところに座布団が置いてあるんです。これから昼寝して目を休めるニャ。じゃぁまたニャーーーッ!!

もふねこ教授 プロフィール

某大学で東洋医学を担当しているリアル教授。実はキャリアも知名度も抜群。

犬養ヒロ

漫画家・イラストレーター。犬猫鳥魚と暮らす動物好き。

「マンガとエビデンスでわかるプラセボ効果」/メディカ出版

「マンガ 鍼灸臨床インシデント 覚えておきたい事故防止の知識」/医道の日本社

文 もふねこ教授 原案・イラスト 犬養ヒロ

コロナ禍で増える「近視」に潜む危険 見えづらいだけじゃない失明リスクも〈AERA〉


大人も子どもデジタルデバイスを長時間使う機会が増えているいま、近視人口の増加が懸念されている。近視は単に遠くが見えづらいだけではないリスクを抱えている。AERA 2021年11月15日号で、眼科医が解説する。


「近視人口」が激増している。オーストラリアのブライアン・ホールデン視覚研究所は、2010年には約20億人だった近視人口が、50年には世界人口の約半分の50億人に達すると予測。うち9億3800万人が強度近視になるとの推計だ。


「これは16年に発表されたデータで、新型コロナによって近視人口の増加傾向に拍車がかかったと考えられます」  こう言うのは、二本松眼科病院(東京都江戸川区)の平松類副院長だ。  


近視の大きな原因は、パソコンやスマホなどのデジタルデバイスを近くで長時間見続けることだと言われるが、コロナで「お家時間」が主になり、リモートワークやオンライン学習で大人も子どももデジタル機器を見る時間が一層増えた。20年6月、京都市では一斉休校の終了を受け、市内の小学生に視力検査を実施。結果、視力が0.7未満の子どもは、コロナ前である前年比で6%増の23%だったという。


■近視は失明リスクにも  

近視が問題なのは、遠くが見えづらくなることに限らない。慢性的な頭痛、肩凝り、疲労感を招くほか、緑内障、白内障、網膜剥離(はくり)、黄斑症といった失明リスクのある病気の発症率が高くなる。日本人の中途失明原因の1位である緑内障の場合、近視でない人に比べて、軽度近視で約2倍、中等度以上の近視で3倍高くなるとの報告もある。


「近視を治す薬はなく、眼内コンタクトレンズ(ICL)といった近視の矯正治療が登場しているとはいえ、高額ですし、近視が発症に関連する緑内障などの病気のリスクが低くなるわけではありません。視力低下をこれ以上進ませない生活習慣を日々心掛けるしかないのです」 (ライター・羽根田真智) ※AERA 2021年11月15日号より抜粋

まぶたが重い、疲れ目、ドライアイ…目ヂカラを取り戻す“簡単アイケア”4選


マスク生活が長期化し、慣れもある一方で、体は慢性的なお悩みが浮き彫りに。今回は手だけでできるマッサージを紹介します。


目・口・耳もマスク老け!? ピンポ

マスク必須のライフスタイルによって、肌のトラブルだけではなく、目や口、耳といった新たなパーツのお悩みが急浮上。

「コロナ禍初期は、マスクで肌荒れするなど美容面に関するお声が多かったのですが、最近では長引くマスク生活で、目や耳の疲れなど健康面での不安を抱える方も目立ちますね」(エイジングデザイナー・村木宏衣さん)

マスクが目や耳にも影響する!?

「マスクで口が隠れていることで、目が力んでしまってドライアイの症状が続いたり、マスクの紐の刺激によって、側頭部や耳まわりの筋肉が常に圧迫されて、気づかないうちに凝り固まっていることが。耳にある3つの耳介筋(じかいきん)は頭に繋がっているので、耳の疲れで頭痛がするということも」(村木さん)

唾液不足や口臭問題のほか、急に“老けた感”を実感する口まわりのお悩みも。

「マスクをしていると呼吸がしにくいため、つい口呼吸になって、マスクの下はお口ぽかん顔という人が増えています。このままだと、口輪筋や舌筋が衰えてたるみが進行するだけでなく、唾液が出にくくなって口臭の原因になったり、口をあまり動かさなくなったことで血流が悪くなり、唇が乾燥しやすいなど思わぬ弊害が」(歯科医師・石井さとこさん)

ここでは、簡単にできる“目のケア”を紹介します。ぜひ毎日のケアに取り入れて、不快な症状とは決別して!

疲れを一掃して目ヂカラを取り戻す。

リモートワークが始まり、パソコンと長時間向き合うことが日常化。

「同じ姿勢でデジタル画面を見続けるせいか、眉毛の皺眉筋(しゅうびきん)や額の前頭筋が凝り固まっている人が増えましたね。まぶたの眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を使わずに、額の筋肉だけで目を開けようとすることで、おでこがカチコチになって目も開けにくい、後頭部も動きにくいという状態に」(村木さん)

常に緊張している目まわりの筋肉をリリースするには、“ほぐし”が効果大。

「皮膚をこするのではなく、奥にある筋肉に働きかけるよう、手の圧をかけながら小刻みに動かすことが大切です」

Q.慢性的にまぶたが重く、目が見開いていないなと感じます。

A.額がゴリゴリしてない? 前頭筋のコリを疑って。

疲れ目になるとつい力が入ってしまうのが、額の前頭筋。目を開けるときに使う眼輪筋にも影響して、まぶたが重くなってしまいます。

© ananweb 提供

1.こぶしの平らな面を眉毛の上に置き、圧をかけながら皮膚を持ち上げて止まった位置からスタート。筋肉をとらえるイメージで行う。

© ananweb 提供

2.小さく外側に円を5回描きながらほぐす。これを眉頭から側頭部まで、4~5か所同様に行う。2、3の段も同様に。

Q.画面の見すぎで目が冴えてしまい、寝付きが悪いです。

A.頭の緊張を取ってリラックスさせましょう。

前頭筋、帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)、側頭筋、後頭下筋群のこわばりを緩めてあげて。食いしばらないように、口は軽く開けて行うこと。

© ananweb 提供

1.指の腹を生え際から後頭部へ1~2mmずつ動かしながら、圧をかけてジグザグにほぐす。

© ananweb 提供

2.こぶしの平らな面をこめかみに当て、小さく円を描きながら生え際から耳後ろに10秒ほぐす。

© ananweb 提供

3.こぶしの平らな面を後頭部に当て、1~2mmずつ下に動かしながら襟足までほぐす。

Q.朝起きると、目を開けられないほどのドライアイに…。

A.硬直している目まわりのリンパや血の巡りを促進。

涙は副交感神経が優位になってリラックスしたときに分泌されます。血管やリンパが集まっている目まわりの緊張を取るケアがおすすめ。

© ananweb 提供

1.右手の親指の腹を眉頭側の眼窩のくぼみに当てて上方向に引っ張り、人差し指の側面で生え際の少し上を押さえる。

© ananweb 提供

2.左手の親指と中指で鼻の骨を押さえ、手の付け根を顎に添え下に引っ張り「ウンウン」「イヤイヤ」と首を縦横3回ずつ振る。反対も。

Q.目を酷使しすぎて、眉毛のあたりまでコリを感じます。

A.目を開けるときに使う皺眉筋をリリースして。

まぶたの開け閉めをサポートする、眉の上にある皺眉筋が凝り固まっている可能性が大。眉間にシワが寄る原因にもなるので、ケアが急務。

© ananweb 提供

机に肘をつき、人差し指をカギ形に曲げ、平らな面を眉頭に縦に当てる。頭の重みで圧をかけ、首を小さく縦に「ウンウン」と3回振り、次に「イヤイヤ」と首を横に3回振る。これを2セット。眉頭が終わったら、眉の中央、眉尻と位置をずらしながら、同様に行う。

ハイネックブラウス¥17,600(NOMBRE IMPAIR/ノンブルアンペール吉祥寺パークストア TEL:0422・26・8300) その他はスタイリスト私物

タンクトップ¥5,400(YES/KIT) その他はスタイリスト私物

村木宏衣さん エイジングデザイナー。自身のサロン『Amazing beauty』をオープン。近著に『10秒で疲れがとれる 奇跡の目元ほぐし』(主婦の友社)。

石井さとこさん 歯科医師。女優やモデルなどからの信頼も厚い口もと美容スペシャリスト。近著に『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』(集英社)。

※『anan』2021年11月10日号より。写真・小笠原真紀(モデル) スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・松木育未(LIGHT management) 取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)

イントケアを習慣に。

見え方に違和感、まぶたの腫れ…「目の異変」に潜む重大な病気のサイン


 私たちが最も酷使している器官の1つである「目」。さまざまなものを見るだけでなく、自分自身をも映し出す。見えにくさや乾燥など、不調を自覚しやすいのも目の特徴。ただの加齢や疲労だと見くびっていると、痛い目にあうかもしれない。

 ある日から、目の見え方に違和感を持つようになった都内在住の多田典子さん(仮名・54才)は眼科を受診した。

「ハードコンタクトレンズに傷がついたのだろうと、深刻には考えていなかったんです。『念のため視野検査をしておきましょう』と言われて検査をしたところ、視野に欠けている部分があるとわかりました。眼科医の指摘から脳腫瘍が判明し、先日、手術を受けたところです」

 道玄坂加藤眼科院長の加藤卓次さんは、多田さんのような患者が2~3年に1人ほどいると話す。

「視野の欠け方によって視神経のダメージの場所がわかります。それによって、下垂体腫瘍などの脳腫瘍が見つかることがあります。全身の中で、血管の状態を直接見ることができるのは目だけです。目は視神経で脳とつながっていることもあり、さまざまな疾病のサインが表れます」(加藤さん・以下同)

 自分で目視はできないが、眼科で眼底検査を受けることで高血圧性の動脈硬化や糖尿病もわかるという。

「糖尿病や高血圧は外見でわかる病気ではないため、目の不調を感じて眼科を受診し、それらの疾患に初めて気づく患者も少なくありません」

 意外にも、眼科では多くの重大な病気が発見されている。

病気が完治しても目の異常は悪化する

 まぶたの「腫れ」もあなどれない。井上眼科病院名誉院長の若倉雅登さんはいう。

「まぶたが片方、あるいは両方腫れぼったくなっていたら、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の疑いがあります。眼球突出といいますが、眼球が少し飛び出て、眼球の動きが悪くなり、ものが二重に見える場合もある。症状が軽い場合は目が疲れるとか、目がしょぼしょぼする程度なので、まさかそれが甲状腺の病気だと思う人は少ない」(若倉さん・以下同)

 原因は解明されていないが、目の周りの組織や筋肉と甲状腺が共通の抗体に反応するため、甲状腺が病気になると目にも異常が起こると考えられている。

「内科で甲状腺の治療を受ければ、すべて完治するわけではありません。甲状腺は改善しても、目の異常は悪化することも。目は目で治療する必要があるので、必ず眼科の受診も必要です」

 まぶたの腫れは、がんを示している可能性もある。眼窩(眼球が入っている空間)に腫瘍が発生し、片目が飛び出しまぶたが腫れてしまったら、ほかのがんが目に転移している危険もゼロではない。

「ただし、眼窩や眼球内にがんが起こることは非常にまれで、腫瘍ができても良性のことが多い。それ以上に問題なのは、抗がん剤の副作用で網膜や視神経がダメージを受け、視力低下のリスクがあること。そして、なぜか眼科へ来た患者は、がん治療中であることを眼科医に伝えないことが多い。眼科医は原因がわからないため、対処のしようがありません」

 目は臓器とつながっているということを忘れず、医師にはすべて説明しよう。

糖尿病の悪化で失明する

 視力が下がったと感じたときも、加齢や疲れが原因だと自己判断してはいけない。

「現代人の一千万人が糖尿病、さらに一千万人が糖尿病予備軍といわれています。そして、そのうち30%近くが糖尿病網膜症です。糖尿病網膜症患者のうち1割程度の人は、視細胞が集中する黄斑という部分に病変が及ぶなどして、急激に視力が低下することがあります」

 糖尿病網膜症に気づかずに糖尿病の治療だけをしていると、最悪の場合、失明に至る。

「日本では失明原因の2位といわれています。早期発見できればレーザー治療などを行うことができます」

 冒頭で、視野が欠けると脳腫瘍のリスクがあると伝えたが、意外な病気が発覚することもある。

「脳にも異常がなく原因がわからなかったのですが、CTやMRIを撮って、やっと蓄膿症だと発覚したことがあります」(加藤さん)

 この場合は、蓄膿症を治療すれば自然と視野の不調も元に戻る。

ゆっくり進む目の病気「緑内障」早期に気づくためのポイントは?


新型コロナウイルス感染の心配や、緊急事態宣言下での医療機関の負担軽減を考えて、気になる症状の受診や持病の定期診察を控える人が増えているといいます。しかし、“痛くも痒くもないから大丈夫”という自己判断には危険が潜んでいることも。診察を先延ばしにして後悔を招く病気もあります。気づかぬうちにゆっくり進行する目の病気「緑内障」も、その一つです。

緑内障がわかっても早ければラッキー
緑内障は、目から入ってきた情報を脳に伝達する「視神経」が傷んで「視野(見える範囲)」が狭くなったり、欠けたりする目の病気です。日本人の失明原因の第1位で、40歳以上の20人に1人、60歳以上では1割以上もの人にみられます。多くの緑内障は、とてもゆっくり、年単位で視野が失われていきます。

目は左右の目でものを見るため、視野欠損がかなり進行するまで気づかないことが多く、治療につながっていない人が少なくありません。どんな病気も早期発見が大切ですが、とくに緑内障では発見時期が、その後の治療や生活に大きく影響します。

たとえ緑内障と診断がついても早ければ早いほどラッキーと前向きに考えてください。一度傷んだ視神経は元に戻らないので、早期に治療するのが理想的なのです。たとえ進行していても、食い止める治療法があります。

眼圧が正常でも緑内障になることがある!?
緑内障にはいくつかタイプはありますが、原因の一つとして「眼圧」が高くなり、視神経が圧迫され傷つけられることが考えられています。眼圧とは「目の球形を保つ力」、「目の中の圧力」、「目の硬さ」のこと。目の中は一定量の水(房水)が循環して眼圧が保たれています。房水の量が増え過ぎたり、流れ出る量が減ったりすると眼圧が高くなり視神経が傷むのです。

眼圧の正常範囲は10~20mmHgとされていますが、眼圧が正常範囲なのに緑内障を発症することも。これを「正常眼圧緑内障」といい、日本人に最も多く、全体の約7割を占めています。動脈硬化と関係しているのではないかと考えられていますが、詳しい原因はまだわかっていません。

緑内障が進行しないためには、眼圧を保つための点眼薬を確実に使い、定期的な通院を継続することが最も大切です。

現在、正常眼圧緑内障に対する新しい薬や治療法の開発が進められ、視神経を保護する薬も使われ始めています。また、すでにほかの病気で使われている薬を再活用する方法が世界的に注目されており、抗てんかん薬や血圧を下げる薬が緑内障に効くのではないかという研究も進んでいます。レーザーや手術での治療も行われますが、さらに遺伝子治療やiPS細胞などを用いた再生療法で視神経を再生するなど、失った視野を取り戻す治療法の研究も期待されています。

“一生見えるため”に危険因子をチェック
人間は情報の約80%を目から得ているともいわれます。大切な目を守るために40歳を過ぎたら定期的な眼科検診をおすすめします。また、次のような緑内障の危険因子がないか知っておくことも大切です。

・血縁者に緑内障の人がいる
・強度近視だ
・糖尿病だ
・内服や外用でステロイドホルモン剤を使用している
・目にケガをしたことがある

簡単なセルフチェックで見え方の異変に気づき、早期発見、治療につながった人もいます。下記の要領で、時々チェックしてください。

<壁を使ってチェック>
1.明るい部屋の明るい色の壁を選び、目の高さの位置に直径1センチほどの目印をつける
2.壁から30cmほど離れて立つ
3.片目ずつ交互に目印を見つめる
4.視野の一部に影やかすんだ部分がないか確認(とくに鼻側)

視野の一部に影やかすれがあるように見える時は、すぐに眼科を受診する。
(「日本眼科医会日本プレスセンター 緑内障の症状と対策 北里大学医学部眼科 庄司信行」を参考に作成)

眼鏡にサヨナラ 近視にICL、レーシックとの違いは「削らない」


眼科医が警鐘 コロナだから「ちょっと様子見」は失明の危機…死ぬまで健康な目で生きるために


 長引くコロナ禍。感染が怖くて通常診療の病院に行けない人は多いだろう。しかし、放っておくと重症化し手遅れになる病気はさまざまある。

特に目の病気は命の危機に直結しないため後回しにされがちだが、「かじわらアイ・ケア・クリニック」の梶原一人院長(眼科医)は「人生100年時代といわれるいま、目の健康を維持することはQOLを保つためには必要不可欠」と警鐘を鳴らす。

 まずは梶原院長の経歴を紹介しよう。1959年、東京・品川区の生まれ。慶応義塾大学医学部を卒業後、眼科医に。

しかし、現場で治せない病気に数多く直面し、「根本的な治療法を見つけたい」と米ハーバード大学に研究員として留学した。在職中に世界的に権威のある英科学誌「ネイチャー」と米科学誌「サイエンス」に論文を発表するなど実績を残す。

その後、スタンフォード大学医学部に移籍。2006年に「かじわらアイ・ケア・クリニック」(東京・錦糸町駅直結)を開設するや、全国から患者が殺到しており、これまでに8万6000人の目を救ったスーパードクターだ。

 新刊書「ハーバード×スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25」(ダイヤモンド社)を執筆したが、その理由をこう説明する。

「患者側と医師側、それぞれの問題に警鐘を鳴らしたかったからです。まず患者側の問題は、目の病気を甘くみて、重症になるまで受診してくれないこと。もっと早く来てくれればと思うことが多いのです。

そして医師側の問題。保険医療制度では人数を診ないと収入が上がらないので、眼科医がじっくり患者さんと向き合う時間が少ない。確かに目の病気は進行が遅く、すぐ死に直結するわけではないのですが、ろくに説明もせず『しばらく様子を見ましょう』の繰り返しでは患者さんが切迫感を抱くことができません。結果的に手遅れになるという悪循環に陥ってしまうのです」

 どの病院に行っても満足できる説明や治療を受けられず、行き場を失った患者が梶原院長のクリニックを訪れている。

「私はこうした患者さんたちを〈眼科難民〉と名付けました。私たち眼科医側が患者さんとの向き合い方を正すのはもちろんですが、患者さんの側も〈放っておいたら怖い目の病気や症状がある〉ことを理解し、早めに対処してほしいのです」

■40歳でも緑内障は始まっている

 放っておくと怖い目の病気や症状とは具体的に何か。特に中高年男性が気をつけたいものを梶原院長に聞いた。

「まずは、日本人の失明原因の第1位である〈緑内障〉です。高齢者の病気と思われがちですが、40歳以上の20人に1人が緑内障だといわれています」

 緑内障とは、目の奥の視神経の細胞がダメージを受け、少しずつ視野が狭くなっていく病気だ。この病気がやっかいなのは、目の痛みや充血といった自覚症状がほとんどないこと。

初期や中期はおろか、失明寸前まで「見えない」と感じることがない。つまり、自覚した時には「手遅れ」である可能性が高い。しかも早ければ10代で発症することもあるという。

「防ぐためには、早めの検査しかありません。一般的には眼圧が高いと緑内障になるといわれていますが、うちのクリニックの緑内障患者の97%は正常眼圧。つ

まり一般的な健康診断で眼圧検査をしても、緑内障の早期発見にはつながらないのです。ですので、特に血縁者に緑内障の人がいれば、30歳になったら一度眼科医に診てもらって下さい」

■目に小さなゴミや虫が飛んだらすぐに受診を

 次に気をつけたいのは「飛蚊症」だ。物を見ていると黒い虫のようなものが動いて見える状態のことで、生理的な原因で起こるものもあれば、病気が原因で起こるものもあるという。

「その病気の代表格が〈網膜剥離〉です。網膜剥離とは、眼球の内側の網膜という膜が剥がれて、視力が低下する病気です。ボクサーが引退に追い込まれる病気というイメージがありますが、加齢や糖尿病などでも起こる身近な病気です」

 剥離というから痛いのかと思いきや、緑内障と同様、痛みを伴わず、自覚症状がほとんどないという。進行すると手術しか治療法がなく、視力が回復しない可能性もある。

「網膜剥離の発症は20代と60代がピーク。急に目の前に小さなゴミや虫が飛んでいるように見えたら、すぐさま眼科医を受診して下さい」

 どんなに長生きしても、見えていたものが見えなくなったり、見えづらくなったりしては、生きる喜びも半減だ。100歳まで元気な目でいるにはどうすればいいのか?

「緑内障や網膜剥離など一部の重篤な病気は、日常生活では防ぎようがありません。しかし、それ以外の多くの目のトラブルには〈目の血流〉を促すことが効果的です。なぜなら目には細かい血管が集中しており、血流が悪化すると十分な酸素や栄養が届きづらくなり、目の病気につながりやすくなるからです」

目の「機能」を高める3つのポイント
 梶原院長が勧める「目の血流をアップする方法」は次の通り。

①ホットタオルで目を温める

 一日の終わりに、濡らしたタオルをギュッと絞り、電子レンジで1分ほど温めて、まぶたの上に3分置く。ドライアイの改善にも効果あり。

②首を回す

 肩から首にかけての血流を改善すれば、目の血流にも好影響。目が疲れたと思ったら、ゆっくり10秒ほどかけて首を1周回すといい。

③たばこをやめる

 たばこに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血液の流れを阻害する。喫煙者が「眼底出血」や「加齢黄斑変性」になる確率は、非喫煙者の3倍近くという報告も。

 その他、「こまめに動いて全身の血流をうながす」や「シャワーだけでなく風呂につかる」など、ささいなことでも効果があるそう。

「基本的には高血圧や糖尿病、動脈硬化の人は目の病気にかかりやすい。近年日本人にも増えている加齢黄斑変性症も、食習慣の欧米化が大きな原因といわれています。つ

まり、死ぬまで目の健康を維持するには、からだ自体を健康に保つこと。そして、親身に診てくれる眼科医を見つけておき、少しでも異変を感じたら診てもらうことです」

 コロナだから「ちょっと様子を見よう」と受診を遅らせてしまうと、とんでもないことになる。

購入時は受診を コンタクトレンズで注意呼びかけ


新型コロナの影響で医療機関で受診しないまま購入する人が増える恐れがあるとして、消費者庁がコンタクトレンズの購入に注意を呼び掛けています。

 コンタクトレンズが原因の事故は角膜炎を起こして目が白濁したり、カビが生えて眼球を摘出したりするなど、およそ5年半で242件報告されています。

 コンタクトレンズは全国で最大1800万人が使用しているとみられますが新型コロナの影響で医療機関を受診せずにインターネット通販で購入する人が増えている恐れがあるということです。

 消費者庁は異常を感じたらすぐに使用をやめ、視力補正を目的としないカラーコンタクトでも眼科で自分に合ったレンズの処方が必要だとして注意を呼び掛けています。

「とにかく1秒でも早く洗い流して!」眼科医がツイートした目に劇物をかけられた際の応急処置が話題


「もし何かヤバい液体を目にかけられたら」ー。目に劇物をかけられた緊急時の応急処置がSNS上で大きな注目を集めている。

「それが何かにかかわらずとにかく1秒でも早く洗い流して!!水がなければ手持ちのお茶でもジュースでもいいからとにかく早く!介助者がいるなら、本人は仰向けで少し首を傾け、目頭から目尻に流れるように水を流し続けるのが良いです。」

「量は多くて困ることはないのでとにかく流す。流しながらまばたきと目を動かす。ヤバい物質であればあるほど恐らくクソ痛いですが、早急にしっかり洗い流せるかどうかが今後一生の視力にかかわります。」

「化学物質、特に強酸やアルカリ性のものは短時間で角膜の深くまで侵します。最悪の場合、黒目が真っ白になってほぼ何も見えなくなります。とにかく原因物質の除去が第一です。」

など一連の投稿をしたのは都内で勤務する眼科医の「めめめ」さん(@ophthalmicgamer)。

8月24日には東京メトロ白金高輪駅構内で、男性が顔に硫酸をかけられやけどを負う事件が起こったばかり。めめめさんの投稿に対しSNSユーザー達からは

「駅の構内とかでそういう現場に出くわした場合、自動販売機を見付けてミネラルウォーターでも麦茶でも買って被害者に渡せると良いですね。」

「水場が近くにないときは、まずは唾液だな。溶剤扱う会社でシンナー目に入ったときは、唾液でめを洗いながら水場まで連れていってもらってた。」

「硫酸、中和するには重曹だっけ?覚えてない。水だと希釈熱だとかなんだとかで熱が発せられるってなにかで見た気がする。でも実際にはそんな都合よく中和できる物が手元にある!なんてことは殆ど無いだろうから、うだうだ考えずに大量の水で洗い流すべきだよね」

「あと、もう一つ大事な事を…絶対に『素手』で介助しないように!出血者の救護と同じで『ヤバイ液体』にはビニールなどで手を保護して対応してね。被害者に水などをかける際、介助者は眼にも気をつけて。撥ねた『ヤバイ液体』が眼に入ったら大変だから。二次被害防止にも気をつけるんだぞ!」

「地下鉄サリン事件の際、先輩が日比谷線から地上に避難した際、朝なのに夕方みたいに風景が見えた(後から判明したのなサリンが瞳孔に影響を与えていた)所に下町の風のおばちゃんが取り敢えず眼だけでも洗って!!の一言に顔や眼をすぐに洗い救われた話があったのを思い出しました」

など数々のコメントが寄せられている。

めめめさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):今回のご投稿のきっかけをお聞かせください。東京メトロの事件でしょうか?

めめめ:はい、東京メトロの事件を受け、同様の事件や事故が起こった場合の応急処置について少しでも多くの人に知っていただければいいなと思い投稿しました。応急処置の有無で今後の状態にかなり差がでますが、いざそうなったときにどうして良いか分からない、正しいかわからないという方が多いのではないかと思います。「目が開けられない」という報道を見たので被害者の方の状態が大変心配です。

中将:SNSで大きな反響がありました。

めめめ:正直、医療者からすると当然のことなので「何を今更」と言われるのではと思っていましたが、思った以上に反響があり「知らなかった」「知っておいてよかった」という声が多かったです。投稿して良かったです。

「今回のツイート内容はあくまで応急処置です。何でもいいとは書きましたがベストは水なので、水が手に入り次第水で洗いましょう。そして洗浄後はできるだけ急いで病院を受診してください。今回の投稿で今後1人でも多くの方が救われたら嬉しいです。」とめめめさん。事件や事故に遭わないのが一番だが、万が一の時のためにぜひ頭の片隅に置いていただきたい応急処置だ。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)

小林幸子さん網膜剥離を振り返る 医師に「失明しますよ」と言われ頭が真っ白に…


【独白 愉快な“病人”たち】
小林幸子さん(67歳・歌手)=網膜剥離

  これはね、もう本当に突然! 「網膜剥離」なんてビックリしました。

 私、自分で言うのも何ですけど丈夫で元気なんです。何しろ検査が大好きなの。いわゆる検査フェチ(笑い)。心配性なんですかね。病気が怖いから検査専門の病院にしょっちゅう行っています。あまりにも頻繁に行くものだから、「あんまり来なくていいですよ」って言われちゃうくらい。先生から「大丈夫です!」と言ってほしくて行っているようなところがあります。

 ただ、1カ所だけノーマークだったのが「目」だったんです。それまで老眼以外は何の問題もありませんでした。飛蚊症はたまにありましたけど、周りに聞いたらみんなあるっていうから気にしていなかった。

 それがある日、右目の中に小さい黒い点が連なってクルクル回って見えたのです。「おかしいなぁ」と思っていたら30分ぐらいできれいに消えました。「何だったんだろう」と思いながらも、そのことを忘れて過ごしていたら、2日後に大きい黒い点がグルングルン回っている……「これは普通じゃない」と慌てて病院で検査を受けました。

 そうしたら、先生が一言、「幸子さん、今から手術です」とおっしゃったのです。「え? 私のこれ、なんですか?」と聞いたら「網膜剥離です」と言うのです。それが2019年9月下旬のことでした。

 驚いたのはその後です。「4日後にNHKの生放送があるので、それが終わってからじゃダメですか?」と尋ねると、先生はずいぶん考えて「うーん、間に合うかな」とおっしゃったの。ドキッとして「どういうことですか?」と聞いたら、「失明しますよ」と言われたのです。そのときの心境たるや、頭が真っ白になりました。

 その日は、先生が譲歩してくださって自宅に帰りました。でも、「水平線から朝日が出るような、夕日が沈むときのようなオレンジ色の絵が見える症状が出たらすぐ来てください」と言われました。で、その翌朝、さっそく朝日が昇っちゃって(笑い)。結局、即手術になりました。

 網膜剥離は、簡単にいえば部屋の壁紙が剥がれたような状態です。手術は2通りを提示されました。ひとつはガスを眼球の中に入れ、ガスの圧力で網膜を張り付ける方法。もうひとつはオイルを注入する方法です。ガス注入のメリットは1カ月ほどでガスが体に吸収されるので1度の手術で終わること。ただし、ガスを入れたら1カ月間は飛行機に乗れません。気圧でガスが膨脹してしまうからです。

 当時はコンサートで全国を回っていましたから、飛行機に乗れなくなるのは困ります。ということで、オイル注入の手術をしました。オイルの場合はオイル抜きのためにもう一度手術をしなければならないのですが、仕方がありません。

 最初の入院は3日間ぐらいでした。術後1日はうつぶせ状態でいなければいけなかったのが一番つらかったですね。

 それでも翌日の夕方には、お化粧をして病院からテレビの収録に出掛けました。それは私のために作っていただいた番組だったので、キャンセルしたくなかったのです。

 先生もしぶしぶでしたがOKしてくれました。「本当はよくないんですけど、この目薬を本番直前にさしてください」と痛み止めを持たせてくださいました。30~40分しか効果がないので、収録の後半は痛みが出ちゃいましたけどね。

 それから3カ月、オイルを入れたまま眼帯生活でした。片目での生活はとても疲れました。仕事もたくさんありましたので、本番は眼帯を外して慎重にお化粧をして……。

■まだ色の見え方が左右で違う

 そして迎えたクリスマスの日、オイルを抜く手術を受け、それから1年半以上たちました。じつはまだ右目は元通りではありません。手術は成功して網膜剥離は治っているんですけど、色の見え方が左右で違います。

 初めてそれに気づいたのは、オイルを抜いて3カ月後ぐらいでした。もう視力がだいぶ回復したように思ったので、近所までクルマを運転して出かけたのです。信号待ちでふと「右目だけで見てみよう」と左目をつぶって信号を見上げたら、赤でも黄でも青でもなく、真っ黒でした。もうビックリしました。普通に見えると思ったのは、左目がカバーして見ていたので自然に見えていたんです。

 いまだに電気系の光だけがまだ少しモノトーンです。それ以外の色も左右で少し色みが違います。先生に聞くと「長年かかる人もいるんです」って。「それ早く言ってよ」と思っちゃいました(笑い)。

 でも、失明するかもしれなかったのですから、嘆くのではなく、見えることに感謝して生きようと思います。人生、健康がどれだけ幸せかってことですよね。元気なうちにやりたいことはやりたいですし、思い切り遊びたい。唯一の趣味がスキューバダイビングなので、できる環境になったらすぐにでも行きたい気持ちです。

(聞き手=松永詠美子)

▽小林幸子(こばやし・さちこ)1953年、新潟県生まれ。64年、10歳のときに「ウソツキ鴎」でデビュー。79年に「おもいで酒」が大ヒットし、数々の賞を受賞した。同年、NHK紅白歌合戦に初出場して以降34回出場。2006年には紺綬褒章を受章している。近年、ニコニコ動画などに出演し、若い世代からも支持されている。

コンタクトレンズの「常識」は、ウソばかりだ


多くの人は、「日本の医療は世界のトップレベルにある」と思っているかもしれません。しかしそれは幻想です。こと眼科医療に関しては、日本は世界から20年遅れています。

その原因は、日本では眼科医の地位が低いことにあります。「歯医者目医者も医者のうち」という差別的な言い回しがあることがそれを示しています。コンタクトレンズショップや美容業界の下請けのような仕事に甘んじている眼科医が多いという現状があるのです。

私は現役の眼科医として、これまで15万件の手術を行ってきました。私が院長を務める横浜と六本木の施設には、間違った知識や間違った手術によって失明寸前になり、最後の頼みの綱として駆け込んでくる患者さんが後を絶ちません。

眼科治療に関して言うなら、日本には「間違った常識」がはびこっているのです。

これまで私は医師向けの専門書を多く書き、優秀な眼科医を育てることに情熱を注いできました。しかし、患者さん自身が正しい知識を持っていないと救うことが難しいということを痛感するようになりました。間違った知識で間違った治療を受け、にっちもさっちもいかなくなってから私の施設に駆け込んでこられても、手遅れになる場合があるのです。

日本の眼科医療がいかに遅れているか、いかに間違った常識がはびこっているかを、私は初めて書いた一般向けの著書『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』で指摘しました。

間違った常識とは何か? 例を挙げてわかりやすく解説していきたいと思います。

■「コンタクトの保存液で洗浄もできる」の嘘

たとえば、コンタクトレンズの手入れがいい加減な方がいます。直接眼に触れるものなのに、ぞんざいに扱っている人が多すぎます。もっと清潔に保つことに気を遣うべきです。2週間装用タイプなどは決して使わないでください。就寝時はコンタクトを外して保存液に入れるのですが、この保存液が問題なのです。保存液でタンパクも除去もできて清潔にできるとメーカーはうたっているらしいのですが、鵜呑みにしてはいけません。

もしも本当にタンパクを分解できて細菌も殺せるほど強い液体ならば、そんな液につけたコンタクトを装用したら、眼の細胞が死んでしまいます。実際には保存液の成分は水とほとんど一緒なのです。信頼などできないのです。

それなのに保存液すら買うのが面倒だからと、代わりに水道水を使う人もいます。水道水には雑菌が含まれていますし、地方によってはアメーバ原虫もいます。私の施設に駆け込んできたある患者さんは、水道水を保存液代わりに使ってアメーバ原虫による角膜炎にかかりました。眼が真っ白になってほとんど見えなくなったのです。早急に角膜移植をする必要がありました。

なぜコンタクトショップは駅前で大量のティッシュを配っているのか?

コンタクトレンズの問題は根深いものがあります。都会の駅の周辺には、驚くほど多くの眼科があります。極端に言えばビルごとにあります。しかし、そのほとんどはコンタクトクリニックだということをご存じですか。

医薬品医療機器等法ではコンタクトレンズは医師が扱うべき高度管理医療機器とされています。しかし、実際は眼鏡店やコンタクト会社のお店で宣伝して売ることが多いのです。医療法上の形を整えるために、コンタクトショップが医師を雇って診療所として届け出ています。

多くのコンタクトショップ直営の診療所で行われる診療は、きわめて形式的なものです。コンタクトのフィッティングを診ているだけです。コンタクトショップに雇われている眼科医は、未熟な医師の場合が多いのです。それどころか眼科医ではない医師が診療していることも少なくありません。

コンタクトレンズの原価は「数十円」

コンタクトショップが医師を雇って割に合うのかって? 割に合うのです。そもそもコンタクトレンズの材料費など数十円です。原価など知れているのです。つまりコンタクトレンズメーカーは数十円のものを数万円で売っているのです。その値段の根拠は、以前は医師が診療する代金も含んでいるからということでした。

ところが、開業医の先生方が、コンタクト屋がレンズを売るのはけしからん、診療所での診察を経ないとコンタクトは売らせないようにしろと、厚生省にねじ込んだのです。

しかしこれはまったく裏目に出ました。コンタクトショップが診療所を併設するようになったのです。しかも、同じビルであっても入口は別の診療所ですから、保険診療をしていると言って別に診察代金も取るようになりました。

資金のあるコンタクトショップは診療所の入口を別に作れますが、街の小さな眼科診療所は入口を別に作ることなどできません。コンタクトを販売することは物販なので、診療所ではコンタクトを販売できないのです。

結局、町医者たちがコンタクト販売のもうけ話を奪い返そうとしたのが、かえって自分たちではコンタクトを扱えなくなるという皮肉な状況となりました。

要するに、コンタクトレンズ販売はお店にとってすごい利益率なのです。原価数十円のものを仮に定価2万円で販売するとします。半額の1万円で「大売出し」と広告を打って、そ飛びついた人に、併設の診療所を通じて診療代金も取れば、大きな利益が上がります。だからどんどんと売りつけるわけです。

駅前で大量のティッシュを配っているのは、コンタクトショップであることが多いですよね。宣伝費を大量にかけても儲かる仕組みになっているのです。なぜコンタクトレンズが本来は高度管理医療機器だと警告したかというと、多くの問題を起こすことがあるからです。そもそもコンタクトに向いていない方も多くいます。コンタクトレンズは涙に浮いているようなものですから、涙の分泌の少ない人はもともと向いていないのです。

よく、「このコンタクトレンズは酸素透過性が70%と高いので、着けっぱなしにできます。目に優しい材料です」などと宣伝しています。いいですか? このような宣伝文句を鵜呑みにしてはいけませんよ。まずは疑わなければなりません。

酸素透過性とは、コンタクトレンズの工場出荷時点での値に過ぎません。コンタクトレンズを装用していると、タンパク質や油やカルシウムや汚れが付着して、酸素透過性もどんどん悪くなります。やがて酸素が十分に黒目の角膜に行き渡らなくなります。

すると角膜の表面の上皮という部分がまず傷み、表面の細胞が死にます。細かい傷がたくさんできます。こうなると目がごろごろしたり、赤くなったりするのです。「目に優しい」というメーカーの宣伝を鵜呑みにして、コンタクトレンズを一日中着けていては危険です。

コンタクトレンズの装着は8時間以内に

コンタクトレンズの原則を言います。長くても8時間以内の装用にしてください。装用中でも、痛いとか目が赤くなる見えにくいとか目やにが多いなどあれば、すぐに外してメガネに代えてください。「目に優しいコンタクトレンズ」などないのです。

角膜の表面に傷ができてもそのままコンタクトを着けたままにしておくと、特にソフトコンタクトの場合、傷を覆ってしまい、痛みを感じにくくなります。これがまずいのです。角膜表面の傷に細菌感染を起こすことがあります。

細菌は人間の細胞の壁を溶かす物質を出します。コンタクトを着けっぱなしのままだと、角膜細胞の壁が溶かされ小さな穴が開きます。そして、この小さな穴から細菌が侵入し、眼の中に広がって増えていくことになります。コンタクトレンズを甘く見てはいけません。失明につながる病気が起こりうるのです。

「眼圧リセット」提唱する清水ろっかんさん伝授 目のトラブルを防ぐ3つの習慣


PCやスマホの画面を見すぎて、ドライアイやかすれ目になってしまっているかも…という人、多いのではないでしょうか?

その目の疲れは、普段の習慣を見直すことで、改善できるかもしれません。そこで、体幹整体サロン「ろっかん塾」主宰の骨格矯正士・清水ろっかんさんの著書『眼圧リセット』(飛鳥新社)から、目が疲れない新習慣を紹介。日常に取り入れれば、目の疲れが劇的に変化するそうです。

骨格矯正と目の疲れの関係とは?
骨格矯正の専門家である清水さんによれば、目のトラブルは顔や頭の骨格矯正をすることで、改善できるそうです。

骨格矯正がなぜ目のトラブルに効果があるのかというと、矯正やマッサージでアプローチをすることで、目の不調につながりやすい眼圧(眼球の中の圧力のことで、まぶたを閉じて眼球に触れたときに感じる、風船のような弾力のこと)を正常に保てるためだと言います。

清水さんによれば、骨格矯正やマッサージをする前に、まず大事なのは生活習慣の見直し。そうすることで、未然に目の疲れやトラブルを防ぐことができるそうです。

目のトラブルを防ぐ習慣3選
さまざまな目の不調に悩む人こそ、習慣にその原因があるかもしれません。目に優しいアプローチができる3つの習慣を紹介します。

【1】文字を目から離す
人の目は水晶体の厚みを調節することで、網膜にピントを合わせています。その水晶体の調節が少し遅れることを「調整ラグ」と呼んでいます。調節ラグが起こったときに、眼球は奥に楕円形に伸びます。この眼球の伸びが視力が低下する原因だと、最近の研究で判明しているそうです。

つまり、文字から目を離して読むだけで、近視になることを遠ざけられます。近くのものを見る時間を減らすと、ピントを合わせる時間も減り、目の調整ラグが起こりにくくなって、視力低下を防げるからです。

【2】1分間の仮眠をする
たった1分の仮眠をするだけで、目と頭の両方の疲れを軽減できるセルフケアもおすすめです。目を閉じていると、たとえ1分でも涙が眼球に行き渡ります。涙は、眼球に養分と水分を与えることができるのです。

さらに、頭にも効果的な理由は、脳の特殊な性質によるもの。たとえ何も考えていないときでも、脳は目から入ってくる情報があれば働き続けてしまいます。そのため、目を閉じていれば、いつでもどこでも休んでいる状態でいられるのです。

【40代からのアイケア術】脳トレで老眼や近視の視力回復!?「ガボール・アイ」ってなに?


ガボール・アイで目と連携する脳トレを!

『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(平松 類/SBクリエイティブ)より

眼科の専門医が「よく見えるメガネを使うべきではない」と断言する理由


メガネが体調不良の原因となることがある。NHKディレクターの大石寛人さんは「4万人以上の患者を診てきた眼科医の梶田雅義さんによると、患者の7割はよく見えすぎている“過矯正”のメガネをかけている。過矯正は視力に悪影響があり、頭痛や吐気などの体調不良の原因にもなる」という――。

※本稿は、大石寛人、NHKスペシャル取材班『子どもの目が危ない「超近視時代」に視力をどう守るか 』(NHK出版新書)の一部を再編集したものです。

「メガネで人生が変わる」という患者たち

私がテレビディレクターとして、初めて「ガッテン!」(かつての「ためしてガッテン」)を担当した際のテーマは「メガネ」だった。

その時、眼科専門医を中心に何人かの専門家に取材をしたのだが、全員から必ず耳にしたのが次のような言葉だった。

「メガネのことなら、梶田さんに話を聞いてみたほうがいいよ」

日本眼光学学会理事を務めた梶田雅義さんは、これまで4万人以上の目を診察してきた、目とメガネ(コンタクトレンズ)のエキスパートだ。そんな梶田さんが最初の取材で話してくれた内容が印象に残っている。

「メガネで、本当に人生が変わる方がいらっしゃるんです。新しいメガネを試してもらうと、患者さんが『あっ!』と驚くんですよ。それが楽しくてやっているようなものです」

「メガネで人生が変わる」とは、どういうことか。都内の梶田さんの診療所で改めて取材をさせてもらうことにした。最初に驚かされたのは、本当に多種多様な目の悩みを持った患者が、全国からやってきていることだ。一例を見ていただこう。

「痛い、とかではなく、すごい違和感があるんです。『重い』が一番近いんですけど、(正確には)重いとも違うんですよね。目が開かないというか……」(30代女性)「目がぎゅっと握りつぶされるような(感覚があります)。頭痛もひどいです。眠ってもとれません」(40代男性)

メガネから来る不調で仕事を辞めた女性も

聞いているだけでつらくなるような相談もある。

「目の状態が本当にひどくて目が開けられない。毎日、めまいとか偏頭痛とか耳鳴りがします。年末くらいから症状がどんどん悪化して、ひどい時は1日寝込んで立ち上がれないような状態です。仕事も休職しないといけないほどになってしまって……」(40代女性)

最後の女性はパソコンを使った事務の仕事をしていた。だが、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった頃から、目の不調がみるみる悪化し、仕事を休職するまでに追い込まれてしまったのだという。

また、撮影は遠慮してほしいと言われたものの、話だけならと、ある20代の女性は次のような話をしてくれた。

「専門学校を卒業して、映像を制作する会社に就職しました。画面が見えづらくなったのでメガネをかけ始めました。最初の頃は視力も1.5と快調でよく見えていたのですが、段々頭痛や吐き気がひどくなってきて……。

色々な病院を回って、脳のMRIをとっても『異常なし』と言われてしまい、仕事もやめて引きこもり状態に。もう死にたいと何度も思いました」

しかし、その話の最後に聞いたのは意外な言葉だった。

「それがいまでは、自分にぴったりのメガネをかけることで気持ちも前向きになり、再就職の面接まで受けられるようになりました。信じられません」

じつはこの女性は、梶田さんの診療所を受診した結果、「メガネがおかしい」と指摘されたのだそうだ。メガネの合う/合わないが、「人生を変える」と話していた梶田さん。その言葉は、決して誇張ではなかったのだ。

患者の約8割は「合わないメガネ」をかけている

梶田さんは「来院される方で、合わないメガネをかけている方は、全体の8割から9割に及びます」と言う。

梶田さんの診療所には目の不調を訴える患者が多いので、一般の割合より高くなっているのかもしれないが、それでも驚くべき数字だ。梶田さんが特に気をつける必要があると話すのは、度数の強すぎるメガネ=「過矯正」のメガネだ。

じつは過矯正が引き起こすのは、眼精疲労だけではない。過矯正のメガネが、近視を進行させるリスクを増大させてしまうことも明らかになってきているのだ。

度数的に「ちょうどよくつくるか」「やや弱めにつくるか」という問いに対しては、いまだに議論が続いているものの、「過矯正は避けるべき」との結論はすでに出ている。

とりわけ眼精疲労を引き起こすという観点からは、過矯正は避けるべきとされている。しかし、梶田さんを訪れるメガネが合っていない人のうち、およそ7割以上が、過矯正だという。なぜ多くの人は目に「よくない」とわかっている過矯正のメガネを選んでしまうのだろうか。

過矯正を生み出している「超近視時代」

「どうして過矯正を選んでしまう人がこれほど多いのか」。この疑問は、じつは私たちが抱く「よい目」というイメージと密接に結びついている。

パソコン、タブレット、スマートフォンなどの「デジタルデバイス」が急速に普及していることからわかるように、目とモノとの距離が、30センチ以内の「近業」をする機会が増加している。

みなさんがこの1週間を思い出してみて、近業をしなかった日はあるだろうか。私たちは、まさに超近視時代を生きている。

にもかかわらず、どうしてわざわざ近くのモノを見ると疲労が蓄積してしまう「過矯正」のメガネをかけた(コンタクトレンズをつけた)人がこんなにも数多く存在するのだろうか。よくよく考えてみると、時代と逆行しているように感じないだろうか。

その理由の一つは、超近視時代「なのに過矯正」、ということではなく、超近視時代「だからこそ過矯正」になってしまっているという実情だ。どういうことか。

じつは、先に紹介した梶田さんの「診療所を訪れるメガネが合っていない人のうち7割以上が過矯正」という話には、ある注釈が必要だ。それは、「生活スタイルを考えると、過矯正の状態の人を含む」というもの。

つまり、かつてのライフスタイルであれば適切だったメガネの度数も、近業が増加したこの超近視時代においては、その度数が「過矯正」と同じ状況を生んでしまう、ということなのだ。

生活スタイルの劇的な変化にメガネが追いついていない

第1章で説明した通り、目とモノとの距離が近くなればなるほど、焦点は網膜の奥へとずれてしまう。ある程度、距離が離れているものを見ているならば、その度数で焦点が網膜上に来るものが、近業を行うことで目の奥に行きすぎてしまう、というように。

要するに、遠くがよく見えるメガネは、こんなに近くを見続けることのなかった時代が基準になっているのだ。

生活スタイルが劇的に変化しても、この基準がアップデートされず、多くの過矯正状態を生んでしまっているということなのだ。梶田さんは、この状況について次のような表現をしている。

「すごく過酷な時代です。これまで人類が誰も経験したことがないほどの近い距離に、長時間ピントを合わせなければいけない環境ができてしまっているのです」

梶田さんの話を聞いて、「なるほど」と思わず膝を打ったもう一つのキーワードが「視力信仰」だ。視力検査で「視力1.0」と診断されたことがある人なら、どこか誇らしい気持ちになった記憶がないだろうか。

少なくとも、私はある。かつて、中学1年生の頃、視力1.2なんて言われると「100点満点で120点」と言われたような気持ちになったのを思い出す。しかし、私たちは大事なことを見落としていたのかもしれない。

そもそも「視力」とは何だろうか。じつは視力にはいくつかの種類があるのだが、私たちが話題にする「視力」は、「遠見(えんけん)視力」と呼ばれるものだ。つまり、「遠くがよく見えるかどうか」という指標だ。

私たちは、近業が増えたこの超近視時代にあって、いまなお遠くがよく見えるかどうかという指標のみで、目のよし悪しを決めてしまっているのだ。

「遠くがよく見えるように」を基準にしてはいけない

取材の過程で、歴史的な視力検査の写真を調べたところ、第二次世界大戦下の徴兵検査の一場面を映した写真が見つかった。

ふんどし姿で視力を測る青年たち。確かに、戦地で遠くが見えることは非常に重要だったに違いない。さらに歴史を遡ると、かつてアラビアでは優秀な戦士を選ぶ試験として、北斗七星を使った検査をしていたらしい。

北斗七星の「柄」のほうから2番目の星「ミザール」のすぐそばに、暗くて小さい「アルコル」という星がある。この2つの星を見分けることができるかどうかをテストして、優秀な兵士を選抜していたらしい。

「戦争」において、いかに遠くが見えることが有利と考えられてきたかがわかる。しかし、現代では運転時や駅の表示を見る時などを除き、基本的に近くを見ている。

にもかかわらず、遠くを見る能力を示す「遠見視力」が目の指標としてそのまま使われ、過信されてきた結果(もちろん遠見視力検査は重要な検査ではあるのだが)、メガネを購入する際に「遠くがよく見えるように」つくってしまいがちになっている。

度数を強くすれば、より遠見視力は上がり、遠くをよく見ることができるようになる。当然、視力検査の結果は1.0以上など、満足のいく結果になるだろう。しかしその反面、焦点は必要以上に目の奥へずれてしまい、特に近くを見る際、眼精疲労だけでなく、近視をさらに進行させてしまうリスクまで高めてしまっている可能性がある。

結果的に過矯正のメガネを購入してしまう消費者

読者のみなさんは、こうした状況を知りながら、過矯正のメガネを売る販売店や、処方箋を出す眼科医はけしからんと思われるだろうか。

確かに、そうかもしれないが、取材に応じてくれたメガネ販売店のあるスタッフは、「お客様から、『せっかく買ったのに、実際にかけてみたら、遠くがよく見えないじゃないか!』と、購入後にクレームをいただくこともあります」と言っていた。

つまり、これはメガネを処方したり販売したりする側だけの問題ではなく、どんなメガネを――もっと言えば、どんな見え方を――私たちが求めるか、という問題でもあるのだ。

梶田さんは、この問題について、「メガネを処方したり販売したりする側にも、意識しないといけない点はたくさんありますが、メガネを購入するみなさんの意識が変わらなければ、絶対に解決しない問題だと思います」と話した。

---------- 大石 寛人(おおいし・ひろと) NHKディレクター 筑波大学大学院数理物質科学研究科修了後、2011年にNHK入局。広島局・福井局を経てNHK制作局・第3制作ユニット(科学)番組ディレクター。NHKスペシャルやクローズアップ現代、ガッテン!、サイエンスZEROなどの番組を担当し、「防災」「原子力」「近視」などのテーマを中心に取材。著書に『子どもの目が危ない「超近視時代」に視力をどう守るか』(NHK出版新書)がある。 ------

あなたのご両親は大丈夫? 加齢による視力低下がもたらす心と体の不調


美しいものを見れば気分が良くなる。当たり前といえば当たり前の話である。ただ、それを自分の視力の良し悪しと関連付けて考えるということはあまりしない。今回は視力と心や体の健康、さらには睡眠との関係について考えてみよう。

□視力の低下が心と体の健康に悪影響を及ぼす

 イギリス・ロンドンにあるユニバ ーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが、視力と健康の関係の調査を行った。

 10万人以上の男女を対象とした調査により、視力に問題がある人の12%以上に健康上の問題があり、14%以上がうつや不安、その他の精神的な健康の問題で精神科医の治療を受けているという。

 さらに、白内障などの視力に関わるような病気の多くが見逃されている可能性があるということも報告された。

□視力の低下による日常生活の変化が問題を引き起こす

 この研究を行ったラヒ教授は、視力が健康上の問題や精神的な問題に影響する理由の一つは、視力の低下に伴う生活の変化だと語る。視力が落ちることで、転倒などの事故への恐怖からあまり外に出なくなり、社会生活が少なくなるという。

 さらには視力の低下は食生活の変化や、家でのちょっとしたアクシデントを引き起こすことで、家の中での活動量も低下させるという。こうした日常生活の変化が、健康上の問題を引き起こしたり、気分を落ち込ませたりする原因になるようだ(※1)。

□高齢者の視力低下は認知機能も低下させる

 日本では奈良県立医科大学が、高齢者約3,000人を対象に、視力と認知機能の関連を調べている。それによると視力の悪い人はいい人の約2倍認知症の発症リスクが高いというデータが出ている。

 そして、視力が落ちる白内障を手術すると手術後は視力だけでなく認知機能も改善するという調査結果も発表された。

□視力の低下はしっかり治療すべき

 奈良県立医科大学の緒方医師は、「眼は重要な感覚器で、脳に送られる情報の80%以上は眼を通して入ってくるといわれています。視力が低下して眼からの情報が減れば、脳に送られる情報も減少する。見えにくい状態をそのままにしておけば、脳の働きはおのずと低下してしまいます」と語っている。

 また、視力低下により、外出での事故を恐れて家に引きこもりがちになっているのを、認知症と勘違いされて病院へ来院する例も少なくないという(※2)。

□白内障手術により概日リズムを改善できる

 また、白内障手術による概日リズムの改善効果の報告もある。この報告によると、白内障があると、網膜まで届く光が減少するため、昼間に脳が感じる光の量が減少してしまう。その結果、睡眠と覚醒をコントロールする概日リズムがくるってしまい、夜中のメラトニン分泌が減少し、睡眠の質が低下するという。

 白内障の手術をすることで、特に概日リズムを左右するブルーライトの透過性が回復して、睡眠の質が改善するということである(※3)。

 人間にとって目から入る情報というのは非常に重要である。その分、脳と視覚というのは密接な関係があり、視力が落ちることで体や心の調子も崩れてしまうようだ。

 自分自身だけでなく、身近な家族の気分が落ち込みやすくなったとか、気持ちよく眠れていないという人は、視力が最近落ちてきていないか一度考えてみてほしい。

目の不調が整う新習慣5|専門家が教える『ドライアイ』や『疲れ目』対策


 おうちに時間が長いコロナ禍のなかでは、目を酷使しがち。そこで、目に優しい習慣を取り入れて、疲れ目やドライアイなどをスッキリさせちゃいましょう。専門家がおすすめする『目の不調が整う新習慣』5つを紹介します。早速トライできる簡単なものばかりなので、ぜひ取り入れてみて欲しい。

パソコンを長時間使うときに最適な位置など目のための新常識をご紹介© 介護ポストセブン 提供 パソコンを長時間使うときに最適な位置など目のための新常識をご紹介

【新習慣1】意識してまばたきをする

「ドライアイは日本で約2200万人も疾患数がいるといわれる病気で、原因の1つはまばたき不足です」(骨格矯正士 清水ろっかんさん・以下同)。

 まばたきの回数が少ないと涙の分泌が減って、角膜が傷つき痛みを感じるように。気づいたときにまばたきエクササイズを行い、目に潤いを取り戻して。

●まばたきエクササイズ

[1] 1秒間に1回まばたきをする。それを10秒続ける。

[2] 1秒間に2回まばたきをする。それを10秒続ける。

[3] 1秒間に3回まばたきをする。それを10秒続ける。

[1]~[3]を1セットとして、数セット繰り返す。

【新習慣2】手のひらで目を温める

「まつげの生え際には目の乾燥を防ぐ“マイボーム腺”があります。この油分が加齢とともに固まり、網膜に行き渡らなくなると目がゴワゴワに。手のひらで温めるだけでマイボーム腺が溶けて、潤いのある目を取り戻すことができます。さらに疲れ目を改善したり、涙の分泌を促しドライアイを予防することができます」。

 家で行うときは市販のグッズやホットタオルを使ってもOK!

●温め方

手のひらで目を包み込むように軽く押さえている© 介護ポストセブン 提供 手のひらで目を包み込むように軽く押さえている

 リラックスして、両手のひらを擦り合わせる。「温まった」と思ったら、手のひらで目を包み込むように軽く押さえる。深呼吸を10回行いながら、「体温で眼球を温めている」とイメージして行おう。

【新習慣3】パソコン画面は目の高さにする

「人間の頭の重さは体重50kgの人の場合、約5kgですが、頭を前に30度傾けただけで、18kgも頸椎に負荷がかかります」。

 パソコンを使うときは、画面を目の高さに上げ、画面との距離は40cm以上離すのがベスト。パソコンの下に、辞書などの分厚い本や雑誌などを置くと、簡単に高さを調節できる。

【新習慣4】だてメガネで目を守る

「目は常に外界にさらされた器官。メガネをするだけで、空気中の汚れなどさまざまな刺激から目を守ることができ、目の健康を維持するのにうってつけです」。

だてメガネを習慣にすれば、室内の空調やほこりから目をガードできる© 介護ポストセブン 提供 だてメガネを習慣にすれば、室内の空調やほこりから目をガードできる

 UVカット加工やブルーライトカット加工、花粉対策など自分に合ったメガネを選んで。

【新習慣5】目の遠近トレーニングをする

「日常生活では、スマホなど近くを見ていることが多いため、目の筋肉がずっと緊張している状態となり不調の原因に。目の遠近トレーニングを行って目の筋肉を鍛えましょう」。

 血流がよくなり、目の疲れや老眼防止に効果的です。

女性がテーブルの上の花を3メートル離れてみている© 介護ポストセブン 提供 女性がテーブルの上の花を3メートル離れてみている

・やり方

 片手を前に突き出し親指を立て、その爪にピントを合わせて10秒キープ。次に3m以上離れたところにある置物などにピントを合わせて10秒キープ。これを数回繰り返す。

教えてくれた人

骨格矯正士 清水ろっかんさん

骨格矯正士 清水ろっかんさん© 介護ポストセブン 提供 骨格矯正士 清水ろっかんさん

 体幹整体サロン「ろっかん塾」主宰。40年以上にわたり骨格矯正による美容メニューを次々に開発。高い技術を持つゴッドハンドとして知られ、有名女優やモデルなど各界の著名人から高い信頼を寄せられている。ベストセラー『バンド1本で小顔になれる!』(フォレスト出版)など著書も多数。

撮影/浅野剛(清水さん)、玉井幹郎 イラスト/きくちりえ(softdesign LLP)

※女性セブン2021年5月6・13日号

目の不調が整う新習慣5|専門家が教える『ドライアイ』や『疲れ目』対策


 おうちに時間が長いコロナ禍のなかでは、目を酷使しがち。そこで、目に優しい習慣を取り入れて、疲れ目やドライアイなどをスッキリさせちゃいましょう。専門家がおすすめする『目の不調が整う新習慣』5つを紹介します。早速トライできる簡単なものばかりなので、ぜひ取り入れてみて欲しい。

パソコンを長時間使うときに最適な位置など目のための新常識をご紹介© 介護ポストセブン 提供 パソコンを長時間使うときに最適な位置など目のための新常識をご紹介

【新習慣1】意識してまばたきをする

「ドライアイは日本で約2200万人も疾患数がいるといわれる病気で、原因の1つはまばたき不足です」(骨格矯正士 清水ろっかんさん・以下同)。

 まばたきの回数が少ないと涙の分泌が減って、角膜が傷つき痛みを感じるように。気づいたときにまばたきエクササイズを行い、目に潤いを取り戻して。

●まばたきエクササイズ

[1] 1秒間に1回まばたきをする。それを10秒続ける。

[2] 1秒間に2回まばたきをする。それを10秒続ける。

[3] 1秒間に3回まばたきをする。それを10秒続ける。

[1]~[3]を1セットとして、数セット繰り返す。

【新習慣2】手のひらで目を温める

「まつげの生え際には目の乾燥を防ぐ“マイボーム腺”があります。この油分が加齢とともに固まり、網膜に行き渡らなくなると目がゴワゴワに。手のひらで温めるだけでマイボーム腺が溶けて、潤いのある目を取り戻すことができます。さらに疲れ目を改善したり、涙の分泌を促しドライアイを予防することができます」。

 家で行うときは市販のグッズやホットタオルを使ってもOK!

●温め方

手のひらで目を包み込むように軽く押さえている© 介護ポストセブン 提供 手のひらで目を包み込むように軽く押さえている

 リラックスして、両手のひらを擦り合わせる。「温まった」と思ったら、手のひらで目を包み込むように軽く押さえる。深呼吸を10回行いながら、「体温で眼球を温めている」とイメージして行おう。

【新習慣3】パソコン画面は目の高さにする

「人間の頭の重さは体重50kgの人の場合、約5kgですが、頭を前に30度傾けただけで、18kgも頸椎に負荷がかかります」。

 パソコンを使うときは、画面を目の高さに上げ、画面との距離は40cm以上離すのがベスト。パソコンの下に、辞書などの分厚い本や雑誌などを置くと、簡単に高さを調節できる。

【新習慣4】だてメガネで目を守る

「目は常に外界にさらされた器官。メガネをするだけで、空気中の汚れなどさまざまな刺激から目を守ることができ、目の健康を維持するのにうってつけです」。

だてメガネを習慣にすれば、室内の空調やほこりから目をガードできる© 介護ポストセブン 提供 だてメガネを習慣にすれば、室内の空調やほこりから目をガードできる

 UVカット加工やブルーライトカット加工、花粉対策など自分に合ったメガネを選んで。

【新習慣5】目の遠近トレーニングをする

「日常生活では、スマホなど近くを見ていることが多いため、目の筋肉がずっと緊張している状態となり不調の原因に。目の遠近トレーニングを行って目の筋肉を鍛えましょう」。

 血流がよくなり、目の疲れや老眼防止に効果的です。

女性がテーブルの上の花を3メートル離れてみている© 介護ポストセブン 提供 女性がテーブルの上の花を3メートル離れてみている

・やり方

 片手を前に突き出し親指を立て、その爪にピントを合わせて10秒キープ。次に3m以上離れたところにある置物などにピントを合わせて10秒キープ。これを数回繰り返す。

教えてくれた人

骨格矯正士 清水ろっかんさん

骨格矯正士 清水ろっかんさん© 介護ポストセブン 提供 骨格矯正士 清水ろっかんさん

 体幹整体サロン「ろっかん塾」主宰。40年以上にわたり骨格矯正による美容メニューを次々に開発。高い技術を持つゴッドハンドとして知られ、有名女優やモデルなど各界の著名人から高い信頼を寄せられている。ベストセラー『バンド1本で小顔になれる!』(フォレスト出版)など著書も多数。

撮影/浅野剛(清水さん)、玉井幹郎 イラスト/きくちりえ(softdesign LLP)

※女性セブン2021年5月6・13日号

おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ