l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? ■花粉症対策
FC2ブログ

花粉や大気汚染からお肌を守る「アンチポリューション」って?

最近話題のアンチポリューションってどんな意味?

最近、美容の世界でよく聞かれているアンチポリューション、という言葉、ご存知でしょうか?
「アンチ=抵抗、防ぐ」「ポリューション=汚染」という意味。実は大気汚染物質(排気ガス、PM2.5、副流煙など)は、肌荒れの原因になったり、肌老化を進めてしまうということが言われています。その対策として、近年アンチポリューションに着目したスキンケアやコスメが増えてきたんです。

冬から春にかけての今の季節は、風も強く空気も乾燥、そして汚染物質が舞いやすい季節です。春先に肌荒れしやすい人は、要チェックです。

花粉や大気汚染からお肌を守る「アンチポリューション」って?

講談社with 

      

花粉だけじゃない! 大気汚染物質も肌荒れの原因に!

今の季節は、花粉によるアレルギーで肌荒れする人も多いはず。

でも怖いのは花粉だけではなく、そのほかの汚染物質も。例えば、排気ガスやPM2.5、工場の煙や農薬散布など様々な影響があると考えられます。大気汚染物質は油溶性の汚れが多く、洗顔だけでは落ちにくく、中には毛穴の奥の皮脂腺に入り込んで肌荒れを起こす、とも言われています。乾燥やニキビなどの肌荒れの原因になるだけでなく、シミやシワなどの肌老化を引き起こす原因になるという研究結果も出ています。

そんな汚染物質を寄せ付けないための基本の対策と、アンチポリューションを意識したアイテムを紹介していきます。「汚染」から肌の健康を守るための基本の対策3つ《すっぴんで出かけない!必ず日焼け止めなどを使用しよう!》基本ですが、すっぴんで外出しないことが大切です。近所や近場であっても日焼け止めや下地、ファンデーションなど肌を保護するものを塗ってお出かけしましょう。アンチポリューション対策のコスメならなお良し! おすすめアイテムは後ほど、紹介していきますね。

《家に帰ったらなるべくはやくメイクを落とそう!》
家に変えたらなるべくはやくメイクを落としましょう。時間がたったメイク製品や花粉はもちろん、お顔にはたくさんの汚れや、自分で分泌した皮脂なども付いている状態。汚れははやく落とした方がが肌荒れリスクは低くなります。

《お風呂は夜入るべし!できればしっかり汗をかこう!》
汚染物質や花粉は顔だけでなく髪にも付着します。お風呂は夜は入って綺麗な状態で睡眠を。また、湯船に浸かり汗をしっかりかき皮脂や汗を外に排出することで肌の奥に入り込んだ汚れを排出する効果も期待できます。お風呂で血液循環もあがり、質の良い睡眠が取れれば免疫力や肌のバリア機能も上がり良い効果がたくさんあるかも知れません。

アンチポリューション対策コスメ5つをご紹介!

《まずは防ぐ!下地タイプ・スプレータイプが使いやすい!》
まずは汚染物質から素肌をガードするためのアイテムを。下地やBBクリームなどベースメイクならアンチポリューション対応の製品に変えるだけなので手間なく対策が可能。ミストタイプならメイクの仕上げやお出かけ前にシュッと一拭きすればOK! メイク直しに使えるのも嬉しいです。

左から&be UVミルク、ランコム UV エクスペール BBII N、ラロッシュポゼ トレリアン ウルトラ8 モイストバリアミスト、資生堂 dプログラム アレルバリアミスト。

ついたら落とす!吸着して外に排出していくアイテムを。

プロ使用のダーマロジカは大気汚染物質にいち早く着目。チャコール成分は毛穴の奥に入り込んだ汚染物質を吸着し除去してくれます。角質ケア剤なので、毛穴つまり解消、肌代謝のサポートによるシミやニキビあとなど気になる悩みにアプローチしてくれます。
(ダーマロジカ/デイリースーパーフォリエント)

今の肌を守る、未来の肌を守る!

お肌は環境の影響を大いに受けます。目には見えないけれど空気の乾燥、花粉やホコリなどのアレルギーの原因、排気ガスなどの化学物質はお肌の大敵。1日で大きな影響がでるわけではないですが、日々の積み重ねは確実にお肌の老化を進めます。外からの刺激を減らす工夫をしつつ、刺激があっても影響を受けにくい健康美肌を目指していきましょう。


 健康状態の良い肌をつくるのが、老化しにくい肌、未来のためのアンチエイジングにもつながります。人生100年時代、アラサー世代のうちからお肌のケアを貯金しておけばきっとずっと綺麗をキープできるはず!


◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

花粉症を根本的に治す「舌下免疫療法」、始めるならいつがベスト?

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

●「舌下免疫療法」に関する問題

【問題】スギ花粉症を根本的に治す方法として注目されている「舌下免疫療法」について、間違っている説明は次のうちどれでしょう?

(1)スギ花粉のシーズンに始める
(2)3~5年間は、薬を毎日服用する
(3)子どもの場合、将来の喘息を予防できる可能性もある
.
 正解(間違っている説明)は、(1)スギ花粉のシーズンに始める です(正しくは、「スギ花粉のシーズンには治療を始めてはいけない」)。

●既に10万人以上の患者が取り組む舌下免疫療法

 春先になると鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが出現するスギ花粉症の患者は、年々増加しています。つらい症状を和らげる治療薬の種類も増え、眠気が出にくい飲み薬や、皮膚に貼るタイプの薬、コンタクトレンズを装着したまま使える点眼薬など、新しい薬が次々に登場しています。ただし、いずれも出てしまった症状を和らげる「対症療法」にすぎず、症状そのものを出ないようにすることはできません。

 近年、花粉症のつらい症状を元から絶つ治療として広がっているのが、舌下免疫療法です。舌下免疫療法は、アレルギー反応を引き起こすスギ花粉の「抗原」を、少量ずつ体内に入れることで体を慣れさせ、アレルギー反応が起きないようにする治療です。1日1回、薬を舌の下に乗せてしばらく保持してから飲み込む方法なので、舌下免疫療法と呼ばれます。

 舌下免疫療法が保険適用になった2014年から現在までに、既に10万人以上のスギ花粉症患者がこの治療に取り組んでいます。当初からこの治療法を積極的に取り入れてきた、ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック(東京都品川区)院長の永倉仁史氏は、同院で舌下免疫療法を受けている患者にアンケートを行い、治療の効果を確認しています。

その結果、治療を受けた9割以上の人が、治療効果が『非常に良い』『良い』と答えており、治療の1年目からかなり効果があることが明らかになっています(【図1】参照)。「年によって花粉の飛散量も違うので多少の増減はありますが、それでも9割以上を常にキープしており、舌下免疫療法の効果は非常に高いと言っていいでしょう」(永倉氏)

●効く人にとっては根本的な治療、開始はオフシーズンに

 舌下免疫療法の最大のメリットは、症状が軽くなり、シーズン中に使う薬を減らせることです。「薬を減らすことができた、全く使わずに済んだ、夜ぐっすり眠れるようになった、マスクを外して外出できたなど、QOL(生活の質)が改善したといううれしい声が寄せられています。10%ほど効きにくい人もいますが、効く人にとっては根本的な治療だと考えています」(永倉氏)。

 治療の開始時期は、花粉症のオフシーズン。スギ花粉の飛散が完全におさまった6月ごろがベストですが、それ以降のタイミングで開始することも可能です。ただし、スギ花粉が飛び始めると、抗原に対する過敏性が高まってしまうため、治療を開始してはいけないとされています。 治療は1日1回、少量から開始し、徐々に量を増やしていきます。少量とはいえ抗原を体内に入れるため、アレルギー反応で副作用が起こることもありますが、多くは口の中のかゆみや腫れなどにとどまります。治療の効果は1年目から現れますが、3~5年は継続することが推奨されています。

 舌下免疫療法に使われるスギ花粉の抗原は、当初は「シダトレン」という液剤だけでしたが、2018年に、同じ成分を錠剤にした「シダキュア」が発売され、現在はこちらが主流になっています。シダキュアはシダトレンの2.5倍の抗原を含むため、効果も強く表れます。舌の下で保持する時間も2分から1分に短縮され、年齢制限がないため、小児でも使えます(目安は5歳以上)。「子どもの場合は、早く免疫療法をスタートすれば、将来、喘息などのアレルギー性疾患を起こすリスクを減らせることも分かってきました」(永倉氏)。

 シダキュアは1カ月分の長期処方が可能で、薬剤費は3割負担の場合で1300円程度。これに初診料や再診料、検査費用などが加わります。スギ花粉のオフシーズンも毎日地道に続け、月に1回通院しなければなりませんが、毎年、花粉症のつらい症状に悩まされている人、生活に支障を感じている人は、一度検討してみるとよいかもしれません。

 ※この記事は、日経Gooday「オフシーズンこそ好機! つらい花粉症から解放される『舌下免疫療法』」(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

花粉症の合併症は要注意 口腔アレルギー症候群で重篤な症状も…医師が解説

 ハクショーン!!今日も、くしゃみと鼻水で目が覚めました。花粉症の季節ですね。私も毎年悩まされます。特に起床後は涙と鼻水がひどく、症状が落ち着くまではしばらく時間がかかります。

 さらに寒気、頭痛、倦怠感、咳嗽(がいそう)などの感冒症状と類似した症状が出ることもあり、よく「1カ月も風邪が治らない」と言って来院される患者さんもおられます。花粉以外でも、寒暖差など温度の刺激によって同様の症状が出ることもあり、マスク、ゴーグルの着用などで予防することは肝要です。

 症状が改善しなければ、投薬治療を受けることがお勧めです。薬を飲むと眠気が来るからと、内服を嫌がる患者さんがおられますが、最近は眠気が出にくい薬や漢方なども効果的なケースがあります。まずは相談することをお勧めします。

 花粉症などに合併する病変として、最近は口腔アレルギー症候群という病態が知られるようになりました。簡単に説明をすると、体の中に異物が侵入すると免疫反応の一つとして抗体がつくられます。特定の異物をやっつけるために作られたはずなのですが、間違って違う物にも反応を起こしアレルギー反応が起きるんです。

 たとえば、スギへの抗体だったはずなのに、その抗体が別の物に反応します。別の物とは、人により違いますが、野菜、果物など身近な食べ物であることが多いです。それらを食べたときに唇が腫れたり、口の中の粘膜が腫れたり、違和感が出現してきます。

 多くの場合、抗原となる蛋白(たんぱく)は、唾液、体温によって分解されるために口の中だけで症状が治まりますが、豆乳など大量の蛋白が分解されずに体内に入れば、腹痛、下痢でだけでなく、アナフィラキシーショックなどの重篤な症状が出現することがあり要注意です。

 原因となるものを食べないことが大切ですが、熱処理をすれば食べられる場合もあります。心あたりのある方は病院で聞いてみてください。

 ◆筆者プロフィール 谷光利昭(たにみつ・としあき)たにみつ内科院長。93年大阪医科大卒、外科医として三井記念病院、栃木県立がんセンターなどで勤務。06年に兵庫県伊丹市で「たにみつ内科」を開院。地域のホームドクターとして奮闘中。

◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆

花粉症に効果「舌下免疫療法」 成功した人、失敗した人

花粉症で悩んでいる人は、「舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)」という治療法のことを耳にしたことがあるかもしれません。じつは、舌下免疫療法には「向いている人と向いていない人」がいるそうです。たくさんの花粉症患者が診察に訪れる大阪の太融寺町谷口医院の院長、谷口恭先生に話を聞きました。

■効果があれば人生が変わる舌下免疫療法

 -舌下免疫療法とは、どんな治療法なのでしょうか。

 「花粉症の人の場合、身体がスギ花粉を“敵”とみなしているので、花粉を鼻や口から吸ったり、眼に付いたりすると、“敵”をやっつけようと免疫系の細胞がいっせいに身体を攻撃し、鼻や眼に炎症が起こります。炎症によって、くしゃみや鼻水、眼のかゆみといった症状が現れるのですが、免疫療法では、炎症が起こらない程度の量の“敵(抗原)”を体内に取り込み、次第に“敵”と認識しなくなるようにする治療法です」

 -舌下免疫療法の薬『シダトレンとシダキュア』は、どう違うのでしょうか。

 「現在、シダトレンといって液体の薬を舌の下に2分間含んでから飲み込む薬とシダキュアといって、錠剤を舌の下に1分間含んでから飲み込む薬が発売されています。シダキュアのほうが抗原の量が多く、高い効果が期待できるのですが、新しい薬なので2019年の5月か6月までは2週間分しか処方することができません。シダトレンは冷蔵庫で保管しなければなりませんが、長期処方できるので、現時点ではたびたび通院できない人に向いています」

■舌下免疫療法には、向いている人と向いていない人がいる

 -治療は何年もかかるのでしょうか。続けられるかどうか心配な人もいると思うのですが。

 「舌下免疫療法は、少しずつ身体に免役をつけていくので、治療を開始したら3~5年続けなければ効果を期待できません。途中でやめたら、元の身体に戻ってしまうので(1)規則正しい生活ができる人(2)毎日1回薬を飲むことができる人(3)使いはじめて間もなく起こる口腔内のかゆみなどの副作用について理解できる人、に向いています。逆に、タクシードライバーのように時差勤務の人、夜勤のある人、規則正しい生活ができない人、毎日薬を飲み続けられない人にはおすすめできません」

■治療を開始したら意外と続けられる

 -途中でやめてしまう人も多いのでは。

 「3年以上毎日薬を飲み続けないといけないと言うといかにも大変そうですが、意外と脱落する人は少ないのですよ。当院の患者さんは、続けられている人が多いです。40代男性・会社員のAさんは、スギ花粉が飛散するシーズンになると、毎年、鼻づまりや鼻水、眼のかゆみに加え、微熱や倦怠感に悩んでいました。2015年からシダトレンによる治療を始めたのですが、2018年までの3年間は、あまり効果を感じませんでした。ところが、2019年は花粉の飛散量が非常に多いと聞いていたのに、ほとんど症状が出ていません。Aさんは『舌下免疫療法が確実に効いている』と実感しているそうです」

 -治療が合わない人もいるのではないでしょうか

 「どうしても舌下免疫療法が合わない人もいます。30代男性・自営業のBさんは、数年かかってもスギ花粉症を治したいと思い、思い切って舌下免疫療法をはじめました。使い始めの頃に出る目のかゆみやのどの不快感がありましたが、それらの症状を抑える薬を使えば、特に生活に不便は感じていませんでした。ところが、シダトレンを1カ月ほど使った頃から目の周りがかゆくなり、次第に悪化していったのです。もともとアトピー性皮膚炎があるため、ステロイド軟膏などを使って治療しましたがうまくいきませんでした。シダトレンをやめると3日ほどでかゆみがなくなったのですが、舌下免疫療法はやめざるを得ませんでした」

(続けて)

 「残念ながら、舌下免疫療法が体質に合わない人もいますが、軽症であっても毎年春になると『症状が出てつらい』と思う人は、舌下免疫療法を数年続けてQOL(生活の質)を上げることを考えてもいいでしょう。治療を開始する前に、舌下免疫療法の効果と副作用についてよく理解しておくことも、治療を長続きさせる秘訣です」(神戸新聞特約記者・渡辺陽)

◆渡辺陽(わたなべ・よう)大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。フェイスブック(https://www.facebook.com/writer.youwatanabe)
◆ドメイン永久無料&初期費用0円 アフターコロナ応援キャンペーン実施中◆
格安ドメイン名取得サービス
最新記事
ninjya
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
PR