fc2ブログ
       

妊娠中は虫歯・歯周病になりやすくなる?


妊娠すると虫歯や歯周病になりやすくなります。日ごろから口腔ケアを心がけて、もし虫歯ができてしまったら出産までにきちんと治療しましょう。

■妊娠中は虫歯になりやすくなるワケ

 妊娠中は体にさまざまな変化があらわれますが、唾液が粘っこく、酸性に変化するのもそのひとつ。虫歯菌が出す酸を中和する働きが弱まり、口の中が浄化されにくくなります。

さらに、つわりで食事の回数が不規則になったり、気持ち悪くてしっかり歯磨きができなくなったりと、口の中の環境は不衛生になりがちです。そのため虫歯や歯周病が進行しやすいのです。

 歯肉炎にかかると、歯磨きをするだけで出血しやすくなります。出血するからと怖がって磨かない方がいますが、これはプラークが歯肉と歯との間に溜まって炎症を起こしているので、出血しても磨かないと歯肉炎は良くなりません。

 治療をするにしても、おなかが大きくなる妊娠後期では、長時間仰向けでいる治療の姿勢が苦しくなります。出産時に歯痛があると、うまくいきむこともできなくなります。

虫歯治療は安産のためにも大切なのです。出産してからだと、赤ちゃんのお世話もあって定期的に歯医者さんへ通うのは難しくなるので、虫歯がある場合はできるだけ安定期のうちに済ませておきましょう。

■妊娠中の歯を守るのが口腔ケア

 昔は「子どもを1人産むと、歯が1本なくなる」とか「お腹の子にカルシウムをとられる」などと言われていました。

歯はカルシウムでできていますが、骨のように、血中カルシウム濃度を保つために血液中に溶け出したり、取り込まれたりすることはありません。1度歯になってしまったカルシウムは一生そのままです。

ですから、妊娠自体が歯を溶かすことはありませんが、妊娠中の口腔ケアは気をつける必要があります。

 たとえ虫歯がなくても、妊娠中に定期的に歯科健診は受けておきましょう。必要があれば歯石除去などのケアを受けたり、正しいブラッシング方法なども教えてもらうとよいでしょう。

■食生活を見直す事も大切

 虫歯になるおもな原因である、食生活を見直すことも大切です。虫歯菌や歯周病薗が栄養にするのは、口の中に残った食べ物のカスの糖分です。お菓子などの問食を控えるだけでも虫歯を防ぐ効果があります。

また、食事もやわらかいメニューよりは、繊維質の多い固めの料理のほうが、食ベカスが歯につきにくく、虫歯になりにくいといえます。

 食事にだらだらと時問をかけるのもよくありません。つわりのときは仕方ありませんが、なるべく食事は決まった時間にすませ、食後には歯磨きを。歯磨きがつらいときにはせめて食後にうがいをしましょう。

■虫歯・歯周病を防ぐために気をつけるべきこと5つ

1.間食に甘いものは控える
2.おかずは繊維質の固いものを
3.食事にだらだらと時間をかけない
4.食後には歯磨きかうがいを
5.歯磨きはつわりがひどくない時問帯を選んでする
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ