fc2ブログ
       

逆転発想の中国エステ「かっさ」でキレイになる!


ひとくちにエステといっても痩身や脱毛、美顔など様々な種類があります。その中でも人気の高いのが中国エステ。では、中国特有のエステ・テクニックにはどんなものがあるのでしょうか。今回は、かっさの秘密に迫ってみましょう。

◆「かっさ」という伝統手技
中国由来の代表的なエステの技法に「かっさ」というものがあります。滞った悪い血や老廃物をえぐるという意味の中国語です。

かっさは、オイルを塗って滑りやすくした首や肩、背中などを、水牛の角などでできた独特のヘラで、ゴシゴシとしごくことでからだの調子を整えていく伝統な技で、中国では二千年以上前から行われてきた民間療法だそう。

ヘラでこすった直後は、施術部位が充血や内出血で真っ赤に染まり、見るからに痛々しいように見えます。だけどじっさいは痛みはほとんど感じず、こすられた部分がポカポカと温かく感じ、やがてスッキリと調子がよくなってくるのだそうです。

血行が良くなり、からだの老廃物を排出するデトックス効果があるということです。

また、顔のまわりに施すとむくみがとれてリフトアップや小顔効果が期待できるとあって、美容目的のかっさもたいへん人気があります。

日本にまだ「かっさ」が無かった頃は、技術を学ぶために中国に留学したりしたようですが、今では日本でも学ぶことができますし、自己流でもできるように入門書なども多数発行されています。

◆逆転発想の中国エステ
ウィルスを薬品で退治するといった攻撃的な発想が西洋医学の考え方だとしたら、東洋医学は人間のからだに本来備わっている治癒力を活かしてからだの調子を整えるといった調和的なものだそうです。

「かっさ」はからだをゴシゴシこすったり、まるでいじめているようにも見えますが、反射によってからだ本来の治癒力を呼び覚まそうとしているのですね。

指圧や鍼治療やお灸もやはりからだを痛めつけているように見えて、からだの調子を整えてくれます。

中国エステは、様々な美容成分をお肌の上から塗布したり、パックなどを施すタイプの現代的なエステと比べると逆転の発想に基づいていると言えるのかもしれません。

最新の技術や美容液などにたよるのももちろん有意義ですが、たまにはゆったりと中国三千年の知恵に身を委ねてみるのもいいかもしれませんね。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ