fc2ブログ
       

【女医ドル】気になる加齢臭を減らした~い!  


年齢とともに気になってくる特有の臭い…加齢臭の原因って何かご存じですか?

 加齢臭の元となるのは「ノネナール」という物質です。ノネナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られます。40歳代以降になると脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えます。それに伴ってノネナールの量が増えていきます。30歳代以下の若い人たちの体臭からは、ほとんどノネナールは検出されないのです。

 加齢臭とはどのような臭いかでしょうか。ご自分では気づかないかもしれませんが、よくたとえられるのは、ロウソク・チーズ・古本のような臭いです。加齢による生理現象なので、全く無くすことはできませんが、加齢臭を強くしてしまうことを避けることで臭いの強さを軽減することができます。

 加齢臭を強くしてしまう原因の一つに喫煙があります。喫煙をすると、体内に活性酸素が増え、活性酸素が増えるとノネナールの原因となる過酸化脂質が増えてしまうからです。加齢臭を減らすためにも、また肺がんや心臓血管系の病気のリスクを軽減するためにも、ぜひ禁煙をお勧めいたします。

 また、ストレスを感じると体内の活性酸素が増加するため、ストレスも加齢臭を強くしてしまう原因の一つです。ストレスを解消するために、軽い運動をしたり、何か手軽にできる趣味を見つけることも大切ですね。活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある食べ物や飲み物を摂ることも有効です。

 ビタミンCやEには強い抗酸化作用があるので、キウイやアボカドなどの食べ物を積極的に食べたり、ビタミンCやEのサプリメントを定期的に摂るのも良いでしょう。このほか、ベータカロチンやカテキン・ポリフェノール・大豆イソフラボンにも抗酸化作用があります。

 牛乳を豆乳に変えたり、ビールを赤ワインに変えることも有効です。ただし過度の飲酒は活性酸素を増やしてしまいますので、あくまでも適度な量の赤ワインにとどめておいてくださいね。こうしてみていくと、加齢臭対策をすることは生活習慣病予防にもつながります。嫌な臭いを減らして健康的になるのであれば、一石二鳥ですね。

 ■たなか・あきこ 東大医学部卒。東大病院産婦人科勤務、神奈川クリニック診療部長を経て、東京・二子玉川の「あきこクリニック」院長(http://www.akiko-clinic.com)。日本美容外科学会認定専門医。現役美人女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。
関連記事
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ