fc2ブログ
       

【今からトレーニング】寝てから始まる寝具選び ショールームがおすすめ


イタリア製高反発寝具メーカー、マニフレックス(フリーダイヤル0120・008・604)の寝具アドバイザー、藤田啓治さんは、快適に眠るためには寝室の環境や体に合う寝具、睡眠サイクルなどが重要という。

中でも気になるのが、寝具の選び方だ。

 「寝具は高価であればよいというものではありません。現在、何に寝ているのかということと、体格によって変わってきます。

畳に布団で寝ている人は硬めが体になじむでしょうし、ベッドの人は柔らかめに慣れています。また体重の軽い人は柔らかめでもいいですが、重い人は沈み込んでしまいます」(藤田さん)

 口コミで「よい寝具」と言われているものでも、その人によって効果は違うということだ。

 「だからこそ、なるべく時間をかけて選んでください。デパートなどの寝具コーナーにはいろいろな種類の寝具が置いてありますが、全種類は置いていないので、試すならばショールームがおすすめです」と藤田さんは言う。

 東京のマニフレックス・ショールームは表参道、大阪は御堂筋沿いにある。一見、同じようなマットレスと枕が並んでいるようだが、それぞれに特徴があるので、できれば全部、寝てみるのがいい。

 「まず、普通にあおむけで寝て、その後、寝返りを打ったり横向きに寝てみてください。枕も、それぞれの首の形によって寝やすい高さや硬さがあります。

これはマットレスの沈み込みの深さによっても変わりますので、両方を選ぶならば、先にマットレスを決めてから枕を選びます。枕だけの場合は、いまの寝具に合わせて選びます」

 夫婦で1つのダブルベッドに寝ている場合は、体格差で体感も違うので、さらにじっくり選ぶ必要がある。

2つのマットレスを組み合わせたタイプや、寝返りしても振動がほぼ相手に伝わらないタイプもあるので、できれば2人一緒に寝転がってみるといい。

 藤田さんは「ベッドを買うときに、ライトや引き出しなど外側の枠の機能で選び、それとセットのマットレスを購入する人が多いですが、別々に購入するほうが自分に合ったものを選べます。

すでにベッドがある人は、マットレスだけでも見直してみてください。いい睡眠で、健全な体に健全な精神を宿してほしいですね」と話している。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ