fc2ブログ
       

【今からトレーニング】“マネーの虎”南原竜樹が指南 50代からの肉体改造


風呂あがりに、ふと鏡を見ると、ゆるんだ自分の体が見える。あわてて息を吸っておなかを引っ込めたり、胸や腕に力を入れてポーズを作ったり、脇腹の肉をそっとつまんでため息をついている人はいないだろうか。

「この体のまま一生を終えるのかな…」と遠い目をしてしまう人もいそうだ。

 でも、諦めるのはまだ早い。

 写真の男性は、南原竜樹さん(54)。自動車輸入販売のオートトレーディングルフトジャパン社長で、かつて人気番組「マネーの虎」にも出演していたので、ご存じの方も多いだろう。

 現在は身長172センチ、体重64・5キログラムで、体脂肪率はなんと8・6%。だが、4-5年前は、どこにでもいる中年体形だった。

それが一念発起。ダイエットと肉体改造を目的としたトレーニング施設「LIVITO(リビト)」(名古屋、東京)を設立するとともに、自ら実験台となってトレーニングした結果、肉体改造に成功した。

 「ぼくらの考えるトレーニングは、ただ体を動かせばいいというものではありません。

多くの人たちが長い時間をかけて走ったり、ジムで毎日トレーニングしていますが、余暇の楽しみや時間つぶしのためにジョギングしたりトレーニングするのならともかく、健康になりたい、運動能力を高めたい、

スタイルをよくしたいという明確な目的があるのなら、むやみに体を動かすのは非常に効率が悪い。きちんとした理論や目標に基づいて計画的にトレーニングしないと、時間の無駄です」

 「マネーの虎」出演時と変わらぬシニカルな口調で語る南原さんだが、その主張は傾聴に値する。たしかに、せっかくトレーニングをするのなら、早く効率よく目的の肉体を手に入れるほうがいい。時間も有効に使える。

 LIVITOはマンツーマン指導で2カ月38万2000円~と高額なため、誰にでもお勧めできるものではないが、40-50代の男女を中心に70代の人も実績をあげているという。

 「ぼく個人は“脱いでもかっこいい肉体”を目指しているので、それに合わせて腸腰筋を鍛えたりしています。大胸筋も下ではなく上を鍛えたいので、目的によってトレーニング内容を少しずつ変えています」と語る南原さん。

 一体、どんなトレーニングをすれば、こんな肉体になれるのか。来週以降、その「理論」を詳しく紹介しよう。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ