fc2ブログ
       

花粉・黄砂・PM2.5から春の目を守る方法「コンタクトは○○タイプを」


春になると、花粉・黄砂・PM2.5というトリプルパンチで、目のかゆみや痛み、充血に悩まされ、眼科を受診された方も多いようです。そこで大切なのは、この時期ならではの目の健康対策。特に、目の粘膜にアレルゲン(抗原)を付着させない、という工夫です。

 スギ花粉は、2種類のアレルゲンを持っています。1つは目の粘膜の水分により、スギ花粉の外側のアレルゲンが染み出るもの、もう1つは内側のアレルゲンが花粉の殻を割って染み出てくるものです。これらによって、体の免疫システムが働き、なやましい症状が発生するのです。

 また、花粉がPM2.5や黄砂と混じることによって、アレルギー等の悪化が引き起こされるかもしれませんので、花粉対策だけでは不十分となり、さらなる対策が必要になるのです。

■コンタクトレンズは、1日使い捨てタイプがおすすめ

 この春の期間、コンタクトレンズを使用している方は、ハードレンズや2週間・1ヶ月使い捨てのソフトレンズのような繰り返し使うタイプよりも、1日使い捨てのソフトレンズで毎日交換する使い方がおすすめです。

 コンタクトに付着した花粉が抗原性を持ち、結膜にアレルギー反応をおこします。また保存液につけておくタイプだと、前述のように水分に浸すことで花粉のアレルゲンが染み出てしまう可能性があります。ハードレンズを使用する場合は、コンタクトレンズの表面の花粉などを洗い流してから、こすり洗いをして保存しましょう。

■外出時には、花粉・防塵メガネを使う

 視力のよい人でも、コンタクトレンズ利用者でも、外出時は目を覆って花粉・黄砂・PM2.5の付着を防ぐ、度なしメガネをつけてはいかがでしょうか。大きなゴーグルタイプ以外にも、比較的軽い印象で、顔面とのフィット感のよいフレームタイプが、お手頃価格で販売されています。

 また、レンズ部分に撥水加工、帯電防止加工により花粉などが付着しにくいものもありますし、くもり止め加工などがしてあり、マスクとの併用でも曇って前が見えにくくなることも防ぐ機能のある商品もあります。

■度付き花粉・防塵メガネをつくる

 花粉・防塵メガネを発展させて、花粉・防塵フレームを使い、度付きのメガネを作ってしまうことも考えましょう。春の時期の外出にそのメガネを活用することで、かなり目を守ることができるようになります。

 また、外の花粉・黄砂・PM2.5を、室内に持ち込んでしまうと、空気清浄機がない限り、室内に滞留しやすくなります。そこで、普段装着してもあまり違和感のないデザインのメガネを作り、毎日活用するのも効果的だと思われます。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ