fc2ブログ
       

泣き、笑い、怒った!? ママ達が最も気になった2014年 「子育て」キーワード5 FC2 Analyzer


「子育て」に関する問題は連日のようにニュースで取り上げられていますが、この1年を振り返ってみると、良くも悪くも世間を賑やかした子育てトピックスがたくさんありました。

皆さんの心に残っているのなどんな出来事でしょうか?
2014年、特にホットだった5つのキーワードと、話題になった記事を振り返りでご紹介します。

■赤ちゃんに睡眠薬

年始早々議論を巻き起こしたこの話題。 新幹線で泣く赤ちゃんに対する周囲の反応や親の対応について、Twitter上で「泣く子には睡眠薬を飲ませればいい」という意見が飛び出し、大きな議論となりました。

公共交通機関を利用する際のマナーとして、乳幼児用の睡眠薬を使うのはアリなのか?

小児科医に直撃したところ、やはり「飛行機や新幹線内の泣きやませのため、親が飲ませることはまったくすすめられません」との回答。

病院の検査時などで使う乳幼児用の睡眠薬は存在するが、副作用で呼吸が止まってしまうこともあり、医師や看護師の監視下で使うのが鉄則。

たとえ赤ちゃんに飲ませたところで、すんなり眠ってくれるとも限らず、目覚めの不快感でよりぐずりが激しくなり場合もあるのだとか。

「乳幼児の睡眠薬は麻酔薬と考えるべき。患者さんが希望しても処方することはないだろうと」とのことでした。

・“ぐずる赤ちゃんに睡眠薬”安全かナシか、本当のところを小児科医に聞いた(中澤 夕美恵)

■ママ友トラブル

「本当にそんな事ってあるの?」と耳を疑うような体験談が様々なメディアから流れ、遂には有名人の口からも実体験が出てくる始末。

学生時代のような友達付き合いとは全く異なる“ママ友付き合い”。子ども中心の話題やママ友特有の付き合い方に疲れを感じる女性も少なくありません。

実際、皆さんはどのようなママとの付き合いに困っているのでしょうか? 

具体的に聞いてみると、「ボスママ」と言われるグループを取り仕切るママ、陰口をたたく「悪口ママ」、そして自慢話を挟み込んでくる「自慢ママ」。更には、もはや犯罪レベルの「泥ママ」こと、ママ友の物をこっそり頂いてしまう人の話も…

そんなママたちと上手く付き合うには、子どもの為に無理してママ友を作らないようにするべきだそう。ただ、「挨拶・礼儀・お礼はしっかりと、笑顔で気持ち良く」を心掛けて。

しかし、なるべくご近所さんとは助け合える仲を作りたいのが子育てママ。本当は些細な勘違いやすれ違いの結果なのではないか、と思いたいものです。

・泥ママ、悪口ママ、自慢ママ…「面倒なママ友」をストレスなくかわすコツ(池田 園子)

■家事ハラ

今年夏頃、ネットを中心に大きな話題となった「家事ハラ」。

話題の震源となったのは、とある住宅メーカーの研究所が発表したプレスリリース。 共働き家庭で夫が家事を手伝っている経験が90%以上と高いものの、そのうち約65%は家事のやり方にダメ出しを受けていて(=家事ハラ)、この行為が夫の家事意欲を下げているとしたものでした。

どんなダメ出しがなされたかというと、1位は「やり方が(妻のルールや手順と)違う! と指摘を受けた」、2位は「やり方が雑、ちゃんとしていない!と指摘を受けた」となっており、「やり方が下手」と言われたのは3位。

一方、妻の回答結果は1位と2位が夫と逆で、3位は同じでした。

多くの子育てママ・パパに読まれた「"家事ハラ"の前に考えたい、共働き夫婦の『家事負担』理想と現実」の記事では“お互いフルで仕事をしているのですから、どちらも家事をするのは前提とすべき”、として、夫に今よりもっと家事をしてもらうための方法を提案しています。

“イクメンを気取りたいなら育児より家事だ!” この言葉は引き続き2015年も訴えていきたいですね。

・"家事ハラ"の前に考えたい、共働き夫婦の「家事負担」理想と現実(山崎 俊輔)

■キラキラネーム

今年始め、ネットではオーソドックスな名前「逆DQNネーム」が話題に。そんな中でも勢い衰えず、今年も引き続き様々な珍名が発表された「キラキラネーム」。

「泡姫」と書いて「ありえる」、「今鹿」で「なうしか」、「黄熊」で「ぷう」など、読み方のわからない当て字を使った奇抜な名前のことを指す言葉であることは、今更説明するまでもないですね。

このようにいきすぎた名前だと親の常識が疑われ、子どもの進学や就職が危うくなるという話も取りざたされましたが、批判を浴びても、なぜか「愛々(なでぃあ)」などと付けてしまう親たち。

名づけの歴史から、なぜキラキラネームが加速したのかをひもといた記事は多くの人に読まれました。

これまで多くの命名依頼を受けてきた「お坊さん」に話を聞くと、「私が名づけをしたお子様が、何十年か後に自分の言葉でありがとうと言ってくれれば、それでいいです。」と。

因に2015年に流行が予測されているキラキラネームは「愛菜(アナ)」「笑流沙(エルサ)」、更には「進撃の巨人」の主人公「恵蓮(エレン)」等だそう。 ※株式会社Timers(タイマーズ)調べ

・なぜ親は子に「キラキラネーム」をつけるのか? 正しい名前の付け方を"お坊さん"から学んでみた(中澤 夕美恵)

■妖怪ウォッチ

最後を締めくくるのは、今年その名を聞かなかった人はいないであろう「妖怪ウォッチ」。

発売中のニンテンドー3DS用ソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打』の累計出荷本数は、500万本を突破。
この年末年始は映画館で妖怪ダンス、という親子も多いのでは。

この一大妖怪現象の要因のひとつは、子どもだけでなく、親の心をも掴んだことだとも言われています。

登場する妖怪たちを見ると、どうみても“口裂け女”がベースの「口だけ女」、『ゲゲゲの鬼太郎』の“ぬりかべ”を彷彿とさせる「ムリカベ」、映画『グレムリン』から?“グレる”という言葉も昭和的な「グレルリン」…。

「昭和世代の親」を狙ったネーミングが次々と出てきます。

さらに、妖怪を悪、敵として戦って倒していく「バトルもの」ではなく、「友達になっていく」という設定が安心して見せられるのもポイント。

そして最もママたちに支持される理由が、“子どもを叱るときに使える”ということ。

子供が約束を守らない時、自分が子供の希望を聞けないとき、“妖怪のせい”にすることでその場が和み、親子のコミュニケーションのきっかけにもなりました。頭ごなしに「○○しなさい!」と怒るよりもいいですよね。

・子どもを叱るときに使える!?『妖怪ウォッチ』が親にもウケる3つの理由(上原 千都世)
・妖怪ウォッチに学べ! 大人が使える「妖怪のせいだよ」言い訳図鑑(天乃 聖樹)

さて、話題満載だった2014年。あなたにとっては良い1年となりましたか?

家事に育児に(仕事に)、何かと忙しいママ業。でも子育てには楽しい事、うれしい事がいっぱい。
1年間でみるみる成長している子どもたちを見ているのも面白いものですよね。

あとはパパさえもう少し…なんて小言は一旦止めて、年末年始はホノボーノを召喚! 家族楽しく、明るく過ごせるといいですね。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ