fc2ブログ
       

【よしもと芸人・井下好井】の好井まさおが医師にガチ相談。「ホクロがどんどん大きくなってきて怖いです…」


漫才だけでなく、怪談トークでもおなじみの好井まさおさん(井下好井)がいまもっとも怖がっているものが自分の「ホクロ」。

好井さんのトレードマーク(?)でもあるホクロは、実はコンプレックスだったようです。そこで、スキンケア大学に参画する美容外科医・片岡二郎先生にホクロ除去について相談しました。

ホクロがでっかくなってきた!

好井:先生、早速なんですけど悩みを相談していいですか?鼻の横あたりのところに大きなホクロがあるんですよ。これが年々大きくなってきてる!もう怖くて怖くて……(苦笑)僕は大丈夫なんでしょうか?

片岡:パッと見た印象ではありますが、悪性ではないようですね。病理組織を顕微鏡で調べないと確定診断はできませんが、好井さんの場合は、おそらく隆起性の母斑(ぼはん)と呼ばれるホクロだと思います。

好井:もしも悪性のホクロだったとしたら、どんな病気が考えられるんですか?

片岡:皮膚がんが挙げられます。でも、悪性のホクロはめったにありませんし、その疑いがあればすぐに皮膚外科をご紹介しています。

好井:とりあえず大丈夫そうなんですね、よかった〜。でも、放っておくとまだ大きくなるんですか?どこまで大きくなるのか怖いんですけど……。

片岡:徐々に大きくなっていくでしょうね。ただ、ほとんどの場合1cmくらいまで大きくなって落ち着きます。とはいえ、隆起しているとひっかかりやすくて血がでることもあるし、邪魔になるのでホクロをとりたいって相談にいらっしゃる方は多いですよ。

ホクロに根っこがある? 傷跡を残さない取り方とは

好井:ちなみに、手術でホクロを取っても跡は残らないんですか?それ気になります……。

片岡:ホクロの盛り上がっている部分の状態と、皮膚の中にどれくらいの根っこが生えているかによって変わってきますが、たいていの場合は、目立たなくなりますよ。

好井:根っこ?怖っ!

片岡:はい、根っこのようなものがあります。肌の内側に真皮と呼ばれる層があるのですが、ホクロの根っこがその真皮にどれだけ入り込んでいるかで傷の残り具合が変わってきます。つまり、根っこの深さの問題なんです。


たとえば、普通にすりむいただけだと肌に傷跡は残りませんよね。でも、やけどをして真皮層まで損傷してしまうと跡が残ってしまいます。それと似たような感じだと思ってください。ただし、再生治療できれいにすることもできます。最初に表面を3分の1くらい削ってから何回かにわけて少しずつ削っていくと、あまり目立たないようにできますよ。

好井:ケロイド(皮膚が赤く盛り上がった傷跡)にはならないですか?

片岡:ケロイドは、できやすい体質のほか、できやすい部位があります。前胸部や肩、関節がそれです。このような部位だとニキビをつぶしただけで大きな傷が残ることもあるほどです。

顔は血流がいいですから、ケロイドを起こさずにきれいに治りやすいので大丈夫ですよ。顔の皮膚は再生力があるので、削っても意外ときれいになるものなんです。ただ、さきほども言いましたが、場所によりますし、再生するまでに時間はかかります。

好井:なるほど、皮膚の表面を削っても跡が残りにくいんですね。ちなみにブスッと切ることはしないんですか?痛いの苦手なんですよね。

片岡:もちろん、切ることもありますよ。その場合は、ホクロの中をくり抜くという方法が一般的です。中を一回くり抜いて大きさを半分くらいにしてから、半年後くらいに再び同じようにくり抜いて3分の1くらいの大きさにします。こうするとホクロの中にだけ傷ができるので跡が残りにくいとされていますよ。

また、形成外科では血流のある皮膚や皮膚組織などを移植する「皮弁(ひべん)」という手術で皮膚を入れ替えることもあります。最初の皮膚を削るパターンもそうですが、麻酔のクリームを使って冷やしてあげれば、そんなに痛みは感じないと思います。

好井:痛みも気にならないのか……。う〜ん。なんだかホクロを取りたい気持ちが高まってきました。

ホクロ除去でコンプレックス解消

好井:ホクロがあることで、お笑いとしていじってもらえるというメリットも捨てがたいんですけど、小さい頃から結構なコンプレックスだったんですよね。このホクロがなければ、もっとモテていたかもしれないし(笑)実は僕、芥川賞をとったピースの又吉さんの小説『火花』のドラマ化でついに役者デビューもしちゃいましたからね〜。このギャラでホクロを取ろうかと(笑)

片岡:いい機会じゃないですか。ホクロの施術は自由診療でクリニックごとに料金が違いますから、事前にいくつかのクリニックに問い合わせてみるといいですよ。内容によっては安価に済むこともあります。

好井:僕、生後8か月の双子の娘がいるんですけど、最近「これ、なんやろ」ってホクロをじーっと見つめて恐る恐る手を伸ばしてくるんですよ!

本当のところを言うと、ホクロをとりたい一番の理由がこれなんです(苦笑)ホクロがとにかく気になるみたいで逃げられない。「追いボクロ」状態ですよ(笑)傷跡の心配も痛みの心配もなさそうですし、もしまたホクロが出てきたとしても削ってもらえるんですよね。『火花』の火が沈下しないうちに早めに取りにいきますわ!

好井まさお(井下好井)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ「井下好井」のボケ担当。漫才のほか、心霊スポットのロケや怪談話などでも人気。ピース又吉原作の『火花』を映像化した作品で主人公の相方役を演じて好評を得ている。井下好井の詳しいプロフィールはこちら (http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=2787)

片岡二郎
医師・医学博士。1996年金沢医科大学卒業。臨床医療と両立しながら、金沢医科大学脳神経外科大学院にて研究に従事。脳外科医を経て、2005年より美容外科の道へ。2008年に聖心美容クリニックの医師として活躍。翌年には横浜院院長に就任。片岡先生の詳しいプロフィールはこちら (http://www.biyougeka.com/doctor/kataoka/)
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ