fc2ブログ
       

「保険は不明で葬式の喪主は拒否」32歳女性が焦る66歳父の逃げ癖と老後年金暮らし


自身の生活がある中で親の老後とどう向き合っていくのか悩みを抱えている方は多いはず。そこにお金が絡んでくるとなおさらデリケートな問題になってきます。

ここではAll Aboutが9月から募集している「親の金銭感覚に不安を覚えたエピソード」から、親のお金に対するさまざまな悩みを紹介。

親との向き合い方に悩まれている方にとって、何らかの参考になれば幸いです。

32歳女性の親の金銭感覚が不安な理由

今回は栃木県に住む32歳女性の親の金銭感覚に不安を覚えたエピソードを見ていきます。

▼金融資産

投稿者本人の世帯年収:本人300万円、配偶者400万円

投稿者本人の世帯金融資産:現預金200万円、リスク資産なし

▼両親との同居状況

別居

▼ご両親の性格

父:「極度の面倒臭がり。身の回りの整理や頭の整理ができない。自分に負担がかかったり嫌だと感じる話題からはとことん嫌い避けようとする性格」

母:「母なりに頑張ってはいるが少し浮世離れしているところがあり楽観的。父同様に整理ができない。将来のことを考えているかどうかは不明」

▼親との会話

親と相続の話:したがらない

親と介護の話:したことはない

親の年収や年金受給額:知らない

親の資産額:知らない

両親、特に父親の整理のできなさ具合が不安で仕方ないという今回の投稿者。

「二人の性格から、相続や今後面倒を見ることを考えると不安しかない。昔、親名義で入ってもらった私の保険も、後になって困らないよう私名義に変更しようとするも、資料をなくしてしまったかもしれず、何も分からない母親。保険のおば様の口車に乗せられ契約してその後無責任になっている父親に聞いても『知らん』の一点張りで話にならなかった」と始まります。

その後なんとか「妹の友人が同保険会社に勤めているということで根回ししてもらい、5年かかってようやく名義変更と保険内容の把握をすることができた」そう。

「この1点だけでも疲弊したので、その他の貯金や資産、相続となると大変不安である。5年前の祖父の葬式の時も、本来喪主である父がやりたがらなかったので父を立てながら、必死になだめ、準備をし進めるのが大変だった」と振り返ります。

また「認知症になってしまった祖母のアパート管理を引き継いだのは2年前で、税理士とのやり取りは母がしているとのことだが、あの適当な両親が実際に回せているとは思えず不安である。聞いてもそれらしい答えは返ってこず、資料管理も大雑把で見つからなかったりすることが多いので今後が不安だ」と別の心配事もある様子です。

32歳女性が両親の状況を見て学んだこととは?

両親に対して「将来的な話は壊滅的にできない。資料を探そうにも協力してもらえないので自力でやるしかない」と語る投稿者。

「少しでも複雑になるとできず、自分で考えることも嫌がるので、父を立てながらできることはこちらでやって『これをしてください』と分かりやすくお願いするのが大変だった」と祖父の葬儀の時の話を繰り返しコメント。

今は「祖父のことはなんとか解決しているが将来の不安は解決できていない。保険のときのように外部の力を借りなければ難しいと思う。親の入っている保険や持っている口座くらいは把握しておきたい。また税理士と話はしていないので私も話し合いに加わり状況把握をしておきたい」と心境を語られています。

※カッコ内の回答者コメントは原文ママです

※エピソードは投稿者の購入当時のものです。現在とサービスや金額などの情報が異なることがございます

※投稿エピソードのため、内容の正確性を保証するものではございません

関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ