fc2ブログ
       

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?


スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?© シュフーズ


スーパーで買うお魚は鮮度の良いお魚を選びたい!

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?© シュフーズ

 

スーパーでお魚を選ぶ時、どのようなポイントを重視しますか?

多くの人は、「見た目が新鮮そうなものを選ぶ」と答えるかもしれません。しかし、実際には魚は死後硬直後、徐々に腐敗していくため、なるべく新鮮なものを選ばなければ、家で腐ってしまう恐れがあります。

 

さらに、水揚げ後の処理方法によっても鮮度や品質に差が生じるので、スーパーで魚を選ぶ際には、正しい見極め方を知っておくことが大切です。

スーパーで買うべきではない『お魚』5選

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?© シュフーズ

 

スーパーでお魚を選ぶ際、どんな点に注意したら良いでしょうか。ここでは、品質が劣化している可能性があるお魚の特徴を紹介します。これらの特徴を持つお魚は選ばないようにしましょう。


1.目が白く濁っている

魚の鮮度を判断する時、まずチェックすべきは「目」です。澄んでいる目のお魚は鮮度が良いと判断できます。しかし、目が白く濁ったり、赤く充血しているお魚は避けましょう。これらは鮮度が落ちているサインであり、家に持ち帰るとすぐに腐ってしまうかもしれません。

2.ドリップ(汁)が出ている

刺身や切り身を購入する時、ドリップの有無を確認しましょう。ドリップとは、肉や魚から出る液体のことで、これが見られる場合は鮮度が落ちている証拠です。ドリップが出ているお魚は、味や匂いも劣化しており、保存性も低いです。

3.鱗にツヤがなく剥がれている

新鮮なお魚は、鱗がツヤツヤしており、剥がれていないものです。しかし、時間が経過すると鱗のツヤは失われ、剥がれやすくなります。鱗が剥がれていたり、ツヤがないお魚は、鮮度が落ちている可能性が高いので選ばないようにしましょう。

4.エラ部分が茶色や黒に変色している

エラの色も鮮度の良し悪しを判断する上で重要です。鮮度の良いお魚のエラは鮮やかな赤色をしていますが、時間が経つと血液の色が変わり、茶色や黒に変色することがあります。このように変色しているお魚は、鮮度が落ちている可能性があるので、エラの色はチェックしましょう。

5.お腹部分が柔らかくなっている

鮮度が落ちたお魚は、お腹が柔らかくなったり、肉質が薄くなったりします。これは内臓が痛んでいるサインです。お腹が柔らかい、または肉薄のお魚は、鮮度が落ちているので選ばないようにしましょう。

新鮮なお魚を見極める正しいポイント

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?

スーパーで買うべきではないお魚5選!新鮮さを見極めるコツとは?© シュフーズ

 

では、鮮度の良いお魚を見極めるためには、どんなポイントに注目すれば良いのでしょうか。

 

ここでは、新鮮なお魚を選ぶための重要なチェックポイントをご紹介します。これらを押さえておけば、より確実に鮮度の良いお魚を選ぶことができます。

 

・目が澄んでいてきれい

・表面にツヤがある

・鱗が整っている

・エラ部分が鮮やかな赤色をしている

・お腹に弾力がありしっかりしている

・ドリップ(汁)が出ていない

 

これらの6つのポイントをチェックすることで、鮮度の良いお魚を選ぶことができます。新鮮なお魚は、適切に処理され、安全に美味しく食べることができます。

 

また、お魚を持ち帰ったら、内臓やエラ、鱗を取り除いて冷蔵保存すると、より鮮度を保つことができますよ。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ