fc2ブログ
       

結局「楽天カード」と「楽天ペイ」どっちが損しない? 使い分けのポイントも


楽天ポイントを貯めている方は、日常のお買い物に楽天ペイを使うか楽天カードを使うか悩むシーンが多いのではないでしょうか。

今回は、意外と知らない「楽天ペイ」と「楽天カード」のどちらがお得なのかを解説します。

絶対に知っておいた方がいい注意点も紹介しますので、うっかり損をしてしまわないようにチェックしておきましょう。

ズバリお得なのは楽天ペイ!

まず結論をお伝えすると、基本的には楽天ペイの方が楽天カードよりも高還元でお得です。

楽天ペイは還元率最大1.5%・楽天カードは1%なので還元率が大きく異なります。

楽天ペイの還元率最大1.5%の内訳は、楽天カードからのチャージ時に楽天カードから0.5%還元+チャージ残高(楽天キャッシュ)でのお支払い時に楽天ペイから1%還元となります。

付与されるポイントのうち0.5%分は利用翌月・1%分は利用翌日に還元されます。

楽天ペイのチャージ方法は複数ありますが、1.5%還元になるのは「チャージ払い(チャージ元:楽天カード)のみが対象となります。

楽天ペイアプリのQRコード下に表示されるお支払い元が「楽天キャッシュ」となっていて、それをタップすると表示される楽天キャッシュのチャージ方法が「楽天カード」になっていればOKです。

さらに、楽天ペイはポイント払いができるのも大きなメリットです。

通常ポイントはもちろん、期間限定ポイントも利用できます

しかも、ポイント払いでも1%分の還元があるので、楽天ポイントがたまります。

また、楽天ポイント加盟店なら楽天ペイ+楽天ポイントカードの併用でポイント二重取りが可能です。

楽天ポイントカードの還元率はお店によって異なりますが、楽天ペイと合わせて最大2.5%ゲットすることができます。

楽天ペイの注意点

楽天ペイの注意点は2つです。

(1) 支払元によってはポイント還元率が低くなる

楽天ペイは「楽天カードからのチャージ払い」でないと1.5%還元にならないです。

楽天カード払いや楽天銀行口座払いなど、楽天カードからのチャージ払い以外の方法では還元率が1%に低下してしまいます。

(2) 楽天ペイ使用可能でもポイントがつかないお店がある

結構知らない方も多いのですが、楽天ペイが使えるお店でもポイント付与対象外となるケースがあります。

例えば、ユニクロやGU・ダイソー・NewDaysの全店、ルミネやエキュートの一部店舗では、楽天ペイの利用は可能ですがポイント還元がありません。

ポイント付与対象外の店舗の詳細は、公式ページからご確認ください。

こういったお店や楽天ペイが利用できないお店では、楽天カードや他の高還元カードを使用しましょう。

筆者の場合は、年会費無料で常時1.2%還元のリクルートカードを使用しています。

ちなみに楽天Edyはお得?

楽天系の支払い方法といえば、楽天Edyもありますが、楽天カード・楽天ペイの方がお得で使い勝手も良いので、あえて選ぶ必要は無いと思います。

楽天Edyのメリットとしては「プリペイド(前払い)式の電子マネーなので使い過ぎが起こらない」という点です。

家計管理やお子様の電子マネーデビューなど、用途によっては使いやすいかもしれませんが、お得な支払い方法を求めている方には楽天ペイや楽天カードの方がおすすめです。

街でのお買い物は楽天ペイで高還元に!

支払元の設定や還元がない店舗などの注意点はありますが、街でのお買い物は楽天ペイでの支払いがお得です。

楽天でのお買い物は楽天カード・街でのお買い物は楽天ペイと使い分けることで、よりお得にポイントをゲットしましょう。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ