あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【今日のストレス 明日の病気】ニキビ 疲れがホルモン分泌に影響

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

【今日のストレス 明日の病気】ニキビ 疲れがホルモン分泌に影響 

ニキビや吹き出物といったものは、青春時代の象徴。若いうちなら許されるが、いい年こいたオジサンは許されない。しかし、好きでニキビを作るオジサンもいないわけで、それなりの理由があるのだ。その理由の一つに「ストレス」がある。

 ◇

 Fさんは、40歳になった今でも時々、おでこやアゴなどにニキビができる。べつに不潔にしているわけではない。どちらかといえばオシャレでキレイ好き。行ったことはないが、メンズエステなんかにもちょっと興味があったりする。

 そんなFさんの顔にニキビができるのは、決まって疲れがたまったり、精神的な抑圧が強い時。当人は「ストレスのせい」とため息をつくが、いくらストレスでもニキビまでは作れないのでは?

 「いえ、作れます」と明言するのは、形成外科医で再生医療支援企業・セルバンクの代表取締役を務める北條元治医師。その仕組みを聞いた。

 「精神的なストレスがかかると、副腎皮質ホルモン、別名“ステロイドホルモン”が多く分泌され、その影響で感染しやすい状態になるのです。当然皮膚もダメージを受けやすくなり、細菌に感染して炎症を起こすと“ニキビ”となるのです」

 ちなみに「ニキビ」というのは俗称で、医学的には「尋常性●(=やまいだれに挫のつくり)瘡(ざそう)」というたいそうな病名を与えられた立派な皮膚疾患。どう対処すればいいのか。

 「ニキビで医療機関を受診する人は少ないと思いますが、教科書的に言えば、抗生物質の軟膏(なんこう)を使って治療します。市販の汎用(はんよう)性のある殺菌消毒軟膏などは使わないほうがいいですね」

 抗生物質の軟膏を使えばとりあえずニキビは治るが、ストレスがかかれば当然また再発する。

 日々、鏡を凝視し、皮膚の隆起の有無を確認しては一喜一憂するFさん。そんな性格だからストレスがたまるんだけどね…。 

関連記事



【地震対策は勿論】雨どい、排水管、屋根など戸建のメンテナンスなら業界最安値

( 2016/06/23 01:28 ) Category ■今日のストレス明日の病気・胸焼け | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR