l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 死ぬまで現役 下半身のツボ 散歩でEDを解消


死ぬまで現役 下半身のツボ 散歩でEDを解消

「オナニーでは射精もできるのに、セックスでは中折れしてしまう…。このケースが一番厄介なEDといえます」
 こう語るのは、『脳で感じるSEX入門』などの著作がある弘邦医院の院長・ドクター林氏。

 自慰であれ、ペニスがしっかりと勃っていれば、EDではないはずだが…。
 「とんでもない誤解です。EDとは性行為が不可能な状態のこと。つまり、セックスで勃起しなければ、それは紛れもなくEDなのです。そして、いま水面下で急増しているのが、こうした“隠れED”なんです」

 女房相手では勃たないけど、AVやエロ本を見れば勃起する。また、街中で可愛い女の子のミニスカ姿を拝めばムスコは元気になる。だから自分はまだ大丈夫…。そう思い込んでいる中高年男性も多いが、大間違い。

 こうした“隠れED”が怖いのは、治療をせずに放置してしまうことだ。
 「EDには様々な要因があります。だから、できるだけ早く、何が原因で勃起しないのか発見して、それに見合った治療をするべき。ところが、隠れEDの人は“自分は大丈夫”と踏んで、何もしないでいると、気付いた時には中折れどころかセックスでは全く勃起しない状態になるんです」

 あらゆる病気と同じで、EDも早期発見が大事。自分が少しでもヤバいかも、と思ったら、なるべく早く病院に行くべきだ。
 「セックスで中折れが続く程度なら、バイアグラなどのED治療薬を服用すれば治る可能性が高い。もちろん、病院で処方してもらってください。最近はインターネットでもバイアグラもどきの薬が販売されていますが、何が入っているか分かりません。危険ですよ」

 ところで、なぜ隠れEDが昨今、急増しているのか。
 「理由はストレスです。オナニーなら勃起するということは、男性機能そのものには問題がない。ただ、日頃から精神的に参っているため、いざセックスとなったときのプレッシャーを楽しめないんです」

 実は、セックスとオナニーの違いがここにある。
 「自分で処理する際は、リラックスしていますよね。何をしようと誰の目もありませんからね。ところが、セックスはパートナーとの共同作業。慣れ親しんだ相手であれ多少は気を遣うし、逆に相手のことが気にもなるんです」

 日頃からストレスを抱えていると、セックス時のプレッシャーにも過敏になってしまうという。結果的に、「セックスを楽しむ」前向きな気持ちになれず、勃起も不完全となるのだ。

 では、解決法はあるのか。
 「そういう場合、私が一番オススメするのは、散歩です(笑)。散歩程度で治るのか? と笑われそうですが、素晴らしいストレス解消法なんです」

 散歩=歩くといっても、出勤前や出勤後、仕事中とは全く違う。
 「特に目的もなくブラブラと散歩をする。周りの景色をぼんやり見たり、この時期なら花々の香りを感じたりしながら、ただ歩く。

そうすることで、常にONのスイッチの入っている気持ちがOFFに切り替わります。その切り替えがうまくいくようになれば、性行為の時も上手に自分をOFFに、つまりリラックスの状態に持っていけるんです」

 春の陽気に誘われて、たまには散歩に出かけよう!

ドクター林
弘邦医院(東京・江戸川区)院長。『脳で感じるセックス入門』や『お医者さまが教える癒されてもっと気持ちよくなる!』など著書も多数。ED治療にも精通しており、現在、同医院では局部海綿体注入法による「ICI治療」も行っている。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★