あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

増える“婚前セックスレス”。ハグだけで幸せって本心なの? 

   

「もう半年以上エッチしてない…でも、幸せだよ」

 そう笑顔で話すのは、もともと男遊びが激しかった30歳の女性。最近、同棲中の彼氏とセックスレスで、記録更新中なのだそうです。ところが彼女の笑顔はとても明るく、ハグだけで十分幸せといいます。

 じゃあ性欲が溜まったらどうするの? と疑問をぶつけると、どうしても溜まってきたらお風呂でさっと一人で済ませるんだとか……。筆者は正直「ウソでしょ!? 目の前に男がいるのに!」と驚愕してしまいましたが、悩んでいるかは別として、交際中にレスに陥っても、特に問題にならないらしい。

 一体全体、どういうことなのか本音の部分を探ってみました。

◆気持ちよさより安心感重視?

 そもそも彼女がレスに陥ったのは、仕事の忙しさが原因といいます。交際3年目に彼女の会社近くで同棲を始めたら、通勤時間の短縮がキッカケとなり仕事に没頭するように。

 そこから「疲れているから」「眠いから」というお決まりの理由からレス気味になっていったといいます。

 それだけ聞くとマズそうな状況ですが、意外と彼女は幸せだといいます。

「今まで『求められたら必ずしなくちゃいけない』って思いが強かったんですが、断っても彼が『じゃあハグして寝よう』って言ってくれるから、無理しない状況に幸せを感じるようになりました。今はしない方が楽だし幸せを感じるかもしれません」

 彼とお付き合いする前、日替わりでセフレを変えていた彼女が最後にたどり着いたのは、安心感という違う形の幸せだったようです。

 でも一方で、結婚した後もレスだと色々支障がありそうで不安、とも話します。レスを乗り越えるか、安心感を優先させるか、新しい悩みが彼女をモヤモヤさせるようです。

◆居心地のよさはレスをも超える?

 そうは言いつつも、お付き合い最中からレスっていたら、やっぱり不安はつのるのではないか……。疑問を探るべく、もう1名、婚前レス記録更新中の28歳の女性に話を聞きました。

 現在同い年の彼と交際1年程の彼女は、付き合って半年ちょっとでレスに突入。マズイなーという気持ちはあれど、居心地の良さと面倒臭さから「まあいっか」という放置が続いているそうです。

「寂しさがないと言えばウソになりますが、周りが考えるほど困っていません。一緒に遊ぶ友達のような楽さが強くて、今さらムラっときませんね」

 サラっと語る彼女の言葉に、深刻さはありません。でも今後について聞いていくとやはり前出の彼女と同じような不安が感じられます。

「でもねーこのままの状態で結婚していいのかって部分は、悩みどころですね。新しい出会いも探しているんですが、新たに恋愛する力がなかなか湧かずです。

 いずれ自分の中でセックスレスを解消させるか、新しい人を探すかはすると思います」

 そう語る彼女は、週の半分は飲み歩き、合コンへ行くと必ず連絡先交換をするといいます。

 話を聞いていくと、レスの問題は忙しさも原因ですが、なによりセックスの重要性が、時代とともに変わっている気もします。

 とはいえ放置はできないセックスレス問題。「これっておかしいかな」と思ったら、自分なりの解決策を持っておくのも大切かもしれません。

関連記事




2
( 2017/04/04 23:56 ) Category ■ED良い話・勃起・セックスレス・避妊 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ