1

ブロッコリー新芽に育毛効果 マグロの近大が新研究

完全養殖による「近大マグロ」で知名度を上げる近畿大学が、今度はブロッコリーの新芽が持つ驚異のパワーに着目した研究結果をまとめた。がん予防にも効果があるとされるこの野菜が、何と育毛に役立つというのだ。

 研究結果は近大と、頭髪関連サービス大手「毛髪クリニックリーブ21」が共同でまとめた。研究で焦点を当てた野菜はブロッコリースプラウト。研究チームは水に溶かした抽出エキスを、人間の毛根から取り出して培養した毛乳頭細胞に垂らす育毛評価試験を実施した。

 この試験により、毛乳頭細胞は約1・8倍に増加した。同細胞内にある細胞分裂を刺激する物質「VEGF(血管内皮増殖因子)」も約1・4倍に増殖。研究チームは「ブロッコリースプラウトに育毛効果が期待できることが示唆された」と結論付けた。

詳しい研究結果は、3月27日から熊本市で開かれる日本薬学会で発表される予定だ。

 スプラウトは植物新芽の総称。ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養が豊富に含まれていることで知られる。そのなかでもブロッコリースプラウトは抗がん、抗菌、抗酸化など、驚くべきパワーを秘めていることが近年、明らかにされてきている。

 もともとブロッコリーは、強い抗がん作用のある物質「スルフォラファン」を含んでいることが分かっていた。

米国で進められた研究により、ブロッコリースプラウトはスルフォラファンを、ブロッコリーの20倍も含んでいることが判明。米国では研究結果が発表された1990年代後半、ブロッコリースプラウトがスーパーなどで飛ぶように売れるブームが起きた。

 日本では兵庫県の農園が99年に販売を開始して以来、かいわれ大根に似た新たな健康野菜として普及した。

 研究を担当した近大薬学部の川崎直人教授は「最終的には抽出したエキスを育毛剤などに配合して商品化することになる。比較的短い間に実現できるのではないかと考えている。

毛が生えて抜けていくサイクルは『休んで、働き、そして生えて』の循環だが、抽出エキスはそのサイクルに刺激を与え、元気にする可能性を秘めている。男性だけでなく女性にも効果が期待できる」と話している。

 今のところ、食べて育毛効果があるかどうかは、分かっていないという。薄毛に悩むお父さん方は、新芽のように髪がニョキニョキ、フサフサになる育毛剤の開発を待ち望んでいる。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事