1

白髪とはもうサラバ!若々しい黒髪維持のために摂るべき食べ物

白髪になってしまう原因は、加齢や遺伝、生活習慣など多数あります。通常、髪の根元にあるメラノサイトでメラニン色素が作られ、髪に色をつけています。しかし、メラノサイトが正常に働かなくなると髪に色をつけらなくなり、白髪になってしまいます。

特に日々の食習慣は白髪に深く関わってきます。栄養バランスが偏っているとメラノサイトが栄養不足になり、色素が作れなくなってしまいます。

そこで今回は、白髪を予防、改善するために必要な栄養素の中から、特にメラノサイトに関わりの深い栄養素を2つご紹介します。

■メラノサイトを活性化する“ヨード”

ミネラルであるヨードは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活発にする効果があります。ヨードが不足することでメラノサイトの働きが鈍くなり、色素が作られなくなってしまいます。

ヨードはワカメや海苔、昆布をはじめとした海藻類、ひじきなどに豊富に含まれます。コンビニの食事が多いという人は、お味噌汁や海藻サラダなどを食事に加え、意識的に摂取するようにしてみてください。

ただし、白髪予防のために海藻類やひじきばかりに偏った食事はおすすめできません。他の栄養素が不足してしまったり、また、ヨードは過剰に摂取し過ぎると甲状腺の病気を招く可能性もあります。偏りのないバランスの良い食事が理想です。

■メラニンの原料“チロシン”

チロシンとは、アミノ酸の一種である非必須アミノ酸であり、肌や髪の毛のメラニン色素の原料となります。その他、ストレスの緩和や集中力を高める効果などもあります。チロシンの量が減少すると、メラニン色素の生成が妨げられ、白髪につながってしまいます。

チロシンは、チーズや納豆、豆腐、バナナなどに多く含まれます。また、チロシンは銅ミネラルと一緒に摂ると効果的です。納豆、豆腐には銅ミネラルも含まれるので白髪予防にはピッタリの食材です。

その他、レバー、桜エビ、ほたるいか、いいだこ、ごま、ココア、紅茶なども銅ミネラルを多く含みます。

ヨード同様、白髪を予防するためにチーズや納豆ばかり過剰に摂取するのではなく、栄養バランスを考えて摂取することが大切です。

以上、白髪の予防、改善に効果的な栄養素を2つご紹介しました。今回ご紹介した栄養素以外にも髪の主成分であるたんぱく質や、新陳代謝促進に効果的なビタミンEなど、バランスよく食事を摂ることが大切です。

食事内容が偏りがちな人は栄養バランスを意識してみてくださいね。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事