あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

怖いめにあうと一晩で白髪になるって本当?「NO:すでに生えている髪の色素が抜けることはない」 

   

老若男女を問わず気になるのが白髪。強い恐怖やストレスを感じると、本当に一晩で白髪になってしまうのか?

白髪は色素のない髪が生まれる現象なので、すでに生えている髪が変わることはない。それどころか、病気やストレスを感じた際に放出されるTGF-β(ベータ)が細胞を刺激し色素を作り出す、不思議なメカニズムに成り立っているのだ。

■白髪は増えるだけ

髪の毛は、髪自体をつくる毛母(もうぼ)細胞と、色を与える色素形成細胞の2つで作り出される。個人差はあるものの、ヒトの場合は1日0.2~0.5mmのペース伸び、それに合わせて色素が生み出されている。だが、なんらかの原因で色素形成細胞が働かなくなると、色のない髪が伸びていく。

これが白髪だ。

髪の色は、日焼けと同じメラニン色素によって作り出される。髪のメラニン色素には、

・ユーメラニン … 黒褐色系

・フェオメラニン … 黄赤色系

の2種類があり、両方とも多いと黒髪、少ないとブロンド、フェオメラニンが多いと赤毛になる。どちらもほとんど含まれていないのが白髪だ。

一晩のうちに白髪になってしまう話は本当だろうか? 残念ながらNoで、すでに生えている髪の色が自然と抜ける可能性はない。髪のメラニン色素を分解する仕組みがないからだ。日焼けの場合、新陳代謝によってメラニン色素を含んだ皮膚がはがれ落ち、もとの色に戻るのだが、髪の色素を分解したり、体外に追い出すメカニズムは持っていないのだ。

もしメラニン色素を分解するなら、ブリーチ同様に薬品を使わなければならない。定番はアルカリと過酸化水素水だが、

・アルカリ … タンパク質を分解する

・過酸化水素水 … 6%を超えると劇物指定

なので、どちらも人体が大量に作り出すことはない。

可能性があるのは「根本だけ白髪」のパターンだ。色素が作られなくなっても髪は伸び続けるので、生え際だけが白髪になる可能性はある。ただし1日0.5mmで計算しても、一晩8時間ならわずか0.17mm程度だから、白髪になった!と気づくかどうか微妙な長さだ。

■白髪と脱毛は、同じ原因?

白髪と脱毛を一気に治せる可能性も生まれてきた。17型コラーゲンが、両方の原動力になっていることが解明されたのだ。

色素形成細胞が白髪のかなめであることはご説明した通りだが、親分とも呼べる毛包(もうほう)幹細胞の指示によって働いていることがわかった。その際に使われるのはTGF-β(ベータ)で、奇しくも病気になったりストレスを感じた際に放出される物質だ。

毛包幹細胞が弱まると、TGF-βを介して色素が作られなくなるだけでなく、脱毛も増えてしまう。つまり、原因を排除できれば、どちらも解消されるのだ。

東京医科歯科大学の実験によると、17型コラーゲンが作られないように遺伝子操作されたマウスは、毛包幹細胞の働きが悪くなって白髪/脱毛の両方が起きる。逆の操作をするとどちらも回復したという結果が出ているので、17型コラーゲンが引き金となっているのは確実といえるだろう。

それなら、豚足や牛すじを食べると改善されるのか? 答えはNoで、マウスと同様に、ヒトも遺伝子レベルで違いが生まれる物質なので、食べ物でコラーゲンを多く摂っても17型が増えるとは限らないのだ。残念。

■まとめ

・色素形成細胞が働かなくなると、髪のメラニン色素が作られなくなる

・メラニン色素がないと、白髪になる

・すでに生えている髪の色素が抜けることはない

・白髪と脱毛は、原因が同じ

原因さえわかれば、対策方法が生まれるのも時間の問題だ。

髪の悩みの特効薬が登場することを期待しよう。

関連記事




2
( 2017/04/05 00:29 ) Category ■薄毛・植毛・頭皮・ハゲ・フケ・白髪・抜け毛・カツラ | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ