あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

【薬ものがたり】光触媒「V-CAT」を応用した国内初のマスク 

   

風邪の予防などでマスクを活用する人が増える時期。中でも、今年9月の発売以来、注目度の高いのが「パブロンマスク365」。

 マスクの表面で反応する光触媒「V-CAT」を初めて採用し、ウイルスや細菌、花粉などを分解、除去するのが特徴。加えて、従来のマスクは4層構造で、外部から侵入しようとするウイルスなどをシャットアウトしていたが、「パブロンマスク365」は、外部侵入を食い止めながら3層構造だ。

 「店頭には、ウイルスなどの侵入を99%カットするマスクが、たくさん並んでいます。それは当たり前。そこで、光触媒『V-CAT』を応用した国内初のマスクを開発しました。呼吸や会話もしやすいと好評で、発売早々からお客さま相談センターには問い合わせが相次いでいます」(大正製薬)

 予防に重点を置いた「パブロン365」シリーズの登場は、2006年。以来、ハンドジェルやうがい薬、のどスプレーといったラインアップを広げてきた。今回の「パブロンマスク365」でさらに充実。一般的に99%カットのマスクは、息苦しさなどが伴いやすいが、それを解消したことも、人気に火をつけた要因のようだ。

 「耳が痛くないようなゴムの使用など、随所にこだわりを持ったマスクです。一度、ご使用いただければ、違いはわかると思います」(同)

 諸兄は、どんなマスクを愛用していますか。

関連記事




2
( 2017/04/06 00:46 ) Category ■花粉症・薬・漢方薬・サプリ・栄養ドリンク | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ