あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

セックスも命がけ…精子アレルギーの話 

   

さて、1回目は、精子の話から始めたいと思います。皆さんは「精子アレルギー」をご存じですか?私も「精子アレルギー」なんて聞いたこと無かったのですが、国際性機能学会から送られてきたメールをもとに、紹介しましょう。

 人間は、体に、細菌やウイルスなどが入ってきたとき、異物(抗原)と認識して、排除する「免疫」という働きを持っています。アレルギーとは、免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。

診断の決め手は「コンドーム」

 精子アレルギー(精液アレルギーもしくは精液血漿過敏性とも呼ばれます)は、男性の精液に含まれるタンパク質に対する、まれなアレルギー反応です。それは主に女性に悪影響を及ぼします。

 主な症状は、性行為後の膣周囲に起こります。赤みや、腫れ、痛み、かゆみ、灼熱感が出ます。重くなると、アナフィラキシーといって、呼吸困難や血圧低下が起きて致命的になる可能性もあります。

 主に、精子アレルギーは初めて性行為をするときに起こる場合が多いのですが、一人のパートナーとずっと性行為をしていたのにもかかわらず、突然アレルギーになってしまう場合もあるそうです(これはほかのアレルギーにもあることですね。私の周囲にも、ずっとエビやカニが大好きだったにもかかわらず、突然エビカニアレルギーになってしまった知人がいました)。

 精子アレルギーは、症状から、膣の細菌性炎症やヘルペスなどの性感染症に誤診されてしまう場合があり、診断が難しいです。「コンドームを使用するときだけ、アレルギーが起こらない」というポイントから、判定します。

 つまり、コンドームを使えば、アレルギー予防になるということですね。でも、妊娠を希望する女性が精子アレルギーになってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

 自然妊娠は難しいですが、方法はあります。精子を培養液で洗浄して、タンパク質(抗原)を除去した後に、人工授精や体外受精をすることにより妊娠が可能となります。

どんな治療法があるのか?

 また、治療としては、「膣内精液段階的希釈法:intravaginal seminal graded challenge」という方法もあります(私が勝手に和訳しました)。20分おきにアレルギー専門医が薄めた精液を膣の中に入れて行き、徐々に量を増やして行き、過敏な反応を抑えようという治療です。アレルギーが出ないことを確認しながら慎重に治療をすすめます。

 花粉症治療でも普及している、減感作療法の一つですね。想像すると、治療を受ける患者さんも、医者も大変そうです。

 アナフィラキシーの予防処置としては、昇圧剤(エピネフリン)の自己注射を女性に持たせる、という必要もあります。まさに、セックスするのも命がけなのです。

 いやはや、世の中には思いもよらぬ病気があるものです。私は、精子やセックスについてかなり詳しい医師だと自負していましたが、この話にはビックリしました。まだまだ勉強が必要ですね。今年も貪欲に知識を得て、皆さんに役立ちそうなものは、どんどんブログで紹介していきますね。

関連記事




2
( 2017/04/07 00:31 ) Category ■ED良い話・勃起・セックスレス・避妊 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ