あなたの健康はお金で買えますか・・・? 眼の水晶体は鰹節の硬さに? 「白内障」が高年齢ほど高リスクな理由
1

眼の水晶体は鰹節の硬さに? 「白内障」が高年齢ほど高リスクな理由

白内障は高齢者だけではなく、40~50代でも発症する。じわじわ進行するため自覚していない人も。手術で視力は改善するが、年齢とともに難度が上がる。手術はいつ受けるべきなのか、専門医に取材した。

 白内障は、60代で66~83%、70代で84~97%、そして80代以上になれば100%発症する。しかし、60代以下でも注意が必要だ。強い近眼の人は、早ければ40代から発症リスクがある。

 ほかにも白内障の発症を早めるリスク要因はあるのだろうか。金沢医科大学病院眼科科長の佐々木洋医師は、こう説明する。

「糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣病がある人は、50代から白内障が起こります。逆に言うと、若くて白内障がある人は、生活習慣病などの全身の病気があると疑ったほうがよいでしょう」

 そのほか、アトピー性皮膚炎で眼を強くこする、転んで眼を打つなどの外傷によって水晶体がダメージを受け、白内障になることもある。

 そもそも白内障とは、カメラでいうレンズの役割を果たす水晶体がにごった状態だ。

「白内障のタイプにより少しずつ症状は異なりますが、たいてい最初にピントを合わせる力が落ちてきます。そのため老眼が急に進んだように感じることが多いでしょう」(佐々木医師)

 しかし白内障は年単位でじわじわと進行するので、初めは変化に気づかない人や、見え方の変化を感じても年のせいだろうと思い込んでしまう人が少なくない。

「普通運転免許はメガネなどで矯正した状態で0.7以上の視力がないと取得できません。免許の更新に行って、初めて視力が0.7以下になっていることに気づいて眼科を受診し、白内障と診断されるというパターンが非常に多いですね」

 と、佐々木医師は話す。

 視力を改善するには手術が必要だ。しかし進行の度合いや水晶体のにごり方によっては、不便を感じないこともある。稲村眼科クリニック院長の稲村幹夫医師はこう話す。

「そういう場合は、慌てて手術する必要はありません。サングラスを使って眼に入る紫外線をカットする、点眼薬を使うなどして、様子を見てもよいでしょう」

 ただし点眼薬は、軽いうちなら進行を遅らせる効果は期待できるが、根本的な治療にはならない。

「40代になったら数年に一度は検診を受けて、白内障など眼の病気がないかチェックしましょう。白内障だと診断されたら半年~1年に一度は検査を受けて、進行具合を確認しておくとよいでしょう」(稲村医師)

 にごった水晶体を取り除き、水晶体の役割をする眼内レンズを入れるのが白内障の手術だ。機器などが進歩したおかげで、切開の傷は約2、3ミリとからだへの負担は軽くなり、日帰り手術で受けられる場合がほとんどだ。

「白内障に対する手術の安全性は非常に高いのですが、患者さんの年齢が上がるとリスクが高まる可能性があります」

 と稲村医師は説明する。水晶体は年齢とともに硬くなる。若いころはゼリーのように軟らかだが、年を重ねるとチーズぐらい、さらに高齢になると鰹節のように硬くなることがある。

「手術では、水晶体を超音波で崩しながら取っていくのですが、水晶体が軟らかければ比較的安全に崩して吸い取れます。しかし水晶体が硬くなればなるほど、崩しにくくなるし、時間もかかります」(同)

 硬い水晶体を崩すためには、超音波のエネルギーを強める必要がある。すると角膜の一番内側にある内皮細胞や、水晶体が入っている袋(嚢)の裏側を傷つける心配も出てくる。

「また高齢になると、水晶体を支えるチン小帯という組織も弱ってくるので、眼内レンズの移植や固定も、若い眼よりも難しくなります」(同)

 白内障になったら、すぐに手術すべきなのだろうか。 眼科医を対象におこなったアンケート調査(「白内障手術適応に関するアンケート調査」2013年 日本眼科学会)の結果では、手術を勧める際に最も重要とする項目については、“生活不自由度”という回答が一番多い。また、視力の基準は、普通運転免許の基準となる0.7未満の割合が最も高い。

 昨年、自身も手術を受けた杉田眼科院長の杉田達医師もこう話す。

「“手術しますか?”と聞いて、“ハイ、お願いします”と即答する人はあまりいません。8割ぐらいが様子を見ることになります。いくら安全に手術できる、見え方が改善すると言われても、やっぱり手術はコワイ……というのが、人間の心理。私も繊細な手術を日常的に手がける眼科医でなかったら、もう少し手術を先延ばしにしていたと思います」 

一方で、佐々木医師は、患者の自覚症状よりも、視機能の低下を優先して手術の時期を判断している。患者自身が視力低下に気づいていないことがあるからだ。

「視力を測定して実際は0.4しかないのに、“テレビも見えるし、遠くの山だって見えますから、まだ大丈夫”という患者さんが結構いるんです。しかし、手術をすると、ほとんどの人がもっと早く手術をすればよかったと話します」

 また、白内障になると視力だけでなく、コントラスト視力(対象物と背景の明るさの対比を少なくして測定する視力。対比が弱いほど見えにくい)も下がるため、ちょっとした段差がわかりにくくなって転倒しやすくなる。

「転倒して骨折したことをきっかけに寝たきりになることもあるし、転倒が死因になることも珍しくありません。ですから高齢者の場合、多少視力がよくても健康寿命を延ばすためにも早めに手術を検討したほうがよいでしょう」(佐々木医師)

 眼の手術はこわい。しかし白内障なら、視力を取り戻すチャンスでもある。“見える眼”になって健康寿命を延ばしたい。(現在、絶賛発売中の週刊朝日MOOK『老眼&白内障 完全ガイド』より)
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】