あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

ぎっくり腰がアラサー女子に急増中! その対処法とは  

   

最近、30歳前後でなる女性が増えているという、はじめての「ぎっくり腰」。20代~50代のぎっくり腰経験者100人に、いつごろになったかを聞いてみると、「25~34歳」と43人の人が答え、「アラサー」が1位という結果になった。次に多いのは、15~24歳(22人)だった。

イノウエスポーツマッサージの井上敬太先生は次のように話す。

「25歳~34歳のアラサー世代で、ぎっくり腰を起こす原因は多数考えられます。働き盛りの忙しさから体を休める時間がなく、睡眠不足になると、疲労を回復しきれず、筋肉が硬くなってしまいます。

それに女性特有の冷えやむくみ、血行不良が重なると、筋肉はよりよくない環境下に。そんな日々の積み重ねのうえで、ある瞬間、体の許容量を超える負荷がかかると、ぎっくり! 健康のためにランニングをしようとしてぎっくり腰になる患者さんも少なくありません」

「万が一、ギクッといってしまった場合、絶対にやってはいけないのが温めること」(井上先生)。まずはシップなどでアイシングをするのが正解。次にすべきは、腰に負担をかけないように、横になって痛みが治まるのを待つこと。

「温めない」「動かない」「寝る」を覚えておこう。

関連記事




2
( 2017/04/09 06:31 ) Category ■膝・腰・肩・首・手・足・腕・猫背・頭・こむら返り | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ