1

【日本の名医】腎臓がん治療のスーパードクター 木原和徳先生

木原和徳先生のプロフィール・実績等の紹介

(プロフィール)
1977年年東京医科歯科大学医学部卒
(専門)
泌尿器科、特に泌尿器がん、ミニマム創内視鏡下手術

(実績その他)
腎臓がんの手術術式は「開放手術(開腹手術)」「腹腔(ふくくう)鏡手術」「ミニマム創内視鏡下手術」の3通りありますが、この中のミニマム創手術を開発したのが東京医科歯科大学医学部付属病院(東京・文京区)泌尿器科の木原和徳教授です。

ミニマム創手術は、腹部を5~6センチ程度、1カ所切開し、摘出した臓器を取り出す切開創のみで、ガスを使わない体に優しい手術です。

切開創から内視鏡を患部に挿入し、モニターと肉眼を併用しながら安全に手術を行います。患者への負担を最小限におさえるための画期的な手術法を開発した木原先生は、、国内外から高い評価を得ています。

(腎臓がん治療に関する考え方・ポリシー)
~「東京医科歯科大学医学部付属病院」ホームページより抜粋~東京医科歯科大学泌尿器科学教室では、泌尿器科の世界的な重要課題に対して、「目の前の患者さんと社会に、直接役立つ、実践的な新医療を開発すること」を目指しています。

泌尿器科の各領域において世界標準の泌尿器科診療を、患者さん中心に行ないつつ、世界に貢献できる新医療の開発・改良に向けて努力しています。

(科学理論に基づいて開発された抗がん漢方薬について)
がんの治療技術は日進月歩の勢いで進歩していますが、それでも引き続き、がんは命にかかわる重大な病気であり続けています。

がんと闘う多くの方々は、手術治療・放射線治療・抗がん剤治療の3大療法の他、第4の治療法とも言われる免疫療法など、完治に向けた様々な努力を行っています。

こうした中、世界の医学界が「新しいがん治療」と注目しているのが「中西医結合医療」です。「中西医結合医療」とは、西洋医学の診断や手法、治療も取り入れ、中医学(漢方医学)の治療を中心として施すという新しい医療モデルです。

「中西医結合医療」は、特効薬を見出せないでいるがん治療の分野において、近年新しい治療戦略として、中国のみならず、 欧米や日本でも注目されています。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事