あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【糖尿病に強い病院】骨動かす筋肉の質低下が血糖コントロールに関係 順天堂大学医学部附属順天堂医院 糖尿病・内分泌内科
1

【糖尿病に強い病院】骨動かす筋肉の質低下が血糖コントロールに関係 順天堂大学医学部附属順天堂医院 糖尿病・内分泌内科

 生活習慣病の2型糖尿病は、暴飲暴食など食生活に伴う肥満に関わる。しかし、BMI(体格指数/体重キログラム÷身長メートルの2乗)が25未満で、肥満の分類に入らない人も2型糖尿病を発症している。なぜ太っていなくてもなりやすいのか。

 その最先端の研究を行っているのが順天堂大学医学部附属順天堂医院糖尿病・内分泌内科だ。骨を動かす筋肉(骨格筋)の質の低下と関わることを明らかにし、今年7月に米国内分泌学会に発表。28人の糖尿病専門医と4人の内分泌代謝専門医が診療を行い、2015年の外来総患者数は1万2075人、このうち半数以上を2型糖尿病患者が占める。

 「2型糖尿病では、血糖値をコントロールするインスリンがうまく働かないインスリン抵抗性や、インスリンの分泌量が減ることで、血糖値が上がりやすくなります。その仕組みを突き止めれば、効果的な治療法や予防法につながるのです」

 こう話す同科の綿田裕孝教授(51)は、糖尿病の治療と研究のスペシャリストである。綿田教授らのグループは、2014年、膵臓(すいぞう)が疲弊してインスリンの分泌量が減ることに、ノーベル賞でも話題のオートファジー(細胞の自食作用)が欠かせないことも明らかにした。この作用を活性化できれば、従来と異なる薬の開発も可能となる。

「2型糖尿病では、血糖値のコントロールが大切ですが、患者さんに我慢を強いてばかりいては長続きしません。新薬の研究もさることながら、骨格筋などの研究でより楽しく、取り組みやすい方法を開発したいのです」

 綿田教授は、地域の医療機関と連携した「糖尿病一週間教育入院」にも力を入れている。病気についての知識、栄養や運動指導などはもとより、患者がいかにモチベーションを高めて病気と向き合えるか、などに工夫をこらしている。

 「これからも最先端の研究と臨床で貢献したいと思っています」と綿田教授は話す。

 病気の謎を解き明かし、克服に向けて奮闘中だ。 (安達純子)

 ■ここに注目・「1週間の教育入院」でも利用

 順天堂大学医学部附属順天堂医院のB棟8階に設置されている「健康スポーツ室」は、1週間の糖尿病教育入院中に利用できる。ランニング装置のトレッドミルや自転車エルゴメータなどのマシンが並び、ストレッチマットやダンベル、さらには40メートルのジョギングやウオーキングを行うトラックもある。まるでトレーニングジムのような設備だ。

 運動習慣のない人にも、身体状態に合わせた適応や方法が決定した上で、個別の運動指導を行っているそうだ。

 また、通院中で医師から運動を進められている人も、平日月1回(全12回)、運動指導を受けることが可能という。同大にはスポーツ健康科学部があるだけに、運動設備や指導が充実しているのが特徴だ。

〔住所〕〒113-8431 東京都文京区本郷3の1の3 電話/03・3813・3111

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】