あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

乾燥が頭皮と髪にダメージを与える? 冬にフケが出やすい理由 

   

冷え込みが増し乾燥が気になるこの時期は、顔や身体だけではなく頭皮の乾燥にも気を配りたいもの。

もともと乾燥しやすい体質の人はもちろんのこと、過度な洗髪や合わないシャンプーの刺激、ドライヤーなどの熱などに空気の乾燥が加わり、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが発生しやすいのだ。

 頭皮も肌同様にターンオーバーが行われており、フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの。皮脂の分泌量が多い場合はしっとりとした大きめのフケが出ることがあるが、頭皮環境が整っている状態ならば洗髪時に角質が取り除かれるため、「フケが目立つ」と悩むことは少ない。

 ただ、これからの季節は乾燥による頭皮環境のトラブルに注意が必要になる。頭皮も肌同様に皮脂が出るが、年齢を重ねるにつれて皮脂量も減少していく。

だが、過剰に頭皮の皮脂を洗い流すような洗髪を行っていたり、相性の悪いシャンプーを使っていると乾燥が進み、古い角質がめくれてカサカサの状態に。

フケが大量に出たり、かゆみや皮膚炎などが発生してしまうこともあるのだ。洗髪を夜と朝、1日に2回行っている人も要注意。必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、頭皮の乾燥を招くことになりかねない。

 発生したフケを取り除くためにと、必要以上にブラッシングしてしまうものタブー。頭皮を傷つけ、余計にフケが出やすい環境になってしまいかねない。

もともとブラッシングは髪に付着したホコリを取り除いたり、乱れたヘアスタイルを整えるのに便利ではあるものの、必要以上に行うと摩擦により髪にダメージを与えてしまうので、頭皮のためにも髪のためにも、ほどほどが肝心と心得て。

 乾燥しやすい人やフケが出やすい人、頭皮トラブルを抱えやすい人は、敏感肌の人に向けたヘアケア製品も多数出ているので、気になる人はそちらをチェックすると良いだろう。

常盤薬品工業が頭皮トラブルや敏感肌の人へ向け、皮膚科の医師とともに開発した低刺激性化粧品シリーズ『ノブ』(常盤薬品)もそのひとつ。

この秋にフケ・かゆみを防ぐ『ノブ ヘアシャンプー M』(250ml税込1680円)が登場。さらに『ノブ スカルプローション』(80ml税込1575円)も刺激のより少ないシンプルな処方にリニューアルしている。

 乾燥は頭皮のみならず、髪の毛にもダメージを与えやすい。髪の毛は12~14%程度の水分と、タンパク質でできている。そのため、乾燥している環境にいると水分量のバランスが崩れて内部がスカスカになったり、静電気が発生して髪にダメージを与えることが。

ヘアケア製品、加湿器などで加湿と保湿を整える環境を作ったり、髪内部の水分が逃げないようにオイルをつけたりして対応し、健やかな頭皮と髪の毛を保って。

関連記事




2
( 2017/04/15 05:26 ) Category ■薄毛・植毛・頭皮・ハゲ・フケ・白髪・抜け毛・カツラ | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ