あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【整体の常識非常識】事故患者はVIP扱いのワケ
1

【整体の常識非常識】事故患者はVIP扱いのワケ

「そちらでは交通事故専門治療をしていますか?」

 あるとき私のところに電話があった。交通事故で首を痛めたとのこと。それでインターネットで検索していて、私の整骨院をみつけた。

 ところが「交通事故専門治療院」を名乗る整骨院が複数あり、私のところは名乗っていないので一体何が違うのか不思議に思ったという。答えから言うと、これは一種の宣伝文句。

 実際私のところでも事故の患者が来れば治療するし、それはどこの整骨院でも同じ。そこで他との違いを出そうと、最近ではそう名乗るところが急増中というわけ。ではなぜことさらに、交通事故をアピールするのか? それは自賠責保険や任意保険といった保険の仕組みが理由。

 例えば通常の健康保険の場合、ケガや病気で使うとかかった治療費の1割から3割を本人が負担する。一方交通事故の場合、もし被害者であれば本人負担は0円の上、通院する度に慰謝料として数千円をもらえる。

また整骨院側としても1回の治療で、保険治療の時の10倍近くのお金が保険会社から振り込まれる。となると通院すればするほど患者も整骨院もお金が入ってくる、という仕組み。

 私のところは自費治療なので特に関係ないけど、保険治療メインの整骨院にとって事故患者はまさにドル箱。交通事故集客専門のコンサルタントなども存在し、整骨院業界は事故患者の奪い合い。逆に言うと患者側からすれば事故で整骨院にかかれば、多くの場合VIP扱い。

事故患者のみ時間外でもみてくれるところや、中にはお見舞いとして金一封なんてサービスも。まぁそれはともかくとして、実際に治療は必要。もし整形外科であまり良くならなければ整骨院を受診してみるのもいいかもしれない。

 12回にわたり読んで頂きありがとうございました。またお会いできる日まで。

■田中宏(たなか・ひろし) 1975年3月3日兵庫県出身。2000年日本柔道整復専門学校卒業。
2009年神戸市垂水区で天竺整骨院(http://www.tenjikuseikotu.com/)を開院。健康保険を使わない完全自費治療で一回の治療時間は10分程度。リラクゼーション系のメニューは扱わず、一貫して「治療」にこだわっている。一人で月商300万円を稼ぎ出す現役治療家であると同時に、後に続く治療家を育成するため整体チャンピオン実践会を主催し、治療技術グループレッスンや各種セミナー、コンサルティングなども精力的に行っている。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】