あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

便秘、自然に解消! 新しい処方薬が32年ぶり登場 

   

長引くガンコな便秘に悩んでいた人には朗報だ。32年ぶりに新しい便秘の処方薬が登場した。便がゆるくなり過ぎたり、腹痛が起きたり、従来の下剤で満足していない人は試してみる価値がありそうだ。

 【評判は上々】

 昨年11月に登場した新薬「ルビプロストン」(商品名アミティーザ)の特徴は、自然に近い快便感。国内の治験では、約60~75%の患者で24時間以内に自発排便が認められ、排便回数をほぼ毎日に改善するデータが得られている。

 治験を分担した「日本橋えがわクリニック」(東京・八重洲)の穎川(えがわ)一忠院長は約20人の患者に投与。「使いやすく、有効だと思いました。患者さんの評判もずいぶん良かった」と印象を話す。新薬はカプセル状薬剤で1日1カプセルを2回、朝晩の食後に服用。便の状態に応じて適宜減量する使い方になる。

 【副作用が少ない】

 生活習慣やストレスなどで引き起こされる機能性便秘は、「弛緩性便秘」「痙攣(けいれん)性便秘」「直腸性便秘」の3種類(別項)に分けられ、便が出にくい原因が違う。

 従来の下剤(処方薬)には、腸管の浸透圧を高めて水分量を増やす緩下剤、腸管を刺激して腸の動きを促す刺激性下剤、自律神経に作用する下剤や漢方薬など、数多くのタイプがある。

 患者の便秘のタイプや状態に合わせて薬が処方されるが、個々にピッタリ合う薬を見つけるのは意外と難しい。

 「新薬の作用は、小腸の水分分泌を促進させて、便を軟らかくして排便を促します。刺激性下剤など従来の薬は腹痛が生じやすかったが、新薬ではほとんど腹痛がないのが大きなメリットです」

 作用としては、腸管の水分量を増やす酸化マグネシウムと似ている。ただ、酸化マグネシウムは高齢者など腎機能障害がある人に長期投与する場合、“高マグネシウム血症”の副作用の恐れがあるので注意が必要とされている。

 新薬で起こりうる副作用は量が多過ぎた場合の下痢や悪心ぐらい。副作用の面でも安心だ。

 【薬代高いが快便感】

 では、最大の特徴の自然に近い快便感とは、どういうことか。

 「臨床試験の報告では、長期投与によって便の硬さが『ブリストル便形状スケール』の評価で、ほぼ『4』。理想的な硬さに近い状態を維持できるとされています」

 ブリストル便形状スケールとは、便の硬さを7段階に分けた国際的な分類。タイプ4は普通便と評価され、「表面がなめらかで柔らかいソーセージ状、あるいは蛇のようなとぐろを巻く便」と表現される。

 腹痛もなく、ほぼ毎日便意をもよおして、硬さ・形のいい状態でスッキリ出る。それが従来の下剤では味わえなかった自然に近い快便感だ。

 穎川院長は新薬の欠点を1つだけ指摘する。

 「有効性は高いが、便秘の治療薬は安い薬が多く、患者さんの経済的負担を考えると第一選択薬にはなり難い。従来の薬で十分効果が得られない場合や副作用があるなど、切り札的な使い方がいいのではないか」

 薬価は1カプセル156・60円。1日2回、30日処方なら3割負担で3000円弱かかる。

 ■便秘のタイプ
 ◆弛緩性便秘…腸管の緊張がゆるんで、ぜん動運動が低下する。硬い便
 ◆痙攣性便秘…副交感神経が働き過ぎて、腸管が引きつれて収縮する。ウサギの糞状のコロコロした硬い便、細い便
 ◆直腸性便秘…直腸の排便反射が起こらず、便が停滞する。太くて硬い便

関連記事




2
( 2017/04/18 07:31 ) Category ■便秘・痔・膀胱炎・下痢・便失禁・過敏性腸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ