ヨーグルトは万能効果の救世主!ダイエットも美肌も手に入れよう

いつ食べる?夜だと太る?タイミングも重要なヨーグルトの食べ方

整腸作用やダイエットなど、体の健康を保つ上で、さまざまな効果が期待できるヨーグルト。食べ方やタイミングを工夫することで、さらに効果を引き出すことが可能です。より効果的と考えられている食べ方についてまずはご紹介します。

まず、重要なのは、食べるタイミングです。夜10時から未明の2時にかけては、腸の「ゴールデンタイム」と呼ばれています。この時間帯にヨーグルトを食べると、整腸効果が倍増すると言われています。朝食に食べるイメージが広く普及しているヨーグルトですが、実は「夜」に食べるのがおすすめです。夜中にお腹が空いた時に食べるものとしては最適といえます。

また、やはりヨーグルトを食べるタイミングについてですが、食前なのか、食後なのかも重要です。お食事の前に食べることで、より早く満腹感を得ることができ、食べる量を減らすことができるため、ダイエット効果があると言われています。つまり、ダイエット効果を期待する場合は、食前にヨーグルトを食べるのが断然おすすすめです。

逆に、整腸効果を期待する場合は、食後に食べるのが良いでしょう。食事の後で胃酸が中和された状態になっており、乳酸菌を生きた状態のまま腸へと届けることができるためです。空腹時だと、胃の中に胃酸がたくさん溜まっている状態のため、ビフィズス菌などヨーグルトに含まれて居る善玉菌がたちまち死んでしまいます。

食べる量についてもぜひ知っておきたいことがあります!食べれば食べるほど健康に良さそうな印象を持っている方も多いと思いますが、整腸作用という観点から考えると、ヨーグルトは1日に200g以上食べても効果がないと言われています。腸中において、乳酸菌は長く生きることができないため、いっぺんにたくさんの量を食べずに、毎日決まった量をきちんと食べることが大切と言えるでしょう。

また、意外と知られていませんが、毎日違った銘柄のヨーグルトを食べるのはよくありません。乳酸菌が力を発揮するには、短くとも一週間は同じ銘柄を食べ続ける必要があると言われています。ですから、一週間から一ヶ月間は同じ銘柄を食べるように努めましょう。

ところが、同じ銘柄をずっと食べ続けるというのも腸にはよくありません。同じ銘柄のものを食べていると、腸内に同じ菌が増え続けることになり、その結果、菌が仕事をしなくなるというのです。ですから、ある一定の期間が過ぎたら、腸内の菌を新しいものに入れ替えるという作業が必要です。できれば、一ヶ月ごとにヨーグルトの銘柄を変えるようにすると良いでしょう。

最後に、期待できるヨーグルトの効果について、銘柄別にご紹介します。

<明治 ブルガリアヨーグルト>
このヨーグルトに含まれている「LB81乳酸菌」には、高い整腸作用があり、便秘を解消する効果を期待できます。デトックスを促すため、ひいては、『美肌効果』も高いと言えるでしょう。

<メグミルク ナチュレ恵>
このヨーグルトには「ガセリ菌SP株」「ビフィズス菌SP株」が含まれ、これらは日本人の体ととても相性がいいと言われています。生きた状態で腸に届きやすく、高い整腸効果の他、脂肪を燃焼する効果期も高く、ダイエットしたい方におすすめです。

<森永 ビヒダスヨーグルト>
生きたままの状態で腸へと届く割合が高い「BB536」と呼ばれるビフィズス菌を含んでいます。花粉症などのアレルギー症状を穏和する効果もあると言われています。

<明治ヨーグルト Rー1>
このヨーグルトに含まれる「OLL1073Rー1」には、免疫力を強化してくれる効果があります。体調管理に有用です。

<ダノン BIOヨーグルト>
お腹に溜まったガスを解消する効果が高いヨーグルトです。便秘を予防したい方におすすめです。

本気で取り組むヨーグルトダイエット

近年、ダイエットに効果があると話題のギリシャヨーグルト。低カロリーでしかもたんぱく質が豊富なため、これまでヨーグルトを使ったダイエットに挑戦してきただけどうまくいかなかったという方におすすめです。その魅力についてたっぷりご紹介します。

ギリシャヨーグルトとは、その名前の通り、ギリシャ発のヨーグルトで、ギリシャでは朝食によく食べられています。このギリシャヨーグルトと一般的なヨーグルトの違いは、次の通り。

ギリシャヨーグルトとは、一般的なヨーグルトを布で濾過し、さらに水分を除去したヨーグルトのことです。水分をなくす過程で余分な糖質も抜けることから、高たんぱくで低糖質、しかも低カロリーなヨーグルトになるというわけです。食感も一般的なヨーグルトに比べてしっかり食べ応えがあるのが特徴です。

ギリシャヨーグルトの最大のポイントの一つは、高タンパクであること。たんぱく質とは、人間が生きていくうえで欠かせない3大栄養素のひとつ。体の機能を正常に作用させたり、食欲を調整したりする働きがあると言われています。このたんぱく質の量が体の中で少なくなってしまうと、筋肉を作ったり、維持したりできなくなり、その結果代謝が下がり、痩せにくい体質になってしまいます。

ダイエットすると、ビタミンなどとともに、このタンパク質も不足しがちになる、筋肉が減少し、かえってダイエットを妨げることがあると言われています。ですから、高タンパクのギリシャヨーグルトは、ダイエットにとても適したヨーグルトだと言えるのです。

それでは、このギリシャヨーグルトを使ったダイエットプランの一例をご紹介しましょう。今回取り上げるのは、3日かけて行うプチ断食ダイエットです。ぜひ挑戦してみてください。

<一日目>
朝と昼は、普段通りに食事してOKです。夜だけ、朝や昼より軽めの食事を心がけてください。

<二日目>
朝はギリシャヨーグルトと野菜ジュースだけと摂ります。昼には、ギリシャヨーグルトに加えてフルーツを食べてください。夜はギリシャヨーグルトとゼリーを食べます。

<三日目>
朝は、ギリシャヨーグルトと豆乳を摂ります。お昼は前日と同様、ギリシャヨーグルトに加えてフルーツを食べます。夜にはお粥を食べます。

<四日目>
ここから少しずつ通常の食事に戻していきます。朝はお粥を食べてください。昼には軽めの和食を摂ります。夜は普段通りの食事をしてください。

注意点としては、ゼリーや野菜ジュースは、砂糖・甘味料が含まれていないものを選んでください。また、毎日、水を1日あたり1.5リットル飲むようにするとさらに効果的です。

ヨーグルトで毎日オーラルケアしよう

とても意外かもしれませんが、ヨーグルトはオーラルケアにも効果があると言われています。というのも、ヨーグルトにたくさん含まれている乳酸菌は、腸内にもちゃんと生息していて、口腔内の環境を改善し、虫歯・歯周病を予防してくれる働きがあります。口の中にいる細菌の種類は、実に500種から700種!歯周病を引き起こす歯周病菌もその中の一つです。

歯周病菌をはじめとする悪玉菌は、口の中が清潔に保たれている状態の時は全く問題がないのですが、磨き残しによって食べカスが残っていたり、体調が悪化することで、免疫力が低下してしまったりすると、急激にその数を増やし、虫歯や歯周病の原因を作り出してしまうことがあるのです。

それら好ましくない細菌の増殖を抑えてくれる作用があると言われるのがLS1と呼ばれる乳酸菌です。このLS1には、善玉菌として口の中の細菌の働きを正常化する働きがあることから、LS1を含んだヨーグルトにはオーラルケア効果を期待することができるというわけです。

また、虫歯や歯周病予防以外にも、ヨーグルトにはとっても嬉しい効果があります。それは、“口臭”予防!実は、口臭の原因と考えられているものの多くは、虫歯菌や歯周病菌など、口腔内に生息する悪玉菌です。LS1は、口の中における悪玉菌の増殖を抑える作用があるため、ヨーグルトを食べることが、口臭を予防することにもなるのだそうです。ですから、デートや商談の前など、口臭で失敗したくない日の朝食には、ヨーグルトを食べるのがおすすめです。

ただし、さまざまな種類のヨーグルトが市場には出回っています。使われている糖分もいろいろあります。糖分がたくさん含まれたヨーグルトを食べすぎると、それ自体が虫歯の原因となる可能性もあります。ダイエットはもちろん、口内環境を整えるのを目的とするのであれば、糖分の低いもの、できれば無糖ヨーグルトをチョイスするのがおすすめです。

もちろん、ヨーグルトを食べておけばそれでオーラルケアは完璧というわけではありません。合わせてブラッシングやフロスなどをすることで、いつまでも健康な歯を維持してくださいね。

意外な効能!アトピー対策にヨーグルト

ヨーグルトは、実は、アトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

腸内には、体内のおよそ70%にも及ぶ免疫細胞が存在しています。つまり、腸内環境を整えることで、免疫細胞の働きををよくすることにつながっていきます。アトピー性皮膚炎にかかっている人の中には、腸が弱い人が少なくないと言われますから、免疫力が上がれば、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和が期待できるというわけです。

ヨーグルトがアトピー性皮膚炎の症状緩和に効果があるのは、ヨーグルトに含まれるメチル化カテキンという成分のおかげ。アトピー性皮膚炎の原因の一つとして考えられているのが、IgE抗体。メチル化カテキンには、そのIgE抗体の働きを抑える力があるとされているのです。他にも、メチル化カテキンには、コレステロールを調整する効果、アンチエイジング効果など、さまざまな点で期待が集まっています。

ヨーグルトには、よく知られているように、乳酸菌やビフィズス菌によって腸内に善玉菌を増やす効果があります。善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることが健康な体を作ることの鍵になると言われています。ヨーグルトを定期的に食べる習慣があれば、善玉菌が増え、正常な腸内環境を維持することができます。その結果、免疫機能が向上し、皮膚の炎症が抑えられたり、皮膚から水分が蒸発するのを防ぐ効果があると言われています。アトピー性皮膚炎とは、皮膚が乾燥することで、結果的に肌に炎症が起きてしまう症状ですから、ヨーグルトを食べることで、症状の緩和が期待できるといるわけです。

ヨーグルトはとても身近な食べ物ですから、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ココナッツヨーグルトでお肌を健康に

美肌効果があると言われるヨーグルトですが、さらにココナッツミルクを加えて作るココナッツヨーグルトなら、さらに高い効果を期待することができます。ここでは、ぜひ試したいココナッツヨーグルトの美肌効果と作り方についてご紹介します。

ココナッツヨーグルトには、皮膚の表面へと作用して、シミやくすみなどの症状を改善する効果があるトコトリエノールという成分がたくさん含まれています。また、肌の奥の方に作用してシミやたるみを改善してくれる効果のあるラウリン酸、さらに整腸作用によって肌の新陳代謝を促す乳酸菌も多く含まれています。

そんな高い美肌効果を発揮するココナッツヨーグルトの作り方をご紹介しましょう。とっても簡単で、しかも手近な材料で作ることができるので、ぜひ試してみてください。まず用意するのは、ココナッツミルク100gとプレーンヨーグルト200g。作り方は、シェーカーなどを使ってこの二つをよく撹拌するだけ!

これだけ?と思ってしまうほど、とっても手軽に作れるのに、その効果は折り紙付きです。1日たったの300gほど摂取するだけでOKだから、これなら続けられるという方も多いのではないでしょうか?実際にその効果を実感している方も少なくないようです。ぜひ、ココナッツヨーグルトの力で紫外線などによる肌のダメージを手早く回復させて、美肌を手に入れましょう!

関連記事
スポンサーリンク Ⅱ
スポンサーリンクⅡ160
最新記事
■ 互助会推薦 ■
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
スポンサーリンク sabu