1

【ベストセラー健康法】万病の治療は腸の健康から 東洋医学これが“真実”

日本の医療が西洋の考えに重きを置いていることは周知の通り。それゆえ日本人の東洋医学に対する知識はかなりいい加減だ。東洋人なのに東洋医学を知らない日本人-。この辺で少し勉強しておきましょうか。

 「東洋医学」と「漢方医学」。日本人の多くはこの2つの学問を同一視しているが、実際には異なる部分が多い。

 漢民族が住む中国で行われていたのが漢方医学に対して、東洋医学は日本が発祥。日本で伝承的に行われてきた医学を、明治に入って流入してきた西洋医学と区別する意味で与えられた呼び方が「東洋医学」だという。

 そんな東洋医学の基本知識から始まり、現代人を苦しめるさまざまな病気に対する東洋医学の在り方を、タイトル通りにわかりやすく解説するのが「よくわかる東洋医学考根論」(田中保郎著、山中企画出版部)だ。

 著者は長く外科医として臨床の最先端で活躍。しかし、西洋医学の限界を感じていたところで東洋医学に出合い、その神髄に触れるにつれ、のめり込み、現在では日本を代表する東洋医学医の一人として知られる存在となった。

 そんな著者が出版した本書のタイトルには「考根論」という言葉が使われた。著者による造語だが、東洋医学の本質を表現してもいる。

 花が枯れそうになった時、枯れない作用のある薬を使うのが対症療法で西洋医学の考え方。これに対し“根っこ”や“土壌”の状態を検証し、そこを改良することで草花全体の健康を取り戻そうとするのが東洋医学。つまり「根を考える」から「考根論」なのだ。

 ちなみに、日本人が東洋医学と混同しやすい漢方医学だが、実は決して同一のものというわけではない。

 2つの違いを示す一つの事実がある。東洋医学で行われる「腹診」が、漢方医学では基本的に行われない点だ。著者は、「腹を見せることが“服従”を意味する中国では嫌われたため」と説明する。そして、この腹診を行うことこそが、東洋医学最大のアピールポイントでもあるという。

 西洋医学で育った外科医である著者を、東洋医学に目覚めさせた言葉がある。江戸時代の医師、吉益東洞の残した「万病は腹に根ざす。これをもって病を診するには、必ず腹を窺う」の一言だ。

 わかりやすく意訳すると、「腹の調子を整えれば、あらゆる病気は治し得る」となる。腹診はおまじないでも何でもない。非常に重要な診断技術なのだ。

 ではなぜ腹を診ることが重要か。それは腹には腸があるから。歴史的に見た時、動物の生命活動は「食べたものを消化する」という作業から始まった。つまり、地球上に最初に登場した臓器は、腸なのだ。

そして、すべての動物の根源である腸の健康を「根っこから考え直す」ことで健康体を取り戻す-が、著者の訴える考根論の柱なのだ。

 「腸の具合を改善すれば、“心の病”も治せると著者は言い切る。人の心は脳ではなく腸にあるという事実が、豊富な臨床実績から浮き彫りにされます」と語るのは、本書の発行元、山中企画の山中伊知郎代表。

 東洋医学の入門書として大いに役立つ1冊だ。 

■田中式「東洋医学考根論」(抜粋)
(1)東洋医学は漢方医学とは異なり、日本独自で発達した
(2)西洋医学は花を診て、東洋医学は根っこや土壌を診る
(3)生物において腸が先に生まれ、脳は後から発生した
(4)すべての病気は「根っこ」、腸の不調から来る
(5)3歳までの腸の育ち方で、性格はできあがる

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事