あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

20代、30代女性は食物繊維不足 手軽に摂取する方法とは? 

   

 食事に必ずサラダを添える、朝は野菜ジュースを欠かさないなど、美容意識の高い女性から食物繊維への注目が集まっています。

 食物繊維には、腹持ちをよくする、血糖値の上昇を抑える、脂肪を体外に排出する、腸内環境を整える、お通じをよくする……など、さまざまなはたらきがあることは広く知られているところ。

 食物繊維は、野菜、果物、穀物類、海草、きのこ類、豆類などの植物性食品に多く含まれており、例えば300gの野菜サラダに対し食物繊維含有量は約10g。レタス1個で約6gといわれています。

 それに対し、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(平成27年版)によれば、1日アタリの食物繊維目標摂取量は男性で20g、女性でも18gとされています。つまり、一般的なサラダボウルが一杯100~150gですから、1日につきこれを2杯以上食べなければならない計算になります。いくらサラダブームだといっても、これは大変な量ですね。

実際、日本人の食物繊維摂取量はこの基準値を下回っており、厚生労働省「国民健康・栄養調査」平成25年版によると、とくに若年層が不足がちで、20代女性の摂取量は11.5g、30代で12.6gと、およそ6gほど不足していることがわかっています。

 ではどうすれば効率的に補えるのでしょうか? そのキーワードは和食。玄米やひじき、きんぴらごぼう、切干大根などには食物繊維が豊富に含まれています。

 毎日和食を作るのがツラいという人にはファイバードリンクを飲むという手もありますね。特定保健用食品の「ファイブミニ」には、日本人の20代、30代が不足していると言われる、6gの食物繊維が配合されています。このファイブミニ、新たにリコピンを配合して21年ぶりに新パッケージにリニューアル。現在、女性のセンイ活動を応援する「センイと、キレイに。」体感キャンペーンというプレゼント企画をやっていますので、応募してみるのもいいかも。

 薄着になる季節に向けて、あなたも食物繊維活動=「センカツ」を試してみませんか。

関連記事




2
( 2017/04/22 08:47 ) Category ■栄養療法・健康食・コンビニ健康法・食品関連・賞味期限 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ