あなたの健康はお金で買えますか・・・? 美容と健康は入浴からって知ってた?効果的な方法とおすすめの入浴剤
1

美容と健康は入浴からって知ってた?効果的な方法とおすすめの入浴剤

入浴で体の中から健康と美容を

入浴の効果は、体の中から健康と美容を支えています。お風呂の中で体を温めることには、女性に多く見られる冷え症対策として最適と言えるでしょう。体の冷えというのは、血液のめぐりを悪くしてしまうものです。血行が悪くなると体の中のさまざまな循環が悪くなり、美しさと健康の維持の妨げとなります。

体の循環はいらない物質を排出したり、良いものを体に運ぶ役割を持っているため、肌の美しさや脂肪分解によるダイエット効果にまで影響を与える恐れがあります。いらない物質を排出しにくくなると、肌のシミも解消しにくくなります。肌のシミは色素が沈着することで起こりますが、色素を排出するのも循環の役割です。また、良いものの運搬が停滞することも美容のリスクとなります。血液は酸素を運びますが、酸素が運ばれにくくなると、肌にハリと弾力を与えるコラーゲンの合成にも悪影響を与えます。

さらに、脂肪の分解にも酸素によって作られる酵素が関係しており、冷えることで痩せにくくなります。日本人の体温は昔に比べて下がってきていると言われており、冷え性の改善は多くの人に必要となっているようです。特に平熱が35度台の人や起きた時に体に他の部分よりも冷えている部位のある人は注意が必要といえるでしょう。

冷えは肩こりや腰痛、生理痛なども引き起こし、ガンや鬱の原因になるとも考えられています。また、ホルモンの合成も停滞して、生理不順や不妊にもなりかねません。こうした冷えのリスクを減らすためにも、入浴で体を温めることがおすすめです。また、入浴の効果は、睡眠にも良い影響を与えます。ゆっくりと入浴をすることで入眠しやすくなり、質の良い睡眠が取れるのは、体温と眠気の関係がもたらす効果です。

人間の体は体温が下がるタイミングで眠気を感じやすくなっており、入浴で血行を促進して体温や心拍数を上げることで眠る時の体温の低下を自然に作り出せるようになります。睡眠を取ることで成長ホルモンによる疲労回復効果やお肌への効果も期待できますし、それを高めるためには入浴が必要となるのです。

入浴で体を温めてからベッドに入ることは、お風呂を省略して寝るよりも良いとされています。入浴を利用することは、心地よいというだけでなく、さまざまな働きで私たちの健康と美容を支えています。入浴によって得られる効果は、直接的に血行促進によって美容や健康を維持するだけでなく、睡眠によって間接的にも良い働きとなっています。

入浴中にやってはいけないこと

誰でも手軽に利用できる美容法、健康法である入浴ですが、実は注意しなければいけないこともあります。入浴は入り方によっては健康を害したり、美容に良い影響を与えられないこともあるようです。正しい入浴の方法を身に着けて、より安全で効果的な入浴を楽しみましょう。入浴中に注意することとしては、まず「お風呂の入りすぎ」が挙げられます。お風呂の好きな人にとっては、ゆったりと浸かりながらのリラックスタイムは格別のものでしょう。しかし、長時間の入りすぎはかえって健康を害したり、お肌の乾燥を招きかねません。

美容によくない長風呂のリスクとしては、皮膚がふやけることが挙げられます。お風呂に入っていて手の指などがふやけてしまうことはよくあることですが、これがひどくなると皮膚が剥がれてしまうこともあります。この現象は皮膚が水分を吸って伸びることで起こります。多少のふやけた状態は元に戻りますが、長く入りすぎるのはリスキーです。水分を吸って潤いが得られるようにも思えますが、反対に肌の潤い成分が流出していることもあります。

また、のぼせてしまうこともリスクの1つです。入浴には全身の血管が広がって血行が良くなる効果がありますが、長時間湯船に入りすぎると脳の血液量が増えてしまい、のぼせやすくなります。めまいや頭痛、さらにひどくなると吐き気なども起こります。脱水症状を引き起こしたり、体力を消耗するリスクもあるようです。意識が遠のいてしまうことも怖い状態です。脳の血行が良くなることで運ばれる酸素が不足してしまい、気絶してしまうこともあります。こうしたリスクを防ぐためには、適切な時間で入浴を切り上げることが必要となります。入浴時間は20分程度が良いとされ、30分以上の入浴はリスクになることもあるようです。長く入り過ぎないようにするためには、お風呂の中でリラックスしすぎて眠ったりしないようにしましょう。

お風呂で寝てしまうのも、睡眠というよりは「気絶」に近いメカニズムのようです。しっかりとお湯に浸かる前には、食事やアルコールも控えることがおすすめです。入浴の前後に水分補給を行うことで乾燥予防も大切となります。また、半身浴も上半身を温めにくく、乾燥することがあります。よく「体に良い」と言われる半身浴ですが、実は医学的な根拠はなく、全身浴の方が温まりやすいこともあるようです。ただし、入浴中に寝てしまう人には半身浴もおすすめとなります。

睡眠の質をアップする入浴方法

睡眠は成長ホルモンを分泌して、美容や疲労回復などに役立っています。睡眠のこうした働きを高めるためには、入浴を十分に生かして、質の良い睡眠を作っていくことが大切です。睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠という2つの周期で成り立っています。眠りについてからの3時間ほどを占めるノンレム睡眠が成長ホルモンの分泌に重要であり、ノンレム睡眠を上手に作り出すために入浴を生かすことが必要となります。基本的には、夜はきちんと湯船に入って体を温めておくことが大切です。

心地良く、効果的な睡眠を作るために必要な入浴の仕方としては、熱すぎない温度による全身浴がおすすめです。熱すぎるお風呂に入ってしまうと、体がびっくりしてしまい、眠りにつきにくくなってしまいます。これは自律神経という神経が関係していて、眠りを妨げる結果になってしまうためです。自律神経の交感神経は目を覚ます方の自律神経であり、これが優位になると睡眠の妨げとなります。交感神経を高ぶらせてしまうのは、40度以上の高い温度のお風呂です。40度以上のお風呂に入ることは、スッキリと目を覚ましたい朝には効果的ですが、夜の睡眠前には適していません。睡眠の質を高めるためには、38度~39度程度の熱すぎない温度のお湯が必要となります。時間は30分程度で終えるようにして、リスクを避けるようにすることも大切です。

また、お風呂から出た後のことも大切となります。睡眠の質を上げるためには、交感神経を優位にしないことが大切ですが、お風呂から出た後に急激に低い室温に触れることで交感神経が優位になってしまうこともあります。そのため、お風呂から出た室内の温度にも注意が必要です。あらかじめ浴室の外も温めておき、入浴後も心地よく過ごせる環境づくりを心がけましょう。また、浴室の温度も温かくしておくことが必要となります。これは、睡眠のためだけでなく、自分の健康、命を守るためにも大切なポイントです。

冷えた室内で熱いお風呂に入ることによるヒートショックという事故が増えており、お風呂と室温の差がリスクとなっています。温度の差が大きいことは心臓の負担にもなるため、十分に注意しましょう。お風呂に入れない時や面倒な時にも、体全体はムリでも手足を温めることで補った方が良いでしょう。手浴や足湯であれば、疲れてお風呂に入りたくない日にも手軽です。また、手浴は足湯と比較して温めやすい傾向があります。これは手の方が足よりも心臓に近いことによります。手近な桶などにお湯を張って、手を温めるという簡単な方法です。

ダイエット効果を高める入浴方法

入浴はそれだけでも血のめぐりを良くして、脂肪燃焼によってダイエット効果を高めてくれるものですが、その効果をより高めるための工夫をすることも大切です。ダイエット効果を高めるお風呂の入り方で、バスタイムが楽しいダイエットタイムに変わりそうです。ダイエットはつらい方法だけでなく、楽で快適な方法でもできるのかも知れません。入浴によるダイエット効果のポイントとなるのは、カロリー消費と食欲を抑える働きです。脂肪も燃焼させてくれて、食欲も抑えられるという二つの効果が入浴だけで期待できます。

まず、入浴時のポイントとしては、食事の前にバスタイムを設けるということがあります。食事の前に入浴することで食欲を抑えることができるというのです。入浴をすることによって血のめぐりがよくなりますが、その結果として血液が胃や腸などの消化器官に集中して集まりにくくなります。消化器官に血液が集まらないことで、胃腸は働きを鈍くして、食欲が減りやすくなるのです。また、さらに食事の前の空腹の状態のままお風呂に入ることでカロリーの消費効率もアップしやすくなります。空腹でお風呂に入れば、今現在付いている脂肪から燃焼させてくれて、ダイエット効果が高まるということです。

食欲を抑えるダイエット効果を意識的に出したい場合には、入浴の時間とお湯の温度がポイントです。入浴時間はやや短めの15分、温度は40度が適しています。睡眠の質を上げるための温度としては、これよりも少し低めの温度をおすすめしましたが、40度は自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えが行われるギリギリの温度となっています。そのため、交感神経と副交感神経の両方の良いところを使ってダイエット効果を高められそうです。自律神経の副交感神経は、リラックス効果があるものですが、反面、食欲も旺盛にしてしまいます。そのため、交感神経が優位な状態を作って、食欲を抑えるのです。これには新陳代謝を高める効果も期待できます。切り替えのギリギリの温度なので、副交感神経に早く切り替えることで睡眠を得ることも可能です。ダイエットにもやはり睡眠は重要となります。

また、41度~42度の熱めのお湯に入ったり出たりを繰り返す高温反復浴も効果的です。水分補給をしっかりしながら、5分入って5分休む、3分入って5分休む、最後に3分入るだけの方法です。これも交感神経を優位にします。一方で、入浴には体にいらないものを排出させる物質を出す働きもあります。

血流を高める入浴の仕方をすることで、その効果も得られるでしょう。循環を高めることで、下半身のむくみや太りやすさなどの悩みも改善できそうです。循環アップのために行いたいのは、ふくらはぎのポンプ機能の向上です。一時的に循環を悪くして、それを解放すると反動で血流がアップすると言われています。お風呂の中で90秒の正座と足を伸ばすことを繰り返すようにします。かかとをつけるようにすると、骨盤の歪みを防いで安全に行えます。

美容と健康におすすめの入浴剤

入浴には、それだけでも健康や美容に対する高い効果が期待できますが、さらにそれを向上させるためには入浴剤の利用もおすすめです。入浴剤には体をより温めやすくしたり、お肌を美しく保つ効果を持つものなどさまざまなものがあります。もちろん、好みの香りを楽しんでリラックスする効果も期待できます。これらの効果を上手に活用して、バスタイムをより心地良く、楽しめるものへと変えてみましょう。

まずは、バスタイムにダイエット効果を得たい人の入浴剤のタイプを紹介します。ダイエット効果を高めるためには、血液の流れをアップさせ、食欲の抑制をする温め効果が大切です。体をしっかりと温めるためには、血管を広げる効果が期待できる炭酸浴が適しています。高濃度の炭酸浴ができる重炭酸の入浴剤がおすすめです。浸透した炭酸の働きによって、血管が広がって血流がアップします。手足の冷えが気になる場合にも、末梢までしっかりと体を温められるでしょう。炭酸の入浴剤を利用する際には、入浴剤が溶けきった直後に入るようにしましょう。高い効果を得られます。

乾燥肌の人や乾燥が気になるシーズンなどには、保湿効果の高い入浴剤がおすすめです。保湿効果のより高いものを選ぶなら、ミルク系の入浴剤や温泉の成分の入ったものが良いでしょう。とろみやミルク成分などが肌をカバーして潤いを守ってくれます。また、入浴剤とは少し違っていますが、海外のセレブの間で人気となっている「エプソムソルト」というものもおすすめです。「エプソムソルト」は塩に似たミネラル化合物で、硫酸マグネシウムとマグネシウムで出来ています。マグネシウムのパワーによって、代謝や美容のために良い効果をもたらす

と言われています。血圧を低下させたり、中性脂肪を減らしたりと言った健康効果も期待されており、ダイエットにも良さそうです。代謝酵素を活性化して痩せやすい体を作ってくれる効果もあります。また、美容効果としては、ミネラルのパワーで血行促進、デトックス効果があります。また、体の芯から温まることで疲労回復や、むくみ軽減にも役立ちます。クエン酸や重曹とともに利用して、より高い健康効果や美容効果を目指しても良いでしょう。

入浴剤を利用したバスタイムは楽しく、リラックス効果も期待できます。しかし、基本的な入浴の仕方はきちんと守って、長すぎる入浴などのリスクは避けましょう。カルキをオフしてくれる効果やジンジャー、ビタミンEなどの成分も入浴の効果を高めるアシストをしてくれます。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】